野生生物の病気

ウィキペディアから、無料の百科事典
ナビゲーションにジャンプ 検索にジャンプ

人獣共通感染症として知られる、野生動物家畜、および人間は、ますます多くの感染症を共有しています。[1]社会の継続的なグローバル化、人口増加、および関連する景観の変化は、人間と他の動物との間の相互作用をさらに増加させ、それによって追加の感染症の出現を促進します。[2] [3]人獣共通感染症に起因する現代の疾患には、SARSライム病ウエストナイルウイルスが含まれます。[4]

野生動物の個体群における病気の出現と復活は、これらの病気が影響を受けた個体群の持続可能性と一部の種の長期生存に影響を与える可能性があるため、自然保護論者にとって重要なトピックと見なされます。[5]このような疾患の例としては、両生類のカエルツボカビ症、鹿の慢性消耗病、コウモリの白鼻症候群、タスマニアデビルのデビル顔面腫瘍疾患などがあります。[6]

予防

カリング

野生動物の病気の発生は、家畜や経済的に重要な動物への感染を防ぐために感染者を殺すことによって制御されることがあります。[7] [8] 動物の権利擁護派は、個々の野生動物は本質的に価値があると考えており、生きる権利があると信じているため、カリングに反対している。[9]

予防接種プログラム

餌に含まれる経口狂犬病ワクチン

病気の結果としての野生動物の苦しみは、ワクチン接種プログラムを通じてこの形態の苦しみを軽減すべきであると主張する何人かの著者によって注目されています[10] 。[11] [12]このようなプログラムは、人間や家畜の病気への曝露を減らし、種の保護にも有益であると考えられています。[13]

経口狂犬病ワクチンは、野生動物の集団間の狂犬病の蔓延を抑制し、人間への曝露を減らすために、複数の国で成功裏に使用されてきました。[14]オーストラリア、英国、スペイン、ニュージーランドはすべて、アナグマ、ポッサム、イノシシにワクチンを接種することにより、ウシ結核を予防するためのワクチン接種プログラムを成功させてきました。[15]

COVID-19のパンデミックに対応して、将来、野生動物にコロナウイルスのワクチンを接種して、影響を受けた動物の苦痛を和らげ、病気の伝染を防ぎ、将来のワクチン接種の取り組みを知らせることが提案されています。[16]

も参照してください

参照

  1. ^ Karesh、William B .; ドブソン、アンディ; Lloyd-Smith、James O .; ルブロス、フアン; ディクソン、マシューA .; ベネット、マルコム; アルドリッチ、スティーブン; ハリントン、トッド; フォーメンティ、ピエール; ああ、エリザベスH .; マカラバ、キャサリンC.(2012-12-01)。「人獣共通感染症の生態学:自然および不自然な歴史」ランセット380(9857):1936–1945。土井10.1016 / S0140-6736(12)61678-XISSN0140-6736 _ PMC7138068 _ PMID23200502 _
  2. ^ Patz、Jonathan A .; ダザック、ピーター; ターボル、ゲイリーM .; アギレ、A。アロンソ; パール、メアリー; エプスタイン、ジョン; ウルフ、ネイサンD .; キルパトリック、A。マーム; Foufopoulos、ヨハネス; Molyneux、David; ブラッドリー、デビッドJ.(2004年7月)。「不健康な風景:土地利用の変化と感染症の発生に関する政策提言」環境衛生の展望112(10):1092-1098。土井10.1289/ehp.6877ISSN0091-6765_ PMC1247383_ PMID15238283_   
  3. ^ ウー、トン; ペリングス、チャールズ; キンジグ、アン; コリンズ、ジェームズP .; ミンティア、ベンA .; ピーター・ダザック(2017年2月)。「経済成長、都市化、グローバリゼーション、および中国における新興感染症のリスク:レビュー」アンビオ46(1):18–29。土井10.1007/s13280-016-0809-2ISSN0044-7447_ PMC5226902_ PMID27492678_   
  4. ^ リプキン、W。イアン(2015)。「人獣共通感染症」Mandell、Douglas、およびBennettの感染症の原則と実践:3554–3558。土井10.1016/B978-1-4557-4801-3.00322-2ISBN 9781455748013PMC7151852 _
  5. ^ スミス、KF; Acevedo-Whitehouse、K .; Pedersen、AB(2009)。「生物学的保護における感染症の役割」動物保護12(1):1–12。土井10.1111/j.1469-1795.2008.00228.xISSN1469-1795_ 
  6. ^ ボッツラー、リチャードG .; ブラウン、リチャードN.(2014)。野生生物の病気の基礎カリフォルニア大学バークレー校:カリフォルニア大学出版。p。378. ISBN 978-0-520-27609-3
  7. ^ ハリソン、アナベル; ニューイ、スコット; ギルバート、ルーシー; ヘイドン、ダニエルT .; サーグッド、サイモン(2010)。「病気を制御するために野生生物の宿主をカリングする:ユキウサギ、アカライチョウ、跳躍病ウイルス」応用生態学ジャーナル47(4):926–930。土井10.1111/j.1365-2664.2010.01834.xISSN1365-2664_ 
  8. ^ カウルド、ブレンダンD .; ガーナー、M。グレイム; ネグス、キャサリン; ワード、マイケルP.(2012-01-16)。「限られたカリングを使用した野生生物の病気の発生の制御:オーストラリアの野生ブタにおける豚コレラの侵入のモデル化」獣医研究43(1):3. doi10.1186/1297-9716-43-3ISSN1297-9716_ PMC3311561_ PMID22243996_   
  9. ^ ジェームズ、ウィル(2014-03-06)。「野生生物の殺害:淘汰動物の長所と短所」ナショナルジオグラフィックニュース2020年5月17日取得{{cite web}}:CS1 maint:url-status(link
  10. ^ Tomasik、Brian(2015)。「野生動物の苦しみの重要性」関係:人間中心主義を超えて3(2):133–152。土井10.7358/rela-2015-002-toma
  11. ^ Anthis、Jacy Reese(2015-12-14)。「野生動物は病気、怪我、飢餓に耐えます。私たちは助けなければなりません」Vox 2020年5月17日取得
  12. ^ Faria、Catia; Paez、Eze(2015)。「困っている動物:自然界での野生動物の苦しみと介入の問題」関係:人間中心主義を超えて3:7。
  13. ^ アボット、レイチェルC.(2020-02-17)。「野生生物の予防接種-実現可能性の中で成長していますか?」コーネルワイルドライフヘルスラボ2020年5月17日取得{{cite web}}:CS1 maint:url-status(link
  14. ^ 「口頭狂犬病予防接種」動植物検疫所(APHIS)2019-09-23 2019年11月12日取得{{cite web}}:CS1 maint:url-status(link
  15. ^ Quellette、Cara(2018-03-03)。「野生動物の予防接種の場合」自然倫理2020-02-21にオリジナルからアーカイブされました2020年5月17日取得
  16. ^ 「予防接種を通して野生動物を助ける:これはSARS-CoV-2のようなコロナウイルスで起こり得るか?」動物倫理2020-05-12 2020年5月17日取得{{cite web}}:CS1 maint:url-status(link

さらに読む

外部リンク