有権者の無関心

ウィキペディアから、無料の百科事典
ナビゲーションにジャンプ 検索にジャンプ

政治学では有権者の無関心は、代議制民主主義選挙に対する有権者の関心の欠如です[1] [2] [3] [4]投票が任意であり、ロバ投票が行われる法域では、有権者の投票率が低い原因として、投票者の無関心または関心の欠如がしばしば挙げられます[5] [6] [7]投票が義務付けられている場合この現象は、市民が投票できるすべての国または団体である程度発生します。選挙結果は投票する資格のある全人口を網羅していないため、有権者の無関心は代表民主主義に関する懸念の高まりにつながっています。有権者の疲労は、頻繁に行われる選挙である有権者の無関心の考えられる原因を説明します。

政治的疎外は有権者の無関心と混同される可能性があります。時々、疎外された有権者は選挙を気にかけますが、「システムから疎外されているか、不満を持っているか、何らかの形で政治プロセスから取り残されている」と感じます。[8]

背景

有権者の行動に影響を与える心理的要因は、有権者の政治に対する認識、つまり、有権者が政党、候補者、および選挙の問題をどのように見ているかです。[9] 投票用紙が下にあるほど、投票数は少なくなります。これは投票用紙疲労と呼ばれます。この表現は、多くの有権者が投票用紙を下るときに忍耐力や知識を使い果たしていることを示唆しています。

フェデラリストペーパーに書いている著名な建国の父は、「政府は一般に国民と共通の利益を持つべきであるという自由にとって不可欠である」と信じ、国民と代表者の間の絆は「特に不可欠」であると感じました。[10]彼らは、「頻繁な選挙は、疑いなく、この依存と共感を効果的に確保することができる唯一の政策である」と書いた。[10]しかしながら、2009年には、議会の指導者に精通しているアメリカ人はほとんどいなかった。[11]

19世紀には、80%以上が参加し、何年にもわたってかなりの数の投票率がありました。これはいくつかの要因によるものです。1つは、マシーンが有権者に、仕事、富、政治力(貧しい移民にとって特に魅力的だった)を支持して投票するという信じられないほどのインセンティブを与えたことです。しかし、政治マシーンは、投票能力の向上と腐敗した政策への露出の増加により、その力の多くを失いました。[12]

多くの報告は、有権者の無関心が広まり、成長していることを示唆しています。[13] [14]実際に投票したアメリカ人の投票資格のある割合は1960年には63%でしたが、それ以来減少しています。[15]

BadforDemocracyのヴァンダービルト教授DanaD.Nelsonは、すべての市民が政治的には4年ごとに大統領に投票しているようであり、それ以外はあまりないと主張しています。彼らは政治を放棄しました。[16]大統領選挙を特徴とする2008年の選挙では、無関心は低かった。[17] 2008年の投票率(62%)は、1968年以来最高でした。[18]

一方、ハンター大学のジェイミー・チャンドラー教授は、社会経済的要因に関して、有権者の無関心、または政治システムへの関心の欠如が誇張されていると主張している。富と学歴は、有権者の参加と最も強く相関しています。[19]

シビックテクノロジー

シビックテクノロジーは、ソーシャルメディア、アプリケーション、Webサイトなど、より近代的な手段を通じて有権者の無関心の影響を打ち消そうとしています。シビックテクノロジーの分野の多くの新興企業は、有権者の参加と投票率を高めるために、有権者を政治家や政府に結び付けようとしています。例としては、英国のmySocietyがあります。[20] JohnS .とJamesL.Knight Foundationのレポートによると、2011年1月から2013年5月までに4億3,100万ドルが市民技術に投資され、400万ドルが投票技術に特に投資されました。[21]

2016年の米国大統領選挙では、Facebookはソーシャルネットワークに投票するために登録するためのリマインダーを実装しました。何人かの選挙当局は、これらの努力が有権者登録を大幅に増やしたと主張しました。[22]

地域の有権者の無関心

アメリカ合衆国の有権者の無関心

Pew Research Centerによると、2016年の大統領選挙では、米国の投票年齢人口の55.7%しか投票しませんでした。この割合は、2012年の選挙からわずかに増加していますが、記録的な数を記録した2008年の選挙よりも低くなっています。米国の投票率は他の先進国に比べてかなり少ないです。この調査では、米国は35か国中31位にランクされました。国勢調査局は、投票する資格のあるアメリカ人はおよそ2億4,550万人であると記録しましたが、投票する資格のある有権者は1億5,760万人にすぎませんでした。米国選挙プロジェクトでも同様の結果が得られ、無関心はわずかに高いと推定されました。有権者の46.9%が2016年に投票しませんでした。[23]多くのアメリカ人は、投票プロセスを負担と見なしているため、投票プロセスを学ぶ努力をしていません。

彼らが投票したと主張したアメリカ人の数に過度の強調があります。米国下院の書記官は、投票したと主張した1億3,750万人と比較して、1億3,680万人しか記録していませんでした。この数には、空白、甘やかされた、または無効だった170,000票も含まれます。

米国での有権者登録は独立した責任であるため、市民は登録するかどうかを選択できます。これにより、2016年に投票登録された投票年齢人口はわずか64%になりました。米国は、国民が投票とは別に登録することを義務付けている唯一の国の1つです。自動登録の欠如は、投票に登録されていない適格な市民の3分の1以上が米国にいるという問題の原因となっています。

1976年以来、投票率は8.5%の変動範囲にとどまり、歴史的な減少傾向にありますが、特定の人種、民族、年齢層の間で違いがあります。[24] 1980年以来、投票率は48%から57%の間で長引いています。

45〜65歳の有権者と65歳以上の有権者は、投票率が最も高くなります。1964年から2004年までの期間では、18〜24歳の投票率は通常41.8%でしたが、25〜44歳の投票率は57.9%でした。45〜65歳の有権者と65歳以上の有権者の投票率は、それぞれ69.3%と66.6%です。若い年齢層は通常、割合が過小評価されています。未登録の有権者の最大の割合は、18〜30歳の年齢層です。若い年齢層の人々は、大学、結婚、キャリアなど、人生の他の側面により焦点を当てていると推測されています。同様に、若い人口統計学者は、政治について学んだり、投票の背後にある意味を理解したりする可能性が低くなります。有権者は、非有権者よりも年上で、裕福で、教育を受けている傾向があります。

2012年に行われたUSATodayの世論調査では、「政府では「何も成し遂げられない」」と信じていたために投票しないことを選択した市民の59%が投票しました。非投票者の別の54%は、政府の腐敗があると信じていました。37%は、政治は彼らの生活に何の違いももたらさなかったと明確に述べました。[25]

一部の有権者は、利用可能な政治的立場に関心がないため、選挙を控える可能性があります。市民の希望が政府で適切に扱われない場合、有権者は民主的なプロセスに無関心になる可能性が高くなります。予備選挙での投票率が低い理由の1つは、総選挙に誰が参加するかについての無関心によるものです。多くの個人はさらに、米国の総選挙だけが重要であると信じています。議会選挙も有権者の無関心になりがちです。これにより、ますます二極化する有権者プールから選ばれた候補者が導き出され、政府の硬直性と行き詰まりが高まります。[26]一般に、政府のレベルと投票率の間には反比例の関係があります。

欧州連合における有権者の無関心

欧州連合の加盟国は、2つの方法で投票することができます。有権者は、自国内の選挙、および欧州議会を通じた欧州連合に関する選挙に投票することができます。有権者の無関心は、各国および欧州議会内の選挙を通じて欧州連合で見られます。

欧州議会選挙とは、EU加盟国の個人が、自国の代表者を欧州議会に選出することにより、欧州連合全体に関する問題に投票することです。このような選挙では、国政選挙に比べて投票率が低いことが多いことに注意してください。[27]有権者の無関心は、欧州議会内の個人がそのような選挙を低い顕著性の文脈を保持していると認識することが多いためと推測されます[27] ..そのような場合、個人は欧州議会の選挙に付随する個人的な利害関係が少ないと信じています。このように、そのような態度はさらに、有権者がそのような選挙は国政選挙よりも重要ではないと認識していることを意味します。[28]

別の論拠は、特に欧州統合の主題に関して、個人が欧州議会内の政党の立場に不満を持っている可能性があることを示唆しています。調査によると、欧州連合における有権者とその国民党の選択との距離が遠いほど、欧州議会選挙での投票を控える可能性が高くなります。したがって、有権者の無関心は、欧州議会選挙の投票率に大きな影響を与える現象です。しかし、近年、欧州連合内の政治化の増加が投票率の増加につながっていることが観察されています。2019年には、EU加盟国の50.66%が欧州議会選挙に投票し、2014年の42.61から増加しました。[29]この増加の推測される理由は、ブレグジット、移民危機、気候変動政策、および反EU感情に対する懸念の高まりに関連しています[30]

カナダの有権者の無関心

カナダの投票率は、他の先進民主主義国と比較して比較的高いままです。2019年には、投票登録された投票年齢人口の割合は約93%です。[31] 2019年の連邦選挙では、有権者の77%が投票したと報告しました。しかし、ある調査によると、個人が2019年の投票を棄権した主な理由は、政治への関心の欠如によるもので、35%であり、非投票者の22%が忙しいと回答しました。非投票者の大多数は18歳から24歳の若い投票者でした。[32]さらに、生まれつき市民であったカナダ人は、カナダの帰化した市民や移民よりも投票率が低いと報告しました。これは、外国からの個人が民主主義のプロセスをより高く評価しているという事実に起因する可能性があります。[33]全体として、投票率は過去10年以内に安定している。

原因

有権者の無関心には、疎外感と有権者の疲労という2つの主な原因があります。

疎外感は、「これは、有権者が政治システムが彼らのために機能していないと感じ、それに影響を与えようとする試みは無益な運動になるという感覚を指します」と定義されています。[34]これは多くの要因が原因である可能性があります。その理由の1つは、教育の欠如によるものです。CIRCLEのディレクターであるKeiKawashima-Ginsbergが行った調査によると、若者の20%近くが投票するのに十分な知識を持っているとは感じていませんでした。さらに、この調査では、多くの若者が投票プロセスについて明白な誤解を持っていることがわかりました。調査の多くの若者は、比較的軽微な違反(飲酒運転など)のために投票できなかったと考えていました。この20%は、2018年中期の若者の総投票率20%と並置された場合に特に重要です。[35]

有権者の疲労は、政治学では「有権者の疲労は、特定の状況下で有権者が経験する可能性のある無関心であり、その1つは、頻繁に投票する必要があることである可能性があります」と定義されています。有権者の疲労の考えられる原因の1つは、インターネット(特にソーシャルメディア)を介した政治的メッセージの集中砲火です。[36]年間を通じて政治的メッセージに大量にさらされると、潜在的な有権者を投票プロセスから遠ざける疲労を引き起こす可能性があります。

これらの2つの主な原因に加えて、有権者の無関心は、考えられる選択肢に不快感を覚える、法的またはロジスティック上の障壁のために投票できない、個人的な問題に圧倒される、または登録の問題に遭遇することによって引き起こされる可能性があります。[37]

考えられる解決策

若い世代の有権者の無関心に対する可能な解決策の1つは、教育の向上です。

複数の研究によると、1960年代以降の市民指導の減少は、若い有権者の投票率の低下につながっています。2014年には、18〜29歳の成人の投票率が記録的に低く、20%が投票しました。2018年には、9つの州だけが少なくとも1年間の政府または市民教育を必要としました。Woodrow Wilson National Fellowship Foundationによる2018年の調査によると、一般市民権テストに合格できるのはアメリカ人の3分の1のみであり、若いアメリカ人の13%は憲法が批准されたことを知っており、50%未満が米国が戦った国を特定できました。タフトの調査によると、これにより、若者の20%が、投票するのに十分な情報を知らないために投票を回避するようになりました。[38]

も参照してください

参照

  1. ^ 「私のような若いブリトン人がEUで最も無関心な有権者である理由|TwiggyGarcia|コメントは無料です」ガーディアン2014年2月24日取得
  2. ^ 「若い英国人はEUの最も熱心でない有権者です」タイムズ2014年2月24日取得
  3. ^ ジョージアーネット(1977年2月27日)。「ラッセル・ブランドは正しいですか?私たちは政治に魅了されていますか?」ガーディアン2014年2月23日取得
  4. ^ Andrew Grice(2013年11月15日)。「無関心?疎外?10人の有権者のうち4人がどのように「解放された」のかがすべての政党を拒否する」インデペンデント2014年2月23日取得
  5. ^ トムクラークとロウェナメイソン。「MPを持った怒りは投票しない主な理由です–投票」ガーディアン2014年2月23日取得
  6. ^ ニコラ・エイブ、メラニー・アマン、マルクス・フェルデンキルヒェン(2013年9月20日)。「ドイツの非投票者の奇妙な台頭」SpiegelOnline 2014年2月23日取得
  7. ^ 「有権者の無関心を是正する」グリーナージャマイカ、VI。2014年1月19日2014年2月23日取得
  8. ^ グラスバーグ; シャノン(2011)。政治社会学:抑圧、抵抗、そして国家サウザンドオークス:パインフォージプレス。p。102。
  9. ^ Amies、Nick(2009年5月25日)。「投票者の無関心は、EU問題への関心の欠如を反映しています」ドイチェ・ヴェレ
  10. ^ a b アレクサンダーハミルトンまたはジェームズマディソン(1788年2月8日)。「米国憲法文書:連邦政府文書第52号」2009年10月1日取得
  11. ^ 「1年の最低点での議会の承認評価」ロイター2009年9月2日。2009年9月5日のオリジナルからアーカイブ2009年10月1日取得
  12. ^ 「投票率」www.historycentral.com 2020年9月16日取得
  13. ^ 「議会:第72回のメイキング(続き)」タイムマガジン1930年9月22日。2011年1月30日のオリジナルからアーカイブ2009年10月1日取得
  14. ^ ジョナサンピーターソン(1996年10月21日)。「自信のあるクリントンは議会の候補者に手を貸す」ロサンゼルスタイムズ2009年10月1日取得
  15. ^ 「投票率の低下に関する参考資料」。
  16. ^ David Schimkeによるインタビュー(2008年9月から10月)。「国民への大統領の権力-民主主義が次の大統領を一段と引き下げることを要求する理由についての著者ダナ・D・ネルソン」UtneReader 2009年9月20日取得
  17. ^ Guy Gugliotta(2004年11月3日)。「政治が入り、投票率が高い中、投票率が下がる」ワシントンポスト2009年10月1日取得
  18. ^ 「投票率は1968年以来最も高いと言われています」ワシントンポストAP通信。2008年12月15日2009年10月1日取得
  19. ^ 「なぜ米国の選挙にこれほど多くの有権者の無関心があるのですか?」インターナショナルビジネスタイムズ2011年9月19日2016年11月5日取得
  20. ^ 「About/mySociety」mySociety 2016年11月5日取得
  21. ^ 「ナイトファンデーション:シビックテックのトレンド」www.knightfoundation.org 2016年11月5日取得
  22. ^ Chokshi、Niraj(2016年10月12日)。「Facebookは有権者登録の急増を促進するのに役立った、選挙当局は言う」ニューヨークタイムズ2016年12月17日取得
  23. ^ メイ、ジーナ(2016年11月10日)。「有権者のほぼ半数がこの選挙に投票しなかった」コスモポリタン2018年1月21日取得
  24. ^ 「米国は投票率でほとんどの先進国を追跡します」ピュー研究所2017年5月15日2017年5月18日取得
  25. ^ 「意見:ほとんどのアメリカ人は選挙に投票しません。理由はここにあります」2017年5月18日取得
  26. ^ 「政治的分極化に対する投票率の影響-米国の常識」アメリカ合衆国の常識2017年5月18日取得
  27. ^ a b Hobolt、Sara B .; スプーン、ジェジェ(2012年10月)。「欧州の有権者のやる気を引き出す:欧州議会選挙の政党、問題、キャンペーン:欧州の有権者のやる気を引き出す」。European Journal ofPoliticalResearch51(6):701–727。土井10.1111/j.1475-6765.2012.02057.xS2CID55880993_ 
  28. ^ 「2019年欧州議会議員選挙結果」欧州議会2020年12月2日取得
  29. ^ 「2019年欧州議会議員選挙結果」欧州議会2020年12月2日取得
  30. ^ ティムシット、アナベル。「ヨーロッパ以前の極端な選択は、20年で最大の投票率を引き出しました」クォーツ2020年12月2日取得
  31. ^ 「過去の選挙では、米国は投票率でほとんどの先進国を追いました」www.pewresearch.org 2020年12月2日取得
  32. ^ 「カナダ連邦選挙における投票率の低下の説明:非投票者の新しい調査」カナダの選挙2020年12月2日取得
  33. ^ アイエラ、レイチェル。「」「政治に興味がない」カナダ人が2019年に投票しなかった最大の理由、StatCanは言います」。www.ctvnews.ca2020年12月2日取得
  34. ^ 「投票者の無関心」polyas.com2017年8月29日2020年9月17日取得
  35. ^ 「民主主義の傍観者:なぜそんなに多くのアメリカ人が投票しないのかを探る」NPR.org 2020年9月17日取得
  36. ^ 「政治学における有権者の疲労の定義」oer2go.org 2020年9月17日取得
  37. ^ スタッフ、ステラホー| (2019年11月27日)。「ウィークエンダー|無関心のアメリカ合衆国:投票するかしないか?」デイリーカリフォルニアン2020年9月17日取得
  38. ^ ウォン、アリア(2018年10月5日)。「公民教育は若い有権者と活動家を生み出すのに役立ちます」大西洋2020年9月17日取得