獣医歯科

ウィキペディアから、無料の百科事典
ナビゲーションにジャンプ 検索にジャンプ

歯科予防を受けている犬

獣医歯科は、動物の世話に適用される歯科の分野ですそれは、口腔、顎顔面領域、および動物に関連するそれに関連する構造の状態、疾患、および障害の予防、診断、および治療の芸術および科学である。

米国で、獣医歯科は、 American Veterinary Medical Association(AVMA)によって承認された20の獣医専門分野の1つです。[1]獣医歯科医は、歯内療法口腔および顎顔面の放射線および外科、口腔医学歯列矯正小児歯科学、歯周療法、および補綴の分野でサービスを提供しています人間の歯科医と同様に、彼らは骨折不正咬合口腔癌歯周病などの状態を治療します 口内炎、および獣医学に特有のその他の状態(例:猫の歯垢吸収性病変)。

一部の動物には、馬の日常業務を行う 馬の歯科技工士などの専門の歯科技工士がいます。

概要

獣医歯科および経口医学および外科手術の実践は、州の獣医実践行為に従って獣医によって実施されます。獣医医療従事者は、州の規制に従って、認可された獣医の直接の監督下で、特定の非侵襲的、非外科的口腔および歯科手術を行うことを許可される場合があります。[2]獣医診療の他の分野と同様に、獣医歯科は、動物の健康、安全、および福祉を保護するために獣医-クライアント-患者の関係を必要とします。

獣医歯科の最も重要な分野の1つは、犬や猫の最も一般的な歯の状態である歯周病に対処することです。3歳のペットは歯周病の初期の証拠を示す可能性があり、効果的な予防策を講じないと悪化します。進行した歯周病は深刻な問題や痛みを引き起こす可能性があるため、早期発見と治療が重要です。[3]

歯の問題に起因する痛みは、所有者や専門家によって認識されることはめったにありません。歯の問題のために動物が食欲不振になることはめったにありません。これの例外は、例えば慢性歯肉口内炎などの重度の軟部組織損傷の場合です。一般的に、歯の痛みは慢性的な痛みであり、飼い主がペットの健康状態を報告するのは治療後のことです。痛みは、年をとったばかりのペットと間違われることがよくあります。毎日の在宅ケアを行わない限り、ペットの歯を調べるクライアントはほとんどいないため、実際の歯の問題は見過ごされがちです。

鼻汁や外面の腫れなど、歯科疾患に関連する可能性のある症状を認識することが優先されることがよくあります。場合によっては、歯科患者は神経学的症状のように見えるものを呈することがあります。[4]

馬では、継続的な放牧は歯の摩耗につながります。また、馬の長冠歯の継続的な発達により、歯冠の摩耗が発生し、ギザギザで鋭いエッジが生じ、摩耗が不均一になる可能性があります。馬の歯科治療は、「しゃがむ」、または食事中に食べ物を口から落とす、頬や舌の潰瘍、ビットに対する抵抗または異常な過敏症、根の膿瘍、頬下部の感染による下顎瘻の発生を防ぐように設計されています歯、および世論調査での屈曲の困難。[5]

口腔疾患

歯周病

歯周病の犬

最も一般的で重大な口腔疾患は、歯のより深い支持構造と歯周組織の周囲組織の炎症です。歯周病歯周炎とも呼ばれます。[6]それはプラーク、特に歯肉溝または歯周ポケット内の歯肉縁下プラークの形成から始まります。これにより、バクテリアの増殖が可能になります。その後の炎症と動物自身の免疫応答が歯周病の進行を開始します。歯周炎の特徴は、歯槽骨からの歯の付着喪失です。歯周炎は、動物が高度な歯周手術技術で治療されない限り、不可逆的なプロセスです。[7]

歯周病の結果

歯周病は最終的に歯の喪失に至ります。ただし、重大な健康問題がこれに先行する可能性があります。局所的な影響には、口腔鼻瘻または歯周歯内病変の発生、眼の感染症または膿瘍、顎骨折、骨髄炎、および口腔癌が含まれます。[7]

全身の結果は複数の臓器に影響を及ぼします。たとえば、歯周病による細菌血症は、組織の炎症、門脈線維症胆汁うっ滞を引き起こす可能性があります。免疫系の慢性的な刺激は、腎臓の免疫複合体を引き起こし、糸球体腎炎、慢性の腎臓の炎症と二次的な瘢痕化、腎臓の機能と濾過能力の低下、慢性の腎臓病を引き起こす可能性があります。循環する細菌が心臓弁に付着し、心内膜炎高血圧のリスクが高まるため、細菌血症も心臓に影響を及ぼします、および心臓組織の上皮の粗面化。炎症性タンパク質の増加により、インスリン抵抗性などの代謝変化がある可能性があります。[7]

歯肉炎

歯肉炎の犬

歯肉炎は歯周病の最も初期の段階です。これは歯肉の炎症であり、歯垢によって引き起こされますが、可逆的で予防可能です。

歯肉炎は歯茎の縁に沿って細い赤い線として現れ、歯茎の縁の腫れ、口臭、歯垢、歯石を伴うことがあります。[8]歯肉炎の最も初期の臨床徴候は、プロービング、咀嚼、またはブラッシングでの出血です。

口腔疾患の兆候と症状

口腔疾患の最も一般的な兆候は次のとおりです。

  • 口臭
  • 壊れたまたは変色した歯
  • 摂食行動の変化
  • 顔をこすったり、足を引っ張ったりする
  • 唾液分泌過多
  • 口からの出血。
  • 口を開閉できない、または口を閉じたくない
  • 気質の変化
  • 罹患率
  • 減量

診断

ほとんどのペットの飼い主は、自分のペットに口の問題があることに気づいていません。そのため、虫歯の検査は、獣医師が行うすべての身体検査の一部を構成する必要があります。全米動物病院協会(AAHA)とAVMAの現在の犬の予防医療ガイドラインと猫の予防医療ガイドラインはどちらも、毎年の獣医検査中の評価の一部として歯科治療を含んでいます。意識のある動物の口頭検査は限られた情報しか提供できず、最終的な口頭検査は全身麻酔下でのみ行うことができます。問題を特定し、最適な口腔の健康を確保するために、検査は少なくとも年に1回行われることになっています。[3]

主な不満が口である場合でも、動物全体を検査することは日常的です。いくつかの歯科疾患は、全身の問題の結果である可能性があり、いくつかは、腎臓、肝臓、および心筋の変化を含む全身の合併症を引き起こす可能性があります。すべての場合において、歯科処置には全身麻酔が必要であるため、リスクや合併症を回避するために、心臓血管および呼吸の状態と患者の生理学的価値を確立することが重要です。

X線撮影

顎と歯茎の下の歯根の健康状態を評価するために、X線写真(X線)が必要になる場合がありますほとんどの歯科疾患は歯肉線の下で発生し、目に見えません。[3]歯科X線撮影の適応症のいくつかは次のとおりです。

  • 歯周病によって引き起こされる骨レベルと骨量減少のタイプの評価。
  • 根尖病変、歯髄露出、および排液瘻を含む歯内疾患の評価
  • 腫瘍や骨折を含む、口腔の軟組織と硬組織の病理。
  • 顎関節機能障害の評価
  • 歯の吸収性病変、歯冠または歯根の骨折、余分な根、または拡張した根を含む歯冠/根の病理。
  • 抜歯前後の部位の比較。
  • 根管治療。
  • 部分性無歯症(ほとんどの歯がない)または余分な歯。
  • 動物の歯の発達と年代順の歯の年齢の評価。[9]

口の異常、異常、および欠陥

獣医の診療では、ペットの歯の異常、異常、または欠陥に遭遇することがあります。1つまたは複数の歯が関与している可能性があり、審美性、機能、患者の快適さ、またはこれらの問題の組み合わせが懸念される場合があります。原因は、先天性発達性、またはライフスタイルの要因による可能性があります。

不正咬合

不正咬合は、顎が閉じているときの歯の不完全な配置です。正常な咬合の犬と猫では、上顎切歯は下顎切歯の前にあり、下顎犬歯は上顎犬歯と第3小臼歯の間の歯隙に適合し、上顎第1臼歯下顎第1小臼歯の後ろに適合します。下顎第一大臼歯と重なる逸脱は不正咬合と呼ばれ、クラスごとに分けられます。

クラスI不正咬合(MAL / 1)

ニュートロクルージョンとも呼ばれるMAL/1は、上顎下顎の比率が正しく、1つまたは複数の歯の位置がずれている場合に発生します。このタイプの不正咬合は、タイプによってさらに分類されます。

  • 吻側交叉咬合(RXB)– 1つまたは複数の上顎切歯がずれているため、下顎切歯の前ではなく後ろにあります。保持された落葉性(乳児)上顎切歯が原因である可能性があり、成人の切歯の正常な発疹を防ぎます。
  • 尾側交叉咬合(CXB)–下顎は小臼歯の領域で上顎よりも幅が広いです。上顎第一大臼歯が頬の内側に寄りかかって(頬側咬合)、下顎第一大臼歯が舌に寄りかかっている(舌側咬合)代わりに、位置関係が逆になります。これは、長頭症の頭のタイプ(頭蓋骨が長い)でよく見られます
  • Linguoversion(LV)–下部犬歯は正しい解剖学的位置にありますが、舌に向かって内側に傾斜しているため、口蓋組織(口蓋)に外傷を引き起こす可能性があります。
  • Mesioversion(MV)–歯が歯列弓の正しい解剖学的位置にあるが、通常よりも前方に傾いている場合に発生します。
  • ラビオバージョン(LABV)–切歯または犬歯が歯列弓の正しい解剖学的位置にあるが、唇に向かって角度が付いている場合に発生します。
  • Distoversion(DV)–歯が歯列弓の正しい解剖学的位置にあるが、通常よりも後ろに傾いている場合に発生します。
  • Buccoversion(BV)–歯が歯列弓の正しい解剖学的位置にあるが、頬に向かって外側に傾いている場合に発生します。[10]

クラスII不正咬合(MAL / 2)

解離、短剣症、オーバーショット顎、オーバーバイト、オウムの口とも呼ばれるMAL / 2は、上の歯が下の同等物の前にあるときに発生します。上顎は前方にあり(上顎前突症)、下顎は後方にあります(下顎後退症)。これは、コリーなどの長頭症の頭蓋骨持つ動物でより一般的です。[11]これは馬の最も一般的な口の先天性欠損症です。[12]

クラスIII不正咬合(MAL / 3)

アンダーバイトの英語ブルドッグ

メシオ閉塞、突顎、アンダーショットジョー、アンダーバイトとも呼ばれるMAL / 3は、上の歯が下の同等物の後ろにあるときに発生します。上顎は後ろにあり(上顎後退)、下顎はにあります(下顎の突顎)。これは、パグなどの短頭頭蓋骨持つ動物でより一般的です。このタイプの不正咬合は、吻側の交叉咬合にも関連していることがよくあります。[11]

その他の不正咬合

  • レベルバイト–切歯のエンドツーエンドバイト。遺伝的には突顎の程度です。
  • 口が痛い–さまざまな片側の咬合異常を指します。一般的に、下顎または上顎の1つの象限にのみ影響します。たとえば、顎の1つのセグメントが、他の半分に対して不均衡なサイズになっています。
  • 部分性無歯症–わずかな歯しか存在しません
  • 無歯症–先天性の歯の欠如
  • 部分性無歯症–1本または数本の歯が欠けています
  • 過剰歯–通常よりも多くの歯が存在する(過剰歯)
  • 保持された落葉性(乳児)の歯–永久歯の噴出が落葉性の歯を押し出さない場合に発生します。これは、おもちゃの犬種の犬によく見られます。[11]

口腔病変および腫瘤

一部の動物は、良性または悪性の可能性がある口腔病変、腫瘤、または成長を発症します。これらは、歯や歯茎の感染症、腫瘍、または遺伝的素因によって引き起こされる可能性があります。ほとんどのペットは、咀嚼や嚥下を困難にするほど大きくなるまで、口の塊の兆候を示しません。口臭、過度のよだれ、または血の混じった口の排出も、口の病変または腫瘤の兆候である可能性があります。

悪性腫瘍

  • 黒色腫–局所リンパ節および肺に広がる癌性腫瘍。骨の破壊は通常、腫瘍の周囲で明らかです。犬で最も一般的に観察されます。猫ではめったにありません。
  • 扁平上皮がん–しばしば潰瘍化する急速に成長する腫瘍。それはゆっくりと広がり、骨組織に侵入します。これは猫で最も一般的な口腔腫瘍であり、犬で2番目に一般的な腫瘍です。
  • 線維肉腫–他の口腔悪性腫瘍よりも若い年齢で発生します。それはゆっくりと転移しますが、積極的に侵襲的です。これは、猫で2番目に一般的な腫瘍であり、犬で3番目に一般的な腫瘍です。
  • 骨肉腫–上顎または下顎の骨に影響を与える可能性があります。口腔骨肉腫は、付属肢のバージョンよりも外科的介入に対してより敏感です。[11]

非悪性腫瘍

  • エプーリス–歯肉腫瘤の総称。タイプを区別するために生検とレントゲン写真が必要です。
  • 末梢歯原性線維腫–歯根膜から成長します。骨組織への侵入がなく、表面がしっかりしていて滑らかです。歯のずれを引き起こす可能性があります。犬に最もよく見られる良性腫瘍です。
  • 末梢癌腫性エナメル上皮腫–成長の遅い腫瘍で、カリフラワーの外観が隆起しており、後の段階で悪性腫瘍に変化する可能性があります。通常、周囲の骨組織に侵入し、積極的な外科的除去が必要です。[4]

吸収性病変

猫の頸部頸部病変または猫の歯石破砕性吸収性病変としても知られている吸収性病変は、猫で最も一般的に観察されますが、他の種でも確認されています。病変は通常、歯の根の間のセメントエナメル接合部と分岐部から始まります。それらは、歯肉または歯髄組織の異常増殖として現れます。病変は、単一の歯(または同時にいくつか)内の象牙質を侵食します。歯髄に達すると急速に広がります。歯冠は正常に見えるかもしれませんが、歯には根がほとんどまたはまったく残っていない可能性があります。これは非常に痛みを伴う状態です。[13]

吸収性病変のある歯は不治であり、予防することはできません。原因の具体的な証拠はありませんが、いくつかの研究では、ビタミンDの過剰が原因であることが示唆されています。[14]抽出が唯一の治療法です。

発達条件

  • 長子音– 1つのエナメル質の起点から2つの別々の歯を形成しようとして、2つのクラウンが1つの単一の根管を共有します。
  • 融合– 2つの歯のつぼみが一緒に成長して、1つの大きな歯を形成します。
  • インパクション–歯が歯茎から噴出できないこと。これは、歯を取り巻く液体で満たされた嚢胞の発生と歯槽骨の破壊を引き起こす可能性があります。
  • 誤った方向の歯–異常な方向に噴出する歯。
  • エナメル質異形成–適切に形成されていないために硬度またはエナメル質の量が不十分です。エナメル質は柔らかく、剥がれ落ちやすく、汚れやすく、表面が粗い、またはくぼみがあり、欠けると下にある象牙質が露出します。[4]

歯のクリーニング

犬では、人間と同様に、毎日の歯磨きは、家庭での予防と歯肉炎および歯周病の進行の予防のためのゴールドスタンダードと見なされています。[15] [16] 60,000人以上の回答者を対象としたスウェーデンの研究によると、犬の飼い主の4%だけが毎日犬の歯を磨いた。[17] [18]

全身麻酔下での基本的な歯のクリーニングには、歯垢、歯石、歯石の沈着物を取り除くためのスケーリング、および歯科用機器と通常の傷みによって引き起こされる微小擦過傷を滑らかにするための研磨が含まれます。抜歯や根管などの歯内治療も行われます。

馬は歯のクリーニングのために鎮静または鎮痛剤を投与されます。歯科予防はしばしば「フローティング」と呼ばれ、手持ち式のラスプまたは電動器具を使用して、切歯および頬の歯の咬合面を粉砕、バランス調整、および再調整します。電動歯科用器具は、歯への熱的および圧力的外傷を避けるために注意深く使用する必要があります。これは、低速グラインダーを長期間1つの場所に放置せずに使用し、軽い圧力を使用し、水洗浄を使用して機器の摩擦による過熱を防止することを意味します。[19]

歯科用器具

歯科用器具は、歯科治療を提供するために使用されるツールです。それらには、歯と周囲の口腔構造 を検査、操作、治療、修復、および除去するためのツールが含まれています。

ハンド楽器

  • キュレット歯茎の上下の歯石を取り除くために使用されます。ルートプレーニングにも使用されます。断面はU字型で、先端は最大2つの鋭いエッジで丸みを帯びています。最も一般的に使用される2つのタイプは、GraceyキュレットとUniversalキュレットです。[11]
  • シックルスケーラー–歯茎の上の歯石を除去するため、および各歯の間の穴、裂け目、発達溝、および領域から歯石を除去するために使用されます。ブレードは真っ直ぐでも湾曲していてもよく、鋭い先端と両側に2つの刃先があります。
  • エクスプローラー–歯の表面を調べて、吸収性病変、虫歯、歯の骨折などの異常を検出するために使用されます。また、歯の​​動揺度を評価するためにも使用されます。最も一般的なタイプは羊飼いのフックです。
  • 歯周プローブ–歯肉退縮を測定するために使用され、歯周病の病期を確認します。それは1mm刻みでマークされている鈍い先端を持っています。プローブを歯肉溝に挿入して、その深さを測定します。犬の通常の溝の深さは、猫では3 mm未満、1mm未満です。[13]
  • エレベーター–歯根をソケットから移動させるために、歯根膜を伸ばし、切断し、引き裂くために使用されます。先端は丸みを帯びたスクープの外観で、鋭いエッジがあり、鋸歯状の場合とそうでない場合があります。
  • Luxator –歯の周りの歯根膜を切断するために使用されます。レバレッジには使用されません。デザインは歯科用エレベーターに似ていますが、歯根膜に簡単にアクセスできるように先端が薄くなっています。
  • 抜歯鉗子–緩めた後の歯の把持と除去に使用されます。また、重い歯石のひび割れや除去にも使用できます。[20]

パワーインスツルメント

  • 超音波スケーラー–歯茎の上の歯石を除去するために使用されます。音波を機械的振動に変換することで高周波で振動する取り外し可能なチップを利用し、微積分のより迅速な除去を可能にします。かなりの量の熱を発生し、歯の表面に長時間放置すると歯髄に熱損傷を引き起こす可能性があります。
  • ソニックスケーラー–歯茎の上の歯石を取り除くために使用されます。圧縮空気を利用し、超音波スケーラーよりも低い周波数で動作します。また、熱による損傷を引き起こす可能性も低くなります。
  • 低速ハンドピース–プロフィアングルと呼ばれるゴム製の先端を利用して、歯の表面のマイクロアブレーションと小さな溝を磨きます。
  • 高速ハンドピース–さまざまな取り外し可能なデンタルバーを利用して、抜歯時に歯を切断し、歯槽骨を除去します。[20]

デンタルチャート

口頭検査の結果はすべて、歯科カルテに記録する必要があります。これらには、欠損、回転、および骨折した歯、歯肉退縮の深さの調査、エナメル質過形成または他のエナメル質欠損、可動性、分岐部の関与、および他の口腔病理が含まれます。チャートは、口腔 の歯列と軟組織の現在の状態を記録するだけでなく、治療計画の策定を可能にするだけでなく、将来の比較のための永続的な記録も提供します。

歯肉炎の重症度は、4つの段階で構成される歯肉指数(GI)を使用してスコアリングされます。

  • ステージ0(GI0)–正常な歯肉が特徴です。
  • ステージ1(GI1)–歯肉組織の軽度の腫れ、いくらかの色の変化、およびプロービング時の出血のない辺縁歯肉炎。
  • ステージ2(GI2)–歯肉組織の中程度の腫れと炎症、およびプロービング時の出血。
  • ステージ3(GI3)–顕著な腫れと炎症、および特発性出血を伴う重度の歯肉炎。[9]

歯周病の重症度は、5つの段階で構成される歯周病指数(PD)を使用してスコアリングされます。

  • ステージ0(PD0)–病気がないことを特徴とします。[9]
  • ステージ1(PD1)–歯肉炎の存在を特徴とします。この段階は、歯石除去、研磨、洗浄、および在宅医療で治療することができます。
  • ステージ2(PD2)–歯槽骨からの歯の付着喪失が25%未満の初期の歯周病。この段階の治療には、局所的に適用される抗菌薬の追加と歯肉縁下スケーリングが含まれます。
  • ステージ3(PD3)–歯槽骨からの歯の付着喪失が25〜50%の確立された歯周病。治療には、抜歯、閉じたまたは開いたルートプレーニング、またはガイド付き組織再生などの高度な歯周治療オプションが含まれます。
  • ステージ4(PD4)–歯槽骨からの歯の付着喪失が50%を超える進行性歯周病。歯の抜歯または切除または追加手術を含む歯周手術が必要です。この段階の予後は守られています。[6]

存在する微積分の量は、次の4つの段階で構成される微積分インデックス(CI)を使用してスコアリングされます。

  • ステージ0(CI0)–微積分は存在しません。
  • ステージ1(CI1)–歯の表面の1/3未満を覆う歯肉線の上のいくつかの結石。
  • ステージ2(CI2)–歯肉線の下の歯石を最小限に抑えながら歯の表面の1/3から2/3を覆う中程度の歯石。
  • ステージ3(CI3)–歯の表面の2/3以上を覆い、歯茎の線より下に伸びる重い歯石。[9]

も参照してください

参照

  1. ^ 「獣医専門組織」2006年5月1日にオリジナルからアーカイブされました2006年8月20日取得
  2. ^ 「獣医歯科の位置」www.avma.org 2019年11月3日取得
  3. ^ abc 「ペット デンタル ケア www.avma.org 2019年11月3日取得
  4. ^ a b c タット、セドリック(2007)。犬と猫の歯科のBSAVAマニュアル(BSAVA英国小動物獣医協会(第3版)。英国:BSAVA。p。200. ISBN 978-0905214870
  5. ^ Asa。、Aiello、Susan。メイズ。メルク獣医マニュアルメルク・アンド・カンパニー、メリアル・リミテッドと協力。ISBN 0-911910-29-8OCLC1297058478 _
  6. ^ ab "犬と猫のため 2019AAHAデンタルケアガイドライン"全米動物病院協会2019年11月27日取得
  7. ^ a b c Niemiec、Brook(2020)。「歯周病の現在の概念」。今日の獣医診療10:78–82。
  8. ^ 「犬の歯肉炎および口内炎」vca_corporate 2019年11月28日取得
  9. ^ a b c d James L. Cook1、DVM; Steven P. Arnoczky2、DVM(2015年3月30日)。「世界小動物獣医協会世界会議議事録、2013年」VIN.com
  10. ^ ベックマン、ブレット。「犬の歯の不正咬合の定義」DVM360
  11. ^ a b c d e Tighe、M.&Brown、M.(2015)。獣医技術者のためのモスビーの包括的なレビュー。ミズーリ州セントルイス:エルゼビア。
  12. ^ 「馬の歯科障害-馬の所有者」MerckVeterinaryManual 2021年1月4日取得
  13. ^ a b 竹内昭、DVM(2014年7月1日)。「世界小動物獣医協会世界会議議事録、2003年」VIN.com
  14. ^ 「歯の吸収」コーネル大学獣医学部2017年10月16日2019年11月11日取得
  15. ^ ハーベイ、コリン; セルフィリッピ、ローリー; Barnvos、Donald(2015年3月)。「歯磨きの頻度が犬のプラークと歯石の蓄積、および歯肉炎に及ぼす影響」。Journal ofVeterinaryDentistry32(1):16–21。土井10.1177/089875641503200102ISSN0898-7564_ PMID26197686_  
  16. ^ Tromp、J.a。H .; Jansen、J .; パイロット、T。(1986)。「ビーグル犬モデルにおける歯肉の健康と歯磨きの頻度」。Journal ofClinicalPeriodontology13(2):164–168。土井10.1111/j.1600-051X.1986.tb01451.xISSN1600-051X_ 
  17. ^ Enlund、Karolina Brunius; ブルニウス、カール; ハンソン、ジャネット; ハグマン、ラグンヴィ; Höglund、奇数バイキング; グスタス、ピア; ペッテッソン、アン(2020年12月)。「犬の在宅ケア-スウェーデンの犬の飼い主、獣医、獣医看護師へのアンケート調査」BMC獣医研究16(1):90 . doi10.1186/s12917-020-02281-yISSN1746-6148_ PMC7081671_ PMID32188446_   
  18. ^ Brunius Enlund、カロリナ。犬の歯科治療; スウェーデンの犬の飼い主、獣医師、獣医師の調査(PDF)
  19. ^ Easley、J.、DVM、MS、DABVP。(2016)。大型動物の歯科の概要-消化器系。2017年9月16日、http://www.merckvetmanual.com/digestive-system/dentistry/overview-of-dentistry-in-large-animalsから取得
  20. ^ a b 「歯科用器具およびメンテナンス(議事録)」dvm3602008年4月1日2019年11月2日取得

外部リンク

組織:

ガイドライン