可変保持

ウィキペディアから、無料の百科事典
ナビゲーションにジャンプ 検索にジャンプ

可変保持は、構造的に複雑な森林に関連する環境値を維持するために、少なくとも1回転の間森林構造要素を保持する比較的新しい造林システムです。[1]

環境価値の例としては、森林被覆の接続性、土壌の安定化、保持された樹木の下微気候、生きているまたは枯れている樹木に関連する生息地、生息地の保全による種の多様性、野生生物の回廊の保全などがあります。可変保持はまた、スタンド交換障害に典型的な以前のスタンドからのいくつかの残留構造を残すことにより、自然障害のエミュレーションを支援します[2]クリアカット、パッチカット、シェルターウッドなどの従来の造林システムなどは、木材生産の最大化と将来の樹木の再生に焦点を当てています。一方、可変保持は、保持されるものに焦点を合わせています[3]

変数保持の値

可変保持は、木材の需要と、管理された森林の生息地生態系の 生物多様性および構造的多様性を維持するための需要との間のジレンマを解決するのに役立つ、広く普及しているツールになりつつあります。問題となっているのは、森林内の他の生態学的プロセスに悪影響を与えることなく、森林の運営がどれだけ伐採できるかということです。

可変保持は、粗い木質の破片(倒木更新や引っ掛かり)などの生物学的遺産を残すことにより、伐採作業の影響を最小限に抑えます。可変保持システムでは、少数の木または多数の木を保持でき、木はパッチで保持するか(集約保持)、スタンド全体に均一に残すことができます(分散保持)。そのため、「可変保持」という名前が付けられました。[4]これは、種、生息地の多様性、および森林関連のプロセスを維持するために、少なくとも次の収穫ローテーションまで、収穫された林分の主要な構造要素として樹木を保持するための技術です。[5]保持林業研究の2014年のメタアナリシスでは、「生物多様性への収穫の悪影響を緩和するため、保持林業の幅広い利用をサポートする」ことがわかりました。[6]

生物多様性を維持するために可変保持が推定される4つの主要なメカニズムがあります

  • 現代の林業慣行により失われるリスクが高く、生息地の利用可能性にとって重要であることが知られている、大きな木、非常に若い木、引っ掛かり粗い木質の破片などの構造的特徴を絶えず供給することによって
  • 適切な条件を開発する際に周囲の管理された森林環境に植民地化する敏感な種のための適切な避難所を提供することによって
  • 生息地パッチを確立することにより、パッチダイナミクスは、新しく生成された子孫、種子、および胞子の分散のための足がかりとして機能することができます
  • 管理スタンドの構造的多様性を高めることにより

可変保持-収穫方法

可変保持の方法は、皆伐よりも慎重なプロセスです場合によっては、ヘリコプターがログアウトします。ヘリコプターを使用することで、森林内に伐採道路を建設する必要がなくなり、林床の乱れを回避できます。それでも、ヘリコプターの伐採はトラックの使用よりも燃料効率が低くなります。可変保持を使用する一部のロギング操作は、森林の乱れをエミュレートしようとします。そのような場合、引っ掛かりや丸太の枯れ木が残されます。そのような枯れ木や枯れ木は、菌類着生植物の成長媒体を提供するだけでなく、昆虫の餌や避難所にもなりますロガーはまた、成長し続ける若い木を残します。

可変保持収穫は、手つかずの樹木やレフジアパッチのローリングポケットとパーマネントポケットの両方で、元のスタンドの15%以上を保持します。保持されている森林構造は、構造の多様性を高め、伐採されていない森林に生息するさまざまな生物に快適な生息地を提供する生きた木と枯れた木で構成されています。この造林レジームは、収穫後の生態学的構造を提供すると同時に、木材用の貴重な樹種を植えて自然に再生する十分な機会を生み出し、歴史的な針葉樹および/または落葉樹を復元します森林地帯への樹木の優勢。一部の材木会社は、可変保持造林の使用を、希少であるが価値のある樹種の在庫の少ない林分のみに制限しています。[要出典]

論争

生態学者は、皆伐よりも森林生態系への悪影響がはるかに少ないと、収穫の可変保持方法を考えていますただし、反対派は、皆伐よりも変動保持の方がはるかに面倒で、退屈で、時間と費用がかかると主張しています。ブリティッシュコロンビア州および同様の森林タイプでの研究のレビューは、凝集および分散した保持の両方が生物多様性の保全に寄与する可能性がある一方で、保持された樹木への風害や樹木の再生の成長率の低下など、木材生産にいくつかの悪影響がある可能性があることを示しています伐採、木材生産と生物多様性保全の競合する目的のバランスをとるための順応的管理アプローチを支持すると結論付けています。[7]

森林管理協議会(FSC)などの林業組織は、可変保持を承認し、現在、グリーンビルディング用の認証木材などの収穫方法で得られた木材を宣言しています。マックミランブローデルを含むカナダのブリティッシュコロンビア州の多くの森林事業では、太平洋岸に沿った温帯雨林で木材を収穫するために可変保持法を使用しています

多くの伐採会社は皆伐を段階的に廃止し、可変保持収穫を採用するという完全なコミットメントを維持しておらず、MacMillanBloedelでさえ皆伐を段階的に廃止するというコミットメントに達していないことがありました。世界市場は、完全に可変保持収穫によって得られた認証木材を求め始めていますが、一般の消費者がそのような木材にもっと高い価格を支払う意思があるかどうかはまだ明らかではありません。[要出典]

も参照してください

参照

  1. ^ Franklin、JF、Berg、DR、Thornburgh、DA&Tappeiner、JC(1997)。材木伐採への代替の造林アプローチ:可変保持収穫システム。教科書:21世紀の林業の創造:生態系管理の科学。(eds KA Kohn&JF Franklin)、pp。111. Island Press、Washington、DC
  2. ^ フランクリン、JF; スパイ、TA; Van Pelt、R .; キャリー、AB; ソーンバーグ、DA; バーグ、DR; etal。(2002)。「例としてダグラスモミ林を使用した、造林学的意味を持つ自然林生態系の擾乱と構造的発達」森林生態学と管理155(1–3):399–423。土井10.1016 / s0378-1127(01)00575-8
  3. ^ ミッチェル、SJ; ビース、WJ(2002)。「保持システム:可変保持と造林システムの原則との調和」。林業クロニクル78(3):397–403。土井10.5558/tfc78397-3hdl10613/2698http://hdl.handle.net/10613/2698
  4. ^ スミス、ニコラスJ .; ビース、ウィリアムJ.(2012)。「若い、植えられたダグラスファーの成長と生存に対する低レベルの分散保持の影響」3(2):230–243。土井10.3390/f3020230http://hdl.handle.net/10613/2717
  5. ^ ビース、WJ; ダンズワース、BG; Zielke、K .; バンクロフト、B。(2003)。「可変保持による紀元前沿岸の原生林の属性の維持」林業クロニクル79(3):570–578。土井10.5558/tfc79570-3ISSN0015-7546_ http://hdl.handle.net/10613/2701 
  6. ^ Fedrowitz、Katja; ジュリア・コリチェワ; ベイカー、スーザンC .; Lindenmayer、David B .; パリク、ブライアン; ローゼンヴァルド、ラウル; ビース、ウィリアム; フランクリン、ジェリーF .; コウキ、ジャリ(2014)。「レビュー:保持林業は生物多様性の保全に役立つか?メタ分析」応用生態学ジャーナル51(6):1669–1679。土井10.1111/1365-2664.12289hdl10613/2719ISSN1365-2664_ PMC4277688_ PMID25552747_ http://hdl.handle.net/10613/2719   
  7. ^ ビース、ウィリアムJ .; ディール、ジョン; ダンズワース、B。グレン; ミッチェル、スティーブンJ .; Philpott、Timothy J.(2019)。「ブリティッシュコロンビアでの20年間の変動的保持:生物多様性保全のためのその実施と有効性のレビュー」生態学的プロセス8(1)。土井10.1186/s13717-019-0181-9ISSN2192-1709_ 

外部リンク