ウィキペディア:カスタマイズ

ウィキペディアから、無料の百科事典
ナビゲーションにジャンプ 検索にジャンプ

ウィキペディアのカスタマイズにより、登録ユーザーはユーザーの好みに応じてウィキペディアのユーザーエクスペリエンスを調整できますユーザーのカスタマイズは、ウィキペディアのユーザー自身のエクスペリエンスにのみ影響します。他の人の読書や編集の経験には影響しません。ウィキペディアのエクスペリエンスをカスタマイズできるのは登録ユーザーのみであり、カスタマイズはユーザーがログインしている場合にのみ表示されます。

特に、登録ユーザーは、ディスカッション(トーク)ページにコメントを投稿するときに、署名の外観をカスタマイズできます。これらの署名のカスタマイズは、ウィキペディアのすべてのユーザーに表示されます。

ユーザー名と署名

ユーザーは、投稿したすべての記事の編集履歴に表示され、ユーザーページとトークページにリンクされます。ウィキペディアに最初に登録するときに名前を選択します。ユーザー名の変更を要求することは可能ですが、プロジェクトに参加している間は通常同じ名前のままです。

トークページの投稿には常に署名する必要があります署名は、ページに~~~~を配置したときにタイムスタンプの前に表示されるテキストです。署名は、 「ユーザープロファイル」の下の「私の設定」を使用してカスタマイズされます。署名をカスタマイズするとき は、これらのガイドラインを考慮してください。

任意のウィキテキストを署名として使用できます([上記をウィキマークアップとして扱う]チェックボックスをオンにするだけです)。「上記をウィキマークアップとして扱う」がチェックされていない場合、ソフトウェアはこれをニックネームとして扱い、署名「[[User:Name | Nickname]]([[User talk:Name | talk]])」を作成します。 :

ニックネームトーク

何か問題が発生して署名が機能しなくなった場合は、Wikipedia:署名を修正する方法を参照してください。

環境設定

ログインした編集者に表示される設定リンクを使用すると、多数のオプションを変更できます。11個のタブ(ユーザープロファイル、数学、編集など)があり、そのうちの2つはさらに説明する価値があります。[スキン]タブと[ガジェット]タブです。

スキン

MediaWikiスキンはページ表示のスタイルです。システムが生成するHTMLコードには違いがあり(ただし、おそらくページ本体にはありません)、異なるスタイルシート(CSS)も使用されます。

デフォルトはVectorスキンです。を閲覧するために利用できるさまざまなユーザー作成のスキンがあります。

特別なページのマイプリファレンスは、メインページのさまざまなスキンのプレビューを提供しますこれは一般的な記事では必ずしも興味深いものではないため、このページのプレビューのリストは次のとおりです。

title=Wikipedia:Customisation他のページをテストするには、URLのページ名を置き換えます。最新のブラウザの場合、デフォルトでvectorはさまざまなユーザーのカスタマイズが可能です。

さまざまなスキンの生のCSSとJSをリンクする表を次に示します。ヘルプ: Wikipedia:Common.jsおよびcommon.cssユーザースタイルも参照してください。

デフォルトのCSS デフォルトのJS パーソナルCSS パーソナルJS
ユーザーの現在のスキンにリダイレクトします ユーザー:<ユーザー名> /skin.css ユーザー:<ユーザー名> /skin.js
共通(すべてのスキン) MediaWiki:Common.css [1] MediaWiki:Common.js [2] ユーザー:<ユーザー名> /common.css ユーザー:<ユーザー名> /common.js
MinervaNeue MediaWiki:Minerva.css [3] MediaWiki:Minerva.js [4] ユーザー:<ユーザー名> /minerva.css ユーザー:<ユーザー名> /minerva.js
モダン MediaWiki:Modern.css [5] MediaWiki:Modern.js [6] ユーザー:<ユーザー名> /modern.css ユーザー:<ユーザー名> /modern.js
MonoBook(古いデフォルト) MediaWiki:Monobook.css [7] MediaWiki:Common.js [8] ユーザー:<ユーザー名> /monobook.css ユーザー:<ユーザー名> /monobook.js
ベクトル(現在のデフォルト) MediaWiki:Vector.css [9] MediaWiki:Vector.js [10] ユーザー:<ユーザー名> /vector.css ユーザー:<ユーザー名> /vector.js
タイムレス MediaWiki:Timeless.css [11] MediaWiki:Timeless.js [12] ユーザー:<ユーザー名> /timeless.css ユーザー:<ユーザー名> /timeless.js

これらのページはスキンにちなんで名付けられています。個人のスキンファイル名は、正しく機能するためにすべて小文字でスペースを入れずに記述する必要がありますが、デフォルトのスキンファイルの最初の文字は大文字です。

selectkinテンプレート

ページに{{ selectskin }}を配置すると、異なるスキンを簡単に切り替えるためのリンクが追加されます。これはテストページを対象としていますが、記事(または記事の名前空間内の他のページ)を対象としていません。以下は、テンプレートの出力の例です。

MinervaNeue(モバイル)  MonoBook  タイムレス  ベクターレガシー(2010)  新しいベクターレガシー(2010)

ガジェット

特別ページの[マイプリファレンス]には、アカウントで有効にできるカスタム機能のリストが記載された[ガジェット]タブがあります。これらのガジェットでは、ブラウザでJavaScriptを有効にする必要があります。これらのツールはコアMediaWikiソフトウェアの一部ではなく、通常、ウィキペディアのユーザーによって開発および保守されています。管理者はガジェットを追加できます。Special:Gadgetsページには、各ガジェットに使用される基礎となるユーザースクリプトやCSSコードが表示されます。

ユーザースクリプト

より簡単で迅速な編集を可能にする多くのユーザー作成の微調整があります。これらは多くの場合、特定のスキンでのみ機能します。ほとんどすべてがMonobook(古いデフォルト)で動作し、多くは新しいデフォルト(Vector)でテストされていますが、注意が必要です。別のスキンを使用している場合は、一部のユーザースクリプトが他のスキンでは機能しない可能性があることに注意してください。

多くのユーザースクリプトは、[マイプリファレンス]の[ガジェット]タブのチェックボックスをオンにするだけで実装できます(上記を参照)。残りのものについては、適切な個人用JavaScriptページに追加して実装します。たとえば、エディターXYZの場合、デフォルトのベクタースキンを使用すると、編集される(および必要に応じて作成される)ページはUser:XYZ /vector.jsになります。このようなページは、そのユーザースペースの所有者(この場合、ページの作成者に関係なくXYZ)と管理者のみが編集できます。

事前に作成されたカスタマイズの不完全なリスト:

名前 バージョン 説明 スキン 著者
wikEd ウィキペディア編集ページ用のフル機能のブラウザ内テキストエディタ。ウィキコード構文の強調表示、正規表現の検索と置換、MS WordとHTMLからウィキコードへの変換、サーバーに依存しないプレビュー変更の表示、フルスクリーン編集モード、よくある間違いのシングルクリック修正を提供します。 どれでも Cacycle
トップを編集 1.1.1 記事の最初のセクションだけを編集できます。 モノブック tile0nades
ナビゲーションポップアップ リンクにカーソルを合わせると、ポップアップが表示され、多くの編集機能にすばやくアクセスして、記事や画像をプレビューできます。 どれでも ルパン

パーソナルCSS

個人のJavaScriptページに加えて、カスケードスタイルシート(CSS)を使用してウィキペディアページの外観を変更する個人ページを作成することもできます。JavaScriptと同様に、MediaWikiソフトウェアが使用するページの名前は、使用しているスキンによって異なります。デフォルトはvector.cssです。したがって、たとえば、エディターXYZは、ユーザー:XYZ /vector.cssページに個人のCSSコードを追加できます。

ユーザースクリプトと同様に、「マイプリファレンス」(上記を参照)の「ガジェット」タブには、興味のある個人的なCSSの変更が含まれている場合があります。その場合は、個人の.cssページを編集するのではなく、チェックボックスをオンにするだけです。

特定のメッセージを非表示にする

直接編集が必要なユーザーのCSSファイルの一般的な使用法は、特定のテンプレートメッセージを非表示にすることです。たとえば、次を追加することで、Template:Editnotices / Namespace / Category(カテゴリページの編集時に表示される)を 非表示にできます。

category-namespace-editnotice  {  display  none  !important ;  }

Special:Mypage / skin.cssに移動します。これは、現在のスキンのCSSファイルを識別します(新しいタブ/ウィンドウで開いて表示します)。複数のスキンを使用する場合、たとえば、デスクトップとモバイルのルックアンドフィールが異なる場合は、そのコードをSpecial:Mypage / common.cssに配置して、すべてのスキンに適用できます。

注:関連するメッセージが使用する特定のIDを追跡する必要があります。この例では、IDは「category-namespace-editnotice」です。メッセージのウィキテキストを確認する必要がある場合があります(たとえば、多くのテンプレートメッセージの作成に使用される{{ fmboxid }}テンプレートには、使用されていると思われる2つのパラメーターがありますclass)。表示されない場合は、ヘルプデスクに問い合わせてみてください。

一般的に非表示の要素のリストについては、以下を参照してください。

インフォボックスとユーザースタイル

ユーザーは、自分のブラウザーでインフォボックスを非表示 にするユーザーCSSを持つことができます。

すべてのインフォボックスを非表示にするには、以下をSpecial:MyPage / common.css(すべてのスキンの場合、またはSpecial:MyPage / skin.css (現在のスキンのみの場合))に 単独で追加します。

div mw-parser-output  インフォボックス { 表示 なし;  }

または、次のコードをcommon.jsに追加するか、 Greasemonkeyなどの拡張機能によって実行されるブラウザーユーザースクリプトに追加することもできます。

$ '。infobox' )。非表示();

WP:Manual of Style / Infoboxesによると、情報ボックス内のすべての情報は、理想的には記事の本文にも含まれている必要がありますが、このガイドラインに完全に準拠しているわけではないことに注意してください。たとえば、の完全な分類階層、およびOMIMやその他の医療データベースコードは、メインの記事のコンテンツには含まれていないことがよくあります。インフォボックスは、多くの場合、記事内の最も重要な、さらには唯一の画像の場所でもあります。 {{Taxobox}}{{Infobox disease}}

ユーザーインターフェイスの整理

次のCSSコードを使用して、一部のユーザーには役に立たない可能性のある多数のユーザーインターフェイス要素を非表示にすることができます。

p-coll-print_export  / *印刷/エクスポート* / 
mw-history-searchform  / *履歴ページの上部でリビジョンを検索* / 
pt-prefswitch-link-on  
pt-prefswitch-link-anon 
editpage-copywarn  / *変更を保存することにより、利用規約に同意したことになります... * / 
editpage-copywarn2 
wpSummaryLabel  / *サマリーラベルの編集* / 
n-contents  / * Portal:Contentsへのリンク* / 
n-shoplink  / * Wikipediaストア* / 
n-featuredcontent  / *ポータル:注目のコンテンツ* / 
n-currentevents  / *ポータル:現在のイベント* / 
n-portal  / * Wikipedia:コミュニティポータル* / 
n-aboutsite  / * Wikipedia:About * / 
n-sitesupport  / * WPに寄付する* / 
n-ランダムページ / *ランダムページ* / 
n-連絡先ページ / *お問い合わせ* / 
# n-メインページ-説明/ *メインページにアクセス* / n-ヘルプ/ *ヘルプ:コンテンツ* / t-upload / *アップロードリンク* /  
 
 
t-wikibase  / * wikidataアイテム* / 
t-specialpages  / *特別ページ* / 
t-recentchangeslinked  / *最近の変更* / 
t-cite  / *このページの引用方法に関する情報* / 
フッター-info  / *次の2つのコンテナ* / 
footer-info-lastmod  / *最終更新日* / 
footer-info-copyright  / *テキストは... * / 
footer-places  / *プライバシー/ WPについて/ ... * / 
フッターアイコン / * WMFおよびMediaWikiアイコン* / 
uploadtext  / *アップロードページのチュートリアル(MediaWiki:Uploadtext)* / 
pt-betafeatures  / *ベータタブ* / 
siteSub  / * Wikipediaから、無料の百科事典* / 
t-print  / *これの印刷可能なバージョンページ* / 
t-curationtoolbar  / *ページキュレーション* / 
feedlinks  / * Atom / RSS * / 
postitwindowhelplinks  / *使用されるテンプレート、パーサープロファイリングデータ、および非表示のカテゴリの(ヘルプ)リンク。* /  
editpage-head-copywarn  / *著作権を侵害するコンテンツ... * / 
cancelLink  / *編集ボックスのキャンセルボタン* / 
editHelp  / *編集ボックスのヘルプボタン* /  { 表示 なし }  

pt-userpage  {  background  none  }  / *ユーザーページの横の画像を非表示にします* /

次のJSコードを使用して、言語ツールバーを非表示にすることができます。

$ '#p-lang' )。削除();

VisualEditorで、編集サマリーヘルプとライセンス警告をVisualEditorの確認ウィンドウから削除するには、CSSでこれを使用ます 。

ve-ui-mwSaveDialog-summaryLabel 
ve-ui-mwSaveDialog-ライセンス { 表示 なし }

ラベルの交換

「ユーザーページ」を「ユーザー」に、「トーク」を「ディスカッション」に、「履歴の表示」を「履歴」に置き換えるには、JSに追加し ます。

$  '#ca-nstab-user a'  )。テキスト 'ユーザー'  ); 
$  '#ca-talk a'  )。テキスト 'ディスカッション'  ); 
$  '#ca-history a'  )。テキスト '履歴'  );

ビジュアルエディターを使用するときに、編集リンクのラベルを置き換える場合は、次のJSコードを使用して、ラベルを好みに変更します。

$  '#ca-edit a'  )。text  'SourceEdit'  ); 
$  '#ca-ve-edit a'  )。テキスト 'VisualEdit'  ); 
$  '。mw-editsection a'  )。text  'SourceEditSection'  ); 
$  '。mw-editsection-visualeditor'  )。text  'VisualEditSection'  );  //この行を前の行の後に保持します

も参照してください