Windows Vista

ウィキペディアから、無料の百科事典
ナビゲーションにジャンプ 検索にジャンプ

Windows Vista
WindowsNTオペレーティングシステムのバージョン
Windowsロゴ-2006.svg
Windows Vista.png
デスクトップタスクバースタートメニューWindowsサイドバー、ウェルカムセンター、およびWindowsAeroのガラス効果を示すWindowsVistaUltimateのスクリーンショット
デベロッパーマイクロソフト
ソースモデル

製造にリリース
2006年11月8日; 15年前[2] (2006-11-08
一般
提供
2007年1月30日; 15年前[3] (2007-01-30
最終リリースセキュリティ更新プログラムのロールアップを含むServicePack 2(6.0.6002)[4] / 2016年10月18日; 5年前[5] (2016-10-18
更新方法
プラットフォームIA-32およびx86-64
カーネルタイプハイブリッドNT
ユーザーランドWindows APINTVDMSUA
ライセンス独自の商用ソフトウェア
前任者Windows XP(2001)
成功Windows 7(2009)
公式ウェブサイトWindows Vista
サポート状況
主流のサポートは2012年4月10日に
終了しました拡張サポートは2017年4月11日に終了しました[6]
ユーザーが2010年4月13日以降にアップデートとサポートを受けるには、サービスパックのインストールが必要です

Windows Vistaは、 Microsoftによって開発されたWindowsNTオペレーティングシステムのメジャーリリースですこれは、5年前にリリースされたWindows XPの直接の後継であり、現時点では、MicrosoftWindowsデスクトップオペレーティングシステムの連続リリース間の最長期間でした。開発は2006年11月8日に完了し、その後3か月で、コンピューターのハードウェアおよびソフトウェアメーカー、企業顧客、小売チャネルに段階的にリリースされました。2007年1月30日に国際的にリリースされ、 Windowsマーケットプレイスから購入およびダウンロードできるようになりましたこれは、Windowsの最初のリリースであり、デジタル配信プラットフォーム[7]

Windows Vistaの新機能には、更新されたグラフィカルユーザーインターフェイスAeroと呼ばれるビジュアルスタイル、 Windows Searchと呼ばれる新しい検索コンポーネント、再設計されたネットワーク、オーディオ、印刷、表示サブシステム、 WindowsDVDメーカーなどの新しいマルチメディアツールが含まれますVistaは、ピアツーピアテクノロジを使用して、コンピュータとデバイス間でのファイルメディアの共有を簡素化することにより、ホームネットワーク上のマシン間の通信レベルを向上させることを目的としていました。Windows Vistaには、ソフトウェア開発者が利用できる.NETFrameworkのバージョン3.0が含まれていました。従来のWindowsAPIを使用せずにアプリケーションを作成します

これらの新機能とセキュリティの改善は肯定的なレビューを集めましたが、Vistaは多くの批判と否定的な報道の対象でもありました。Windows Vistaに対する批判には、高いシステム要件、より制限の厳しいライセンス条項、互換性の欠如、起動時間の延長、およびユーザーアカウント制御からの過度の認証プロンプトが含まれますこれらの問題やその他の問題の結果として、WindowsVistaの初期採用率と満足度はWindowsXPよりも低くなりました。ただし、Vistaの使用量は、2009年1月に推定3億3000万人のインターネットユーザーで、2億人のユーザーを達成するというMicrosoftの発売前の2年間の予想を上回りました。2010年10月22日、MicrosoftはWindowsVistaの小売コピーの販売を停止しました。 theVistaの相手先ブランド供給は1年後に停止しました。[8]

Vistaの公式のメインストリームサポートは2012年4月10日に終了し、拡張サポートは2017年4月11日に終了しました。一方、Windows Server 2008のメインストリームサポートは2015年1月13日に終了し[9]、拡張サポートは2020年1月14日に終了しました。[10 ]どちらのバージョンも、それぞれWindows7とWindowsServer 2008R2に引き継がれます2021年6月の時点で、Vistaの市場シェアはWindowsの総市場シェアの0.23%に低下しています。[11]同等のサーバーは、2020年1月までセキュリティ更新プログラムを受け取りました。この更新プログラムは、非公式の方法で小売店のWindowsVistaに適用できます。

開発

Microsoftは、 Windows XPのリリースの5か月前の2001年5月に、コードネーム「Longhorn」で当時知られているWindowsVistaの開発を開始しました[12]当初は、Windows XPと、同社の次の主要なオペレーティングシステムリリースとなる予定の「Blackcomb」との間のマイナーなステップとして、2003年後半に出荷される予定でした。徐々に、「Longhorn」はブラッコムに予定されている重要な新機能やテクノロジーの多くを吸収し、その結果、リリース日は3年間で数回延期されました。Longhornの一部のビルドでは、ライセンス契約で「コードネーム「ウィスラー」のMicrosoft製品の場合」と記載されていました。マイクロソフトの多くセキュリティを強化します。進行中の遅延とフィーチャークリープに関する懸念に直面して、マイクロソフトは2004年8月27日に、計画を修正したと発表しました。このため、Longhornはリセットされ、Windows Server 2003 Service Pack 1コードベースのコンポーネント化の作業を開始し、時間の経過とともに、実際のオペレーティングシステムのリリースを対象とした機能を再組み込みしました。ただし、WinFSなどの以前に発表された機能の一部は削除または延期され、セキュリティ開発ライフサイクルと呼ばれる新しいソフトウェア開発方法論が組み込まれ、 CC ++、およびアセンブリでプログラムされたWindowsコードベースのセキュリティに関する懸念に対処しました。Longhornは2005年にVistaとして知られるようになりました。[13] [14]

Longhorn

Windows Longhornビルド4074のデスクトップスクリーンショット。スタートメニュー、初期バージョンのWindowsデスクトップサイドバー、Windowsエクスプローラー、およびスレートビジュアルスタイルを示しています。

Longhornの初期の開発段階は、一般に、WindowsXPの段階的な改善と更新によって特徴づけられました。この期間中、Microsoftは、マーケティングと広報活動がWindows XPと、 2003年4月にリリースされたWindows Server 2003に重点を置いていたため、作業内容についてかなり静かでした。Longhornのビルドが人気を博しました。IRCBitTorrenteDonkey、さまざまなニュースグループなどのファイル共有ネットワークなど、2003年5月のLonghornの最初の認可された開発リリース以前のビルドについて知られていることのほとんどは、これらのビルドから派生しています。

マイクロソフトからのLonghornによるニュースや活動が比較的少ない数か月後、マイクロソフトはビルド4008をリリースしました。これは、2003年2月28日頃にインターネットに登場しました。[15]また、ソフトウェア開発者の選択されたグループに個人的に配布されました。ビルド3683の進化的リリースとして、変更された青い「Plex」テーマや、最初からグラフィカルモードで動作する新しい簡略化されたWindowsイメージベースのインストーラーなど、いくつかの小さな改善が含まれ、オペレーティングシステムのインストールが完了しました。同じハードウェア上のWindowsXPの約3分の1の時間。オプションの「新しいタスクバー」が導入されました。これは、以前のビルドよりも薄く、時間の表示が異なります。ただし、最も顕著な視覚的および機能的な違いは、Windowsエクスプローラーにあります。Plexテーマを組み込むことで、アプリケーション全体の主要な色が青になりました。Windows XPスタイルの作業ウィンドウは、ツールバーの下に表示される大きな水平ペインにほぼ完全に置き換えられました。新しい検索インターフェイスにより、結果のフィルタリング、Windowsヘルプの検索、およびWinFSとの統合に使用される自然言語クエリが可能になりました。アニメーション検索文字も削除されました。「表示モード」も、スライダーの位置に応じて、リスト、サムネイル、または詳細モードでアイコンのサイズをリアルタイムで変更する単一のスライダーに置き換えられました。また、ファイルメタデータがより見やすく、より簡単に編集できるようになり、不足している情報をより積極的に入力するように促されました。また、Windowsエクスプローラーから WinFSとの統合に使用される自然言語クエリ。アニメーション検索文字も削除されました。「表示モード」も、スライダーの位置に応じて、リスト、サムネイル、または詳細モードでアイコンのサイズをリアルタイムで変更する単一のスライダーに置き換えられました。また、ファイルメタデータがより見やすく、より簡単に編集できるようになり、不足している情報をより積極的に入力するように促されました。また、Windowsエクスプローラーから WinFSとの統合に使用される自然言語クエリ。アニメーション検索文字も削除されました。「表示モード」も、スライダーの位置に応じて、リスト、サムネイル、または詳細モードでアイコンのサイズをリアルタイムで変更する単一のスライダーに置き換えられました。また、ファイルメタデータがより見やすく、より簡単に編集できるようになり、不足している情報をより積極的に入力するように促されました。また、Windowsエクスプローラーから 不足している情報を埋めるためのより積極的な励ましで。また、Windowsエクスプローラーから 不足している情報を埋めるためのより積極的な励ましで。また、Windowsエクスプローラーから.NETアプリケーション。

LonghornとVistaのほとんどのビルドは、デスクトップの右下隅に常に表示されるラベルで識別されていました。一般的なビルドラベルは、「LonghornBuild3683.Lab06_N.020923-1821」のようになります。ビルド数が多いからといって、Microsoftのすべての開発チームの最新機能が自動的に含まれているわけではありません。通常、特定の機能またはサブシステムで作業するチームは、開発者がテストする作業ビルドを生成し、コードが安定していると見なされると、すべての変更がメインの開発ツリーに一度に組み込まれます。Microsoftには、Windows全体のコンパイルをチームで実行できる「ビルドラボ」がいくつかあります。特定のビルドが発生したラボの名前は、ビルドラベルの一部として表示されます。ビルドの日時はそれに続きます。一部のビルド(Beta1やBeta2など)は、バージョン情報ダイアログ(Winver)にビルドラベルのみを表示します。これらのビルドで使用されるアイコンは、WindowsXPのものです。

2003年5月のWindowsハードウェアエンジニアリングカンファレンス(WinHEC)で、マイクロソフトは新しいデスクトップウィンドウマネージャーとAeroの最初の公開デモを行いました。デモンストレーションは、リリースされなかった改訂ビルド4015で行われました。会議での開発者とハードウェアエンジニア向けのいくつかのセッションでは、これらの新機能と、当時Microsoftが提案した安全なコンピューティング環境を作成するためのソリューションである次世代セキュアコンピューティングベース(以前は「Palladium」と呼ばれていました)に焦点を当てました。システムの特定のコンポーネントは、「信頼できる」と見なすことができます。また、この会議で、マイクロソフトはLonghornを提供するためのロードマップを繰り返し、「2005年初頭」のリリース日を示しました。[16]

開発リセット

2004年までに、MicrosoftのWindowsチームは、次のバージョンのWindowsを完成させて顧客に出荷するために何をする必要があるかを見失っていることを明らかにしました。内部的には、一部のMicrosoft従業員は、Longhornプロジェクトを「別のCairo」または「Cairo.NET」と表現していました。これは、同社が1990年代前半までに着手したCairo開発プロジェクトを指しており、出荷オペレーティングシステムにはなりませんでした(ただし、その間に開発されたほぼすべてのテクノロジは、最終的にWindows95およびWindowsNTに組み込まれました[17])。マイクロソフトは、2005年にアップルがMac OS XTigerをリリースしたことにショックを受けました。Longhornで計画されている機能の限られたサブセット、特に高速ファイル検索と統合されたグラフィックスとサウンド処理のみを提供しましたが、現代のLonghornビルドと比較して印象的な信頼性とパフォーマンスを備えているように見えました。[18]ほとんどのLonghornビルドには、OSのパフォーマンスを妨げる大きなWindows Explorerシステムのリークがあり、安定性に到達できなかったコードがどんどん開発されて、後のビルドで開発チームに混乱が生じました。

ウォールストリートジャーナルの2005年9月23日のフロントページの記事[19]で、Windowsの開発と配信に全体的な責任を負ったMicrosoftの共同社長Jim Allchinは、Longhornの開発がどのように「地面にぶつかった」かを説明しました。 「主に、最終製品に明確に焦点を当てることなく、機能がオペレーティングシステムのコアに導入および統合された無計画な方法によるものです。Allchinはさらに、2003年12月に、他の2人の上級幹部であるBrianValentineとAmitabhSrivastavaの助けを借りた方法を説明しました。前者は、Microsoft、特にWindows Server2003でソフトウェアの出荷に経験があります[20]。後者は、マイクロソフトでキャリアを積み、高品質のテストシステムを作成する方法を研究および開発してきました。[21] Srivastavaは、コアアーキテクトのチームを採用して、Windowsオペレーティングシステム全体を視覚的にマッピングし、高レベルのコード品質を適用し、コンポーネント間の相互依存性を低減し、一般的には「 Vistaで事態を悪化させる」。[22]Microsoftは、Longhornをさらにコンポーネント化する必要があると判断したため、既存のWindows Server 2003ソースコードをコンポーネント化するビルド(Omega-13ビルドと呼ばれる)の作業を開始し、開発が進むにつれて機能を追加し直しました。将来のLonghornビルドは、Windows Server 2003 Service Pack 1から開始され、そこから継続されます。

2004年8月26日にマイクロソフトの従業員に社内で発表されたこの変更は9月に本格的に開始されましたが、新しい開発プロセスとビルド方法論がすべての開発チームで使用されるまでにはさらに数か月かかります。個々の開発者やビル・ゲイツ自身から、新しい開発プロセスを内部で実行するのは非常に困難になるだろうという苦情が多数寄せられました。

WindowsVistaとして

2004年11月頃までに、同社は、単純なものから空想的で独創的なものまで、最終リリースのいくつかの名前を検討していました。結局、マイクロソフトは2005年7月22日に確認されたWindows Vistaを、「製品の実際の機能、Windowsの略、顧客の共感とニーズの素晴らしい交差点」であると信じて選択しました。グループプロジェクトマネージャーのGregSullivanは、Paul Thurrottに次のように語っています。 Vistaの3つのマーケティングポイント(明確、接続、自信)に対応しているため、自分にとって重要なことに集中できます。」[23]Microsoftの共同社長であるJimAllchinもこの名前を気に入っており、「Vistaは新製品の機能に適した画像を作成し、Windowsでできることのすべての可能性で想像力を刺激し、人々の情熱を生き生きとさせます」と述べています。[24]

2005年7月にLonghornがWindowsVistaに指名された後、数十万人のボランティアや企業が参加する前例のないベータテストプログラムが開始されました。その年の9月、マイクロソフトは2005年7月から2006年2月までベータテスターに​​定期的なCommunity Technology Previews(CTP)のリリースを開始しました。これらの最初のプレビューは2005 Microsoft Professional Developers Conferenceで配布され、その後ベータテスターとMicrosoftDeveloperにリリースされました。通信網サブスクライバー。その後のビルドには、主にベータテスターからのフィードバックに基づいて、最終製品で計画されている機能のほとんどと、ユーザーインターフェイスへの多くの変更が組み込まれています。Windows Vistaは、2006年2月22日にリリースされた「FebruaryCTP」のリリースで機能が完了していると見なされ、そのビルドから製品の最終リリースまでの残りの作業の多くは、安定性、パフォーマンス、アプリケーション、およびドライバーの互換性、およびドキュメント。5月下旬にリリースされたBeta2は、Microsoftのカスタマープレビュープログラムを通じて一般に公開された最初のビルドでした。500万回以上ダウンロードされました。9月と10月に2つのリリース候補が続き、どちらも多数のユーザーが利用できるようになりました。[25]

2006年3月9日のIntelDeveloper Forumで、MicrosoftはWindowsVistaでEFIをサポートする計画の変更を発表しました。UEFI 2.0仕様(EFI 1.10に代わるもの)は2006年の初めまで完成せず、Microsoftの発表時点では、テストに使用できる製品実装を完了したファームウェアメーカーはありませんでした。その結果、WindowsへのUEFIサポートの導入を延期することが決定されました。64ビットプラットフォームでのUEFIのサポートは、Vista Service Pack1とWindowsServer 2008まで延期され、32ビットUEFIはサポートされなくなりました。これは、市場が急速に64ビットに移行しているため、Microsoftがそのようなシステムの多くが構築されることを期待していなかったためです。プロセッサ。[26] [27]

マイクロソフトは当初、2006年のホリデーショッピングシーズンに間に合うようにオペレーティングシステムのコンシューマーバージョンを世界中で利用できるようにすることを望んでいましたが、2006年3月に、同社に提供するためにリリース日を2007年1月に延期すると発表しました。マイクロソフトがデバイスドライバーを提供するために依存しているハードウェアおよびソフトウェア会社—準備のための追加の時間。製造へのリリースのため(RTM)ビルドは、小売業者やその他のディストリビューターに出荷されるコードの最終バージョンです。RTM以前のビルドの目的は、コードが責任を持って顧客に出荷されるのを妨げる可能性のある最後の「ショーストッパー」バグを排除することです。消費者が迷惑を感じるかもしれない他のものとして。したがって、主要な新機能が導入される可能性はほとんどありません。代わりに、作業はVistaのフィット感と仕上がりに焦点を合わせます。わずか数日で、開発者は、Vistaのバグ数を9月22日の2470を超えていたものから、RC2が10月初旬に出荷されるまでに1400をわずかに超えるまで減らすことができました。ただし、VistaがRTMの準備が整う前に、彼らにはまだ道がありました。Microsoftの内部プロセスでは、製品がRTMのエスクローに入る前に、Vistaのバグ数を500以下に減らす必要がありました。[28]ほとんどのRTM以前のビルドでは、これらの32ビットエディションのみがリリースされています。

2006年6月14日、Windows開発者のPhilip Suは、Windows Vistaの開発プロセスを非難するブログエントリを投稿し、「コードが複雑すぎて、プロセスを圧倒することでコーディングのペースが大幅に低下した」と述べました。[29]同じ投稿では、Windows Vistaには約5,000万行のコードがあり、約2,000人の開発者がこの製品に取り組んでいると説明されています。2006年7月27日に開催されたMicrosoftのFinancialAnalystMeetingでのWindowsVistaの新機能の音声認識機能のデモンストレーション中に、ソフトウェアは「Dearmom」というフレーズを「Dearaunt」として認識しましエラーを修正する試みが何度か失敗した後、文は最終的に「親愛なる叔母さん、みましょう」になりました。「。[30] Vistaの音声認識チームの開発者は、Vistaのビルドにバグがあり、マイクのゲインレベルが非常に高く設定され、音声認識ソフトウェアが音声を受信する原因となったと後で説明しました。」信じられないほど歪んでいる」。[31]

Windows Vistaビルド5824(2006年10月17日)はRTMリリースであると想定されていましたが、Windows XPからアップグレードされたシステムを破壊するバグがこれを防ぎ、開発に損害を与え、2007年1月の期限に達する可能性を低くしました。 。[32]

Windows Vistaの開発は、Microsoftが2006年11月8日に完成したことを発表し、Windows開発の共同社長であるJimAllchinによって終了したときに終了しました。[33] RTMのビルド番号も6000に跳ね上がり、Vistaの内部バージョン番号であるNT6.0を反映していまし[34] RTMビルド番号のジャンプは、Windows 98(ビルド1998)、Windows 98 SE(ビルド2222)、Windows Me(ビルド3000)、Windows XP(ビルド2600)などの消費者向けWindowsバージョンでは一般的な方法です。 Windows 2000(ビルド2195)やServer2003などのビジネス指向バージョン(ビルド3790)。2006年11月16日、MicrosoftはMSDNおよびTechnetPlusサブスクライバーが最終ビルドを利用できるようにしました。[35]ビジネス指向のEnterpriseエディションは、2006年11月30日にボリュームライセンスのお客様にご利用いただけるようになりました。[36] Windows Vistaは、2007年1月30日に一般お客様にご利用いただけるように発売されました。[3]リリースから2年後、Windows Vista 2009年10月にWindows7が続きました

新機能または変更された機能

Windows Vistaでは、以前のバージョンにはなかったいくつかの機能が導入されました。

エンドユーザー

  • Windows Aero新しいグラフィカルユーザーインターフェイスの名前はWindows Aeroで、 Jim Allchinは、 Authentic、Energetic、Reflective、およびOpenの頭字語であると述べています。[37] Microsoftは、新しいインターフェイスを以前のWindowsバージョンよりもクリーンで見た目に美しくすることを意図しており、新しい透明度、ライブサムネイル、ライブアイコン、およびアニメーションを備えているため、新しいレベルの目玉を提供します。ただし、ラップトップユーザーは、Aeroを有効にするとバッテリー寿命が短くなり[38] [39]、パフォーマンスが低下すると報告しています。
  • Windowsシェル新しいWindowsシェルは、新しい範囲の整理、ナビゲーション、および検索機能を提供します。Windowsエクスプローラーの作業ウィンドウが削除され、関連するタスクオプションがツールバーに統合されます。「お気に入りのリンク」ペインが追加され、共通ディレクトリへのワンクリックアクセスが可能になりました。すべてのエクスプローラウィンドウに検索ボックスが表示されます。アドレスバーは、パンくずナビゲーションバーに置き換えられましたWindowsエクスプローラーの特定のファイルタイプのアイコンは「ライブ」であり、最大256×256ピクセルのサイズに拡大縮小できます。プレビューペインを使用すると、ユーザーはさまざまなファイルのサムネイルを表示したり、ドキュメントの内容を表示したりできます。詳細ペインには、ファイルのサイズや種類などの情報が表示され、埋め込まれたタグの表示と編集が可能です。サポートされているファイル形式で。スタートメニューも変更されましたインスタント検索ボックスが組み込まれており、[すべてのプログラム]リストでは、Windows XPで見られるカスケードフライアウトメニューの代わりに、水平スクロールバーが使用されます。「スタート」という言葉自体は削除され、Windowsのロゴが付いた青いオーブが採用されました。
  • Windows Search Windows Vistaの新しい検索コンポーネントであり、インスタント検索(入力時の検索とも呼ばれます)を備えています。これにより、インスタント検索結果が提供されるため、以前のバージョンのWindowsで見つかった検索機能よりもすばやくファイルを検索でき、認識されたファイルタイプの内容。[40]ユーザーは、名前拡張子、サイズ、日付、属性などの特定のメタデータを検索できます。
  • Windowsサイドバー画面の右側に固定された透明なパネル。ユーザーはデスクトップガジェットを配置できます。デスクトップガジェットは、特殊な目的(天気やスポーツのスコアの表示など)用に設計された小さなアプレットです。ガジェットをデスクトップに配置することもできます。[41]
  • Windows Internet Explorer 7新しいユーザーインターフェイス、タブ付きブラウジング RSS、検索ボックス、改善された印刷、 [42]ページズーム、クイックタブ(開いているすべてのタブのサムネイル)、フィッシング防止フィルター、多数の新しいセキュリティ保護機能、国際化ドメイン名のサポート(IDN)、および改善されたWeb標準のサポート。Windows VistaのIE7は、オペレーティングシステム内の他のアプリケーションから分離して実行されます(保護モード)。エクスプロイトおよび悪意のあるソフトウェアは、ユーザーの明示的な同意なしに、インターネット一時ファイル以外の場所への書き込みを制限されています。
  • Windows Media Player 11は、音楽とビデオを再生および整理するためのMicrosoftのプログラムを大幅に改良したものです。このバージョンの新機能には、ワードウィーリング(インクリメンタルサーチまたは「入力時に検索」)、メディアライブラリの新しいGUI、写真の表示と整理、ネットワークを介して他のWindows Vistaマシン、 Xbox360と音楽ライブラリを共有する機能が含まれます。統合、および他のMedia CenterExtenderのサポート。
  • Windows Defenderいくつかのリアルタイム保護エージェントを備えたスパイウェア対策プログラム。スタートアッププログラムへのアクセスを提供し、現在実行中のソフトウェア、ネットワークに接続されたアプリケーション、およびWinsockプロバイダー(Winsock LSP)を表示できるソフトウェアエクスプローラー機能が含まれています。
  • バックアップと復元センターユーザーが自分のコンピューター上のファイルの定期的なバックアップと、以前のバックアップからの回復をスケジュールできるようにするバックアップと復元アプリケーションが含まれています。バックアップは増分であり、毎回行われた変更のみを保存し、ディスク使用量を最小限に抑えます。また、完全なPCバックアップ( Ultimate、Business、およびEnterpriseエディションでのみ使用可能)を備えており、コンピューター全体をイメージとしてハードディスクまたはDVDにバックアップします。Complete PC Backupは、ハードウェアに障害が発生した場合に、新しいハードウェアまたはハードディスクにマシンセットアップを自動的に再作成できます。PCが破損しているためにハードディスクから正常に起動できない場合は、WindowsVista内またはWindowsVistaインストールCDから完全なPC復元を開始できます。
  • Windows Mail:安定性を向上させ[43]、統合されたインスタント検索機能を備えた新しいメールストアを含むOutlookExpressの代替品Internet Explorer 7のようなフィッシングフィルターと、WindowsUpdateを介した定期的な更新によって強化された迷惑メールフィルタリングがあります。[44]
  • Windowsカレンダーは、Windows連絡先およびWindowsメールと統合する新しいカレンダーおよびタスクアプリケーションです。人気のiCalendarなど、さまざまな種類のカレンダーファイルと互換性があります
  • Windowsフォトギャラリー、写真と映画のライブラリ管理アプリケーション。デジタルカメラからインポートし、個々のアイテムにタグを付けて評価し、色と露出を調整し、 Direct3Dを介してスライドショー(パンおよびフェード効果付き)を作成および表示し、スライドショーをDVDに書き込むことができます。
  • Windows DVDメーカー、ユーザーのコンテンツに基づいてビデオDVDを作成する機能を提供するWindowsムービーメーカーのコンパニオンプログラムユーザーは、タイトル、メニュー、ビデオ、サウンドトラック、画像またはスライドのパンおよびズームモーションエフェクトを備えたDVDをデザインできます。
  • 以前はWindowsXPの別のエディション(Windows XP Media Center Editionと呼ばれる)に排他的にバンドルされていたWindows Media Centerが、WindowsVistaのHomePremiumエディションとUltimateエディションに組み込まれました。
  • ゲーム:以前のバージョンのWindowsに含まれていた標準のコンピューターゲームのほとんどは、Vistaの新しいグラフィカル機能を紹介するために再設計されました。Windows Vistaで利用できる新しいゲームは、Chess Titans(3D Chessゲーム)、Mahjong Titans(3D Mahjongゲーム)、Purble Place(マッチングゲーム、ケーキクリエーターゲーム、ドレスアップパズルゲーム)Purble Placeは、Windows Vista HomeBasicエディションで利用できる唯一の新しいゲームです。InkBallは、Home Premium(またはそれ以上)のユーザーが利用できます。
  • ゲームエクスプローラー「ゲーム」と呼ばれる新しい特別なフォルダーは、インストールされたビデオゲームとそれらに関する情報を公開します。これらのメタデータはインターネットから更新される場合があります。[45]
  • Windowsモビリティセンターは、モバイルコンピューティングに関連する最も関連性の高い情報(明るさ、音、バッテリーレベル/電源方式の選択、ワイヤレスネットワーク、画面の向き、プレゼンテーション設定など)を一元化するコントロールパネルです。
  • WindowsのFAXとスキャンFAXモデムを搭載したコンピューターが、FAX文書を送受信したり、文書をスキャンしたりできるようにします。Windows VistaのHomeエディションでは使用できませんが、Business、Enterprise、およびUltimateエディションでは使用できます。
  • Windows MeetingSpaceがNetMeetingに取って代わります。ユーザーは、ローカルネットワーク上の他のユーザーと、またはピアツーピアテクノロジーを使用してインターネット経由でアプリケーション(またはデスクトップ全体)を共有できます(StarterおよびHome Basicよりも高いエディションはホスティング機能を利用できます。StarterおよびHomeBasicエディションは「参加」モードのみに限定)
  • Windows HotStartを使用すると、互換性のあるコンピューターで、オペレーティングシステムの起動から直接アプリケーションを起動したり、ボタンを押すだけで再開したりできます。これにより、Microsoftがアプライアンスのような可用性と表現したものが可能になり、コンピューターが次のような家電製品と同じように機能できるようDVDプレーヤー; [46]この機能は、従来モバイルデバイスに関連付けられていたインスタントオン機能の可用性を提供するようにも設計されてい[47] MicrosoftはWindowsHotStartを使用したマルチメディアシナリオを強調してきましたが、 [48]ユーザーは、ボタンが優先アプリケーションを起動するようにこの機能を構成できます。[49]
  • シャドウコピーは、ファイルとフォルダの毎日のバックアップコピーを自動的に作成します。ユーザーは、[システム]コントロールパネルの[システム保護]タブを使用してシステム保護ポイントを設定することにより、「シャドウコピー」を作成することもできます。ユーザーは、限られた履歴全体でファイルの複数のバージョンを表示し、それらのバージョンを復元、削除、またはコピーすることができます。この機能は、Windows VistaのBusiness、Enterprise、およびUltimateエディションでのみ使用でき、 Windows Server2003から継承されます。[50]
  • Windows Updateソフトウェアとセキュリティの更新が簡素化され[51] 、 Webアプリケーションとしてではなくコントロールパネルからのみ動作するようになりましたWindowsMailのスパムフィルターとWindowsDefenderの定義は、WindowsUpdateを介して自動的に更新されます。自動更新の推奨設定を選択したユーザーは、新しいデバイスを追加するときに最新のドライバーがインストールされ、利用可能になります。
  • ペアレンタルコントロール管理者は、ユーザーアクティビティを監視および制限したり、各標準ユーザーが使用およびインストールできるWebサイト、プログラム、およびゲームを制御したりできます。この機能は、VistaのBusinessエディションまたはEnterpriseエディションには含まれていません。
  • Windows SideShow新しいラップトップまたはサポートされているWindowsモバイルデバイスで補助ディスプレイを有効にします。これは、コンピューターの電源がオンまたはオフのときにデバイスガジェットを表示するために使用することを目的としています。
  • 音声認識はVistaに統合されています。[52]再設計されたユーザーインターフェイスと構成可能なコマンドアンドコントロールコマンドを備えています。Officeとワードパッドでのみ機能するOffice2003バージョンとは異なり、WindowsVistaの音声認識はアクセス可能なすべてのアプリケーションで機能します。さらに、現在、英語とアメリカ英語、スペイン語、フランス語、ドイツ語、中国語(繁体字および簡体字)、および日本語のいくつかの言語をサポートしています。
  • 画面を読むために設計されたいくつかのフォントを含む新しいフォント、および改良された中国語(Yahei、JhengHei)、日本語(Meiryo)、および韓国語(Malgun)フォント。ClearTypeも拡張され、デフォルトで有効になっています。
  • 改善されたオーディオコントロールにより、システム全体のボリュームまたは個々のオーディオデバイスのボリューム、さらには個々のアプリケーションを個別に制御できます。部屋補正、低音管理、スピーカーフィル、ヘッドフォン仮想化などの新しいオーディオ機能も組み込まれています。
  • 問題レポートと解決策。ユーザーが問題の解決策を確認したり、以前に送信された問題を表示して解決策や追加情報がある場合はそれを表示したりできる機能。Windowsシステム評価ツールは、システムパフォーマンスのベンチマークに使用されるツールです。ゲームなどのソフトウェアは、この評価を取得し、実行時に独自の動作を変更してパフォーマンスを向上させることができます。ベンチマークは、 CPU RAM、2Dおよび3Dグラフィックアクセラレーション、グラフィックメモリ、およびハードディスク容量をテストします。[53] [54]
  • Windows Ultimate Extras:Windows VistaのUltimateエディションは、Windows Updateを介して、いくつかの追加機能へのアクセスを提供します。これらは、追加のMUI言語パック、 Texas Hold'Em(ポーカーゲーム)およびMicrosoft Tinker(キャラクターがロボットである戦略ゲーム)、 BitLocker、およびユーザーが暗号化キーをオンラインでオンラインでバックアップできるようにするEFS拡張機能のコレクションです。 Digital Locker、およびWindows Dreamsceneは、 MPEGおよびWMVでビデオを使用できるようにしデスクトップの背景としてフォーマットします。2008年4月21日、Microsoftはさらに2つのUltimateExtrasを発売しました。3つの新しいWindowsサウンドスキームとDreamsceneのコンテンツパック。DreamSceneの最終バージョンがリリースされてから、さまざまなDreamSceneコンテンツパックがリリースされています。
  • 信頼性およびパフォーマンスモニターには、 CPU、ディスク、ネットワーク、メモリ、およびその他のリソースのシステムパフォーマンスとリソースアクティビティを調整および監視するためのさまざまなツールが含まれています。ファイル、開いている接続などの操作を表示します。[55]
  • ディスクの管理:Windows Vistaの論理ディスクマネージャーは、オンザフライでボリュームの縮小と拡張をサポートします。[56]
  • Windows Anytime Upgrade:ユーザーがVistaを実行しているコンピューターをより高いエディションにアップグレードできるようにするプログラムです。たとえば、Windows Vista Home Basicを実行しているコンピューターは、HomePremium以上にアップグレードできます。Anytime Upgradeを使用すると、ユーザーはプログラムやデータを消去せずにアップグレードでき、既存のWindowsインストールを置き換えるよりも安価です。いつでもアップグレードはVistaでは利用できなくなりました。[57]
  • Digital Locker Assistant : WindowsMarketplace配布プラットフォームからのダウンロードと購入へのアクセスを容易にするプログラム。[58] Windowsマーケットプレイスから購入したアプリは、Microsoftアカウントの資格情報によって管理されます。この資格情報は、アプリとそれに関連する情報(ライセンスなど)をオフサイトに保存するユーザーのデジタルロッカーにアクセスするために使用されます。[59]

コア

Vistaには、ReadyBoost [60]ReadyDriveなどのテクノロジが含まれています。これらのテクノロジは、高速フラッシュメモリUSBフラッシュドライブハイブリッドハードディスクドライブにあります)を使用して、一般的に使用されるプログラムとデータをキャッシュすることでシステムパフォーマンスを向上させます。ハイブリッドドライブは使用していないときにスピンダウンできるため、これはノートブックコンピュータのバッテリ寿命の向上にも現れます。[61] SuperFetchと呼ばれる別の新しいテクノロジーは、機械学習を利用しています使用パターンを分析して、WindowsVistaがいつでもシステムメモリに存在する必要があるコンテンツについてインテリジェントな決定を下せるようにする手法。ほとんどすべての追加RAMをディスクキャッシュとして使用します。[62] SuperFetchと組み合わせて、自動組み込みのWindowsディスクデフラグツールにより、これらのアプリケーションがハードディスク上に戦略的に配置され、ハードディスクの読み取り/書き込みヘッドの物理的な動きを最小限に抑えて、メモリに非常に迅速にロードできるようになります。 。[63]

ネットワークアーキテクチャの再設計の一環として、IPv6はオペレーティングシステムに完全に組み込まれ[64] 、 TCPウィンドウスケーリングなどの多くのパフォーマンスの改善が導入されました。[65]以前のバージョンのWindowsは通常、正しく動作するためにサードパーティのワイヤレスネットワークソフトウェアを必要としましたが、より包括的なワイヤレスネットワークサポートを含むVistaの場合はそうではありません。[66]

グラフィックスに関しては、Vistaは新しいWindows Display Driver Model [67]Direct3Dのメジャーリビジョンを導入しています。新しいドライバーモデルは、新しいデスクトップウィンドウマネージャーを容易にします。これは、 WindowsAeroの基礎である裂け目のないデスクトップと特殊効果提供します。主要なグラフィックカードメーカーと共同で開発されたDirect3D10は、より高度なシェーダーをサポートする新しいアーキテクチャであり、グラフィック処理ユニットがCPUの支援なしでより複雑なシーンをレンダリングできるようにします。CPUとGPU間の負荷分散が改善され、それらの間のデータ転送も最適化されます。[68]WDDMは、一般的な家電機器に匹敵するビデオコンテンツの再生も提供します。これは、外部モニターへの接続を容易にし、保護されたHDビデオ再生を提供し、全体的なビデオ再生品質を向上させることによってこれを行います。Windowsで初めて、グラフィックスプロセッシングユニット(GPU)マルチタスクが可能になり、ユーザーは複数のGPUを多用するアプリケーションを同時に実行できるようになりました。[69]

オペレーティングシステムのコアでは、メモリマネージャ、プロセススケジューラ、およびI / Oスケジューラに多くの改善が加えられています。ヒープマネージャは、堅牢性を向上させ、バッファオーバーフローのセキュリティエクスプロイトから防御するために、整合性チェックなどの追加機能を実装しますが、これには一部のレガシーアプリケーションとの下位互換性が失われます。[70]カーネルトランザクションマネージャーが実装され、アプリケーションがアトミックトランザクション操作を使用してファイルシステムレジストリを操作できるようになりました[71]

セキュリティ関連

セキュリティの向上は、Vistaの主要な設計目標でした。[72]マイクロソフトの製品に対する国民の信頼を向上させることを目的としたマイクロソフトの信頼できるコンピューティングイニシアチブは、その開発に直接的な影響を及ぼしました。この取り組みにより、多くの新しいセキュリティおよび安全機能と4以上の評価保証レベルがもたらされました。[73] [74]

ユーザーアカウント制御(UAC)は、おそらくこれらの変更の中で最も重要で目に見えるものです。UACは、マルウェアを阻止する目的で、ユーザーがデフォルトでより少ない特権でコンピューターを使用できるようにするセキュリティテクノロジーです。システムに不正な変更を加えることから。以前のバージョンのWindowsでは、これは多くの場合困難でした。以前の「制限された」ユーザーアカウントは制限が厳しく、アプリケーションソフトウェアの大部分と互換性がなく、通知トレイからカレンダーを表示するなどの基本的な操作さえも妨げていたためです。Windows Vistaでは、管理者権限を必要とするアクション(ソフトウェアのインストール/アンインストール、システム全体の構成変更など)が実行されると、ユーザーは最初に管理者名とパスワードの入力を求められます。ユーザーがすでに管理者である場合でも、ユーザーは保留中の特権アクションを確認するように求められます。プログラムの実行、印刷、インターネットサーフィンなどのコンピューターの定期的な使用は、UACプロンプトをトリガーしません。ユーザーアカウント制御は、画面全体が淡色表示になり、認証ウィンドウのみがアクティブで強調表示されるセキュアデスクトップモードで資格情報を要求します。目的は、認証ウィンドウに干渉することでユーザーを誤解させる悪意のあるプログラムを阻止し、プロンプトの重要性をユーザーに示唆することです。[75]

Symantec Corporationによるテストにより、UACの有効性が証明されました。ノートンライフロックは、バックドアキーロガールートキット、マスメーラー、トロイの木馬スパイウェアアドウェア、その他のさまざまなサンプルで構成される2,000を超えるアクティブなマルウェアサンプルを使用しました。それぞれは、標準のユーザーアカウント内のデフォルトのWindowsVistaインストールで実行されました。UACは、ルートキットを除く各脅威の50%以上を効果的にブロックしました。UACを回避したマルウェアの5%以下が再起動後も存続しました。[76] [77]

Internet Explorer 7の新しいセキュリティおよび安全機能には、フィッシングフィルタ、なりすまし防止機能を備えたIDN、およびシステム全体のペアレンタルコントロールとの統合が含まれます。セキュリティを強化するために、ActiveXコントロールはデフォルトで無効になっています。また、Internet Explorerは保護モードで動作します。このモードは、ユーザーよりも低いアクセス許可で動作し、オペレーティングシステム内の他のアプリケーションから分離して実行されるため、Temporary InternetFilesディレクトリ以外のものにアクセスしたり変更したりすることはできません。[78] Microsoftのスパイウェア対策製品であるWindowsDefenderはWindowsに組み込まれており、マルウェアやその他の脅威に対する保護を提供します。ユーザーの同意がない限り、さまざまなシステム構成設定(新しい自動起動アプリケーションなど)への変更はブロックされます。

以前のリリースのWindowsは、暗号化ファイルシステムを使用したファイルごとの暗号化をサポートしていましたが、VistaのEnterpriseエディションとUltimateエディションには、ボリューム全体を保護できるBitLockerドライブ暗号化が含まれています。、特にオペレーティングシステムのボリューム。ただし、BitLockerを使用するには、Windowsを起動するために、約1.5ギガバイトのパーティションを永続的に暗号化せず、システムファイルを含める必要があります。通常の状況では、このパーティションにアクセスするのは、コンピューターの起動時、またはこの領域のファイルを変更するWindows Updateがある場合のみです。これは、ドライブのこのセクションにアクセスする正当な理由です。16進エディタ(dskprobe.exeなど)、または管理者やカーネルレベルの権限で実行されている悪意のあるソフトウェアがこの「ゴーストパーティション」に書き込み、悪意のある部分を許可する可能性があるため、この領域は潜在的なセキュリティ問題になる可能性がありますシステムを危険にさらす、または暗号化を無効にするソフトウェア。コンピュータのマザーボードに組み込まれた、またはUSBキーを備えた暗号化プロセッサ(バージョン1.2) 。[79]ただし、他のフルディスク暗号化テクノロジと同様に、BitLockerはコールドブート攻撃に対して脆弱です。特に、ブートPINを必要とせずにTPMをキープロテクターとして使用する場合はそうです。[80]

他のさまざまな特権制限手法もVistaに組み込まれています。例として、ユーザープロセスの「整合性レベル」の概念があります。これにより、整合性レベルが低いプロセスは、整合性レベルが高いプロセスと対話できず、整合性レベルが高いプロセスへのDLLインジェクションを実行できません。Windowsサービスのセキュリティ制限はよりきめ細かく、サービス(特にネットワーク上でリッスンしているサービス)は、必要のないオペレーティングシステムの一部と対話することができません。アドレス空間配置のランダム化などの難読化手法を使用して、システムへの侵入が成功する前にマルウェアに必要な労力を増やします。コードの整合性システムバイナリが悪意のあるコードによって改ざんされていないことを確認します。

ネットワークスタックの再設計の一環として、Windowsファイアウォールがアップグレードされ、着信トラフィックと発信トラフィックの両方をフィルタリングするための新しいサポートが追加されました。特定のサービスへの通信を許可または拒否できる高度なパケットフィルタールールを作成できます。

Vistaの64ビットバージョンでは、ドライバーの作成者を識別できるように、すべてのデバイスドライバーがデジタル署名されている必要があります。[81]

システム管理

Vistaの新機能の焦点の多くは、新しいユーザーインターフェイス、[82]セキュリティテクノロジ、およびコアオペレーティングシステムの改善に焦点を当てていますが、Microsoftは新しい展開および保守機能も追加しています。

  • Windows Imaging Format(WIM)は、Microsoftの新しい展開およびパッケージングシステムの基盤を提供しますWindows VistaのHALに依存しないイメージを含むWIMファイルは、新しいイメージを再構築しなくても、維持およびパッチを適用できます。Windowsイメージは、 Systems ManagementServerまたはBusinessDesktopDeploymentテクノロジを介して配信できます。イメージは、アプリケーションを使用してカスタマイズおよび構成し、システム管理者がほとんどまたはまったく触れずに、企業のクライアントのパーソナルコンピューターに展開できます。ImageXは、画像の作成とカスタマイズに使用されるMicrosoftツールです。
  • Windows展開サービスは、Vistaおよび以前のバージョンのWindowsを展開するためのリモートインストールサービスに代わるものです。
  • 約700の新しいグループポリシー設定が追加され、オペレーティングシステムの新機能のほとんどの側面をカバーし、ワイヤレスネットワーク、リムーバブルストレージデバイス、およびユーザーデスクトップエクスペリエンスの構成可能性を大幅に拡張します。Vistaでは、レジストリベースのポリシー設定を表示するためのXMLベースの形式(ADMX)も導入され、地理的な場所やさまざまな言語にまたがるネットワークの管理が容易になりました。[83]
  • 「UNIXベースのアプリケーションのサブシステム」に名前が変更されたUNIX用サービスには、VistaのEnterpriseエディションとUltimateエディションが付属しています。ネットワークファイルシステム(NFS)クライアントのサポートも含まれています。
  • 多言語ユーザーインターフェイス–以前のバージョンのWindows(ローカル言語サポートを提供するために言語パックのロードが必要)とは異なり、Windows Vista UltimateおよびEnterpriseエディションは、ログオンしたユーザーの設定に基づいて言語を動的に変更する機能をサポートします。
  • ワイヤレスプロジェクターのサポート

開発者

Windows Vistaには、多数の新しいアプリケーションプログラミングインターフェイスが含まれています。その中で最も重要なのは、クラスライブラリ共通言語ランタイムで構成される.NETFrameworkのバージョン3.0が含まれていることですバージョン3.0には、次の4つの新しい主要コンポーネントが含まれています。[84]

これらのテクノロジは、WindowsXPおよびWindowsServer 2003でも利用可能であり、開発者およびエンドユーザーによる導入と使用を容易にします。

オペレーティングシステムのコアには、特に完全に再設計されたオーディオ、ネットワーキング、印刷、およびビデオインターフェイス、セキュリティインフラストラクチャの大幅な変更、アプリケーションの展開とインストールの改善など、重要な新しい開発APIもあります(「ClickOnce」およびWindowsInstaller 4.0)、新しいデバイスドライバー開発モデル(「WindowsDriver Foundation」)、トランザクションNTFS、モバイルコンピューティングAPIの進歩(電源管理、Tablet PC Inkサポート、SideShow)、および多くのコアサブシステムのメジャーアップデート(または完全な置き換え)WinlogonCAPIなど

VistaでいくつかのグラフィックAPIを使用しているソフトウェア開発者にはいくつかの問題があります。DirectX 10は以前のWindowsバージョンでは使用できないため、Windows Vista専用バージョンのDirectXバージョン10のみで構築されたゲームまたはプログラムは、以前のバージョンのWindowsでは動作しません。また、D3D9Exの機能を必要とするゲーム、WindowsVistaでのDirectX9の更新された実装も、以前のWindowsバージョンと互換性がありません。[86] Microsoftのブログによると、VistaでのOpenGLの実装には3つの選択肢があります。アプリケーションは、OpenGL呼び出しをDirect3D APIに変換し、OpenGLバージョン1.4でフリーズするデフォルトの実装を使用できます。または、アプリケーションはインストール可能なクライアントを使用できます。ドライバー(ICD)。レガシーとVista互換の2つのフレーバーがあります。従来のICDはDesktopWindow Managerを無効にし、Vista互換のICDは新しいAPIを利用し、Desktop WindowManagerと完全に互換性があります。[87]少なくとも2つの主要ベンダーであるATINVIDIAは、完全なVista互換のICDを提供しました。[88]ただし、ハードウェアオーバーレイは、Vistaで廃止された機能と見なされているため、サポートされていません。ATIとNVIDIAは、同じ機能のためにデスクトップ/フレームバッファオブジェクトの合成を使用することを強くお勧めします。[89]

インストール

Windows Vistaは、最初のMicrosoftオペレーティングシステムです。

  • インストールにDVD-ROMメディアを使用するには[90]
  • これは、 NTFSファイルシステムでフォーマットされたパーティションにのみインストールできます[91]。
  • これにより、インストール前にフロッピーディスクに加えて、任意のソースからSCSISATA、およびRAIDコントローラーのドライバーをロードするためのサポートが提供されます[92]。
  • これは、 GPTディスクとUEFIファームウェアを備えたシステムにインストールして起動できます[a] [94]

OEMと小売店のインストールの統合

Windows Vistaは、以前は別々だったMicrosoftWindowsのOEMおよび小売ディストリビューションを統合します。購入したエディションのライセンスによって、元のソースに関係なく、インストールに適格なWindowsVistaのバージョンが決まります。Windows Vista以前のWindowsのOEMバージョンとリテールバージョンは、オプティカルメディアで別々に保守されていました。メーカー提供のディスクを使用するユーザーは、インストール中にリテールライセンスを使用できず、リテールディスクを使用するユーザーは、インストール中にOEMライセンスを使用できませんでした。[95]

削除された機能

いくつかの注目すべきWindowsXPの機能とコンポーネントは、Windows Vistaで置き換えられたか、削除されました。これには、いくつかのシェルとWindows Explorerの機能、マルチメディア機能、ネットワーク関連の機能、Windows MessengerNTBackup、ネットワークWindows MessengerサービスHyperTerminalMSN ExplorerActive DesktopNetMeetingWindowsMeetingSpaceに置き換えます。Windows Vistaには、Windows XP " Luna「ビジュアルテーマ、またはWindows 3.xの時代からWindowsの一部であったほとんどのクラシックな配色。「ハードウェアプロファイル」の起動機能も削除され、EISAバスやAPMなどの古いマザーボードテクノロジがサポートされています。およびゲームポートのサポート(32ビットバージョンでは、古いドライバーを適用することでゲームポートのサポートを有効にできます)。[96] IP over FireWire(TCP / IP over IEEE 1394)も削除されました。[97] IPX / SPXプロトコルも削除されましたが、サードパーティのプラグインで有効にすることができます。[98]

ライフサイクルのサポート

Windows Vistaの元のリリース(サービスパックなし)のサポートは2010年4月13日に終了しました。[99] Windows XP SP2は2010年7月13日に廃止され[99]、サービスパック1は7月12日にサポートを終了しました。 2011年、一般提供から3年以上。[100] WindowsVistaの前身であるWindowsXPのサポートは、発売から12年以上が経過した2014年4月8日に終了しました。[101]

Windows Vistaのメインストリームサポートは、2012年4月10日に正式に終了しました。[6]「拡張サポート」フェーズは、2017年4月11日までの今後5年間続きます。[6]マイクロソフトは、無料のインシデントサポートを提供しなくなりました。オペレーティングシステムの保証請求または設計修正。商用のWindowsコードに特定の修正を加える必要のあるITプロフェッショナルまたはユーザーの場合、Microsoftは、2012年4月10日からさらに90日間を提供する、拡張修正プログラム契約を必要としました。

拡張サポートフェーズの一環として、Vistaユーザーは引き続きセキュリティ更新プログラムを入手でき、インシデントごと、時間ごと、またはその他の方法でサポートの料金を支払うことができました。マイクロソフトはまた、WindowsVistaの製品情報をオンラインのナレッジベースから入手できるようにしました。2017年4月11日、Microsoftは、Microsoftサポートを受け続けるために、 WindowsVistaユーザーにWindows7へのアップグレードを要求しました。[102]

エディション

Windows Vistaは、6つの異なるエディションで出荷されました。[103]これらは、消費者とビジネスの2つのターゲット市場に大まかに分けられ、特定のサブマーケットに対応するためにエディションが異なります。消費者向けには3つのエディションがあり、経済的に発展した国では2つのエディションが利用可能です。Windows Vista Starterエディションは、新興市場でのみ利用可能な低電力のコンピューターを対象としています。Windows Vista Home Basicは、予算の限られたユーザーを対象としています。Windows Vista Home Premiumは、消費者市場の大部分をカバーしており、マルチメディアを作成および使用するためのアプリケーションが含まれています。ホームエディションは、WindowsServerドメインに参加できません。企業向けには、3つのエディションもあります。Windows Vista Businessは、中小企業向けに特別に設計されています[104]、Windows Vista Enterprise [105]は、マイクロソフトのソフトウェアアシュアランスプログラムに参加しているお客様のみが利用できます。Windows Vista Ultimateには、HomeエディションとBusinessエディションの両方(Home PremiumとEnterpriseの両方の組み合わせ)の完全な機能セットと、Windows Ultimate Extrasのセットが含まれており、愛好家を対象としています。

Windows Vista Starterを除くすべてのエディションは、32ビットx86)と64ビットx64)の両方のプロセッサアーキテクチャをサポートしています。

欧州連合では、Home BasicNおよびBusinessNのバリアントも利用できます。反トラスト法に違反したとしてMicrosoftに対してEUの制裁が課せられたため、これらはWindows MediaPlayerなしで提供されます同様の制裁措置が韓国にも存在します。

ビジュアルスタイル

WindowsVistaに含まれる4つの視覚スタイルの比較

Windows Vistaには、4つの異なる視覚スタイルがあります。[106] [107]

Windows Aero
Vistaのデフォルトの視覚スタイルであるWindowsAeroは、 Desktop WindowManagerと呼ばれるデスクトップコンポジションエンジン上に構築されていますWindows Aeroは、半透明効果(Glass)、タスクバーのウィンドウサムネイル、ウィンドウアニメーション、およびその他の視覚効果(Windows Flip 3Dなど)のサポートを導入し、メインストリームおよびハイエンドのビデオカードを対象としています。これらの機能を有効にするために、開いているすべてのウィンドウの内容がビデオメモリに保存され、ウィンドウが裂けないように移動しやすくなります。そのため、Windows Aeroには、以前のバージョンよりも大幅に高いハードウェア要件があります。Vistaを実行しているシステムには、Windows Display DriverModelと互換性のあるビデオカードドライバーが必要です。(WDDM)、使用する解像度に応じて、必要な最小グラフィックメモリは128MBです。[108]
Windows Aeroは、StarterエディションとHomeBasicエディションには含まれていません。ガラス効果、ウィンドウアニメーション、およびその他の高度なグラフィック効果を欠いた、Windows VistaStandardと呼ばれるWindowsAeroのバリアントは、HomeBasicに含まれています[109]
Windows Vista Basic
この視覚スタイルは、デスクトップウィンドウマネージャーを採用していません。そのため、透明度または半透明度、ウィンドウアニメーション、Windows Flip 3D、またはDWMが提供する機能は備えていません。これは、Windows Vista StarterおよびWDDM互換のディスプレイドライバーがないシステムのデフォルトの視覚スタイルであり、WindowsXPと同様のビデオカード要件があります。Service Pack 1より前では、 Windows Genuine Advantageの検証に失敗したマシンも、デフォルトでこの視覚スタイルになりました。[110]
Windows標準
WindowsStandardおよびWindowsClassicのビジュアルスタイルは、Windows 9xWindows 2000、およびMicrosoftのWindowsServerオペレーティングシステムラインのユーザーインターフェイスを再現します。以前のバージョンのWindowsと同様に、この視覚スタイルは、色設定のコレクションであるカスタム配色をサポートします。Windows Vistaには、4つの高コントラストカラースキームと、Windows 98(「WindowsClassic」というタイトル)およびWindows 2000 / Windows Me(「WindowsStandard」というタイトル)のデフォルトのカラースキームが含まれています。[109]

ハードウェア要件

「CertifiedforWindows Vista」ステッカーが貼られたコンピューターは、WHQLテストの要件を満たし、WindowsAeroなどの新機能をサポートしていました。

Windows Vistaを実行できるコンピューターは、VistaCapableVistaPremiumReadyに分類されます。[111] Vista対応または同等のPCは、Windows Vistaのすべてのエディションを実行できますが、一部の特別な機能やハイエンドのグラフィックオプションでは、追加またはより高度なハードウェアが必要になる場合があります。Vista Premium Ready PCは、Vistaのハイエンド機能を利用できます。[112]

Windows VistaのBasicおよびClassicインターフェイスは、WindowsXPまたは2000をサポートするほぼすべてのグラフィックハードウェアで動作します。したがって、Vistaのグラフィック要件に関するほとんどの議論は、WindowsAeroインターフェイスの要件に集中しています。Windows Vista Beta 2以降、NVIDIA GeForce 6シリーズ以降、ATI Radeon 9500以降、IntelのGMA 950以降の統合グラフィックス、および少数のVIAチップセットS3グラフィックスディスクリートチップがサポートされています。当初はサポートされていましたが、GeForce FX5シリーズはNVIDIAの新しいドライバーから削除されました。VistaでGeForceFXシリーズをサポートするNVIDIAの最後のドライバーは96.85でした。[113] [114]Microsoftは、 WindowsXPおよびVistaユーザーが自分のマシンで実行できるWindowsのバージョンを判断するのを支援するためにWindowsVista Upgrade Advisor [112]と呼ばれるツールを提供しました。このユーティリティに必要なサーバー接続は使用できなくなりました。リテールパッケージに含まれているインストールメディアは32ビットDVDですが、CD-ROMが必要なお客様、または64ビットインストールメディアをご希望のお客様は、WindowsVista代替メディアプログラムを介してこのメ​​ディアを入手できます。[115] Ultimateエディションには、32ビットと64ビットの両方のメディアが含まれています。[116]デジタルでダウンロードされたUltimateのバージョンには、WindowsMarketplaceからの32ビットまたは64ビットの1つのバージョンのみが含まれています。

WindowsVistaのシステム要件[117] [118]
PCのコンポーネント 最低限必要なもの おすすめされた
プロセッサー 800  MHz 1  GHz
メモリー 512  MB ( Starterエディションの場合は
384 MB) 
1  GB
グラフィックスカード スーパーVGA WDDM1.0準拠の
32ビット/ピクセル
DirectX9.0のサポート
PixelShader2.0のサポート
グラフィックメモリ 該当なし 128  MB
HDDの総容量 20  GB 40  GB
HDDの空き容量 15  GB 15  GB
光学ドライブ CD-ROMドライブ DVD-ROMドライブ
その他 該当なし TVチューナーカード (Premium、Ultimate)
タッチスクリーン (Premium、Business、Ultimate)
USBフラッシュドライブ (Ultimate)
トラステッドプラットフォームモジュール (Ultimate)

物理メモリの制限

表に示すように、Windows VistaがサポートできるRAMの最大量は、エディションとプロセッサアーキテクチャの両方によって異なります。[119]

プロセッサアーキテクチャ
IA-32 x64
究極 4  GB 128  GB
企業
仕事
ホームプレミアム 16  GB
ホームベーシック 8  GB
スターター 1  GB 該当なし

プロセッサの制限

Windows VistaがサポートするPCの論理プロセッサの最大数[120]は、次のとおりです。32ビットの場合は32 [121] 。64ビットの場合は64 [122] 。[123]

Windows VistaがサポートするPCの物理プロセッサの最大数は、Business、Enterprise、およびUltimateの場合は2つ、Starter、Home Basic、およびHomePremiumの場合は1つです。[124]

更新

Microsoftは、バグを修正し、パフォーマンスを向上させ、新機能を追加するために、Windowsオペレーティングシステムの サービスパックなどのアップデートをリリースすることがあります。

Service Pack 1

Windows Vista Service Pack 1(SP1)は、5か月のベータテスト期間の後、Windows Server2008とともにOEMパートナーに2008年2月4日にリリースされました。サービスパックの初期展開により、多数のマシンが継続的に再起動し、マシンが使用できなくなりました。[125]これにより、Microsoftは、問題が解決するまでサービスパックの自動展開を一時的に停止しました。2つのオペレーティングシステムの同期されたリリース日は、Windows 2000以降初めて、ワークステーションとサーバーのカーネルが単一のコードベースにマージされたことを反映しています。MSDNサブスクライバーは2008年2月15日にSP1をダウンロードできました。SP1は2008年3月18日にWindowsUpdateおよびダウンロードセンターで現在のWindowsVistaユーザーが利用できるようになりました。 [126] [127] [128]当初、サービスパックは5つしかサポートしていませんでした。言語–英語、フランス語、スペイン語、ドイツ語、日本語。残りの31言語のサポートは、2008年4月14日にリリースされました。[129]

2007年8月29日にマイクロソフトが発行したホワイトペーパーでは、サービスパックの範囲と目的を概説し、信頼性とパフォーマンス、管理エクスペリエンス、および新しいハードウェアと標準のサポートという3つの主要な改善領域を特定しました。[130]

特に注目すべき領域の1つはパフォーマンスです。改善の領域には、ファイルコピー操作、休止状態、ドメインに参加しているマシンでのログオフ、Internet ExplorerでのJavaScript解析、ネットワークファイル共有の参照、[127] Windows Explorer ZIPファイル処理、[131]およびWindowsディスクデフラグツールが含まれます。[132]デフラグする個々のドライブを選択する機能も再導入されています。[127]

Service Pack 1では、いくつかの新しいハードウェアおよびソフトウェア標準、特にexFATファイルシステム、[127] 802.11nワイヤレスネットワーク、IPv6 over VPN接続、およびSecure Socket TunnelingProtocolのサポートが導入されました。[133]

x64システムでExtensibleFirmwareInterface使用してシステムを起動することも導入されました。[127]この機能は、もともとVistaの初期リリースで予定されていましたが、当時互換性のあるハードウェアがなかったために延期されました。2.19 TBを超えるGUIDパーティションテーブルベースのハードドライブからの起動がサポートされています(x64のみ)。[134] [135]

ソフトウェアベンダーからの懸念の結果として、SP1に変更が加えられた2つの領域があります。これらの1つはデスクトップ検索です。ユーザーは、デフォルトのデスクトップ検索プログラムを、Windows Vistaに付属のMicrosoftデスクトップ検索プログラムではなく、サードパーティが提供するものに変更できます。また、デスクトップ検索プログラムは、サービスをオペレーティングシステムにシームレスに結び付けることができます。[128]これらの変更は、Googleデスクトップ検索を使用しているGoogleからの苦情が原因の一部です。アプリケーションは、Vistaの組み込みデスクトップ検索の存在によって妨げられました。2007年6月、Googleは、SP1に導入された変更は「正しい方向への一歩ですが、消費者が代替デスクトップ検索プロバイダーにアクセスしやすくするために、さらに改善する必要がある」と主張しました。[136]もう1つの注目すべき領域は、カーネルにパッチを適用するというサポートされていない方法に現在依存しているウイルス対策ソフトウェアの利益のために導入された一連の新しいセキュリティAPIです(カーネルパッチ保護を参照)。[137] [138]

DirectX10.1という名前のDirectX10のアップデート[127]は、Direct3D10ハードウェアでは以前はオプションであったいくつかの機能を必須としてマークしました。DirectX 10.1をサポートするには、グラフィックカードが必要です。[139] SP1には、Windows Server 2008に付属のバージョンと一致するカーネル(6001.18000)が含まれています。[140]

グループポリシー管理コンソール(GPMC)は、グループポリシーオブジェクトエディターに置き換えられました。グループポリシー管理コンソールの更新されたダウンロード可能なバージョンが、サービスパックの直後にリリースされました。

SP1は、稼働時間を最大化するように設計された再起動削減サービス技術であるホットパッチのサポートを可能にします。これは、実行中のプロセスがまだ使用している間にWindowsコンポーネントを更新(または「パッチ」)できるようにすることで機能します。ホットパッチ対応のアップデートパッケージは、従来のアップデートパッケージと同じ方法でインストールされ、システムの再起動をトリガーしません。[141]

Service Pack 2

WindowsVista用のServicePack 2は、2009年4月28日に製造にリリースされ[142]、Windows Vista SP1のリリースから1年後、リリースの5か月前の2009年5月26日にMicrosoft DownloadCenterとWindowsUpdateにリリースされました。 [ 5]いくつかのセキュリティおよびその他の修正に加えて、いくつかの新機能が追加されました。ただし、Internet Explorer 8は含まれていませんでしたが、代わりに、VistaSP2の5か月後にリリースされたWindows7に含まれていました。[143] [144]

  • Windows Search 4(スタンドアロンアップデートとしてSP1システムで利用可能)
  • Feature Pack for Wirelessは、Bluetooth2.1のサポートを追加します
  • Windows Feature Pack for Storageは、Blu-rayメディアへのデータ記録を可能にします
  • Wi-Fi構成を簡素化するWindowsConnect Now(WCN)
  • アクティブなWi-Fi接続で再開するためのサポートの改善
  • eSATAドライブのサポートの改善
  • Windows XPSP2で導入された10個のハーフオープンの発信TCP接続の制限が削除されました
  • exFATファイルシステムがUTCタイムスタンプをサポートできるようにします。これにより、タイムゾーン間での正しいファイル同期が可能になります。
  • ICCD / CCIDスマートカードのサポート
  • VIA64ビットCPUのサポート
  • RSSフィードサイドバーによるパフォーマンスと応答性の向上
  • 高解像度コンテンツをストリーミングするためのオーディオとビデオのパフォーマンスを向上させます
  • TVのコンテンツ保護におけるWindowsMedia Center (WMC)の改善[145]
  • デフォルトのポリシーを使用した元のポリシーよりも約10%効率的な改善された電力管理ポリシーを提供します[146]

WindowsVistaとWindowsServer 2008は、コードベースがServer 2008のリリースに参加したことを反映して、単一のService Packバイナリを共有します。[143] Service Pack 2は累積的な更新ではないため、Service Pack1を最初にインストールする必要があります。

プラットフォームアップデート

Windows Vistaのプラットフォームアップデートは2009年10月27日にリリースされました。これには、Windows 7に付属する主要な新しいコンポーネントと、更新されたランタイムライブラリが含まれています。[147] [148] WindowsVistaまたはWindowsServer2008のServicePack 2が必要であり、推奨ダウンロードとしてWindowsUpdateに記載されています。

プラットフォームアップデートを使用すると、アプリケーション開発者はWindowsVistaとWindows7の両方をターゲットにできます。これは次のコンポーネントで構成されています。

一部の更新プログラムは、WindowsXPとWindowsVistaの両方で個別のリリースとして利用できます。

プラットフォームアップデートは広範囲ですが、WindowsVistaをWindows7が提供する機能とパフォーマンスのレベルに引き上げることはできません。[149]たとえば、Direct3D 11ランタイムは、「機能」を使用してD3D9クラスのハードウェアおよびWDDMドライバーで実行できます。レベル"Direct3D 10.1で最初に導入された、Desktop WindowManagerはDirect3D10.1を使用するように更新されていません。[149]

2011年7月、MicrosoftはWindowsVistaおよびWindowsServer2008用のPlatformUpdate Supplementをリリースしました。これには、いくつかのバグ修正とパフォーマンスの改善が含まれています。[150]

帯域外パッチ

BlueKeepパッチ

Microsoftは、古いWindowsバージョンのリモートデスクトッププロトコルに影響を与えるBlueKeepセキュリティの脆弱性(CVE --2019-0708 )を解決するためのWindows VistaSP2のアップデートをリリースしました。[151]その後の関連する欠陥、CVE - 2019-1181CVE- 2019-1182、 CVE- 2019-1222 、およびCVE- 2019-1226(総称してDejaBlue)は、WindowsVistaまたは以前のバージョンのWindowsには影響しません。[152]このパッチのインストールにより、WindowsVistaのビルド番号が6002から6003に変更されました。[b]

非公式の帯域外パッチ

WindowsVistaのサポートは2017年4月11日に終了しましたがWindowsServer 2008の更新プログラムをインストールすることで非公式にサポートを延長できますが、これによりWindowsVistaユーザーはWindowsServer2008のサポート終了日である2020年1月14日までセキュリティ更新プログラムをインストールできました。[155 ] Windows Server 2008以降でリリースされたが、WindowsVistaにインストールできる帯域外更新。

Text ServicesFrameworkパッチ

Text Services Frameworkは、特権昇格の脆弱性(CVE - 2019-1162 )によって侵害されました。これにより、攻撃者はフレームワークを使用して特権操作を実行したり、ソフトウェアを実行したり、特権のないプロセスから特権のあるプロセスにメッセージを送信したりできます。サンドボックスなどのセキュリティ機能をバイパスできます。またはユーザーアカウント制御。マイクロソフトは、Windows Vista SP2、Windows Server 2008 SP2、およびそれ以降のバージョンのWindows用のパッチを2019年8月にリリースすることで、この脆弱性に関連する問題を修正しました。[156]

マルウェア保護エンジンパッチ

マルウェア保護エンジンの動作に影響を与えるWindowsDefenderに関連する脆弱性(CVE - 2017-0290)が2017年5月に報告されました。WindowsDefenderが特別に細工されたファイルをスキャンすると、メモリが破損し、攻撃者が制御できる可能性があります。影響を受けるマシン、またはLocalSystemのコンテキストで任意のコード実行を実行する; この脆弱性は、定期的にマルウェアスキャンを自動的に開始するように構成されたWindowsDefenderのデフォルトのリアルタイム保護設定によって悪化しました。脆弱性の影響を受ける保護エンジンの最初のバージョンはバージョン1.1.13701.0であり、それ以降のバージョンのエンジンは影響を受けません。Microsoftは、この問題に対処するためのパッチをリリースしました。[157]

更新サービスの終了

Windows Vistaのサポートは2017年4月11日に終了し、まれな帯域外パッチを除いて、OSのアップデートはリリースされませんでした。[158] OS用のWindowsUpdate Servicesは、SHA-1 Windows Updateエンドポイントが廃止された2020年7月まで、以前にリリースされた更新プログラムをインストールするために機能し続けました。[159]ただし、2021年5月の時点で、Microsoft Update Catalogは、WindowsVista用にダウンロードするためにこれらの更新プログラムを引き続きホストしています。[160]

マーケティングキャンペーン

モハベ実験

2008年7月、Microsoftは「MojaveExperiment」と呼ばれるWebベースの広告キャンペーンを導入しました。これは、Windowsの「Mojave」と呼ばれるMicrosoftの最新のオペレーティングシステムの評価を求められる人々のグループを表しています。参加者は、最初にVistaを使用したかどうか、およびVistaに対する全体的な満足度を1から10のスケールで尋ねられます。次に、新しいオペレーティングシステムの機能のデモが表示され、意見と満足度が尋ねられます。同じ1から10のスケールで。回答者が「Mojave」と評価した後、WindowsVistaのデモが実際に表示されたことが通知されます。目的は、「理論:人々がWindows Vistaを直接見ることができれば、それを望んでいる」ということをテストすることでした。Microsoftによると、回答者の最初のサンプルでは、​​Vistaの評価は10点満点中平均4.4点でした。[161] [162]「実験」は、Vistaのすべての側面に対処しているわけではなく、肯定的な発言を意図的に選択したことで批判されています。[163]

レセプション

Windows Vistaは、主にWindows XPと比較してはるかに高いハードウェア要件と認識された速度低下のために、リリース時およびその存続期間を通じて、さまざまな否定的なレビューを受けました。

DirectX 10によってもたらされる利点を称賛する、PCゲーマーから一般的に肯定的なレビューを受けました。これにより、より優れたゲームパフォーマンスとよりリアルなグラフィックス、および新しいGPUに搭載された多くの新機能のサポートが可能になりました[164]ただし、多くのDirectX 9ゲームは、Windows XPで実行されたときと比較して、最初は低いフレームレートで実行されていました。2008年半ば、ベンチマークでは、SP1の更新により、ゲームのパフォーマンスの点でWindows XPと同等(またはそれ以上)のパフォーマンスが向上することが示唆されました。[165]

ArsTechnicaのPeterBrightは、遅延と機能の削減にもかかわらず、WindowsVistaは「NTプラットフォームの歴史における大きな進化です[...]プラットフォームの根本的な変更は、 NTのリリース[3.1;最初のバージョン]。」[166]以前の評価の続きで、ブライトは次のように述べています。これらの変更の範囲で、VistaはおそらくNTプラットフォームがこれまでに見た中で最大の飛躍を表しています。これまで、Vistaのように重要なサブシステムが破壊され、置き換えられたことはありません。」[167]テクノロジー業界の他の多くの人々は、当時これらの感情を反映し、WindowsVistaに新しく追加された膨大な量の技術機能に賞賛を向けました。[168]

Windows Vistaは、 2007年のConsumer ElectronicsShowで「BestofCES」賞を受賞しました。 [169] [170]

PC Worldは、利用可能になった最初の年に、2007年の最大の技術的失望として評価し[171] 、 InfoWorldによってTechの史上最高の25フロップの2位として評価されました。[172] Microsoftの当時のはるかに小さな競争相手であるAppleは、Vistaの売り上げがはるかに多かったにもかかわらず、自社のオペレーティングシステムはリリース後も苦しんでいないようであり、後でユーザーにVistaの不人気をあざける広告に投資すると述べた。[173]

DellLenovo、およびHewlett-Packardなどのコンピュータメーカーは、 WindowsVistaがプリインストールされた最新のコンピュータをリリースしました。しかし、オペレーティングシステムの評判が悪くなった後、売り上げが落ち込んだため、Windows XPCDを搭載したコンピューターの販売も開始しました。[174]

販売

ガートナー調査レポートによると、2008年のVistaビジネスの採用は同じ時間枠でXPの採用を上回ると予測されていました(21.3%対16.9 [ 175 ] 採用率。[176] [177] 2009年1月の時点で、Forrester Researchは、北米およびヨーロッパの企業のほぼ3分の1がVistaの導入を開始したことを示しています。[178] 2009年5月の会議で、Microsoftの副社長は、大企業向けに「Windows Vistaの採用と展開は、XPの場合よりもわずかに進んでいる」と述べました。[179] [180]

最初の1か月以内に、Vistaの2,000万部が販売されました。これは、5年前の2001年10月の最初の月のWindowsXPの販売額の2倍です。[181]しかし、その直後、Vistaの採用率が比較的低く、Windows XPの需要が続いていたため、MicrosoftはWindows XPを以前の計画日である2008年1月31日ではなく、2008年6月30日まで販売することを決定しました。 VistaユーザーがオペレーティングシステムをXPに「ダウングレード」したレポート、およびVistaをスキップすることを計画している企業のレポート。[183]2008年3月にChangeWaveが実施した調査によると、Vistaに「非常に満足」している企業ユーザーの割合は他のオペレーティングシステムよりも劇的に低く、Vistaは8%で、「非常に満足している」と答えた40%に比べてWindowsXPで。[184]

2009年1月の2年間の可用性後のWindowsVistaのインターネット使用市場シェアは20.61%でした。この数字を世界のインターネットユーザーと人口統計と組み合わせると、約3億3000万人のユーザーベースが得られ[185] 、 Microsoftの発売後2年間の予想を1億3000万人上回りました。[186]同じ統計情報源によると、後継者(Windows 7)のリリース前に到達したインターネットユーザーベースは約4億人でした。[要出典]

批評

Windows Vistaは、多くの否定的な評価を受けています。批判の対象には、開発期間の延長(5〜6年)、より制限の厳しいライセンス条項、保護されたデジタルメディアのコピーを制限することを目的とした多数のテクノロジの組み込み[187] 、および新しいユーザーアカウント制御セキュリティテクノロジのユーザビリティが含まれます。さらに、「VistaPremiumReady」ハードウェア要件とVistaの価格設定を満たす多くのPCについていくつかの懸念が提起されています。

ハードウェア要件

2005年にMicrosoftは「今日市場に出回っているほぼすべてのPCがWindowsVistaを実行する」と主張しましたが[188]、Aeroインターフェイスなどの一部の「プレミアム」機能のより高い要件が多くのアップグレード業者に影響を及ぼしました。2006年5月の英国の新聞TheTimesによるとすべての機能は「英国のPC市場の5%未満で利用可能になる」とのことです。ただし、この予測は、Vistaがリリースされる数か月前に行われました。[189]この継続的な明確さの欠如は、「Vista Capable」の指定が保証されているにもかかわらず、新しいソフトウェアを最大限に活用できない新しいコンピューターを使用していることに気付いたため、最終的にマイクロソフトに対する集団訴訟につながりました。[190]訴訟は、上級管理職もこの問題に苦労していることを示すマイクロソフトの社内コミュニケーションを公開しました。たとえば、Mike Nash(Windows製品管理のコーポレートバイスプレジデント)は、彼のラップトップには適切なグラフィックチップがないため、Vistaを困惑させたため、「私は今、2,100ドルの電子メールマシンを持っています」とコメントしました。[191]

ライセンス

Windows VistaStarterからHomePremiumに関連するアップグレードライセンスに対する批判は、 ArsTechnicaKenFisherによって表明されました。彼は、以前のオペレーティングシステムを既にインストールしているという新しい要件により、Windowsを定期的に再インストールするユーザーに苛立ちをもたらすと述べました。 。[192] Windows Vistaのアップグレードコピーは、以前のバージョンのWindowsを最初にインストールしなくてもクリーンにインストールできることが明らかになっています。最初のインストールでは、Windowsはアクティブ化を拒否します。次に、ユーザーは同じVistaのコピーを再インストールする必要があります。その後、Vistaは再インストール時にアクティブ化されるため、ユーザーは以前のオペレーティングシステムを所有していなくてもWindowsVistaのアップグレードをインストールできます。[193]Windows XPと同様に、新しいPCにインストールされたVistaのOEMバージョンにも個別のルールが適用されます。Microsoftは、これらのバージョンは法的に譲渡できないと主張しています(ただし、これが最初の販売権と競合するかどうかはまだ法的に明確に決定されていません)。[194]

コスト

当初、WindowsVistaのコストも懸念と解説の源でした。世論調査のユーザーの大多数は、2006年8月にMicrosoft CanadaWebサイトに投稿されたさまざまなWindowsVistaエディションの価格により、製品が高すぎると述べています。[195] Vistaのリリース日のBBCニュースのレポートは、「米国のVistaバージョンのコストは、英国の同等バージョンの約半分の価格で、価格プランに対して消費者からの反発があるかもしれない」と示唆しました。[196] 2006年のVistaのリリース以来、MicrosoftはVistaの小売価格を下げ、価格をアップグレードしました。当初、Vista Ultimateの価格は399ドル、Home PremiumVistaの価格は239ドルでした。その後、これらの価格はそれぞれ319ドルと199ドルに引き下げられました。[197]

デジタル著作権管理

Windows Vistaは、追加の形式のDRM制限をサポートしています。これの1つの側面は、保護されたビデオパスです。これは、 HD DVDまたはBlu-rayディスクの「プレミアムコンテンツ」が、PCコンポーネント間の接続を暗号化することを要求するように設計されています。コンテンツの要求に応じて、デバイスは暗号化されていない出力を介してプレミアムコンテンツを渡さない場合があります。または、そのような出力の信号の品質を人為的に低下させるか、まったく表示しない必要があります。このようなハードウェアのドライバーは、Microsoftによって承認されている必要があります。失効メカニズムも含まれています。これにより、Microsoftはインターネット経由でエンドユーザーPCのデバイスのドライバーを無効にできます。[198] ピーター・ガットマン、セキュリティ研究者であり、オープンソースのcryptlibライブラリの作成者は、これらのメカニズムがユーザーの基本的権利(フェアユースなど)に違反し、ハードウェアのコストを不必要に増加させ、システムの信頼性を低下させると主張しています(「ティルトビット」は特に重要です)。心配してください。トリガーされると、グラフィックサブシステム全体がリセットを実行します)、サービス拒否攻撃に対して脆弱です。[199]しかしながら、そのような主張を裏付ける証拠を求めるいくつかの要求[200]にもかかわらず、ピーター・ガットマンは研究された証拠で彼の主張を裏付けたことは一度もない。支持者たちは、マイクロソフトは映画スタジオの要求に従うしかない、そしてこの技術は2010年以降まで実際には有効にならないだろうと主張している。[201] [202] Microsoftはまた、コンテンツ保護メカニズムはWindows MEまでさかのぼってWindowsに存在し、新しい保護は既存のコンテンツには適用されず、将来のコンテンツにのみ適用されることに注意しました。[203]

ユーザーアカウント制御

ユーザーアカウント制御(UAC)は、ソフトウェアがユーザーの知らないうちに管理者権限を黙って取得することをブロックするため、Vistaのセキュリティインフラストラクチャの重要な部分ですが、プロンプトが多すぎると広く批判されています。[204]これにより、多くのVista UACユーザーはそれを面倒だと考え、その結果、機能をオフにするか、(Windows VistaEnterpriseまたはWindowsVista Ultimateユーザーの場合)自動承認モードにします。[205]この批判に応えて、MicrosoftはSP1でプロンプトの数を減らすために実装を変更しました。[141]変更はある程度の改善をもたらしたが、懸念を完全に軽減することはできなかった。[206]

ダウングレード権

OEMまたはボリュームライセンスを通じて取得したWindows7のライセンスのエンドユーザーは、同等のエディションのWindowsVistaにダウングレードできます。Windows 7のStarter、Home Basic、またはHome Premiumエディションには、ダウングレード権は提供されません。[207] OEMを通じて取得したWindows8ライセンスの場合、ユーザーはWindowsVistaの同等のエディションにダウングレードすることもできます。Windows 8 Enterpriseの使用を許可されたお客様は、通常、Windows 8 Proのライセンスを取得しており、Windows VistaBusinessにダウングレードされる場合があります。

も参照してください

メモ

  1. ^ WindowsVistaの64ビット版のみ。サービスパック1が必要です。 [93]
  2. ^ 2019年3月19日にWindowsServer 2008用にリリースされたプレビューロールアップパッケージ、またはそれ以降にリリースされたロールアップパッケージをインストールすると、オペレーティングシステムカーネルのビルド番号がバージョン6.0.6002から6.0.6003に更新されます。この変更は、Microsoftが「バージョン関連の問題」を回避しながらオペレーティングシステムのサービスを継続できるようにするために行われました。[153]この同じ現象は、変更が開始されてから2か月後の2019年5月にパッチがリリースされたため、ユーザーがBlueKeepパッチ(KB4499180) [154]をWindowsVistaにインストールした場合に発生します。

参考文献

  1. ^ 「Windowsライセンスプログラム」Microsoft2011年6月。2008年12月16日のオリジナルからアーカイブ2008年9月21日取得
  2. ^ ホワイト、ニック(2006年11月8日)。「WindowsVistaが製造にリリース」WindowsVistaチームのブログMicrosoft2005年8月9日にオリジナルからアーカイブされました2017年1月2日取得
  3. ^ a b "マイクロソフトはWindowsVistaと2007Officeシステムを消費者に提供します"ニュースセンターMicrosoft2007年1月29日2017年1月2日取得
  4. ^ Windowsバージョン番号-MicrosoftWindowsのバージョン番号とビルド番号
  5. ^ a b Oiaga、Marius(2009年5月26日)。「WindowsVistaService Pack 2(SP2)RTMをダウンロードする」ソフトペディアSoftNews。
  6. ^ a bc 「 WindowsVista ライフサイクルポリシー」Microsoft 2017年1月2日取得
  7. ^ 「マイクロソフトは消費者がWindowsVistaを入手するための新しい方法を発表しました」ニュースセンターMicrosoft2007年1月17日2017年1月2日取得
  8. ^ Oiaga、Marius(2010年12月3日)。「WindowsVistaのスローデス-10月にパッケージソフトウェアの販売終了に達しました」ソフトペディア
  9. ^ 「Microsoftサポートライフサイクル」サポートMicrosoft 2012年5月11日取得
  10. ^ 「WindowsServer2008およびWindowsServer 2008R2のサポートの終了」ドキュメントMicrosoft 2020年12月12日取得
  11. ^ 「世界中のデスクトップWindowsバージョンの市場シェア」StatCounterグローバル統計2020年2月2日取得
  12. ^ Gallii、Peter(2001年7月30日)。「前進」eWeek2006年7月7日取得
  13. ^ MicrosoftWindowsシステムの概要Microsoft.com。2011年10月14日に取得。2011 3月16日、 WaybackMachineでアーカイブ
  14. ^ リプナー、スティーブ; ハワード、マイケル(2005年3月)。「信頼できるコンピューティングセキュリティ開発ライフサイクル」Microsoft DeveloperNetworkMicrosoft 2006年8月9日取得
  15. ^ Thurrott、Paul(2003年3月1日)。「LonghornAlphaプレビュー2:ビルド4008」WindowsSuperSite。2007年1月17日にオリジナルからアーカイブされました2006年3月30日取得
  16. ^ 「WinHEC2003セッションプレゼンテーション」マイクロソフト。2003年8月1日。2005年12月16日のオリジナルからアーカイブ2006年3月31日取得
  17. ^ カプラン、マイケル(2005年10月16日)。「リセットは、すべてが破棄されたことを意味するわけではありません」すべてを並べ替えます。2006年4月2日取得
  18. ^ Keizer、Gregg(2007年1月29日)。「MicrosoftのVistaにはMacの羨望があり、会社の電子メールが明らかにした」InformationWeekUBMplc2014年1月27日にオリジナルからアーカイブされました2013年2月28日取得
  19. ^ ガス、ロバート(2005年9月23日)。「グーグルとの戦い、マイクロソフトはソフトウェアの構築方法を変える」ウォールストリートジャーナルpp。A1、??。(ここからオンラインで閲覧可能[1]
  20. ^ Thurrott、Paul(2003年4月16日)。「BrianValentineがWindowsServer2003について語る」Windows用のSuperSite。2006年6月14日にオリジナルからアーカイブされました2006年4月2日取得
  21. ^ マーフィー、ビクトリア(2003年5月26日)。「害虫駆除業者」フォーブスマガジン2004年1月2日にオリジナルからアーカイブされました。
  22. ^ トーレ、チャールズ; Scoble、Robert(2005年12月23日)。「RobShort(およびカーネルチーム)-WindowsVistaのカーネルアーキテクチャの奥深くに入る」チャネル9マイクロソフト。
  23. ^ Ricciuti、マイク(2005年7月22日)。「Longhornの新しい名前:WindowsVista」CNETCBSインタラクティブ2016年3月15日取得
  24. ^ Thurrott、Paul(2006年11月1日)。「ゴールドへの道:Windows Vistaへの長い道のりパート4:2005年1月から7月」2006年11月9日にオリジナルからアーカイブされました2006年11月2日取得
  25. ^ Thurrott、Paul(2006年11月5日)。「PaulThurrottのWindows用スーパーサイト:ゴールドへの道:Windows Vistaへの長い道のりパート7:2006年7月–現在」Windows用のSuperSiteペントン2006年11月9日にオリジナルからアーカイブされました2007年12月25日取得
  26. ^ スプーナー、ジョン(2006年3月14日)。「Microsoftは新しいPCファームウェアでWindowsをシャットダウンします」eWeek 2006年12月26日取得
  27. ^ 「EFIおよびWindowsVista」WHDCマイクロソフト。2006年4月20日。2008年2月5日のオリジナルからアーカイブ2006年12月26日取得
  28. ^ Thurrott、Paul(2006年10月23日)。「独占:Windows VistaRC2が登場」WinInfoブログWindowsITPro。2006年10月11日にオリジナルからアーカイブされました2006年10月2日取得
  29. ^ 「割れ窓理論」私が覚えている限り最高の世界MSDNブログ。2006年6月14日2006年6月24日取得
  30. ^ 「音声認識ソフトウェアのグリッチはMicrosoftのデモを失敗させる」USAトゥデイGannett Co.Inc.AP通信。2006年7月28日。
  31. ^ チェンバーズ、ロブ(2006年7月29日)。「FAM:Vista SRデモの失敗-そして今、あなたは物語の残りを知っています...」ロブのラプソディMicrosoft 2006年7月31日取得
  32. ^ マローン、スティーブ(2006年10月27日)。「WindowsVistaRTMコードの遅延」Digitimes / alphr 2015年8月20日取得
  33. ^ ホワイト、ニック(2006年11月8日)。「WindowsVistaが製造にリリース」WindowsVistaチームのブログ。2014年4月7日にオリジナルからアーカイブされました2006年11月8日取得Windows Vistaの開発には、Microsoftに60億ドルの費用がかかりました。「Vista– 60億ドルのオペレーティングシステム– BillGatesがこれまでに費やした中で最高の数十億ドル」ソフトペディアSoftNews。2007年1月10日2008年10月2日取得
  34. ^ Thurrott、Paul(2006年10月27日)。「WinInfoショートテイク」WinInfoブログWindowsITPro。2006年11月3日にオリジナルからアーカイブされました2006年10月27日取得
  35. ^ 「MSDNサブスクリプション」Microsoft 2006年10月27日取得
  36. ^ 「マイクロソフトのビジネス価値」マイクロソフト。2006年12月5日にオリジナルからアーカイブされました2006年11月30日取得
  37. ^ Allchin、Jim(2006年11月9日)。「WindowsVistaのサウンド」WindowsVistaチームのブログMicrosoft2006年11月10日にオリジナルからアーカイブされました2015年4月25日取得
  38. ^ マーフ、ダレン(2007年5月3日)。「VistaのAeroインターフェースは、バッテリーの寿命が短くなっていると非難されました」Engadget
  39. ^ 「ビスタバッテリー修正?」Microsoft2007年5月6日。2008年3月13日のオリジナルからアーカイブ2008年3月18日取得
  40. ^ 「WindowsVistaパートIIの詳細:拡張検索」ni.comナショナルインスツルメンツ。2009年9月17日。2011年9月29日のオリジナルからアーカイブ。
  41. ^ Durham、Joel Jr.(2007年3月21日)。「WindowsVistaサイドバー用の10個の必須ガジェット」PCマガジンジフデイビス2016年3月19日取得
  42. ^ Windows Internet Explorer、印刷はIE7での印刷を進歩させます。
  43. ^ Windowsメールの機能の説明。信頼性のセクションWindowsメールを参照してください。
  44. ^ Windows Mailは、このChannel9ビデオで開発チームによってデモンストレーションされました。
  45. ^ アダムス、ダン(2006年12月7日)。「Vistaan​​dGames forWindowsupdate」IGNジフデイビス2016年3月18日取得
  46. ^ Suokko、Matti(2004)。「モバイルPCおよびタブレットPC用のWindows-CY05以降」Microsoft2005年12月14日にオリジナル(PPT)からアーカイブされました2015年7月15日取得
  47. ^ パーカー、バート(2005)。「「ロングホーン」対応のモバイルPCの構築」Microsoft2015年9月7日にオリジナル(PPT)からアーカイブされました2015年8月4日取得
  48. ^ 「WindowsLonghornACPIおよび電源管理-パート1」Microsoft2004年。 2006年2月19日のオリジナル(PPT)からアーカイブ2015年8月4日取得
  49. ^ 「WindowsHotStartの構成」(DOCX)Microsoft2010年3月19日2015年4月18日取得
  50. ^ 「WindowsVistaでデータの整合性を維持するための選択されたシナリオ」マイクロソフト。2006年。 2006年8月20日のオリジナルからアーカイブ2006年8月24日取得
  51. ^ Windows Update、 WindowsVistaでのより簡単で中断の少ないWindowsUpdate
  52. ^ Windows Vista、SAPI Talking Windows 、2007年3月23日、 WaybackMachineでアーカイブ
  53. ^ ラッセル、リチャードG.(2005年5月6日)。「WindowsLonghorn用のシステムパフォーマンス評価ツール」マイクロソフト。2012年11月18日にオリジナルPPTからアーカイブされました2012年12月27日取得
  54. ^ 「Windowsシステム評価ツールの紹介」MicrosoftTechNet2007年1月16日にオリジナルからアーカイブされました。
  55. ^ Hruska、Joel(2007年6月29日)。「Vistaの信頼性モニターは、OSの稼働時間に関する詳細情報を提供します」ArsTechnicaコンデナスト2016年3月16日取得
  56. ^ オライリー、デニス(2007年5月22日)。「Vistaでのハードドライブのパーティション分割」PCワールドIDG 2016年3月15日取得
  57. ^ 「WindowsVistaの別のエディションへのアップグレード」Windows.microsoft.com 2012年2月4日取得
  58. ^ LeBlanc、ブランドン(2007年5月2日)。「DigitalLockerAssistantは、購入したアプリの管理に役立ちます」WindowsブログMicrosoft 2016年12月26日取得
  59. ^ 「デジタルロッカー」WindowsマーケットプレイスMicrosoft2007年。 2007年2月2日のオリジナルからアーカイブ2016年12月26日取得
  60. ^ シュルツ、グレッグ(2006年4月13日)。「WindowsVista:ReadyBoost、ReadyDrive、SuperFetch、オーマイ!」TechRepublic
  61. ^ 「WindowsVista:ReadyDriveの準備ができています-チャールズ-チャンネル9」チャネル9マイクロソフト。
  62. ^ 「OSNews.com」
  63. ^ シュルツ、グレッグ(2008年7月9日)。「SuperFetchがRAMを使用してシステムパフォーマンスを向上させる方法を理解する」TechRepublic2008年10月2日取得
  64. ^ 「MicrosoftはVistaでIPv6を活用する」InformationWeekUBMplc2006年1月24日。2013年2月27日のオリジナルからアーカイブ。
  65. ^ 「MSDNブログ」msdn.comマイクロソフト。
  66. ^ 「WindowsVista:WindowsVistaを使用したエンタープライズネットワーク」microsoft.comマイクロソフト。
  67. ^ 「WindowsVista:3Dデスクトップの作成-WindowsVistaのしくみ」ハウスタッフワークス2006年12月5日。
  68. ^ ホワイト、ニック(2006年8月16日)。「DirectX10:ゲームの次世代」WindowsVistaチームのブログ2007年1月25日取得
  69. ^ 「WindowsVistaディスプレイドライバモデル」MSDNライブラリ
  70. ^ 「WindowsVistaおよびWindowsServer 2008のカーネル拡張」DOCMicrosoft2006年5月2011年4月2日取得
  71. ^ 「WindowsVistaカーネルの内部」microsoft.comマイクロソフト。
  72. ^ リカデラ、アーロン(2006年2月14日)。「Gatesによると、セキュリティはVistaの仕事の1つです」InformationWeekUBMplc 2017年1月2日取得
  73. ^ マイヤーズ、ティム。「WindowsVistaおよびWindowsServer 2008は、EAL4 +で認定されたコモンクライテリアです」Microsoft 2013年5月15日取得
  74. ^ 「国家情報保証パートナーシップコモンクライテリア評価および検証スキーム」(PDF)2012年10月5日にオリジナル(PDF)からアーカイブされました2013年5月15日取得
  75. ^ スタネック、ウィリアム; Marquardt、Paul(2007年2月6日)。「WindowsVistaのユーザーアカウント制御について」windowsdevcenter.com
  76. ^ 「マルウェア除去ガイド」(PDF)2010年10月9日。2010年10月9日のオリジナル(PDF)からアーカイブ2021年3月26日取得
  77. ^ NortonLiveチーム(2010年2月)。マルウェア除去ガイドノートンライフロック。p。41。
  78. ^ プロテクトモードIEの詳細については、Internet Explorerチームのブログ: VistaIE7のプロテクトモードおよびWindowsVistaのプロテクトモードIEの詳細を参照してください
  79. ^ 「BitLockerドライブ暗号化:エグゼクティブの概要」Microsoft2006年4月5日2007年6月19日取得
  80. ^ ハルダーマン、J。アレックス; シェーン、セスD。; ヘニンガー、ナディア; クラークソン、ウィリアム; ポール、ウィリアム; カランドリーノ、ジョセフA。; フェルドマン、アリエルJ。; ジェイコブ・アッペルバウム; フェルテン、エドワードW.(2008年2月21日)。「覚えておいてください:暗号化キーに対するコールドブート攻撃」プリンストン大学2008年2月22日取得 {{cite journal}}引用ジャーナルには|journal=ヘルプ)が必要です
  81. ^ Windows Vistaの機能の焦点:64ビット(x64)のサポートWinsupersite.com。2011年10月14日に取得。2008年7月30日、 WaybackMachineでアーカイブ
  82. ^ 「WindowsAeroとは何ですか?」windows.microsoft.comマイクロソフト。
  83. ^ 「WindowsVistaおよびWindowsServerのグループポリシーの新機能「Longhorn」" 。TechNet。Microsoft2006年5月8日のオリジナルからアーカイブ。2006年5月18日取得
  84. ^ .NET Framework 3.0 Technologies Microsoft Archived 2006年7月18日、 Wayback Machine
  85. ^ Vascellaro、Jessica E.(2006年8月3日)。「あなたがオンラインであるとあなたが言う人であることを証明するための新しい方法」ウォールストリートジャーナルダウジョーンズ&カンパニー2016年3月16日取得
  86. ^ ブッカー、ローガン(2005年9月15日)。「DirectX10:グラフィックスに良いよりも害がある?」最大パワーコンピューティングアトミック。2006年6月27日にオリジナルからアーカイブされました2006年5月28日取得
  87. ^ VedBrat、Kam(2006年2月22日)。「その他のコメント...」 MSDNブログ2006年5月28日取得
  88. ^ Trevett、Neil(2006)。「Vista上のOpenGL」クロノスグループ2006年11月9日取得
  89. ^ グエン、トゥアン。「OpenGLがWindowsVistaでネイティブにサポートされるようになりました」2008年5月21日にオリジナルからアーカイブされました2007年1月25日取得
  90. ^ Thurrott、Paul(2010年10月6日)。「WindowsVistaインストールスーパーガイド、パート3:WindowsVistaのクリーンインストール」Windows用のSuperSiteペントン2016年4月30日にオリジナルからアーカイブされました2016年4月26日取得
  91. ^ 「WindowsVistaをインストールしようとすると、アップグレードオプションを選択できず、次のメッセージが表示されます。「アップグレードが無効になっています」"ハウツー。Microsoft2016年9月13日にオリジナルからアーカイブ2016年4月26日取得。WindowsVistaでは、Vistaをインストールするハードディスクパーティション(ディスクボリューム)がNTFSファイルシステムを使用してフォーマットされている必要があります。
  92. ^ ミューラー、スコット(2015)。PCのアップグレードと修復QuePublishingp。295. ISBN 978-0-13-405769-92016年5月1日取得
  93. ^ 「VistaServicePack1の注目すべき変更点」Microsoft2008年。 2008年5月3日のオリジナルからアーカイブ2021年1月6日取得
  94. ^ 「WindowsとGPTのFAQ」Microsoft2017年6月6日。 2019年2月10日のオリジナルからアーカイブ2021年1月7日取得
  95. ^ Thurrott、Paul(2010年10月6日)。「WindowsVistaインストールスーパーガイド、パート3:WindowsVistaのクリーンインストール」Windows用のSuperSiteペントン2016年4月30日にオリジナルからアーカイブされました2015年5月30日取得
  96. ^ 「ビスタでゲームポートを有効にする」クリエイティブ2004年12月8日2007年6月22日取得
  97. ^ 「IPover1394のサポートを終了しました」Microsoft2004年12月8日。2007年5月15日のオリジナルからアーカイブ2007年6月22日取得
  98. ^ 「Vista(32ビット)のIPX / SPXプロトコル」Starbase.com2008年5月5日2008年5月5日取得[永久リンク切れ]
  99. ^ a b "Windows XPSP2およびWindowsVistaRTMのサポートの終了"GBテクノロジー2010年5月14日取得
  100. ^ 「MicrosoftのWindowsVistaSP1サポートは7月12日に終了します」Computerworld2011年7月12日2012年8月2日取得
  101. ^ 「WindowsXPのサポート終了」Microsoft365Microsoft 2018年4月10日取得
  102. ^ 「WindowsVistaユーザー:Microsoftサポートを受け続けるにはWindows7に移行してください」ダミーCBSインタラクティブ2017年2月20日。
  103. ^ 「マイクロソフトはWindowsVista製品ラインナップを発表します」PressPass(プレスリリース)。Microsoft2006年2月26日。2006年11月16日のオリジナルからアーカイブ2006年10月31日取得
  104. ^ 「WindowsVistaビジネス」Microsoft
  105. ^ 「WindowsVistaEnterprise」Microsoft
  106. ^ VedBrat、Kam。「デスクトップとプレゼンテーションがハードウェア設計に与える影響」PPTMicrosoft 2006年9月1日取得
  107. ^ Oiaga、Marius(2006年12月12日)。「WindowsVistaグラフィカルユーザーインターフェイス– Aero、Standard、Basic、Classic」ソフトペディア2009年4月28日取得
  108. ^ 「WindowsVistaEnterpriseハードウェア計画ガイダンス」TechNetマイクロソフト。2006 2006年10月26日取得
  109. ^ a b Thurrott、Paul(2008年8月25日)。「WindowsVistaの機能の焦点:WindowsVistaの標準ユーザーインターフェイス」Windows用のSuperSiteペントン2010年5月22日にオリジナルからアーカイブされました2009年4月28日取得
  110. ^ Thurrott、Paul(2008年8月25日)。「WindowsVistaの機能の焦点:WindowsVistaの基本的なユーザーインターフェイス」Windows用のSuperSiteペントン2009年2月22日にオリジナルからアーカイブされました2009年4月28日取得
  111. ^ 「MicrosoftおよびPCの製造元は、顧客がWindowsVistaの準備を簡単に行えるようにします」PressPassマイクロソフト。2006年5月18日2006年5月18日取得
  112. ^ ab WindowsVistaアップグレードアドバイザー」Microsoft2006年6月25日取得
  113. ^ 「ForceWareリリース95」Nvidia.com 2008年10月2日取得
  114. ^ 「MsBetasのVista対応GPUのリスト」2007年3月13日にオリジナルからアーカイブされました2007年7月30日取得
  115. ^ 「WindowsVistaオルタナティブメディア」Microsoft2007年8月20日取得
  116. ^ Windows Vista64ビット版Microsoft.com。2011年10月14日に取得。
  117. ^ 「WindowsVista:推奨されるシステム要件」Microsoft2008年1月1日にオリジナルからアーカイブされました2008年3月13日取得
  118. ^ アシュリー、ミッチェル(2008年1月31日)。「Vistaスターター-Vistaの簡単なボタン」ネットワークワールド(International Data Group2019年6月3日取得
  119. ^ 「WindowsVistaが処理できるRAMの最大量はどれくらいですか?」Microsoft 2014年4月18日取得
  120. ^ 論理プロセッサは次のいずれかです。1)ハイパースレッディングをサポートする物理プロセッサの数の1つのコアの数の1つの命令のスレッドの2つのハンドラの1つ。または2)ハイパースレッディングをサポートしていない物理プロセッサの数の1つのコアの数の1つ。
  121. ^ ハイパースレッディングをサポートしない32コア、ハイパースレッディングをサポートする1​​6コア。
  122. ^ ハイパースレッディングをサポートしない64コア、ハイパースレッディングをサポートする32コア。
  123. ^ WindowsVistaの論理プロセッサの制限Msdn.microsoft.com。2011年10月14日に取得。
  124. ^ Windows Vistaの物理プロセッサの制限 2012年7月14日、 archive.todayにアーカイブされました。Social.answers.microsoft.com(2010年10月24日)。2011年10月14日に取得。
  125. ^ 「VistaSP1、MediaCenterの問題に関するMicrosoftからの更新はありません」Zdnet2008年2月18日。2008年12月16日のオリジナルからアーカイブ2008年10月8日取得
  126. ^ 「WindowsVistaSP1のRTMの発表」Microsoft2008年2月4日。2008年2月5日のオリジナルからアーカイブ2008年2月4日取得
  127. ^ a b c d ef 「WindowsVistaService Pack1ベータ版ホワイトペーパーMicrosoft2007年8月29日。p。1 2007年8月29日取得
  128. ^ a b "2月。今すぐ起動WindowsVistaSP1"に設定PC WorldMagazine2008年1月31日2008年1月31日取得
  129. ^ ダウンロードの詳細:Windows Vista SP1 All Language Standalone(KB936330)Microsoft.com(2008年4月14日)。2011年10月14日に取得。
  130. ^ Veneziani、Vince(2007年8月30日)。「WindowsVistaSP1が正式に発表されました」TechCrunchAOL 2016年3月16日取得
  131. ^ ルシノビッチ、マーク(2007年8月7日)。「ファイル圧縮に失敗した場合」マークのブログMSDNブログ。
  132. ^ 「本を表紙で判断しないでください。WindowsVistaDefragが優れている理由」ファイリングキャビネットMSDNブログ。2007年1月26日2007年4月6日取得
  133. ^ 「WindowsVistaService Pack1の概要」TechNetMicrosoft2008年2月5日2016年3月17日取得
  134. ^ 「WindowsとGPTのFAQ」MSDNMicrosoft2011年6月15日2012年2月4日取得
  135. ^ サービスパック1が統合されたWindowsVistax64のインストールDVDからインストールする場合にのみ可能です。
  136. ^ フィッシャー、ケン(2007年6月21日)。「グーグルはVistaの検索が十分に変化しないと言っている」ArsTechnica 2007年10月20日取得
  137. ^ フルトン、スコットM.、III(2006年10月19日)。「パートナー向けの共通セキュリティAPIを含むVistaSP1」BetaNews 2007年6月12日取得
  138. ^ 「カーネルパッチ保護基準評価ドキュメント」Microsoft2006年12月19日2007年6月12日取得
  139. ^ Hruska、Joel(2007年8月9日)。「Microsoftは、今後のD3D10.1アップデートに関する情報をリリースします」2008年8月10日取得
  140. ^ ロウ、スコット(2010年1月13日)。「一般的なMicrosoftソフトウェアバージョンの更新ガイド」TechRepublicCBSインタラクティブ2016年3月17日取得
  141. ^ a b "Vista Service Pack1の注目すべき変更点"Microsoft2008年5月3日にオリジナルからアーカイブされました2008年5月2日取得
  142. ^ LeBlanc、ブランドン(2009年4月28日)。「WindowsVistaSP2 RTM + Windows VistaSP1ブロッカーツールが削除されました」WindowsVistaチームのブログ2014年5月18日にオリジナルからアーカイブされました。
  143. ^ a b ナッシュ、マイク(2008年10月25日)。「WindowsVistaチームブログ:Windows Vista Service Pack2ベータ版」2013年5月9日にオリジナルからアーカイブされました2008年10月25日取得
  144. ^ 「WindowsServer2008 Service Pack2およびWindowsVista Service Pack2に関する情報」Microsoft2008年10月2日2008年10月17日取得
  145. ^ 「WindowsVistaSP2の新機能」2009年2月6日。2009年2月12日のオリジナルからアーカイブ2009年2月6日取得
  146. ^ Thurrott、Paul(2009年2月24日)。「WindowsVistaSP2:何を期待するか」Windows ITProペントン2013年5月28日取得
  147. ^ 「WindowsServer2008のプラットフォームアップデートとWindowsVistaのプラットフォームアップデートの説明」Microsoftサポート2009年10月27日。
  148. ^ 「WindowsVistaのプラットフォームアップデート」DirectX開発者ブログ2009年9月10日。2014年4月8日のオリジナルからアーカイブ。
  149. ^ a b ローレンス、マーク(2009年11月25日)。「InternetExplorerはDirectWriteとDirect2Dの使用を発表しました(Microsoftの公式からのコメント)」2014年4月8日にオリジナルからアーカイブされました。
  150. ^ 「WindowsVistaおよびWindowsServer2008用のプラットフォームアップデートサプリメント」Microsoftサポート(4.0版)。Microsoft2011年2月8日。2011年12月28日のオリジナルからアーカイブ2019年6月28日取得
  151. ^ 「CVE-2019-0708のカスタマーガイダンス」Microsoft 2019年9月16日取得
  152. ^ Greenberg、Andy(2019年8月13日)。「DejaBlue:新しいBlueKeepスタイルのバグがWindowsワームのリスクを更新します」有線2019年8月15日取得
  153. ^ 「WindowsServer2008でビルド番号が6003に変更されました」
  154. ^ 「2019年5月14日-KB4499180(セキュリティのみの更新)」Microsoftサポート2022年1月14日取得
  155. ^ 「WindowsServer2008アップデートをインストールしてWindowsVistaのサポートを拡張する-gHacksTechNews」gHacksテクノロジーニュース2017年6月24日2021年6月30日取得
  156. ^ 「CVE-2019-1162-セキュリティ更新ガイド-MicrosoftWindowsALPCの特権の昇格の脆弱性」カスタマーガイダンスセキュリティアップデートガイドMicrosoft2019年8月13日2020年12月22日取得
  157. ^ 「Microsoftセキュリティアドバイザリ4022344」Microsoft 2020年12月23日取得
  158. ^ 「WindowsVistaのサポートは終了しました」support.microsoft.com 2021年5月7日取得
  159. ^ 「WindowsUpdateSHA-1ベースのエンドポイントは古いWindowsデバイスでは廃止されました」support.microsoft.com 2021年5月7日取得
  160. ^ 「Microsoftアップデートカタログ」www.catalog.update.microsoft.com 2021年5月7日取得
  161. ^ 「モハベ実験」Mojaveexperiment.com 2008年10月2日取得
  162. ^ 「Mojave実験:MicrosoftWindowsVista」Microsoft
  163. ^ 「Microsoftによる「味覚テスト」のブログ投稿の突く穴」ニューヨークタイムズ2008年8月4日2009年4月8日取得
  164. ^ DirectX 10:PCゲームの未来、Tim Smalley、2006年11月30日Bit-tech.net(2006年11月30日)。2011年10月14日に取得。
  165. ^ ダーラム、ジョエル(2008年5月12日)。「ゲームのパフォーマンス:Windows VistaSP1とXPSP3」ExtremeTechジフデイビス2011年6月7日にオリジナルからアーカイブされました2008年7月29日取得
  166. ^ ブライト、ピーター(2007年3月19日)。「WindowsVista:ただのかわいらしい顔以上のもの」ArsTechnicaコンデナスト2015年7月15日取得
  167. ^ ブライト、ピーター(2007年6月7日)。「WindowsVista:内部」ArsTechnicaコンデナスト2015年7月15日取得
  168. ^ 「PaulThurrottのWindows用SuperSite:Windows Vistaレビュー、パート1:はじめに」2007年8月19日。2007年8月19日のオリジナルからアーカイブ2019年12月31日取得
  169. ^ 「2007InternationalConsumer ElectronicsShowでWindowsVistaが「BestofCES」に選ばれました」ニュースセンターMicrosoft2007年1月10日2015年5月25日取得
  170. ^ 「ベストオブCES2007アワードコンシューマーエレクトロニクスショー、1月8日から11日」CNETCBSインタラクティブ2007年。 2007年1月22日のオリジナルからアーカイブ2015年5月25日取得
  171. ^ Tynan、Dan(2007年12月16日)。「2007年の15の最大の技術的失望」PCワールドIDG 2007年12月18日取得:「2007年の最大の技術的失望15件」の1位にリストされています
  172. ^ マカリスター、ニール(2008年1月21日)。「Techの史上最高の25フロップ」InfoWorldIDG 2008年1月27日取得
  173. ^ フリン、ローリー(2007年4月26日)。「Appleは過去のライバルを拡大し、88%の利益成長を遂げています」ニューヨークタイムズ2015年12月2日取得
  174. ^ ホロウィッツ、マイケル(2008年4月23日)。「7月にWindowsXPを販売するのは誰ですか?」CNETCBSインタラクティブ2016年3月14日取得
  175. ^ フーバー、J。ニコラス(2008年5月8日)。「MicrosoftのWindowsVistaスピンメリットセカンドルック」InformationWeekUBMplc 2009年2月16日取得
  176. ^ ギレン、アル; Waldman、Brett(2008年3月)。「ドキュメントの概要–211087」IDC2008年12月16日にオリジナルからアーカイブされました2009年2月16日取得
  177. ^ オニール、シェーン(2008年10月30日)。「Vistaは売り上げの低さ、XP、Windows7との関連性を求めて戦う」PCワールドIDG 2009年2月16日取得
  178. ^ ライ、エリック(2009年2月7日)。「Vistaはゲーマー、企業の改宗者を作ります」PCワールド2009年2月9日取得
  179. ^ ライ、エリック(2009年5月28日)。「Microsoft:Vistaの企業の勢いはWindows7で「発生」します」Computerworld2007年3月2日にオリジナルからアーカイブされました2009年6月2日取得
  180. ^ Reller、Tami(2009年5月28日)。「CowenandCompany Technology Media&TelecomConference」Microsoft2009年6月16日にオリジナルDOCからアーカイブされました。
  181. ^ Microsoft:最初の月のVista Sales Double XP、NateMookによる記事Betanews.com(2007年3月26日)。2011年10月14日に取得。
  182. ^ 揚げ、伊那(2007年9月27日)。「MicrosoftはWindowsXPの滞在を延長します」CNET
  183. ^ Windows XP対Vista:意見の爆発Abcnews.go.com(2008年3月20日)。2011年10月14日に取得。
  184. ^ Leopardは企業の満足度でVistaを揉みしだきます2009年6月12日、 Wayback Machine Computerworld.com(2008年3月26日)にアーカイブされました。2011年10月14日に取得。「Leopardは企業満足度調査でVistaを揉みしだく」2008年3月26日。2012年10月12日のオリジナルからアーカイブ2018年3月11日取得{{cite web}}:CS1 maint:bot:元のURLステータスが不明(リンク
  185. ^ 「AMD50x15—世界のインターネット使用」AMD。2009年2月2日。2008年2月24日のオリジナルからアーカイブ2009年11月1日取得
  186. ^ Thurrott、Paul(2006年9月16日)。「Allchin:24か月で2億人のWindowsVistaユーザー」Windows ITProペントン2012年4月26日にオリジナルからアーカイブされました2009年1月3日取得
  187. ^ サリバン、ジョン(2007年3月6日)。「MicrosoftWindowsVistaの何が問題になっていますか?」フリーソフトウェアファウンデーション2007年3月24日取得
  188. ^ スプーナー、ジョンG。; フォーリー、メアリージョー(2005年8月5日)。「お使いのPCはWindowsVistaを実行しますか?」eWeekQuinStreet 2006年8月15日取得
  189. ^ 裁判官、エリザベス(2006年5月20日)。「Windowsの改良」「ほとんどのPCには高度すぎる」"タイムズ。ロンドン。 2006年8月15日取得
  190. ^ グレッグカイザー(2007年11月26日)。弁護士:MicrosoftでさえVistaのマーケティングで混乱している
  191. ^ 「彼らはVistaを批判しました。そして彼らは知っておくべきです。」ニューヨークタイムズ、2008年3月9日。
  192. ^ フィッシャー、ケン(2007年1月28日)。「Vistaの「アップグレード」はコンプライアンスチェックを削除し、古いOSをインストールする必要があります」ArsTechnica 2007年1月28日取得
  193. ^ Thurrott、Paul(2007年2月3日)。「アップグレードメディアを使用してWindowsVistaをクリーンインストールする方法」Windows用のスーパーサイトペントン2007年2月5日にオリジナルからアーカイブされました2007年2月5日取得
  194. ^ 揚げ、伊那(2006年10月17日)。「MicrosoftはVistaの転送を制限しています」CNETCBSインタラクティブ
  195. ^ ビール、スタン(2006年8月30日)。「WindowsVistaは高すぎるとユーザーは言う」ITWire.com2006年9月9日にオリジナルからアーカイブされました2006年10月19日取得
  196. ^ 「MicrosoftはVistaのハードセルを開始します」テクノロジーBBCのニュース。2007年1月30日2007年1月30日取得
  197. ^ Protalinski、Emil(2009年6月25日)。「発表されたWindows7の価格設定:Vistaよりも安い(更新)」2009年10月4日取得
  198. ^ 「出力コンテンツ保護とWindowsVista」WHDCMicrosoft2005年4月27日。2006年11月16日のオリジナルからアーカイブ2007年1月8日取得
  199. ^ Gutmann、Peter(2007年1月27日)。「WindowsVistaコンテンツ保護のコスト分析」2007年1月27日取得また利用可能:WaybackMachineで2011年5月11日にアーカイブされたPDFバージョン
  200. ^ BottとOuはGutmannのVistaFUDを呼び出しますBlogs.guardian.co.uk。2011年10月14日に取得。
  201. ^ スミス、ポール(2006年12月31日)。「WindowsVistaDRMナンセンス」2007年1月3日取得
  202. ^ フィッシャー、ケン(2006年5月21日)。「ハリウッドは、Blu-ray、HDDVDの強制的な品質ダウングレードを遅らせることに同意したと報じられています」ArsTechnica 2007年1月21日取得
  203. ^ マーシュ、デイブ(2007年1月20日)。「WindowsVistaのコンテンツ保護—20の質問(および回答)」WindowsVistaチームのブログマイクロソフト。2013年1月21日にオリジナルからアーカイブされました2007年1月20日取得
  204. ^ 「ユーザーアカウント制御:はい、オフにすることができます。これは良いことですか、悪いことですか?」ArsTechnica
  205. ^ 「VistaUACをシャットオフしないでください、より良い方法があります」InformationWeek2007年6月11日2011年10月14日取得