硬口蓋接近音

ウィキペディアから、無料の百科事典
ナビゲーションにジャンプ 検索にジャンプ
硬口蓋接近音
NS
IPA番号153
エンコーディング
エンティティ(10進数)j
Unicode (16進数)U + 006A
X-SAMPAj
点字⠚(点字ドット-245)
オーディオサンプル

有声硬口蓋接近音、またはヨードは、のタイプである子音の多くで使用される話し言葉 の言語。内のシンボル国際音声記号、この音を表し⟨あるJ ⟩。同等のX-SAMPA記号はj、であり、アメリカの音声表記では⟨y⟩です。手紙の英語名なのでJジェイは、で始まる[d͡ʒ] 有声後部歯茎破擦音)、近似は時々代わりに呼び出されヨッド(JOD)、音韻史の観点として、ドロップをヨッドヨード合体

口蓋接近音は、多くの場合、非円唇前舌 狭音の半母音に相当すると見なすことができます[i]これらの代替のような特定の言語で互いにフランス語、およびで二重母音⟨ようないくつかの言語のJ ⟩と⟨ I ⟩、別に用いられる非音節区別符号付き音声表記同じ音を表現するためのシステム。

ただし、一部の言語には、丸めが指定されていない口蓋近似音があるため、[i]またはその丸められた対応物[ y ]の半母音とは見なせません通常は[ ɥ ]に対応します。例はスペイン語で、2つの口蓋近似音を区別します常に丸められていない近似半母音[j]と、丸められた近似子音[ʝ̞]の指定がありません。 EugenioMartínezCeldránは、それらの違いを次のように説明しています(音声の例を追加):[1]

[j]は短く、通常は単なる一時的な音です。それは完全な母音と一緒にのみ存在することができ、音節の始まりには現れません。 [一方、] [ʝ̞]は、主にF2で振幅が小さくなります。それは音節の始まりにのみ現れることができます。明瞭にも知覚的にもうるさくありません。[ʝ̞]、強調された発音で[ ʝ ]向かって変化する可能性があり、ノイズ(乱気流)があります。 (...)[j][ʝ̞]の明確な違いを確立できるさらなる議論があります。最初の音は調音によっても丸めることができませんが、2番目の音は後母音の前に丸められます。または後舌母音。したがって、viudaのような言葉で この音について[bjuða]「未亡人、ディオス [djos] '神'、VIO [BJO]さん/彼が見た'など、半母音[j]は丸められていないです。丸めるとスペイン語にはない音[ɥ]が出ます。一方、[ʝ̞]は丸めに関する限り指定されておらず、唇の母音のコンテキストに同化されます。たとえば、ayuda [aˈʝ̞ʷuð̞a] 'help'、coyote [koˈʝ̞ʷote] 'coyote'、hoyuelo [ oʝ̞ʷwelo] 'ディンプル'、等、及び丸められていない母音で丸められていない:payaso [paʝ̞aso] 'ピエロ'、この音について この音について この音について この音について この音について この音についてayer [aˈʝ̞eɾ] '昨日'。この音について

彼はまた、「スペイン語の音声学の理解を考慮に入れると、IPAは近似音に与える処理の精度の欠如を示しています。[ʝ̞][j]は2つの異なるセグメントですが、そうである必要があります。前者は実際の子音であるのに対し、後者は伝統的にスペイン語で呼ばれているように半子音、または必要に応じて半母音であると思います。ただし、IPAは分類します。子音として。」[2]

軟口蓋接近音の転写には平行した問題があります

記号⟨ʝ̞⟩は、すべてのブラウザで正しく表示されない場合があります。その場合は、⟨ʝ˕⟩に置き換えてください。

中央ヨーロッパ、北ヨーロッパ、および東ヨーロッパのほとんどの言語で使用されている書記体系では、文字jは、ドイツ語の Jahrの「年」のように口蓋接近音を示します。ヘブライ語の「ハレルヤ」やドイツ語の「イエーガーマイスター」のような英語のいくつかの外来語で単語がその音で発生しますが、英語を話す人にとっては直感に反するかもしれませんが、その後にIPAが続きます。

文法では古代ギリシャ語の早期で失われた、硬口蓋接近音、ギリシャの歴史、時には⟨ι̯⟩、と書かれているイオタ反転ブレーベのnonsyllabic発音区別符号またはマーカーである以下、半母音[3]

あり、ポスト硬口蓋接近音[4]以下にまでさかのぼるプロトタイプよりも若干背プロトタイプ硬口蓋接近音の調音部位より関節連結されるが、一部の言語では、軟口蓋接近音が。それのsemivocalic同等と考えることができる非円唇中舌狭母音 [ɨ]ザ国際音声記号は、その音のために別々のシンボルを持っていないが、それは⟨として転写することができるJ ⟩、⟨ J ⟩(両方のシンボル示すA後退J ⟩)、⟨ ɰ̟ ⟩又は⟨ ɰ˖ ⟩(両方のシンボルが示す高度をɰ⟩)。等価X-SAMPAのシンボルであるj_-M\_+、それぞれ。他の可能なトランスクリプションには、集中⟨ J ⟩(⟨ J ⟩IPA、中j_"X-SAMPAで)、集中⟨ ɰ ⟩(⟨ ɰ̈ ⟩IPA、中M\_"X-SAMPAで)および非音節⟨ ɨ ⟩( ⟨ ɨ̯ IPAで⟩、1_^X-SAMPAで)。

上と記事で述べた理由から軟口蓋接近音、それらのシンボルのいずれもが、このようなポスト硬口蓋接近音スペイン語、などの言語に適していない子音(ない半母音)の異音として表示されます/ɡ/前舌母音と最高転写されます⟨ ʝ̞˗ ⟩、⟨ ʝ˕˗ ⟩(両方のシンボルが表す低下と後退⟨ ʝ、⟨⟩)ɣ ⟩を又は⟨ ɣ ⟩(両方のシンボルが低下し、高度⟨示すɣを⟩)。同等のX-SAMPA記号があるj\_o_-G_o_+

特ににおいて幅広い転写、後硬口蓋接近音が口蓋軟口蓋接近音として転写することができる(⟨ ɰʲ ⟩、⟨ ɣ ⟩又は⟨ ɣ ⟩IPA中、M\'M\_jG'_oまたはG_o_jX-SAMPAで)。

機能

有声口蓋接近音の特徴:

  • その調音方法近似的です。つまり、調音の場所で声道を狭くすることによって生成されますが、乱気流を生成するには十分ではありません。この近似の最も一般的なタイプは、グライドまたは半母音です。グライドという用語は、[ i ]母音位置から次の母音位置へ[j]の移動(または「グライド」)の特性を強調します。半母音という用語は、音は本質的に音声ですが、「音節」ではないことを強調しています(音節の核を形成しません)。近似子音の説明について スペイン語などで使用されるバリアント。上記を参照してください。
  • その調音の場所口蓋です。これは、舌の中央または後部が硬口蓋に持ち上げられた状態で調音されることを意味します。他の点では同一の口蓋後の変形は、硬口蓋のわずかに後ろで明瞭に表現され、軟口蓋にわずかに近い音になります[ ɰ ]
  • その発声は有声です。つまり、声帯はアーティキュレーション中に振動します。
  • これは口音です。つまり、空気は口からのみ逃げることができます。
  • これは中線音です。つまり、気流を舌の側面ではなく中央に向けることによって生成されます。
  • 気流のメカニズムがある肺動脈それはでのみ空気を押すことによって、関節結合されることを意味し、横隔膜ほとんどの音のように、。

発生

口蓋音

言語 言葉 IPA 意味 ノート
アディゲ語 я тӀэ / JATA この音について[jatʼa]  '泥'
アフリカーンス語 j a [jɑː] 'はい' アフリカーンス語の音韻論を参照してください
アラビア語 標準 يوم / yawm [ジョーム] '日' アラビア語の音韻論を参照してください
アラゴン語[5] ca y e [ˈkaʝ̞e̞] 「落ちる」 近似子音の丸めについては指定されていません。この言語は、丸められていない口蓋近似半母音(/ e /の前の/ ʝ̞/を置き換える場合があります)も備えています[5]
アルメニア語 東部[6] յ ուղ /yolġ [juʁ] '太い'
アッサム語 মানৱী য় তা / manowiyota [manɔwijɔta] '人類'
アッシリア人 ܝܡܐ Y AMA [jaːma] '海'
アゼルバイジャン y uxu [juχu] '夢'
バスク ba i [バジ] 'はい'
ベンガル語 য় /ノワヨン [nɔjon] '目' ベンガル語の音韻論を参照してください
ブルガリア語 ма 。© ка / MAのJのKA [ˈmajkɐ] '母親' ブルガリア語の音韻論を見る
カタロニア語[7] すべての方言 fe i a [ˈfejɐ] 'やった' カタロニア語の音韻論を参照してください
いくつかの方言 j o [ˈjɔ] '私'
チェチェン я лх / Y ALX [jalx] '六'
中国語 広東語 / j at9 [jɐt˨ʔ] '日' 広東語の音韻論を参照してください
マンダリン / Y。Â [ja˥] 'アヒル' マンダリン音韻論を参照してください
チュヴァシ人 йывăç/ yıvăș [jɯʋəɕ̬] '木'
チェコ語 j e [jɛ] 'は' チェコ語の音韻論を見る
デンマーク語 j [jɑ] '私' デンマーク語の音韻論を参照してください
オランダの 標準[8] j a [jaː] 'はい' 特に強調スピーチでは、摩擦音として頻繁に認識されます[ ʝ ][8]オランダ語の音韻​​論を参照してください
英語 yのOU [juː] 'あなた' 英語の音韻論を見る
エスペラント jはARO [ジャロ] '年' エスペラント音韻論を参照してください
エストニア語 j alg [ˈjɑlɡ] '足' エストニア語の音韻論を参照してください
フィンランド語 jアルカ [ˈjɑlkɑ] '足' フィンランド語の音韻論を参照してください
フランス語 y eux [jø] '目' フランス語の音韻論を見る
ドイツ人 標準[9] [10] J ACKE [ˈjäkə] 'ジャケット' 摩擦音[ ʝ ] [11] [12]も呼ばれ、摩擦音と接近音の間の音の変数としても説明されます。[13]標準ドイツ語音韻論を参照してください
ギリシャ語 古代ギリシャ語 ε ι η /éjjē [ějːɛː] 「彼/彼は来るだろう」 古代ギリシャ語の音韻論を参照してください
ヘブライ語 י לד / yeled [ˈjeled] '男の子' 現代ヘブライ語の音韻論を参照してください
ヒンドゥスターニー語 या / یان / yaan [jäːn] '車両' ヒンドゥスターニー語の音韻論を参照してください
ハンガリー語 jはATEK [jaːteːk] 'ゲーム' ハンガリー語の音韻論を参照してください
アイルランド語[14] GH earrfadh [ˈjɑːɾˠhəx] 「切るだろう」 アイルランドの音韻論を参照してください
イタリア語[15] 私は1つ [ˈjoːne] 'イオン' イタリア語の音韻論を見る
ジャラパマザテック[16] [必要な例] 無声/ j ° /、無声/ j /、声門化有声/ ȷ̃ /近似音を対比します。[16]
日本 焼く/ Yアク [じゃく;] '焼く' 日本語の音韻論を見る
カバルド語 。© и / YI [ji] 'ゲーム'
クメール語 យំ / y um [ジョム] 「泣く」 クメール語の音韻論を参照してください
韓国語 여섯 / y eoseot [jʌsʌt̚] '六' 韓国語の音韻論を見る
ラテン語 iacere [ˈjakɛrɛ] '投げるために' ラテン語のスペルと発音を見る
リトアニア語[17] j i [jɪ] '彼女' 摩擦音とも呼ばれます[ ʝ ][18] [19]リトアニア語の音韻論を参照
マケドニアの кра ј / kraj [クラジ] '終わり' マケドニア語の音韻論を参照してください
マレー語 SAのy ANG [sajaŋ] '愛'
マルタ語 j iekol [jɪɛkol] '彼は食べる'
マプチェ語[20] ka y u [kɜˈjʊ] '六' 代わりに摩擦音[ ʝ ]かもしれません[20]
マラーティー語 / YAS [jəʃ] '成功'
ネパール या /ジャム [混雑する] シーズン ネパール語の音韻論を参照してください
ノルウェー語 アーバンイースト[21] [22] g i [jiː] 「与える」 代わりに摩擦音[ ʝ ]かもしれません[22] [23]ノルウェー語の音韻論を参照
オディア語 ସମ /サマヤ [sɔmɔjɔ] '時間'
ペルシア語 یزد/ jazd [ jæzd ] 'ヤズド' ペルシア語の音韻論を参照してください
ポーランド語[24] jはUTRO この音について[ˈjut̪rɔ]  '明日' ポーランド語の音韻論を参照してください
ポルトガル語[25] bo i a [ˈbɔj.jɐ] 「ブイ」、「フロート」 両方の異音/ I /及び/ ʎ /[26] ならびにいくつかの方言でコーダの歯擦音の前に非常に一般的epenthetic音。ポルトガル語の音韻論を見る
パンジャブ語 ਯਾਰ /yār [jäːɾ] 「友達」
ルーマニア語 AR [瓶] 'また' ルーマニア語の音韻論を見る
ロシア語[27] я ма / JAMA [ˈjämə] 'ピット' ロシア語の音韻論を見る
セルビア・クロアチア語[28] ј уг / j個のUG [jûɡ] '南' セルビア・クロアチア語の音韻論を参照してください
スロバキア語[29] j個のEST [jɛ̝stɕ] 'たべる' スロバキア語の音韻論を参照してください
スペイン語[30] Yえー この音について[aˈʝ̞e̞ɾ]  '昨日' 近似子音の丸めについては指定されていません。この言語は、丸みのない口蓋接近音の半母音も特徴としています。[30]スペイン語の音韻論を参照してください
スウェーデンの j ag [ˈjɑːɡ] '私' 代わりに口蓋摩擦音[ ʝ ]として実現されるかもしれませんスウェーデン語の音韻論を見る
トルコ語[31] y ol [jọɫ̪] '仕方' トルコ語の音韻論を見る
トルクメン語 Ý UPEK [jypek] 'シルク'
ウビフ語 ајәушқӏa/ayəwşq'a [ajəwʃqʼa] 'できたね' ウビフ語の音韻論を参照してください
ウクライナ語 ї жак / J ižak [jiˈʒɑk] 「ハリネズミ」 ウクライナ語の音韻論を参照してください
ベトナム語 南方言 d e [jɛ] 'シナモン' 北の/ z /に対応します。ベトナム語の音韻論を見る
ワショ語 のy áʔ [daˈjaʔ] '葉' 無声/ j ° /と有声/ j /近似を対比します。
ウェールズ aith [jai̯θ] '言語' ウェールズ語の音韻論を参照してください
西フリジア語 j as [jɔs] 'コート' 西フリジア語の音韻論を参照してください
Zapotec ティルキアパン[32] y an [jaŋ] '首'

口蓋後

口蓋接近音の有声
NS
ɰ˖
ɨ̯
エンコーディング
X-SAMPAj-
オーディオサンプル
言語 言葉 IPA 意味 ノート
スペイン語[33] se gu ir この音について[sēˈɣ̞iɾ] 「従う」 前舌母音の前/ɡ/の子音弱化異音[33]典型的⟨とIPAで転写ɣ ⟩。スペイン語の音韻論を見る
トルコ語 標準的な規範[34] DU ğ国連 [ˈd̪y̠jy̠n̪] '結婚' 口蓋後または口蓋のいずれか。母音の前/ɣ//ɰ/とも表記)の音声認識[34]トルコ語の音韻論を参照

も参照してください

メモ

  1. ^ MartínezCeldrán(2004)、p。208。
  2. ^ MartínezCeldrán(2004)、p。206。
  3. ^ Smyth(1920)、p。11.11。
  4. ^ 「post-palatal」の代わりに、「retracted palatal」、「backed palatal」、「palato-velar」、「pre-velar」、「advanced velar」、「frontedvelar」または「front-velar」と呼ぶことができます。 。簡単にするために、この記事では「口蓋後」という用語のみを使用しています。
  5. ^ a b Mott(2007)、pp。105–106。
  6. ^ Dum-Tragut(2009)、p。13.13。
  7. ^ Carbonell&Llisterri(1992)、p。53。
  8. ^ a b Collins&Mees(2003)、p。198。
  9. ^ コーラー(1999)、p。86。
  10. ^ Moosmüller、Schmid&Brandstätter(2015)、p。340。
  11. ^ マンゴールド(2005)、p。51。
  12. ^ Krech etal。(2009)、p。83。
  13. ^ ホール(2003)、p。48。
  14. ^ ÓSé(2000)、p。17.17。
  15. ^ Rogers&d'Arcangeli(2004)、p。117。
  16. ^ a b Silverman etal。(1995)、p。83。
  17. ^ Mathiassen(1996) pp。22–23
  18. ^ Augustaitis(1964)、p。23。
  19. ^ Ambrazas etal。(1997)、pp。46–47。
  20. ^ a b Sadowsky etal。(2013)、p。91。
  21. ^ Kristoffersen(2000)、22および25ページ。
  22. ^ a b Vanvik(1979)、p。41。
  23. ^ Kristoffersen(2000)、p。74。
  24. ^ Jassem(2003)、p。103。
  25. ^ (ポルトガル語) デルタ:理論的および応用言語学に関する研究の文書化–カリオカのスピーチの時制バリアントの問題
  26. ^ (ポルトガル語) 外側口蓋子音の異音の音響調音経路223ページと228ページ。
  27. ^ Yanushevskaya&Bunčić(2015)、p。223。
  28. ^ Landau etal。(1999)、p。67。
  29. ^ Pavlík(2004)、p。106。
  30. ^ B ・マルティネスCeldrán(2004)、P。205。
  31. ^ Zimmer&Orgun(1999)、p。154。
  32. ^ メリル(2008)、p。108。
  33. ^ a b Canellada&Madsen(1987)、p。21。
  34. ^ a b Zimmer&Orgun(1999)、p。155。

参考文献

  • Ambrazas、Vytautas; Geniušienė、Emma; ギルデニス、アレクサス; Sližienė、Nijolė; Valeckienė、Adelė; Valiulytė、エレナ; Tekorienė、ダリア; Pažūsis、Lionginas(1997)、Ambrazas、Vytautas(ed。)、Lithuanian Grammar、Vilnius:Institute of the Lithuanian Language、ISBN 9986-813-22-0
  • Augustaitis、Daine(1964)、Das litauische Phonationssystem、ミュンヘン:Sagner
  • カネラダ、マリアホセファ; Madsen、John Kuhlmann(1987)、Pronunciacióndelespañol:lengua hablada y literaria、マドリード:Castalia、ISBN 978-8470394836
  • Carbonell、Joan F。; Llisterri、Joaquim(1992)、 "Catalan"、Journal of the International Phonetic Association22(1–2):53–56、doi10.1017 / S0025100300004618
  • コリンズ、ビバリー; Mees、Inger M.(2003)[1981年に初版]、The Phonetics of English and Dutch(5th ed。)、Leiden:Brill Publishers、ISBN 9004103406
  • Dum-Tragut、Jasmine(2009)、Armenian:Modern Eastern Armenian、Amsterdam:John Benjamins Publishing Company
  • ホール、クリストファー(2003)[1992年初版]、現代ドイツ語の発音:英語を話す人のための紹介(第2版)、マンチェスター:マンチェスター大学出版局、ISBN 0-7190-6689-1
  • Jassem、Wiktor(2003)、 "Polish"、Journal of the International Phonetic Association33(1):103–107、doi10.1017 / S0025100303001191
  • Kohler、Klaus J.(1999)、 "German"、Handbook of the International Phonetic Association:Guide to the use of the International Phonetic Alphabet、Cambridge:Cambridge University Press、pp。86–89、doi10.1017 / S0025100300004874ISBN 0-521-65236-7
  • クレッチ、エヴァマリア; 株式、Eberhard; ヒルシュフェルト、ウルスラ; Anders、Lutz-Christian(2009)、DeutschesAussprachewörterbuch、ベルリン、ニューヨーク:Walter de Gruyter、ISBN 978-3-11-018202-6
  • Kristoffersen、Gjert(2000)、The Phonology of Norwegian、Oxford University Press、ISBN 978-0-19-823765-5
  • マンゴールド、マックス(2005)、[第一は、1962年に公開]ダスAussprachewörterbuch、マンハイム(第6版を。):Dudenverlag、ISBN 978-3-411-04066-7
  • MartínezCeldrán、Eugenio(2004)、「近似接近の分類における問題」Journal of the International Phonetic Association34(2):201–210、doi10.1017 / S0025100304001732
  • Mathiassen、Terje(1996)、リトアニアの短い文法、Slavica Publishers、Inc.、ISBN 978-0893572679
  • Merrill、Elizabeth(2008)、"Tilquiapan Zapotec" (PDF)Journal of the International Phonetic Association38(1):107–114、doi10.1017 / S0025100308003344
  • Moosmüller、シルビア; シュミット、キャロリン; Brandstätter、Julia(2015)、「Standard Austrian German」、Journal of the International Phonetic Association45(3):339–348、doi10.1017 / S0025100315000055
  • Mott、Brian(2007)、"Chistabino(Pyrenean Aragonese)" (PDF)Journal of the International Phonetic Association37(1):103–114、doi10.1017 / S0025100306002842
  • ÓSé、Diarmuid(2000)、Gaeilge Chorca Dhuibhne(アイルランド語)、ダブリン:InstitiúidTeangeolaíochtaÉireann、ISBN 0-946452-97-0
  • Pavlík、Radoslav(2004)、「Slovenskéhláskyamedzinárodnáfonetickáabeceda」 (PDF)Jazykovednýčasopis55:87–109
  • ロジャーズ、デレク; d'Arcangeli、Luciana(2004)、 "Italian"、Journal of the International Phonetic Association34(1):117–121、doi10.1017 / S0025100304001628
  • サドウスキー、スコット; Painequeo、Héctor; サラマンカ、ガストン; Avelino、Heriberto(2013)、「Mapudungun」Journal of the International Phonetic Association43(1):87–96、doi10.1017 / S0025100312000369
  • シルバーマン、ダニエル; ブランケンシップ、バーバラ; カーク、ポール; Ladefoged、Peter(1995)、「Jalapa Mazatecの音声構造」、人類学言語学、インディアナ大学評議員会、37(1):70–88、JSTOR  30028043
  • スミス、ハーバートウィアー(1920)、大学のためのギリシャの文法、カルバン大学図書館
  • セルウォール、ロビン; Sa'Adeddin、M。Akram(1990)、 "Arabic"、Journal of the International Phonetic Association20(2):37–41、doi10.1017 / S0025100300004266
  • Vanvik、Arne(1979)、Norsk fonetikk、オスロ:Universitetet i Oslo、ISBN 82-990584-0-6
  • ヤヌシェフスカヤ、イレーナ; Bunčić、Daniel(2015)、「Russian」、Journal of the International Phonetic Association45(2):221–228、doi10.1017 / S0025100314000395
  • ジマー、カール; Orgun、Orhan(1999)、"Turkish" (PDF)Handbook of the International Phonetic Association:Guide to the use of the International Phonetic Alphabet、Cambridge:Cambridge University Press、pp。154–158、ISBN 0-521-65236-7
  • ランダウ、エルネスティナ; Lončarića、Mijo; ホルガ、ダミール; Škarić、Ivo(1999)、「クロアチア語」、国際音声記号ハンドブック:国際音声記号の使用ガイド、ケンブリッジ:ケンブリッジ大学出版局、66〜69ページ、ISBN 978-0-521-65236-0

外部リンク