ウィキペディア:サブページ

ウィキペディアから、無料の百科事典
ナビゲーションにジャンプ 検索にジャンプ

英語版ウィキペディアでサブページ機能が無効になっているメイン名前空間記事名前空間)を除いてサブページ「親」ページから「/」(スラッシュ)で区切られたページです。

/(スラッシュ)で始まる新しい[[リンク]]作成することは、サブページを開始する一般的な方法です。このリンクが指すページは、そのホストページの「従属」と見なされ[[Parentpage / Subpage]]というタイトルとリンクが付けられます。サブページ(またはサブサブページ)のサブページを作成することができます。各サブページまたはサブサブページの上部に、ページの上位レベルへのバックリンク(別名ブレッドクラム)があります。

許可された用途

  1. サンドボックスのルールに従って、ページをテストします。
  2. ユーザーサブページ- [[ユーザー:例/記事のドラフト]][[ユーザー:例/自己紹介]]など、独自のユーザー名前空間内に追加のページを作成します
  3. ウィキプロジェクトのサブページ-プロジェクト固有のテンプレート、ディスカッション、またはガイドラインのページ用。
  4. ポータルサブページ-ポータル固有のテンプレートおよびコンテンツ用。
  5. ウィキペディアのプロセスページ(たとえば、ウィキペディア:削除用の記事ウィキペディア:注意が必要なページなど)を分割します。そうしないと、大きくなりすぎて簡単に使用できなくなります。
  6. テンプレートのドキュメントサブページ
  7. トークページのアーカイブ-記事のトークページとUser_talkページはどちらも、通常、ディスカッションを番号付きのサブページに移動することでアーカイブされます。これにより、ページ履歴を探す必要がなく、ディスカッションを検索可能にすることができます
  8. 記事の/ todoリストGoodArticleレビューに使用される/ Commentsページなどのトークページの付属物特に長くて複雑な{{ ArticleHistory }}/ ArticleHistoryトランスクルージョンページに配置される場合があります。
  9. Talk名前空間の一時的なサブページ。通常は[[Talk:Example Article / Temp]]または[[Talk:Example Article / Dumping Ground ]]の形式で表示されます。たとえばTemplate:Copyvioから作成できる「/ Temp」ページの種類です。これにより、編集者は、著作権違反が解決されている間に、まったく新しい記事を最初から作成し始めることができます。
    この「/ Temp」ページが百科事典の一部であるかのように見える追加の着信リンクと発信リンクは避けてください。つまり、Copyvioテンプレートが使用されている場合、記事の名前空間に適用されているこのテンプレートのみがリンクできます。記事または「メイン」名前空間からの「/ Temp」記事。許可されていない使用を参照してください「/ Temp」ページは百科事典ページであるという印象を与えないようにする方法に関する詳細な推奨事項については、以下を参照してください。他の一般的なバリアントは、[[トーク:サンプル記事/ドラフト]][[トーク:サンプル記事/サンドボックス]]です。このような一時ページは、テンプレートやウィキペディアの名前空間の開発にも使用されることがあります。

許可されていない使用

  1. 書き込みNPOVを回避するために、コンテンツのフォークを
  2. Special:Randomを使用して誤ってそこに到達する可能性があるため、メインの名前空間[[Example Article / Temp]]などの主要な記事の改訂のドラフトを作成します。たとえば、[[Talk:Example Article / Temp]などのトーク名前空間にこれらを記述します。 ]。詳細については、Wikipedia:Workpages参照してください。また、このような「Talk:... / Temp」ページに関して、これが百科事典のページであるという印象を与える可能性のある着信リンクと外部リンクは避けてください。例:
    • 「category」リンクを「nowiki」タグで囲み、一時ページが記事のように非プロジェクトカテゴリに表示されないようにします。例:<nowiki> [[Category:Incredibles smart people]] </ nowiki>。 「nowiki」タグは、「temp」コンテンツが記事の名前空間内のその場所に移動された場合にのみ削除する必要があります。 (これは外部リンクの例です。)別の解決策:単語「Category」の前にコロンを置きます。たとえば、[[Category:Shamanism]]の代わりに[[:Category:Shamanism]]と記述します。この場合、リンクは可能ですが、サブページがカテゴリページに表示されることはありません。
    • この一時ページが一連の百科事典記事の一部であるかのように見せかけるナビゲーションテンプレートを作成しないでください。たとえば、次のようにしないでください。 "... | [[DoelandのJohnI]] | [[Talk :DoelandのJohn II / Temp | DoelandのJohnII]] | [[DoelandのJohnIII]] | ... "。(これは着信リンクの例です)。
    • メインの名前空間で誤って作成されたドラフトページは、必要に応じて移動するか、メインの記事に対して非アクティブで冗長な場合は削除する必要があります。
  3. 百科事典の一部となることを意図した永続的なコンテンツのサブページの使用。
  4. 著作権で保護された信頼できるソースのコピーを貼り付けて、他の編集者と「共有」します。 ウィキペディアのどのページで著作権侵害は許可されていません

サブページの使用

サブページの検索

接頭辞を持つすべてのページからレポート」PrefixIndexの:特別番組のサブページ。

  • (サイドバーの)ツールから「ページ情報」を選択します。次に、「サブページ」に関するリンクを選択します。
  • または、検索ボックスからに移動します。たとえば、または  Special:PrefixIndex/fullpagename/    Special:PrefixIndex/wp: manual of style/    Special:PrefixIndex/wp: Manual of Style/
  • または、Special:PrefixIndexページにアクセスして、そこからレポートを実行します。そこに到達する1つの方法は、(サイドバーにある)ツールのSpecial:SpecialPagesを使用することです
  • または、クリックを保存するために、Subpagesご使用のバージョンのツールへリンクを追加できます。[1]

Special:Searchの「検索」レポートも同様にプレフィックス検索パラメータを使用してサブページを表示します。例:  prefix:wp: manual of style 

2つの比較:

  • どちらのレポートも、ページ名の「プレフィックス」として任意の数の初期文字を使用して実行できるため、最後のスラッシュ/文字を除外すると、1つのページ名のみが追加されます。
  • 「プレフィックス付きのすべてのページ」レポートのみに、リダイレクトされたサブページが表示されます。(プレフィックス検索パラメーターはリダイレクトを検出しません。)
  • 「検索」レポートのみが大文字と小文字を区別しませんプレフィックスでは大文字と小文字は区別されません。PrefixIndexでは大文字と小文字が区別されます。)
  • どちらのレポートも、フルページ名の名前空間エイリアス受け入れます
  • ページ名の観点からではなくコンテンツの観点から、両方のレポートはリダイレクトごとに別々に実行する必要があります。

サブページのアクティブな表示を維持するには、{{サブページのリスト}}を参照してください維持するために、リンクを「すべてのページ...」レポート、使用{{にサブページ[:PrefixIndex] [特別]}}か。「検索」レポートへのリンクを保持するには、{{検索リンク}}を使用します。

単一のページ名以外に、サブページを見つけるための直接的な方法はありません。 標準のサブページ名は、intitleパラメーターを使用して検索できます。

いくつかのタイプのサブページを追跡するいくつかのカテゴリがあります

サブページを持たないウィキペディアの名前空間

MediaWikiソフトウェア(ウィキペディアを実行)は、さまざまな名前空間でのサブページの作成を選択的に許可または禁止することをサポートしています

英語版ウィキペディアの次の名前空間には、サブページ機能がありませ

  • 主要
    • この名前空間(記事が存在する場所)では、記事の厳密な階層構造が推奨されていないため、この機能はオンになっていません。他の名前空間にページを配置することで、他の区別がより適切に行われます(たとえば、ディスカッションは「Talk:」で、テンプレートは"レンプレート:")。
  • ファイル:不要で、ファイル間の階層が悪い。
  • MediaWiki [なぜ?]

ただし、上記のスペースに対応するトーク名前空間ではサブページが許可されます。

他のすべての名前空間はサブページを許可します。サブページの名前にスラッシュを付けてリンクするだけでサブページを作成できます(例:[[/ Archive]])。

記事タイトルのスラッシュ

いくつかのトピックは、名前にスラッシュを持っている、とaccordingly-名前を付ける必要があります例えば 、OS / 2またはプロビデンス/ストートンラインただし、トークスペースでサブページ有効になっているため、対応するトークページは注意が必要です。たとえば、Talk:OS / 2は、ソフトウェアによってTalk:OSのサブページとして扱われます。

サブページの履歴

サブページはもともとウィキペディアで主題を区別して記事のトピック階層を作成するために使用されていましたが、記事は複数の階層に属する傾向があるため、これは機能しないことがわかりました。代わりに、現在の曖昧性解消システムが採用され、ウィキペディア:サブページを使用しないというポリシーを厳密に実施し、遡及的に適用する必要がありました。2004年以降、カテゴリシステムは、記事が複数のカテゴリに属する​​ことを許可しながら、階層構造をサポートしてきました。

ノート

  1. ^ サイドバーのツールにサブページリンクを追加するには、次の行を追加します。
    mw util addPortletLink  'P-TB'  wgServer + wgArticlePath 置き換える"$ 1"  "特殊:PrefixIndex /" + MW 設定wgPageName + "/" )、 'サブページ' );
    

    ごCommon.jsページページの上部にあるとの指示に従ってパージ。

も参照してください

サブページの古い議論は、一般的に他の記事のサブページとして名前が付けられた記事に関係していることに注意してください。これはもう行われません。

メタで

ウィキペディアで