VT220

ウィキペディアから、無料の百科事典
ナビゲーションにジャンプ 検索にジャンプ
VT220
DEC vt220.jpg
LK201キーボードを備えたDECVT220端末
メーカー12月
タイプコンピューター端末
発売日1983年11月 (1983年11月
お試し価格795米ドル(2020年には2,070米ドルに相当)
CPUIntel 8051
画面CRT80x24文字
入力キーボード
接続性RS-232
前任者VT100
後継VT320
National Museum ofComputingで使用されているDECVT220
DEC VT240

VT220は、1983年11月にDigital Equipment Corporation(DEC)によって導入されたコンピュータ端末です。[ 1 ] [2] VT240はベースモデルにモノクロReGISベクトルグラフィックスのサポートを追加しましたが、 VT241は同じ色でした。200シリーズは、成功を収めたVT100シリーズに取って代わり、はるかに小型で軽量のキーボードを備えた、はるかに小型のユニットでより多くの機能を提供します。VT100と同様に、VT200シリーズはANSIX.364の大きなサブセットを実装しました。その主要なアップグレードの中には、いくつかの国際的な文字セットと、新しい文字セットを定義する機能がありました。

VT200シリーズは市場で大成功を収めました。795ドルでリリースされたVT220は、当時他のシリアル端末と競合できなかった機能、パッケージ、価格を提供しました。1986年、DECは165,000ユニットを出荷し、42%の市場シェアを獲得しました。これは、最も近い競合他社であるWyseの2倍です。競合他社は同様のモデルを低価格で導入することで適応し、1987年に安価な545ドルのVT300シリーズをリリースすることでDECに同じことをさせました。その時までに、DECは100万台以上のVT220を出荷していました。[3]

ハードウェア

VT220は、再設計されたキーボード、はるかに小さい物理パッケージ、およびはるかに高速なマイクロプロセッサを備えた、以前のVT100シリーズの端末を改善しました。VT220は、白、緑、または琥珀色のリン光物質を使用したCRTで使用できました。

VT100は、以前のVT50と同様に、拡張システム用のスペースを提供する比較的大きなケースにパッケージ化されていました。VT200はこの概念を放棄し、はるかに小さい1980年代の電子機器をCRTにしっかりと巻き付けました。結果は、CRTよりわずかに大きいだけで、後ろに頂点がある切り詰められたピラミッド型のケースでした。これにより、端末を机に取り付けるのがはるかに簡単になりました。調整可能なスタンドにより、CRTの角度を上下に調整できました。頭の高さよりも低いため、特に人間工学に基づいたターミナルになりました。

VT220に付属のLK201キーボードは、最初に入手可能なフルレングスの薄型キーボードの1つでした。これは、マサチューセッツ州のDECのRoxbury施設で開発されました。VT100sバージョンよりもはるかに小型で軽量であり、軽量で柔軟性の高いコイル状ケーブルと電話ジャックコネクタを使用して端末に接続されていました。

VT200は、 20mAの電流ループシリアルインターフェイスを提供する最後のDEC端末でした。これは、もともと電信システム用に開発された古い標準ですが、テレタイプモデル33がアドホック端末として早期に使用されたためにコンピュータで普及しました。標準の25ピンDコネクタもRS-232用に提供されました。一度に使用できるのは、2つのポートのうちの1つだけです。その後、DEC端末はこれらの両方を独自のModified Modular Jack(MMJ)コネクタに置き換えます。

ソフトウェア

VT220はVT100と互換性があるように設計されていますが、国際市場により適したものにするための機能が追加されています。これは、一連のANSIコマンドを使用して選択できる いくつかの異なる文字セットを含めることによって実現されました。

グリフは10x10グリッド内に形成されました。端末には、ROMに合計288文字が含まれており、各文字は8 x10ピクセルのグリフで構成されています。8つの列のみを使用すると、文字間にスペースが残ります。文字には、96個の印刷可能なASCII文字、67個のディスプレイコントロール、32個のDEC特殊グラフィックス、および未定義の文字を表すために使用される後方の疑問符が含まれていました。

VT200には、National Replace Character Set(NRCS)の概念を使用して文字セットに小さな変更を加える機能が含まれていました。8ビットクリーンリンクで動作する場合、ヨーロッパ文字のフルセットを含む最大256文字のコードが利用可能でした。しかし、一般的な7ビットリンクで動作する場合、使用できるのは128のみであり、残りは制御文字であるため、これらのうち96のみが表示出力を生成しました。これは、すべてのヨーロッパ言語を処理するのに十分な文字ではありませんでした。ほとんどの端末は、 ROMで複数の完全な文字セットを出荷することでこれを解決しましたが、そうすることにはコストがかかりました。

この問題に対するDECのソリューションであるNRCSでは、96個の7ビット文字の基本セット内の個々の文字のグリフをスワップアウトできました。たとえば、英国のセットは、米国のハッシュ文字である#、をポンド記号で置き換えて、単一の置換を行いましたターミナルにはそのような交換セットが14個含まれており、そのほとんどが約12文字に交換されました。[4]これにより、14バージョンの端末を出荷したり、ROMに14の異なる7ビット文字セットを含める必要がなくなりました。 £

さらに、VT200は、動的に再定義された文字セット(DRCS)でさらに96文字を許可しました。これは、ホストコンピューターからダウンロードできます。グリフのデータは、6つの垂直ピクセルのセットを単一の文字コードにエンコードし、次にこれらのシクセルの多くを端末に送信して送信され、端末はそれらを文字セットメモリにデコードしました。後のモデルでは、同じシックスエルの概念がビットマップグラフィックスの送信にも使用されます。キャラクターグラフィックは、これらのダウンロードされたセットの一般的な例でした。[5]

ESCapeキーの論争

VT220より前は、Escキーが存在する場合、それはキーボードの左上隅に配置されていました。VT220はそれを一番上の列のキーの中央に移動しました。頻繁に使用されるTECOエディターのユーザーにとって、これは不便でした。[6] [7]

レガシー

1983年から1984年にかけて、モデルMキーボードの設計段階で、VT220は新しく非常に人気のある製品でした。IBMの設計チームは、LK201キーボードレイアウトをエミュレートするために[8]を選択しました。IBMがコピーした主な革新は、矢印クラスターの逆T字型、その上のナビゲーションキー、およびその右側にある数字キーパッドでした。

最終的には、IBM PCの人気により、モデルMのレイアウトがANSIおよびISOによって標準化されるようになります。それ以来、これらの標準を通じて、VT-220のキーボードレイアウトのマイナーなバリエーションがキーボードデザインを支配してきました。

も参照してください

参考文献

  1. ^ リチャード・シュフォード(1995–2005)。「DECビデオ端末」2009年6月5日にオリジナルからアーカイブされました
  2. ^ 「VT220プログラマーリファレンスマニュアル」Digital EquipmentCorporation1984年8月。
  3. ^ David Bright、「DEC VT320は遅いが、低価格は驚き」 Computerworld、1987年8月31日、p。16.16。
  4. ^ 「全国置換文字セット(NRCS)」 [原文のまま]
  5. ^ VT320ソフト文字セット
  6. ^ ミルトンキャンベル(1984年4月)。「RT-11パースペクティブ:VT220」。ハードコピーp。170。
  7. ^ 「VT220ESCAPEキー」。Computerworld1985年3月18日。p。68. VT220ESCAPEキーを探す必要があります
  8. ^ 「なぜ私はまだ34年前のIBMモデルMキーボードを使用しているのか」2021-04-19を取得

外部リンク