Usenet

ウィキペディアから、無料の百科事典
ナビゲーションにジャンプ 検索にジャンプ

Usenetサーバーとクライアントの図。サーバー上の青、緑、および赤の点は、サーバーが運ぶグループを表しています。サーバー間の矢印は、ニュースグループグループの交換(フィード)を示します。クライアントとサーバーの間の矢印は、ユーザーが特定のグループにサブスクライブしていて、記事を読んだり送信したりしていることを示しています。

Usenet/ ˈjuːznɛt / )は、コンピューターで利用できる世界規模の分散ディスカッションシステムです。これは、汎用のUnix-to-Unix Copy(UUCP) ダイヤルアップネットワークアーキテクチャから開発されました。トム・トラスコットジム・エリスは1979年にこのアイデアを考案し、1980年に設立されました。[1]ユーザーはメッセージ(記事または投稿と呼ばれ、まとめてニュースと呼ばれます)を読んで、ニュースグループと呼ばれる1つ以上のカテゴリに投稿します。Usenetは掲示板システムに似ています(BBS)多くの点で、広く使用されるようになったインターネットフォーラムの前身です。投稿はサーバーに順番に保存されますが、ディスカッションはWebフォーラムやBBSと同様にスレッド化されます。[2] [3]

BBSまたはWebフォーラムとUsenetの主な違いは、中央サーバーと専任の管理者がいないことです。Usenetは、 「ニュースフィード」を介してメッセージを相互に保存および転送する、絶えず変化する大規模なニュースサーバーの集合体に分散されています。個々のユーザーは、誰でも操作できるローカルサーバーからメッセージを読んだり、ローカルサーバーにメッセージを投稿したりできます。

Usenetは、ネットワーク化された世界で文化的および歴史的に重要であり、「 FAQ」、「」、自作自演、「スパム」など、広く認識されている多くの概念や用語を生み出し、普及させてきました[4] 1990年代初頭、インターネットへのアクセスが一般的に手頃な価格になる直前に、 FidonetのダイヤルアップBBSネットワークを介したUsenet接続は、サーバーを必要とせずに、長距離または世界規模の議論やその他の通信を広めました。電話サービス。[5]

Usenetという名前は、「ユーザーネットワーク」という用語に由来しています。[2]最初のUsenetグループはNET.generalでしたが、すぐにnet.generalになりました。[6] Usenetでの最初の商用スパムは、移民弁護士のCanterとSiegelがグリーンカードサービスを宣伝したものでした。[6]

はじめに

Usenetは、1979年に考案され、1980年にノースカロライナ大学チャペルヒル校デューク大学公に設立されまし[7] [1]。インターネット) 、それをまだ広く使用されている最も古いコンピュータネットワーク通信システムの1つにします。もともとは「貧乏人のARPANET」に基づいて構築されており、メールやファイルの転送、およびANewsなどの新開発のニュースソフトウェアによるアナウンスを提供するトランスポートプロトコルとしてUUCPを採用しています。「Usenet」という名前は、 USENIX組織がその運営に積極的な役割を果たすことを作成者が望んでいることを強調しています。[8]

ユーザーがUsenetに投稿する記事は、ニュースグループと呼ばれるトピックカテゴリに編成されており、ニュースグループ自体が論理的に主題の階層に編成されています。たとえば、sci.mathsci.physicssci。*階層内にあります。または、talk.originstalk.atheismtalk。*階層にあります。ユーザーがニュースグループに登録すると、ニュースクライアントソフトウェアは、そのユーザーが読んだ記事を追跡します。[9]

ほとんどのニュースグループでは、記事の大部分は他の記事への回答です。単一の非返信記事にトレースできる記事のセットは、スレッドと呼ばれます。最新のニュースリーダーのほとんどは、スレッドとサブスレッドに配置された記事を表示します。たとえば、ワイン製造ニュースグループrec.crafts.winemakingで、誰かが次のスレッドを開始する場合があります。「最高の酵母は何ですか?」そして、そのスレッドまたは会話は、おそらく6〜8人の異なる作成者による数十の返信に成長する可能性があります。数日にわたって、さまざまなワイン酵母についてのその会話は、木のような形でいくつかのサブスレッドに分岐する可能性があります。

ユーザーが記事を投稿すると、最初はそのユーザーのニュースサーバーでのみ利用できます。各ニュースサーバーは、1つ以上の他のサーバー(その「ニュースフィード」)と通信し、それらと記事を交換します。このようにして、記事はサーバーからサーバーにコピーされ、最終的にはネットワーク内のすべてのサーバーに到達するはずです。のピアツーピアネットワークも同様の原則で動作しますが、Usenetの場合、転送を開始するのは通常、受信者ではなく送信者です。Usenetは、ネットワークが非常に遅く、常に利用できるとは限らない状況で設計されました。元のUsenetネットワーク上の多くのサイトは、メッセージをバッチ転送するために1日に1回または2回しか接続しませんでした。[10]これは主にPOTSが原因です通常、転送にはネットワークが使用され、夜間の電話料金は低くなりました。

Usenetの記事の形式と送信は、インターネットの電子メールメッセージの形式と送信に似ています。2つの違いは、Usenetの記事は、1人以上の特定の受信者がいる電子メールメッセージとは対照的に、メッセージが投稿されたグループをニュースサーバーが運ぶすべてのユーザーが読むことができることです。[11]

今日、Usenetは、インターネットフォーラムブログメーリングリストソーシャルメディアに関して重要性が低下していますUsenetは、いくつかの点でそのようなメディアとは異なります。Usenetは、関係するグループへの個人的な登録を必要としません。情報をリモートサーバーに保存する必要はありません。アーカイブはいつでも利用できます。メッセージを読むには、メールやWebクライアントは必要ありませんが、ニュースクライアントが必要です。ただし、ほとんどのニュースグループが複数のWebサイトにコピーされるようになったため、通常のWebブラウザを使用してUsenetニュースグループを大幅に読んだり参加したりできるようになりました。[12] alt.binaries のグループは、データ転送に今でも広く使用されています。

ISP、ニュースサーバー、ニュースフィード

Usenetプロバイダーマップ
Usenetプロバイダーマップ

多くのインターネットサービスプロバイダーや他の多くのインターネットサイトは、ユーザーがアクセスできるようにニュースサーバーを運用しています。独自のサーバーを直接運用していないISPは、ニュースフィードを具体的に運用している別のプロバイダーのアカウントをユーザーに提供することがよくあります。初期のニュースの実装では、サーバーとニュースリーダーは同じシステムで実行される単一のプログラムスイートでした。今日では、別のニュースリーダークライアントソフトウェアを使用しています。これは、電子メールクライアントに似ていますが、代わりにUsenetサーバーにアクセスするプログラムです。[13]

すべてのISPがニュースサーバーを実行しているわけではありません。ニュースサーバーは、大量のデータが含まれ、顧客ベースが小さく(主流のインターネットサービスと比較して)、顧客サポートのインシデントが不釣り合いに多いため(ニュース記事の欠落を頻繁に訴える)、管理が最も難しいインターネットサービスの1つです。 。一部のISPは、ニュース操作を専門サイトにアウトソーシングしています。専門サイトは通常、ISP自体がサーバーを実行しているように見えます。これらのサイトの多くは、限られた数のニュースグループで制限されたニュースフィードを掲載しています。このようなニュースフィードから一般的に省略されるのは、外国語のニュースグループと、ソフトウェア、音楽、ビデオ、画像を主に伝送し、記事データの99%以上を占める alt.binaries階層です。

ISPがニュースを配信していない、または制限付きフィードを配信しているユーザーに完全な無制限のサービスを提供するUsenetプロバイダーもあります。

ニュースリーダー

ニュースグループには通常、ニュースリーダー(ユーザーがニュースグループの投稿を読んだり返信したりできるアプリケーション)を使用してアクセスしますこれらのアプリケーションは、1つ以上のニュースサーバーのクライアントとして機能します。歴史的に、UsenetはAT&Tで開発されたUnixオペレーティングシステムに関連付けられていましたが、ニュースリーダーは現在、すべての主要なオペレーティングシステムで利用できます。[14]現代のメールクライアントまたは「コミュニケーションスイート」には、通常、統合されたニュースリーダーもあります。ただし、多くの場合、これらの統合クライアントはスタンドアロンのニュースリーダーと比較して品質が低く、Usenetプロトコル、標準、および規則を誤って実装しています。これらの統合クライアントの多く、たとえばMicrosoftのクライアントのOutlookExpressは、不正行為のために純粋主義者に嫌われています。[15]

ワールドワイドウェブ(WWW)の台頭により、ウェブフロントエンド(web2news)がより一般的になりました。Webフロントエンドは、技術的な参入障壁の要件を1つのアプリケーションの要件に引き下げ、UsenetNNTPサーバーアカウントはありません。現在、UsenetグループへのWebベースのゲートウェイを提供しているWebサイトは多数ありますが、何らかの理由で一部のWebインターフェイスによって作成されたメッセージのフィルタリングを開始している人もいます。[16] [17] Googleグループ[18]はそのようなWebベースのフロントエンドの1つであり、一部のWebブラウザはニュースを介してGoogleグループにアクセスできます:プロトコルリンク。[19]

モデレートおよび非モデレートのニュースグループ

少数のニュースグループはモデレートされます。つまり、読者から送信されたメッセージはUsenetに直接配信されず、代わりにニュースグループのモデレーターに電子メールで送信されて承認されます。モデレーターは、提出された記事を受け取り、レビューし、承認された記事を挿入して、世界中に適切に広めることができるようにします。モデレーターによって承認された記事には、Approved:ヘッダー行が必要です。モデレーターは、読者がニュースグループに表示するメッセージがニュースグループの憲章に準拠していることを確認しますが、そのようなルールやガイドラインに従う必要はありません。[20]通常、モデレーターはニュースグループの提案で任命され、モデレーターの変更は後継者計画に従います。[21]

歴史的に、mod。*階層はUsenet再編成の前に存在していました。[22]現在、モデレートされたニュースグループは、通常.moderatedはグループ名に追加されて、任意の階層に表示される可能性があります。

Big-8階層のUsenetニュースグループは、ディスカッションリクエスト(RFD)と呼ばれる提案によって作成されます。RFDには、ニュースグループ名、チェックグループファイルエントリ、およびモデレートまたは非モデレートステータスの情報が必要です。グループをモデレートする場合は、有効な電子メールアドレスを持つモデレーターを少なくとも1人提供する必要があります。有益であるが必須ではないその他の情報には、憲章、理論的根拠、およびグループがモデレートされる場合のモデレーションポリシーが含まれます。[23]新しいニュースグループの提案についての議論が続き、Big-8理事会のメンバーが、新しいニュースグループを承認するか否かを投票によって決定することで終了します。

モデレートされていないニュースグループはUsenetニュースグループの大部分を形成し、モデレートされていないニュースグループに対して読者から送信されたメッセージはすぐに伝播され、誰もが見ることができます。最小限の編集コンテンツフィルタリングと伝播速度は、Usenetコミュニティの1つの核心を形成します。伝播に対する少し引用された防御策の1つは、伝播されたメッセージをキャンセルすることですが、Usenetユーザーのほとんどはこのコマンドを使用せず、一部のニュースリーダーは、記事の保存が比較的短い順序で期限切れになるため、キャンセルコマンドを提供しません。モデレートされていないほとんどすべてのUsenetグループは、大量のスパムを蓄積する傾向があります。[24] [25] [26]

技術的な詳細

Usenetは、ニュースの「記事」(インターネットメールメッセージに似ています)を生成、保存、取得し、広く配布される可能性のある読者の間でそれらを交換するための一連のプロトコルです。これらのプロトコルは、最も一般的に、参加サーバーのネットワーク全体にコピーを伝播するフラッディングアルゴリズムを使用します。メッセージがサーバーに到達するたびに、そのサーバーは、記事をまだ見ていないすべてのネットワークネイバーにメッセージを転送します。サーバーごとにメッセージのコピーが1つだけ保存され、各サーバーは、そのサーバーにアクセスできる(通常はローカルの)リーダーがメッセージをオンデマンドで利用できるようにします。したがって、Usenetサーバーのコレクションには特定のピアツーピアがありますリソースを交換することでリソースを共有するという特徴がありますが、交換の粒度は最新のピアツーピアシステムとはスケールが異なり、この特性により、一般的なクライアントでニュースサーバーに接続するシステムの実際のユーザーは除外されます。メールリーダーのようなサーバーアプリケーション。

RFC 850は、Usenetサーバーによって交換されるメッセージの最初の正式な仕様でした。これはRFC1036に取って代わられ、その後RFC5536とRFC5537に取って代わられました。

不適切なコンテンツが投稿された場​​合、Usenetはキャンセルメッセージを作成することでネットワーク全体からの投稿の自動削除をサポートしますが、認証の欠如とその結果としての悪用により、この機能は頻繁に無効になります。著作権所有者は、米国オンライン著作権侵害責任制限法などの世界知的所有権機関の条約の実施条項を使用して、侵害資料の手動削除を要求できますが、これには、個々のニュースサーバー管理者に通知する必要があります。

インターネットでは、Usenetは、標準の保護されていない接続の場合はTCPポート119で、 SSL暗号化接続の場合はTCPポート563でネットワークニュース転送プロトコル(NNTP)を介して転送されます。

組織

Usenetの「ビッグナイン」階層

世界的なニュースグループの主要なセットは9つの階層に含まれており、そのうちの8つは、それらの管理と命名を管理する合意されたガイドラインの下で運営されています。現在のビッグエイトは次のとおりです。

  • comp。* –コンピューター関連のディスカッション(comp.softwarecomp.sys.amiga
  • 人文科学*美術文学哲学humanities.classicshumanities.design.misc
  • その他* –その他のトピック(その他の教育、その他の販売、その他の子供
  • news。* –ニュースに関するディスカッションと発表(現在のイベントではなく、Usenetを意味します)(news.groupsnews.admin
  • rec。* –レクリエーションとエンターテインメント(rec.musicrec.arts.movi ​​es )
  • sci。* –科学関連の議論(sci.psychologysci.research
  • soc。* –ソーシャルディスカッション(soc.college.orgsoc.culture.african
  • talk。* –さまざまな物議を醸すトピックについて話します(talk.religiontalk.politicstalk.origins

GreatRenamingも参照してください

alt。*階層は、Big Eightのグループを制御する手順の対象ではないため、組織化されていません。alt。*階層のグループは、より専門的または具体的である傾向があります。たとえば、Big Eightの下に児童書に関するディスカッションを含むニュースグループがあるかもしれませんが、alt階層のグループは子供向けの特定の著者1人に捧げられている場合があります。本。バイナリalt.binaries。*に投稿され、すべての階層の中で最大になります。

ニュースグループの他の多くの階層は、これらと一緒に配布されます。japan。*malta。*ne。*などの地域および言語固有の階層は、日本マルタニューイングランドなどの特定の国および地域にサービスを提供します。企業やプロジェクトは、独自の階層を管理して製品について話し合い、 Free SoftwareFoundationの歴史的なgnu。*階層などのコミュニティ技術サポートを提供しますマイクロソフトは2010年6月にニュースサーバーを閉鎖し、現在フォーラムを通じて自社製品のサポートを提供しています。[27]一部のユーザーは、ビッグエイト階層のみを指すために「Usenet」という用語を使用することを好みます。その他には、alt。*も含まれます。より一般的な用語「netnews」は、民間の組織ニュースシステムを含むメディア全体を含みます。

非公式のサブ階層規則も存在します。* .answersは通常、FAQ用のモデレートされたクロスポストグループです。FAQは1つのグループ内に投稿され、階層の先頭にある* .answersグループへのクロスポストは、そのニュースグループ内の情報の洗練と見なされる場合があります。一部のサブグループは再帰的です—alt 。* [要出典]のいくつかの愚かさのポイントまで。

バイナリコンテンツ

Usenetニュースグループにアップロードするデータを準備するために必要な多くの複雑な手順の視覚的な例。Usenetからデータをダウンロードするには、これらの手順を逆に実行する必要があります。

Usenetは元々、7ビット ASCII文字セットでエンコードされたテキストコンテンツを配布するために作成されました。8ビット値をASCIIにエンコードするプログラムの助けを借りて、バイナリファイルをコンテンツとして配布することが実用的になりました。バイナリ投稿は、そのサイズとしばしば疑わしい著作権ステータスのために、時間内に特定のニュースグループに制限され、管理者がトラフィックを許可または禁止するのを容易にしました。

バイナリコンテンツに広く使用されている最も古いエンコーディング方法はUnixUUCPパッケージのuuencodeです。1980年代後半、Usenetの記事は60,000文字に制限されることが多く、今日ではより大きなハード制限が存在します。したがって、ファイルは通常、リーダーによる再組み立てが必要なセクションに分割されます。

ヘッダー拡張機能とBase64およびQuoted-PrintableMIMEエンコーディングにより、新世代のバイナリトランスポートがありました。実際には、MIMEはテキストメッセージでの採用が増えていますが、ほとんどのバイナリ添付ファイルでは回避されています。ファイルにメタデータが添付されている一部のオペレーティングシステムは、特殊なエンコード形式を使用します。Mac OSの場合、BinHexと特別なMIMEタイプの両方が使用されます。一度に使用された可能性のある他のあまり知られていないエンコーディングシステムは、 BTOAXXエンコーディングBOO、およびUSRエンコーディングでした。

ファイル転送時間を短縮するために、2001年にyEncと呼ばれる非公式のファイルエンコーディングが導入されました。ほとんどの8ビット文字を最初にエンコードしなくてもネットワークを介して安全に転送できると仮定すると、転送されるデータを約30%削減できます。 7ビットのASCIIスペース。大きなバイナリ投稿をUsenetにアップロードする最も一般的な方法は、ファイルをRARアーカイブに変換し、それらのParchiveファイルを作成することです。パリティファイルは、ファイルのすべての部分がサーバーに到達するわけではない場合に、欠落しているデータを再作成するために使用されます。

バイナリ保持時間

2020年10月のスクリーンショット。60PBのusenetグループデータを示しています。[28]

各ニュースサーバーは、各ニュースグループのコンテンツに一定量のストレージスペースを割り当てます。このストレージがいっぱいになると、新しい投稿が到着するたびに、新しいコンテンツ用のスペースを確保するために古い投稿が削除されます。サーバーで使用可能なネットワーク帯域幅は高いがストレージ割り当てが小さい場合、大量の着信コンテンツが割り当てをオーバーフローし、その前にグループ内にあったすべてのものをプッシュする可能性があります。投稿が削除される前にサーバーにとどまることができる平均時間は、一般に保持時間と呼ばれます

バイナリニュースグループは、追加される記事の量を処理するのに十分なストレージが割り当てられている場合にのみ、確実に機能できます。十分な保持時間がないと、リーダーは、グループのストレージ割り当てからフラッシュされる前に、バイナリのすべての部分をダウンロードできなくなります。これはかつて、望ましくないコンテンツの投稿に対抗する方法でした。ニュースグループは、抑制されるすべてのコンテンツを押し出すのに十分な量のランダムなガベージデータ投稿で溢れかえっています。これは、何も削除せずに、スパムフラッドを含む毎日投稿されたすべてのものを保持するのに十分なストレージを割り当てるサービスプロバイダーによって補償されています。

最新のUsenetニュースサーバーには、利用可能な最大の1日の速度で新しいデータが殺到した場合でも、何年にもわたるバイナリコンテンツをアーカイブするのに十分な容量があります。

このような長い保存期間とインターネットのアップロード速度の向上もあり、Usenetは個々のユーザーがバックアップデータを保存するためにも使用されます。[29]商用プロバイダーはより使いやすいオンラインバックアップサービスを提供していますが、Usenetへのデータの保存は無料です(Usenet自体へのアクセスは無料ではない場合があります)。この方法では、アップローダーがデータの配布の制御を譲渡する必要があります。ファイルは、投稿先のニュースグループのデータを交換するすべてのUsenetプロバイダーに自動的に配布されます。通常、ユーザー はデータを手動で選択、準備、アップロードする必要があります。データは通常暗号化されますバックアップファイルをダウンロードできるのは誰でも利用できるからです。ファイルがアップロードされた後、さまざまなニュースサーバー上の世界中のさまざまな地理的地域に複数のコピーを分散させることで、データが失われる可能性を減らすことができます。

主要なUsenetサービスプロバイダーの保持期間は12年以上です。[30] これにより、60ペタバイト(60000テラバイト)を超えるストレージが生成されます(画像を参照)。データストレージにUsenetを使用する場合、保持時間が短いサービスと比較して、データが長期間存続することを保証するために、保持時間が長いプロバイダーが優先されます。

法的な問題

バイナリニュースグループは、完全に合法的なユーザー作成の作品、オープンソースソフトウェア、およびパブリックドメインの資料を配布するために使用できますが、一部のバイナリグループは、商用ソフトウェア、著作権で保護されたメディア、およびポルノ素材を違法に配布するために使用されます。

ISPが運営するUsenetサーバーは、ネットワークトラフィックを削減し、関連する法的な問題を回避するために、すべてのalt.binaries。*グループへのアクセスを頻繁にブロックします。商用Usenetサービスプロバイダーは、電気通信サービスとして機能していると主張し、機器を介して転送されたユーザー投稿のバイナリコンテンツについては責任を負わないと主張しています。米国では、Usenetプロバイダーは、著作権所有者からの削除通知に準拠して対応するメカニズムを確立することを条件に、 DMCA セーフハーバー規制に基づく保護の資格を得ることができます。[31]

サーバー間での迅速な伝播と各サーバーによる保持のため、Usenetネットワーク全体から著作権で保護されたコンテンツを削除することはほぼ不可能な作業です。Usenetプロバイダーに削除を要求すると、その1つのサーバーの保持キャッシュからのみ削除され、他のサーバーからは削除されません。特別なキャンセル後のメッセージを配布してすべてのサーバーから削除することは可能ですが、多くのプロバイダーは、誰でも簡単に改ざんして送信できるため、標準ポリシーによるキャンセルメッセージを無視します。[32] [33]削除請願がネットワーク全体で最も効果的であるためには、コンテンツが他のサーバーに伝播される前に、コンテンツが投稿されたオリジンサーバーに発行される必要があります。この初期段階でコンテンツを削除すると、それ以上の伝播が妨げられますが、最新の高速リンクを使用すると、コンテンツを到着と同時に伝播できるため、著作権所有者によるコンテンツのレビューや削除の発行に時間をかけることができません。[34]

違法なコンテンツを投稿する人の身元を確認することは、ネットワークの信頼ベースの設計のために同様に困難です。SMTP電子メールと同様に、サーバーは通常、投稿のヘッダーと発信元の情報が真実で正確であると想定します。ただし、SMTP電子メールの場合と同様に、Usenetの投稿ヘッダーは簡単に改ざんされて、メッセージソースの本当の身元と場所がわかりにくくなります。[35]このように、Usenetは最新のP2Pサービスとは大きく異なります。コンテンツを配布するほとんどのP2Pユーザーは、通常、ネットワークアドレスによって他のすべてのユーザーにすぐに識別できますが、Usenet投稿の発信元情報は、元のサーバーを通過すると完全に隠されて取得できなくなる可能性があります。[36]

また、最新のP2Pサービスとは異なり、ダウンローダーのIDは表示されません。P2Pサービスでは、ダウンローダーはネットワークアドレスによって他のすべての人に識別可能です。Usenetでは、ダウンローダーはサーバーに直接接続し、サーバーに接続しているユーザーのアドレスを知っているのはサーバーだけです。一部のUsenetプロバイダーは使用ログを保持していますが、すべてのプロバイダーがこのログ情報を米国レコード協会などの外部の関係者が気軽に利用できるようにしているわけではありません。[37] [38] [39] USENETへの匿名ゲートウェイの存在は、投稿の真の発信元の追跡も複雑にします。

歴史

UUCP / Usenet論理マップ— 1981年6月1日/S.McGeadyによる改造1981年11月19日

            (ucbvax)
+ = + =================================== + == +
| | | |
| | wivax | |
| | | | |
| | マイクロソフト| uiucdcs | |
| | genradbo | | | | | | (Tektronix)
| | | | | | | パデュー| |
| decvax + === + = + ==== + = + = + | | | |
| | | | | | | パーフィ| | tekmdp
| | | | | | | | | | |
+ @@@@@@ cca | | | | | | | | |
| | | | + = pur-ee = + = + ===== + === + | |
| csin | | | | | |
| | + == o === + =================== + == + ======== + ======= + == == teklabs = +
| | | |
| | | pdp phs grumpy wolfvax |
| | | | | | | |
| | cincy unc = + === + ====== + ======== + |
| | | バイオ| |
| | | (その他)| | (その他)|
| | | siiリード| dukgeri duke34 utzoo |
| | | | | | | | | |
| + ==== + = + = + == + ==== ++ ====== + == ++ === duke = + === + ======= + == + ========= + |
| | | | | | | | | | u1100s
| bmd70 ucf-cs ucf | アンディロン| | | | |
| | | | | | |
| 赤| | | | | pyuxh
| | | | zeppo | | | |
| psupdp --- psuvax | | | | | | |
| | | | アリス| whuxlb | utah-cs | | houxf
| アレグラ| | | | | | | | | |
| | | | | | | | | +-チコ--- +
| + === + = mhtsa ====調査| / = + ======= harpo = + == + | |
| | | | | | / | | |
| hocsr | | + = + ============= + = / cbosg --- + | |
| ucbopt | | | | | エスクァイア|
| :| | | cbosgd | |
| :| | | | |
| ucbcory | | ワシ== + ===== + ===== + ===== + ===== + | |
| :| | | | | | | | | + -uwvax-+
| :| | | mhuxa mhuxh mhuxj mhuxm mhuxv | |
| :| | | | |
| :| | | + ---------------------------- o-+
| :| | | | |
| ucbcad | | | ihpss mh135a |
| :| | | | | |
| :\-o--o ------ ihnss ---- vax135 ---- cornell |
| :| | | | |
+ = + == ucbvax ========== + === + == + = + ====== + ======= + = + ======= = + ========= +
  (UCB):| | | | (シリコンバレー)
     ucbarpa cmevax | | menlo70--hao
        :| | | |
     ucbonyx | | | sri-unix
                              | ucsfcgl |
                              | | |
凡例:| | sytek ==== + ======== +
------- | | | |
-| / \ + = Uucp sdcsvax = + ======= + = + ====== + intelqa zehntel
= "バス" | | |
oジャンプsdcarlphonlab sdcattb
:バークネット
@ Arpanet

UUCP / Usenet論理マップ、StevenMcGeadyによるオリジナル。Copyright©1981、1996
Bruce Jones、Henry Spencer、DavidWiseman。
Usenet Oldnews Archive:Compilationの許可を得てコピーしました[40]

ニュースグループの実験は1979年に最初に行われました。デューク大学トムトラスコットジムエリスは、地元の発表プログラムの代わりとしてこのアイデアを思いつき、スティーブベロビンによって書かれたボーンシェルスクリプトを使用して近くのノースカロライナ大学とのリンクを確立しました。ニュースの公開は、SteveDanielとTruscottによって書かれた従来のコンパイル済みソフトウェアの形式でした。[7] [41] 1980年、Usenetは、UsenetとARPANETの両方に接続されたUCBerkeleyを介してARPANETに接続されました。マーク・ホートン接続を設定した大学院生である、は、「fa」(「FromARPANET」[42])識別子を使用して「ARPANETからUsenetへのメーリングリストのフィード」を開始しました。[43] Usenetは、リード大学オクラホマ大学ベル研究所含む50のメンバーサイトを最初の年に獲得し[7]、ネットワークを使用する人々の数は劇的に増加しました。ただし、UsenetユーザーがARPANETに貢献できるようになるまでには、まだしばらく時間がかかりました。[44]

ネットワーク

UUCPネットワークは、関連するコストが低く、既存の専用回線、X.25リンク、さらにはARPANET接続を使用できるため、急速に普及しました。1983年までに、500を超えるホスト、主に大学やベル研究所のサイトから数千人が参加しましたが、Unix関連の企業も増えています。ホストの数は1984年にほぼ2倍の940になりました。100を超えるニュースグループが存在し、20を超えるニュースがUnixやその他のコンピュータ関連のトピックに専念し、少なくとも3分の1がレクリエーションに専念しました。[45] [7]UUCPホストのメッシュが急速に拡大するにつれて、Usenetサブセットをネットワーク全体から区別することが望まれるようになりました。1982年のUSENIX会議で、新しい名前を選ぶための投票が行われました。Usenetという名前は保持されましたが、ニュースにのみ適用されることが確立されました。[46] UUCPNETという名前は、ネットワーク全体の一般名になりました。

UUCPに加えて、初期のUsenetトラフィックもFidonetやその他のダイヤルアップBBSネットワークと交換されました。1990年代半ばまでに、約40,000のFidoNetシステムが稼働し、市内電話サービスだけで世界中の何百万ものユーザーと通信することが可能になりました。BBSコミュニティによるUsenetの広範な使用は、UFGATE(UUCP to FidoNet Gateway)、FSUUCP、UUPCなどのUUCPのMS-DOS実装によって可能になったUUCPフィードの導入によって促進されました。1986年、RFC 977は、TCP / IPを介したUsenet記事の配布に関するNetworkNews Transfer Protocol(NNTP)仕様を提供しました。UUCPトラフィックの非公式なインターネット転送のより柔軟な代替手段として。1990年代のインターネットブーム以来、ほとんどすべてのUsenet配信はNNTPを介して行われます。[47]

ソフトウェア

Usenetの初期のバージョンでは、1日に1つか2つの記事用に設計されたDukeのANewsソフトウェアを使用ていました。BerkeleyのMattGlickmanとHortonは、増加するトラフィックを処理できるB Newsと呼ばれる改良版を作成しました(1983年後半の時点で1日約50件の記事)。[7]インターネットメールとの互換性とパフォーマンスの向上を提供するメッセージ形式により、それは主要なサーバーソフトウェアになりました。トロント大学のGeoffCollyerとHenrySpencerによって開発されたCNewsは、機能的にはB Newsに匹敵しましたが、処理がかなり高速でした。1990年代初頭、RichSalzによるInterNetNewsNNTPによって可能になった継続的なメッセージフローと、UUCPのバッチストアアンドフォワード設計を利用するために開発されました。それ以来、INNの開発が続けられ、他のニュースサーバーソフトウェアも開発されてきました。[48]

公開会場

Usenetは、最初のインターネットコミュニティであり、商用化前のインターネットにおける最も重要な公共の発展の多くの場所でした。ティムバーナーズリーがワールドワイドウェブ立ち上げを発表した場所[49]リーナストーバルズがLinuxプロジェクトを発表した場所[50]マークアンドリーセンがモザイクブラウザの作成と画像タグの導入を発表した場所でした。 [51]は、ワールドワイドウェブをグラフィカルメディアに変えることで革命を起こしました。

インターネットの専門用語と歴史

現在インターネットで一般的に使用されている多くの専門用語は、Usenetで生まれた、または普及しました。[52]同様に、スパムをめぐる継続的な困難など、後にインターネットの他の部分に広がる多くの紛争がUsenetで始まった。[53]

「Usenetは、下痢を伴う象の群れのようなものです。大規模で、方向を変えるのが難しく、畏敬の念を起こさせ、面白く、そして予想外の量の排泄物の源です。」

—  Gene Spafford、1992

辞退

PCMagazineのSaschaSeganは 2008年に「Usenetは何年もの間死にかけている」と述べました。[54] Seganは、AOLがUsenetアクセスを提供し始めたとき、一部の人々はUsenetの衰退の始まりとして1993年の永遠の9月を指摘したと述べた。彼は、ユーザーが1990年代後半までに大きな(テキスト以外の)ファイルをUsenetに配置し始めると、それに応じてUsenetのディスク容量とトラフィックが増加したと主張しています。インターネットサービスプロバイダーは、なぜバイナリ記事用のスペースをホストする必要があるのか​​疑問に思いました。

AOLは2005年にUsenetアクセスを中止しました。2010年5月、実装が30年以上前にUsenetを開始したデューク大学は、使用量の少なさとコストの上昇を理由にUsenetサーバーを廃止しました。[55] [56] 2011年2月4日、ノースカロライナ大学チャペルヒル校のUsenetニュースサービスリンク(news.unc.edu)は32年後に廃止されました。[要出典]

これに対し、 TechCrunchのJohn Biggsは、 「コマンドラインがマウスよりも優れていると考える人々がいる限り、元のテキストのみのソーシャルネットワークは存続するだろう」と述べた。[57] Usenetにはまだアクティブなテキストニュースグループがいくつかありますが、システムは現在、主にユーザー間で大きなファイルを共有するために使用されており、Usenetの基盤となるテクノロジーは変更されていません。[58]

Usenetトラフィックの変更

時間の経過とともに、Usenetトラフィックの量は着実に増加しています。2010年の時点で、すべてのBig-8ニュースグループで行われたすべてのテキスト投稿の数は、1時間あたり平均1,800件の新規メッセージであり、1日あたり平均25,000件のメッセージです。[59]ただし、これらの平均は、バイナリグループのトラフィックと比較するとごくわずかです。[60]このトラフィックの増加の多くは、個別のユーザーやニュースグループのディスカッションの増加ではなく、大規模な自動スパムと、大きなファイルが公開されることが多い.binariesニュースグループ[59]の使用の増加の組み合わせを反映しています。変化の小さなサンプリング(1日あたりの飼料サイズで測定)は次のとおりです。

1日あたりのUsenetトラフィック(en).svg
出典:altopia.com [要出典]
毎日のボリューム 毎日の投稿 日にち
4.5 GiB 1996年12月
9 GiB 1997年7月
12 GiB 554 k 1998年1月
26 GiB 609 k 1999年1月
82 GiB 858 k 2000年1月
181 GiB 1.24 M 2001年1月
257 GiB 1.48 M 2002年1月
492 GiB 2.09 M 2003年1月
969 GiB 3.30 M 2004年1月
1.52 TiB 5.09 M 2005年1月
2.27 TiB 7.54 M 2006年1月
2.95 TiB 9.84 M 2007年1月
3.07 TiB 10.13 M 2008年1月
4.65 TiB 14.64 M 2009年1月
5.42 TiB 15.66 M 2010年1月
7.52 TiB 20.12 M 2011年1月
9.29 TiB 23.91 M 2012年1月
11.49 TiB 28.14 M 2013年1月
14.61 TiB 37.56 M 2014年1月
17.87 TiB 44.19 M 2015年1月
23.87 TiB 55.59 M 2016年1月
27.80 TiB 64.55 M 2017年1月
37.35 TiB 73.95 M 2018年1月
60.38 TiB 104.04 M 2019年1月
62.40 TiB 107.49 M 2020年1月
100.71 TiB 171.86 M 2021年1月

2008年、ベライゾンコミュニケーションズタイムワーナーケーブルスプリントネクセルは、ニューヨーク州検事総長の アンドリュークオモと、児童ポルノのソースへのアクセスを停止する契約に署名しました[61] Time WarnerCableはUsenetへのアクセスの提供を停止しました。Verizonは、「Big8」階層へのアクセスを減らしました。Sprintは、 alt。*階層へのアクセスを停止しました。AT&Tは、alt.binaries。*階層へのアクセスを停止しました。クオモは、彼の反児童ポルノキャンペーンでUsenetを具体的に指名したことはありません。PCWorldのDavidDeJeanインターネットサービスプロバイダーにとっては費用がかかり、顧客からの需要は高くないため、ISPがUsenetアクセスの一部を終了する言い訳としてCuomoのキャンペーンを使用したことを懸念する人もいると述べた。2008年には、Usenetアクセスを提供しなくなったAOLと、Cuomoキャンペーンに対応した4つのプロバイダーは、米国で最大の5つのインターネットサービスプロバイダーでした。彼らは米国のISP市場シェアの50%以上を持っていました。[62] 2009年6月8日、AT&Tは、2009年7月15日をもってUsenetサービスへのアクセスを提供しないことを発表しました。[63]

AOLは、ウェブログ、チャットフォーラム、オンライン会議の人気が高まっていることを理由に、統合されたUsenetサービスを2005年の初めに廃止すると発表しました。[64] AOLコミュニティは、約11年前にUsenetを普及させる上で大きな役割を果たしました。[65]

2009年8月、ベライゾンは2009年9月30日にUsenetへのアクセスを停止すると発表しました。[66] [67] JANETは、Googleグループを代替手段として挙げ、2010年7月31日をもってUsenetサービスを停止すると発表しました。[68] Microsoftは、2010年6月1日から公開ニュースグループ(msnews.microsoft.com)のサポートを終了し、代わりにWebフォーラムを提供すると発表しました。[69]

一般的なISPによるUsenetサービスの中止の主な理由には、ブログとの競争による実際の読者数の減少、および未使用または廃止されたグループでのファイル共有とスパムに充てられるトラフィックの割合の増加に関するコストと責任の懸念が含まれます。[70] [71]

一部のISPは、サービスの一部としてUsenetフィードを削除する理由の1つとして、児童ポルノに対するCuomoのキャンペーンからの圧力を含めていませんでした。[72] ISPCoxとAtlanticCommunicationsは2008年の傾向に抵抗しましたが、どちらも最終的に2010年にそれぞれのUsenetフィードを削除しました。[73] [74] [75]

アーカイブ

Usenetの記事の公開アーカイブは、1982年後半にKennethAlmquistによって作成されたシステムなどのUsenetの初期から存在していました。[76] [77] Usenetの投稿の分散アーカイブは、1982年11月にScottOrshanによって提案されました。すべてのサイトは、投稿したすべての記事を永久に保持する必要があります。」[78]また、その年の11月に、リック・アダムズは「誰かがネットニュースをアーカイブしたか、または誰かがそうする予定があるか」と尋ねる投稿に答えた。[79]彼は「それを認めることを恐れているが、私は9月18日から最も「有用な」ニュースグループをアーカイブし始めた」と述べた。[80]1982年6月、Gregory G. Woodburyは、「特定のマシン上の特別なメール受信者への固定形式のメッセージの自動応答」で構成される「アーカイブへの自動アクセス」システムを提案しました。[81]

1985年に、2つのニュースアーカイブシステムと1つのRFCがインターネットに投稿されました。アリゾナ大学のMarkM。Swensonによるkeepnewsと呼ばれる最初のシステムは、「Usenetを介して届く情報を抽出して保持するための正しい方法を提供しようとするプログラム」として説明されました。このシステムの主な利点は、ユーザーが記事を保持する価値があるものとしてマークできることでした。[82] 2番目のシステムであるChuqVonRospachによるYANews Archiverは、keepnewsに似ていましたが、「Unixの素晴らしい2次検索時間機能が実際の問題になるはるかに大きなアーカイブで動作するように設計されました」。[83] 1985年初頭のVonRospachは、「キーワードを使用したusenet記事のアーカイブとアクセス」に関する詳細なRFCを投稿しました。このRFCは、「 Usenet記事のアーカイブを生成および維持し、記事自体から抽出された記事ID、件名、またはキーワードに基づいて記事を検索できるようにする」プログラムについて説明しています。システムの内部データ構造。[84]

アーカイブされたニュース記事の全文検索インデックスを持ちたいという願望も新しいものではありません。そのような要求の1つは、「[ニュースアーカイブ]の何らかのキーワードインデックスを構築する」ことを目指したAlexMartelliによって1991年4月に行われました。[85] 5月初旬、Martelli氏は、Usenetに対する彼の回答の要約を投稿し、「最も人気のある提案賞は、最近alt.sourcesに投稿されたLiamQuinによる「lq-text」パッケージに必ず行く必要がある」と述べました。[86]

Alt Sex Stories Text Repository(ASSTR)サイトは、Usenetグループalt.sex.storiesに投稿されたエロティックなポルノストーリーをアーカイブおよびインデックス化します[87]

Usenetのアーカイブは、プライバシーの喪失の恐れにつながっています。[88]アーカイブは、人々のプロファイルを作成する方法を簡素化します。これは、 X-No-Archive:Yesヘッダーの導入によって部分的に打ち消されましたが、それ自体は物議を醸しています。[89]

GoogleグループとDejaNewsによるアーカイブ

Usenetの投稿のWebベースのアーカイブは、1995年にDeja Newsで、非常に大規模で検索可能なデータベースを使用して開始されました。2001年に、このデータベースはGoogleによって買収されました。[90]

Googleグループは、1981年5月にさかのぼるUsenet投稿のアーカイブをホストしています。1981年5月から1991年6月までの最初の投稿は、DavidWisemanらの助けを借りてWesternOntario大学からGoogleに寄贈されました[91]。もともとはトロント大学の動物学部のヘンリー・スペンサーによってアーカイブされました。[92] 1991年後半から1995年初頭までのアーカイブは、NetNewsCDシリーズ[93]のKentLandfieldとGMDのJürgenChristoffelによって提供されました。[94] 1995年3月以降の投稿のアーカイブは、DejaNews社によって開始されました。(後のDeja)、2001年2月にGoogleによって購入されました。Googleは2000年8月の第2週から、Usenetの投稿のアーカイブを開始しました。

Googleは、アーカイブの管理と検索機能の破壊について、 ViceWiredの寄稿者および元従業員から批判されてきました。[95] [96] [97]

も参照してください

Usenetニュースリーダー

Usenet / newsgroupサービスプロバイダー

Usenetの履歴

Usenet管理者

Usenet全体には管理者がいません。各サーバー管理者は、エンドユーザーとピアサーバーがそれを許容して受け入れる限り、自分が喜ぶことは何でも自由に行うことができます。それにもかかわらず、いくつかの有名な管理者がいます:

参考文献

  1. ^ a b UsenetからCoWebsへ:ソーシャル情報スペースとの対話、Christopher Lueg、Danyel Fisher、Springer(2003)、ISBN  1-85233-532-7ISBN 978-1-85233-532-8 
  2. ^ a b jargonファイルv4.4.7 は、2016年1月5日、Wayback Machine、Jargon FileArchiveでアーカイブされました。
  3. ^ 第3章-Usenetの開発の背後にある社会的勢力 2016年8月4日、 Wayback Machineで、RondaHaubenとMichaelHaubenによるNetizensネットブック。
  4. ^ 「USENETニュースグループ規約–SPAM」2012年9月15日にオリジナルからアーカイブされました。
  5. ^ プレインターネット; ほとんどの大きな町で「ローカル電話サービス」が必要なUsenetは、愛好家「SysOps」が無料で運用しているローカルダイヤルアップFidonet 「ノード」の数によって異なります(FidoNetエコーメールのバリエーションとして、またはUsenetニュース階層のゲートウェイを介して)。は仮想Usenetまたはニュースグループアクセスであり、真のUsenetではありません。)参加しているSysOpsは、通常、それぞれ6〜30のUsenetニュースグループを持ち、要求に応じて別のニュースグループを追加することがよくあります。目的のニュースグループがローカルで利用できない場合、ユーザーは別の都市にダイヤルして目的のニュースをダウンロードし、自分の投稿をアップロードする必要があります。すべての場合において、できるだけ早く電話を切り、オフラインで読み取り/書き込みを行い、プロセスを自動化するために一般的に使用される「ニュースリーダー」ソフトウェアを作成することが望ましいです。
    fidonet.org、Randy_Bush.txt
  6. ^ a b Bonnett、Cara(2010年5月17日)。「デュークが最初の電子ニュースグループの本拠地であるUsenetサーバーを閉鎖する」デューク大学
  7. ^ a b c d e Emerson、Sandra L.(1983年10月)。「Usenet / Unixユーザー向けの掲示板」BYTEpp。219–236 2015年1月31日取得
  8. ^ 「 2012年9月24日にウェイバックマシンでアーカイブされた一般アクセスUNIXネットワークへの招待 」、JamesEllisとTomTruscott、USENETの最初の公式発表、NewsDemon(K&L Technologies、Inc)、1979年
  9. ^ レーナート、ウェンディG。; コペック、リチャード(2007)。Web101。アディソンウェスリー。p。291. ISBN 9780321424679 
  10. ^ 「ストアアンドフォワード通信:UUCPおよびFidoNet」2012年6月30日にオリジナルからアーカイブされました。カーネギーメロンコンピュータサイエンススクール。
  11. ^ Kozierok、Charles M.(2005)。TCP / IPガイド:包括的で図解されたインターネットプロトコルリファレンス。スターチプレスはありません。p。1401. ISBN 978-159327-047-6 
  12. ^ 通常のインターネットブラウザを使用してUsenetニュースグループを仮想的に読んで参加する1つの方法は、大量のフォーラム「sci.physics」などの既知のニュースグループでインターネット検索を行うことです。2019年4月28日取得
  13. ^ 「最高のUsenetクライアント」UsenetReviewz 2020年8月13日取得
  14. ^ 「OpenDirectoryUsenetClients」Dmoz.org。2008年10月9日。2012年7月30日のオリジナルからアーカイブ2010年12月14日取得
  15. ^ Jain、Dominik(2006年7月30日)。「OE-QuoteFixの説明」2012年9月21日にオリジナルからアーカイブされました2007年6月4日取得
  16. ^ 「改善-Usenet」2008年10月13日。2012年7月13日のオリジナルからアーカイブ。
  17. ^ 「改善-Usenetコメント」2008年10月13日。2008年4月26日のオリジナルからアーカイブ2009年6月29日取得
  18. ^ 「Googleグループ」2012年5月25日にオリジナルからアーカイブされました2010年12月14日取得
  19. ^ 「ニュース:Googleグループへのリンク」2012年7月12日にオリジナルからアーカイブされました。
  20. ^ 「モデレーターにグループ憲章に従うように強制できるのは誰ですか?」Big-8.org。2012年8月4日にオリジナルからアーカイブされました2010年12月14日取得
  21. ^ 「グループはどのようにモデレーターを変更しますか?」Big-8.org。2012年7月19日にオリジナルからアーカイブされました2010年12月14日取得
  22. ^ 「初期のUsenetニュースグループ階層」Livinginternet.com。1990年10月25日。2012年9月21日のオリジナルからアーカイブ2010年12月14日取得
  23. ^ 「新しいBig-8ニュースグループを作成する方法」Big-8.org。2010年7月7日。2012年7月22日のオリジナルからアーカイブ2010年12月14日取得
  24. ^ ジュディス・ドナート(2014年5月23日)。ソーシャルマシン:オンラインで生活するためのデザインISBN 9780262027014現在でもUsenetは存在しますが、スパム、ポルノ、海賊版ソフトウェアの非社交的な泥沼です。
  25. ^ 「インターネットの最も古くて奇妙な謎を解き明かす」2015年3月22日。2015年5月18日のオリジナルからアーカイブ2015年5月7日取得スパムでいっぱいのグループは、スパマーに対して、そしてスパムに対して何をすべきかをめぐって大規模な戦いが行われました。人々は、収穫を避けるためにメッセージで自分の電子メールアドレスを使用するのをやめました。人々はネットを去りました。
  26. ^ 「スパムのアメリカの方法」2015年5月18日にオリジナルからアーカイブされました2015年5月7日取得...それ以来、ニュースグループの多くはジャンクメッセージで溢れかえっています。
  27. ^ Microsoftは、2012年9月18日、 Wayback Machine、発表、日付なしでアーカイブされたコミュニティの進化に対応します。 「Microsoftがニュースグループで「購読解除」を押している」2012年7月12日にオリジナルからアーカイブされました。、CNET、2010年5月4日。
  28. ^ 「Usenetストレージは60ペタバイト(60000テラバイト)を超えています」binsearch.info。2020年5月21日にオリジナルからアーカイブされました2020年10月20日取得
  29. ^ 「usenetバックアップ(uBackup)」Wikihow.com。2020年2月25日にオリジナルからアーカイブされました2020年10月20日取得
  30. ^ 「Eweka4446日保持」Eweka.nl。2020年10月20日にオリジナルからアーカイブされました2020年10月20日取得
  31. ^ 「デジタルミレニアム著作権法」2012年9月10日にオリジナルからアーカイブされました。
  32. ^ 「メッセージのキャンセルに関するFAQ」2008年2月15日にオリジナルからアーカイブされました2009年6月29日取得...認証されたキャンセルがキャッチされるまで、偽造されたキャンセルを回避し、偽造されていないキャンセルを許可するオプションはありません...
  33. ^多くのサーバーがキャンセルメッセージ 「Support.microsoft.com」を無視することを示すMicrosoftナレッジベースの記事2012年7月19日にオリジナルからアーカイブされました。
  34. ^ 「MicrosoftWord-Surmacz.doc」(PDF)2013年5月21日のオリジナルからアーカイブ(PDF)2010年12月14日取得
  35. ^ ... Usenet投稿のすべての部分は、「Path:」ヘッダーの左端の部分を除いて偽造される可能性があります... 「By-users.co.uk」2012年7月23日にオリジナルからアーカイブされました。
  36. ^ 「偽造を通してよりよい生活」ニュースグループ:  news.admin.misc1995年6月10日。Usenet [email protected]2012年7月24日にオリジナルからアーカイブされました2014年12月5日取得 
  37. ^ 「Giganewsプライバシーポリシー」Giganews.com。2012年7月31日にオリジナルからアーカイブされました2010年12月14日取得
  38. ^ 「プライバシーポリシーUsenetServer」Usenetserver.com。2020年6月4日にオリジナルからアーカイブされました2020年7月8日取得
  39. ^ 「ログポリシー」Aioe.org。2005年6月9日。2012年7月8日のオリジナルからアーカイブ2010年12月14日取得
  40. ^ 「Quux.org」2012年7月14日にオリジナルからアーカイブされました2010年12月14日取得
  41. ^ LaQuey、Tracy(1990)。コンピュータネットワークのユーザーディレクトリ。デジタルプレス。p。386. ISBN 978-1555580476 
  42. ^ 「そしてそれは始まる」2010年7月15日にオリジナルからアーカイブされました2014年9月15日取得
  43. ^ 「インターネットの歴史、第3章:電子メールの歴史」2014年8月12日にオリジナルからアーカイブされました2014年9月15日取得
  44. ^ Hauben、MichaelおよびHauben、ロンダ。ネチズン:Usenetとインターネットの歴史と影響について、Usenetの初期の頃: ウェイバックマシンで2015年6月10日にアーカイブされた協力的なオンライン文化のルーツ」。ファーストマンデーvol。3番号1998年8月8日、3日
  45. ^ Haddadi、H。(2006)。 WaybackMachineで2015年11月17日にアーカイブされたサンプル統計を使用したネットワークトラフィック推論 」。ロンドン大学。
  46. ^ ホートン、マーク(1990年12月11日)。「アラクネット」2012年9月21日にオリジナルからアーカイブされました2007年6月4日取得
  47. ^ ヒューストン、ジェフ(1999)。ISPサバイバルガイド:競争力のあるISPを運営するための戦略。ワイリー。p。439。
  48. ^ 「Unix / Linuxニュースサーバー」Newsreaders.com。2012年9月5日にオリジナルからアーカイブされました2010年12月14日取得
  49. ^ ティム・バーナーズ=リー(1991年8月6日)。「WorldWideWeb:まとめ」ニュースグループ:  alt.hypertextUsenet:[email protected] 2007年6月4日取得 
  50. ^ トーバルズ、ライナス。「minixで一番見たいものは?」ニュースグループ:  comp.os.minixUsenet:[email protected] 2006年9月9日取得 
  51. ^ マークアンドリーセン(1993年3月15日)。「NCSAMosaicfor X0.10が利用可能です」ニュースグループ:  comp.windows.xUsenet:[email protected]2006年6月16日にオリジナルからアーカイブされました2007年6月4日取得 
  52. ^ カルテンバッハ、スーザン(2000年12月)。「オンライン談話共同体の進化」(PDF)2011年7月14日のオリジナルからアーカイブ(PDF)2010年5月26日取得動詞の倍増:動詞を倍増すると、その意味が変わる可能性があります。オンラインコンポーネントは「ホムンクルス」、「デーモン」などと名付けられ、「混乱した」プログラムもありました。比較:設計品質の標準的な比較
  53. ^ Campbell、KK(1994年10月1日)。「インターネットの悪名高いCanter&SiegelのMarthaSiegelとのチャット」電子フロンティア財団2007年11月25日にオリジナルからアーカイブされました2010年9月24日取得
  54. ^ Segan、Sascha(2008年7月31日)。「RIPUsenet:1980-2008」PCマガジン2012年9月9日にオリジナルからアーカイブされました2017年7月21日取得
  55. ^ Cara Bonnett(2010年5月17日)。「インターネットの歴史の一部」今日のデューク2012年7月11日にオリジナルからアーカイブされました2010年5月24日取得
  56. ^ Andrew Orlowski(2010年5月20日)。「Usenetの家は本日閉鎖されます」レジスター2012年9月21日にオリジナルからアーカイブされました2010年5月24日取得
  57. ^ Usenetの死の報告は非常に誇張されています」2012年7月16日のオリジナルからアーカイブされました。。 " TechCrunch。2008年8月1日。2011年5月8日に取得。
  58. ^ 「Usenetとは」トップ10Usenet 2021年2月8日取得{{cite web}}: CS1 maint: url-status (link)
  59. ^ a b "投稿によるトップ100のテキストニュースグループ"NewsAdmin。2006年10月16日にオリジナルからアーカイブされました2010年12月14日取得
  60. ^ 「投稿によるトップ100のバイナリニュースグループ」NewsAdmin。2006年10月16日にオリジナルからアーカイブされました2010年12月14日取得
  61. ^ ローゼンクランス、リサ。「児童ポルノのソースへのアクセスをブロックする3つのトップISP」2012年7月22日にオリジナルからアーカイブされました。コンピュータの世界2008年6月8日。2009年4月30日に取得。
  62. ^ DeJean、David。「Usenet:まだ死んでいない。」PCワールド2008年10月7日火曜日。「2」2008年10月7日。2009年4月30日に取得。
  63. ^ 「ATTはUSENETニュースグループサービスの中止を発表します」NewsDemon。2009年6月9日。2012年9月21日のオリジナルからアーカイブ2009年6月18日取得
  64. ^ フー、ジム。「AOLがニュースグループをシャットダウンする」2012年7月23日のオリジナルからアーカイブ。。 " CNet。2005年1月25日。2009年5月1日に取得。
  65. ^ 「AOLはニュースグループサービスのプラグを引っ張る」Betanews.com。2005年1月25日。2012年7月22日のオリジナルからアーカイブ2010年12月14日取得
  66. ^ ボード、カール。「ベライゾンがニュースグループを9月30日に廃止する」2012年7月31日にオリジナルからアーカイブされました。DSLReports。2009年8月31日。2009年10月24日に取得。
  67. ^ 「Verizonニュースグループサービスは廃止されました」2012年9月21日のオリジナルからアーカイブ。「VerizonCentralSupport。2009年10月24日に取得。
  68. ^ Ukerna.ac.uk [リンク切れ]
  69. ^ 「マイクロソフトはコミュニティの進化に対応します」microsoft.com。2003年6月22日にオリジナルからアーカイブされました2011年9月1日取得
  70. ^ 「AOLはニュースグループをシャットダウンします」cnet.com/。2005年1月25日。2008年8月29日のオリジナルからアーカイブ2011年9月1日取得
  71. ^ 「ニュースグループを中止するベライゾン」dslreports.com。2009年8月31日。2012年3月6日のオリジナルからアーカイブ2011年9月1日取得
  72. ^ 「Comcastニュースグループサービスは廃止されました」dslreports.com。2008年9月16日。2014年12月6日のオリジナルからアーカイブ2014年12月5日取得
  73. ^ 「CoxtoDrop Free Usenet Service 6月30日」Zeropaid.com。2010年4月22日。2012年9月21日のオリジナルからアーカイブ2011年9月3日取得
  74. ^ 「Coxは6月からUsenetを廃止します」Geeknet、Inc. 2010年4月21日。2012年9月21日のオリジナルからアーカイブ2011年9月1日取得
  75. ^ 「CoxCommunicationsとAtlanticBroadbandはUsenetアクセスを中止します」thundernews.com。2010年4月27日。2012年9月12日のオリジナルからアーカイブ2011年9月1日取得
  76. ^ 「ニュースアイテムを取り戻す方法」2012年7月10日にオリジナルからアーカイブされました2010年12月14日取得
  77. ^ 「ニュースアイテムを取り戻す方法(2回目の投稿)」ニュースグループ:  net.general1982年12月21日。2011年1月29日のオリジナルからアーカイブ2014年12月5日取得message-id:bnews.spanky.138
  78. ^ 「netnewsの分散アーカイブ」2012年7月8日にオリジナルからアーカイブされました2010年12月14日取得
  79. ^ 「netnewsのアーカイブ」2012年7月24日にオリジナルからアーカイブされました2010年12月14日取得
  80. ^ 「Re:netnewsのアーカイブ」2012年7月15日にオリジナルからアーカイブされました2010年12月14日取得
  81. ^ 「アーカイブへの自動アクセス」2012年7月12日にオリジナルからアーカイブされました2010年12月14日取得
  82. ^ 「keepnews–Usenetニュースアーカイブシステム」2012年7月17日にオリジナルからアーカイブされました2010年12月14日取得
  83. ^ 「YAニュースアーカイバ」2012年7月9日にオリジナルからアーカイブされました2010年12月14日取得
  84. ^ 「キーワードルックアップを備えたRFCusenet記事アーカイブプログラム」2012年7月15日にオリジナルからアーカイブされました2010年12月14日取得
  85. ^ 「アーカイブされたニュースのための全文索引付けソフトウェアを探しています」2012年9月21日にオリジナルからアーカイブされました2010年12月14日取得
  86. ^ 「要約:アーカイブされたニュースのための全文索引付けソフトウェアの検索」2012年7月8日にオリジナルからアーカイブされました2010年12月14日取得
  87. ^ Asstr.org
  88. ^ Segan、Sascha(1970年1月1日)。「RIPUsenet:1980–2008 – Usenetの衰退– PCMagazineによるコラム」Pcmag.com。2012年9月9日にオリジナルからアーカイブされました2010年12月14日取得
  89. ^ Strawbridge、Matthew(2006)。ネチケット:ブログ時代のインターネットエチケット。ソフトウェアリファレンス。p。53. ISBN 978-0955461408 
  90. ^ カレン、ドリュー(2001年2月12日)。「GoogleはDeja.comUsenetサービスを保存します」レジスター2012年9月21日にオリジナルからアーカイブされました。レジスター
  91. ^ ワイズマン、デビッド。「Magi'sNetNewsArchive Involvement」 2005年2月9日、 archive.today、csd.uwo.ca
  92. ^ Mieszkowski、キャサリン。 Usenetを保存したオタク」 。 2012年7月10日にオリジナルからアーカイブされました。"、archive.salon.com(2002年1月7日)。
  93. ^ フェルドマン、イアン。「CD-ROM上のUsenet、もはや寓話ではない」1992年2月10日。2012年7月7日のオリジナルからアーカイブ。、「TidBITS」(1992年2月10日)
  94. ^ 「Googleグループアーカイブ情報」2012年7月9日にオリジナルからアーカイブされました。(2001年12月21日)
  95. ^ ポールセン、ケビン(2009年10月7日)。「Googleの7億タイトルの放棄されたライブラリ」有線2017年3月9日にオリジナルからアーカイブされました2017年3月12日取得
  96. ^ ブラガ、マシュー(2015年2月13日)。「検索会社のグーグルは、インターネットアーカイブを検索できなくなった」マザーボード2015年9月5日にオリジナルからアーカイブされました2015年8月30日取得
  97. ^ エドワーズ、ダグラス(2011)。私は幸運を感じています:Google従業員番号59の告白ホートンミフリンハーコート。pp。209–213  _ ISBN 978-0-547-41699-1

さらに読む

外部リンク