ウィキペディア:ユーザーフィケーション

ウィキペディアから、無料の百科事典
ナビゲーションにジャンプ 検索にジャンプ

Userficationは、1つの名前空間に投稿されたマテリアルをユーザー名前空間(プレフィックスUser :)に移動するプロセスです。通常、資料は記事、ウィキペディア/プロジェクト、またはテンプレートの名前空間から、資料を最初に投稿したユーザーのサブページに移動されます。このような資料(ページ)は、一般に公開される準備ができていない(記事)、他のページで使用される(テンプレート)、または(最も一般的ではない)コミュニティへのガイダンスとして公開される(「ウィキペディア:」または「ヘルプ」)ために移動されます。 : "プレフィックスページ)。しかし、ある時点で役立つ可能性があるため 、この資料は保持する価値があります。より多くの作業またはより多くの時間が必要になる場合があります。

このページには、資料をいつどのように使用するかについてのガイドラインが含まれています。ページの移動に関するヘルプについては、ヘルプ:ページの移動を参照してください削除された記事のコピーを取得してユーザースペースに配置するためのヘルプについては、削除された記事のコピーを提供することをいとわないカテゴリ:ウィキペディア管理者を参照するか、ウィキペディア:削除解除のリクエストに投稿してください。

記事の場合、userficationの代わりにドラフトスペースがあります。ユーザーフィケーションと同様に、ドラフトスペースを使用すると、編集者はメインの記事の名前空間の外にある標準以下の記事で作業することができます。ただし、ドラフトスペースは、ドラフト記事を中央の場所に配置することにより、コラボレーションの可能性を高める可能性があります。もう1つの利点は、インキュベートされた記事が自動的に「インデックス付けされない」ことです。つまり、検索エンジンに表示されません。

何を利用できるか

記事の名前空間の内容

百科事典に含めるには不適切であるが、ユーザーページまたはそのサブページのコンテンツとして好ましくない資料が記事スペースに追加されるため、ユーザーフィケーションは通常実行されます。これは、ウィキペディアのコンテンツの境界に慣れていない新しいユーザーや、メインのテンプレートスペースに誤って個人用テンプレートを作成した ユーザーにとっては満足のいく結果になる可能性があります。

場合によっては、新しいユーザーが、ユーザーページにあることを意図したコンテンツのように見える記事の名前空間に誤って記事を作成することがあります。通常、このような資料はユーザーのサブページに移動し、そのユーザーのトークページに移動を通知するメモを配置する必要があります。そのような記事が作成された場合、(1)ユーザーページがまだ存在せず、(2)作成者が、のコンテンツを編集した唯一の編集者であるという条件で、記事を作成者のユーザーページに移動することが適切です。ページ。

自分だけが編集した記事をユーザースペースのどこかに移動することも適切な場合があります。他の人が編集した場合は、編集履歴を保持するために、 通常、切り取りと貼り付けの移動よりもページの移動の方が適しています。

ユーザースペースの資料は、以前に削除されたコンテンツの単なるアーカイブであると判断された場合、削除のためにWikipedia:Miscellanyを介して頻繁に削除されます。伝記(自伝を含む)に関しては、ウィキペディア:生きている人の伝記のポリシーにより、ユーザーの使用が妨げられる場合があります。編集者が最初にコンテンツを削除するのではなくユーザー化することを選択したという事実は、後の編集者がそのコンテンツを削除のために指名することを決して禁止するものではありません。

テンプレート名前空間コンテンツ

テンプレートの名前空間に投稿されたユーザーボックスは物議を醸しています。テンプレートは一般に幅広い適用性と視点、ウィキ外の所属、および他のユーザーボックスの使用は一部のウィキペディアンに限定されているためです。ユーザーボックスの完全なユーザー化は2006年4月に拒否されました。ただし、非ポリシーユーザーボックス移行ソリューションでは、問題のユーザーボックスをユーザースペースに移動することをお勧めします。1人の編集者だけがユーザーボックスを使用する場合は、そのユーザーボックスをそのユーザーのサブユーザーページに移動し、「ここにリンクするもの」リンクをリダイレクトし、リダイレクトされたテンプレートページを{{ db-r3 }}の下にすばやく削除することを検討してください。複数のエディターが使用する場合ユーザーボックスの場合は、そのユーザーボックスをUser:UBXのユーザーサブページに移動し、「ここにリンクするもの」リンクをリダイレクトし、リダイレクトされたテンプレートページを{{ db-r3 }}の下にすばやく削除することを検討してください。いずれの場合も、ユーザーボックスの作成者のトークページに移動を通知するメモを投稿してください。

ユーザー化できないもの

  1. 著作権を侵害している、または不適切にライセンスされている素材–素材を投稿したユーザーが著作権の所有権を主張している場合でも、著作権の問題を解決するためにユーザーフィケーションを使用してはなりません。ウィキペディアのライセンス要件と著作権ポリシーは、ウィキペディアのどこかに投稿されたすべてのページに適用されます。
  2. ユーザー名前空間ですでに許可されていない資料–そもそもユーザーページまたはサブページに投稿してはならない資料は、記事スペースに配置された場合、ユーザースペースに追いやられてはなりません(Wikipedia:ユーザーページ#ユーザーにない可能性があるものを参照)ページ?)。個人攻撃個人情報の侵入スパム禁止されたユーザーによる投稿は完全に削除する必要があります。対照的に、ジョーク、エッセイ、特許ナンセンスとして意図された記事-または非百科事典のトピックをカバーするための真剣な試みでさえ-そのような資料は一般にユーザースペースで許可されるため、ユーザー化することができます。これらの資料は、コミュニティが百科事典ではないと見なしたものの有用な例を提供する場合もあり、百科事典に何を含めるべきかについての寄稿者の見解を反映している場合もあります。ただし、ナンセンスページはWP:MFDで削除対象として指定される場合があることに注意してください。
  3. 削除プロセスを受けていない記事–一般に、残されたリダイレクトは迅速に削除されるため、記事のユーザー化は事実上記事の削除になります。Userficationは、通常の削除プロセスの代わりとして使用しないでください。メインの名前空間に誤って作成されたユーザーページなど、自己ユーザー化された明らかな非記事を除いて、削除プロセスなしで記事をユーザー化することは一般的に不適切です。ウィキペディア:削除の記事(AfD)は、提案された削除迅速な削除とは異なり、コミュニティがAfD中のユーザー化などの代替の救済策を推奨することが多いため、このために推奨されます。
  4. AfDディスカッションが進行中の記事–進行中のAfDの対象である記事のユーザー化は、AfDプロセスを混乱させます。記事の利用を希望する編集者は、プロセスが完了するまで待つ必要があります。すべての参加者が同意した場合、AfDを早期に閉鎖して、ユーザーの利用を促進できることに注意してください。
  5. ファイル(画像またはマルチメディア)およびカテゴリページ–技術的な制限により、画像またはマルチメディアアップロードのページをファイル名前空間からユーザー名前空間にユーザー化するプロセスはありません。同様に、多数のユーザーカテゴリがありますが、カテゴリ機能ではページがカテゴリ名前空間に存在する必要があるため、カテゴリページをユーザー化することはできません。
  6. IPアドレスページへの匿名の資料–匿名ユーザーによって投稿された資料は、通常、IPアドレスのユーザーページの下で使用されるべきではありません。そのようなユーザーフィケーションに従事することは、ウィキペディアがそのコンテンツを管理することをより困難にするでしょう。そのようなユーザーがユーザーページに適した百科事典的でない資料を投稿した場合は、アカウントを登録するために連絡して招待する必要があります。それができない場合、資料はArticle Incubatorプロセスに復元されるか、削除される可能性があります。
  7. 生きている人の経歴に実質的に違反する資料潜在的に自由奔放な資料は、ウィキペディアのどこにも属していません。生きている人のネガティブな素材をBLPポリシーに準拠させるために取り組む場合、これは通常wikiから行われるべきであり、素材はポリシーに完全に準拠した場合にのみ再作成されます。削除の議論で注目に値しないと見なされた人物の経歴を使用するかどうかを検討するときは、慎重に行ってください。

ユーザーフィケーションプロセス

一般に、ソースページはターゲットユーザーサブページに移動でき、ソースページの「ここにあるリンク」リンクは手動でリダイレクトできます。ソースページで結果として生じるリダイレクトは、{{ db-r2の下に迅速に削除するために一覧表示されます。 }}、および移動の詳細を通知するメモをユーザーのトークページに配置できます。

寄稿者のユーザースペースにすでにあるコンテンツを複製する資料を使用することによって、目的が果たされることはありません。そのような資料は、寄稿者へのメモとともに削除する必要があります。

一般的な手順

ターゲットの場所に関係なく、userfiedページで次の手順を実行する必要があります。

フリーでない画像をすべて削除する
ウィキペディアの著作権ポリシーでは、フリーでない画像を記事でのみ使用でき、ユーザーページでは使用できません。
メンテナンスタグを削除します
ウィキペディアコミュニティはユーザースペースのページの品質を維持する責任を負わないため、削除通知、クリーンアップタグ、およびその他のメンテナンスタグを削除します。
すべてのカテゴリを無効にします(WP:USERNOCATごと)。このために、隠しテキストコメントを使用するか、次のように個々のエントリを変更することができます
[[:Category:Cars]]のように、二重角かっこの直後にコロンを追加します。
タグを付ける
{{ユーザースペースドラフト}}テンプレートを追加して、記事のステータスを他の人に通知します。
結果のリダイレクトを削除します。
ページを移動すると、元の場所から宛先へのリダイレクトが作成されます。リダイレクトは記事スペースからユーザースペースを指すべきではないため、エディターは削除のために結果のリダイレクトにタグを付ける必要があります(たとえば、{{ db-rediruser }}を追加します)。管理者は、ページの移動中にリダイレクトが作成されないようにすることができます。
通知
ユーザーがuserficationについて知っていることを確認してください。個人的なメモは一般的には便利ですが、次のテンプレートを使用すると、作業が簡単になる場合があります。
  • {{ Nn-userfy }}、A7記事の名前空間の投稿用
  • {{ Userfied }}、A7記事の名前空間の投稿以外
  • {{ Userfied2 }}、 A7記事の名前空間投稿以外のトークページメッセージボックス
  • {{ Userfy warning }}、名前空間内の自伝記事を識別する記事名前空間内の競合(バニティ)/ユーザーページに対する警告

サブページのユーザー化

記事を適切に使用するには、編集者が「移動」機能にアクセスできる必要があります。したがって、登録ユーザーのみがページをユーザー化するために必要な手順を実行できます。コピー&ペーストの移動は、コンテンツの編集履歴を保持できないため、ポリシーで一般的に禁止されています(ただし、異常な場合については、以下の手順を参照してください)。そのため、移動機能を使用してユーザー化を行う必要があります。これを行うには、ページに移動し、[移動]ボタンをクリックして、次のように、受信者のユーザー名に続けて元のページ名の前にスラッシュを入力します。

ユーザー:受信者/元のページ名

ユーザーサブページの作成はウォッチリストに表示されないため(移動されたページが監視されていた場合を除く)、そのようなサブページが作成されたユーザーは、トークページでこのイベントを通知する必要があります。

メインユーザーページのユーザー化

場合によっては、記事に特定の寄稿者が記載されていることがあります。たとえば、誤って個人のプロフィールを記事スペースに配置した場合などです。このような場合、次のことができます。

  1. 寄稿者の実際のユーザーページが空の場合:記事全体をユーザーページに移動します。
  2. ユーザーページにすでにいくつかのコンテンツがあり、投稿が1人の投稿者のみによる場合:以下に説明するようにコンテンツを切り取って貼り付けます。

カットアンドペーストのユーザーフィケーション

テキストがページ移動ツールを介して移動されるのではなく、ユーザースペースにコピーされる場合、CC BY-SAの要件を満たすために、元のテキストへのすべての寄稿者のリスト(元のページの編集履歴から取得)を保持する必要がありますおよびGFDL元のコンテンツが他のユーザーによって変更され、後で別の名前空間に移動またはコピーされた場合は、寄稿者のリストを対応するトークページにコピーする必要があります。ユーザー向けの編集者は、記事の移動先の人が編集した最後のバージョンの記事履歴を検索し、そのテキストのみを切り取って貼り付けることもできます。

削除されたコンテンツのユーザー化

管理者は、リダイレクトを作成せずに、削除されたページの削除を取り消して、ユーザーのユーザースペースに移動できます。これにより、すべての履歴がそのままの状態でユーザースペースにページが表示され、メインスペースに赤いリンクが表示されます。これは、削除解除のリクエストから、あるいは管理者から、または削除レビューを介してリクエストできます編集者の要求に応じて削除されたコンテンツを提供する用意があると言っている管理者のリストもあります。

迅速な削除の基準を明らかに満たしていないページは、管理者の判断に応じて、要求に応じてユーザー化される場合とされない場合があります。さらに、サブページの3番目の禁止された使用に関するウィキペディアのポリシーに従って、メインスペースに不適切なコンテンツをユーザースペースに無期限に保持しないでください。ユーザースペース内のページ(ユーザーが使用したページを含む)は、 Wikipedia:Miscellany forDeletionを介して削除対象として指定される場合があります

削除されたページをユーザーが使用する管理者は、その後、独自の裁量でアクションを元に戻し、再度削除することができます。管理者は、たとえば、ページを改善する意図が実行されていない場合にこれを行う可能性があります。

関連ページ

ユーザーボックス