生気論

ウィキペディアから、無料の百科事典
ナビゲーションにジャンプ 検索にジャンプ

生気論は、「生物は、非物理的な要素を含んでいるか、無生物とは異なる原理によって支配されているため、非生物とは根本的に異なる」という信念です。[1] [a]生気論が明示的に生気論を呼び起こす場合、その要素はしばしば「生命の火花」、「エネルギー」または「エラン・ヴィタール」と呼ばれ、と同等のものもあります。18世紀と19世紀に、生気論は生物学者の間議論されました、物理学の既知の力学が最終的に生命と非生命の違いを説明すると感じた人々と、生命のプロセスを機械的なプロセスに還元することはできないと主張した生気論者の間。一部の生気論者の生物学者は、メカニズムの説明で不十分さを示すことを意図した検証可能な 仮説提案しましたが、これらの実験は生気論のサポートを提供できませんでした。生物学者は、今では論破されているために、この意味で生気を考える経験的証拠、ひいてはとしてのいずれかであると考えて科学理論置き換え[4]のように、20世紀半ば以来のかを、疑似科学[5] [6]

生気医学哲学において長い歴史があります:多くの伝統的な癒しの習慣は、病気が生命力のいくらかの不均衡から生じると仮定しました。

歴史

古代

身体機能はすべての生き物に存在する生気論的原理によるものであるという考えは、少なくとも古代エジプトにまでさかのぼるルーツを持っています。[7]ギリシャ哲学ミレトス学派は、自然解説提案推論から唯物論メカニズムを。しかし、ルクレティウスの時代までに、この説明は補足され(たとえば、エピクロスの予測不可能なクリナメンによって)、ストア派の物理学では、プネウマロゴの役割を引き受けましたガレンは肺が引くと信じていた血液が体全体に伝わる空気からの肺炎[8]

中世

ヨーロッパでは、中世の物理学はプネウマの考えに影響を受け、後のエーテル理論を形作るのに役立ちました

近世

生気論者には、英国の解剖学者フランシス・グリソン(1597–1677)とイタリアの医師マルチェロ・マルピーギ(1628–1694)が含まれていました。[9] Caspar Friedrich Wolff(1733–1794)は発生学における後成説の父であると考えられています。つまり、彼は、発生学の化身ではなく、細胞の増殖の観点から胚発生が説明され始めた時点を示しています。魂。しかし、この程度の経験的観察は、機械論的哲学とは一致しませんでした。彼のTheoria Generationis(1759)で、彼はvisessentialisの作用によって生物の出現を説明しようとしました。(組織化、形成力)、「後成説のすべての信者は生気論者です」と述べています。カール・ライヘンバッハ(1788–1869)は後に、生物に浸透する生命エネルギーの一形態であるオドの力の理論を発展させました

17世紀、現代科学はニュートン遠隔作用と生気論理論によるカルテシアン二元論のメカニズムに反応しました。非生物物質が受ける化学変換は可逆的であるのに対し、いわゆる「有機」物質は恒久的に変化します。化学変換(調理など)による。[10]

チャールズ・バーチとジョン・B・コブが述べたように、18世紀には「生気論者の主張が再び浮き彫りになった」[9]ゲオルク・エルンスト・スタールの信奉者は、医師の天才フランシスなどの他の信者と同様に活発だった。ホテルデューのザビエルビチャット。」[9]しかしながら、「ビチャットは、物理学と化学の科学的基準に従った仮説と理論と組み合わせるために形而上学から徐々に自分自身を解放するというフランスの生気論的伝統の典型的な傾向から移動した。」[11] ジョン・ハンターは「力学に加えて「生きている原則」」を認めた。[9]

ヨハン・フリードリッヒ・ブルームンバックはまた、彼の出版物に1781年生命科学の後成の確立に影響を与えたユーバーデンBildungstriebウントダスZeugungsgeschäfteブルーメンバッハは淡水ヒドラ切り取り、除去された部分が再生することを確立しました。は、生物の中に「形成的ドライブ」(Bildungstrieb)が存在することを推測しましたしかし、彼はこの名前を指摘しました、

他のすべての種類の生命力に適用される名前のように、それ自体は何も説明しません。それは、機械的原理と変更されやすいものの組み合わせによって形成される特有の力を指定するためだけに役立ちます。

19世紀

合成尿素からの早期19世紀における無機化合物だったcounterevidenceだけの生物が生きとし生けるものの部品を作ることができることをvitalist仮説について。

19世紀初頭の現代化学の父の一人であるイェンス・ヤコブ・ベルセリウスはその機能を維持するためには、生物の中に規制力が存在しなければならないと主張しました。[10]生気論者の化学者は、有機材料は無機成分から合成できないと予測しましたが、フリードリヒヴェーラーは、1828年に無機成分から尿素合成しました。このヴェーラー神話歴史家のピーター・ランバーグがそれを呼んだように、1931年に発表された化学の人気のある歴史に端を発しました。 「ある午後、奇跡が起こった」まで、無知のベール。[13] [14] [15]

1833年から1844年の間に、ヨハネスペーターミュラーHandbuch der Physiologieと呼ばれる生理学に関する本を書きました。これは、19世紀のほとんどの間この分野の主要な教科書になりました。この本は、ミュラーの生気論への取り組みを示しています。彼は、有機物が無機物と異なる理由を疑問視し、血液とリンパ液の化学分析に進みました。彼は、多種多様な動物の循環器系、リンパ系、呼吸器系、消化器系、内分泌系、神経系、感覚系について詳しく説明していますが、の存在が各生物を不可分な全体にしていると説明しています彼はまた、光と音波の振る舞いは、生物が物理法則では完全に説明できない生命エネルギーを持っていることを示していると主張した。[16]

ルイ・パスツールは、生命だけが発酵を触媒することができると主張しましたアルベルト・エデルフェルトによる絵画、1885年

ルイ・パスツール(1822–1895)は、自然発生説の有名な反論の後、生気論を支持していると感じたいくつかの実験を行いました。Bechtelによれば、パスツールは「発酵を、生物でのみ発生する特別な反応を説明するより一般的なプログラムに適合させました。これらは還元不可能なほど重要な現象です」。パスツールは、発酵は細胞内の化学薬品または触媒に起因するというベルセリウス、リービッヒトラウベなどの主張を拒否し、発酵は「重要な行動」であると結論付けました。[1]

20世紀

ハンス・ドリーシュ(1867–1941)は、彼の実験を、生命は物理化学的法則によって運営されていないことを示していると解釈しました。[5]彼の主な議論は、最初の分裂の後に胚を切り取ると、各部分が完全な成体に成長するというものでした。実験生物学者としてのドリーシュの評判は、科学者が疑似科学としての彼の時代から見てきた彼の生気論的理論の結果として悪化しました。[5] [6]生気論は、置き換えられた科学的仮説であり、この用語は、蔑称的な 形容詞として使用されることがあります。[17] Ernst Mayr(1904–2005)は次のように書いています。

生気論者を嘲笑するのは歴史的だろう。ドリーシュのような一流の生気論者の一人の著作を読むと、生物学の基本的な問題の多くは、デカルトの哲学では解決できないということに同意せざるを得ません。デカルトでは、生物は単に機械と見なされます。 ..生気論者の批評の論理は申し分のないものでした。[18]

生気論は過去50年間で非常に評判の悪い信念になり、今日生きている生物学者は誰も生気論者として分類されることを望まないでしょう。それでも、生気論的思考の残骸は、生物のある種の非物質的な原理を信じているように見えるアリスター・ハーディシューアル・ライトチャールズ・バーチの作品に見られます。[19]

他の生気論者には、ヨハネスラインケオスカーヘルトヴィッヒが含まれていましたReinkeは、ネオバイタリズムという言葉を使用して彼の作品を説明し、最終的には実験によって検証され、他のバイタリズム理論よりも改善されたと主張しました。ラインケの仕事は、影響を受けたカール・ユングを[20]

ジョン・スコット・ハルデンは、彼のキャリアの早い段階で生物学への反機械主義的アプローチと理想主義哲学を採用しました。ハルデンは、目的論が生物学において不可欠な概念であるという彼の信念の証拠として彼の仕事を見ました。彼の見解は、1913年に彼の最初の本「メカニズム、人生、性格」で広く知られるようになりました。[21]ハルデンは、メカニズムに反対するために生気論者から議論を借りました。しかし、彼は生気論者ではありませんでした。ハルデンは生物を生物学の基本として扱いました:「私たちは生物を自己調節する実体として認識します」、「機械的な説明に還元できる成分にそれを分析するあらゆる努力はこの中心的な経験に違反します」。[21]ハルデンの仕事はに影響を与えた有機体論

ハルデンはまた、純粋に機械主義者の解釈は生命の特徴を説明できないと述べた。ハルデンは、生気論と科学への機械主義的アプローチの両方の無効性を示すことを試みた多くの本を書いた。ハルデンは説明した:

関係するすべての現象は、成体の生物にとって正常なことを表現するように調整される傾向があるという観察に基づいて、生物学の異なる理論的基礎を見つける必要があります。

—  [22]

1931年までに、生物学者は「認められた信念として、ほぼ満場一致で生気論を放棄した」。[22]

創発性

現代の科学と工学は、システムの特性を構成要素の特性の観点から完全に説明することができない創発的なプロセスを説明することがあります。[23] [24]これは、構成要素の特性が完全に理解されていないため、または個々の構成要素間の相互作用もシステムの動作にとって重要であるためである可能性があります。

創発を伝統的な生気論の概念とグループ化すべきかどうかは、意味論争の問題です。[25] Emmeche etal。によると(1997):

一方では、多くの科学者や哲学者は、創発を疑似科学的地位しか持たないと見なしています。一方、物理学、生物学、心理学、および認知科学、人工生命、非線形動的システムの研究などの学際的な分野における新しい開発は、複雑系の高レベルの「集団行動」に強く焦点を当てています。 、これは本当に緊急であるとよく言われ、この用語はそのようなシステムを特徴づけるためにますます使用されています。

—  [26]

メスメリズム

フランツ・メスマーは、呼吸のある動物における磁気動物の生気論的な力を提案しました

18世紀の人気のある生気論者の理論は、フランツ・メスマー(1734–1815)の理論における動物磁気でした。ただし、メスマーのマグネティスム動物を翻訳するために(従来の)英語の動物磁気使用すると、次の3つの理由で誤解を招く可能があります。

  • メスマーは、彼の磁力の変種を、当時、鉱物磁性宇宙磁性惑星磁性と呼ばれていたものと明確に区別するために彼の用語を選択しました
  • メスマーは、この特定の力/力は人間と動物の体にのみ存在すると感じました。
  • メスマーは、その根本的な意味(ラテン語のanimus = "breath"から)のために動物という言葉を選びました。特に、彼の力を、息を持っているすべての生き物に属する性質として識別するためです。つまり、生き物:人間動物。

メスマーの考えは非常に影響力があり、フランスのルイ16世メスメリズムを調査するために2つの委員会を任命しました1つはジョセフ・イグナス・ギロチンが率い、もう1つはベンジャミン・フランクリンが率いバイリーラヴォワジエが含まれていましたコミッショナーはメスメリック理論について学び、その患者が発作とトランス状態に陥るのを見ましたフランクリンの庭で、患者は5本の木のそれぞれに導かれました。そのうちの1本は「魅了」されていました。彼は「生命の液体」を受け取るために順番にそれぞれを抱きしめましたが、「間違った」ものの足元で気を失いました。ラヴォワジエの家では、「敏感な」女性の前に通常の4杯の水が置かれていました。4人目は痙攣を起こしましたが、5人目の魅了された内容物を静かに飲み込み、普通の水だと信じていました。コミッショナーは、「想像力のない流体は無力であるが、流体のない想像力は流体の効果を生み出すことができる」と結論付けた。[27]

医学哲学

生気医学哲学において長い歴史があります:多くの伝統的な癒しの習慣は、病気が生命力のいくらかの不均衡から生じると仮定しました。ヒポクラテスによって設立された西洋の伝統では、これらの生命力は4つの気質体液に関連していました。東部の伝統は、プラーナの不均衡や妨害を前提としていました。アフリカにおける同様の概念の一例は、ヨルバaseの概念です。今日、生気論の形態は、哲学的立場として、またはいくつかの宗教的伝統の信条として存在し続けています。[要出典]

補完代替医学療法は、エネルギー療法を[28]生気に関連付けられ、特にバイオフィールド療法などの治療タッチレイキ、外部のチャクラ治癒およびSHEN療法。[29]これらの治療法では、患者の微妙なエネルギー」の分野は施術者によって操作されます。微妙なエネルギーは、心臓と脳によって生成される電磁エネルギーを超えて存在するように保持されています。ビバリー・ルビックは、バイオフィールドを「人体の内部および周囲の複雑で動的な非常に弱い電磁界...」と説明しています[29]。

創設者ホメオパシーサミュエル・ハーネマンは、疾患の軽微、vitalisticビューを推進:「...彼らは単に精神のような精神のような電源(重要な原則)人体をアニメーション化する(ダイナミック)乱れています。」重要でない動的な生命力の動的な障害としての病気の見方は、多くのホメオパシー大学で教えられており、多くの現代の実践ホメオパシーの基本原則を構成しています。[要出典]

批評

17世紀のフランスの劇作家モリエールは、1673年の劇『病は気から』で生気論を嘲笑しました

生気論は、名前を発明することによって論点先取をしていると批判されることがあります。モリエールは、ル・マレード・イマジネアでこの誤謬をパロディ化したことで有名でした。そこでは、「なぜアヘンは睡眠を引き起こすのか」という質問に「答え」ます。 「その休眠の美徳(すなわち、soporific力)のために」と[30] トーマス・ヘンリー・ハクスリーは、生気論を、水はその「水質」のためにある方法であると述べることと比較しました。[31] 1926年に彼の孫ジュリアンハクスリー、そのエラン機関車による鉄道機関車の操作を説明するために不可欠な「生命力」またはエランを比較しました (「機関車の力」)。

別の批判は、生気論者が機械論的な説明を除外することに失敗したということです。これは、有機化学発生生物学を振り返るとかなり明白ですが、批判は少なくとも1世紀前にさかのぼります。1912年に、ジャック・レーブ「生命の機械論的概念」を発表しました。そこでは、バートランド・ラッセル述べたように、ウニが父親のためにピンを持つことができる方法に関する実験について説明しました宗教と科学)。彼はこの挑戦を提供しました:

「……人為的に生物を作ることに成功するか、それが不可能な理由を見つけなければなりません。」(pp。5–6)

ローブはより明確に生気論に取り組んだ:

「したがって、酸化の加速に加えて、個々の生命の始まりは形而上学的な「生命原理」の卵への侵入によって決定され、死は停止を除いて決定されるという声明を続けることは不当です。水の蒸発の場合、私たちはガスの速度論によって与えられた説明に満足しており、ハクスリーの有名な冗談を繰り返すことを要求しません「水質」の消失も考慮に入れられます。」 (pp。14–15)

ベクテルは、生気論は「しばしば偽りのないものと見なされ、したがって、有害な形而上学的教義」と述べています。[1]多くの科学者にとって、「生気論的」理論は、機械論的理解への道のりで不十分な「保持位置」でした。 1967年、フランシス・クリック、の構造の共同発見者DNAは、「述べそれでvitalistsかもしれあなたの人々に、私はこの予言になるだろう。誰もが昨日信じて、そしてあなたが今日信じるもの、唯一のクランクは明日信じています。 「」[32]

多くのvitalisticの理論が実際に改ざんされているが、特にMesmerism、疑似科学のテストされていないとの保持テスト不能理論は、この日まで続きます。アラン・ソーカルは、精神的癒しの「科学理論」の専門看護師の間で広く受け入れられている分析を発表しました。 (疑似科学とポストモダニズム:拮抗薬または仲間の旅行者?)。[33]治療的タッチと呼ばれる技術の使用特にSokalは、「このエッセイで検討する疑似科学システムのほぼすべてが、哲学的に生気論に基づいている」と結論付け、「主流の科学は、少なくとも1930年代以降、生気論を拒否してきました。時間とともに強くなるだけです。」[33]

ジョセフ・C・キーティング・ジュニア[34]は、カイロプラクティックにおける生気の過去と現在の役割について論じ、生気論を生物神学の一形態」と呼んでいます彼はさらに次のように説明しています。

「生気論は、生命が維持され、測定不可能な知的な力またはエネルギーによって説明されることを提案する生物学における拒絶された伝統です。生気論の想定される効果は、生命自体の現れであり、それは次に、最初の概念を推論するための基礎ですこの循環的な推論は疑似説明を提供し、実際には私たちが無知にラベルを付けただけなのに、生物学のある側面を説明したと信じ込ませるかもしれません。ジョセフ・ドナヒュー、「ばかげている」。[35]

キーティングは、生気論を科学的思考と両立しないものと見なしています。

「カイロプラクターは、人類生理学の自己修復と自動調節の傾向と能力を認識する点でユニークではありません。しかし、私たちは、生気論への執拗な取り組みによって科学的に基づいていると主張する専門職の間で、確かに痛い親指のように突き出ています。私たちは、先天性の「1つの原因、1つの治療法」のレトリックを提唱し、より広い健康科学コミュニティからの嘲笑によって満たされることを期待する必要があります。カイロプラクターはそれを両方の方法で持つことはできません。同時に、パーマーズ・インネイトの目的、意識、硬直性は拒絶されるべきです。」[35]

キーティングはスキナーの視点にも言及しています:

「生気論には多くの顔があり、科学的調査の多くの分野で生まれました。たとえば、心理学者のBFスキナーは、行動を精神状態や特性に帰することの非合理性を指摘しました。 「心」の計り知れない心理学を代用することによって原因と結果の説明を進めることができない手荷物。」[35]

ウィリアムズによれば、「今日、生気論は、病気は体の生命力の乱れまたは不均衡によって引き起こされると主張する多くの疑似科学的健康システムの基礎を形成するアイデアの1つです。」[36]「生気論者は科学的であると主張しているが、実際、因果関係と証明可能性の基本的な仮定で科学的方法を拒否している。彼らはしばしば主観的経験が客観的物質的現実よりも有効であると見なしている。」[36]

ビクター・ステンガー[37]は、「生物エネルギー学」という用語は、通常の物理的および化学的プロセスによって発生する、生物内、および生物と環境の間の容易に測定可能なエネルギー交換を指すために生化学で適用されると述べています。 、新しい生気論者が念頭に置いていること。彼らは、生物エネルギー分野を、還元主義の物理学と化学を超えた全体的な生命力として想像しています。」[38]

このような分野は電磁気学として説明されることもありますが、一部の支持者は量子物理学に混乱した訴えをします。[29] Joanne Stefanatosは、「エネルギー医学の原理は量子物理学に端を発している」と述べています。[39]ステンジャー[38]この一連の推論が見当違いである理由について、いくつかの説明があります。彼は、エネルギーは量子と呼ばれる離散パケットに存在すると説明しています。エネルギー場はそれらの構成要素で構成されているため、量子が存在する場合にのみ存在します。したがって、エネルギー場は全体論的ではなく、物理法則に従わなければならない離散部分のシステムです。これはまた、エネルギー場が瞬間的ではないことを意味します。量子物理学のこれらの事実は、いわゆる「人間のエネルギー場」を説明するために一部の理論家によって使用される無限の連続場に制限を課します。[40] Stengerは続けて、EM力の影響は物理学者によって10億分の1と同じくらい正確に測定されており、生物が独特の場を放出するという証拠はまだないことを説明している。[38]

生気論的思考は、子供の素朴な生物学理論でも確認されています。「最近の実験結果は、未就学児の大多数が生気論的説明を最も妥当なものとして選択する傾向があることを示しています。思考のコアドメインとして。」[41]

も参照してください

注意事項

  1. ^ ステファン・ルデュックダーシー・トムソン成長と形態について)は、エヴリン・フォックス・ケラーの見解では、本質的に物理学と化学の原理が十分であることを示すことによって、生気論の残りの痕跡を根こそぎにする仕事を引き受けた一連の作品を発表しました、それ自体で、生物学的形態の成長と発達を説明するために。[2]一方、マイケル・ルースは、ダーシー・トムソンの自然淘汰の回避には「精神力の匂い」があったと述べています。[3]

参考文献

  1. ^ a b c ベクテル、ウィリアム; ウィリアムソン、ロバートC.(1998)。「生気論」E.クレイグ(編)。哲学のRoutledge百科事典ラウトレッジ。CS1 maint: multiple names: authors list (link)
  2. ^ Evelyn Fox Keller、モデル、比喩、および機械を使用して生物学的発達を説明する生命の意味を理解するハーバード大学出版局、2002年。
  3. ^ ルース、マイケル(2013)。「17.有機体論からメカニズムへ-そして途中で?」ヘニングでは、ブライアンG。; スカーフ、アダム(編)。メカニズムを超えて:生命を生物学に戻すレキシントンブックス。NS。419. ISBN 9780739174371
  4. ^ ウィリアムズ、エリザベスアン(2003)。啓蒙主義モンペリエにおける医学的生気論の文化史アッシュゲート。NS。4. ISBN 978-0-7546-0881-3
  5. ^ a b c 「発生生物学8eオンライン:誘導の選択的歴史」2006年10月31日にオリジナルからアーカイブされまし
  6. ^ B セバスチャン・ノルマンディ。チャールズT.ウルフ(2013)。はじめに啓発後の生命科学における生気論と科学的イメージ、1800年から2010年スプリンガー。NS。104. ISBN 978-94-007-2445-7医学と生物学では、生気論は哲学的にチャージされた用語、科学的実践を破壊した疑似科学的な光沢と見なされてきました…
  7. ^ Jidenu、Paulin(1996)アフリカ哲学、第2版。インディアナ大学出版局、 ISBN 0-253-21096-8、p.16。 
  8. ^ Birch&Cobb 1985、p。75
  9. ^ a b c d Birch&Cobb 1985、pp。76–78
  10. ^ a b エデ、アンドリュー。(2007)北米におけるコロイド科学の興隆と衰退、1900年から1935年:無視された次元、p。23
  11. ^ ライフサイエンスの歴史と哲学、p。238
  12. ^ Kinne-Saffran、E。; キンネ、RKH(1999年8月7日)。「尿素の生気論と統合」American Journal ofNephrology19(2):290–294。土井10.1159 / 000013463PMID 10213830 –www.karger.com経由。 
  13. ^ 「ペン生命倫理ジャーナル」
  14. ^ 「JoachimSchummer、2003」(PDF)
  15. ^ 1845年、アドルフコルベは無機化合物から酢酸を作ることに成功し、1850年代には、マルセランベルテロが多くの有機化合物に対してこの偉業を繰り返しました。振り返ってみると、ヴェーラーの作品はベルセリウスの生気論的仮説の終わりの始まりでしたが、ランバーグが示したように振り返ってみてください。
  16. ^ [信頼できないソース?] http://vlp.mpiwg-berlin.mpg.de/pdfgen/essays/enc22.pdf
  17. ^ Galatzer-Levy、RM(1976年8月7日)。「サイキックエネルギー:歴史的展望」アン。精神分析4:41–61 – PEPWeb経由。
  18. ^ Mayr E(2002) Walter Arndt Lecture:The Autonomy of Biology、インターネットに適合、「Archivedcopy」アーカイブされたオリジナルの2006年9月26日に2006年9月24日取得CS1 maint: archived copy as title (link)
  19. ^ エルンスト・マイヤー生物学の新しい哲学に向けて:進化論者の観察1988年、p。13
  20. ^ ノール、リチャード。「ユングのドミナンテン(ドミナント)の概念(1997)」 – www.academia.edu経由。 Cite journal requires |journal= (help)
  21. ^ a b ボウラー、ピーターJ.科学と宗教の調和:20世紀初頭の英国での議論、2001年、168〜169ページ
  22. ^ a b Mayr、Ernst(2010)。「生気論の衰退」ではBedau、マーク・A. ; クレランド、キャロルE.(編)。生命の性質:哲学と科学からの古典的および現代的な視点ケンブリッジ大学出版局pp。93–95。ISBN 9781139488655しかし、生物学においてどれほど支配的な生気論があり、それがどのくらいの期間にわたって優勢であったかを考えると、それがどれほど急速かつ完全に崩壊したかは驚くべきことです。生物学における実行可能な概念としての生気論の最後の支持は1930年頃に消えた。」(p.94)p。95から:「生気論は物理学者の著作よりも哲学者の著作でさらに長く生き残った。しかし、私が知る限り、1965年以降に出版を開始した生物学の哲学者の中には、生気論者はいません。また、単純な生気論を今でも支持している評判の良い生きている生物学者も1人も知りません。生気論に傾倒している20世紀後半の生物学者(A.ハーディ、S。ライト、A。ポートマン)はもう生きていません。
  23. ^ Schultz、SG(1998)。「(上皮)輸送生理学の世紀:生気論から分子クローニングへ」。American Journal ofPhysiology274(1 Pt 1):C13–23。土井10.1152 /ajpcell.1998.274.1.C13PMID 9458708 
  24. ^ ギルバート、SF; Sarkar、S。(2000)。「複雑さを受け入れる:21世紀の有機体論」発生ダイナミクス219(1):1–9。doi10.1002 / 1097-0177(2000)9999:9999 <:: AID-DVDY1036> 3.0.CO; 2-APMID 10974666 
  25. ^ 明示的な議論については、スタンフォード大学のオンラインのスタンフォード哲学百科事典の「創発的特性」を参照してください簡単に言えば、一部の哲学者は、創発主義を伝統的な精神的生気論と機械的還元主義の中間と見なしています。他の人は、構造的に、緊急性は生気論と同等であると主張します。Emmeche、C。(2001)も参照してください。ロボットには環世界がありますか?記号論134:653–693
  26. ^ Emmeche、C。(1997)創発の説明:レベルのオントロジーに向けて。科学の一般的な哲学ジャーナル オンライン アーカイブで2006-10-06ウェイバックマシン
  27. ^ 最高、M。; Neuhauser、D。; Slavin、L。(2003)「メスメリズムの評価、パリ、1​​784年:盲検プラセボ対照試験をめぐる論争は止まらなかった」ヘルスケアの品質と安全性12(3):232–3。土井10.1136 /qhc.12.3.232PMC 1743715PMID 12792017  
  28. ^ 「補完代替医療–米国国立医学図書館コレクション開発マニュアル」2008年331日取得
  29. ^ a b c Rubik、Bioenergetic Medicines、American Medical Student Association Foundation、2006年11月28日閲覧、「アーカイブされたコピー」2006-02-14にオリジナルからアーカイブされまし取得した2006年12月2日にCS1 maint: archived copy as title (link)
  30. ^ Mihi a docto doctore / Demandatur causam et rationem quare / Opium facitdormire。/ quoi responseeo、/ Quia est in eo / Vertus dormitiva、/ Cujus est natura / Sensusassoupire。 Le Malade imaginaire、(フランス語のウィキソース)
  31. ^ 生命の物理的基礎ポールモールガゼット、1869
  32. ^ クリック、フランシス(1967)分子と男性の; Great Minds Series Prometheus Books 2004、ここでレビューCrickの発言は、Hein H(2004)分子生物学と有機体論:メカニズムと生気論の間の永続的な論争で 引用され、議論されていますSynthese 20:238–253は、Crickの発言を「スペクトルの赤いニシンを育てる」と説明しています。
  33. ^ a b 疑似科学とポストモダニズム:拮抗薬または仲間の旅行者?
  34. ^ 「ジョセフC.キーティングジュニア、博士号:伝記のスケッチ」2006年5月25日にオリジナルからアーカイブされまし
  35. ^ a b c Keating、Joseph C.(2002)、「The Meanings of Innate」、The Journal of the Canadian Chiropractic Association46(1):4–10、PMC 2505097 
  36. ^ a b Williams、William F.、ed。(2013)。「生気論」疑似科学百科事典:エイリアンによる誘拐からゾーン療法まで(改訂版)。NS。367. ISBN 9781135955229生気論–身体が機能するという概念は、化学と物理の法則によって説明できる物理的な力とは異なる「生命の原理」または「生命力」によるものです。現代医学への多くの代替アプローチは、生気論に根ざしています。 ...生命力の正確な性質は初期の哲学者によって議論されましたが、何らかの形での生気論は1828年まで、ほとんどの科学と医学の背後にある好ましい考え方でした。その年、ドイツの科学者フリードリッヒヴェーラー(1800–82)生気論者が不可能であると考えたプロセスである、無機物質から有機化合物を合成しました。...生気論者は科学的であると主張しますが、実際、彼らは因果関係と証明可能性の基本的な仮定で科学的方法を拒否します。彼らはしばしば主観的な経験が客観的な物質的な現実よりも有効であると考えています。今日、生気論は、病気は体の生命力の乱れまたは不均衡によって引き起こされると主張する多くの疑似科学的健康システムの基礎を形成するアイデアの1つです。
  37. ^ 「VictorJ。Stengerのサイト」2016年3月3日にオリジナルからアーカイブされまし
  38. ^ a b c Stenger、Victor J.(1999年春夏)。「「代替医療」の物理学:生物エネルギー分野」代替医療の科学的レビュー3(1)。アーカイブされたオリジナルの2006年12月18日に取得した2006年12月3日を
  39. ^ Stefanatos、J。1997、生物エネルギー医学入門、荘園、AMおよびSGウィン、補完代替獣医学:原則と実践、モスビー年鑑、シカゴ。
  40. ^ Biley、Francis C. 2005、 Unitary Health Care:Martha Rogers'Science of Unitary Human Beings、University of Wales College of Medicine、2006年11月30日閲覧、「Archivedcopy」アーカイブされたオリジナルの2006年12月5日に取得した2006年12月2日にCS1 maint: archived copy as title (link)
  41. ^ 稲垣健一; 波多野G.(2004)。" '幼児の素朴な生物学における生気論的因果関係。' "。Trends CognSci8(8):356–62。土井10.1016 /j.tics.2004.06.004PMID 15335462 

ソース

外部リンク