アフガニスタン戦争(2001–2021)

ウィキペディアから、無料の百科事典
ナビゲーションにジャンプ 検索にジャンプ

アフガニスタン戦争(2001–2021)
対テロ戦争
継続的なアフガニスタン紛争の一部
Collage of the War in Afghanistan (2001-2021).png
上、左上から時計回りに:アフガニスタン東部の洞窟にJDAMを投下する米空軍戦闘機。クナル州でタリバーン軍との銃撃戦に参加した米軍; ハンビーの上を調査しているアフガニスタン国軍兵士アフガニスタンと米兵はロガール州の雪の中を移動します。勝利したタリバーン軍がカブールを確保する。パルワン州の谷を調査しているアフガニスタンの兵士シェザーダ作戦中にチヌークに搭乗する準備をしているイギリス軍
日にち2001年10月7日〜2021年8月30日
(19年、10か月、3週間、2日)
第1フェーズ:2001年10月7日〜2014年12月28日
第2フェーズ:2015年1月1日から2021年8月30日[35] [36]
位置
結果

タリバンの勝利[37]
イスラム国-タリバン紛争が続く

第1段階
第2フェーズ
領土
の変更
タリバーンは介入前と比較して領土支配を強化し、反タリバン軍はパンジシール州に減少した
交戦者

Invasion(2001):米国英国カナダドイツ[1]オーストラリアイタリアニュージーランド[2]
 
 
 
 
 
 
 

による支援:
侵略(2001):アフガニスタンイスラム首長国[3]アルカイダ055旅団[4] [5]ウズベキスタンイスラム運動[6] Tehreek-e-Nafaz-e-Shariat-e-Mohammadi [7]東トルキスタンイスラム党[8]
 





ISAF / RSフェーズ(2001–2021):アフガニスタンの暫定イスラム国(2002–2004)
 

 アフガニスタンイスラム共和国 (2004–2021)アメリカ合衆国
 
確固たる支援
(2015–2021) (36か国)[9]アフガニスタンイスラム首長国高等評議会(2015年からとされる)[10] [11]

ISAF / RSフェーズ(2001–2021):タリバン
Afghanistan

アルカイダ
インド亜大陸のアルカイダ(AQIS)[13]

による支援:

Afghanistan タリバンの破片グループ

RSフェーズ(2015–2021):ISIL–KP(2015年から)[33]

司令官と指導者

Islamic Republic of Afghanistan ハミドカルザイアシュラフガニアムララサレハジョージW.ブッシュバラクオバマドナルドトランプジョーバイデントニーブレアゴードンブラウンデビッドキャメロンテレサメイボリスジョンソンジャンクレティエンポールマーティンスティーブンハーパージャスティントルドーゲルハルトシュレーダーアンジェラメルケルジョンハワードケビンラッドジュリアギラードトニーアボットマルコムターンブルシルヴィオ・ベルルスコーニロマーノ・プロディマリオ・モンティエンリコ・レッタマッテオ・レンツィパオロ・ジェンティローニジュゼッペ・コンテマリオ・ドラギヘレン・クラーク
Islamic Republic of Afghanistan
Islamic Republic of Afghanistan
United States
United States
United States
United States
United Kingdom
United Kingdom
United Kingdom
United Kingdom
United Kingdom
Canada
Canada
Canada
Canada
Germany
Germany
Australia
Australia
Australia
Australia
Australia
Australia
Italy
Italy
Italy
Italy
Italy
Italy
Italy
Italy
New Zealand
New Zealand ジョンキービルイングリッシュジャシンダアーダーン
New Zealand
New Zealand


ケネス・F・マッケンジー・ジュニアジョン・F・キャンベル元ISAF司令官のリスト元RS司令官のリストナンジアライ  [11]アブドゥル マナンニアジ [38]




Afghanistan Mohammed Omar AkhtarMansoor HibatullahAkhundzada Abdul Ghani Baradar Jalaluddin Haqqani [39] ObaidullahAkhund [40] DadullahAkhund [40] Gulbuddin Hekmatyar Osama binLaden Aymanal -Zawahiri
Afghanistan  
Afghanistan
Afghanistan
Afghanistan
Afghanistan  
Afghanistan  

 

 
ムハンマド・ラスル・ハジ・ナジブラ[41]

Shahab al-Muhajir [42] Hafiz SaeedKhan  MawlaviHabib Ur Rahman [43] Abdul HaseebLogari AbdulRahmanGhaleb AbuSaadErhabi  AbdullahOrokzai  POWQariHekmat MuftiNemat Dawood  Ahmad  Sofi
 

 
 


 
 Surrendered


強さ

ISAF (2001-2014)130,000(2012)[44] [45]アフガニスタン国家安全保障部隊352,000(2014)[46]確固たる支援ミッション(2015-2021)〜17,000(2021)[47]
Islamic Republic of Afghanistan

軍事請負業者: 20,000人以上[48]
アフガニスタンイスラム首長国高等評議会:3,000–3,500 [ 49]

Afghanistan タリバン60,000人
(暫定推定、2014年)[50]

HIG1,500–2,000 +(2014)[54]アルカイダ2016年に約300 [55] [56] [57]2001年に約3,000 ) [55]


フィダイマハズ8,000(2013)[41]


Islamic State of Iraq and the LevantISIL–KP:3,500–4,000(2018年、アフガニスタン)[58]
死傷者と損失

アフガニスタン治安部隊:
67,558–70,558人以上が死亡[59] [60]
北部同盟:
200人が死亡[61] [62] [63] [64] [65]

連立
死んだ: 3,576

負傷者: 22,773

  • アメリカ合衆国:19,950 [67]
  • イギリス:2,188 [68]
  • カナダ:635 [69]


死んだ請負業者: 3,937 [70] [71]
負傷者: 15,000人以上[70] [71]

総死亡者数: 73,295人以上

タリバーンの武装勢力
52,893人以上が殺害された[72] [59](2,000人以上のアルカイダ戦闘機) [55]


ISIL–KP
2,400人以上が死亡[33]

殺された民間人: 46,319 [72]


総死亡者数:176,206人(ブラウン大学あたり)[73]
212,191人以上(UCDPあたり)
[74]


継続リストには、 2014年11月の時点で200人未満の軍隊に貢献した国が含まれています。 [75]

b 継続リストには、2017年5月の時点で200人未満の軍隊に貢献した国が含まれています。[76]

アフガニスタンでの戦争は、2001年から2021年にかけて中南アジアの国であるアフガニスタンで起こった紛争でした。それは、米国とその同盟国がアフガニスタンを侵略し、タリバンが支配するイスラム首長国を倒したときに始まりました戦争は、連合国のNATOアフガニスタン軍に対する19年10か月にわたる反乱の後、タリバンが権力を取り戻すことで終結した。これは米国史上最長の戦争であり、ベトナム戦争(1955年から1975年)を約5か月 上回った。

2001年9月11日の同時多発テロの後、当時の米国大統領 ジョージW.ブッシュは、アフガニスタンを事実上支配していたタリバンに、攻撃の首謀者であり、それまで国内で自由に活動していたオサマビンラーディンを追放するよう要求した。 。タリバーンがそうすることを拒否したことは、国の侵略につながったタリバンとそのアルカイダ同盟国は、米国主導の軍隊と北部同盟によって大部分が敗北し、主要な人口密集地から追放されたパキスタン、米国、および40か国以上の連立(すべてのNATOを含む)への脱出後、ビンラーディンを見つけることができなかったにもかかわらずメンバー)は国に留まり、国際治安支援部隊(ISAF)と呼ばれる国連認可の治安任務を結成し、国の新しい民主的権威を統合し、タリバンとアルカイダが政権に復帰するのを防いだ。[77]ボン会議で、新しいアフガニスタン暫定当局(主に北部同盟から)がハミド・カルザイをアフガニスタン暫定政権の長に選出したタリバンの追放に続いて、全国で 再建の努力もなされた。

タリバーンはムハンマドオマールの下で再編成され、2003年に新アフガニスタン政府に対する反乱を開始した。タリバーンと他のグループからの反乱軍は、田舎でのゲリラ襲撃待ち伏せ、都市の標的に対する自爆攻撃、連合軍に対するターンコート殺害、そして認識された協力者に対する報復で非対称戦争を行った。暴力はやがてエスカレートし、2007年までにアフガニスタンの大部分がタリバーンに奪還「村々は、2011年に約14万人の外国軍がISAFと米国の指揮下でアフガニスタンで活動したときにピークに達した。[80]

2011年にオサマビンラーディンが殺害された後(元の開戦事由)、NATO同盟の指導者たちは彼らの軍隊を撤退させるための出口戦略を開始した。[81] [82] 2014年12月28日、NATOはアフガニスタンでのISAF戦闘作戦を正式に終了し、完全な治安責任をアフガニスタン政府に正式に移管した。軍事的手段、連合軍、そして別々にアシュラフ・ガニー大統領の政府によってタリバンを排除することはできず、紛争を終わらせるために外交に転向した。[83]これらの努力は、米国とタリバーンがドーハで条件付き和平協定に署名した2020年2月に最高潮に達した。米軍は2021年4月までに撤退する。その見返りに、タリバーンはアフガニスタンの領土内のいかなるグループも将来米国とその同盟国を攻撃することを防ぐことを約束した。[84]アフガニスタン政府は協定の当事者ではなく、囚人の釈放に関する条件を拒否した。[85]

米国の撤退目標日は8月31日まで延長されました。[86]タリバンは、当初の期限が切れた後、軍の撤退と同時に、夏の間、アフガニスタンの大部分を占領し、最終的に2021年8月15日にカブールを占領する広範な攻撃を開始した。アフガニスタンのアシュラフガニーは国を逃れた。タリバンは勝利を宣言し、戦争は終わった。[87]タリバン支配の再確立は米国によって確認され、8月30日に最後の米軍機がアフガニスタンを出発し、アフガニスタンでの西側の軍事的プレゼンスのほぼ20年を終えた。[88] [89]

Costs of War Projectによると、戦争によりアフガニスタンで176,000人が死亡した。46,319人の民間人、69,095人の軍と警察、および少なくとも52,893人の野党戦闘員。[90]国連によると、2001年の侵攻後、570万人以上の元難民がアフガニスタンに戻った。[91]しかし、タリバンが政権を握った2021年8月、260万人のアフガニスタン人が難民のままであり[92]、主にパキスタンとイランで、さらに400万人のアフガニスタン人が 国内避難民のままであった。[93] [94]

名前

この戦争は、他の戦争、特にソビエト・アフガニスタン戦争と区別するために、2001年から2021年までのアフガニスタン戦争と呼ばれています。西側の観点からは、戦争は、ほとんどの戦闘作戦が連合軍によって行われた2001年から2014年(ISAFミッション)と、アフガニスタン軍がほとんどの戦闘を行った2015年から2021年(RSミッション)に分けられます。この戦争は、2001年から2014年までは不朽の自由作戦、2015年から2021年までは自由の番人作戦として米国によってコード名が付けられました。あるいは、特定の国ではアフガニスタンでの米国戦争と呼ばれています。アフガニスタン自体では、戦争は単に「アフガニスタン戦争」として知られています(ダリー語جنگدرافغانستان Jang dar AfghanestanPashtoدافغانستانجګړه Da Afganistan Jangra)。

戦争が始まる前に

アフガニスタンの内戦の起源

1979年左派サウル革命を記念したアフガニスタン切手

アジアにおけるアフガニスタンの戦略的位置は、その繰り返しの失敗した侵略をもたらしたので、それは「帝国の墓場」と呼ばれています。[95]イギリス軍は、1838年からそれを制御しようとして一世紀を費やし、悲惨な結果をもたらした。やがてイギリスは国を直接支配できないことを認め、1879年に半傀儡政権を樹立した。アフガニスタンは1919年に独立を取り戻し、その後君主制下に置かれた。[96] :15 

アフガニスタンの政治秩序は1970年代に崩壊し始めました。最初に、モハメッド・ダウド・カーンは1973年7月のアフガニスタンのクーデターで権力を掌握しました。そこでは君主制が独裁共和国を支持して転覆しました。その後、1978年4月のサウル革命でダウドカーンが殺害されました。このクーデターでは、共産主義のアフガニスタン人民民主党(PDPA)が政府を支配し、40年間の紛争を引き起こしました。[97]PDPAは、アレンジされた結婚を廃止し、大衆の識字率を高め、土地所有権を改革することにより、社会主義の変革を推進しました。これは伝統的な部族の秩序を弱体化させ、農村地域全体で反対を引き起こした。PDPAによる数千人の政治犯の取り締まりと処刑は、1979年のヘラート蜂起を含む公然たる反乱に見舞われた。[98] :138  PDPAは内部のリーダーシップの違いに悩まされ、1979年9月11日にハフィズッラーアミンがヌールムハンマドタラキを追放したときの内部クーデターの影響を受けたソビエト連邦は、PDPAの弱さを感知し、 3か月後に侵入し、アミンを追放しました。

ソビエト・アフガニスタン戦争レーガン大統領が1983年2月に大統領執務室でアフガニスタンのムジャヒディン指導者と会談した。1986年10月のアフガニスタンのソビエト軍

1979年12月のアフガニスタンへのソビエト軍の参入は冷戦を激化させ[99]、ソビエトのライバルである米国、パキスタン、サウジアラビア、中国に、ソビエトが支援するアフガニスタン民主共和国と戦う反政府勢力を支援するよう促した都市を支配していた世俗的で社会主義的な政府とは対照的に、宗教的に動機付けられたムジャヒディンは田舎の大部分で動揺していました。CIAは、パキスタンの軍統合情報局と協力して、ムジャヒディンに対する外国の支援を集めました。戦争はまた、オサマ・ビンラーディンを含む「アフガニスタンのアラブ人」として知られるアラブのボランティアを引き付けました。

1989年5月にアフガニスタンからソビエト軍が撤退した後、モハマド・ナジブラの下でのPDPA政権は、ソビエト連邦の解散が援助体制を奪い、ウズベク将軍アブドゥル・ラシッド・ドスタムの亡命がカブールへのアプローチをクリアした1992年まで続いたムジャヒディンは1992年4月16日にカブールを支配し、ナジブラを権力から外し、アフガニスタンイスラム国の創設を宣言した。

内戦、武将主義(1992–1996)

1992年、ムジャヒディンの司令官ブルハヌッディンラバニが正式にアフガニスタンイスラム国の大統領になりましたが、彼はカブールを支配するために他の武将と戦わなければなりませんでした。1994年後半、ラバニ国防相のアフマドシャーマソウドはカブールでヘクマティアルを破り、進行中の首都への砲撃を終わらせました。[100] [101] [102] Massoudは、国の統合を目的として、全国的な政治プロセスを開始しようとしたイスマーイールハーンを含む他の武将西のドスタムと北のドスタムは領地を維持していました。武将同士の戦いは、40年間の紛争の中で最も残酷な時期の1つでした。以前に戦争を免れたカブールは、ゼロになりました。約25,000人の民間人が殺されました。残虐行為は広範囲に及んだ。これからタリバンがやってきた。[96] :33 

1994年10月、パキスタンのマドラサで教鞭をとったムジャヒディンのメンバーであるモハメッドオマールがカンダハールに戻り、主にパシュトゥーンのタリバン運動を結成しました。彼の信奉者はタリブとして知られる宗教的な学生であり、彼らは宗教的なシャリーアをより厳格に遵守することによって武将主義を終わらせようとしました。国の無政府状態、特に頻繁なレイプ、強盗、殺人はタリバンを激怒させた。1994年11月までに、タリバーンはカンダハール州全体を占領した。彼らは連立政権に加わるという政府の申し出を断り、1995年にカブールに進軍した。[103] [96] :36–37 

1994年のタリバンの初期の勝利に続いて、一連の費用のかかる敗北があった。[104]パキスタンはタリバンに「強力な支援を提供した」。[105] [106]アミン・サイカルなどのアナリストは、タリバンが否定したパキスタンの地域的利益の代理軍に発展しているとグループを説明した。[105]タリバーンは、1995年の初めにカブールを砲撃し始めたが、マソウドによって追いやられた。[101] [107] 1996年9月27日、タリバーンはパキスタンによる軍事的支援とサウジアラビアからの財政的支援を受けて、カブールを占領し、アフガニスタンイスラム首長国を設立した。[108]

アフガニスタンのゲリラ指導者アフマド・シャー・マソウド(右)とパシュトゥーン人の反タリバン指導者、後にカルザイ政権の副大統領、ハジ・アブドゥル・カディール
タリバン(赤)と北部同盟(青)の間の1996年のアフガニスタン内戦の軍事状況

タリバン首長国対北部同盟

アフガニスタンのイスラム首長国は、パキスタン、サウジアラビア、およびアラブ首長国連邦によってのみ承認されました。タリバーンは、彼らの支配下にある地域でイスラムの原理主義 デーオバンド派の解釈を課し、男性の親戚が同伴しない限り、女性が家の外で働くこと、学校に通うこと、または家を離れることを禁じる勅令を出した。[109]パキスタンの専門家、アハメドラシッドによれば、「1994年から1999年の間に、推定80,000から100,000人のパキスタン人がアフガニスタンで訓練され、戦った」とタリバン側で述べた。[110] [111]

元大敵であったマソウドとドスタムは、北部同盟であるタリバンに対して統一戦線を創設した。[112]マソウドのタジク軍とドスタムのウズベク人に加えて、ユナイテッド戦線には、アブドル・ハクやハジ・アブドゥル・カディールなどの指揮官の指揮下にあるハザラ派とパシュトゥーン軍が含まれていた。アブドル・ハクはまた、亡命したパシュトゥーン人タリバンの数を集めました。[113]両者は、追放されたアフガニスタンの王ザヒル・シャーと協力することに合意した。[111]北部同盟は、ロシア、イラン、タジキスタン、インドからさまざまな程度の支援を受けました。タリバーンは1998年にマザリシャリフを捕らえ、ドスタムを追放した。

国連(UN)によると、タリバーンはアフガニスタン北部と西部の支配を強化しようとしている間、民間人に対して組織的な虐殺を行った。国連当局者は、1996年から2001年の間に「15人の虐殺」があったと述べた。タリバーンは特にシーア派ハザラ人を標的にした。[114] [115] 1997年にウズベクのアブドゥルマリクパラワン将軍が3,000人のタリバーンの囚人を処刑したことに対する報復として、タリバーンは1998年にマザリシャリフを服用した後、約4,000人の民間人を処刑した。[116] [117]

2001年までに、タリバーンはアフガニスタンの90%を支配し、北部同盟は国の北東の隅に限定された。タリバン軍と一緒に戦ったのは、約28,000〜30,000人のパキスタン人(通常はパシュトゥーン人)と2,000〜3,000人のアルカイダの過激派でした。[103] [118] [119] [120]アフガニスタンで戦っている他のパキスタン国民は、特にフロンティア軍だけでなく、直接戦闘支援を提供しているパキスタン軍からの正規の兵士であった。[106] [121]

アルカイダ

1996年8月、ビンラーディンはスーダンを離れることを余儀なくされ、アフガニスタンのジャララバードに到着した。彼は1980年代後半に、ムジャヒディンのソビエトとの戦争を支援するために国際アルカイダネットワークを設立しましたが、武将同士の戦いに幻滅しました。彼はムハンマド・オマールに近づき、アルカイダの作戦をアフガニスタン東部に移しました。アフガニスタンではタリバンの保護下にあったため、安全な避難所でした。[122]

米国の9.11委員会は、タリバンの下で、アルカイダがアフガニスタンを戦闘機の訓練と教え込み、武器の輸入、他のジハード主義者との調整、テロ行為の計画の場として利用できることを発見しました。[123]アルカイダはアフガニスタンに独自のキャンプを維持しているが、他の組織の訓練キャンプも支援した。推定1万人から2万人の男性が、9.11の前にこれらの施設を通過し、そのほとんどが統一戦線に対してタリバンのために戦うために派遣されました。少数がアルカイダに導入された。[124]

1998年8月の米国大使館爆破事件がビンラーディンに関連した後、ビル・クリントン大統領はアフガニスタンの過激派訓練キャンプへのミサイル攻撃を命じました。米国当局はタリバンにビンラーディンを降伏させるよう圧力をかけた。1999年、国際社会はタリバンに制裁を課し、ビンラーディンを降伏させるよう求めた。タリバンはこれらの要求を繰り返し拒否した。

中央情報局(CIA)の特別活動部門の準軍事組織は、1990年代にアフガニスタンで秘密工作を行い、オサマビンラーディンを見つけて殺害または捕獲しました。これらのチームはいくつかの作戦を計画しましたが、クリントン大統領から続行するよう命令を受けませんでした。彼らの努力は、2001年の侵略に不可欠であることが証明されたアフガニスタンの指導者との関係を築きました。[125]

アフガニスタンに対する米国の政策の変更

クリントン政権時代、米国はパキスタンを支持する傾向があり、1998年から1999年までアフガニスタンに対する明確な政策はありませんでした。たとえば、1997年に、米国国務省のロビン・ラフェルはマソウドにタリバンに降伏するように言いました。マソウドは、帽子の大きさの領域を支配している限り、タリバンからそれを守り続けるだろうと答えた。[103]ほぼ同時に、クリントン政権の最高の外交政策当局者は、タリバンに対して決定的な利益を上げる機会を利用しないように統一戦線を説得しようとアフガニスタン北部に飛んだ。彼らは、停戦と武器禁輸の時期であると主張した。当時、パキスタンは「ベルリンのような 空輸を始めたサウジアラビアの資金で賄われたタリバンの補給と再装備」[126]

1998年の米国大使館爆破事件の後、アフガニスタンに対する米国の政策は変化したその後、オサマ・ビンラーディンは大使館の爆撃に関与したとして起訴されました。1999年、米国と国連の両方が、国連安全保障理事会決議1267を介してタリバーンに対して制裁を制定し、タリバーンの降伏を米国での裁判のためにオサマ・ビンラーディンに要求し、アフガニスタンのすべてのテロ基地を閉鎖した。[127]当時のマソウドと米国の間の唯一の協力は、1998年の爆撃後のビンラーディンを追跡するためのCIAとの努力でした。[128]米国と欧州連合は、タリバンとの戦いについてマソウドを支援しなかった。

2001年までに、マソウドを知っていたCIA役員が求めていた方針の変更が進行中でした。[129] CIAの弁護士は、近東部およびテロ対策センターの役員と協力して、ジョージW.ブッシュ大統領の署名の正式な調査結果を起草し始め、アフガニスタンでの秘密行動プログラムを承認した。マソウドを支持してアフガニスタン戦争の過程に影響を与えようとするのは、10年ぶりのことです。[108]

米国の政策の変更は2001年8月に実施された。[108]ブッシュ政権は、マソウドの支援を開始する計画に合意した。国家安全保障の最高幹部の会議は、タリバンにビンラーディンと他のアルカイダの工作員を引き渡すための最後通告が提示されることに合意した。タリバンが拒否した場合、米国は反タリバングループに秘密の軍事援助を提供するでしょう。これらの選択肢が両方とも失敗した場合、「代理人は、米国がより直接的な行動を通じてタリバン政権を打倒しようとすることに同意した」。[130]

9/11の前夜にマソウドが暗殺された

Ahmad Shah Massoudは、 2001年9月9日、アフガニスタンのタカール州でアルカイダに暗殺されました。

アフマド・シャー・マソウドは、2001年にアフガニスタンで唯一のユナイテッドフロント(北部同盟)の指導者でした。彼の支配下にある地域で、マソウドは民主的機関を設立し、女性の権利宣言に署名しました。[131]マソウドの寛容な政府は、最大100万人の難民がタリバンから彼の支配下にある地域に逃げるよう促した。[132] [133] [134]

2001年初頭、マソウドと他の数人のアフガニスタンの指導者は、ブリュッセルの欧州議会で演説し、国際社会に人道支援を提供するよう求めました。アフガニスタンの使節は、タリバーンとアルカイダが「イスラム教の非常に間違った認識」を導入し、パキスタン政府とオサマ・ビンラーディンの支援がなければ、タリバーンは彼らの軍事作戦をもう1年間維持することができないだろうと主張した。マソウドは、彼の諜報機関が米国の土壌に対する差し迫った大規模な攻撃に関する情報を収集したと警告した。[135]

2001年9月9日、ジャーナリストを装ったベルギーのパスポートを持った2人のアラブ人が、タカール州での自爆攻撃でMassoudを殺害しました。マソウドはアラブとイスラム世界での彼の評判を懸念し、プロパガンダのオサマビンラーディンに対抗したかった。二人の男はロンドンのイスラム観測センターから紹介状を持って到着し、ムジャヒディーン党首のアブドゥル・ラスル・サヤフを通じて連絡を取り合った。近年マソウドと同盟を結んでいた。彼らはマソウドを好意的に肖像画にすることを合図した。インタビューが始まって間もなく、カメラマンはビデオカメラに隠された爆弾を爆発させました。爆発はカメラマンを殺し、金属片を飛ばしてマソウドに重傷を負わせた。彼はヘリコプターで病院に向かう途中で亡くなりました。インタビュアーは怪我をして逃げようとしたが、後に逃げようとして撃たれた。[136] [137]

米国での差し迫ったテロ攻撃は確かにタリバンに深刻な問題を引き起こすので、オサマ・ビンラーディンは暗殺にタリバンをなだめるように命じました。サウジアラビアのアルカイダ誌は後に、アルカイダがマソウドの暗殺に関与したことを説明した記事を発表しました。[138] 2人の暗殺者は、ビンラーディンの野営地の1つで訓練を受けており、インタビューに向けて出発したときに、オサマビンラーディンとアイマンアルザワヒリによってカンダハルで見送られました。[139] [140]マソウド宛てのインタビュー要求の手紙は、2001年後半にカブールの事務所から略奪されたアルザワヒリが使用したコンピューターで後に発見された。[141]タリバーンは暗殺への関与を否定しており、彼らが暗殺計画に関与していた可能性は非常に低い。暗殺後、タリバンによる軽微な攻撃がいくつかあったが、大規模な攻撃はなかった。[142]

9月11日の攻撃

2001年9月11日の攻撃後のニューヨークのグラウンドゼロ

2001年9月11日の朝、合計19人のアラブ人(うち15人はサウジアラビア出身)が米国で4回の協調攻撃を行いました。4機の民間ジェット旅客機がハイジャックされました。[143] [144]ハイジャック犯–アルカイダのハンブルクセルのメンバー[145] –は、 2 機の旅客機をニューヨーク市の世界貿易センターのツインタワーに故意に墜落させ、乗客全員と2,000人以上を殺害した。建物。両方の建物は、衝突に関連した損傷から2時間以内に倒壊し、近くの建物を破壊し、他の建物に損害を与えました。ハイジャック犯が3番目の旅客機を墜落させたワシントンDCすぐあるバージニアアーリントンペンタゴン、DC、ホワイトハウスまたは米国議会議事堂をターゲットにします。飛行機に乗った人は誰も生き残れませんでした。消防士や警察を含む対応者の死者数は2009年時点で836人でした。 [146] 19人のハイジャック犯を含む総死者数は2,996人でした。[146]

攻撃はオサマ・ビンラーディンによって首謀され、彼に責任を負わせたいという米国の願望は侵略の開戦事由となった。歴史家のカーター・マルカシアンは、「歴史上、一人の男が単独で戦争を引き起こしたことはめったにない」と書いています。ビンラーディンは、ソビエトで起こったように、米国を長期戦争に引き込むことに成功した。[96] :62–64 タリバーンは9月11日の攻撃を公に非難した。[147]彼らはまた、米国の戦争への意欲を大幅に過小評価していたが、米国は、タリバンとアルカイダが実際には非常に異なる目標と指導者を持っていたときに、ほぼ不可分であると見なして誤解した。[96] :65–70 

タリバンへの米国の最後通告

9/11の攻撃の直後、米国国家安全保障会議は、アルカイダとタリバンに対して軍事行動をとらなければならない可能性があることに同意しました。しかし、ブッシュは最初にタリバンに最後通告を出すことに決めた。[96] :54 ブッシュ大統領は、オサマ・ビンラーディンを引き渡すためにタリバンに最後通告を出した。 「」[147]同じ日、宗教学者たちはカブールで会い、ビンラーディンを降伏させるべきだと決定したが、ムラー・オマールは「オサマを裏返すことは私たちにとって恥ずべきことであり、イスラムの思想と信念は弱点である」と決定した。米国は、彼が無実であると主張したビンラーディンを降伏させた後も要求を続けた。[96] :56 タリバーンは、オサマ・ビンラーディンが伝統的なパシュトゥーン人のおもてなしの法則によって保護されていると言って、最後通告を拒否した。[148] [149]

これから数週間、米国とNATOのアフガニスタン侵攻の初めに、タリバーンはビンラーディンの罪の証拠を要求したが、その後、米国が爆撃を止めてビンラーディンの証拠を提供した場合、オサマビンラーディンを第三国に引き渡すことを申し出た。ラディンの罪。[150] [151]ブッシュ政権の当局者は後に、彼らの要求は「交渉の対象ではなく」、「タリバーンが今行動する時が来た」と述べた。[152]秘密の米軍の行動はすぐ後に始まり、戦争は2001年10月7日に正式に始まった。[96] :58 

歴史

戦術概要

戦争には2つの主要な派閥が含まれていました。連立は米国とその同盟国を含み(最終的にはアフガニスタンイスラム共和国政府を支援しました)。タリバン、その同盟国、およびその民兵との戦い。戦いを複雑にしたのは、タリバンの破片グループと、アルカイダや後にイスラム国などの他のより過激な宗教グループでした。これらの急進的なグループは、タリバンのために戦うこともあれば、自分たちの目標のために戦うこともあり、タリバンと政府の両方と戦うこともありました。

アフガニスタンは田舎の国です。2020年には、3,300万人の約80%が田舎に住んでいました。[96] :12 これは地方への戦争の素因となり、ゲリラ戦闘機に十分な隠れ場所を提供します。この国はまた、厳しい冬があり、冬の戦闘が落ち着いた後、春または夏の軍事攻撃を支持します。[要出典] アフガニスタンの99.7%はイスラム教徒です[153]これはタリバンとアフガニスタン政府の両方のイデオロギーに影響を及ぼしました。イスラム教は歴史的にアフガニスタンの指導者が部族の違いや紛争を克服することを可能にし、特に外国人や非信者に対して一体感を与えてきました。非イスラム教徒による何世紀にもわたる外国の侵略は、部外者とアフガニスタンのアイデンティティに抵抗するという宗教的性質を固めました。[96] :17–19 アフガニスタンでは、地元の宗教指導者(ムッラー)の影響が重要であり、政府と同じくらい人口に影響を与える可能性があります。ムッラーは伝統的に、聖戦やジハードの呼びかけを通じて部外者への抵抗を処方する上で重要でした。[96] :23–24 

アフガニスタンは主に部族社会であり、これはアフガニスタンの社会と政治に大きな影響を与えます。イスラム教とは異なり、部族主義は主に分裂の源です。パシュトゥーン人は、人口の38%から50%を占めるアフガニスタン最大の民族グループです。[154] パシュトゥーン人の伝統的な生活様式であるパシュトゥーンワーリーは、ほとんどの部族の意思決定を導いた。パシュトゥーンワーリーの確執への対処方法のために、部族の団結もしばしば弱かった。伝統的に、アフガニスタンの指導者は、彼らの協力なしでは国家がしばしば効果がなく弱かったので、地方の秩序を維持するために部族に依存してきました。アフガニスタン人は、州ではなく、自分たちのコミュニティや部族により忠実でした。つまり、部族は、最も有益であるように、タリバンまたは政府のいずれかと連携することになります。[96] :19–22 

ハイテク連立軍とゲリラタリバンの間の権力の大きな違いは、非対称戦争につながりました。タリバンは反ソビエトのムジヒディンにルーツを持っていたため、1980年代に開発されたゲリラ戦術を続けました。Mujihdeenは、10人から50人の小さな幹部で活動し、時代遅れの(通常は略奪された)最新の武器の組み合わせで武装していました。[96] :31 タリバーンは、自殺、車や路傍爆弾(IED)などのゲリラ戦術をますます使用し、暗殺を標的にした。[155] 2009年までに、IEDはタリバンの選択の武器になった。[156]タリバーンはまた、戦争が進むにつれて、アフガニスタン軍と警察に人員を配置することにより、インサイダー攻撃を使用した。[157]

2001–2002:侵略と初期の作戦

サマンガーン州の馬に乗った北部同盟軍との米陸軍特殊部隊および米空軍戦闘管制官

米国は2001年10月7日に不朽の自由作戦を開始することで公式に侵攻しましたが、秘密作戦は数週間前に始まっていました。9/11攻撃の15日後、米国はCIAの特別活動部門のメンバーを密かにアフガニスタンに挿入し、北アフガニスタン連絡チームを結成しました。[158]彼らは、カブールの北にあるパンジシール渓谷の北部同盟と連携した。[159] 10月、12人の特殊部隊チームがCIAおよび北部同盟と協力するためにアフガニスタンに到着し始めた。[159]数週間以内に、北部同盟は、米国の地上および空軍の支援を受けて、タリバンからいくつかの主要都市を占領した。[160][161]タリバーンは国中で後退し、クンドゥズ州でのみ安定しており、米国の航空支援に勝っていた。11月までに、タリバーンは国のほとんどの支配を失った。[96] :70–75 

米国は単独で侵略しませんでした:それは英国からの援助で始まり、そして最終的にはさらに12カ国以上になりました。[162] [163]米国とその同盟国はタリバンを権力から追い出し、全国の主要都市の近くに軍事基地を建設した。ほとんどのアルカイダとタリバンは捕らえられず、隣接するパキスタンに逃げたり、地方や遠隔の山岳地帯に後退したりした。[164] 2001年12月20日、国連は国際治安支援部隊(ISAF)を承認し、アフガニスタン人がカブールとその周辺地域の治安を維持するのを支援する権限を与えた。[165]その任務は、最初の数年間はカブール地域を超えて拡大しなかった。[166]2002年2月には18カ国がこの部隊に貢献していた。

トラボラでのアメリカとイギリスの特殊部隊のオペレーター、2001年

誰が国を率いるのかは、深刻な政治的問題となった。2001年12月ボン会議で、ハミド・カルザイがアフガニスタン暫定政権の長に選ばれ2002年にカブールでのロヤ・ジルガ(大集会)がアフガニスタン暫定政権になりました協定は、国の民主主義につながるステップを提供しました。[167]

2002年に米国のハンビーが水を渡る

12月5日にカルザイが大統領に昇格した直後、タリバーンはカルザイへの条件付き降伏を求めようとした可能性があります。競合するアカウントが2つあります。1つ目は、タリバンの指導者であるムラー・オマールが署名した可能性のある合意に達し、タリバンが免責と引き換えに降伏するというものです。2つ目は、合意がカンダハールの降伏にさらに狭く焦点を合わせていたことです。一方、タリバン筋は、オマールは取引の一部ではなく、カンダハールを降伏させるつもりはなかったと述べています。いずれにせよ、米国は、歴史家のマルカシアンが戦争の「最大の過ちの1つ」と呼んでいるあらゆる種類の交渉を拒否した。オマールは姿を消し、アフガニスタンまたはパキスタンの別の地域に向かった。タリバンはその後隠れるか、パキスタンに逃げたが、多くの人も武器をあきらめた。ほとんどの指導者と何千人もの戦闘機がパキスタンに行きました。タリバーンがこの時点で反乱を決定したかどうかは不明である。[96] :74–84 タリバーンの戦闘機は、カンダハール、ザブール、ヘルマンド、ウルズガンの4つの南部州の農村地域に隠れていた。[168]

11月下旬までに、ビンラーディンはトラボラの要塞化された合宿にいました。トラボラ戦は12月6日に始まりました。部族民兵と協力しているCIAチームは、そこでビンラーディンを追跡し、山岳キャンプを一掃するために空爆を呼び始め、すぐに特殊部隊が支援に到着しました。部族民兵の数は1,000人でしたが、ラマダン期間中は熱心に戦っていませんでした。CIAは米国陸軍レンジャー隊の派遣を要求し、海兵隊は配備の準備ができていましたが、拒否されました。ビンラーディンは最終的に12月のある時点でパキスタンに逃げることができた。[96] :84–87 

侵略は連立にとって目覚ましい軍事的成功でした。10月から3月の間に死亡した米軍兵士は12人未満でしたが、タリバーンが殺害または捕虜となったのは約15,000人でした。特殊部隊チームとそのアフガニスタンの同盟国はほとんどの作業を行い、必要な兵士は比較的少なかった。カルザイは尊敬され、正当で、カリスマ的なリーダーでした。それでも、マルカシアンによれば、ビンラーディンを捕まえたり、タリバンと交渉したり、あるいは何らかの形で新政府に含めなかったりしたことで、ビンラーディンが米国を受け入れることを夢見ていた長い戦争への道が開かれた。[96] :86–88 

2003–2005:タリバンの復活

タリバーンの反乱の広がりを詳述した地図、2002年から2006年

連立の間違い、タリバンは再編成を開始します

最初の成功の後、米国は、タリバンとアルカイダの上級指導者を見つけるというテロ対策の目的を超えて、アフガニスタンでの明白な目標を欠いていました。国家建設当初はブッシュ政権に反対されたが、米国が留まるにつれて、留まる理由にゆっくりと忍び寄った。2002年4月、ブッシュ大統領はアフガニスタンを再建したいという願望を表明する演説を行った。米国はまた、道徳的問題として民主主義と女性の権利を浸透させようとした。国際社会は、アフガニスタンを運営するための援助と制度の創設に焦点を当てたアフガニスタンの開発努力に貢献しました。米国の復興努力は、教育、医療、コミュニティ開発の改善にも焦点を当てていました。米国はまた、2002年初頭にアフガニスタン軍の創設を支援し、資金を提供した。しかし、タリバンはもはや強力な脅威ではないとの米国の信念と競合する利益のために、軍はゆっくりと建設された。ブッシュ政権の一部は、新しい軍隊を創設する代わりに、北部同盟と軍閥を軍隊として使用することを好んだ。軍隊は後付けとなり、訓練と装備が不十分であったため、タリバンはさらに可能になりました。[96] :89–105 

タリバンの一部のメンバーは、2002年から2004年の間に何度か交渉を開始するためにカルザイに連絡を取りましたが、米国はこれに断固として反対し、アフガニスタン政府が彼らと交渉できないように、すべてのタリバーンのトップリーダーをブラックリストに載せることを保証しました。歴史家のマルカシアンは、タリバンとの交渉は低コストであったが、この段階では非常に効果的であったと主張し、米国の自信過剰と傲慢さを抑え、タリバンが復活させる可能性のあるすべての情報は入手可能であったが無視されたと述べている。[96] :106–111 一部のタリバーン指導者は、2004年までこの問題に関する会議を開き、政治プロセスへの参加を検討したが、そうする決定には至らなかった。[169] :19 

侵略が国の南部で2002年4月に起こった後のタリバングループのより大きな組織での最初の試み。シュラは、ヘルマンド国境近くの難民キャンプで、ガルディ・ジャンガルの元中堅タリバン当局者によって設立されましたカンダハール、ヘルマンド、ザブール、ウルズガンの南部の中核州で運営されていました。それは、それぞれ約50人の23のグループで構成され、合計で約1,200人でした。パキスタン北ワジリスタン地区では、ジャラルッディンハッカーニは、2001年に亡命した後、ハッカーニネットワークの組織化を開始しました。2002年初頭、彼らの人員は1,400人と推定され、パクティア州ホースト州に存在していました。2002年の後半に活動が制限されました。彼らはアルカイダのメンバーが加わった。とりわけ、ジャカナ作戦とコンドル作戦は、さまざまな結果でタリバンを一掃しようとした。[169] :25–29 

2002年から2005年にかけて、タリバーンは再編成し、復活を計画しました。テロリストを追い詰める連立軍への圧力は過剰につながり、タリバンに対するいくつかの人気のある支持を生み出した。連立部隊は疑わしい知性を持って任務を遂行し、ある時点で標的の政敵によって提供された誤った助言の餌食になりました。タリバンやアルカイダの高レベルの指導者はほとんど捕らえられなかった。捕らえられたのは主に、アルカイダに関する情報がほとんどない低レベルのタリバーン工作員でした。タリバンの集会と誤解された結婚式を含む、多数の民間人が作戦で殺害された連合軍による度重なる過ちがタリバンの徴兵を駆り立てた。特にカルザイ大統領から恩赦を約束された後、平和的に去るために武器をあきらめた多くのタリバーン指導者は、米国とアフガニスタン政府の要素によってますます嫌がらせを受けた。2004年までに、アフガニスタンのほとんどのタリバン指導者は、タリバンの残党が隠れていたパキスタンに逃げ込んだ。マルカシアンは、米国がタリバンに大きな勢いを与えたのは、それ自体の失敗によって、特に9/11の攻撃的な対テロと復讐に焦点を当てることによってであると主張している。彼はさらに、ムハンマド・オマールやジャラルッディン・ハッカニのような武装したことのない指導者のおかげでタリバンが再出現したであろうため、これらの行動だけでは紛争を再開しなかったと主張する。[96] :119–123 

戦闘が増える

タリバンは2005年まで比較的少数の行動をとった。タリバンと他のグループによるパンフレットは2003年の初めに町や田舎に散らばり、イスラム教徒に米軍や他の外国人兵士に対して聖戦で立ち上がるよう促した。[170] 2003年1月27日、キューバ計画の最中に、米軍はスピーン・ブールダクの北25 km(15マイル)にあるアディガル洞窟群を一掃した[171] 2003年5月、タリバーン最高裁判所の最高裁判所長官であるアブドゥル・サラムは、タリバーンが戻って再編成され、再編成され、アフガニスタンから米軍を追放するためのゲリラ戦争の準備ができていると宣言した。[172]一方、米軍がアフガニスタンから注意をそらしたのは2003年3月にイラクを侵略した[173]

個人的には、タリバーンは連立に対する大規模な攻撃を準備していた。十分な力を集めることができるように、製作には数年かかることになっていました。MullahDadullahが攻撃を担当しましたダドゥラは効果的でしたが残酷でした。以前はタリバンが自殺や民間人の命を奪うことに夢中になっていなかったので、彼は2004年頃に自爆テロを広く使用するように導入する責任がありました。それはアルカイダの戦術でした。アフガニスタン難民に食料調達するパキスタンのマドラサのネットワークは、死ぬことをいとわない過激派新兵の安定した流れを提供しました。[96] :125〜127 

2003年、ザブール州で米軍がヘリコプターに搭乗
2005年春、米海軍の衛生下士官がメフタルラームでタリバンの戦闘機を捜索

2003年の夏が続くにつれ、タリバンの攻撃の頻度は徐々に増加した。数十人のアフガニスタン政府兵士、NGOの人道主義者労働者、および数人の米兵が襲撃、待ち伏せ、ロケット攻撃で死亡した。ゲリラ攻撃に加えて、タリバーンの戦闘機はザブール州のデイチョパン地区の地区で軍隊を増強し始めました。タリバンはそこに立つことを決心した。夏の間、最大1,000人のゲリラがそこに移動しました。2003年8月に数十人のアフガニスタン警察を含む220人以上が殺害された。[174] 2003年8月11日、NATOがISAFの支配権を握った。[175]

タリバーンの指導者ムラー・オマールは運動を再編成し、2003年に政府とISAFに対する反乱を開始した。[176] [177] 2003年の後半から2004年にかけて作戦は激化し始め、夜の手紙に続いて政府職員の誘拐と暗殺、そして2005年までに村の長老たちが協力し、前者は村を恐れた。公立学校や診療所も全焼しました。[169] :34 

第3大隊、Khost-Gardez峠の第3海兵連隊、2004年

アズベリーパーク作戦は2004年の夏にデイチョパン地区のタリバーン軍を一掃した。[178] 2004年後半、当時隠されていたタリバーンの指導者モハメッドオマールは「アメリカとその人形」(暫定的なアフガニスタン政府を指す)に対する反乱を発表した。「我が国の主権を取り戻す」ために。[179] 2004年のアフガニスタン大統領選挙はタリバンの主要な標的であったが、他の20の地区と200の村だけが投票を阻止されたと主張された。カルザイは国の大統領に選出され、現在はアフガニスタンイスラム共和国と呼ばれています。[169] :40 

2005年6月下旬から7月中旬にかけて、米国海軍シールズはクナル州で共同軍事作戦としてレッドウィング作戦を実施しましたこの任務は、アフマド・シャーが率いる地元のタリバンを混乱させ、 2005年9月に予定されているアフガニスタン議会選挙を安定させ、促進することを目的としていたこの作戦は連立にとってピュロスの勝利であり、生存者は1人(2013年の映画「ローンサバイバー」で脚色された)で、19人が死亡した。[180] [181] [182]ホエラー作戦 数週間後に仕事を終えるでしょう。タリバンの活動は大幅に低下し、シャーは重傷を負った。シャーは、クナルまたは近隣の州での捕鯨作戦に続いて、重要な作戦を行うことができませんでした。[181] [183]

タリバーンは2005年末までに南部のいくつかの村の支配権を取り戻したが、これは主に、村が政府の支援の欠如にうんざりしており、タリバーンの下での生活がより良くなることを望んでいたためである。タリバンにとって、何年にもわたる計画が実を結びつつありました。それに比べて、政府は非常に弱い立場にありました。警察は資金が大幅に不足しており、平均的な地区には50人の警官しかいませんでした。一部の地区には政府の存在がまったくありませんでした。軍隊を創設するという国際的な圧力のために、ほとんどの国の民兵(約10万人の強さ)は動員解除されました。しかし、軍隊は依然としてひどく弱体化していた。部族の確執の増加と相まって、条件はタリバンのカムバックに最適でした。[96] :134–136 

2005年10月、カンダハールのLwar Kowndalanは、 Apacheヘリコプターが空中からの保護を提供します。

2006–2009:戦争の激化とNATOの蓄積

伝えられるところによると、この国での反乱軍の攻撃は2002年から2006年の間に4倍に増加したため、[184] 2007年後半までに、アフガニスタンは40,000人のISAF部隊がいるにもかかわらず、タリバーンの支配下に入るという「深刻な危険」にさらされていると言われた。[185]

連立は多様化し、タリバンは攻撃的

2006年1月から、多国籍のISAF派遣団が、アフガニスタン南部で米軍に取って代わり始めました。英国は、オーストラリア、カナダ、オランダ、エストニアとともに、部隊の中核を形成しました。[186] [187] [188] [189] [190] 2006年1月、アフガニスタン南部でのNATOの焦点は、地方復興チームを結成することでした。地元のタリバンの人物は抵抗することを約束した。[191]カナダはカンダハールに配備したかったので、イギリスはヘルマンド州を取得した。ヘルマンドはポピーの生産の中心地だったので、麻薬に焦点を当てた英国にとっては良い地域のようでした。後から考えると、英国は悪い選択でした。パシュトゥーンヘルマンディスは1880年のマイワンドの戦いを決して忘れませんでしたヘルマンド州の近く。人気のある噂は、イギリス軍がその戦いでの敗北を復讐しようとしたというものでした。イギリス人は長い間戦争を忘れていました、しかしそれはアフガニスタンの人口からの重大な抵抗の源を証明しました。[96] :138–142 

地元の諜報機関は、タリバンが2006年の夏に残忍なキャンペーンを行うことを示唆した。連立将軍はこの情報を指揮系統に送ったが、意思決定者は警告を無視した。米国はイラクに気を取られており、ラムズフェルド国務長官はアフガニスタン軍を効果的というよりも手頃な価格にすることに関心を持っていた。アフガニスタン軍が持つはずだった70,000人の兵士のうち、訓練され保持されたのは26,000人だけでした。[96] :138–142 

連立による2006年の春と夏の行動には、マウンテンスラスト作戦、メデューサ作戦オランダ/オーストラリアの攻勢パンジャウイの戦い、マウンテンフューリー作戦、ファルコンサミット作戦が含まれていました。連立は戦術的な勝利と地域の否定を達成したが、タリバンは完全に敗北したわけではなかった。

第10山岳師団の米陸軍兵士がアラナスをパトロール

2006年5月29日、カブールの護送船団の一部であった米軍のトラックが制御を失い、民間車両に侵入し、1人が死亡、6人が負傷した。周囲の群衆は怒り、暴動が起こり、一日中、死者20人、負傷者160人で終わった。米軍のスポークスマンによると、約400人の群衆から石投げと銃撃があったとき、米軍は現場を離れる際に「身を守るために」武器を使用していたという。カブールのフィナンシャルタイムズの特派員は、これは2004年以来成長し構築されてきた「恨みのうねり」と「外国人に対する敵意の高まり」の発生であると示唆した。[192] [193]

マザリシャリフ地域のスウェーデン陸軍衛生兵

2007年初頭の英国の行動には、火山作戦、アキレス作戦、ラステイクラン作戦が含まれていました。英国国防省はまた、国内の英国軍のレベルを最大7,700にする意向を発表しました。[194]

2007年3月4日、米海兵隊は爆弾の待ち伏せに応じて、ナンガルハールのシンワル地区で少なくとも12人の民間人を殺害し、33人を負傷させた[195] 。この事件は「新武虐殺」として知られるようになりました[196]事件が地元住民とのユニットの関係を傷つけたので、攻撃に責任のある120人のメンバーの海兵隊ユニットは国を去るように命じられた。[197]

米兵がヌーリスターン州で山岳パトロールを実施

夏の間、NATO軍はオランダとオーストラリアのISAF軍が配備さ れたオルズガンでのチョーラの戦いで戦術的な勝利を収めました。

ヘルマンド州でのパトロール中の米英軍
軍隊をバグラムに輸送するチヌーク

ムーサカラの戦いは12月に行われました。アフガニスタンの部隊は、イギリス軍に支えられた主要な戦闘部隊でした。[198]タリバーン軍は町から追い出された。

2008年6月13日、タリバーンの戦闘機は彼らの継続的な力を示し、カンダハール刑務所のすべての囚人を解放した。この作戦により1200人の囚人が解放され、そのうち400人はタリバンであり、NATOにとって大きな困惑を引き起こした。[199] 2008年の終わりまでに、タリバーンはアルカイダとの残りの関係を断ち切ったようである。[200]米軍の上級諜報当局によると、おそらくアルカイダのメンバーは100人未満しかアフガニスタンに残っていなかった。[201]

2009年6月、ヘルマンドで剣の作戦ストライクが行われました。[202]それは、長期のISAFプレゼンスを確立するために様々な運河と川の交差点を確保することを目的とした、同じ地域でのパンサーズクロー作戦と名付けられたイギリス主導の作戦に続いた。[203]

2009年9月4日、クンドゥズ州キャンペーン中に、タリバンの戦闘機が民間供給トラックを乗っ取ったクンドゥズの南西7 kmで壊滅的なNATO空襲が行われ、100人以上の民間人を含む最大179人が死亡し[204]

2009年12月、CIAが情報を収集し、タリバンの指導者に対するドローン攻撃を調整するために使用したForward Operating Base Chapmanへの攻撃により、CIAで働いていた8人が死亡しました。[205]

軍隊の急増

ISAF部隊の強さの開発

2007年3月、米国はさらに約3,500人の軍隊を配備しましたが、イラクでのアメリカの優先事項のために配備のペースは遅かったです。[206] [207] 2008年の最初の5か月で、アフガニスタンの米軍の数は80%以上増加し、21,643人の軍隊が急増し、合計は1月の26,607人から6月の48,250人になりました。[208] 2008年9月、ブッシュ大統領は、イラクから8,000人以上を撤退させ、アフガニスタンではさらに最大4,500人を増やすことを発表した。[209]同じ月、イギリスは100人目の軍人を失った。[210]

2009年1月、バラクオバマ大統領の選挙により、アメリカのリーダーシップに変化がもたらされましたその月、米軍はアフガニスタン連邦警備隊とともに、ロガールヴァルダククナルの各州に移動しました。軍隊は、ブッシュ大統領によって最初に命令され、オバマ大統領によって増加した増援の予想される急増の最初の波でした。[211] 2009年2月中旬に、17,000人の追加部隊が2個旅団に配備され、部隊を支援することが発表された。2海兵遠征旅団は約3,500人、第5旅団は第2歩兵師団ストライカー旅団は約4,000人です。[212] ISAFの司令官であるDavidMcKiernan将軍は、30,000人もの追加の部隊を要求し、実質的に部隊の数を2倍にした。[213] 9月23日、マクリスタル将軍による分類された評価には、対反乱作戦戦略を成功させるには50万人の軍隊と5年が必要であるという彼の結論が含まれていた[214]

2009年12月1日、オバマは米国がさらに3万人の軍隊を派遣すると発表した。[215]米国の反戦組織は迅速に対応し、米国中の都市は12月2日に抗議行動を起こした。[216]多くの抗議者は、アフガニスタンにより多くの軍隊を配備するという決定を、ジョンソン政権下のベトナム戦争の拡大と比較した[217]

ドイツ連邦軍の兵士、キャンプマーマルにあるISAFの北地域司令部の一部
アフガニスタン当局者、NATO、 DEAの合同作戦であるアルバトロス作戦で押収された燃えるハシシ

パキスタンへの米国の行動

2009年にアフガニスタン大統領ハミドカルザイとパキスタン大統領アシフアリザルダリとバラクオバマ

戦争の初期には、パキスタンは確固たる同盟国と見なされており、タリバンへの支援についてはほとんど懸念がありませんでした。パキスタンはまた、ハリド・シェイク・モハメッドを含む多数のアルカイダのトップリーダーの獲得を支援してきましたしかし、内部的には、パキスタンはタリバンに多額の資金、隠れ家へのアクセス、政治的支援を提供していた。パキスタンの世論はタリバンを大いに支持し、米国の侵略は非常に否定的に見られた。政府は、すでに脆弱な国の中で紛争を起こさないように、タリバンを追放する立場にありませんでした。したがって、タリバンはパキスタンを作戦の拠点として、そして彼らの力を再構築するための安全な避難所として使い続けた。[96] :129–132 

米国は2004年以来、タリバンとアルカイダの過激派に対して連邦部族地域に沿って開始し、パキスタンでドローンストライキを使用してきました。[218] [219]

2008年の夏、ブッシュ大統領はパキスタンの過激派に対する襲撃を許可する命令を出しました。パキスタンは、その領土への外国軍の侵入を許可せず、その主権を積極的に保護すると述べた。[220] 9月、パキスタン軍は、武装勢力を求めて国境を越えた米兵に「発砲」する命令を出したと述べた。[221]

2008年9月3日、米国のコマンド部隊がヘリコプターで上陸し、パキスタンの既知の敵の拠点の近くにある3つの家を攻撃しました。パキスタンは攻撃を非難し、侵入を「パキスタンの領土の重大な違反」と呼んだ。[222] [223] 9月6日、明らかな反応として、パキスタンはNATO軍への供給ラインの無期限の切断を発表した。[224] 9月25日に国境を越えたNATOの航空機にパキスタンの兵士が発砲したとき、さらなる分裂が起こった。[225]しかしながら、緊張にもかかわらず、米国はパキスタンの国境地域、特に連邦部族地域とバロチスタンで遠隔操縦ドローン航空機の使用を増やした。2009年までに、ドローン攻撃は2006年から183%増加しました。[226]

タリバンとアルカイダの過激派に対するパキスタンのドローン攻撃は、オバマ大統領の下で大幅に増加した。[227]メディアの中には、攻撃を「ドローン戦争」と呼んでいる人もいます。[228] [229] 2009年8月、パキスタン・ターリバンの指導者であるバイトゥッラー・メフスッドがドローン攻撃で殺害された。[230]

2009年ザブールの米兵とアフガニスタン通訳

カルザイの再選

カルザイが54%の勝利を収めたとされ、これにより流出が防止された後、詐欺の告発を受けて40万を超えるカルザイの投票が禁止されなければなりませんでした。一部の国は選挙を「自由だが公平ではない」と批判した。[231] [232]

選挙を混乱させる135以上の暴力事件が大部分論争されたというタリバーンの主張。しかし、メディアは暴力事件について報道しないよう求められました。[233] タリバンが最も権力を握っていたアフガニスタン南部では、投票率は低く、散発的な暴力が有権者と警備員に向けられた。[234]タリバーンは選挙の数日後にビデオを公開し、カブールとカンダハールの間の道路で撮影し、車両を止めて指を見るように頼んだ(投票者は指をインクに浸して二重投票できないようにマークされた)。ビデオは、タリバンの過激派に耳を傾け、投票した10人の男性を示しました。タリバンはラマダンのために有権者を赦免した。[235]タリバーンはロケットやその他の間接射撃で町を攻撃した。詐欺が蔓延しているとの主張の中で、トップ候補のハミド・カルザイとアブドラ・アブドラが勝利を主張しました。報告によると、投票率は前回の選挙よりも低かった。[232]

2009年11月26日、カルザイはタリバーン指導部との直接交渉を公に嘆願した。カルザイ氏は、交渉の「緊急の必要性」があると述べ、オバマ政権がそのような交渉に反対したことを明らかにした。米国の正式な回答はありませんでした。[236] [237]

タリバンの地位と戦略

西側の当局者とアナリストは、タリバーン軍の強さを、いつでも約10,000人の戦闘機が戦場に出たと推定した。[いつ?]その数のうち、2,000から3,000人だけが意欲的なフルタイムの武装勢力でした。[要出典]残りは、若いアフガニスタン人で構成されたボランティア部隊であり、軍の空爆でのアフガニスタンの民間人の死と、起訴されることなく何年も拘留されていたイスラム教徒の囚人のアメリカ人の拘留に怒りました。[238]当局者によると、2007年にはこれまで以上に多くの外国人戦闘機がアフガニスタンにやってきた。約100人から300人の常勤の戦闘員は外国人であり、その多くはパキスタン、ウズベキスタン、チェチェン、さまざまなアラブ諸国、そしておそらくトルコや中国西部からでした。伝えられるところによると、彼らはより暴力的で、制御不能で極端であり、しばしば優れたビデオ制作や爆弾製造の専門知識をもたらしました。[239] 2010年までに、タリバーンには25,000人もの献身的な兵士がおり、これは9/11以前とほぼ同じである。[240]

元タリバン戦闘機は、ゴール州の再統合プログラムの一環として武器を投入します

アフガニスタンで米国の司令官に新たに任命されたマクリスタル将軍は、タリバンが優位に立ったと述べた。タリバーンの通常の夏の攻勢戦略の続きとして[241]、過激派は積極的に影響力をアフガニスタン北部と西部に広げ、大統領の世論調査を妨害しようとして攻撃を強化した。[242]タリバンを「非常に攻撃的な敵」と呼び、米国の戦略は彼らの勢いを止め、アフガニスタンの民間人の保護と保護に焦点を当てることであり、それを「ハードワーク」と呼んだ。[243]

2010–2013:連立攻撃と戦略的合意

英国空軍連隊の軍人は、カンダハール飛行場の近くで戦闘任務を遂行している間、道路に立ち寄ります
2010年4月、オーストラリアとアフガニスタンの兵士がバルチ渓谷地域のポピー畑をパトロールします。

追加の米軍の配備は2010年の初めに続き、3月末までに計画された30,000のうち9,000が配置され、6月までにさらに18,000が予定されています。[244]軍隊の急増は、特殊部隊の作戦の6倍の増加を支えた。[245] 2009年後半に始まったアメリカ人要員の急増は2012年9月までに終わった。[246] 2010年9月だけで700回の空爆が発生したのに対し、2009年全体では257回であった。[247]

武装勢力によるIEDの使用の増加により、負傷した連合軍兵士、主にアメリカ人の数が大幅に増加した。[248] 2010年5月から、NATO特殊部隊は、特定のタリバーン指導者を捕らえるか殺すための作戦に集中し始めた。2011年3月の時点で、米軍は、この努力の結果、900人を超える低レベルから中レベルのタリバーン司令官が捕獲または殺害されたと主張した。[249] [250]全体として、2010年は戦争が始まって以来、どの年でも最も反乱を起こした攻撃があり、9月に1,500を超えるピークに達した。[251]

ザブールシャージョイ地区でエアドロップを実施する連合軍

CIAは、戦争の開始時にアフガニスタン人が配置されたテロ対策追跡チームを作成しました。[252] [253]この部隊は2010年までに3,000人以上に増加し、「最高のアフガニスタン戦闘部隊」の1つと見なされた。これらの部隊は、アフガニスタンでのタリバン軍とアルカイダ軍に対する作戦に効果的であっただけでなく[ 254]、パキスタンへの作戦を拡大した。[255]

2010年2月、連合軍とアフガニスタン軍は、マルジャ村近くのタリバン要塞で、攻撃的なコード名のモシュタラク作戦の目立つ計画を開始ましこれは、アフガニスタン軍が連立を主導した最初の作戦でした。攻撃には15,000人の連立軍とアフガニスタン軍が関与した。[256]

カンダハールの戦い(2011)は、タリバンが春季攻勢を開始するという4月30日の発表に続く攻勢の一部でした。[257] 5月7日、タリバーンはカンダハールの政府の建物に対して大規模な攻撃を開始した。タリバンは、彼らの目標は都市を支配することであると述べた。少なくとも8つの場所が攻撃されました:知事の化合物、市長のオフィス、NDSの本部、3つの警察署と2つの高校。[258]戦いは2日目まで続いた。BBCは、これを「 2001年のタリバーン政権崩壊以来のカンダハール州での最悪の攻撃であり、西側支援のアフガニスタン政府にとっての恥ずかしさ」と呼んだ。[259]

和平交渉

2009年までに、アフガニスタンでは戦争を終わらせるべきであるという幅広い合意がありましたが、カルザイを再選した2009年のアフガニスタン大統領選挙の候補者にとって、戦争がどのように起こるべきかが大きな問題でした。[260]選出された後のテレビ演説で、カルザイは「タリバンの兄弟たちが家に帰って自分たちの土地を受け入れるように」と呼びかけ[261] 、ロヤ・ジルガを立ち上げる計画を立てたオバマ政権が国内でアメリカ軍を増員したことにより、努力は弱体化した。[262]カルザイは、2010年1月のロンドン会議で、武器を置くためにタリバンに手を差し伸べたいと繰り返し述べた。[263]米国国務長官ヒラリークリントン慎重に提案を支持した。[264] 2010年6月、「平和ジルガ」がカブールで開催され、1,600人の代表が出席した。しかし、カルザイから善意のジェスチャーとして招待されたタリバンとヘズビー・イスラミ・グルブッディーンは会議に出席しなかった。[265]

アフガニスタン国軍の第31および第33カンダックからの軍隊がオペレーションバレー洪水への出発を実行します

タリバーンの共同創設者であり、当時2番目に指揮を執っていたアブドゥルガニバラダールは、米国およびアフガニスタン政府との会談を支持したタリバーンの主要メンバーの1人でした。伝えられるところによると、カルザイ政権は2010年2月にバラダールと会談した。しかし、その月の後半、バラダールはパキスタンのカラチ市での米国とパキスタンの合同襲撃で捕らえられました。逮捕はカルザイを激怒させ、パキスタンの諜報機関がアフガニスタンの和平交渉に反対したために彼が押収されたという疑いを引き起こした。[266] [267]カルザイは、2010年3月にハッカーニネットワークグループとの和平交渉を開始した。 [268]

戦争を解決するための可能な政治交渉を可能にするために、2010年にオバマ政権内で考え方の変化と戦略が起こりました。[269]タリバン自身がアフガニスタン政府と話すことを拒否し、彼らをアメリカの「人形」として描写した。その後、米国とタリバンの間の和平交渉のための散発的な努力が行われ、2010年10月に、タリバーンの指導者司令官(「クエッタシューラ」)がパキスタンに避難し、 NATOの航空機によって安全にカブールに護送されたと報じられた。 NATOのスタッフが彼らを捕まえないという保証を持って。[270]会談が終了した後、アフタル・マン​​スールであると主張したこの代表団のリーダーが明らかになった。タリバンの副司令官である、は実際にはNATO当局者をだましていた詐欺師でした。[271]

カルザイは2011年6月に米国とタリバンの間で秘密交渉が行われていることを確認したが[272]、2011年8月までに崩壊した。[273]交渉再開のさらなる試みは、2012年3月[274]および2013年6月にキャンセルされた。アフガニスタン政府とタリバンがカタールに政治事務所を開設したことに関する紛争カルザイ大統領は、タリバーンが亡命政府として自分たちを描いていると非難した。[275] 2015年7月、パキスタンはタリバン代表とアフガニスタン政府との間の最初の公式和平会談を主催した。米国と中国は、パキスタンがマリーで仲介した会談に2人のオブザーバーとして出席した。[276]2016年1月、パキスタンはアフガニスタン、中国、アメリカの当局者との4者間協議を主催したが、タリバンは出席しなかった。[277]タリバーンは、2016年にアフガニスタン政府と非公式協議を行った。[278]

ウィキリークス、規律の問題

ガルデーズでのパトロール中に、米軍兵士が地元のアフガニスタンの少年たちのそばを歩く

2010年7月25日、ウィキリークス組織からの91,731件の機密文書のリリースが公開されました。これらの文書は、2004年1月から2009年12月までの米軍の事件と諜報報告をカバーいるレポートには、クンドゥズ空爆ナンガーケル事件などの民間人死傷者を含む他の事件への多くの言及が含まれていました[280]漏洩した文書には、パキスタンとタリバンの共謀の報告も含まれている。DerSpiegelによると、「文書は、パキスタンの諜報機関である軍統合情報局(通常はISIとして知られている)がタリバンがアフガニスタン以外で持っている最も重要な共犯者であることを明確に示している。」[281]

2012年1月以降、米軍が関与する事件[282] [283] [284] [285] [286] [287]が発生し、シドニーモーニングヘラルドは「アフガニスタンにおける米軍が関与する一連の損害を与える事件と開示」と説明しました。 。」[282]これらの事件は、アフガニスタンとISAFの間のパートナーシップに崩壊を引き起こし、[288]米軍内の規律が崩壊していたかどうかという疑問を提起し、[289]民間人の死と、米軍がアフガニスタンの文化と人々を尊重していないという多くのアフガニスタン人の間の認識に」[290]そして、アフガニスタンと米国の間の関係を緊張させました[283] [284]死んだ武装勢力の体の一部でポーズをとった米軍の事件と、アフガニスタンの男性のグループをヘルファイアミサイルで爆破する前に米ヘリコプターの乗組員が「バイバイミスアメリカンパイ」を歌っている様子を示すビデオに加えて[ 290] [291]これらの「アフガニスタンでの注目を集める米軍の事件」[286]には、 2012年のアフガニスタンのコーランの灼熱の抗議パンジャウイの銃乱射事件も含まれていた

パキスタン-米国の緊張

パキスタン国境近くのナリ地区でブラックホーク搭乗する米軍兵士

パキスタンフロンティア隊の兵士数名が殺害され、負傷した後、9月下旬にパキスタンと米国の間の緊張が高まった。軍隊は、アフガニスタンとパキスタンの国境近くでタリバン軍を追跡していた米国のパイロット航空機によって攻撃されたが、未知の理由で、2つのパキスタン国境のポストに発砲した。ストライキへの報復として、パキスタンは、NATOの補給船団へのトールハムの国境検問所を不特定の期間閉鎖した。この事件は、武装していない民間人を処刑している制服を着たパキスタンの兵士を示しているとされるビデオの公開に続いた。[292]トールハム国境が閉鎖された後、パキスタンのタリバーンはNATOの護送船団を攻撃し、数人の運転手を殺害し、約100隻のタンカーを破壊した。[293]

ISAF部隊は、11月26日にパキスタンの軍隊を小競り合い、24人のパキスタン兵士を殺害した。どちらの側も最初にもう一方のショットを要求しました。パキスタンはNATOの供給ラインを封鎖し、アメリカ人にシャムシー飛行場を離れるように命じた。[294] [295]

オサマビンラーディンの殺害

2011年5月2日、米国当局は、アルカイダの指導者オサマビンラーディンがパキスタンのアボッタバード海軍SEALsによって実施されたネプチューンスピア作戦で殺害されたと発表しました。[296]パキスタンは、襲撃後、国際的に厳しい監視下に置かれた。パキスタン政府はビンラーディンを保護したことを否定し、2009年以来この化合物に関する情報をCIAや他の諜報機関と共有していると述べた。[297]

国際ドローダウンと戦略的合意

2011年3月29日、オーストラリアの軽装甲車両がタンギ渓谷を走行

6月22日、オバマ大統領は、2011年末までに10,000人の軍隊が撤退し、2012年の夏までにさらに23,000人の軍隊が帰還すると発表した。10,000人の米軍の撤退後、残りは80,000人に過ぎなかった。[298] 2011年7月、カナダは戦闘部隊を撤退させ、訓練の役割に移行した。訴訟に続いて、他のNATO諸国は軍隊の削減を発表した。

タリバーンの攻撃は2011年と同じ割合で続き、2013年には約28,000人でした。[299]

2012年1月、アフガニスタン国家戦線(NFA)は、ベルリンで広く公表された会議中に、米国、パキスタン、タリバンの間の秘密取引の可能性について懸念を表明しました。

アフガニスタン軍の部隊がヘルマンド州サンギンのIEDを無力化

カルザイは2012年1月に米国を訪問した。当時、米国政府は2014年末までにすべての軍隊を撤退させる用意があると述べた。[300] 2012年1月11日、カルザイとオバマは戦闘作戦をNATOからアフガニスタン軍に移管することに合意した。 2013年の夏ではなく2013年の春。[301] [302]「この春に起こることは、アフガニスタン人が全国で主導権を握るということだ」とオバマ氏は語った。「彼ら(ISAF部隊)はまだアフガニスタン軍と一緒に戦っています...私たちは訓練、支援、助言の役割を果たします。」[302]彼はまた、撤退の理由を次のように述べた。もう一度私たち。[303]彼は、2014年以降の米国の任務は、テロ対策作戦と訓練のみに焦点を当てると付け加えた[303] [304]

2012年5月2日、カルザイ大統領とオバマ大統領は、米国大統領が予告なしにカブールに到着した後、両国間の戦略的パートナーシップ協定に署名しました。[305] 7月7日、合意の一環として、カルザイとクリントンがカブールで会った後、米国はアフガニスタンを非NATOの主要な同盟国に指定した。[306]両首脳は、米国がアフガニスタンの囚人と刑務所をアフガニスタン政府に移送し[302] [307]、2013年春にアフガニスタンの村から軍隊を撤退させることに合意した。 [307] [308]

ミシガン陸軍国家警備隊ラトビア軍の兵士がコナ州の村をパトロールします。

セキュリティ転送

2012年、NATO加盟国の指導者たちは、NATOサミット中に出口戦略を承認しました。[167] ISAF部隊は、2013年半ばまでに、すべての戦闘任務の指揮をアフガニスタン軍に移管し[309]、戦闘からアフガニスタン治安部隊への助言、訓練、支援に移行する。[310] [311] 13万人のISAF部隊のほとんどは、2014年12月末までに出発する。[309]その後、新しいNATOミッションが支援の役割を引き受ける。[310] [312]

2013年6月18日、NATOからアフガニスタン軍への治安責任の移転が完了した。[313] ISAFは2014年末までにその任務を終了する予定であった。[314]約100,000のISAF部隊が国内に残った。[315]

2014–2017:反乱の撤退と増加

2014年12月28日にISAFの色が包まれた後、カブールで発表された確固たる支援色
ロシアは、郵便と物資を配達するために前進作戦基地空挺に着陸するミルMi-8チョッパーを作りました
2016年11月2〜3日のボズカンダハリの戦いで戦死した2人の同志を記念する第10回SFGのグリーンベレー

13年後、英国と米国は2014年10月26日にアフガニスタンでの戦闘作戦を正式に終了しました。その日、英国はアフガニスタンの最後の基地であるキャンプバスティオンを引き渡し、米国は最後の基地であるキャンプレザーネックをアフガニスタンに引き渡しました。力。[316]約500人のイギリス軍が「非戦闘」の役割を果たしたままだった。[317] [318] 2014年12月28日、NATOはカブールで開催された式典で戦闘作戦を公式に終了した。[319]アフガニスタン内での米軍による継続的な作戦は、自由の番人作戦の下にあった。[320]これには、オペレーション・レゾリュート・サポートという名前の新しいNATOミッションが加わった。[321]

軍隊の撤退は、軍事的プレゼンスの撤退を意味するものではありませんでした。米軍がアフガニスタンから撤退すると、彼らは米国政府と国連によって雇われた民間警備会社に取って代わられた。これらの民間警備会社(軍事請負業者とも呼ばれる)の多くは、元連立軍人で構成されていました。これにより、米国と英国は、自国の軍隊を駐留させる必要なしに、地上行動に関与し続けることができました。[322]

タリバンはいくつかの要因により復活を始めた。2014年の終わりに、米国とNATOの戦闘任務は終了し、アフガニスタンからのほとんどの外国軍の撤退は、タリバンが爆撃され襲撃されるリスクを減らしました。2014年6月、2014年6月に北ワジリスタン部族地域で発足したパキスタン軍のZarb-e-Azb作戦は、アフガニスタンに殺到し、タリバンの階級を膨らませた数千人の主にウズベク、アラブ、パキスタンの過激派を追い出した。このグループは、国際社会からの関心が比較的低いことと、シリアイラクウクライナなど、世界の他の地域での危機への関心の転換によってさらに大胆になりました。アフガニスタンの治安部隊はまた、特定の能力と装備、特に空軍力と偵察を欠いている。カブールの中央政府における政治的争いや、さまざまなレベルでの統治の明らかな弱さも、タリバンによって悪用されています。[323]

2015年6月22日、タリバーンはカブールの国会の外で自動車爆弾を爆発させ、タリバーン戦闘機はアサルトライフルとRPGで建物を攻撃しました。[324] [325]

2016年4月12日、タリバーンはオマリ作戦と呼ばれる攻撃を開始すると発表した[326] [327]

2016年7月の時点で、タイムはアフガニスタンの少なくとも20%がタリバンの支配下にあり、最南端のヘルマンド州を主要な拠点としていると推定している[ 328]329]

2016年9月22日、アフガニスタン政府はHezb-i-Islamiとの和平協定草案に署名しました。合意案によると、Hezb-i-Islamiは、過激派グループとの関係を断ち切り、アフガニスタン憲法を尊重することで合意しました政府の名誉職も約束されたヘクマティアル。[330] [331]これは、2001年にアフガニスタンでの戦争が始まって以来、最初の平和条約でした。政府当局者は、この協定を平和への一歩であり、タリバンとの協定である可能性もあると賞賛しました。[332]しかし、物議を醸しているリーダーのヘクマティアルの戦争犯罪の疑いにより、他の人々は懸念を共有しました。アフガニスタン社会の一部は、彼の過去の行動のために平和条約に抗議した。[333]

2017年1月初旬、海兵隊タイムズは、2016年の激しい戦闘シーズンの後、アフガニスタン軍が再建を目指していると報告しました。16のアフガニスタン州にまたがる33の地区が反乱軍の支配下にあり、258が政府の支配下にあり、120近くの地区が「争われた」ままであった。[334]監察官によると、アフガニスタン軍は約169,000人の兵士で構成されているが、2016年には33%の離職率に苦しみ、2015年から7%増加した。[334] 2017年2月9日、ジョン・ニコルソン将軍は議会に語った。NATOとアフガニスタンの同盟軍は「膠着状態」に直面しており、アフガニスタンの兵士をより効果的に訓練し助言するために数千人の追加の軍隊が必要であったこと。彼はまた、ロシアが過激派組織がイスラム国と戦っているという「誤った物語」を作成することによってタリバンを「合法化」しようとしていると主張し、アフガニスタン軍はロシアの目標を「米国を弱体化させることであり、アフガニスタンのNATO」。しかし、彼は、イスラム国の戦闘機がアフガニスタンで活動している地域が大幅に縮小されたと述べた。[335]

2017年4月21日、タリバーンはマザリシャリフ近くのキャンプシャヒーンを攻撃し、140〜256人以上のアフガニスタン兵士を殺害した。[336] [337] [338]

血なまぐさい2017年のタリバンの春の攻勢はマンスウリ作戦と名付けられた。[339]

女優スカーレット・ヨハンソンは、2016年12月にアフガニスタンの前進作戦基地ガンベリーで部隊の交戦中に米国の軍人と会う

ワシントンポスト紙は、2017年11月20日、ジョンニコルソン将軍が、タリバンが「犯罪組織になりつつある」と述べ、タリバンの資金を遮断することを目的とした新しい戦略の下で、米国の航空機がアフガニスタンの医薬品生産施設を標的にしていると発表したと報じた薬物関連の活動から年間2億ドル。アシュラフ・ガニー大統領は、タリバンが運営する麻薬センターに対する米国とアフガニスタンの空爆の新しいキャンペーンを強く支持した。[340]

クンドゥーズの戦い

2009年以降の衝突現場であったクンドゥズ州[341] [342]で激しい戦闘が発生した。2015年5月、アフガニスタン治安部隊と市外のタリバンとの数週間にわたる衝突により、北部の都市クンドゥズへのフライトが中断されました。[343]クンドゥズ州内の北部チャーダラ地区での激化する紛争により、アフガニスタン政府はタリバーンの反乱への反対を強化するために地元の民兵を雇うことになった。[344] 6月、タリバーンはクンドゥズを占領しようとする大規模な攻撃の一環として、北部の都市クンドゥズ周辺で攻撃を激化させた。[345] [346] [347]数万人の住民が、戦闘によって国内避難民となった。政府は、およそ1か月の戦闘の後、CharDara地区を奪還した。[348]

9月下旬、タリバーン軍はクンドゥズへの攻撃を開始し、いくつかの郊外の村を占領し、都市に侵入した。タリバーンは地域の病院を襲撃し、近くの大学の治安部隊と衝突した。戦闘では、西にチャーダラ、南西にアリアバード、東にカナバード、北にイマームサーヒブの4つの異なる地区からタリバンが攻撃された。[349] [350]タリバーンは、南に向かう高速道路でザケル村とアリケル村を占領し、アリアバード地区を経由してカブールとマザリシャリフに接続し、クンドゥズ南西部で最大の利益を上げたと伝えられている。地元のコミュニティは武器を手に取り、タリバンを支援していました。[349]タリバーンの戦闘機は、民間人が都市から逃げるのを防ぐために空港へのルートを封鎖したとされている。[351]ある目撃者は、国家保安局の本部が発砲したと報告した。[352]クンドゥズは、2015年10月14日にアフガニスタンとアメリカ軍によって奪還された。

タリバンの交渉と戦闘

アフガニスタンの治安情勢が自国の分離主義勢力やパキスタンとの経済活動に影響を及ぼしているため、中国は2016年にタリバンとの交渉を試みた。タリバンは辞退した。[353] [354]

カブール議会の爆撃は、和平交渉へのアプローチにおけるタリバーン内の違いを浮き彫りにしました。[355] [356] 2016年4月、アシュラフ・ガニー大統領は、タリバンとの和平交渉を開始する努力に失敗したアフガニスタン政府に「プラグを抜いた」。[357]さらに、ハッカーニ・ネットワークがタリバンの指導部に統合されたため、和平交渉が行われるのはより困難になるだろう。[358] [359]タリバーンの指導者、ハイバトゥラー・アクンザダは、カブールの政府が外国の同盟国を放棄すれば和平合意が可能であると述べた[360]

2015年11月11日、ザブール州のさまざまなタリバーン派閥間で戦闘が発生したと報じられた。新しいタリバーンの指導者ムッラー・アクタール・マンスールに忠実な戦闘機は、ムッラー・マンスール・ダドゥッラーが率いる親ISIL破片派閥と戦った。ダドゥラの派閥はウズベク人やチェチェン人を含む外国のISIL戦闘機の支援を享受したが、マンスールのタリバーン支持者が優勢であったと報告された。ザブールの治安部長であるGhulamJilani Farahiによると、戦闘が勃発して以来、両側から100人以上の過激派が殺害された。[361]内紛は2016年まで続いた。2016年3月10日、当局は、タリバンがヘラートのシンダンド地区でタリバンの破片グループ(ムハンマド・ラスール率いる)と衝突したと述べた。最大100人の過激派が殺されました。内紛は和平交渉も抑制しました。[362] [363]

戦闘の結果、マンスールは彼のリーダーシップに対する反対意見を鎮めるキャンペーンで消費されました。Sirajuddin HaqqaniHaqqaniネットワークのチーフタリバン内でのリーダーシップ闘争の最中に、2015年の夏にタリバンの副リーダーに選ばれました。Sirajuddinと他のHaqqaniの指導者は、特にタリバンのために日々の軍事作戦をますます実行した。彼らはまた、都市のテロ攻撃を洗練し、洗練された国際的な資金調達ネットワークを育成し、タリバンの知事を任命し、タリバンの団結を始めた。その結果、ハッカーニネットワークは現在、指導者レベルでタリバンと緊密に統合されており、反乱軍内で影響力を増しているが、ネットワークは以前はほとんど自律的であり、戦闘はより致命的になることが懸念されている。アメリカとアフガニスタンの当局者が彼らを代理グループとしてハッカーニを保護していると非難したため、パキスタン軍との緊張も高まった。[358] [359]

ヘルマンドでの衝突

2015年、タリバーンはヘルマンド州で攻撃を開始し、州の一部を乗っ取った。2015年6月までに、彼らはDishuとBaghranの支配権を掌握し、5,588アフガニスタン政府治安部隊を殺害した(そのうち3,720人は警察官であった)。[364] 7月末までに、タリバーンはナウザド地区を制圧し[365]、8月26日、タリバーンはムーサカラを支配し[366] 2015年10月、タリバーン軍はラシュカルガーを奪取しようとした。ヘルマンド州の州都であるアフガニスタンの第215軍団と特殊作戦部隊は、11月にタリバンに対する反撃を開始した[367]。暴行は撃退されたが、タリバーン軍は2015年12月の時点で市の郊外に掘り下げられたままであった。[368] 2015年12月、ヘルマンドで新たなタリバーン攻勢がサンギン の町に集中したサンギン地区は、2日間で90人以上の兵士を殺害した激しい衝突の後、12月21日にタリバンに陥落した。[369] SASの30人のメンバーと60人の米特殊空挺部隊が戦闘でアフガニスタン軍に加わり、タリバーンの武装勢力からサンギンの一部を奪還したと報告された[370]。さらに、約300人の米軍と少数の英国人ヘルマンドに留まり、軍隊レベルでアフガニスタンの司令官に助言した。[371] [372]アメリカの上級司令官は、州内のアフガニスタン軍は、タリバンの持続的な攻撃を阻止するために必要な武器と弾薬だけでなく、効果的な指導者も不足していると述べた。ヘルマンドの一部のアフガニスタン兵士は、家族に会うために休むことなく何年も厳しい状況で戦ってきたため、士気が低下し、脱走率が高くなっています。[371]

2015年1月6日、ナンガルハール州の米陸軍兵士

2016年2月初旬、タリバーンの武装勢力は、2015年12月に以前に撃退された後、サンギンへの攻撃を再開し、月の初めにアフガニスタン政府軍に対する一連の猛烈な攻撃を開始しました。その結果、米国]は、ヘルマンド州、特にサンギン周辺のアフガニスタン第215軍団を支援するために、第2大隊、第87歩兵連隊第10山岳師団から軍隊を派遣することを決定しました。範囲。[373] [374] [375] [376] [377] 2016年3月14日、Khanneshinヘルマンド州の地区はタリバンに陥った。地区ごとに、アフガニスタン軍はヘルマンドの都市中心部に後退していた。[354] [ 377] 2016年4月初旬、600人のアフガニスタン軍がサンギンのタリバン占領地域とその周辺地域を奪還するための大規模な攻撃を開始した。 、その地域の軍隊からの脱走が蔓延している。[379]

2015年2月のTAAC-Eアドバイザー

米国の空爆にもかかわらず、過激派はラシュカルガーを包囲し、伝えられるところによると、数キロ離れた都市と地域に通じるすべての道路を支配していた。米国はアフガニスタンの地上部隊を支援するために空爆を強化した。ラシュカルガーのアフガニスタン軍は、首都周辺の警察の検問所が1つずつ下がっている間、「使い果たされた」と報告された。タリバンがパシュトゥー語の「サラ・キッタ」と呼ばれる新しいエリート部隊をヘルマンドに送った間。[380] [381] [382]アフガニスタンの治安部隊は、ラシュカルガーからわずか10kmのチャエアンジルに侵入したタリバーンの戦闘機による攻撃を打ち負かした。米国の空爆に後押しされたアフガニスタンの特殊部隊は、ますます武装し、訓練されたタリバーンの過激派と戦った。アフガニスタンの特殊部隊の司令官は、「タリバーンは、暗視と近代兵器を備えた、重装備の統一された部隊を持っている」と述べた。[383] 2016年8月22日、米国は、タリバンがタリバンを追い越すのを防ぐために100人の米軍がラシュカルガーに派遣されたと発表した。[384]

アメリカ空軍のF-16ファイティングファルコンがバグラム飛行場で戦闘出撃のために離陸、2016年3月14日

2016年12月31日、タリバーンはサンギン地区とマルジャ地区への攻撃で州への攻撃を続けた。[385]一部の推定によれば、タリバーンはヘルマンド州の80%以上を奪還した。[334] 2017年3月23日の早い時間に、サンギン地区は、地区の中心であるサンギンの町を制圧したため、タリバンに捕らえられた戦争の初期段階では、イギリス軍の死傷者のほぼ4分の1が町のために戦ったことによって引き起こされましたが、最近では数百人のアフガニスタン軍が町を守るために命を落としました。[386] [387] 2017年4月29日、米国はさらに5,000人の海兵隊をヘルマンド南部に配備した。[388]

イスラム国家の出現

2015年1月中旬、イスラム国のカリフ制はアフガニスタンにKhorasan(ISKP、またはISIS-K)と呼ばれる支部を設立し、戦闘機の募集[389]とタリバンとの衝突を開始しました。[390] [391]それは、自称世界カリフのアブ・バクル・アル・バグダディへの忠誠の誓いの後に作成されました。[392] 3月18日、アフガニスタンでISILの後任の副エミールであるHafiz Wahidiが、彼に同行した他の9人のISIL過激派とともにアフガニスタン軍によって殺害された。[393] 2016年1月、米国政府は国防総省に指令を送りました国務省がアフガニスタンとパキスタンのISISを外国のテロ組織として指定したことを発表した後、米軍がISIL-KPに所属する過激派に対して攻撃を行うための新しい法的権限を付与しました。過激派の数は約60または70から始まり、そのほとんどがパキスタンとの国境を越えてやって来ましたが、最終的には[いつ?] 1,000人から3,000人の過激派の範囲であり、[394]主にアフガニスタンパキスタンのタリバンからの脱北者であり、一般にナンガルハール州に限定されているが、クナル州にも存在している[394] [395]

USAFパイロットは、2017年4月にナンガルハールでCH-47チヌークを操縦します

2016年7月23日、アフガニスタンと米軍は、カブール爆撃の数時間後にイスラム国の過激派のナンガルハール州を一掃するための攻撃を開始しました。夏の主要な戦略的攻撃。2016年1月のISIL-KPの推定サイズは約3,000でしたが、2016年7月までにその数は1,000から1,500近くに減少し、戦闘機の70%がTTPから来ています。[329] [396] [397]

アーミータイムズは、2017年3月初旬に、アメリカ軍とアフガニスタン軍がアフガニスタン東部の拠点からISIS-Kを「洗い流す」ためにハムザ作戦を開始し、定期的な地上戦闘を行ったと報告しました。[398] 2017年4月、ワシントンポスト紙は、NATOのアフガニスタンへの任務のスポークスマンであるビルサルビン大尉が、アフガニスタンと国際軍がアフガニスタンのISIS-K支配地域を3分の2削減し、戦闘機の約半分を殺害したと述べたと報じた。過去2年間で。2017年の初め以来、テロリストに対する460回の空爆(ドローンの攻撃だけで200人以上のIS過激派を殺害)。彼は、アフィリエイトがアフガニスタン東部の2つの州に推定600-800人の戦闘機を持っていると付け加えた。[399]

2017年9月15日、ニューヨークタイムズは、現在および以前の諜報機関および軍当局によると、CIAがアフガニスタンおよびその他の戦争地帯で独自のドローンストライキを実施する権限を求めており、権限の変更がペンタゴンによる懸念にもかかわらず、新しい戦略の一部としてのホワイトハウス。[400] 2017年9月19日、トランプ政権はさらに3,000人の米軍をアフガニスタンに配備した。彼らはすでにアフガニスタンに駐留している約11,000人の米軍に追加し、合計で少なくとも14,000人のアフガニスタンに駐留する米軍になります。[401]2017年10月4日、Fox Newsは、国防長官のJim Mattisが新しい戦略の一環として活動規則の変更を承認し、発砲前に米軍がアフガニスタンの敵軍と接触する必要がなくなったことを報告しました。[402]

平和序曲(2018–2020)

2019年1月のアフガニスタンの反乱軍(白)と政府が管理する(赤)地域を示す地図。

2018年1月、タリバンは国の70%で公然と活動し(14の地区を完全に支配し、さらに263で活動的で開かれた物理的存在を持っています)、イスラム国はこれまで以上に国で活動していました。タリバンによる攻撃(1月27日のカブール救急車爆撃で100人以上が死亡)とイスラム国による多数の民間人の殺害に続いて、トランプ大統領とアフガニスタン当局者はタリバンとの会談を除外することを決定した。[403]しかし、2018年2月27日、暴力の増加に続いて、アフガニスタン大統領アシュラフ・ガニータリバーンとの無条件の和平交渉を提案し、合法的な政党としての承認とタリバーンの囚人の釈放を提案した。戦争が始まって以来、この申し出はタリバンにとって最も有利だった。その前に、数ヶ月にわたる国民の合意形成が行われ、アフガニスタン人は交渉による戦争の終結を圧倒的に支持したことがわかりました。[404] [405] 2日前、タリバーンは米国との会談を呼びかけ、「アフガニスタン問題は軍事的に解決できないことは、今やアメリカとその同盟国によって確立されなければならない。アメリカは今後、平和戦略に焦点を合わせなければならない。戦争の代わりにアフガニスタン。」[406] 2018年3月27日、ウズベキスタンのタシケントで開催された20か国の会議、アフガニスタン政府の和平提案を支持した。[407]タリバーンはガニの申し出に公に応じなかった。[要出典]

2018年7月、タリバーンはISIL-Kがアフガニスタン政府に降伏した後、ダルザブ攻勢を実行し、ダルザブ地区を占領しました。8月、タリバーンは一連の攻撃を開始しました。最大のものはガズニ攻撃です。ガズニ攻勢の最中、タリバーンはアフガニスタンで6番目に大きな都市であるガズニを数日間占領したが、最終的には撤退した。[408] [409]

2019年1月25日、アフガニスタンのアシュラフガニー大統領は、2014年に大統領に就任して以来、45,000人以上のアフガニスタン治安部隊のメンバーが殺害されたと述べました。[410]米国政府による2019年1月の報告では、アフガニスタンの地区の53.8%が政府によって支配または影響を受けており、33.9%が争われ、12.3%が反乱軍の支配または影響下にあると推定された。[411]

2019年4月30日、アフガニスタン政府軍は、ナンガルハール州東部でISIS-Kタリバンの両方に対して向けられた清算作戦に着手しました国家保安局は22人のISIS-K戦闘機が殺害され、2つの武器キャッシュが破壊されたと主張し、タリバーンは米国が支援するアフガニスタン軍が7人の民間人を殺害したと主張した。州当局は、9,000以上の家族が戦闘によって避難させられたと述べた。[412] 2019年7月28日、アシュラフ・ガニー大統領のランニングメイトであるアムルラサレハの事務所は自爆テロ犯と数人の過激派に襲われました。少なくとも20人が死亡し、50人が負傷し、サレハも負傷者の1人でした。6時間の作戦中に、150人以上の民間人が救助され、3人の過激派が殺害されました。[413]

8月までに、タリバーンは2001年以降のどの時点よりも多くの領土を支配した。[414] ワシントンポストは、米国がタリバーンとの和平協定に近づき、アフガニスタンから5,000人の軍隊を撤退させる準備をしていると報告した。[415] 9月、米国は交渉をキャンセルした。[416]

国家平和運動と最初の停戦

米国、英国、アフガニスタンの治安部隊は、2018年1月16日、カブールのキャンプカルガでの空中反力演習で一緒に訓練します。

タリバンとの無条件の和平交渉のガニの申し出に続いて、特にアフガニスタンのメディアが「ヘルマンド平和コンボイ」と名付けた人民平和運動による平和行進に続いて、2018年にアフガニスタンで成長する平和運動起こっ[418] [419]行進者たちは、ヘルマンド州のラシュカルガーからタリバンが支配する領土を通り[420]カブールまで数百キロ歩いた。そこで彼らはガニに会い、アフガニスタンの国連支援ミッションと近くの大使館の外で座り込み抗議を行った。[421]彼らの努力は、アフガニスタンの他の地域でのさらなる運動に影響を与えた。[422]

行進に続いて、ガニとタリバーンは、2018年6月のイードアルフィトルの祝賀会で、前例のない相互の停戦に合意まし希望と恐怖のムードを作り出し、多くの民間人がタリバンを歓迎し、一部の女性を含む平和について話しました。[423]民間人は停戦を恒久化するよう求めたが、タリバーンは延長を拒否し、6月18日に停戦が終了した後、戦闘を再開した。一方、アフガニスタン政府の停戦は1週間後に終了した。[424] [425] [426]

米国平和研究所の研究者たちは、アフガニスタンには非暴力の抵抗運動があると主張しています。彼らは、2010年代半ばに、アフガニスタンの平和グループが停戦と和平プロセスの他のステップを実施するためにアフガニスタン政府とタリバンの両方に圧力をかけ始めたと主張した。タバサム運動は2015年に、啓蒙運動は2016年から2017年に、蜂起は2017年に、人民平和運動は2018年3月に始まりました。[要出典]

2019年4月29日から5月3日まで、アフガニスタン政府はカブールのバグエバラ宮殿で4日間のロヤジルガ(大集会)を主催 3,200人の代表者が和平交渉について話し合った。[427]タリバンは招待されたが、出席しなかった。[428]事件はタリバンとの即時停戦を要求し、人権は保護されなければならないと述べた。[429]ガニ大統領はまた、善意のしぐさとして多数のタリバーン囚人の釈放を発表した。[430]

西側諸国だけがこの紛争を解決できないことを証明しましょう。ここには人間の文明もあります。

—  2019年のロヤジルガでのアシュラフガニー大統領[430]

米国とタリバンの会談と合意(2020年)

米国のザルメイ・ハリルザド代表(左)とタリバーンのアブドゥル・ガニ・バラダール代表(右)が2020年2月29日にカタールのドーハでアフガニスタンに平和をもたらすための協定に署名

アメリカの当局者は、20187月カタールでタリバンの政治委員会のメンバーと密かに会った。処理する。[432]ハリルザドは、2018年10月にカタールで米国とタリバンの間のさらなる会談を主導した。[433]ロシアは、2018年11月に、タリバンとアフガニスタンの高平和評議会の当局者との間で別の和平会談を主催した。[434]カタールでの会談は2018年12月に再開された[435]。タリバーンはアフガニスタン政府の招待を拒否したが[436] 、彼らを米国の操り人形政府と見なした。[437]タリバーンは、 2019年2月にモスクワのホテルでハミド・カルザイ前大統領を含むアフガニスタンと話し合ったが、これらの話し合いにはアフガニスタン政府は含まれていなかった。[438]

2019年2月25日、カタールでタリバンと米国の間で和平交渉が始まり、タリバンの共同創設者であるアブドゥルガニバラダールが特に出席しました。[437]和平交渉は2019年12月に再開された。[439]このラウンドの交渉は、2020年2月22日に始まった7日間の部分停戦をもたらした。[440] 2月29日、米国とタリバンは条件付き和平に署名した。カタールのドーハでの協定[441]は、10日以内に囚人の交換を要求し、14か月以内に米軍がアフガニスタンから撤退することになった。[84] [442]しかし、アフガニスタン政府はこの協定の当事者ではなく、翌日の記者会見で、ガニ大統領はこの協定が「密室で署名された」と批判した。彼は、アフガニスタン政府は「5,000人のタリバン囚人を解放することを約束しなかった」と述べ、そのような行動は「米国の権威ではなく、アフガニスタン政府の権威である」と述べた。[443] [444] [85] [445]ガニはまた、捕虜交換は「交渉の前提条件にはなり得ない」が、交渉の中で交渉されなければならないと述べた。[446]

インド亜大陸のアルカイダISIL-Kに所属する武装勢力は、協定の一部ではなく、国の一部で活動を続け、タリバンの最も非妥協的な部門を彼らの目的に引き付けることを望んでいた。[447]

暴力のスパイクと囚人の論争

米国との協定に署名した後、タリバーンは3月3日にアフガニスタン軍と警察に対する攻撃作戦を再開し、クンドゥズ州とヘルマンド州で攻撃を行った。[448] 3月4日、米国はヘルマンドでタリバーンの戦闘機に対して空爆を開始することで報復した。[449]米国とタリバーンの間の和平合意にもかかわらず、アフガニスタン治安部隊に対する反乱軍の攻撃が国内で急増したと報告された。合意後45日(2020年3月1日から4月15日まで)に、タリバンはアフガニスタンで4,500回以上の攻撃を行い、前年同期と比較して70%以上の増加を示した。[450]この期間に900人以上のアフガニスタン治安部隊が殺害され、前年同期の約520人から増加した。合意によりアフガニスタンと米軍によるタリバンに対する攻撃と空爆の数が大幅に減少したため、タリバンの死傷者は前年同期の約1,660人から610人に減少した。[450]一方、 ISIS-Kはそれ自体が脅威であり続け、3月6日にカブールで銃乱射事件で32人が死亡し、 [451] 3月25日にカブール寺院で25人のシーク崇拝者が死亡し[ 452]。 5月の攻撃の最も顕著なのは、カブール病院の産科病棟で16人の母親と新生児を殺害したことです。[453]米国の撤退以来、アフガニスタン紛争における女性の死傷者数は、2021年の第1四半期だけでもほぼ40%増加した。[454]

2020年6月22日、アフガニスタンは「19年間で最も血なまぐさい週」を報告し、その間にアフガニスタン国防治安部隊(ANDSF)の291人のメンバーが殺され、550人がタリバンによる422回の攻撃で負傷した。18の州で、タリバンによって女性と子供を含む少なくとも42人の民間人が殺害され、105人が負傷した。[455]週の間に、タリバーンはダーイクンディの中央州で60人の民間人を誘拐した[456]

米国の撤退(2020–2021)

タリバーンの反乱は、アフガニスタンからの米国と連合軍の撤退と同時に、2021年にかなり激化した。[457]

外交面では、2020年3月31日、3人のタリバーン代表団がカブールに到着し、囚人の釈放について話し合った。[458] [459]彼らは2001年以来カブールを訪問した最初のタリバーン代表である。[458] 2020年4月7日、タリバーンは囚人交換会談から出発し[460] [461]シャヒーンはまた、交渉を終えて数時間後、タリバンの交渉チームがカブールから呼び戻されたとツイートで述べた。[461]タリバーンはまた、彼らが釈放しようとした15人の司令官のいずれの釈放も確保できなかった。[460]どの捕虜を交換するかについての議論もまた、計画された捕虜交換の遅れをもたらした。[460]囚人の釈放に関する論争のために長い遅延があった後、アフガニスタン政府は2020年8月までに5,100人の囚人を釈放し[462]、タリバーンは1,000人を釈放した。[463] しかし、アフガニスタン政府は、400人の囚人が重大な犯罪で告発されたため、タリバーンが釈放を望んでいた者のリストから400人の囚人を釈放することを拒否した。[464] ガニ大統領は、これらの囚人を釈放する憲法上の権限がないと述べたので、8月7日から9日までロヤジルガを召集してこの問題について話し合った。[465]ジルガは、残りの400人の囚人を解放することに同意した。[464]アフガニスタン政府とタリバンの間の協議は、2020年9月12日にドーハで始まった。[466]

タリバンの夏の攻勢、カブールの捕獲とタリバンの勝利

タリバンの攻撃を示すアフガニスタンの地図
2021年8月17日、カブールのタリバン戦闘機

タリバンは2021年5月1日に最後の大規模な攻撃を開始し、カブールの陥落、タリバンの勝利、そして戦争の終結に至りました。[467] [468] [469]攻撃の最初の3か月で、タリバーンは田舎で大幅な領土拡大を行い、支配する地区の数を73から223に増やした。[470]

3月6日、アフガニスタンのアシュラフガニー大統領は、彼の政府がタリバンとの和平交渉を進め、新たな選挙の実施と民主的な方法での政府の形成について反政府勢力グループと話し合うことを表明した。[471] 4月13日、バイデン政権は、 9月11日の攻撃の20周年に、2021年9月11日までに残りの2,500人の軍隊をアフガニスタンから撤退させると発表した[472]米国政府はまた、タリバーンの軍事的勝利の可能性に関してアフガニスタン政府への支持を繰り返した。[473] 7月5日、タリバーンは書面による平和計画を8月のアフガニスタン政府だが、8月13日の時点では、これは行われていなかった。[474] [475]情報筋は、8月12日、国家和解高等評議会の議長であるアブドラ・アブドラが、タリバーンと共有された「危機を脱する」というタイトルの計画を提出したと主張した。情報筋によると、この計画は「共同政府」の創設を求めているという。[476] 8月15日、タリバーンの攻勢首都カブールの崩壊に続いて、現職のアシュラフ・ガニー大統領が国をタジキスタンに逃亡した後、タリバーンは大統領宮殿を占領した[477] [478] NATO 軍はカブールでの存在感を維持します。[478] [479]

タリバンは6月から7月にかけてさまざまな町の支配権を獲得した。8月6日、彼らはザランジの最初の州都を占領しました次の10日間で、彼らは国中を席巻し、資本を次々と獲得しました。8月14日、マザリシャリフは、司令官のラシッドドスタムアッタヌルが国境を越えてウズベキスタンに逃亡し、カブールの重要な北部供給ルートを切断したために捕らえられました。8月15日の早い時間に、ジャララバードは倒れ、ハイバル峠を通る唯一の残りの国際ルートを切断しました[480]その日の正午までに、タリバーン軍はパグマン地区からカブールの門に到達した。大統領アシュラフ・ガニーは市の保護について治安大臣と話し合い、情報筋はタリバンとの統一和平合意が差し迫っていると主張した。しかし、ガニは内務省と国防省の高官に連絡することができず、何人かの著名な政治家がすでに空港に急いでいた。1400時間までに、タリバンは抵抗に直面することなく街に入った。大統領はすぐに大統領官邸からヘリコプターで逃げ出し、数時間以内にタリバンの戦闘機が宮殿のガニの机に座っているのが描かれました。[481]共和国の事実上の崩壊により、戦争は同じ日にタリバーンによって終結したと宣言された。[482]

空輸と米国の最終出口

タリバーンが2021年8月15日に支配権を握ったため、連合軍、少数民族、女性と協力していた通訳や助手を含む、タリバーンに対して脆弱な人々を避難させる必要性が急務となった。2週間以上にわたって、国際的な外交、軍、民間のスタッフ、およびアフガニスタンの民間人が、カブール国際空港から国外に空輸されました。8月16日、ハンクテイラー少将は、米軍の空爆が少なくとも24時間前に終了し、その時点での米軍の焦点は、避難が続く間、空港の安全を維持することであったことを確認した。[483]最終飛行である米空軍C-17は、2021年8月30日、カブール時間の午後3時29分、午後11時59分に出発し、アフガニスタンでのアメリカのキャンペーンの最終終了を示し、タリバンによる祝賀砲撃が続きました。 。[484]多くのオブザーバーは、これがアメリカで最も長い歴史上の戦争の終わりであると指摘している。[89] [485] [486] [487]

影響

死傷者

ブラウン大学の戦争費用プロジェクトよると、戦争はアフガニスタンで46,319人のアフガニスタンの民間人を殺害した。しかし、「病気、食料、水、インフラへのアクセスの喪失、および/または戦争の他の間接的な結果」による原因不明の死のために、死者数はおそらくもっと多いでしょう。[90]社会的責任のための医師、世界的生存ための医師、核戦争防止のための国際医師(IPPNW)がまとめた「ボディカウント」というタイトルの報告書は、アフガニスタンでの戦闘の結果、106,000〜170,000人の民間人が殺害されたと結論付けた。紛争のすべての当事者の手。[488]

民間人の死傷者の大部分は毎年反政府要素に起因していましたが、その数字は61%から80%まで変動し、平均はタリバンや他の反政府要素のために約75%で推移しました。[489] [490] [491] [492] [493]国連アフガニスタン支援ミッション(UNAMA)は、2008年に民間人死傷者の数値の公表を開始した。この割合は2015年には約18%に低下します。[494]

2009年12月に少なくとも10人のアフガニスタンの民間人を殺害したナランの夜襲の犠牲者

アフガニスタン以外の連立軍によって引き起こされた民間人の死者は、ほとんどの外国軍が撤退し、連立が空爆に移行した後、戦争の後半には少なかった。たとえば、2015年には、親政府軍が民間人の死傷者の17%を引き起こしました。これには、死傷者のわずか2%を占めた米国とNATO軍が含まれます。[495] 2016年も同様の2%の数字でした。戦争の後半でも民間人の死亡数が多く、国連によると、2015年と2016年の両方が連続して毎年の民間人の死亡記録を更新しました。[496]

2001年にタリバーン政府が転覆した後、多くのタリバーンとアルカイダの戦闘機がパキスタンに逃亡した。2004年、パキスタン北西部で、パキスタン軍テリク・イ・タリバン・パキスタン、アルカイダ、およびその他の同盟グループとの間で武力紛争が始まった。Costs of War Projectによると、紛争により2001年から2021年までに合計67,000人が死亡した。[90] [494]

テヘランのアフガニスタン大使館の外に集まり、2021年のカブールの学校爆撃を非難する

難民

2011年に難民キャンプでアフガニスタンの市民将校から子供たちに配られた外国からの寄付された衣類

2001年以来、570万人以上の元難民がアフガニスタンに帰還しましたが[497] [498] [499]、2021年には260万人が難民のままであり、帰還する難民はほとんどいませんでした。[92] [500]長年の難民帰還の後、貧しい経済状況[501]と暴力の大幅な増加の両方のために流れが変わり始め、2009年の時点で逃げる数が増加した。[502]

2013年1月、国連は547,550が国内避難民であると推定しました。2012年1月に推定された447,547人のIDPよりも25%増加しました[499] [500] [503] 2020年に40万人が避難し、2021年前半に20万人が避難しました。 。[92]

2020年の時点で、パキスタンが最も多くのアフガニスタン難民を受け入れており、イランがそれに続いている。インド、インドネシアタジキスタンでは少数が避難しているアジア以外では、ドイツは圧倒的に多くの難民と最大数の亡命希望者を受け入れました。[504]

タリバンの乗っ取り後、アフガニスタンからの避難中に、アフガニスタン人、アメリカ市民、その他の外国人市民を含む122,000人以上がカブール空港から海外に空輸されました。[505]

麻薬取引

アフガニスタンのケシ栽培、1994年から2016年(ヘクタール)

1996年から1999年まで、タリバンはアフガニスタンのポピー畑の96%を支配し、アヘンの輸出に対する税金を通じて、アヘンを最大の収入源にしました。ラシッドによれば、「戦争のための武器、弾薬、燃料は薬のお金で賄われた」とのことです。[506] 2000年までに、アフガニスタンは世界のアヘン供給の推定75%を占め、推定3,276トンが生産された。[507]その後、オマールはアヘンの栽培を禁止し、生産量は推定74メートルトンに減少した。[508]一部のオブザーバーは、国際的な認知を求めて禁止されたと述べている国連で–アヘンの価格を上げ、既存の大量の備蓄の売却による利益を増やすためだけに発行されました。2001年9月、9月11日の米国同時多発テロの前に、タリバーンはアフガニスタンの農民に再びアヘンを蒔くことを許可したとされています。[506]

侵入直後、アヘンの生産は著しく増加しました。[509] 2005年までに、アフガニスタンは世界のアヘンの90%を生産し、そのほとんどはヘロインに加工され、ヨーロッパとロシアで販売されていました。[510]

アフガニスタン復興特別検査官(SIGAR)による2018年の報告によると、米国は2002年以来、アフガニスタンの麻薬取引を停止し、タリバンの収入源を否定するために86億ドルを費やしました。2021年5月のSIGARレポートは、タリバンが貿易から年間収益の60%を稼いでいると推定し、国連当局は2018年から2019年の間にタリバンが貿易から4億ドル以上を稼いだと推定しましたが、他の専門家はこれに異議を唱え、タリバンは麻薬取引から年間最大4000万ドルを稼いでいます。[511]

健康と福祉

2001年から2021年の間に、アフガニスタンは健康、教育、女性の権利の改善を経験しました。[512] [513]平均余命は56歳から64歳に増加し、妊産婦死亡率は半分に減少しました。都市に住む住民の89%は、2001年の16%から、きれいな水を利用できます。子供の結婚率は17%減少しました。[512] [514]アフガニスタンの人口は2001年から2014年の間に50%以上増加し、GDPは8倍に増加しました。[515]

2019年9月のタリバン攻撃により、アフガニスタン南部の主要病院のほとんどの建物が破壊され、約40人が死亡しました。そのため、現在、アフガニスタンはCOVID-19パンデミックとの効率的な戦いに苦労していると報告されています。[516] [更新が必要ですか?]

公教育

2013年の時点で、820万人のアフガニスタン人が2001年の120万人から学校に通っています。 [517]識字率は2001年以来8%から43%に上昇しています。[512]

すべてのアフガニスタンの子供たちは、法的にクラス9を完了することが義務付けられています。2017年、ヒューマン・ライツ・ウォッチは、アフガニスタン政府がすべての子供たちがこのレベルの教育を受けられるようにするシステムを提供できず、実際には多くの子供たちが逃したと報告しました。[518] 2018年、ユニセフは7歳から17歳までの370万人の子供、つまり44パーセントが学校に通っていないと報告した。[519]

2017年現在、アフガニスタン政府はタリバン軍と協力して教育サービスを提供しています。コギャニ地区では、タリバンが地元の学校で任命した教師の賃金を支払う見返りに、政府は地元のタリバン戦闘員から「名目上の支配」を受けています。[520]

女性の権利

1978年に紛争が始まる前は、都市での女性の権利にいくらかの進歩がありましたが、アフガニスタンは近隣諸国よりもはるかに保守的でした。パシュトゥーン地域は部族の名誉を強調しました。つまり、女性は一般的にフルカバーの水色のブルカを着用していました。しかし、ほとんどの農村地域では、農業の重労働のため、女性は一般的にブルカを着用していませんでした。[96] :24–25 

2011年に学用品を受け取る前に第116歩兵大隊によって描かれたカラートの若いアフガンの少女

2013年の時点で、320万人の女子が学校に通っていて、2001年には50,000人未満でした。 [521] 2017年には女子の39%が通学していましたが、2003年には6%でした。国会議員の数は女性でした。[92]タリバーンは通常、女子教育に反対したが、2017年にコギャニ地区で、地域住民の間での地位を向上させるために女子が教育を受けることを許可した。[520] 2018年、ユニセフは、カンダハール、ヘルマンド、ヴァルダク、パクティカ、ザブール、ウルズガンなどの一部の州では、85%の女の子が学校に通っていないと報告した。[519]

戦争犯罪

戦争犯罪(個人の刑事責任を生じさせる戦争の法律と慣習の重大な違反) [522]は、民間人の虐殺、民間人の標的への爆撃、テロ、拷問の使用、および戦争囚人の殺害を含む双方によって犯された。 その他の一般的な犯罪には、軍事的必要性によって保証されていない財産の盗難、放火、および破壊が含まれます

タリバーンは、戦争中に虐殺、自殺爆撃、テロ、民間人の標的化(人間の盾の使用など)を含む戦争犯罪を犯しました[523] [524] 2011年、ニューヨークタイムズ紙は、タリバンがアフガニスタンでの戦争におけるすべての民間人の死の3/4の原因であったと報告した。[525] [526]国連の報告は、紛争での民間人の死亡の大部分について、タリバーンおよび他の反政府勢力を一貫して非難している。[496] [489] [527]その他の犯罪には、集団レイプや降伏した兵士の処刑が含まれる。[528] [529]

連立、アフガニスタン治安部隊、北部同盟が犯した戦争犯罪には、虐殺、囚人の虐待、民間人の殺害が含まれていました。アムネスティ・インターナショナルは、アフガニスタンでの戦争犯罪拷問、不法殺害に関連する証拠を隠蔽したとして国防総省を非難した。[530]注目すべき事件には、ダシュテ・ライリ虐殺[531]バグラムの拷問と囚人虐待[532]カンダハルの虐殺[533]などがあります。

費用

ペンタゴンのアフガニスタンでの戦争の費用のほぼ最終的な見積もりは、再建を含めて、8250億ドルでした。これは、2020年末の「戦争コストレポート」で提供されました。[534]ジョー・バイデン米国大統領によって認められた別の見積もりでは、費用は2兆ドルを超えていました。[535] 2013年の時点で、アフガニスタンでの戦争への英国の貢献は370億ポンド(564.6億ドル)に達した。[536]何年もの間、米国当局は、いつ軍隊を撤退させるかを話し合う間、戦争の費用を考慮していた。[537]たとえば、2011年には、アフガニスタンに米兵を配備するための平均コストは、年間100万米ドルを超えました。[538]2021年の時点で、ブラウン大学は、アフガニスタンでの戦争はすでに2.261兆ドルの費用がかかっており、そのうち5,300億ドルが利息の支払いに、2,960億ドルが退役軍人の世話に費やされていると推定しています。[90]

非効率的な援助

汚職と非効率性により、かなりの量の国際援助が意図した目標を達成できませんでした。戦争の最初の10年間で、米国は廃棄物と詐欺のために310億ドルから600億ドルを失いました。[539] 2013年の夏、翌年の撤退に備えて、米軍は70億ドル以上の価値のある77,000メートルトン以上の機器と車両を破壊し、米国に返送することができなかった。一部は金属くずとしてアフガニスタンに売却されました。[540]2013年、米国政府の監視機関であるアフガニスタン復興特別検査官は、特に「アフガニスタンにはそれらを運用および維持する能力」。[541]

アフガニスタン復興特別検査官の教訓プログラムのために実施されたインタビューでは、あるインタビュー対象者は、2001年以降のアフガニスタンへの米国の援助の40%が、腐敗した役人、軍閥、犯罪者、反乱軍のポケットに入ったと推定しました。[542] アフガニスタンとイラクの元大使であるライアン・クロッカーは、2016年のインタビューで調査員に、「これらの金額を非常に脆弱な国家や社会に投入することはできず、汚職を助長することもできない」と語った。[543]

NATOがアフガニスタンを安定させることができない

オブザーバーは、アフガニスタンでの任務は、目的に関する合意の欠如、資源の欠如、調整の欠如、地方政府と州政府を犠牲にして中央政府に過度に焦点を当てること、そして国に過度に焦点を当てることによって妨げられたと主張している地域の代わりに。[544]

Cara Korteによれば、気候変動はアフガニスタンの不安定性を増大させ、タリバンを強化する上で重要な役割を果たした。アフガニスタンの人口の60%以上が農業に依存しており、国連環境計画とアフガニスタンの国家環境保護庁によると、アフガニスタンは世界で6番目に気候変動に対して脆弱な国です。タリバンは、気候変動によって引き起こされた干ばつと洪水に対する政府の不作為に対する憤慨を利用して支援を強化し、アフガニスタン人は農業よりもタリバンを支援するお金を稼ぐことができた。[545]

2009年、アフガニスタンはソマリアに次ぐ世界で2番目に腐敗した国としてランク付けされました。[546]

パキスタンは紛争の中心的な役割を果たしています。ロンドンスクールオブエコノミクスが発表した2010年の報告書によると、パキスタンのISIはタリバンを支援するという「公式の方針」を持っています。[547]「パキスタンは、驚くべき規模のダブルゲームをプレイしているようだ」と報告書は述べている。[547]ウィキリークスによって公開されたアフガニスタン戦争文書の漏洩に関して、Der Spiegelは、「文書は、パキスタンの諜報機関である軍統合情報局(通常はISIとして知られている)がタリバンがアフガニスタン以外で持っている最も重要な共犯者であることを明確に示している」と書い。 。[548]アムルラ・サレー アフガニスタンの諜報機関の元局長は、「私たちはこれらすべての代理人(タリバン、ハッカニス)について話しますが、パキスタン軍である代理人の主人については話しません。問題は、パキスタン軍が何を達成したいのかということです...?地域で影響力を得たい」と語った。[549]パキスタンの役割は、彼らがソビエトに対してムジャヒディンに資金を提供したソビエト戦争にまでさかのぼることができる。パキスタンの現在の目的は、アフガニスタンが彼らの利益に優しい体制を持ち、「将来のインドとの紛争において地政学的な深さ」を提供することを確実にすることです。[550]

イランも戦争に影響を与えようとしました。過去20年間で、米国はイランの2つの地域の敵、イラク戦争を通じたサダム・フセインとタリバンを排除しました。サウジアラビアとパキスタンは、戦争に影響を与えた他の「支配的なプレーヤー」です。イランとタリバンは、ロシアの支援も受けて、アメリカ軍を「出血」させるために関係を結んだ。イランとロシアは、シリア内戦での同盟によって大胆になり、アフガニスタンで米国に対して「代理戦争」を開始しました。タリバンは、ドバイ、アラブ首長国連邦バーレーンから経済的支援を受けました。パキスタンは経済的支援を与え、イランとタリバンの関係を強化することを奨励してきました。[551]

スティーブ・コル「2003年にジョージ・W・ブッシュがイラクを侵略するという悲惨な決定から、NATOのアフガニスタン安定化の最終的な失敗の小さな部分は流れなかった。...タリバンの復帰、アメリカの最初の不注意、そして一部のアフガニスタンとパキスタン人の魅力イスラムの原則の下でのタリバンの国家抵抗のイデオロギーの-これらすべての失敗の原因は、イラク戦争から切り離して理解することはできません。」コルはさらに、ブッシュ政権もオバマ政権も、国造りとテロ対策の相対的な重要性、アフガニスタンの安定がパキスタンの安定よりも優先されたかどうか、麻薬取引の役割などの重要な問題について合意に達していないことを指摘している。 ISIの謎を解くことができなかった[552]

中国は静かにその影響力を拡大している。2010年以来、中国はカブールと鉱業契約を結び[553] 、地域のテロに対抗するためにバダクシャンに軍事基地を建設している( ETIMから)。[554]中国は、一帯一路イニシアチブで戦略的役割を果たしているアフガニスタンに、長年にわたって数十億ドルの援助を寄付してきました[554]さらに、2011年以降、パキスタンは米国への依存に対するヘッジとして、中国との経済的および軍事的関係を拡大した。コルは、「全体として、戦争は、血、財宝、または評判を一切使わずに、中央アジアにかなりの寛容さを中国に残した」と述べている。[555]

2019年12月、ワシントンポストは、2,000ページの政府文書を公開しました。そのほとんどは、アフガニスタン戦争の起訴に関与した400人以上の主要人物へのインタビューの記録です。ポストとガーディアンによると、文書(アフガニスタンペーパーと呼ばれる)は、米国当局が一貫して意図的に紛争の勝ち目のない性質についてアメリカ国民を誤解させたことを示しており[556]、一部の評論家と外交政策専門家はその後、ペンタゴンペーパーズのリリース。[556]郵便局は、情報公開法を介して、アフガニスタン復興特別検査官事務所から文書を入手した3年間の法廷闘争の後の要求。[557] [556]

アフガニスタン治安部隊

アフガニスタン国軍

2010年4月1日、カブール郊外のキャンプモアヘッドでアフガニスタンコマンドスが潜入技術を実践しました。
2010年にホースト州の村をパトロールしているアフガニスタン軍の兵士

米国の政策は、 2010年10月までにアフガニスタン国軍を134,000人の兵士に増強することを要求した。2010年5月までに、アフガニスタン軍はこの暫定目標を達成し、2011年までに最終的な数の171,000人に到達する軌道に乗っ米国は2011年7月に軍の撤退を開始する。[559] [560]

2010年、アフガニスタン国軍の戦闘能力は限られていました。[561]最高のアフガニスタンの部隊でさえ、訓練、規律、適切な補強が不足していた。Baghlan州の1つの新しい部隊では、兵士が戦うのではなく、溝で吠えているのが発見されました。[562]タリバンと協力している疑いのある者もいた。[561]「彼らは基本を持っていないので、彼らは横になっている」とアフガニスタンの兵士を訓練する任務を負った米国とハンガリーの指導者のチームの一人であったマイケル・ベル大尉は言った。「私は彼らに撃たせようとして1時間走り回って、発砲しました。彼らに武器を撃たせることができませんでした。」[561]さらに、アフガニスタン国軍の兵士10人のうち9人は読み書きができなかった。[563]

アフガニスタン軍は非効率性と風土病の腐敗に悩まされていました。[564]米国の訓練努力は、問題によって劇的に遅くなった。[565]米国のトレーナーは、車両、武器、その他の軍事装備の紛失、および燃料の完全な盗難を報告した。[561]死の脅迫は、アフガニスタンの兵士が盗むのを阻止しようとした米国の将校に対して平準化された。アフガニスタンの兵士は、IEDに印を付けて米軍が爆発するのを待つ代わりに、IEDのコマンドワイヤーを盗むことがよくありました。これにより、武装勢力は戻って再接続することができました。[561]米国のトレーナーは、作戦が危うくなることを恐れて、任務の数時間前にアフガニスタンの兵士の携帯電話を頻繁に取り外した。[566]アメリカのトレーナーは、アフガニスタンの名簿が正確であることを確認するために多くの時間を費やしました—賃金を盗んだアフガニスタンの司令官によって「支払われた」「幽霊」で埋められていなかったこと。[567]

2010年2月13日、タリバンから都市を守るための攻撃中に、米海兵隊とANAの兵士がマルハに隠れました。

脱走は重大な問題でした。米国国防総省とアフガニスタン復興監察官のデータによると、戦闘兵士の4人に1人が2009年9月までの12か月間にアフガニスタン軍を辞めた。[568]

2015年の初めに、アフガニスタンアナリストネットワークのPhilip Munchは、次のように述べて います。影響力とリソースへのアクセスをめぐって競争します。これは、ANSFが正式に機能しない可能性があることを意味します。むしろ、ANSFの政治経済学により、ANSFが現代の組織のように機能することが妨げられているようです。 「」[569]公式および非公式の収入は、州の地位を通じて生み出される可能性があり、レントシーキングであるとムンク氏は述べた。–対応する労働力または資本の投資を伴わない収入。「伝えられるところによると、ANAの任命者はクライアントを維持することも多いため、競合する派閥に構造化されたパトロンとクライアントのネットワークをANA内で最低レベルまで追跡することができます。より高い階層、国際的なドナーによってANAに向けられた広大な資源の流れの適切な大部分。」[570]

反タリバン作戦中に谷を調査しているアフガニスタンの兵士

アフガニスタンの兵士や警察官がアメリカやヨーロッパの対応者に武器を向けるグリーンオンブルー」または「インサイダー攻撃」は、2010年に大きな懸念事項となり、2012年にピークに達しました。ISAFの死傷者の25%近くを占めていました。 — 2013年から2014年にかけて、国際部隊が紛争から撤退したために衰退する前。インサイダー攻撃の規模はCIAアナリストに衝撃を与えました。彼らは、ベトナム戦争、ソビエト・アフガニスタン戦争、または近代史における他の対反乱作戦の間に同様の現象を見つけることができませんでした。ラマダンのイスラム教徒の聖なる月の間に攻撃は加速した(2012年に他の種類の過激派活動の頻度の増加とは相関していませんでした)、最初の事件から2日以内に追跡攻撃のリスクが高いことを特徴とする「模倣パターン」が観察されましたが、この暴力の根本的な原因議論されました。ある理論は、アフガニスタンとアメリカの軍隊の互いの認識についてインタビューした研究心理学者のジェフリーT.ボルディン少佐が行った2011年の研究に基づいており、インサイダー攻撃は文化的な非互換性と恨みの結果であると主張しました。しかし、法医学精神科医のマーク・セージマンによる2013年の研究、元CIA役員および学者は、米軍の「15-6」事件ファイルおよびその他の証拠書類に基づいて、一緒に働いた2人の役員間の確執または文化的誤解から直接エスカレートした2012年の内部攻撃はゼロでした。事件の約10%は、 2012年のアフガニスタンのコーランの灼熱の抗議カンダハルの虐殺などの注目を集める挑発に関連していたがJWICS傍受は、内部の攻撃者の56%がストライキを決定する前にタリバンと対話したことを示し、さらに19%のケースでタリバンとの接触の状況証拠がありました。セージマンによれば、攻撃者はアフガニスタン軍に潜入するために派遣されたタリバン幹部ではなく、彼らのかつての同盟国を殺すように説得された脱北者であった。彼らが不満に動機付けられた範囲で、これらは「アフガニスタン」または「イスラム教徒」それ自体に対する集団的侮辱であり、個人的軽視ではなく、彼らの報復的暴力は、銃乱射事件のプロフィールに従って、しばしば無差別でした。「青地に緑」の暴力を減らすために、ISAF兵士は「イスラム教を尊重し」、「傲慢を避ける」ように促され、武装警備員は共同演習を監視するための「守護天使」として配備され、以前に精査されたアフガニスタン軍の防諜監視は他の予防策の中でも、拡大しました。[571]

アメリカのジャーナリスト、アニー・ジェイコブセンは、CIA準軍事組織の「秘密の歴史」に関する2019年の本で、米国によって訓練されているほとんどのアフガニスタンの戦闘機は、習慣的にアヘンを使用しており、冷静な状態で彼らを守るのは絶え間ない苦労でした。同じ本は、他のアフガニスタン兵士によるアフガニスタン新兵のレイプが米国が運営する軍事施設で発生し、戦闘準備を損なうと主張した。ジェイコブセンは、米国の監察官による2018年の報告書は、「アフガニスタンの司令官による未成年の少年の日常的な奴隷化とレイプ」を含む「アフガニスタン軍による重大な人権侵害」の5,753件を指摘したと書いた。[572]

アフガニスタン復興特別検査官(SIGAR)による2017年の報告によると、2010年から2016年の間に、国防総省はアフガニスタン治安部隊に対して5,753件のリーヒー法の審査要請を行いました。[573]リーヒー法は、人権の重大な侵害の信頼できる報告がある場合、外国の治安部隊への米国の資金提供を禁止しています。SIGARによると、2010年から2016年の間に、殺人と16件の児童性的暴行を含む、アフガニスタン治安部隊による重大な人権侵害の75件の申し立てが国防総省に報告された。虐待で告発された約12のアフガニスタン部隊は、部隊が「国家安全保障上の懸念」にとって重要であるとみなされた場合に資金提供を継続することを許可する法律の例外により、米国の資金提供を受け続けた。[574] [575]

アフガニスタン警察

アフガニスタン国家警察は、アフガニスタン軍を支援しています。アフガニスタンの警察官もほとんど読み書きができません。それらの約17%は、2010年に違法薬物の検査で陽性でした。彼らは賄賂を要求したとして広く非難されました。[576]警官の4分の1は毎年辞任し、警察を実質的に増強するというアフガニスタン政府の目標を達成することをさらに困難にしている。[577]

タリバンに対する外国の支援

パキスタン

タリバンの勝利は、パキスタンからの支援によって促進された。パキスタンは2001年のアフガニスタン侵攻の前後で米国の主要な同盟国でしたが、パキスタン政府の要素(軍事および諜報機関を含む)は数十年にわたってタリバン過激派との強力なロジスティックおよび戦術的関係を維持しており、この支援はアフガニスタン。[578] [579]たとえば、パキスタンに本拠を置くタリバンの関連会社であるハッカーニネットワークは、パキスタンの諜報機関である軍統合情報局(ISI)から強力な支援を受けていた。[578]タリバンの指導者たちは、パキスタンで安全な避難所を見つけ、パキスタンに住み、そこで商取引を行い、そこで資金を稼ぎ、そこで治療を受けました。[578] [579]パキスタンの確立のいくつかの要素はタリバンのイデオロギーに共感し、多くのパキスタン当局者はタリバンをインドに対する資産と見なした。[578] [579] ブルース・リーデルは、「パキスタン軍は、アフガニスタンが彼らの執着であるインドに対して戦略的な深みを与えると信じている」と述べた。[579]

ロシアとイラン

Dr. Antonio Giustozzi, a senior research fellow at Royal United Services Institute on terrorism and conflict, wrote, "Both the Russians and the Iranians helped the Taliban advance at a breakneck pace in May–August 2021. They contributed to funding and equipping them, but perhaps even more importantly they helped them by brokering deals with parties, groups and personalities close to either country, or even both. [...] The Revolutionary Guards helped the Taliban's advance in western Afghanistan, including by lobbying various strongmen and militia commanders linked to Iran not to resist the Taliban."[580]

Reactions

Domestic reactions

In November 2001, the CNN reported widespread relief amongst Kabul's residents after the Taliban fled the city, with young men shaving off their beards and women taking off their burqas.[581] Later that month the BBC's longtime Kabul correspondent Kate Clark reported that "almost all women in Kabul are still choosing to veil" but that many felt hopeful that the ousting of the Taliban would improve their safety and access to food.[582]

A US marine interacting with Afghan children in Helmand Province

A 2006 WPO opinion poll found that the majority of Afghans endorsed America's military presence, with 83% of Afghans stating that they had a favorable view of the US military forces in their country. Only 17% gave an unfavorable view.[583] The majority of Afghans, among all ethnic groups including Pashtuns, stated that the overthrowing of the Taliban was a good thing. 82% of Afghans as a whole and 71% of those living in the war zone held this anti-Taliban view.[584] The Afghan population gave the US one of its most favorable ratings in the world. A solid majority (81%) of Afghans stated that they held a favorable view of the US.[585] However, the majority of Afghans (especially those in the war zone) held negative views on Pakistan and most Afghans also stated that they believe that the Pakistani government was allowing the Taliban to operate from its soil.[586]

A village elder speaking with an Afghan policeman in Panjwayi District, Kandahar, February 2011.
Afghan women sewing school uniforms using materials donated by U.S companies, 2003

According to a May 2009 BBC poll, 69% of Afghans surveyed thought it was at least mostly good that the US military came in to remove the Taliban—a decrease from 87% of Afghans surveyed in 2005. 24% thought it was mostly or very bad—up from 9% in 2005. The poll indicated that 63% of Afghans were at least somewhat supportive of a US military presence in the country—down from 78% in 2005. Just 18% supported increasing the US military's presence, while 44% favored reducing it. 90% of Afghans surveyed opposed the Taliban, including 70% who were strongly opposed. By an 82%–4% margin, people said they preferred the current government to Taliban rule.[587]

In a June 2009 Gallup survey, about half of Afghan respondents felt that additional US forces would help stabilize the security situation in the southern provinces. But opinions varied widely; residents in the troubled South were mostly mixed or uncertain, while those in the West largely disagreed that more US troops would help the situation.[588]

A 2015 survey by Langer Research Associates found that 77% of Afghans support the presence of US forces; 67% also support the presence of NATO forces. Despite the problems in the country, 80% of Afghans still held the view that it was a good thing for the United States to overthrow the Taliban in 2001. More Afghans blame the Taliban or al-Qaeda for the country's violence (53%) than those who blame the US (12%).[589][590]

A 2019 survey by The Asia Foundation found that 13.4% of Afghans had sympathy for the Taliban while 85.1% of respondents had no sympathy for the group. 88.6% of urban residents had no sympathy compared to 83.9% of rural residents.[591]

International reactions

22 December 2009 protest against the war, New York City

A 47-nation global survey of public opinion conducted in June 2007 by the Pew Global Attitudes Project found considerable opposition to the NATO military operations in Afghanistan. Only Israel and Kenya citizens were in favor of the war.[592] On the other hand, in 41 of the 47 countries pluralities wanted NATO troops out of Afghanistan as soon as possible. The authors of the survey mentioned a "global unease with major world powers" and in America that "Afghan War not worth it".[592] In 32 out of 47 countries majorities wanted NATO troops out of Afghanistan as soon as possible. Majorities in 7 out of 12 NATO member countries wanted troops withdrawn as soon as possible.[592][593][594]

In 2008 there was a strong opposition to war in Afghanistan in 21 of 24 countries surveyed. Only in the US and Great Britain did half the people support the war, with a larger percentage (60%) in Australia.[595] Since then, public opinion in Australia and Britain has shifted, and the majority of Australians and British now also want their troops to be brought home from Afghanistan. Authors of articles on the issue mentioned that "Australians lose faith in Afghan War effort" and "cruel human toll of fight to win Afghan peace".[596][597][598][599] Of the seven NATO countries in the survey, not one showed a majority in favor of keeping NATO troops in Afghanistan – one, the US, came close to a majority (50%). Of the other six NATO countries, five had majorities of their population wanting NATO troops removed from Afghanistan as soon as possible.[595]

The 2009 global survey reported that majorities or pluralities in 18 out of 25 countries wanted NATO to remove their troops from Afghanistan as soon as possible.[600]: 22  Despite American calls for NATO allies to send more troops to Afghanistan, there was majority or plurality opposition to such action in every one of the NATO countries surveyed.[600]: 39 

Public opinion in 2001

Home-made sign (2015) in Devine, Texas, south of San Antonio, welcomes returning troops from the war in Afghanistan.

When the invasion began in October 2001, polls indicated that about 88% of Americans and about 65% of Britons backed military action.[601]

A large-scale 37-nation poll of world opinion carried out by Gallup International in late September 2001 found that large majorities in most countries favored a legal response, in the form of extradition and trial, over a military response to 9/11: in only three countries out of the 37 surveyed—the US, Israel and India—did majorities favor military action. In the other 34 countries surveyed, the poll found many clear majorities that favored extradition and trial instead of military action: in the United Kingdom (75%), France (67%), Switzerland (87%), Czech Republic (64%), Lithuania (83%), Panama (80%) and Mexico (94%).[602][603]

An Ipsos-Reid poll conducted between November and December 2001 showed that majorities in Canada (66%), France (60%), Germany (60%), Italy (58%), and the UK (65%) approved of US airstrikes while majorities in Argentina (77%), China (52%), South Korea (50%), Spain (52%), and Turkey (70%) opposed them.[604]

Development of public opinion

22 June 2007 demonstration in Québec City against the Canadian military involvement in Afghanistan

In a 47-nation June 2007 survey of global public opinion, the Pew Global Attitudes Project found international opposition to the war. Out of the 47 countries surveyed, 4 had a majority that favored keeping foreign troops: the US (50%), Israel (59%), Ghana (50%), and Kenya (60%). In 41, pluralities wanted NATO troops out as soon as possible.[592] In 32 out of 47, clear majorities wanted war over as soon as possible. Majorities in 7 out of 12 NATO member countries said troops should be withdrawn as soon as possible.[592][605]

A 24-nation Pew Global Attitudes survey in June 2008 similarly found that majorities or pluralities in 21 of 24 countries want the US and NATO to remove their troops from Afghanistan as soon as possible. Only in three out of the 24 countries—the US (50%), Australia (60%), and Britain (48%)—did public opinion lean more toward keeping troops there until the situation has stabilized.[606][607]

Number of fatalities among Western coalition soldiers involved in the execution of Operation Enduring Freedom from 2001 to 2019.[608]
Canadian Forces personnel carry the casket of a fallen comrade onto an aircraft at Kandahar Air Field, 17 July 2009

Following that June 2008 global survey, however, public opinion in Australia and Britain diverged from that in the US. A majority of Australians and Britons now want their troops home. A September 2008 poll found that 56% of Australians opposed continuation of their country's military involvement.[597][609][610] A November 2008 poll found that 68% of Britons wanted their troops withdrawn within the next 12 months.[596][611][612]

In the US, a September 2008 Pew survey found that 61% of Americans wanted US troops to stay until the situation has stabilized, while 33% wanted them removed as soon as possible.[613] Public opinion was divided over Afghan troop requests: a majority of Americans continued to see a rationale for the use of military force in Afghanistan.[614] A slight plurality of Americans favored troop increases, with 42%–47% favoring some troop increases, 39%–44% wanting reduction, and 7–9% wanting no changes. Just 29% of Democrats favored troop increases while 57% wanted to begin reducing troops. Only 36% of Americans approved of Obama's handling of Afghanistan, including 19% of Republicans, 31% of independents, and 54% of Democrats.[615]

In a December 2009 Pew Research Center poll, only 32% of Americans favored increasing US troops in Afghanistan, while 40% favored decreasing them. Almost half of Americans, 49%, believed that the US should "mind its own business" internationally and let other countries get along the best they can. That figure was an increase from 30% who said that in December 2002.[616]

An April 2011 Pew Research Center poll showed little change in American views, with about 50% saying that the effort was going very well or fairly well and only 44% supporting NATO troop presence in Afghanistan.[617]

Protests, demonstrations and rallies

The war has been the subject of large protests around the world starting with the large-scale demonstrations in the days leading up to the invasion and every year since. Many protesters consider the bombing and invasion of Afghanistan to be unjustified aggression.[618] The deaths of Afghan civilians caused directly and indirectly by the US and NATO bombing campaigns is a major underlying focus of the protests.[619] In January 2009, Brave New Foundation launched Rethink Afghanistan, a national campaign for non-violent solutions in Afghanistan built around a documentary film by director and political activist Robert Greenwald.[620] Dozens of organizations planned (and eventually held) a national march for peace in Washington, D.C. on 20 March 2010.[621][622]

Aftermath

Formation of the Taliban government and international recognition

Taliban militants at a market in Kabul, September 2021. A vendor selling Islamic Emirate apparel can be seen.

On 7 September 2021, an interim government headed by Mohammad Hassan Akhund as Prime Minister was declared by the Taliban.[623][624][625] The Taliban also requested to sent a new envoy to the UN to represent Afghanistan in the future. If accepted, it would be a milestone towards international recognition. This, however, appears unlikely due to the economic collapse and political infighting that soon engulfed the recently reestablished emirate.[626]

According to a Human Rights Watch's report released in November 2021, the Taliban killed or forcibly disappeared more than 100 former members of the Afghan security forces in the three months since the takeover in just the four provinces of Ghazni, Helmand, Kandahar, and Kunduz. According to the report, the Taliban identified targets for arrest and execution through intelligence operations and access to employment records that were left behind. Former members of the security forces were also killed by the Taliban within days of registering with them to receive a letter guaranteeing their safety.[627]

Panjshir conflict

On 17 August 2021, Vice President Amrullah Saleh, citing provisions of the Constitution of Afghanistan, declared himself President of Afghanistan from a base of operations in the Panjshir Valley, which had not been taken by Taliban forces, and vowed to continue military operations against the Taliban from there.[628] His claim to the presidency was endorsed by Ahmad Massoud and Islamic Republic of Afghanistan Minister of Defence Bismillah Khan Mohammadi.[628] The Panjshir-based resistance recaptured the provincial capital of Charikar on 17 August 2021.[629] By 6 September the Taliban had regained control over most of the valley, but armed resistance continued in the upper valleys. Clashes in the valley mostly ceased by mid-September.[630] The leaders of the resistance, Saleh and Massoud reportedly fled to neighboring Tajikistan in late September.[631]

Islamic State activity

Following the 2021 Kabul airport attack conducted by the terrorist group Islamic State of Iraq and the Levant – Khorasan Province (a branch of the ISIL), the US and the Taliban have mutually agreed together to fight against the ISIS terrorists in the International military intervention against ISIL.[632][633][634][635]

Humanitarian crisis

Following the Taliban takeover, western nations suspended humanitarian aid and the World Bank and International Monetary Fund also halted payments to Afghanistan.[636][637] The Biden administration froze about $9 billion in assets belonging to the Afghan central banks, blocking the Taliban from accessing billions of dollars held in US bank accounts.[638]

In October, the UN stated that more than half of Afghanistan's 39 million people faced an acute food shortage.[639][640][641] According to The New York Times, "the crisis is, in large part, American-made, imposed by deliberate policy choices with results that were predicted months in advance." They also cited factors such as drought, which has damaged food production, and the fighting during the Taliban takeover, which has disrupted basic services and displaced many to cities.[642] On October 20, Taliban's chief spokesman Zabihullah Mujahid told CBS News that "On the one hand they say a million children will die, but on the other, the US are holding our money. The US should release our money so we can save more children."[638]

On 11 November 2021, the Human Rights Watch reported that Afghanistan is facing widespread famine due to collapsed economy and broken banking system. The UN World Food Program has also issued multiple warnings of worsening food insecurity.[637] World leaders pledged $1.2 billion in humanitarian aid to Afghanistan.[638]

On 22 December 2021, The United Nations Security Council unanimously adopted a US-proposed resolution to help humanitarian aid reach desperate Afghans, while seeking to keep funds out of Taliban hands. The Under-Secretary-General for Humanitarian Affairs, Martin Griffiths, described the council's passage of resolution 2615 (2021) as “evidence of how seriously Member States take the shocking levels of need and suffering in the country.”[643]

See also

References

  1. ^ "Operation Enduring Freedom Fast Facts". CNN. Retrieved 11 July 2017.
  2. ^ Crosby, Ron (2009). NZSAS: The First Fifty Years. Viking. ISBN 978-0-67-007424-2.
  3. ^ "News – Resolute Support Mission". Retrieved 4 October 2015.
  4. ^ "The elite force who are ready to die". The Guardian. 27 October 2001.
  5. ^ Neville, Leigh, Special Forces in the War on Terror (General Military), Osprey Publishing, 2015 ISBN 978-1472807908, p.48
  6. ^ "Pakistan's 'fanatical' Uzbek militants". BBC. 11 June 2014.
  7. ^ "Pakistan's militant Islamic groups". BBC. 13 January 2002.
  8. ^ "Evaluating the Uighur Threat". the long war journal. 9 October 2008.
  9. ^ "Resolute Support Mission (RSM): Key Facts and Figures" (PDF).
  10. ^ Multiple Sources:
  11. ^ a b "Local Officials Criticized for Silence on Shindand Strike". TOLOnews. 11 January 2020.
  12. ^ The Taliban's new leadership is allied with al Qaeda, The Long War Journal, 31 July 2015
  13. ^ Hardaha, Rashi (24 July 2021). "Al-Qaeda operates under Taliban protection: UN report". www.indiatvnews.com. Retrieved 14 September 2021.
  14. ^ "Taliban storm Kunduz city". The Long War Journal. Retrieved 30 September 2015.
  15. ^ "Central Asian groups split over leadership of global jihad". The Long War Journal. 24 August 2015. Retrieved 27 August 2015.
  16. ^ "Who is Lashkar-e-Jhangvi?". Voanews.com. 25 October 2016. Retrieved 2 June 2017.
  17. ^ "ISIS 'OUTSOURCES' TERROR ATTACKS TO THE PAKISTANI TALIBAN IN AFGHANISTAN: U.N. REPORT". Newsweek. 15 August 2017.
  18. ^ Multiple Sources:
  19. ^ Patrikarakos, David (25 August 2021). "Iran is an immediate winner of the Taliban takeover | The Spectator". www.spectator.co.uk.
  20. ^ Multiple Sources:
  21. ^ Multiple Sources:
  22. ^ Noorzai, Roshan; Sahinkaya, Ezel; Gul Sarwan, Rahim (3 July 2020). "Afghan Lawmakers: Russian Support to Taliban No Secret". VOA.
  23. ^ "Russian ambassador denies Moscow supporting Taliban". Reuters. 25 April 2016.
  24. ^ Jamal, Umair (23 May 2020). "Understanding Pakistan's Take on India-Taliban Talks". The Diplomat.
  25. ^ Farmer, Ben (26 August 2020). "Pakistan urges Taliban to get on with Afghan government talks". The National.
  26. ^ "Saudis Bankroll Taliban, Even as King Officially Supports Afghan Government". The New York Times. 12 June 2016.
  27. ^ Ramani, Samuel (7 September 2017). "What's Behind Saudi Arabia's Turn Away From the Taliban?". thediplomat.com.
  28. ^ "Qatar's Dirty Hands". National Review. 3 August 2017.
  29. ^ "Saudi has evidence Qatar supports Taliban: Envoy". Pajhwok Afghan News. 7 August 2017.
  30. ^ "China offered Afghan militants bounties to attack US soldiers: reports". Deutsche Welle. 31 December 2020.
  31. ^ Gittleson, Ben (1 January 2021). "US investigating unconfirmed intel that China offered bounties on American troops". ABC7 San Francisco. A spokesperson for China's foreign ministry, Wang Wenbin, on Thursday denied the accusation, calling it a "smear and slander against China" that was "completely nonsense" and "fake news."
  32. ^ Rod Nordland (19 May 2012). "In Afghanistan, New Group Begins Campaign of Terror". The New York Times. Retrieved 25 June 2021.
  33. ^ a b Seldin, Jeff (18 November 2017). "Afghan Officials: Islamic State Fighters Finding Sanctuary in Afghanistan". VOA News. ISSN 0261-3077. Retrieved 18 November 2017.
  34. ^ "A look at the Islamic State affiliate's rise in Afghanistan". AP NEWS. 19 August 2019.
  35. ^ Gibbons-Neff, Thomas; Katzenberg, Lauren (30 August 2021). "The U.S. military finishes its evacuation, and an era ends in Afghanistan". The New York Times. ISSN 0362-4331. Retrieved 30 August 2021.
  36. ^ Last troops exit Afghanistan, ending America's longest war
  37. ^ Multiple sources:
  38. ^ Khan, Tahir (16 May 2021). "Rebel Taliban leader dies of injuries days after attack". Daily Times.
  39. ^ "'The Kennedys of the Taliban movement' lose their patriarch". NBC News. Retrieved 19 March 2019.
  40. ^ a b "'Afghan Taliban leader Mullah Omar is dead'". The Express Tribune. 29 July 2015. Retrieved 29 July 2015.
  41. ^ a b "Mullah Najibullah: Too Radical for the Taliban". Newsweek. 30 August 2013. Retrieved 22 August 2015.
  42. ^ "Who Is the New Leader of Islamic State-Khorasan Province?". Lawfare. 2 September 2020.
  43. ^ Shalizi, Hamid (7 April 2018). "Afghan air strike kills Islamic State commander" – via www.reuters.com.
  44. ^ "ISAF's mission in Afghanistan (2001-2014) (Archived)". NATO. 11 August 2003. Retrieved 16 September 2021.
  45. ^ Editorial, Jpost (22 May 2012). "NATO sets 'irreversible' but risky course to end Afghan war". The Jerusalem Post | JPost.com. Retrieved 16 September 2021.
  46. ^ "The Afghan National Security Forces Beyond 2014: Will They Be Ready?" (PDF). Centre for Security Governance. February 2014.
  47. ^ "NATO and Afghanistan". NATO. 6 July 2021.
  48. ^ Peters, Heidi M.; Plagakis, Sofia (10 May 2019). "Department of Defense Contractor and Troop Levels in Afghanistan and Iraq: 2007-2018". crsreports.congress.gov. Congressional Research Service. Retrieved 4 December 2019.
  49. ^ Matthew DuPée (January 2018). "Red on Red: Analyzing Afghanistan's Intra-Insurgency Violence". Combating Terrorism Center. Retrieved 18 February 2018.
  50. ^ Akmal Dawi. "Despite Massive Taliban Death Toll No Drop in Insurgency". Voanews.com. Retrieved 10 August 2014.
  51. ^ Rassler, Don; Vahid Brown (14 July 2011). "The Haqqani Nexus and the Evolution of al-Qaida" (PDF). Harmony Program. Combating Terrorism Center. Retrieved 2 August 2011.
  52. ^ Reuters. "Sirajuddin Haqqani dares US to attack N Waziristan, by Reuters, Published: September 24, 2011". Tribune. Retrieved 10 April 2014.
  53. ^ Perlez, Jane (14 December 2009). "Rebuffing U.S., Pakistan Balks at Crackdown". The New York Times.
  54. ^ "Afghanistan after the Western Drawdown". Google books. 16 January 2015. Retrieved 13 August 2015.
  55. ^ a b c "In Afghanistan, al-Qaeda is working more closely with the Taliban, Pentagon says". the Washington post. 6 May 2016.
  56. ^ Bill Roggio (26 April 2011). "How many al Qaeda operatives are now left in Afghanistan? – Threat Matrix". Longwarjournal.org. Archived from the original on 6 July 2014. Retrieved 10 April 2014.
  57. ^ "Al Qaeda in Afghanistan Is Attempting A Comeback". The Huffington Post. 21 October 2012. Archived from the original on 10 December 2013. Retrieved 10 April 2014.
  58. ^ "S/2018/705 - E - S/2018/705 -Desktop". undocs.org.
  59. ^ a b "Human and Budgetary Costs of Afghan War, 2001-2021" (pdf). Retrieved 28 May 2021.
  60. ^ The New York Times reported at least 1,558 security forces members and 715 civilians were killed in the period between 1 May and 5 August 2021.[1][2][3][4]
  61. ^ "Scores Killed in Fresh Kunduz Fighting". Foxnews.com. 26 November 2001. Retrieved 2 October 2008.
  62. ^ Morello, Carol; Loeb, Vernon (6 December 2001). "Friendly fire kills 3 GIs". Post-Gazette. Retrieved 2 October 2008.
  63. ^ Terry McCarthy/Kunduz (18 November 2001). "A Volatile State of Siege After a Taliban Ambush". Time. Archived from the original on 30 May 2012. Retrieved 2 October 2008.
  64. ^ John Pike (9 December 2001). "VOA News Report". Globalsecurity.org. Retrieved 9 February 2010.
  65. ^ "US Bombs Wipe Out Farming Village". Rawa.org. Retrieved 9 February 2010.
  66. ^ "UK military deaths in Afghanistan". 3 November 2015 – via www.bbc.com.
  67. ^ "U.S. Department of Defense" (PDF). US Department of Defense. Archived from the original on 6 July 2009.
  68. ^ "Number of Afghanistan UK Military and Civilian casualties (7 October 2001 to 30 November 2014)" (PDF). www.gov.uk. Retrieved 28 June 2017.
  69. ^ "Over 2,000 Canadians were wounded in Afghan mission: report". National Post. Retrieved 1 February 2012.
  70. ^ a b "U.S. Department of Labor – Office of Workers' Compensation Programs (OWCP) – Defense Base Act Case Summary by Nation". Dol.gov. Retrieved 2 August 2011.
  71. ^ a b T. Christian Miller (23 September 2009). "U.S. Government Private Contract Worker Deaths and Injuries". Projects.propublica.org. Retrieved 2 August 2011.
  72. ^ a b "Human and Budgetary Costs to Date of the U.S. War in Afghanistan, 2001-2022 | Figures | Costs of War". The Costs of War. Retrieved 2 September 2021.
  73. ^ "Costs of War Figures". Watson Institute, Brown University.
  74. ^ "UCDP - Uppsala Conflict Data Program". www.ucdp.uu.se.
  75. ^ "International Security Assistance Force (ISAF): Key Facts and Figures" (PDF).
  76. ^ "Resolute Support Mission (RSM): Key Facts and Figures" (PDF).
  77. ^ Xu, Ruike (5 January 2017). Alliance Persistence within the Anglo-American Special Relationship: The Post-Cold War Era. ISBN 978-3-319-49619-1.
  78. ^ "Afghanistan 'falling into hands of Taliban'". the Guardian. 22 November 2007.
  79. ^ "Ten Stories the world should know more about, 2007". un.org. Archived from the original on 18 January 2017. Retrieved 28 June 2017.
  80. ^ "International Security Assistance Force (ISAF): Key Facts and Figures" (PDF). nato.int. 4 March 2011. Archived (PDF) from the original on 12 October 2017. Retrieved 19 July 2017.
  81. ^ "NATO to endorse Afghan exit plan, seeks routes out". Reuters. 21 May 2012. Archived from the original on 27 March 2019. Retrieved 12 March 2019.
  82. ^ DeYoung, Karen (27 May 2014). "Obama to leave 9,800 US troops in Afghanistan". The Washington Post. Archived from the original on 28 May 2014. Retrieved 29 May 2014.
  83. ^ "Afghan Taliban Cool To Ghani Peace Offer While UN, 20 Countries Support It". RadioFreeEurope/RadioLiberty. Retrieved 2 October 2021.
  84. ^ a b Dadouch, Sarah; George, Susannah; Lamothe, Dan (29 February 2020). "U.S. signs peace deal with Taliban agreeing to full withdrawal of American troops from Afghanistan". Washington Post. Archived from the original on 1 March 2020. Retrieved 1 March 2020.
  85. ^ a b Schuknecht, Cat (1 March 2020). "Afghan President Rejects Timeline For Prisoner Swap Proposed In US-Taliban Peace Deal". NPR. Retrieved 1 March 2020.
  86. ^ Miller, Zeke; Madhani, Aamer (8 July 2021). "'Overdue': Biden sets Aug. 31 for US exit from Afghanistan". AP NEWS. Retrieved 9 July 2021.{{cite web}}: CS1 maint: url-status (link)
  87. ^ AGENCIES, DAILY SABAH WITH (30 August 2021). "Afghan President Ghani relinquishes power, Taliban form interim gov't". Daily Sabah. Retrieved 15 August 2021.
  88. ^ "Remarks by President Biden on Afghanistan". The White House. 16 August 2021.
  89. ^ a b Gibbons-Neff, Thomas; Katzenberg, Lauren (30 August 2021). "The U.S. military finishes its evacuation, and an era ends in Afghanistan". The New York Times. ISSN 0362-4331. Retrieved 30 August 2021.
  90. ^ a b c d "Human and Budgetary Costs to Date of the U.S. War in Afghanistan, 2001–2022 | Figures | Costs of War". The Costs of War. Retrieved 1 September 2021.
  91. ^ Afghan Refugees, Costs of War, "Archived copy". Archived from the original on 10 March 2013. Retrieved 30 May 2013.{{cite web}}: CS1 maint: archived copy as title (link), 2012
  92. ^ a b c d "In numbers: Life in Afghanistan after America leaves". BBC News. 13 July 2021. Retrieved 15 July 2021.
  93. ^ *"US War in Afghanistan: 1999–2021". Council on Foreign Relations. 2021.{{cite web}}: CS1 maint: url-status (link)
  94. ^ David P. Auerswald; Stephen M. Saideman (5 January 2014). NATO in Afghanistan: Fighting Together, Fighting Alone. Princeton University Press. pp. 87–88. ISBN 978-1-4008-4867-6. Archived from the original on 25 January 2016. Retrieved 31 October 2015.
  95. ^ Caryl, Christian (26 July 2010). "Bury the Graveyard". Foreign Policy. Archived from the original on 4 May 2021. Retrieved 12 August 2021.
  96. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z Malkasian, Carter (2021). The American war in Afghanistan : a history. New York: Oxford University Press. ISBN 978-0-19-755077-9. OCLC 1240264784.
  97. ^ "Mohammad Daud Khan". Afghanland.com. 2000. Archived from the original on 17 August 2017. Retrieved 11 March 2018.
  98. ^ Kepel, Gilles (2002). Jihad: The Trail of Political Islam. Harvard University Press. ISBN 978-0-674-01090-1. OCLC 685132509.
  99. ^ "Soviet Union invades Afghanistan". History. Retrieved 30 August 2021.
  100. ^ "Casting Shadows: War Crimes and Crimes against Humanity: 1978–2001" (PDF). Afghanistan Justice Project. 2005. Archived from the original (PDF) on 4 October 2013.
  101. ^ a b "Afghanistan: Further Information on Fear for Safety and New Concern: Deliberate and Arbitrary Killings: Civilians in Kabul". Amnesty International. 16 November 1995. Archived from the original on 18 October 2012. Retrieved 19 November 2012.
  102. ^ "Afghanistan: escalation of indiscriminate shelling in Kabul". International Committee of the Red Cross. 1995. Archived from the original on 10 May 2011. Retrieved 3 February 2011.
  103. ^ a b c Marcela Grad (1 March 2009). Massoud: An Intimate Portrait of the Legendary Afghan Leader. Webster University Press. p. 310.
  104. ^ "II. BACKGROUND". Human Rights Watch. Archived from the original on 2 November 2008.
  105. ^ a b Amin Saikal (13 November 2004). Modern Afghanistan: A History of Struggle and Survival (2006 first ed.). I.B. Tauris & Co Ltd., London New York. p. 352. ISBN 1-85043-437-9.
  106. ^ a b "Documents Detail Years of Pakistani Support for Taliban, Extremists". National Security Archive. 2007. Archived from the original on 8 July 2008. Retrieved 19 November 2012.
  107. ^ Video on YouTube
  108. ^ a b c Coll 2004, p. 14.
  109. ^ "The Taliban's War on Women: A Health and Human Rights Crisis in Afghanistan" (PDF). Physicians for Human Rights. 1998. Archived (PDF) from the original on 3 January 2014. Retrieved 30 January 2014.
  110. ^ Maley, William (2009). The Afghanistan wars. Palgrave Macmillan. p. 288. ISBN 978-0-230-21313-5.
  111. ^ a b Peter Tomsen said that up until 9/11, Pakistani military and ISI officers along with thousands of regular Pakistani armed forces personnel had been involved in the fighting in Afghanistan.Tomsen, Peter (2011). Wars of Afghanistan. PublicAffairs. p. 322. ISBN 978-1-58648-763-8.
  112. ^ Video on YouTube
  113. ^ Tomsen, Peter (2011). Wars of Afghanistan. PublicAffairs. p. 565. ISBN 978-1-58648-763-8.
  114. ^ Newsday (October 2001). "Taliban massacres outlined for UN". Chicago Tribune. Archived from the original on 16 September 2011. Retrieved 3 February 2011.
  115. ^ Newsday (2001). "Confidential UN report details mass killings of civilian villagers". newsday.org. Archived from the original on 18 November 2002. Retrieved 12 October 2001.
  116. ^ Immigration and Refugee Board of Canada (February 1999).