X.25

ウィキペディアから、無料の百科事典
ナビゲーションにジャンプ 検索にジャンプ

X.25
パケットモードで動作し、専用回線によってパブリックデータネットワークに接続されている端末用のデータ端末装置(DTE)とデータ回線終端装置(DCE)間のインターフェイス
X25-network-diagram-0a.svg
スターテス有効
年が始まった1976年
最新バージョン(10/96)
1996年10月
組織ITU-T
委員会研究会VII
ドメインネットワーキング
Webサイトhttps://www.itu.int/rec/T-REC-X.25/

X.25は、ワイドエリアネットワーク(WAN)でのパケット交換データ通信用のITU-T標準プロトコルスイートです。もともとは国際電信電話諮問委員会(CCITT、現在はITU-T)によって一連の草案で定義され、1976年にThe OrangeBookとして知られる出版物で完成しました[1] [2]

これにより、利用可能な最も古いパケット交換通信プロトコルの1つになります。IPv4(1981)およびOSI参照モデル(1984)の数年前に開発されました[3]プロトコルスイートは、7層OSIモデルの下位3層に密接に対応する3つの概念層として設計されています。[4] OSIネットワーク層にはない機能もサポートしています[5] [6]

X.25を使用するネットワークは、1970年代後半から1980年代にかけて、電気通信会社現金自動預け払い機などの金融取引システムで人気がありました。 X.25 WANは、ネットワークハードウェアとしてパケット交換交換(PSE)ノードと、物理リンクとしての専用回線、一般電話サービス接続、またはISDN接続で構成されます。ただし、ほとんどのユーザーは代わりインターネットプロトコル(IP)システムに移行しています。 X.25は2015年まで使用され(クレジットカード決済業界などで)[7]、現在も航空会社で使用されており、通信会社から購入できます。[8] X.25は、ビンテージコンピュータインターネットを使用できるようにするRetronetなどのニッチアプリケーションでも利用できました

歴史

CCITT(後のITU-T 研究グループVIIは、新興のデータ・ネットワーク・プロジェクトの数に基づいて、1970年代半ばにおけるパケット交換データ通信用の標準の開発を始めました。 X.25の設計の参加者には、カナダ、フランス、日本、英国、および米国のエンジニアが含まれ、国のPTT(フランス、日本、英国)と民間事業者(カナダ、米国)が混在しています。特に、レミ・デスプレの作品は、基準に大きく貢献しました。提案された仕様を補完するいくつかの小さな変更は、ラリー・ロバーツが契約に参加できるようにするために調整されました。[9] [10] [11]さまざまな更新と追加が標準に組み込まれ、最終的には通信システムを説明するITUシリーズの技術書に記録されました。これらの本は4年ごとに異なる色の表紙で出版されました。 X.25仕様は、Xシリーズのより大きなセットの一部にすぎません。[12] [13]

一般にパブリックデータネットワークと呼ばれるパブリックアクセス可能なX.25ネットワークは、さまざまなオンラインサービスへのアクセスコストを削減するために、1970年代後半から1980年代にかけてほとんどの国で設立されました。例としては、IberpacTRANSPACCompuserveTymnetTelenetEuronetPSSDatapacDatanet 1AUSTPAC、およびInternational Packet SwitchedServiceがあります。それらを組み合わせたネットワークは、1980年代から1990年代にかけて世界的に広くカバーされていました。[14]

1990年代初頭から、北米では、X.25ネットワーク(テレネットとTymnetが主流)[14]の使用、国内電話会社が提供するフレームリレーサービスに置き換えられ始めました[15] X.25を必要とするほとんどのシステムは現在TCP / IPを使用していますが、必要に応じてTCP / IPを介してX.25を転送することが可能です。[16]

X.25ネットワークはまだ世界中で使用されています。AX.25呼ばれるバリアントは、アマチュア パケット無線で広く使用されています。RACAL Paknet、今Widanetとして知られている、X.25プロトコルベースで実行されている、世界の多くの地域で動作しています。オランダやドイツなどの一部の国では、POSなどの少量のアプリケーションにISDN -2(またはISDN BRI)接続Dチャネル介してX.25のストリップバージョンを使用することが可能です。端末;しかし、オランダでのこのサービスの将来は不透明です。

X.25ハードウェアがますます希少で高価になるため、X.400のような最新のプロトコルへの移行はオプションがありませんが、X.25は依然として航空ビジネス(特にアジア)で使用されています。[説明が必要]最近、2006年3月に、米国領空データ交換ネットワークはX.25を使用して、遠隔飛行場を航空路交通管制センターと相互接続しました

フランスは、X.25に基づく商用エンドユーザーサービスが運用された最後の残りの国の1つでした。Minitelとして知られ、それ自体がX.25で実行されているVideotexに基づいていました。2002年にMinitelのユーザー数は約900万人で、フランスのTélécomが2012年6月30日までにサービスを停止すると発表した2011年にはフランスで約200万人のユーザーを占めました。[17]計画どおり、サービスは2012年6月30日に終了しました。当時、80万台の端末が稼働していた。[18]

アーキテクチャ

X.25の一般的な概念は、ユニバーサルでグローバルなパケット交換ネットワークを作成することでした。 X.25システムの多くは、これを実現するために必要な厳密なエラー訂正と、資本集約的な物理リソースのより効率的な共有の説明です。

X.25仕様では、加入者(DTE)とX.25ネットワーク(DCE)の間のインターフェイスのみが定義されています。X.25と非常によく似たプロトコルであるX.75は、2つのX.25ネットワーク間のインターフェイスを定義して、接続が2つ以上のネットワークを通過できるようにします。 X.25は、ネットワークが内部でどのように動作するかを指定していません。多くのX.25ネットワーク実装は、内部でX.25またはX.75と非常によく似たものを使用しましたが、他の実装は内部でまったく異なるプロトコルを使用しました。 X.25と同等のISOプロトコルであるISO8208は、X.25と互換性がありますが、ネットワークを介さずに2つのX.25DTEを直接接続するためのプロビジョニングも含まれています。パケット層プロトコルを分離することによって、ISO 8208は、ISO 8802 LLC2(ISO LAN)やOSIデータリンク層などの追加ネットワークでの操作を許可します。[19]

X.25は当初、3つの基本的なプロトコルレベルまたはアーキテクチャ層を定義していました。元の仕様では、これらはレベル呼ばれ、レベル番号もありましたが、1984年以降にリリースされたすべてのITU-TX.25勧告およびISO8208規格では、これらはレイヤーと呼ばれています[20] OSIモデル層との混同を避けるために、層番号は削除されました。[1]

  • 物理層:この層は、DTEとDCEの間の物理リンクを制御するための物理的、電気的、機能的、および手続き上の特性を指定します。一般的な実装では、X.21、EIA-232、EIA-449、またはその他のシリアルプロトコルを使用します。
  • データリンク層:データリンク層は、DTEとDCE間のリンクでのデータ交換のためのリンクアクセス手順で構成されます。その実装では、リンクアクセスプロシージャバランス(LAPB)は、通信セッションを管理し、パケットフレーミングを制御するデータリンクプロトコルです。これは、エラー訂正と整然とした配信を提供するビット指向のプロトコルです。
  • パケット層:この層はによれば、仮想呼び出しに基づいてパケット交換ネットワークを形成するために、制御およびユーザデータパケットを交換するためのパケットレイヤプロトコルを定義されたパケットレイヤプロトコル

X.25モデルは、共有ネットワークを介して信頼性の高い回線を確立するという従来のテレフォニーの概念に基づいていましたが、ソフトウェアを使用してネットワークを介して仮想通話を作成しました。これらの呼び出しは、ポイントツーポイント接続のように見えるエンドポイントをユーザーに提供する「データ端末装置」(DTE)相互接続します。各エンドポイントは、異なるエンドポイントへの多数の個別の仮想呼び出しを確立できます。

短期間、仕様にはコネクションレス型データグラムサービスも含まれていましたが、これは次のリビジョンで削除されました。 「応答が制限された高速選択」は、完全な通話の確立とコネクションレス型通信の中間です。これは、片道128バイトのデータに制限された単一の要求と応答を含むクエリ/応答トランザクションアプリケーションで広く使用されています。データは拡張コール要求パケットで伝送され、応答はコール拒否パケットの拡張フィールドで伝送され、接続が完全に確立されることはありません。

X.25プロトコルに密接に関連しているのは、非同期デバイス(ダム端末やプリンターなど)をX.25ネットワークに接続するためのプロトコル(X.3X.28、およびX.29)です。この機能は、パケットアセンブラ/ディスアセンブラまたはPAD(使用される3つのプロトコルを参照してトリプルXデバイスも呼ばれます)を使用して実行されました。

OSI参照モデルとの関係

X.25はOSI参照モデル(OSIRM)よりも前のものですが、OSIモデル物理層はX.25物理層に対応しデータリンク層はX.25データリンク層に、ネットワーク層はXに対応します。 25パケット層[13] X.25データリンク層であるLAPBは、データリンク(または複数の並列データリンク、マルチリンク)全体で信頼できるデータパスを提供しますが、それ自体は信頼できない場合があります。 X.25パケット層は、X.25LAPB上で実行される仮想呼び出しメカニズムを提供しますパケット層仮想呼び出しを維持し、データリンク層がデータ送信エラーから回復できない場合にデータエラーを通知するメカニズムが含まれていますX.25の初期バージョンを除くすべてのバージョンには、OSIネットワーク層アドレス指定(NSAPアドレス指定、以下を参照)を提供する機能[21]含まれています[22]

ユーザーデバイスのサポート

1982年頃に製造されテレビデオ端末モデル925

X.25は、ホストコンピューターに接続するコンピューター端末の時代に開発されましたが、コンピューター間の通信にも使用できます。ホストコンピュータに直接ダイヤルする代わりに(ホストにはモデムと電話回線の独自のプールが必要であり、長距離電話をかけるにはローカル以外の発信者が必要です)、ホストはX.25接続を使用できます。ネットワークサービスプロバイダー。これで、ダム端末ユーザーは、ネットワークのローカル「PAD」(パケットアセンブリ/逆アセンブリ機能)にダイヤルインできます。これは、X.29およびX.3標準で定義されているようにモデムとシリアル回線をX.25リンクに接続するゲートウェイデバイスです。

PADに接続すると、ダム端末ユーザーは、X.121アドレス形式で電話番号のようなアドレスを指定することによって(またはサービスプロバイダーが許可している場合はホスト名を指定することによって)、接続するホストをPADに指示します。X.121アドレスにマップする名前)。次に、PADはホストにX.25コールを発信し、仮想コールを確立します。 X.25は仮想通話を提供するため、実際にはデータ自体がパケット交換されているにもかかわらず回線交換ネットワークのように見えることに注意してください。内部的には、基になるデータがパケット交換されている場合でも、TCPが接続を提供する方法と同様です。もちろん、2つのX.25ホストは互いに直接呼び出すことができます。この場合、PADは関与しません。理論的には、X.25の発信者とX.25の宛先の両方が同じキャリアに接続されているかどうかは関係ありませんが、実際には、あるキャリアから別のキャリアに電話をかけることが常に可能であるとは限りません。

フロー制御の目的で、スライディングウィンドウプロトコルがデフォルトのウィンドウサイズ2で使用されます。確認応答には、ローカルまたはエンドツーエンドの重要性があります。各データパケットのADビット(データ配信ビット)は、送信者がエンドツーエンドの確認応答を必要とするかどうかを示します。 D = 1の場合、確認応答にはエンドツーエンドの重要性があり、リモートDTEがデータの受信を確認応答した後にのみ実行する必要があることを意味します。 D = 0の場合、リモートDTEがデータを確認または受信する前に、ネットワークは確認を許可されます(必須ではありません)。

X.28およびX.29で定義されたPAD機能は、特に非同期文字端末をサポートしていましたが、PADに相当するものは、IBM System Network Architecture(SNA)用などの幅広い独自のインテリジェント通信デバイスをサポートするために開発されました

エラー制御

パケット層でのエラー回復手順は、データリンク層がエラーで受信したデータの再送信を担当することを前提としています。パケット層のエラー処理は、コール内の情報フローの再同期と、回復不能な状態になったコールのクリアに重点を置いています。

  • レベル3パケットをリセットします。これにより、仮想コールのフローが再初期化されます(ただし、仮想コールは中断されません)。
  • パケットを再起動します。これにより、データリンク上のすべての仮想呼び出しがクリアされ、データリンク上のすべての固定仮想回線がリセットされます。

アドレス指定と仮想回線

ドイツのDatex-Pネットワークへの接続に使用されたX.25モデム

X.25は、2種類の仮想回線をサポートしています。仮想コール(VC)および固定仮想回線(PVC)。仮想通話は必要に応じて確立されます。たとえば、VCは、コールが発信されたときに確立され、コールの完了後に破棄されます。 VCは、コールの確立とクリアの手順を通じて確立されます。一方、固定仮想回線はネットワークに事前設定されています。[23] PVCが分解されることはめったにないため、エンドポイント間の専用接続を提供します。

VCは、X.121アドレスを使用して確立できます。 X.121アドレスは、3桁のデータ国コード(DCC)とネットワークディジットで構成され、4桁のデータネットワーク識別コード(DNIC)と、それに続く最大10桁の国内端末番号(NTN)を形成します。 。 1つのネットワークディジットを使用していることに注意してください。国ごとに10のネットワークキャリアしか許可されていないようですが、この制限を回避するために、一部の国には複数のDCCが割り当てられています。ネットワークは多くの場合、ルーティングに完全なNTN桁よりも少ない数字を使用し、スペアの数字をサブスクライバーが使用できるようにし(サブアドレスと呼ばれることもあります)、アプリケーションの識別やサブスクライバーネットワークでのさらなるルーティングに使用できます。

NSAPアドレス指定機能は仕様のX.25(1984)リビジョンで追加され、これによりX.25はOSI 接続指向ネットワークサービス(CONS)の要件をより適切に満たすことができました[24]パブリックX.25ネットワークは、NSAPアドレス指定を使用する必要はありませんでしたが、OSI CONSをサポートするために、NSAPアドレスおよびその他のITU-T指定のDTE機能をDTEからDTEに透過的に伝送する必要がありました。[25]その後の改訂では、X.121アドレスに加えて複数のアドレスを同じDTE-DCEインターフェイスで伝送できるようになりました:テレックスアドレス指定(F.69)、PSTNアドレス指定(E.163)、ISDNアドレス指定(E.164)、インターネット・プロトコル・アドレス(IANA ICP)、およびローカルIEEE 802.2 のMACアドレス。[26]

PVCはネットワーク内で永続的に確立されるため、コールセットアップにアドレスを使用する必要はありません。PVCは、加入者インターフェイスで論理チャネル識別子によって識別されます(以下を参照)。ただし、実際には、国内のX.25ネットワークの多くがPVCをサポートしていませんでした。

X.25ネットワークへの1つのDTE-DCEインターフェイスには最大4095の論理チャネルがあり、仮想呼び出しと永続的な仮想回線を確立できます[27]。ただし、ネットワークは完全な4095仮想回線をサポートすることは期待されていません。[28]パケットが関連付けられているチャネルを識別するために、各パケットには、8ビットの論理チャネル番号と4ビットの論理チャネルグループ番号で構成される12ビットの論理チャネル識別子が含まれています。[27] 論理チャネル識別子は、接続の間、仮想回線に割り当てられたままになります。[27] 論理チャネル識別子は、DTE(加入者アプライアンス)とDCEの間の特定の論理チャネルを識別します(ネットワーク)であり、加入者とネットワーク間のリンクでのみローカルな意味を持ちます。リモートDTEでの接続のもう一方の端には、別の論理チャネル識別子が割り当てられている可能性があります。可能な論理チャネルの範囲は、永続的な仮想回線に割り当てられたチャネル、着信仮想コールに割り当てられたチャネル、双方向(着信または発信)仮想コール、および発信仮想コールの4つのグループに分けられます。[29] (方向は、DTEから見た仮想通話開始の方向を指します。すべて、データを両方向に伝送します。)[30]この範囲により、加入者は、一方向のコール用に一部のチャネルを予約しながら、各方向の大幅に異なる数のコールを処理するように設定できました。すべての国際ネットワークは、固定仮想回線、双方向論理チャネル、および一方向論理チャネルの発信のサポートを実装する必要があります。着信の一方向論理チャネルは、追加のオプション機能です。[31] DTE-DCEインターフェースは、複数の論理チャネルをサポートする必要はありません。[29] 論理チャネル識別子ゼロは、固定仮想回線または仮想コールには割り当てられません。[32] ゼロの論理チャネル識別子は、特定の仮想回線に関連しないパケット(パケット層の再起動、登録、診断パケットなど)に使用されます。

請求

パブリックネットワークでは、X.25は通常、リンク速度に応じて一律の月額サービス料金として請求され、さらにこれに加えてセグメントあたりの価格が請求されます。[33]リンク速度はさまざまで、通常は2400ビット/秒から2 Mビット/秒まででしたが、パブリックネットワークでは64キロビット/秒を超える速度は一般的ではありませんでした。セグメントは64バイトのデータ(切り上げ、パケット間のキャリーオーバーなし)であり、[34]発信者[35](またはサポートされている場合は逆課金通話の場合は着信者)に課金されました。[36] Fast Select機能 を呼び出すコール(コール要求、コール確認、およびコールクリアフェーズで128バイトのデータを許可)[37]他のX.25施設のいくつかを使用する場合と同様に、通常は追加料金が発生します。PVCは、月額レンタル料金がかかり、VCよりもセグメントあたりの価格が低いため、大量のデータが渡される場合にのみ安価になります。

X.25パケットタイプ

パケットタイプ DCE→DTE DTE→DCE サービス VC PVC
スーパーセットアップの呼び出し 電話の着信 通話リクエスト NS
コネクテッドゲーミングに電話する 受け入れられた回復を呼び出す NS
明確な表示要求 明確な要求表示 NS
明確な確認都市 明確な確認都市 NS
データと割り込みまたは電流 データ データ NS NS
割り込み 割り込み NS NS
割り込み確認 割り込み確認 NS NS
フロー制御とリセット RR RR NS NS
RNR RNR NS NS
REJ REJ NS NS
表示をリセット リセットリクエスト NS NS
リセット確認 リセット確認 NS NS
再起動 表示を再開します 再起動リクエスト NS
確認を再開します 確認を再開します NS
診断 診断 NS
登録 登録確認 登録リクエスト NS
確認を再開します 確認を再開します NS
診断 診断 NS
登録 登録確認 登録リクエスト NS
確認を再開します 確認を再開します NS
診断 診断 NS
登録 登録確認 登録リクエスト NS
確認を再開します 確認を再開します NS
診断 診断 NS
登録 登録確認 登録リクエスト NS

X.25の詳細

ネットワークでは、コールセットアップ手順の一部としてネゴシエーションにより、仮想回線ごとに16〜4096オクテット(2 n値のみ)の範囲で最大長を選択できます。最大長は、仮想回線の両端で異なる場合があります。

  • データ端末装置は、データパケットにカプセル化された制御パケットを構築します。パケットは、LAPBプロトコルを使用してデータ回線終端装置に送信されます
  • データ回線終端装置は、パケットを内部ネットワークプロトコルにカプセル化するために、レイヤー2ヘッダーを取り除きます。

X.25ファシリティ

X.25は、ITU-T勧告X.2で定義および説明されている一連のユーザー機能を提供します。[38] X.2ユーザー機能は次の5つのカテゴリに分類されます。

  • 不可欠な設備;
  • 追加施設;
  • 条件付き施設;
  • 必須施設; と、
  • オプションの設備。

X.25は、ITU-T勧告X.7で定義および説明されているX.25およびITU-T指定のDTEオプションのユーザー機能も提供します。[39] X.7オプションのユーザー機能は、以下を必要とするユーザー機能の4つのカテゴリに分類されます。

  • サブスクリプションのみ。
  • サブスクリプションとそれに続く動的呼び出し。
  • サブスクリプションまたは動的呼び出し。と、
  • 動的呼び出しのみ。

X.25プロトコルバージョン

プロトコル仕様のCCITT / ITU-Tバージョンは、パブリックデータネットワーク(PDN)用です。[40] ISO / IECバージョンは、CCITT / ITU-T仕様との互換性を維持しながら、プライベートネットワークの追加機能(ローカルエリアネットワーク(LAN)の使用など)に対応しています。[41]

X.25およびISO / IEC 8208の各バージョンでサポートされるユーザー機能およびその他の機能は、エディションごとに異なります。[42] X.25のいくつかの主要なプロトコルバージョンが存在します:[43]

  • CCITT勧告X.25(1976)オレンジブック
  • CCITT勧告X.25(1980)イエローブック
  • CCITT勧告X.25(1984)レッドブック
  • CCITT勧告X.25(1988)ブルーブック
  • ITU-T勧告X.25(1993)ホワイトブック[44]
  • ITU-T勧告X.25(1996)グレイブック[45]

X.25勧告では、サポートする機能と特定の操作の実行方法を決定する際に、各ネットワークで多くのオプションを選択できます。つまり、各ネットワークは、X.25実装の仕様を示す独自のドキュメントを公開する必要があり、ほとんどのネットワークでは、DTEアプライアンスの製造元が、ネットワーク固有のオプションの厳密な順守と実施のテストを含むプロトコル適合性テストを実施する必要がありました。 (ネットワーク事業者は、ネットワークの一部を取り出して他の加入者に影響を与える、不正な動作または誤った構成のDTEアプライアンスの可能性について特に懸念していました。)したがって、加入者のDTEアプライアンスは、特定のネットワークの仕様に一致するように構成する必要があります。接続しています。これらのほとんどは、サブスクライバーがアプライアンスを正しく構成しなかった場合、またはアプライアンスの製造元がそのネットワークの特定のサポートを含めなかった場合にインターワーキングを防ぐのに十分な違いがありました。プロトコル適合性テストにもかかわらず、これは、アプライアンスを最初にネットワークに接続するときに、インターワーキングの問題を引き起こすことがよくあります。

プロトコルのCCITT / ITU-Tバージョンに加えて、ISO / IEC8208の4つのエディションが存在します。[42]

  • ISO / IEC 8208:1987、初版、X.25(1980)および(1984)と互換性があります
  • ISO / IEC 8208:1990、第2版、第1版と互換性があります。およびX.25(1988)
  • ISO / IEC 8208:1995、第3版、第2版と互換性があります。およびX.25(1993)
  • ISO / IEC 8208:2000、第4版、第3版と互換性があります。およびX.25(1996)

も参照してください

参考文献

  1. ^ a b CCITT、研究グループVII、勧告案X-25、1976年3月
  2. ^ X.25、CCITTプレナリーアセンブリおよびブックカラーの歴史
  3. ^ Friend etal。1988、p。242)
  4. ^ Friend etal。1988、p。243)
  5. ^ ITU-T勧告X.28
  6. ^ ITU-T勧告X.3
  7. ^ Foregenix(2012年2月)。「ペイメントカード業界内のX.25」 (PDF)2016年3月4日にオリジナル (PDF)からアーカイブされまし検索された25 5月2016
  8. ^ 「BT価格表:セクション13:BTIPネットワーキング」BT 2019年5月30日取得
  9. ^ Despres、レミ(2010)。「X.25仮想回線-フランスのTRANSPAC-インターネット前のデータネットワーキング」。IEEEコミュニケーションマガジン48(11):40–46。土井10.1109 /MCOM.2010.5621965ISSN 1558年から1896年 
  10. ^ Rybczynski、トニー(2009)。「パケット交換の商業化(1975-1985):カナダの展望[通信の歴史]」。IEEEコミュニケーションマガジン47(12):26–31。土井10.1109 /MCOM.2009.5350364ISSN 1558年から1896年S2CID 23243636  
  11. ^ 「研究会の短い歴史... 7」www.itu.int 2020年2月4日取得
  12. ^ Xシリーズの推奨事項
  13. ^ a b Friend etal。1988 p。230)
  14. ^ a b Schatt 1991p.200)。
  15. ^ Schatt 1991、p.207)。
  16. ^ 「CiscoルーターでTCP / IPを介してX.25を実行する」2001年2月1日。2012年1月21日のオリジナルからアーカイブ
  17. ^ (フランス語) Presse、Agence France(2011年7月21日)。「LeMiniteldisparaîtraenjuin2012」 [Minitelは2012年6月に消滅します]。Le Figaro(フランス語)。
  18. ^ (フランス語)[1]
  19. ^ ISO 8208:2000
  20. ^ ISO 8208、付録B。
  21. ^ ITU-T勧告X.25、G.3.2着信アドレス拡張機能、pp。141–142。
  22. ^ ITU-T勧告X.223、付録II。
  23. ^ ITU-T勧告X.7(04/2004)、17〜18ページ。
  24. ^ ITU-T勧告X.223
  25. ^ ITU-T勧告X.25(10/96)、付録G、p。140。
  26. ^ ITU-T勧告X.213、付録A。
  27. ^ a b c ITU-T勧告X.25(10/96)、p。45。
  28. ^ ITU-T勧告X.283(12/97)、p。42。
  29. ^ a b ITU-T勧告X.25(10/96)、付録A、119〜120ページ。
  30. ^ ISO / IEC 8208:2000、第4版、p。61。
  31. ^ ITU-T勧告X.2(03/2000)、p。4.4。
  32. ^ ISO / IEC 8208:2000、第4版、3.7.1、p。7。
  33. ^ ITU-T勧告D.11(03/91)、p。2.2。
  34. ^ ITU-T勧告D.12(11/88)、p。1.1。
  35. ^ ITU-T勧告X.7(04/2004)、p。42。
  36. ^ ITU-T勧告D.11(03/91)、p。3.3。
  37. ^ ITU-T勧告X.7(04/2004)、p。38。
  38. ^ ITU-T勧告X.2
  39. ^ ITU-T勧告X.7
  40. ^ ITU-T勧告X.25(10/96)、要約、pv
  41. ^ ISO / IEC 8208:2000、第4版、セクション1:範囲、p。1.1。
  42. ^ a b ISO / IEC 8208:2000、第4版、付録C。
  43. ^ ITU-T勧告X.25
  44. ^ ITU-T勧告X.25(1993)ホワイトブック
  45. ^ ITU-T勧告X.25(1996)グレイブック

さらに読む

  • コンピュータコミュニケーション、ブルックリン大学のChaimZiegler博士による講義ノート
  • モトローラコーデックス(1992)。X.25パケット交換の基本ブックベーシックブックシリーズ(第2版)。マサチューセッツ州レディング:アディソン-ウェスリー。ISBN 0-201-56369-X
  • ディージングトン、リチャード(1985)。X.25の説明コンピュータ通信とネットワーク(第2版)。チチェスター英国:エリスホーウッド。ISBN 978-0-85312-626-3
  • 友人、ジョージE。; Fike、John L。; ベイカー、H。チャールズ; ベラミー、ジョンC.(1988)。データ通信を理解する(第2版)。インディアナポリス:ハワードW.サムズアンドカンパニー。ISBN 0-672-27270-9
  • プーチ、ウドW。; ウィリアムH.グリーン; ゲイリーG.モス(1983)。電気通信およびネットワーキングボストン:リトルブラウンアンドカンパニー。ISBN 0-316-71498-4
  • シャット、スタン(1991)。LANのリンク:マイクロマネージャーズガイドマグロウヒル。ISBN 0-8306-3755-9
  • ソープ、ニコラスM。; ロス、デレク(1992)。X.25が簡単になりましたプレンティスホール。ISBN 0-13-972183-5

外部リンク