ウィキペディア:記事のサイズ

ウィキペディアから、無料の百科事典
ナビゲーションにジャンプ 検索にジャンプ

このページには、記事のサイズに関する重要な問題の概要が含まれています記事のサイズには、次の3つの関連する指標があります。

  • 読みやすい散文サイズ:記事のメインセクションに表示されるテキストの量。表、リスト、フッターセクションは含まれません。
  • Wikiマークアップサイズ:編集履歴ページの文字数に表示される、ページ全体の編集ウィンドウ内のテキストの量
  • ブラウザのページサイズ: Webブラウザによって読み込まれるページの合計サイズ

記事のサイズに関するユーザビリティの考慮事項には、次のものが含まれると判断されています。

  • 注意力、読みやすさ、構成、情報飽和などの読者の問題。
  • トークページの緊張、些細な貢献をめぐる議論、大きな記事を分割する方法についての議論など、編集者の問題。
  • 投稿できるトピックに関する情報がまだあるにもかかわらず、記事が特定のサイズに達すると大幅に成長しなくなるなどの投稿の問題
  • モバイルブラウザの制限など、その他の技術的な問題。

記事が大きすぎる場合は、小さな記事に分割するか、一部を新しい記事スピンアウトするか、一部を別の既存の記事にマージすることを検討してください。記事が小さすぎる場合、1つ以上の他の既存の記事とマージされる場合があります。このような編集上の決定には、コンセンサスが必要です。記事のサイズに関するガイドラインと詳細な解決策を以下に示します。ライセンスポリシーでは、コンテンツをある記事から別の新しい記事または既存の記事にコピーする場合は常に、必要なコピー属性を含む編集サマリーを使用する必要があります。

読みやすさの問題

ウィキペディアの各記事は進化の過程にあり、成長を続ける可能性があります。他の編集者は、あなたがそれらを使い終わったときに記事に追加します。ウィキペディアには実質的に無制限のストレージスペースがあります。ただし、長い記事は、読み、ナビゲートし、理解するのがより難しい場合があります。

印刷時に1ページまたは2ページより長い記事は、ナビゲーションを容易にするためにセクションに分割する必要があります( ガイダンスについては、Wikipedia:スタイルのマニュアルおよびWikipedia:レイアウトを参照してください)。ほとんどの長い記事では、セクションへの分割はとにかく自然です。ウィキペディアのモバイル版の読者は、セクションがナビゲーションを妨げるほど長くないか、または非常に多くないことを確認することによって助けられます。

約10,000語のページは、平均速度で読むのに30〜40分かかります。これは、ほとんどの読者の注目のスパンに近いものです。[1]平均読解速度での標準テキストの理解は約65%です。10,000語(50 kB以上)では、一部のセクションを他の記事に移動し、 Wikipedia:Summaryスタイルごとの要約に置き換えると便利な場合があります。以下のサイズガイドライン(経験則)を参照してください。

特に技術的な主題をカバーする記事は、一般に、あまり技術的でない主題に関する記事よりも短くする必要があります。そのような記事の専門家の読者は、記事がよく書かれていれば複雑さと長さを受け入れるかもしれませんが、一般的な読者は明快さと簡潔さを必要とします。複雑さを最小限に抑える必要がありますが、長い記事や非常に長い記事が避けられない場合があります。読みやすさは重要な基準です。

読みやすい散文

読みやすい散文は、脚注や参照セクション(「関連項目」、「外部リンク」、参考文献など)、図や画像、表やリスト、Wikiリンクや外部URL、書式設定などの資料を除いて、テキストの本文です。とマークアップ。

XToolsは、文字数を含む散文情報を表示します([一般統計]セクションの[Prose]の下)。これは、ページの[履歴の表示]タブを選択し、上部の[外部ツール]の近くの行から[ページ統計]を選択することで、現在表示されている記事に使用できます。散文ガジェットは、読み取り可能な散文サイズを見積もるのにも役立ちます。

リスト、表、要約

すでに要約形式になっているリスト、表、およびその他の資料は、要約スタイルの方法でさらに要約または要約するのに適切でない場合があります。長いリストやテーブルを分割または縮小する「自然な」方法がない場合は、そのままにしておくのが最善の方法であり、メインの記事に埋め込んだままにするか、スタンドアロンページ分割するかを決定します。 。とにかく、リストまたはテーブルは、その目的と範囲のために可能な限り短く保つ必要があります。統計データが多すぎると、ポリシーに違反します。

技術的な問題

特にインターネット接続やモバイルデバイスの速度が遅い読者や、コンピューターの読み込みが遅い読者の場合は、記事の合計サイズを適度に小さくする必要があります。 32 kBページのテキストは、ダイヤルアップ接続で編集するためにロードするのに約5秒かかり、付随する画像には追加の時間がかかるため、これよりもかなり大きいページは、古いブラウザでは表示が困難です。深さと詳細を必要とするトピックについては、いくつかの大きな記事が存在しますが、通常、そのようなサイズの記事は2つ以上の小さな記事に 分割されます。

これらのデバイスのメモリが少ないか、CPUが遅い場合、モバイルブラウザが問題になる可能性があります。長いページを完全にロードできる場合は、処理に時間がかかりすぎる可能性があります。低速の接続を使用する場合、たとえば、アナログモデムダイヤルアップを備えたデスクトップコンピュータや一部のモバイルデバイスのワイヤレス接続を使用する場合、長い記事の読み込みに時間がかかりすぎる可能性があります。さまざまなWebブラウザがMediaWikiサイトで抱えている無関係な問題に関するメモ、およびダウンロードできる代替ブラウザのリストについては、Wikipedia:Browsernotesを参照してください。

ウィキペディアの最大制限は、MediaWikiソフトウェアのデフォルトの記事サイズ制限である2048キビバイト(具体的には、2,097,152バイト)によって設定されます。

拡張後の制限を超えると、記事内のテンプレートが正しく表示されなくなります。

記事を分割する

非常に大きな記事は、論理的に別々の記事に分割する必要があります。長いスタンドアロンリストの記事は、アルファベット順、数値順、またはサブトピックごとに後続のページに分割されます。また、分割されたパーツを分割およびトランスクルージョンすることも検討してください(たとえば、Template:Excerptを使用)。

長い記事から独立した記事にセクションを分割するときは、独立した記事へのポインタとともに、削除された資料の短い要約を残す必要があります。独立した記事で、トークページに {{ SubArticle }}または{{ Summary in }}タグを付けて、メイン記事を参照するバナーを作成します。

ウィキペディアのライセンス要件に準拠するには、変更と再利用は許可されますが、コンテンツ寄稿者の帰属が必要です。新しいページは、「[[記事名]]からのコンテンツの分割」など、適切なコピーの帰属を証明する編集サマリーを使用して作成する必要があります。この手順を省略したり、ページ名を省略したりしないでください。)その後に記事が削除されたり、新しいページの履歴が削除されました。{{コピーされた}}テンプレートは、両方の記事のトークページに配置することもできます。

急ぐ必要はありません

ブラウザが改善されたので、記事が大きくなり始めたときに記事を分割するのに急ぐ必要はありません。時々、記事は主題に適切な報道を与えるために単に大きくなければならない。不確かな場合、または注目度の高い記事がある場合は、全体的なトピック構造に関するトークページでディスカッションを開始してください。トピックをいくつかの短い記事として扱う必要があるかどうかを判断し、扱う場合は、それらを整理するための最善の方法を決定します。ディスカッションが進まない場合は、他の編集者からフィードバックを得るために 、分割タグの1つを追加することを検討してください。

些細なまたは物議を醸すセクションを分割する

比較的些細なトピックは、より大きな記事のコンテキストでは適切かもしれませんが、記事全体のトピック自体としては不適切です。ほとんどの場合、適切な要約を残さずに物議を醸すセクションを具体的に分割することは、中立的な観点の違反です。また、コンセンサスがメインの記事から拒否した情報を含む新しい記事を作成するという中立的な観点のポリシーにも違反しています。記事を分割するための他の組織原則を検討し、分割された記事のタイトルと内容の両方が中立的な視点を反映していることを確認してください。

不要なセクションを分割する

記事のセクションが役に立たない貢献の磁石である場合(「外部リンク」セクションや雑学クイズセクションなど)、別の記事に移動するとメインの記事をクリーンアップするのに役立つ可能性があることに注意してください。不要な貢献のためのセクションで完全に構成されています。百科事典に含めるのに適さない資料が記事に大量に含まれている場合は、新しい記事を作成するよりも、そのコンテンツを削除することをお勧めします。

サイズガイドライン

記事を分割したり、小さなページを組み合わせたりするためのいくつかの便利な経験則:

読みやすい散文サイズ 何をすべきか
> 100 kB ほぼ確実に分割する必要があります
> 60 kB おそらく分割する必要があります(ただし、トピックの範囲によって、追加された読み物が正当化される場合があります)
> 50 kB 分割する必要があるかもしれません(可能性はサイズとともに上がります)
<40 kB 長さだけでは分割は正当化されません
<1 kB 記事またはリストが2か月以上このサイズのままである場合は、関連ページと組み合わせることを検討してください。または、記事を拡張することもできます。Wikipedia:Stubを参照してください

注意:これらの経験則は、読み取り可能な散文にのみ適用され、ウィキマークアップサイズ(履歴リストまたはその他の手段に見られる)には適用されず、各kBは1,000文字に相当します。記事の文字数は、ShubinatorのDYKツールを使用して見つけることができます。またはProsesize

経験則は、曖昧性解消ページにはあまり適用されず、当然、リダイレクトには適用されません。また、特にそれらを分割するためにソート可能なテーブル を分割する必要がある場合は、リストの記事にはあまり強く適用されません。

コンテンツの削除

適切なコンテンツ、特に要約スタイル、および/または確実に供給された非接線情報を記事から削除して、マージまたは分割によってコンテンツを適切な記事に移動せずに長さを短縮するには、トークページでのコンセンサスディスカッションが必要になる場合があります。許容できる理由 については、 Wikipedia:コンテンツの削除#理由を参照してください。

マークアップサイズ

マークアップまたはマークアップ言語は、ドキュメントを整理して読みやすくするために使用されるコードです。ウィキマークアップは、ウィキペディアで使用されるコードです。マークアップサイズには、読みやすい散文、Wikiコード、および画像やオーディオクリップなど、記事で使用されているすべてのメディアが含まれます。マークアップサイズは、常に上記のサイズガイドラインに基づいている読み取り可能な散文サイズ以上になります。

ページのマークアップのサイズは、ページ履歴(下部近く)からバイト単位で確認できます。また、検索ボックスのエントリ:記事内の単語数と記事のサイズ(キロバイト単位)の両方が表示されます。ほとんどの場合、これらは記事を分割する必要があるかどうかを示す信頼できる指標ではありません。 intitle:Article title

マークアップサイズ別の最大の記事は、Special:Longpagesにリストされています。

ページ全体ではなくセクションを編集する機能により、待機時間が短縮され、編集者にとっての多くの特大ページの問題のいくつかが取り除かれることに注意してくださいただし、モデムの速度が遅いリーダーは、ページ全体が読み込まれるのを待つ必要があります。

特定のサイズよりも小さいページへのリンクを別の色で表示するように設定できます([外観]メニューの[スタブリンクの書式設定のしきい値]を変更することにより)。このコンテキストでの「サイズ」とは、編集ボックスに表示されるソーステキストのサイズを意味します。

長い記事の編集に問題がある場合

編集できないほど長い記事に遭遇した場合、または編集しようとしたときにブラウザが記事の最後を切り取った場合は、問題を解決する方法がいくつかあります。

最善の改善は、可能であれば、より最新のWebブラウザーにアップグレードすることです。最新バージョンにアップグレードすることには、セキュリティの向上、最新のHTMLで記述されたコンテンツの表示の向上、バグ修正など、他にも多くの利点があります。ウィキペディアの多くの記事は永続的に32kBを超える可能性があるため、古いブラウザでは長い記事で時折問題が発生し続けます。

多くの場合、記事の各ヘッダーの横に表示される[編集]リンクを使用して、一度に1つのセクションで記事を編集できます。これは、どのセクションも32 kBより長くない限り機能するはずですが、実際にはそうではありません。最初のセクションを編集してから、URLの一部をに変更することで、最初のセクションののテキストを編集できますT2156および2つのJavaScript回避策:1、2を参照してください。)[ビュー]セクションの[新しいセクション]リンク(ある場合)を使用するか、既存のセクションを編集して明示的に追加することにより、新しいセクションを挿入できます。その中の2番目のヘッダー行。セクション編集およびも参照してください。&section=1&section=0最初のセクションの前に編集します。

セクションが長すぎて正しく安全に編集できない場合、またはその他の関連する問題がある場合は、ヘルプデスクにサポートのリクエストを投稿できます。[新しいセクション]リンクをたどると、既存のテキストを編集せずに新しいコメントを投稿できます。

も参照してください

参考文献

  1. ^ ジョンV.チェルソム; アンドリューC.ペイン; ローレンスRPリービル(2005)。エンジニア、科学者、技術者のための管理(第2版)。チチェスター、ウエストサセックス、イギリス; ニュージャージー州ホーボーケン:John Wiley&Sons。p。231. ISBN 9780470021279OCLC59822571  _ 2013年2月20日取得