植生分類

ウィキペディアから、無料の百科事典
ナビゲーションにジャンプ 検索にジャンプ

植生分類は、地表の領域全体で植生を分類およびマッピングするプロセスです。植生の分類は、土地利用、資源環境管理の一環として、州を拠点とする機関によって行われることがよくあります。植生分類の多くの異なる方法が使用されてきました。一般に、林業が木材資源のマッピングに使用する構造分類から、生物多様性管理のための植物相コミュニティのマッピングにシフトしています。古い林業ベースのスキームでは、木質林冠の高さ、種、密度などの要因が考慮されていましたが、植物相コミュニティマッピングでは、気候、土壌タイプ、植物相の関連性などの生態学的要因に重点が移っています。現在、分類マッピングは通常、地理情報システム(GIS)ソフトウェアを使用して行われます。

分類スキーム

以下、いくつかの重要な分類スキーム。

ケッペン(1884)

このスキームは実際には気候分類ですが、植生研究と深い関係があります。

ワーグナー&フォン・シドー(1888)

Wagnervon Sydow(1888)スキーム:Vegetationsgürtel(植生帯):[1]

  • ツンドラ(ツンドラ)
  • Hochgebirgsflora(山の植物相)
  • Vegetationsarme Gebiete(Wüsten)(植生の貧しい地域[砂漠])
  • dergemässigtenゾーン(温帯)
    • 草原(プレーリー)
    • Vorherrschend Nadelwald(主に針葉樹林)
    • Wald(Laub und Nadelwald)und Kulturland(森林[落葉樹林]と耕作地)
  • 熱帯および亜熱帯Gebieten(熱帯および亜熱帯地域)
    • 草原(プレーリー)
    • Wald und Kulturland(森林と耕作地)
    • ウルヴァルト(ジャングル)

温暖化(1895、1909)

温暖化(1895、1909)生態学的クラス:[2] [3]

  • A.土壌(最も広い意味で)は非常に湿っていて、植物は豊富な水を利用できます(少なくともクラス1では)。したがって、地層は多かれ少なかれ水媒性です。
    • クラス1。(水中の地層の)水生植物。
    • クラス2。(沼地の地層の)ヘロファイト。
  • B.土壌は生理学的に乾燥しています。つまり、植物が利用できる水はごくわずかです。したがって、地層は本質的に好乾性の種で構成されています。
    • クラス3。(酸っぱい(酸性)土壌の地層の)オキシロファイト。
    • クラス4。(冷たい土壌の地層の)サイクロファイト。
    • クラス5。塩生植物(塩性土壌の地層)。
  • C.土壌は物理的に乾燥しており、水を保持するそのわずかな力が植生を決定します。気候は二次的な輸入です。したがって、地層は同様に好乾性です。
    • クラス6。岩生植物(岩の上の層の)。
    • クラス7。Psammophytes(砂と砂利の層の)。
    • クラス8。Cherophytes(荒れ地の地層の)。
  • D.気候は非常に乾燥しており、植生の特徴を決定します。土壌の特性は気候によって支配されています。地層も好乾性です:
    • クラス9。(砂漠と草原の地層の)Eremophytes。
    • クラス10。マツバラン綱(サバンナの地層)。
    • クラス11。硬葉樹林の形成(低木と森)。
  • E.土壌は物理的または物理的に乾燥しています:
    • クラス12。針葉樹の形成(森)。
  • F.土壌と気候は、中性層の発達に有利に働きます。
    • クラス13。中生植物。

温暖化の種類のフォーメーション:

  • 1.微細藻類の形成
  • 2.コケ形成
  • 3.ハーブ形成
  • 4.矮性低木形成および低木形成
  • 5.ブッシュウッドまたは低木ウッド
  • 6.森
    • 高い森
    • 木の下で
    • 林床植生
  • 他の
    • 単純なフォーメーション
    • 化合物の形成
    • 混合フォーメーション
    • 二次フォーメーション
    • サブフォーメーション

シンパー(1898、1903)

シンパー(1898、1903)気候の主な形成[必要な説明]タイプ:[4]

  • 森林、森林、ブッシュウッド、低木
  • 草地、牧草地(好湿性または熱帯性)、草原(好乾性)、サバンナ(孤立した木を含む好乾性草地)
  • 砂漠(乾燥または寒い)

ゾーンと地域全体のシンパーフォーメーションタイプ

  • 熱帯地帯の形成
    • 気候の形成
      • 熱帯地方は常に湿っています
        • 雨林
      • 乾季がはっきりしている熱帯地方
        • 森林層(モンスーン林、サバンナ林、とげ林)
        • 草原の形成
      • 熱帯砂漠
    • 土壌形成
      • 熱帯内陸国で
      • 熱帯の海岸で
  • 温帯の形成
    • 気候の形成
      • 暖かい温帯ベルト
        • 亜熱帯地区
        • 常に湿った地区(乾季なし)
        • 湿った夏の地区
        • 湿った冬の地区
      • 冷温帯
      • 温帯砂漠
    • 土壌形成
      • 沿岸の形成
      • ヒース
      • ムーア人
  • 北極圏の形成
    • ツンドラ、コケ-ツンドラ、地衣類-ツンドラ、湿原、オアシス
  • 山岳気候の形成(基底地域、山地地域、高山地域)
    • 熱帯地方では
    • 温帯で
  • 水生植物
    • 海洋植生
    • 淡水植生

Schimper&Faber(1935)

フォーメーションタイプ:[5] [6]

  • 1.熱帯雨林
  • 2.亜熱帯雨林
  • 3.モンスーンの森
  • 4.温帯雨林
  • 5.夏緑の落葉樹林
  • 6.針葉樹林
  • 7.常緑広葉樹林
  • 8.サバンナの森
  • 9.とげの森とスクラブ
  • 10.サバンナ
  • 11.草原と半砂漠
  • 12.ヒース
  • 13.乾燥した砂漠
  • 14.ツンドラと冷たい森
  • 15.冷たい砂漠

Ellenberg&Mueller-Dombois(1967)

Ellenberg and Mueller-Dombois(1967)スキーム:

  • フォーメーションクラスI.閉鎖林
  • フォーメーションクラスII。ウッドランズ
  • フォーメーションクラスIII。Fourrés(低木地または雑木林)
  • フォーメーションクラスIV。ドワーフスクラブと関連コミュニティ
  • フォーメーションクラスV.陸生草本群集
  • フォーメーションクラスVI。砂漠やその他のほとんど植生のない地域
  • フォーメーションクラスVII。水生植物の形成[7]

Oliveira-Filho(2009、2015)

6つの主要な基準(「階層的属性」、主に新熱帯区に適用可能な例示的なカテゴリ)による植生分類:[8] [9]

  • A.基本的な植生の人相
    • 1.森林の人相
    • 2.低木地の人相
    • 3.サバンナの人相
    • 4.草地の人相
    • 5.人相学
  • B.気候レジーム
    • 海事
    • 半乾燥
    • 季節
    • クラウド
  • C.リーフフラッシュレジーム
    • エバーグリーン
    • 半落葉性
    • 落葉性
    • 代わりの
    • エフェメラル
  • D.熱領域
    • トロピカル
    • 亜熱帯など
  • E.標高範囲
    • 沿岸
    • 下の平原
    • 上部平原
    • ローワーハイランズ
    • アッパーハイランド
    • Montane
  • F.基板
    • 浅い土壌
    • 深い土壌
    • ソイリー
    • 砂の
    • グラベルリー
    • ロッキー
    • 腐植
    • 中栄養
    • 富栄養化
    • 海嶺
    • スロープ
    • タールヴェグ
    • Riverine
    • 氾濫原
    • 湿地
    • 沼地

その他

その他の重要なスキーム:Grisebach(1872)、Tansley and Chipp(1926)、Rübel(1930)、Burtt Davy(1938)、Beard(1944、1955)、AndréAubréville(1956、1957)、Trochain(1955、1957)、Dansereau(1958)、Küchler(1967)。[10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21]

60年代に、AW Kuchlerは、すべての大陸からの植生マップの広範なレビューを調整し、植生のタイプに使用される用語をまとめました。[22]

も参照してください

参照

  1. ^ Wagner、H.&von Sydow、E. 1888. Sydow-WagnersmethodischerSchulatlasゴータ:ペルテス、 [1]23th(last)ed。、1944、 [2]
  2. ^ ウォーミング、E。(1895)。Plantesamfund -GrundtrækafdenøkologiskePlantegeografi。PG Philipsens Forlag、コペンハーゲン。335pp。
  3. ^ ウォーミング、E。(1909)。植物の生態学。P.GroomとIBBalfourによって翻訳された、植物群落の研究の紹介。クラレンドンプレス、オックスフォード。422pp。BHL _
  4. ^ Schimper、AFW1898。Pflanzen -GeographieaufphysiologischerGrundlageフィッシャー、イエナ。876 pp。英訳、1903、 [3]
  5. ^ ビアードJS(1978)。人相学のアプローチ。で:RHホイッタカー(編集者)。植物群落の分類、pp 33-64、 [4]
  6. ^ シンパー、AFW&フェイバー、FCフォン。(1935)。Pflanzengeographie aufphysiologischerGrundlage第3版 イエナ:フィッシャー。
  7. ^ Ellenberg、H.&D。Mueller-Dombois。1967年。地球の植物形成の暫定的な人相生態学的分類[植生の分類とマッピングに関するユネスコワーキンググループのディスカッションドラフトに基づく] Berichtedes Geobotanischen InstitutesderEidg。Techn。Hochschule、StiftungRübel、Zürich37(1965-1966):21—55、 [5]
  8. ^ Oliveira-Filho、AT2009。ClassificaçãodasFitofisionomiasdaAméricadoSulextra-Andina:Proposta de um novo sistema –práticoeflexível–ouumainjeçãomaisde caos ?. Rodriguésia60(2):237-258、 [6]
  9. ^ Oliveira-Filho、AT2015。Umsistemadeclassificaçãofisionômico-ecológicadavegetação新熱帯区:segundaaproximação。で:Felfili、JM; アイゼンローア、PV; Melo、MMRF Andrade、LA; メイラネトJAA(編)。Fitossociologia no Brasil:Métodoseestudos de casos、vol。2、Editora UFV、Viçosa、キャップ。19、p。452、 [7]
  10. ^ Grisebach、A.(1872)。Die Vegetation der Erde nach ihrerklimatischenAnordnung。EinAbrißderVergleichendenGeographiederPflanzen第1版 ライプツィヒ:W。エンゲルマン、2巻 バンドI:xii + 603 p。、 [8] ; バンドII:x + 635 p。、 [9]第2版 1884年。
  11. ^ Tansley、AG&Chipp、TF(1926)。植生研究の目的と方法大英帝国植生委員会、Whitefriars Press、ロンドン。383pp。
  12. ^ Rübel、 EF1930。PflanzengesellschaftenderErdeベルン:VerlagHansHuber。464pp。
  13. ^ Burtt-Davy、J.(1938)熱帯の木質植生タイプの分類オックスフォード:オックスフォード大学、帝国林業研究所。85ページ (インスティテュートペーパー、n.13)。
  14. ^ ビアード、JS(1944)。熱帯アメリカの極相植生。エコロジー25:127-158。
  15. ^ ビアード、JS(1955)。熱帯アメリカの植生タイプの分類。エコロジー36:89-100。
  16. ^ オーブレヴィル、A。(1956年)。エッセイデ分類と命名法デフォーメーションフォレスティエールアフリカアベックエクステンションデュシステムは、トロピカルデュモンドフォーメーションを提案します。で:植生地理学に関するCSAスペシャリスト会議、ヤンガンビ、コンゴ、1956年RéuniondespécialistesduCSAenmatièredephytogéographie。ロンドン:サハラ南部のアフリカにおける技術協力委員会-CCTA、サハラ南部のアフリカ科学評議会-CSA。p。247-288。
  17. ^ AubrévilleA。1957.AccordàYangambisurlanomenclature destypesafricainsdevégétation。BoisetForêtsdesTropiques51、23-27 [10]
  18. ^ Trochain、J.-L. (1955)。命名法と分類desmilieuxvégétauxenAfriquenoirefrançaise。で:コロクインターナショナルデュセンターナショナルデラレシェルシュサイエンティフィック-CNRS、59、surlesrégionsécologiquesduglobe、パリ、 1​​954年7月。Annalesde biologie、t。XXXI、fasc。5-6、pp。73-93、 [11]
  19. ^ Trochain、J.-L. (1957)。Accord interafricainsurladéfinitiondestypesdevégétationdel'Afriquetropicale。Bulletindel'Institutd'ÉtudesCentraficanesNouvelleSérie、Brazzavilie [Congo]、v。13/14、p。55-93。
  20. ^ Dansereau、P .植生を記録するための普遍的なシステムモントリオール、カナダ大学、植物学研究所、1958年。57ページ。
  21. ^ Küchler、AW(1967)。植生マッピング。ニューヨーク州ニューヨーク。ロナルドプレス。472pp。
  22. ^ Küchler、AW(1965-1970)。植生図の国際書誌ローレンス、カンザス:カンザス大学図書館。5巻 [12][第2版、1980年、 [13]。]