ウィキペディア:スタイルマニュアル

ウィキペディアから、無料の百科事典
ナビゲーションにジャンプ 検索にジャンプ

このスタイルマニュアルMoSまたはMOS)は、すべての英語版ウィキペディアの記事のスタイルマニュアルです(ただし、アクセシビリティに関連する規定は、記事だけでなくプロジェクト全体に適用されます)。このプライマリページは、ここで相互参照され、Wikipedia:Manual of Style / Contentsにリストされている詳細ページによってサポートされています。矛盾が生じた場合は、このページが優先されます。[1]

MoSは、ボランティアの編集者が正確で一貫性のある言語、レイアウト、フォーマットで記事を作成および維持できるように、ウィキペディアハウススタイルを提供ます。平易な英語使用すると百科事典が読みやすく直感的になるため、編集者はあいまいさ専門用語、あいまいまたは不必要に複雑な表現を避ける必要があります。

MoSで複数のスタイルまたはフォーマットが受け入れられる場合は、記事内で一貫して使用する必要があり、正当な理由なしに変更しないでくださいオプションのスタイルをめぐる編集の争いは受け入れられません。[2]

このページに追加された新しいコンテンツは、永続的に繰り返されるスタイルの問題に直接対処する必要があります

既存のスタイルを保持する

MoSが複数の許容可能なスタイルを提供したり、特定のガイダンスを提供しない場合があります。仲裁委員会は、「変更のためのいくつかのかなりの理由がない限り2つのスタイルのいずれかが許容されているとき、それは別のスタイルから変更にWikipediaの編集者には不適切である。」という原則を表明しています [3] 特定の記事に別のスタイルがより適切であると思われる場合は、記事のトークページで、またはより一般的なアプリケーションの問題が発生した場合、またはMoS自体でこれについて話し合ってくださいウィキペディアのトーク:スタイルのマニュアル

編集-スタイルをめぐる争い、または事前のコンセンサスなしにボットのような方法でオプションのスタイルを強制することは決して受け入れられません[2] [4]

記事で確立された英語の方言の保持(およびそれを変更する潜在的な理由)については、§英語の国内品種を参照してください

記事のタイトル、セクション、および見出し

記事のタイトル

タイトルは、自然で、十分に正確で、簡潔で、関連記事のタイトルと一致する、認識可能なトピックの名前または説明である必要があります。これらの基準が矛盾する場合は、相互にバランスを取る必要があります

フォーマットのガイダンスについては、Wikipedia:Articletitles§Articletitleformatセクションを参照してください。次の点に注意してください。

  • 最初の文字を大文字にします(eBayなどのまれなケースを除く)が、それ以外の場合は、タイトルケース(ユネスコプロジェクトの資金調達)ではなく文ケース[a]ユネスコプロジェクトの資金調達)に従います。ただし、タイトルケースがタイトルであると予想される場合を除きます。通常の散文で発生します。Wikipedia:命名規則(大文字化)を参照してください
  • イタリック体にするには、記事の上部近くに追加します。混合状況の場合は、代わりになどを使用してください。イタリックの使用は、Wikipedia:スタイル/テキストフォーマットのマニュアル§イタリックタイプに準拠する必要があります{{italic title}}{{DISPLAYTITLE:​Interpretations of ''2001: A Space Odyssey''}}
  • 名前(ハーグ)または作品のタイトル(時計じかけのオレンジ)の不可分の一部でない限り、最初の単語としてAAn、またはThe使用しないでください第二帝政の経済ではなく、第二帝政の経済)。オレンジシンプソンズ)。
  • 通常、名詞または名詞句を使用します初期の人生ではなく、初期の人生[NS]
  • 名前の不可分の一部(Saint-Louis-du-Ha!ha!Androids Dream of Electric Sheep?)または略語(Inverness City FC)でない限り、または終了ラウンドの場合を除いて、最後の文字を句読点にすることはできません括弧または引用符が必要です(John Palmer(1814スクーナー))。
  • 引用符またはアポストロフィが表示される場合は常に、アポストロフィを使用して同じタイトルのリダイレクト追加します。[NS]

上記とWikipedia:Articleタイトルの両方を条件として、残りのMoS、特に§句読点はタイトルにも適用されます。

公開された作品に関するウィキペディアの記事のタイトルが作品のタイトルと一致する場合は、ウィキペディア:スタイル/タイトルのマニュアル」も参照してください

セクション編成

記事の内容は、紹介のリードセクション(記事の 簡潔な要約)で始まる必要があります。これは、セクションに分割されることはありませんWikipedia:スタイル/リードセクションのマニュアルを参照記事の残りの部分は通常、セクションに分かれています

リードセクションのインフォボックス、画像、および関連コンテンツは右揃えにする必要があります。

セクションではない特定の標準化された要素は、記事の最上部、リードセクションのコンテンツの前に、次の順序で配置されます。

記事に少なくとも4つのセクション見出しがある場合、ナビゲート可能な目次が先頭の直後に自動的に表示されます。

セクションのトピックが専用の記事で詳細に説明されている場合Wikipedia:Summary styleを参照セクションの見出しのすぐ下に挿入します。 {{main|Article name}}

ウィキペディア:スタイル/レイアウトのマニュアル§標準の付録とフッターで詳細に説明されているように、記事の本文の後に、次の順序でいくつかの種類の資料(ほとんどはオプション)が表示される場合があります。

  • 必要に応じて、「作品」、「出版物」、「ディスコグラフィー」、「フィルモグラフィ」などのセクションの下に、記事の主題によって作成された本またはその他の作品(参照引用と混同される「書誌」は避けてください)
  • 関連する英語版ウィキペディアの記事への内部リンク。セクションの見出しは「関連項目」です。
  • 「メモ」または「参照」(通常は後者)という見出しのセクション、またはこの順序でそれぞれに個別のセクションがあるメモと参照Wikipedia:引用元を参照対象の作品と混同される「参考文献」を避けてください
  • ソースとして使用されていない関連する本、記事、またはその他の出版物。「参考資料」という見出しのセクションを使用してください。非常に選択可能ウィキペディアは書誌ディレクトリではありません
  • ソースとして使用されておらず、以前の付録に表示されていない関連性のある適切なWebサイトで、「外部リンク」という見出しを使用します。これは、「参考資料」のサブセクションにすることができます(またはそのようなリンクは「代わりに「さらに読む」リスト); 姉妹プロジェクトコンテンツのリンクテンプレートも、通常、存在する場合はこのセクションの上部に表示されます(それ以外の場合は、ページの最後のセクションに表示されます)。
  • 次の最後の項目は、セクション見出しを取りません。

スタンドアロンリストの記事には、レイアウトに関する追加の考慮事項がいくつかあります。

セクションの見出し

セクションの見出しは、記事のタイトル(上記)のすべてのガイダンスに従う必要があり、タイトルケース(開発途上国のユネスコプロジェクトの資金提供)ではなく文のケース開発途上国のユネスコプロジェクトの資金提供)で提示する必要があります[NS]

セクション見出しの周りに等号を使用します。==Title==プライマリセクション、===Title===サブセクションなどに、レベルをスキップ======Title======ずに=Title=使用されることはありません。[d]タイトル== Title ==)の前後のスペースはオプションであり、無視されます。

見出しは独自の行にある必要があり、その直前に1行の空白行があります。空白行はただの後、オプション、無視されます(ただし、使用しない2つのそれは、不要な表示スペースを追加しますので、前または後に、空白行を)。

セクションの見出しは次のとおりです。

  • セクションリンクが適切な場所につながるように、ページ内で一意である必要があります。
  • 特に見出しの一部のみがリンクされている場合は、リンクを含めないでください。
  • 画像やアイコンは含まれていません
  • <math>マークアップは含まれていません
  • 引用や脚注は含まれていません。
  • 説明リストのマークアップ( " ;")を誤用して疑似見出しを作成しないでください
  • テンプレートのトランスクルージョンは含まれていません。

これらの制限は、技術的な複雑さを回避するために必要であり、地域のコンセンサスによって上書きされることはありません。

さらに、一貫したスタイルの問題として、セクションの見出しは次のようにする必要があります。

  • スミスの初期の人生彼の初期人生ではなく、記事の主題を冗長に参照しないでください
  • より短いか明確でない限り、より高いレベルの見出しを参照しないでください。
  • アウトラインとして番号や文字を付けないでください。
  • 例えば、質問、と言うこともない言語ではなく、言語がメキシコで話されていますか?
  • アクセシビリティの問題を引き起こす可能性のある色や変わったフォントは使用しないでください
  • 見出しをマークアップでラップしないでください。表示が壊れたり、アクセシビリティの問題が発生したりする可能性があります。

これらは広く受け入れられているコミュニティの好みです。

目に見えないコメント同じライン上でなければなりません内部で== ==マークアップ:[E]

==Implications<!--This comment works fine.-->==

==<!--This comment works fine.-->Implications==
==Implications==<!--This comment causes problems.-->

<!--This comment breaks the heading completely.-->==Implications==

そのようなコメントを見出しのに置くのがより一般的な方法です。

見出しを変更する前に、その見出しへの既存のリンクを壊していないかどうかを検討してください。古いタイトルへのリンクが多数ある場合は、そのタイトルでアンカー作成して、これらが引き続き機能するようにします。同様に、セクションにリンクするときは、ターゲットセクションの見出しに非表示のコメントを残し、リンクする記事に名前を付けます。これにより、後で見出しが変更された場合に修正できます。組み合わせた例:

==Implications{{subst:Anchor|Consequences|reason=Old section name.}}==
<!-- Section linked from [[Richard Dawkins]], [[Daniel Dennett]]. -->

これは記事に次のように保存されます:

==Implications<span class="anchor" id="Consequences"></span>==
<!-- Section linked from [[Richard Dawkins]], [[Daniel Dennett]]. -->

を使用する{{subst:Anchor}}、または単に<span>タグを直接挿入することの利点は、将来セクションに編集が加えられたときに、アンカーがセクション名の一部としてページ履歴エントリに含まれないことです。{{Anchor}}直接使用すると、その望ましくない動作発生ます。注:スパンを直接挿入することを選択した場合は、のように自己終了タグを使用してスパンを省略しないでください==Implications<span id="Consequences" />==。HTML5では、XMLスタイルの構文は<br />などの特定のタグに対してのみ有効です[5]これについての詳細は、ウィキペディア:スタイル/リンクのマニュアル§壊れたセクションリンクの回避を参照してください

見出しのような素材

文の大文字と小文字、冗長性、画像、質問に関する上記のガイダンスは、テーブルのヘッダー(およびテーブルの列と行)にも適用されます。ただし、表の見出しには引用を組み込むことができ、数字で始まる場合もあれば、数字で始まる場合もあります。ページ見出しとは異なり、テーブルヘッダーはリンクアンカーを自動的に生成しません。用語集の文の場合とは別に、見出しのアドバイス説明リストの用語エントリにも適用されますテンプレート構造の用語集を使用している場合、用語には自動的にリンクアンカーがありますが、そうでない場合はありません。説明リストの内容の引用は、必要に応じ用語または定義要素に含まれます。

英語の国内品種

英語版ウィキペディアは、他のどの英語よりも全国的な英語の多様性を好みません。これらの種類(たとえば、アメリカ英語またはイギリス英語)は、語彙(エレベーターリフト)、スペル(中央中央)、および場合によっては文法(以下の§複数形を参照)が異なります英語の複数形アメリカ英語とイギリス英語の比較などの記事は、そのような違いについての情報を提供します。

(フォーマット記事の日付2021年9月30日2021年9月30日は)また、英語の国家の品種に関連している-を参照してMOS:DATEFORMAT、特にMOS:DATETIESMOS:DATEVARを

記事内の一貫性

与えられた記事中で、ある特定の種類の英語の慣習は一貫して従うべきです。例外は次のとおりです。

  • 引用、作品のタイトル(本、映画など)は、出典に記載されているとおりにする必要があります(ただし、以下の§活版印刷の適合性を参照してください)。
  • 固有名詞は、対象の独自のスペルを使用します。たとえば、米国国防総省とオーストラリア国防軍の共同プロジェクトです。国際労働機関;
  • 化学関連のトピックに関する記事の場合、記事で一般的に使用されている英語の異形に関係なく、国際標準のスペルであるアルミニウム硫黄セシウム(および派生語)を使用する必要があります。ウィキペディア:命名規則(化学)§要素名を参照してください

共通性の機会

国際百科事典の場合、すべての種類の英語に共通の語彙を使用することが望ましいです。

  • 特にタイトルでは、あまり広く配布されていない用語ではなく、広く受け入れられている用語を使用してください。たとえば、眼鏡は国の品種の眼鏡イギリス英語)や眼鏡アメリカ英語よりも好まれます。1億ルピーインド英語よりも1,000万ルピーが望ましい
  • タイトルに1つのバリアントスペルが表示される場合は、アーティファクトアーティファクト同様に、他のスペルに対応するようにリダイレクトページを作成して、すべてのバリアントを検索とリンクに使用できるようにします。
  • たとえば、車のトランク(アメリカ英語)やブーツ(イギリス英語)など、英語の種類によって異なる用語や意味が異なる用語は、混乱を防ぐために光沢が付けられている場合があります
  • 国の違いのために意味が異なるものよりも、一般的に理解されている単語またはフレーズを使用します代替はなく、必要に応じて代替または代替を使用します)。
  • 複数のバリアント綴りが英語の国家の様々な内に存在する場合には、最も一般的に使用される現在の変種は、通常、例えば、あまり一般的でスペルは特殊な状況で、特定の使用量を持っている場合を除いて、好まれるべきかかわりにおけるメソジストconnexionalismを

特定の用語のサポートについては、アメリカ英語とイギリス英語の比較§語彙、およびアメリカ英語とイギリス英語のスペルの違いを参照してくださいほとんどの辞書は地域の用語も示しています。

トピックとの強い国のつながり

特定の英語圏の国と強いつながりがあるトピックに関する記事では、その国の(口語ではなく正式な)英語を使用する必要があります。例えば:

強い絆を持つトピックについて国連のの連邦諸国や他の旧英国領、使用コモンウェルス英語の百科事典書面で(使用していますカナダ、イギリス英語除いから、大部分が区別できないの正書法を別の正書法を)。

既存の品種を保持する

英語の品種の一貫した使用法が記事で確立されている場合は、反対のコンセンサスがない限りそれを維持してください。いくつかの例外を除いて(たとえば、トピックに強い国のつながりがある場合、または変更によってあいまいさが減少する場合)、受け入れ可能なオプションから別のオプションに変更する正当な理由はありません。

英語の品種が確立されておらず、話し合いで問題が解決しない場合は、識別可能な品種を導入した最初のスタブ後の改訂で見つかった品種を使用してください。特定の記事で確立された多様性は、トークページに適切な英語の多様性テンプレート配置することで文書化できます。

ある種類の英語から別の種類の英語に切り替えるためだけに記事を編集したり、名前を変更したりしないでください。テンプレートには、これを説明するために、エディタのトークページ上に配置することができます。 {{uw-engvar}}

大文字

ウィキペディアの記事のタイトルとセクションの見出しは、タイトルの大文字と小文字ではなく、文の大文字と小文字を使用します。ウィキペディア:記事のタイトル§セクションの見出しを参照してくださいリスト項目の大文字化については、§箇条書きと番号付きリストを参照してください資本化に関するその他のポイントは以下のとおりです。完全な情報はウィキペディアで見つけることができます:スタイル/大文字のマニュアル中心的なポイントは、ウィキペディアは、独立した信頼できる情報源の大部分で一貫して資本化されていない限り、何かを資本化しないということです。

の大文字ザ・

一般的には、単語大文字にしていない半ば文で:イギリス全体ではなく、イギリス全体で従来の例外には、特定の固有名詞(彼はハーグを訪れた)と創造的な作品のほとんどのタイトル(トールキンは指輪物語を書い たがホーマーがオデッセイを作曲したなど、タイトル自体の一部ではない可能性があることに注意してください)が含まれます。

特別な考慮事項があります:バンド名・ 機関名・ ニックネーム・ 作品のタイトル・ 商標

作品のタイトル

作曲の英語のタイトル(本やその他の印刷物、歌やその他のオーディオ作品、映画やその他のビジュアルメディア作品、絵画やその他のアートワークなど)は、すべての単語に頭文字が付いたタイトルケース示されます。重要度の低い特定の単語を除きます(Wikipedia:スタイル/大文字のマニュアル§構成タイトルで詳しく説明されています)。英語のタイトルの最初と最後の単語は常に大文字になります。

  • 正解目には目を
  • 正解戦う価値がある

外国語のタイトルの大文字と小文字は、同じ言語内でも時間の経過とともに変化します。一般的に、現代の作品のオリジナルのスタイルを保持し、歴史的な作品の現在の[f]英語の信頼できる情報源での使用法に従ってください。これらの項目の多くは、イタリック体にするか、引用符囲む必要があります

  • 正解Hymnusan den heiligenGeist

人の肩書き

  • 一般的な使用法では大統領皇帝などの単語に小文字を適用しますドゴールはフランスの大統領ルイ16世はフランスの王3人の首相が会議に出席しました)。
  • その人の名前と直接並置され、そのような単語は大文字で始まります(オバマ大統領ではなくオバマ大統領)。事務所の標準的な名前または一般的に使用される名前は、固有名詞として扱われます(デービッド・キャメロンは英国の首相、昭和天皇は天皇ルイ16世はフランスの王でした)。王室のスタイルは大文字になっています(陛下;殿下); 特定のオフィスには例外が適用される場合があります。

宗教、神々、哲学、教義

  • 宗教、宗派、教会、およびそれらの信者(名詞または形容詞の形式)は大文字で始まります。一般に、「the」はそのような名前の前に大文字ではありません(ユニテリアンではなくユニテリアン)。
  • 宗教的なテキストは大文字になっていますが、イタリック体ではないことがよくあります(バガヴァッド・ギーターコーランタルムードグランス・サーヒブ聖書)。このように使用する場合は、「the」を大文字にしないでください。派生形容詞の中には、慣例により大文字になっているものもあれば、そうでないものもあります(聖書ですが、 Quranic)。よくわからない場合は、辞書を確認してください。
  • 敬語の神々のための適切な名前やタイトルを含むが、大文字で始まる(アッラー至高グレートスピリット角のあるワンバガヴァン)。そのような場合、または神話の主要な宗教上の人物や登場人物(預言者メシア聖母を指す場合は、「the」を大文字にしないでください。神や宗教上の人物の一般的な名詞は大文字ではありません(多くの神 Woden神聖人と預言者)。
  • 崇拝や崇拝の数字の代名詞は、たとえ宗教の経典(神とその意志)で大文字にされていても、大文字にされません
  • 神話上の存在または伝説的な存在の幅広いカテゴリは小文字(エルフ妖精ニンフユニコーン天使)で始まりますがJRRトールキンの小説や一部のビデオゲームなどのファンタジー作品では、頭文字の大文字が使用されることがあります存在が架空の宇宙で文化または人種を形成すること。個々の生き物(の名前やタイトル大文字にミノタウロスペガサス)と、名前と会員に固定されている(グループのマギ、または三賢人ネフィリムが)。一般化された参照は大文字ではありません(これらの司祭; いくつかの賢者; ケルビムのような)。
  • 精神的または宗教的な出来事は、特定の事件または期間(大洪水出エジプト、ただし毎年の洪水難民の出エジプト)に言及する場合にのみ大文字になります。
  • 哲学、理論、運動、教義は、名前が適切な名前に由来するか(資本主義対マルクス主義)、または適切な名前にならない限り共和党、政治思想のシステム、共和党、政党)、小文字を使用します。一部の宗教的信奉者(処女の誕生原罪変化によって資本化されている場合でも、教義上のトピックまたは標準的な宗教的アイデア(特定のイベントではなく)には小文字を使用します。
  • プラトニックまたは超越的な理想は、哲学的教義(真実の文脈で大文字にされます。より広く使用される場合、それらは小文字です(スーパーマンはアメリカの真実と正義の理想を表しています)。アートで表される擬人化には大文字を使用します(ガイドブックには正義と自由の彫像が記載されています)。
  • Eponymsは(大文字でエドワードド・モルガンの法則アリス症候群において焼石膏プラトン理想アテネの過酷構成を元のコンテキストと通常のソースに低ケーシング(から切り離さ慣用的な用途を除いて)、プラトニック関係;不満厳格な職場政策の)。 [g]エポニムが形容詞であるフレーズ全体は、そのフレーズ自体が固有名詞である場合を除いて、大文字になりません(たとえば、公開された作品のタイトル中国症候群)。

カレンダーアイテム

  • 月、曜日、祝日は大文字(で始まる6月月曜日7月の第四は、米国のみの独立記念日を指し、 -そうでない場合は7月4日または7月4日)。
  • シーズンズは小文字である(彼女の最後の夏冬至春の発熱が)、擬人中または期間やイベントのための固有名詞を除いて(冬将軍春のサーキットに出場します)。

動物、植物、その他の生物

分類学的(「科学的」)名を使用する場合は、属を大文字にして斜体にします:BerberisErithacus。 (該当する場合、スーパー属と亜属は同じように扱われます。)種のレベル以下では、分類学的ランクを斜体にしますが、大文字にはしません:Berberis darwiniiErithacus rubecula superbusAcacia coriaceasubspセリコフィラ;学名の一部を形成する固有名詞についても例外はありません。高い分類群(オーダー、家族など)がラテン語(資産計上されている食肉目ネコ科彼らの英語の同等物(中)ではなくcarnivoransネコ科); ICTVによって受け入れられるすべての名前がイタリック体になっているウイルスレトロウイルス科を除いて、どちらの形式でもイタリック体ではありません

植物の品種および品種グループ名はイタリック体ではなく、大文字になっています(名前にグループという単語を含む)。品種名は、単一引用符(内に表示さマリュスdomestica「レッドデリシャス」品種グループは(いない間、)チョウセンcardunculusアザミグループ)。

英語の固有の(「一般的な」)名前は、記事の文章(サバンナシマウマアメリカヤマモミジ南西部のアカオノスリ)では小文字で、文の先頭や最初の文字の最初の文字が含まれるその他の場所では大文字で示されます。単語は大文字です。[a]固有名詞が含まれている場合は、さらに大文字になります:Przewalskiの馬カリフォルニアコンドル、およびフランスのフェアメイド。これは、前の例のように種と亜種、および生物のグループまたはタイプの一般名に適用されます:猛禽類オーク類人猿ニタリクジラ家畜番犬プードルヴァン猫ウルフドッグ。一般名が科学分類群と一致する場合は、生物を分類学的に扱う場合を除いて、大文字または斜体にしないでくださいオオヤマネコは、オオヤマネコ属内の4つの中型ヤマネコ種のいずれかです英語以外の固有の名前は、含めることに関連する場合、他の外国語の用語と同じように扱われます。つまり、イタリック体で表記され、母国語の規則で必要な場合にのみ大文字になります。英語に同化された英語以外の名前は英語として扱われます( ayahuasca okapi)。

標準化された品種は、通常、品種標準で使用されている資本を保持する必要があります。 [h]例:ジャーマンシェパード犬ロシアの白ヤギベルリンの短顔タンブラー。植物品種と同様に、これは、含まれる名詞が固有名詞であるかどうかに関係なく、種の固有名詞の書き方とは対照的に適用されます。ただし、品種とは異なり、品種が一重引用符で囲まれることはなく、その名前が学名の一部になることもありません。曖昧性解消のために末尾に追加された種の用語(「猫」、「猟犬」、「馬」、「豚」など)は、品種名自体の一部であり、一貫してそのように提示されていない限り、大文字にしないでください。品種基準で(まれなケースが含まれますノルウェージャンフォレストキャットアメリカンクォーターホース)。

作成リダイレクト記事のタイトルの代わりの総額と綴りフォームから、代替名から、例えば、アデリーペンギンアデリーペンギンアデリーペンギンPygoscelis adeliaeにすべきはすべてのリダイレクトをアデリーペンギン

天体

  • 太陽地球太陽系という言葉は、一般的には大文字を使用しません(太陽は山の頂上にありました部族の人々は地球全体を自分たちの家と考えていました)。エンティティが擬人化された場合(ソルインウィクトゥス(「征服されていない太陽」)はローマの太陽神でした)、または科学的または天文学的文脈で特定の体の名前として使用された場合(月は地球を周回しますが、イオは木星の月)。
  • 惑星、月、小惑星、彗星、星、星座、銀河の名前は適切な名前であるため、大文字になっています(火星はふたご座の星座ポルックスの近くにあります)。そのような名前のすべての単語の最初の文字は大文字になります(アルファケンタウリではなくアルファケンタウリ;天の川ではなく天の川)。彗星銀河などの単語は、適切な名前の一部を構成する場合は大文字にする必要がありますが、一般的な用語として使用する場合は大文字にしないでください(ハレー彗星は彗星の中で最も有名です。アンドロメダ銀河は渦巻銀河です)。

コンパスポイント

固有名詞の一部である場合(Great North RoadGreat Western DriveSouth Poleを除いて、northやそれに関連する形式(Northern Roadを使用などの方向を大文字にしないでください

非公式の慣習的な名前(南カリフォルニア;西部の砂漠)や人々の派生用語(たとえば、米国南部の誰かとして南部人)を含む、適切な名前のステータスに達した場合は、地域の名前を大文字にしますポーランド南部など、固有名詞のステータスに達していない地域の説明的な名前は大文字にしないでください

記事で採用されている英語種類に応じて、複合方向はハイフンでつながれる場合とされない場合があります東南アジア北西部はアメリカ英語でより一般的です。しかし、東南アジアイギリス英語の北西ような場合には南北対話及び東西方向、ENダッシュを使用します。§ダッシュ:その他の用途を参照してください

固有名詞と一般用語

特定の機関の名称(大文字デリーの大学の創設スタンフォード大学の歴史機関のためではなく、一般的な単語を()高校は大学の近くにあります)。大文字にしないでくださいかかわらず、金融機関の好みのスタイルの、金融機関の名前の先頭に。主要なThe組織の頭字語でT表されている場合、まれな例外がありますInternational Cat Association(TICA) 

政治的または地理的な単位を同様に扱います。都市の人口は55,000人です。2つの町が合併してスミスビル市になりました。模倣ではないとして、その自治体を参照して地元の新聞のスタイルですか。例外は、ロンドングレーターロンドンとは異なり、すでに主題を明確にしている文脈でシティと呼ばれるロンドン市です。疑わしい場合は、アクセシビリティ上の理由からフルネームを使用してください。視覚障害者のためのスクリーンリーダーのユーザーは、違いを聞くことができない都市都市を 

合字

合字は、彼らが標準(それゆえされた言語で使用されるべきであるモローさんの最後の言葉だったCLIN D'ルイユに好適であるモローさんの最後の言葉だったCLIN D'ルイユ)ではなく、英語で(百科事典百科事典ではなく、百科事典固有名詞を除き、) (アゼルスタンないアゼルスタン)。

略語

略語は、単語やフレーズの短縮形です。厳密な分析では、これらはアポストロフィを使用する収縮(たとえば、使用しない§収縮を参照)や初期化とは異なりますイニシャルは、フレーズ内の単語の頭文字の一部またはすべてから形成されます。以下では、略語への言及は頭字語を含むように解釈されるべきであり、頭字語という用語は頭字語にも適用されます。

フルバージョンと略語の両方を最初に書き出す

記事で略語を使用する場合は、最初に完全な式を使用して略語を紹介します。

Digital Equipment Corporation(DEC)によって開発された初期のローカルエリアネットワーク(LAN) ... DECの後期のLAN製品は ...

略語で大文字が使用されているという理由だけで、フルバージョンで大文字を使用しないでください:初期のローカルエリアネットワーク(LAN)

特別な状況を除いて、一般的な略語(PhDDNAUSSRなど)は、最初に使用した場合でも拡張する必要はありません。

複数形

複数形は、略語追加することによって、-sまたは-esを3枚のCD-ROMおよび2つのBIOSがリリースされました(複数形を形成するためにアポストロフィを使用しないでください。3つのCD-ROMと2つのBIOSがリリースされました。)

句読点と間隔

省略形は、完全なポイント(ピリオドまたはストップとも呼ばれます)で終了する場合と終了しない場合があります。記事内で一貫したスタイルを維持する必要があります。北米での使用法は通常、すべての略語をピリオド/ポイントで終了することです(42 Drummond St.のDr.Smith)が、一般的な英国およびオーストラリアの使用法では、略語(短縮形)がの最後の文字で終わる場合、ピリオド/ポイントは使用されません。混乱が生じない限り、省略形(42 Drummond StのDr Smith)。これは、科学的記述法でも一般的な方法です。かかわらず、句読点の、複数の文字と略記される単語が離間している(前掲ない前掲。またはopcit)。いくつかの例外があります:「PhilosophiaeDoctor」の博士号 (上記を参照)「獣医学の学士号」のためのBVetMedほとんどの状況では、ウィキペディアは、頭字語やINITIALISMS内部には、このような句読点を使用しないGDP、ないGDP

米国と米国

原則として、米国または米国のいずれかを使用して(内部整合性を保ちながら)特定の記事で「米国」を省略できますが、ピリオドの使用または不使用(完全停止)は、他の国の省略形とも一致している必要があります。同じ記事(したがって、米国、英国、およびソ連ではなく、米国、英国、およびソ連)。国のイニシャル(USNUSAIDを組み込んだ長い略語(3文字以上)では、ピリオドを使用しないでください。米国が同じ文で1つ以上の他の国と言及されている場合、特に最初の言及で、または形容詞の代わりに名詞として米国または米国は非公式すぎる可能性があります(フランスと米国ではなく、フランスと米国)。引用する場合を除いて、間隔を空けた米国またはAの古風な米国を使用しないでくださいまた、引用符、固有名詞の一部(Team USA)、または特定の技術的または正式な用途(ISO 3166-1 alpha-3コードやFIFA国コードなどを除いて、USAまたはUSA使用しないでください

サーカ

おおよそを示すために、略語c。(スペースが続き、イタリック体ではない)よりも好ましい年頃、または約。テンプレートを使用できます。 {{circa}}

不当な略語は使用しないでください

読者を混乱させたり、フローを中断したり、非公式に見える可能性がある場合は、略語を避けてください。例えば:

  • 使用しないでください(LY)近似インフォボックスまたはテーブルを除いて(場合、使用中の最初の発生時:)。{{abbr|approx.|approximately}}
  • ジャスティス・スミスに法家スミスJ使用しないでください

略語や頭字語を発明しないでください

一般に、新しい略語、特に頭字語を考案することは避けてくださいたとえば、World Union of BilliardsUnion Mondiale de Billardの翻訳としては優れていますが、それも削減WUB、組織や独立した情報源によって使用されていません元の名前とその正式な略語であるUMBを使用します。

表の列ヘッダーなど、狭いスペースで省略形を使用する必要がある場合は、広く認識されている省略形を使用してください例えば、のためにニュージーランド国民総生産、使用NZGNPを:用語がすでに記事に書き出されていない場合は、リンクで、NZ  GNPNZGNPなどのイニシャリズムを構成しないでください

略語のHTMLタグとテンプレート

<abbr>要素またはテンプレートのいずれかを略語および頭字語に使用できます。またはWHOを生成します。ホバリング以上のレンダリングされたテキストは、原因となるツールヒントポップアップする長い形式のを。 {{abbr}}<abbr title="World Health Organization">WHO</abbr>{{abbr|WHO|World Health Organization}}

アンパサンド

通常のテキストと見出しでは、アンパサンド)の代わりにand使用します1月1日と2日ではなく、1月1日と2日。ただし、Up&DownAT&Tなど、固有名詞のスタイルの正当な部分である場合は、アンパサンドを保持します。他の場所では、スペースが非常に限られている場合(テーブルやインフォボックスなど)、アンパサンドを一貫性と裁量で使用できます。引用は慎重に変更されてもよい日常にアンパサンドを置き換える特に異なるエディションが古いテキストの現代版として、引用されている一貫性のために、そして、彼らは他の廃車置き換えると同じように(グリフを合字、および略語)。別の頻繁に許可されるが必須ではない使用法は、複数の著者による作品への短い書誌参照 です。 Van Hiel、2012)

イタリック

強調

太字大文字ではなく、強調のために斜体が使用されていますしかし、使いすぎるとその効果が低下します。代わりに書き直すことを検討してください。

<em>...</em>または強調のために使用します。これにより、ユーザースタイルシートはカスタマイズされた方法で強調を処理でき、再利用者や翻訳者に役立ちます。[6]{{em|...}}

  • 正しい: The meerkat is <em>not</em> actually a cat.
  • 正しい: The meerkat is {{em|not}} actually a cat.

タイトル

作品のタイトル(本、映画、テレビシリーズ、名前付きの展示会、コンピューターゲーム、音楽アルバム、絵画など)には斜体を使用します。記事、章、歌、エピソード、研究論文、その他の短い作品のタイトルは、代わりに二重引用符で囲みます。イタリック体は、主要な宗教作品(聖書コーランタルムード)には使用されていませんこれらのタイトルの多くは、タイトルケースにも含める必要があります

言葉としての言葉

単語や文字使用と言及の区別を参照または1文までの単語の文字列(パンという用語パノラマに由来します。英語で最も一般的な文字はeです言及する場合イタリックを使用します。文全体が言及されている場合、二重引用符は一貫して、代わりに使用することができる(中前置詞彼女は椅子に座っている、または「彼女は椅子に座って」の前置詞が「ON」であります)。引用符は、他の目的(英語以外の多くの単語やフレーズなど)でイタリックがページですでに頻繁に使用されている場合など、混乱を避けるために短い資料に使用することもできます。言及(文法、言い回し、句読点などを議論するため)は、引用(通常、引用されたソースに代わって何かが表現される)とは異なります。引用は引用符で行われ、イタリックではなく、両方を同時に行うこともできません(詳細については§引用を参照してください)。

イタリックの密接に関連する使用法は、用語を導入または区別する場合です自然数は0より大きい整数です。

外国語

他の言語のフレーズや、日常の英語では一般的ではない孤立した外国語には、イタリックを使用します。ただし、他の言語の固有名詞(地名など)は通常イタリック体ではなく、非ラテン文字の用語でもありません。

学名

植物、動物、およびレベル以下のウイルスを除く他のすべての生物の学名にはイタリック体を使用します(Panthera leoRetroviridaeをイタリック体にしますが、Felidaeはイタリック体にしません)。ハイブリッド符号は(イタリックされていないローザ ×  damascena)、また必要に「連結用語」である三部分の植物名ローザガリカの亜種。オフィシナリス)。

イタリック体の引用

引用符に斜体を使用しないでください。代わりに、短い引用符には引用符を使用、長い引用符にはブロック引用符を使用てください。

引用符内のイタリック

引用符内でイタリックを使用して、ソース資料に存在する強調を再現します。ソースに強調のためにイタリック(またはその他のスタイル)がすでに含まれていることが明確でない場合は、引用の後に編集上の注意[元の強調]を追加してください

オリジナルになかった強調を追加する場合は、引用の後に編集ノート[強調を追加]を追加してください

  • 「今、高貴な心を割る。おやすみなさい、甘い王子様。そして、天使たちの群れがあなたをあなたの休息のために歌います。」[強調を追加]

近くの句読点への影響

強調の影響を受ける文の要素のみをイタリック体にします。周囲の句読点をイタリック体にしないでください。

  • 間違った例:それをどうするか?(クエスチョンマークだけではなく強調し、文全体に適用されることにそれはイタリックすべきではありませんので、。)
  • 正解:それをどうするか?
  • 正しいパトリック・ホワイトの最も有名な小説のうち4つはあるA葉のフリンジおばさんの物語ヴォス、そして人間のツリー(コンマ、ピリオド、および単語はイタリック体はありません。)

引用

著作権で保護されたテキストの簡単な引用は、ポイントを説明したり、コンテキストを確立したり、視点やアイデアを特定したりするために使用できます。引用はウィキペディアの不可欠な部分ですが、使いすぎないようにしてください。引用符を多すぎると、百科事典の文体と互換性がなくなり、著作権を侵害する可能性があります。一般的に、コンテンツはウィキペディアの編集者自身の言葉で書くことをお勧めします。必要に応じて、引用を平易で簡潔なテキストに言い換えることを検討してください(厳密な言い換えは依然として著作権を侵害する可能性があることに注意してください)。

オリジナルの文言

引用は検証可能に帰属する必要があり、引用されたテキストの文言は忠実に再現されている必要があります。これは、微小変化原理と呼ばれます。言い回しを変更する正当な理由がある場合は、変更したテキストを角かっこで囲みます。たとえば、「Ocyrhoeは彼に彼の運命を告げた」「Ocyrhoeが[彼女の父親]に彼の運命を告げた」と引用されるかもしれません。オリジナルに重大なエラーがある場合は、テンプレート[ sic ]を生成 )に従って、エラーがウィキペディアによって作成されたものではないことを示します。しかし、些細なスペルや入力ミスは、単に静かに修正されなければならない(例えば、正しいbasicly基本的に)。 {{sic}}

省略記号使用して、引用されたテキストからの省略を示します。正当な省略は(外来無関係な、または括弧単語、及び不明瞭スピーチ含むウムおよびHMM)。重要なコンテキストを削除したり、テキストの意味を変更したりする場合は、テキストを省略しないでください。下品または猥褻さが引用されている場合、引用されている出典とまったく同じように表示されます。ウィキペディアンは、引用されたテキストを忠実に複製する場合を除いて、文字をダッシュ​​、アスタリスク、またはその他の記号に置き換えて単語屈服させてはなりません。引用された情報源からそのような変更を引き継ぐ際に、[原文のまま]またはテンプレートを使用して、転写が正確であることを示すことができます。 {{sic}}

直接引用では、大文字と小文字を含む方言と古風なスペルを保持します(ただし、以下に詳述する古風なグリフと合字は保持しません)。

視点

引用は、ウィキペディア自身の声では表現できない感情的な意見を提示するために、帰属とともに使用する必要がありますが、文化的規範を単なる意見として提示することは決してありません。

  • 許容範囲:シスケルとエバートはこの映画を「忘れられない」と呼びました。
  • 容認できない:この場所は、宗教の経典によって「神聖な」と見なされています。

過度に感情的ではない簡潔な意見は、直接引用する代わりに帰属を付けて報告できることがよくあります。単純な説明用語の前後に引用符を使用すると、引用されている資料に関して疑わしいことがある可能性があります。おそらくまたはいわゆるなどの皮肉またはイタチの言葉が推測される可能性があります。

  • 許容:シスケルとエバートはこの映画を面白いと呼びました。
  • 不必要で疑わしいかもしれません:シスケルとエバートはこの映画を「面白い」と呼びました。
  • 引用する必要があります:シスケルとエバートはこの映画を「面白くても心が痛む」と呼びました。

活版印刷の適合性

見積もりはファクシミリではなく、ほとんどの場合、元のフォーマットを保持する必要はありません。引用されたテキストのフォーマットおよびその他の純粋に活版印刷の要素[i]は、コメントなしで英語のウィキペディアの規則に適合させる必要があります。これらは、テキストを読み上げても違いがない変更です。たとえば、次のようになります。

  • ノーマライズダッシュとハイフン:参照§ダッシュを記事用に選択したスタイルを使用します:スペースなしのemダッシュまたはスペース付きのenダッシュ
  • アポストロフィと引用符をウィキペディアのスタイルに変換します。
    • これらはまっすぐで、巻き毛や傾斜がないようにする必要があります。§引用符を参照してください
    • それ自体に引用が含まれている引用を引用する場合は、引用ごとに二重引用符と一重引用符を交互に使用します。詳細については、§見積もり内の見積もりについてを参照してください。
  • 英語以外の言語からテキストを引用する場合、外側の句読点は英語の引用符のスタイルマニュアルに従う必要がありますネストされた引用符がある場合は、その言語で正しい句読点を使用するための規則に従ってください。言語に複数のスタイルがある場合、句読点自体が議論されていない限り、その言語に対してウィキペディアで使用されているスタイルが優先されます。
    彼が書いたのは、冷笑的な反応「L'auteurauraitdûdemander:«àquoisert-ild'écrirececi?»mais ne l'apasfait」だけでした。
  • ピリオドやコロンなどの句読点の前のスペースを削除します。
  • 通常、太字と斜体を保持します§斜体を参照)が、他のほとんどのスタイルは変更する必要があります。下線SPAC INGの言葉の中、共同LOR SALL CAPSスモールキャップ、などが一般的にプレーンテキストに正規化されなければなりません。強調が明確に示されている場合は、斜体の強調)を使用するか、すでに斜体の箇所では太字(with )を使用します。本、記事、詩などのタイトルについては、タイトルのガイダンスに従ってイタリックまたは引用符を使用してください英語以外の用語をマークアップするためにイタリックを追加することもできます{{em}}{{strong}}{{lang}}テンプレート)、生物の学名、および単語としての使用法を示します。
  • 略語(引用前のコンテンツではまだ使用されていません)を角括弧で囲まれた変更として展開するか、テンプレートで説明します。{{abbr}}
  • 意味に不要な英語の古風なグリフと合字を正規化します。例としては、æAEœOESS、およびþ E§Ampersandも参照してください。)

作品のタイトルの活版印刷を正規化する際の特別な考慮事項については、Wikipedia:スタイル/タイトルのマニュアル§活版印刷の適合性参照してください

ただし、国の品種は語彙の変更を伴う可能性があるため、変更しないでください。たとえば、英国の情報源からの引用は、米国式の綴りを使用している記事であっても、英国式の綴りを保持する必要があります。§記事内の一貫性を参照してください。)通常、数値も再フォーマットしないでください

直接引用符は、外部の出版社が好むフォーマットを維持するために使用しないでください(特に、資料が変更されない場合)。これは、「皮肉の引用符」の効果がある傾向があるためです。

  • 許容可能動物は絶滅危惧種のIUCNレッドリストに絶滅危惧種として記載されています。
  • 許容できない動物は、IUCNの絶滅危惧種のレッドリストに「絶滅危惧種」として記載されています。

イタリックは、特定の使用法を芸術用語としてマークするために使用できます(「単語を単語として」の場合)。特に、慣れていない場合や、専門家以外の人が言い換えるべきではない場合は、次のようになります。

  • 許容動物は、IUCNの絶滅危惧種のレッドリストに絶滅危惧種として記載されています。

完全な文を引用するときは、通常、最初の単語を大文字にしておくことをお勧めします。ただし、引用されたパッセージが周囲の文に統合されている場合(たとえば、「Xはそれを言った」などのイントロダクションを使用)、元の大文字は小文字になる場合があります。

  • LaVesqueのレポートは、「機器は低価格で選択されました。これがプログラムに対する批判の主な理由です」と述べています。
  • LaVesqueのレポートによると、「この機器は低価格で選択された」とのことです。
  • LaVesqueによれば、このプログラムは主に「機器が低価格で選ばれた」という理由で批判された。

通常、大文字と小文字の変更を明示的に記録する必要はありません。ただし、精度を高めるために、変更された文字を角かっこで囲むことができます:「The」→「[t] he」。

  • LaVesqueによれば、このプログラムは主に「機器が低価格で選ばれた」という理由で批判された。

帰属

読者は、少なくとも脚注を介して、引用の出典を特定できなければなりません。引用が意見である場合は、記事のテキストでソースに名前を付ける必要がありますウィキペディア:中立的な観点§偏ったステートメントの帰属と指定を参照)引用を帰属させるときは、偏った方法でそれを特徴付けることを避けてください

引用内の引用

引用内の引用については、§を参照してください

リンク

引用内でリンクする場合は慎重に行ってください。引用の作成者が明確に意図した意味に対応するターゲットにのみリンクしてください。可能であれば、引用の前または直後に、引用の外側のテキストからリンクします。ハイパーテキストを引用する場合は、リンクが元の作成者によって作成されたかどうかのあいまいさを避けるために、必要に応じて[元のリンク]または[追加されたリンク]の編集メモを追加してください。)

見積もりをブロックする

長い引用符(約40語または数百文字を超える、または長さに関係なく複数の段落で構成される)を、両側でインデントされたブロック引用符としてフォーマットしますブロック引用符はHTML要素のラッパー)で囲む必要があります。 {{blockquote}}<blockquote>...</blockquote>

ブロック引用符を引用符で囲まないでください(特に、大きく装飾的な引用符は避けてください。テンプレートによって提供される引用符はメインスペースで無効になっています)。色付きの背景を使用したブロック引用もお勧めしません。 {{cquote}}

実際の見積もりにのみ使用してください{{blockquote}}(または<blockquote>それを使用する他のテンプレート)。他の目的のためのインデントは別の方法で行われます。

ブロック引用の前に導入文(または文の断片)を付け、その行に出典引用を追加するのが一般的です。または、{{blockquote}}テンプレートは、引用の下に表示される帰属と引用のパラメータを提供します。(帰属付きのダッシュの使用については、§その他の使用法(ダッシュのみ)を参照してください。)この引用以下の帰属スタイルは、有名な引用を対象としており、不適切な口調を打つ可能性があるため、記事では珍しいものです。引用元がない引用には、フラグを付けるか、削除する必要があります{{quote without source}}

{{blockquote}}または内の改行とインデント<blockquote>は通常無視されます。詩、歌詞、および同様の資料の使用または使用<poem>{{poem quote}}

{{blockquote | <poem>
この恐ろしい、不格好な、恐ろしい、あざけりの、そして不吉な昔の鳥
            「ネバーモア」を鳴らすことを意味します。
</ poem>}}

これは与える:

この恐ろしい、不格好な、恐ろしい、あざけりの、そして不吉な昔の鳥は
            、「ネバーモア」を鳴らしていることを意味します。

または、そのような資料をインラインで引用します。改行は、{{nbsp}}/示し、段落またはスタンザは{{nbsp}}//。で区切ります。

プルクォートはウィキペディアの記事には属しいません。これらは、注目を集める装飾的な引用でそれを再利用するために、すでに記事にある「引っ張る」資料ニュースと雑誌のスタイルです。このunencyclopedicアプローチは、の形態であるeditorializing、生成のコンテキストアウト及び過度の強調、そしてよい結論に読者を導く材料でサポートされていません。

外国語の引用

外国語の情報源からの引用は、英語への翻訳、できれば現代の[f]への翻訳とともに表示する必要があります。翻訳である引用は、そうでない引用と明確に区​​別する必要があります。翻訳の元のソース(利用可能で、ウィキペディア内で最初に公開されていない場合)と元の言語(コンテキストから明らかでない場合)を示します。

元の翻訳されていないテキストが利用できる場合は、その参照を提供するか、必要に応じて含めます。

編集者自身が外国語のテキストを英語に翻訳する場合、元のテキストをイタリック体で含め(非ラテン語ベースの書記体系を除く)、実際の(可能であれば)一般的な英語の単語を使用するように常に注意する必要があります。翻訳。何かを翻訳する能力が確かでない限り、支援についてはWikipedia:Translation参照してください

句読点

アポストロフィ

  • カーリーアポストロフィ('ではなく、ストレートアポストロフィ(')を使用します[c]アポストロフィとしてアクセント記号またはバッククォート(`)を使用しないでください
  • およびなどのテンプレートは、アポストロフィ(または一重引用符)がテキストの最初または最後に斜体または太字で表示される場合に役立ちます。斜体および太字自体が一重引用符のシーケンスで示されるためです。例:王朝最初のシーズン(マークアップ:) {{'}}{{'s}}''Dynasty''{{'s}} first season
  • など、アポストロフィ、似た文字'okina"  -マークアップは:)、サルティヨ  -マークアップ:)、ヘブライ語ayin"  -マークアップ:)とアラビア語ハムザ"  -マークアップ:)、これらのテンプレートにより、またはそのによって表されるべきユニコード値。 (テンプレートは記事のタイトルには使用できません。Wikipedia:スタイル/ハワイ関連の記事のマニュアル§正書法、スペル、および書式設定も参照してください。)   {{okina}}   {{saltillo}}   {{ayin}}  {{hamza}}
  • 以下のためのウェード式の中国語、利用のローマ字になり、アスパーSpiritusのを")。{{asper}}
  • 放出音のある言語の場合は、を使用します{{hamza}}
  • 所有格アポストロフィの使用法については、§所有格を参照してください
  • アポストロフィの使用法(所有格、エリジオン、特定の複数形の形成、外国語の問題)の詳細な処理については、アポストロフィの記事を参照してください

引用符

以下の資料では、「引用」という用語には、曲のタイトル、章、エピソードなどの従来の引用符の使用が含まれます。引用符は、品種名などの他のコンテキストでも使用されます

引用文字

  • カーリーではなく、ストレート引用符を使用してください(単一アポストロフィの引用の場合:ストレートではなくカーリー。)[C]
  • アクセント記号を使用しないでください、バッククォート(`テキスト")、ロー・ハイ(「」)またはguillemet«»)引用符としてマーク(例えば、マークがある場合を除き、内部引用された英語以外のテキストに-を参照してMOSを:CONFORM)。編集ウィンドウのドロップダウンに表示される記号「」「」は、プライムとダブルプライムです。これらは、次数の細分化を示すために使用されますが、アポストロフィや引用符としては使用されません。
  • インポートされたマテリアルの引用符とアポストロフィは、必要に応じて変更する必要があります。

ダブルまたはシングル

ほとんどの引用符は二重引用符で囲みます(ボブは「ジムはリンゴを食べました」と言いました)。[j] 例外:

  • 植物品種は取る 一重引用符 Malusdomestica 'ゴールデンデリシャス' ; Wikipedia:命名規則(フローラ)を参照)。
  • なじみのない用語を翻訳または定義する単純なグロスは、定義の前にコンマを付けずに一重引用符を使用します(CossackはTurkic qazaq'freebooter 'に由来します)。

見積もり内の見積もりの​​場合

一重引用符を使用します。

  • ボブは尋ねた:「ジムは彼が去る前に 『私はリンゴを食べた』と言いましたか?」

より深くネストするには、一重引用符と二重引用符を交互に使用します。

  • 彼は、「その本は主張している」と述べた。孔子は「すべてに美しさがあるが、誰もがそれを見るわけではない。" ' "

すぐに連続して引用符の場合は、使用して空間のスライバーを追加し(単に与えられた例のように)、または{{" '}}{{' "}}{{" ' "}}

  • 彼は、「答えは「はいでした」と発表しましたマークアップ:He announced, "The answer was 'Yes!{{' "}}
  • 彼は、「答えは「はい」でした」と発表しました(単にジャミングし、「一緒に」)

記事の開口部

記事の冒頭に通常表示される太字のテキスト:

  • タイトルの一部である引用符は、タイトルの他の部分と同じように太字にする必要があります(「A」はアリビを表します:「A」はアリビを表します...)。
  • 記事のタイトルに含まれていない引用符太字にしないでください(記事からJabberwocky" Jabberwocky "はナンセンス詩です... ; Buffalo BillからWilliam Frederick " Buffalo Bill " Codyはアメリカの兵士、バイソンハンター、ショーマンでした...)。

引用前の句読点

引用符で囲まれていないが、それ以外は同一の構文がコンマなしで文法的に機能する場合、文に埋め込まれた引用符の前にコンマを使用することはオプションです。

  • 報告書は「伝送速度が45%低下した」と述べています。Cfとは、非引用レポートは、伝送速度の45%の減少があったと述べました。
  • 報告書は、「伝送速度が45%低下した」と述べています。

カンマなしのアプローチは、部分引用符でよく使用されます。

  • 報告書は「伝送速度の45%の低下」を観察しました。

コンマは通常、引用符が中断された状態で使用されます(ただし、この構造は百科事典の記述ではまれです)。

  • 「人生」、アナイス・ニンは「勇気に比例して縮小または拡大する」と書いています。

資料のいずれも引用符でなかった場合に同じ構造に存在する場合は、コンマが必要です。

  • マーガレット・ミードの見解では、私たちの文化を豊かにするために、「私たちは人間の可能性の全範囲を認識しなければなりません」。

意味を混乱させたり変更したりする場合は、カンマを挿入しないでください。

  • ケイトリン・ジェンナーは、「自分が誰であるかに忠実であることに同意している」子供たちについて懸念を表明しました。一部の子供、特に「合意に達している」子供についての声明の正確な引用 
  • ケイトリン・ジェンナーは、「自分が誰であるかに忠実であることに同意している」子供たちについて懸念を表明しました。(ジェナーがすべての子供たちについて懸念を表明していたことを意味するように意味を変更しますが、子供たちが一般的に「合意に達している ...」ことを個別に観察します)

完全な文を形成する場合は、コロンを使用して引用を導入する方が明確です。これは、複数文の引用に対して常に実行する必要があります。

  • 報告書は、「伝送速度が45%低下した」と述べています。
  • アルバートアインシュタインは次のように書いています。「論理はAからBへとあなたを導きます。想像力はあなたをどこへでも連れて行きます。」

明示的な単語としての単語のシナリオでは、追加の句読点は必要ありません

  • メッセージは、「すぐに役立つ」と「どれくらい前に」の断片を除いて理解できませんでした。

名前とタイトル

次の名前とタイトルには引用符を使用する必要があります。

  • 記事と章(イタリック体の本と定期刊行物)
  • 楽曲のセクション(イタリック体の曲)
  • コミックとウェブコミックからの個々のストリップ(イタリック体のコミック)
  • 詩(イタリック体の長い詩または叙事詩)
  • 歌(アルバム、連作歌曲、オペラ、オペレッタ、オラトリオはイタリック体)
  • テレビとラジオのシリーズとシリアルの個々のエピソード(シリーズタイトルはイタリック体)[k]

例:アルバムSgtのルーシーインザスカイウィズダイアモンドの曲ビートルズのバンドによるペッパーズロンリーハーツクラブバンド

次の場合は引用符や斜体を使用しないでください。

  • 古代の書物
  • コンサートツアー
  • 場所
  • 神話と叙事詩
  • 祈り

上記の項目のすべてではありませんが、多くはタイトルケースにも含める必要があります

内側または外側の句読点

英語版ウィキペディアでは、英語の種類に関係なく、すべての記事で論理引用」スタイルを使用します。元の資料に存在する場合にのみ引用符内に句読点を含め、それ以外の場合は終了引用符の後に配置します。ほとんどの場合、これはピリオドとコンマを疑問符と同じように扱うことを意味します。引用符で囲まれた資料にのみ適用される場合は引用符の内側に、文全体に適用される場合は外側に保持します。例を以下に示します。

  • 正解: ダーラは「ここにいる」と言いましたか?(疑問符は全文に適用されます)
  • 間違った例: ダーラは「ここにいるの?」と言いましたか?(引用符に疑問符を付けるのは正しくありません)
  • 正解: ダーラは「私はどこにいるの?」と言った。(疑問符は引用された資料にのみ適用されます)

引用符が単一の単語または文の断片である場合は、終了引用符の外側に句読点を配置します。終わりがそれを含む文の終わりと一致する完全な文を引用するときは、終了引用符の内側に句読点を配置します。

  • マーリンは「ニモを見つけるために」必要だったと彼は言った。
  • マーリンは言った:「私はニモを見つける必要があります。」

引用された文が社説の挿入で分割されている場合でも、終了引用符の中に句読点を含めます。

  • 「私は必要だ」とマーリンは言った、「ニモを見つけるために」。

引用文が続いている場合コンマが先行されなければならない、省略ピリオド(ピリオド) -このような疑問符又は感嘆符としてではなく、他の端末の句読点を、保持することができます。

  • ドリーは「はい、読めます」と言って、マーリンにアイデアを与えました。
  • ドリーは「はい、読めます!」と言って、マーリンにアイデアを与えました。

引用された文の後に話者を識別する句が続く場合は、引用符の内側でピリオドを使用するのではなく、引用符の外側でコンマを使用しますが、疑問符などの他の句読点は保持します。

  • 「なんで寝てるの?」とダーラは尋ねた。
  • 「魚は友達であり、食べ物ではない」とブルースは言った。

長い引用符が分割され、コンマが完全な引用符の一部である場合を除いて、引用符で囲まれた単語またはフラグメントの後にコンマを付けないでください。

  • 正解: 「なぜ」、ダーラに「寝てるの?」と尋ねました。
  • 間違った例: 「なぜ」とダーラは尋ねました。「あなたは寝ていますか?」
  • 正解: 「魚は友達だ」とブルースは言った。「食べ物ではない」。

括弧と括弧

このセクションは、しばしば括弧と呼ばれる丸括弧()と角括弧[]の両方に適用されます

文に角かっこで囲まれた句が含まれている場合は、文の句読点を角かっこで囲まずに配置します(ここに示すように)。ただし、1つ以上の文が完全に角かっこで囲まれている場合は、句読点を角かっこで囲みます。ブラケットの内側の横にスペースがあってはなりません。通常、開始ブラケットの前にはスペースを付ける必要があります。これは、前に開始引用符、別の開始角かっこ、または単語の一部が付いている場合は当てはまらない場合があります。

  • 彼は会議に出席するために立ち上がった:「(アヘム)...ご列席の皆様、ようこそ!」
  • 劇中の王室の登場人物([王子]ハムレットと彼の家族)だけが、習慣的に空白の詩で話します。
  • インター[コンチネンタル]を旅しました。
  • ほとんどの人は右利きです。(左利きの人もいますが、それでも右利きの人が左利きの人より「良く」なるわけではありません。)

句読点が続く場合を除いて(ただし、間隔を空けたダッシュは閉じ括弧の後に間隔を空けます)、通常は開き括弧にリストされているものと同様の場合を除いて、閉じ括弧の後にスペースを入れる必要があります。

隣接するブラケットのセットは避けてください。括弧で囲まれたフレーズをコンマで区切った1つのセットに入れるか、次のように書き直します。

  • 避けてくださいNikifor Grigoriev(c。1885–1919)(Matviy Hryhoriyivとしても知られています)はウクライナの反乱軍の指導者でした。
  • より良いNikifor Grigoriev(c。1885–1919、Matviy Hryhoriyivとしても知られている)はウクライナの反乱軍の指導者でした。
  • より良いNikifor Grigoriev(c。1885–1919)は、ウクライナの反乱軍の指導者でした。彼はMatviyHryhoriyivとしても知られていました。

角括弧は、引用符内の編集上の置換と挿入を示すために使用されますが、これによって意図された意味が変わることはありません。それらは3つの主な目的を果たします。

  • 明確にするために:彼女は[中等]学校に通っていました。これは意図された意味でしたが、学校の種類は元の文に記載されていませんでした。
  • 引用符のサイズを小さくするには:XにはYが含まれ、特定の状況下では、XにZが含まれる場合があり、XにYが含まれる場合あります[場合によってはZ]省略記号(...)を使用して、資料が直接引用から削除されていることを示す場合、通常は括弧で囲む必要はありません§省略記号を参照
  • 文法を機能させるには:誰かの「私は洗濯をするのが嫌いです」という言葉を参照すると彼女は「洗濯をするのが嫌いです」と正しく書くことができます

文に角括弧または丸括弧で囲まれた補助資料が含まれている場合でも、括弧内の句読点に関係なく、それらの括弧の後に終端句読点を付ける必要があります。

彼女はすべての要求を拒否しました(食べ物、薬などの基本を除く)。

ただし、文全体が角かっこで囲まれている場合、終了句読点は角かっこで囲まれます。(この文は一例です。)

ブラケットとリンク

リンク内の角かっこはエスケープする必要があります

彼は「[[John Doe|John &#91;Doe&#93;]]答えた」と言った。

彼は「ジョン[ドウ]が答えた」と言った

彼は「[[John Doe|John {{bracket|Doe}}]]答えた」と言った。

彼は「ジョン[ドウ]が答えた」と言った

[https://example.com On the first day &#91;etc.&#93;]

初日[etc.]

[https://example.com On the first day {{bracket|etc.}}]

初日[etc.]

マークアップも使用することができます<nowiki><nowiki>[Doe]</nowiki><nowiki>[etc.]</nowiki>

URL自体に角かっこが含まれている場合、wikiテキストは...ではなくURLエンコードされた形式を使用する必要がありますこれにより、後のリンクの切り捨てが回避されます。 https://example.com/foo.php?query=%5Bxxx%5Dyyyquery=[xxx]yyyxxx

省略記号

引用の過程で資料が省略されている場合は省略記号(複数形の省略記号)を使用します。ただし、引用光沢付けるために角括弧が使用されている場合を除きます§括弧と括弧、および以下のポイントを参照)

  • ウィキペディアの省略記号のスタイルは、スペースのない3つのドット(...)です。合成済み省略記号文字(使用しない)またはスペースで区切られた3つのドット. . .
  • 一般に、省略記号の前には改行なしのスペースを使用し、その後には通常のスペースを使用します。 "Alpha, Bravo,{{nbsp}}... Zulu"
    • ただし、省略記号の直後にいずれ. ? ! : ; , ) ] }かまたは終了引用符(シングルまたはダブル)が続く場合は、省略記号の前に改行なしスペースを使用し、その後にスペースを使用しないでください。
      Jones wrote, "These stories amaze me. The facts suffer so frightfully{{nbsp}}..."
      "But what of the other cities? London, Paris{{nbsp}}...?" (感嘆符や疑問符の場合によくあるが、ピリオドの場合はめったにないように、テキストで重要な場合にのみ、省略記号の後に句読点を配置します。)
    • または、省略記号が引用符の直後にある場合は、省略記号の前にスペースを使用せず、その後に改行なしのスペースを使用します。
      He continued to pursue Smith ("...{{nbsp}}to the ends of the earth", he had sworn) until his own death.
スピーチの一時停止または一時停止
スピーチの一時停止またはサスペンスを表すために3つのドットが使用されることがあります。その場合、句読点は元の形式のままになります。バージニア州の驚いた返信は、「彼は...?いいえ、信じられません!」でした。不完全な単語を示す場合、単語の断片と省略記号の間にスペースは使用されません。文字化けした送信は「San L ... oの近くで立ち往生しています」で終わり、SanLeandroまたはSanのいずれかへの参照として解釈されます。ロレンツォ。
角括弧付き
時折、角括弧は、それが引用されたの通路自体が省略記号が含まれている場合、例えば引用された材料で、元のではないことを明確にするために省略記号の周囲に配置されている(彼女はレトルト:「どのように私はあなたがどのようにしてください感じていますか?と思う私。 ..これは多すぎます![...]私を家に連れて行ってください! ")。

カンマ

  • 一対のコンマはブラケットができる同格に(文の大きい中断しても、缶ブラケットやダッシュとして)。例えば:
    正解 ジャネット・クーパーの息子であるジョン・スミスは、有名な劇作家です。
    正解 ジャネット・クーパーの息子ジョン・スミスは有名な劇作家です。(ジャネットに複数の息子がいる場合)
    正解 ジャネット・クーパーの息子、ジョン・スミスは有名な劇作家です。(ジャネットに息子が1人しかいない場合)

    2番目のコンマの代わりに別の句読点が使用されない限り、これには常にコンマのペア使用します。

    不正解 最新のメンバーであるジョン・スミスは率直でした。
    正解 鈍いコメントは、最新のメンバー、ジョン・スミスから来ました。
    正解 最新のメンバーであるジョン・スミス(彼自身は引退した教師)は率直でした。
  • 特にコンマが角かっこや括弧と衝突する場合は、他の句読点でコンマの必要性に気を取られないようにしてください。
    正解 地元の人々(豆、魚、ンガルドゥから餌を与えられたバークとウィルズは、数ヶ月間生き残った。
    不正解 地元の人々(豆、魚、ンガルドゥ)から餌を与えられたバークとウィルズは、数ヶ月間生き残った。
  • 最新の[f]書き込みでは、使用するコンマが少なくなります。通常、必要な文が少なくなるように文を単純化する方法があります。
    クリア シューベルトの英雄には、モーツァルト、ベートーベン、ジョセフとミヒャエルハイドンが含まれていました。
    ぎこちない モーツァルトは、ハイドンと共に、ヨーゼフとマイケルの両方であり、シューベルトの英雄の一人であるベートーベンでもありました。
  • 複数レベルの下位区分(都市、州/県、国など)を含む地理的参照では、コンマで各要素を区切り、他の句読点が続かない限り、最後の要素の後に続きます。最後の要素は括弧で囲まれたものとして扱われます
    正解 彼は2011年10月1日をオクラホマ州チャタヌーガの要求を満たす期限として設定しました。
    不正解 彼は2011年10月1日を、オクラホマ州チャタヌーガが彼の要求を満たす期限として設定しました。
  • 月-日-年形式の日付には、他の句読点が続かない限り、日と年の後にコンマが必要です。最後の要素は括弧で囲まれたものとして扱われます
    正解 彼は2011年10月1日をオクラホマ州チャタヌーガの要求を満たす期限として設定しました。
    不正解 彼は2011年10月1日をオクラホマ州チャタヌーガの要求を満たす期限として設定しました。
  • §内側または外側の句読点 に従って引用符を配置しますこれは「論理引用」と呼ばれます。
    正解 彼女は「ウィキペディアの句読点のスタイルは頻繁に変わる」と述べ、他の不満を述べた。
    不正解 彼女は「ウィキペディアの句読点のスタイルは頻繁に変わる」と述べ、他の不満を述べた。
  • 文内に埋め込まれた引用符の前にコンマを含めることができます§引用符を参照

シリアルコンマ

シリアルコンマ(時にはも呼ばれるオックスフォードコンマ又はハーバードカンマ)コンマ組み合わせ直前に使用した(されるまたは)は、3つの以上の項目のリストです。

ハム、チップ、卵  –シリアルコンマ
ハム、チップ、卵  –シリアルコンマなし

編集者は、各記事が内部的に一貫している限り、どちらの規則も使用できます。シリアルコンマは、複数の単語からなる項目を含むリスト(特に、独自の項目が含まれている場合)や、おそらくなじみのない一連の用語など、資料が複雑になるほど役立ちます

ただし、シリアルコンマを省略または含めるとあいまいになる場合があります。

著者は、彼女の友人であるシネイドオコナーとボブマーリーに感謝しました  。4人以上(友人と2人の名前)、または2人(友人であるオコナーとマーリー)のいずれかがリストされています。
著者は友人のSinéadO'ConnorとBobMarleyに感謝しました  。2人(友人であるO'ConnorとMarley)または3人(最初は友人、2番目はO'Connor)のいずれかをリストできます。 、および3番目のマーリー)。

このようなあいまいな場合は、次の3つの方法のいずれかを明確にしてください。

  • シリアルコンマを追加または削除します。
  • 明確にするために、個別の文、箇条書き、またはその他の構造上の変更を使用してください。
  • 文を書き直します(「友達」の場合):
    • 二人をリストするために:著者は彼女の友人シネイドオコナーとボブマーリーに感謝しました。
      • より明確:著者は2人の友人、シネイドオコナーとボブマーリーに感謝しました。
    • 複数の人をリストするには:
      著者は、シネイドオコナー、ボブマーリーと彼女の友人、または
      著者は、SinéadO'Connor、Bob Marley、および彼女の友人に感謝しました
      • しかしそうではありません:著者はボブ・マーリー、シネイド・オコナー[、]と彼女の友人に感謝しました  –彼女についての曖昧さを紹介ます。
  • 文を書き直します(「友達」の場合):
    • 2人をリストするために:著者はボブマーリーと彼女の友人、シネイドオコナーに感謝しました。
      • または、可能であればより具体的にしてください(ここでのコンマは非制限的な肯定的な表現を示しています):著者は幼なじみのSinéadO'Connorと彼女のメンターであるBobMarleyに感謝しました。
    • 3人をリストするために:著者はボブ・マーリー、シネイド・オコナー、そして友人に感謝しました。
      • 母親などの性別固有の用語を明確にするのは難しい場合があります。著者は母親のキム・テイルに感謝しました。読者はキム・テイルが男性であり、母親と同じ人物ではないことを読者が知らない可能性があるため、シネイド・オコナーは不明です。
      • 明確化:著者はキム・テイル、シネイド・オコナー、および彼女自身の母親に感謝しました。または、著者は彼女の母親とミュージシャンのキム・テイルとシネイド・オコナーに感謝しました

コロン

コロン)、実証何かを紹介する説明、または変更の前に来ているもの、あるいは単に導入された項目のリストです。このようなリストの項目は、コンマで区切ることができます。または、それらがより複雑で、おそらくそれ自体にコンマが含まれている場合は、項目をセミコロンで区切るか、箇条書きに配置する必要があります。

私たちはいくつかの観光名所を訪れました。ピサの斜塔はいつでも倒れる可能性があると思いました。ため息橋; ペトラルカの出生地、または少なくとも彼が住んでいた最初の既知の家。そしてもっとたくさん。

コロンを使用して、引用符で囲まれた直接話法を導入することもできます§引用符を参照

ほとんどの場合、コロンはその前に完全な文法文がある場合に最適に機能します。コロンの後に続くものも完全な文である場合は、大文字で始めますが、それ以外の場合は、固有名詞など、別の理由で必要な場合を除いて、コロンの後に大文字を付けないでください。技術的な使用法(3:1の比率)を除いて、文に複数のコロンを含めることはできません。コロンの前にスペースを入れたり、コロンの後にスペース(ハイフンやダッシュを入れない)を付けたりすることはできません。

セミコロン

セミコロン;)同じ文章に保つことに関連する物質を有効、時々終止符(ピリオド)の代わりです。これは、コンマよりも文の中でより決定的な分割を示します。セミコロンで句を区切る場合、通常、各句は独立している必要があります(つまり、文として独立している可能性があります)。多くの場合、特定の文ではコンマのみまたはセミコロンのみが正しくなります。

正解 彼は以前ここにいたことがありますが、私は彼を認識しませんでした。
不正解 彼は以前ここにいましたが、私は彼を認識しませんでした。

上記の「彼は以前ここにいたが」は文として自立することはできず、したがって独立した条項ではありません。

正解 オレンジは酸性の果物です。バナナはアルカリ性に分類されます。
不正解 オレンジは酸性の果物であり、バナナはアルカリ性に分類されます。

2つの独立した句の間でのこの誤ったコンマの使用は、コンマスプライスとして知られていますただし、特定の種類のケースでは、セミコロンが必要と思われる場合にコンマが使用されることがあります。

承認済み 「人生は短く、芸術は長い。」格言の2つの短い節; Ars longa、vita brevisを参照
承認済み 「私はそれを研究しました、あなたはしていません。」ニュートンこの返信など、活発な会話を報告する

文にはいくつかのセミコロンが含まれる場合があります。特に、句の構成と意味が平行している場合はそうです。複数の無関係なセミコロンは、多くの場合、文を短い文に分割するか、別の方法で作り直す必要があることを示しています。

扱いにくい オレンジは酸性の果物です。バナナはアルカリ性に分類されます。梨は中性に近いです。これらの違いについてはほとんど議論されていません。
1つのより良い方法 オレンジは酸性の果物であり、バナナはアルカリ性であり、ナシは中性に近いです。これらの違いについてはほとんど議論されていません。

カンマだけでは混乱が生じる場合、リスト内の項目を区切るためにコンマに加えてセミコロンが使用されます。

紛らわしい 営業所は、マサチューセッツ州ボストン、カリフォルニア州サンフランシスコ、シンガポール、英国ロンドンのミルバンクにあります。
クリア 営業所はマサチューセッツ州ボストンにあります。カリフォルニア州サンフランシスコ; シンガポール; とミルバンク、ロンドン、イギリス。

「ただし」の前のセミコロン

ただし、単語で始まる末尾の句を含む文の意味は、その単語の前の句読点によって異なります。一般的なエラーは、間違った句読点を使用して、意味を意図しないものに変更することです。

ただし、その単語「それでも」を意味する副詞である場合は、その前にセミコロンを付け、その後にコンマを付ける必要があります。例:

彼らがこれらの人々を回心させることができなかったことは明らかでした。しかし、彼らは試みました。
意味 彼らがこれらの人々を回心させることができなかったことは明らかでした。それにもかかわらず、彼らは試みました。

ただし、単語「どのような方法でも」または「方法に関係なく」を意味する接続詞である場合、先頭にコンマを付けることはできますが、セミコロンを付けることはできません。句読点を続けることはできません。例:

彼らがこれらの人々を回心させることができないことは明らかでした、しかし彼らは試みました。
意味 彼らがどのように試みたとしても、彼らがこれらの人々を回心させることができないことは明らかでした。

最初のケースでは、「ただし」で始まる句を最初の句と交換することはできません。2番目のケースでは、これは意味を変えることなく実行できます。

彼らが試みたとしても、彼らがこれらの人々を回心させることができないことは明らかでした。
意味 彼らがどのように試みたかにかかわらず、彼らがこれらの人々を回心させることができないことは明らかでした。

2つの句を入れ替えることができない場合は、セミコロンが必要です。

文や句も、単語を含めることができます、それはそれが先頭に配置されている可能性が、半ば文の新しい句を開始しない「が、」副詞の意味がある場合に、真ん中に。この使用法では、単語をコンマで囲むことができます。例:

しかし、彼は会場が土壇場で変更されたことを知りませんでした。
意味 しかし、ギリギリで会場が変わったことを知らなかった。

ハイフン

ハイフン-)は接続詞を示します。主な用途は3つあります。

4歳の子供
4歳の子供
4歳の子供
魚を食べる
人食い魚
  1. ハイフンでつながれた個人名:ジョンレナードジョーンズ
  2. 特定の構文(準科学的疑似アポロドルス超国家主義的)で接頭辞をそれらの主要な用語にリンクすること
    • ハイフンは、区別するために使用することができる同形異義救済手段が再びドレスが、救済手段の救済又はセット右)。
    • すべての種類の英語で両方の要素を結合する明確な傾向があります(サブセクション非線形)。ハイフネーションは、接触した文字が同じである場合(交渉不可地下室)、母音である場合(産業革命)、または単語が一般的でない場合(共同提案再ターゲット)、または誤読される可能性がある場合(サブ-時代suberaではありませ)。これらの種類のいくつかの単語は、(例えば、ハイフンなしでそれにもかかわらず共通している協力はより頻繁により証明され協力し、現代英語で)。[NS]
  3. 複合修飾子の関連用語をリンクするには[l]
    • ハイフンは、読みやすさを助ける(すなわち、それらはであることができ操作性の読み取りAIDS)及び長い名詞句に特に有用である:気相反応ダイナミクスただし、適切な名前にハイフンを挿入しないでください(中東料理ではなく、中東料理)。
    • ハイフンは、(いくつか明確にするために助けることができる短編作家はかなり背が高く、政府の監視プログラムは、プログラムモニター政府、一方でそれであるプログラムの監視を政府が監視していること、政府のプログラムです)。
    • 使用時にハイフネーションされる化合物attributivelyは(彼らは資格を名詞の前に形容詞:ライトブルーハンドバッグ34歳女性)、または実質的には:(名詞として、彼女は34歳である通常時にハイフネーションされていません)使用predicatively(説明的なフレーズが名詞から分離:ハンドバッグは水色だった女性は34歳)。ただし、そうでなければ明確さが失われる場合は、ハイフンを述語形式で使用することもできます(手で飼育された七面鳥七面鳥は手で飼育されていました)。厄介な属性のハイフネーションは、簡単な言い換えで回避できる場合があります。ハワイ先住民文化ハワイ先住民文化
    • 標準の後にハイフンを使用しないでください-ly副詞(新たに利用可能な家庭完全子会社大きな化合物(の一部がない限り)、ゆっくりと-しかし、確かな戦略)。まれに書き換えられた選択肢は厄介である場合、ハイフンは、明瞭度を向上させることができますが、rewordingは、通常は好ましい。アイデアは明らかに十分で述べたよう明確化することができますアイデア明確にしばしば述べ十分だったか、アイデアは十分に明快に述べました
    • -lyで終わるいくつかの単語は、形容詞と副詞の両方として機能します(親切に見える教師;親切に提供された機能)。そのような二重目的の単語のいくつか(earlyonlynorthernなど)は、独立した現在の英語の形容詞-ly追加することによって形成されないため、標準の-ly副詞ではありませんこれらには注意深い処理が必要です。早咲きの植物は約1億3000万年前に出現しましたが、早咲きの植物は冬の霜による損傷のリスクがあります子役のみ(成人俳優なし)、子役のみ (兄弟のいない俳優)。
    • ハイフンは副詞がときに通常使用されているだけでなく(attributively使用分詞の前に善意のジェスチャー;しかし、通常は非常によく管理会社をするので、うまく自体が変更された)とでもpredicatively、場合だけでなく、または変更する必要があり、感覚形容詞のではなく、単にそれを激化(ジェスチャが善意た子供は行儀だったが、床はよく磨かれました)。
    • ダイオード-トランジスタロジックなどの場合、リンクされた要素の独立したステータスには、ハイフンの代わりにダッシュが必要です。ダッシュ§注記を参照してください
    • 使用吊りハイフンを2つの化合物の修飾子が分離されている場合(二次元と3桁の番号; 10-車や-truck船団;右または左方向に傾斜)。
    • 複合修飾子として使用される値と単位は、単位が単語全体として指定されている場合にのみハイフンでつながれます。単位記号を使用する場合は、数字と改行なしのスペース&nbsp;で区切ります。
不正解 9mmギャップ
正解 9ミリメートルのギャップ(マークアップ:9&nbsp;mm gap
不正解:    9ミリメートルのギャップ
正解 9ミリメートルのギャップ
正解 12時間シフト
正解 12時間のシフト(マークアップ:12&nbsp;h shift

マルチワードがアイテムをハイフン:rewordingによって修飾は、(ハイフネーションされた複数の単語を避けることがしばしば可能である4-CDサウンドトラックアルバムとして読みやすくなるかもしれ4枚のCDのサウンドトラックアルバム)。これは、変換ユニットが関与している場合に特に重要である(6ヘクタール制限(14.8エーカー限界)ルールがとして可能かもしれない6ヘクタール(14.8エーカー)の限界課すルール、および不格好4.9マイル(7.9キロ)-単に4.9マイル(7.9 km)の支流としての長い支流)。

南西/南西などのコンパスの複合ポイントのオプションのハイフネーションについては、§コンパスポイントを参照してください

固有名詞を除いて、ハイフンの後に大文字を使用しないでください:Graeco-RomanおよびMediterranean-style、ただしGandhi-Likeは使用しないでください公開された作品のタイトルでは、信頼できる情報源が特定の場合に一貫して別の方法を行わない限り(中つ国の歴史)、各部分の大文字と小文字を区別する規則に従います(たとえば、The Out-of-Townersになります)。

他の言語のハイフネーションルールは異なる場合があります。したがって、フランス語では、トロワリビエール(「スリーリバーズ」)などの地名は、英語ではない場合はハイフンでつながれます。このような場合は、信頼できる情報源に従ってください。

間隔:ハイフンが続いていないか、スペースが先行し、吊り場合を除きん(上記参照)のような接頭辞として独立した単語の表示部に使用される場合、またはサブサフィックス-less

画像のファイル名とリダイレクト:画像のファイル名は百科事典のコンテンツの一部ではありません。それらはツールです。簡単に入力できる場合に最も役立ちます。そのため、ダッシュではなく常にハイフンを使用します。同様に、ダッシュで記事のタイトルはまた、ハイフンとタイトルのコピーから、対応するリダイレクトを持っている必要があります。例えば、マイケルソン・モーリーの実験はにリダイレクトマイケルソン・モーリーの実験

非改行:改行なしハイフンは)になるではないの折り返し点として使用されます。 {{nbhyph}}

ソフトハイフン:使用ソフトハイフン単語が壊れてハイフネーションされるマークの場所に、必要に応じて、通常では、テキストの行の末尾に非常に長い単語に隣接するか、そのようなキャプションなどの狭いスペース(、狭いテーブル列、またはテキスト非常に広い画像)、例:{{shy| Penn|syl|va|nia and Mass|a|chu|setts style themselves com|mon|wealths.}}ウィキテキストの読み取りと編集が困難にならないように、慎重に使用してください。詳細については、ヘルプ:改行処理を参照してください

エンコーディング:ハイフンはASCII / UNICODE HYPHEN-MINUS文字で表され、すべての標準キーボードではハイフンまたはマイナスキーで入力されます。UNICODEHYPHEN文字は使用しないでください

ハイフネーションには、ここではカバーできない多くの微妙な点が含まれます。上記のルールと例は、幅広い原則を示しています。

ダッシュ

ウィキペディアでは、ダッシュの2つの形式が使用されています。ダッシュ)とダッシュ)です。それらを入力するには、CharInsertツールバーそれらをクリックするか、次のように手動で入力します。

  • &ndash; また &mdash;
  • {{endash}} また {{emdash}}

--ダッシュの代わりに二重ハイフン()を使用しないでください(参照:ウィキペディア:ダッシュの作成方法。)

ソースはさまざまな方法でダッシュを使用します。一貫性と明確さのために、ウィキペディアは次の原則を採用しています。

記事のタイトルで

記事のタイトル、ハイフンを使用していない(- 半角ダッシュの代用として、例えばでは目と手のスパン(以降眼が変更しない)。それでも、検索とリンクを支援するために、目の手のスパンのように、エンダッシュの代わりにハイフンを使用してリダイレクトを提供します同様に、ダッシュを含むカテゴリにカテゴリリダイレクト提供します

文の句読点(emまたはenダッシュ)

ダッシュは、文内の分割をマークするためによく使用されます。ペアで(括弧またはコンマのペアの代わりに括弧で囲まれたダッシュ)。または単独で(おそらくコロンの代わりに)。また、引用されたスピーチの報告において、突然の停止または中断を示している場合もあります。これらすべての場合において、間隔のない全角ダッシュまたは間隔のある全角ダッシュのいずれかを使用し、1つの記事で一貫性を保ちます。

  • emダッシュは常にスペースがありませ(両側にスペースがありませ):
別の「惑星」が検出されましたが、後に土星の月であることが判明しました。
  • 文の句読点として使用する場合、エンダッシュは間隔を空けて配置されます(両側にスペースがあります)。
別の「惑星」が検出されましたが、後に土星の月であることが判明しました。

理想的には、改行の前に改行なしのスペースを使用します。これにより、改行が行の先頭に表示されなくなります(マークアップ:またはテンプレート、またはHTML文字エンティティを使用)。 {{spaced ndash}}{{snd}}&nbsp;

Another "planet" was detected{{snd}}but it was later found to be a moon of Saturn.

ただし、改行の間隔を空ける必要がある場所に、改行なしまたはその他のスペースを挿入しないでください(§その他の使用法(ダッシュのみ)を参照)

ダッシュは、コンマまたは括弧、あるいはその両方がすでに存在する場合に、文の構造を明確にすることができます。

  • この本は、デカルト、ロック、ヒュームなどの主要な哲学者の作品を時系列で要約していますが、彼の論文(対象読者には複雑すぎると見なされています)とカントは要約していません

ダッシュは慎重に使用してください。1つの文に2つ以上あると、構造が不明確になります。読者がどのダッシュがペアを形成しているかを確認するには時間がかかります。

  • 少なくともダーウィンが集めた鳥は、赤と青の羽を持っていました。
  • 「私たちは座礁しました–」は、船から受け取った最後の不完全なメッセージでした。
  • 避けてください:最初に–埋め立て地で平らにされた湿地で–ワークショップが来ました–次に管理および他の建物。
  • より良い:最初に–埋め立て地で平らにされた湿地で–ワークショップが来ました。後に行政やその他の建物が建てられました。
toまたはthroughで表現される可能性のある範囲

数値、日付、または時刻の間の範囲については、ダッシュを使用してください。

  • pp。7–19 ;   64〜75% ;   ヘンリー8世は1509年から1547年に君臨しました[7]

ファイル名、URL、または(詩の範囲をURLにフォーマットする)などのテンプレートでは、範囲が埋め込まれている場合でも、ハイフンをダッシュ​​に変更しないでください。 {{Bibleverse}}

ダッシュをまたはからと混合しないでください

  • 450〜500人
  • 450と500人の間ではなく、450〜500人と人との
  • 450〜500人からではなく、450〜500人から
  • 1961年から1964年まで、ない1961年から1964年から
  • 1961年から1962年と1967年から1968年のシーズンの間、チケットの売り上げは大幅に減少しました(または、1961年から62年と1967から68年のシーズンの間)。

範囲のいずれかまたは両方の要素に少なくとも1つのスペース、ハイフン、またはエンダッシュが含まれている場合を除いて、範囲内のエンダッシュは常にスペースなしです。このような場合、それらの間の{{ snd }}が適切なフォーマットを提供します。

  • 1790年7月23日- 1791年12月1日(ない1790年7月23日- 1791年12月1日
  • 2011年5月14日から8月2日まで(ない2011年5月14日から8月2日まで)
  • 9月1〜17日;   2009年2月〜10月;   1492 – 1556年4月7日
  • クリスマスの日–大晦日;   2001年のクリスマス– 2002年のイースター;   火曜日の午後10時30分–水曜日の午前1時25分。   6:00 pm – 9:30 pm(ただし6:00–9:30 pm
  • 28 mm〜17mの範囲の波長
  • 5〜7〜5〜9ページ

負の値が含まれる場合、スペースのないダッシュは混乱を招く可能性があります。

  • -10–10ではなく-10から10(ただし、-10 – 10は、xy構造で一貫してフォーマットされたテーブルで機能する可能性があります
複合語では、接続がtovsand、またはbetweenで表される場合があります。

ここで、関係は、平行、対称、等しい、反対、または少なくとも別個の要素または独立した要素を含むと見なされます構成要素は、名詞、形容詞、動詞、またはその他の独立した品詞です。多くの場合、コンポーネントを逆にすると、意味の変化はほとんどありません。

  • ボーイフレンド-ガールフレンドの問題;   パリ-モンペリエルート;   ニューヨーク-ロサンゼルス便
  • 鉄とコバルトの相互作用; コンポーネントは並列で可逆的です。鉄とコバルトはそのアイデンティティを保持します
  • 間違った:鉄の屋根の小屋; 屋根を変更するので、ハイフンを使用します:鉄の屋根の小屋
  • 間違った:シンガーソングライター; 別々の人ではないので、ハイフンを使用してください:シンガーソングライター
  • 赤-緑の色覚異常; 赤と緑は別々の独立した色であり、混合されていません
  • 間違った例:藍藻; ブレンドされた中間色なので、ハイフンを使用します:藍藻
  • 51〜30勝。   12–0の完璧なシーズン。   22〜17の多数決; ただし、数字の代わりに単語を使用する場合は、綴りを優先します厄介な6対2ではなく、6対2の多数決です。紛らわしい順序の逆を避ける:17〜22の多数決[m]
  • 50〜50の合弁事業。   60〜40分割ここでは、除算を示すスラッシュ(ストローク)の使用は避けてください。
  • ウガンダ・タンザニア戦争;   ローマ・シリア戦争;   東西滑走路;   リンカーン・ダグラス論争;   炭素-炭素結合
  • ダイオード-トランジスタロジック;   アナログとデジタルの区別。   プッシュプル出力;   オンオフスイッチ
  • 設立促進-反知性同盟;   シンガポール–スマトラ–ジャワの航路
  • バレリーナの急速な歩行とダンスの移行;   男性と女性の身長比1.14

一般に、単一エンティティの複合固有名詞にはハイフンを使用します。

  • ギニアビサウ; ビサウはその首都であり、この名前は国を隣接するギニアと区別します
  • ウィルクス-バール、2人にちなんで名付けられた単一の都市、しかしミネアポリス-セントポール、2つの都市を含むエリア
  • ジョンレナードジョーンズ、2つの家族にちなんで名付けられた個人

別々の国の間のダッシュ; 多重国籍の人や物の場合は、形容詞としてハイフンを使用するか、名詞としてスペースを使用します。

  • 日系アメリカ人の貿易; しかし、日系アメリカ人のトレーダーの家族または日系アメリカ人の家族
  • イタリアとスイスの国境を越える; しかし、イタリア語を話すスイス人のためのイタリア語-スイス新聞
  • フランスとイギリスの競争;   フランスとイギリスの競争
  • 間違った例:フランコとイギリスの競争; Franco-結合形式であり、独立した単語ではないため、ハイフンを使用してください:Franco-British rivalry
  • 間違った例:オーストリア-ハンガリー; ハイフンでつながれたオーストリア=ハンガリー帝国は、1867年から1918年にかけて単一の管轄区域でした。

スラッシュまたはその他の代替手段は、特に技術的なコンテキストでは、比率を表すのに適している場合があります§スラッシュを参照

属性複合語の2つ以上のエンティティの名前には、ダッシュを使用します。

  • ザイフェルト・ファン・カンペンの定理;   アルファ・ベータ・ガモフ理論
  • Seeliger-Donker-Voetスキーム(SeeligerとDonker-Voetによって開発された)
  • ヘールボップ彗星または単にヘールボップ彗星(ヘールとボップによって発見された)

形容詞として使用されている場合でも、ハイフンでつながれた個人名にダッシュを使用しないでください。

  • ハイフン付きのレナードジョーンズポテンシャル:ジョンレナードジョーンズにちなんで名付けられました

上記の化合物のいずれにおいても、ダッシュの周りにスペースを使用しないでください。

ハイフンの代わりに、スペースまたはダッシュを含む複合語に接頭辞または接尾辞を適用する場合

上記の例のダッシュはスペースがありません。

カテゴリ名は、メインの記事に従います。たとえば、Category:Trans–NewGuinealanguagesただし、カテゴリ名に他の単語を合成する場合、原則は拡張されません。たとえば、Category:Tennis関連リストCategory:Tableテニス関連リストはどちらもハイフンを使用します。

リスト内のアイテムの一部を区切るには

スペース付きのダッシュは、リストアイテムの一部の間に使用されることがあります。例えば:

  • ジェームズゴールウェイ–フルート; アンネ=ゾフィー・ムター–ヴァイオリン; マウリツィオポリーニ–ピアノ。

また

  • 「未来」– 7:21
  • 「愛の治療法はない」– 6:17
  • 「BirdontheWire」– 6:14

その他の用途(ダッシュのみ)

エンダッシュ( - )文-punctuatingダッシュとしての使用を超えて、他の役割を持っている(すぐ上を参照)多くの場合、ハイフン§ハイフンを参照類似しており、エンダッシュよりも強力にコンポーネント結合しますまたはスラッシュ§スラッシュを参照変更します。これにより、選択肢がより明確に分離されます。どちらを使用するかを選択するときは、正確な意味を考慮してください。

その他の用途(ダッシュのみ)

インデントの下に帰属とき全角ダッシュは、名前や他のソースの前に使用することができるブロック引用このダッシュが完全に間隔を置いて配置されてはならないなど、詩、それが最良ですが、メタデータ、アクセシビリティへの理由毛空間名から、それを。[n]帰属関連のパラメータを持つウィキペディアの見積もりテンプレートのほとんどは、すでにこのフォーマットを提供しています。

たとえば、{{ IN5 }} - {{毛空間が}}シャーロット・ブロンテが生成されます。

     —シャーロット・ブロンテ

その他のダッシュ

emまたはenダッシュには、タイプライター近似または2つのハイフン(-などの他の代替を使用しないでください

負の符号または減算演算子の使用のためにU + 2212 - マイナス記号(HTML &#8722;  &minus;また、をクリックすることで生成することができます)、次のよう±挿入編集ウィンドウの下のツールバー。U + 2212は使用しないでください <math>タグ内で、文字が構文エラーを与えるため。代わりに、通常のハイフンU + 002Dを使用してください-

スラッシュ(ストローク)

一般に、2つの単語をスラッシュ(スラッシュ、ストローク、または固相線( / とも呼ばれます)で結合することは避けてください。これは、単語が方法を指定せずに関連していることを示唆しているためです。より明確な表現に置き換えます。

例:親/インストラクターは常に立ち会う必要があります。両方が存在する必要がありますか?(次に、親とインストラクターを作成します。)少なくとも1人が存在する必要がありますか?(次に、親またはインストラクターを書きます。)彼らは同じ人ですか?(ハイフンを使用します:親インストラクター。)

区別または論理和を伴う状況では、通常、スラッシュ(デジタル-アナログの区別よりもエンダッシュ(上記を参照)の方が適しています。

間隔のないスラッシュを使用できます。

  • 音素の 発音を示すためリベット/ ˈrɪvət /と発音されます);
  • 分数で(7/8、しかしウィキペディアで他のテクニックを参照してください:スタイル/日付と数字のマニュアル§分数と比率);
  • 暦年(例えば、一致していない通常の定義された年間の期間を示すために、2009/2010会計年度のそれは信頼性の高い情報源に使用される規則である場合、()を参照ウィキペディア:スタイル/日付と数字のマニュアル§長時間のためにさらなる説明);
  • スラッシュが従来使用されている形式で比率を表す(たとえば、株価収益率、または略してP / E比)。
  • ウィキペディアの外部で広く使用されている表現または略語でスラッシュが発生し、別の構造が不正確、なじみのない、またはあいまいな場合(w / oなど)。

間隔を空けたスラッシュを使用できます。

  • 引用された詩や歌の連続した行を区切る(生きるべきかどうか:それが問題です:/苦しむ心の中で気高いかどうか/とんでもない幸運のスリングと矢)、または引用された散文ではめったにありません、段落の区切りを注意深くマークすることがテキスト上重要な場合。
  • 少なくとも1つの内部スペース(NY31東/ NY 370出口を含むアイテムを分離するため。何らかの理由でスラッシュの使用が避けられない場合。

厄介な改行を避けるために、次のように、左側に改行なしスペース、右側に通常のスペースを使用して、間隔を空けたスラッシュ(および分数スラッシュ)をコーディングしますMy mama told me&nbsp;/ You better shop around短い構造の場合、両方のスペースが壊れないようにする必要がありますx&nbsp;/&nbsp;y一方、2つの長い単語がスペースのないスラッシュで接続されている場合、スラッシュの後に{{ wbr }}を追加すると、その時点で改行が可能になります。

スラッシュの代わりに円記号 \ )を使用しないでください

一般的なテキストで初等算術を表す場合は、スラッシュまたは分数スラッシュよりも除算演算子( ÷ )を使用します:10÷2 = 5より高度な数式では、括線またはスラッシュが推奨されます。またはX N / N ウィキペディア:スタイル/日付と数字のマニュアル§一般的な数学記号ヘルプ:数式の表示を参照)

および/または

書くこと、および/または他の構造が長くまたは厄介でない限り避けてくださいほとんどがトラウマおよび/または煙の吸入を持っていた代わりに、単にトラウマまたは煙の吸入を書いてください(これは通常、包括的であると解釈されます-または暗示するか、あるいはその両方です); または、強調または正確さ、あるいはその両方のために、トラウマまたは煙の吸入、あるいはその両方を書いてください。ここで、二つ以上の可能性の代わりに、存在するX、Y、及び/又は Zライト1個以上のX、Y、および Z又はX、Y、及びいくつかの又は全て のZ

番号(ポンド、ハッシュ)記号とnumero

Avoid using the # symbol (known as the number sign, hash sign, pound sign, or octothorpe) when referring to numbers or rankings. Instead write number, No. or Nos.; do not use the symbol . For example:

Incorrect: Her album reached #1 in the UK album charts.
Correct: Her album reached number one in the UK album charts.
Correct: Her album reached No. 1 in the UK album charts.
Correct: Her albums Foo and Bar reached Nos. 1 and 3.
Correct: Her albums Foo and Bar reached numbers one and three in the UK album charts.

An exception is issue numbers of comic books, which unlike for other periodicals are conventionally given in general text in the form #1, unless a volume is also given, in which case write volume two, number seven or Vol. 2, No. 7. Another exception are periodical publications carrying both, issue and number designations (typically one being a year-relative and the other an absolute value); they should be given in the form 2 #143 in citations, or be spelt out as Iss. 2, No. 143 in text. When using the abbreviations, write {{abbr|Vol.|Volume}}, {{abbr|Iss.|Issue}}, {{abbr|No.|Number}}, or {{abbr|Nos.|Numbers}}, at first occurrence.

Terminal punctuation

Spacing

In normal text, never put a space before a comma, semicolon, colon, period/full stop, question mark, or exclamation mark (even in quoted material; see § Typographic conformity).

Some editors type two spaces after a period/full stop; these are condensed to one when the page is rendered, so what the reader sees is not affected – see Sentence spacing.

Consecutive punctuation marks

Where a word or phrase that includes terminal punctuation ends a sentence, do not add a second terminal punctuation mark. If a quoted phrase or title ends in a question mark or exclamation mark, it may confuse readers as to the nature of the article sentence containing it, and so is usually better reworded to be mid-sentence. Where such a word or phrase occurs mid-sentence, new terminal punctuation (usually a period) must be added at the end.

Incorrect: Slovak returned to the Red Hot Chili Peppers in 1985 after growing tired of What Is This?.
Acceptable: Slovak returned to the Red Hot Chili Peppers in 1985 after growing tired of What Is This?
Better: Slovak, having grown tired of What Is This?, returned to the Red Hot Chili Peppers in 1985.
Incorrect: He made several films with Sammy Davis Jr..
Correct: He made several films with Sammy Davis Jr.

Punctuation and footnotes

Ref tags (<ref>...</ref>) are used to create footnotes (sometimes called endnotes or just notes), as citation footnotes and sometimes explanatory notes. All ref tags should immediately follow the text to which the footnote applies, with no intervening space.[o] Refs are placed after adjacent punctuation, not before (apart from the exceptions below). Adjacent ref tags should have no space between them, nor should there be any between ref tags and inline dispute/cleanup templates.

When ref tags are used, a footnote list must be added, and this is usually placed in the References section, near the end of the article in the standard appendices and footers.

  • Example: Flightless birds have a reduced keel,[10] and they also have smaller wing bones than flying birds of similar size.[11][12]

Exceptions: Ref tags are placed before dashes, not after. Where a footnote applies only to material within parentheses, the ref tags belong just before the closing parenthesis.

Punctuation after formulae

A sentence that ends with a formula should have terminal punctuation (period, exclamation mark, or question mark) after the formula. Within a sentence, place other punctuation (such as commas or colons) after the formula just as if the text were not a formula. See Wikipedia:Manual of Style/Mathematics § Punctuation after formulae.

Dates and time

For ranges of dates and times, see § En dashes: other uses.

Dates should be linked only when they are germane and topical to the subject, as discussed at Wikipedia:Manual of Style/Linking § Chronological items.

Time of day

Time of day is normally expressed in figures rather than being spelled out. Use context to determine whether to use the 12- or 24-hour.

  • Twelve-hour clock times are written in one of two forms: 11:15 a.m. and 2:30 p.m., or 11:15 am and 2:30 pm. Include a non-breaking space. Use noon and midnight rather than 12 pm and 12 am; it may need to be specified whether midnight refers to the start or end of a date.
  • Twenty-four-hour clock times are written in the form 08:15 and 22:55, with no suffix. Midnight written as 00:00 begins the day; 24:00 ends it.

Dates

Full dates are formatted 10 June 1921 or June 10, 1921; or where the year is omitted, use 10 June or June 10.

  • The dates in the text of any one article should all have the same format (day-first or month-first).
    • For date formats in citations, see Wikipedia:Citing sources § Citation style.
    • Dates in quotations and titles are always left as-is.
    • If a numerical format is required (e.g., for conciseness in lists and tables), use the YYYY-MM-DD format: 2005-04-03.
  • Articles on topics with strong ties to a particular English-speaking country should generally use the more common date format for that country (month-first for the US, except in military usage; day-first for most others; articles related to Canada may use either consistently). Otherwise, do not change an article from one date format to the other without good reason.

Months

  • For month and year, write June 1921, with no comma.
  • Abbreviations for months, such as Feb, are used only where space is extremely limited. Such abbreviations should use three letters only, and should not be followed by a period (full point) except at the end of a sentence.

Seasons

  • Avoid ambiguous references to seasons, which are different in the southern and northern hemispheres.
  • Names of seasons may be used when there is a logical connection to the event they are describing (the autumn harvest) or when referring to a phase of a natural yearly cycle (migration typically starts in mid-spring). Otherwise, neutral wording is usually preferable (He was elected in November 1992, not He was elected in the fall of 1992).
  • Journals and other publications that are issued seasonally (e.g., "Summer 2005") should be dated as such in citations (for more information, see Wikipedia:Citing sources § Seasonal publication dates and differing calendar systems).

Years and longer periods

  • Do not use the year before the digits (1995, not the year 1995), unless the meaning would otherwise be unclear.
  • Decades are written in the format the 1980s, with no apostrophe. Use the two-digit form ('80s) only with an established social or cultural meaning. Avoid forms such as the 1700s that could refer to ten or a hundred years.
  • Years are denoted by AD and BC or, equivalently, CE and BCE. Use only one system within an article, and do not change from one system to the other without good reason. The abbreviations are written without periods, and with a non-breaking space, as in 5 BC. Omit AD or CE unless omitting it would cause ambiguity.

More information on all the above topics can be found at Wikipedia:Manual of Style/Dates and numbers § Chronological items, including the handling of dates expressed in different calendars, and times corresponding to different time zones.

Current

The term "current"[f] should be avoided. What is current today may not be tomorrow; situations change over time. Instead, use date- and time-specific text. To help keep information updated use the {{As of}} template.

Incorrect: He is the current ambassador to ...
Correct: As of March 2011, he is the ambassador to ...

Numbers

  • Integers from zero to nine are spelled out in words. Integers greater than nine expressible in one or two words may be expressed either in numerals or in words. Other numbers are given in numerals or in forms such as 21 million. See MOS:NUM § Numbers as figures or words.
  • In general, use a comma in numbers with five or more digits to the left of the decimal point. Numbers with four digits are at the editor's discretion: 12,345, but either 1,000 or 1000. See MOS:NUM § Grouping of digits.
  • In general, use decimals rather than fractions for measurements, but fractions are sometimes used with imperial and U.S. customary units. Keep articles internally consistent.
  • Scientific notation (e.g., 5.8×107 kg) is preferred in scientific contexts. Markup: {{val|5.8|e=7|u=kg}}.
  • Write out "million" and "billion" on the first use. After that, unspaced "M" can be used for millions and "bn" for billions: 70M and 25bn. See MOS:NUM § Numbers as figures or words for similar words.
  • Write 3%, three percent, or three per cent, but not 3 % (with a space) or three %. "Percent" is American usage, and "per cent" is British usage (see § National varieties of English). In ranges of percentages written with an en dash, write only a single percent sign: 3–14%.
  • Indicate uncertainties as e.g., (1.534±0.35)×1023 m. Markup: {{val|1.534|0.35|e=23|u=m}}. See MOS:NUM § Uncertainty and rounding for other formats.

Currencies

  • Use the full abbreviation on first use (US$ for the US dollar and A$ for the Australian dollar), unless the currency is already clear from context. For example, the government of the United States always spends money in American dollars, and never in Canadian or Australian dollars.
  • Use only one symbol with ranges, as in $250–300.
  • In articles that are not specific to a country, express amounts of money in United States dollars, euros, or pounds sterling. Do not link the names or symbols of currencies that are commonly known to English-speakers ($, £, ), unless there is a particular reason to do so; do not use potentially ambiguous currency symbols, unless the meaning is clear in the context.
  • In country-specific articles, use the currency of the country. On first occurrence, consider including conversion to US dollars, euros, or pounds sterling, at a rate appropriate to the context. For example, Since 2001 the grant has been 10,000,000 Swedish kronor (€1.0M as of August 2009). Wording such as "approx." is not appropriate for simple rounding-off of the converted amount.
  • Generally, use the full name of a currency, and link it on its first appearance if English-speakers are likely to be unfamiliar with it (52 Nepalese rupees); subsequent occurrences can use the currency sign (just 88 Rs).
  • Most currency symbols are placed before the number, and unspaced ($123 not $ 123).

Units of measurement

  • The main unit in which a quantity is expressed should generally be an SI unit or non-SI unit officially accepted for use with the SI. However,
    • Scientific articles may also use specialist units appropriate for the branch of science in question.
    • In non-scientific articles with strong ties to the United States, the main unit is generally a U.S. customary unit (22 pounds (10 kg)).
    • In non-scientific articles with strong ties to the United Kingdom, although the main unit is generally a metric unit (10 kilograms (22 lb)), imperial units are still used as the main units in some contexts (7 miles (11 km) by road).
  • Where English-speaking countries use different units for the same measurement, provide a conversion in parentheses. Examples: the Mississippi River is 2,320 miles (3,734 km) long; the Murray River is 2,375 kilometres (1,476 mi) long. The {{convert}} template is useful for producing such expressions.
  • In a direct quotation, always retain the source's units. Any conversion should follow in square brackets (or, an obscure use of units can be explained in a footnote).
  • Where space is limited (such as tables, infoboxes, parenthetical notes, and mathematical formulas) unit symbols are preferred. In prose, unit names should be given in full if used only a few times but symbols may be used when a unit (especially one with a long name) is used repeatedly after spelling out the first use (e.g., Up to 15 kilograms of filler is used for a batch of 250 kg), except for unit names that are hardly ever spelled out (°C rather than degrees Celsius).
  • Most unit names are not capitalized (see § National varieties of English for spelling differences).
  • Use "per" when writing out a unit, rather than a slash: metre per second, not metre/second.
  • Units unfamiliar to general readers should be presented as a name–symbol pair on first use, linking the unit name (Energies were originally 2.3 megaelectronvolts (MeV), but were eventually 6 MeV).
  • For ranges, see § En dashes: other uses, and MOS:NUM, at §§ Date ranges, Percentages, Unit names and symbols, and Formatting of monetary values.
  • Unit symbols are preceded by figures, not by spelled-out numbers. Values and unit symbols are separated by a non-breaking space. For example, 5 min. The percent sign and units of degrees, minutes, and seconds for angles and coordinates are unspaced.

Common mathematical symbols

  • For a negative sign or subtraction operator, use a minus sign (, Unicode character U+2212 MINUS SIGN). Input by clicking on it in the insert box beneath the edit window or by typing &minus;.
  • For multiplication, use a multiplication sign (U+00D7 × MULTIPLICATION SIGN) or a dot (U+22C5 DOT OPERATOR), which are input by clicking on them in the edit toolbox under the edit window or by entering &times; or &sdot;. Care should be taken not to confuse the dot operator (in the "Math and logic" section of the edit toolbox) with an interpunct (in the "Insert" section of the edit toolbox) or a bullet. The letter x should not be used to indicate multiplication, but it is used (unspaced) as the substitute for "by" in terms such as 4x4.
  • Exponentiation is indicated by a superscript, an (typed as ''a''<sup>''n''</sup>.
  • Do not use programming language notation outside computer program text. In most programming languages, subtraction, multiplication, and exponentiation are represented by the hyphen-minus -, the asterisk *, and either the caret ^ or the double asterisk **; scientific notation is replaced by E notation.
  • Symbols for binary operators and relations are usually spaced on both sides:
    • plus, minus, and plus-or-minus (as binary operators): +, , ± (as in 5 − 3);
    • multiplication and division: ×, ÷;
    • equals, does not equal, equals approximately: =, , ;
    • is less than, is less than or equal to, is greater than, is greater than or equal to: <, , >, .
  • Symbols for unary operators are closed-up to their operand:
    • positive, negative, and positive-or-negative signs: +, , ± (as in −3);
    • other unary operators, such as the exclamation mark as a factorial sign (as in 5!).
  • Variables are italicized, but digits and punctuation are not; only x and y are italicized in 2(5x + y)2.
  • The {{math}} template can be used to style formulas in a serif font to help distinguish them from surrounding text. For single variables, {{mvar}} is also available.

Grammar and usage

Possessives

Singular nouns

For the possessive of singular nouns, including proper names and words ending in s, add 's (my daughter's achievement, my niece's wedding, Cortez's men, the boss's office, Illinois's largest employer, Descartes's philosophy, Verreaux's eagle). Exception: abstract nouns ending with an /s/ sound, when followed by sake (for goodness' sake, for his conscience' sake). If a name ending in s or z would be difficult to pronounce with 's added (Jesus's teachings), consider rewording (the teachings of Jesus).

Plural nouns

  • For a normal plural noun, ending with a pronounced s, form the possessive by adding just an apostrophe (my sons' wives, my nieces' weddings).
  • For a plural noun not ending with a pronounced s, add 's (women's careers, people's habits, mice's whiskers; The two Dumas's careers were controversial, but where rewording is an option, this may be better: The career of each Dumas was controversial).

Official names

Official names (of companies, organizations, or places) should not be altered. (St Thomas' Hospital should therefore not be rendered as St Thomas's Hospital or St. Thomas Hospital, even for consistency.)

First-person pronouns

To maintain an objective and impersonal encyclopedic voice, an article should never refer to its editors or readers using I, my, we, us, or similar forms: We note that some have argued against our proposal. But some such forms are acceptable in certain figurative uses. For example:

  • In historical articles to mean the modern world as a whole: Only portions of De re publica have come down to us.
  • The author's we found in scientific writing (We construct S as follows), though rephrasing to use passive voice may be preferable (S is constructed as follows).[p]

Second-person pronouns

Avoid addressing the reader using you or your, which sets an inappropriate tone (see also § Instructional and presumptuous language).

  • Use a noun or a third-person pronoun: instead of When you move past "Go", you collect $200, use A player passing "Go" collects $200, or When a player passes "Go", they collect $200.
  • If a person cannot be specified, or when implying "anyone" as a subject, the impersonal pronoun one may be used: a sense that one is being watched. Other constructions may be preferable if the pronoun one seems stilted: a person's sense of being watched.
  • The passive voice may sometimes be used instead:[p] Impurities are removed before bottling.
  • Do not bait links, e.g., "Click here for more information"; let the browser's normal highlighting invite a click. ("Click here" also makes no sense to someone reading on paper.)
  • Likewise, "See: (reference)" or "Consider ..." are milder second-person baits, common in academic writing (pedagogy). This interactive personality is inconsistent with an encyclopedia's passive presentation of objective matter.
    • "See" and the like can be used to internally cross-reference other Wikipedia material. Do not italicize words like "see". Such a cross reference should be parenthetical, so the article text stands alone if the parenthetical is removed. The {{Cross reference}} template can be used for this: {{Cross reference|(see [[Chicken]])}}, {{Cross reference|(See [[Dacian language]] for details.)}} It is usually better to rewrite the material to integrate these links contextually rather than use explicit Wikipedia self-references.
  • Do not address the reader with the Socratic method by asking and answering questions. Did Bacon write Shakespeare? Then who wrote Bacon?

Plurals

Use the appropriate plural; allow for cases (such as excursus or hanif) in which a word is now listed in major English dictionaries, and normally takes an s or es plural, not its original plural: two excursuses, not two excursus as in Latin; two hanifs, not two hunafa as in Arabic.

Some collective nouns – such as team (and proper names of them), army, company, crowd, fleet, government, majority, mess, number, pack, and party – may refer either to a single entity or to the members that compose it. In British English, such words are sometimes treated as singular, but more often treated as plural, according to context. Exceptionally, names of towns and countries usually take singular verbs (unless they are being used to refer to a team or company by that name, or when discussing actions of that entity's government). For example, in England are playing Germany tonight, England refers to a football team; but in England is the most populous country of the United Kingdom, it refers to the country. In North American English, these words (and the United States, for historical reasons) are almost invariably treated as singular; the major exception is when sports teams are referred to by nicknames, plural verbs are commonly used to match e.g., the Heat are playing the Lakers. See also § National varieties of English.

Verb tense

By default, write articles in the present tense, including those covering works of fiction (see Wikipedia:Writing better articles § Tense in fiction) and products or works that have been discontinued. However, articles about periodicals that are no longer being produced should normally, and with commonsense exceptions, use the past tense. Generally, do not use past tense except for past events, subjects that are dead or no longer meaningfully exist, or periodicals and similar written material that are no longer being produced.

  • The PDP-10 is a mainframe computer family manufactured by Digital Equipment Corporation from 1966 into the 1980s.
  • Earth: Final Conflict is a Canadian science fiction television series that ran for five seasons between October 6, 1997, and May 20, 2002.
  • The Gordon Riots of 1780 were ...
  • The Beatles were an English rock band that formed in Liverpool in 1960.
  • Barack Obama is a former president of the United States (not Barack Obama was a president of the United States).
  • Jumbo Comics was an adventure anthology comic book published by Fiction House from 1938 to 1953.
  • A Prairie Home Companion is a radio show that aired live from 1974 to 2016 (not A Prairie Home Companion was a radio show).
  • Flappy Bird is a mobile game developed by Vietnamese video game artist and programmer Dong Nguyen (not Flappy Bird was a mobile game).

Tense can be used to distinguish between current and former status of a subject: Dún Aonghasa is the ruin of a prehistoric Irish cliff fort. Its original shape was presumably oval or D-shaped, but parts of the cliff and fort have since collapsed into the sea. (Emphasis added to distinguish the different tense usages; Dún Aonghasa is a structure that was later damaged by an event.)

Vocabulary

Contractions

Avoid contractions, which have little place in formal writing. For example, write do not instead of don't. Use of o'clock is an exception. Contracted titles such as Dr. and St generally should not be used but may apply in some contexts (e.g., quoted material, place names, titles of works).

Gender-neutral language

Use gender-neutral language – avoiding the generic he and generic she, for example – where this can be done with clarity and precision. This does not apply to direct quotations or the titles of works (The Ascent of Man), which should not be altered, or to wording about one-gender contexts, such as an all-female school (When any student breaks that rule, she loses privileges).

References to space programs, past, present and future, should use gender-neutral phrasing: human spaceflight, robotic probe, uncrewed mission, crewed spacecraft, piloted, unpiloted, astronaut, cosmonaut, not manned or unmanned. Direct quotations and proper nouns that use gendered words should not be changed, like Manned Maneuvering Unit.

Ships may be referred to using either neuter forms ("it", "its") or feminine forms ("she", "her", "hers"). Either usage is acceptable, but each article should be internally consistent and employ one or the other exclusively. As with all optional styles, articles should not be changed from one style to another unless there is a substantial reason to do so. See Wikipedia:Manual of Style/Military history § Pronouns.

Contested vocabulary

Avoid words and phrases that give the impression of straining for formality, that are unnecessarily regional, or that are not widely accepted. See List of English words with disputed usage and Wikipedia:List of commonly misused English words; see also § Identity.

Instructional and presumptuous language

Avoid such phrases as remember that and note that, which address readers directly in an unencyclopedic tone and lean toward instructional. They are a subtle form of Wikipedia self-reference, "breaking the fourth wall". Similarly, phrases such as of course, naturally, obviously, clearly, and actually make presumptions about readers' knowledge, may express a viewpoint, and may call into question the reason for including the information in the first place. Do not tell readers that something is ironic, surprising, unexpected, amusing, coincidental, etc. Simply state the sourced facts and allow readers to draw their own conclusions. Such constructions can usually just be deleted, leaving behind proper sentences with a more academic and less pushy tone: Note that this was naturally subject to controversy in more conservative newspapers. becomes This was subject to controversy in more conservative newspapers.

Avoid rhetorical questions, especially in headings. Use a heading of Active listening and text such as The term active listening, coined in ..., not What is active listening?.

A neutral cross-reference is permissible – e.g., (see also Bulverism) – but it is usually better recast as a sentence with a link. Bulverism, also known as the psychogenetic fallacy, is a related logic flaw.

Subset terms

A subset term identifies a set of members of a larger class. Common subset terms are including, among, and etc. Avoid redundant subset terms (e.g., mis-constructions like Among the most well-known members of the fraternity are included two members of the Onassis family or The elements in stars include hydrogen, helium, etc.). The word including does not introduce a complete list; instead, use consisting of, or composed of.

Identity

When there is a discrepancy between the term most commonly used by reliable sources for a person or group and the term that person or group uses for themselves, use the term that is most commonly used by recent[f] reliable sources. If it is unclear which is most used, use the term that the person or group uses.

Disputes over how to refer to a person or group are addressed by Wikipedia content policies, such as those on verifiability, and neutral point of view (and article titles when the term appears in the title of an article).

Use specific terminology. For example, it is often more appropriate for people or things from Ethiopia (a country in Africa) to be described as Ethiopian, not carelessly (with the risk of stereotyping) as African.

Gender identity

Specific guidelines apply to any person whose gender might be questioned, and any living transgender or non-binary person. In summary:

  • Use gendered words only if they reflect the person's latest self-identification as reported in recent sources.
  • If the person is living and was not notable yet when a former name was in use, that name should not be included in any Wikipedia page, even in quotations, as a privacy matter. Exception: Do not expunge or replace names in source citations (whether as authors or mentioned in work titles).
  • Former names under which a living person was notable should be introduced with "born" or "formerly" in the lead sentence of their main biographical article. Name and gender matters should be explained at first appearance in that article, without overemphasis. In articles on works or other activities of such a person, use their current name by default, and give another name associated with that context in a parenthetical or footnote, only if they were notable under that name. In other articles, do not go into detail about such a person's name or gender except when directly relevant to the context.
  • Avoid confusing constructions by rewriting. Paraphrase, elide, or use square brackets to replace portions of quotations as needed to avoid confusion, former names, and mismatching gendered words.

For examples and finer points, see Wikipedia:Manual of Style/Biography § Gender identity.

Foreign terms

No common usage in English

Foreign terms should be used sparingly.

Use italics for phrases in other languages and for isolated foreign words that are not current in English. Where possible, this is best done with the {{lang}} template using the appropriate ISO language code, e.g., {{lang|es|casa}}. There are alternatives to the {{lang}} template which also provide additional information about a foreign word or phrase, such as a link to the language name; see Category:Wikipedia multilingual support templates. The {{lang}} template and related templates automatically italicize text for Latin-alphabet scripts, so do not add separate italics markup around or within them. Non-Latin-based scripts like Chinese should not be italicized, since it is already obvious the material cannot be English, and some such scripts do not support italicization.

Common usage in English

Loanwords and borrowed phrases that have common usage in English – Gestapo, samurai, vice versa – do not require italics. A rule of thumb is to not italicize words that appear unitalicized in major general-purpose English-language dictionaries.

Spelling and romanization

Names not originally written in one of the Latin-script alphabets (written for example in Greek, Cyrillic, or Chinese scripts) must be given a romanized form for use in English. Use a systematically transliterated or otherwise romanized name (Aleksandr Tymoczko, Wang Yanhong); but if there is a more common English form of the name (Tchaikovsky, Chiang Kai-shek), use that form instead.

The use of diacritics (such as accent marks) for foreign words is neither encouraged nor discouraged; their usage depends on whether they appear in verifiable reliable sources in English, and on the constraints imposed by specialized Wikipedia guidelines. Provide redirects from alternative forms that use or exclude diacritics.

Proper names in languages which use the Latin alphabet can include characters with diacritics, ligatures, and others that are not commonly used in present-day English. Wikipedia normally retains these special characters, except where there is a well-established English spelling that replaces them with English standard letters. Examples:

  • The name of the article on Hungarian mathematician Paul Erdős is spelt with the double acute accent, and the alternative spellings Paul Erdos and Paul Erdös redirect to that article.
  • Similarly, the name of the article on the Nordic god Ægir is so spelt, with redirects from the ligature-free form Aegir and the Swedish spelling Ägir.
  • However, the Spanish region named Aragón in Spanish and Aragó in Catalan is given as Aragon, without the accent, as this is the established English name (the non-English names appear, with their diacritics, in its lead section).

Such matters are determined on a topic-by-topic basis; a small group of editors cannot "prohibit" or "require" diacritics across a category of articles.[q]

Spell a name consistently in the title and the text of an article. (Relevant policy: Wikipedia:Article titles; see also Wikipedia:Naming conventions (use English).) For a foreign name, phrase, or word, adopt the spelling most commonly used in English-language reliable sources, including but not limited to those already cited in the article.[r] For punctuation of compounded forms, see relevant guidelines in § Punctuation.

A non-English proper name should generally not be italicized, unless it would be for some other reason; this is most commonly when it is the title of a major published work, as in Les Liaisons dangereuses; or when it is being compared in a words-as-words manner to another name for the same subject, e.g., Nuremberg (German: Nürnberg). When the name should not be italicized, language markup can still be used to ensure proper pronunciation in screen readers, with the |italic=unset parameter: {{lang|de|italic=unset|Nürnberg}}.

Sometimes usage will be influenced by other guidelines, such as § National varieties of English, which may lead to different choices in different articles.

Other non-English concerns

Technical language

Some topics are intrinsically technical, but editors should try to make them understandable to as many readers as possible. Minimize jargon, or at least explain it or tag it using {{Technical}} or {{Technical-statement}} for other editors to fix. For unavoidably technical articles, a separate introductory article (like Introduction to general relativity) may be the best solution. Avoid excessive wikilinking (linking within Wikipedia) as a substitute for parenthetic explanations such as the one in this sentence. Do not introduce new and specialized words simply to teach them to the reader when more common alternatives will do. When the notions named by jargon are too complex to explain concisely in a few parenthetical words, write one level down. For example, consider adding a brief background section with {{main}} tags pointing to the full treatment article(s) of the prerequisite notions; this approach is practical only when the prerequisite concepts are central to the exposition of the article's main topic and when such prerequisites are not too numerous. Short articles, such as stubs, generally do not have such sections.

For italicization and other markup of introduced terms, see: Wikipedia:Manual of Style/Text formatting § Words as words.

Geographical items

Geographical or place names are the nouns used to refer to specific places and geographic features. These names often give rise to conflict, because the same places are called different things by different peoples speaking different languages. Many place names have a historical context that should be preserved, but common sense should prevail. There can be few places that have not been parts of more than one culture or have had only one name. As proper nouns, all such place names (but not terms for types of places) have major words capitalized.

A place should generally be referred to consistently by the same name as in the title of its article (see Wikipedia:Naming conventions (geographic names)). An exception may be made when there is a widely accepted historical English name appropriate to the given context. In cases where such a historical name is used, it should be followed by the modern[f] name in round brackets (parentheses) on the first occurrence of the name in applicable sections of the article. This resembles linking; it should not be done to the detriment of style. On the other hand, it is probably better to provide such a variant too often than too rarely. If more than one historical name is applicable for a given context, the other names should be added after the modern English name, that is: "historical name (modern name, other historical names)".

This is an English-language encyclopedia, so established English names are preferred if they exist, and spellings in non-English alphabets should always be transcribed into the Roman alphabet. In general, other articles should refer to places by the names which are used in the articles on those places, according to the rules described at Wikipedia:Naming conventions (geographic names). If a different name is appropriate in a given historical or other context, then that may be used instead, although it is normal to follow the first occurrence of such a name with the standard modern name in parentheses.

At the start of an article, provide notable equivalent names from other languages, including transcriptions where necessary:

Cologne (German: Köln, IPA: [kœln]) is the ...
Mount Fuji (富士山 Fuji-san, IPA: [ɸuʥisaɴ]) is the ...

Names in languages with no particular present-day or historical ties to the place in question (English excepted, of course) should not be listed as alternatives.

Avoid anachronism. An article about Junípero Serra should say he lived in Alta Mexico not in California because the latter entity did not yet exist in Serra's time. The Romans invaded Gaul, not France, and Thabo Mbeki was the president of the Republic of South Africa, not of the Cape Colony. To be clear, you may sometimes need to mention the current name of the area (for example "in what is now France"), especially if no English name exists for that area in the relevant historical period.

Media files

Images

  • Each image should be inside the level 2 section to which it relates, within the section defined by the most recent ==Heading== delimited by two equal signs, or at the top of the lead section. Do not place images immediately above section headings.
  • Avoid sandwiching text horizontally between two images that face each other, and between an image and an infobox or similar.
  • It is often preferable to place images of people so they "look" toward the text. Do not achieve this by reversing the image.
  • Any galleries should comply with Wikipedia:Image use policy § Image galleries. Consider linking to additional images on Commons instead.
  • Avoid referring to images as being to the left, the right, above or below, because image placement varies with platform, and is meaningless to people using screen readers; instead, use captions to identify images.
  • An image's |alt= text takes the image's place for those who are unable to see the image. See Wikipedia:Manual of Style/Accessibility/Alternative text for images.

Other media files

Other media files include video and audio files. Style recommendations for such files largely follow recommendations for image files (as far as applicable).

Avoid using images to convey text

Textual information should almost always be entered as text rather than as an image. True text can be colored and adjusted with CSS tags and templates, but text in images cannot be. Images are not searchable, are slower to download, and are unlikely to be read as text by devices for the visually impaired. Any important textual information in an image should also appear in the image's alt text, caption, or other nearby text.

For entering textual information as audio, see Wikipedia:WikiProject Spoken Wikipedia.

Captions

Photographs and other graphics should have captions, unless they are unambiguous depictions of the subject of the article or when they are "self-captioning" images (such as reproductions of album or book covers). In a biography article no caption is necessary for a portrait of the subject pictured alone, but one might be used to give the year, the subject's age, or other circumstances of the portrait along with the name of the subject.

Formatting of captions

  • Captions normally start with a capital letter.[a]
  • Most captions are not complete sentences but merely sentence fragments which should not end with a period. However, if any complete sentence occurs in a caption, then every sentence and every sentence fragment in that caption should end with a period.
  • The text of captions should not be specially formatted, except in ways that would apply if it occurred in the main text (e.g., italics for the Latin name of a species).
  • Captions should be succinct; more information can be included on its description page, or in the main text.
  • Captions for technical charts and diagrams may need to be substantially longer than usual; they should fully describe all elements of the image and indicate its significance.

Bulleted and numbered lists

  • Do not use lists if a passage is read easily as plain paragraphs.
  • Use proper wiki markup- or template-based list code (see Wikipedia:Manual of Style/Lists and Help:List).
  • Do not leave blank lines between items in a bulleted or numbered list unless there is a reason to do so, since this causes the Wiki software to interpret each item as beginning a new list.
    • Indents (such as this) are permitted if the elements are "child" items.
  • Use numbers rather than bullets only if:
    • a need to refer to the elements by number may arise;
    • the sequence of the items is critical; or
    • the numbering has some independent meaning, for example in a listing of musical tracks.
  • Use the same grammatical form for all elements in a list, and do not mix sentences and sentence fragments as elements, for example when the elements are:
    • complete sentences – each one is formatted with sentence case (its first letter is capitalized) and a final period (full point);
    • sentence fragments – the list is typically introduced by an introductory fragment ending with a colon;
    • titles of works – they retain the original capitalization of the titles;
    • other elements – they are formatted consistently in either sentence case or lower case.

Links

Wikilinks

Make links only where they are relevant and helpful in the context: Excessive use of hyperlinks can be distracting and may slow the reader down. Redundant links (like the one in the tallest people on Earth) clutter the page and make future maintenance harder. High-value links that are worth pursuing should stand out clearly.

Linking to sections: A hash sign (#) followed by the appropriate heading will lead to a relevant part of a page. For example, [[Apostrophe#Use in non-English names]] links to a particular section of the article Apostrophe.

Initial capitalization: Wikipedia's MediaWiki software does not require that wikilinks begin with an upper-case character. Capitalize the first letter only where this is naturally called for, or when specifically referring to the linked article by its name: Snakes are often venomous, but lizards only rarely (see Poison).

Check links: Ensure the destination is the intended one; many dictionary words lead to disambiguation pages and not to complete or well-chosen articles.

External links

External links should not normally be used in the body of an article. Instead, articles can include an External links section at the end, pointing to further information outside Wikipedia as distinct from citing sources. The standard format is a primary heading, ==External links==, followed by a bulleted list of links. Identify the link and briefly indicate its relevance to the article. For example:

  • * [https://history.nih.gov/exhibits/history/index.html History of NIH]
  • * [https://nih.gov/ National Institutes of Health homepage]

These will appear as:

Where appropriate, use external link templates such as {{Official website}} and {{URL}}.

Add external links with discretion; Wikipedia is not a link repository.

Miscellaneous

Keep markup simple

Other things being equal, keep markup simple. This makes wikitext easier to understand and edit, and the results seen by the reader more predictable. Use HTML and CSS markup sparingly.

In general, wikitext formatting is considered easier to use than HTML and wikitext is preferred if there are equivalents; see Help:HTML in wikitext. Obsolete elements and attributes should be updated or removed. There are many templates that allow HTML markup to be used without putting it in articles directly, such as {{em}} (see MOS:EMPHASIS) and {{strong}} (see MOS:BOLD).

An HTML character entity is sometimes better than the equivalent Unicode character, which may be difficult to identify in edit mode; for example, &Alpha; is explicit whereas Α (the upper-case form of Greek α) may be misidentified as the Latin A.

Formatting issues

Modifications in font size, blank space, and color (see § Color coding) are an issue for the Wikipedia site-wide style sheet and should be reserved for special cases only.

Typically, the use of custom font styles will:

  • reduce consistency, since the text will no longer look uniform;
  • reduce usability, since it might be impossible for people with custom style sheets (for accessibility reasons, for example) to override it, and it might clash with a different skin or inconvenience people with color blindness (see below); and
  • cause disputes, since other editors may disagree aesthetically with the choice of style.

Specify font sizes relatively (for example with font-size: 85%) rather than absolutely (like font-size: 8pt). The resulting font size of any text should not drop below 85% of the page's default font size.

Color coding

Do not use color alone to mark differences in text: they may be invisible to people with color blindness and useless in black-and-white printouts or displays.

Choose colors that are distinguishable by readers with the most common form of colorblindness, such as maroon and teal, and additionally mark the differences with change of font or some other means (maroon and alternative font face, teal). Avoid low contrast between text and background colors. See also color coding.

Even for readers with unimpaired color vision, excessive background shading of table entries impedes readability and recognition of Wikilinks. Background color should be used only as a supplementary visual cue and should be subtle (consider using lighter, less-dominant pastel hues) rather than glaring.

Indentation

Do not abuse block quotation markup to indent non-quotations. Various templates are available for indentation, including {{block indent}} and (for inline use) {{in5}}.

Avoid : (description list markup) for simple visual indentation in articles (common as it may be on talk pages). It causes accessibility problems and outputs invalid HTML. See Wikipedia:Manual of Style/Accessibility § Indentation for alternatives.

Controlling line breaks

It is sometimes desirable to force a text segment to appear entirely on a single line‍—‌that is, to prevent a line break (line wrap) from occurring anywhere within it.

  • A non-breaking space (or hard space) will never be used as a line-break point. Markup: for 19 kg, code 19&nbsp;kg or 19{{nbsp}}kg.
  • Or use {{nowrap}}, {{nobreak}}, or {{nobr}} (all equivalent). Markup: for 5° 24′ N code {{nobr|5° 24′ N}}.

It is desirable to prevent line breaks where breaking across lines might be confusing or awkward. For example:

Whether a non-breaking space is appropriate depends on context: whereas it is appropriate to use 12{{nbsp}}MB in prose, it may be counterproductive in a table (where an unattractive break may be acceptable to conserve precious horizontal space) and unnecessary in a short parameter value in an infobox (where a break would never occur anyway).

A line break may occur at a thin space (&thinsp;, or {{thinsp}}), which is sometimes used to correct too-close placement of adjacent characters. To prevent this, consider using {{nobr}}.

Insert non-breaking and thin spaces as named character reference (&nbsp; or &thinsp;), or as templates that generate these ({{nbsp}}, {{thinsp}}), and never by entering them directly into the edit window from the keyboard – they are visually indistinguishable from regular spaces, and later editors will be unable to see what they are. Inside wikilinks, a construction such as [[World War&nbsp;II]] works but [[World War{{nbsp}}II]] doesn't.

Scrolling lists and collapsible content

Scrolling lists, and collapsible templates that toggle text display between hide and show, can interfere with readers' ability to access our content. Such mechanisms are not to be used to conceal "spoiler" information. Templates are not normally used to store article text at all, as it interferes with editors' ability to find and edit it.

When such features are used, take care that the content will still be accessible on devices that do not support JavaScript or CSS, and to the greater than 60% of Wikipedia readers who use the mobile version of the site,[s] which has a limited set of features. Mobile ability to access the content in question is easy to test with the "Mobile view" link at the bottom of each page.[t]

Collapsible templates should not conceal article content by default upon page loading. This includes reference lists, tables and lists of article content, image galleries, and image captions. In particular, while some templates support a collapsible parameter or manually-added CSS class, and this is permissible, the collapsed, mw-collapsed, and autocollapse states should not be used in articles to pre-emptively force the closure of these elements, except as noted below. Any information hidden in this way when the page loads will be irreversibly invisible to the aforementioned classes of users, as well as a growing number of low-bandwidth users in Asia who reach a Wikipedia article via Google.[u] Several other CSS classes, used manually or by templates, will render content inaccessible to mobile users.[v]

Collapsed or auto-collapsing cells or sections may be used with tables if it simply repeats information covered in the main text (or is purely supplementary, e.g., several past years of statistics in collapsed tables for comparison with a table of uncollapsed current stats). Auto-collapsing is often a feature of navboxes. A few infoboxes also use pre-collapsed sections for infrequently accessed details. If information in a list, infobox, or other non-navigational content seems extraneous or trivial enough to inspire pre-collapsing it, consider raising a discussion on the article (or template) talk page about whether it should be included at all. If the information is important and the concern is article density or length, consider dividing the article into more sections, integrating unnecessarily list-formatted information into the article prose, or splitting the article.

Invisible comments

Editors use "invisible" comments – not shown in the rendered page seen by readers of the article, but visible in the wiki source when an editor opens the article for editing – to communicate with one another.

Invisible comments are useful for alerting other editors to issues such as common mistakes that regularly occur in the article, a section title's being the target of an incoming link, or pointing to a discussion that established a consensus relating to the article. They should not be used to instruct other editors not to perform certain edits, although where existing local consensus is against making such an edit, they may usefully draw the editor's attention to that. Avoid adding too many invisible comments because they can clutter the wiki source for other editors. Check that your invisible comment does not change the formatting, for example by introducing unwanted white space in the rendered page.

To leave an invisible comment, enclose the text you intend to be read only by editors between <!-- and -->. For example:

  • <!-- If you change this section title, also change the links to it on the pages .... -->
  • <!-- When adding table entries, remember to update the total given in the text. -->

This notation can be inserted with a single click in wiki markup, just under the edit pane in edit mode.

Pronunciation

Pronunciation in Wikipedia is indicated in the International Phonetic Alphabet (IPA). In most situations, for ease of understanding by the majority of readers and across variants of the language, quite broad IPA transcriptions are best for English pronunciations. See Help:IPA/English and Help:IPA (general) for keys, and {{IPA}} for templates that link to these keys. For English pronunciations, pronunciation respellings may be used in addition to the IPA.

See also

Guidance

Tools

Other community standards

Guidelines within the Manual of Style

(Links to policy and guidelines on specific questions)

Names

Notes

  1. ^ a b c d Wikipedia uses sentence case for sentences, article titles, section titles, table headers, image captions, list entries (in most cases), and entries in infoboxes and similar templates, among other things. Any MoS guidance about the start of a sentence applies to items using sentence case.
  2. ^ Phrases such as In early life are acceptable (though not required) as section headings. They are also used frequently as part of longer article titles Piracy in the Caribbean, especially when a shorter construction (Caribbean piracy) may have ambiguity issues.
  3. ^ a b c Curly quotation marks and apostrophes are deprecated on the English Wikipedia because:
    • Consistency keeps searches predictable. Though most browsers treat curly and straight quotation marks interchangeably, Internet Explorer does not (as of 2016), so a search for Alzheimer's disease will fail to find Alzheimer’s disease and vice versa.
    • Straight quotation marks and apostrophes are easier to type reliably on most platforms.
  4. ^ The top-level heading is used only in the auto-generated page title.
  5. ^ A comment outside the == == but on the same line may cause the section-editing link to fail to appear at all; in other browsers, it may appear, but using it will cause the section heading to not automatically be added to the edit summary.
  6. ^ a b c d e f g In MoS's own wording, "recent", "current", "modern", and "contemporary" in reference to sources and usage should usually be interpreted as referring to reliable material published within the last forty years or so. In the consideration of name changes of persons and organizations, focus on sources from the last few years. For broader English-language usage matters, about forty years is typical. While style guides with fewer than five years in print have not been in publication long enough to have had as much real-world impact as those from around 2000–2015 (on which MoS is primarily based), the corpora used for Google ngrams are updated through 2019, and we frequently rely on what they indicate from the late 20th century and onward.
  7. ^ There are some rare additional exceptions to capitalization of eponyms, in which a term has been strongly conventionalized in lower-case, i.e., is preferred that way in a majority of major English-language dictionaries. For example, parkinsonian describes a patient exhibiting symptoms of Parkinson's disease. Linguistics/orthography use of the terms latinize, romanize, and anglicize are increasingly lower-case, and italic[s] in typography always is.
  8. ^ Breeds guideline added per a December 2018 RfC. "Standardized breed" doesn't have a perfectly clear meaning, but does encompass any breed subject to the breed standard or studbook of a notable breeder/fancier organization. Various other groupings of domesticated animals are not standardized breeds: ancient historical varieties, breed groups, feral populations, landraces, and crossbreeds or hybrids that no major organizations recognize as breeds. Many often are not notable anyway.
  9. ^ "Quoted text" for typographic conformity and many other purposes includes titles of works, names of organizations, and other strings that are, in essence, quoted. Example: things like "Mexican-American War" are routinely corrected to "Mexican–American War" on Wikipedia, including in titles of cited sources. This has no effect on searching for the works we have cited, since all major search engines disregard punctuation marks.
  10. ^ Double quotation marks are preferred to single because:
    • They are immediately distinguishable from apostrophes:
      • She wrote that 'Cleanthes' differs from the others', but neither opinion may represent Hume's' (slows the reader down).
      • She wrote that "Cleanthes' differs from the others', but neither opinion may represent Hume's" (clearer).
    • Most browsers distinguish single and double quotation marks. Searches for "must see" attractions may fail to find 'must see' attractions.
  11. ^ "Series title italicized" is using series to mean the entire show as a whole. A season (also called a series in British English) with its own title uses quotation marks for that title, as a sub-work.
  12. ^ Specifically, compound attributives, which are modifiers of a noun that occur within the noun phrase. (See English compound § Hyphenated compound modifiers.)
  13. ^ It is not logically possible to have a "12–35 victory", except in a game where a lower score is better. Otherwise, use a construction like Clovis beat Portales, 35–12, or Jameson lost the election, 2345 votes to 6789, to Garcia, with parties, result, and number order in logical agreement.
  14. ^ The hair space should be done as {{hair space}} because the actual Unicode character ( ) is almost invisible, the meaning of the numerical HTML entity (&#8202;) is a bit obscure, and the named HTML entity "&hairsp;" is not standard and not supported in many browsers.
  15. ^ A <ref>...</ref> tag can be spaced apart from the preceding content by a hair space in the unusual case that the results of not spacing could be visually confusing, such as when a citation immediately follows an exponent.
  16. ^ a b The passive voice is often advised against in many forms of writing, but is used frequently in encyclopedic material, where its careful use avoids inappropriate first- and second-person constructions, as well as tone problems. Passive voice should still be avoided when it is not needed; write Germany invaded Poland in 1939, not Poland was invaded by Germany in 1939. The most common uses of encyclopedic passive are to keep the focus on the subject instead of performing a news-style shift to dwelling on a non-notable party; and to avoid leaping to certain-sounding conclusions from uncertain facts. Contrast The break-in was reported to police the next morning, versus Assistant manager Peggy Plimpton-Chan reported the break-in to police the next morning. Compare also There were no witnesses, but O'Neil was convicted of shooting the guard, and Sklarov of driving the getaway car, and There were no witnesses, but O'Neil shot the guard, and Sklarov drove the getaway car.
  17. ^ See: near-unanimous RfC; repeated deletion at Wikipedia:Miscellany for deletion of an anti-diacritics "wikiproject", [1]; the policy Wikipedia:Consensus § Levels of consensus; and the Wikipedia:Arbitration Committee's standardized statements of principles on such matters.
  18. ^ Reputable English-language encyclopedias and dictionaries in the aggregate are often helpful in determining the most widely accepted spelling of a place name, loanwords, etc. It may also help (within limits) to compare search results from the Google Scholar journal index, for topics likely to be covered in peer-reviewed academic papers.
  19. ^ See Template:Navbox visibility.
  20. ^ The "Mobile sidebar preview" tool near the bottom of Special:Preferences#mw-prefsection-gadgets permits live preview. The "Mobile view" page-bottom feature shows the article only as it currently exists; if using that, and considering a change that could have mobile accessibility implications, please save the change first in a user sandbox and test the mobile version of that. A page's mobile version can also be accessed by changing the en.wikipedia.org in the address bar to en.m.wikipedia.org and loading that version of the URL. Note also that viewing the normal "desktop" version of the website on a mobile device is not viewing the mobile version of the site, though (depending on mobile browser and what transcoding it is doing) this may be a worthwhile test for some broader accessibility matters, especially on tablets, which do not always use the mobile version of Wikipedia.
  21. ^ As noted, CSS and JavaScript support are required to operate the show/hide toggle. Moreover, hidden content is not available in the mobile version of Wikipedia even on devices that have that support, because the mobile version's servers strip that content out before sending the page. In 2016, Google launched a Google User Content service that, like the earlier Google Lite and Google Web Transcoder, strips hidden material from pages when they are accessed through Google searches, before content is delivered to users with slow connections. The service has already been deployed in India (where English is a major language) and Indonesia, with additional national markets planned for 2016 and forward. These services also completely strip out navboxes.[8]
  22. ^ Applying, or using a template that applies, any of the following CSS classes will cause the affected content to be inaccessible to mobile users, and this list may not be exhaustive: navbox, mbox-image, vertical-navbox, nomobile are from wgMFRemovableClasses. No top icons are displayed, so topicon is missing.

References

  1. ^ This is a matter of policy at Wikipedia:Consensus § Level of consensus: "Consensus among a limited group of editors, at one place and time, cannot override community consensus on a wider scale. For instance, unless they can convince the broader community that such action is right, participants in a wikiproject cannot decide that a Wikipedia policy or guideline does not apply to articles within its scope." And: "Wikipedia has a higher standard of participation and consensus for changes to policies and guidelines than to other types of pages." Subordinate pages include MoS detail pages, style essays, and the Simplified Manual of Style.
  2. ^ a b These matters have been addressed in rulings of ArbCom in 2005, 2006, 2009, and 2015.
  3. ^ See ArbCom decisions in June 2005, November 2005, and 2006
  4. ^ See 2017 ArbCom decision, and Wikipedia:AutoWikiBrowser § Rules of use; bot-like editing that continues despite objections or that introduces errors may lead to a block and to revocation of semi-automated tools privileges.
  5. ^ "T134423 Deprecate nonstandard behavior of self-closed HTML tags in wikitext". phabricator.wikimedia.org. Retrieved 2019-09-25.
  6. ^ Ishida, Richard (2015). "Using b and i elements". W3C Internationalization. World Wide Web Consortium. Retrieved 1 September 2016. […] the content of a b element may not always be bold, and that of an i element may not always be italic.
  7. ^ A change from a general preference for two digits, to a general preference for four digits, on the right side of year–year ranges was implemented in July 2016 per this RFC. For more information see Wikipedia:Manual of Style/Dates and numbers § Ranges.
  8. ^ "Google Launches Streamlined Lite Version Of Mobile Search Interface For Slower Connections", Search Engine Land
    "Google Testing Faster & Lightweight Mobile Search & Optimizing Your Web Page For Slow Connections", Search Engine Land

Further reading

External style guides

Wikipedians are encouraged to familiarize themselves with modern editions of other guides to style and usage, which may cover details not included here. Those that have most influenced the Wikipedia Manual of Style are:

For additional reference works, see notable entries at Style guide and Dictionary § Major English dictionaries.