Wh移動

ウィキペディアから、無料の百科事典
ナビゲーションにジャンプ 検索にジャンプ

言語学ではwh-movement ( wh-frontingwh-extraction、またはwh-raisingとも呼ばれます)は、質問的な単語を含む構文上の依存関係の形成です。英語の例は、「何をしているのか」で何をするかとオブジェクトの位置との間に形成れる依存関係です疑問詞の形式は、英語の言語学ではwh-wordsとして知られていますたとえば、wh at、 wh enwhere 、 who whyなどです。、しかし、 howのような疑問詞も含まれますこの種の依存関係は、相互作用する多数の文法上の制約(たとえば、島の効果、相対化された最小性の制約など)の影響を受けるため、構文研究の診断ツールとして使用されてきました。

wh-の動きがある言語では、wh-wordのある文または句は、 wh -word(またはwh -wordを含む句)を文または句の前または近くに配置する非正規の単語順序を示します(あなたはを考えていますか?約?)文の後半の正規の位置の代わりに(私はあなたのことを考えています)。wh-wordを正規の位置に残すことは、wh -in-situと呼ばれ、非公式のスピーチのエコー質問と極質問で発生します。

Wh移動は、多くの場合、不連続性をもたらします他の不連続性タイプには、話題化スクランブリング、および外置が含まれます)。さまざまな不連続タイプの中で、wh-movementが最も研究されています。[1]それは世界の多くの言語で観察されており、長距離依存性の理論において重要な役割を果たしています

歴史的に、wh-movementという名前は、初期の生成文法(1960年代と1970年代)に由来し、wh式が深層構造の標準的な位置に現れ、その位置から左に移動する日の変換分析への参照でした。表面構造の文/節の前の派生位置に[2]構文の多くの理論は、変形的な意味での動きのメカニズムを使用していませんが、wh-movement(またはwh-fronting、wh-extraction、wh-raisingなどの同等の用語)という用語は、広く使用されています。この現象は、長距離の依存関係を運動としてモデル化していない理論でも同様です。

基本的な例

次の英語の文のペアの例は、wh -movementを示しています。各(a)の例には、英語の宣言文の正規の語順があります。各(b)文は、wh-movementを実行しました。これにより、質問を形成するためにwh-wordが前面に表示されます。関連する単語は太字で示されています。

直接目的語テニエールに対応するWh - fronting

(1a)トムはテニエールを読んでいます。
(1b)トムは誰を読んでいますか?

前置詞目的語構文に対応するwhatのWh-fronting

(2a)彼女は構文について話すのをやめるべきです。
(2b)彼女はについて話すのをやめるべきですか?

明日に対応する一時的な付加詞は wh-wordとしてwh-frontedされています。

(3a)彼らは明日私たちを訪ねたいと思っています。
(3b)彼らはいつ私たちを訪ねたいですか?

幸せに対応する形容詞、wh-wordwhatとして前面に出されています

(4a)彼女は幸せです。
(4b)彼女は何ですか?

学校に対応する前置詞は、wh-wordwhereとして前置されています

(5a)彼女は学校に行きます。
(5b)彼女はどこへ行くのですか?

よく対応する副詞は、wh-wordhowとして前面に出されています

(6a)彼らは順調です。
(6b)彼らは元気ですか

(1)から(6)の例は、対応する宣言文の定形動詞の右側に表示される構成要素が質問されたときに、 wh-frontingが発生することを示しています。この点に関して、主語が質問された場合、主語のデフォルトの位置が節の初期であるため、 wh-frontingが発生したと想定する明確な理由がないことを考慮してください。

a。フレッドは一生懸命働いています。
b。が一生懸命働いていますか?–フレッドに対応する主語はすでに文の前に表示されているため、が前に出ているかを推測する理由はありません

構文のいくつかの理論は、wh-movementの動き分析対象を維持します。ただし、このタイプの動きは文字列の空虚です(単語の表面の文字列は同じままです)。このような理論は、wh-subjectが実際に構文階層を上に移動したことを前提としています。[3]

wh-movementのないWh式

Wh移動は通常、英語で質問を形成するために発生します。ただし、 wh-movementが発生しない 質問は少なくとも3種類あります(質問語が主語として機能し、すでに前面に出ている場合を除く)。

  1. エコーの質問聞いたと思ったことを確認する
  2. クイズの質問または特定の質問:個人が以前に遭遇した詳細な特定の情報を尋ねます
  3. 1つの文に複数のwh-質問:前にすでに1つのwh-wordがある場合
  4. 予想される質問:新しい情報が予想されるときに発生します[4]
を買ったの!?–エコーの質問
ジョージ・オーウェルはどので生まれましたか?–クイズの質問
誰がを買ったの–複数のwh式

英語ではwh-movementが規則ですが(これらの3つのケースは規則の例外です)、スラブ語のように、他の言語ではwh式をその場(基本位置)に残すことがよくあります。[5]たとえば、フランス語では、特定の行列句でwh-movementがオプションであることがよくあります。[6]

強制的なwh移動のないwh式(つまり、wh --in - situ)を持つ言語の例としては、中国語とスラブ語があります。例として最も一般的に使用される言語は、北京語とロシア語です。

また、現場での質問は、2つの異なるパスをたどるため、 正面からの質問とは異なることも考慮する必要があります。

  1. 通常、その場での表現は、形態学的または実用的に条件付けられる傾向がある動きがまったくないことから生じます。[4]
  2. Wh-式/単語は常に移動されます。[4]

従属節で

前のセクションの例では、(質問を形成するために)主節でwh-movementが発生しています。Wh移動は、主節での発生に制限されていません。従属節での動作は重要な点で異なりますが、従属節で頻繁に表示されます。語順。次の2つのサブセクションでは、間接的な質問と関係節でのwh-movementについて検討します。

間接的な質問で

英語では、wh-movementが発生して、主節と従属節の両方で質問を形成します。質問が主節で表現される場合、それは直接の質問です。ただし、質問が従属節で表現されている場合、それは間接的な質問です。wh-frontingは直接質問と間接質問の両方で発生しますが、2つを区別する語順の違いがあります。[7]この違いは、次の例で示されています。

a。フレッドはジルに去るように頼むでしょう。
b。2フレッドが去るように頼むのですか?–直接の質問
c。1人のフレッド2人が3人が去るように頼むのだろうか。–間接的な質問
a。サムはハリケーンについてのニュースを入手するのが好きです
b。2サム何についてのニュースを得るのが好きですか?–直接の質問。do-supportが導入されました
c。彼らは、サムエル記上2章が3好きで、ニュースを入手するために何が好きかを尋ねました。–間接的な質問
a。ラリーは天気のために家にいた。
b。なぜ1人が2人のラリーが家にいたのですか?–直接の質問。do-supportが導入されました
c。1人のラリー2人が3人の家にいた理由は誰にもわかりません–間接的な質問

下付き文字は、直接質問と間接質問の語順の違いを示しています。主節のWh-frontingは通常、英語のV2語順になります。つまり、bの2つの添え字でマークされているように、定形動詞は2番目の位置に表示されます。文。ただし、間接的な質問では、cの3つの添え字でマークされているように、V3の語順が通常取得されます。文。直接的な質問と間接的な質問の間でこの体系的な語順の違いにもかかわらず、条項内のwh-frontingは両方の場合に発生しています。また、wh-frontingを有効にするには、do-supportが必要になることがよくあります主節のWh-frontingは、主語と助動詞の反転に依存していることがよくあります

関係節で

上記の例はすべて、質問句(質問)を含んでいます。ただし、 Wh移動は関係節でも発生しますが、これは質問として解釈することはできません。[8]英語の関係代名詞の多くは、対応する疑問詞(whichwhowhereなど)と同じ形式です。相対句は従属句であるため、間接的な質問に見られる特徴的なV3の単語順序が発生します。

a。フレッドの論文を読みました。
b。フレッドの論文、1 I2は3読んだ–関係のWh-fronting
c。*フレッドの論文、12を読んだ–従属節のV2語順ではWh-frontingは不可能
a。ジョンは知事が好きです。
b。1ヨハネの手紙2が好きな知事3–関係節のWh-fronting
c。* 12ジョンのようにする知事–従属節のV2語順ではWh-frontingは不可能
a。フレッドは喫茶店でその紙を読みます。
b。1フレッド23紙を読むコーヒーショップ–関係節のWh-fronting
c。* 12を行う喫茶店フレッドが論文を読んだ–V2語順の従属節でWh-frontingは不可能

関係代名詞は、bの従属節の前にあります。前のセクションの間接的な質問の前にあるのと同じように、例。特徴的なV3語順は必須です。主節のV2語が出現する場合、cのように文は悪いです。例が示しています。

パイドパイピング

wh-frontingの多くのインスタンスには、pied- pipingが含まれます。パイドパイピングは、前置されたwh-word(または他の方法でフォーカスされた単語)がそれを含む句の前に包含フレーズ全体を引っ張るときに発生します。条項(ハメリンのパイドパイパーを参照)。[9]次の2つのサブセクションでは、必須とオプションの両方のパイドパイピングについて検討します。

必須のパイドパイピング

パイドパイピングが義務付けられる場合があります。つまり、wh式の前に付けるには、包含句全体の前に付ける必要があります。次の例では、pied-pipingの関連するフレーズに下線が引かれています。

a。スーザンはフレッドの小説を読んでいます。
b。スーザンはの小説を読んでいますか?–小説のパイドパイピング
c。*スーザンは小説を読んでいるのはですか?– pied-pipingが発生していないため、文が不良です。
a。音楽はとてもうるさいです。
b。音楽はどれくらい大きいですか?–大音量のパイドパイピング
c。*音楽はどのように大音量ですか?– pied-pipingが発生していないため、文が不良です。

これらの例は、wh-wordが名詞句(NP)または形容詞句(AP)の中にある場合に、pied-pipingが必要になることが多いことを示しています。パイドパイピングは、抽出に対する障壁と島によって部分的に動機付けられています(以下を参照)。wh-wordがブロッキングカテゴリの下または島に表示される場合は、包含フレーズ全体を前面に配置する必要があります。Pied-pipingは、1967年の論文で John R.Rossによって最初に特定されました。

オプションのpied-piping

pied-pipingはオプションである場合があります。英語では、これは前置詞句(PP)で最も顕著に発生します。wh-wordは前置詞の目的語です。正式なレジスターは前置詞をパイドパイプしますが、より口語的な英語は前置詞をその場に残すことを好みます。

a。彼女はトムに秘密を明かした。
b。彼女はに秘密を明かしたのですか?–正式なレジスタに関連付けられた前置詞のパイドパイピング
c。彼女はに秘密を明かしたのですか?–口語的な日常の英語にはないpied-piping
a。彼は赤いドアの後ろに隠れています。
b。彼はどのドアの後ろに隠れていますか?–正式なレジスターに関連付けられた前置詞のパイドパイピング。
c。彼はどのドアの後ろに隠れていますか?–口語的な日常の英語にはないpied-piping

c。例としては、前置詞ストランディングの場合があります。これは英語では可能ですが、英語に関連する多くの言語では許可されていません。[10]たとえば、前置詞の座礁は、他の多くのゲルマン語にはほとんど存在せず、ロマンス諸語には完全に存在しない可能性があります。規範的な文法では、英語でも前置詞の座礁を避ける必要があると主張することがよくあります。ただし、特定のコンテキストでは、英語の前置詞のパイドパイピングにより、文が人工的または高床式に感じられる場合があります。

抽出島

多くの場合、Wh式は、その正規の位置がどれだけ離れているかに関係なく、文の先頭で発生する可能性があります。

a。メアリーは誰が好きですか__?
b。ボブはメアリーが__が好きだと誰が知っていますか?
c。カールは、ボブがメアリーが__を好きだと知っていると誰を信じますか?

動詞の直接目的語であるwh-word、これらの各文で好きです。正面の表現をその標準的な位置から分離できる距離に制限はないようです。より専門的に言えば、ギャップ(正規の空の位置)とそのフィラー(wh式)の間の依存関係は、与えられた文にどれだけ深く埋め込まれているかに上限がないという意味で無制限であると言えます。ギャップが表示される場合があります。

ただし、これが不可能な場合があります。特定の種類のフレーズはギャップを許さないようです。wh-wordを抽出できないフレーズは、抽出アイランドまたは単にアイランドと呼ばれます。次のサブセクションでは、7種類の島について簡単に説明します。1)付属島、2)ウィアイランド、3)サブジェクト島、4)左分岐島、5)座標構造島、6)複雑なNP島、7)非橋島。これらの島のタイプはすべて、ロスの独創的な論文で最初に特定されました。[11]以下の例の島々は、文で下線が引かれています。

付属の島々

付属島は、付属条項から形成される島一種です。付加句からのWh移動はできません。付加詞節には、関係節だけでなく、 becauseifwhenによって導入された節も含まれます。いくつかの例が含まれます:

a。あなたはそれをする必要があったので家に帰りましか?
b。* __をする必要があったので、何を家に帰りましたか?–付加句からの抽出の試みは失敗します。
a。アレックスは贅沢な指輪を身に着けている女性が好きですか?
b。*アレックスは__を着ている女性のように何ですか?–付加句からの抽出の試みは失敗します。

Wh移動はbで失敗します。ギャップが付加句に現れるので文。

Wh-島

wh-islandは、wh-wordによって導入された埋め込み文によって作成されます。Wh島は付属の島よりも弱く、それらに違反すると、ネイティブスピーカーには文法的に聞こえない文になります。

a。ジョンはエリックがどこで贈り物を買いに行ったのか疑問に思います。
b。?? ジョンはエリックがどこで__を買いに行ったのか疑問に思いますか– wh-islandから抽出する試みは、せいぜい非常にわずかです。
a。スーザンは、サムがフレッドを待っている理由を尋ねました。
b。*スーザンはサムが__を待っていた理由を誰に尋ねましたか?–wh-islandから抽出する試みは失敗します。

b。wh-islandから表現を抽出しようとしたため、文は非常に限界的/受け入れられません。

これが発生する理由は、両方のwh-wordがDPの一部であるためです。両方が干渉するため、下部の単語を構造の上部に移動することはできません。文法的な結果を得るには、適切なwh-movementが発生する必要があります。ただし、wh-wordはSpec-Cの位置を占めているため、wh-movementは循環プロセスであるため、高いDPをスキップして 競合するwh-wordを上に移動することはできません。

対象の島

Wh-movementは、少なくとも英語では、主題からは不可能です(またはほとんど不可能です)。これは特に主語節に当てはまりますが、多少程度は少ないですが、主語句からは外れます。たとえば、[12]

a。ジョンが家に帰った可能性が高い。
b。* __が家に帰った可能性が高いのは誰ですか?–主語節からのWh抽出は失敗します。
a。スーザンの話は面白かった。
b。?? __おもしろい話は誰でしたか?–主語句からのWh抽出は非常にわずかです。

ここで重要な洞察は、オブジェクトの句や句からのwh抽出が非常に可能であるということです。したがって、wh-movementに関しては、サブジェクトとオブジェクト間で非対称性があります。

左の分岐島

名詞の下の左側のブランチに表示される(つまり、変更する名詞の前にある)修飾子は抽出できません。関連する制約は左分岐条件として知られており、Ross(1967)はそれを発見したと再び信じられています。[13]左分岐制約は、英語および多くの関連言語の所有限定詞および形容詞が、前に置かれたときに名詞句全体を必然的にパイピングするという事実を捉えています。

a。スーザンはフレッドのアカウントが好きです。
b。*スーザンは__アカウントが好きな人は誰ですか?–名詞の下の左側のブランチから抽出しようとすると失敗します。
c。スーザンはのアカウントが好きですか__?– NP全体がパイプでパイプされている場合、抽出は成功します。
a。彼は高価なボートを買っ
b。*彼は__ボートをどれくらい高価に購入しましたか?–名詞の下の左側のブランチから抽出しようとすると失敗します。
c。彼はボートをどれくらい高価に買いましたか?– NP全体がパイプでパイプされている場合、抽出は成功します。

bで抽出が失敗します。抽出された式は名詞の左分岐修飾子に対応するため、文。左の分岐島は言語間で変動します。それらは英語で存在しますが、他の多くの言語、特にスラブ語には存在しません。[14]

構造島の調整

調整では、座標構造の結合からの抽出は、この抽出が座標構造のすべての結合に等しく影響する場合にのみ可能です。関連する制約は、座標構造制約として知られています[15]抽出では、各結合から同じ構文式を同時に抽出する必要があります。この種の抽出は、全面的に行われると言われています(ATB抽出)[16]

a。サムは[豆]と[ブロッコリー]を食べました。
b。*サムは[豆]と[__]を何を食べましたか?–抽出は、1つの結合にのみ影響するため、失敗します。
a。サムは[]と[ブロッコリー]を食べました。
b。*サムは[__]と[ブロッコリー]を何を食べましたか?–抽出は、1つの結合にのみ影響するため、失敗します。
a。サムは[私にギターをくれた]そして[あなたにトランペットを貸した]。
b。サムは[私に__を与えた]そして[あなたに__を貸した]何をしましたか? –抽出は、両方の結合から等しく発生するため成功します(ATB抽出)。
a。彼は[あなたを待っている]そして[あなたに電話をかけようとしている]。
b。彼は誰ですか[__を待っています]そして[__に電話をかけようとしています]?–抽出は、両方の結合から等しく発生するため成功します(ATB抽出)。

座標構造の結合からのWh抽出は、すべての結合から同時に発生すると解釈できる場合、つまり、全面的に発生する場合にのみ可能です。

複雑な名詞句の島

名詞句からの抽出は困難です。関連する制約は複合NP制約[17]として知られており、2つの種類があります。1つ目は名詞の節補語からの抽出を禁止し、2つ目は名詞を修飾する関係節からの抽出を禁止します。

名詞の補語:

a。フレッドが2番目の問題を解決したという主張を聞いたことがあります
b。?? フレッドが__を解決したという主張を何を聞きましたか?–複雑なNPから抽出しようとすると失敗します。
a。彼女はX-mas用の新しい電話を手に入れる可能性が好きです。
b。?? 彼女はX-masのために__を得るかもしれないという可能性をどのように好きですか?–複雑なNPから抽出しようとすると失敗します。

関係詞節:

a。彼らはバルカン言語を話す人を雇いました
b。*彼らは__を話す人をどのバルカン言語で雇いましたか?

非橋動詞の島

マトリックス動詞が非ブリッジ動詞である場合、動詞の補語として機能する句が島のような動作を示す可能性があるオブジェクトからの抽出(Erteschik-Shir1973)。非ブリッジ動詞には、ささやき叫びなどの話し方の動詞が含まれます

a。彼女は彼が彼の睡眠中に死んだと思います。
b。彼女は彼が死んだとどう思いますか__?–マトリックスブリッジ動詞を使用すると、オブジェクト句から簡単に抽出できます。
a。彼女は彼が彼の睡眠中に死んだとささやいた
b。*彼女は彼が死んだことをどのようにささやきましたか__?–ブリッジ以外の動詞を介した抽出は不可能です。

構文木のWh移動

構文木は、ツリー自体のすべてのセグメント(単語/構成要素)の主な頭を含む文の視覚的な内訳です​​。wh-movementには、追加される追加のセグメントがあります。EPP(拡張投射原理)と質問を表す質問機能[+ Q]です。

wh-movementは、C(補文標識)のQuestion Feature / EPPによって動機付けられます。これは、正規のベース位置からSpec-Cへのwh-wordの移動を促進します。この動きは、疑問詞を下からコピーしてSpec-Cに貼り付け、下から削除して上だけにとどまるようにするため、「コピー+貼り付け+削除」の動きと見なすことができます(現在はSpec-Cの位置)。全体として、最高のCがwh-raisingのターゲット位置になります。[2]

wh-movementで使用される疑問詞は、すべてが見出しを共有しているわけではありません。使用できるヘッドは3つあるため、これは構文ツリーを作成するときに考慮することが重要です。

見出し

限定詞句(DP):誰が、何を

前置詞句(PP):どこで、いつ、なぜ

副詞句(AdvP):どのように

wh-movementの構文木を作成するときは、T(時制)からC(補文標識)に上げられた単語の主語-補助語の反転を考慮してください。

EPP(拡大投射原理)の場所:

EPPを使用すると、wh-wordを構文ツリーの最下位の正規位置からSpec-Cに移動できます。EPPは、生息域外樹木と生息域外保全を区別する際の優れた指標です。Ex-situツリーはSpec-Cへの移動を許可しますが、in-situではヘッドCにEPP機能がないため許可されません。

構文木の島

構文木内では、島は移動を許可しません。移動が試みられた場合、その文は、観察された言語のネイティブスピーカーにとって非文法的であると認識されます。島は通常、ツリー上のボックス化されたノードとして示されます。埋め込まれた句から移動するには、限定詞句(DP)がSpec-Cの位置を移動する必要があるため、wh-Island構文ツリーでの移動は発生しません。限定詞句(DP)はすでに使用されているため、これは発生しません。

たとえば、「彼女は[誰が何を買ったのか]と言ったのですか?」「誰が」がDPの代わりになり、「何」が尊敬されるSpec-Cに上昇するのを制限していることがわかります。ネイティブスピーカーはこれを確認するかもしれませんし、文法的に聞こえないかもしれません:*「彼女は何を言いましたか[何を買いましたか?]」。

複数のwh-質問

言語では、1つの文に複数のwh質問を含めることができます。これらの質問構造は、複数のwh質問と呼ばれます [18]。

例:レストランで 誰がを食べましたか?

次の英語の例では、ストライクアウトラインとトレースムーブメントの共インデックス記号([ Who i ... who t i ...])を使用して、最も近いwhフレーズの基本的なレイズムーブメントを示しています。この動きは、前に1つのwh質問がある明白な文の語順を生成します。

例:[が何を作る手伝っ くれましたか?]

  • この文の基礎となる(深い)構文構造では、VPがその補集合として直接目的語DPを選択するため、[ who ]は他動詞[ help ]の直後に配置されます。
  • 最も近いwh-phrase [ who ]は、正規の位置からSpec-CPに上げられます。これにより、文の先頭にwh-question単語が含まれる文の語順が生成されます。
  • 遠くにあるwh-phrase [ what ]はその場で保持されます

基礎となる構文では、CPの選択特性を満たすためにSpec-CPに最も近いwh-phraseが生成されます。Cの[+ Q]および[+ Wh-EPP]機能要件です。Spec-CPから離れたwh-phrase CPは基本位置(その場)に留まります。[18]

優越条件

優位性条件、複数のwh句を含む句内でどのwh句が移動するかを決定します。[18]これは、最も近い候補者のみがそれを選択する誘引ヘッドへの移動に適格である、最も近い誘引原理を適用した結果です。[18]前のwh-phraseの代わりにさらにwh-phraseが移動すると、非文法的な構造が作成されます(英語)。すべての言語に、優位性条件によって支配される複数のwh移動のインスタンスがあるわけではなく、ほとんどの言語にはバリエーションがあります。優位性の条件に関して、言語間で統一性は見られません。

たとえば、次の英語のフレーズを参照してください。

a。[誰にを買うか誰に聞いたの]

b。* [を買うの聞いの?]

下付き文字「ti」または「i」は、共参照を示すために使用されます。「t」はトレースを表し、「ti」と「i」は両方とも、単語が相互に同じエンティティを参照していることを表します。

a。では、より近いwh-phrase [ who ]は、VP [ who to Buywhat]の対象からSpec-CPに向かって上昇します。2番目のwh-phrase [ what ]はその場に残ります(VP [who to Buy what]の直接の目的語として)。これは、Spec-CPの[+ QWh]機能を満たすためです。

b。では、より遠いフレーズ[ what ]が、VP [誰が何を購入する]の直接目的語の位置からSpec-CPの位置に誤って移動しました。Spec-CP [ who ]に近いフレーズは、VP [が何を購入するか]の主題としてその場にとどまっています。この文には、最も近い候補が移動されなかったため、最も近い候補を引き付けるという原則の違反が含まれています。この文は文法的ではなく、アスタリスク(*)でマークされています。

ドイツ語

ドイツ語は、複数のwh句を含む句の間に優位性条件の期待される効果を示していません。ドイツ語には、その場に留まることなく、より遠いwh-phraseがより近いwh-phraseを「クロスオーバー」して移動できるようにするプロセスがあるようです。[19]この動きは許容され、英語と比較した場合よりも影響が少ない。[19]

たとえば、次のドイツ語のフレーズを参照してください。

a。

「誰が何を見たのかわからない」
Ich ワイス nicht、 wer だった gesehen 帽子
知る いいえ、 WHO 見た もっている

b。

「誰が何を見たのかわからない」
Ich ワイス nicht、 だった wer gesehen 帽子
知る いいえ、 WHO 見た もっている

a。の光沢は、wh-phrase [what]がwh-phrase [who]を「クロスオーバー」し、[+ QWh]機能を満たすためにSpec-CPに含まれていることを示しています。この動きは、優越条件が基づいている、引き付けの最も近い原則の違反です。

北京語

北京語はwh- in-situ言語です。つまり、構成要素の質問でwh-movementを示しません。[20]言い換えると、マンダリンのwh-wordsは、構成要素の質問でwh-wordが移動する 英語のwh-movementとは対照的に、句の元の位置に留まります。

In-situ

次の例は、北京語での複数のwh移動を示しており、単純さと明確さのため に拼音で書かれています。

例1 Ni xiang zhidao マリ ヴァイシェンメ マイレ シェンメ
グロス 君は 欲しいです 知る メアリー どうして 購入-過去
翻訳 「なぜメアリーがそれを買ったのだろうか?」

この例は、北京語のwh-word「what」が表面構造その場に留まっていることを示しています[21]が、北京語のwh-word「why」は適切なスコープ位置に移動し、そうすることで、c-commands wh -その場にとどまる単語。

マトリックススコープ

北京語のwh質問の範囲は、関連するwhフレーズの種類に応じて他の条件にも左右されます。[22]次の例は、2つの意味に変換できます。

例2 Ni xiang zhidao 彼女私 マイレ シェンメ
グロス 君は 欲しいです 知る WHO 購入-過去
翻訳 「誰がxを買ったのだろうと思うようなxのことは何ですか?」

「xが何を買ったのか不思議に思うような人xは誰ですか?」

この例は、「who」や「what」などの特定の疑問詞が北京語でマトリックススコープを自由に取得できる方法を示しています。[23]

最も近いものを引き付ける

頭が最も近い候補を採用する「最も近い誘引」の原則を参照すると、北京語の明白なwhフレーズは適切なスコープ位置に移動し、他のwhフレーズはwhによってcコマンドされるためその場に留まります。 -最初に言及されたフレーズ。[24]これは次の例で見ることができます。ここで、「what」の単語は、「at where」を意味する北京語のフレーズによってcコマンドされているため、その場にとどまります。

例3 Ni xiang zhidao マリ ザイナリ マイレ シェンメ
グロス 君は 欲しいです 知る メアリー どこで 購入-過去
翻訳 「メアリーがどこでxを買ったのか不思議に思うようなxは何ですか?」

「メアリーがxで何を買ったのか不思議に思うような場所xはどこにありますか?」

これらの例が示すように、北京語はwh-in-situ言語であり、表面構造でwhフレーズの動きを示さず、質問に含まれるwhフレーズのタイプに基づく他の条件の影響を受け、AttractClosestに準拠します。原理。

ブルガリア語

ブルガリアでは、Cの[+ wh]機能が複数のwh単語の動きを動機付け、複数の指定子につながります。マトリックス句の[Spec-CP]にwh句のクラスターを形成する必要があります。これは英語とは異なります。英語では、句に複数のwh-wordがある場合、1つのwh-wordのみが[Spec-CP]に移動します。これは、ブルガリア語では、英語とは異なり、wh要素のすべての動きが構文で行われ、動きがはっきりと示されているためです。[25]ブルガリア語のwh-wordsの句構造は、次の図1に示されています。ここでは、[Spec-CP]の下にwh-clusterが形成されています。

図1.ブルガリア語での複数のwh-movementの句構造

ブルガリア語とルーマニア語では、wh要素は[Spec-CP]に引き付けられ、他のwh要素は[Spec-CP]の最初のwh-wordに隣接します。[26]

例1 Koj 古吾 ___t 1 ビダ ___t 2
グロス WHO 見る
翻訳 誰が誰を見ますか?

例1では、両方のwh-wordが移動し、[Spec-CP]クラスター内にあることがわかります。

最も近いものを引き付ける

Attract Closestは、特定の機能を引き付けるヘッドが、それに利用可能な最も近い候補を採用するという優位性条件の原則です。これは通常、最も近い候補者の移動につながります。

スラブ言語は、[Spec-CP](Rudin、1998)でwh要素の動きに関する2つの異なるS構造にグループ化されています。1つのグループには、セルビアクロアチア語ポーランド語チェコ語が含まれ、S構造の[Spec-CP]にはwh要素が1つだけあります。もう1つのグループには、ブルガリア語が含まれています。ブルガリア語は、S構造の[Spec-CP]にすべてのwh要素があります。言及された最初のグループでは、最も近い誘引原理が存在し、誘引ヘッドに最も近いwhワードが動き、残りのwh要素はその場に留まります。言語の2番目のグループであるAttractClosest原理はわずかに異なる方法で発生します。wh-wordの移動順序は、[Spec-CP]への近さによって決まります。引き付けている頭に最も近いwh-wordが最初に動き、次に近いwh-wordがそれに続きます。このように、優位性効果は、セルビア・クロアチア語、ポーランド語、チェコ語の最初のwh要素に存在しますが、ブルガリア語では、句のすべてのwh要素に存在します。[27]

例2 カクボ カク ナプラビ イワン?
グロス どうやって した イワン?
翻訳 イワンはどうでしたか?

Attract Closest原則は、wh-wordsがツリー内で最初に移動する順序に関する重要な詳細を説明します。最も近いwh-wordが最初に移動されるため、特定の順序が表示されます。Wh-subjectsはwh-objectsとwh-adjunctsの前にあります(Grewendorf、2001)。これは、例2と例3に見られます。例3は、[Spec-CP]に3つ以上のwh-wordが含まれる可能性があり、句に含まれるwh-wordの数に関係なく、すべて移動する必要があることも示しています。

例3 Koj カク 古吾 e tselunal?
グロス WHO どうやって キスした
翻訳 誰が誰にどのようにキスしたのですか?

In-situ

ブルガリア語では、例4で、同じwh-wordのシーケンスの形成を延期するために、wh要素を最後の手段としてその場に残すことが許可されていることがわかります(Bošković、2002)。

例4 カクボ obulslavlja カクボ?
グロス 条件
翻訳 どのような条件が何ですか?

要約すると、ブルガリア語には構文に複数のwh-movementがあり、wh-wordsは明白に動きます。また、[+ wh]機能により、句内のすべてのwh-wordが[Spec-CP]の下に移動しますが、句内での表示方法には一定の順序があります。

フランス語

フランス語では、複数のwh質問には次のパターンがあります。

a)一部のフランス語の質問文では、wh-movementはオプションです。 [28]

1. Spec-CPに最も近いwh-phraseを前面に出すことができます(つまり、深層構造の隠れたベース位置から表面構造の語順の明白な音韻形式にSpec-CPに移動します)。

2.あるいは、whフレーズはその場にとどまることができます [28] [29]

例1 Qu ' なので- 使節 à qui?
グロス 持ってる 送信済
例2 なので 使節 クォイ à qui?
グロス 持ってる 送信済
翻訳 'あなたは誰に何を送りましたか?'

上記の例文では、例#1と#2はどちらも文法的であり、フランス語で同じ意味を共有しています。ここでは、ある形式の質問を他の形式よりも使用するという選択は任意です。どちらの文も、2つのwh-wordで表される2つの特定のDP構成要素について質問するために使用できます。[28]フランス語では、2番目の文をエコー質問として使用することもできます[30]対照的に、英語では、2番目の文の文法構造はエコー質問としてのみ受け入れられます。誰かの発話で聞く(または誤解する)情報を明確にするために尋ねる質問、またはショックを表現するために使用する質問です。または誰かの発言に対する不信感。[19]英語のエコー質問の場合、話者はイントネーションの上昇を使用して疑問詞を発音的に強調するのが一般的です(たとえば、WHATをWHOに送信しましたか?)。英語で複数のwh質問を使用するこれらの特別な例は、本質的に「その発話の繰り返しの要求」です。[19]

b)他のフランス語の質問文では、wh-movementが必要です。 [29]

複数のwh質問を含むフランス語の文でwh-in-situを使用するオプションは、特定の条件に制限されています。その使用法の「非常に限られた分布」が存在します。[29]

フランス語のwh-in-situは、次の場合にのみ発生します。

  1. マトリックス句(別名メイン句)
  2. 明白な補文標識を持たない行列句(つまり、補文標識は「音韻的にnull」)
  3. 「短距離」の質問(つまり、wh-移動がwh-島制約によってブロックされていない)

これらの基準が満たされていない場合、フランス語でWh-in-situの使用は許可されません。[29]

Wh-in-situは許可されていません

  1. 埋め込まれた質問で
例1 *アンドレ a デマンド なので 疥癬 クォイ
グロス アンドレ もっている 尋ねた 持ってる 食べた
翻訳 * 'アンドレはあなたに何を食べたか尋ねました。'
正しい形式: アンドレ a デマンド クォイ なので 疥癬
グロス アンドレ もっている 尋ねた 持ってる 食べた
翻訳 アンドレはあなたが何を食べたか尋ねました。」

2.明白な補文標識に関する質問

例1 * Quoi なので 疥癬 クォイ?
グロス 持ってる 食べた
翻訳 * '何を食べましたか?'


正しい形式: Quoi なので 疥癬?
グロス 持ってる 食べた
翻訳 あなたは何を食べましたか?」


3. 「遠距離恋愛」の質問

例1 *ミシェル et ピエール ペンセント que アンドレ a 疥癬 クォイ?
グロス ミシェル ピエール 考える それ アンドレ もっている 食べた
翻訳 * 'ミシェルとピエールはアンドレが何を食べたと思いますか?'


正しい形式: Quoi ミシェル et ピエール ペンセント- ils que アンドレ a 疥癬?
グロス ミシェル ピーター 考える 彼ら それ アンドレ もっている 食べた
翻訳 ミシェルとピーターはアンドレが食べたと思いますか?」

要約すると、複数のwh質問があるフランス語の文では、wh-movementとwh-in-situのどちらを選択するかは恣意的ではありません。特定の条件によって制約されます。[29]

他の言語で

Wh移動は、世界中の他の多くの言語でも見られます。ほとんどのヨーロッパ言語では、句の先頭に疑問詞も配置されます。さらに、上記の事実の多くは他の言語にも当てはまります。主なwh節と従属するwh節の間の語順の体系的な違いは、さまざまな形で他の言語に現れます。wh抽出する島は他の言語でも存在しますが、いくつかのバリエーションがあります。次の例は、スペイン語でのオブジェクトのwh-movementを示しています。

a。 ファン compró カーン
ジョン 買った お肉。 「ジョンは肉を買いました。」
b。 ¿ Qué compró ファン?
買った ジョン 「ジョンは何を買いましたか?」

次の例は、ドイツ語で のオブジェクトのwh-movementを示しています。

a。 Er 最も嘘つき テニエール ジェデン 異常終了。
読み取り テニエール 毎日 夜。 「彼は毎晩テニエールを読んでいます。」
b。 ウェン 最も嘘つき er ジェデン 異常終了しますか?
WHO 読み取り 毎日 「彼は毎晩誰を読んでいますか?」

次の例は、オブジェクトのwh-movementをフランス語で示しています。

a。 Ils ont vu ピエール
彼ら 持ってる 見た ピーター 「彼らはピーターを見ました。」
b。 Qui est-ce qu ' ils ont vu?
WHO それですか 彼ら 持ってる 見た 「彼らは誰を見ましたか?」
c。 Qui ont ils vu?
WHO 持ってる 彼ら 見た 「彼らは誰を見ましたか?」

すべての例は英語の例と非常によく似ており、wh-movementが多くの言語で一般的な現象であることを示しています。ただし、前述のように、wh-movementの動作は、問題の個々の言語によって異なります。

それが存在しない言語

多くの言語にはwh-movementがありません。代わりに、これらの言語は質問と回答の文の対称性を保ちます。

たとえば、中国語のトピックの質問は、回答と同じ文型になっています。

(()。 ((zài)。 ((zuò)。 什麼((シェンミー)。?[你在做什]

  • 文字通り:あなたPROG何をしますか?
  • 翻訳: あなたは何をしていますか?

応答は次のようになります。

(()。 ((zài)。 編輯((辯機)。 維基百科((Wéijībǎikē)。。[你在做编辑维基百科]

  • 文字通り:PROG)は ウィキペディアを編集します
  • 翻訳:私はウィキペディアを編集しています。

中国語にはwh助詞があり、wh移動詞はありません。

理論的アプローチ

Wh移動は通常、不連続性をもたらします。「移動した」構成要素は、構文的に標準位置を支配する材料によって標準位置から分離された位置になります。つまり、不連続構成要素長距離依存性が存在するように見えます。 このような不連続性は、構文の理論に挑戦し、構文の理論には、これらの不連続性に対処できるコンポーネントが含まれます。この点で、構文の理論は、移動または機能の受け渡しのいずれかを介して、2つの方法のいずれかで不連続性を説明する傾向がありますEPP機能(拡大投射原理)と質問機能は、ムーブメント自体で大きな役割を果たします。これらの2つの機能は、移動を許可するex-situ質問で発生し、移動を許可するin-situ質問には存在しないことに気づきました。

動きを仮定する理論には、初期の生成文法(1960年代と1970年代)にまでさかのぼる長く確立された伝統があります。彼らは、変位した構成要素(たとえば、wh式)が、表面下の構造生成プロセスのあるレベルまたはポイントで、その標準的な位置で最初に生成されると想定しています。次に、この表現は、この基本位置から移動またはコピーされ、実際に音声で表示される表面位置に配置されます。[31]動きは、さまざまな手段(たとえば、トレースt、動きの矢印、取り消し線、明るいフォントの陰影など) のいずれかを使用してツリー構造で示されます。

一般に、wh移動と不連続性に対する移動アプローチの代替手段は、機能の受け渡しです。このアプローチは、何らかの意味で動きが発生したという概念を拒否します。wh式はその表面位置でベース生成され、移動の代わりに、情報の受け渡し(つまり、特徴の受け渡し)が構文階層の上下でギャップの位置との間で発生します。

も参照してください

メモ

  1. ^ wh -frontingの説明は、構文と文法に関する多くの教科書に記載されています。たとえば、Stockwell(1977:35ff。)、Baker(1978:119ff。)、Riemsdijk and Williams(1986:19ff。)、Borsley(1988:188ff。)、 Radford(1997:267ff。)、Roberts(1999:35ff。)、Tallerman(2005:217ff。)、Carnie(2013:357ff。)
  2. ^ a b 質問の形成とwh移動の初期の説明については、たとえば、Ross(1967/86:18ff。)、Bach(1974:129)、Culicover(1976:73f。)、Stockwell(1977:172f。)を参照してください。 )、ベイカー(1978:121f。)。
  3. ^ Agbayani、ブライアン(2000-10-01)。「英語のWh-SubjectsとVacuousMovementHypothesis」言語のお問い合わせ31(4):703–713。土井10.1162 / 002438900554523ISSN0024-3892 _
  4. ^ a b c ウェッツェル、レオ; Menuzzi、セルジオ; コスタ、ジョアン、編 (2016-04-06)。ポルトガル語学ハンドブック(1版)。マサチューセッツ州モールデン。ISBN 9781118791745OCLC944246651 _
  5. ^ ステパノフ、アーサー。スラブ語のWhスコープマーキングOCLC449924033_ 
  6. ^ フランス語でのwh-movementについては、Bošković(2002)を参照してください。
  7. ^ 直接質問と間接質問の語順の違いについては、たとえば、Roberts(1997:37)、GroßandOsborne(2009:74ff。)、およびCarnie(2013:367)を参照してください。
  8. ^ wh-movementに関する関係節の分析については、Carnie(2013:369ff。)を参照してください。
  9. ^ pied-pipingのRoss(1967/86:121ff。)の元の説明を参照してください。パイドパイピングの詳細な分析については、たとえばRiemsdijk and Williams(1986:28ff。)およびRadford(1997:276ff)を参照してください。
  10. ^ 英語のwh-questionsでの前置詞の座礁については、Roberts(1997:212f)およびRadford(1999:278ff。)を参照してください。
  11. ^ 島の現象の一般的な説明については、たとえばRiemsdijk and Williams(1986:23ff)、Roberts(1997:186ff。)、Borsley(1999:205ff。)、およびCarnie(2013:374ff。)を参照してください。
  12. ^ 対象の島については、Ross(1967/86:148f。)、Culicover(1976:282ff。)、Borsley(1999:206)、Radford(1997:281)を参照してください。
  13. ^ ロス(1967/86)は、127ページに彼の左分岐条件を示しています。「より大きなNPの左端の構成要素であるNPは、変換規則によってこのNPから並べ替えることはできません」。
  14. ^ スラブ語の左分岐島の欠如については、Ross(1967/86:145)、Grosu(1973)、Roberts(1997:189)を参照してください。
  15. ^ 座標構造の制約については、Ross(1967/86:97ff。)、Bach(1974:210)、Culicover(1976:281ff。)、Roberts(1997:188)を参照してください。
  16. ^ 全面的な用語は、ウィリアムズ(1978)からのものです。Roberts(1997:188)、Borsley(1999:207)も参照してください。
  17. ^ 複雑なNP制約については、たとえば、Ross(1967/86:272ff。)、Culicover(1976:280f。)、Baker(1978:200ff。)、Borsley(1999:206f。)を参照してください。
  18. ^ a b c d Sportiche、ドミニク。(2013-09-30)。構文分析と理論の紹介Koopman、Hilda Judith 、、 Stabler、Edward P. Chichester、ウエストサセックス。pp。295–296。ISBN 978-1-118-47047-3OCLC842337755 _
  19. ^ a b c d Fanselow、Féry、Gisbert、Caroline。「優越効果の欠如:ドイツ語(および他の言語)での長い動き*」(PDF) {{cite journal}}引用ジャーナルには|journal=ヘルプ)が必要です
  20. ^ 陳、Shuangshuang。「北京語でのwh-movementの語用論的動機」。「北京語でのwh-movement1の語用論的動機」 {{cite journal}}引用ジャーナルには|journal=ヘルプ)が必要です
  21. ^ ルーディン、キャサリン(1988)。「複数の質問と複数のWhフロントについて」(PDF)自然言語と言語理論6(4):445–501。土井10.1007 / BF00134489S2CID 170344200 –シカゴ大学経由。  
  22. ^ チェン、リサライシェン。Wh-in-situ
  23. ^ Soh、Hooi Ling(2005年冬)。「北京語のWh-in-Situ」言語のお問い合わせ36:143–155。土井10.1162 /ling.2005.36.1.143S2CID 57572217 – ProjectMUSE経由。 
  24. ^ チェン、リサライシェン。「Wh-in-situ」(PDF) {{cite journal}}引用ジャーナルには|journal=ヘルプ)が必要です
  25. ^ ルーディン、キャサリン(1988)。「複数の質問と複数のWHフロンティングについて」。自然言語と言語理論6(4):445–501。土井10.1007 / BF00134489ISSN0167-806X_ JSTOR4047590_ S2CID170344200_   
  26. ^ Grewendorf、Günther(2001)。「複数のWh-Fronting」。言語のお問い合わせ32(1):87–122。土井10.1162 / 002438901554595ISSN0024-3892_ JSTOR4179138_ S2CID57566471_   
  27. ^ Bošković、Željko(2002)。「複数のWh-Frontingについて」。言語のお問い合わせ33(3):351–383。土井10.1162 / 002438902760168536ISSN0024-3892_ JSTOR4179196_ S2CID123577882_   
  28. ^ a b c ルーディン、キャサリン(1988)。「複数の質問と複数のWhフロントについて」。自然言語と言語理論6(4):445–501。土井10.1007 / BF00134489S2CID 170344200 –JSTOR経由。 
  29. ^ a b cdeBošković 、 Željko 2002年夏)。「複数のWh-Frontingについて」。言語のお問い合わせ33(No。3)(3):351–352。土井10.1162 / 002438902760168536S2CID 123577882 –JSTOR経由。 
  30. ^ Mathieu、Eric(1999)。「その場でのWHと介入効果」。言語学におけるUCLワーキングペーパー(UCLWPL)11:441。
  31. ^ 移動/コピーのアプローチの例については、Radford(2004:153ff。)を参照してください。

参考文献

  • バッハ、E. 1974年。統語論。ニューヨーク:Holt、Rinehart、Winston、Inc。
  • Baker、C.1978。生成-変形構文の概要。ニュージャージー州エングルウッドクリフ:プレンティスホール。
  • Borsley、R。1999.構文理論:統一されたアプローチ。ロンドン:アーノルド。
  • Bošković2002。複数のwh-frontingについて。言語のお問い合わせ33、351-384。
  • カーニー、A。構文:生成的な紹介マサチューセッツ州モールデン:ワイリーブラックウェル。
  • チョムスキー、N.1977。wh-movementについて。Culicover、PW、Wasow、Thomas、およびAkmajian、Adrian(eds)、Formal Syntax、ニューヨーク。
  • Costa、J etal。2016年。ポルトガル言語学ハンドブック。(2016)。ポルトガル語学ハンドブック、288〜302ページ。
  • Culicover、P.1976。構文。ニューヨーク:アカデミックプレス。
  • デビッドクリスタル(2011年9月23日)。言語学と音声学の辞書ジョン・ワイリー&サンズ。ISBN 978-1-4443-5675-5
  • Erteschik-Shir、N.1973。島の制約の性質について。マサチューセッツ工科大学、マサチューセッツ州ケンブリッジの博士論文。
  • Groß、T。andT. Osborne2009。不連続性の実用的な依存文法理論に向けて。SKY Journal of Linguistics 22、43-90。
  • ジュラフスキー、D。およびJ.マーティン。2008.音声および言語処理:自然言語処理、計算言語学、および音声認識の概要。インド、デリー:ピアソン教育。
  • Grosu、A.1973。左枝の状態について。言語に関するお問い合わせ。
  • O'Grady、W。2005.統語論的大工:緊急アプローチ。ニュージャージー州マーワー:ローレンスエルバウムアソシエイツ、出版社。
  • Parra-Guinaldo、V。2013.左周辺の更新へのジェネラティビストアプローチ:「かどうか」の再分析。ザールブリュッケン:ランバート。
  • Radford、A。2004 .英語の構文:はじめに。英国ケンブリッジ:ケンブリッジ大学出版局。
  • Riemsdijk、H。van、E.Williams。1986年。文法理論の紹介。マサチューセッツ州ケンブリッジ:MITプレス。
  • Roberts、I.1997。比較構文。ロンドン:アーノルド。
  • ロス、J.1967。構文における変数の制約。マサチューセッツ工科大学博士論文。
  • ロス、J.1986。無限の構文。(元々は1967年から著者の論文として発表されました)。ニュージャージー州ノーウッド:無限の構文!
  • ストックウェル、R.1977。構文理論の基礎。ニュージャージー州エングルウッドクリフ:Prentice-Hall、Inc。
  • Tallerman、M.2005。構文を理解する。第2版​​。マルタ:ホダーアーノルド。
  • ウィリアムズ、E. 1978年。全面的なルールの適用。言語のお問い合わせ9、31-43。

外部リンク