ユーザー:Jmath666/latex2wiki

LaTeX から Wikicode への翻訳ツール

LaTeX to Wikicode は、Oleg Alexandrovからのコード寄稿を受けて私が作成した Web ベースの翻訳ツールです。これは彼のPlanetMath翻訳ツール から派生したものです。

翻訳は完璧ではないため、手作業による編集が必要です。セクションの見出しと引用部分は翻訳されていますが、相互参照、表、図は翻訳では省略されています。ウィキコードがサポートしていない一部のLaTeXコマンドも省略されますが、他のすべての LaTeX 数学コマンドはそのまま残ります。その結果、Wikipedia のレンダリングは、ユーザー定義のマクロだけでなく、より珍しい LaTeX コマンドでも停止します。

トランスレータは\textstyleインライン数式に対して出力するようになります。これは、他のものと同様に、sourceにスイッチを設定することで変更できます。何かを変更したい場合、最も簡単な方法はコマンド ラインからスクリプトを実行することです (そのためにはスイッチも設定する必要があります)。 Web フォームへの統合はさらに困難です。Oleg AlexandrovによるPlanetMath翻訳ツールからPerlライブラリを取得し、 Web ツールがある場所からHTMLファイルを取得して、自分の Web サイトに配置することもできますが、私はこれをサポートできません。また、使用できる範囲は異なる場合があります。

「https://en.wikipedia.org/w/index.php?title=User:Jmath666/latex2wiki&oldid=1066750312」から取得