Windows Communication Foundation

ウィキペディアから、無料の百科事典
ナビゲーションにジャンプ 検索にジャンプ
Windows Communication Foundation(WCF)
原作者マイクロソフト
開発者.NET Foundation
初回リリース2006年11月21日; 14年前 (2006-11-21
安定リリース
v3.2.1 / 2021年1月30日; 9ヶ月前 (2021-01-30
リポジトリgithub .com / dotnet / wcf
で書かれているNS#
オペレーティング・システムLinuxmacOSWindows
プラットホーム.NET Framework.NET
前任者Webサービスの機能強化
タイプソフトウェアフレームワーク
ライセンスMITライセンス
Webサイトdocs .microsoft .com / en-us / dotnet / framework / wcf / index

Windows通信基盤WCF以前として知られている)、インディゴは、ある自由とオープンソースの ランタイムとのセットのAPI、.NET Frameworkの接続、構築するためのサービス指向アプリケーションを。[1] [2]

アーキテクチャ

ドットネットスリーポイントウィンドウスタック図
このサブシステムは、.NET Framework3.0の一部です。

WCFは、サービス指向アーキテクチャ(SOA)を実装および展開するためによく使用されるツールです。これは、サービス指向アーキテクチャの原則を使用して設計されておりサービスにリモートコンシューマが存在する分散コンピューティングをサポートします。クライアントは複数のサービスを利用できます。サービスは複数のクライアントで利用できます。サービスは互いに緩く結合されています。サービスには通常、サービスがホストされているプラ​​ットフォームに関係なく、すべてのWCFクライアントがサービスを利用するために使用できるWSDLインターフェイス(Webサービス記述言語)があります。 WCFは、WS-AddressingWS-ReliableMessagingなどの多くの高度なWebサービス(WS)標準を実装しています。 およびWS-Security.NET Framework 4.0のリリースに伴い、WCFはRSSシンジケーションサービス、WS-Discovery、ルーティング、およびRESTサービスのより良いサポートも提供します。

エンドポイント

WCFクライアントは、エンドポイントを介してWCFサービスに接続します各サービスは、1つ以上のエンドポイントを介してコントラクトを公開します。エンドポイントには、アドレス(エンドポイントにアクセスできる場所を指定するURL)と、データの転送方法を指定するバインディングプロパティがあります。

ニーモニックは、「ABC」は覚えているのに使用することができますアドレス/バインディング/契約を。バインディングは、サービスへのアクセスに使用される通信プロトコル、セキュリティメカニズムを使用するかどうかなどを指定します。 WCFには、SOAPなどの最も一般的な通信プロトコル用の事前定義されたバインディングが含まれていますHTTP経由、SOAP over TCP、SOAP overメッセージキューなど。WCFエンドポイントとクライアント間の対話は、SOAPエンベロープを使用して行われます。SOAPエンベロープは単純なXML形式であるため、WCFはプラットフォームに依存しません。クライアントがエンドポイントを介してサービスにアクセスする場合、クライアントはコントラクトを知る必要があるだけでなく、エンドポイントによって指定されたバインディングにも準拠する必要があります。したがって、クライアントとサーバーの両方に互換性のあるエンドポイントが必要です。

2007年11月の.NETFramework 3.5のリリースに伴い、MicrosoftはJSON シリアル化形式のサポートをWCFに追加するエンコーダーをリリースしました[3]

行動

動作は、サービスまたはクライアントの機能を変更または拡張するタイプです。動作により、開発者は、メッセージの送信または受信時にメッセージに適用されるカスタム処理、変換、または検査を作成できます。ビヘイビアの使用例は次のとおりです。

  • メタデータをサービスで公開するかどうかを制御します。
  • 偽装、承認[4]、トークンの管理などのセキュリティ機能をサービスに追加する
  • 追跡、トレース、ロギングなどのメッセージに関する情報の記録
  • メッセージまたはパラメータの検証
  • 特定のメッセージが到着したときにユーザーに通知するなど、メッセージを受信したときにすべての追加操作を呼び出す

ビヘイビアーは、IServiceBehaviorサービス拡張用インターフェース、IEndpointBehaviorエンドポイントIContractBehaviorインターフェース、サービス契約用インターフェース、またはIOperationBehavior操作インターフェースを実装しますサービスの動作は、単一の操作に固有の処理ではなく、サービス全体のメッセージ処理に使用されます。

相互運用性

WCFは、同じWindowsマシンで実行されているWCFアプリケーション、異なるWindowsマシンで実行されているWCF、またはWindowsや他のオペレーティングシステムで実行されているJavaなどのプラットフォームで構築された標準のWebサービスとの相互運用性をサポートします。WCF 4は、SOAPに加えて、HTTPまたはHTTPSを介した外部通信用に非SOAP XML、RSSJSON、およびバイナリ形式をサポートしています[5]

も参照してください

参考文献

  1. ^ ミケーレ・ルルー・ブスタマンテ。「WCFサービスのホスティング」CODEマガジン。
  2. ^ 「インターネットインフォメーションサービスの展開-ホストされたWCFサービス」Microsoft Developer Network(MSDN)。
  3. ^ 「AJAX統合とJSONサポート」Microsoft 2008年4月24日取得
  4. ^ 「WCFでのカスタム認証と承認」TatvaSoftUK 20181114日取得
  5. ^ NETFramework4でのWindowsCommunicationFoundationの紹介」Microsoft 2011年7月17日取得

さらに読む

  • Craig McMurtry、Marc Mercuri、およびNigel Watling:Microsoft Windows Communication Foundation:Hands-On、SAMS Publishing、2004年5月26日、ISBN 0-672-32877-1 
  • Steve Resnick、Richard Crane、Chris Bowen:Essential Windows Communication Foundation(WCF):For .NET Framework 3.5、Addison-Wesley、2008年2月11日、ISBN 0-321-44006-4 
  • Craig McMurtry、Marc Mercuri、Nigel Watling、Matt Winkler:Windows Communication Foundation Unleashed(WCF)、Sams Publishing、2007年3月6日、ISBN 0-672-32948-4 
  • JuvalLöwy:Programming WCF Service、O'Reilly Media、Inc.、2007年2月20日、ISBN 0-596-52699-7 
  • Pablo Cibraro、Kurt Claeys、Fabio Cozzolino、Johann Grabner:Professional WCF 4:Windows Communication Foundation with .NET 4Wrox、2010年6月15日、ISBN 0-470-56314-1 
  • Andrew Zhu:Microsoft Windows Workflow Foundation 4.0クックブック:第3章、Packt Publishing、2010年9月、ISBN 978-1-84968-078-3 

外部リンク