国連安全保障理事会決議 719

フリー百科事典ウィキペディアより
ナビゲーションにジャンプ 検索にジャンプ

国連安全保障理事会
決議719
MiddleAmerica-pol.jpg
中米
日にち1991 年 11 月 6 日
会議番号3,016
コードS/RES/719 (ドキュメント)
主題中米
投票概要
  • 15人が投票しました
  • 誰も反対票を投じなかった
  • 棄権なし
結果採用
安全保障理事会の構成
正会員
非常勤会員
←  718 決議一覧 720  →

国連安全保障理事会決議 719は、決議637 (1989)、644 (1989)、675 (1990) および691 (1991)を想起した後、1991 年 11 月 6 日に全会一致で採択され、事務総長による報告を承認し、次のことを決定した。中央アメリカにおける国連オブザーバー・グループの任務を、1992 年 4 月 30 日までさらに 5 か月と 23 日間延長する。

決議は事務総長に対し、オブザーバー・グループのあらゆる側面について現在の任期が終了する前に報告し、オブザーバー・グループの将来に関する変更が必要かどうかを示すよう要求した。

も参照

参考文献

外部リンク