ウィキペディア:ウィキペディアの本質

フリー百科事典ウィキペディアより

ウィキペディアの本質は、信頼できる情報源からのすべての重大な寄稿を保存するために、反対の見解を持つ編集者の集団的知性共同作業を活用することです目的は、より良いニュートラルな視点(NPOV) 百科事典コンテンツの進歩的な構築です。

集合知

ウィキペディアは、「誰もがすべてを知っているわけではないが、誰もが何かを知っている」という考えに基づいており[1] [2]、編集者が集まって協力してトーク ページの「交渉のテーブル」に持ち込むと、より完全な全体像が浮かび上がります。それらのいずれかが想像できるよりもはるかに大きい。編集者は、自分のコンテンツを他のコンテンツと統合するよう努めるべきです。編集者と記事は、このプロセスから恩恵を受けます。これは、信頼できる情報源(RS)に見られるように、「人間の知識の総和」を文書化するというウィキペディアの目標に近づく唯一の方法です。ウィキペディアにおける概念ネットワークの歴史的な成長は、雑誌Collective Intelligenceで分析されています。 [3] [4]

コラボレーション

ウィキペディアの共同創設者であるジミー "ジンボ" ウェールズは、「ウィキの本質は共同編集プロセスです...」[5]反対の視点 (POV) を持つ編集者間の共同作業[6]と述べています。健全な編集環境と優れた NPOV コンテンツの開発に不可欠です。結局のところ、適切なコンテンツは POV スペクトルの極端な端にいる編集者 (および読者) を怒らせる傾向があり、それは良い兆候です。編集者が NPOV を理解していれば、その微妙なバランスを変えたいという誘惑に抵抗するでしょう。コンテンツが確実に入手されている場合は、不用意に削除しないように細心の注意を払う必要があります。最高のコンテンツは、反対の視点を持つ編集者がトーク ページに来て、最高の証拠 (RS) を持ってきたときに作成されます。それぞれがお互いに知られていない情報源に精通しているため、すべての重要な POV が表され、含まれる可能性があります。

保存

私たちは百科事典を分解するのではなく構築しようとしているので、信頼できるソースのコンテンツを削除するのではなく (そのような削除は荒らし行為と見なされることがよくあります)、それをより適切に構成するようにしてください。疑わしい場合は、単に削除するのではなく、議論のためにトークページに持ち込んでください。WP:PRESERVEに従うことで、私たちは自分の役割を果たそうとしているすべての編集者の努力に敬意を表します。そうしないことは、他の編集者の努力を中傷し、落胆させ、ウィキペディアの精神に違反することになります。

私たちは各自の役割を果たしているため、他の誰かが何かを追加した理由のメリット[2]がわからない場合でも、その人の視点から物事を見て、それを維持するように努める必要があります (ポリシーに著しく違反しない限り)。多くの場合、より良いフレーミングまたはより良いソースが必要です。全体は、私たちが追加したり目に見える部分よりもはるかに大きく、他の人が追加したものを削除すると、ウィキペディアは小さくなります. あなたの最善の努力が台無しにされていると想像してみてください。次に、ゴールデン ルールを適用し、自分の努力を尊重してほしいと思うように、他の人の努力を尊重します。

こちらもご覧ください

  • 管理- ウィキペディアの人間による管理構造と、人間以外の構成要素の両方について説明します。
  • 編集環境– ウィキペディアがどのように管理されているかを説明していますか? コンテンツの論争が「沸騰」して悪い行為の告発に発展した場合はどうなりますか?
  • 編集者の裁量– 常識とウィキペディアのポリシーにより、編集者は関連性のある適切な情報源のコンテンツを適切に含めることに関して裁量を実践しなければならないことが規定されていることについて説明します。
  • 編集者の完全性– 百科事典のページを作成および改善する際に、編集者がウィキペディアの完全性を維持し、情報源の知的財産権を尊重する責任をどのように負うかについて説明します。
  • 目的 – ウィキペディアが存在する動機を説明します。
  • 共同アナーキーにおける政策の役割– 政策が質の高い百科事典をどのように作成するかを説明します。
  • ユーザー:Jimbo Wales/原則の声明原則の声明! ウィキペディアの共同創設者であるジミー ウェールズによるもので、それ以降コミュニティによって更新されています。
  • ウィキペディアはコミュニティです– 百科事典を書くこと以外のことを時折行うことは何の問題もなく、コミュニティの精神は前向きなものであると説明しています。
  • WikiProject Democracy – ウィキペディアの運営に参加できる情報へのリンク

参考文献

  1. ^ レヴィ、ピエール: 「誰もすべてを知っているわけではありませんが、誰もが何かを知っています。すべての知識は人類の中にあります。」 Collective Intelligence: サイバースペースにおける人類の新たな世界。マサチューセッツ州ケンブリッジ: Perseus Books、1997 年、p.20 (フランス語初版、1994 年)
  2. ^ a b 盲人とゾウ(エッセイ)
  3. ^ Ju, H., Zhou, D., Blevins, AS, Lydon-Staley, DM, Kaplan, J., Tuma, JR, & Bassett, DS (2022). ウィキペディアにおける概念ネットワークの歴史的成長。]集合知、1(2)。
  4. ^ Lichtenstein, Sharman & Parker, Craig. (2009)。ウィキペディアの集合知モデル: 情報品質のレビュー。IJKL。5. 254-272。10.1504/IJKL.2009.031199.
  5. ^ 「ジミー・ウェールズ:「ページ数ではなく、ページがどれだけ優れているか」" . The Independent . ロンドン. 2010 年 12 月 20 日. 2010 年12 月 29 日閲覧.
  6. ^ コラボ第一(エッセイ)