XF86構成

XFree86プロジェクトの構成ファイル XF86Config は、必要な構成パラメータを設定するために X サーバーによって使用されます。


これは、セクションとサブセクションに分けられたプレーン テキスト ファイルです。重要なセクションは、 FilesInputDeviceMonitorModesScreenDevice、およびServerLayoutです。[1] [2]

セクションは任意の順序で表示でき、たとえば、ビデオ プロジェクタやノートブックのオンボード LCD など、複数のモニタがある場合は、各種類のセクションが複数存在する場合があります。

モニター」セクションは物理表示デバイス用であり、「画面」セクションは論理ディスプレイ用であるため、2 つのモニターに同じコンテンツまたはまったく異なる情報を表示させることができます。

たとえば、[デバイス] セクションのオプション「SWCursor」は、マウス ポインターを外部モニターにミラーリングするか抑制するかを制御します。

典型的なUnix系システムでは、多くの場合、ファイルは にあり/etc/X11、ログ ファイルは にあり/var/log、通常、XFree86.0.logX の最後に開始されたものと、XFree86.0.log.oldその前に開始されたものに基づいて名前が付けられます。

このファイルを不適切に編集すると、特にCRTの場合、画面が黒くなったり判読できなくなったり、モニターが損傷したりする可能性があります。ユーザーは、X を構成するときにコンソール モード (つまり、「テキスト モード」) を通じてシステムを操作できる必要があります。これは、ユーザーが CLI のみを使用できるようにする無効な構成により X が起動できない可能性があるためです。

Xorg.conf

XFree86 プロジェクトのX.org Serverフォークでは、このファイルは と呼ばれますxorg.confが、仕様はほぼ同じです。ただし、X.org サーバーは、大部分の場合に xorg.conf を不要にすることを目的として、可能な限り自動構成を試みます。

こちらも参照

参考文献

  1. ^ マイケル・トブラー (2000)。Linux の内部サムズ出版。p. 102.ISBN _ 0-7357-0940-8
  2. ^ ジェフリー・ディーン (2001)。LPI Linux 認定を一言で言えばカリフォルニア州セバストポルオライリー&アソシエイツp. 376.ISBN _ 1565927486LCCN  2001273985。OCLC 47203144。OL 3967930M  。 _