イギリス

ウィキペディアから、無料の百科事典
ナビゲーションにジャンプ 検索にジャンプ

グレートブリテンおよび北アイルランド連合王国
A flag composed of a red cross edged in white and superimposed on a red saltire, also edged in white, superimposed on a white saltire on a blue background
国歌:  「女王陛下を救う神[a]
王室の紋章[b]
Royal Coat of Arms of the United Kingdom.svgRoyal Coat of Arms of the United Kingdom (Scotland).svg
Europe-UK (orthographic projection).svg
Europe-UK.svg
United Kingdom (+overseas territories and crown dependencies) in the World (+Antarctica claims).svg
イギリスの場所(濃い緑色)

ヨーロッパ (濃いグレー)

資本
そして最大の都市
ロンドン
北緯51度30 分西経0度7分 / 51.500°N 0.117°W / 51.500; -0.117
公用語
と国語
英語
地域および少数言語[c]
民族グループ
2011
宗教
住民の呼称
構成国
政府単一[e] 議会
立憲君主制
エリザベス2世
• 首相
ボリス・ジョンソン
立法府議会
貴族院
庶民院
形成
1535および1542
1603年3月24日
1707年5月1日
1801年1月1日
1922年12月5日
領域
• 合計
242,495 km 2(93,628平方マイル)[12]78番目
• 水 (%)
1.51(2015)[13]
人口
•2020年の見積もり
Neutral increase67,886,004 [14]21日
•2011年の国勢調査
63,182,178 [15]22日
• 密度
270.7 / km 2(701.1 / sq mi)(50日
GDP  PPP2021年の見積もり
• 合計
Increase3.276兆ドル[16]10日
• 一人あたり
Increase48,693ドル[16]28日
GDP  (名目)2021年の見積もり
• 合計
Increase3.108兆ドル[16]5位
• 一人あたり
Increase46,200ドル[16]22日
ジニ (2019)Negative increase 36.6 [17]
ミディアム ・ 33位
HDI  (2019)Increase 0.932 [18]
非常に高い ・ 13日
通貨英ポンド[f]GBP
タイムゾーンUTC グリニッジ標準時 WET
•夏(DST
UTC +1英国夏時間西
[NS]
日付形式dd / mm / yyyy
yyyy - mm - dd  (AD
主電源230 V〜50 Hz
運転側[h]
市外局番+44 [i]
ISO3166コードGB
インターネットTLD.uk [j]

グレートブリテンおよび北アイルランド連合王国として一般的に知られている、イギリス英国)や英国は[注1] [19]である主権国のヨーロッパ大陸の北西沖、北西ヨーロッパインチ[20] >>イギリスは、島が含まイギリス、島の北部、東部アイルランド、および内の多くの小さな島々イギリス諸島を[21]北アイルランドはアイルランド共和国と国境共有している。それ以外の場合、イギリスは大西洋に囲まれ、東は北海、南イギリス海峡、南西はケルト海であり、世界で12番目に長い海岸線になっています。アイリッシュ海はイギリスとアイルランドを分離します。英国の総面積は93,628平方マイル(242,500 km 2)です。

英国は、単一の議会制民主主義立憲君主制です。[注2] [22] [23]君主、エリザベス2世女王は、1952年以来統治しています。[24]首都で最大の都市ロンドンであり、都市部の人口は1,030万人です。[25] >>イギリスはで構成されて4カ国イングランドスコットランドウェールズおよび北アイルランド[26]イギリスを除いて、構成国は独自のものを持っていますそれぞれが異なる権限を持つ権限委譲された政府[27] [28] [29]

英国は、数百年にわたって構成国の一連の併合、連合、分離から発展してきました。連合の条約間のイングランド王国(ウェールズを含め、1542年に併合)とスコットランド王国1707年では、形成されるグレートブリテン王国を。その1801年における労働組合アイルランドの王国は、作成したグレートブリテンおよびアイルランド連合王国を。アイルランドの大部分は1922年に英国から離脱し、1927年に正式にその名前を採用した現在のイギリスのイギリスと北アイルランドを去りました。[注3]

近くマン島ガーンジー島ジャージーがあること、英国の一部ではないイギリスの王室属領英国政府は、防衛と国際的な表現を担当します。[30]イギリスの海外領土も14あり[31]大英帝国の最後の残骸であり、1920年代の最盛期には、世界の陸地のほぼ4分の1、世界の人口の3分の1を占め、最大でした。歴史の帝国。イギリスの影響は、以前の植民地の多くの言語、文化、法制度、政治制度に見られます。[32] [33] [34] [35] [36]

英国の経済は、名目国内総生産(GDP)で世界第5位、購買力平価(PPP)で第10位です。高所得経済と人間開発指数の評価が非常に高く、世界で13位にランクされています。英国は世界初の工業国となり、19世紀から20世紀初頭にかけて世界の第一人者となりました。[37] [38]今日、英国は世界の一つである大国、かなりの経済的、文化的、軍事的で、科学的、技術的及び政治的、国際的影響力。[39] [40]核保有国として認められており、軍事費で世界第4位にランクされています。[41]それはされてい常任理事国連安全保障理事会1946年の第1回会合以来。

イギリスのメンバーである英連邦欧州評議会G7テンのグループG20国連NATOAUKUS経済協力開発機構(OECD)、インターポール、および世界貿易機関(WTO)。これは、メンバーの状態だった欧州共同体(EC)およびその後継、欧州連合(EU)のから、(EU)1973年アクそのまで、2020年に撤退a。次2016年に国民投票が行われました。

語源と用語

連合法は、と宣言したイングランド王国スコットランド王国は「の名で一つの王国に米国だったグレートブリテン」。[注4] [42] [43] 1707年から1800年までの正式名称は単に「イギリス」でしたが、「イギリス」という用語は、旧イギリス王国の説明として使用されることがありました。[44] [45] [46] [47]連合法は、英国のやイギリス、アイルランドの王国を形成し、1801年にイギリスとアイルランドのイギリス。次のアイルランドの分割と1922年のアイルランド自由国の独立により、北アイルランドはイギリス内のアイルランド島の唯一の部分として残され、名前は「イギリスと北アイルランドのイギリス」に変更されました。[48]

英国は主権国ですが、イングランド、スコットランド、ウェールズ、北アイルランドも広く国と呼ばれています。[49] [50]英国首相のウェブサイトでは、「国内の国」というフレーズを使用して英国を説明しています。[26]英国の12のNUTS1地域の統計など、一部の統計要約では、スコットランド、ウェールズ、北アイルランドを「地域」と呼んでいます。[51] [52]北アイルランドは「州」とも呼ばれます。[53] [54]北アイルランドに関して、使用される説明的な名前は「物議を醸す可能性があり、その選択はしばしば自分の政治的好みを明らかにする」。[55]

「グレートブリテン」という用語は、通常、グレートブリテン島、または政治的にはイングランド、スコットランド、ウェールズを組み合わせたものを指します。[56] [57] [58]英国全体の緩い同義語として使用されることもあります。[59]

用語「英国は」英国の同義語、両方として使用されている[60] [61] [62]とイギリスの同義語として。[63] [62]使用法はまちまちである:英国政府は、自身のウェブサイトで「英国」または「英国」ではなく「英国」という用語を使用することを好む(大使館を指す場合を除く)[64]一方で、両方の用語が英国を参照し、他の場所では「英国政府」は少なくとも「英国政府」と同じくらい頻繁に使用されます。[65]地名に関する英国常設委員会「英国」、「英国」、「英国」は、その地名ガイドラインにおいて、英国および北アイルランド連合王国の短縮および省略された地政学的用語として認識されています。 「英国」は記載されていませんが、「北アイルランドを常に除外するのは、「英国」という特定の名目上の用語にすぎません」と記されています。[65] BBCは、歴史的に存在スタイルガイドは「グレートブリテン」は除外北アイルランドことを除いて、位置を取ることはありませんが、唯一の英国の省略形として「イギリス」を使用することが好ましいです。[66] [67]

形容詞「英国」は、一般的に英国に関連する事項を指すために使用され、法律では英国の市民権および国籍に関連する事項を指すために使用されます。[68]イギリスの人々は、国民のアイデンティティを説明するためにいくつかの異なる用語を使用し、イギリス英語スコットランドウェールズ北アイルランド、またはアイルランドであると自分自身を識別する場合があります[69]または異なる国民的アイデンティティの組み合わせを持っているとして。[70] [71]英国市民の正式な呼称は、「英国市民」です。[65]

歴史

連合条約以前

ストーンヘンジは、それぞれ高さ約4 m(13フィート)、幅2 m(7フィート)、重さ約25トンの立っている石の輪で構成されています。紀元前2400年から紀元前2200年の間に建てられました

解剖学的に現代の人間によるイギリスになることへの定住は、約3万年前に始まった波の中で起こりました。[72]この地域の先史時代の終わりまでに、人口は主に、ブリソン英国ゲール人のアイルランドからなる島嶼ケルトと呼ばれる文化に属していたと考えられている[73]

ローマの征服以前は、英国には約30の先住民族が住んでいました。最大であったベルガエBrigantesSiluresイケニ族。歴史家のエドワード・ギボンは、スペインガリア、イギリスには、「マナーと言語」の類似性に基づいて、「同じ頑固な野蛮人種」が住んでいると信じていました。[74]ローマの征服、43 AD、400年に始まり、南イギリスの規則による侵略が続いたゲルマン アングロサクソン主Brittonic面積を小さくすること、入植者ウェールズコーンウォール、そしてアングロサクソン人の入植の後半まで、ヘンオグレッド(イングランド北部とスコットランド南部の一部)になる予定でした[75]アングロサクソン人によって定住し地域のほとんどは、10世紀にイングランド王国として統一された[76]一方、イギリス北西部のゲール語話者(アイルランドの北東に接続し、伝統的に5世紀にそこから移住したと考えられていた)[77] [78]は、ピクト人団結し王国を創設した。9世紀のスコットランドの[79]

バイユーのタペストリーが描いヘイスティングスの戦い、1066年、およびそれにつながるイベントを。

1066年、ノルマン人とそのブルトン同盟国はフランス北部からイングランドに侵攻しました。後にイングランドを征服し、彼らが押収されたウェールズの大部分をアイルランドの多くを征服し、各国にもたらし、スコットランドに定住に招待された封建制度北フランスのモデルとのノーマン・フランスの文化。[80]アングロノルマン 支配階級は、地元文化のそれぞれを大幅に影響を受け、最終的に同化します。[81]その後の中世イギリスの王たちはウェールズ征服を完了し、失敗に終わった。スコットランドを併合しようとします。 1320年のアーブロース宣言で独立を主張したスコットランドは、イングランドとほぼ絶え間なく対立していましたが、その後も独立を維持しました

イギリスの君主は、フランス実質的な領土の継承とフランスの王冠の主張を通じて、フランスの紛争、特に百年戦争も深く関わっていましが、スコットランド王はこの期間にフランスと同盟を結びました[82] 近世の英国では、宗教改革各国でのプロテスタント州教会の導入に起因する宗教紛争が見られました[83]ウェールズをして、完全にイングランド王国に組み込まれ[84]とアイルランドは、英語の王冠と同君連合王国として構成されていました。[85]北アイルランドになる予定だった場所で、独立したカトリックゲール人の貴族の土地が没収され、イングランドとスコットランドからのプロテスタント入植者に与えられた[86]

1603年、スコットランド王ジェームズ6世がイングランドとアイルランドの王冠を継承し、彼の宮廷をエジンバラからロンドンに移したとき、イングランド、スコットランド、アイルランドの王国は同君連合統合されましたそれにもかかわらず、各国は別個の政治的実体のままであり、別個の政治的、法的、および宗教的制度を保持していた。[87] [88]

17世紀半ばには、3つの王国すべてが一連の​​接続された戦争イングランド内戦を含む)に関与し、チャールズ1世の処刑、およびショートの確立により、君主制の一時的な転覆につながりました。イングランド、スコットランド、アイルランド連邦の単一共和国住んでいた[89] [90] 17世紀から18世紀の間、イギリスの船員は海賊行為私掠船)に関与し、ヨーロッパとカリブ海沖の船を攻撃して盗んだ。[91]

君主制を回復したInterregnum(と一緒に名誉革命1688年のとそれに続く権利の章典、および右1689年法のクレームは)他のヨーロッパ諸国の多くは、とは違って、それを確保王室絶対主義が勝つないだろう、と公言されたカトリック教徒は決して王位に就くことはできませんでした。英国の憲法は、に基づいて開発する立憲君主制議院内閣制[92]王立学会の設立とともに1660年、科学は大いに奨励されました。この時期、特にイギリスでは、海軍力の発達と発見の航海への関心が、特に北アメリカとカリブ海での海外植民地の獲得と定住につながりました[93] [94]

1606年、1667年、1689年にイギリス国内で2つの王国を統合しようとした以前の試みは成功しなかったが、1705年に開始された試みにより、1706年の連合条約が両議会によって合意され批准された。

グレートブリテン王国

連合の条約は、英国のすべてを網羅イギリスにつながりました。

1707年5月1日、1706年の連合条約を批准し、2つの王国を統合するために、合同がイングランドとスコットランドの議会によって可決された結果、グレートブリテン王国が形成されました[95] [96] [97]

18世紀、内閣政府はロバートウォルポールの下で発展し、実際には初代首相(1721〜1742)でした。一連のジャコバイト蜂起、ハノーバー朝のプロテスタントの家を英国の王位から取り除き、スチュアートのカトリックの家を復元しようとしましたジャコバイトは1746年のカロデン戦いでようやく敗北し、その後スコットランドのハイランダーは残酷に抑圧されました。アメリカ独立戦争でイギリスから離脱した北アメリカのイギリス植民地はアメリカ合衆国になり、1783年にイギ​​リスに認められました。イギリス帝国の野心はアジア、特にインドに向けられました。[98]

イギリスは大西洋奴隷貿易主導的な役割を果たしました。主に1662年から1807年にかけて、イギリスまたはイギリス植民地時代の奴隷船がアフリカから約330万人の奴隷を輸送しました。[99]奴隷たちは、主にカリブ海だけでなく北アメリカで、イギリス領のプランテーション働くように連れて行かれた[100]奴隷制とカリブ海の砂糖産業は、18世紀のイギリス経済の強化と発展に重要な役割を果たしました。[101]しかし、議会は1807年に貿易を禁止し、1833年に大英帝国での奴隷制を禁止し、英国はアフリカ封鎖を通じて世界的な奴隷制を廃止する運動で主導的な役割を果たし、他の国々に一連の条約で貿易を終了するよう圧力をかけました。世界最古の国際人権団体であるAnti-SlaveryInternationalは、1839年にロンドンで設立されました。[102] [103] [104]

アイルランドとの連合から第一次世界大戦の終わりまで

アルジェ砲撃前の英オランダ戦争評議会(1816年)では、イギリス連合軍の艦隊が3,000人のキリスト教徒の奴隷を解放しました。

「イギリス」という用語は、イギリスとアイルランドの議会がそれぞれ合同法を可決し、2つの王国を統合し、イギリスとアイルランドのイギリスを創設した1801年に正式になりました[105]

フランス革命戦争ナポレオン戦争(1792〜 1815年)の終わりにフランスが敗北した後、イギリスは19世紀の主要な海軍および帝国の大国として浮上しました(ロンドンは1830年頃から世界最大の都市でした)。 。[106] 海上での挑戦はなく、イギリスの支配は後にパックス・ブリタニカ(「イギリスの平和」)と呼ばれ、大国間相対的な平和の期間(1815–1914)、その間に大英帝国は世界の覇権者なり、世界の警官。[107] [108] [109] [110]万国博覧会の時までに1851年、英国は「世界の工房」と呼ばれていました。[111] 1853年から1856年まで、イギリスはに参加したクリミア戦争と同盟、オスマン帝国との戦いでロシア帝国[112]の海戦に参加バルト海として知られているオーランド諸島戦争の湾とりわけボスニア湾フィンランド湾[113]大英帝国は、アフリカの部分であるインドを含むように拡大されたそして世界中の他の多くの領域。それが自身の植民地に対して行使した正式な支配に加えて、世界貿易の多くの英国の支配は、それがアジアやラテンアメリカなどの多くの地域の経済を効果的に支配したことを意味しました。[114] [115]国内では、政治的態度は自由貿易と自由放任政策、そして選挙権の段階的な拡大を支持した。世紀の間に、人口は劇的な速度で増加し、急速な都市化を伴い、重大な社会的および経済的ストレスを引き起こしました。[116]原材料の新しい市場と供給源を探すために、ディズレーリ政権保守党エジプト、南アフリカ、その他の地域で帝国主義の拡大期を開始しました。カナダ、オーストラリア、ニュージーランドは自治領になりました。[117]世紀の変わり目の後、イギリスの産業支配はドイツとアメリカによって挑戦された。[118]アイルランドの社会改革と自治は、1900年以降の重要な国内問題であった。労働党は1900年に労働組合と小さな社会主義グループの同盟から出現し、女性参政権を求めて1914年以前から選挙権を行使した。[119]

Black-and-white photo of two dozen men in military uniforms and metal helmets sitting or standing in a muddy trench.
ソンムの戦い王立アイルランドライフルの歩兵第一次世界大戦の戦場で885,000人以上のイギリス兵が亡くなりました。

英国は、第一次世界大戦(1914〜 1918年)で、フランス、ロシア、および(1917年以降)米国と並んでドイツとその同盟国と戦いました[120]イギリス軍は、大英帝国の大部分とヨーロッパのいくつかの地域、特に西部戦線で従事していた[121]塹壕戦の高い死者は、国の永続的な社会的影響と社会秩序の大きな混乱を伴って、多くの世代の男性の喪失を引き起こした。

戦後、英国は多くの元ドイツとオスマン帝国の植民地に対する国際連盟の委任統治を受けました大英帝国はその最大の広がりに達し、世界の陸地の5分の1と人口の4分の1をカバーしました。[122]イギリスは250万人の死傷者を出し、巨額の国家債務で戦争を終えた。[121]

戦間期と第二次世界大戦

1920年代半ばまでに、英国の人口のほとんどはBBCラジオ番組を聞くことができました[123] [124]実験的なテレビ放送は1929年に始まり最初に予定されていたBBCテレビサービスは1936年に始まった。[125]

上昇アイルランドのナショナリズム、との点を超えるアイルランド内の紛争アイルランドホームルールに最終的につながった島のパーティション1921年における[126]アイルランド自由国が独立した、最初にしてドミニオンの状況1922年に、そして明確に独立で1931年。北アイルランドはイギリスの一部のままでした。[127] 1928年法が広がっ参政権を男性と女性に選挙平等を与えることによって。 1920年代半ばのストライキの波は、1926年のゼネストで最高潮に達しました。英国はまだ戦争の影響から回復していませんでした大恐慌(1929–1932)が発生しました。これは、古い工業地域でかなりの失業と困難をもたらし、1930年代には共産党と社会党の会員数が増加し、政治的および社会的不安を引き起こしました。連立政権は1931年に結成された。[128]

それにもかかわらず、「英国は非常に裕福な国であり、武器を手に入れ、その利益を追求するために冷酷であり、世界的な生産システムの中心に位置していた」。[129]後にナチスドイツがポーランドに侵攻し、英国が入力された第二次世界大戦を1939年にドイツに戦争を宣言することによってウィンストン・チャーチルは、最初の年に欧州同盟国の敗北にもかかわらず、1940年に首相と連立政権の頭になりました戦争、イギリスとその帝国はドイツとの戦いを単独で続けました。チャーチルは、戦争努力の訴追において政府と軍隊に助言し、支援するために、産業、科学者、およびエンジニアを雇いました。[129] 1940年、イギリス空軍バトル・オブ・ブリテンで空を制圧するための戦いでドイツ空軍破ったブリッツの都市部は激しい爆撃を受けまし英国、米国、ソビエト連邦グランドアライアンスは1941年に結成され、連合国枢軸国に対抗させました大西洋戦い北アフリカ戦線イタリア戦線で最終的に激しい勝利がありました1944年ノルマンディー上陸作戦とヨーロッパ解放において、イギリス軍は重要な役割を果たしました。、その同盟国である米国、ソビエト連邦、その他の連合国で達成されました。イギリス陸軍は日本に対するビルマの戦いを主導しイギリス太平洋艦隊は海上で日本と戦った。英国の科学者たちは、日本の降伏につながったマンハッタン計画に貢献しました

戦後20世紀

Map of the world. Canada, the eastern United States, countries in East Africa, India, most of Australasia and some other countries are highlighted in pink.
かつて大英帝国の一部であった領土を示す地図。イギリスとその現在のイギリスの海外領土および王室属領は赤で下線が引かれています。

第二次世界大戦中、英国は戦後の世界を計画するために集まった(米国とソビエト連邦とともに)ビッグスリーパワーの1つでした[130] [131]それは国連による宣言への最初の署名者でした。戦後、英国は国連安全保障理事会の常任理事国5カ国の1つとなり、米国と緊密に協力してIMF世界銀行NATOを設立しました[132] [133]戦争が激しく弱めとに財政依存UKを左マーシャルプラン[134]しかし、それは東ヨーロッパを荒廃させた総力戦を免れた。[135]戦後間もなく、労働党政府は抜本的な改革プログラムを開始し、それはその後の数十年間で英国社会に重大な影響を及ぼした。[136]が主要産業と公益事業をして国有化福祉国家が設立され、包括的、公費負担医療システム、国民保健サービスは、作成されました。[137]植民地におけるナショナリズムの台頭は、英国の現在の経済的地位の大幅な低下と一致していたため、脱植民地化の政策がやむを得なかった。 1947年にインドとパキスタンに独立が認められた。[138]次の30年間で、大英帝国のほとんどの植民地は独立を獲得し、独立を求めたすべての植民地は移行期間中とその後の両方で英国の支援を受けた。多くは英連邦のメンバーになりました[139]

英国は、開発する第三国た核兵器の兵器庫(その最初の原爆実験、とハリケーン作戦1952年に、)が、英国の国際的役割の新しい戦後の制限は、によって示された第二次中東戦争1956年の国際的な普及英国の言語は、その文学文化の継続的な国際的影響力を保証しました[140] [141] 1950年代の労働者不足の結果として、政府は英連邦諸国からの移民を奨励した。その後の数十年で、英国は以前よりも多民族社会になりました。[142]1950年代後半から1960年代にかけて生活水準が向上したにもかかわらず、英国の経済パフォーマンスは、フランス、西ドイツ、日本などの主要な競合他社の多くよりも成功していませんでした

2007年に欧州連合の加盟国の指導者。英国は1973年に欧州経済共同体加盟しました。1975年開催されレファレンダムでは投票者の67%がEECに留まることに投票しましたが[143]、52%が離脱することに投票しました。 2016年のEU。[144]

数十年にわたる欧州統合の過程で、英国は、1954年にロンドンとパリの会議設立された西欧同盟と呼ばれる同盟の創設メンバーでした。1960年、英国は欧州自由の7つの創設メンバーの1つでした。貿易協会(EFTA)ですが、1973年に欧州共同体(EC)に参加するために去りました。 ECが1992年に欧州連合(EU)になったとき、英国は12の創設加盟国の1つでした。リスボン条約、2007年に署名したが、それ以来、欧州連合の憲法基礎を形成します。

1960年代後半から、北アイルランドは、従来はトラブルとして知られている共同および準軍事的暴力(英国の他の地域に影響を与えることもある)に苦しんでいまし。通常、1998年のベルファスト「聖金曜日」合意終了したと見なされます[145] [146] [147]

1970年代の広範な経済減速と産業紛争の期間の後、マーガレット・サッチャーの下での1980年代の保守政権は、特に金融セクター(たとえば、1986年のビッグバン)と労働市場マネタリスト、規制緩和の急進的な政策を開始しました。 、国有企業の売却(民営化)、および他者への補助金の撤回。[148] 1984年から、経済はかなりの北海の石油収入の流入によって助けられた[149]

20世紀の終わりごろ、スコットランド、ウェールズ、北アイルランドに権限委譲された政権が設立され、英国の統治に大きな変化がありました[150]法定取り込みはの受け入れに続く欧州人権条約を英国は依然として外交的および軍事的に重要なグローバルプレーヤーです。それは国連とNATOで主導的な役割を果たしています。論争は、特にアフガニスタンイラクでの英国の海外軍事展開のいくつかを取り巻く[151]

21世紀

最初の10年間、英国は米国主導のアフガニスタンイラクへの侵略を支援しました

2008年の世界金融危機は深刻な英国経済に影響を与えました。2010年キャメロン・クレッグ連合政府は、結果として生じた実質的な財政赤字に取り組むことを目的とした緊縮政策を導入しました。[152] 2014年にスコットランド政府が開催されたスコットランドの独立に投票を独立の提案を拒否し、英国内に留まることを選択有権者の55.3パーセントで、。[153]

2016年には、英国の有権者の51.9%が欧州連合からの離脱に投票しました[154]英国は2020年1月31日までEUの完全加盟国であり続けた。[155]

地理

北と西に丘陵地帯を示すイギリス

英国の総面積は約244,820平方キロメートル(94,530平方マイル)です。この国はイギリス諸島[156]群島の大部分を占めており、イギリス島、アイルランド島の北東の6分の1、およびいくつかの小さな周辺の島々が含まれています。北大西洋と北海の間にあり、南東海岸はイギリス海峡によって隔てられている北フランスの海岸から22マイル(35 km)以内にあります[157] 1993年には、英国の10%が森林に覆われ、46%が牧草地に使用され、25%が農業に使用されました。[158]王立グリニッジ天文台ロンドンでは、1884年ワシントンDCの本初子午線[159]の定義点として選択されましたが、より正確な最新の測定により、子午線は実際には天文台の東100メートルにあります。[160]

イギリスは緯度49°から61°N、経度9°W2°Eの間にあります。北アイルランドは、アイルランド共和国と224マイル(360 km)の土地境界を共有しています。[157]イギリスの海岸線は、11,073マイル(17,820 km)の長さです。[161]英仏海峡トンネルは、31マイル(50 km)(24マイル(38 km)の水中)で世界最長の水中トンネルであり、ヨーロッパ大陸に接続されています。[162]

イングランドは英国の総面積の半分強(53%)を占め、130,395平方キロメートル(50,350平方マイル)をカバーしています。[163]国の大部分は低地の地形で構成されており、[158]ティーズ・エグゼ線の北西に、より高地といくつかの山岳地帯があります。湖水地方ペナイン山脈エクスムーアダートムーアを含みます。主な河川や河口があるテムズ川セヴァーンハンバー。イングランドで最も高い山は湖水地方にあるスカフェルパイク(978メートル(3,209フィート))です。

スコットランドは、英国の総面積の3分の1弱(32%)を占め、78,772平方キロメートル(30,410平方マイル)をカバーしています。[164]これには、800近くの島々が含まれ[165]主に本土の西と北にあります。特に、ヘブリディーズ諸島オークニー諸島シェトランド諸島。スコットランドは英国で最も山岳地帯であり、その地形は、西のアランから東のストーンヘブンまでスコットランドを横断するハイランド境界断層地質学的な岩石の割れ目)によって区別されます。[166]障害2つの明確に異なる領域を分離します。すなわちハイランド北と西へと低地南と東に。より険しいハイランド地域には、スコットランドの山岳地帯の大部分が含まれています。ベンネビス山は、1,345メートル(4,413フィート)[167]で、イギリス諸島で最も高い地点です。[168]低地-間の土地の特に狭い腰クライド湾フォース湾として知られている中央ベルト-などの人口のほとんどに平坦と自宅あるグラスゴー、スコットランド最大の都市、およびエディンバラ、その首都と政治の中心地ですが、高地と山岳地帯はサザンアップランズ内にあります

ウェールズは、英国の総面積の10分の1(9パーセント)未満を占め、20,779平方キロメートル(8,020平方マイル)をカバーしています。[169]ウェールズはほとんどが山岳地帯ですが、サウスウェールズウェールズミッドウェールズよりも山岳地帯ではありません。主な人口と工業地域は、カーディフスウォンジーニューポートの沿岸都市とその北にあるサウスウェールズバレーからなるサウスウェールズにあります。ウェールズで最も高い山はスノードニアにあり、スノードンウェールズYr Wyddfa)これは、1,085メートル(3,560フィート)で、ウェールズの最高峰です。[158]ウェールズには2,704キロメートル(1,680マイル)以上の海岸線があります。[161]いくつかの島々がウェールズ本土の沖にあり、その最大のものは北西部のアングルシー島YnysMôn)である。

北アイルランドは、アイリッシュ海ノース海峡によってイギリスから隔てられており、面積は14,160平方キロメートル(5,470平方マイル)で、ほとんどが丘陵地帯です。これには、388平方キロメートル(150平方マイル)のネイ湖が含まれ、面積でイギリス諸島で最大の湖です。[170]北アイルランドの最高峰はモーン山脈の852メートル(2,795フィート)にあるスリーブドナードです。[158]

英国にはケルト広葉樹林英国低地ブナ林北大西洋湿湿性混合林カレドン針葉樹林の4つの陸域エコリージョンがあります。[171]この国の2019年の森林景観保全指数の平均スコアは1.65 / 10であり、172か国中161位にランクされています。[172]

気候

英国のほとんどは温暖な気候で、一年中気温が低く、降雨量も豊富です。[157]気温は、季節によって変化し、-20 °C(-4  °Fを下回ったり、35°C(95°F)を上回ったりすることはめったにありません [173] [174]海岸から離れた、イングランド高地、ウェールズ、北アイルランド、およびスコットランドの大部分の一部の地域では、亜寒帯海洋性気候Cfc)が発生しています。スコットランドの高地では大陸性亜寒帯気候Dfc)が発生し、山岳地帯でツンドラ気候ET)が発生します。[175]卓越風は南西からのものであり、大西洋からの穏やかで雨の多い天候が頻繁に発生します[157]が、雨の大部分が西部に降り注ぐため、東部はほとんどこの風から保護されています。最も乾燥している。メキシコ湾流によって暖められた大西洋海流は、穏やかな冬をもたらします。[176]特に冬が湿っている西部では、高地ではさらにそうです。夏はイングランド南東部で最も暖かく、北部で最も涼しくなります。大雪は冬と春先に高地で発生する可能性があり、丘から離れた深いところに落ち着くことがあります。

英国は、環境パフォーマンス指数で180か国中4位にランクされています[177]英国の温室効果ガス排出量2050年までに正味ゼロになるという法律が可決された。[178]

政府と政治

エリザベス2世、1952年以来の君主
ボリス・ジョンソン、2019年から首相

イギリスは立憲君主制下の単一国家です。エリザベス2世女王は、英国君主であり元首であり、他の15の独立国でもあります。これらの16か国は、「英連邦王国と呼ばれることもあります。君主には「相談を受ける権利、励ます権利、警告する権利」があります。[179]英国憲法不文憲法であり、ほとんどの場合制定法、裁判官が作成した判例法、国際条約、および慣習を含む、さまざまな書面による情報源のコレクションで構成されています。[180]英国議会は、単純に渡すことで、「憲法改正」を行うことができ議会の行為を、ひいては変化に政治的な力を持っているか、憲法のほぼすべての書面または書き込まれていない要素を廃止します。議会は、将来の議会が変更できない法律を可決することはできません。[181]

Large sand-coloured building of Gothic design beside brown river and road bridge. The building has several large towers, including large clock tower.
ウェストミンスター宮殿、イギリスの議会の両院の座席
英国の政治システムの組織図

英国は議会 制民主主義であり、立憲君主制です。[182]イギリス議会主権者です。[183]これは、で構成されて下院上院クラウン[184]は議会の主な事業は、両院で行われ[184]が、王室の同意がなるための法案のために必要とされる議会の法(法律)。[185]

以下のために総選挙(下院選挙に)、UK 650に分割されている選挙区で表される各々は、議会のメンバー(MP)。[186] MPは最長5年間在任し、総選挙では常に再選される。[186]保守党労働党スコットランド国民党は、それぞれ、下院における(MPSの数によって)現在、第一、第二及び第三の最大の当事者です。[187]

首相は、ある政府の頭部イギリスで。[188]ほぼ全ての首相として役立った第一大蔵卿[189]と、すべての首相が連続し、1905年以来、第一大蔵卿を務めてきた[190] 市民サービスのための大臣1968年以来、[191]大臣のために2019年以来の連合[192] [193]現代では、首相は憲法上の慣習により、MPである。[194]首相は君主によって任命される[195]そして彼らの任命は、憲法上の慣習に準拠しています。[186]しかしながら、彼らは通常、庶民院で最も多くの議席を持つ政党のリーダーであり[196]、庶民院の信頼を指揮する能力のおかげで政権握っている。[194]

首相は(他の大臣と並んで)法定の機能を持っているだけでなく[197]、君主の主な顧問であり[198]政府に関連し国王大権の行使について君主に助言するためのものです。[194]特に、首相が任命推奨しています大臣[194]と椅子キャビネットを[199]

行政区画

イギリスのまたはシャーへの地理的分割は、中世初期にイギリスとスコットランドで始まり、近世までにイギリスとアイルランド全体で完了しました。[200]行政上の取り決めは、英国の形成に先立つことが多い起源で、英国の各国で別々に開発された。部分的に古代の郡に基づいた、選出された評議会による現代の地方政府は、別々に導入されました:1888年の法律でイングランドとウェールズ1889年の法律でスコットランド1898年の法律でアイルランド、つまり行政または地理的境界の一貫したシステムがありませんイギリス全土。[201] 19世紀まで、これらの取り決めにほとんど変更はありませんでしたが、それ以来、役割と機能は絶えず進化してきました。[202]

イギリス地方自治体の組織は複雑であり、機能の配分は地方の取り決めによって異なります。イングランドの上位の行政区画は9つの地域であり、現在は主に統計目的で使用されています。[203] 1つの地域、グレーターロンドンは、国民投票での提案に対する一般的な支持を受けて、2000年以来直接選出された議会と市長を持っている[204]他の地域にも独自に選出された地域議会が与えられることが意図されいたが、北東地域で提案された議会は2004年の国民投票によって却下された[205] 2011年以来、10の合同行政機構がイギリスに設立された。これらのうち8人が市長選出し、最初の選挙は2017年5月4日に行われました。 [206]地域階層の下では、イングランドの一部に郡議会と地区議会があり、その他の地域には統一当局がありますが、ロンドンは32のロンドン区で構成されています。ロンドン市。評議員はによって選出された最初過去ポスト単一部材病棟またはシステムによって多部材複数のシステム、マルチ部材病棟です。 [207]

以下のために地方政府の目的で、スコットランドに分かれて32の議会領域サイズと人口の両方で幅広いバリエーションで、。グラスゴー、エジンバラ、アバディーンダンディーの各都市は、スコットランドの3分の1の地域を含むが、人口が20万人をわずかに超えるハイランド評議会同様に、別々の評議会地域です。地方議会議員は選出された評議員で構成されており、そのうち1,223人がいます。[208]彼らはパートタイムの給料を支払われます。選挙は、3人または4人の評議員を選出する複数のメンバーからなる区で単記移譲式投票によって行われます。各評議会は、プロヴォストまたはコンビーナを選出します、評議会の会議の議長を務め、地域の代表として行動する。

ウェールズの地方自治体は22の単一自治体で構成されています。すべての単一自治体は、評議会自体によって選出された指導者と内閣によって率いられています。これらには、カーディフ、スウォンジー、ニューポートの各都市が含まれます。これらの都市は、それ自体が単一自治体です。[209]選挙は、単純小選挙区制の下で4年ごとに開催されます。[209]

北アイルランドの地方自治体は1973年以来、26の地方議会に組織されており、それぞれが単記移譲式投票によって選出されています。彼らの権限は、廃棄物の収集、犬の管理、公園や墓地の維持などのサービスに限定されています。[210] 2008年、行政は11の新しい評議会を創設し、現在のシステムを置き換える提案に合意した。[211]

権限委譲された政府

スコットランド、ウェールズ、北アイルランドはそれぞれ独自の持っている政府や執行を率いる、最初の大臣(または、北アイルランド、の場合はdiarchal 最初の大臣と副大臣最初)、および委譲 一院制議会。英国最大の国であるイングランドには、権限委譲された行政機関や立法府がなく、すべての問題について英国政府と議会によって直接管理および立法されています。この状況は、いわゆる西ロージアン問題を引き起こしました。これは、スコットランド、ウェールズ、北アイルランドの国会議員が、イングランドにのみ影響する問題について、時には決定的に投票できるという事実に関するものです[212][213]これに関する2013年のマッケイ委員会は、イングランドのみに影響を与える法律は、英国の国会議員の過半数からの支援を必要とするべきであると勧告した。 [214]

スコットランド政府議会は特にされていない事項にわたる幅広い権限持って予約を含め、英国議会に教育医療スコットランド法および地方政府を[215] 2012年、英国政府とスコットランド政府は、2014年のスコットランド独立に関するレファレンダムの条件を定めエディンバラ合意に署名しました。これは55.3%から44.7%に敗北し、その結果、スコットランドは英国の分断された部分のままになりました。 。[216]

英国アイルランド評議会は、英国政府、含み、アイルランド政府とスコットランド、ウェールズ、北アイルランドの政府を

ウェールズ政府Senedd(ウェールズ議会、ウェールズのための旧国会)[217]はスコットランドに委譲ものよりも制限された権限を持っています。[218]セネッドは、ウェールズ国民議会の法律を通じて、英国議会に特別に留保されていない事項について立法することができる

北アイルランドエグゼクティブ議会はスコットランドに委譲されたものと同様の権限を持っています。エグゼクティブが率いる二頭政治表す労働組合員国家主義議会のメンバーを。[219]北アイルランドへの権限委譲は、北アイルランド執行部がアイルランド政府と協力し、共同および共有の政策を策定する南北大臣評議会への北アイルランド政権の参加を条件としている。英国とアイルランドの政府は、英国とアイルランドの政府間会議を通じて、北アイルランドに影響を与える権限委譲されていない問題について協力しています。、これは、北アイルランド政権が活動しなくなった場合の責任を負います。[要出典]

英国には成文化された憲法がなく、憲法上の問題はスコットランド、ウェールズ、または北アイルランドに委譲された権力の中にはありません。したがって、議会主権の原則の下で、英国議会は理論上、スコットランド議会、ウェールズ議会、または北アイルランド議会を廃止することができます。[220] [221]実際、1972年に、英国議会は一方的に北アイルランド議会を非難し現代の権限委譲された機関に関連する前例を設定した。[222]実際には、国民投票の決定によって生み出された政治的塹壕を考えると、英国議会がスコットランド議会とセネッドへの委任を廃止することは政治的に難しいでしょう。[223]北アイルランドの権限委譲はアイルランド政府との国際協定に基づいていることを考えると、北アイルランドの権限委譲を妨害する英国議会の権限に課せられた政治的制約は、スコットランドやウェールズに比べてさらに大きい[224]

依存関係

英国には、英国自体の一部を形成しない17の領土(14の英国海外領土[31]と3つの王室属領)に対する主権があります[31] [227]

14の英国海外領土は大英帝国の名残です。彼らはアンギラです。バミューダ;英国の南極地域イギリス領インド洋地域英領バージン諸島ケイマン諸島;フォークランド諸島;ジブラルタル;モントセラト;セントヘレナ、アセンション、トリスタンダクーニャ;タークス・カイコス諸島ピトケアン諸島サウスジョージアおよびサウスサンドイッチ諸島;そしてアクロティリおよびデケリアの島でキプロス[228]南極での英国の主張は、国際的な認知が限られている。 [229]総称して、英国の海外領土は、およそ480,000平方海里(640,000平方マイル; 1,600,000 km 2)の土地面積を含み[230]、総人口は約250,000人です。 [231]海外領土はまた、英国に6,805,586 km 2(2,627,651平方マイル)の世界で5番目に大きい排他的経済水域を与えています。 [232] [より良い情報源が必要] 1999年の英国政府の白書「海外領土は、英国であり続けることを望む限り、英国である。英国は、要請された場合、喜んで独立を認めた。これがオプションである場合、我々はこれを継続する」と述べた。[233]民族自決はいくつかの海外領土の憲法にも祀られており、3つは英国の主権下にとどまることに特に投票している(1995年のバミューダ[234] 2002年のジブラルタル[235]2013年のフォークランド諸島)。[236]

クラウンの依存関係はの所有物です王冠英国の海外領土とは反対に、。[237] 彼らは、3つの独立して管理管轄区域構成するチャネル諸島ジャージーガーンジーイギリス海峡で、かつマン島アイリッシュ海では。相互の合意により、英国政府は島の外交と防衛を管理し、英国議会は島に代わって立法する権限を持っています。国際的には、「英国が責任を負う地域」と見なされています。[238]島々に影響を与える立法を可決する権限は、最終的には、国王(枢密院、またはマン島の場合は特定の状況では副知事)の同意を得て、それぞれの立法議会に委ねられます。[239] 2005年以来、各王室属領には首相が政府の長として就任している[240]

法と刑事司法

1706年の連合条約の第19条がスコットランドの別個の法制度の継続を規定しているため、英国には単一の法制度がありません[241]今日、英国には3つの異なる法体系があります英国法北アイルランド法スコットランド法です。貴族院の上訴委員会に代わる新しい英国最高裁判所が2009年10月に発足しました[242] [243]枢密院司法委員会最高裁判所と同じメンバーを含む、は、いくつかの独立した連邦諸国、イギリスの海外領土、および王室属領の最高控訴裁判所です[244]

イングランドおよびウェールズに適用される英国北アイルランド法どちらも、コモンローの原則に基づいています。[245]コモンローの本質は、制定法に従い、法は裁判所の裁判官によって開発され、制定法、判例および常識をそれらの前の事実に適用して、報告され、将来の同様のケースでの拘束力凝視決定)。[246]イングランドとウェールズの裁判所が率いるされ、イングランドとウェールズのシニア裁判所からなる、控訴裁判所高等法院(民事事件の場合)および刑事法院(刑事事件の場合)。最高裁判所は、イングランド、ウェールズ、北アイルランドの刑事訴訟と民事訴訟の両方で最高裁判所であり、それが下す決定は、同じ管轄内の他のすべての裁判所を拘束し、他の管轄で説得力のある効果をもたらすことがよくあります。[247]

スコットランド法は、両方の共通の法則に基づいてハイブリッドシステムである民事義理の原則。チーフ裁判所は、セッションの裁判所、民事事件について、[248]Justiciaryの高等裁判所刑事事件のために、。[249]英国最高裁判所は、スコットランド法に基づく民事訴訟の最高控訴裁判所としての役割を果たします。[250] 保安官裁判所は、保安官厳粛な裁判所として知られる陪審員、または保安官要約裁判所として知られる陪審員なしの陪審員による刑事裁判の実施を含む、ほとんどの民事および刑事事件を扱う。[251]スコットランドの法制度は、刑事裁判で3つの可能な評決下すという点で独特である有罪」、「無罪」および「証明されていない」。「無罪」および「証明されていない」の両方が無罪判決をもたらす。[252]

そのピーク以来、1995年から2015年までの記録犯罪の66%の全体的な下落があったものの、イングランドとウェールズにおける犯罪は、1981年から1995年の間の期間中に増加した[253]による犯罪統計イングランドとウェールズ刑務所人口は86,000人に増加し、イングランドとウェールズは西ヨーロッパで最高の投獄率である100,000人あたり148人になりました。[254] [255] 法務省に報告する、彼女の陛下の刑務所サービス、イングランドとウェールズ内のほとんどの刑務所を管理しています。イングランドとウェールズの殺人率は2010年代前半に安定しており、殺人率は10万人に1人程度で、2002年のピークの半分であり、1980年代の殺人率と同様です[256]。スコットランドの犯罪は2014年にわずかに減少しました。 2015年は39年間で最低レベルに達し、10万人あたり1.1人の殺人率で59人が殺害されました。スコットランドの刑務所は過密状態ですが、刑務所の人口は減少しています。[257]

外交関係

英国は、常任理事国連安全保障理事会のメンバーNATOAUKUS英連邦G7財務相G7のフォーラムG20OECDWTO欧州評議会およびOSCE[258]英国は米国特別な関係」を持ち、フランスと緊密なパートナーシップを結んでいると言われている-「英仏協商」-そして核兵器技術を両国と共有している。[259] [260]アングロポルトガル同盟は世界最古の結合軍事同盟であると考えられています。英国はアイルランド共和国とも密接に関連しています。両国は、共有し、共通の旅行エリアとを通じて協同英国、アイルランド政府間会議英国アイルランド協議会。英国の世界的な存在感と影響力は、その貿易関係、外国投資、政府開発援助、軍事的関与を通じてさらに増幅されています。 [261]カナダ、オーストラリア、ニュージーランドはすべて大英帝国のかつての植民地であり、世界で最も好意的に見られている国です。イギリス人[262] [263]

軍隊

女王陛下の軍は3つのプロフェッショナルなサービスブランチで構成されています:海軍海兵隊(形成海軍サービス)、英国陸軍空軍 [264]イギリスの軍隊は国防省によって管理され、国防大臣が議長を務める国防委員会によって管理されている最高司令官は、ある英国の君主軍のメンバーは忠誠の宣誓誰に、。 [265]軍隊は、英国とその海外領土を保護し、英国の世界的な安全保障上の利益を促進し、国際平和維持活動を支援する責任を負っています。彼らは連合緊急対応軍団5か防衛取極RIMPAC、その他の世界的な連立作戦など、NATOに積極的かつ定期的に参加しています。海外の駐屯地と施設は、アセンション島バーレーンベリーズブルネイカナダキプロスディエゴガルシアフォークランド諸島維持されていますドイツジブラルタルケニアオマーンカタールシンガポール[266] [267]

イギリス軍は、18世紀、19世紀、20世紀初頭に大英帝国支配的な世界大国として確立する上で重要な役割を果たしました紛争から勝利を収めることによって、英国はしばしば世界の出来事に決定的な影響を与えることができました大英帝国の終焉以来、英国は主要な軍事力であり続けています。終了後の冷戦、防衛政策は「最も厳しい操作は」連合の一環として行われることになると述べた前提を持っています。[268]

ストックホルム国際平和研究所国際戦略研究所などの情報筋によると、英国の軍事費は4番目または5番目に高いとのことです。総防衛費は国内総生産の2.0パーセントに達します。[269]

経済

概要

イングランド銀行-中央銀行イギリスの最も近代的な中央銀行がベースとされた上でのモデル

英国には部分的に規制された市場経済があります。[270]市場の為替レートに基づくと、英国は今日、世界で5番目に大きな経済であり、ドイツに次ぐヨーロッパで2番目に大きな経済です大蔵省が率いる大蔵省は、政府の財政政策と経済政策の策定と実行に責任を負っています。イングランド銀行は、英国のある中央銀行と国の通貨でノートやコインを発行する責任があり、英ポンド. Banks in Scotland and Northern Ireland retain the right to issue their own notes, subject to retaining enough Bank of England notes in reserve to cover their issue. The pound sterling is the world's fourth-largest reserve currency (after the US dollar, euro, and Japanese Yen).[271] Since 1997 the Bank of England's Monetary Policy Committee, headed by the Governor of the Bank of England, has been responsible for setting interest rates at the level necessary to achieve the overall inflation target for the economy that is set by the Chancellor each year.[272]

英国のサービス部門GDPの約79%を占めています。[273] ロンドンは世界最大の金融センターの1つであり、2020年のグローバル金融センター指数ニューヨーク市次ぐ世界第2位にランクされています。[274]ロンドンはヨーロッパで最大の都市GDPを持っています。[275]エジンバラは、2020年のグローバル金融センター指数で世界で17位、西ヨーロッパで6位にランクされています。[274]観光業 英国経済にとって非常に重要です。2004年には2700万人以上の観光客が訪れ、英国は世界で6番目の主要な観光地としてランク付けされており、ロンドンには世界のどの都市よりも多くの外国人観光客がいます。[276] [277]クリエイティブ産業が2005年にセントGVA当たり7を占め、1997年から2005年の間に年率パーセント6の平均で成長した[278]

英国が欧州連合から離脱した後、英国の内部経済市場の機能は、英国の4か国全体で商品やサービスの貿易が内部障壁なしに継続することを保証する英国内部市場法2020によって祀られています。[279] [280]

産業革命は、繊維産業上の初期濃度と英国で開始[281]のような他の重い産業続い造船、石炭採掘および製鋼[282] [283]イギリスの商人、荷送人、銀行家は他の国に比べて圧倒的な優位性を築き、19世紀にイギリスが国際貿易を支配することを可能にした。[284] [285]他の国々が工業化するにつれて、2回の世界大戦後の経済の衰退と相まって、英国は競争上の優位性を失い始め、重工業は20世紀を通じて段階的に衰退しました。製造業は依然として経済の重要な部分を占めていますが、2003年には国の生産量の16.7パーセントしか占めていませんでした。[286]

ジャガーXE
ジャガー車は英国で設計、開発、製造されています

自動車産業は£輸出(英国の総輸出品のパーセント11.8)の346億を生成し、£700億の2015年売上高は、周りの80万人を雇用しています。2015年、英国は約160万台の乗用車と94,500台の商用車を生産しました。英国はエンジン製造の主要な中心地です。2015年には約240万台のエンジンが製造されました。英国のモータースポーツ業界は約41,000人を雇用し、約4,500社で構成され、年間売上高は約60億ポンドです。[287]

英国航空宇宙産業は、測定方法に応じて世界で2番目または3番目に大きい全国航空宇宙産業であり、年間売上高は約300億ポンドです。[288]

Engines and wings for the Airbus A380 are manufactured in the UK.

BAE Systemsは、世界最大の防衛航空宇宙プロジェクトのいくつかで重要な役割を果たしています。英国では、同社は台風ユーロファイターの大部分を製造し、英国空軍のために航空機を組み立てています。また、世界最大の単一防衛プロジェクトであるF35ジョイントストライクファイターの主要な下請け業者でもあり、さまざまなコンポーネントを設計および製造しています。また、世界で最も成功したジェット練習機であるホークも製造しています。[289] エアバスUKは、A400mミリタリートランスポーター用の翼も製造しています。ロールスロイスは、世界で2番目に大きな航空エンジンメーカーです。そのエンジンは30種類以上の民間航空機であり、民間および防衛部門で30,000を超えるエンジンが使用されています。

英国の宇宙産業は2011年に91億ポンドの価値があり、29,000人を雇用しました。その傘下の組織である英国宇宙局によると、それは毎年7.5パーセントの割合で成長しています。2013年、英国政府はスカイロンプロジェクトに6,000万ポンドを約束しました。この投資は、SABREエンジンの本格的なプロトタイプを構築できるようにするための「重要な段階」でのサポートを提供します。

製薬業界は、英国経済に重要な役割を果たしており、国は世界の医薬品R&D支出の3番目に高いシェアを持っています。[290] [291]

農業は集中的で、高度に機械化されており、ヨーロッパの基準では効率的であり、食料需要の約60%を生み出し、労働力(535,000人)の1.6%未満です。[292]生産の約3分の2は家畜に、3分の1は耕作作物に充てられている。英国は重要な漁業を維持していますが、漁業は大幅に減少しています。また、石炭、石油、天然ガス、スズ、石灰岩、鉄鉱石、塩、粘土、チョーク、石膏、鉛、シリカ、豊富な耕作地など、多くの天然資源が豊富です。[293]

カナリーワーフは、英国の2つの主要な金融センターの1つです。

In the final quarter of 2008, the UK economy officially entered recession for the first time since 1991.[297] Following the likes of the United States, France and many major economies, in 2013, the UK lost its top AAA credit rating for the first time since 1978 with Moodys and Fitch credit agency, but, unlike the other major economies, retained its triple A rating with Standard & Poor's.[298][299] By the end of 2014, UK growth was the fastest in both the G7 and in Europe,[300][301] and by September 2015, the unemployment rate was down to a seven-year low of 5.3 per cent.[302]2020年、コロナウイルスの封鎖措置により、英国経済は過去最大の不況に見舞われ、4月から6月の間​​に今年の最初の3か月と比較して20.4%縮小し、11年ぶりに正式に景気後退に追い込まれました。 。[303]

英国の対外債務は9.6ドルで、米国に次ぐ世界第2位です。GDPに占める対外債務の割合は、408%であり、ルクセンブルクとアイスランドに次いで世界で3番目に高い水準です。[304] [305] [306] [307] [308]

科学技術

チャールズ・ダーウィン(1809–1882)、自然淘汰による進化は現代の生物科学の基礎です

イギリスとスコットランドは、17世紀から科学革命の中心でした[309]イギリスは、18世紀から産業革命を主導し[281]、重要な進歩を認められた科学者や技術者を生み出し続けてきました。[310]は、17と18世紀からの主要な理論家は、アイザック・ニュートン、その、運動の法則との照明重力現代科学の台形として見られているが、[311] 19世紀のチャールズ・ダーウィンから、自然淘汰による進化現代生物学の発展の基礎であり、古典電磁気理論を定式化したジェームズクラークマクスウェル。そして最近では、宇宙論量子重力ブラックホールの研究の分野で主要な理論を進歩させたスティーブンホーキング[312]

18世紀からの主な科学的発見には、ヘンリーキャベンディッシュによる水素含まます。[313] 20世紀からペニシリンによってアレクサンダー・フレミング[314]との構造DNAによって、フランシス・クリックなど。[315]産業革命の有名な英国のエンジニアと発明家には、ジェームズワットジョージスティーブンソンリチャードアークライトロバートスティーブンソンイザムバードキングダムブルネルが含まれます。[316]英国の人々による他の主要なエンジニアリングプロジェクトとアプリケーションには、リチャードトレビシックアンドリュービビアンによって開発され蒸気機関車が含まます。[317] 19世紀から電動モータによってマイケル・ファラデー最初のコンピュータによって設計チャールズ・バベッジ[318]最初の商用電信によってウィリアム・フォザーギル・クックチャールズ・ホイートストン[319]白熱電球によってジョセフスワン[ 320]アレクサンダーグラハムベルが特許を取得した最初の実用的な電話[321]と20世紀中で世界初の作業テレビシステムジョン・ロジー・ベアードなど、[322]ジェットエンジンによってフランクWhittleさんの基礎現代のコンピュータによってアラン・チューリング、そしてワールド・ワイド・ウェブによってティム・Berners-リー[323]

英国の大学では科学の研究開発が依然として重要であり、多くの大学が生産と産業界との協力を促進するためにサイエンスパーク設立しています。[324] 2004年から2008年の間に、英国は世界の科学研究論文の7%を作成し、科学的引用の8%のシェアを持ち、世界で3番目と2番目に高かった(それぞれ米国と中国に次ぐ)。[325]英国で作成された科学雑誌には、NatureBritish Medical JournalTheLancetなどがあります。[326]英国は、2019年の5位から、2020年グローバルイノベーションインデックスで4位にランクされました。[327][328] [329] [330]

輸送

ロンドンセントパンクラスインターナショナルは、英国で13番目に混雑する鉄道の終点です。この駅は、ロンドンの主要な国内および国際輸送ハブの1つであり、英国全土、パリ、リールブリュッセルへの通勤電車と高速鉄道の両方のサービスを提供しています

放射状の道路網は、合計29,145マイル(46,904 km)の幹線道路、2,173マイル(3,497 km)の高速道路、および213,750マイル(344,000 km)の舗装道路です。[157] M25ロンドンを囲むは、世界で最大かつ最も忙しいバイパスです。[331] 2009年、イギリスには合計3,400万台の認可車両があった。[332]

英国の鉄道網は、世界で最も古いそのような網です。このシステムは、ロンドンから全国に放射状に広がる5本の高速幹線(西海岸東海岸ミッドランドグレートウエスタングレートイースタン)で構成されており、主要な地域の鉄道路線と密集した通勤ネットワークによって補強されています。都市。High Speed 1は、ネットワークの他の部分から操作上分離されています。蒸気で走る世界初の旅客鉄道は、1825年9月27日に開通しストックトンアンドダーリントン鉄道でした。5年弱後、世界初の都市間鉄道はリバプールアンドマンチェスター鉄道でした。ジョージスティーブンソンによって設計され、1830年9月15日にウェリントン公爵の首相によって開かれました。ネットワークは、ビクトリア朝時代に文字通り何百もの別々の会社のパッチワークとして急速に成長しました[333] [334] [335] [336] [337] [338]

英国はで10072マイル(16209キロ)の鉄道網がある英国やで189マイル(304キロ)北アイルランドを。北アイルランドの鉄道は、国営のトランスリンクの子会社であるNI鉄道によって運営されています。英国では、1994年から1997年にかけて英国国鉄のネットワークが民営化され、その後、乗客数が急増しました。英国は、使用の強度、サービスの品質、および安全性を評価する2017 European Railway Performance Indexで、ヨーロッパの全国鉄道システムの中で8位にランクされました。[339] ネットワークレールは、ほとんどの固定資産(トラック、信号など)を所有および管理しています。HS2、新しい高速鉄道路線は、560億ポンドの費用がかかると推定されています。[340] ロンドンで建設中のクロスレールは、150億ポンドの予想費用を伴うヨーロッパ最大の建設プロジェクトです。[341] [342]

2009年10月から2010年9月までの1年間で、英国の空港は合計2億1140万人の乗客を処理しました。[343]その期間に、3つの最大の空港はロンドンヒースロー空港(6,560万人の乗客)、ガトウィック空港(3,150万人の乗客)およびロンドンスタンステッド空港(1,890万人の乗客)でした。[343]ロンドン・ヒースロー空港、首都の15マイル(24キロ)西に位置し、世界のどの空港のほとんどの国際旅客を持っている[344] [345]と英国のフラッグキャリアのためのハブであるブリティッシュ・エアウェイズ、などだけでなく、ヴァージンアトランティック[346]

エネルギー

スコットランドのアードロッサンを見下ろす風力タービン。英国はヨーロッパで風力エネルギーにとって最高の場所の1つであり、風力発電は最も急速に成長している供給源です。

2006年、英国は世界で9番目に大きなエネルギー消費者であり、15番目に大きな生産者でした。[347]英国には、6つの石油およびガス「スーパーメジャー」のうちの2つであるBPおよびロイヤルダッチシェルを含む、多くの大規模なエネルギー会社があります。[348] [349]

2013年、英国は1日あたり914千バレル(bbl / d)の石油を生産し、1,507千バレル/日を消費しました。[350] [351]生産量は現在減少しており、英国は2005年以来石油の純輸入国である。[352] 2010年、英国には約31億バレルの実証済み原油埋蔵量があり、これはEU加盟国の中で最大である。[352]

2009年、英国は世界で13番目に大きな天然ガス生産国であり、EUで最大の生産国でした。[353]生産は現在減少しており、英国は2004年以来天然ガスの純輸入国である。[353]

石炭生産は、19世紀と20世紀の英国経済において重要な役割を果たしました。 1970年代半ばには、年間1億3000万トンの石炭が生産され、1980年代初頭まで1億トンを下回っていませんでした。 1980年代から1990年代にかけて、業界は大幅に縮小されました。 2011年、英国は1,830万トンの石炭を生産しました。[354] 2005年には、1億7,100万トンの回収可能な石炭埋蔵量が証明された。[354] UK石炭当局は70億トン、160億を介して石炭のトンの間で生成する可能性があると述べている地下石炭ガス化(UCG)または「fracking」が[355]そして、現在の英国の石炭消費量に基づくと、そのような埋蔵量は200年から400年続く可能性があります。[356]地下水面に化学物質が侵入し、家屋に被害を与える小さな地震について、環境的および社会的懸念が提起されている。[357] [358]

1990年代後半、英国では原子力発電所が年間総発電量の約25%を占めていましたが、古い発電所が閉鎖され、老朽化に関連する問題が発電所の可用性に影響を与えるため、これは徐々に減少しています。2012年、英国には16基の原子炉があり、通常は電力の約19パーセントを発電しています。1基を除くすべての原子炉は2023年までに廃止される予定です。ドイツや日本とは異なり、英国は2018年頃から新世代の原子力発電所を建設する予定です。[359]

すべての再生可能エネルギー源の合計は、2019年の第3四半期に英国で生成された電力の38.9%を提供し、28.8TWhの電力を生成しました。[360]英国は、ヨーロッパで風力エネルギーにとって最高の場所の1つであり、風力発電は最も急速に成長している供給源であり、2019年には英国の総電力のほぼ20%を発電しました。[361]

給水と衛生

Access to improved water supply and sanitation in the UK is universal. It is estimated that 96.7 per cent of households are connected to the sewer network.[362] According to the Environment Agency, total water abstraction for public water supply in the UK was 16,406 megalitres per day in 2007.[363]

In England and Wales water and sewerage services are provided by 10 private regional water and sewerage companies and 13 mostly smaller private "water only" companies. In Scotland water and sewerage services are provided by a single public company, Scottish Water. In Northern Ireland water and sewerage services are also provided by a single public entity, Northern Ireland Water.[364]

Demographics

2011年の国勢調査時の英国の人口密度の地図

国勢調査は10年ごとに英国のすべての部分で同時に撮影しています。[365]2011年の国勢調査イギリスの総人口は63181775でした。[366]これは、ヨーロッパで4番目に大きく(ロシア、ドイツ、フランスに次ぐ)、連邦で5番目に大きく、世界で22番目に大きい。 2014年半ばと2015年半ばには、正味の長期的な国際移住が人口増加にさらに貢献しました。 2012年半ばと2013年半ばには、自然の変化が人口増加に最も貢献しました。[367] 2001年から2011年の間に、人口は平均年率約0.7パーセント増加した。[366]これは、1991年から2001年の期間の年間0.3パーセントおよび1981年から1991年の10年間の0.2パーセントと比較されます。[368] 2011年の国勢調査では、0〜14歳の人口の割合がほぼ半分(31パーセント)になったことも確認されました。 2011年の18人と比較して1911年には)、65歳以上の高齢者の割合は3倍以上になりました(5%から16%)。[366]

2011年のイギリスの人口は5300万人で、イギリス全体の約84%に相当します。[369]世界で最も人口密度の高い国のひとつであり、2015年半ばには1平方キロメートルあたり420人が居住し[367]、ロンドンと南東部に特に集中しています。[370] 2011年の国勢調査では、スコットランドの人口は530万人、[371]ウェールズは306万人、北アイルランドは181万人でした。[369]

2017年、英国全体の平均合計特殊出生率(TFR)は、女性1人あたり1.74人の子供が生まれました。[372]出生率の上昇は人口増加に貢献しているが、1964年ベビーブームのピークである女性1人あたり2.95人[373]、または1815年の女性1人あたりの出生数6.02人[374]を大幅に下回っている。交換率は2.1ですが、2001年の最低記録である1.63よりも高くなっています。[375] 2011年、英国での出生の47.3パーセントは未婚の女性によるものでした。[376]国家統計局2015年に、16歳以上の英国の人口のうち、1.7%がゲイ、レズビアン、またはバイセクシュアル(男性の2.0%、女性の1.5%)であると特定していることを示す速報を発表しました。回答者の4.5%が「その他」、「わからない」、または回答しなかった。[377] 2018年、英国の人口の年齢中央値は41.7歳でした。[378]


民族グループ

2011年の国勢調査によると、白人ではない人口の割合

歴史的に、先住民の英国人は、12世紀以前にそこに定住したさまざまな民族グループケルト人、ローマ人、アングロサクソン人、ノース人、ノルマン人の子孫であると考えられていましたウェールズの人々は、英国で最も古い民族グループである可能性があります。[382] 2006年の遺伝子研究は、イギリスの遺伝子プールの50パーセント以上がゲルマンY染色体を含んでいることを示しています[383]別の2005年の遺伝子分析は、「現代の英国人の追跡可能な祖先の約75%が、約6、200年前、英国の新石器時代または石器時代の初めまでに英国諸島に到着した」こと、および英国が広く共有していることを示しています。バスクの人々との共通の祖先[384] [385] [386] [更新が必要]

英国には非白人移民の歴史があり、リバプールはアフリカの奴隷貿易の期間中、少なくとも1730年代にさかのぼる国内で最も古い黒人人口を持っています。この期間中、イギリスのアフロカリブ海の人口は10,000から15,000人であったと推定されており[387]、奴隷制の廃止により後に減少した。[388] [389]英国にはヨーロッパで最も古い中国人コミュニティもあり、19世紀に中国人船員が到着したことにさかのぼります。[390] 1950年には、英国にはおそらく2万人未満の白人以外の居住者がおり、ほとんどすべてが海外で生まれた。[391]1951年には、南アジア、中国、アフリカ、カリブ海で生まれた推定94,500人が英国に住んでおり、英国の人口の0.2%弱でした。 1961年までに、この数は4倍以上の384,000になり、英国の人口の0.7%強になりました。[392]

1948年以来、アフリカからの実質的な移民、カリブ海と南アジアは大英帝国によって築かれた絆の遺産でした[393] 2004年以降の中央および東ヨーロッパの新しいEU加盟国からの移住は、これらの人口グループの増加をもたらしましたが、この移住の一部は一時的なものでした。[394] 1990年代以降、移民人口は大幅に多様化しており、英国への移民は以前の波よりもはるかに広い範囲の国から来ており、比較的少数の国からの移民が多く含まれる傾向があった。 。[395] [396] [397] 学者は、ethnicity categories employed in British national statistics, which were first introduced in the 1991 census, involve confusion between the concepts of ethnicity and race.[398][399] In 2011, 87.2 per cent of the UK population identified themselves as white, meaning 12.8 per cent of the UK population identify themselves as of one of number of ethnic minority groups.[400] In the 2001 census, this figure was 7.9 per cent of the UK population.[401]

イングランドとウェールズ、スコットランドと北アイルランドで使用されている国勢調査形式の表現が異なるため、その他の白人グループのデータは英国全体では利用できませんが、イングランドとウェールズでは、これが2001年と2011年の国勢調査、110万人(1.8パーセントポイント)増加。[402]英国レベルのすべての部分で比較可能なデータが利用できるグループの中で、その他のアジアのカテゴリーは2001年から2011年の間に人口の0.4パーセントから1.4パーセントに増加し、混合カテゴリーは1.2パーセントから2パーセント。[400]

民族グループ 人口(絶対) 人口(パーセント)
2001 [403] 2011 2011 [400]
白い 54,153,898

(92.14%)

55,010,359

(87.1%)

087.1 %
White: Gypsy / Traveller /
Irish Traveller[note 5]
63,193 000.1 %
Asian /
Asian British
Indian 1,053,411 1,451,862 002.3 %
Pakistani 747,285 1,174,983 001.9 %
Bangladeshi 283,063 451,529 000.7 %
Chinese 247,403 433,150 000.7 %
other Asian 247,664 861,815 001.4 %
Black / African / Caribbean /
Black British
1,148,738
 
1,904,684
[note 6]
003.0 %
 
mixed / multiple ethnic groups 677,117 1,250,229 002.0 %
other ethnic group 230,615 580,374 000.9 %
Total 58,789,194 63,182,178 100.0 %

Ethnic diversity varies significantly across the UK. 30.4 per cent of London's population and 37.4 per cent of Leicester's was estimated to be non-white in 2005,[406][407] whereas less than 5 per cent of the populations of North East England, Wales and the South West were from ethnic minorities, according to the 2001 census.[408] In 2016, 31.4 per cent of primary and 27.9 per cent of secondary pupils at state schools in England were members of an ethnic minority.[409] The 1991 census was the first UK census to have a question on ethnic group. In the 1991 UK census 94.1 per cent of people reported themselves as being White British, White Irish or White Other with 5.9 per cent of people reporting themselves as coming from other minority groups.[410]

Languages

The UK's de facto official language is English.[411][412] It is estimated that 95 per cent of the UK's population are monolingual English speakers.[413] 5.5 per cent of the population are estimated to speak languages brought to the UK as a result of relatively recent immigration.[413] South Asian languages are the largest grouping which includes Punjabi, Urdu, Bengali, Sylheti, Hindi and Gujarati.[414] According to the 2011 census, Polish has become the second-largest language spoken in England and has 546,000 speakers.[415] In 2019, some three quarters of a million people spoke little or no English.[416]

Three indigenous Celtic languages are spoken in the UK: Welsh, Irish and Scottish Gaelic. Cornish, which became extinct as a first language in the late 18th century, is subject to revival efforts and has a small group of second language speakers.[417][418][2][419] In the 2011 Census, approximately one-fifth (19 per cent) of the population of Wales said they could speak Welsh,[420][421] an increase from the 1991 Census (18 per cent).[422] In addition, it is estimated that about 200,000 Welsh speakers live in England.[423] In the same census in Northern Ireland 167,487 people (10.4 per cent) stated that they had "some knowledge of Irish" (see Irish language in Northern Ireland), almost exclusively in the nationalist (mainly Catholic) population. Over 92,000 people in Scotland (just under 2 per cent of the population) had some Gaelic language ability, including 72 per cent of those living in the Outer Hebrides.[424] The number of children being taught either Welsh or Scottish Gaelic is increasing.[425] Among emigrant-descended populations some Scottish Gaelic is still spoken in Canada (principally Nova Scotia and Cape Breton Island),[426] and Welsh in Patagonia, Argentina.[427]

Scots, a language descended from early northern Middle English, has limited recognition alongside its regional variant, Ulster Scots in Northern Ireland, without specific commitments to protection and promotion.[2][428]

It is compulsory for pupils to study a second language up to the age of 14 in England.[429] French and German are the two most commonly taught second languages in England and Scotland. All pupils in Wales are either taught Welsh as a second language up to age 16, or are taught in Welsh as a first language.[430]

Religion

Forms of Christianity have dominated religious life in what is now the United Kingdom for over 1,400 years.[431] Although a majority of citizens still identify with Christianity in many surveys, regular church attendance has fallen dramatically since the middle of the 20th century,[432] while immigration and demographic change have contributed to the growth of other faiths, most notably Islam.[433] This has led some commentators to variously describe the UK as a multi-faith,[434] secularised,[435] or post-Christian society.[436]

In the 2001 census 71.6 per cent of all respondents indicated that they were Christians, with the next largest faiths being Islam (2.8 per cent), Hinduism (1.0 per cent), Sikhism (0.6 per cent), Judaism (0.5 per cent), Buddhism (0.3 per cent) and all other religions (0.3 per cent).[437] 15 per cent of respondents stated that they had no religion, with a further 7 per cent not stating a religious preference.[438] A Tearfund survey in 2007 showed only one in 10 Britons actually attend church weekly.[439] Between the 2001 and 2011 census there was a decrease in the number of people who identified as Christian by 12 per cent, whilst the percentage of those reporting no religious affiliation doubled. This contrasted with growth in the other main religious group categories, with the number of Muslims increasing by the most substantial margin to a total of about 5 per cent.[7] The Muslim population has increased from 1.6 million in 2001 to 2.7 million in 2011, making it the second-largest religious group in the United Kingdom.[440]

In a 2016 survey conducted by BSA (British Social Attitudes) on religious affiliation; 53 per cent of respondents indicated 'no religion', while 41 per cent indicated they were Christians, followed by 6 per cent who affiliated with other religions (e.g. Islam, Hinduism, Judaism, etc.).[441] Among Christians, adherents to the Church of England constituted 15 per cent, Catholic Church 9 per cent, and other Christians (including Presbyterians, Methodists, other Protestants, as well as Eastern Orthodox), 17 per cent.[441] 71 per cent of young people aged 18––24 said they had no religion.[441]

The Church of England is the established church in England.[442] It retains a representation in the UK Parliament and the British monarch is its Supreme Governor.[443] In Scotland, the Church of Scotland is recognised as the national church. It is not subject to state control, and the British monarch is an ordinary member, required to swear an oath to "maintain and preserve the Protestant Religion and Presbyterian Church Government" upon his or her accession.[444][445] The Church in Wales was disestablished in 1920 and, as the Church of Ireland was disestablished in 1870 before the partition of Ireland, there is no established church in Northern Ireland.[446] Although there are no UK-wide data in the 2001 census on adherence to individual Christian denominations, it has been estimated that 62 per cent of Christians are Anglican, 13.5 per cent Catholic, 6 per cent Presbyterian, and 3.4 per cent Methodist, with small numbers of other Protestant denominations such as Plymouth Brethren, and Orthodox churches.[447]

Migration

Estimated foreign-born population by country of birth from April 2007 to March 2008

The United Kingdom has experienced successive waves of migration. The Great Famine in Ireland, then part of the United Kingdom, resulted in perhaps a million people migrating to Great Britain.[448] Throughout the 19th century a small population of 28,644 German immigrants built up in England and Wales. London held around half of this population, and other small communities existed in Manchester, Bradford and elsewhere. The German immigrant community was the largest group until 1891, when it became second to Russian Jews.[449] After 1881, Russian Jews suffered bitter persecutions and 2,000,000 left the Russian Empire by 1914. Around 120,000 settled permanently in Britain, becoming the largest ethnic minority from outside the British Isles;[450][451] this population had increased to 370,000 by 1938.[452][453][454] Unable to return to Poland at the end of World War II, over 120,000 Polish veterans remained in the UK permanently.[455] After the Second World War, many people immigrated from colonies and former-colonies in the Caribbean and Indian subcontinent, as a legacy of empire or driven by labour shortages.[456] In 1841, 0.25 per cent of the population of England and Wales was born in a foreign country, increasing to 1.5 per cent by 1901,[457] 2.6 per cent by 1931 and 4.4 per cent in 1951.[458]

In 2014 the immigration net increase was 318,000: Immigration was at 641,000, up from 526,000 in 2013, while the number of emigrants leaving for over a year was 323,000.[459] A recent migration trend has been the arrival of workers from the new EU member states in Eastern Europe, known as the A8 countries.[394] In 2011, citizens of new EU member states made up 13 per cent of immigrants.[460] The UK applied temporary restrictions to citizens of Romania and Bulgaria, which joined the EU in January 2007.[461] Research conducted by the Migration Policy Institute for the Equality and Human Rights Commission suggests that, between May 2004 and September 2009, 1.5 million workers migrated from the new EU member states to the UK, most of them Polish. Many subsequently returned home, resulting in a net increase in the number of nationals of the new member states in the UK.[462][463] The late-2000s recession in the UK reduced economic incentive for Poles to migrate to the UK,[464] making migration temporary and circular.[465] The proportion of foreign-born people in the UK remains slightly below that of many other European countries.[466]

Immigration is now contributing to a rising population,[467] with arrivals and UK-born children of migrants accounting for about half of the population increase between 1991 and 2001. 27 per cent of UK live births in 2014 were to mothers born outside the UK, according to official statistics released in 2015.[468] The ONS reported that net migration rose from 2009 to 2010 by 21 per cent to 239,000.[469]

In 2013, approximately 208,000 foreign nationals were naturalised as British citizens, the highest number since 1962. This figure fell to around 125,800 in 2014. Between 2009 and 2013, the average British citizenships granted annually was195,800. The most common previous nationalities of those naturalised in 2014 were India, Pakistan, the Philippines, Nigeria, Bangladesh, Nepal, China, South Africa, Poland and Somalia.[470] The total number of grants of settlement, which confer permanent residence in the UK but not citizenship,[471] was approximately 154,700 in 2013, higher than the previous two years.[470]

Year Foreign born population of England and Wales Total population
[458][472][457]
[473][474][475]
Irish born population Percentage of total population that was born abroad
1851 100,000 17,900,000 520,000 0.6
1861 150,000 20,100,000 600,000 0.7
1871 200,000 22,700,000 565,000 0.9
1881 275,000 26,000,000 560,000 1.1
1891 350,000 29,000,000 460,000 1.2
1901 475,000 32,500,000 425,000 1.5
1911 900,000 32,500,000 375,000 2.5
1921 750,000 37,900,000 365,000 2
1931 1,080,000 40,000,000 380,000 2.7
1951 1,875,000 43,700,000 470,000 4.3
1961 2,290,000 46,000,000 645,000 5.0
1971 3,100,000 48,700,000 585,000 6.4
1981 3,220,000 48,500,000 580,000 6.6
1991 3,625,000 49,900,000 570,000 7.3
2001 4,600,000 52,500,000 475,000 8.8
2011 7,500,000 56,000,000 400,000 13.4
Estimated number of British citizens living overseas by country in 2006

In 2008, the British Government introduced a points-based immigration system for immigration from outside the European Economic Area to replace former schemes, including the Scottish Government's Fresh Talent Initiative.[476] In June 2010 a temporary limit on immigration from outside the EU was introduced, aiming to discourage applications before a permanent cap was imposed in April 2011.[477]

Emigration was an important feature of British society in the 19th century. Between 1815 and 1930, around 11.4 million people emigrated from Britain and 7.3 million from Ireland. Estimates show that by the end of the 20th century, some 300 million people of British and Irish descent were permanently settled around the globe.[478] Today, at least 5.5 million UK-born people live abroad,[479][480][481] mainly in Australia, Spain, the United States and Canada.[479][482]

Education

Education in the United Kingdom is a devolved matter, with each country having a separate education system.

Considering the four systems together, about 38 per cent of the United Kingdom population has a university or college degree, which is the highest percentage in Europe, and among the highest percentages in the world.[483][484] The United Kingdom trails only the United States in terms of representation on lists of top 100 universities.[485][486][487][488]

A government commission's report in 2014 found that privately educated people comprise 7 per cent of the general population of the UK but much larger percentages of the top professions, the most extreme case quoted being 71 per cent of senior judges.[489][490]

In 2018, more than 57,000 children were being homeschooled in the United Kingdom.[491]

England

Christ Church, Oxford, is part of the University of Oxford, which traces its foundations back to c. 1096.

Whilst education in England is the responsibility of the Secretary of State for Education, the day-to-day administration and funding of state schools is the responsibility of local authorities.[492] Universally free of charge state education was introduced piecemeal between 1870 and 1944.[493][494] Education is now mandatory from ages 5 to 16, and in England youngsters must stay in education or training until they are 18.[495] In 2011, the Trends in International Mathematics and Science Study (TIMSS) rated 13–14-year-old pupils in England and Wales 10th in the world for maths and 9th for science.[496] The majority of children are educated in state-sector schools, a small proportion of which select on the grounds of academic ability. Two of the top 10 performing schools in terms of GCSE results in 2006 were state-run grammar schools. In 2010, over half of places at the University of Oxford and the University of Cambridge were taken by students from state schools,[497] while the proportion of children in England attending private schools is around 7 per cent, which rises to 18 per cent of those over 16.[498][499]

King's College (right) and Clare College (left), both part of the University of Cambridge, which was founded in 1209

Scotland

Education in Scotland is the responsibility of the Cabinet Secretary for Education and Lifelong Learning, with day-to-day administration and funding of state schools the responsibility of Local Authorities. Two non-departmental public bodies have key roles in Scottish education. The Scottish Qualifications Authority is responsible for the development, accreditation, assessment and certification of qualifications other than degrees which are delivered at secondary schools, post-secondary colleges of further education and other centres.[500] Learning and Teaching Scotland provides advice, resources and staff development to education professionals.[501] Scotland first legislated for compulsory education in 1496.[502] The proportion of children in Scotland attending private schools is just over 4 per cent in 2016, but it has been falling slowly in recent years.[503] Scottish students who attend Scottish universities pay neither tuition fees nor graduate endowment charges, as fees were abolished in 2001 and the graduate endowment scheme was abolished in 2008.[504]

Wales

The Welsh Government's Minister for Education has responsibility for education in Wales. A significant number of Welsh students are taught either wholly or largely in the Welsh language; lessons in Welsh are compulsory for all until the age of 16.[505] As part of the Welsh Government's long-term vision of achieving a million Welsh speakers in Wales by 2050, there are plans to increase the proportion of learners in each school year group receiving Welsh-medium education from 22 per cent in 2017 to 40 per cent by 2050.[506]

Northern Ireland

Education in Northern Ireland is the responsibility of the Minister of Education, although responsibility at a local level is administered by the Education Authority which is further sub-divided into five geographical areas. The Council for the Curriculum, Examinations & Assessment (CCEA) is the body responsible for advising the government on what should be taught in Northern Ireland's schools, monitoring standards and awarding qualifications.[507]

Health

Healthcare in the United Kingdom is a devolved matter and each country has its own system of private and publicly funded health care. Public healthcare is provided to all UK permanent residents and is mostly free at the point of need, being paid for from general taxation. The World Health Organization, in 2000, ranked the provision of healthcare in the United Kingdom as fifteenth best in Europe and eighteenth in the world.[508][509] Since 1979 expenditure on healthcare has been increased significantly.[510] The UK spends around 8.4 per cent of its gross domestic product on healthcare, which is 0.5 percentage points below the Organisation for Economic Co-operation and Development average.[511]

Regulatory bodies are organised on a UK-wide basis such as the General Medical Council, the Nursing and Midwifery Council and non-governmental-based, such as the Royal Colleges. Political and operational responsibility for healthcare lies with four national executives; healthcare in England is the responsibility of the UK Government; healthcare in Northern Ireland is the responsibility of the Northern Ireland Executive; healthcare in Scotland is the responsibility of the Scottish Government; and healthcare in Wales is the responsibility of the Welsh Government. Each National Health Service has different policies and priorities, resulting in contrasts.[512][513]

Culture

The culture of the United Kingdom has been influenced by many factors including: the nation's island status; its history as a western liberal democracy and a major power; as well as being a political union of four countries with each preserving elements of distinctive traditions, customs and symbolism. As a result of the British Empire, British influence can be observed in the language, culture and legal systems of many of its former colonies including Australia, Canada, India, Ireland, New Zealand, Pakistan, South Africa and the United States; a common culture coined today as the Anglosphere. The substantial cultural influence of the United Kingdom has led it to be described as a "cultural superpower".[140][141] A global opinion poll for the BBC saw the United Kingdom ranked the third most positively viewed nation in the world (behind Germany and Canada) in 2013 and 2014.[514][515]

Literature

The Chandos portrait, believed to depict William Shakespeare

"British literature" refers to literature associated with the United Kingdom, the Isle of Man and the Channel Islands. Most British literature is in the English language. In 2005, some 206,000 books were published in the United Kingdom and in 2006 it was the largest publisher of books in the world.[516]

The English playwright and poet William Shakespeare is widely regarded as the greatest dramatist of all time.[517][518][519] The 20th-century English crime writer Agatha Christie is the best-selling novelist of all time.[520]

Eight of the top 10 of 100 novels by British writers chosen by a BBC poll of global critics were written by women; these included works by George Eliot, Virginia Woolf, Charlotte and Emily Bronte, and Mary Shelley.[521]

A photograph of Victorian-era novelist Charles Dickens

Scotland's contributions include the detective writer Arthur Conan Doyle (the creator of Sherlock Holmes), romantic literature by Sir Walter Scott, the children's writer J. M. Barrie, the epic adventures of Robert Louis Stevenson and the celebrated poet Robert Burns. More recently the modernist and nationalist Hugh MacDiarmid and Neil M. Gunn contributed to the Scottish Renaissance. A more grim outlook is found in Ian Rankin's stories and the psychological horror-comedy of Iain Banks. Scotland's capital, Edinburgh, was UNESCO's first worldwide City of Literature.[522]

Britain's oldest known poem, Y Gododdin, was composed in Yr Hen Ogledd (The Old North), most likely in the late 6th century. It was written in Cumbric or Old Welsh and contains the earliest known reference to King Arthur.[523] From around the 7th century, the connection between Wales and the Old North was lost, and the focus of Welsh-language culture shifted to Wales, where Arthurian legend was further developed by Geoffrey of Monmouth.[524] Wales's most celebrated medieval poet, Dafydd ap Gwilym (fl. 1320–1370), composed poetry on themes including nature, religion and especially love. He is widely regarded as one of the greatest European poets of his age.[525] Until the late 19th century the majority of Welsh literature was in Welsh and much of the prose was religious in character. Daniel Owen is credited as the first Welsh-language novelist, publishing Rhys Lewis in 1885. The best-known of the Anglo-Welsh poets are both Thomases. Dylan Thomas became famous on both sides of the Atlantic in the mid-20th century. He is remembered for his poetry – his "Do not go gentle into that good night; Rage, rage against the dying of the light" is one of the most quoted couplets of English language verse – and for his "play for voices", Under Milk Wood. The influential Church in Wales "poet-priest" and Welsh nationalist R. S. Thomas was nominated for the Nobel Prize in Literature in 1996. Leading Welsh novelists of the twentieth century include Richard Llewellyn and Kate Roberts.[526][527]

There have been a number of authors whose origins were from outside the United Kingdom but who moved to the UK and became British. These include Joseph Conrad,[528] T. S. Eliot,[529] Kazuo Ishiguro[530] and Sir Salman Rushdie.[531] Others have chosen to live and work in the UK without taking up British citizenship, such as Ezra Pound.[532][533] Historically, a number of Irish writers, living at a time when all of Ireland was part of the United Kingdom, also spent much of their working lives in England. These include Oscar Wilde,[534][535] Bram Stoker[536] and George Bernard Shaw.[537][538]

Music

The Beatles are the most commercially successful and critically acclaimed band in popular music, selling over a billion records.[539][540][541]

Various styles of music are popular in the UK, including the indigenous folk music of England, Wales, Scotland and Northern Ireland. Notable composers of classical music from the United Kingdom and the countries that preceded it include William Byrd, Henry Purcell, Sir Edward Elgar, Gustav Holst, Sir Arthur Sullivan (most famous for working with the librettist Sir W. S. Gilbert), Ralph Vaughan Williams and Benjamin Britten, pioneer of modern British opera. Sir Harrison Birtwistle is one of the foremost living composers. The UK is also home to world-renowned symphonic orchestras and choruses such as the BBC Symphony Orchestra and the London Symphony Chorus. Notable conductors include Sir Simon Rattle, Sir John Barbirolli and Sir Malcolm Sargent. Some of the notable film score composers include John Barry, Clint Mansell, Mike Oldfield, John Powell, Craig Armstrong, David Arnold, John Murphy, Monty Norman and Harry Gregson-Williams. George Frideric Handel became a naturalised British citizen and wrote the British coronation anthem, while some of his best works, such as Messiah, were written in the English language.[542][543] Andrew Lloyd Webber is a prolific composer of musical theatre. His works have dominated London's West End since the late 20th century and have also been a commercial success worldwide.[544]

According to the website of The New Grove Dictionary of Music and Musicians, the term "pop music" originated in Britain in the mid-1950s to describe rock and roll's fusion with the "new youth music".[545] The Oxford Dictionary of Music states that artists such as The Beatles and The Rolling Stones drove pop music to the forefront of popular music in the early 1960s.[546] In the following years, Britain widely occupied a part in the development of rock music, with British acts pioneering hard rock;[547] raga rock;[548][incomplete short citation] art rock;[549][incomplete short citation] heavy metal;[550] space rock; glam rock;[551] new wave;[citation needed] Gothic rock,[552] and ska punk. In addition, British acts developed progressive rock;[553][incomplete short citation] psychedelic rock;[554] and punk rock.[555] Besides rock music, British acts also developed neo soul and created dubstep.[556][557][558]

The Beatles have international sales of over 1 billion units and are the biggest-selling and most influential band in the history of popular music.[539][540][541][559] Other prominent British contributors to have influenced popular music over the last 50 years include The Rolling Stones, Pink Floyd, Queen, Led Zeppelin, the Bee Gees, and Elton John, all of whom have worldwide record sales of 200 million or more.[560][561][562][563][564][565] The Brit Awards are the BPI's annual music awards, and some of the British recipients of the Outstanding Contribution to Music award include; The Who, David Bowie, Eric Clapton, Rod Stewart, The Police, and Fleetwood Mac (who are a British-American band).[566] More recent UK music acts that have had international success include George Michael, Oasis, Spice Girls, Radiohead, Coldplay, Arctic Monkeys, Robbie Williams, Amy Winehouse, Adele, Ed Sheeran, One Direction and Harry Styles.[567][568][569][570]

A number of UK cities are known for their music. Acts from Liverpool have had 54 UK chart number 1 hit singles, more per capita than any other city worldwide.[571] Glasgow's contribution to music was recognised in 2008 when it was named a UNESCO City of Music, one of only three cities in the world to have this honour.[572] Manchester played a role in the spread of dance music such as acid house, and from the mid-1990s, Britpop. London and Bristol are closely associated with the origins of electronic music sub-genres such as drum and bass and trip hop.[573]

Pop remains the most popular music genre in the UK, with 33.4 per cent of unit sales in 2016, followed by hip-hop and R&B at 24.5 per cent of unit sales.[574] Rock is not far behind, at 22.6 per cent of unit sales.[574] The modern UK is known to produce some of the most prominent English-speaking rappers along with the United States, including Stormzy, Kano, Yxng Bane, Ramz and Skepta.[575]

Visual art

J. M. W. Turner self-portrait, oil on canvas, c. 1799

The history of British visual art forms part of western art history. Major British artists include: the Romantics William Blake, John Constable, Samuel Palmer and J.M.W. Turner; the portrait painters Sir Joshua Reynolds and Lucian Freud; the landscape artists Thomas Gainsborough and L. S. Lowry; the pioneer of the Arts and Crafts Movement William Morris; the figurative painter Francis Bacon; the Pop artists Peter Blake, Richard Hamilton and David Hockney; the pioneers of Conceptual art movement Art & Language;[576] the collaborative duo Gilbert and George; the abstract artist Howard Hodgkin; and the sculptors Antony Gormley, Anish Kapoor and Henry Moore. During the late 1980s and 1990s the Saatchi Gallery in London helped to bring to public attention a group of multi-genre artists who would become known as the "Young British Artists": Damien Hirst, Chris Ofili, Rachel Whiteread, Tracey Emin, Mark Wallinger, Steve McQueen, Sam Taylor-Wood and the Chapman Brothers are among the better-known members of this loosely affiliated movement.

The Royal Academy in London is a key organisation for the promotion of the visual arts in the United Kingdom. Major schools of art in the UK include: the six-school University of the Arts London, which includes the Central Saint Martins College of Art and Design and Chelsea College of Art and Design; Goldsmiths, University of London; the Slade School of Fine Art (part of University College London); the Glasgow School of Art; the Royal College of Art; and The Ruskin School of Drawing and Fine Art (part of the University of Oxford). The Courtauld Institute of Art is a leading centre for the teaching of the history of art. Important art galleries in the United Kingdom include the National Gallery, National Portrait Gallery, Tate Britain and Tate Modern (the most-visited modern art gallery in the world, with around 4.7 million visitors per year).[577]

Cinema

Alfred Hitchcock has been ranked as one of the greatest and most influential British filmmakers of all time.[578]

The United Kingdom has had a considerable influence on the history of the cinema. The British directors Alfred Hitchcock, whose film Vertigo is considered by some critics as the best film of all time,[579] and David Lean are among the most critically acclaimed of all time.[580] Many British actors have achieved international fame and critical success. Some of the most commercially successful films of all time have been produced in the United Kingdom, including two of the highest-grossing film franchises (Harry Potter and James Bond).[581] Ealing Studios has a claim to being the oldest continuously working film studio in the world.[582]

In 2009, British films grossed around $2 billion worldwide and achieved a market share of around 7 per cent globally and 17 per cent in the United Kingdom.[583] UK box-office takings totalled £944 million in 2009, with around 173 million admissions.[583] The annual British Academy Film Awards are hosted by the British Academy of Film and Television Arts.[584]

Cuisine

British cuisine developed from various influences reflective of its land, settlements, arrivals of new settlers and immigrants, trade and colonialism. Celtic agriculture and animal breeding produced a wide variety of foodstuffs for indigenous Celts and Britons. Anglo-Saxon England developed meat and savoury herb stewing techniques before the practice became common in Europe. The Norman conquest introduced exotic spices into England in the Middle Ages.[585] The British Empire facilitated a knowledge of Indian cuisine with its "strong, penetrating spices and herbs". British cuisine has absorbed the cultural influence of those who have settled in Britain, producing many hybrid dishes, such as the Anglo-Indian chicken tikka masala.[586][587]

Media

Broadcasting House in London, headquarters of the BBC, the oldest and largest broadcaster in the world[588][589][590]

The BBC, founded in 1922, is the UK's publicly funded radio, television and Internet broadcasting corporation, and is the oldest and largest broadcaster in the world.[588][589][590] It operates numerous television and radio stations in the UK and abroad and its domestic services are funded by the television licence.[591][592] Other major players in the UK media include ITV plc, which operates 11 of the 15 regional television broadcasters that make up the ITV Network,[593] and News Corporation, which owns a number of national newspapers through News International such as the most popular tabloid The Sun and the longest-established daily "broadsheet" The Times,[594] as well as holding a large stake in satellite broadcaster British Sky Broadcasting until 2018.[595][596] London dominates the media sector in the UK: national newspapers and television and radio are largely based there, although Manchester is also a significant national media centre. Edinburgh and Glasgow, and Cardiff, are important centres of newspaper and broadcasting production in Scotland and Wales, respectively.[597] The UK publishing sector, including books, directories and databases, journals, magazines and business media, newspapers and news agencies, has a combined turnover of around £20 billion and employs around 167,000 people.[598]

In 2009, it was estimated that individuals viewed a mean of 3.75 hours of television per day and 2.81 hours of radio. In that year the main BBC public service broadcasting channels accounted for an estimated 28.4 per cent of all television viewing; the three main independent channels accounted for 29.5 per cent and the increasingly important other satellite and digital channels for the remaining 42.1 per cent.[599] Sales of newspapers have fallen since the 1970s and in 2010 41 per cent of people reported reading a daily national newspaper.[600] In 2010, 82.5 per cent of the UK population were Internet users, the highest proportion amongst the 20 countries with the largest total number of users in that year.[601]

Philosophy

The United Kingdom is famous for the tradition of 'British Empiricism', a branch of the philosophy of knowledge that states that only knowledge verified by experience is valid, and 'Scottish Philosophy', sometimes referred to as the 'Scottish School of Common Sense'.[602] The most famous philosophers of British Empiricism are John Locke, George Berkeley[note 7] and David Hume; while Dugald Stewart, Thomas Reid and William Hamilton were major exponents of the Scottish "common sense" school. Two Britons are also notable for the ethical theory of utilitarianism, a moral philosophy first used by Jeremy Bentham and later by John Stuart Mill in his short work Utilitarianism.[603][604]

Sport

Association football, tennis, table tennis, badminton, rugby union, rugby league, rugby sevens, golf, boxing, netball, water polo, field hockey, billiards, darts, rowing, rounders and cricket originated or were substantially developed in the UK, with the rules and codes of many modern sports invented and codified in the late 19th century Victorian Britain. In 2012, the President of the IOC, Jacques Rogge, stated, "This great, sports-loving country is widely recognised as the birthplace of modern sport. It was here that the concepts of sportsmanship and fair play were first codified into clear rules and regulations. It was here that sport was included as an educational tool in the school curriculum".[606][607]

A 2003 poll found that football is the most popular sport in the United Kingdom.[608] England is recognised by FIFA as the birthplace of club football, and The Football Association is the oldest of its kind, with the rules of football first drafted in 1863 by Ebenezer Cobb Morley.[609][610] Each of the Home Nations has its own football association, national team and league system and individually are the governing members of the International Football Association Board alongside FIFA. The English top division, the Premier League, is the most watched football league in the world.[611] The first international football match was contested by England and Scotland on 30 November 1872.[612] England, Scotland, Wales and Northern Ireland usually compete as separate countries in international competitions.[613]

In 2003, rugby union was ranked the second most popular sport in the UK.[608] The sport was created in Rugby School, Warwickshire, and the first rugby international took place on 27 March 1871 between England and Scotland.[614][615] England, Scotland, Wales, Ireland, France and Italy compete in the Six Nations Championship; the premier international tournament in the northern hemisphere. Sport governing bodies in England, Scotland, Wales and Ireland organise and regulate the game separately.[616] Every four years, England, Ireland, Scotland and Wales make a combined team known as the British and Irish Lions. The team tours Australia, New Zealand and South Africa.

Cricket was invented in England, and its laws were established by the Marylebone Cricket Club in 1788.[617] The England cricket team, controlled by the England and Wales Cricket Board,[618] and the Irish cricket team, controlled by Cricket Ireland are the only national teams in the UK with Test status. Team members are drawn from the main county sides, and include both English and Welsh players. Cricket is distinct from football and rugby where Wales and England field separate national teams, although Wales had fielded its own team in the past. Irish and Scottish players have played for England because neither Scotland nor Ireland have Test status and have only recently started to play in One Day Internationals.[619][620] Scotland, England (and Wales), and Ireland (including Northern Ireland) have competed at the Cricket World Cup, with England winning the tournament in 2019. There is a professional league championship in which clubs representing 17 English counties and 1 Welsh county compete.[621]

Wimbledon, the oldest Grand Slam tennis tournament, is held in Wimbledon, London every June and July.

The modern game of tennis originated in Birmingham, England, in the 1860s, before spreading around the world.[622] The world's oldest tennis tournament, the Wimbledon championships, first occurred in 1877, and today the event takes place over two weeks in late June and early July.[623]

The UK is closely associated with motorsport. Many teams and drivers in Formula One (F1) are based in the UK, and the country has won more drivers' and constructors' titles than any other. The UK hosted the first F1 Grand Prix in 1950 at Silverstone, the location of the British Grand Prix held each year in July.[624]

St Andrews, Scotland, the home of golf. The standard 18 hole golf course was created at St Andrews in 1764.[625]

Golf is the sixth most popular sport, by participation, in the UK. Although The Royal and Ancient Golf Club of St Andrews in Scotland is the sport's home course,[626] the world's oldest golf course is actually Musselburgh Links' Old Golf Course.[627] In 1764, the standard 18-hole golf course was created at St Andrews when members modified the course from 22 to 18 holes.[625] The oldest golf tournament in the world, and the first major championship in golf, The Open Championship, is played annually on the weekend of the third Friday in July.[628]

Rugby league originated in Huddersfield, West Yorkshire in 1895 and is generally played in Northern England.[629] A single 'Great Britain Lions' team had competed in the Rugby League World Cup and Test match games, but this changed in 2008 when England, Scotland and Ireland competed as separate nations.[630] Great Britain is still retained as the full national team. Super League is the highest level of professional rugby league in the UK and Europe. It consists of 11 teams from Northern England, and one each from London, Wales and France.[631]

The 'Queensberry rules', the code of general rules in boxing, was named after John Douglas, 9th Marquess of Queensberry in 1867, and formed the basis of modern boxing.[632] Snooker is another of the UK's popular sporting exports, with the world championships held annually in Sheffield.[633] In Northern Ireland, Gaelic football and hurling are popular team sports, both in terms of participation and spectating. Irish expatriates in the UK and the US also play them.[634] Shinty (or camanachd) is popular in the Scottish Highlands.[635] Highland games are held in spring and summer in Scotland, celebrating Scottish and celtic culture and heritage, especially that of the Scottish Highlands.[636]

Symbols

The Statue of Britannia in Plymouth. Britannia is a national personification of the UK.

The flag of the United Kingdom is the Union Flag (also referred to as the Union Jack). It was created in 1606 by the superimposition of the Flag of England on the Flag of Scotland and updated in 1801 with the addition of Saint Patrick's Flag. Wales is not represented in the Union Flag, as Wales had been conquered and annexed to England prior to the formation of the United Kingdom. The possibility of redesigning the Union Flag to include representation of Wales has not been completely ruled out.[637] The national anthem of the United Kingdom is "God Save the Queen", with "Queen" replaced with "King" in the lyrics whenever the monarch is a man.

Britannia is a national personification of the United Kingdom, originating from Roman Britain.[638] Britannia is symbolised as a young woman with brown or golden hair, wearing a Corinthian helmet and white robes. She holds Poseidon's three-pronged trident and a shield, bearing the Union Flag.

Beside the lion and the unicorn and the dragon of heraldry, the bulldog is an iconic animal and commonly represented with the Union Jack. It has been associated with Winston Churchill's defiance of Nazi Germany.[639] A now rare personification is the character John Bull.

See also

Notes

  1. ^ There is no authorised version of the national anthem as the words are a matter of tradition; only the first verse is usually sung.[1] No statute has been enacted designating "God Save the Queen" as the official anthem. In the English tradition, such laws are not necessary; proclamation and usage are sufficient to make it the national anthem. "God Save the Queen" also serves as the Royal anthem for certain Commonwealth realms. The words Queen, she, her, used at present (in the reign of Elizabeth II), are replaced by King, he, him, his when the monarch is male.
  2. ^ The coat of arms on the left is used in England, Northern Ireland, and Wales; the version on the right is used in Scotland.
  3. ^ Scots, Ulster Scots, Welsh, Cornish, Scottish Gaelic and Irish are classed as regional or minority languages under the Council of Europe's European Charter for Regional or Minority Languages.[2] These include defined obligations to promote those languages.[3][4][5] See also Languages of the United Kingdom. Welsh has limited de jure official status in Wales, as well as in the provision of national government services provided for Wales.
  4. ^ "This category could include Polish responses from the country specific question for Scotland which would have been outputted to 'Other White' and then included under 'White' for UK. 'White Africans' may also have been recorded under 'Other White' and then included under 'White' for UK."
  5. ^ Although the United Kingdom has traditionally been seen as a unitary state, an alternative description of the UK as a "union state", put forward by, among others, Vernon Bogdanor,[8] has become increasingly influential since the adoption of devolution in the 1990s.[9] A union state is considered to differ from a unitary state in that while it maintains a central authority it also recognises the authority of historic rights and infrastructures of its component parts.[10][11]
  6. ^ Some of the devolved countries, Crown dependencies and British Overseas Territories issue their own sterling banknotes or currencies, or use another nation's currency. See List of British currencies for more information
  7. ^ Also in observed by the Crown dependencies, and in the two British Overseas Territories of Gibraltar and Saint Helena, Ascension and Tristan da Cunha (though in the latter, without daylight saving time). For further information, see Time in the United Kingdom#British territories.
  8. ^ Except two overseas territories: Gibraltar and the British Indian Ocean Territory.
  9. ^ Excludes most overseas territories.
  10. ^ The .gb domain is also reserved for the UK, but has been little used.
  1. ^ Usage is mixed. The Guardian and Telegraph use Britain as a synonym for the United Kingdom. Some prefer to use Britain as shorthand for Great Britain. The British Cabinet Office's Government Digital Service style guide for use on gov.uk recommends: "Use UK and United Kingdom in preference to Britain and British (UK business, UK foreign policy, ambassador and high commissioner). But British embassy, not UK embassy."
  2. ^ The United Kingdom does not have a codified constitution but an unwritten one formed of Acts of Parliament, court judgments, traditions, and conventions.What is the UK Constitution?, The Constitution Unit of UCL, 9 August 2018, retrieved 6 February 2020
  3. ^ The 1921 Anglo-Irish Treaty resolved the Irish War of Independence. When it took effect one year later, it established the Irish Free State as a separate dominion within the Commonwealth of Nations. In 1927 the Royal and Parliamentary Titles Act 1927 changed the name of the UK to reflect this.
  4. ^ Compare to section 1 of both of the 1800 Acts of Union which reads: the Kingdoms of Great Britain and Ireland shall...be united into one Kingdom, by the Name of "The United Kingdom of Great Britain and Ireland"
  5. ^ The 2011 Census recorded Gypsies/Travellers as a separate ethnic group for the first time.
  6. ^ In the 2011 Census, for the purpose of harmonising results to make them comparable across the UK, the ONS includes individuals in Scotland who classified themselves in the "African" category (29,638 people), which in the Scottish version of the census is separate from "Caribbean or Black" (6,540 people),[404] in this "Black or Black British" category. The ONS note that "the African categories used in Scotland could potentially capture White/Asian/Other African in addition to Black identities".[405]
  7. ^ Berkeley is in fact Irish but was called a 'British empiricist' due to the territory of what is now known as the Republic of Ireland being in the UK at the time

References

  1. ^ "National Anthem". Official web site of the British Royal Family. 15 January 2016. Retrieved 4 June 2016.
  2. ^ a b c "List of declarations made with respect to treaty No. 148". Council of Europe. Retrieved 12 December 2013.
  3. ^ "Welsh language on GOV.UK – Content design: planning, writing and managing content – Guidance". www.gov.uk. Retrieved 3 August 2018.
  4. ^ "Welsh language scheme". GOV.UK. Retrieved 3 August 2018.
  5. ^ "Welsh language scheme". GOV.UK. Retrieved 3 August 2018.
  6. ^ "UNdata | record view | Population by religion, sex and urban/rural residence". data.un.org. Retrieved 13 October 2018.
  7. ^ a b Philby, Charlotte (12 December 2012). "Less religious and more ethnically diverse: Census reveals a picture of Britain today". The Independent. London.
  8. ^ Bradbury, Jonathan (2021). Constitutional Policy and Territorial Politics in the UK: Volume 1: Union and Devolution 1997-2012. Policy Press. pp. 19–20. ISBN 978-1-5292-0588-6.
  9. ^ Leith, Murray Stewart (2012). Political Discourse and National Identity in Scotland. Edinburgh University Press. p. 39. ISBN 978-0-7486-8862-3.
  10. ^ Gagnon, Alain-G.; Tully, James (2001). Multinational Democracies. Cambridge University Press. p. 47. ISBN 978-0-521-80473-8.
  11. ^ Bogdanor, Vernon (1998). "Devolution: the Constitutional Aspects". In Beatson, Jack (ed.). Constitutional Reform in the United Kingdom: Practice and Principles. Oxford: Hart Publishing. p. 18. ISBN 978-1-901362-84-8.
  12. ^ Demographic Yearbook – Table 3: Population by sex, rate of population increase, surface area and density (PDF) (Report). United Nations Statistics Division. 2012. Retrieved 9 August 2015.
  13. ^ "Surface water and surface water change". Organisation for Economic Co-operation and Development (OECD). Retrieved 11 October 2020.
  14. ^ "World Population Prospects - Population Division - United Nations". population.un.org. Retrieved 31 March 2020.
  15. ^ "2011 UK censuses". Office for National Statistics. Retrieved 17 December 2012.
  16. ^ a b c d "World Economic Outlook database: April 2021". International Monetary Fund. October 2021.
  17. ^ "Inequality - Income inequality". us.oecd.org. OECD. Retrieved 25 July 2021.
  18. ^ "Human Development Report 2020" (PDF). United Nations Development Programme. 15 December 2020. Retrieved 15 December 2020.
  19. ^ "Great Britain | island, Europe". Encyclopedia Britannica.
  20. ^ United Kingdom Permanent Committee on Geographical Names (May 2017). "Toponymic guidelines for the United Kingdom". GOV.UK. 10.2 Definitions. usually shortened to United Kingdom ... The abbreviation is UK or U.K.
  21. ^ "Definition of Great Britain in English". Oxford University Press. Retrieved 29 October 2014. Great Britain is the name for the island that comprises England, Scotland and Wales, although the term is also used loosely to refer to the United Kingdom.
  22. ^ The British Monarchy, "What is constitutional monarchy?". Retrieved 17 July 2013
  23. ^ "United Kingdom" CIA The World Factbook]. Retrieved 17 July 2013
  24. ^ "Queen takes over longest reign mantle after Thailand's King Bhumibol dies". AOL (UK). Press Association. 13 October 2016. Retrieved 13 October 2016.
  25. ^ The 30 Largest Urban Agglomerations Ranked by Population Size at Each Point in Time, 1950–2030, World Urbanization Prospects, the 2014 revision Archived 18 February 2015 at the Wayback Machine, Population Division of the United Nations Department of Economic and Social Affairs. Retrieved 22 February 2015.
  26. ^ a b "Countries within a country". Prime Minister's Office. 10 January 2003. Archived from the original on 9 September 2008. Retrieved 8 March 2015.
  27. ^ "Devolution of powers to Scotland, Wales and Northern Ireland". United Kingdom Government. Retrieved 17 April 2013. In a similar way to how the government is formed from members from the two Houses of Parliament, members of the devolved legislatures nominate ministers from among themselves to comprise executives, known as the devolved administrations...
  28. ^ "Fall in UK university students". BBC News. 29 January 2009.
  29. ^ "Country Overviews: United Kingdom". Transport Research Knowledge Centre. Archived from the original on 4 April 2010. Retrieved 28 March 2010.
  30. ^ "Key facts about the United Kingdom". Directgov. Archived from the original on 15 October 2012. Retrieved 6 March 2015. The full title of this country is 'the United Kingdom of Great Britain and Northern Ireland'. Great Britain is made up of England, Scotland and Wales. The United Kingdom (UK) is made up of England, Scotland, Wales and Northern Ireland. 'Britain' is used informally, usually meaning the United Kingdom.
    The Channel Islands and the Isle of Man are not part of the UK.
  31. ^ a b c "Supporting the Overseas Territories". Foreign and Commonwealth Office. Retrieved 9 March 2015.
  32. ^ Hogg, p. 424 chapter 9 English Worldwide by David Crystal: "approximately one in four of the worlds population are capable of communicating to a useful level in English".
  33. ^ Reynolds, Glenn (28 October 2004). "Explaining the 'Anglosphere'". The Guardian. London.
  34. ^ "Head of the Commonwealth". Commonwealth Secretariat. Archived from the original on 6 July 2010. Retrieved 9 October 2010.
  35. ^ Julian Go (2007). "A Globalizing Constitutionalism?, Views from the Postcolony, 1945-2000". In Arjomand, Saïd Amir (ed.). Constitutionalism and political reconstruction. Brill. pp. 92–94. ISBN 978-90-04-15174-1.
  36. ^ Ferguson 2004, p. 307.
  37. ^ Mathias, P. (2001). The First Industrial Nation: the Economic History of Britain, 1700–1914. London: Routledge. ISBN 978-0-415-26672-7.
  38. ^ Ferguson, Niall (2004). Empire: The rise and demise of the British world order and the lessons for global power. New York: Basic Books. ISBN 978-0-465-02328-8.
  39. ^ T.V. Paul; James J. Wirtz; Michel Fortmann (2005). "Great+power" Balance of Power. State University of New York Press. pp. 59, 282. ISBN 978-0-7914-6401-4. Accordingly, the great powers after the Cold War are Britain, China, France, Germany, Japan, Russia and the United States p. 59
  40. ^ McCourt, David (2014). Britain and World Power Since 1945: Constructing a Nation's Role in International Politics. United States: University of Michigan Press. ISBN 978-0-472-07221-7.
  41. ^ "IISS Military Balance 2021". The Military Balance. 121 (1): 23–29. January 2021. doi:10.1080/04597222.2021.1868791. S2CID 232050862. Retrieved 1 October 2021.
  42. ^ "Treaty of Union, 1706". Scots History Online. Retrieved 23 August 2011.
  43. ^ Barnett, Hilaire; Jago, Robert (2011). Constitutional & Administrative Law (8th ed.). Abingdon: Routledge. p. 165. ISBN 978-0-415-56301-7.
  44. ^ "After the political union of England and Scotland in 1707, the nation's official name became 'Great Britain'", The American Pageant, Volume 1, Cengage Learning (2012)
  45. ^ "From 1707 until 1801 Great Britain was the official designation of the kingdoms of England and Scotland". The Standard Reference Work: For the Home, School and Library, Volume 3, Harold Melvin Stanford (1921)
  46. ^ "In 1707, on the union with Scotland, 'Great Britain' became the official name of the British Kingdom, and so continued until the union with Ireland in 1801". United States Congressional serial set, Issue 10; Issue 3265 (1895)
  47. ^ Gascoigne, Bamber. "History of Great Britain (from 1707)". History World. Retrieved 18 July 2011.
  48. ^ Cottrell, P. (2008). The Irish Civil War 1922–23. p. 85. ISBN 978-1-84603-270-7.
  49. ^ S. Dunn; H. Dawson (2000), An Alphabetical Listing of Word, Name and Place in Northern Ireland and the Living Language of Conflict, Lampeter: Edwin Mellen Press, One specific problem – in both general and particular senses – is to know what to call Northern Ireland itself: in the general sense, it is not a country, or a province, or a state – although some refer to it contemptuously as a statelet: the least controversial word appears to be jurisdiction, but this might change.
  50. ^ "Changes in the list of subdivision names and code elements" (PDF). ISO 3166-2. International Organization for Standardization. 15 December 2011. Retrieved 28 May 2012.
  51. ^ "Statistical bulletin: Regional Labour Market Statistics". Archived from the original on 24 December 2014. Retrieved 5 March 2014.
  52. ^ "13.4% Fall In Earnings Value During Recession". Archived from the original on 3 January 2014. Retrieved 5 March 2014.
  53. ^ Dunn, Seamus; Dawson, Helen. (2000). An Alphabetical Listing of Word, Name and Place in Northern Ireland and the Living Language of Conflict. Lampeter: Edwin Mellen Press. ISBN 978-0-7734-7711-7.
  54. ^ Murphy, Dervla (1979). A Place Apart. London: Penguin. ISBN 978-0-14-005030-1.
  55. ^ Whyte, John; FitzGerald, Garret (1991). Interpreting Northern Ireland. Oxford: Clarendon Press. ISBN 978-0-19-827380-6.
  56. ^ "Guardian Unlimited Style Guide". London: Guardian News and Media Limited. 19 December 2008. Retrieved 23 August 2011.
  57. ^ "BBC style guide (Great Britain)". BBC News. 19 August 2002. Retrieved 23 August 2011.
  58. ^ "Key facts about the United Kingdom". Government, citizens and rights. HM Government. Archived from the original on 15 October 2012. Retrieved 8 March 2015.
  59. ^ New Oxford American Dictionary: "Great Britain: England, Wales, and Scotland considered as a unit. The name is also often used loosely to refer to the United Kingdom."
  60. ^ "Britain Meaning in the Cambridge English Dictionary". dictionary.cambridge.org.
  61. ^ "Definition of Britain in English by Oxford Dictionaries". Oxford Dictionaries – English.
  62. ^ a b "Britain definition and meaning". www.collinsdictionary.com. Collins English Dictionary.
  63. ^ "Britain – Definition for English-Language Learners". learnersdictionary.com. Merriam-Webster's Learner's Dictionary.
  64. ^ "A to Z – Style guide". www.gov.uk. UK Government.
  65. ^ a b c Permanent Committee on Geographical Names. "Toponymic guidelines for the United Kingdom". gov.uk. UK Government.
  66. ^ "BBC News style guide - Names". BBC Academy. BBC. Archived from the original on 10 November 2019. Retrieved 9 November 2019.
  67. ^ "Alphabetical checklist". BBC News. BBC. Archived from the original on 26 March 2018. Retrieved 17 June 2018.
  68. ^ Bradley, Anthony Wilfred; Ewing, Keith D. (2007). Constitutional and administrative law. 1 (14th ed.). Harlow: Pearson Longman. p. 36. ISBN 978-1-4058-1207-8.
  69. ^ "Which of these best describes the way you think of yourself?". Northern Ireland Life and Times Survey 2010. ARK – Access Research Knowledge. 2010. Retrieved 1 July 2010.
  70. ^ "Ethnicity and National Identity in England and Wales - Office for National Statistics". www.ons.gov.uk. Retrieved 25 June 2020.
  71. ^ Schrijver, Frans (2006). Regionalism after regionalisation: Spain, France and the United Kingdom. Amsterdam University Press. pp. 275–277. ISBN 978-90-5629-428-1.
  72. ^ "Ancient skeleton was 'even older'". BBC News. 30 October 2007. Retrieved 27 April 2011.
  73. ^ Koch, John T. (2006). Celtic culture: A historical encyclopedia. Santa Barbara, CA: ABC-CLIO. p. 973. ISBN 978-1-85109-440-0.
  74. ^ Gibbon, Edward (1963). The Decline and Fall of the Roman Empire (abridged and with an introduction by Frank C. Bourne). New York, NY, USA: Dell Publishing Co., Inc. p. 36. ISBN 978-0-440-31879-8.
  75. ^ Davies, John; Jenkins, Nigel; Baines, Menna; Lynch, Peredur I., eds. (2008). The Welsh Academy Encyclopaedia of Wales. Cardiff: University of Wales Press. p. 915. ISBN 978-0-7083-1953-6.
  76. ^ "Short Athelstan biography". BBC History. Retrieved 9 April 2013.
  77. ^ Mackie, J.D. (1991). A History of Scotland. London: Penguin. pp. 18–19. ISBN 978-0-14-013649-4.
  78. ^ Campbell, Ewan (1999). Saints and Sea-kings: The First Kingdom of the Scots. Edinburgh: Canongate. pp. 8–15. ISBN 978-0-86241-874-8.
  79. ^ Haigh, Christopher (1990). The Cambridge Historical Encyclopedia of Great Britain and Ireland. Cambridge University Press. p. 30. ISBN 978-0-521-39552-6.
  80. ^ Ganshof, F.L. (1996). Feudalism. University of Toronto. p. 165. ISBN 978-0-8020-7158-3.
  81. ^ Chibnall, Marjorie (1999). The Debate on the Norman Conquest. Manchester University Press. pp. 115–122. ISBN 978-0-7190-4913-2.
  82. ^ Keen, Maurice. "The Hundred Years' War". BBC History.
  83. ^ The Reformation in England and Scotland and Ireland: The Reformation Period & Ireland under Elizabeth I, Encyclopædia Britannica Online.
  84. ^ "British History in Depth – Wales under the Tudors". BBC History. 5 November 2009. Retrieved 21 September 2010.
  85. ^ Nicholls, Mark (1999). A history of the modern British Isles, 1529–1603: The two kingdoms. Oxford: Blackwell. pp. 171–172. ISBN 978-0-631-19334-0.
  86. ^ Canny, Nicholas P. (2003). Making Ireland British, 1580–1650. Oxford University Press. pp. 189–200. ISBN 978-0-19-925905-2.
  87. ^ Ross, D. (2002). Chronology of Scottish History. Glasgow: Geddes & Grosset. p. 56. ISBN 978-1-85534-380-1
  88. ^ Hearn, J. (2002). Claiming Scotland: National Identity and Liberal Culture. Edinburgh University Press. p. 104. ISBN 978-1-902930-16-9
  89. ^ "English Civil Wars". Encyclopædia Britannica. Retrieved 28 April 2013.
  90. ^ "Scotland and the Commonwealth: 1651–1660". Archontology.org. 14 March 2010. Retrieved 9 March 2015.
  91. ^ McCarthy, Mathew (2013). Privateering, Piracy and British Policy in Spanish America, 1810–1830 (1st ed.). Woodbridge: The Boydell Press. ISBN 978-1-84383-861-6.
  92. ^ Lodge, Richard (2007) [1910]. The History of England – From the Restoration to the Death of William III (1660–1702). Read Books. p. 8. ISBN 978-1-4067-0897-4.
  93. ^ "Tudor Period and the Birth of a Regular Navy". Royal Navy History. Institute of Naval History. Archived from the original on 3 November 2011. Retrieved 8 March 2015.
  94. ^ Canny, Nicholas (1998). The Origins of Empire, The Oxford History of the British Empire Volume I. Oxford University Press. ISBN 978-0-19-924676-2.
  95. ^ "Articles of Union with Scotland 1707". UK Parliament. Retrieved 19 October 2008.
  96. ^ "Acts of Union 1707". UK Parliament. Retrieved 6 January 2011.
  97. ^ "Treaty (act) of Union 1706". Scottish History online. Retrieved 3 February 2011.
  98. ^ Library of Congress, The Impact of the American Revolution Abroad, p. 73.
  99. ^ Morgan, Kenneth (2007). Slavery and the British Empire: From Africa to America. Oxford University Press, USA. p. 12. ISBN 978-0-19-156627-1.
  100. ^ Morgan, Kenneth (2007). Slavery and the British Empire: From Africa to America. Oxford University Press, USA. p. 15. ISBN 978-0-19-156627-1.
  101. ^ Morgan, Kenneth (2007). Slavery and the British Empire: From Africa to America. OUP Oxford. p. 83. ISBN 978-0-19-923899-6.
  102. ^ "Anti-Slavery International". UNESCO. Retrieved 15 October 2010
  103. ^ Loosemore, Jo (2007). Sailing against slavery. BBC Devon. 2007.
  104. ^ Lovejoy, Paul E. (2000). Transformations in Slavery: A History of Slavery in Africa (2nd ed.). New York: Cambridge University Press. p. 290. ISBN 978-0-521-78012-4.
  105. ^ "The Act of Union". Act of Union Virtual Library. Archived from the original on 27 May 2012. Retrieved 15 May 2006.
  106. ^ Tellier, L.-N. (2009). Urban World History: an Economic and Geographical Perspective. Quebec: PUQ. p. 463. ISBN 978-2-7605-1588-8.
  107. ^ Johnston, pp. 508–510.
  108. ^ Porter, p. 332.
  109. ^ Sondhaus, L. (2004). Navies in Modern World History. London: Reaktion Books. p. 9. ISBN 978-1-86189-202-7.
  110. ^ Porter, Andrew (1998). The Nineteenth Century, The Oxford History of the British Empire Volume III. Oxford University Press. p. 332. ISBN 978-0-19-924678-6.
  111. ^ "The Workshop of the World". BBC History. Retrieved 28 April 2013.
  112. ^ Benn, David Wedgwood. "The Crimean War and its lessons for today." International Affairs 88.2 (2012): 387-391 online[permanent dead link]
  113. ^ Nordisk familjebok (1913), s. 435 (in Swedish)
  114. ^ Porter, Andrew (1998). The Nineteenth Century, The Oxford History of the British Empire Volume III. Oxford University Press. p. 8. ISBN 978-0-19-924678-6.
  115. ^ Marshall, P.J. (1996). The Cambridge Illustrated History of the British Empire. Cambridge University Press. pp. 156–157. ISBN 978-0-521-00254-7.
  116. ^ Tompson, Richard S. (2003). Great Britain: a reference guide from the Renaissance to the present. New York: Facts on File. p. 63. ISBN 978-0-8160-4474-0.
  117. ^ Hosch, William L. (2009). World War I: People, Politics, and Power. America at War. New York: Britannica Educational Publishing. p. 21. ISBN 978-1-61530-048-8.
  118. ^ Zarembka, Paul (2013). Contradictions: Finance, Greed, and Labor Unequally Paid. Emerald Group Publishing. ISBN 978-1-78190-670-5.
  119. ^ Sophia A. Van Wingerden, The women's suffrage movement in Britain, 1866–1928 (1999) ch 1.
  120. ^ Turner, John (1988). Britain and the First World War. London: Unwin Hyman. pp. 22–35. ISBN 978-0-04-445109-9.
  121. ^ a b Westwell, I.; Cove, D. (eds) (2002). History of World War I, Volume 3. London: Marshall Cavendish. pp. 698 and 705. ISBN 978-0-7614-7231-5.
  122. ^ Turner, J. (1988). Britain and the First World War. Abingdon: Routledge. p. 41. ISBN 978-0-04-445109-9.
  123. ^ "100 years of radio since Marconi's big breakthrough". Ofcom. 15 June 2020. Retrieved 17 November 2020.
  124. ^ "The origins of BBC Local Radio". bbc.com. Retrieved 17 November 2020.
  125. ^ "1920s". bbc.com. Retrieved 17 November 2020.
  126. ^ SR&O 1921, No. 533 of 3 May 1921.
  127. ^ "The Anglo-Irish Treaty, 6 December 1921". CAIN. Retrieved 15 May 2006.
  128. ^ Rubinstein, W.D. (2004). Capitalism, Culture, and Decline in Britain, 1750–1990. Abingdon: Routledge. p. 11. ISBN 978-0-415-03719-8.
  129. ^ a b Edgerton, David (2012). "Britain's War Machine". www.penguin.co.uk. Retrieved 10 May 2020; "Britain's War Machine: Weapons, Resources and Experts in the Second World War". Reviews in History. Retrieved 10 May 2020.
  130. ^ Doenecke, Justus D.; Stoler, Mark A. (2005). Debating Franklin D. Roosevelt's foreign policies, 1933–1945. ISBN 978-0-8476-9416-7. Retrieved 19 March 2016.
  131. ^ Kelly, Brian. "The Four Policemen and Postwar Planning, 1943-1945: The Collision of Realist and Idealist Perspectives". Indiana University of Pennsylvania. Retrieved 25 August 2015. Cite journal requires |journal= (help)
  132. ^ "The "Special Relationship" between Great Britain and the United States Began with FDR". Roosevelt Institute. 22 July 2010. Archived from the original on 25 January 2018. Retrieved 24 January 2018. and the joint efforts of both powers to create a new post-war strategic and economic order through the drafting of the Atlantic Charter; the establishment of the International Monetary Fund and the World Bank; and the creation of the United Nations.
  133. ^ "Remarks by the President Obama and Prime Minister Cameron in Joint Press Conference" (Press release). The White House. 22 April 2016. Retrieved 24 January 2018. That's what we built after World War II. The United States and the UK designed a set of institutions – whether it was the United Nations, or the Bretton Woods structure, IMF, World Bank, NATO, across the board.
  134. ^ "Britain to make its final payment on World War II loan from U.S." The New York Times. 28 December 2006. Retrieved 25 August 2011.
  135. ^ Reynolds, David (17 April 2011). "Britain's War Machine by David Edgerton – review". The Guardian. London. Retrieved 10 May 2020.
  136. ^ Francis, Martin (1997). Ideas and policies under Labour, 1945–1951: Building a new Britain. Manchester University Press. pp. 225–233. ISBN 978-0-7190-4833-3.
  137. ^ Lee, Stephen J. (1996). Aspects of British political history, 1914–1995. London; New York: Routledge. pp. 173–199. ISBN 978-0-415-13103-2.
  138. ^ Larres, Klaus (2009). A companion to Europe since 1945. Chichester: Wiley-Blackwell. p. 118. ISBN 978-1-4051-0612-2.
  139. ^ "Country List". Commonwealth Secretariat. 19 March 2009. Archived from the original on 6 May 2013. Retrieved 8 March 2015.
  140. ^ a b "The cultural superpower: British cultural projection abroad" Archived 16 September 2018 at the Wayback Machine. Journal of the British Politics Society, Norway. Volume 6. No. 1. Winter 2011
  141. ^ a b Sheridan, Greg (15 May 2010). "Cameron has chance to make UK great again". The Australian. Sydney. Retrieved 20 May 2012.
  142. ^ Julios, Christina (2008). Contemporary British identity: English language, migrants, and public discourse. Studies in migration and diaspora. Aldershot: Ashgate. p. 84. ISBN 978-0-7546-7158-9.
  143. ^ "1975: UK embraces Europe in referendum". BBC News. Retrieved 8 March 2015.
  144. ^ Wheeler, Brian; Hunt, Alex (17 December 2018). "The UK's EU referendum: All you need to know". BBC News.
  145. ^ Aughey, Arthur (2005). The Politics of Northern Ireland: Beyond the Belfast Agreement. London: Routledge. p. 7. ISBN 978-0-415-32788-6.
  146. ^ "The troubles were over, but the killing continued. Some of the heirs to Ireland's violent traditions refused to give up their inheritance." Holland, Jack (1999). Hope against History: The Course of Conflict in Northern Ireland. New York: Henry Holt. p. 221. ISBN 978-0-8050-6087-4.
  147. ^ Elliot, Marianne (2007). The Long Road to Peace in Northern Ireland: Peace Lectures from the Institute of Irish Studies at Liverpool University. University of Liverpool Institute of Irish Studies, Liverpool University Press. p. 2. ISBN 978-1-84631-065-2.
  148. ^ Dorey, Peter (1995). British politics since 1945. Making contemporary Britain. Oxford: Blackwell. pp. 164–223. ISBN 978-0-631-19075-2.
  149. ^ Griffiths, Alan; Wall, Stuart (2007). Applied Economics (PDF) (11th ed.). Harlow: Financial Times Press. p. 6. ISBN 978-0-273-70822-3. Retrieved 26 December 2010.
  150. ^ Keating, Michael (1 January 1998). "Reforging the Union: Devolution and Constitutional Change in the United Kingdom". Publius: The Journal of Federalism. 28 (1): 217–234. doi:10.1093/oxfordjournals.pubjof.a029948.
  151. ^ Jackson, Mike (3 April 2011). "Military action alone will not save Libya". Financial Times. London.
  152. ^ "United Kingdom country profile". BBC News. 24 January 2013. Retrieved 9 April 2013.
  153. ^ "Scotland to hold independence poll in 2014 – Salmond". BBC News. 10 January 2012. Retrieved 10 January 2012.
  154. ^ "In stunning decision, Britain votes to leave the E.U." The Washington Post. 24 June 2016. Retrieved 24 June 2016.
  155. ^ Wright, Georgina (29 October 2019). "Article 50 extension". Institute for Government. Retrieved 27 December 2019.
  156. ^ Oxford English Dictionary: "British Isles: a geographical term for the islands comprising Great Britain and Ireland with all their offshore islands including the Isle of Man and the Channel Islands."
  157. ^ a b c d e "United Kingdom". The World Factbook. Central Intelligence Agency. Retrieved 23 September 2008.
  158. ^ a b c d Latimer Clarke Corporation Pty Ltd. "United Kingdom – Atlapedia Online". Atlapedia.com. Retrieved 26 October 2010.
  159. ^ ROG Learning Team (23 August 2002). "The Prime Meridian at Greenwich". Royal Museums Greenwich. Royal Museums Greenwich. Archived from the original on 7 November 2015. Retrieved 11 September 2012.
  160. ^ "Greenwich Royal Observatory: How the Prime Meridian line is actually 100 metres away from where it was believed to be". The Independent. London. 13 August 2015. Retrieved 13 December 2018.
  161. ^ a b Darkes, Giles (January 2008). "How long is the UK coastline?". The British Cartographic Society. Archived from the original on 27 May 2012. Retrieved 24 January 2015.
  162. ^ "The Channel Tunnel". Eurotunnel. Archived from the original on 18 December 2010. Retrieved 8 March 2015.
  163. ^ "England – Profile". BBC News. 11 February 2010.
  164. ^ "Scotland Facts". Scotland Online Gateway. Archived from the original on 21 June 2008. Retrieved 16 July 2008.
  165. ^ Winter, Jon (1 June 2000). "The complete guide to the ... Scottish Islands". The Independent. London. Retrieved 8 March 2015.
  166. ^ "Overview of Highland Boundary Fault". Gazetteer for Scotland. University of Edinburgh. Retrieved 27 December 2010.
  167. ^ "Great Britain's tallest mountain is taller". Ordnance Survey. 18 March 2016. Retrieved 9 September 2018.
  168. ^ "Ben Nevis Weather". Ben Nevis Weather. Archived from the original on 27 May 2012. Retrieved 26 October 2008.
  169. ^ "Profile: Wales". BBC News. 9 June 2010. Retrieved 7 November 2010.
  170. ^ "Geography of Northern Ireland". University of Ulster. Retrieved 22 May 2006.
  171. ^ Dinerstein, Eric; et al. (2017). "An Ecoregion-Based Approach to Protecting Half the Terrestrial Realm". BioScience. 67 (6): 534–545. doi:10.1093/biosci/bix014. ISSN 0006-3568. PMC 5451287. PMID 28608869.
  172. ^ Grantham, H. S.; et al. (2020). "Anthropogenic modification of forests means only 40% of remaining forests have high ecosystem integrity - Supplementary Material". Nature Communications. 11 (1): 5978. doi:10.1038/s41467-020-19493-3. ISSN 2041-1723. PMC 7723057. PMID 33293507.
  173. ^ "Hottest day of each year from 1900". www.trevorharley.com.
  174. ^ "Coldest day of each year from 1900". www.trevorharley.com.
  175. ^ "English: A map of Köppen climate types in the United Kingdom (SVG version)". 9 August 2016.
  176. ^ "Atlantic Ocean Circulation (Gulf Stream)". UK Climate Projections. Met Office. Retrieved 8 March 2015.
  177. ^ "2020 EPI Results". Environmental Performance Index. Retrieved 20 November 2020.
  178. ^ "UK net zero target". Institute for Government. Retrieved 20 November 2020.
  179. ^ Bagehot, Walter (1867). The English Constitution. London: Chapman and Hall. p. 103.
  180. ^ Carter, Sarah. "A Guide To the UK Legal System". University of Kent at Canterbury. Archived from the original on 5 May 2012. Retrieved 16 May 2006.
  181. ^ "Parliament's authority". UK Parliament. n.d. Retrieved 24 September 2021.
  182. ^ "United Kingdom - Government". Commonwealth Network. Retrieved 19 July 2021.
  183. ^ "Parliamentary Sovereignty". parliament.uk. Retrieved 19 July 2021.
  184. ^ a b "Parliament". parliament.uk. Retrieved 19 July 2021.
  185. ^ "Royal Assent". parliament.uk. Retrieved 19 July 2021.
  186. ^ a b c "General elections". parliament.uk. Retrieved 19 July 2021.
  187. ^ "State of the parties". parliament.uk. Retrieved 19 July 2021.
  188. ^ "The Government, Prime Minister and Cabinet". Public services all in one place. Directgov. Archived from the original on 21 September 2012. Retrieved 9 March 2015.
  189. ^ Blick, Andrew; Jones, George (1 January 2012). "The Institution of Prime Minister - History of government". gov.uk. Retrieved 19 July 2021.
  190. ^ Brown, Jack (2020). Dale, Iain (ed.). The Prime Ministers. Hodder & Stoughton. p. 303. ISBN 978-1-5293-1214-0.
  191. ^ "Minister for the Civil Service". gov.uk. Retrieved 19 July 2021.
  192. ^ Woodcock, Andrew (26 July 2021). "Boris Johnson accused of 'cynical rebranding' after appointing himself 'Minister for the Union'". The Independent. Retrieved 19 July 2021.
  193. ^ "Minister for the Union". gov.uk. Retrieved 19 July 2021.
  194. ^ a b c d "The Cabinet Manual" (PDF). gov.uk. October 2011. p. 21. Retrieved 19 July 2021.
  195. ^ "The Cabinet Manual" (PDF). gov.uk. October 2011. p. 7. Retrieved 19 July 2021.
  196. ^ Norton, Philip (2020). Governing Britain: Parliament, Ministers and Our Ambiguous Constitution. Manchester University Press. p. 130. ISBN 978-1-5261-4545-1.
  197. ^ Blick, Andrew; Jones, George (2010). Premiership: The Development, Nature and Power of the Office of the British Prime Minister. Imprint Academic. pp. 116–7. ISBN 978-1-84540-168-9.
  198. ^ Norton, Philip (2020). Governing Britain: Parliament, Ministers and Our Ambiguous Constitution. Manchester University Press. p. 128. ISBN 978-1-5261-4545-1.
  199. ^ "The Cabinet Manual" (PDF). gov.uk. October 2011. p. 31. Retrieved 10 August 2021.
  200. ^ Hackwood Frederick William: The Story of the Shire, Being the Lore, History and Evolution of English County Institutions (1851)
  201. ^ United Nations Economic and Social Council (August 2007). "Ninth UN Conference on the standardization of Geographical Names" (PDF). UN Statistics Division. Archived (PDF) from the original on 11 December 2009. Retrieved 21 October 2008.
  202. ^ Barlow, I.M. (1991). Metropolitan Government. London: Routledge. ISBN 978-0-415-02099-2.
  203. ^ "Welcome to the national site of the Government Office Network". Government Offices. Archived from the original on 6 June 2009. Retrieved 3 July 2008.
  204. ^ "A short history of London government". Greater London Authority. Archived from the original on 21 April 2008. Retrieved 4 October 2008.
  205. ^ Sherman, Jill; Norfolk, Andrew (5 November 2004). "Prescott's dream in tatters as North East rejects assembly". The Times. London. Retrieved 15 February 2008. The Government is now expected to tear up its twelve-year-old plan to create eight or nine regional assemblies in England to mirror devolution in Scotland and Wales. (subscription required)
  206. ^ "Elections 2017 results: Who are the new metro mayors?". BBC News. 5 May 2017. Retrieved 15 July 2020.
  207. ^ "Local Authority Elections". Local Government Association. Archived from the original on 18 January 2012. Retrieved 8 March 2015.
  208. ^ "STV in Scotland: Local Government Elections 2007" (PDF). Political Studies Association. Archived from the original (PDF) on 22 February 2011. Retrieved 2 August 2008.
  209. ^ a b "Unitary authorities". Welsh Government. 2014. Archived from the original on 10 March 2015. Retrieved 9 March 2015.
  210. ^ Devenport, Mark (18 November 2005). "NI local government set for shake-up". BBC News. Retrieved 15 November 2008.
  211. ^ "Foster announces the future shape of local government" (Press release). Northern Ireland Executive. 13 March 2008. Archived from the original on 25 July 2008. Retrieved 20 October 2008.
  212. ^ "Scots MPs attacked over fees vote". BBC News. 27 January 2004. Retrieved 21 October 2008.
  213. ^ Taylor, Brian (1 June 1998). "Talking Politics: The West Lothian Question". BBC News. Retrieved 21 October 2008.
  214. ^ "England-only laws 'need majority from English MPs'". BBC News. 25 March 2013. Retrieved 28 April 2013.
  215. ^ "Scotland's Parliament – powers and structures". BBC News. 8 April 1999. Retrieved 21 October 2008.
  216. ^ "Scotland Votes No". BBC News. 19 September 2014. Retrieved 4 August 2017.
  217. ^ "Welsh assembly renamed Senedd Cymru/Welsh Parliament", BBC News, 6 May 2020. Retrieved 6 May 2020
  218. ^ "Structure and powers of the Assembly". BBC News. 9 April 1999. Retrieved 21 October 2008.
  219. ^ "Your Executive". Northern Ireland Executive. 25 September 2015.
  220. ^ Burrows, N. (1999). "Unfinished Business: The Scotland Act 1998". The Modern Law Review. 62 (2): 241–260 [p. 249]. doi:10.1111/1468-2230.00203. The UK Parliament is sovereign and the Scottish Parliament is subordinate. The White Paper had indicated that this was to be the approach taken in the legislation. The Scottish Parliament is not to be seen as a reflection of the settled will of the people of Scotland or of popular sovereignty but as a reflection of its subordination to a higher legal authority. Following the logic of this argument, the power of the Scottish Parliament to legislate can be withdrawn or overridden...
  221. ^ Elliot, M. (2004). "United Kingdom: Parliamentary sovereignty under pressure". International Journal of Constitutional Law. 2 (3): 545–627, 553–554. doi:10.1093/icon/2.3.545. Notwithstanding substantial differences among the schemes, an important common factor is that the U.K. Parliament has not renounced legislative sovereignty in relation to the three nations concerned. For example, the Scottish Parliament is empowered to enact primary legislation on all matters, save those in relation to which competence is explicitly denied ... but this power to legislate on what may be termed "devolved matters" is concurrent with the Westminster Parliament's general power to legislate for Scotland on any matter at all, including devolved matters ... In theory, therefore, Westminster may legislate on Scottish devolved matters whenever it chooses...
  222. ^ Walker, G. (2010). "Scotland, Northern Ireland, and Devolution, 1945–1979". Journal of British Studies. 39 (1): 117–142. doi:10.1086/644536.
  223. ^ Gamble, A. (2006). "The Constitutional Revolution in the United Kingdom". Publius. 36 (1): 19–35 [p. 29]. doi:10.1093/publius/pjj011. The British parliament has the power to abolish the Scottish parliament and the Welsh assembly by a simple majority vote in both houses, but since both were sanctioned by referenda, it would be politically difficult to abolish them without the sanction of a further vote by the people. In this way, several of the constitutional measures introduced by the Blair government appear to be entrenched and not subject to a simple exercise of parliamentary sovereignty at Westminster.
  224. ^ Meehan, E. (1999). "The Belfast Agreement – Its Distinctiveness and Points of Cross-Fertilization in the UK's Devolution Programme". Parliamentary Affairs. 52 (1): 19–31 [p. 23]. doi:10.1093/pa/52.1.19. [T]he distinctive involvement of two governments in the Northern Irish problem means that Northern Ireland's new arrangements rest upon an intergovernmental agreement. If this can be equated with a treaty, it could be argued that the forthcoming distribution of power between Westminster and Belfast has similarities with divisions specified in the written constitutions of federal states...Although the Agreement makes the general proviso that Westminster's 'powers to make legislation for Northern Ireland' remains 'unaffected', without an explicit categorical reference to reserved matters, it may be more difficult than in Scotland or Wales for devolved powers to be repatriated. The retraction of devolved powers would not merely entail consultation in Northern Ireland backed implicitly by the absolute power of parliamentary sovereignty but also the renegotiation of an intergovernmental agreement.
  225. ^ "CIBC PWM Global – Introduction to The Cayman Islands". Cibc.com. 11 July 2012. Retrieved 17 August 2012.
  226. ^ Rappeport, Laurie. "Cayman Islands Tourism". Washington, D.C.: USA Today Travel Tips. Retrieved 9 April 2013.
  227. ^ "Background briefing on the Crown Dependencies: Jersey, Guernsey and the Isle of Man" (PDF). Ministry of Justice. Retrieved 9 March 2015.
  228. ^ "Overseas Territories". Gov.uk. Foreign & Commonwealth Office. Archived from the original on 5 February 2008. Retrieved 6 September 2010.
  229. ^ "The World Factbook". CIA. Retrieved 26 December 2010.
  230. ^ Overseas Territories The Ministry of Defence's Contribution. Ministry of Defence. 1 March 2012. p. 1. Retrieved 5 April 2020.
  231. ^ Global Britain and the British Overseas Territories: Resetting the relationship (PDF). House of Commons Foreign Affairs Committee. 13 February 2019. p. 5. Retrieved 5 April 2020.
  232. ^ "Sea Around Us | Fisheries, Ecosystems and Biodiversity". www.seaaroundus.org. Retrieved 1 January 2021.
  233. ^ "Partnership for Progress and Prosperity" (PDF). UK Overseas Territories Conservation Forum. Retrieved 28 March 2017.
  234. ^ Davison, Phil (18 August 1995). "Bermudians vote to stay British". The Independent. London. Archived from the original on 1 April 2019. Retrieved 11 September 2012.
  235. ^ "Gibraltar referendum result in quotes". BBC News. 8 November 2002.
  236. ^ "Falklands: Cameron says Argentina should respect vote". BBC News. 12 March 2013. Retrieved 12 March 2013.
  237. ^ The Committee Office, House of Commons. "House of Commons – Crown Dependencies – Justice Committee". Publications.parliament.uk. Retrieved 7 November 2010.
  238. ^ Fact sheet on the UK's relationship with the Crown Dependencies – gov.uk, Ministry of Justice. Retrieved 25 August 2014.
  239. ^ "Profile of Jersey". States of Jersey. Archived from the original on 2 September 2006. Retrieved 31 July 2008. The legislature passes primary legislation, which requires approval by The Queen in Council, and enacts subordinate legislation in many areas without any requirement for Royal Sanction and under powers conferred by primary legislation.
  240. ^ "Chief Minister to meet Channel Islands counterparts – Isle of Man Public Services" (Press release). Isle of Man Government. 29 May 2012. Archived from the original on 30 April 2013. Retrieved 8 March 2015.
  241. ^ "The Treaty (act) of the Union of Parliament 1706". Scottish History Online. Retrieved 5 October 2008.
  242. ^ "UK Supreme Court judges sworn in". BBC News. 1 October 2009.
  243. ^ "Constitutional reform: A Supreme Court for the United Kingdom" (PDF). Department for Constitutional Affairs. July 2003. Archived from the original (PDF) on 17 January 2009. Retrieved 13 May 2013.
  244. ^ "Role of the JCPC". Judicial Committee of the Privy Council. Retrieved 28 April 2013.
  245. ^ Bainham, Andrew (1998). The international survey of family law: 1996. The Hague: Martinus Nijhoff. p. 298. ISBN 978-90-411-0573-8.
  246. ^ Adeleye, Gabriel; Acquah-Dadzie, Kofi; Sienkewicz, Thomas; McDonough, James (1999). World dictionary of foreign expressions. Waucojnda, IL: Bolchazy-Carducci. p. 371. ISBN 978-0-86516-423-9.
  247. ^ "The Australian courts and comparative law". Australian Law Postgraduate Network. Archived from the original on 14 April 2013. Retrieved 9 March 2015.
  248. ^ "Court of Session – Introduction". Scottish Courts. Archived from the original on 31 July 2008. Retrieved 8 March 2015.
  249. ^ "High Court of Justiciary – Introduction". Scottish Courts. Archived from the original on 12 September 2008. Retrieved 9 March 2015.
  250. ^ "House of Lords – Practice Directions on Permission to Appeal". UK Parliament. Archived from the original on 6 December 2013. Retrieved 8 March 2015.
  251. ^ "Introduction". Scottish Courts. Archived from the original on 1 September 2008. Retrieved 9 March 2015.
  252. ^ Samuel Bray (2005). "Not proven: introducing a third verdict". The University of Chicago Law Review. 72 (4): 1299–1329. JSTOR 4495530.
  253. ^ "Crime in England and Wales, Year Ending June 2015" (PDF).
  254. ^ "UK prison population figures". British Government. Retrieved 10 November 2015.
  255. ^ Highest to Lowest. World Prison Brief. International Centre for Prison Studies.
  256. ^ "• England & Wales: Recorded homicides 2002–2015 – UK Statistics". Statista.
  257. ^ "Scottish homicide figures fall to another record low". BBC News. 29 September 2015.
  258. ^ "Prime Minister's letter to Donald Tusk triggering Article 50". GOV.UK.
  259. ^ Swaine, Jon (13 January 2009). "Barack Obama presidency will strengthen special relationship, says Gordon Brown". The Daily Telegraph (London). Retrieved 3 May 2011.
  260. ^ Kirchner, E.J.; Sperling, J. (2007). Global Security Governance: Competing Perceptions of Security in the 21st century. London: Taylor & Francis. p. 100. ISBN 978-0-415-39162-7
  261. ^ The Committee Office, House of Commons (19 February 2009). "DFID's expenditure on development assistance". UK Parliament. Archived from the original on 12 January 2013. Retrieved 28 April 2013.
  262. ^ "Sharp Drop in World Views of US, UK: Global Poll – GlobeScan". 4 July 2017.
  263. ^ "From the Outside In: G20 views of the UK before and after the EU referendum'" (PDF). British Council.
  264. ^ "Ministry of Defence". Ministry of Defence. Retrieved 21 February 2012.
  265. ^ "Speaker addresses Her Majesty Queen Elizabeth II". UK Parliament. 30 March 2012. Retrieved 28 April 2013.
  266. ^ "House of Commons Hansard". UK Parliament. Retrieved 23 October 2008.
  267. ^ "House of Commons Hansard Written Answers for 17 Jun 2013 (pt 0002)". Publications.parliament.uk. Retrieved 4 March 2015.
  268. ^ UK 2005: The Official Yearbook of the United Kingdom of Great Britain and Northern Ireland. Office for National Statistics. p. 89.
  269. ^ "Trends in World Military Expenditure, 2016" (PDF). Stockholm International Peace Research Institute. Retrieved 26 April 2017.
  270. ^ "Principles for Economic Regulation". Department for Business, Innovation & Skills. April 2011. Retrieved 1 May 2011.
  271. ^ "IMF Data - Currency Composition of Official Foreign Exchange Reserve - At a Glance". Data.imf.org. Retrieved 10 October 2021.
  272. ^ "More About the Bank". Bank of England. n.d. Archived from the original on 12 March 2008.
  273. ^ "UK index of services: October 2017". Office for National Statistics. 22 December 2017. Retrieved 15 January 2018.
  274. ^ a b "GFCI 27 Rank - Long Finance". www.longfinance.net. Retrieved 29 August 2020.
  275. ^ "Global city GDP rankings 2008–2025". PricewaterhouseCoopers. Archived from the original on 28 April 2011. Retrieved 16 November 2010.
  276. ^ "UNWTO Tourism Highlights, Edition 2005" (PDF). World Tourism Organization. Archived from the original (PDF) on 9 August 2007. Retrieved 9 March 2015.
  277. ^ Bremner, Caroline (10 January 2010). "Euromonitor International's Top City Destination Ranking". Euromonitor International. Archived from the original on 5 March 2011. Retrieved 31 May 2011.
  278. ^ "From the Margins to the Mainstream – Government unveils new action plan for the creative industries". DCMS. 9 March 2007. Archived from the original on 4 December 2008. Retrieved 9 March 2015.
  279. ^ "UK Internal Market Bill". Institute for Government.
  280. ^ "UK Internal Market Bill becomes law". gov.uk.
  281. ^ a b "European Countries – United Kingdom". Europa (web portal). Retrieved 15 December 2010.
  282. ^ Harrington, James W.; Warf, Barney (1995). Industrial location: Principles, practices, and policy. London: Routledge. p. 121. ISBN 978-0-415-10479-1.
  283. ^ Spielvogel, Jackson J. (2008). Western Civilization: Alternative Volume: Since 1300. Belmont, CA: Thomson Wadsworth. ISBN 978-0-495-55528-5.
  284. ^ Porter, Andrew (1998). The Nineteenth Century, The Oxford History of the British Empire Volume III. Oxford University Press. p. 8. ISBN 978-0-19-924678-6. Retrieved 22 July 2009.
  285. ^ Marshall, PJ (1996). The Cambridge Illustrated History of the British Empire. Cambridge University Press. pp. 156–157. ISBN 978-0-521-002