Xバー理論

ウィキペディアから、無料の百科事典
ナビゲーションにジャンプ 検索にジャンプ

言語学ではXバー理論は、チョムスキー(1970) [1]によって最初に提案され、さらにジャッケンドフ(1977)[2]によって開発された、生成文法の理論に沿った統語範疇形成の理論ですノーム・チョムスキーによる1950年代[3] [4] Xバースキーマ呼ばれる単一の統一された構造でフレーズカテゴリの構造をキャプチャしようとします。これは、自然言語のフレーズはすべて、与えられた構文カテゴリーX。これは、句構造規則が抱えていた問題を解決する上で重要な役割を果たしました。その代表的なものは、生成文法の理論に反する文法規則の急増です。

Xバー理論は、統率束縛理論(GB)、一般化句構造文法(GPSG)、語彙機能文法(LFG)、主辞駆動句構造文法(HPSG)など、構文の変換理論と非変換理論の両方に組み込まれました。ミニマリストプログラムでの最近の[要出典]作業は、裸句構造アプローチを支持してXバースキーマを大部分放棄しましたが、理論の中心的な仮定は、ミニマリスト構文の多くの理論のさまざまな形式と用語で依然として有効です。

背景

Xバー理論は、標準理論[5]に基づく句構造規則(PSR)が抱えていた問題を解決するために開発されました。[6] PSRアプローチには、次の4つの主要な問題があります。

  1. 「S→NPAuxVP」などの外心構造[FN1]を想定しています。これは、フレーズがすべての状況でを持っているという事実に反しています。[6]
  2. たとえば、ジョンが男性に話しかけた文には、動詞句「VP→V(PP)」のPSRが含まれますが、[脚注2] ジョンが男性に直接話しかけた文には、「VP→V(PP)」のPSRが含まれます。 (PP)」。これは、 E言語で未定義の構造が見つかるたびに、新しいPSRを配置する必要があることを示しています。これは、普遍文法に無差別な数の文法規則を追加することになります。これは、プラトンの問題刺激の貧困の観点から深刻な問題を提起します。[5]
  3. 1と2のように、PSRは内心構造を持たないフレーズを表現するため、「VP→NP A PP」など、自然言語では不可能な構造を誤って支配します。[脚注3] [6]
  4. 平坦で非階層的な構造を想定しているため、文のあいまいさを捉えることができません。[7]

Xバー理論は、「XP」の型またはテンプレートの句動詞構造を想定することにより、これらの問題を解決しようとする理論です。

Xバースキーマ

基本原則

Xバー理論の「X」は数学の変数と同等です。NVAPなどの構文カテゴリに置き換えることができますこれらのカテゴリは語彙素であり、フレーズではないことに注意してください。「Xバー」はXよりも大きい、つまり語彙素よりも大きい文法単位であり、X-ダブルバー(= XP)はX(-シングル)バーよりも大きいです。X-ダブルバーのカテゴリは、 NPVPAPPPなどの句動詞のカテゴリと同じです。

Xバー理論は、すべての句動詞カテゴリが図1の構造を持っていることを前提としています。この構造はXバースキーマと呼ばれます。

図1

図1のように、句動詞のカテゴリXPは、二重のオーバーバーが付いたXで示されます[FN4]タイプライティングの理由から、バー記号はX 'のように素数(')に置き換えられることがよくありますこの記事の残りの部分も、この表記規則に従います。

Xバー理論は2つの中心的な原則を具体化しています。

  • 頭の原則:すべてのフレーズには頭があります。[8]
  • 二値性の原則:すべてのノードは2つの異なるノードに分岐します。[8]

見出しの原則は、上記の問題1と3を同時に解決します。二値性の原理は、投影とあいまいさにとって重要です。これについては、以下で説明します。

Xバースキーマは、ヘッドネスの原則に従って、ヘッドとその状況コンポーネントで構成されます。関連するコンポーネントは次のとおりです。

  • 指定子 [必須] X 'ノードと姉妹関係にあるノード。[9]これは構文上の位置自体を指す用語であり、意味的な定義はありません。
  • [必須]語彙素が収まるフレーズの核心頭は、フレーズ全体の形と特徴を決定します。[10]
  • 補足 [必須]頭が要求する議論
  • 付加詞 [オプション]頭で構成されるフレーズの修飾子。

指定者、ヘッド、および補数は必須です。したがって、句動詞カテゴリXPには、1つの指定子、1つの頭、および1つの補数が含まれている必要があります。一方、付属品はオプションです。したがって、句動詞のカテゴリには0個以上の付加詞が含まれます。したがって、句動詞カテゴリXPに付加詞がない場合は、図2の構造を形成します。

図2

具体的な説明として、ジョンが言語学を研究しているという文を考えてみましょうその中のNP言語学は、図3の構造になっています。

図3

指定子と補数の位置に適合する候補がない場合でも、それらの位置は構文的に存在するため、単に空で空いていることが重要です。(これは二値性の原則の自然な結果であることに注意してください。)これは、すべての句動詞カテゴリがXバースキーマの下で基本的に均一な構造を持っていることを意味します。これにより、PSRを採用する場合とは異なり、異なる句が異なる構造を持つと想定する必要がなくなります。 。(これにより、上記の2番目の問題が解決されることに注意してください。)ただし、図4に示すように、このような空の位置は表現的に省略されることが多いことに注意してください。

図4

このように構文構造を説明する際には、補数が必須であるため、どのような状況でも少なくとも1つのX 'レベルノードが存在するという事実に注意を払う必要があります。[6] [11]

次に、X ''とX 'は頭Xの特性を継承します。これを特性継承射影と呼びます。[12]

図5

図5は、構文構造がXバー理論の下でボトムアップ方式で導出されることを示しています。より具体的には、構造は以下のプロセスを介して導出されます。

  1. 語彙素が頭に取り付けられています。ヘッドはXゼロバーレベルのカテゴリであり、X 0と表記されているため、ゼロレベルの投影と呼ばれることもあることに注意してください[13]
  2. 頭と補語が組み合わされて、X-シングルバー(X、X ')ノードが形成されます。これは、半句動詞カテゴリ(句ほど大きくない構文カテゴリ)を構成します。このカテゴリは中間投影と呼ばれます。[6]
  3. (付加詞がある場合は、X 'と結合して別のX'を形成します。複数の付加詞がある場合は、このプロセスが繰り返されます。)
  4. 中間射影は指定子と組み合わされて、完全な句動詞カテゴリXP(X-ダブルバー)を形成します。このカテゴリは、最大射影と呼ばれます。[6]

3番目を除くすべてのプロセスが必須であることが重要です。これは、1つの句動詞カテゴリに必ずX 0X、およびXP(= X '')が含まれることを意味します。さらに、 X 0より大きいノード(つまり、XノードとXPノード)は構成要素と呼ばれます。

分岐の方向性

図1〜5は英語の語順に基づいていますが、Xバースキーマでは、2値性の原則に規則がないため、分岐の方向性が指定されていません。これを説明するために、ジョンが赤い表紙の長い言語学の本を読んだという文を考えてみましょう。これには2つの付加詞が含まれています。図6または図7のいずれかの構造を持つ可能性があります(三角形のある特定の句動詞カテゴリーの内部構造を省略するという規則に従います)。

図6
図7

図6の構造は、赤い表紙のある言語学の本が長いという意味で得られ、図7の長い表紙のある言語学の本は赤い表紙のあるものです( #Hierarchical Structureも参照)。重要なのは、ノードN'2とN'3の方向性です。1左分岐で、もう1つは右分岐です。したがって、Xバー理論、より具体的には2値性の原理は、ノードの分岐方法に制限を課しません。

頭と補数に関しては、それらの相対的な順序は、原理とパラメータのアプローチ[14]より具体的には頭のパラメータ(Xバースキーマ自体ではない)に基づいて決定されます。原則は、言語間で共有される不変の文法規則ですが、パラメーター、文法の類型的に可変な側面です。「+」または「-」の値でパラメータを設定できます。たとえば、headパラメータの場合、主にどの言語に応じて、[±headfirst]のパラメータを設定します。話す。[15]このパラメータが[+ head first]に設定されている場合、head-initialを取得します英語などの言語で、[-head first]に設定されている場合は、日本語などのhead-final言語を取得します。説明のために、英語の文John ate a appleとそれに対応する日本語の文John-garingo-o tabe-ta(ジョンガリンゴを食べた; John-NOM apple-ACC eat-PAST)は、図8と図の構造になっています。それぞれ9。

図8
図9

最後に、指定子ノードの方向性も本質的に指定不足であることに注意してください。ただし、この問題は議論の余地があります。関連するノードは必然的に言語間で左分岐であると主張する人もいます。そのアイデアは、英語と日本語の両方がVPの左側に主題を持っているという事実によって(部分的に)動機付けられています。たとえば、Saito and Fukui(1998)[16]は、ノードの方向性は固定されておらず、ヘッドパラメータなどによって外部で決定する必要があると主張しています。

文の構造

Sの構造

PSRでは、S(エンテンス)の構造を次のように示します。

  • S→NP(Aux)VP

ただし、この構造は、外心のヘッドレス構造であるため、ヘッディングの原則に違反します。また、Sノードが3項分岐になるため、Aux ( iliary)が発生した場合は2値の原則にも違反します。これらを考慮して、チョムスキー(1981)[17]は、Sが機能カテゴリInfl (セクション)を先頭とするInflPであると提案し、後にチョムスキー(1986a)[11]で、このカテゴリはI(したがってIPを構成する)として再ラベル付けされました。句動詞のカテゴリは、2文字のXPの形式で表されるという表記規則に従います[脚注5]カテゴリIには、 willなどの助動詞が含まれますできます三人称単数現在形の-sや過去形の-edなどの接語。これは、文(または節)には動詞の語尾変化を決定する要素が必然的に含まれるため、句に頭が必要であるという見出しの原則と一致しています。

SがIPを構成すると仮定すると、たとえば、ジョンが大学で言語学を研究している文の構造は、図10 [FN6]のように説明できます。

図10

明らかなように、IP仮説は、文の文法単位を句動詞のカテゴリーと見なすことを可能にします。また、図10の構成が、Xバー理論の中心的な仮定、つまり、ヘッディングの原理と2値の原理と完全に互換性があることも重要です。

S 'の構造

従属節または補文節を導入する単語は補文標識と呼ばれそれらを代表するのは、、、および[FN7]の場合ですPSRの下では、補数節はカテゴリーS 'を構成すると想定されていました。

  • S '→COMPS

Chomsky(1986a)[11]は、このカテゴリーは実際には機能カテゴリーCが先頭に立つCPであると提案しました。[22]たとえば、 ジョンが正直だと思う文は、次のような構造になっています。

図11

さらに、チョムスキー(1986a)[11]は、 wh-movementの着陸地点がCP( Spec-CP )の指定位置であると想定していますしたがって、wh-質問 ジョンは何を食べましたか?たとえば、図12 [FN8]のように導出されます。

図12

この導出では、IからCへの動きは、主語-助動詞反転(SAI)、またはより一般的には頭の動きのインスタンスです[脚注9]

その他の句動詞

階層構造

PSRには、文のあいまいさを捉えることができないという欠点があります。

  • 双眼鏡を持った男性を見ました。[32]

この文は、双眼鏡でVPを変更する「双眼鏡を使って男を見た」という読みと、PPがNPを変更する「双眼鏡を持った男を見た」という読みとの間であいまいです[32] PSRモデルでは、次の2つの解析ルールが得られます。

  • S→NPVP
  • VP→VNP PP

これらのPSRの下での文の構造は、図13のようになります。

図13

[双眼鏡を使用したPP ]は、何があってもVPを変更するため、この構造ではNP変更の読み取り値をキャプチャできないことは明らかです。ただし、Xバー理論は、2値性の原理に従って階層構造を想定しているため、図14および15の構成に示されているようにあいまいさをうまく捉えています。

図14
図15

したがって、Xバー理論は#Backgroundで言及されている4番目の問題も解決します。構文計算はレキシコンから始まり、構文に続き、次に論理形式(LF)に続くため、生成文法のどのバージョンでも、構文からセマンティクスへの一方的な関係が常に存在することに注意してください(セマンティクスから構文へではありません)。計算されます。これは、標準理論(Chomsky 1965 [5])、拡張標準理論(Chomsky 1972 [33])、および改訂拡張標準理論(Chomsky 1981 [17])のいずれにも当てはまります。

脚注

  1. ^ のない句動詞の構造
  2. ^ 括弧は、それらの句動詞カテゴリーがオプションであることを示します。
  3. ^ を含む句動詞の構造
  4. ^ Jackendoff(1977) [2]は、X-triple-barまでのバーレベルを想定しています。
  5. ^ 機能カテゴリIは、Pollock(1989)の提案に沿って、後にT(時制)とAgr (時制)に置き換えられました。[18]しかしながら、機能カテゴリーAgrは、おそらくLFで貢献しなかったため、チョムスキー(1995) [19]によって拒否されました。このため、節は一般に、現代の言語理論では機能カテゴリTが先頭にあるTPであると見なされます。
  6. ^ 図10の構造では、文全体の線形順序は、接辞ホッピング(接辞移動とも呼ばれます)によって導出されます。接辞ホッピングは、構文形成後に音韻形式(PF)で適用される操作であり、この場合、語尾接尾辞/ -s /の「音」を移動し、動詞に隣接させるのに役立ちます。[20] Chomsky(1981)[17]は、この種の時制接辞運動をルールRと呼んでいます。
  7. ^ 補文標識と見なされることもありますが、中島(1996) [21]などの多くの研究者は、CPの頭の位置ではなく、CPの指定子の位置( Spec-CP)で発生するかどうか分析しています。 wh-wordsのように。これは、C 0ではないかどうかということを意味します。それがどの構文カテゴリに属する​​かについては、議論の余地があります。
  8. ^ Wh移動は、チョムスキー(1973) [23]の従属 条件の対象であり、連続して周期的に適用されるため、すべてのSpec-CPを介して適用されます。
  9. ^ 詳細については、Baker(1988) [24]を参照してください。

参考文献

  1. ^ チョムスキー、ノーム(1970)。名詞化についての注意。In:R。Jacobs and P. Rosenbaum(eds。) Reading in English Transformational Grammar、184-221。ウォルサム:ギン。
  2. ^ a b レイ・ジャッケンドフ(1977)。Xバー構文:句構造の研究マサチューセッツ州ケンブリッジ:MIT Press
  3. ^ チョムスキー、ノーム(1955)。言語理論の論理構造マサチューセッツ州ケンブリッジ:MIT Press
  4. ^ チョムスキー、ノーム(1957)。構文構造ハーグ:ムートン。
  5. ^ a b c チョムスキー、ノーム(1965)。構文理論の側面マサチューセッツ州ケンブリッジ:MIT Press
  6. ^ a b c d ef 原口 ; etal。(2016)。ゾウホバン・チョムスキー・リロン・ジテン(新和英大辞典拡大版)東京:研究者。p。521-523。
  7. ^ 岸本秀樹(2009)。Basic Seisei Bunpo(生成文法の基礎)東京:ひつじ書房。
  8. ^ a b ラドフォード、アンドリュー(2016)。英語の文章の分析:第2版ケンブリッジ:ケンブリッジ大学出版局。p。114-115。
  9. ^ 荒木和夫(編)(1999)。英吾学洋吾訳文(英語学専門用語辞典)東京:三省堂。p。587。 {{cite book}}|author=一般名があります(ヘルプ
  10. ^ 荒木和夫(編)(1999)。英吾学洋吾訳文(英語学専門用語辞典)東京:三省堂。p。249。 {{cite book}}|author=一般名があります(ヘルプ
  11. ^ a b c d チョムスキー、ノーム(1986a)。バリアマサチューセッツ州ケンブリッジ:MIT Press
  12. ^ 荒木和夫(編)(1999)。英吾学洋吾訳文(英語学専門用語辞典)東京:三省堂。p。489。 {{cite book}}|author=一般名があります(ヘルプ
  13. ^ 「演習を伴う基本的な英語の構文」2021-10-22を取得
  14. ^ チョムスキー、ノーム(1986b)。言語の知識:その性質、起源および使用ニューヨーク:プレーガー。
  15. ^ 荒木和夫(編)(1999)。英吾学洋吾訳文(英語学専門用語辞典)東京:三省堂。p。424。 {{cite book}}|author=一般名があります(ヘルプ
  16. ^ 齋藤守; 福井直樹(1998)。「句構造と動きの順序」。言語のお問い合わせ29(3):439–474。
  17. ^ a b c チョムスキー、ノーム(1981)。政府と拘束力に関する講義マサチューセッツ州ケンブリッジ:MIT Press
  18. ^ ポロック、ジャン・イブ(1989)。「動詞の動き、普遍文法、IPの構造」。言語のお問い合わせ20(3):365–424。
  19. ^ a b c チョムスキー、ノーム(1995)。ミニマリストプログラムケンブリッジMA:MITプレス。
  20. ^ 荒木和夫(編)(1999)。英吾学洋吾訳文(英語学専門用語辞典)東京:三省堂。p。16.16。 {{cite book}}|author=一般名があります(ヘルプ
  21. ^ 中島平蔵(1996)。「補文標識の選択」。言語レビュー13:143–164。
  22. ^ ラドフォード、アンドリュー(2016)。英語の文章の分析:第2版ケンブリッジ:ケンブリッジ大学出版局。p。86-92。
  23. ^ チョムスキー、ノーム(1973)。変換の条件。で:スティーブンR.アンダーソンとポールキパルスキー(編)モリスハレのためのフェストシュリフト、232-286。ニューヨーク:ホルト、ラインハート、ウィンストン。
  24. ^ ベイカー、マークC.(1988)。組み込み:文法機能の変化の理論シカゴ:シカゴプレス大学。
  25. ^ 福井直樹とSpeas、マーガレットJ.(1986)指定子と射影。言語学におけるMITワーキングペーパー 8:128-172。
  26. ^ 北川義久(1986)。日本語と英語の科目、未発表の博士論文、マサチューセッツ大学。北川(1994)、ラウトレッジに転載。
  27. ^ Abney、Steven P.(1987)。その本質的な側面における英語の名詞句博士論文、MIT。
  28. ^ ラーソン、リチャードK.(1988)。二重目的語の構築について。Linguistic Inquiry 19(3):335-391。
  29. ^ バウアーズ、ジョン(1993)。予測の構文。言語のお問い合わせ 24(4):591-656。
  30. ^ バウアーズ、ジョン(2001)。予測。で:マークバルティンとクリスコリンズ(編)、現代構文理論のハンドブック、299-333。ブラックウェル。
  31. ^ Stowell、Timothy(1981)。フレーズ構造の起源博士論文、MIT。
  32. ^ a b "構文I" 2021-10-23を取得
  33. ^ チョムスキー、ノーム(1972)。生成文法における意味論に関する研究ハーグ:ムートン。

関連トピック