わらびもち

ウィキペディアから、無料の百科事典
ナビゲーションにジャンプ 検索にジャンプ
わらびもち
くるみもち.jpg
タイプ和菓子
コーススナック/デザート
原産地日本
主要成分わらびきな粉
バリエーションごま

わらびもち蕨餅わらびもち、わらびもちをきな粉で覆ったり、漬けたりし作っ和菓子です[1] [2] [3]もち米から作った本物の餅とは異なります[2]夏季、特に関西地方沖縄で人気があり、欧米のアイスクリームトラックと同様にトラックで販売されることが多い[3]

わらびもちは醍醐天皇のお気に入りのおやつの1つでした[3]

今日、わらびもちは、コストと入手可能性のために、わらび粉の代わりに片栗粉で作られることがよくあります。[4] [5] 黒蜜シロップは、添加甘味料として使用する前に上に注がれることがあります。[6]

も参照してください

参照

  1. ^ 「夏はここ、わらびもちを楽しむ時間!」フェイビー2021-02-20を取得
  2. ^ a b Chen、Namiko(2016年10月12日)。「わらびもちわらびもち」ただ1つの料理本2021年3月27日取得{{cite web}}:CS1 maint:url-status(link
  3. ^ a bc 「 わらび もち|関西地方の伝統的なデザート|テイストアトラス」www.tasteatlas.com 2021-02-20を取得
  4. ^ 山下正孝(2015)。和菓子:日本の喜びの小さなかみ傷シンガポール。p。107. ISBN 978-981-4561-95-2OCLC903974479 _
  5. ^ サゴパーム:食料安全保障と持続可能な生計への複数の貢献江原宏、豊田幸雄、デニス・ビクター・ジョンソン。シンガポール。2018.p。293. ISBN 978-981-10-5269-9OCLC1020285591 _{{cite book}}:CS1 maint:その他(リンク
  6. ^ トモ(2018-05-14)。「わらびもち:もちのような日本の伝統的なワラビケーキ」ユニークな日本製品と文化の推薦2021-02-20を取得

外部リンク