ベトナム戦争

ウィキペディアから、無料の百科事典
ナビゲーションにジャンプ 検索にジャンプ

ベトナム戦争
インドシナ戦争冷戦の一部
VNWarMontage.png
左上から時計回りに[過度の体重? ]
日にち1955年11月1日– 1975年4月30日
(19年、5か月、4週間、1日)[A 2] [9]
位置
結果

北ベトナムベトコン/ PRGの勝利

領土
の変更
1976年のベトナム 北部と南部のベトナム社会主義共和国への統一
交戦者
による支援:
による支援:
司令官と指導者
強さ

約860,000(1967)

  • ベトナム北部:
    690,000(1966年、PAVNとベトコンを含む)。[A 3]
  • ベトコン:
    〜200,000(推定、1968)[11] [12]
  • 中国:
    170,000(1968)
    合計32万[13] [14] [15]
  • クメールルージュ:
    70,000(1972)[16] :376 
  • パテト・ラオ:
    48,000(1970)[17]
  • ソビエト連邦:〜3,000 [18]
  • 北朝鮮: 200 [19]

約1,420,000(1968)

  • 南ベトナム:
    850,000(1968)
    1,500,000(1974–1975)[20]
  • 米国:
    ベトナムでサービスを提供している2,709,918合計
    ピーク:543,000(1969年4月)[16] :xlv 
  • クメール共和国:
    200,000(1973)[21]
  • ラオス:
    72,000(王立軍とモン族民兵)[22] [23]
  • 韓国:
    年間48,000(1965–1973、合計320,000)
  • タイ:年間32,000(1965–1973)
    (ベトナム[24]およびラオス)[25]
  • オーストラリア:合計50,190人
    (ピーク:7,672人の戦闘部隊)
  • ニュージーランド:合計3,500人
    (ピーク:552人の戦闘部隊)[12]
  • フィリピン: 2,061
死傷者と損失
  • 北ベトナムとベトコン
    30,000–182,000人の民間人の死亡[16] :176  [26] [27] :450–3  [28]
    849,018人の軍の死亡または行方不明(ベトナムあたり;非戦闘死の1/3)[29] [30 ]
    666,000–950,765人が死亡
    (米国は1964年から1974年と推定)[A 4] [26] [27] :450–1 
    300,000人以上の軍人が行方不明(ベトナムあたり)[31]
    600,000人以上の軍人が負傷[32] :739 
  • クメールルージュ:不明
  • Laos パテト・ラオ:不明
  •  中国:死者約1,100人、負傷者4,200人[15]
  •  ソビエト連邦: 16人が死亡[33]
  •  北朝鮮: 14人が死亡[34]

軍の死者の総数:
約667,130–951,895

軍の負傷者の総数:
約604,200

GRUNKPathet Laoを除く)

  •  南ベトナム:
    195,000–430,000人の民間人の死者[26] [27] :450–3  [35]
    254,256–313,000人の軍人の死者[36] :275  [37]
    1,170,000人の軍人の負傷者[16]
    ≈1,000,000人の捕虜[38]
  •  アメリカ合衆国:
    死者58,281人[39](戦闘で47,434人)[40] [41]
    負傷者303,644人(病院での治療を必要としない150,341人を含む)[A 5]
  •  ラオス: 15,000人の軍隊が死亡[46]
  • クメール共和国:不明
  • 韓国:5,099人が死亡。10,962人が負傷。4行方不明
  •  オーストラリア: 521人が死亡。3,129人が負傷した[47]
  •  タイ: 351人が死亡[16]
  •  ニュージーランド: 37人が死亡[48]
  •  中華民国: 25人が死亡[49]
    17人が捕獲[50]
  •  フィリピン: 9人が死亡。[51] 64人が負傷した[52]
総軍の死者:
333,620–392,364

総軍の負傷者:
約1,340,000 +
[16]
FARKとFANKを除く)
総軍の捕獲数:
約1,000,000 +

二次インドシナ戦争としても知られるベトナム戦争ベトナム戦争:ChiếntranhViệtNam ) [58]は、1955年11月1日[A 2]から1975年4月30日のサイゴン陥落まで、ベトナムラオスカンボジアでの紛争でした。[9]これはインドシナ戦争の2回目であり、北ベトナム南ベトナムの間で公式に戦われた北ベトナムはソビエト連邦、中国、[13]および他の共産主義者によって支援されました同盟国; 南ベトナムは、米国や他の反共産主義 同盟国によって支援されました。[59] [60]戦争は、冷戦時代代理戦争であると広く考えられている[61]それはほぼ20年続き、1973年に米国の直接関与が終了した。紛争は近隣諸国にも波及し、ラオス内戦カンボジア内戦を悪化させ、 1975年までに3カ国すべてが共産主義国となった。

紛争は、フランス植民地政府と左翼革命運動であるベトミンとの間の第一次インドシナ戦争から生じました。[62] [A 6] 1954年にフランス軍がインドシナから撤退した後、米国は南ベトナム国家に対する財政的および軍事的支援を引き受けた。北ベトナムの指揮下にある南ベトナムの共通戦線であるベトコン(VC)は、南部でゲリラ戦争を開始した。北ベトナムはまた、反乱軍を支援するために1958年にラオスに侵攻し、ベトコンを供給して強化するためにホーチミンルートを設立しました。[63] :16  1963年までに、北ベトナム人は南部で戦うために40,000人の兵士を派遣しました。[63] :16 の米国の関与は、 MAAGプログラムを通じてジョンF.ケネディ大統領の下で、1959年の1,000人弱の軍事顧問から1964年の23,000人にエスカレートした。 [64] [32] :131 

1964年8月のトンキン湾事件では、米国の駆逐北ベトナムの高速攻撃艇と衝突しました。これに応じて、米国議会はトンキン湾決議を可決し、リンドン・B・ジョンソン大統領にベトナムでの米軍のプレゼンスを高める幅広い権限を与えました。ジョンソンは初めて戦闘ユニットの配備を命じ、部隊レベルを184,000に増やしました。[64]ベトナム人民軍PAVN)(北ベトナム軍またはNVAとしても知られている)は、米国および南ベトナム軍(ベトナム共和国陸軍)とのより一般的な戦争に従事した。(ARVN))。進歩はほとんどありませんでしたが、米国はかなりの勢力増強を続けました。米軍と南ベトナム軍は、制空戦闘機と圧倒的な火力に依存して、地上部隊大砲空爆を含む捜索と破壊作戦を実施しました。米国はまた、北ベトナムに対して大規模な戦略爆撃キャンペーンを実施した。[32] :371–4  [65]

1968年を通して共産主義者のテト攻勢は戦争に対する米国の国内支援を衰退させました。VCは、攻撃およびその後のUS-ARVN作戦中に大きな損失を被りました。[32] :481  CIAのフェニックスプログラムは、VCのメンバーシップと機能をさらに低下させました。年末までに、VCの武装勢力は南ベトナムにほとんど領土を持たず、彼らの徴兵は80%以上減少し、ゲリラ作戦が大幅に減少したことを意味し、北部からのPAVN正規兵士の使用を増やす必要があった。[66] 1969年、北ベトナムは暫定革命政府を宣言した南部では、削減されたVCをより国際的な地位にするために、しかしそれ以降、PAVN軍がより従来型の諸兵科連合戦争を開始したため、彼らは傍観されまし1970年までに、南部の共産軍の70%以上が北部人であり、南部が支配するVCユニットはもはや存在していませんでした。[67]作戦は国境を越えた:北ベトナムは早い段階でラオスを供給ルートとして使用し、カンボジアも1967年から使用された。米国は1964年にラオスルートを爆撃し、1969年にカンボジアルートを爆撃しました。カンボジア国会によるノロドムシハヌーク君主の退陣により、クメールルージュの要請により、PAVNが国に侵入し、カンボジア内戦がエスカレートしました。その結果、US-ARVNになります反侵略

1969年、リチャードニクソン米国大統領の選挙に続いて、「ベトナム化」の政策が始まりました。これは、拡大したARVNによって紛争が戦われ、米軍は国内の反対と採用の減少によってますます意気消沈しました。米国の地上部隊は1972年の初めまでに大部分が撤退し、支援は航空支援、砲兵支援、顧問、物資輸送に限定されていました。ARVNは、米国の支援を受けて、1972年のイースター攻勢の間に最初で最大の機械化されたPAVN攻勢を止めました。攻勢は南ベトナムを征服できませんでしたが、ARVN自体は失われた領土をすべて奪還できず、軍事状況を困難にしました。パリ協定1973年1月にすべての米軍が撤退した。1973年8月15日に米国議会で可決された事件教会改正は、米軍の直接関与を公式に終了させた。[68] :457 平和協定はほぼ即座に破られ、戦闘はさらに2年間続いた。プノンペンは1975年4月17日にクメールルージュに墜落しましたが、1975年の春の攻勢は4月30日にPAVNによるサイゴン陥落を見ました。これで戦争は終わり、翌年には北ベトナムと南ベトナムが再統一されました。

戦いの規模は巨大でした。1970年までに、ARVNは世界で4番目に大きな軍隊となり、PAVNは約100万人の正規軍にそれほど遅れをとっていませんでした。[69] [16] :770 戦争は莫大な人的コストを課しました:殺されたベトナムの兵士と民間人の数の推定は966,000 [26]から300万の範囲です。[54]約275,000〜310,000人のカンボジア人[55] [56] [57] 20,000〜62,000人のラオス人[54]および58,220人の米国軍人も紛争で死亡し、さらに1,626人が行方不明のままである。[A 5]

ベトナム戦争中の落ち込みに続いて、中ソ対立が再出現した。カンプチア民族連合の王立政府における北ベトナムとそのカンボジアの同盟国との間の紛争、および新しく形成された民主カンプチアは、クメール・ルージュによる一連の国境襲撃でほぼ即座に始まり、最終的にカンボジア・ベトナム戦争にエスカレートした。中国軍は中越戦争でベトナムに直接侵攻し、その後の国境紛争は1991年まで続いた。統一されたベトナムは3カ国すべてで反乱軍と戦った。戦争の終結と第三次インドシナ戦争の再開はベトナムのボートピープルと、何百万人もの難民がインドシナ(主にベトナム南部)を離れるというより大きなインドシナ難民危機。そのうちの推定25万人が海で亡くなりました。米国内では、戦争はベトナム症候群と呼ばれるものを引き起こしました。これは、アメリカの海外軍事関与に対する公の嫌悪感であり[70] 、ウォーターゲート事件とともに、1970年代を通じてアメリカに影響を与えた信頼の危機に貢献しました。[71]

名前

紛争にはさまざまな名前が付けられています。ベトナム戦争は英語で最も一般的に使用される名前です。第二次インドシナ戦争[58]ベトナム戦争とも呼ばれています。[72] [73] [74]

インドシナでいくつかの紛争があったことを考えると、この特定の紛争は、他の人と区別するためにその主人公の名前で知られています。ベトナムでは、戦争は一般的にKhángchiếnchốngMỹ(アメリカに対する抵抗戦争)として知られています。[75]それはChiếntranhViệtNam(ベトナム戦争)とも呼ばれます。[76]

バックグラウンド

戦争に関与した主要な軍事組織は、米国軍ベトナム共和国陸軍であり、ベトナム人民軍(PAVN)(一般に英語で北ベトナム軍(NVA)と呼ばれる)に対抗した。南ベトナム解放民族戦線(NLF、英語の情報源ではベトコン(VC)としてより一般的に知られている)、南ベトナムの共産主義ゲリラ軍。[16] :xli 

インドシナは19世紀後半から20世紀半ばまでフランスの植民地でした。第二次世界大戦に日本人が侵攻したとき、ホーチミンの指導の下で共産党主導の共通戦線であるベトミン、米国、ソビエト連邦、中国の支援を受けて彼らに反対した。日本が降伏したとき、彼らはいくつかの日本の武器を受け取りました。9月2日の終戦記念日、ホーチミンはハノイでベトナム民主共和国(DRV)の設立を宣言しました。DRVは、 BảoĐại皇帝の退位後、20日間、ベトナム全土で唯一の市民政府として統治しました。、日本の統治下で統治していた。1945年9月23日、フランス軍は地方のDRV政府を倒し、フランスの権威が回復したと宣言した。[77]フランスは徐々にインドシナの支配を取り戻した。交渉が失敗した後、ベトミンはフランスの支配に反対する反乱を開始した。敵対行為は第一次インドシナ戦争(1946年12月に始まった)に エスカレートしました。

1950年代までに、紛争は冷戦と絡み合っていました。1950年1月、中国とソビエト連邦は、ハノイに本拠を置くベトミンのベトナム民主共和国をベトナムの合法的な政府として承認しました。翌月、米国と英国は、元皇帝バオ・ダイが率いるサイゴンのフランス支援ベトナム国を合法的なベトナム政府として承認した。[78] :377–9  [32] :88  1950年6月の朝鮮戦争の勃発は、多くのワシントンを納得させたインドシナでの戦争はソビエト連邦によって指示された共産主義の膨張主義の例であったという政策立案者。[32] :33–5 

中国の軍事顧問は1950年7月にベトミンの支援を開始した。[63] :14 の中国の武器、専門知識、および労働者がベトミンをゲリラ軍から通常の軍隊に変えた。[32] :26  [79] 1950年9月、米国は軍事援助諮問グループ(MAAG)を設立し、フランスの援助要請を選別し、戦略について助言し、ベトナム兵を訓練した。[80] :18  1954年までに、米国はフランスの軍事努力を支援するために10億ドルを費やし、戦争の費用の80パーセントを負担していました。[32] :35 

ディエンビエンフーの戦い(1954年)の間に、米国の空母はトンキン湾に航海し、米国は偵察飛行を行いました。フランスと米国も3つの戦術核兵器の使用について話し合ったが、これがどれほど真剣に検討され、誰が曖昧で矛盾しているのかについての報告がある。[81] [32] :75 当時の副大統領リチャード・ニクソンによると、統合参謀本部はフランスを支援するために小型の戦術核兵器を使用する計画を作成した。[81]ベトナムのいわゆる「タカ」であるニクソンは、米国が「アメリカ人の少年を入れなければならない」かもしれないと示唆した。[16]:76 ドワイト・D・アイゼンハワー大統領はアメリカの参加をイギリスの支援を条件としたが、イギリスは反対した。[16] :76 アイゼンハワーは、アジアの陸戦に米国を巻き込むことを警戒し、軍事介入に反対することを決定した。[32] :75–6 紛争中、米国の諜報機関の推定は、フランスの成功の可能性に懐疑的でした。[82]

1954年5月7日、ディエンビエンフーのフランス駐屯地が降伏しました。敗北は、インドシナへのフランス軍の関与の終わりを示した。ジュネーブ会議で、フランス人はベトミンと停戦協定を交渉し、カンボジア、ラオス、ベトナムに独立が認められました。[要出典]

移行期間

1954年のジュネーブ協定で、ベトナムは17度線で一時的に分割されましたホーチミンは南部での戦争を継続したいと思っていたが、選挙手段で支配を勝ち取ることができると彼を説得した中国の同盟国によって拘束された。[83] [32] :87–88 ジュネーブ協定の条件の下で、民間人は300日間、2つの暫定州の間を自由に移動することが許可された。統一政府を樹立するために、1956年に全国で選挙が行われることになっていた。[32] :88–90 約100万人の北部人、主に少数派のカトリック教徒が、共産主義者による迫害を恐れて南に逃げた。[32] :96  [84]これは、中央情報局(CIA)のためにエドワード・ランスデールによって設計されたアメリカの心理戦キャンペーンに続きました。これは、ベトミンの間の反カトリック感情を誇張し、米国がハノイに原子爆弾を投下しようとしていると誤って主張しました。[85] [86] [32] :96–7出エジプト は、難民をフェリーで運ぶための第7艦隊の使用を含む米国が資金提供した9,300万ドルの移転プログラムによって調整された。[87]北部の、主にカトリックの難民は、後のゴ・ディン・ジーム政権に強力な反共産主義の支持者を与えた。[88] :238 Diệmは彼の政府の重要なポストに主に北部と中央のカトリック教徒を配置しました。

南に流れるカトリック教徒に加えて、13万人以上の「革命的再編成者」が「再編成」のために北に行き、2年以内に南に戻ることを期待している。[68] :98 ベトミンは、将来の反乱の基地として南部におよそ5,000から10,000人の幹部を残した。[32] :104 最後のフランス兵は1956年4月に南ベトナムを去った。[32] :116 中国はほぼ同時に北ベトナムからの撤退を完了した。[63] :14 

1953年から1956年の間に、北ベトナム政府は「家賃の引き下げ」や「土地改革」を含むさまざまな農業改革を開始し、その結果、重大な政治的抑圧が生じました。農地改革の間、北ベトナムの目撃者からの証言は、160人の村の住民ごとに1人の死刑執行の比率を示唆しました。キャンペーンは主に紅河デルタ地域に集中していたため、当時の学者は5万人の死刑執行という低い見積もりを広く受け入れました。[89] :143  [90] [91] :569  [92]ただし、ベトナムとハンガリーのアーカイブからの機密解除された文書は、死刑執行の数が当時報告されていたよりもはるかに少ないことを示していますが、13,500を超える可能性があります。[93] 1956年、ハノイの指導者たちは、このプログラムの実施において「過剰」を認め、元の所有者に大量の土地を復元した。[32] :99〜100 

一方、南部はベトナム国を構成し、バオ・ダイが皇帝、ゴ・ディン・ジム(1954年7月に任命)が首相に就任しました。アメリカ合衆国政府もゴディンジエムのベトナム国も、1954年のジュネーブ会議で何も署名しませんでした。統一の問題に関して、非共産主義のベトナム代表団はベトナムのどの部門にも激しく反対したが、フランス人がベトナムを最終的に提案したベトミン代表団PhạmVănĐồngの提案を受け入れたときに敗北した[94] :134 「地方委員会」の監督の下で選挙によって団結した。[94] :119 アメリカは南ベトナムとイギリスの支援を受けて、「アメリカ計画」として知られるようになったものに対抗した。[94] :140 国連の監督下で統一選挙を規定したが、ソビエト代表団によって拒否された。[94] :140 米国は、「ベトナム国の代表者による声明に関して、米国は、人々が自分の将来を決定する権利があり、いかなる国にも参加しないという伝統的な立場を繰り返している。これを妨げるような取り決め」。[94] :570–1  米国大統領ドワイトD.アイゼンハワーは1954年に次のように書いています。

私は、戦闘の時点で選挙が行われていたことに同意しなかったインドシナ問題に精通した人と話したり、連絡したりしたことはありません。国家元首BảoĐại。確かに、BảoĐạiのリーダーシップと意欲の欠如は、彼らが戦うものが何もないというベトナム人の間で流行している感情の要因でした。

—  [95]

しかし、ペンタゴンペーパーズによると、1954年から1956年まで、南ベトナムでは「ゴディンジエムは本当に奇跡を成し遂げました」:「1956年までに、ディエムに対する自由選挙でホーに投票したかもしれない割合が80パーセントよりはるかに小さかった。」[96] 1957年、国際刑事裁判所(ICC)を代表するインド、ポーランド、カナダの独立したオブザーバーは、公平で公平な選挙は不可能であると述べ、ICCは南ベトナムも北ベトナムも休戦協定を尊重しなかったと報告した。[97]

カントー軍事裁判所でのバカット1956年、最初の戦争を通じてベトミンベトナム国軍カオダイ教運動と戦ってきたホアハオ教の宗教運動の司令官

1955年4月から6月にかけて、ディエムは、バコートのカオダイホアハオ教の2つの宗教グループに対して軍事作戦を開始することにより、南部の政治的反対を排除しましたキャンペーンはまた、共産党の秘密警察のメンバーと同盟を結び、いくつかの軍事的要素を持っていたビン・スエン派組織犯罪グループに焦点を当てた。このグループは、サイゴンでの戦闘の後、最終的に4月に敗北しました。彼の厳しい戦術に対する広範な反対が高まったので、Diệmはますます共産主義者を非難しようとしました。[16]

1955年10月23日のベトナム国の将来に関する国民投票で、ディエムは兄の・ディン・ヌーが監督する投票を不正に行い、サイゴンでの133%を含む98.2%の票を獲得しました。彼のアメリカ人顧問は、「60から70パーセント」のより「控えめな」勝ちマージンを推奨していました。しかし、ディエムは選挙を権威の試練と見なした。[88] :224  3日後、彼は南ベトナムをベトナム共和国(ROV)という名前で独立国家として宣言し、彼自身が大統領となった。[32]同様に、ホーチミンと他の共産党幹部は常に北ベトナムの「選挙」で投票の少なくとも99%を獲得した。[89] :193–94、202–03、215–17 

ある国が共産主義に陥った場合、周辺国はすべて従うだろうと主張したドミノ理論は、アイゼンハワー政権によって最初に政策として提案[78] :19  当時米国上院議員だったジョン・F・ケネディは、ベトナムのアメリカ人の友人へのスピーチで次のように述べた。カンボジアの赤い潮流がベトナムに溢れたら」[98]

Diệm時代、1954年から1963年

ルール

反乱と「混乱」の地図、1957年から1960年

敬虔なローマカトリック教徒であるディエムは、熱心に反共産主義者、民族主義者、そして社会的に保守的でした。歴史家のLuuDoan Huynhは、「Diệmは、独裁政治と縁故主義と相まって、狭く過激なナショナリズムを表していた」と述べています[78] :200–1 ほとんどのベトナム人は仏教徒であり、聖母マリアへの奉献のようなディエムの行動に驚いた

1955年の夏から、Diệmは「共産主義者を非難する」キャンペーンを開始しました。このキャンペーンでは、疑わしい共産主義者やその他の反政府勢力が逮捕、投獄、拷問、処刑されました。彼は1956年8月に共産主義とみなされた活動に対して死刑を制定した。[8]北ベトナム政府は、1957年11月までに、65,000人以上が投獄され、2,148人が殺害されたと主張した。[99]ガブリエル・コルコによれば、1958年末までに40,000人の政治犯が投獄されていた。 [68] :89 

ドワイト・D・アイゼンハワー米国大統領とジョン・フォスター・ダレス国務長官が1957年5月8日、ワシントン南ベトナムのゴ・ディン・ディム大統領に挨拶する

1956年10月、Diệmは所有者1人あたりの稲作農場の規模を制限する土地改革プログラムを開始しました。180万エーカー以上の農地が土地を持たない人々が購入できるようになりました。1960年までに、ディエムの最大の支持者の多くが大規模な土地所有者であったため、土地改革プロセスは行き詰まりました。[100] :14–16 

1957年5月、ディエムは10日間の米国への公式訪問を行いました。アイゼンハワー大統領は彼の継続的な支援を約束し、パレードはニューヨーク市でディエムに敬意を表して開催されました。ディエムは公に称賛されたが、ジョン・フォスター・ダレス国務長官は、ディエムがより良い代替案を見つけることができなかったため、支援を受けなければならないと個人的に認めた。[88] :230 

南部での反乱、1954年から1960年

1954年から1957年の間に、ディエム政府は田舎での大規模な組織的不安を防ぐことに成功しました。1957年4月、武装勢力は「裏切り者の絶滅」と呼ばれる暗殺キャンペーンを開始しました。[101] 7月にチャウドックのバーでの攻撃で17人が死亡し 、9月に高速道路で地区長が家族とともに殺害された。[8]しかし、1959年初頭までに、ディエムは(ますます頻繁に)暴力を組織的なキャンペーンと見なし、政治的暴力を死と財産の没収によって罰せられるようにする法律10/59を施行した。[102]ジュネーブ協定で約束された選挙を実施することを主な目標とした元ベトミンの間には、いくつかの分裂があり、「ワイルドキャット「他の共産主義者や反GVN活動家とは別の活動。ダグラス・パイクは、1957年から1960年にかけて、武装勢力が2,000人の拉致を行い、政府職員、村長、病院労働者、教師を1,700人暗殺したと推定した。[32] :106  [8 ]武装勢力と政府軍の間の暴力は、1960年1月の180回の衝突から9月の545回の衝突へと劇的に増加した。[103]

1960年9月、北ベトナムの南部本部であるCOSVNは、南ベトナムで政府に対して全面的な協調的蜂起を命じ、人口の3分の1が間もなく共産主義の支配地域に住むようになりました。[32] :106–107  1960年12月、北ベトナムは、非共産主義者を含むすべての反GVN反乱軍を団結させる目的で、正式にベトコンを創設した。カンボジアのメモットで結成され、COSVNを通じて監督されました。[63] :55–58 ペンタゴン・ペーパーズによれば、ベトコンは「農地改革とGVNの自由化に、アメリカの顧問の撤退と影響力に重きを置いた。連立政権とベトナムの無力化。」組織の指導者の身元はしばしば秘密にされた。[8]

VCのサポートは、田舎でのベトミンの農地改革に対するディエムの逆転に対する憤慨によって推進されました。ベトミンは、大規模な私有地を没収し、家賃と借金を減らし、主に貧しい農民に共有地を貸し出していました。ディエムは家主を村に連れ戻しました。何年も土地を耕作してきた人々は、それを家主に返還し、何年もの家賃を払わなければなりませんでした。マリリン・B・ヤングは、「村内の分裂は、フランスに対して存在していた分裂を再現した。NLFを75%支持し、20%が中立を維持しようとし、5%がしっかりと親政府である」と書いた。[104] :73 

北ベトナムの関与

北ベトナム人によってTruongSonRoadとして知られているHoChi Minhトレイルは、ラオスを通り抜けていますこれは、歴史上最大の空爆作戦にもかかわらず、北ベトナム人が戦争努力を維持することを可能にする複雑な兵站システムに発展するでしょう。

1956年3月、南部の共産党指導者レ・ドゥアンは、ハノイの政治局の他のメンバーに「南への道」と題された反乱を復活させる計画を提示した。しかし、現時点で中国とソビエトの両方が対立に反対したため、レ・ズアンの計画は拒否されました。[63] :58 それにもかかわらず、北ベトナムの指導部は1956年12月に南部の反乱を復活させるための暫定措置を承認した。[7]この決定は、ラオドン中央委員会の第11回総会で行われた。共産軍は1958年に設立された単一の指揮体制下にあった。[105] 1958年5月、北ベトナム軍はチェポネの輸送ハブを占領した。北ベトナムと南ベトナムの間の非武装地帯の近くのラオス南部で。[106] :24 

ホーチミン・トレイルは、南ベトナムの戦場に向かう北ベトナムからの戦闘員のために、平均して4か月の起伏の多い地形の旅を必要としました。

北ベトナム共産党は1959年1月の会合で南部での「人民戦争」を承認し[32] :119–20 、そして5月に、ホーチミン・トレイルを維持し、アップグレードするためにグループ559が設立された。ラオスを通る6か月の山岳トレッキング。7月28日、北ベトナム軍とパテトラオス軍がラオスに侵攻し、国境に沿ってラオス王国軍と戦った。グループ559は、国境に近いラオス北東部のフアパン州ナカイに本部を置いていました。[107] :26  1954年の「再編成者」のうち約500人が、運用の最初の年にトレイルを南に送られました。[108]トレイルを介した最初の武器の配達は1959年8月に完了した。[109] 1960年4月、北ベトナムは成人男性に徴兵制を課した。1961年から1963年にかけて約40,000人の共産主義兵士が南部に侵入した。[63] :76 

ケネディのエスカレーション、1961年から1963年

1961年3月23日のケネディ大統領の記者会見

1960年の米国大統領選挙で、ジョンF.ケネディ上院議員は現職のリチャードM.ニクソン副大統領を破りました。アイゼンハワーはラオスとベトナムについてケネディに警告したが、ヨーロッパとラテンアメリカは「彼の視界ではアジアよりも大きく見えた」。[88] :264  1961年4月、ケネディはピッグス湾侵攻を承認しましたが、失敗に終わりました。1961年6月、ソビエト首相のニキータ・フルシチョフがウィーンで会い、米ソの重要な問題について話し合ったとき、彼は激しく反対しました。わずか16か月後、キューバミサイル危機(1962年10月16〜28日)が世界中のテレビで放映されました。冷戦が本格的な核戦争へとエスカレートするのに最も近かった、そして米国は戦略航空軍団(SAC)部隊の準備レベルをDEFCON2に引き上げまし

ケネディ政権は、トルーマン政権とアイゼンハワー政権から受け継いだ冷戦外交政策に本質的にコミットし続けた。1961年、米国は韓国を拠点とする5万人の軍隊を擁し、ケネディは4つの危機的状況に直面しました。4月4日に承認したピッグス湾侵攻の失敗[110]、ラオスの親欧米政府と5月パテトラオス共産主義運動(「ケネディはラオスを回避しました。ラオスの険しい地形はアメリカ兵の戦場ではありませんでした。」[88] :265 )、ベルリンの壁の建設8月に、そして10月にキューバミサイル危機。ケネディは、支配権を獲得し、共産主義の拡大を止めるさらに別の失敗は、米国の信頼を取り返しのつかないほど損なうだろうと信じていました。彼は「砂に線を引き」、ベトナムでの共産主義の勝利を防ぐことを決意した。彼は、フルシチョフとのウィーン首脳会談の直後にニューヨークタイムズのジェームズ・レストンに、「今、私たちの権力を信頼できるものにするのに問題があり、ベトナムはその場所のように見える」と語った。[111] [112]

南ベトナム、軍管区、1967年

南ベトナムに対するケネディの政策は、ディエムと彼の軍隊が最終的に彼ら自身でゲリラを打ち負かさなければならないと仮定しました。彼はアメリカの戦闘部隊の配備に反対し、「今日そこに多数の米軍を導入することは、当初は有利な軍事的影響を与えるかもしれないが、ほぼ確実に不利な政治的、そして長期的には不利な軍事的結果につながるだろう」と述べた。 。」[113]しかしながら、南ベトナム軍の質は依然として低かった。貧弱なリーダーシップ、汚職、政治的昇進はすべて、ARVNを弱体化させる一因となった。武装勢力が勢いを増すにつれて、ゲリラ攻撃の頻度が高まった。ハノイのベトコンへの支援が役割を果たした一方で、南ベトナム政府の無能さが危機の核心でした。[78]:369 

ケネディが提起した主要な問題の1つは、ソビエトの宇宙およびミサイル計画が米国のものを上回ったかどうかでした。ケネディはソビエトとの長距離ミサイルの同等性を強調したが、共産主義の反乱によって脅かされている第三世界の国々での対反乱戦争のために特殊部隊を使用することにも興味を持っていた。ケネディは、もともとはソビエトがヨーロッパに侵攻した後の最前線での使用を目的としていましたが、グリーンベレーなどの特殊部隊が採用したゲリラ戦術はベトナムでの「ブラシファイア」戦争に効果的であると信じていました。

ケネディ顧問のマクスウェル・テイラーウォルト・ロストウ は、洪水救援隊員を装って米軍を南ベトナムに派遣することを勧めた。[114]ケネディはその考えを拒否したが、軍事援助をさらに増やした。1962年4月、ジョン・ケネス・ガルブレイスはケネディに「この地域の植民地軍としてフランス軍に取って代わり、フランス軍と同じように出血する危険がある」と警告した。[115]アイゼンハワーはベトナムに900人の顧問を配置し、1963年11月までにケネディはベトナムに16,000人の米軍要員を配置した。[32] :131 

戦略村プログラムは1961年後半に開始されました。この米国と南ベトナムの合同プログラムは、農村部の住民を要塞化された村に再定住させようとしました。それは1962年の初めに実施され、農民がベトコンから隔離される新しいコミュニティへの南ベトナムの農村の強制的な移転と分離を伴いました。これらの新しいコミュニティが農民に安全を提供し、彼らと中央政府との間の結びつきを強化することが望まれました。しかし、1963年11月までにプログラムは衰退し、1964年に正式に終了しました。[16] :1070 

1962年7月23日、中国、南ベトナム、ソビエト連邦、北ベトナム、米国を含む14か国が、ラオスの中立性を尊重することを約束 する協定に署名した。

NgôĐìnhDiệmの追放と暗殺

ARVNの不適切なパフォーマンスは、1963年1月2日のアプバクの戦いなどの失敗した行動によって例証されました。戦闘に従事することすら気が進まないようでした。[116] :201–6 戦闘中に、南ベトナム軍はベトコン軍によって撃墜されたARVN軍を輸送するために83人の兵士と5機の米軍ヘリコプターを失ったが、ベトコン軍は18人の兵士しか失った。ARVN軍は、Diệmの最も信頼できる将軍であるIV軍団の指揮官であるHuỳnhVănCaoによって率いられました。曹操は、スキルではなく宗教と忠実さのために昇進したカトリック教徒であり、彼の主な仕事はクーデターの試みを食い止めるために彼の軍隊を維持することでした。彼は以前に共産主義の攻撃の間に嘔吐した。ワシントンの一部の政策立案者は、ディエムは共産主義者を打ち負かすことができず、ホーチミンと取引する可能性さえあると結論付け始めました。彼はクーデターをかわすことだけに関心を持っているようで、1960年と1962年の試みの後、より妄想的になりました。ロバート・F・ケネディが述べたように、「ディエムは少しでも譲歩することはなかった。彼は推論するのが難しかった...」[117]歴史家のジェームズ・ギブソンは状況を要約した。

戦略村は失敗しました...南ベトナムの政権は、地主の間の階級基盤のために農民を勝ち取ることができませんでした。確かに、比較的安定した政党連合と機能する官僚機構という意味での「レジーム」はもはや存在しませんでした。代わりに、市民政府と軍事作戦は事実上停止していた。国家解放戦線は大きな進歩を遂げ、広い地域で暫定革命政府を宣言する寸前でした。[118]

1963年5月、仏の誕生日であるVesakに仏旗表示することの禁止に抗議する、武装していない9人の仏教徒のHuếPhậtĐảnの銃撃に続いて、Diệmの方針に対する不満が爆発しました。これは、仏教徒の過半数に対するカトリック教会とその支持者に特権を与える差別的政策に対する大規模な抗議をもたらした。Diệmの兄NgôĐìnhThụcHuếの大司教であり、政教分離を積極的に曖昧にしました。Thucの記念日のお祝いは、Vesakが政府によって資金提供される直前に行われ、バチカンの旗が目立つように表示されました。また、カトリックの準軍組織がディエムの統治を通じて仏塔を破壊したという報告もありました。Diệmは仏教徒の過半数に譲歩したり、死の責任を取ることを拒否した。1963年8月21日、ディエムの弟ゴ・ディン・ヌーに忠実なレ・クアン・トゥン大佐のARVN特殊部隊がベトナム全土の塔を襲撃し、広範囲にわたる被害と破壊を引き起こし、数百人に及ぶと推定される死者を出しました。

ARVN軍がベトコンを占領

米国当局は、1963年半ばにレジームチェンジの可能性について話し合い始めました。米国国務省はクーデターを奨励したかったのに対し、国防総省はディエムを支持しました。提案された変更の主なものは、秘密警察と特殊部隊を支配し、仏教の弾圧の背後にいる男、より一般的にはンゴ家の支配の建築家と見なされていたディエムの弟ヌーの解任でした。この提案は、電報243号でサイゴンの米国大使館に伝えられました

1963年11月2日にクーデターで射殺された後のゴ・ディン・ジエム

CIAはDiệmを削除することを計画している将軍に連絡し、米国はそのような動きに反対したり、援助を断ち切ることによって将軍を罰したりしないと彼らに言いました。1963年11月2日、ディエム大統領は弟とともに倒され、処刑されました。ケネディに通知されたとき、マクスウェルテイラーは、「ショックと落胆の表情で部屋から急いで出た」ことを思い出しました。[88] :326 ケネディはディエムの殺害を予期していなかった。南ベトナム駐在の米国大使ヘンリー・カボット・ロッジは、クーデターの指導者たちを大使館に招待し、祝福しました。アンバサダーロッジはケネディに「現在の見通しはより短い戦争である」と伝えた。[88] :327 ケネディはロッジに「素晴らしい仕事」を祝福する手紙を書いた。[119]

クーデターの後、混乱が続いた。ハノイはこの状況を利用し、ゲリラへの支援を増やしました。南ベトナムは、ある軍事政権が次々と別の軍事政権を倒したため、極度の政情不安の時期に入った。ますます、それぞれの新しい体制は共産主義者によってアメリカ人の操り人形として見られました。ディエムの失敗が何であれ、ナショナリストとしての彼の資格(ロバート・マクナマラが後に反映したように)は申し分のないものでした。[78] :328 

川を渡るベトコン戦闘機

米軍顧問は南ベトナム軍のあらゆるレベルに組み込まれていました。しかし、彼らは反乱の政治的性質を無視したことで批判された。[120]ケネディ政権は、米国の努力を鎮静化に再び集中させようとした-この場合、反乱の脅威の高まりに対抗することとして定義された-[121] [122]そして人口の「心と思いを勝ち取る」 。しかし、ワシントンの軍事指導部は、従来の軍隊訓練以外の米国の顧問の役割に対して敵対的でした。[123]南ベトナムの米軍司令官であるポール・ハーキンス将軍は、1963年のクリスマスまでに勝利を自信を持って予測した。[80]:103  CIAは楽観的ではありませんでしたが、「ベトコンは概して田舎の多くの事実上の支配を維持し、努力の全体的な強度を着実に高めてきた」と警告しました。[124]

CIAの特別活動部門の準軍組織の将校は、ラオスとベトナムのモン族を訓練し、指導しました。先住民軍は数万人にのぼり、準軍組織の将校が率いる直接行動任務を、共産党のパテト・ラオ軍とその北ベトナムの支持者に対して行った。[125] CIAはまた、フェニックス作戦を実行し、元々は特殊作戦グループと名付けられていたが、カバー目的で変更されたベトナム軍事援助司令部(MAC-V SOG)に参加した。[126]

ジョンソンのエスカレーション、1963年から1969年

ケネディ大統領は1963年11月22日に暗殺されました。リンドンB.ジョンソン副大統領は、ベトナムに対する政策に深く関与していませんでした。[127] [A 7]しかし、ジョンソンは大統領になるとすぐに戦争に集中した。1963年11月24日、彼は「共産主義との戦いは...力と決意を持って...参加しなければならない」と述べた。ジョンソンは南ベトナムで急速に悪化している状況を受け継いでいることを知っていたが[ 130]、南を守るために広く受け入れられているドミノ理論の議論に固執した。[131]北ベトナムの政策は東南アジアの他の非共産主義政府を倒すことではなかったと主張する人もいます。[78] :48 

南ベトナムの強力な指導者の代わりに会合する軍事革命評議会は、12人のメンバーで構成されていた。この評議会は、地上のジャーナリストであるスタンリー・カーノウが後に「無気力のモデル」として想起したズオン・バン・ミン将軍によって率いられました。[88] :340 ロッジは、年末までにイライラし、ミンについて家にケーブルで接続しました:「彼は物事を乗り越えるのに十分強いでしょうか?」ミンの政権は1964年1月にグエン・カーン将軍によって打倒された[88] :341 軍隊にも持続的な不安定性があったが、短期間にいくつかのクーデター(すべてが成功したわけではない)が発生した。

トンキン湾事件

1964年8月2日、USS マドックスは、北ベトナムの海岸沿いの諜報活動で、トンキン湾でストーカーをしていた数隻の魚雷艇に発砲し、損傷を与えたとされています。[68] :124  2日後、同じ地域のUSS ターナージョイマドックスに対する2回目の攻撃が報告された。攻撃の状況は不透明でした。[32] :218–9 リンドン・ジョンソンはジョージ・ボール国務次官に「そこにいる船員たちはトビウオを撃っていたのかもしれない」とコメントした。[132]

2005年に機密解除された日付のないNSAの出版物は、8月4日に攻撃がなかったことを明らかにしました。[133]

プレイクの米軍基地への攻撃と米国の対応に関するユニバーサルニュースリールの映画、1965年2月

2回目の「攻撃」は報復空爆につながり、 1964年8月7日に議会にトンキン湾決議を承認するよう促した。 [134] :78 決議は大統領に「軍に対する武力攻撃を撃退するために必要なすべての措置を講じる」権限を与えた。ジョンソンは、戦争を拡大する権限を彼に与えるものとして、これに依存するだろう。[32] :221 同じ月に、ジョンソンは「アメリカ人の少年たちに、自分たちの土地を守るためにアジアの少年たちが戦うべきだと思う戦争を戦わせる」ことはないと誓った。[32] :227 

国家安全保障会議、北ベトナムの爆撃の3段階のエスカレーションを推奨しました。1965年2月7日にプレイクの米軍基地が攻撃された後、ソビエト首相のアレクセイ・コスイギンベトナムを公式訪問している間に、一連の空爆が開始された[135] 。ローリングサンダー作戦とアークライト作戦は、空爆と地上支援作戦を拡大しました。[136]最終的に3年間続いた爆撃キャンペーンは、北ベトナムの防空と産業インフラを破壊すると脅迫することにより、北ベトナムにベトコンへの支援をやめさせることを目的としていた。さらに、南ベトナム人の士気を高めることを目的としていました。[137] 1965年3月から1968年11月の間に、ローリングサンダーは100万トンのミサイル、ロケット、爆弾で北を襲った。[88] :468 

ラオスの爆撃

ホーチミンは、11機の敵機を撃墜したとされるグエンバンコクにメダルを授与します。

爆撃はベトナム北部に限定されていませんでした。オペレーションバレルロールなどの他の空中キャンペーンは、ベトコンとPAVNインフラストラクチャのさまざまな部分を対象としました。これらには、ラオスとカンボジアを通るホーチミンルート供給ルートが含まれていました。一見中立的なラオスは内戦の舞台となり、米国に後押しされたラオス政府をパテト・ラオとその北ベトナムの同盟国に対抗させた。

パテト・ラオとPAVN軍に対する大規模な空爆は、王立中央政府の崩壊を防ぎ、ホーチミン・トレイルの使用を拒否するために米国によって実施されました。1964年から1973年の間に、米国はラオスに200万トンの爆弾を投下しました。これは、第二次世界大戦中に米国がヨーロッパとアジアに投下した爆弾210万トンにほぼ匹敵し、ラオスはその人口の大きさ。[138]

北ベトナムとベトコンを阻止するという目的は決して達成されなかった。しかし、米国空軍参謀総長の カーチス・ルメイは、ベトナムでの飽和爆撃を長い間提唱しており、共産党員について「石器時代に爆撃する」と書いていた。[32] :328 

1964年の攻撃

ARVN軍と米国顧問がダウンしたヘリコプターを検査、ドンソアイの戦い、 1965年6月

トンキン湾決議に続いて、ハノイは米軍の到着を予想し、ベトコンを拡大し始め、さらに多くの北ベトナム人員を南に派遣した。この段階で、彼らはベトコン軍に装備し、AK-47ライフルやその他の補給品で装備を標準化し、第9師団を編成していました。[32] :223  [139]「1959年の初めの約5,000の強さから、1964年の終わりにベトコンのランクは約100,000に成長しました... 1961年から1964年の間に、陸軍の強さは約85万からほぼ百万人の男性。」[120]同じ時期にベトナムに配備された米軍の数ははるかに少なく、1961年には2,000人でしたが、1964年には16,500人に急増しまし通常のユニットを維持します。グループ559は、米国の軍用機によるほぼ絶え間ない砲撃に照らして、ホーチミンルートを拡張する任務を負いました。戦争は、ハノイの3段階の長引く戦争モデルの最終的な通常戦争段階に移行し始めていたベトコンは現在、ARVNを破壊し、エリアを占領して保持する任務を負っていた。しかし、ベトコンはまだ主要な町や都市を攻撃するほど強力ではありませんでした。

1964年12月、ARVN軍は、双方が分水嶺と見なした戦いで、ビンジャンの戦い[ 141]で大きな損失を被りました。以前は、VCはひき逃げゲリラ戦術を利用していました。しかし、ビンジアでは、彼らは通常の戦闘で強力なARVN部隊を打ち負かし、4日間フィールドに留まりました。[142] :58 言うまでもなく、南ベトナム軍は1965年6月のドンソアイの戦いで再び敗北した。[142] :94 

アメリカの地上戦争

第1大隊の海兵隊員である第3海兵隊員は、1965年にダナン空軍基地の西15マイル(24 km)にある大隊が行った捜索とクリア作戦中に、疑わしいベトコンを移動させます。

1965年3月8日、3,500人の米海兵隊が南ベトナムのダナン近くに上陸しました。[32] :246–7 これはアメリカの地上戦争の始まりを示した。米国の世論は、展開を圧倒的に支持しました。[143]海兵隊の最初の任務は、ダナン空軍基地の防衛でした1965年3月の3,500の最初の展開は、12月までにほぼ200,000に増加しました。[78] :349–51 米軍は長い間攻撃的な戦争で教育を受けていた。政治政策に関係なく、米国の司令官は制度的および心理的に防御任務に適していない。[78] :349–51 

ウィリアム・ウェストモーランド将軍は、米太平洋軍の司令官である米海軍大将のグラント・シャープ・ジュニアに、状況は重大であると通知した。[78] :349–51 彼は、「エネルギー、機動性、火力を備えた米軍がNLF(ベトコン)との戦いに成功できると確信している」と述べた。[144]この勧告により、ウェストモアランドはアメリカの防御姿勢からの積極的な離脱と南ベトナム人の傍観を提唱していた。ARVNユニットを無視することにより、米国のコミットメントは無制限になりました。[78] :353  Westmorelandは、戦争に勝つための3つのポイントの計画を概説しました。

  • フェーズ1。1965年の終わりまでに敗北傾向を止めるために必要な米国(および他の自由な世界)の力のコミットメント。
  • フェーズ2。米軍と連合軍は、ゲリラと組織化された敵軍を破壊するイニシアチブをとらえるために大規模な攻撃行動を開始します。このフェーズは、敵がすり減り、防御に投げ込まれ、主要な人口密集地域から追い出されたときに終了します。
  • フェーズ3。敵が存続する場合、遠隔基地エリアに残っている敵軍の最終的な破壊には、フェーズ2から12〜18か月の期間が必要になります。[145]
米軍の拘留下でベトコンであると疑われる農民、1966年

計画はジョンソンによって承認され、南ベトナム政府がゲリラを打ち負かす責任があるという前政権​​の主張からの大きな逸脱を示した。ウェストモアランドは1967年末までに勝利を予測した。[146]しかしながら、ジョンソンはこの戦略の変更をメディアに伝えなかった。代わりに、彼は継続性を強調しました。[147]米国の政策の変更は、離職士気の争いで北ベトナムとベトコンを一致させることに依存していた敵はエスカレーションのサイクルでロックされました[78] :353–4 南ベトナム政府が自らの業務を管理できるという考えは棚上げされた。[78] :353–4 WestmorelandとMcNamaraはさらに、勝利を測定するためのボディカウントシステムを宣伝しました。これは後で欠陥があることが判明する指標です。[148]

アメリカの蓄積は南ベトナム経済を変革し、社会に大きな影響を及ぼしました。南ベトナムは製造品で溢れていました。スタンリー・カーノウは、「チョロンのサイゴン郊外にあるメインのPX [Post Exchange]は、ニューヨークのブルーミングデールズよりもわずかに小さかった...」[88] :453 と述べています。

ベトナムの民間人を意味する「VNC女性」と書かれたタグが彼女の腕に付けられた、ナパーム弾によって燃やされた重く包帯を巻かれた女性

ワシントンは、そのSEATO同盟国に軍隊に貢献することを奨励した。オーストラリア、ニュージーランド、タイ、フィリピン[88] :556 人全員が軍隊を派遣することに同意した。韓国は後に経済的補償の見返りにメニーフラッグスプログラムへの参加を要請するでしょう。しかし、主要な同盟国、特にNATO諸国のカナダとイギリスは、ワシントンの軍隊の要請を拒否した。[149]

米国とその同盟国は、通常は戦争ヘリコプターを使用して、敵軍を見つけ、破壊し、撤退するように設計された複雑な捜索および破壊作戦を開始しました。1965年11月、米国はPAVNとの最初の大規模な戦闘であるイアドランの戦いに従事しまし[150]この作戦は、米国による最初の大規模なヘリコプター空襲であり、戦術支援の役割でボーイングB-52ストラトフォートレス戦略爆撃機を最初に採用した。[32] :284–5 これらの戦術は、1966年から1967年にかけて、マッシャーセイヤーアトルボロシーダーフォールズジャンクションシティしかし、PAVN / VCの反乱軍はとらえどころのないままであり、優れた戦術的柔軟性を示した。1967年までに、戦争は南ベトナムで約210万人の大規模な国内難民を生み出し、マッシャー作戦だけで125,000人が避難し、家を失いました。これは、それまでの戦争で最大の捜索と破壊作戦でした。[151]しかしながら、PAVN / VCが作戦終了後わずか4ヶ月で州に戻ったため、マッシャー作戦は無視できるほどの影響しか及ぼさなかった。[152] :153–6 ベトコンとPAVNが通常回避するであろう主要な作戦の継続的なコンダクタンスにもかかわらず、戦争はより小さな部隊の接触または交戦によって特徴づけられた。[153]戦争が終わるまで、ベトコンとPAVNは大規模な消防の90%を開始し、そのうち80%は明確で計画的な作戦であり、したがってPAVN /ベトコンは圧倒的な米軍と火力にもかかわらず戦略的イニシアチブを維持しました。展開。[153] PAVN /ベトコンはさらに、米軍の教義と戦術に対抗できる戦略を開発した(NLFとPAVNの戦闘戦術を参照)。

一方、南ベトナムの政治情勢は、1965年半ばに軍事政権の長であったグエン・カオ・キ首相とグエン・バン・チュー将軍の元首が政権を握ることで安定し始めた。これにより、年に1回以上発生した一連のクーデターが終了しました。1967年、不正な選挙の後、ThieuはKyを副大統領として大統領になりました。彼らは名目上は文民政府でしたが、Kyは舞台裏の軍事組織を通じて真の権力を維持することになっていました。しかし、Thieuは、彼の派閥からの将軍でランクを埋めることによって、Kyを打ち負かし、傍観しました。Thieuはまた、不自然な軍事事故によってKyの支持者を殺害したとして非難された。不信感と優柔不断なティウは、1975年まで大統領に留まり、1971年の1人の候補者の選挙[88] :706 

米国の「トンネルラッツ」兵士がベトコントンネルに入る準備をしています。
ベトコンの兵士がSKSライフルを持った掩蔽壕に身をかがめる

ジョンソン政権は、メディアとの取引において「最小限の率直さの方針」[88] :18 を採用した。軍事情報担当官は、戦争の進展を描いた物語を強調することにより、メディア報道を管理しようとしました。時が経つにつれて、この政策は公式声明に対する国民の信頼を傷つけました。メディアによる戦争と国防総省の報道が分かれるにつれて、いわゆる信頼性のギャップが生じた。[88] :18 ジョンソンとウェストモアランドが勝利を公に宣言し、ウェストモアランドが「終わりが見えてきている」と述べているにもかかわらず、[154]ペンタゴンペーパーズの内部報告ベトコン軍が戦略的イニシアチブを維持し、彼らの損失を抑制したことを示す。静的な米国の位置に対するベトコンの攻撃はすべての交戦の30%を占め、VC / PAVNの待ち伏せと包囲は23%、ベトコン/ PAVN軍に対するアメリカの待ち伏せは9%、ベトコンの定置を攻撃するアメリカ軍は全体のわずか5%を占めましたエンゲージメント。[153]

エンゲージメントの種類、1967年国防総省調査[153]
戦闘物語における関与の種類 の割合

総エンゲージメント

ノート
ホットランディングゾーン。VC / PAVNは配備時に米軍を攻撃します 12.5% 計画されたVC / PAVN攻撃

すべてのエンゲージメントの66.2%です

米国の防御境界に対する計画されたVC / PAVN攻撃 30.4%
VC / PAVNは移動中の米国ユニットを待ち伏せまたは包囲します 23.3%
VC / PAVNの防御境界に対する計画外の米国の攻撃。

米国の司令官への仮想サプライズの関与

12.5% よく隠されている防御的な投稿

またはVC / PAVNアラートまたは予想

既知に対する計画された米国の攻撃

VC / PAVN防御境界

5.4% に対する計画された米国の攻撃

VC / PAVNは14.3%を表します

すべてのエンゲージメントのうち

米軍は移動するVC / PAVNユニットを待ち伏せします 8.9%
チャンスエンゲージメント、どちらの側も計画されていません 7.1%

テト攻勢

ARVN軍は、メコンデルタの要塞を攻撃します。
サイゴン周辺のテト攻勢に参加するために出発する前のベトコン-GiaDinh

1967年後半、PAVNは、アメリカ軍をクアンチ省のĐắkTô海兵隊ケサン戦闘基地の内陸部に誘い込みました。そこでは、米国はヒルファイトとして知られる一連の戦いを戦いました。これらの行動は、米軍を中央高地に引き寄せることを目的とした転換戦略の一部でした。[155]テト攻勢として知られる一般攻勢、一般蜂起、またはテト攻勢の準備が進行中であり、ヴァン・ティエン・ドゥンが「アメリカと人形の神経中枢への直接攻撃」を開始することを意図していた。 、ダナン、すべての都市、町、主要基地...」[156] Le Duanは、決定的な勝利を計画することによって、進行中の停滞の批評家をなだめようとした。[157] :90–4 彼は、これは町や都市内で一般的な蜂起を引き起こし、 [157] :148 、休戦期間中に休暇をとっていたARVNユニット間の大規模な亡命によって達成できると推論した[158]

テト攻勢は1968年1月30日に始まり、100を超える都市が85,000を超えるVC / PAVN軍によって攻撃されました。これには、主要な軍事施設、本部、およびサイゴンの米国大使館を含む政府の建物や事務所への攻撃が含まれます。[78] :363–5 米軍と南ベトナム軍は当初、都市への人員と武器の侵入が密かに行われたため、都市攻勢の規模、激しさ、慎重な計画にショックを受けた。[156]攻撃は、真珠湾規模の諜報活動の失敗を構成した。[88] :556  ほとんどの都市は数週間以内に再占領されましたが、旧帝国の首都であるHuếでは、PAVN /ベトコン軍が第1師団の本部を除いて都市と要塞のほとんどを占領し、26日間戦闘を続けました。[159] :495 その間、彼らは敵のスパイと見なした約2,800人の非武装のHuế民間人と外国人を処刑した。[160] [159] :495 のフエの戦いで、アメリカ軍は大規模な火力を使用し、都市の80%を廃墟にした。[68] :308–9 さらに北、クアンチ市、ARVN空挺師団、第1師団と米国第1騎兵師団の連隊は、都市を占領することを目的とした暴行を阻止し、克服することに成功しました。[161] [162] :104 サイゴンでは、ベトコン/ PAVN戦闘機が市内とその周辺の地域を占領し、3週間後に米軍とARVN軍がそれらを追い出す前に主要な施設とチョロン近郊を攻撃した。[32] :479 ある戦いの間に、ピーター・アーネットは、ベンチェの戦い(米国の攻撃によって瓦礫にされた)について「村を救うために村を破壊する必要が生じた」と言った歩兵司令官を報告した。[163] [164]

北ベトナムの正規軍
ARVN軍とベトコン主軍大隊の間の激しい戦闘に続く、チョロン地区のサイゴンの一部の遺跡

攻撃の最初の月の間に、1,100人のアメリカ人と他の連合軍、2,100人のARVNと14,000人の民間人が殺されました。[165]最初の攻撃の終わりまでに、2か月後、5,000近くのARVNと4,000以上の米軍が殺され、45,820人が負傷した。[165] 米国は、PAVNとベトコンの17,000人が殺され、15,000人が負傷したと主張した。[162] :104  [161] :82  1か月後、5月の攻撃として知られる2番目の攻撃が開始されました。あまり普及していませんが、ベトコンが依然として組織化された全国的な攻撃を実行できることを示しました。[32] :488–9  2か月後、3回目の攻撃が開始されました。フェーズIII攻撃的3つの攻撃すべてにわたる彼らの損失のPAVN自身の公式記録は、45,267人が死亡し、111,179人が死傷者でした。[166] [167]それまでに、それはその時点までの戦争の最も血なまぐさい年になっていた。一般的な蜂起の火付け役の失敗とARVN部隊間の離反の欠如は、ハノイの両方の戦争目標が莫大な費用で横ばいになったことを意味した。[157] :148–9 

テットの前、1967年11月、ウェストモアランドはジョンソン政権が公的支援の旗印を強化するための広報活動を主導していた。[168]ナショナル・プレス・クラブの前の演説で、彼は戦争のポイントが「終わりが見えてくるところ」に達したと言った。[169]したがって、ウェストモアランドの予測がテト攻勢によって打ち負かされたとき、大衆はショックを受けて混乱した。[168]彼の全体的な業績に対する公の承認は、48パーセントから36パーセントに低下し、戦争努力に対する支持は40パーセントから26パーセントに低下した。」[88] :546 3つの攻撃がジョンソン政権と軍による進歩の主張と矛盾したので、アメリカの大衆とメディアはジョンソンに反対し始めました。[168]

1968年のある時点で、ウェストモアランドは、ホワイトハウスに知られるようになったときに放棄された、コードネームFractureJawの緊急時対応計画でベトナムでの核兵器の使用を検討しました。[170]ウェストモアランドは、メディアにリークされた20万人の追加部隊を要求し、その後の放射性降下物と諜報活動の失敗により、1968年3月に彼は指揮から外され、副クレイトンエイブラムスに引き継がれた。[171]

ソビエト首相のアレクセイ・コスイギンとリンドン・B・ジョンソン米国大統領グラスボロ首脳会談で和平合意の可能性について話し合った

1968年5月10日、パリで米国と北ベトナムの間で和平交渉が始まった。ジョンソンが北ベトナムの爆撃を停止するよう命令するまで、交渉は5ヶ月間停滞した。同時に、ハノイは「完全勝利」を達成できないことに気づき、「戦いながら話す、話しながら戦う」という、交渉と同時に軍事攻撃を行うという戦略を採用した。[172]

ジョンソン氏の支持率が48%から36%に下落したため、ジョンソン氏は再選に立候補することを拒否した。[32] :486 ベトナム戦争の彼のエスカレーションは、アメリカ人を戦争キャンプに分割し、その時点までに3万人のアメリカ人の命を奪い、彼の大統領職を破壊したと見なされた。[32] :486 ベトナムへの米軍の派遣を拒否したことも、ジョンソンが戦争に敗れたことを認めたと見なされていた。[173]国防長官ロバート・マクナマラが述べたように、「したがって、米国による勝利の危険な幻想は死んだ」。[78] :367 

ベトナムは、1968年の米国大統領選挙における主要な政治問題でした。選挙は、戦争を終わらせるための秘密の計画を持っていると主張した共和党候補のリチャード・ニクソンによって勝ち取られました。[32] :515  [174]

ベトナミゼーション、1969〜 1972年

核の脅威と外交

米国大統領リチャード・ニクソンは1969年に軍の撤退を開始しました。南ベトナムの防衛を引き継ぐことができるようにARVNを構築する彼の計画は、「ベトナム化」として知られるようになりました。PAVN / VCが1968年の損失から回復し、一般的に接触を回避したため、クレイトンエイブラムスは、火力のより良い使用とARVNとのより多くの協力により、兵站を混乱させることを目的とした作戦を実施しました。[32] :517  1969年10月27日、ニクソンは核兵器を搭載した18機のB-52の戦隊に、狂人の理論に従ってソビエト連邦を説得するためにソビエト空域の境界に向かって競争するよう命じた。ベトナム戦争を終わらせるために何か。[175] [176]ニクソンも求めていたソビエト連邦とのデタントと中国との和解は、世界的な緊張を緩和し、両方の超大国による核兵器の削減につながった。しかし、ソビエトは北ベトナム人に援助を提供し続けました。[177] [178]

ハノイの戦争戦略

ベトコンと北ベトナムのベトナム共和国側への亡命を促すプロパガンダリーフレット

1969年9月、ホーチミンは79歳で亡くなりました。[179]人気のある蜂起を引き起こしたテットの失敗は、ハノイの戦争戦略の変化を引き起こし、Giáp - Chinh "Northern-First"派閥は、LêDuẩn- HoàngVănThái "Southern-First"派閥から軍事の支配権を取り戻した。 [180] :272–4 征服による従来の勝利に基づいて構築された戦略を支持して、型破りな勝利は無視されました。[157] :196–205 大規模な攻撃は、小隊と工兵の攻撃を支持し、鎮静化とベトナム化戦略を標的にするためにロールバックまし[180]テトに続く2年間で、PAVNは、軽歩兵の制限された機動性の高い部隊から、機動性が高く機械化された複合兵力への転換を開始した。[180] :189 

米国の国内論争

アメリカでは反戦運動が勢いを増していた。ニクソンは、戦争を公に見せることなく戦争を支持したと彼が言ったアメリカ人の「サイレントマジョリティ」に訴えた。しかし、1968年のソンミ村虐殺事件[32] :518–21 では、米陸軍部隊が民間人をレイプして殺害し、1969年の「グリーンベレー事件」では、第5特殊部隊グループ司令官を含む8人の特殊部隊兵士が疑わしい二重エージェントの殺害[181]で逮捕され、 [182]国内および国際的な怒りを引き起こした。

1971年、ペンタゴンペーパーズはニューヨークタイムズにリークされました国防総省から委託されたベトナムへの米国の関与の極秘の歴史は、米国政府の側の長い一連の公の欺瞞を詳述しました。最高裁判所は、その公表は合法であるとの判決を下しました。[183]

米国の士気の崩壊

テト攻勢と戦争に対する米国国民の支持の減少に続いて、米軍は士気の崩壊、幻滅、不従順の期間を開始しました。[184] :349–50  [185] :166–75 自宅では、脱走率は1966年のレベルから4倍になりました。[186]入隊者の中で、1969年から1970年に歩兵の戦闘位置を選んだのはわずか2.5%でした。[186] ROTCの登録数は1966年の191,749人から1971年までに72,459人に減少し[187]、1974年には史上最低の33,220人に達し[188] 、米軍から切望されていた軍事的リーダーシップを奪った。

この時期にパトロールや命令の実行を公然と拒否し、不服従が発生し始め、全社が操作の実行や命令を拒否したという顕著な事例がありました。[189]ユニットの結束は解消し始め、ベトコンとPAVNとの接触を最小限に抑えることに焦点を合わせた。[185]「サンドバギング」として知られる慣行が発生し始め、パトロールを命じられた部隊は田舎に入り、上司から見えない場所を見つけ、誤った座標と部隊の報告で無線をしながら休憩した。[152] :407–11 米軍の30%が定期的にマリファナを使用していたため、この期間中に米軍の間で薬物使用が急速に増加した[152] :407 一方、下院小委員会は、ベトナムの米軍の10〜15%が定期的に高品質のヘロインを使用していることを発見しました。[186] [32] :526  1969年以降、捜索と破壊の作戦は「捜索と回避」または「捜索と回避」作戦と呼ばれるようになり、ゲリラ戦闘機を避けながら戦闘報告を改ざんした。[190]合計900件のフラギングおよびフラギングの疑いのある事件が調査され、そのほとんどは1969年から1971年の間に発生した。[191] :331  [152] :407  1969年、米軍の野外活動は士気の低下、意欲、そして貧弱なリーダーシップ。[191] :331 米国の士気の大幅な低下は、1971年3月のFSBメアリーアンの戦いでは、サッパー攻撃が米国の守備隊に深刻な損失をもたらしました。[191] :357 ウィリアム・ウェストモーランドは、もはや指揮を執っていないが、失敗の調査を任されており、その原因として、職務怠慢、怠惰な防御姿勢、および責任者の不足を挙げた。[191] :357 

米国の士気の崩壊について、歴史家のシェルビー・スタントンは次のように書いています。

陸軍の撤退の最後の数年間、残りの部隊は静的な安全に追いやられました。アメリカ軍の衰退は、この最終段階ですぐに明らかになりました。人種的事件、薬物乱用、戦闘不服従、犯罪は、怠惰、恨み、欲求不満の高まりを反映しています...誤ったキャンペーン戦略の致命的なハンディキャップ、不完全な戦時準備、そしてベトナム化への遅々とした表面的な試み。アメリカ軍全体がベトナムの戦場で犠牲になりました。[191] :366–8 

ARVNが主導権を握り、米国の地上部隊が撤退

ARVNと米国の特殊部隊、1968年9月

1970年以降、アメリカ軍は戦闘の大部分が行われた国境地域から撤退し、代わりに海岸と内陸に沿って再配置されました。1970年の米国の死傷者は、あまり活発でない戦闘に追いやられた後、1969年の死傷者の半分未満でした。[192]軍が再配置されている間、 ARVNは全国で戦闘作戦を引き継ぎ、1969年には米国の死傷者が2倍、1970年には米国の死傷者が3倍以上になった。ベトナム地域軍人気軍の民兵は成長し、アメリカ人がウェストモアランドの下で達成しなかった村の安全を提供する能力が向上しました。[193]

1970年、ニクソンは追加の150,000人のアメリカ軍の撤退を発表し、アメリカ人の数を265,500人に減らしました。[192] 1970年までに、部隊の70%近くが北部人であったため、ベトコン軍はもはや南部の大多数ではなくなった。[194] 1969年から1971年の間に、ベトコンと一部のPAVN部隊は、全国的な大攻勢ではなく、1967年以前の典型的な小部隊戦術に戻った。[157] 1971年、オーストラリアとニュージーランドは兵士を撤退させ、米軍の数はさらに196,700人に減り、1972年2月までにさらに45,000人の部隊を解任する期限が設けられた。米国も支援部隊を減らし、1971年3月に第5スペシャルフォースグループ、南ベトナムに配備された最初のアメリカ軍ユニットは、ノースカロライナ州フォートブラッグに撤退した[195] :240  [A 8]

カンボジア

カンボジア国境近くのアメリカの前哨基地への攻撃中に捕らえられたとされるベトコンが尋問される。

ノロドムシハヌーク王子は1955年以来カンボジアを中立と宣言していたが[198]、PAVN /ベトコンがシアヌークビルの港とシアヌークトレイルを使用することを許可1969年3月、ニクソンはカンボジアとベトナムの国境に沿った共産主義の聖域に対して、作戦メニューと呼ばれる大規模な秘密爆撃キャンペーンを開始しました。作戦メニューについて知らされたのは、5人の高官だけでした。[A 9]

1970年3月、シハヌーク王子は、北ベトナム軍がカンボジアを離れるか、軍事行動に直面することを要求した彼の親米首相ロン・ノルによって解任されました。[199] ロン・ノルはカンボジアのベトナム人民間人を強制収容所に集めて虐殺し始め、北ベトナム政府と南ベトナム政府の両方から厳しい反応を引き起こした。[200]副指導者ヌオン・チアとの交渉の後、クメール・ルージュの要請で北ベトナムがカンボジアに侵攻した1970年4月から5月にかけて、ヌオンチアがベトナムに宛てた支援要請に応えて、多くの北ベトナム軍がカンボジアに侵入した。グエン・コ・タハは次のように回想しています。「ヌオン・チアが助けを求め、10日間でカンボジアの5つの州を解放しました。」[201]米軍とARVN軍は、PAVNとベトコンの基地を攻撃するためのカンボジア作戦を開始した。その年の後半、PAVNによる真臘II作戦の一環としての反撃は、国境地域のほとんどを奪還し、ロン・ノルの軍隊のほとんどを破壊するでしょう。

ニクソンがアメリカの関与を弱めることを約束したので、カンボジアの侵略は全国的なアメリカの抗議を引き起こした。1970年5月、オハイオ州のケント州立大学での抗議行動中に4人の学生が州兵に殺害され、米国でさらなる国民の怒りを引き起こした。ニクソン政権による事件への反応は、冷淡で無関心であると見られ、衰退する反戦運動を再活性化させた。[185] :128–9 米空軍は、フリーダム・ディール作戦の一環として、カンボジア政府を支援するためにカンボジアを激しく爆撃し続けた。

ラオス

カンボジアでのARVNユニットの成功を基に、ベトナム化プログラムをさらにテストしたARVNは、 1971年2月にラムソン719作戦を開始する任務を負いました。これは、ホーチミンルートを直接攻撃することを目的とした最初の主要な地上作戦です。チェポンの交差点この攻撃はまた、PAVNがその組み合わされた軍隊をフィールドテストするのは初めてだろう。[157]最初の数日は成功と見なされたが、激しい抵抗の後、勢いは鈍化した。Thiệuは一般的な前進を止め、装甲部隊がそれらを取り囲むことができるようにした。[202]ティウは空襲を命じた4倍の数に直面しているにもかかわらず、Tcheponeを捕獲して撤退する軍隊。撤退中、PAVNの反撃はパニックに陥った敗走を余儀なくされた。関与したARVN軍の半分は捕らえられたか殺され、ARVN / US支援ヘリコプターの半分は対空砲火によって撃墜され、作戦は大失敗と見なされ、ARVN内にまだ作戦上の欠陥が存在することを示した。[88] :644–5  NixonとThieuは、このイベントを使用して、Tcheponeをキャプチャするだけで勝利を披露しようとしており、「運用上の成功」としてスピンオフされました。[202] [32] :576–82 

イースター攻勢とパリ協定、1972年

ベトナム化は、1972年のイースター攻勢によって再びテストされました。これは、南ベトナムへの大規模な従来型のPAVN侵攻です。PAVNはすぐに北部の州を制圧し、カンボジアから攻撃された他の部隊と協力して、国を半分に削減すると脅迫した。アメリカ軍の撤退は続いたが、アメリカ空軍が対応し、ラインバッカー作戦を開始し、攻撃は中止された。[32] :606–37 

ハノイ近郊で撃墜されたB-52の残骸を検査するソビエト顧問

ニクソンの反対者であるジョージ・マクガヴァンが即時撤退のキャンペーンを行ったため、戦争は1972年の米国大統領選挙の中心でした。ニクソンの国家安全保障補佐官であるヘンリー・キッシンジャーは、北ベトナムのレ・ドゥク・トフと秘密交渉を続け、1972年10月に合意に達した。ティウ大統領はその発見に応じて和平協定の変更を要求し、北ベトナムが協定の詳細を公表したとき、ニクソン政権は大統領を困惑させようとしていると主張した。ハノイが新たな変更を要求したとき、交渉は行き詰まりました。南ベトナムへの支持を示し、ハノイを交渉の席に戻すために、ニクソンはラインバッカーII作戦を命じた。、1972年12月18〜29日のハノイとハイフォンへの大規模な爆撃。 

1973年1月15日、すべての米国の戦闘活動は中断されました。レ・ドゥク・トウとヘンリー・キッシンジャーは、中国のグエン・チ・ビン外相と消極的なティウ大統領とともに、1973年1月27日にパリ協定に署名した。 [152] :508–13 これにより、ベトナム戦争への米国の直接関与が公式に終了し、北ベトナム/ PRGと南ベトナムの間に停戦が生じ、1954年のジュネーブ会議の下でベトナムの領土の完全性が保証され、PRGと南ベトナムの間の選挙または政治的解決が求められました。 20万人の共産軍が南部に留まるのを許可し、POW交換に同意した。米軍の完全撤退には60日間の期間がありました。「この記事」は、ピーター・チャーチが「完全に実行されたパリ協定の唯一のものであることが証明された」と述べた。[204]すべての米軍要員は1973年3月までに完全に撤退した。 [80] :260 

米国の離脱と最終キャンペーン、1973年から1975年

1月28日の停戦に向けて、双方は旗の戦争として知られるキャンペーンで彼らの支配下にある土地と人口を最大化しようとしました。停戦後も戦闘は続き、今回は米国の参加なしで、一年中続いた。[152] :508–13 北ベトナムは南部で軍隊を供給し続けることを許可されたが、消費された材料を交換する範囲でのみであった。その年の後半、キッシンジャーとトゥにノーベル平和賞が授与されたが、北ベトナムの交渉担当者は、真の平和はまだ存在していないとしてそれを拒否した。

1973年3月15日、ニクソンは、北朝鮮が完全な攻撃を開始した場合、米国が再び軍事的に介入することを示唆し、国防長官のジェームズシュレジンジャーは、1973年6月の確認聴聞会でこの立場を再確認しました。ニクソンの声明に対する公的および議会の反応は不利であり、米国上院はいかなる介入も禁止するために事件教会改正案を可決するよう促された。[88] :670–2 

1973年に北ベトナムの捕虜収容所から最近解放されたアメリカ人捕虜

PAVN / VCの指導者たちは停戦条件が彼らの側に有利になると期待したが、停戦が発効する直前に受けた米国の援助の急増に支えられたサイゴンはベトコンを後退させ始めた。TrầnVănTràの回想録によると、PAVN / VCは、1973年3月にハノイで開催された一連の会議で打ち出された新しい戦略で対応しました[88] :672–4 米国の爆撃が中断されたため、ホーチミン・トレイルやその他の兵站構造物の作業は妨げられることなく進行する可能性があります。北が1975年から1976年の乾季に予測される南への大規模な侵略を開始する立場になるまで、兵站学はアップグレードされるでしょう。トラは、サイゴンの軍隊が完全に訓練される前に、この日付がハノイの最後の攻撃の機会になると計算しました。[88] :672–4 PAVN / VCは、1973年に乾季が始まったときに攻撃的な作戦を再開し、1974年1月までに、前の乾季に失った領土を奪還しました。

南ベトナムでは、1973年の石油危機に続く米軍の離脱と世界的な景気後退が、米国の財政支援と軍隊の存在に部分的に依存していた経済に打撃を与えました。55人のARVN兵士を死に至らしめた2回の衝突の後、Thieu大統領は、1974年1月4日に、戦争が再開され、パリ協定はもはや効力を持たないと発表した。停戦期間中に25,000人以上の南ベトナム人の死傷者がありました。[205] [32] :683  ジェラルド・フォードがニクソン大統領の辞任後、1974年8月9日に米国大統領に就任した。、そして議会は南ベトナムへの財政援助を年間10億ドルから7億ドルに削減しました。議会はまた、1975年まで段階的に導入され、1976年に完全なカットオフに達するための資金調達に対するさらなる制限に投票した。[32] :686 

NVA /ベトコン管理区域の民間人。旗の戦争中、民間人は適切な旗を提示する必要がありました

1973年から1974年の乾季の攻撃の成功により、Tràは1974年10月にハノイに戻り、次の乾季のより大きな攻撃を懇願しました。今回、Tràは定期的に給油を停止する運転可能な高速道路を走行することができました。これは、ホーチミン・トレイルが危険な山岳トレッキングであった時代とは大きく異なります。[88] :676 北ベトナム国防相のGiápは、より大きな攻撃が米国の反応を引き起こし、1976年に計画された大規模な推進を妨害する可能性があるため、Tràの計画を承認することを躊躇した。操作を承認しました。トラの計画は、カンボジアからフオクロン州への限定的な攻撃を要求しましたストライキは、地元の兵站問題を解決し、南ベトナム軍の反応を測定し、米国が戻るかどうかを決定するために設計されました。[32] :685–90 

1974年のバンメトートキャンペーンを記念して中部高原のモンタニヤール、NVA兵士、T-54戦車を描いた記念碑

1974年12月13日、北ベトナム軍がフオクロンを攻撃しました。州都であるPhuocBinhは、1975年1月6日に倒産しました。フォードは、南部が暴走する前に、南部を支援し、補給するための資金を議会に必死に求めました。[206]議会は拒否した。[206] Phuoc Binhの崩壊とアメリカの反応の欠如は、南ベトナムのエリートの士気をくじくままにした。

この成功の速さにより、政治局はその戦略を再評価しました。中部高原での作戦はヴァン・ティエン・ドゥン将軍に引き継がれ、可能であればプレイクを占領することを決定した。彼が南部に向けて出発する前に、DũngはLêDuẩnによって演説されました。[207]

1975年の初め、南ベトナムはPAVNの3倍の大砲と、2倍の戦車と装甲車を持っていました。彼らはまた、1,400機の航空機と、PAVN / VCに対する戦闘部隊の2対1の数値的優位性を持っていました。[要出典]しかし、石油価格の高騰は、これらの資産の多くを十分に活用できなかったことを意味しました。さらに、米国の撤退をカバーすることを目的としたベトナム化の急いでいる性質は、スペアパーツ、地上要員、および保守要員の不足をもたらし、ほとんどの機器を操作不能にしました。[184] :362–6 

キャンペーン275

1975年3月の色相の捕獲

1975年3月10日、Dung将軍は、戦車と重砲に支えられた、中央高地への限定的な攻撃であるキャンペーン275を開始しました。ターゲットはダクラク省のBuônMaThuộtでした。町を占領できれば、1976年に計画されたキャンペーンのために州都プレイクと海岸への道が露出するでしょう。ARVNは猛攻撃に抵抗できないことが判明し、その軍隊は3月11日に崩壊しました。もう一度、ハノイは彼らの成功の速さに驚いた。ダンは今、彼がプレイクをすぐに捕らえ、それから彼の注意をコントゥムに向けることを許可するように政治局に促し彼は、モンスーンが始まるまで2か月の好天が残っているので、状況を利用しないのは無責任であると主張した。[16]

元将軍のThiệu大統領は、攻撃している共産主義者によって彼の軍隊が北部で遮断されることを恐れていた。ティウは撤退を命じましたが、それはすぐに血まみれの敗走に変わりました。ARVN軍の大部分が逃げようとしたが、孤立した部隊は必死に戦った。ARVNのプー将軍はプレイクとコントゥムを放棄し、「涙の柱」として知られるようになった海岸に向かって後退した。[32] :693–4 

3月20日、ティウは自分自身を逆転させ、ベトナムで3番目に大きな都市であるフエにすべての犠牲を払って拘束するよう命じ、その後何度か政策を変更しました。PAVNが攻撃を開始すると、パニックが始まり、ARVNの抵抗力が衰えました。3月22日、PAVNはHuếの包囲を開始しました。民間人は、逃げ道を期待して空港と埠頭に氾濫しました。Huếの抵抗が崩壊したとき、PAVNロケットはダナンとその空港に降り注いだ。3月28日までに、35,000人のPAVN軍が郊外を攻撃する態勢を整えた。3月30日までに、PAVNがダナンを勝利で行進したため、10万人のリーダーレスARVN軍が降伏した。市の崩壊とともに、中央高地と北部の州の防衛は終わりました。[32] :699–700 

最後の北ベトナム攻勢

国の北半分が彼らの支配下にあるので、政治局はダン将軍にサイゴンに対する最後の攻撃を開始するように命じました。ホーチミンキャンペーンの作戦計画では、5月1日までにサイゴン陥落を占領することが求められていました。ハノイは、来るモンスーンを避け、首都を守るARVN軍の再配置を防ぐことを望んでいました。北軍は、最近の勝利によって士気が高まり、ニャチャンカムランダラットを奪いました。[32] :702–4 

4月7日、3つのPAVN師団が、サイゴンの東40マイル(64 km)にあるスアンロクを攻撃しました。血なまぐさい2週間、ARVNの擁護者が最後の抵抗を行い、PAVNの前進を阻止しようとしたため、激しい戦闘が激化した。しかし、4月21日、疲れ果てた駐屯軍はサイゴンに向かって撤退するよう命じられた。[32] :704–7 憤慨し、涙を流したティウ大統領は同日辞任し、米国が南ベトナムを裏切ったと宣言した。痛烈な攻撃で、彼はキッシンジャーが2年前にパリ協定に署名するように彼をだまし、実現しなかった軍事援助を約束したことを示唆した。4月21日にTrầnVănHươngに権力を移した後、彼は4月25日に台湾に向けて出発しました。[32] :714 南ベトナムへの緊急援助で7億2200万ドルを議会に上訴した後、フォード大統領は4月23日にテレビ演説を行い、ベトナム戦争とすべての米国援助の終了を宣言した。[208] [209]

4月末までに、ARVNはメコンデルタを除くすべての面で崩壊した。主な共産主義者の猛攻撃に先立って、何千人もの難民が南に流れました。4月27日、10万人のPAVN軍がサイゴンを取り囲んだ。街は約3万人のARVN軍によって守られていました。崩壊とパニックを助長するために、PAVNはタンソンニャット空港を砲撃し、その閉鎖を余儀なくされました。空気出口が閉まっていると、多くの民間人が逃げ道がないことに気づきました。[32] :716 

サイゴン陥落

サイゴンの大統領宮殿での勝利のPAVN軍

ヒステリックな南ベトナムの役人と民間人がサイゴンを離れるためにスクランブルをかけたとき、混乱、不安、そしてパニックが起こりました。戒厳令が宣言されました。アメリカのヘリコプターは、南ベトナム人、アメリカ人、外国人を市内のさまざまな場所やアメリカ大使館から避難させ始めました。フリークエント・ウィンド作戦は、グラハム・マーティン米国大使のせいで、可能な限り最後の瞬間まで延期されていました。サイゴンが開催され、政治的解決に達することができるというの信念。フリークエントウィンドは、歴史上最大のヘリコプター避難でした。ベトナム人のヒステリックな群衆が限られたスペースを求めて争ったので、それは絶望的な雰囲気の中で、4月29日に始まりました。PAVN戦車がサイゴン近郊の防御を破ったため、フリークエントウィンドは24時間続きました。4月30日の早朝、民間人が周囲を襲い、敷地内に注いだため、最後の米海兵隊がヘリコプターで大使館を避難させました。[32] :718–20 

1975年4月30日、PAVN軍はサイゴン市に入り、すべての抵抗をすばやく克服し、主要な建物と施設を占領しました。第2軍団の第203戦車旅団からの2両の戦車が統一会堂門を突破し、現地時間の午前11時30分にベトコンの旗がその上に掲げられました。[210] 2日前にフォンを引き継いだズオン・バン・ミン大統領は、第203戦車旅団の政治委員であるビ・バン・トン中佐に降伏した。[211] [212] [213] :95–96 ミンはその後、降伏宣言(桐によって自発的に書かれた)を発表するためにラジオサイゴンに護衛された。[214] :85 声明は午後2時30分に放送されました。[213]

米国の関与に対する反対、1964年から1973年

1967年の米国での反戦デモ

ベトナム戦争の過程で、アメリカの人口の大部分が東南アジアへのアメリカの関与に反対するようになりました。世論は1967年以降着実に戦争に反対し、1970年までにアメリカ人の3分の1だけが、アメリカがベトナムで戦うために軍隊を派遣することによって間違いを犯していないと信じていました。[215] [216]

ベトナムへの米国の関与に対する初期の反対は、1954年のジュネーブ会議からインスピレーションを得ました。選挙を拒否することでのDiệmのアメリカの支持は、アメリカが支持すると主張する民主主義を妨害すると見られました。ジョン・F・ケネディは上院議員でありながら、ベトナムへの関与に反対した。[140]それにもかかわらず、1960年代後半に反戦運動をピークに導いた特定のグループとその理由を特定することは可能である。多くの若者は徴兵されているために抗議しましたが、反戦運動がカウンターカルチャーの間でますます人気が高まったために反対した若者もいました。平和運動の一部の支持者は一方的な支持をしましたベトナムからの米軍の撤退。ベトナム戦争への反対は、米国の反共産主義と帝国主義に反対するグループを団結させる傾向があり[217] 、カトリック労働者運動などの新左翼に関与する人々のためにスティーブン・スピロのような他の人々は、正戦論に基づいて戦争に反対しましたノーマン・モリソンがティック・クアン・チャン焼身自殺を模倣するなど、ベトナムの人々との連帯を示したいと考える人もいました。

ベトナム戦争への注目を集める反対派は、米国の世論を変えるためにますます大衆抗議に目を向けた。暴動は、 1968年の民主党全国大会で、戦争に対する抗議の最中に勃発しました。[32] :514  1968年のソンミ村虐殺事件などのアメリカの軍事虐殺のニュース報道が反戦運動に新たな注目と支持をもたらした後、一部の退役軍人がベトナム反戦帰還兵に加わった。1969年10月15日、ベトナムのモラトリアムは何百万人ものアメリカ人を魅了しました。[218] 1970年のケント州立大学での4人の学生の致命的な銃撃は、全国的な大学の抗議につながった。[219]パリ協定の調印と1973年1月の草案の終了、そしてその後の数ヶ月でのベトナムからの米軍の撤退の 後、反戦抗議は衰退した。

他の国の関与

プロハノイ

2、000年の中国とベトナムの敵意と数百年の中国とロシアの相互疑惑は、彼らがベトナムで私たちに対して団結したときに中断されました。

中国

ベトミン 独立運動のホーチミンシュトラールズント港での東ドイツ船員とのベトミン、1957年

1950年、中華人民共和国はベトナム民主共和国に外交承認を拡大し、重火器と、ベトミンがフランスとの戦争を支援するために羅ギボが率いる軍事顧問を派遣しました。1954年のジュネーブ協定の最初の草案は、フランスのピエール・マンデスフランス首相と中国の周恩来首相によって交渉されました。[221] :54–5 

米国が介入し始めたときの中国の北ベトナムへの支援には、財政援助と支援の役割を担う数十万人の軍事要員の配備の両方が含まれていた。1962年の夏、毛沢東はハノイに90,000丁のライフルと銃を無料で供給することに合意しました。1965年以降、中国は対空部隊と工学大隊を北ベトナムに派遣し、アメリカの爆撃による損傷の修復、対空砲兵の人員による対空砲兵の修理、道路と鉄道の再建、物資の輸送、その他の工学的作業を行った。これにより、北ベトナム軍ユニットは南部での戦闘に解放されました。中国は32万人の軍隊と1億8000万ドル相当の年間武器輸送を送った。[221] :135 中国軍は、戦争でアメリカの航空損失の38%を引き起こしたと主張している。[15]中国は、ベトナム戦争中の北ベトナムとベトコンへの軍事的および経済的援助は合計200億ドル(2015年のインフレ調整後は約1430億ドル)であると主張した。[15]その援助には、1970年代までに北ベトナムの食糧供給の10〜15%を占める北ベトナムへの500万トンの食糧の寄付(1年間の北ベトナムの食糧生産に相当)が含まれていました。[15]

1968年8月にソビエトがチェコスロバキアに侵攻した後、中ソ関係は悪化した。10月、中国は北ベトナムにモスクワとの関係を断ち切るよう要求したが、ハノイは拒否した。[222]中国人は、 1969年3月 にジェンバオ島で起こったソビエトとの衝突に備えて1968年11月に撤退し始めた。

1967年、中国政府は「プロジェクト523」という名前の秘密の軍事プログラムを開始しました。これは、マラリアに苦しむPAVNを支援するためのマラリアの治療法を見つけることを目的としていました。その結果、中国の科学者TuYouyouと彼女の共同研究者はアルテミシニンを発見しました。トゥは、抗マラリア治療への貢献が認められ、2015年にノーベル賞を受賞しました。

中国人はまた、この時に北ベトナムへのカウンターウェイトとしてクメールルージュに資金を提供し始めました。中国は内戦中にクメールルージュを「武装して訓練」し、その後何年もの間彼らを支援し続けた。[223]クメール・ルージュは1975年から1978年にベトナムへの猛烈な襲撃を開始した。ベトナムがクメールルージュを倒した侵略で対応したとき、中国は1979年にベトナムへの短い懲罰的な侵略を開始しました

ソビエト連邦

レオニード・ブレジネフ(左)はベトナム戦争中のソビエト連邦の指導者でした。

南シナ海のソビエト船は、南ベトナムのPAVN / VC軍に重要な早期警告を発した。ソビエトの諜報艦は、沖縄グアムから飛んでいるアメリカのB-52爆撃機を拾うでしょう彼らの対気速度と方向は記録され、南ベトナム中央局に中継されます、北ベトナムの南本部。対気速度と方向を使用して、COSVNアナリストは爆撃目標を計算し、すべての資産に「攻撃軌道に垂直に」移動するように指示します。これらの事前の警告は彼らに爆撃機の邪魔にならないように移動する時間を与えました、そして爆撃の実行は甚大な被害を引き起こしましたが、1968年から1970年までの初期の警告のために彼らは本部の複合体の単一の軍または民間の指導者を殺しませんでした。[224]

ソビエト連邦北ベトナムに医薬品、武器、戦車、飛行機、ヘリコプター、大砲、対空ミサイルおよびその他の軍事装備を供給しました。ソビエトの乗組員は、1965年にタンホア上空で撃墜された米国のF-4ファントムでソビエト製の地対空ミサイルを発射しました。12人以上のソビエト兵士がこの紛争で命を落としました。1991年にソビエト連邦が解散した後、ロシア連邦当局は、ソビエト連邦が戦争中にベトナムに最大3,000人の軍隊を駐留させたことを認めた。[225]

1965年春にベトナムの対空訓練センターでソビエトの対空教官と北ベトナムの乗組員

一部のロシアの情報源は、より具体的な数値を示しています。1953年から1991年の間に、ソビエト連邦から寄贈されたハードウェアには、2,000基の戦車、1,700基のAPC、7,000基の砲、5,000基を超える対空砲、158基の地対空ミサイル発射装置、120基のヘリコプターが含まれていました。 戦争中、ソビエトは北ベトナムに4億5000万ドル相当の年間武器輸送を送った。[226] [32] :364–71  1965年7月から1974年の終わりまで、ベトナムでの戦闘は約6,500人の将校と将軍、および4,500人以上のソビエト軍の兵士と軍曹によって観察された。さらに、ソビエトの軍学校とアカデミーは、10,000人以上の軍人でベトナムの兵士の訓練を開始しました。[227]

KGBはまた、ボストーク(「オリエント」を意味し、ボストーク1にちなんで名付けられたPhươngĐôngとしても知られる)として知られる作戦を通じて、北ベトナムの信号インテリジェンス(SIGINT)機能の開発を支援しました[228]ボストーク計画は、防諜およびスパイ計画でした。これらのプログラムは、北ベトナムに派遣されたCIAと南ベトナムのコマンドーチームを検出して打ち負かす上で極めて重要でした。[228]ソビエトは公安省を支援した「B12、MM」として知られる秘密のプログラムの下で、米国の西側同盟国の高レベルの外交サークル内で外国人を募集します。このプログラムは、B-52ストライキの標的を含め、10年近くにわたって何千もの高レベルの文書を作成しました。[228] 1975年、SIGINTサービスは、サイゴンにある米国西部の同盟国からの情報を破壊し、米国が南ベトナムを崩壊から救うために介入しないと決定した。[228]

ベトナム人民空軍のパイロットは彼らの航空機、MiG-17のそばを歩きます。戦争中の北ベトナムベトナム人民空軍(VPAF)の開発は、戦争中、ワルシャワ条約機構諸国によって支援されました。1966年から1972年の間に、合計17機のフライングエースがVPAFによって米国の戦闘機に対してクレジットされました。[229]

チェコスロバキア

チェコスロバキア社会主義共和国ワルシャワ条約機構の加盟国であり、プラハの春の前後の両方で北ベトナムに多大な援助を送りました[230] :293 チェコスロバキア政府は、平和を促進し確立するだけでなく、ベトコン軍とPAVN軍の勝利を促進することを目的とした委員会を設立した。[230]チェコ製の装備と軍事援助は、プラハの春に続いて大幅に増加するだろう。[231]チェコスロバキアは、戦争中、何万ものチェコ製のライフルと迫撃砲および大砲を送り続けた。[231]一般に、チェコスロバキアはヨーロッパの左派運動と一致していた[230]。そして、プラハへのソビエトの介入とベトナムへの米国の介入に反対することを示す同時の抗議がありました。[232]

北ベトナムの空軍能力の開発に関するチェコスロバキアとの協力は、早くも1956年に始まった。 Ae-45AeroL-29DelfínとZlínZ26航空機は練習機として大幅に利用され、練習機としてソビエト製のYakovlevYak-3よりも優先されたと見なされていました。[233]

北朝鮮

1966年10月の朝鮮労働党の決定の結果、 1967年初頭、北朝鮮(正式には大韓民国として知られる)は、北朝鮮を支援するために朝鮮人民軍空軍戦闘部隊を北ベトナムに派遣した。ハノイを守る第921および第923戦闘飛行隊。北朝鮮人は1968年まで滞在し、200人のパイロットが仕えたと報告された。さらに、少なくとも2つの対空砲連隊も派遣されました。[234]

キューバ

フィデル・カストロの下でのキューバ共和国による北ベトナムへの貢献は、ベトナム民主共和国の代表者によって何度か認められてきました。[235]カストロは彼の談話の中で、バタロン・ギロン(ジロン大隊)が戦争中に軍事顧問を務めたキューバの派遣団を構成していると述べた。[236] [237]この大隊では、キューバ人は、後にPAVNの最初の女性少将となったベトコンの創設メンバーであるグエン・チ・ディンによって支援された。[238]

元米国捕虜によるキューバ革命軍の要員が戦争中に北ベトナムの刑務所施設に立ち会い、拷問活動に参加したという多くの主張があります。これの目撃者には、1999年の著書 『 Faith of My Fathers 』によると、2008年の米国大統領候補で元ベトナム人捕虜であるジョンマケイン上院議員が含まれます。[239]

その他の東側諸国

「無敵のベトナムというテキストでベトナム人の母と子を描いた東ドイツ連帯切手

ベトナム公安省BộCôngAn 、特にシュタージ「産業、近代、および( a)科学的な働き方」。[240]ベトナム公安省の公式ベトナム語史では、ソビエトおよび東ドイツの諜報機関がベトナムに提供する支援は、通常、社会主義ブロック内で最も重要であると評価されている。[240]東ドイツはまた、北ベトナムの戦闘員を識別するためにサイゴンによって作成され、複製するのが困難であった「グリーンドラゴン」IDカードを北ベトナムが複製するのを助けるためにかなりの量の援助を提供しました。[240]

東ドイツ当局はまた、北ベトナムの経済と軍隊の発展と近代化を支援するための物的および技術的援助の提供を開始しました。[240]さらに、東ドイツはまた、米国の戦争努力を激しく非難し、その反戦キャンペーンの結果として、重要な国際的および外交的地位を獲得した。[241]

ルーマニアはまた、戦争中、政治的、経済的、軍事的観点から北ベトナムの主要な支持者の一人でした。同時に、東側諸国は1960年代半ばの調停活動におけるその役割でも知られており、1967年1月に「トリン信号」として知られるようになり、ハノイはワシントンとの交渉の可能性を受け入れました。[242]

ブルガリアは1972年に署名された二国間協定で北ベトナムへの無料の軍事的および経済的供給を約束した。ブルガリアの軍事援助は1967年以来すでに後者に提供されてい。 1972年と1973年の北ベトナム。ハンガリーはまた、パリ平和協定の実施を監督するために設立された国際統制監督委員会の代表を通じて彼らの支持を表明した。[243]

プロサイゴン

南ベトナムは正式には米国、オーストラリア、ニュージーランド、フランス、英国、パキスタン、タイフィリピンとの軍事同盟の一部であったため、同盟は戦争中に発動されました。英国、フランス、パキスタンは参加を拒否し、韓国と台湾は非条約参加者でした。

韓国

反共産主義の側では、韓国(別名韓国、韓国)は米国に次ぐ南ベトナムで2番目に大きい外国軍の派遣団を持っていました。1961年11月、朴正煕大統領はジョン・F・ケネディに韓国の戦争参加を提案したが、ケネディは東南アジア条約機構の加盟国ではなかったため反対した。[244] 1964年5月1日、リンドン・ジョンソンは、金銭的補償の見返りとして、メニーフラッグスプログラムの下で韓国の参加を許可することに同意した。[244]最初の韓国軍は1964年に到着し始め、1年後に大規模な戦闘部隊が到着し始めた。韓国海兵隊は第2海兵隊を派遣し韓国陸軍は首都師団と後に第9歩兵師団を送った1966年8月、第9師団の到着後、韓国人はニャチャンのIフィールドフォースの近くに軍団コマンドである大韓民国軍ベトナムフィールドコマンドを設立しました[195]

国務省の報告によると、韓国軍は「攻撃的な作戦に着手することを躊躇しているようであり、人口密集地域の小さなセクターを守るためにのみ有用である」ため、紛争における韓国軍の有用性に公に疑問を呈した。[245]国務省の報告はさらに、韓国軍が米国の装備を転用する際に体系的で組織化された腐敗に関与し、実際の安全はしばしば有機火力と重砲を欠いたが緩衝として機能した南ベトナム地域軍によって提供されたと述べている韓国のユニットとPAVN / VCの間。[246]さらに、1970年に南ベトナムで研究を行っているRANDの著者は、韓国軍は「残虐行為を犯すという意図的で体系的な政策」を持っていたと主張した。[247]韓国軍の行動はしばしばベトコンを大胆にし、強化し、そうでなければ中立的な人口からの階級を追加し、反乱を全体的に打ち負かす努力を弱体化させた。[248]

約32万人の韓国兵がベトナムに派遣され[249]、それぞれが1年間の任務に従事した。最大部隊レベルは1968年に50,000でピークに達したが、1973年までにすべて撤退した。[250]戦争中に約5,099人の韓国人が殺され、10,962人が負傷した。韓国は41,000人のベトコンを殺害したと主張した。[249] [251]米国は、ベトナムでの努力に対して韓国の兵士に2億3600万ドルを支払い、[249]そして韓国のGNPは戦争中に5倍に増加した。[249]

タイ

PhuocThoにあるタイの女王のコブラ大隊

ロイヤルタイボランティア連隊(クイーンズコブラ)と後にロイヤルタイ陸軍遠征師団(ブラックパンサーズ)を含むタイ軍の編隊は、1965年から1971年の間に南ベトナムで行動を起こしました。タイ軍はラオスでの秘密戦争ではるかに多くの行動を見ました。 1964年と1972年、タイの定期的な編成は、ホーチミントレイルの西側で偵察活動を行ったCIAが後援する警察空中偵察ユニットまたはPARUの不規則な「ボランティア」によって非常に数が多かった。[16]

オーストラリアとニュージーランド

ベトナムのオーストラリア兵

オーストラリアとニュージーランドは、米国の緊密な同盟国であり、SEATOとANZUSの軍事協力条約のメンバーであり、地上部隊をベトナムに派遣しました。両国は、マラヤ危機と第二次世界大戦中に対反乱作戦と森林戦の経験を積み、両国政府はドミノ理論に同意しました。しかし、ニュージーランドは消極的な参加者でした。当局は、外国の介入が失敗することを期待し、彼らが腐敗した政権を支持することを懸念し、そして彼らの国の小さな軍隊(すでにマレーシアに配備された)をさらに拡大することを望まなかった。[252]しかし、結局、アンザス同盟への彼らのコミットメントを証明し、東南アジアからのアメリカの撤退を思いとどまらせたいという願望は、軍事的コミットメントを必要としました。オーストラリアは1962年にベトナムに顧問を派遣することから始まり、1965年に戦闘部隊が投入されました。[253] :555–8 ニュージーランドは、エンジニアと砲台の分遣隊を派遣し、後に特殊部隊と通常の歩兵を派遣しました。オーストラリアのフォーメーションに。[254] :561–6 オーストラリアの最大のコミットメントは7,672人の戦闘部隊とニュージーランドの552人でした。戦争中に約50,190人のオーストラリア国防軍要員が関与し、そのうち521人が死亡し、3,000人以上が負傷しました。[255]約3,500ニュージーランド国防軍の要員がベトナムで奉仕し、37人が死亡、187人が負傷した。[254] :539 ほとんどのオーストラリア人とニュージーランド人は、フオックトゥイ省の第1オーストラリアタスクフォースに所属していました[253]

オーストラリアは、1962年にマラヤ危機とそのAATTVの役割の両方から数十年の経験を持ち、村レベルの安全を提供し、市民の信頼と経済的インセンティブを確立し、ARVN能力を向上させることに依存する真の対反乱作戦の必要性を認識しました。[256]これにより、オーストラリアの地上部隊は米国のドクトリンに従う必要があったため、オーストラリアの司令官はウェストモアランドの従来の消耗戦アプローチと対立した。[256]それにもかかわらず、オーストラリア軍は一般的に反乱に対抗する能力が最も高く、教義上の重大な制約下にあるにもかかわらず、地域軍の訓練を支援した。[256]

フィリピン

約10,450人のフィリピン軍が南ベトナムに派遣され、主に医療およびその他の民間人の鎮静プロジェクトを支援しました。これらの部隊は、Aまたはフィリピン市民活動グループ-ベトナムの指定の下で活動しました。スービック湾の海軍基地は、1964年から1975年の終戦まで、米国第7艦隊に使用されました。 [257] [258]スービック湾とクラーク空軍基地は、戦争中に最大の機能を達成し、推定80,000を支援しました。靴作りから売春に至るまでの関連する三次事業の地元住民。[259]

台湾

1967年11月から、台湾は米国と南ベトナムを支援するために密かに貨物輸送の分遣隊を運営しました。台湾はまた、後に英語でLien Doi Nguoi Nhai(LDMN)または「フロッグマンユニット」として知られる南ベトナムのダイビングユニットに軍事訓練ユニットを提供しました。[134] :台湾からの3–4 の軍事部隊は、北ベトナムに侵入しようとして3回北ベトナム軍によって捕らえられた。[134] :3–4 

中立および非交戦国

カナダ

三国監視部隊の貢献者である国際管理委員会(ICC / ICSC)[1954–1973]と、簡単に言えば、その後継者である国際管理監視委員会(ICCS)[1973-1973]。[260]公式には、カナダはベトナム戦争に国家が認可した戦闘に関与しておらず、外交的には「非交戦」であったが、国家とその市民の多くは双方によく理解されていた。[261]カナダ百科事典ベトナム戦争のエントリは、休戦委員会に関するカナダの記録は親サイゴン党派のものであったと主張している。[262]首相の下でピエール・トルドー移民・市民権カナダは、米国の圧力にもかかわらず、約40,000人のアメリカの兵役逃亡者と軍の脱走兵合法的な移民として特に受け入れました。[263]同時に、約2万人のカナダ人が米国とカナダの国境を越えて、ベトナムでの軍務のために米軍に不法に参加し、そのうち134人が死亡した。[264]

イギリス

ジョンソン政権は、 NATO特別関係を通じて米国が緊密に同盟を結んでいた英国からの軍事的関与を確保することを切望していた米国は、英国のウィンストン・チャーチル首相アンソニー・イーデン首相からの疑念のため、第一次インドシナ戦争の終わりに計画されていた空中介入を以前にキャンセルしていました。マクナマラとバンディは、1個のイギリス旅団に10億ドルを与えると冗談を言った。1964年の総選挙後、ジョンソンは新しい労働党首相ハロルド・ウィルソンに小さなイギリス軍のためにロビー活動を始めました。展開。しかし、イギリスでは戦争は非常に不人気であり、ウィルソンはジョンソンの要求を拒否した。軍事援助の拒否は、1960年代に米英関係をわずかに緊張させた。[265]

ポーランド

三国監視部隊の貢献者である国際管理委員会(ICC / ICSC)[1954–1973]とその後継者である国際管理監視委員会(ICCS)[1973–1975]。ポーランド人民共和国ジュネーブ協定の下で設立された国際統制委員会の下での代表団の一部として、ハノイとサイゴンの間の和平交渉の仲介と仲介役として実質的な役割を果たしていた。最近の証拠は、ポーランドの代表者がサイゴンに存在する唯一の共産主義国家であったことを考えると、戦争の拡大を防ぐために、1963年にゴディンジーンとディエム政権とハノイの間の交渉を仲介しようとしてポーランドが初期の役割を果たしたことを示しています。ハノイのブローカー兼代表を務めていました。[266]

スペイン

ジョンソン大統領は、スペインのカウディーリョ フランシスコフランコに、戦争への軍事派遣に貢献するよう要請しました。大臣間の長い議論の後、フランコはベテランのアグスティン・ムニョス・グラ​​ンデス将軍の助言を受けました。フランコは米国の大義に専念することにさらに慎重であり、最終的には約30人の医療チームを厳重な秘密の下に派遣することを決定しました。4人の医師、7人の看護師、1人の軍需品担当官を含む最初の医療兵士グループは、1966年にベトナムに到着し、 GòCông地区のTruong CongDinh病院で働いていました1966年から1971年まで、他の3つのグループ、合計100人近くのスペイン人が病院で働いていました。[267]

ブラジル

ブラジルは、米国が支援する軍事政権下で、南ベトナムにおける米国の立場を公式に支持し、医療チームと国への物資を提供しました。この地域に存在する唯一のラテンアメリカの国でした。[268] [269]

抑圧された人種の解放のためのユナイテッドフロント(FULRO)

中央高地のモンタニヤール(デガー)、ヒンズー教徒とイスラム教徒のチャム族、仏教徒のクメールクロムなど、南ベトナムの少数民族は戦争で積極的に採用されました。ベトコンのモンタニヤール部族は侵入経路の制御にとって極めて重要であったため、モンタニヤール部族の採用と優遇措置という積極的な戦略がありました。[270]いくつかのグループは分裂し、自治または独立のために戦うために抑圧された人種の解放のための連合戦線(フランス語:Front Uni de Lutte desRacesOpprimées、頭字語:FULRO)を結成した。フルロは南ベトナムとベトコンの両方と戦い、後に統一されたものと戦うために進んだ南ベトナム陥落後 のベトナム社会主義共和国。

戦争中、南ベトナムのゴディンジエム大統領は、中央高地地域のモンタニヤールの土地にベトナム人のキン族を定住させるプログラムを開始しました。これはモンタナール派からの反発を引き起こし、その結果、一部はベトコンに加わった。親中国の王シハヌークと親アメリカのロン・ノルの両方の下にあるカンボジア人は、反民族のベトナムの政策に従って、南ベトナムで彼らの同民族のクメール・クロムを支持した。ベトナム化に続いて、多くのモンタニヤールグループと戦闘機が国境警備隊として ベトナムレンジャーに組み込まれました。

戦争犯罪

ベトナム戦争中には多数の戦争犯罪が発生しました。戦争犯罪は、紛争中に双方によって犯され、レイプ、民間人の虐殺、民間人の標的への爆撃、テロ、拷問の広範な使用、および捕虜の殺害が含まれていました。その他の一般的な犯罪には、窃盗、放火、および軍事的必要性によって保証されていない財産の破壊が含まれていました[271]

南ベトナム、韓国、アメリカ

ソンミ村虐殺事件の犠牲者

1968年、ベトナム戦争犯罪ワーキンググループ VWCWG)は、ソンミ村虐殺事件をきっかけに設立された国防総省 タスクフォースによって設立されました。ベトナム戦争時代。

軍当局に報告された戦争犯罪のうち、目撃者による宣誓供述書および状況報告は、320件の事件が事実に基づくものであることを示した。[272]立証された事件には、1967年から1971年の間に少なくとも137人の民間人が殺害された7件の虐殺が含まれていた。非戦闘員を標的としたさらに78の攻撃により、少なくとも57人が死亡、56人が負傷し、15人が性的暴行を受けた。民間人の拘留者または捕虜を拳、棒、コウモリ、水または電気ショックで拷問した米軍兵士の141件。その後の数年間のジャーナリズムは、タイガー・フォースによって犯された残虐行為を含む、ベトナムで活動していたすべての陸軍部隊が関与する他の見過ごされ、調査されていない戦争犯罪を記録している[273]ランメルは、1960年から1972年の間 にアメリカ軍が4,000人から10,000人の殺害の範囲から約5,500人の民衆殺戮を犯したと推定した。[37]

第67戦闘支援病院で治療中の戦争中にナパーム弾が犠牲者を火傷

米軍は、ベトコンの戦闘機が南ベトナムの村に避難するのを防ぐための戦術として、多数の無差別砲撃地帯を設立しました。[274]指定されたゾーンに現れる個人が武器によって自由に標的にされることができる敵の戦闘員であるという仮定を含むそのような慣行は、ジャーナリストルイスM.シモンズによって「戦争法の重大な違反」と見なされます。[275] ニック・タースは、2013年の著書 『Kill Anything that Moves 』で、より高い体の数に向けた執拗なドライブを主張しています、無差別砲撃地帯の広範な使用、兵士またはヘリコプターから逃げた民間人がベトコンと見なされる可能性のある関与の規則、およびベトナムの民間人に対する広範な軽蔑は、米軍による大規模な民間人死傷者および固有の戦争犯罪につながりました。[276] :251  Turseが引用した1つの例は、第9歩兵師団による作戦であるOperation Speedy Expressであり、これはJohn PaulVannによって事実上「多くのMỹLais」と表現されました。[276] :251 ニューズウィークによる報告雑誌は、作戦の6か月間に少なくとも5,000人の民間人が殺害された可能性があり、約748の回収された武器と、10,889人の敵戦闘員の公式の米軍の死体数が殺されたと示唆した。[277]

RJランメルは、16,000人から167,000人の範囲の民衆殺戮で、ディエム時代に南ベトナムによって39,000人が殺害されたと推定した。1964年から1975年にかけて、ランメルは42,000から128,000の範囲で、50,000人が民衆殺戮で殺されたと推定しました。したがって、1954年から1975年までの合計は81,000であり、南ベトナムによって引き起こされた57,000から284,000の範囲の死者である。[37] ベンジャミン・ヴァレンティーノは、戦争中の米軍と南ベトナム軍による「対ゲリラ大量殺戮」の「可能性のある事件」として、11万から31万人の死者を推定している。[278]フェニックス作戦は、CIAによって調整され、米国と南ベトナムの治安部隊を巻き込み、ベトコンの政治的インフラを破壊することを目的としていました。このプログラムは26,369人から41,000人を殺害し、その数は不明で無実の民間人でした。[152] :341–343  [279] [280] [281]

拷問と虐待は、南ベトナム人によって捕虜と民間人の囚人に頻繁に適用されました。[282] :77  1970年にコンソン刑務所を訪れた際、米国議会議員のオーガスタスF.ホーキンスウィリアムR.アンダーソンは、拘留者が微細な「虎の檻」に閉じ込められているか、独房に鎖でつながれていて、質の悪い食料を提供されているのを目撃した。 同じ年に刑務所を検査したアメリカ人医師のグループは、多くの囚人が強制的な不動と拷問に起因する症状に苦しんでいることを発見しました。[282] :77  1968年と1969年にアメリカの管理下にあるトランジット拘留施設を訪問した際、国際赤十字捕虜が南ベトナム当局に引き渡される前に、拷問と非人道的な扱いの多くの事件を記録した。[282] :78 拷問は、CIAと共謀して南ベトナム政府によって行われた。[283] [284]

韓国軍も戦争犯罪で告発された。記録された事件の1つは、 1968年2月12日にクアンナム省のĐiệnBàn地区PhongNhịとPhongNhất村で第2海兵隊が69人から79人の民間人を殺害しPhongNhịとPhongNhấtの虐殺でした。[285]韓国軍はまた、他の虐殺、すなわちビンホア虐殺ビンホア虐殺、ハミの虐殺を行ったとして非難されている

北ベトナムとベトコン

フエ虐殺の犠牲者の埋葬

アミ・ペダハーズは、非国家主体としてのテロリストの定義に基づいて、「ベトコンのテロリズムの全体的な量と致死率は、20世紀の最後の3分の1に行われた少数のテロリストキャンペーンに匹敵するか、それを上回っています」と書いています。 1966年から1969年までに18,000人以上と推定される標的殺害と民間人の死亡を調査する。[286]米国国防総省は、VC / PAVNが1967年から1972年までに36,000人の殺人と約58,000人の誘拐を行ったと推定している。1973年。[287]ベンジャミン・ヴァレンティーノは、戦争中のベトコンに45,000〜80,000人の「テロリストによる大量殺戮」をもたらした。[278]1968年から1972年の統計によると、「テロリストの犠牲者の約80%は一般市民であり、政府関係者、警察官、自衛隊のメンバー、または平和化幹部は約20%にすぎなかった」。[27] :273 ベトコンの戦術には、難民キャンプでの民間人の頻繁な迫撃砲、および村人が都市市場に商品を持ち込むことが頻繁にある高速道路への地雷の配置が含まれていました。いくつかの鉱山は、大型車両の通過後にのみ発進するように設定されており、満員の民間バスに乗って大規模な虐殺を引き起こしました。[27] :270–9 

注目すべきベトコンの残虐行為には、テト攻勢中のHuế [288]での3,000人以上の非武装民間人の虐殺、およびĐắkSơn虐殺中の252人の民間人の殺害が含まれます。[289]最後の北ベトナム春季攻勢から逃れた155,000人の難民が1975年にトゥイホアへの道で殺害または拉致されたと報告された。 [290]ランメルによれば、PAVNとベトコン軍は1954年から1975年の間に164,000人の民間人を殺害した。南ベトナムでは、106,000から227,000の範囲(そのうち50,000は、トゥイホアへの撤退中にARVN軍の砲撃と迫撃砲によって殺害されたと報告されている)。[37]北ベトナムはまた、アメリカ人捕虜の虐待的な扱いで知られており、特にホアロー収容所(別名ハノイヒルトン)では、自白を引き出すために拷問が行われた[88] :655 

女性

アメリカの看護師

ダナン、南ベトナム、1968年

アメリカの女性は、さまざまな仕事をする現役で働いていました。1963年の初め、陸軍看護隊(ANC)は、ベトナムで奉仕する看護師を募集する集中的な取り組みであるナイチンゲール作戦を開始しました。[291] :7  1969年6月8日、戦争中に敵の銃撃により殺された唯一の中尉のシャロン・レーンだった。 [291] :57  1人の民間医師、エレノア・アルデル・ビエッティ。 1962年5月30日、BuônMaThuộtで、ベトナム戦争で説明されていない唯一のアメリカ人女性のままです。[292] [293] [294]

1967年、ベトナム人の子供を看護師が治療

少数の女性が戦闘ゾーンに割り当てられましたが、彼らは戦闘の場に直接許可されることはありませんでした。男性とは異なり、軍隊に勤めた女性はボランティアだけでした。彼らは多くの課題に直面しましたが、その1つは比較的少数の女性兵士でした。男性が支配する環境に住むことは、男女間に緊張を生み出しました。1973年までに、約7,500人の女性がベトナムの東南アジア劇場で奉仕しました。[295]ベトナムで奉仕しているアメリカ人女性は、社会的固定観念の対象でした。この問題に対処するために、ANCは、ANCの女性を「適切で、専門的で、十分に保護されている」と描写する広告を発表しました。看護師としてのキャリアのポジティブな側面を強調するこの取り組みは、米国における1960年代から1970年代のフェミニズムを反映しています。女性の従軍看護婦は男性の多い環境に住んでいましたが、セクハラの事例はほとんど報告されていません。[291] :71 

ベトナム兵

戦闘中の女性ベトコンゲリラ

ベトナムに行ったアメリカ人女性とは異なり、南ベトナム人女性と北ベトナム人女性の両方が戦闘地帯に参加し、仕えました。女性はPAVNとベトコンの両方に参加し、女性の平等と社会におけるより大きな社会的役割の約束のために多くが参加した。[296] [297]一部の女性は、PAVNおよびベトコン諜報機関にも仕えた。ベトコンの副軍事司令官は、女性の将軍、グエン・チ・ディンでした。最前線の戦闘部隊から対空、偵察、偵察部隊に至るまで、すべての女性部隊が戦争全体を通して存在していました。[298]女性の戦闘部隊がクチ劇場にいた。[299]彼らはフエの戦いでも戦った。[159] :388–91 さらに、多くの女性が北ベトナムで奉仕し、対空砲を配置し、村の安全を確保し、ホーチミン・トレイルの兵站に従事しました。[298] [297]他の女性は最前線に軍隊を埋め込んでおり、医師や医療関係者として働いていた。ĐặngThùyTrâmは、彼女の死後、彼女の日記が出版された後、有名になりました。ベトコンの外務大臣と後にPRGも女性、グエン・チ・ビンでした。

軍曹兼薬剤師のDoThi Trinhは、WAFCの一部であり、ARVNの扶養家族に医薬品を供給しています。

南ベトナムでは、多くの女性がARVNの女性軍団(WAFC)やその他の軍のさまざまな女性軍団に自発的に奉仕しました。WAFCのように、他の兵士との戦闘に参加した者もいます。他の人々は戦場や軍病院で看護師や医師を務めたり、南ベトナムやアメリカの諜報機関で働いたりしました。Diệmの大統領時代、彼の義理の姉のマダムヌーはWAFCの司令官でした。[300]多くの女性が、特に戦争後のARVNの拡大中に 、人民自衛隊の州および自主的な村レベルの民兵に加わった。

NguyễnThịĐịnhと彼女が指揮したベトコンの女性ボランティアの記念寺院。彼らは自分たちを「長髪の軍隊」と呼ぶようになりました。

戦争中、100万人以上の農村部の人々が南ベトナムの田園地帯での戦闘を都市、特にサイゴンに移住または逃亡させました。国内の難民の中には、戦時中の南ベトナムのいたるところにある「バーガール」になり、アメリカや同盟国の兵士に「彼女の品物、つまりタバコ、酒、または彼女自身を売り込む」多くの若い女性がいました。[301] [302]アメリカの基地は、棒と売春宿に囲まれていた。[303]

1964年から1975年の間に8,040のベトナム人女性が戦争花嫁として米国にやってきそのうち26,000人は、1980年代と1990年代に米国への移住を許可されました。[305]

ジャーナリスト

女性はまた、紛争の最前線の記者として重要な役割を果たし、紛争が発生したときに直接報告しました。[306]ホーチミン・トレイルや戦闘戦線で、PAVN軍に埋め込まれた作家レ・ミン・クエを含む、多くの女性が北ベトナム側で埋め込まれたジャーナリストとして志願した[307] 。[308]多くの著名な西洋のジャーナリストも戦争の報道に関与しており、ディッキー・チャペルは戦争で殺された最初の、そして最初のアメリカ人女性記者の一人であった。フランス語を話すオーストラリアのジャーナリスト、ケイト・ウェッブカンボジアのベトコンによって写真家や他の人々と一緒に捕らえられ、彼らと一緒にラオスに旅行しました。彼らは23日間の捕虜の後にカンボジアに解放されました。[309]ウェッブは捕らえられて解放された最初の西洋のジャーナリストであり、彼女の回想録「反対側」でベトコンの展望をカバーするだろうもう一人のフランス語を話すジャーナリスト、キャサリン・リロイは、フエの戦いの間に北ベトナム軍によって簡単に捕らえられて解放され、ライフマガジンの表紙に登場するであろう戦いからいくつかの有名な写真を捕らえました。[159] :245 

政治活動家

女性は戦争努力への支援を構築する役割も担った。当時反帝国主義女性連合として知られていたベトナム女性連合は、共産主義政権への支持を示し、女性の政治的関与と動員を通じて、アメリカの関与に反対する女性を集めるために活動した。

黒人軍人

負傷したアフリカ系アメリカ人兵士が連れ去られた、1968年

ベトナム戦争中のアフリカ系アメリカ人の軍人の経験は大きな注目を集めました。たとえば、ウェブサイト「ベトナム戦争へのアフリカ系アメリカ人の関与」は、そのような報道の例をまとめたものであり[310] 、ジャーナリストのウォレス・テリーの著書 『ブラッド:黒人退役軍人によるベトナム戦争の口頭史』の印刷物と放送作品も同様です。(1984)、一般的に黒人コミュニティ、特に黒人軍人に対する戦争の影響についての観察を含みます。後者のトピックについて彼が指摘するのは、他の人種のアメリカ兵よりもアフリカ系アメリカ人の軍人の方がベトナムでの戦闘死傷者の割合が高いこと、黒人の義勇兵と黒人の徴兵に対する態度の変化と異なる態度、黒人の軍人が遭遇した差別です。戦場での装飾、昇進、任務の割り当て」、「白人同志の人種的侮辱、クロスバーニング、南軍の旗」に耐えなければならないこと、そして戦争中やアメリカの後に黒人兵士が州内で直面した経験撤退。[311]

公民権の指導者たちは、アフリカ系アメリカ人の軍人が経験した危険な任務と戦闘の役割における不均衡な死傷者と過大な代表に抗議し、1967年から68年にかけて実施された改革を促した。その結果、1975年の戦争の終結までに、黒人の死傷者は米国の戦闘死者の12.5%に減少しました。これは、徴兵制の黒人男性の割合とほぼ同じですが、軍隊に所属していた10%よりもわずかに多いです。[312]

兵器

ゲリラは、ホーチミン・トレイルに沿って配達された砲弾とロケットを組み立てます。

戦争の初期段階では、ベトコンは主に捕獲された武器でそれ自体を維持しました。これらはしばしばアメリカ製であるか、亜鉛メッキパイプで作られたショットガンと一緒に使用される粗雑な即興兵器でした。ほとんどの武器は、防御が不十分なARVN民兵の前哨基地から捕獲されました。1967年、すべてのベトコン大隊には、AK-47アサルトライフル、カービン銃、RPG-2対戦車兵器などのソビエト設計の武器が再装備されました。[116]彼らの武器は主に中国[313]またはソビエト製造のものでした。[314]1970年の通常期までの期間、ベトコンとPAVNは、主に81 mm迫撃砲、無反動砲、小型武器に限定され、米国の兵器と比較して大幅に軽量化された装備と火力を備えていました。彼らは、米国の不均衡な技術的優位性に立ち向かうために、待ち伏せ、優れたステルス、計画、射撃、および小単位の戦術に依存していました。[315]

テット攻勢の後、多くのPAVNユニットは、タイプ62タイプ59戦車BTR-60タイプ60砲兵水陸両用戦車PT-76など)などの戦車を組み込み、移動式の組み合わせとして新しい戦争の教義に統合しました。武器の力。[316] PAVNは、 MANPADS 9K32Strela -2対戦車ミサイル9M14Malyutkaなど、ARVN軍に対して実験的なソビエト兵器の受け取りを開始しました。1975年までに、彼らは移動式軽歩兵の戦略から完全に変革し、米国に対して使用された人民戦争の概念を使用していました。[316]

米国のサービスライフルは当初M14でした。M14は強力で正確なライフルでしたが、重く、反動が激しく、特にジャングルでの戦闘では扱いにくく、戦闘条件に適さず、しばしば餌の失敗に悩まされていました。1964年から1970年にかけて、ユージン・ストーナーによって設計されたM16ライフルに徐々に置き換えられました。最初に配備されたとき、M16は戦闘でジャムする傾向もあり、兵士を無防備にし、殺害する可能性がありました。[317]議会の報告によると、妨害はオペレーターのミスやライフルの固有の欠陥に関連していませんでしたが、代わりにライフルのカートリッジで使用される火薬の変更によるものでした。カートリッジの抽出または供給の失敗。「不十分なテスト」の後に行われたこの決定は、「兵士の安全が二次的な考慮事項であった」ことを証明しました。[318]この問題は、1968年の初めに、汚れを減らすクロムメッキのボアを備えたM16A1の発行と、よりクリーンな燃焼粉末の導入によって解決されました。[32] :408–11 ドイツのFG-42およびMG-42の機能を取り入れて、米国は以前のM1919ブラウニングに取って代わりました。制圧射撃に使用されたヘリコプターを含む、 M60機関銃のほとんどの役割で問題はM14やM16ほど深刻ではありませんでしたが、M60は重要なタイミングで発砲できない可能性がありました。使用済みのケーシングがチャンバー内に詰まる可能性があります。つまり、再発砲する前にバレルを交換する必要があります。 。[319]

1966年の米国歩兵連隊のUH-1Dヘリコプター空輸隊員

AC-130「スペクター」ガンシップUH-1「ヒューイ」ガンシップは、戦争中に米国で頻繁に使用されました。AC-130はC-130ヘラクレス輸送機の重装備の地上攻撃機であり、ヒューイは、単一のターボシャフトエンジンを搭載した軍用ヘリコプターです。ベトナムでは約7,000機のUH-1航空機が就役しました。米国の重装甲の90mm M48A3パットン戦車はベトナム戦争中に大規模な行動を起こし、600機以上が米軍と共に配備されました。米国の地上部隊は、ナパーム弾、白リン弾、催涙ガスを発射するために、B-52およびF-4ファントムIIおよびその他の航空機にもアクセスできました化学兵器精密誘導爆弾クラスター爆弾[320]

無線通信

SA-2ランチャーの前にいる北ベトナムのSAMクルー。ソビエト連邦は、施設の周りにかなりの対空防御を北ベトナムに提供しました。

ベトナム戦争は、米軍が戦術レベルで利用可能な安全な音声通信機器を持っていた最初の紛争でした。国家安全保障局は、米軍にコードネームNESTORというセキュリティ機器のファミリーを提供するためのクラッシュプログラムを実行し、最初は17,000ユニットを配備しました。最終的に30,000台が生産されました。ただし、音声品質の低下、範囲の縮小、煩わしい時間遅延、後方支援の問題など、ユニットの制限により、10台に1台しか使用されていませんでした。[321]米軍の多くは、ベトコンとPAVNが安全でない通信を悪用することはできないと信じていましたが、捕獲された通信インテリジェンスユニットの尋問は、彼らがリアルタイムで使用される専門用語とコードを理解でき、しばしば差し迫ったことについて彼らの側に警告することができたことを示しました米国の行動。[321] :  4、10

米国の爆撃の範囲

B-52ストラトフォートレス長距離戦略爆撃機によって投下された爆弾。

米国は戦争中にインドシナに700万トン以上の爆弾を投下し、第二次世界大戦中に米国がヨーロッパとアジアに投下した210万トンの爆弾の3倍以上、そして米国が朝鮮戦争。カンボジアでは50万トン、北ベトナムでは100万トン、南ベトナムでは400万トンが投下された。一人当たりベースで、ラオスに投下された200万トンは、歴史上最も爆撃された国となっています。New York Timesは、これは「ラオスのすべての人にとってほぼ1トン」であると述べました。[138]この戦争中のクラスター爆弾の特に大きな影響のために、ラオスはクラスター爆弾に関する条約の強力な支持者でした。武器を禁止するために、そして2010年11月の大会の最初の締約国会議の主催者でした。[322]

元米空軍当局者のアール・ティルフォードは、「カンボジア中部の湖で爆撃を繰り返した。B-52は文字通り湖にペイロードを落とした」と語った。空軍は予算交渉中に追加の資金を確保するためにこの種の多くの任務を遂行したので、消費されたトン数は結果として生じる損害と直接相関していません。[323]

余波

東南アジアのイベント

ハノイのフーティエップ湖でのB-52の残骸ラインバッカーII作戦中に撃墜され、その遺跡は戦争の記念碑になりました。

1976年7月2日、北ベトナムと南ベトナムが合併してベトナム社会主義共和国が形成されました。[324]勝利した北ベトナム人は、ニクソン大統領の言葉によれば、「そこでの民間人を何百万人も虐殺する」との憶測にもかかわらず、大量死刑は行われなかったという広範なコンセンサスがある。[325] [A 10]しかし、戦後の数年間で、膨大な数の南ベトナム人が再教育キャンプに送られ、そこでは多くの人が激しい労働を強いられながら拷問、飢餓、病気に耐えた。[328] [329] 1979年のアムネスティ・インターナショナルの報告によると、この数字は観察者によってかなり異なります。「[...]には「50,000から80,000」などの数字が含まれています(Le Monde、1978年4月19日)、「150,000」(ビエンホアからのロイター、1977年11月2日)、「150,000〜200,000」(ワシントンポスト、1978年12月20日)、および「300,000」(Agence France Presse、ハノイ、1978年2月12日) 」[330]このような変動は、「一部の推定には、被拘禁者だけでなく、都市から田舎に送られた人々も含まれる可能性がある」ためである可能性がある。ネイティブオブザーバーによると、443,360人が再教育キャンプに一定期間登録しなければならなかった。サイゴンだけで、そしてそれらのいくつかは数日後に解放されたが、他は10年以上そこにとどまった。[331] 1975年から1980年の間に、100万人以上の北部人が以前はベトナム共和国の地域に南に移住した。 、新経済圏プログラムの一環として、約750,000人から100万人以上の南部人が、主に無人の山岳森林地帯に移されました。[332] [333]

ベトナムから逃げるベトナム難民、1984年

ノーベル賞を受賞した作家のガブリエルガルシアマルケスは、1980年に訪れたとき、戦後の南ベトナムを「偽りの楽園」と表現しました。

このせん妄の費用は途方もないものでした。36万人が切断され、100万人の未亡人、50万人の売春婦、50万人の麻薬中毒者、100万人の結核、100万人以上の旧体制の兵士が、新しい社会に復帰することは不可能でした。戦争が終わったとき、ホーチミン市の人口の10パーセントが深刻な性感染症に苦しんでおり、南部全体で400万人の非識字者がいました。[334]

米国は安全保障理事会の拒否権を利用して、ベトナムの国連による承認を3回阻止しました。これは、国際援助を受ける国の障害となっています。[335]

1975年までに、北ベトナム人はクメールルージュに対する影響力を失っていました。[32] :カンボジアの首都である708  プノンペンは1975年4月17日にクメールルージュに陥落した。ポルポットの指導の下、クメールルージュは最終的に約800万人の人口のうち100万から300万人のカンボジア人を殺害した。歴史上最も血なまぐさい大量殺戮の1つで[55] [336] [337] [338]

ラオスで爆撃された仏像。米国の爆撃作戦により、ベトナムは歴史上最も爆撃された国の1つになりました。

ベトナムと民主カンプチア(カンボジア)の関係は、終戦直後にエスカレートしました。クメールルージュが1975年4月17日にフーコックを、5月4日にトーチュを乗っ取ったことと、彼らがトーチュで500人のベトナム人の失踪の原因であるという信念に応えて、ベトナムはこれらの島々を取り戻すために反撃を開始しました。[339]双方による交渉の試みが何度か失敗した後、ベトナムは1978年に民主カンプチアに侵攻し、カンボジア・ベトナム戦争で中国に支援されていたクメール・ルージュを追放した。これに応えて、中国は1979年にベトナムを侵略しました。両国は中越戦争として知られる短い国境戦争を戦いました。1978年から1979年まで、約45万人の民族中国人は難民としてボートでベトナムを去るか、追放された。

パテト・ラオは1975年12月にラオスの君主制を打倒し、王室の一員であるスパーヌウォンの指導の下でラオス人民民主共和国を樹立しました。政権交代は「非常に平和で、一種のアジアの「ビロード革命」」でしたが、3万人の元職員が再教育キャンプに送られ、しばしば数年間厳しい状況に耐えました。モン族の反政府勢力とパテト・ラオの間の紛争は孤立したポケットの中で続いた。[91] :575–6 

捕獲された米国供給の装甲車両と砲兵

主に米国の爆撃による不発弾は、今日も人々を爆発させ殺害し続けており、多くの土地を危険にさらし、耕作を不可能にしています。ベトナム政府によると、戦争が公式に終結して以来、兵器は約42,000人を殺害した。[340] [341]ラオスでは、8000万個の爆弾が爆発せず、全国に散らばっていた。ラオス政府によると、不発弾は終戦以来2万人以上のラオス人を殺害または負傷させており、現在、毎年50人が殺害または負傷している。[342]まだ地面に埋められたままの爆発物は、今後数世紀の間完全に除去されることはないと推定されている。[157] :317 

1975年以降のインドシナ難民危機で300万人以上がベトナム、ラオス、カンボジアを離れました。ほとんどのアジア諸国はこれらの難民を受け入れることを望まず、その多くはボートで逃げ、ボートピープルとして知られていました。[343] 1975年から1998年の間に、ベトナムおよび他の東南アジア諸国からの推定120万人の難民が米国に再定住し、カナダ、オーストラリア、およびフランスは50万人以上を再定住させた。中国は25万人を受け入れました。[344]インドシナのすべての国の中で、ラオスは比例的に最大の難民飛行を経験しました。総人口300万人のうち30万人が国境を越えてタイに入ったからです。彼らのランクには、ラオスの「知識人、技術者、役人」の「約90パーセント」が含まれていました。[91] :575 国連難民高等弁務官によれば、推定20万人から40万人のベトナム人ボートピープルが海上で死亡した[345]

米国への影響

戦争についての見解

戦後、アメリカ人は軍事介入の教訓を吸収するのに苦労しました。戦争の主要な建築家の一人であるマクスウェル・テイラー将軍は次のように述べています。

まず、私たちは自分自身を知りませんでした。私たちは別の朝鮮戦争に入ると思っていましたが、これは別の国でした。第二に、私たちは南ベトナムの同盟国を知りませんでした…そして私たちは北ベトナムについてあまり知りませんでした。ホーチミンは誰でしたか?誰も本当に知りませんでした。ですから、私たちが敵を知り、同盟国を知り、自分自身を知るまでは、この種の汚い商売を避けたほうがよいでしょう。とても危険です。[88] :23 

ロナルド・レーガン大統領は、「ベトナム症候群」という用語を作り出し、ベトナム後の海外でのさらなる軍事介入を支援することへのアメリカの国民と政治家の抵抗を説明しました。2004年のギャラップの調査によると、アメリカ人の62パーセントはそれが不当な戦争であると信じていました。[346] 1978年の米国の世論調査では、アメリカ人の72%近くが戦争は「根本的に間違っていて不道徳である」と信じていたことが明らかになった。ほぼ10年後、その数は66%に減少しました。過去30年間の調査では、戦争が根本的に間違っていて不道徳であると信じているアメリカ人は約35%に過ぎないことが一貫して示されています。[216] :10  2000年に調査されたとき、アメリカ人の3分の1は戦争が高貴な原因であると信じていました。[216]:10 

戦争の失敗は、多くの場合、さまざまな制度やレベルに置かれます。戦争の失敗は米国の指導者の政治的失敗によるものだと示唆する人もいます。[347]アメリカ陸軍の公式の歴史は、戦術は、より大きな問題、戦略、目的とは別に存在するように思われることが多い。しかし、ベトナムでは、陸軍は戦術的な成功と戦略的な失敗を経験した...成功は軍隊だけにかかっているのではない」と述べた。進歩しますが、特定の紛争の性質を正しく分析し、敵の戦略を理解し、同盟国の長所と短所を評価します。新しい謙虚さと新しい洗練は、長い間軍に残された複雑な遺産の最良の部分を形成する可能性があります。ベトナムでの激しい戦争。」[120]

1965年8月3日、ダナンの海上着陸中、若い海兵隊員が浜辺で待機

他の人々は、米軍のドクトリンの失敗を指摘しています。国防長官のロバート・マクナマラは、「ベトナムでの米軍による軍事的勝利の達成は、確かに危険な幻想であった」と述べた。[78] :368 爆撃によってハノイを交渉のテーブルに連れて行くことができないことはまた、別の米国の誤算を示し、政治的目標を達成する上での米軍の能力の限界を示した。[88] :17 陸軍参謀総長の ハロルド・キース・ジョンソンが述べたように、「ベトナムから何かが出てきたとしたら、それは空軍がその仕事をすることができなかったということだった」。[348]ウィリアム・ウェストモアランド将軍でさえ、爆撃は効果がなかったことを認めた。彼が言ったように、「私はまだ北ベトナム人が容赦したであろうとは思わない」。[348]ヘンリー・キッシンジャー米国務長官はジェラルド・フォード大統領への秘密のメモで、「軍事戦術の観点から、私たちの軍隊はこの種の戦争に適していないという結論を導き出さざるを得ない。それが勝つことができなかったために設計されていた。」[349]

ハノイはジュネーブ協定以来、国の統一を粘り強く求めており、米国の爆撃の影響は北ベトナム政府の目標にほとんど影響を与えませんでした。[157] :1–10 米国の爆撃キャンペーンの効果は、北ベトナム全土の人々を動員し、非常に小さな農耕社会を爆撃しようとする超大国の認識により、北ベトナムへの国際的支援を動員した。[157] :48–52 

作戦行動中行としてリストされた米国の軍人の運命に関するベトナム戦争捕虜/ MIAの問題は、戦争の終結後も何年も続いた。戦争の費用はアメリカの大衆意識に大きな影響を及ぼします。1990年の世論調査では、第二次世界大戦よりも多くのアメリカ人がベトナムで命を落としたと国民が誤って信じていたことが示されました。[350]

戦争の費用

南ベトナム(SVN)での米国の支出(1953–1974)直接費のみ。いくつかの見積もりはより高いです。[351]
米軍の費用 SVNへの米軍援助 SVNへの米国の経済援助 合計 合計(2015ドル)
1,110億ドル 161億3800万ドル 73億1500万ドル 1345.3億ドル 1.020兆ドル

1953年から1975年の間に、米国は戦争に1,680億ドルを費やしたと推定されました(2020年には1.4兆ドルに相当)。[352]これは、大きな連邦予算の赤字をもたらした。他の数字は、1965年から1974年までの1,389億ドル(インフレ調整なし)を示しています。これは、米国のすべての教育支出の10倍であり、その期間内の住宅およびコミュニティ開発支出の50倍です。[353]一般的な記録管理は、戦争中の政府支出に対してずさんだったと報告された。[353]戦争支出は、当時の米国のすべての住宅ローンを、残りのお金で完済することができたかもしれないと述べられた。[353]

300万人以上のアメリカ人がベトナム戦争に参加し、そのうち約150万人が実際にベトナムで戦闘を見ました。[354]ジェームズ・E・ウェストハイダーは、「たとえば、1968年のアメリカの関与の最盛期には、543,000人のアメリカ軍人がベトナムに駐留していたが、戦闘部隊と見なされたのは80,000人だけだった」と書いている。[355]米国の徴兵制は第二次世界大戦以来大統領によって管理されていたが、1973年に終了した。

2013年の時点で、米国政府はベトナム退役軍人とその家族または生存者に年間220億ドル以上の戦争関連の請求を支払っています。[356] [357]

米軍への影響

海兵隊員は、1968年にフエ市での作戦中に傷を治療しました

戦争の終わりまでに、58,220人のアメリカ兵が殺され、[A 5] 150,000人以上が負傷し、少なくとも21,000人が永久に障害を負った。[358]ベトナムで殺された米軍の平均年齢は23.11歳だった。[359]デール・キューターによれば、「戦闘で戦死した者のうち、86.3%が白人、12.5%が黒人、残りは他の人種によるものだった」。[45]約83万人のベトナム退役軍人がある程度の心的外傷後ストレス障害(PTSD)に苦しんでいた。[358]ベトナム退役軍人は、前例のない数のPTSDに苦しんでおり、ベトナム退役軍人の15.2%が、米軍がアンフェタミンを含む重い向精神薬をアメリカ軍人に日常的に提供していたため、当時の外傷を適切に処理できませんでした。[360]推定125,000人のアメリカ人がベトナムの徴兵を回避するためにカナダに向けて出発し[361]、約50,000人のアメリカ軍人が脱走した。[362] 1977年、アメリカ合衆国大統領ジミー・カーターは、宣言4483ベトナム時代のすべての兵役逃れに完全かつ無条件の恩赦を与えた[363]

ベトナム戦争が決定的に続き、アメリカ国民の間でより不人気になるにつれて、士気は低下し、懲戒問題はアメリカの入隊した男性と後輩の非キャリア役員の間で拡大しました。麻薬の使用、人種間の緊張、および手榴弾やその他の武器で人気のない将校や下士官を殺そうとするフラギングの発生率の増加は、米軍に深刻な問題を引き起こし、戦闘作戦を遂行する能力に影響を与えました。1971年までに、米国陸軍大佐は、アームドフォーシズジャーナルに次のように書いています。

考えられるすべての指標によって、現在ベトナムに残っている私たちの軍隊は崩壊に近づいている状態にあり、個々の部隊は戦闘を回避または拒否し、将校と下士官を殺害し、麻薬に乗って、そして反逆的ではないところで意気消沈しました...米軍の士気、規律、および戦闘価値は、いくつかの顕著な例外を除いて、今世紀のどの時点よりも低く、おそらく米国の歴史の中で悪化しています。[186]

1969年から1971年の間に、米陸軍は、99人が死亡した彼ら自身の将校と下士官に対する軍隊による900回以上の攻撃を記録しました。[364] :44–7 

国防長官のロバート・マクナマラウェストモアランド将軍がベトナム戦争の状況についてティー将軍と話し合う。

ベトナム戦争は米軍のドクトリンに疑問を投げかけた。海兵隊の将軍ビクター・H・クルラックは、ウェストモアランドの消耗戦略を「アメリカ人の生活を無駄にしている…成功する可能性は低い」と強く批判した。[348]さらに、外国軍を訓練する軍隊の能力についての疑問が表面化した。さらに、戦争中、ウェストモアランドとマクナマラによって宣伝されたボディカウントシステムに昇進が結びついているため、将校と司令官によってかなりの欠陥と不正直が見られました。[365]そして舞台裏で、マクナマラ国防長官はジョンソン大統領へのメモの中で戦争についての彼の疑念を書いた。メリットが熱く論争されている問題は、きれいなものではありません。」[366]

ロン・マイラムは、ベトナム戦争中に伝統的な軍事的価値の侵食を嘆いた「怒った大佐」の意見を反映して、特に戦闘部隊の間での米軍の「崩壊」の深刻さに疑問を呈した。[367] :172 深刻な問題を認めているが、彼は下級将校と戦闘に参加した男性の「反乱に近い」行為の疑いに疑問を呈している。ある戦闘拒否事件を調査したジャーナリストは、「ある種の独立感、ポーンや人形のような軍の服従の主張に従って行動することへの抵抗...彼らは生き残ることを決意した...彼らは主張した彼らが生きるか死ぬかを決定する決定を下すことについて何か言いたいことがあるのです。」士気と規律の問題と徴兵への抵抗は、合衆国による全志願の軍事力の創設と徴兵の終了につながる重要な要因でした。最後の徴兵制は1973年に軍隊に導入された。[369]全志願軍は、以前は軍の階級の秩序を維持するために使用されていた強制的な規律の方法のいくつかを緩和した。[364] :183 

米国の化学的落葉の影響

1969年、南ベトナムのメ​​コンデルタで化学枯葉剤を噴霧する米国のヘリコプター

東南アジアでの米軍の取り組みで最も物議を醸した側面の1つは、1961年から1971年にかけて化学枯葉剤が広く使用されたことでした。これらは、ベトコンが武器や野営地を隠すことができないように、田舎の大部分を落葉させるために使用されました。葉の下。これらの化学物質は、景観を変え続け、病気や先天性欠損症を引き起こし、食物連鎖を害します。[370] [371]

米国で使用されている枯葉剤や同様の化学物質も、それらを扱った米空軍の乗組員を含め、その間にかなりの数の死傷者を出しました。科学的報告によると、南ベトナムにいる間に化学物質の噴霧にさらされた難民は、目と皮膚の痛みと胃腸の不調を経験し続けました。ある研究では、参加者の92%が絶え間ない倦怠感に苦しんでいました。他の人は巨大な出生を報告しました。[372]エージェントオレンジと先天性欠損症との関連に関する最新の研究のメタアナリシスは、統計的に有意な相関関係を発見しました。そのため、人生の任意の時点でエージェントオレンジにさらされた親がいると、所有または行動する可能性が高くなります。先天性欠損症の遺伝的保因者。[373]さまざまな先天性欠損症が観察されていますが、最も一般的な奇形は二分脊椎であるようです。 枯葉剤合成の副産物として必然的に生成されるクロロダイオキシンは催奇形性が高く、先天性欠損症が3世代以上続くという実質的な証拠があります。[374]2012年、米国とベトナムはダナン国際空港の一部で有毒化学物質の共同浄化を開始し、ワシントンがベトナムでエージェントオレンジの浄化に関与したのは初めてのことです。[375]

ベトナムの障害児、そのほとんどが枯葉剤の犠牲者、2004年

エージェントオレンジの影響を受けたベトナムの犠牲者は、ダウケミカルおよび他の米国の化学メーカーに対して集団訴訟を起こしたが、地方裁判所は彼らの訴訟を却下した。[376]彼らは上訴したが、解雇は2008年2月に第2巡回控訴裁判所によって固められた。[377] 2006年の時点で、ベトナム政府はベトナムにダイオキシン中毒の犠牲者が400万人を超えると推定しているが、米国政府はエージェントオレンジとベトナムのダイオキシン中毒の犠牲者との間の決定的な科学的つながりを否定している。ベトナム南部の一部の地域では、ダイオキシンレベルは受け入れられている国際基準の100倍を超えています。[378]

米国退役軍人局は、エージェントオレンジに曝露された退役軍人の子供たちの前立腺がん呼吸器がん多発性骨髄腫2型糖尿病B細胞リンパ腫軟部肉腫、クロロアクネ晩発性皮膚ポルフィリン症末梢神経障害、脊椎ビフィダをリストアップしています。[379]

死傷者

ベトナム戦争での軍の死(1955–1975)
米国[380] 南ベトナム
1956〜1959 4 na
1960年 5 2,223
1961年 16 4,004
1962年 53 4,457
1963年 122 5,665
1964年 216 7,457
1965年 1,928 11,242
1966 6,350 11,953
1967 11,363 12,716
1968 16,899 27,915
1969 11,780 21,833
1970 6,173 23,346
1971 2,414 22,738
1972 759 39,587
1973 68 27,901
1974 1 31,219
1975 62 n.a.
After 1975 7 n.a.
Total 58,220 >254,256[36]: 275 

Estimates of the number of casualties vary, with one source suggesting up to 3.8 million violent war deaths in Vietnam for the period 1955 to 2002.[381] A detailed demographic study calculated 791,000–1,141,000 war-related deaths during the war for all of Vietnam, for both military and civilians.[26] Between 195,000 and 430,000 South Vietnamese civilians died in the war.[27]: 450–3 [35] Extrapolating from a 1969 US intelligence report, Guenter Lewy estimated 65,000 North Vietnamese civilians died in the war.[27]: 450–3  Estimates of civilian deaths caused by American bombing of North Vietnam in Operation Rolling Thunder range from 30,000[16]: 176, 617  to 182,000.[382] A 1975 US Senate subcommittee estimated 1.4 million South Vietnamese civilians casualties during the war, including 415,000 deaths.[276]: 12 

The military forces of South Vietnam suffered an estimated 254,256 killed between 1960 and 1974 and additional deaths from 1954 to 1959 and in 1975.[36]: 275  Other estimates point to higher figures of 313,000 casualties.[82] The official US Department of Defense figure was 950,765 PAVN/VC forces killed in Vietnam from 1965 to 1974. Defense Department officials believed that these body count figures need to be deflated by 30 percent. Guenter Lewy asserts that one-third of the reported "enemy" killed may have been civilians, concluding that the actual number of deaths of PAVN/VC military forces was probably closer to 444,000.[27]: 450–3 

Cemetery for ten unmarried girls who volunteered for logistical activities, who died in a B-52 raid at Đồng Lộc Junction, a strategic junction along the Ho Chi Minh trail

According to figures released by the Vietnamese government there were 849,018 military deaths on the PAVN/VC side during the war.[29][30] The Vietnamese government released its estimate of war deaths for the more lengthy period of 1955 to 1975. This figure includes battle deaths of Vietnamese soldiers in the Laotian and Cambodian Civil Wars, in which the PAVN was a major participant. Non-combat deaths account for 30 to 40% of these figures.[29] However, the figures do not include deaths of South Vietnamese and allied soldiers.[53] It is unclear whether the Vietnamese government figures includes the 300,000–500,000 PAVN/VC missing in action.[383]

US reports of "enemy KIA", referred to as body count were thought to have been subject to "falsification and glorification", and a true estimate of PAVN/VC combat deaths may be difficult to assess, as US victories were assessed by having a "greater kill ratio".[384][385] It was difficult to distinguish between civilians and military personnel on the Viet Cong side as many persons were part-time guerrillas or impressed labourers who did not wear uniforms[386][387] and civilians killed were sometimes written off as enemy killed because high enemy casualties was directly tied to promotions and commendation.[180]: 649–50 [388][389]

Between 275,000[56] and 310,000[57] Cambodians were estimated to have died during the war including between 50,000 and 150,000 combatants and civilians from US bombings.[390] 20,000–62,000 Laotians also died,[54] and 58,281 U.S. military personnel were killed,[39] of which 1,584 are still listed as missing as of March 2021.[391]

In popular culture

Stone plaque with photo of the "Thương tiếc" (Mourning Soldier) statue, originally, installed at the Republic of Vietnam National Military Cemetery. The original statue was demolished in April 1975.

The Vietnam War has been featured extensively in television, film, video games, music and literature in the participant countries. In Vietnam, one notable film set during Operation Linebacker II was the film Girl from Hanoi (1975) depicting war-time life in Hanoi. Another notable work was the diary of Đặng Thùy Trâm, a Vietnamese doctor who enlisted in the Southern battlefield, and was killed at the age of 27 by U.S. forces near Quảng Ngãi. Her diaries were later published in Vietnam as Đặng Thùy Trâm's Diary (Last Night I Dreamed Of Peace), where it became a best-seller and was later made into a film Don't Burn (Đừng Đốt). In Vietnam the diary has often been compared to The Diary of Anne Frank and both are used in literary education.[392] Another Vietnamese film produced was The Abandoned Field: Free Fire Zone (Cánh đồng hoang) in 1979 which weaves the narrative of living on the ground in a US "free-fire zone" as well as perspectives from US helicopters.

In American popular culture, the "Crazy Vietnam Veteran", who was suffering from post-traumatic stress disorder, became a common stock character after the war.

One of the first major films based on the Vietnam War was John Wayne's pro-war The Green Berets (1968). Further cinematic representations were released during the 1970s and 1980s, some of the most noteworthy examples being Michael Cimino's The Deer Hunter (1978), Francis Ford Coppola's Apocalypse Now (1979), Oliver Stone's Platoon (1986) – based on his service in the U.S. Army during the Vietnam War, Stanley Kubrick's Full Metal Jacket (1987). Other Vietnam War films include Hamburger Hill (1987), Casualties of War (1989), Born on the Fourth of July (1989), The Siege of Firebase Gloria (1989), Forrest Gump (1994), We Were Soldiers (2002) and Rescue Dawn (2007).[16]

The war also influenced a generation of musicians and songwriters in Vietnam, the United States, and throughout the world, both anti-war and pro/anti-communist, with the Vietnam War Song Project having identified 5,000+ songs about or referencing the conflict.[393] The band Country Joe and the Fish recorded The "Fish" Cheer/I-Feel-Like-I'm-Fixin'-to-Die Rag in 1965, and it became one of the most influential anti-Vietnam protest anthems.[16] Many songwriters and musicians supported the anti-war movement, including Pete Seeger, Joan Baez, Bob Dylan, Peggy Seeger, Ewan MacColl, Barbara Dane, The Critics Group, Phil Ochs, John Lennon, John Fogerty, Nina Simone, Neil Young, Tom Paxton, Jimmy Cliff and Arlo Guthrie. The modern classical composer George Crumb composed a string quartet, a threnody, regarding the war in 1970 titled Black Angels.

Myths

Myths play a central role in the historiography of the Vietnam War, and have become a part of the culture of the United States. Much like the general historiography of the war, discussion of myth has focused on U.S. experiences, but changing myths of war have also played a role in Vietnamese and Australian historiography.

Recent scholarship has focused on "myth-busting",[367]: 373  attacking the previous orthodox and revisionist schools of American historiography of the Vietnam War. This scholarship challenges myths about American society and soldiery in the Vietnam War.[367]: 373 

Kuzmarov in The Myth of the Addicted Army: Vietnam and the Modern War on Drugs challenges the popular and Hollywood narrative that US soldiers were heavy drug users,[394] in particular the notion that the My Lai massacre was caused by drug use.[367]: 373  According to Kuzmarov, Richard Nixon is primarily responsible for creating the drug myth.[367]: 374 

Michael Allen in Until The Last Man Comes Home also accuses Nixon of myth making, by exploiting the plight of the League of Wives of American Prisoners in Vietnam and the National League of Families of American Prisoners and Missing in Southeast Asia to allow the government to appear caring as the war was increasingly considered lost.[367]: 376  Allen's analysis ties the position of potential missing or prisoner Americans into post-war politics and recent presidential elections, including the Swift boat controversy in US electoral politics.[367]: 376–7 

Commemoration

On 25 May 2012, President Barack Obama issued a proclamation of the commemoration of the 50th Anniversary of the Vietnam War.[395][396] On 10 November 2017, President Donald Trump issued an additional proclamation commemorating the 50th Anniversary of the Vietnam War.[397][398]

See also

Annotations

  1. ^ Sweden sent humanitarian support to North Vietnam, offered political and diplomatic opposition to the US, and harbored American deserters. See:[1]
  2. ^ a b Due to the early presence of U.S. troops in Vietnam the start date of the Vietnam War is a matter of debate. In 1998, after a high level review by the Department of Defense (DoD) and through the efforts of Richard B. Fitzgibbon's family the start date of the Vietnam War according to the US government was officially changed to 1 November 1955.[5] U.S. government reports currently cite 1 November 1955 as the commencement date of the "Vietnam Conflict", because this date marked when the U.S. Military Assistance Advisory Group (MAAG) in Indochina (deployed to Southeast Asia under President Truman) was reorganized into country-specific units and MAAG Vietnam was established.[6]: 20  Other start dates include when Hanoi authorized Viet Cong forces in South Vietnam to begin a low-level insurgency in December 1956,[7] whereas some view 26 September 1959, when the first battle occurred between the Viet Cong and the South Vietnamese army, as the start date.[8]
  3. ^ According to Hanoi's official history, the Viet Cong was a branch of the People's Army of Vietnam.[10]
  4. ^ Upper figure initial estimate, later thought to be inflated by at least 30% (lower figure)[26][27]: 450–3 
  5. ^ a b c The figures of 58,220 and 303,644 for U.S. deaths and wounded come from the Department of Defense Statistical Information Analysis Division (SIAD), Defense Manpower Data Center, as well as from a Department of Veterans fact sheet dated May 2010; the total is 153,303 WIA excluding 150,341 persons not requiring hospital care[42] the CRS (Congressional Research Service) Report for Congress, American War and Military Operations Casualties: Lists and Statistics, dated 26 February 2010,[43] and the book Crucible Vietnam: Memoir of an Infantry Lieutenant.[6]: 65, 107, 154, 217  Some other sources give different figures (e.g. the 2005/2006 documentary Heart of Darkness: The Vietnam War Chronicles 1945–1975 cited elsewhere in this article gives a figure of 58,159 U.S. deaths,[44] and the 2007 book Vietnam Sons gives a figure of 58,226)[45]
  6. ^ The Military Assistance Advisory Group, Indochina (with an authorized strength of 128 men) was set up in September 1950 with a mission to oversee the use and distribution of U.S. military equipment by the French and their allies.
  7. ^ Shortly after the assassination of Kennedy, when McGeorge Bundy called LBJ on the phone, LBJ responded: "Goddammit, Bundy. I've told you that when I want you I'll call you."[128]
  8. ^ On 8 March 1965 the first American combat troops, the Third Marine Regiment, Third Marine Division, began landing in Vietnam to protect the Da Nang Air Base.[196][197]
  9. ^ They were: Senators John C. Stennis (MS) and Richard B. Russell Jr. (GA) and Representatives Lucius Mendel Rivers (SC), Gerald R. Ford (MI) and Leslie C. Arends (IL). Arends and Ford were leaders of the Republican minority and the other three were Democrats on either the Armed Services or Appropriations committees.
  10. ^ A study by Jacqueline Desbarats and Karl D. Jackson estimated that 65,000 South Vietnamese were executed for political reasons between 1975 and 1983, based on a survey of 615 Vietnamese refugees who claimed to have personally witnessed 47 executions. However, "their methodology was reviewed and criticized as invalid by authors Gareth Porter and James Roberts." 16 of the 47 names used to extrapolate this "bloodbath" were duplicates; this extremely high duplication rate (34%) strongly suggests Desbarats and Jackson were drawing from a small number of total executions. Rather than arguing that this duplication rate proves there were very few executions in post-war Vietnam, Porter and Roberts suggest it is an artifact of the self-selected nature of the participants in the Desbarats-Jackson study, as the authors followed subjects's recommendations on other refugees to interview.[326] Nevertheless, there exist unverified reports of mass executions.[327]

References

The references for this article are grouped in three sections.

  • Citations: references for the in-line, numbered superscript references contained within the article.
  • Main sources: the main works used to build the content of the article, but not referenced as in-line citations.
  • Additional sources: additional works used to build the article

Citations

  1. ^ Logevall, Fredrik (1993). "The Swedish-American Conflict over Vietnam". Diplomatic History. 17 (3): 421–445. doi:10.1111/j.1467-7709.1993.tb00589.x. JSTOR 24912244. Retrieved 29 July 2021.
  2. ^ Moise, Edwin E. (1996). Tonkin Gulf and the Escalation of the Vietnam War. Univ of North Carolina Press. pp. 3–4. ISBN 978-0-8078-2300-2.
  3. ^ "Chapter Three: 1957–1969 Early Relations between Malaysia and Vietnam" (PDF). University of Malaya Student Repository. p. 72. Retrieved 17 October 2015.
  4. ^ Tunku Abdul Rahman Putra Al-Haj (Profiles of Malaysia's Foreign Ministers) (PDF). Institute of Diplomacy and Foreign Relations (IDFR), Ministry of Foreign Affairs (Malaysia). 2008. p. 31. ISBN 978-983-2220-26-8. Archived from the original (PDF) on 16 October 2015. Retrieved 17 October 2015. The Tunku had been personally responsible for Malaya's partisan support of the South Vietnamese regime in its fight against the Vietcong and, in reply to a Parliamentary question on 6 February 1962, he had listed all the used weapons and equipment of the Royal Malaya Police given to Saigon. These included a total of 45,707 single-barrel shotguns, 611 armoured cars and smaller numbers of carbines and pistols. Writing in 1975, he revealed that "we had clandestinely been giving 'aid' to Vietnam since early 1958. Published American archival sources now reveal that the actual Malaysian contributions to the war effort in Vietnam included the following: "over 5,000 Vietnamese officers trained in Malaysia; training of 150 U.S. soldiers in handling Tracker Dogs; a rather impressive list of military equipment and weapons given to Viet-Nam after the end of the Malaysian insurgency (for example, 641 armored personnel carriers, 56,000 shotguns); and a creditable amount of civil assistance (transportation equipment, cholera vaccine, and flood relief)". It is undeniable that the Government's policy of supporting the South Vietnamese regime with arms, equipment and training was regarded by some quarters, especially the Opposition parties, as a form of interfering in the internal affairs of that country and the Tunku's valiant efforts to defend it were not convincing enough, from a purely foreign policy standpoint.
  5. ^ "Name of Technical Sergeant Richard B. Fitzgibbon to be added to the Vietnam Veterans Memorial". Department of Defense (DoD). Archived from the original on 20 October 2013.
  6. ^ a b Lawrence, A.T. (2009). Crucible Vietnam: Memoir of an Infantry Lieutenant. McFarland. ISBN 978-0-7864-4517-2.
  7. ^ a b Olson & Roberts 2008, p. 67.
  8. ^ a b c d e "Chapter 5, Origins of the Insurgency in South Vietnam, 1954–1960". The Pentagon Papers (Gravel Edition), Volume 1. Boston: Beacon Press. 1971. Section 3, pp. 314–346 – via International Relations Department, Mount Holyoke College.
  9. ^ a b The Paris Agreement on Vietnam: Twenty-five Years Later (Conference Transcript). Washington, DC: The Nixon Center. April 1998. Retrieved 5 September 2012 – via International Relations Department, Mount Holyoke College.
  10. ^ Military History Institute of Vietnam 2002, p. 182. "By the end of 1966 the total strength of our armed forces was 690,000 soldiers."
  11. ^ Doyle, Edward; Lipsman, Samuel; Maitland, Terence (1986). The Vietnam Experience The North. Time Life Education. pp. 45–9. ISBN 978-0-939526-21-5.
  12. ^ a b Moïse, Edwin (2005). The A to Z of the Vietnam War. The Scarecrow Press. ISBN 978-1-4617-1903-8.
  13. ^ a b "China admits 320,000 troops fought in Vietnam". Toledo Blade. Reuters. 16 May 1989. Retrieved 24 December 2013.
  14. ^ Roy, Denny (1998). China's Foreign Relations. Rowman & Littlefield. p. 27. ISBN 978-0-8476-9013-8.
  15. ^ a b c d e Womack, Brantly (2006). China and Vietnam. p. 179. ISBN 978-0-521-61834-2.
  16. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q Tucker, Spencer C (2011). The Encyclopedia of the Vietnam War: A Political, Social, and Military History. ABC-CLIO. ISBN 978-1-85109-960-3.
  17. ^ "Area Handbook Series Laos". Retrieved 1 November 2019.
  18. ^ O'Ballance, Edgar (1982). Tracks of the bear: Soviet imprints in the seventies. Presidio. p. 171. ISBN 978-0-89141-133-8.
  19. ^ Pham Thi Thu Thuy (1 August 2013). "The colorful history of North Korea-Vietnam relations". NK News. Retrieved 3 October 2016.
  20. ^ Le Gro, William (1985). Vietnam from ceasefire to capitulation (PDF). US Army Center of Military History. p. 28. ISBN 978-1-4102-2542-9.
  21. ^ Pike, John. "Cambodia Civil War, 1970s". www.globalsecurity.org.
  22. ^ "The rise of Communism". www.footprinttravelguides.com. Archived from the original on 17 November 2010. Retrieved 31 May 2018.
  23. ^ "Hmong rebellion in Laos". Members.ozemail.com.au. Retrieved 11 April 2021.
  24. ^ "Vietnam War Allied Troop Levels 1960–73". Archived from the original on 2 August 2016. Retrieved 2 August 2016., accessed 7 November 2017
  25. ^ Pike, John. "Pathet Lao Uprising". Globalsecurity.org.
  26. ^ a b c d e f g Hirschman, Charles; Preston, Samuel; Vu, Manh Loi (December 1995). "Vietnamese Casualties During the American War: A New Estimate" (PDF). Population and Development Review. 21 (4): 783. doi:10.2307/2137774. JSTOR 2137774.
  27. ^ a b c d e f g h i j Lewy, Guenter (1978). America in Vietnam. Oxford University Press. ISBN 978-0-19-987423-1.
  28. ^ "Battlefield:Vietnam – Timeline". PBS.
  29. ^ a b c "Chuyên đề 4 CÔNG TÁC TÌM KIẾM, QUY TẬP HÀI CỐT LIỆT SĨ TỪ NAY ĐẾN NĂM 2020 VÀ NHỮNG NĂM TIẾP THEO". Datafile.chinhsachquandoi.gov.vn. Retrieved 11 April 2021.
  30. ^ a b "Công tác tìm kiếm, quy tập hài cốt liệt sĩ từ nay đến năm 2020 và những năn tiếp theo" [The work of searching and collecting the remains of martyrs from now to 2020 and the next] (in Vietnamese). Ministry of Defence, Government of Vietnam. Archived from the original on 17 December 2018. Retrieved 11 June 2018.
  31. ^ Joseph Babcock (29 April 2019). "Lost Souls: The Search for Vietnam's 300,000 or More MIAs". Pulitzer Centre. Retrieved 28 June 2021.
  32. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad ae af ag ah ai aj ak al am an ao ap aq ar as at au av aw ax ay az ba bb Hastings, Max (2018). Vietnam an epic tragedy, 1945–1975. Harper Collins. ISBN 978-0-06-240567-8.
  33. ^ James F. Dunnigan; Albert A. Nofi (2000). Dirty Little Secrets of the Vietnam War: Military Information You're Not Supposed to Know. Macmillan. ISBN 978-0-312-25282-3.
  34. ^ "North Korea fought in Vietnam War". BBC News Online. 31 March 2000. Retrieved 18 October 2015.
  35. ^ a b Thayer, Thomas C. (1985). War Without Fronts: The American Experience in Vietnam. Westview Press. ISBN 978-0-8133-7132-0.
  36. ^ a b c Clarke, Jeffrey J. (1988). United States Army in Vietnam: Advice and Support: The Final Years, 1965–1973. Center of Military History, United States Army. The Army of the Republic of Vietnam suffered 254,256 recorded combat deaths between 1960 and 1974, with the highest number of recorded deaths being in 1972, with 39,587 combat deaths
  37. ^ a b c d Rummel, R.J (1997), "Table 6.1A. Vietnam Democide : Estimates, Sources, and Calculations" (GIF), Freedom, Democracy, Peace; Power, Democide, and War, University of Hawaii System
  38. ^ "The Fall of South Vietnam" (PDF). Rand.org. Retrieved 11 April 2021.
  39. ^ a b Vietnam Veterans Memorial Fund (4 May 2021). "2021 NAME ADDITIONS AND STATUS CHANGES ON THE VIETNAM VETERANS MEMORIAL" (Press release).
  40. ^ National Archives–Vietnam War U.S. Military Fatal Casualties, 15 August 2016, retrieved 29 July 2020
  41. ^ "Vietnam War U.S. Military Fatal Casualty Statistics: HOSTILE OR NON-HOSTILE DEATH INDICATOR." U.S. National Archives. 29 April 2008. Accessed 13 July 2019.
  42. ^ America's Wars (PDF) (Report). Department of Veterans Affairs. May 2010. Archived from the original (PDF) on 24 January 2014.
  43. ^ Anne Leland; Mari–Jana "M-J" Oboroceanu (26 February 2010). American War and Military Operations: Casualties: Lists and Statistics (PDF) (Report). Congressional Research Service.
  44. ^ Aaron Ulrich (editor); Edward FeuerHerd (producer and director) (2005, 2006). Heart of Darkness: The Vietnam War Chronicles 1945–1975 (Box set, Color, Dolby, DVD-Video, Full Screen, NTSC, Dolby, Vision Software) (Documentary). Koch Vision. Event occurs at 321 minutes. ISBN 1-4172-2920-9.
  45. ^ a b Kueter, Dale (2007). Vietnam Sons: For Some, the War Never Ended. AuthorHouse. ISBN 978-1-4259-6931-8.
  46. ^ T. Lomperis, From People's War to People's Rule (1996)
  47. ^ "Australian casualties in the Vietnam War, 1962–72". Australian War Memorial. Retrieved 29 June 2013.
  48. ^ "Overview of the war in Vietnam". New Zealand and the Vietnam War. 16 July 1965. Archived from the original on 26 July 2013. Retrieved 29 June 2013.
  49. ^ "America Wasn't the Only Foreign Power in the Vietnam War". 2 October 2013. Retrieved 10 June 2017.
  50. ^ "Vietnam Reds Said to Hold 17 From Taiwan as Spies". The New York Times. 1964.
  51. ^ Larsen, Stanley (1975). Vietnam Studies Allied Participation in Vietnam (PDF). Department of the Army. ISBN 978-1-5176-2724-9.
  52. ^ "Asian Allies in Vietnam" (PDF). Embassy of South Vietnam. March 1970. Retrieved 18 October 2015.
  53. ^ a b Shenon, Philip (23 April 1995). "20 Years After Victory, Vietnamese Communists Ponder How to Celebrate". The New York Times. Retrieved 24 February 2011. The Vietnamese government officially claimed a rough estimate of 2 million civilian deaths, but it did not divide these deaths between those of North and South Vietnam.
  54. ^ a b c d e f Obermeyer, Ziad; Murray, Christopher J L; Gakidou, Emmanuela (23 April 2008). "Fifty years of violent war deaths from Vietnam to Bosnia: analysis of data from the world health survey programme". British Medical Journal. 336 (7659): 1482–1486. doi:10.1136/bmj.a137. PMC 2440905. PMID 18566045. From 1955 to 2002, data from the surveys indicated an estimated 5.4 million violent war deaths ... 3.8 million in Vietnam
  55. ^ a b c Heuveline, Patrick (2001). "The Demographic Analysis of Mortality Crises: The Case of Cambodia, 1970–1979". Forced Migration and Mortality. National Academies Press. pp. 102–04, 120, 124. ISBN 978-0-309-07334-9. As best as can now be estimated, over two million Cambodians died during the 1970s because of the political events of the decade, the vast majority of them during the mere four years of the 'Khmer Rouge' regime. ... Subsequent reevaluations of the demographic data situated the death toll for the [civil war] in the order of 300,000 or less.
  56. ^ a b c Banister, Judith; Johnson, E. Paige (1993). Genocide and Democracy in Cambodia: The Khmer Rouge, the United Nations and the International Community. Yale University Southeast Asia Studies. p. 97. ISBN 978-0-938692-49-2. An estimated 275,000 excess deaths. We have modeled the highest mortality that we can justify for the early 1970s.
  57. ^ a b c Sliwinski, Marek (1995). Le Génocide Khmer Rouge: Une Analyse Démographique [The Khmer Rouge genocide: A demographic analysis]. L'Harmattan. pp. 42–43, 48. ISBN 978-2-7384-3525-5.
  58. ^ a b Factasy. "The Vietnam War or Second Indochina War". PRLog. Retrieved 29 June 2013.
  59. ^ "Vietnam War". Encyclopædia Britannica. Retrieved 5 March 2008. Meanwhile, the United States, its military demoralized and its civilian electorate deeply divided, began a process of coming to terms with defeat in its longest and most controversial war
  60. ^ Friedman, Herbert. "Allies of the Republic of Vietnam". Retrieved 1 May 2019.
  61. ^ Lind, Michael (1999). "Vietnam, The Necessary War: A Reinterpretation of America's Most Disastrous Military Conflict". The New York Times. Retrieved 17 January 2014.
  62. ^ Eckhardt, George (1991). Vietnam Studies Command and Control 1950–1969. Department of the Army. p. 6. Archived from the original on 19 October 2017. Retrieved 31 October 2014.
  63. ^ a b c d e f g Ang, Cheng Guan (2002). The Vietnam War from the Other Side. RoutledgeCurzon. ISBN 978-0-7007-1615-9.
  64. ^ a b "Vietnam War Allied Troop Levels 1960–73". Archived from the original on 2 August 2016. Retrieved 1 June 2018.
  65. ^ Li, Xiaobing (2010). Voices from the Vietnam War: Stories from American, Asian, and Russian Veterans. University Press of Kentucky. p. 85. ISBN 978-0-8131-7386-3.
  66. ^ Military History Institute of Vietnam 2002, pp. 247–249.
  67. ^ Kiernan, Ben. "Viet Nam: A History from Earliest Times to the Present". Oxford University Press, Feb. 2017, page 447.
  68. ^ a b c d e Kolko, Gabriel (1985). Anatomy of a War: Vietnam, the United States, and the Modern Historical Experience. Pantheon Books. ISBN 978-0-394-74761-3.