ヘルプ:セクション

ウィキペディアから、無料の百科事典
ナビゲーションにジャンプ 検索にジャンプ

ページは、セクション見出し構文を使用してセクションに分割でき、分割する必要があります。セクション見出しが3つを超えるページごとに、目次(TOC)が自動的に生成されます。このページでは、これらの要素の構文について説明します。セクションに名前を付ける方法、またはセクションを使用して記事を構成する方法については、Wikipedia:Guide tolayoutを参照してください。

セクションの作成と番号付け

セクションは、以下のように見出しを作成することによって作成されます。

==セクション==
===サブセクション===
====サブサブセクション====

側面に等号を1つだけ使用しないでください( = Heading =)。これにより、セクションの見出しがページの名前(タイトル)と同じ大きさになります。等号の最大数は6です。

セクション(サブセクションを含む)の見出し名は、ページ上で一意である必要があります。1つのページで同じ見出しを複数回使用すると、問題が発生します。

  • [[Article name#Section heading]]の形式のセクションへ内部リンク(wikilink)は、その名前のページの最初のセクションにのみリンクします。これは、リンクの意図されたターゲットではない可能性があります。詳細については、記事のセクションへのリンクを参照してください。
  • 名前が重複しているセクションを編集すると、どのセクションが編集されたかについて、編集履歴と要約があいまいになります。
  • セクション編集後にページを保存すると、編集者のブラウザが間違ったセクションに移動する場合があります。

ナンバリング

セクションは目次に番号が付けられています。

並べ替え順序

(付録とフッター)セクションの順序については、Wikipedia:スタイル/レイアウトのマニュアル§記事要素の順序を参照してください

目次(TOC)

目次の例

TOCを非表示にする

少なくとも4つの見出しがあるページごとに、目次(TOC)がセクションの見出しから自動的に生成されます。ただし、魔法の単語 __NOTOC__(単語の両側に2つのアンダースコアが付いている)が記事のウィキテキストに追加されている場合を除きます。(a)見出しが4つ未満の記事、または(b)1つの画面に収まらない記事には使用しない__NOTOC__でください。[1]

{{ Compact ToC }}などの特定のテンプレートを使用すると、通常の目次機能 が置き換えられます。

TOCの配置

または__FORCETOC____TOC__単語の両側に2つのアンダースコアが付いている)がウィキテキストに配置されている場合、ページの見出しが4つ未満であっても、目次が生成されます。

を使用__FORCETOC__すると、最初のセクション見出しの直前に目次が配置されます。を使用__TOC__すると、目次がこのコードと同じ位置に配置されます。

ほとんどの記事には、目次の前に「リードセクション」と呼ばれる紹介テキストがあります。通常、セクションの見出しはTOCの直後に続く必要がありますが、を使用__TOC__すると、TOCを正しく配置するためだけに(つまり、低すぎないように)意味のない見出しを挿入する必要がなくなります。ただし、目次と最初の見出しの間にテキストがある場合は、アクセシビリティに問題が発生します。

TOCのフローティング

TOCは、場合によっては、記事のレイアウトに役立つ場合、またはデフォルトのTOCが他の要素の邪魔になる場合に、右または左にフロートさせることができます。デフォルトの目次をフロート目次に変更する前に、次のガイドラインを考慮してください。 {{TOC right}}{{TOC left}}

  1. TOCをフローティングにする場合は、テキストの先頭セクションの最後、最初のセクション見出しの前に配置する必要があります。スクリーンリーダーのユーザーは、目次と最初の見出しの間にテキストがないことを期待していません。目次の上にテキストがない場合は混乱を招きます。リードセクションの要素に関する情報の最後の行を参照してください
  2. TOCをフローティングする場合、TOCがユーザーによって非表示になっていると、ページレイアウトが損なわれるかどうかを確認してください。
  3. リストが長いと、非常に長い目次が作成される場合があります。TOCは、フロートされているかどうかに関係なく、必要以上に長くすることはできません。フローティングTOCではなく、ネストされたサブセクションを非表示にすることで、TOCの長さを短縮するために使用できます。{{TOC limit}}
  4. デフォルトの目次は、最初の見出しの前に配置されますが、紹介テキストの後に配置されます。紹介の要約が長すぎて、一般的なユーザーが目次の上部を表示するために下にスクロールする必要がある場合は、目次をフロートさせて、記事の上部に近づけることができます。ただし、ほとんどの場合、フローティング目次は少なくとも記事テキストの最初の段落の後に続く必要があります。
  5. 幅の広い目次をフローティングすると、低解像度のユーザー向けに読みやすいテキストの幅の狭い列が生成されます。TOCの幅がユーザーに表示される画面の30%(左側のWikipediaナビゲーションバーの約2倍のサイズ)を超える場合は、フローティングには適していません。(パーセンテージは、一般的なユーザー設定を想定しています。)テキストがフローティング目次と画像の間にトラップされている場合、特定のテキストポイントでフローティングをキャンセルできます。「ブレークの強制」を参照してください。
  6. TOCが他のフロートされた画像またはボックスの一般的な近くに配置されている場合、フローするテキスト列が平均的なユーザーの表示画面幅の30%より狭くならない限り、TOCをフロートさせることができます。
  7. 左にフロートされた目次は、箇条書きまたは番号付きリストに影響を与える可能性があります。

Template:TOCの権利は、2005年7月初旬に削除が提案されましたが、この問題に関するコンセンサスはありませんでした。これに関する議論と投票のアーカイブは、Wikipedia:Templates for delete / TOCrightで見ることができます。スタイルのマニュアルの議論はここにあります。

TOCのページ幅を制限する

酌量すべき状況では、目次の幅をページのパーセンテージとして調整する必要がある場合があります。例えば:{{TOC left|width=30%}}

TOCのコンテンツの深さを制限する

デフォルトでは、目次には、レベルに関係なく、ページ内のすべての見出しが含まれます。記事またはプロジェクトページに非常に多くのサブセクションがある場合、目次から下位レベルのサブセクションを非表示にすることが適切な場合があります。を使用して、表示する必要のある最下位セクションの制限を指定できます。ここで、は、表示する必要のある最下位セクションヘッダーの両側で使用される記号の数です(たとえば、表示するが非表示にする)。パラメータは、または同じ方法 で指定することもできます。{{TOC limit|n}}n=3===sub-sections=======sub-sub-sections====limit=n{{TOC left}}{{TOC right}}

デフォルトの目次を置き換える

自動生成された目次は、長いリストの記事用語集など、すべての記事タイプで最大限に適切または有用であるとは限らないため、多数の置換テンプレートがあります。1つを使用するには、必要に応じて(多くのリストスタイルに合わせてカスタマイズできる)などの置換目次テンプレートを配置します。正しい機能を確保するために記事の上部に配置することをお勧めしますが、多くの場合、通常のTOCは、置換TOCテンプレートを追加するだけで抑制されます。 {{Compact ToC}}__NOTOC__

水平目次

テンプレート{{ Horizo​​ntalTOC }}は、TOCを垂直リストではなく水平リストに配置します。多くの簡単なエントリがある目次で実用的です。スクロールせずに長い目次を表示できるため、行にセクション見出しが含まれているテーブルに適しています。

例:国別の大麻の合法性–簡潔で機能的なA–Z水平TOCを使用します。
例:米国の管轄による大麻の合法性–2つの目次を使用します。短い縦型と長い横型です。

セクションリンク

各セクションのHTMLコードには、セクションのタイトルを保持する「id」属性があります。これにより、セクションに直接リンクできます。これらのセクションアンカーは、MediaWikiがページの目次を生成するときに自動的に使用されるため、目次のセクション見出しをクリックすると、そのセクションにジャンプします。また、セクションアンカーは、ページ内の1つのセクションに手動で直接リンクできます。

たとえば、このセクションの冒頭で生成されるHTMLコードは次のとおりです。

< span  class = "mw-headline"  id = "Section_linking" >セクションリンク</ span >

このセクションへのリンク(セクションリンク)は次のようになります。

[[Help:Section#Section linking|Section linking]]

(NBセクションのリンクでは、最初の文字( Help:Link )を含め、大文字と小文字が区別されます。)

同じページのセクションにリンクするには[[#section name|displayed text]]、を使用できます。また、別のページのセクションにリンクするには、を使用できます[[page name#section name|displayed text]]

アンカーはセクションの深さを無視します。サブセクションまたはサブサブセクションなどへのリンクは、などになり[[#subsection name]]ます[[#sub-subsection name]]

重複するセクション名には、アンダースコアと番号が追加されます。たとえば、「Example」という名前の3つのセクションの場合、(セクションリンクの)名前は「Example」、「Example_2」、「Example_3」になります。ただし、セクション「Example_2」または「Example_3」(以下を参照)を編集した後、紛らわしいことに、編集の概要からセクション「Example」に到達します。

セクションの見出しに空白がある場合、目次内のリンクが機能しなくなります。同様の効果については、NS:0を参照してください。

セクション見出しのないアンカーターゲットを作成するには、{{ anchor }}テンプレートまたはスパンを使用できます<span id="anchor_name"></span>

セクションへのリンクを「#」やカスタムテキストではなくセクション記号(「§」)でフォーマットするには、{{セクションリンク}}(または{{ slink }})を使用します。たとえば、 Foo#Barリンクと同等ですが、Foo§Barの形式になっています。 {{Section link|Foo|Bar}}

ノート:

ページ内の任意の位置へのリンクについては、セクションリンク(アンカー)を参照してください。

セクションのリンクとリダイレクト

リダイレクトページのセクションを指定するリンクは、リダイレクトのターゲットのそのセクションへのリンクに対応します。

ページのセクションへのリダイレクトも機能します。たとえば、リダイレクトページのセクションリンクとリダイレクトを試してください。

厄介なのは、ページの名前を変更するのとは異なり、セクションの名前を変更しても、古いセクション名からのリダイレクトは作成されないことです。したがって、古いセクション名への着信リンクを修正する必要があります。この問題は、アンカーテンプレート を使用して、古い名前に手動アンカーリンクを追加することで修正できます。

ただし、古い名前へのリンクを保持したくない場合は、それらを追跡して修正する必要があります。ここにセクション用の個別のリンク機能はありません。リストは、あるセクションまたは別のセクションへのリンクとページ全体へのリンクを区別しません。次の可能な回避策は、セクションへの着信リンクを「将来にわたって利用できる」ようにするのに役立ちますが、名前の変更中にセクションへの単純なリンクを追跡するのには役立ちません。

  • セクションに直接リンクする代わりに、セクションにリダイレクトするページにリンクします。セクションの名前が変更された場合は、リダイレクトターゲットを変更するだけです。この方法では、セクションにリンクしているページは、リダイレクトページの[ここにあるリンク]を使用して識別できます。
  • セクションにリンクする場合は手動アンカーを使用して、セクション名が安定していることに依存する必要がないようにします。
  • セクションにリンクしているページを一覧表示するセクションの先頭にあるウィキテキストにコメントを入力します。
  • セクションを別のページ/テンプレートにして、親ページにトランスクルージョンするか、親ページからリンクします。セクションにリンクする代わりに、別のページにリンクすることができます。

リダイレクトページは、redirectコマンドの後にcategoryタグを追加することで分類できます。リダイレクトのターゲットがセクションである場合、これはセクションを分類する効果がある程度あります。リダイレクトを介して、カテゴリページはセクションにリンクします。ただし、明示的なリンクが設定されていない限り、セクションはカテゴリにリンクしません。カテゴリページでは、リダイレクトはクラスredirect-in-categoryで表示されるため、たとえば斜体で表示できます。これはMediaWiki:Common.cssで定義できますWP:Categorizingredirectsも参照してください

セクション編集

セクションは、見出しの「[編集]」というラベルの付いた特別な編集リンクをクリックするか、セクションの見出しを右クリックすることで、個別に編集できます。

セクションの挿入は、その前または後のセクションを編集することで実行できます。編集者は、見出しを削除することにより、1つのセクションを前のセクションとマージできます。

最後にセクションを追加する

「トーク」名前空間からのページへのナビゲーションは、ページの最後に新しいセクションを作成するために使用される「新しいセクション」、「+」、または「トピックの追加」というラベルの付いた特別なリンクを提供します。[2]

このようなアクションのURLは次のようになります。

https://en.wikipedia.org/w/index.php?title=Wikipedia:Sandbox&action=edit§ion=new

この場合、タイトルが「Subject:」のテキストボックスが表示され、入力したコンテンツが新しいセクション見出しの名前になります。編集概要の入力ボックスはありません自動的に作成されます。

編集概要のセクション「コメントの投稿」機能へのリンク参照してください

最初のセクションの前の編集

デフォルトでは、ページの先頭セクションを編集するためのリンクがないため、ページ全体を編集する必要があります。リードセクションの編集は、[設定]  → [ガジェット]→  [外観]→[ページのリードセクションの[編集]リンクを追加する]で有効にできます

プレビュー

セクション編集のプレビューは、フルページの対応する部分と常に同じように表示されるとは限りません。たとえば、フルページで前のセクションの画像が関連するセクションに侵入した場合などです。また、<ref>は通常非表示になります。解決策については、 #脚注の編集を参照してください

編集ページには、ページ全体で使用されているテンプレートのリストが表示されます。つまり、他のセクションで使用されているテンプレートも表示されます。

サブセクション

サブセクションは、編集されるセクションの部分に含まれます。セクション番号は編集された部分に関連しているため、相対的なトップレベルには常に1番だけがあり、相対的なサブセクションはすべて1:1.1、1.2などで始まる番号を持っています。たとえば、サブセクション3.2を編集する場合、サブサブセクション3.2.4には1.4の番号が付けられます。ただし、見出しの形式は絶対レベルに応じています。

脚注の編集

コード<references />を含むセクションにレンダリングされた脚注を編集するには、それを参照する脚注マークが付いたセクションを編集します(ヘルプ:脚注を参照)。セクションをプレビューすると、脚注のプレビューが表示されます。

パーサー関数内のセクション

条件付きで(パーサー関数を使用して)セクションを含むテンプレートをトランスクルージョンすると、このセクションと後続のセクションの「編集」リンクは間違ったセクションを編集するか、セクションが存在しないというエラーメッセージを表示します(ページ(目次を含む)は正しくありますが)表示され、目次が正しくリンクされます)。これは、「編集」リンクのターゲットについて、条件付きで含まれるテンプレートのコンテンツがページ自体の一部と見なされ、セクションが展開後にカウントされるためです。

したがって、含まれているテンプレートのセクションの「編集」リンクは、テンプレートではなくページ自体にリンクし、含まれているテンプレートの後の「編集」リンクは、正しいページであるが間違ったセクション番号にリンクしています。

より一般的には、条件付きセクションはそのような複雑さを与えます。

条件付きの名前でテンプレートをトランスクルージョンする場合、この問題は発生しません(これにはより多くの利点があります)。テンプレートをトランスクルージョンして何も生成しないようにするには、 m:Template:void  バックリンク 編集を使用します。

含まれているテンプレートのセクションを編集する

編集機能は、含まれているテンプレートのセクションにも適用できます。このセクション「ヘルプ:含まれているテンプレートのセクションの編集」は一例です。

セクション編集の目的で、セクションの範囲は呼び出し元ページ自体のヘッダーによって管理されます。テンプレートにセクションがある場合でも、テンプレートタグの前の部分、テンプレートタグ、およびテンプレートタグの後の部分で構成されている場合があります。

システムに応じたセクションの範囲が、レンダリングされたページが示唆するものと異なる場合、混乱する傾向があります。これを回避するには:

  • テンプレートにヘッダーがある場合は、最初のヘッダーの前にテキストを配置しないでください
  • 呼び出しページで、それ自体にセクションがあるテンプレートの後に新しいセクションを開始します

通常はテンプレートのコンテンツをセクションに分割する必要がなく、したがってテンプレートが1つのセクションしかない場合でも、適切な場合は、セクションヘッダーを使用してテンプレートを開始すると便利な場合があります。セクションを編集するための編集機能を使用して、特別に編集リンクを配置することなく、テンプレートを含むページからテンプレートを編集できます。このテンプレートは一例であり、セクションに分割する必要はありませんが、上部にヘッダーがあります。

このソリューションの欠点の1つは、テンプレートを含むページのセクションレベルを変更できないことです。これは、テンプレートで使用するセクションレベルが、テンプレートを含めるすべてのページに表示されるものと同じになることを意味します。ただし、これは、異なるページで意図した階層と競合する可能性があります。

テンプレートに表示されるパラメータ値(「{{{1}}}」など)は、パラメータを保持する場合は、レンダリングされたページであっても、テンプレートを編集するのではなく、テンプレート呼び出しを編集することによって編集されることに注意してください。そして、その編集リンクは自動的にそれを示しません。説明文や追加の編集リンクが役立つ場合があります。この場合、「{{{1}}}」を編集するには、テンプレートを呼び出すページのテンプレートタグを編集する必要があります。セクション編集を使用する場合、関連するセクション編集リンクは、テンプレート自体のヘッダーの前に表示されるヘッダーにあります。

テンプレートの__NOEDITSECTION__タグは、そのテンプレート、そのテンプレートが含まれているページ、および同じページに含まれている他のテンプレートの両方に影響します。

{{ fake heading }}は、目次に表示せず、編集リンクを付けずに、見出しの外観が必要なテンプレートやヘルプページで使用できます。

セクションvs.個別のページvs.トランスクルージョン

個別のページの利点:

  1. ここにあるリンクの特徴
  2. 個別の編集履歴
  3. ページごとにいくつかのテンプレート制限が適用されます
  4. 名前変更時の自動リダイレクト
  5. 1つの小さなページを読み込む方が、1つの大きなページを読み込むよりも高速です読者は1つのセクションだけを使用したり、トピックの多くのセクションを閲覧したりする可能性が高くなりますか?–結合されたページの利点を参照してください
  6. 個別にカテゴリに分類できます(ただし、以下も参照してください)
  7. Semantic MediaWikiを使用する場合:個別の注釈があります

セクションを含む1つの結合ページの利点:

  1. 結合された1つのページをロードする方が、分割された複数のページをロードするよりも高速で便利です。
  2. ローカル検索機能を使用して1つの大きなページまたはそのウィキテキスト内を検索する方が高速であり、サイト検索エンジンまたはWeb検索エンジンを使用して複数のページを検索するよりも優れています。
  3. TOCは便利なナビゲーションを提供します。
  4. 独立して編集される可能性が高いいくつかの定義を持つ場合と比較して、概念の編集上のまとまりの可能性が高い
  5. ナビゲーションテンプレートやインフォボックスなど、各セクションに関連するアイテムの重複が回避されます

別の方法は、テンプレート機能を使用して他のページのページを作成することです(トランスクルージョンによって複合ドキュメントを作成します)。これにより、結合されたレンダリングされたページ内で簡単に検索できますが、結合されたウィキテキストでは検索できません。欠点として、各ページのタイトルを指定する必要があります。事前拡張インクルードサイズ制限の場合、これは1つの大きなページと比較しても不利です。事前拡張インクルードサイズは、コンポーネントの事前拡張インクルードサイズとコンポーネントのウィキテキストのサイズの合計です。

セクショントランスクルージョン

ラベル付きセクションのトランスクルージョン

テンプレートスタイルのセクショントランスクルージョン

テンプレートスタイルのセクショントランスクルージョン(TST)は、セクションをトランスクルージョンする古い方法です。

セクションマーキング

このマークアップを使用して、テキスト内のセクションをマークオフします。

<onlyinclude> { { #ifeq {{{ transcludesection | }}} | 第1章| コンテンツ}} </ onlyinclude>


セクショントランスクルージョン

テンプレート呼び出しを使用して、セクションをトランスクルージョンします。たとえば、次chapter1のページから呼び出されたセクションをトランスクルージョンするにはpageX

{{:pageX | transcludesection = chapter1}}

ターゲットページは、セクションの場所を定義します。

画像の配置

上記のデモのセクション

デモhttp://example.com

このセクションは、#Sectionlinkingからリンクされています。

も参照してください

スタイルのマニュアル

脚注

  1. ^ 小画面モバイルプラットフォームは、の影響を受けない代替ナビゲーションスキームを使用し__NOTOC__ます。PCで記事をレンダリングする場合、記事が1つの画面に収まるかどうかは、画面サイズと表示設定によって異なります。
  2. ^ ベクタースキン、 ▾ドロップダウンメニューの下のリンクを非表示にすることができ