ウィキペディア:コンテンツ翻訳ツール

ウィキペディアから、無料の百科事典
ナビゲーションにジャンプ 検索にジャンプ

ウィキペディア:コンテンツ翻訳ツールは、ユーザーが既存のウィキペディアの記事をある言語から別の言語に翻訳するのを支援します。ユーザーは任意の言語の記事を選択してから別の言語を選択します。インターフェースは機械翻訳を提供し、人間のユーザーはこれをインスピレーションとして使用して別の言語で読みやすいテキストを作成できます。

ユーザーは、ターゲット言語に精通している必要があり、機械翻訳を公開するだけでなく、常に奇妙な表現やエラーが含まれている必要があります。

英語版ウィキペディアの制限

英語版ウィキペディアコミュニティは、WMFの半自動コンテンツ翻訳ツールによる記事の作成を拡張確認済みユーザーに制限しています。[1]このアクセスは、確認済みの拡張ユーザー(30日以上登録され、英語版ウィキペディアに500回以上の編集を行った編集者)に自動的に適用されます。さらに、機械翻訳との統合はすべてのユーザーに対して無効になっています。[1]

構成エラーのため、[2]少なくとも2015年12月11日[3]から2016年7月26日まで[4]、このツールはソース言語から英語への機械翻訳を使用していました。その後、ユーザーは公開前に翻訳を確認して修正することが期待されていました。残念ながら、これらの記事の大部分は、英語のウィキペディアの基準では受け入れられないと見なされていました。推定では、機械翻訳がオフになる前は、このツールで作成された記事の95%は、大幅な追加作業なしでは受け入れられませんでした。[5]さらに、不十分なマークアップやマングルされた参照など、ツールに関する他の問題も一般的でした。影響を受けるページのリストは、User:ToThAc / CXTリストで確認できます。

2016年、コミュニティは、信頼できる編集者がこのツールにアクセスできるようにするプロセスの開発について話し合いました。[6] [1]コミュニティはまた、経験の浅い編集者がメインの名前空間に公開される前に評価のために翻訳を提出できる場所を開発することを意図していました[要出典]コミュニティは、不明な日付で、確認済みのすべての拡張編集者がツールに自動的にアクセスできるようにすることを決定しました。WP:AFCは、経験の浅い編集者が評価のために翻訳を提出する場所として使用できます。

英語版ウィキペディアから他のプロジェクトへの機械翻訳のためのコンテンツ翻訳ツールの使用は、宛先プロジェクトによって制御されます。

ツールのオンとオフを切り替える

拡張確認済みユーザーは、このページの上部にある「Go to Special:ContentTranslation」というラベルの付いた青いボタンをクリックし、「今すぐ試す」のリンクを選択することで、コンテンツ翻訳ツールを有効にできます。これを行うと、設定のベータ機能でツールのエントリが自動的に呼び出されますこれを無効にするには、設定のそのセクションにアクセスして、そのエントリのチェックマークを外す必要があります。

コンテンツ翻訳で機械翻訳が無効になっている理由

生のまたは軽く編集された機械翻訳は、英語版ウィキペディアコミュニティによって、何もないよりも悪いと長い間考えられてきました。[7]改作なしで翻訳された記事は、多くの場合、ソースがないか、ソースが不十分であり、検証可能性ポリシーに違反しています。編集されていない機械翻訳は、たとえば文の否定を見逃すことによって、意図された意味を歪めるほど貧弱であることがよくあります。出力を許容可能な散文にクリーンアップするには、意味がスクランブルまたは歪曲されていないことを確認するのに十分なソース言語を十分に理解している、英語に十分に堪能な人間が必要です。注目度など、英語版ウィキペディアの他のポリシー、自動的にチェックすることもできず、翻訳された記事が受け入れられるかどうかを知るには、英語のWikipediaの該当するポリシーのバージョンに精通している人間が必要です。

2016年7月27日より前に作成されたページは、現在非推奨の一時的な基準WP:X2の下で、迅速な削除について評価されていました。残りの記事のほとんどは迅速な削除ではなくレビューを必要としたため、これらのページはレビューのためにドラフトスペースに移動される可能性があります。

ログ

次のログはCXT拡張機能に関連しています。

も参照してください

外部リンク

ノート