福祉生物学

ウィキペディアから、無料の百科事典
ナビゲーションにジャンプ 検索にジャンプ
Ngの福祉生物学の枠組みの中で、カンガルーのような、知覚能力と喜びや痛みを経験する能力を持っている存在は、「感情的な感性」として分類されます。

福祉生物学は、環境に関連して感性のある個人のポジティブおよびネガティブな幸福を研究するために提案された学際的な研究分野です。Yew-Kwang Ngは、1995年にこの分野を最初に発展させました。それ以来、その設立は、特に野生動物の苦しみに関連して、研究分野を作成することの重要性を主張する哲学者を含む多くの作家によって提唱されてきました。一部の研究者は、福祉生物学が利用できる既存の研究の例を提示し、研究結果の特定のアプリケーションを提案しました。

歴史

厚生生物学は、厚生経済学者の Yew-KwangNgによって最初に提案されました。、1995年の論文「福祉生物学に向けて:動物の意識と苦しみの進化経済学」。この論文では、Ngは福祉生物学を「生物とその福祉に関する環境の研究(正味の幸福、または楽しみから苦しみを差し引いたものとして定義される)」と定義しています。彼はまた、「感情的」と「非感情的」な感覚を区別します。感情的な感覚は、外界を知覚し、喜びや痛みを経験する能力を持つ個人ですが、非感情的な感覚は、対応する経験がなく、知覚する能力を持っています。Ngは、後者は喜びや苦しみを経験しないので、「非感覚者のように、相続人の福祉は必然的にゼロである」と主張します。彼は、進化のダイナミクスのモデリングに基づいて、次のように結論付けています。その苦しみは自然の中での楽しみを支配します。[1]

Matthew ClarkeとNgは、2006年に、Ngの福祉生物学のフレームワークを使用して、オーストラリアのパッカパニャルでカンガルーをカリングすることのコスト、利益、および福祉への影響を分析しました。彼らは、彼らの議論は「特定の状況ではカンガルーや他の動物のカリングをある程度支援するかもしれないが、カリングに頼るよりも予防​​策が優れているかもしれない」と結論付けた。[2]同じ年に、トーマス・アイヒナーとリュディガー・ペティはNgのモデルを分析し、福祉生物学の初期段階のために生物の福祉の適切な決定要因の欠如について懸念を表明した。[3]

2016年、Ngは、福祉生物学は、「動物福祉に関する難しい質問」に答えることによって、動物の感情を研究することの難しさについて、マリアン・ドーキンスによって最初に提起された動物福祉科学のパラドックスを解決するのに役立つ可能性があると主張しました。論文では、Ngは飼育下の動物の福祉を改善するためのさまざまな実践的な提案も提供しました。[4] ToddK.ShackelfordとSaymaH.Chowdhuryは、Ngに応えて、飼育下の動物の福祉の改善に焦点を合わせるのではなく、そもそも飼育動物を繁殖させない方がよいと主張しました。彼らの苦しみを完全に」。[5]

Ngは、2019年にZach Groffとともに、元の1995年の論文の更新を公開しました。これにより、元のモデルに誤りが見つかり、元の結論が否定され、自然界の苦しみの程度が悲観的ではないという概念が修正されました。[6]

道徳哲学者のカティア・ファリアオスカー・オルタによる福祉生物学の章は、2019年の本The Routledge Handbook ofAnimalEthicsに含まれています。この章では、福祉生物学は動物福祉科学から部分的に発展する可能性があると主張していますが、人間の管理下にある動物の研究だけに焦点を当てているわけではないため、その焦点はより広くなります。ファリアとホルタはまた、福祉生物学は生態学から発展する可能性があると主張している、感性のある個人の幸福が彼らの環境によってどのように影響されるかに焦点を当てています。彼らは、生命科学者や一般市民の間での種差別主義者や環境保護主義者の広範な信念によって引き起こされる、動物福祉の重要性の最小化と見なすものについて懸念を表明し、福祉生物学の発展を妨げる可能性があると主張しています。ファリアとホルタは、野生での動物の苦しみが非常に大きいため、「福祉生物学を発展させることの期待値は非常に高い」と結論付けています。これは、一般的に考えられている牧歌的な自然の概念に反論しています。[7]

一部の研究者は、生活史の特定の特性が特定の個人に福祉の結果を悪化させる可能性があり、これが生息地の分断化感受性と強い関係があると主張するため、福祉生物学に対する生活史理論の重要性を強調しました。[8]福祉生物学は、初期の分野として、野生動物の福祉に関する十分な実証的研究が不足しているが、現在生物多様性に情報を提供するために使用されている既存の人口統計データを使用することでこれを補うことができることも示唆されている。保全、将来の研究努力を知らせるため。[9]野生動物に対する火災の福祉への影響を検討することは、福祉生物学の分野を確立し、研究の将来の方向性を特定するために既存の生態学研究から引き出された知識を使用する例として引用されています。[10]再野生化プロジェクトへの福祉生物学の適用は、さらに調査の対象となっており、福祉生物学を規律として確立する手段として「地元の人々、保護活動家、当局、政策立案者の間の協力」が提案されています。[11]

環境経済学の研究者たちは、彼の元の論文で「福祉生物学を科学研究の有効な分野として認める時期が来ている」というNgの主張に注目しているが、25年経った今でも、研究分野としての福祉生物学はまだ脱ぐ。[12]

動物倫理野生動物イニシアチブは、研究分野としての福祉生物学の確立を促進するために取り組んでいる2つの組織です。[13]

提案されたサブディシプリン

都市福祉生態学

都市福祉生態学は、ドバトなどの都市環境における動物の福祉を研究するためのサブディシプリンとして提案されています。

CatiaFariaとOscarHortaは、都市、郊外、および産業の生態系に生息する動物の幸福を研究する福祉生物学の下位分野として、都市福祉生態学を提案しました。彼らは、これらの地域の動物についてはすでに多くの研究が行われているが、人間への悪影響を排除すること、または特定の種の動物を保護することを目的としていることを示唆している。ファリアとホルタは、そのような知識はこれらの動物が経験する害を軽減するのに役立つ可能性があり、そのような生態系はすでに人間の管理下にあるため、そのような環境は介入実験に最適であり、調査結果は他の生態系における動物の幸福。[7]

野生動物の苦しみとの関係

動物倫理の分野の一部の作家は、知覚力のある個人の苦しみを減らすための説得力のある道徳的理由があり、この一連の推論に従って、人間は野生動物の苦しみを減らすための介入を行うべきであると主張しています。[14] [15]彼らは、生態系は知覚力がないため、結果として生物多様性を気にする能力が不足していると主張し、知覚力のある動物は彼らの福祉に関心を持っていると主張している。[16]その結果、彼らは、生態学者が現在保全生物学に使用されている資源を福祉生物学にシフトすることには強い正当性があると主張している。[16] [17]また、野生動物を助けるために体系的かつ大規模な努力を行う義務を受け入れる場合、これには最初にいくつかの重要な質問に答える必要があり、大規模な行動は成功した小規模試験の長い段階。[18]

参照

  1. ^ Ng、Yew-Kwang(1995-07-01)。「福祉生物学に向けて:動物の意識と苦しみの進化経済学」 (PDF)生物学と哲学10(3):255–285。土井10.1007/BF00852469ISSN1572-8404 _ S2CID59407458 _
  2. ^ クラーク、マシュー; Ng、Yew-Kwang(2006-10-01)。「個体群動態と動物福祉:パッカパニャルでのカンガルーのカリングによって引き起こされた問題」(PDF)社会的選択と福祉27(2):407–422。土井10.1007/s00355-006-0137-8ISSN1432-217X_ S2CID15023392_   
  3. ^ アイヒナー、トーマス; ペティグ、リュディガー(2006年1月)。「効率的な非人類中心の自然保護」(PDF)社会的選択と福祉26(1):47–74。土井10.1007/s00355-005-0029-3ISSN0176-1714_ JSTOR41106720_ S2CID20637480_    
  4. ^ Ng、Yew-Kwang(2016-01-01)。「福祉生物学と常識が動物の苦しみを減らすのにどのように役立つか」動物の感性1(7)。土井10.51291/2377-7478.1012ISSN2377-7478_ 
  5. ^ Chowdhury、Sayma H .; シャッケルフォード、トッドK.(2017年12月)。「繁殖するかしないか?:動物福祉の質問に対する反出生主義者の答え」(PDF)進化心理学3(4):390–391。土井10.1007/s40806-017-0100-1ISSN2198-9885_ S2CID151484048_   
  6. ^ Groff、Zach; Ng、Yew-Kwang(2019-06-18)。「苦しみは動物界の楽しみを支配しますか?福祉生物学の最新情報」。生物学と哲学34(4):40 . doi10.1007/s10539-019-9692-0ISSN1572-8404_ 
  7. ^ a b Faria、Catia; オルタ、オスカー(2019)。「福祉生物学」。フィッシャーでは、ボブ(編)。動物倫理のラウトレッジハンドブックニューヨーク:ラウトレッジ。土井10.4324/9781315105840-41ISBN 978-1-315-10584-0
  8. ^ ヘクト、ルーク; オールコック、マシュー(2020-06-18)。「生息地の分断化が野生動物の福祉に及ぼす可能性のある影響」EcoEvoRxivプレプリント土井10.32942 / osf.io/hb7nm 2020年7月28日取得
  9. ^ Hecht、Luke BB(2019-10-28)。「野生動物福祉の評価における人口統計の説明」。bioRxiv 10.1101/819565 
  10. ^ グティエレス、ジャラ; ミゲル、ハビエル・デ(2020-08-28)。「自然界の火事:野生動物への挑戦のレビュー」プレプリント
  11. ^ バーナード、ローラ(2020-04-30)。理論から実践へ:再野生化における福祉生物学の実施。認知フレーミングの視点(修士論文)。ラドバウド大学。
  12. ^ カーリエ、アレクシス; Treich、Nicolas(2020-04-07)。「(環境)経済学における動物福祉の直接評価」(PDF)環境と資源経済学の国際レビュー14(1):113–152。土井10.1561/101.00000115
  13. ^ マシューズ、ディラン(2021-04-12)。「動物福祉の野生のフロンティア」Vox 2021-09-05を取得
  14. ^ Paez、Eze(2020-01-01)。「すべての知覚力のある個人の利益のために自然を保護する」動物の感性4(27)。土井10.51291/2377-7478.1551ISSN2377-7478_ 
  15. ^ Moen、Ole Martin(2016-05-09)。「野生動物の苦しみの倫理」EtikkIPraksis-応用倫理学の北欧ジャーナル10(1):91–104。土井10.5324/eip.v10i1.1972ISSN1890-4009_ 
  16. ^ a b Bruers、Stijn(2016-03-01)。「動物の苦しみと人間の偏見」動物の感性1(7)。土井10.51291/2377-7478.1087ISSN2377-7478_ 
  17. ^ Ryf、Philipp(2016-09-01)。環境倫理:野生動物の場合(修士論文)。バーゼル大学。
  18. ^ Mannino、Adriano(2015-05-11)。「自然への人道的介入:重要な質問と考えられる答え」関係。人間中心主義を超えて3(1):107–118。ISSN2280-9643_ 

さらに読む