ウィキペディア:ウィキペディア内でのコピー

ウィキペディアから、無料の百科事典
ナビゲーションにジャンプ 検索にジャンプ

ウィキペディアのライセンスでは、ページのコンテンツの作成と変更に関与するすべてのユーザーに帰属を与える必要があります。ウィキペディアのページ履歴機能には、ページに対して行われたすべての編集と、これらの変更を行ったすべてのユーザーが一覧表示されますが、それ自体では、テキストの元の場所を特定することはできません。このため、ウィキペディア内の別のページからコンテンツをコピーするには、それを示すために補足的な帰属が必要です。少なくとも、これは、コピー先のページ(つまり、資料がコピーされたページ)で、コンテンツがコピーされたことを示す編集の概要を、ソース(コピー元)ページへのリンクとともに提供することを意味します。Copied content from [[<page name>]]; see that page's history for attribution特にコピーが広範囲にわたる場合は、ソースページの編集サマリーにもメモをとることをお勧めします。コンテンツの再利用者は、ソースと宛先の両方のトークページにメモを残すことも検討する必要があります。

すべてのウィキメディアプロジェクトはほとんどのコンテンツに同じまたは互換性のあるライセンスを使用しているため、英語版ウィキペディア以外のウィキメディアプロジェクトから情報をコピーおよび翻訳することは通常可能です。編集の概要には、元のソースへのリンクまたはすべての寄稿者のリストのいずれかを提供する必要があります。補足情報を追加するために記事のトークページで使用できるテンプレートがあります。詳細については、§他のウィキメディアプロジェクトからのコピーを参照してください。

著作権には帰属が必要です

ウィキペディアへの寄稿者は、寄稿した資料の著作権放棄するよう求められません代わりに、コピーレフトライセンスCreative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 Unported License(CC BY-SA)およびGNU Free Documentation License(GFDL)の下で貢献を共同ライセンスする必要があります。これらのライセンスはどちらも再利用と変更を許可しますが、帰属する権利を留保します。

CC BY-SAのセクション4(c)には、次のように記載されています。

あなたは...原作者の名前(または該当する場合は仮名)を提供する必要があります...そして...適応の場合、適応における作品の使用を識別するクレジット(例えば、 「原作者による作品のフランス語訳」または「原作者による原作に基づく脚本」)。このセクション4(c)で要求されるクレジットは、合理的な方法で実装できます。ただし、適応またはコレクションの場合、少なくともそのようなクレジットが表示され、適応またはコレクションのすべての寄稿者のクレジットが表示される場合は、これらのクレジットの一部として、少なくとも同じくらい目立つ方法で表示されます。他の寄稿者のクレジットとして。

GFDLのセクション4-Iは、次のように述べています。

...必要があります...「履歴」というタイトルのセクションを保存し、そのタイトルを保存し、タイトルページに記載されているように、少なくともタイトル、年、新しい著者、および変更バージョンの発行者を示す項目を追加します。

ウィキメディア財団の利用規約は、帰属が提供されることを明確にしています。

次のいずれかの方法で:a)投稿した1つまたは複数の記事へのハイパーリンク(可能な場合)またはURLを介してb)ハイパーリンク(可能な場合)または自由にアクセスできる代替の安定したオンラインコピーへのURLを介してライセンスに準拠し、このWebサイトで提供されるクレジットと同等の方法で作成者にクレジットを提供するか、c)すべての作成者のリストを介して提供します。(著者のリストは、非常に小さいまたは無関係な貢献を除外するためにフィルタリングされる場合があります。)

素材が帰属なしに使用された場合、それはそれが提供されたライセンス条項に違反し、それは次にウィキペディアの著作権ポリシー再利用者の権利と義務の条項に違反します。

テキストを帰属させるその他の理由

ある記事から別の記事にコピーされたテキストの正しい帰属により、編集者はコピーされたテキストの以前の編集履歴簡単に見つけることができ、記事に含まれるテキストの編集履歴へのアクセスが提供するすべての利点があります。以下にリストされているのは、ある記事から別の記事にコピーされたテキストに固有の適切な帰属がもたらす利点のいくつかです。

ウィキペディアの記事(「親記事」)に第三者の著作権を侵害するテキストが含まれていて、それが別の記事(「子記事」)にコピーされた場合、子記事にも著作権違反が含まれます。以下に指定されているように子記事のコピーを帰属させると、編集者は不注意による著作権侵害がいつ発生したかを特定し、コピーを作成した編集者が著作権侵害であるとは知らずにそれを行ったと判断できます。 (については、ここ参照してください。)子記事の適切な帰属は、編集者が著作権違反を親記事までさかのぼるのにも役立つ場合があります。

1つ以上の短い引用を含むテキストが、1つ以上の親記事から子記事にコピーされたが、親の参照セクションの対応する完全な参照が、以下に指定されている適切な属性なしにコピーされない場合、短い引用をサポートするために必要な完全なリファレンス。例については、ここ参照してください。)

帰属が不要な場合

あるウィキペディアのページから別のページにコピーされたすべてのものに帰属が必要なわけではありません。再利用者が他のページのテキストの唯一の寄稿者である場合、帰属は必要ありません。自分の言葉で書き直されたコンテンツは、帰属を必要としません。ただし、米国の法律(ウィキペディアの準拠法として)の下で著作権を取得できるほど十分に創造的な他の寄稿者による資料の複製には、帰属が必要です。

ガイダンスとして、ウィキペディア内でコピーする場合、以下のいずれも帰属を必要としません。

  • 一般的な表現とイディオム。
  • 基本的な数学的および科学的公式;
  • 裸の参照;
  • 公開ウィキにコピーが保存されていない、完全に削除された資料。

ただし、最初の2つを帰属させることをお勧めします。

外部ソースからの引用は、元のウィキペディアの寄稿者に帰属する必要はありませんが、それらを囲むテキストは帰属する必要があり、元のソースを引用する必要があります。ただし、これらの場合は帰属は必要ありませんが、リンクを含めると便利なことがよくあります。

適切な帰属

帰属は、利用規約(上記)に詳述されている任意の方法で提供できますが、方法(a)および(c)-つまり、ハイパーリンク(可能な場合)または投稿した1つまたは複数の記事へのURLを介して提供されます。またはすべての作成者のリストを介して—あるウィキペディアページから別のページにテキストを転送するのに最も実用的です。どちらの方法にも長所と短所がありますが、適切に実行すれば、どちらもライセンス要件を満たします。

ハイパーリンク

資料が複数の著者によって寄稿された場​​合、編集概要にリンクを提供することが、帰属を提供する最も簡単な方法です。copied content from [[page name]]; see that page's history for attribution関係者をソースページの編集履歴誘導するなどの編集概要のステートメント。ここでは、誰がいつどのコンテンツを追加したかを正確に追跡できます。この方法の欠点は、元の記事のページ履歴があることである必要があり、その後の帰属を維持するために保持すること。ソースページが誤って移動または削除されないようにするには、ソース記事のトークページにコピーをメモしておくと便利です。テンプレート{{コピーされた}}はこの目的に使用できます。このテンプレートは、宛先のトークページに追加することもできます。

著者のリスト

多くの人が編集したページを扱う場合、ハイパーリンクが最も簡単な解決策ですが、コピーされるコンテンツに寄稿者が1人しかいない場合は、そのエディターを個別にリストする方が望ましい場合があります。この方法を使用すると、ソースページの編集履歴が不要になり、後でソースページを削除または移動してもかまいません。text originally contributed by [[User:Example]] on 2021 13 November完全な帰属として機能するなど、編集サマリーのステートメントコピーされる資料に複数の著者がいる場合、帰属要件は、トークページの寄稿者のリストに注意を向ける編集概要のメモで技術的に満たすことができますが、利用規約が示すように、可能な場合はハイパーリンクが推奨されます。

ダミー編集を使用して、上記のいずれかの方法で編集要約の帰属を提供できます。

特定の状況

マージと分割

あるページから別のページにテキストを複製する理由はたくさんありますが、ウィキペディア内でコピーする特定の状況で必要になる可能性のある追加の手順とテンプレートがあります。2つの記事をマージするか、ある記事のコンテンツを別の記事にマージする方法については、Wikipedia:Mergingを参照してください1つの記事を2つ以上に分割する方法については、Wikipedia:Splittingを参照してくださいあるページからコンテンツを分割して別のページにマージする方法については、Wikipedia:Sectionmoveを参照してください

他のウィキメディアプロジェクトからのコピー

CC BY-SAでライセンスされている別のウィキメディアプロジェクト(ウィキメディアコモンズウィクショナリーウィキスピーシーズなどから「トランスウィキ」を介してコピーまたは移動する場合は、元のコンテンツの作成者の完全なリストを提供することで、帰属を満たすことができます(完全なリストは、リモートページの履歴をコピーするか、元の資料への直接リンクを提供することによって生成できます。著者のリストが短い場合、これは編集の要約で提供される場合があります。直接リンク(InterWikimediaリンクなど)を編集サマリーに含める必要があります。テンプレート{{インターウィキコピー}}は記事のトークページで利用できます。著者のリストを残す場合は、将来その履歴にアクセスする必要が生じた場合に備えて、元のページへのURLも提供してください。ヘルプ:Transwikiを参照してください。)

ほとんどのウィキメディアプロジェクトはCCBY-SAの下でライセンスされており、財団の利用規約に準拠した帰属が必要ですが、一部のプロジェクトは異なる方法で処理されます。たとえば、ウィキニュースのコンテンツはCC-BYでライセンスされており、「ウィキニュース」にのみ帰属して再利用できます。Wikinews:Copyrightを参照してください。)適用されるライセンスを決定し、帰属が満たされていることを確認するのは、コンテンツインポートする編集者の責任です

他の言語のウィキメディアプロジェクトからの翻訳

著作権で保護されたテキストの翻訳は、他のウィキメディアプロジェクトからのものであっても、派生物であり、ライセンス要件を満たすために帰属を示す必要があります。(のようなCC BY-SA、ウィキメディアソースを特定のノートの下でライセンスウィキメディアプロジェクトから材料を翻訳するときに言語間リンク)とページ名は、理想的にその最初の編集では、翻訳されたページの編集概要で提供されている必要があります(例としてフランス語のページを使用)Content in this edit is translated from the existing French Wikipedia article at [[:fr:Exact name of French article]]; see its history for attribution.該当する場合、著作権の帰属を補足するために、テンプレート{{翻訳されたページ}}をトークページに追加することもできます。

コンテンツフォーク

ウィキペディアには、元の編集者が記事の開発に同意できないために同じ主題で2つの記事が作成されている場合など、コピーが適切でない場合もあります。これは「コンテンツフォークと呼ばれます。記事の作成に関する意見の不一致に対する許容可能な解決策は、紛争解決を通じてコンセンサスを求めることです。

削除された素材の再利用

記事が削除されると、その履歴が削除されるため、帰属が指定されていない限り(またはページが削除されていない場合)、同じ記事タイトルであっても、そのコンテンツをウィキペディアで再利用することはできません。削除された記事は、ウィキペディアミラー、Googleキャッシュ、またはビュー削除された管理者権限から復元して再利用することはできません

選択的履歴の削除改訂の削除、または監視を通じて、さまざまな理由(著作権違反が導入されたが後で削除された、極端な個人攻撃、個人情報)により、記事の履歴の特定の部分を削除する必要がある場合があります記事が削除された/見落とされたリビジョンでユーザーによって行われた貢献を保持している場合、それらは帰属されなければなりません。 実用的な場合は常に、この目的のためにダミー編集を使用する必要があります。それ以外の場合は、トークページのアトリビューションが必要になります。典型的なダミー編集の要約は、例えば、読むことができますRevision deletion for reason XYZ: Article was started by and retains contributions from [[User:Example]], as well as contributions from [[User:Example2]] and [[User:Example3]]

ユーザーフィケーション

記事が「userfied」(コピーまたはユーザースペースに移動)されている場合は、完全に帰属している必要があります。削除を回避するために(または削除後に作業するために)記事をユーザースペースに移動する場合は、履歴全体を表示(必要に応じて復元)してから、移動ボタンを使用して移動する必要があります。記事の全部または一部をユーザースペースにコピーするときは、のような編集サマリーをcreating page with content copied from revision 123456789 of [[article title]]使用する必要があります。

不十分な帰属の修復

技術的にライセンス違反は著作権違反ですが、属性のないテキストを含むページは通常削除する必要はありません。アトリビューションはダミーの編集使用て新しい編集の概要を記録し、{{ copyed }}テンプレートを使用してトークページのアトリビューションを使用して、上記の方法で遅ればせながら提供できます。そのような遅れた帰属は、関連するテキストがページに入ったときに明らかになるはずです。また、問題のある記事、特にすぐに修正できない複雑なケースを特定するには、記事自体にテンプレート{{ CWW }}(単一のオリジンの場合)および{{ CWW-multi }}(複数の記事の場合)をタグ付けします。起源)。

このような目的のために、ヘルプ:ダミー編集NOTE: The previous edit as of 22:31, October 14, 2015‎, copied content from the Wikipedia page at [[Exact name of page copied from]]; see its history for attribution.で提供されるさまざまな修復コンテキストの推奨編集要約のような編集要約を使用できます

可能であれば、ページ間でテキストをコピーするための適切な手順を再ユーザーに通知する必要があります。テンプレート{{ uw-c&pmove }}は、カットアンドペーストの動きに対処するために使用できます。他のコピー状況では、{{ uw-copying }}テンプレートを使用できます。

ページのカットアンドペースト移動の修復

あるページのコンテンツ全体が切り取りと貼り付けによって別のタイトルに再配置れ、前のページにリダイレクトが残っている場合は、{{ histmerge }}テンプレートを使用してライセンス違反を修復できます状況がより複雑な場合(たとえば、関連するタイトルの主題に関する新しい記事がソースページで開発された場合)、管理者の注意を引くために、履歴マージリクエストで状況に対処する必要があります

も参照してください