国連安全保障理事会決議 675

国連安全保障理事会
決議675
中米
日付1990 年 11 月 5 日
会議番号2,952
コードS/RES/675 (文書)
主題中米
投票概要
  • 15 人が投票しました
  • 誰も反対票を投じなかった
  • 棄権者なし
結果採用されました
安全保障理事会の構成
常任会員
非常任委員
←  674 決議一覧 676  →

1990 年 11 月 5 日に全会一致で採択された国連安全保障理事会決議 675は、決議637 (1989 年) および644 (1989 年) を想起した後、事務総長による報告を承認し、国連監視団の任務を延長することを決定した。 1991 年 5 月 7 日までさらに 6 か月間 中米に滞在します。

この決議は、国連平和維持軍への需要の増大を考慮して、監視団の財政的コストに引き続き警戒する必要があると指摘した。また事務総長に対し、オブザーバーグループのあらゆる側面について現在の任務が終了する前に報告するよう求めた。

こちらも参照

参考文献

  • 決議文(undocs.org)

外部リンク

  • ウィキソースの国連安全保障理事会決議 675 に関連する作品
「https://en.wikipedia.org/w/index.php?title=United_Nations_Security_Council_Resolution_675&oldid=1189797526」から取得