ウィキペディア:リダイレクトの分類

ウィキペディアから、無料の百科事典
ナビゲーションにジャンプ 検索にジャンプ

これは、リダイレクトページをカテゴリに配置するためのウィキペディアのガイドラインですこれは、現在のプラクティスを文書化し、他の領域でのベストプラクティスを提案し、リダイレクトの分類が誤解を招く可能性がある場所を示すことを目的としています。

リダイレクトを分類するタイミング

ハードリダイレクト、リダイレクト専用のいくつかのメンテナンスカテゴリのいずれかに配置する必要がありますこれは、{{ Wikidata redirect }}などの分類テンプレート(rcats)を使用して実行する必要があります

ソフトリダイレクトは通常、rcatによって分類されるべきでありませソフトリダイレクトされたカテゴリにタグを付けるために{{ウィキデータリダイレクト}}と{{ Rカテゴリと可能性}}を使用することは、現在のところ唯一の例外です。

リダイレクトは通常、記事のカテゴリに分類されませんただし、以下に説明するように、例外があります。

リダイレクト専用のカテゴリ

リダイレクトにのみ使用される一連のカテゴリがあります。リダイレクトは、テンプレートによってカテゴリに分類されます。これらのカテゴリは、リダイレクトが存在する理由を説明します。たとえば、{{ R from merge }}は、マージによって作成されたことを意味し、{{ R from Alternative name }}は、リダイレクトがメインタイトルの代替名であることを意味します。

これらのカテゴリは、リダイレクトを含むことのみを目的としており、リダイレクトを追跡し、必要に応じてさらにサブカテゴリ化するのに役立ちます。これらには、メイン名前空間内と他の名前空間内の両方のリダイレクトが含まれます。多くの場合、テンプレートを使用して適用されますが、そのようなカテゴリを直接作成して入力することもできます。この分類は、読者ではなく、ウィキペディアの編集者を対象としています。

アルファベット順と機能別の両方でグループ化されたリダイレクトカテゴリテンプレートのテーブルについては、Wikipedia:テンプレートインデックス/リダイレクトページを参照してくださいこのようなテンプレートのカテゴリリストについては、Category:Redirecttemplatesを参照してくださいすべてのリダイレクトカテゴリは、Category:Wikipediaリダイレクトのサブカテゴリです。これは、リダイレクトを直接含むことを意図したものではなく、サブカテゴリを除いて意図的に空のままになっています。

記事のカテゴリ

記事のカテゴリにリダイレクトを配置すること許容され、カテゴリを閲覧するユーザーに役立つ場合があります。以下は、これらの状況のいくつかの例です。

カテゴリと互換性のないターゲットを持つリダイレクト

代替名は、カテゴリページで見当違いになってはいけません。これは、複数の名前が同等に有効であると思われる場合に、記事の名前を変更することに関する意見の不一致を満足させる方法であることがよくあります。代替名はリダイレクトになり、ターゲットと同じ方法で分類されます。別の例は、1つの記事が複数の名前で知られているものをカバーしている場合です。たとえば、さまざまな名前で複数の取り組み分野で知られている人物、3つの異なる新聞に関する統合記事、またはWikipediaに名前が存在するスケッチコメディーテレビ番組などです。それを作成したコメディーの一団へのリダイレクト。このような場合、どのタイトルを個々のカテゴリーに反映させるかを検討する必要があります。

カテゴリリンクのパイプテキストは、タイトルが実際にどのように表示されるかではなく、アルファベット順に並べられる方法にのみ影響するため、このようなカテゴリをターゲット記事に配置し、パイプテキストに代替タイトルを付けると、目的が達成されないことに注意してください

  • 例:

記事の別名

カテゴリシステムの主な機能は、読者が記事を閲覧できるようにすることです。カテゴリシステムは、アルファベット順のインデックスのようによく使用されます。一般的な代替名からのリダイレクトがインデックスリストに表示されると役立つ場合があります。編集者は、代替名を他の名前と混合する必要があるかどうかを検討する必要があります。まったく新しいカテゴリの方が適切な場合もあります(以下の複数の分類法の分類を参照)。

サブトピックの分類

記事の一部のサブトピックにはよく知られている名前があり、時間の経過とともに拡大して別の記事になる可能性があります。多くの記事は、組み合わされたいくつかのトピックをカバーしています。これは、いくつかの関連記事のマージ後に発生する可能性があります。多くの場合、これらのサブトピックを指すリダイレクトがあります。これらのリダイレクトは分類できます。場合によっては、サブトピックを指すリダイレクトのカテゴリが、記事全体のカテゴリとは異なることがあります。

  • 同様の分類の例:
  • さまざまな分類の例:

複数の分類法の分類

一部の記事は、複数の分類法で整理できますこの例は、一般名と二名法の分類法による動植物の記事の編成です。これは、記事を1つの方法で分類し、リダイレクトを別の方法で分類することで可能になります。この場合、リダイレクトの代替分類は、手動で追加しない限り、記事に表示されません。

  • 例:

リストエントリの分類

よく整理されたリストの中には、サブセクションを指すリダイレクトがあるものがあります。このような場合、リダイレクトの分類は、長いリスト内のエントリを参照する別の方法になる可能性があります。また、時系列で編成されたリストなど、アルファベット順に編成されていないリストのアルファベット順のリストを提供することもできます。マイナーキャラクターリストのセクションへのリダイレクトは、通常、その架空の設定内でのみ分類する必要があり、より広い架空のカテゴリには分類しないでください。

  • 例:

リダイレクトを分類する方法

リダイレクトは、他のページと同じ方法で分類できます。ただし、リダイレクトカテゴリテンプレート(rcats)を使用できる場合は、これらを使用する必要があります。明確にするために、すべてのカテゴリリンクは、リダイレクトターゲットリンクとrcatの後に、ページの最後の独自の行に追加する必要があります。リダイレクトターゲットリンクとすべてのrcatおよびカテゴリリンクの間に空白行を使用すると、コードが読みやすくなります。

#REDIRECT [[Xxy Yzz]]

{{移動からのR}}
{{Rprintworthy}}

{{DEFAULTSORT:Yzz、Xxy}}
[[カテゴリ:Aaa]]

#REDIRECT [[Article title]] トップラインに、最初に来なければならず、左マージンから開始する必要があります[[Category:...]]-タイプのリンクは、リダイレクトターゲットリンクの後に独自の行に配置できますリダイレクトカテゴリ(rcat)テンプレート{{R from...}}, {{R to ...}}など、{{リダイレクトカテゴリシェル}}(Rcatシェル)テンプレートは、リダイレクト後の別の行、できれば読みやすさのために3行目に配置できますこれらは通常、コンテンツカテゴリの前(上)に配置され、読みやすくするためにタイプ間に空の行が残されています。

{{DEFAULTSORT:}} マジックワードはまた、人の与えられた名前で始まり、リダイレクトタイトルは自分の姓にソートされることを保証するために、例えば、リダイレクトの上に置くことができます。{{DEFAULTSORT:Sprat, Jack}}

{{リダイレクトカテゴリシェル}}(Rcatシェル)テンプレートを使用して、リダイレクトカテゴリをグループ化できます。そのテンプレートは自動的に保護レベルを感知し、新しい編集者の学習曲線を早めます。詳細については、ドキュメントページと比較ページを参照してください。

リダイレクトは、指定されたカテゴリに非リダイレクトとは異なるスタイル形式で表示されます(デフォルトでは、リダイレクトはイタリック体で表示されますが、非リダイレクトは表示されません。以下のテクニカルノートを参照してください)。

さらなる例
例1
– a redirect that targets page Xxy Yzz, which uses the {{R from former name}} and {{R printworthy}} rcats, and which is also sorted to article content categories Aaa and Bbb, may appear as follows:
#REDIRECT [[Xxy Yzz]]

{{Rcat shell|
{{R from former name}}
{{R printworthy}}
}}

{{DEFAULTSORT:Yzz, Xxy}}
[[Category:Aaa]]
[[Category:Bbb]]
When the title being redirected is a person's proper name, consensus is to modify the sort key from its default action, (usually sorted by {{PAGENAME}}, the redirect title in this case), to instead sort it by surname. The {{DEFAULTSORT:}} behaviour switch is used for this; for example, on the edit page of the George Walker Bush redirect, use {{DEFAULTSORT:Bush, George Walker}}, so that the page will appear alphabetized in the B's and not the G's of the various categories. Similarly, for titles beginning with a definite or indefinite article, such as "the" or "a" – for example in redirect The President of the United States, use {{DEFAULTSORT:President of the United States, The}}, so that the page will appear alphabetically in the P's (see Wikipedia:Categorization of people#Ordering names in a category for more information). As with non-redirect pages, it should be positioned immediately before the article content categories:
For the Bruce Jenner redirect:
#REDIRECT [[Caitlyn Jenner]]

{{Rcat shell|
{{R from birth name}}
{{R printworthy}}
}}

{{DEFAULTSORT:Jenner, Bruce}}
[[Category:Athletes (track and field) at the 1975 Pan American Games]]
[[Category:Athletes (track and field) at the 1976 Summer Olympics]]
Category:Redirects from birth names is a subcategory of Category:Redirects from former names. Normally, the most specific subcategory is used on redirects rather than their parent categories.
Example 2
– a redirect to an article subsection titled "Header":
#REDIRECT [[Xxy Yzz#Header]]

{{Redirect category shell|
{{R to section}}
{{R printworthy}}
}}
also, when the above shell template is used, all its contents can be entered on one line as follows:
#REDIRECT [[Xxy Yzz#Header]]

{{Redirect category shell|{{R to section}}{{R printworthy}}}}
There are often very good reasons to choose to use Rcat shell rather than using rcats by themselves; these reasons are detailed on its documentation and comparison pages.
Example 3
– a redirect to an article that has an anchor titled "Anchor this" (see templates {{Anchor}}, {{Visible anchor}}, and {{subst:Anchor comment}}):
#REDIRECT [[Xxy Yzz#Anchor this]]

{{Redirect category shell|
{{R to anchor}}
{{R unprintworthy}}
}}
Example 4
– one common redirect need to a geology page titled Xxy Yzz, which uses the R to section rcat to point to the article and section where the common term is defined, and which should be in categories Aaa, Bbb, Ccc and Ddd (the parent article may be sorted to a few more, such as Eee, Fff, etc.), all of which are categories usually found in the parent article. Here is how this example would appear:
#REDIRECT [[Xxy Yzz#Section header]] 

{{Rcat shell|
{{R to section}}
{{R to related topic}}
{{R printworthy}}
}}

[[Category:Aaa|{{PAGENAME:Xxy Yzz}}]]
[[Category:Bbb|{{PAGENAME:Xxy Yzz}}]]
[[Category:Ccc|{{PAGENAME:Xxy Yzz}}]]
[[Category:Ddd|{{PAGENAME:Xxy Yzz}}]]


Notes
  1. Crucial note: If the Redirect category shell (Rcat shell) template is placed on the first line, the same line as the redirect target, there are usually unexpected and peculiar results. HTML Tidy may interfere with the templates and cause them to appear in abnormal and unexpected ways when saved. Just be careful to put these templates on the third line beginning at the far left margin of the edit screen.
  2. {{PAGENAME}} is one of several "magic words" (magic words are different from templates) in wikimarkup language. It fills in the pagename (without the namespace) of the redirect unless the pagename of the target page (without namespace) is entered as its first parameter. The first category parameter represented by |{{PAGENAME:Xxy Yzz}} (note that the colon ( : ) is used to pass parameters in magic words rather than the pipe ( | ) symbol that is used in templates) above is in fact the sort key used to group pages together in a category list.
  3. When the Redirect category shell (Rcat shell) template is used, each rcat can pass its own parameters, whether named or numbered, in the normal manner, and without concern for what position the rcat holds within the shell template.
  4. As shown above, printworthiness is an important type of sort. We are told in the style guide, "The ultimate goal of the guide is to have every redirect categorised in a standard format, as well as to have every main-namespace redirect categorised as either printworthy or unprintworthy." It is important to note that this only applies to main article namespace redirects and not to redirects in any other namespace.
  5. For more detailed information about how to categorize redirects please see the documentation for individual rcats, and the Redirect category shell template.
 一般情報注記
すべての{{R from...}}, {{R to...}}テンプレートなどは、メンテナンスを支援するためにリダイレクトサブカテゴリ(Category:Wikipediaリダイレクトを参照)にデータを入力することを主な目的としています。2番目の目標は、編集者がそのような並べ替えについて簡潔に説明できるようにすることです。一般的に、そのようなテンプレートの1つは、リダイレクトページをサブカテゴリに分類しますが、そのテンプレートは、いくつかの代替フレーズを使用して「エイリアス」され、それ自体がテンプレートにリダイレクトされます。一般的なエイリアスの選択肢は、その他と代替、大文字と小文字、および「Rから単数」と「Rから複数」および「Rから単数」と「Rから複数」などのスペル/フレーズのバリエーションです。

テクニカルノート

カテゴリページと検索結果でのリダイレクトリンクの表示は、CSSクラス「redirect-in-category」とMediaWiki:Common.cssでのそのクラスの仕様によって決まります。デフォルトでは、このクラスは「イタリック」に設定されていますが、これはユーザーが変更できます。これまで、ユーザーの区別はなく、リダイレクトを分類する方法についての論争が煽られていました。それらをイタリックで表示することにより、リダイレクトを簡単に見つけることができます。技術的な理由でリダイレクトとして実装された完全に優れた(そして多くの場合、よりよく知られている)用語は、読者が閲覧できるように、また編集者が必要に応じて知って使用できるように分類できるようになりました。

も参照してください