ユナイテッド・リナックス

フリー百科事典ウィキペディアより
ナビゲーションにジャンプ 検索にジャンプ

United Linuxは、エンジニアリング作業の重複を最小限に抑え、Red Hatの効果的な競争相手を形成するために、 Linux ディストリビューターのコンソーシアムが企業で使用するための共通のベース ディストリビューションを作成する試みでしたUnited Linux の創設メンバーは、SUSETurbolinuxConectiva (現在はMandrakeSoftと合併してMandrivaを形成)、およびCaldera International (後にSCO Groupに改称) でした。コンソーシアムは 2002 年 5 月 30 日に発表されました。プロジェクトの終了は 2004 年 1 月 22 日に発表されました。

ユナイテッド・リナックスのマスコット

フォーメーション

1990 年代のLinuxの台頭により、 Linux ディストリビューションが 急増しました。Linux カーネルGNUはどちらもフリー ソフトウェアだったので、誰でもディストリビューションをまとめて販売することができました。多くの業界オブザーバーは、1990 年代初頭 のUNIX 戦争と同様に、断片化と広範な非互換性を恐れていました。

United Linux プロジェクトに向けた最初の動きは、 1999 年 11 月のCOMDEXで行われました。多くの失敗がありましたが、参加者は一貫して、ビジネス向けの統合 Linux プラットフォームが理にかなっていることに同意しました。成功の鍵となる要因は、2000 年初頭に特定されました。

2002 年の 3 月から 4 月にかけて、United Linux の理事会は基本的な技術仕様をまとめ、4 つのコンソーシアム メンバーとそのビジネス パートナーおよびベンダーから意見を集めました。

UnitedLinux, LLCは 2002 年 5 月 29 日に設立されました[1]。プロジェクトは 2002 年 5 月 30 日に世界に発表されました。この時点で、マスター トランザクション契約 (MTA) と共同開発契約 (JDC) という 2 つの法的契約が創設メンバーによって署名されました。JDC は、UnitedLinux, LLC によっても署名されています。これらの契約は、UnitedLinux ソフトウェアに関連する知的財産 (特定の例外を除く) が UnitedLinux, LLC に譲渡されることを部分的に規定していました。さらに、「[e]各メンバーは、UnitedLinux ソフトウェアのすべての知的財産権に対する幅広い使用料無料のライセンスを保有し、各メンバーに「使用、コピー、変更、配布、マーケティング、広告、販売、販売の申し出、サブライセンス ... ソフトウェアの二次的著作物を作成する権利を含め、あらゆる方法で、ソース コードおよび/またはオブジェクト コードへのアクセスを第三者に提供するためのソフトウェアのサブライセンス、GNU General Public Licenseも引き続き適用されます。紛争は、国際商工会議所(ICC) の仲裁を通じて解決されることになっていました。[2] [3]

2002 年 8 月 14 日に最初のベータ版が United Linux メンバー パートナーにリリースされ、2002 年 9 月 25 日にパブリック ベータ版がリリースされ、2002 年 11 月 19 日に United Linux 1.0 がリリースされました。

4 つのパートナーの 1 つが United Linux の理想を採用するに至った経緯に関する詳細なケース スタディについては、Caldera OpenLinuxを参照してください。

技術概要

ディストリビューションは、SUSE Linux とLinux Standard Baseに基づいており、SUSE がほとんどのエンジニアリング作業を行い、SCO、Turbolinux、および Conectiva が主にそれぞれの地域と市場でディストリビューションを売り込むことを計画しています[1]

バージョン 1.0 のリリースには 6 ~ 8 か月かかり、1 年間は現行バージョンであり、2.0 のリリース後にさらに 1 年間サポートされる予定でした。最小の技術要件は次のとおりです。

エンディング

2004 年 1 月 20 日、SCOは当時の SuSE の所有者である Novell に対して訴訟を起こしました。[4]

United Linux の終了は、2004 年 1 月 22 日のNovell記者会見で、SUSE 部門の社長である Richard Seibt によって発表されました。述べられた理由は、SCO 対 IBMの訴訟と、Linux に対するSCO グループの公開攻撃により、提携が機能しなくなったというものでした。[5]

SCO 対 IBMの訴訟が始まった直後から、United Linux に関する実際の作業は行われておらず、SUSE はこの頃積極的な参加をやめていたことが明らかになりました。前回の United Linux の発表は、2003 年 3 月 13 日にOracle Corporationがサポートし、 2003 年 4 月 22 日 にAMD64 CPUがサポートされたというものでした。

UnitedLinux が終了したと報告する人もいますが、実際には、グループはパートナーシップを解消するというコンセンサスを得ておらず、法人は有効なままです。

SCO対 Novellの訴状は 2006 年 2 月 3 日に修正され、Novell の SuSE Linux ディストリビューションに関連する著作権侵害の申し立てが追加されました。[6] Novell は 4 月 10 日に、ICC に調停の要請を提出し、SCO の主張を地方裁判所に留め置くよう求めた。彼らは要求の中で、MTA と JDC を通じて、「UnitedLinux のメンバーは、UnitedLinux ソフトウェアにおける他のメンバーの知的財産権を無制限に使用し、無制限に利用するための取消不能、永久、および世界規模のライセンスを各メンバーが持つことに同意した」と主張しました。この目的のためにLLCに譲渡されます。」[2] [7] Novell の滞在動議は、SCO の動議に対して一部認められた。SuSEに関する主張。[3]

2007 年 9 月 14 日、SCOは破産を申請し[8]、11 月 13 日、裁判所はSCO の要請により、仲裁は自動的に中止されるという判決を下しました。[9]

SuSE は 2009 年 11 月 10 日にこの停止を解除する動議 提出まし

も参照

参考文献

  1. ^ UnitedLinux, LLC Limited Liability Company Agreement
  2. ^ a b "Novell の滞在動議を支持する Michael A. Jacobs の宣言" (PDF) . グロックロー2006 年 4 月 10 日。p。53.
  3. ^ a b 「Novell の留保動議の一部を認める命令」(PDF) . グロックロー2006-08-21。
  4. ^ 「ユタ州ソルトレーク郡第 3 司法地方裁判所における SCO の訴状」(PDF) . グロックロー2004-01-20。
  5. ^ "UnitedLinux、RIP" . イーウィーク。2004-01-23.
  6. ^ 「SCO の第 2 修正訴状」(PDF) . グロックロー2006-02-03。
  7. ^ 「仲裁の対象となる請求を停止するノベルの動議」(PDF) . グロックロー2006 年 4 月 10 日。
  8. ^ 「第11章破産の任意請願」(PDF) . グロックロー2007-09-14。
  9. ^ 「自動停止を強制するSCO Group Inc.の動議を債務者に認める命令」(PDF) . グロックロー2007-11-13。
  10. ^ 「国際仲裁を完了するための滞在からの救済の動議」(PDF) . グロックロー2009-11-10。
  11. ^ 「国際仲裁を完了するための自動停止からの救済を求める SUSE の申し立てに対する異議」(PDF) . グロックロー2009-12-15。
  12. ^ 「国際仲裁を完了するための自動停止からの救済を求める Suse の申し立てを却下する命令」(PDF) . グロックロー2010-01-15 . 2010 年1 月15 日閲覧

外部リンク