カリフォルニア大学

ウィキペディアから、無料の百科事典
ナビゲーションにジャンプ 検索にジャンプ

座標37.802168°N122.271281°W37°48′08″N 122°16′17″W /  / 37.802168; -122.271281

カリフォルニア大学
The University of California 1868.svg
モットーフィアットラックスラテン語
英語のモットー
光がありますように
タイプ公立 研究 大学制度
設立1868年3月23日
寄付221億ドル(2019〜 2020年)[1]
バジェット416億ドル(2020〜 2021年)[2]
大統領マイケル・V・ドレイク
大学職員
24,400(2021年2月)[2]
管理スタッフ
143,200(2021年2月)[2]
学生285,862(2020年秋)[3]
学部生226,449(2020年秋)[3]
大学院生59,267(2020年秋)[3]
位置
アメリカ
キャンパス直接管理下にある10のキャンパス(9つは学部と大学院、1つは専門家/大学院のみ)、1つは提携法科大学院、1つは国立研究所
 
 ゴールド[4]
WebサイトUniversityofcalifornia.edu
University of California logo.svg

カリフォルニア大学UCは)ある公共の 土地助成 研究の 大学システムにおける米国の州カリフォルニアシステムは、時のキャンパスで構成されているバークレーデイビスアーバインロサンゼルスマーセドリバーサイドサンディエゴサンフランシスコサンタバーバラ、そしてサンタクルス多数の研究センターと学術海外拠点と一緒に、。[5]システムは州のものですランドグラント大学[6]

カリフォルニア大学は1868年3月23日に設立され、1873年バークレーに移る前オークランドで運営されていました。[7] [8]時が経つにつれて、いくつかの支部の場所と衛星プログラムが確立されました。 1951年3月、カリフォルニア大学はバークレー校のキャンパスと異なるものに再編成を開始し、カリフォルニア大学ロサンゼルス校のロバートゴードンスプロール学長がUCシステムの最高責任者を務め、クラークカーがカリフォルニア大学バークレー校の最初の首相になりました[9 ] [10] [11] [12]そしてレイモンドB.アレンUCLAの最初の首相になりました[13]しかし、1951年の再編成はスプロールとその同盟国からの抵抗によって行き詰まり[14]、カーがUC大統領としてスプロールを引き継ぐまで、UCは1957年から1960年まで大学システムに進化することができなかった。 [15]当時、首相は追加のキャンパスに任命され、それぞれにある程度のより大きな自治権が与えられました。 [16]

カリフォルニア大学には現在、10のキャンパスがあり、合計285,862人の学生、24,400人の教職員、143,200人のスタッフ、200万人を超える同窓生がいます。[2]マーセドの最新のキャンパスは2005年秋にオープンしました。9つのキャンパスが学部生大学院生の両方を登録しています。 1つのキャンパスであるカリフォルニア大学サンフランシスコ校には、医学および健康科学の大学院生と専門学生のみが在籍しています。さらに、サンフランシスコにあるUCヘイスティングス法科大学は法的にUCと提携していますが、その名前を共有することを除けば、システムの他の部分から完全に独立しています。下カリフォルニア大学高等教育マスタープランは、カリフォルニア州立大学システムとカリフォルニアコミュニティカレッジシステムを含む、の3システムの公立高等教育プランの一部です。 UCは、州政府の他の部分からの自治が州憲法によって保護されている理事会によって統治されています。[17]カリフォルニア大学も管理したりするための3つの国立研究所の共同管理し、米国エネルギー省ローレンス・バークレー国立研究所(LBNL)、ローレンス・リバモア国立研究所(LLNL)を、そしてロスアラモス国立研究所(LANL)。[18]

総称して、カリフォルニア大学の大学、機関、および卒業生は、カリフォルニア大学を世界で最も包括的で高度な高等教育システムにし、年間500億ドル近くの経済的影響をもたらしています。[検証の失敗] [19]主要な出版物は、一般に、ほとんどのUCキャンパスを世界で最も優れた大学の1つとしてランク付けしています。キャンパスの八、バークレーデイビスアーバインロサンゼルスサンタバーバラサンディエゴサンタクルス、そしてリバーサイドは、考慮される公共Ivies、カリフォルニアを全国で最も多くの大学がタイトルを保持している州にします。[20] [21] UCキャンパスには、ほぼすべての学問分野多数の著名な学部あり、2021年の時点でUCの学部と研究者は71のノーベル賞を受賞しています。[22]

歴史

モリル法とリベラルアーツカレッジ

1849年、カリフォルニア州は最初の憲法を批准しました。この憲法には、州立大学を含む完全な教育システムを構築するという明確な目的が含まれていました[23]を利用してモリル土地グラント行為カリフォルニア州議会は、 1866年には農業、鉱業、機械・アーツ・カレッジを設立しました[24] [25]しかし、それは連邦政府を確保するためのプレースホルダとして、唯一の紙の上に存在していました土地付与基金[25]

一方、イェール大学の卒業生である会衆派 牧師 ヘンリー・デュラント、1853年6月20日にカリフォルニア州オークランド私立のコントラコスタアカデミーを設立しました[24]最初の場所は、オークランドのダウンタウンにある12番街と14番街、ハリソン通りとフランクリン通りに囲まれていました[24](今日、13番街とフランクリンの北東の角にある州立歴史プラーク45番が目印です)。次に、アカデミーの評議員は1855年にカリフォルニア大学のチャーターを与えられたが、大学は1860年に大学レベルのコースを追加するまで大学予備校として運営され続けた。[24][25]大学の評議員、教育者、および支持者は、リベラルアーツ教育(特にギリシャとローマの古典の研究)の重要性を信じていましたアメリカのフロンティアにあるリベラルアーツカレッジへの関心の欠如に遭遇しました(本当の大学、大学は年間3〜4人の学生しか卒業していませんでした)。 [25]

1857年11月、大学の受託者は、オークランド郊外の将来計画されているキャンパスのために、現在バークレー校にあるゴールデンゲート面したさまざまな土地区画の取得を開始しました。[24]しかし、最初に、彼らは東に大きな農場を購入することによって大学の水利権を確保する必要がありました。[24] 1864年に、彼らは大学ホームステッド協会を組織し、土地を購入するために35,000ドルを借り、さらに将来のキャンパスの南にある160エーカー(650,000 m 2)の土地を購入するためにさらに33,000ドルを借りました[26]協会は後者の区画を細分化し、貸し手に返済するのに十分な資金を調達し、新しい区画を作成できることを期待して、ロットの販売を開始しました。大学の町[24]しかし、新しい家屋の売り上げは不十分でした。[24]

フレデリック・ロー知事は、ミシガン大学の計画に基づいた州立大学の設立を支持しました。したがって、ある意味では、カリフォルニア大学の創設者と見なすことができます。[24] [25]ローが出席したカリフォルニア大学の1867年の開始演習で、ベンジャミン・シリマン・ジュニアは、実際の大学ではなく州立工科大学を創設したとしてカリフォルニア州民を批判した[24] [25]その同じ日、ローは最初に、すでに機能しているカリフォルニア大学(土地、建物、教職員、学生がいるが、十分なお金がない)と機能していないステートカレッジ(お金があり、他には何もない)の合併を提案したと伝えられています。その後の交渉に参加しました。[24] [25] 1867年10月9日、大学の評議員は、州立大学と相互利益のために力を合わせることにしぶしぶ同意したが、1つの条件の下で、単に「農業、鉱業、機械芸術大学」が存在するわけではない。 、しかし完全な大学であり、その中でカリフォルニア大学の資産がレターズカレッジ(現在はレターズアンドサイエンス大学として知られているを作成するために使用されます[24] [25] [27]したがって、カリフォルニアの大学を確立する有機法は、によって法案として導入されました議員 ジョン・W・ドワイネル1868年3月5日に、それが正式に州議会の両院で可決された後、それがに署名された州法によって知事ヘンリー・H.ヘイト3月23日、1868年に(ローの後継者)[24] [25] [28]しかし、法的に構成として、新しい大学はだっない2つの大学の実際の合併が、これは全く新しい施設でしたそれぞれから特定の目的と資産を継承しただけです。[29]カリフォルニア大学の第二学長、ダニエル・コイト・ギルマン1873年9月バークレー新しいキャンパスを開設した[30]

UCアフィリエイト

有機法のセクション8は、カリフォルニア大学を独立した自立した専門学校と提携させることを理事会に許可しました。[31] [32] 「所属」とは、UCとその関連会社が「教育における新たな取り組みを開始する際のリスクを共有する」ことを意味しました。[31]アフィリエイトは州立大学のブランドの名声を共有し、UCはそれぞれの学部の推薦に基づいて卒業生に独自の名前で学位を授与することに同意しましたが、それ以外の場合、アフィリエイトは独自の理事会によって独立して管理されていました。独自の授業料と料金、およびUC予算とは別に独自の予算を維持しました。[31]UCが設立から10年以内にサンフランシスコに医学部と法科大学院を持っていると主張することができたのは、提携の過程を通じてでした。[31]

1879年、カリフォルニア州は2番目の現在の憲法を採択しました。これには、UCが他の州政府から独立することを保証するために、非常に強力な文言が含まれていました[17] [33]これは、創設者セッラヌス・クリントン・ヘイスティングスの要請により州議会の行為により1878年に別個にチャーターされ、提携していヘイスティングス・カレッジ・オブ・ロー永続的な結果をもたらした[34]創設者は、自分の厳選された取締役会で脱落した後、1883年と1885年に州議会を説得して、法科大学院を理事会の直接の管理下に置くための新しい法律を可決した。[35] 1886年、カリフォルニア州最高裁判所は、1879年の州憲法におけるUCの独立を保護する条項により、州議会から1878年の法律を改正する能力が剥奪されたため、これらの新しい法律は違憲であると宣言しました。[36] [37]今日まで、ヘイスティングス・カレッジ・オブ・ローはUCの関連会社であり、独自の取締役会を維持しており、リージェントによって統治されていません。[31] [36]

対照的に、Toland Medical College(1864年に設立され、1873年に提携)以降、SFの歯科、薬局、および看護学校は、書面による合意を通じてUCと提携し、裁判所の決定によって憲法上重要な投資を行った法令ではありませんでした。[31] 20世紀初頭、理事会が問題を認識するようになったため、(呼ばれるようになった)提携大学はベンジャミン・アイド・ウィーラー大統領の任期中に摂政の統治に服従することに同意し始めた。UCブランドを共有しているが、UCが実際に制御できない独立したエンティティの存在に固有のものです。[31]ヘイスティングスは独立したままでしたが、提携大学はUC学長とリージェントの監督の下で相互に業務を調整することができ、今日ではカリフォルニア大学サンフランシスコ校として知られる健康科学キャンパスに発展しました。[31]

南北の緊張と地方分権

1882年8月には、(その元カリフォルニア州立師範学校師範学校でのサンノゼ、今あるサンノゼ州立大学は)南カリフォルニアの人口増加のための教師を養成するためにロサンゼルスの二校を開設しました。[38] 1887年、ロサンゼルスの学校はサンノゼの学校とは独立した独自の評議員会を与えられ、1919年に州議会はそれをカリフォルニア大学の管理下に移し、カリフォルニア大学の南部支部と改名した。[39] 1927年、カリフォルニア大学ロサンゼルス校になりました。 「at」は1958年にコンマに置き換えられました。[40]

ロサンゼルスは1920年の国勢調査でサンフランシスコを上回り、カリフォルニアで最も人口の多い大都市になりました。ロサンゼルスは州政府の税収と投票の両方の最大の源となったため、その住民はキャンパスにもっと威信と自治を要求する権利があると感じました。 UCLAバークレーの最初のUCサイトの外には達成することになったとき、彼らの努力は、1951年3月に実を結んデジュールバークレーのキャンパスでcoequal状態。その月、リージェントは、バークレー校とロサンゼルス校の両方がカリフォルニア大学ロサンゼルス校の学長に報告する首相によって監督される再編成計画を承認しました。[9] [10] [11] [41] [42]しかし、1951年の計画には重大な欠陥がありました。首相がどのようにして彼らのキャンパスの「行政長官」になるかについては、あまりにも曖昧でした。スプロール大統領と数人の副大統領と学部長からの頑固な抵抗のために、大統領と摂政は事実上の支配を維持しながら、首相は学事と長期計画の制限された支配権を持つ栄光のプロヴォストとして終わった。ほかのすべて。[14]

1957年10月に社長就任時には、クラーク・カーは、1960年に1957年から評議により全会一致で採択した提案の一連の真の公立大学システムにUCの急速な転換を指導[15] [16]カーの改革は明示すべてのキャンパスの一等書記官を付与含まいっぱいスプロールがカー自身に否定した一連の執行権限、特権、責任、およびすべての権限が常にバークレーの大統領またはリージェント自身に直接実行されていた緊密に結びついた官僚機構の根本的な分散化。[15] [16] [41] [42] 1965年、UCLAのフランクリンD.マーフィー学長彼はこれを論理的な結論として見たものに押し込もうとしました。彼は、すべての首相が理事会に直接報告することを承認し、それによってUC大統領を冗長にすることを提唱しました。[43]マーフィーは、カンザス(彼が採用された場所)の状況と同様に UCを1つの連合大学から独立した大学の連合に変えたいと考えていた[43]マーフィーは彼の提案を支持することができず、カーは彼が「マーフィーの反乱」と考えたものをすぐに打ち明けた。したがって、大学システムとしてのUCのカーのビジョンは「多元的な意思決定を行う1つの大学」であった。[43]

20世紀の間に、UCは、ロサンゼルスのように、すべてバークレーキャンパスの管理者に従属する追加の衛星ロケーションを取得しました。カリフォルニアの農民は、UCが彼らの差し迫ったニーズに応じて応用研究を行うよう働きかけました。 1905年に州議会はデイビスに「大学農場学校」を設立し、1907年にバークレーの農業大学の付属物としてリバーサイドに「柑橘類実験ステーション」を設立しました。 1912年、カリフォルニア大学バークレー校は、サンディエゴにある民間の海洋学研究所を買収しました。この研究所は、バークレー校の教授と協力して地元のビジネスプロモーターによって9年前に設立されました。 1944年、カリフォルニア大学は州立師範学校の子孫であるカリフォルニア州立大学からサンタバーバラ州立大学を買収しました。[44] 1958年、リージェントはこれらの場所を一般的なキャンパスに宣伝し始め、それによってUCSB(1958)、 UC Davis(1959)、 UC Riverside(1959)、 UC San Diego(1960)、およびUCSF(1964)を作成しました。 [45] [46]各キャンパスには、昇進時に独自の首相を持つ権利も与えられた。カリフォルニアの継続的な人口増加に対応して、UCはで、1965年に二つの追加の一般的なキャンパスを開設UCアーバインの開口部アーバインUCサンタクルスの開口部のサンタクルス [45]最年少のキャンパス、 UCマーセドサンウォーキンバレーにサービスを提供するために2005年秋にオープンしました

ロサンゼルスとサンタバーバラのキャンパスをカリフォルニア大学システムに失った後、カリフォルニア州立大学システムの支持者は、同様の損失が将来再び発生するのを防ぐために、1946年に州憲法を改正するよう手配しました。[44]

高等教育のためのマスタープラン

1960年カリフォルニア高等教育マスタープランは、UCがカリフォルニアの高校卒業生の上位12.5%(8分の1)からの学部生を認めなければならないことを確立しました。マスタープランが公布される前は、UCは上位15%から学部生を受け入れることになっていた。 UCは現在、元のマスタープランのすべての信条を順守していません。たとえば、キャンパスは(品質を確保するために)27,500人の学生の総登録数を超えることはなく、公立高等教育はカリフォルニア州の住民にとって授業料無料である必要があるという指令などです。バークレー校、デイビス校、アーバイン校、ロサンゼルス校、サンディエゴ校の5つのキャンパスの現在の総入学者数は、それぞれ30,000人を超えています。[3]

1978年に提案13制定することにより、州が厳しく制限された長期固定資産税収入を選択した後、UCは、名前以外はすべて授業料であるさまざまな料金を課すことによって、結果として生じた州の財政支援の崩壊を補うことを余儀なくされました。[47] [48] [49] 2010年11月18日、リージェントはついに、UCが教育費を「授業料」に改名することによって授業料を請求しないという長年の法的虚構あきらめた[50] 2000年代から2010年代にかけての資金調達の一環として、UCは、他の州や国からの優秀な(そしてより儲かる)学生の割合を高くすることを静かに認め始めました[51]。しかし、避けられない国民の抗議に応えて、2015年にコースを逆転させ、より多くのカリフォルニアの住民を受け入れ始めました。[52] [53]

学者

2019年の時点で、UCは12,658を超える有効な特許を管理しています。UCの研究者と教員は、同じ年に1,825件の新しい発明を担当しました。[2]平均して、UCの研究者は1日に5つの新しい発明を生み出しています。[2]

UCの10のキャンパスのうち7つ(UC BerkeleyUC DavisUC IrvineUCLAUC San DiegoUC Santa Barbara、およびUC Santa Cruz)は、米国大学協会(AAU)のメンバーです[2]エリートアメリカンの同盟研究大学。[54]まとめると、システムはその学部に数えられます(2002年現在)。

ノーベル賞受賞者

2021年10月の時点で、以下のデータは、大学の卒業生とスタッフをカウントする大学所属のノーベル賞受賞者リストから取得されたものであり、カリフォルニア大学の公式カウントではありません。

キャンパス 番号 勝者の 設立 番号 勝者の/

10歳

バークレー校 110 1868年 7.2
サンディエゴ 28 1960年 4.6
ロサンゼルス 27 1919年 2.62.6
サンタバーバラ 14 1909年 1.8
サンフランシスコ 10 1864年 0.7
アーバイン 7 1965年 1.3
デイビス 4 1905年 0.3
リバーサイド 3 1954年 0.4
サンタクルーズ 1 1965年 0.2
マーセド 0 2005年 0

学術機関

デイビス、ロサンゼルス、リバーサイド、サンタバーバラはすべて、バークレーの例に倣って、芸術、人文科学、科学の各学部を比較的大きな文学と科学の大学に集約しましたしたがって、バークレー校デイビス校ロサンゼルス校サンタバーバラ校では、それぞれの文学部が各キャンパスで群を抜いて最大の学部となっています。ロサンゼルスの文学部と科学部は、UCシステム全体で最大の学部です。[55]リバーサイドは後に自然科学分離し、社会科学のみを芸術と人文科学とグループ化したままにした、その創設時にマーセドが従った例。

このような巨大な学部でよく見られる非人称的な学部生の経験を再現しないことにカー大統領が関心を持っていたため、サンディエゴとサンタクルスはどちらも英国のモデルに触発された寄宿大学システムを実装しました(各大学には選択したテーマを反映した独特の一般教育要件があります)[ 56]そして、ほとんどの学部を、すべて大学から独立している少数の広く定義された部門にグループ化しました。

最後に、アーバインは13の学校に編成され、サンフランシスコは4つの学校に編成されていますが、いずれも範囲が比較的狭いです。

アカデミックカレンダー

8つのキャンパスはクォーターシステムで運営されており、2つ(バークレーとマーセド)はセメスターシステムで運営されています。ただし、UCLAのDavid Geffen医学部と同様に、5つのロースクールはすべて学期制で運営されています。

UCライブラリ

印刷量は4,080万冊で、[57]カリフォルニア大学の図書館システムには、世界最大の印刷物コレクションの1つがあります。2021年7月27日、10のキャンパスすべてで、統合されたオンラインライブラリカタログであるUC LibrarySearchが稼働しました。キャンパス内の図書館に加えて、UCシステムは2つの地域図書館施設(北カリフォルニアと南カリフォルニアにそれぞれ1つ)も維持しており、それぞれがそれぞれの地域のすべてのUCキャンパス図書館から古いアイテムを受け入れます。2019年の時点で、北部地域図書館施設には740万点のアイテムがあり、南部地域図書館施設には650万点のアイテムがあります。

調査

2006年、Scholarly Publishing and Academic Resources Coalition(SPARC)は、1997年の設立(当時のカリフォルニア大学リチャードC学長の下)を含む「学術コミュニケーションを前進させるための非常に効果的な機関全体のビジョンと取り組み」に対して、カリフォルニア大学にSPARCイノベーター賞を授与しました。。アトキンソンの)カリフォルニア電子図書館(CDL)とCDLのの2002年の打ち上げeScholarship機関リポジトリ。この賞はまた、広く影響力のある2005年の学術雑誌出版改革を具体的に引用しました。 出版社との契約を公に交渉することによる「市場の変更」におけるUC教員と図書館員の努力、およびUC教員の研究へのオープンアクセス許可するためにUCの著作権ポリシーを修正する2006年の提案[58] 2013年7月24日、UCアカデミック上院オープンアクセスポリシーを採用し、すべてのUC教員が、その日以降に署名された出版契約に基づいて研究を作成し、UCのeScholarshipオープンアクセスリポジトリに最初に寄託することを義務付けました[59]

カリフォルニア大学のSAT試験に関するシステム全体の調査によると、家族の収入と育児教育を管理した後、SATIIと呼ばれるいわゆる学力検査はSATIの10倍の大学適性の予測能力を持っていました。[60]

ガバナンス

オークランドの大統領府

ヘイスティングスカレッジオブローを除くすべてのカリフォルニア大学のキャンパスは、カリフォルニア州憲法の要求に応じて、カリフォルニア大学の摂政によって統治されています。[33] 18人の摂政が12年の任期で知事によって任命される[33] 1人のメンバーは、1年の任期で任命された学生です。[33] 7人の職権上のメンバーもいる-知事副知事州議会議長州公立教育監督官 、UC同窓会の会長兼副会長、およびUC会長。[33]教員で構成される学術上院は、摂政によって学術政策を設定する権限を与えられている。[33] さらに、システム全体の教員委員長と副委員長は、議決権のないメンバーとして理事会に参加している。[33]

もともと、大統領は最初のキャンパスであるバークレーの最高経営責任者でした。次に、他のUCの場所(ヘイスティングス大学法学部を除く)は、バークレーキャンパスのオフサイト部門として扱われ、大統領に従属するプロヴォストが率いていました。 1951年3月、摂政は大学を再編成し、バークレーキャンパスとロサンゼルスキャンパスの日常の「最高経営責任者」の職務が1952年に高度な自治権を与えられた首相に移され、 UCの社長。[9] [10] [11] [42]上記のように、リージェントは5つの追加のUCロケーションをキャンパスに昇格させ、1958年から1964年までの一連の決定で独自の首相を持つことを許可し[45]、それ以降に追加された3つのキャンパスも首相によって運営されています。次に、すべての首相(ヘイスティングスを除く)は、カリフォルニア大学の学長と同等であると報告します。現在、カリフォルニア大学大統領執務室(UCOP)と、カリフォルニア大学リージェントの秘書兼事務局長は、UCシステムの本部として機能するオークランドのダウンタウンにあるオフィスビルを共有しています

UCガバナンスに対するカーのビジョンは、「多元的な意思決定を行う1つの大学」でした。[61]言い換えれば、キャンパスレベルの首相への運営権限の内部委任と他の9つのキャンパスがバークレーから独立した学術生活の別々の中心になることを許可することは、すべてのキャンパスが1つの法人の一部のままであるという事実を変えなかった。 1968年のUC100周年記念コーヒーテーブルブックは次のように説明しています。「それでも、すべてのキャンパス、大学、学校、研究所、研究ステーションで、1つの大学、1つの理事会と1つの学長、カリフォルニア大学のままです。」[62]UCは、サクラメントの議会や知事と交渉する場合など、UCの利点を生かす問題において、1つの大学として「統一されたアプローチ」を取り続けています。[61] UCは、学生の入学、教員の任命と昇進、学術プログラムの承認など、すべてのキャンパスで共通の基準を維持するために、システム全体のレベルで特定の問題を管理し続けています。[63]

UC大統領

マイケルV.ドレイク、第21回カリフォルニア大学ロサンゼルス校学長。

国土安全保障 長官で元アリゾナ州知事の ジャネット・ナポリターノがUC大統領の職に就いた最初の女性になった2013年まで、すべてのUC大統領は白人でした。[64] 2020年7月7日、マイケルV.ドレイク博士がカリフォルニア大学システムの第21代学長に選ばれ、カリフォルニア大学の152年の歴史の中で初の黒人学長に就任した。彼は2020年8月1日に就任した。[65]

財政

カリフォルニア州は、現在(2015年から2016年)は、システムの約43.3パーセントに資金を提供し、UCシステムでほぼ$ 30億費やしています。1980年、州はUC予算の86.8%に資金を提供しました。[66]州の資金は幾分回復したが、2019年の時点で、インフレ調整後の州の支援は、最近の歴史的水準(2001年など)でさえ遅れている。[66] [67]

2004年5月、カリフォルニア大学リバーサイド校のロバートC.ダインズ学長とCSUのチャールズB.リード学長は、シュワルツェネッガー知事と「高等教育コンパクト」と呼ばれる私的な契約を結びました。彼らは、2011年まで続く資金調達方式と引き換えに、支出を約10億ドル(大学の学術運営のコア予算の約3分の1)削減することに合意しました。 DynesとSchwarzeneggerが同意した州の資金の損失)、基本的なプログラムの支払いを支援するための民間資金調達、および特に大学院生と専門家の学生のための大規模な学生料金の値上げ。アカデミック上院の「FuturesReport」によるコンパクトの詳細な分析は、大幅な料金の引き上げにもかかわらず、大学のコア予算が2000レベルに回復しなかったことを示しました。[68] 学部生の授業料は2003年から2007年にかけて90%上昇しました。[69]2011年、UCの歴史上初めて、学生の授業料がカリフォルニア州からの寄付を上回りました。[70]

サンフランシスコ第1地方控訴裁判所は、2007年に、カリフォルニア大学が授業料を安定させると約束された約40,000人の学生に、4,000万ドル近くの払い戻しを行う義務があると裁定しましたが、州の資金が不足すると増加に見舞われました。 2003年。[71]

2019年9月、カリフォルニア大学は、「財政的リスク」を理由に、830億ドルの基金と年金基金を化石燃料産業から売却すると発表しました[72]

教員の支払い

教員の報酬は、同様の学術ランキング[73]の教育機関と同等ですが、カリフォルニア州立大学のシステムよりもわずかに高くなっています。2021年から2022年の賃金表によると、会計年度ごとに次の賃金範囲が適用されます。[74]


はしご以外のランクの教員
ポジション 最低ランク 最高ランク
卒業研究助手 44,011ドル 50,261ドル
教育助手 46,493ドル 54,509ドル
ポスドク研究員 54,540ドル 65,292ドル


一般的なはしごランクの教員
ポジション 最低ランク 最高ランク
助教授 79,000ドル 103,500ドル
准教授 98,500ドル 124,300ドル
教授 115,500ドル 210,000ドル


ビジネス、経済学、工学部
ポジション 最低ランク 最高ランク
助教授 105,200ドル $ 132,300
准教授 127,600ドル 148,400ドル
教授 $ 142,700 230,100ドル


健康科学部
ポジション 最低ランク 最高ランク
助教授 79,000ドル 233,000ドル
准教授 98,500ドル 279,800ドル
教授 115,500ドル 472,500ドル


「学年度」と「会計年度」の給与(上記)の区別が重要であることに注意してください。学年度の給与は、標準の9か月のアカデミックカレンダー(ここには記載されていません)を対象とする仕事をしている人を対象としています。会計年度給与は、通年勤務の方の会計年度全体(先月は休暇とみなされるため11ヶ月)をカバーするための学年度給与の外挿です。会計年度の給与は、学年度の給与の月額レートを使用し、11を掛けて計算されます。

UCシステムは、給与範囲の名目上の最大額よりも高いメリットペイを提供します。ただし、給与が高いしきい値(カテゴリによって異なり、2016年には少なくとも300,000ドル)に達すると、大統領または政府の承認が必要になります。

批判と論争

UCの統治構造のメンバーは、彼らの役割と責任についての混乱と物議を醸す特典を享受していることで批判されてきました。

2008年、UC学校の地域認定機関であるWestern Association of Schools and Collegesは、「ガバナンス、リーダーシップ、意思決定における重大な問題」と「大学の学長である摂政の役割と責任に関する混乱」についてUCシステムを批判しました。そして、明確な権威と境界線のない10人のキャンパス首相」。[75]

かなりの6桁の収入に加えて、UC学長とすべてのUC首相は、大学が管理する大邸宅の形での無料住宅など、物議を醸す特典を享受しています。[76] 1962年、アンソンブレイクはケンジントンにある10エーカー(40,000 m 2)の土地(ブレイクガーデン)と邸宅(ブレイクハウス)をカリフォルニア大学の造園学部に寄贈しました。 1968年、リージェントはブレイクハウスをUC大統領の公邸にすることを決定しました。 2005年の時点で、ブレイクガーデンとブレイクハウスの維持には年間約30万ドルの費用がかかりました。後者は1926年に建てられ、サンフランシスコ湾の景色を望む13,239平方フィート(1,229.9 m 2)の邸宅です。[76]

すべてのUC学長は、伝統的に、キャンパス内またはその近くの邸宅に無料で住んでいます。この邸宅は、通常、ユニバーシティハウス呼ばれ、ゲストやドナーが参加する社交行事を主催しています。[77]カリフォルニア大学サンディエゴ校のユニバーシティハウスは、2004年から2014年にかけて、民間の寄付者によって支払われた1,050万ドルの改修のために閉鎖されました。これは、12,000平方フィートの構造物が聖なるネイティブアメリカンの墓地の上にあり、不安定な沿岸の断崖。[78] [79]

2016年、大学のシステム関係者は、サーバーとの間で送受信されるすべての電子メールを監視していることを認めました。[80]

近年、カリフォルニア大学は、州内のカリフォルニアの学生とは対照的に、州外または留学生の入学率が高いという批判の高まりに直面しています。特に、カリフォルニア大学バークレー校とカリフォルニア大学ロサンゼルス校は、システム内の他のキャンパスと比較して受け入れ率が非常に低いため、この現象について強く批判されています。[81] 2015年の理事会で、カリフォルニア州知事のジェリーブラウンは、この問題について次のように述べたと伝えられています。それは良い成績を収めましたが、そこの山の頂上にはありませんでした—彼らは凍りついています。」[82]

キャンパスとランキング

現在、UCシステムは、正式には以下のキャンパスで構成される「10キャンパス」システムと呼ばれています。[83]これらのキャンパスは、摂政と大統領の直接の管理下にある。[84]公式のUCレターヘッドには10のキャンパスしか記載されていません。[85]

UCシステムの名前と公的地位を共有していますが、ヘイスティングス大学法学部は摂政または大統領によって管理されていません。独立した理事会があり、州議会から直接資金を調達する必要があります。ただし、カリフォルニア教育法の下では、ヘイスティングスの学位はリージェントの名前で授与され、UC大統領の署名が付いています。[86]さらに、教育法典のセクション92201は、ヘイスティングスは「カリフォルニア大学と提携しており、その法学部である」と述べている。[87]

大学ランキング

毎年、UCキャンパスはさまざまな出版物によって高くランク付けされています。シックス・UCはトップによる2022年の50米国の国立大学にランクをキャンパスUSニューズ&ワールド・レポートと、UCLAUCバークレー校カリフォルニア大学サンタバーバラ校UCサンディエゴカリフォルニア大学アーバイン校、およびUC Davisのすべてがトップ50つのUCキャンパスにランクまた、2021年US News&World Report Best Global UniversitiesRankingsのトップ50 、つまりUC BerkeleyUCLAUC San Francisco、およびUC SanDiegoにもランクインしました[88] カリフォルニア大学サンフランシスコ校世界の生物医学のトップ大学の1つとしてランク付けされており[89] [90] [91] [92] [93] [94]UCSF医学部は研究指向の医学部の中で米国で3位にランクされています。そして、US News and WorldReportによるプライマリケアのために[95]

三UCのキャンパス:UCバークレーUCLA、及びUCサンディエゴはすべて2020によると、米国でトップ15の大学をランク付けし学問の世界大学(ARWU)のランキング世界大学ランキングでトップ20にも、米国の国立大学ランキングと。世界大学学術ランキングではカリフォルニア大学サンフランシスコカリフォルニア大学デービス校カリフォルニア大学アーバイン校カリフォルニア大学サンタバーバラ校も、2020年に米国国立大学のトップ50と世界大学のトップ100にランクインしました。[96]

UCバークレーUCLA、及びUCサンディエゴは、すべての両方に応じて、世界のトップ50大学にランクタイムズ高等教育世界大学ランキング2021用と世界大学ランキングのためのセンター(CWUR)、2020、しばらくUCアーバイン校UCサンタバーバラカリフォルニア大学デイビス校は、世界のトップ100大学にランクインしました。[97] [98] フォーブスはまた、上記の6つのUCキャンパスを、2021年にアメリカのトップ50大学にランク付けした。[99]フォーブスはまた、アメリカのトップ3の公立大学をすべてUCキャンパス、つまりUCバークレー、UCLA、およびUCサンディエゴとして指名し、さらに3つのキャンパス、UCデイビス、UCサンタバーバラ、およびUCアーバインをトップ20にランク付けしました。 2021年にアメリカの公立大学。[100]前述の6つのキャンパスはすべて公立アイビーと見なされます。[20] 2021年QS世界大学ランキングでは、カリフォルニア大学バークレー校、カリフォルニア大学ロサンゼルス校、カリフォルニア大学サンディエゴ校の3つのUCキャンパスが世界のトップ100大学にランクインしました。[101]

キャンパス 設立 登録[102] 寄付[103] 陸上競技 ランキング
所属 ニックネーム ARWU全国ランキング[96] ARWU世界ランキング[96] CWUR [97] フォーブス[99] [100] 世界大学ランキング[98] QS世界大学ランキング[101] US News&WorldReport全国ランキング[104] US News&WorldReport世界ランキング[88]
バークレー校 1868年 40,173 46.4億ドル NCAA Div I
Pac-12
ゴールデンベアーズ 4 5 8 1 7 30 22 4
デイビス 1905年 37,397 14億ドル NCAA DivI
ビッグウェスト
アギーズ 39 91 50 20 64 112 38 67
アーバイン 1965年 33,467 9億5100万ドル NCAA DivI
ビッグウェスト
アリクイ 35 69 65 47 98 210 36 86
ロサンゼルス 1919年 44,947 50億ドル NCAA Div I
Pac-12
ブルーインズ 11 13 16 8 15 36 20 14
マーセド 2005年 7,336 5240万ドル NAIA
CalPac
ゴールデンボブキャッツ 115-133 401-500 850 251 301-350 93 718
リバーサイド 1954年 22,990 2億5100万ドル NCAA DivI
ビッグウェスト
ハイランダーズ 66-94 201〜300 204 101 251-300 449 83 169
サンディエゴ 1960年 40,473 23億ドル NCAA DivI
ビッグウェスト
トリトン 14 18 27 15 33 54 34 21
サンフランシスコ 1864年 4,857
(大学院のみ)
34億9000万ドル 該当なし 該当なし 16 21 34 該当なし 該当なし 該当なし 該当なし 11
サンタバーバラ 1909年 24,346 3億5700万ドル NCAA DivI
ビッグウェスト
ガウチョ 30 49 66 39 68 152 28 67
サンタクルーズ 1965年 18,783 2億700万ドル NCAA DivIII
独立
バナナナメクジ 57-65 151-200 208 99 201-250 416 103 103

アカデミックプログラムランキング

個々の学部もUCキャンパスの中で上位にランクされています。 2021年のUSNews &World Reportのベスト大学院レポートは、カリフォルニア大学バークレー校を、心理学、経済学、政治科学、コンピューターサイエンス、エンジニアリング、生物科学、化学、数学、地球科学の各学部で全国のトップ5大学にランク付けしました。物理学、社会学、歴史、英語、そして同じ学部のトップ20にUCLAをランク付けしました。[105] [106] US News&World Reportはまた、社会学、歴史、英語の部門を除いて、カリフォルニア大学サンディエゴ校の同じ部門を全国のトップ20にランク付けしました[107] カリフォルニア大学デービス校カリフォルニア大学アーバイン校カリフォルニア大学サンタバーバラ校は、心理学、経済学、政治学、コンピューターサイエンス、エンジニアリング、生物科学、化学、数学、地球科学、物理学、社会学、歴史、英語の各部門でトップ50にランクインしました。よると、カリフォルニア大学サンタバーバラ校の心理学や政治学部門のUSニューズ&ワールド・レポートカリフォルニア大学サンタクルーズカリフォルニア大学リバーサイド校は、カリフォルニア大学マーセッド心理学および政治学部門とともに、同じ部門で全国のトップ100にランクインしました[108] [109] [110]

キャンパス 設立 寄付[103] ランキング
心理学 経済 政治学 コンピュータサイエンス エンジニアリング 生物科学 化学 数学 地球科学 物理 社会学 歴史 英語
バークレー[105] 1868年 46.4億ドル 1 1 4 1 3 1 2 2 2 3 1 4 1
デイビス[111] 1905年 14億ドル 26 29 17 37 33 18 32 34 24 26 30 32 20
アーバイン[112] 1965年 9億5100万ドル 36 47 45 30 36 33 20 39 41 28 23 34 17
ロサンゼルス[106] 1919年 50億ドル 3 12 12 13 16 18 14 7 13 17 8 9 6
マーセド[110] 2005年 5240万ドル 90
63 119 129 175 122 144
146
127
リバーサイド[109] 1954年 2億5100万ドル 66 63 48 61 80 73 59 71 46 56 57 79 47
サンディエゴ[107] 1960年 23億ドル 13 12 9 16 9 16 20 19 15 17 36 41 42
サンタバーバラ[113] 1909年 3億5700万ドル 53 37 56 37 27 39 32 39 19 10 32 44 27
サンタクルス[108] 1965年 2億700万ドル 90 53 89 58 83 62 79 71 19 37 71 79 35

大学院給与

カリフォルニア大学のシステムキャンパスの卒業生は、通常、卒業後に競争力のある給与を獲得します。 2020-2021 PayScale College Salary Reportによると、学部課程のあるUCキャンパス(ランク付けされていないマーセドを除く)の学士号取得者は、中途採用の定義で、年間10万ドルを超える中途採用収入の中央値を獲得しました。 10年以上の実務経験を持つ卒業生として。サンタクルスリバーサイドマーセドを除くすべてのUCキャンパスは、卒業生の中途採用収入の中央値で、全国のトップ100大学、およびカリフォルニア州のトップ20にランクされています。 2つのUCキャンパスの学士号取得者、バークレーサンディエゴは、全国でトップ50にランクされ、中途採用の中央値でカリフォルニア州のトップ10にランクされています。[114] [115] Payscaleカレッジ・給与レポートのみ学士号を保持する卒業生のための経験の大学やレベルによって中央値の年間収入を報告し、そのランキングで、大学の主要な中上級学位または相違して、アカウントの大学の卒業生に入れていません。

キャンパス 設立 全国ランキング[116] カリフォルニアランキング[117] 初期のキャリア給与

(<5年の経験)

中途採用給与

(> 10年の経験)

バークレー校 1868年 24 5 72,600ドル 138,800ドル
デイビス 1905年 90 18 62,700ドル 119,900ドル
アーバイン 1965年 53 12 61,100ドル 125,900ドル
ロサンゼルス 1919年 74 15 62,600ドル 122,400ドル
リバーサイド 1954年 182 31 56,800ドル 108,500ドル
サンディエゴ 1960年 49 10 65,000ドル 128,900ドル
サンタバーバラ 1909年 63 13 59,900ドル 124,000ドル
サンタクルーズ 1965年 154 28 59,300ドル 110,700ドル

学生プロフィール

州全体の学生の割合と比較
キャンパス[118] カリフォルニア[119] アメリカ合衆国[120]
アジア人
(南アジア人と東アジア人を含む)
30% 15% 6%
4% 7% 13%
ヒスパニック
(あらゆる人種の;チカーノ白人ヒスパニックを含む
21% 39% 18%
非ヒスパニック系白人 25% 38% 61%
ネイティブアメリカン (<1%) 2% 1%
留学生 16% 該当なし 該当なし
他の 3% 該当なし 該当なし

労働組合

UCシステムには合計約18万人の従業員がいます。[121]教職員以外のほとんどのカリフォルニア大学の従業員は、労働組合によって代表されているUCシステムのユニオンには次のものがあります。[122]

入場料

各UCキャンパスは入学を個別に処理しますが、学部または転校の入学を希望する学生は、すべてのUCキャンパスに対して1つの申請を使用します。大学院および専門学校への入学は、該当する各学部またはプログラムによって直接かつ個別に処理されます。

2020年5月、UCは入学時の標準化されたテストスコア要件を2024年まで一時停止する計画を承認しました。[125] 2021年5月、学生訴訟の後、カリフォルニア大学は入学および奨学金の決定においてSATおよびACTスコアを考慮しないことを発表しました。 。[126]

新入生

1986年以前は、学部課程でUCに申請したい学生は、1つのキャンパスにしか申請できませんでした。そのキャンパスで拒否されたが、それ以外の場合はUCの最低資格要件を満たした学生は、利用可能なスペースのある別のキャンパスにリダイレクトされました。[127] [128]リダイレクトを望まなかった学生は、申請料を返金されました。[要出典] UCリバーサイド首相イヴァン・ハインダーエーカーは1972年に説明した:「リダイレクトが負のではなく、プラスされているいくつかが付属しています。彼らの肩上のチップ彼らはキャンパスにチャンスを与えることはありませんビッグので、彼らは周りの学生の態度に毒を入れます。彼ら。" [128]

そのため、1986年に学部出願制度が現在の「複数出願」制度に変更され、学生は1回の出願で必要な数のUCキャンパスに出願でき、各キャンパスに料金を支払うことができます。これにより、学生は入学許可書を受け取った後、出席したくないキャンパスにリダイレクトされることを恐れずに、出席するキャンパスを選択できるため、バークレーキャンパスとロサンゼルスキャンパスへの申し込み数が大幅に増加しました。[127]

カリフォルニア大学は、カリフォルニア州の公立高校卒業生の上位8分の1(1/8)から、州全体への定期的な入学を通じて完全に適格な学生を受け入れます。未満)。資格プロセスの一部は、高校でのAG要件の完了です。申請するすべての適格なカリフォルニア高校生は、必ずしも選択したキャンパスにではありませんが、大学に受け入れられます。[129] [130]選択したキャンパスに受け入れられない適格な学生は、「紹介プール」に配置されます。ここでは、オープンスペースのあるキャンパスがそれらの学生に入学を提供する場合があります。 2003年には、この紹介プロセスを通じてオファーを受け取った学生の10%がそれを受け入れました。[131]2007年には、選択したキャンパスへの入学を申し出られなかった約4,100人のUC適格学生が、UCRiversideまたはシステムの最新のキャンパスであるUCMercedに紹介されました。[132] 2015年に、選択したキャンパスによって拒否されたすべてのUC適格学生は、UC Mercedにリダイレクトされました。これは、現在、すべての適格な申請者のためのスペースがある唯一のキャンパスです。[133]

古い学部入学は2段階で行われました。最初のフェーズでは、学生は学業成績のみに基づいて入学を許可されました。これは入学の50から75%を占めました。第二段階では、大学は課外活動、エッセイ、家族史、人生の課題を含む学生の成果の「包括的なレビュー」を実施し、残りを認めました。通常の入学資格がなかった学生は「例外的に入学」しました。 2002年には、新しく入学した学部生の約2%が例外的に入学しました。[134]

入学を決定するためのプロセスは異なります。サンタバーバラサンタクルスなどの一部のキャンパスでは、ポイントシステムを使用して成績の平均点SAT推論またはACTスコア、およびSAT科目のスコアを重み付けします。一方、サンディエゴバークレーロサンゼルスでは、学業成績が全体的なレビューとして知られている、学校と周辺のコミュニティのコンテキスト。

提案209が可決されたため人種性別出身国、および民族性はUC入学基準として使用されませんでしたこの情報は統計目的で収集されました。

ローカルコンテキストでの適格性

一般にELCと呼ばれるローカルコンテキストでの適格性は、UC承認の高校コースの11ユニットパターンでの成績の点で高校クラスの上位9%にランク付けされた志願者によって満たされます。2007年秋の申請者から、ELCは少なくとも3.0のUC計算GPAも必要とします。完全に適格なELCの学生は、必ずしも最初に選択したキャンパスや、申請したキャンパスにいる必要はありませんが、UCの学部キャンパスの1つでのスポットが保証されています。[129]

アーリーアカデミックアウトリーチプログラム

初期のアカデミックアウトリーチプログラム(EAOPが)に応じて、カリフォルニア大学(UC)によって1976年に設立された州議会の社会経済的に不利、第一世代のある者を含むカリフォルニアの学生の全てにポスト二次の機会を拡大するための勧告、および英語-言語学習者。[135] UCの最大の学業準備プログラムとして、EAOPは中高生の学業準備、入学要件、および高等教育のための財政援助要件を支援します。[136] このプログラムは、学生の学力向上を促進するためのサービスを設計および提供し、他の学業準備プログラム、学校、他の高等教育機関、およびコミュニティ/業界パートナーと協力してこれらのサービスを提供します。[137]

2020年秋に新入生を受け入れ

キャンパス SATリーディング&ライティング

(25〜75パーセンタイル)

SAT数学

(25〜75パーセンタイル)

GPA

(25〜75パーセンタイル)

行為

(25〜75パーセンタイル)

カリフォルニア以外の申請者[138] 総応募者 カリフォルニア以外の申請者の割合 認める 入学率 参考文献
バークレー校 650 – 750 670 – 790 4.13 – 4.30 29 – 35 37,803 88,068 42.9% 15,433 17.5% [139]
デイビス 600 – 710 630 – 780 3.97 – 4.25 26 – 33 22,303 76,907 29.0% 35,838 46.6% [140]
アーバイン 620 – 720 660 – 790 3.96 – 4.26 27 – 34 25,525 97,937 26.1% 29,245 29.9% [141]
ロサンゼルス 670 – 760 680 – 790 4.18 – 4.31 31 – 35 40,960 108,874 37.6% 15,643 14.4% [142]
マーセド 490 – 620 490 – 640 3.40 – 3.96 18〜27 2,132 25,920 8.2% 22,140 85.4% [143]
リバーサイド 550 – 670 560 – 710 3.65 – 4.11 21〜31 6,101 49,443 12.3% 32,708 66.2% [144]
サンディエゴ 640 – 730 670 – 790 4.04 – 4.28 29 – 34 33,684 100,067 33.7% 38,305 38.3% [145]
サンタバーバラ 640 – 730 650 – 790 4.03 – 4.27 28〜34 27,678 90,958 30.4% 33,530 36.9% [146]
サンタクルーズ 580 – 690 590 – 750 3.71 – 4.16 24〜32 11,110 55,073 20.2% 35,892 65.2% [147]

転校生

カリフォルニア大学は、主にカリフォルニアコミュニティカレッジからのかなりの数の転校生を受け入れています。[148] UCの学生の約3人に1人は、卒業する前にコミュニティカレッジに入学します。[148]転校生の申請書を評価する際に、大学は、対象となる専攻の一般的に必要な、転校可能な、または関連するコースの成績平均点の検討を含む「包括的なレビュー」プロセスを実施します。レビューには、選択的な名誉コースまたはプログラムへの申請者の登録、課外活動、エッセイ、家族史、人生の課題、および学生の住居の場所の考慮も含まれる場合があります。大学が異なれば、評価においてさまざまな要素を強調します。[149]

2018年秋に転校生を受け入れました

キャンパス 応募者 認める 入学率 カリフォルニアの
住民
参考文献
バークレー校 19,212 4,483 23% 95% [150]
デイビス 17,672 9,767 55% 95% [151]
アーバイン 21,526 8,816 41% 95% [152]
ロサンゼルス 23,741 5,591 24% 94% [153]
マーセド 3,688 2,030 55% 97% [154]
リバーサイド 12,291 8,225 67% 96% [155]
サンディエゴ 18,889 9,349 49% 94% [156]
サンタバーバラ 17,904 10,139 57% 94% [157]
サンタクルーズ 11,824 7,930 67% 95% [158]

陸上競技

各キャンパスは独自の運動プログラムを運営しています。

キャンパス 運動プログラム
カリフォルニア大学バークレー校 カリフォルニアゴールデンベアーズ
カリフォルニア大学デービス校 アギーズ
カリフォルニア大学アーバイン校 アリクイ
UCLA ブルーインズ
UCマーセド ゴールデンボブキャッツ
カリフォルニア大学リバーサイド校 ハイランダーズ
カリフォルニア大学サンディエゴ校 トリトン
カリフォルニア大学サンタバーバラ校 ガウチョ
カリフォルニア大学サンタクルーズ校 バナナナメクジ

周辺企業

カリフォルニア大学には、国立研究所、天文台、病院、継続教育プログラム、ホテル、会議センター、空港、港、およびアートインスティテュート。

国立研究所

この地図は、10のUCキャンパスとUCに関連する国立研究所の場所を示しています。UCに関連する3番目の国立研究所は、ニューメキシコ州ロスアラモスにあります。

カリフォルニア大学は、1つの米国エネルギー省国立研究所を直接管理および運営しています[159]

UCは、他の2つのエネルギー省国立研究所を管理および運営する2つの別個の有限責任会社の有限責任会社です。

実験室ミッション

ローレンスバークレー国立研究所は、宇宙の基礎研究、量的生物学、ナノサイエンス、新エネルギーシステム、環境ソリューション、および発見のためのツールとしての統合コンピューティングの使用に焦点を当てた主要な取り組みにより、幅広い科学分野にわたって未分類の研究を行っています。

ローレンスリバモア国立研究所は、高度な科学技術を使用して、米国の核兵器の信頼性を維持しています。LLNLはまた、スーパーコンピューティングと予測モデリング、エネルギーと環境、生物科学とバイオテクノロジー、基礎科学と応用技術、大量破壊兵器の逆増殖、国土安全保障に関する主要な研究プログラムを持っています。また、世界で最も強力なスーパーコンピューターの本拠地でもあります。

ロスアラモス国立研究所は、その作業のほとんどを米国の核兵器の信頼性の確保に集中させています。LANLでの他の仕事は、大量破壊兵器の拡散を防ぐための研究プログラムと、テロ攻撃からの米国本土の保護などの米国の国家安全保障を含みます。

UCシステムと3つの研究所との関係は、3つの研究所すべてが核兵器の開発と密接に関連しているため、時折論争と抗議を引き起こしました。中に第二次世界大戦 マンハッタン計画、ローレンス・バークレー研究所は、最初の原子爆弾を開発するために使用されるウランの同位元素の分離用の電磁的方法を開発しました。ロスアラモス研究所とローレンスリバモア研究所は、米国の核兵器の設計に、その発足から冷戦終結後の核兵器備蓄管理への移行まで関わってきました

歴史的に、アーネストO.ローレンスにちなんで名付けられたバークレー校とリバモア校の2つの国立研究所は、研究プロジェクトに関して非常に緊密な関係を築いており、一部の事業運営とスタッフを共有してきました。実際、LLNL、1970年代初頭まで、LBNLから正式に行政的切り離されていませんでした彼らはまた、ロスアラモスラボよりも大学とのつながりがはるかに深く、それぞれの元の名前に見られる事実です。カリフォルニア大学バークレー校放射線研究所とカリフォルニア大学バークレー校放射線研究所。

ロスアラモスとローレンスリバモア

UCシステムとラボとの関係は、これまでのところ、内部論争のすべての期間を超えています。しかし、2003年に、米国エネルギー省は初めて、他のベンダーによる入札のためにロスアラモス国立研究所(LANL)の契約を開始しました。 UCは、Bechtel CorporationBWXT、およびWashington Group Internationalパートナーシップを結び一緒にLos Alamos National Security、LLC(LANS)と呼ばれる非公開会社を設立しました。 LANL契約の他の唯一の入札者は、ロッキードマーティンコーポレーションが設立した会社で、テキサス大学システムなどが含まれていました。2005年12月、研究所を管理するための7年間の契約がLos Alamos National Security、LLCに授与されました。[160]

2006年6月1日、カリフォルニア大学はロスアラモス国立研究所の運営への直接の関与を終了しました。研究所の管理はLosAlamos National Security、LLCに引き継がれましたLANLの元10,000人のUC従業員の約95%が、LANLで働き続けるためにLANSによって再雇用されました。

2007年10月1日、カリフォルニア大学はローレンスリバモア国立研究所の運営への直接の関与を終了しました。研究所の管理は、Bechtel National、カリフォルニア大学、Babcock&Wilcox、URS Corporationのワシントン部門、Battelle Memorial Institute、およびテキサスA&M大学をメンバーとする有限責任会社であるLawrence Livermore National Security、LLCに引き継がれました。システム。

UCがLANSとLLNSを監督する2つの別々の取締役会(それぞれ11人のメンバー)に3人のメンバーを任命することを除いて、UCは現在、LANLまたはLLNLのいずれにも実質的に責任を負わず、直接関与していません。カリフォルニア大学のキャンパスとローレンスバークレー国立研究所に適用されるUCのポリシーと規制は、LANLとLLNLには適用されなくなり、LANLとLLNLのディレクターは、UCリージェントまたはUC大統領執務室に報告しなくなりました。

高性能ネットワーキング

カリフォルニア大学は、カリフォルニアのK-20研究および教育コミュニティに高性能のインターネットベースのネットワーキングを提供する非営利組織である、カリフォルニアの教育ネットワークイニシアチブのため企業の創設およびチャーターメンバーです。

他の国立研究センター

2003年9月から2016年7月まで、UCは、モフェット連邦飛行場のNASAエイムズ研究センター大学付属研究センター(UARC)を設立し、運営するために3億3000万ドル以上の契約を管理しました。これは、大学に授与された史上最大の助成金です。カリフォルニア大学サンタクルーズ校は、新しいテクノロジーと科学技術を通じてNASAのミッションの科学的成果、安全性、有効性を高めることを目的として、カリフォルニア大学のUARCを管理しました

2002年以来、NSFは-fundedサンディエゴスーパーコンピュータセンターUCサンディエゴは、前のマネージャー、から引き継いだカリフォルニア大学によって管理されている一般的なアトミックス

天文台

カリフォルニア大学は、カリフォルニア大学サンタクルーズ校に本部を置くマルチキャンパス研究ユニットとして2つの天文台管理しています。

The Astronomy Department at the Berkeley campus manages the Hat Creek Radio Observatory in Shasta County.

UC Davis Medical Center
UC Davis Medical Center
UC Irvine Medical Center
UC Irvine Medical Center
Ronald Reagan UCLA Medical Center
Ronald Reagan UCLA Medical Center
UC San Diego Medical Center, Hillcrest
UC San Diego Medical Center, Hillcrest
UCSF Medical Center
UCSF Medical Center

Medical centers and schools

The University of California operates five medical centers throughout the state:

Each medical center serves as the primary teaching site for that campus's medical school. UCSF is perennially among the top five programs in both research and primary care, and both UCLA and UC San Diego consistently rank among the top fifteen research schools, according to annual rankings published by U.S. News and World Report.[161] The teaching hospitals affiliated with each school are also highly regarded - the UCSF Medical Center was ranked the number one hospital in California and number 5 in the country by U.S. News and World Report's 2017 Honor Roll for Best Hospitals in the United States.[162] UC also has a sixth medical school—UC Riverside School of Medicine, the only one in the UC system without its own hospital.

In the latter half of the 20th century, the UC hospitals became the cores of full-fledged regional health systems; they were gradually supplemented by many outpatient clinics, offices, and institutes. Three UC hospitals are actually county hospitals that were sold to UC, which means that UC currently plays a major role in providing healthcare to the indigent. The medical hospitals operated by UC Irvine (acquired in 1976), UC Davis (acquired in 1978), and UC San Diego (acquired in 1984) each began as the respective county hospitals of Orange County, Sacramento County, and San Diego County. As of 2021, UC medical centers handle each year about 8.1 million outpatient visits, 349,074 emergency room visits, and roughly 1.1 million inpatient days.[2]

There are two medical centers that bear the UCLA name, but are not operated by UCLA: Harbor–UCLA Medical Center and Olive View – UCLA Medical Center. They are actually Los Angeles County-operated facilities that UCLA uses as teaching hospitals.

UC Extension

For over a century, the university has operated a continuing education program for working adults and professionals. At present, UC Extension enrolls over 500,000 students each year in over 17,000 courses. One of the reasons for its large size is that UC Extension is a dominant provider of Continuing Legal Education and Continuing Medical Education in California. For example, the systemwide portion of UC Extension (directly controlled by the UC Office of the President) operates Continuing Education of the Bar under a joint venture agreement with the State Bar of California.

UC Agriculture and Natural Resources

The University of California division of Agriculture and Natural Resources plays an important role in the state's agriculture industry, as mandated by UC's legacy as a land-grant institution. In addition to conducting agriculture and Youth development research, every county in the state has a cooperative extension office with county farm advisors. The county offices also support 4-H programs and have nutrition, family, and consumer sciences advisors who assist local government. Currently, the division's University of California 4-H Youth Development Program[163] is a national leader in studying thriving in the field of youth development.[164]

UC Natural Reserve System

The NRS was established in January 1965 to provide UC faculty with large areas of land where they could conduct long-term ecosystem research without having to worry about outside disturbances like tourists. Today, the NRS manages 39 reserves that total more than 756,000 acres (3,060 km2).

Travel and conference facilities

  • UC Berkeley operates the Richard B. Gump South Pacific Research Station in Mo'orea, French Polynesia on land donated in 1981 by the heir to the founder of the Gump's home furnishings store.[165]
  • UC Berkeley's Cal Alumni Association operates travel excursions for alumni (and their families) under its "Cal Discoveries Travel" brand (formerly BearTreks); many of the tour guides are Berkeley professors. CAA also operates the oldest and largest alumni association-run family camp in the world, the Lair of the Golden Bear. Located at an altitude of 5600 feet in Pinecrest, California, the Lair is a home-away-from-home for almost 10,000 campers annually. Its attendees are largely Cal alumni and their families, but the Lair is open to everyone.
  • Berkeley Lab operates its own hotel, the Berkeley Lab Guest House, available to persons with business at the Lab itself or UC Berkeley.
  • UCLA Housing & Hospitality Services operates two on-campus hotels, the 61-room Guest House and the 254-room Meyer & Renee Luskin Conference Center, and a lavish off-campus conference center at Lake Arrowhead (with a mix of chalet-like condominiums, lodge rooms, and stand-alone cottages). During the summer, the Lake Arrowhead conference center hosts the Bruin Woods vacation programs for UCLA alumni and their families.
  • Separately, UCLA Health operates the 100-room Tiverton House just south of the UCLA campus to serve its patients and their families.
  • UC Santa Cruz leased the University Inn and Conference Center in downtown Santa Cruz from 2001 to 2011 for use as off-campus student housing.
  • The UC Office of the President's Education Abroad Program operates two mini-campuses that support UC students, faculty, and alumni overseas: California House in London and La Casa de la Universidad de California in Mexico City. UC Davis's UC Center Sacramento supports students interning with the California state government. None of these facilities have on-site housing, but there is also a UC Washington Center in Washington, D.C. with a dormitory for students interning with the federal government.

University Airport

UC Davis operates the University Airport as a utility airport for air shuttle service in the contractual transportation of university employees and agricultural samples. It is also a public general aviation airport. University Airport's ICAO identifier is KEDU.

Seaport

UC San Diego's Scripps Institution of Oceanography owns a seaport, the Nimitz Marine Facility, which is just south of Shelter Island on Point Loma, San Diego. The port is used as an operating base for all of its oceanographic vessels and platforms.

See also

References

  1. ^ As of June 30, 2020; includes assets managed by UC Regents on behalf of all UC campuses. "Annual Endowment Report for the Fiscal Year Ended June 30, 2020" (PDF). University of California. Retrieved June 2, 2021.
  2. ^ a b c d e f g h "The University Of California At A Glance | February 2021" (PDF). University of California. February 2021. Retrieved June 2, 2021.
  3. ^ a b c d "Fall Enrollment At A Glance". University of California. Retrieved June 2, 2021.
  4. ^ "The UC Brand | Color". Brand.universityofcalifornia.edu. Retrieved October 14, 2015.
  5. ^ "The parts of UC". University of California. January 15, 2020. Retrieved April 22, 2020.
  6. ^ "Land-Grant Colleges and Universities". United States Department of Agriculture National Institute of Food and Agriculture. 2020. Retrieved January 1, 2021.
  7. ^ "A brief history of the University of California | UCOP". www.ucop.edu. Retrieved April 6, 2018.
  8. ^ California, University of. "UC 150th Anniversary Timeline". UC 150th Anniversary Timeline. Retrieved April 6, 2018.
  9. ^ a b c Stadtman, Verne A. (1970). The University of California, 1868–1968. New York: McGraw-Hill. pp. 355–358.
  10. ^ a b c Davis, Margaret Leslie (2007). The Culture Broker: Franklin D. Murphy and the Transformation of Los Angeles. Berkeley: University of California Press. p. 28. ISBN 9780520925557. Retrieved August 30, 2016.
  11. ^ a b c Kerr, Clark (2001). The Gold and the Blue: A Personal Memoir of the University of California, 1949–1967, Volume 1. Berkeley: University of California Press. pp. 458–462. ISBN 9780520223677. Retrieved August 30, 2016.
  12. ^ "Past Chancellors | Office of the Chancellor". chancellor.berkeley.edu. Retrieved April 6, 2018.
  13. ^ "Raymond Allen - UCLA's Past Leaders". www.pastleaders.ucla.edu. Retrieved January 5, 2020.
  14. ^ a b Kerr, Clark (2001). The Gold and the Blue: A Personal Memoir of the University of California, 1949–1967, Volume 1. Berkeley: University of California Press. pp. 39–55. ISBN 9780520223677.
  15. ^ a b c Kerr, Clark (2001). The Gold and the Blue: A Personal Memoir of the University of California, 1949–1967, Volume 1. Berkeley: University of California Press. pp. 191–205. ISBN 9780520223677.
  16. ^ a b c Trombley, William (December 27, 1965). "Chancellors Emerge as Powerful Force in University: New Role of UC Campus Chiefs Seen as One of Most Significant Developments of Past Five Years". Los Angeles Times. p. A1. Available through ProQuest Historical Newspapers.
  17. ^ a b Grodin, Joseph R.; Shanske, Darien; Salerno, Michael B. (2016). The California State Constitution (2nd ed.). Oxford: Oxford University Press. p. 243. ISBN 9780199988648. Retrieved June 5, 2020.
  18. ^ "UC National Laboratories | UCOP". www.ucop.edu. Retrieved April 6, 2018.
  19. ^ "The University of California's Economic Contribution to the State of California" (PDF). UC Regents. Retrieved April 19, 2017.
  20. ^ a b 1937-, Greene, Howard (2001). The public ivies : America's flagship public universities. Greene, Matthew W., 1968- (1st ed.). New York: Cliff Street Books. ISBN 006093459X. OCLC 46683792.CS1 maint: numeric names: authors list (link)
  21. ^ "Should You Go to a Public Ivy? 5 Factors to Consider".
  22. ^ a b "University of California Nobel Laureates". UC Regents. Retrieved October 22, 2021.
  23. ^ Cal. Const. Art. IX, § 4 (1849).
  24. ^ a b c d e f g h i j k l m Stadtman, Verne A. (1970). The University of California, 1868–1968. New York: McGraw-Hill. pp. 7–34.
  25. ^ a b c d e f g h i Marsden, George M. (1994). The Soul of the American University: From Protestant Establishment to Established Nonbelief. New York: Oxford University Press. pp. 134–140. ISBN 9780195106503. Page 138 of this source incorrectly states that the date of the final negotiations in which Governor Low participated was October 8, 1869, but it is clear from the context and the endnotes to that page (which cite documents from 1867) that the reference to 1869 is a typo.
  26. ^ Helfand, Harvey (2002). University of California, Berkeley: An Architectural Tour. New York: Princeton Architectural Press. p. 4. ISBN 9781568982939.
  27. ^ This agreement is evident in section 7 of the Organic Act, in which the state agreed to establish the College of Letters in consideration of the College of California's gift. See Cal. Stats., 17th sess., 1867–1868, ch. 244, § 7.
  28. ^ Harvey Helfand, University of California, Berkeley: An Architectural Tour and Photographs, (New York: Princeton Architectural Press, 2002), 6.
  29. ^ Stadtman, Verne A. (1970). The University of California, 1868–1968. New York: McGraw-Hill. p. 34.
  30. ^ "Daniel Coit Gilman and the Early Years of UC – Special Topics – A History of UCSF". history.library.ucsf.edu. Retrieved October 24, 2016.
  31. ^ a b c d e f g h Stadtman, Verne A. (1970). The University of California, 1868–1968. New York: McGraw-Hill. pp. 125–141.
  32. ^ See Cal. Stats., 17th sess., 1867–1868, ch. 244, § 8.
  33. ^ a b c d e f g Cal. Const. Art. IX, § 9.
  34. ^ Barnes, Thomas Garden (1978). Hastings College of the Law: The First Century. San Francisco: University of California Hastings College of the Law Press. pp. 44, 71–72.
  35. ^ Barnes, Thomas Garden (1978). Hastings College of the Law: The First Century. San Francisco: University of California Hastings College of the Law Press. pp. 78–82.
  36. ^ a b Barnes, Thomas Garden (1978). Hastings College of the Law: The First Century. San Francisco: University of California Hastings College of the Law Press. pp. 84–85.
  37. ^ People v. Kewen, 69 Cal. 215, 10 P. 393 (1886).
  38. ^ "San José State University: About SJSU: 1880–1899". San José State University.
  39. ^ "UCLA Library Special Collections / University Archives Home Page". Archived from the original on June 15, 2006. Retrieved June 20, 2006.
  40. ^ Dundjerski, Marina (2011). UCLA: The First Century. Los Angeles: Third Millennium Publishing. p. 46. ISBN 9781906507374. Retrieved February 3, 2019.
  41. ^ a b Bylaw 31, Chancellors, Bylaws of the Regents of the University of California.
  42. ^ a b c "Duties of the Chancellors", Standing Order 100.6 of the Regents of the University of California.
  43. ^ a b c Kerr, Clark (2001). The Gold and the Blue: A Personal Memoir of the University of California, 1949–1967, Volume 1. Berkeley: University of California Press. pp. 206–218. ISBN 9780520223677.
  44. ^ a b Gerth, Donald R. (2010). The People's University: A History of the California State University. Berkeley: Berkeley Public Policy Press. p. 39. ISBN 9780877724353.
  45. ^ a b c Stadtman, Verne A. (1970). The University of California, 1868–1968. New York: McGraw-Hill. pp. 400–420.
  46. ^ Kerr, Clark (2001). The Gold and the Blue: A Personal Memoir of the University of California, 1949–1967, Volume 1. Berkeley: University of California Press. p. 221. ISBN 9780520223677.
  47. ^ Lindsay, Leon (December 17, 1982). "Will California's tuition-free colleges become history?". The Christian Science Monitor. The First Church of Christ, Scientist. Retrieved August 29, 2016.
  48. ^ Lindsey, Robert (December 28, 1982). "California Weighs End of Free College Education". The New York Times. Retrieved August 29, 2016.
  49. ^ Gordon, Larry (June 14, 2010). "California universities consider adopting the T-word: tuition". The Los Angeles Times. Tribune Publishing. Retrieved August 29, 2016.
  50. ^ Regents of the University of California, Regents Policy 3101: The University of California Student Tuition and Fee Policy, UC Office of the President (as approved on January 21, 1994, and with amendments through November 18, 2010).
  51. ^ Warren, Jeffrey E. (July 14, 2011). "UC, where are your native sons and daughters?". SFGate. Hearst Communications.
  52. ^ Jordan, Miriam; Belkin, Douglas (November 16, 2015). "Foreign Students Pinch University of California Home-State Admissions". The Wall Street Journal. Dow Jones & Company, Inc. Retrieved August 30, 2016.
  53. ^ Saul, Stephanie (July 7, 2016). "Public Colleges Chase Out-of-State Students, and Tuition". The New York Times. Retrieved August 26, 2016.
  54. ^ Rosenzweig, Robert M. (2001). The Political University: Policy, Politics, and Presidential Leadership in the American Research University. Baltimore: Johns Hopkins University Press. p. 20. ISBN 9780801868191. Retrieved August 4, 2020.
  55. ^ UCLA Registrar’s Office Academic Publications (2021). "College of Letters and Science". UCLA General Catalog 2021-22. Los Angeles: Regents of the University of California. Retrieved September 24, 2021.
  56. ^ Kerr, Clark (2001). The Gold and the Blue: A Personal Memoir of the University of California, 1949–1967, Volume 1. Berkeley: University of California Press. pp. 273–280. ISBN 9780520223677.
  57. ^ Facts and Figures: UC Libraries Accessed July 27, 2020.
  58. ^ SPARC editors (July 2006). "SPARC Innovator: University of California (July 2006)". Scholarly Publishing and Academic Resources Coalition. Association of Research Libraries. Archived from the original on October 21, 2015. Retrieved October 21, 2015. PDF
  59. ^ eScholarship editors. "UC Open Access Policy". eScholarship. University of California. Archived from the original on October 13, 2015. Retrieved October 21, 2015.
  60. ^ Geiser, Saul; Studley, Roger (October 29, 2001), UC and the SAT: Predictive Validity and Differential Impact of the SAT I ad SAT II at the University of California (PDF), University of California, Office of the President.
  61. ^ a b Kerr, Clark (2001). The Gold and the Blue: A Personal Memoir of the University of California, 1949–1967, Volume 1. Berkeley: University of California Press. p. 218. ISBN 9780520223677.
  62. ^ Pickerell, Albert G.; Dornin, May (1968). The University of California: A Pictorial History (1st ed.). Berkeley: University of California Press. p. 11. ISBN 9780520010109. Retrieved August 29, 2020.
  63. ^ Pelfrey, Patricia A.; Cheney, Margaret (2004). A Brief History of the University of California. Berkeley: University of California Press. p. 47. ISBN 9780520243903. Retrieved October 14, 2020.
  64. ^ Gordon, Larry (July 12, 2013). "Janet Napolitano, Homeland Security chief, to head UC". Los Angeles Times.
  65. ^ Watanabe, Teresa (July 7, 2020). "Michael V. Drake named new UC president, first Black leader in system's 152-year history". Los Angeles Times. Retrieved July 7, 2020.
  66. ^ a b Reznik, Ethan (November 19, 2015). "Part One: State reduces UC funding causing tuition increases". Webb Canyon Chronicle. VIII (One). Retrieved July 21, 2016.
  67. ^ UC 2019-2020 operating budget https://www.ucop.edu/operating-budget/_files/rbudget/2019-20-budget-summary.pdf
  68. ^ Committee on Planning and Budget (May 2006). "Current Budget Trends and The Future of the University of California" (PDF). University of California. Archived from the original (PDF) on February 26, 2008. Retrieved March 6, 2008. Cite journal requires |journal= (help)
  69. ^ Paddock, Richard C. (October 6, 2007). "Less to bank on at state universities". The Los Angeles Times. Archived from the original on June 6, 2010. Retrieved October 6, 2007.
  70. ^ "University of California Budget".
  71. ^ Egelko, Bob (November 3, 2007). "UC owes millions in refunds to students, appeals court rules". San Francisco Chronicle. Retrieved November 3, 2007.
  72. ^ Mello, Felicia (September 18, 2019). "Citing 'financial risk,' UC pledges to divest from fossil fuels". CalMatters. Retrieved October 15, 2019.
  73. ^ "University of California – Accountability Report". universityofcalifornia.edu. Archived from the original on December 13, 2014.
  74. ^ "Academic Personnel and Programs. Current Academic Salary Scales". Retrieved August 12, 2021.
  75. ^ Schevitz, Tanya (February 12, 2008). "UC criticized for poor governance, controls". San Francisco Chronicle. Retrieved February 12, 2008.
  76. ^ a b Tanya Schevitz & Todd Wallack (November 14, 2005). "Free mansions for people of means: UC system spends about $1 million yearly on upkeep". San Francisco Chronicle. p. A9.
  77. ^ See University of California Regents Policy 7708, "University-Provided Housing," August 1, 2009, 2, and University of California Policy BFB-G-45, "Implementing Requirements on Expenses Incurred in Support of Official Responsibilities of the President and Chancellors," July 30, 2010, 2.
  78. ^ Kucher, Karen (December 19, 2013). "Chancellor's home gets $10M rehab". The San Diego Union-Tribune. Retrieved January 14, 2016.
  79. ^ Schwab, Dave (January 24, 2014). "10 years later, Chancellor's house finally becomes a home". SDNews.com. San Diego Community News Group. Retrieved January 14, 2016.
  80. ^ Jaschik, Scott (February 1, 2016). "U of Big Brother?". Inside Higher Ed. Retrieved February 1, 2016.
  81. ^ Watanabe, Teresa (March 29, 2016). "UC schools harm local students by admitting so many from out of state, audit finds". Los Angeles Times.
  82. ^ "Gov. Brown says 'normal' Californians can't get into Berkeley, a problem some Californians blame on Brown". www.insidehighered.com.
  83. ^ "UC Campuses". University of California. August 13, 2006. Retrieved March 6, 2008.
  84. ^ "Leadership". University of California. September 25, 2017. Retrieved January 17, 2018.
  85. ^ University of California Office of the President, Policy on Representation of the University on Letterhead and Business Cards, September 28, 1999.
  86. ^ State of California (2008). "California Education Code Section 92203". California Education Code. FindLaw. Retrieved March 6, 2008.
  87. ^ State of California (2008). "Education Code section 92201". California Education Code. FindLaw. Retrieved March 6, 2008.
  88. ^ a b "Best Global Universities 2022". U.S. News & World Report. Retrieved October 29, 2021.
  89. ^ "UCSF Schools Earn Top Rankings in 2017 US News Survey". UC San Francisco.
  90. ^ "University of California--San Francisco". U.S. News & World Report.
  91. ^ "University of California, San Francisco". Top Universities. July 16, 2015.
  92. ^ "UCSF Leads in Academic Rankings, NIH Funding". March 28, 2011. Archived from the original on September 20, 2017. Retrieved July 13, 2021.
  93. ^ Rauber, Chris (August 2, 2016). "UCSF, Stanford Health Care rank high on best U.S. hospitals list". San Francisco Business Times.
  94. ^ Schmitt, Kiana (July 30, 2015). "UC Berkeley, UCSF Ranked Top Public Universities In U.S."
  95. ^ "UCSF | Best Medical School". U.S. News & World Report. Retrieved June 21, 2016.
  96. ^ a b c "Academic Ranking of World Universities". Shanghai Ranking Consultancy. 2020. Retrieved October 15, 2020.
  97. ^ a b "Center for World University Rankings". Retrieved May 13, 2020.
  98. ^ a b "World University Rankings 2021". Times Higher Education. August 25, 2020. Retrieved September 14, 2020.
  99. ^ a b "Forbes America's Top Colleges List 2021". Forbes. Retrieved September 11, 2021.
  100. ^ a b Schelenz, Robyn; Newsroom, U. C. (September 9, 2021). "UC is the top college in America, according to new Forbes rankings". University of California. Retrieved September 11, 2021.
  101. ^ a b "QS World University Rankings 2021". Retrieved June 11, 2020.
  102. ^ "University of California Annual Financial Report 16/17" (PDF). University of California. 2017.
  103. ^ a b "Annual Endowment Report, Fiscal Year Ended June 30, 2018" (PDF). Chief Investment Officer of the Regents of the University of California. p. 3. Archived from the original (PDF) on April 11, 2019. Retrieved March 3, 2021.
  104. ^ "2022 Best National University Rankings". U.S. News & World Report. September 2021. Retrieved September 13, 2021.
  105. ^ a b ""University of California—Berkeley – U.S. News Best Grad School Rankings"". US News & World Report. Retrieved April 22, 2021.
  106. ^ a b ""University of California--Los Angeles – U.S. News Best Grad School Rankings"". U.S. News & World Report. Retrieved April 22, 2021.
  107. ^ a b ""University of California--San Diego - U.S. News Best Grad School Rankings"". U.S. News & World Report. Retrieved April 22, 2021.
  108. ^ a b ""University of California--Santa Cruz - U.S. News Best Grad School Rankings"". U.S. News & World Report. Retrieved April 22, 2021.
  109. ^ a b ""University of California Riverside – U.S. News Best Grad School Rankings"". U.S. News & World Report. Retrieved April 22, 2021.
  110. ^ a b ""University of California--Merced - Graduate School Rankings"". U.S. News & World Report. Retrieved April 22, 2021.
  111. ^ ""University of California—Davis – U.S. News Best Grad School Rankings"". U.S. News & World Report. Retrieved April 22, 2021.
  112. ^ ""University of California--Irvine - U.S. News Best Grad School Rankings"". U.S. News & World Report. Retrieved April 22, 2021.
  113. ^ ""University of California--Santa Barbara's Graduate School Rankings"". "University of California--Santa Barbara's Graduate School Rankings". Retrieved April 22, 2021.
  114. ^ "Best Colleges in California". PayScale. Retrieved May 2, 2021.
  115. ^ "Best Universities and Colleges". PayScale. Retrieved May 2, 2021.
  116. ^ "Best Universities and Colleges". PayScale. Retrieved May 3, 2021.
  117. ^ "Best Colleges in California". PayScale. Retrieved May 3, 2021.
  118. ^ Fall Enrollment At A Glance University of California Archived December 28, 2013, at the Wayback Machine
  119. ^ "California QuickFacts from the U.S. Census Bureau". Bureau of the Census. Archived from the original on December 28, 2009. Retrieved August 16, 2014.
  120. ^ "USA QuickFacts from the US Census Bureau". Bureau of the Census. Archived from the original on April 21, 2008. Retrieved August 16, 2014.
  121. ^ "UC employees face furloughs, pay cuts". Burlington Free Press. Associated Press. July 11, 2009. p. 1A.
  122. ^ "Welcome caldisorientation.org". Justhost.com. Archived from the original on May 2, 2015. Retrieved June 29, 2015.
  123. ^ "SPSE-UPTE | Society of Professional, Professionals, Scientists, and Engineers. UPTE-CWA Local 11, AFL-CIO". Spse.org. Retrieved October 14, 2015.
  124. ^ "Teamsters Local 2010". Teamsters2010.org. Retrieved October 14, 2015.
  125. ^ Hoover, Eric (May 21, 2020). "Golden State Blockbuster: U. of California Will Replace ACT and SAT With New Test — or None at All". The Chronicle of Higher Education. Retrieved May 23, 2020.
  126. ^ "University of California drops SAT scores for admission". AP NEWS. May 15, 2021. Retrieved May 16, 2021.
  127. ^ a b Robinson, Nina (March 2003). Undergraduate Access to the University of California After the Elimination of Race-Conscious Policies (PDF). Oakland: University of California Office of the President.
  128. ^ a b Trombley, William (November 6, 1972). "Enrollment Drop Poses Crisis at UC Riverside: Faced With Loss of 50 Faculty Positions, Campus Has Begun Strong Recruiting Drive". Los Angeles Times. p. B1. Available through ProQuest Historical Newspapers.
  129. ^ a b "Undergraduate Admissions: Local Eligibility". University of California. May 31, 2007. Retrieved March 6, 2008.
  130. ^ "The Master Plan Renewed" (PDF). University of California. July 1987. Retrieved April 9, 2009.
  131. ^ "Freshman admission of GTO students" (Press release). University of California Office of the President. Archived from the original on July 6, 2008. Retrieved March 21, 2008.
  132. ^ Agha, Marisa (April 5, 2007). "UC system fall '07 freshman admission numbers up". The Press Enterprise. Archived from the original on June 23, 2007. Retrieved August 22, 2007.
  133. ^ Noguchi, Sharon; Mattson, Sophie (July 2, 2015). "UC admission rates fall to lowest levels". San Jose Mercury News. Retrieved July 2, 2015.
  134. ^ "University of California. Admission by Exception" (PDF). Archived from the original (PDF) on August 30, 2008. Retrieved April 9, 2009.
  135. ^ University of California EAOP, 2003 in Review. University of California, 2009–10 Budget for Current Operations Budget Detail, as Presented to the Regents for Approval.
  136. ^ University of California, 2009–10 Budget for Current Operations Budget Detail, as Presented to the Regents for Approval. University of California Office of the President, A Report to the Governor and Legislature on Student Academic Preparation and Educational Partnerships for the 2006–07 Academic Year (April 2008).
  137. ^ "Early Academic Outreach Program". University of California. Retrieved June 29, 2015.
  138. ^ "Freshman applications 2019, 2020, 2021" (PDF).
  139. ^ "UC Berkeley freshman admission profile". University of California. Retrieved August 14, 2020.
  140. ^ "UC Davis freshman admission profile". University of California. Retrieved August 14, 2020.
  141. ^ "UC Irvine freshman admission profile". University of California. Retrieved August 14, 2020.
  142. ^ "UCLA freshman admission profile". University of California. Retrieved August 14, 2020.
  143. ^ "UC Merced freshman admission profile". University of California. Retrieved August 14, 2020.
  144. ^ "UC Riverside freshman admission profile". University of California. Retrieved August 14, 2020.
  145. ^ "UC San Diego freshman admission profile". University of California. Retrieved August 14, 2020.
  146. ^ "UC Santa Barbara freshman admission profile". University of California. Retrieved August 14, 2020.
  147. ^ "UC Santa Cruz freshman admission profile". University of California. Retrieved August 14, 2020.
  148. ^ a b "Transfer | UC Admissions". admission.universityofcalifornia.edu. Retrieved July 15, 2016.
  149. ^ "How applications are reviewed | UC Admissions". admission.universityofcalifornia.edu. Archived from the original on March 26, 2016. Retrieved July 14, 2016.
  150. ^ "UC Berkeley Transfer admission profile | UC Admissions". admission.universityofcalifornia.edu. Retrieved July 14, 2016.
  151. ^ "UC Davis Transfer admission profile | UC Admissions". admission.universityofcalifornia.edu. Retrieved July 14, 2016.
  152. ^ "UC Irvine Transfer admission profile | UC Admissions". admission.universityofcalifornia.edu. Retrieved July 14, 2016.
  153. ^ "UCLA Transfer admission profile | UC Admissions". admission.universityofcalifornia.edu. Retrieved July 14, 2016.
  154. ^ "UC Merced Transfer admission profile | UC Admissions". admission.universityofcalifornia.edu. Retrieved July 14, 2016.
  155. ^ "UC Riverside Transfer admission profile | UC Admissions". admission.universityofcalifornia.edu. Retrieved July 14, 2016.
  156. ^ "UC San Diego Transfer admission profile | UC Admissions". admission.universityofcalifornia.edu. Retrieved July 14, 2016.
  157. ^ "UC Santa Barbara Transfer admission profile | UC Admissions". admission.universityofcalifornia.edu. Retrieved July 14, 2016.
  158. ^ "UC Santa Cruz Transfer admission profile | UC Admissions". admission.universityofcalifornia.edu. Retrieved July 14, 2016.
  159. ^ "Office of the National Laboratories | UCOP". www.ucop.edu. Retrieved August 15, 2017.
  160. ^ Broad, William J. (December 22, 2005). "California Is Surprise Winner in Bid to Run Los Alamos". The New York Times. Retrieved February 10, 2008.
  161. ^ "2013 Best Medical Schools". U.S. News and World Report. 2012. Retrieved August 19, 2012.
  162. ^ Comarow, Avery (July 16, 2012). "U.S. News Best Hospitals 2012–13: the Honor Roll". U.S. News and World Report. Retrieved August 19, 2012.
  163. ^ "University of California 4-H Youth Development Program". Agriculture and Natural Resources, University of California. Retrieved August 19, 2012.
  164. ^ Resources, University of California, Division of Agriculture and Natural. "4-H Thrive". 4h.ucanr.edu. Retrieved February 4, 2020.
  165. ^ Geissinger, Steve; Geissinger, Michael (April 14, 2008). "Despite state budget crunch, UC runs 'Fantasy Island' station". East Bay Times. Bay Area News Group. Retrieved February 3, 2019.

Further reading

  • Douglass, John Aubrey (2000). The California Idea and American Higher Education: 1850 to the 1960 Master Plan. Stanford, California: Stanford University Press. ISBN 9780804731898.
  • Johnson, Dean C. (1996). The University of California: History and Achievements. Berkeley: University of California Printing Department.
  • Marginson, Simon (2016). The Dream Is Over: The Crisis of Clark Kerr's California Idea of Higher Education. University of California Press. doi:10.1525/luminos.17. ISBN 9780520966208.
  • Stadtman, Verne A. (1970). The University of California 1868–1968. New York: McGraw-Hill Book Co.
  • Stadtman, Verne A., editor (1967). The Centennial Record of the University of California. Berkeley: University of California Printing Department.

External links