アラブ首長国連邦

ウィキペディアから、無料の百科事典
ナビゲーションにジャンプ 検索にジャンプ

座標24° N54°E / 24°N 54°E / 24; 54

アラブ首長国連邦
  アラブ首長国連邦アラビア語
al-ʾImārātal-ʿArabīyahal-Muttaḥidah
国歌: عيشيبلادي
" ĪšiyBilādī "
"Long Live My Country"
Location of United Arab Emirates (green) in the Arabian Peninsula
アラブ首長国連邦の場所(緑)

アラビア半島

資本アブダビ24°28′N54 °22′E
 / 24.467°N 54.367°E / 24.467; 54.367
最大の都市ドバイ北緯25度15分東経55度18分
 / 25.250°N 55.300°E / 25.250; 55.300
公用語アラビア語[1]
民族グループ
(2015)[2]
宗教
(2010)
住民の呼称エミラティ[2]
政府連邦政府の 選挙 構成君主制[3] [4] [5]
• 大統領
ハリーファビンザイードアルナヒャン
モハメッドビンラシッドアルマクトゥーム
Saqr Ghobash
立法府連邦国民評議会
確率
1708年
1727年
1761年
1768
1816年
• ドバイ
1833年
1879年
1971年12月2日
1971年12月9日
アラブ首長国連邦へのラスアルハイマ首長国の入場
1972年2月10日
領域
• 合計
83,600 km 2(32,300平方マイル)(114番目
• 水 (%)
無視できる
人口
•2020年の見積もり
9,890,400 [6]92番目
•2005年の国勢調査
4,106,427
• 密度
99 / km 2(256.4 / sq mi)(110th
GDP  PPP2020年の見積もり
• 合計
6476億5000万米ドル[7]34
• 一人あたり
70,441米ドル[7]7
GDP  (名目)2020年の見積もり
• 合計
4,102億1,400万米ドル[7]33位
• 一人あたり
41,476米ドル[7]19日
ジニ (2014)32.5 [8]
HDI  (2019)Increase 0.890 [9]
非常に高い ・ 31日
通貨アラブ首長国連邦ディルハムAED
タイムゾーンUTC +04:00アラブ首長国連邦標準時間
日付形式dd / mm / yyyy
運転側
市外局番+971
ISO3166コードAE
インターネットTLD

アラブ首長国連邦UAE ;アラビア語الإماراتالعربيةالمتحدةアル'Imārātアル'ArabīyahアルMuttaḥidah)または首長国連邦アラビア語الإماراتアル'Imārātは)、中国である西アジアの東の端に位置し、アラビア半島オマーンサウジアラビアと国境を接しペルシャ湾にカタールイランとの海上境界線があります。[10] [11]

UAEは、選挙君主制から形成されたフェデレーション7つの首長国から成る、アブダビ(連邦首都、アブダビは、配置されている)、アジュマーンドバイフジャイララスアルハイマシャルジャウンム・アル=カイワイン[12]各首長国はシェイクによって統治されており、一緒になって連邦最高評議会を形成します。そのうちの1人はアラブ首長国連邦の大統領を務めています[13]2013年のUAEの人口は920万人で、そのうち140万人がエミラティ市民、780万人が駐在員でした。[14] [15] [16] 2020年の推定人口は989万人でした。[6]

イスラム教国教であり、アラビア語は公用語です。UAEの石油と天然ガスの埋蔵量があるsixth-第七位の世界では、それぞれ。[17] [18] アブダビの統治者であり、国の初代大統領であるザイード・ビン・スルタン・アル・ナヒャンは、医療、教育、インフラに石油収入を投資することにより、首長国連邦の発展を監督した。[19] UAEの経済は湾岸協力会議のすべてのメンバーの中で最も多様化しており、最も人口の多い都市であるドバイ世界的な都市であり、国際的なハブです。[20] [21]この国は石油とガスへの依存度が低くなり、経済的に観光とビジネスに重点を置いています。 UAE政府は所得税を課していませんが、法人税が導入 されており、2018年に5%の付加価値税が設定されました。 [22]

アラブ首長国連邦は、地域およびミドルパワーとして認識されています。[23] [24] UAEは、国連アラブ連盟イスラム協力機構OPEC非同盟運動、および湾岸協力会議(GCC)のメンバーです。[25] [26] [27] [28] [29] [30] UAEは権威主義国家として説明されています。[31] [32] [33] [34]人権団体によると、政府の批評家の拷問や強制失踪など、体系的な人権侵害があります。[35]

歴史

人間の職業はシャルジャのムレイハあるファヤ2遺跡での発見を通じて、紀元前124000年頃にアフリカから解剖学的に現代の人間が出現したことにさかのぼります。新石器時代と青銅器時代までさかのぼる埋葬地には、ジェベルブハイスで最も古くから知られているそのような内陸の場所が含まれます。シュメール人にはマガンとして知られているこの地域はインダスバレーバーレーンメソポタミアイランバクトリアの間で交易が行われたウムアルナル時代の青銅器時代の交易文化が盛んでした。レバントその後のワディ・スーク時代と3つの鉄器時代には、遊牧民の出現と、海岸と内陸の両方での人間の定住を支援する水管理と灌漑システムの開発が見られました。アラブ首長国連邦のイスラム時代は、サーサーン朝の追放とそれに続くディバの戦いにまでさかのぼりますアラブ首長国連邦の貿易の歴史は、現在のラスアルハイマ首長国に、この地域の地域貿易と海事のハブとしてジュルファーの出現につながりました。首長のトレーダーによるペルシャ湾の海上支配を含めたヨーロッパ列強との紛争につながったポルトガル帝国大英帝国[36]

何十年にもわたる海上紛争の後、沿岸首長国は1820年に英国との航海自由条約(1853年と1892年に批准)に署名し、休戦オマーンを英国の保護領として確立したことで、休戦オマーンとして知られるようになりましたこの取り決めは、英国が条約の義務から撤退した後、1971年12月2日に独立とアラブ首長国連邦の設立で終了しました。6つの首長国が1971年にUAEに加わりました。7番目のラスアルハイマは1972年2月10日に連邦に加わった。[37]

古代

シャルジャのムレイハ考古学遺跡発見された紀元前2世紀の

回収された石器は、約127、000年前にアフリカからの人々の居住地を明らかにし、アラビア沿岸で発見された動物の肉屋に使用された石器は、13万年前からさらに古い居住地を示唆しています。[38]やがてメソポタミア、イランの文明インダス渓谷のハラパン文化との活発な貿易関係が発展したが、その段階では外界との接触の証拠はない。この接触は持続し、より広くなりました。おそらく、紀元前3、000年頃に始まっハジャル山地からの銅の取引が動機となったのでしょう[39]シュメールの情報筋は、UAEを「マッカン」またはマガンの人々の故郷として語っています。[40]

イスラム以前のUAEには、紀元前3200年から2600年までハフィート期、紀元前2600年から2000年までのウムアルナル文化、紀元前2、000年から1300年までのワディスーク族が支配した、独特の行動を伴う6つの人間の定住期間があります。紀元前1200年から東アラビアのイスラム教の到来まで、3つの特徴的な鉄器時代とムレイハ時代を通じて、この地域はアケメネス朝やその他の軍隊によってさまざまに占領され、その発展のおかげで要塞化された集落の建設と広範な飼育が見られました。ファラジ灌漑システム。

古代には、アルハサ(現在のサウジアラビア東部州)はアルバレーンの一部であり、グレーターオマーン(現在のアラブ首長国連邦とオマーン)に隣接していました。西暦2世紀から、アラビア南西部からオマーン中央部に向かうアズダイトカフターン(またはヤマニ)とクダアの部族グループ間の移動とともに、バーレーンから湾岸下部への部族の移動がありました。

イスラム教

普及イスラム教の北東端にアラビア半島はで送った手紙から直接続いていると考えられているイスラム教の預言者ムハンマドの支配者に、オマーン630 CE、後の9年間でhijrah。これは、メディナ旅行し、イスラム教に改宗し、その後、当時北海岸を支配していた人気のないサーサーン朝に対して成功した蜂起を推進する支配者のグループにつながりました[41]ムハンマドの死後、ペルシャ湾の南にある新しいイスラム教コミュニティは、イスラム教徒の指導者に対する暴動で崩壊すると脅迫した。。カリフアブ・バクルは、首都から軍隊を送っメディナ領土(そのレコンキスタ完了Riddaウォーズを持つ)ディバの戦い万人の命が失われたと考えられました。[42]これにより、カリフ制の完全性と、新たに出現した正統カリフ軍の下でのアラビア半島の統一が保証された

637年、ジュルファー(今日のラスアルハイマの地域)は、サーサーン朝のイスラム侵攻の舞台として使用された重要な港でした[43]アルアイン/ブライミオアシスの地域はトゥアムとして知られており、海岸とアラビア内陸部の間のラクダルートの重要な交易所でした。[44]

アラブ首長国連邦で最も初期のキリスト教遺跡は1990年代に最初に発見されました。これは、現在シルバニヤスとして知られている7世紀にまで遡る広大な修道院の複合施設です。ネストリウス派考えられ、西暦600年に建てられた教会は、西暦750年に平和的に放棄されたようです。[45]それは、交易路をたどって西暦50年から350年にかけて半島全体に広がったと考えられているキリスト教の遺産とのまれな物理的つながりを形成している。確かに、5世紀までに、オマーンにはジョンという名前の司教がいました。オマーンの最後の司教は西暦676年にエティエンヌでした。[46]

ポルトガル時代

過酷な砂漠環境は、畜産、農業、狩猟などのさまざまな経済活動のために生計を立てていた遊牧民グループである「多才な部族」の出現につながりました。これらのグループの季節的な動きは、グループ間の頻繁な衝突だけでなく、季節的および半季節的な集落とセンターの設立にもつながりました。名前がまだなどの近代的なEmiratis、によって運ばれるこれらの形成部族グループバニヤスアル富栄Falahアブダビ、アルアイン、リワと西海岸、Dhawahir、Awamir、アル・アリManasirインテリアの、Sharqiyinの東海岸と北へのカワシム[47]

ヨーロッパの植民地帝国の拡大に伴い、ポルトガル、イギリス、オランダの軍隊がペルシャ湾地域に出現しました。18世紀までに、バニヤス連合は現在アブダビとして知られている地域のほとんどで支配的な勢力であり[48] [49] [50]、北部アルカシミ(アルカシミ)は海上商取引を支配していた。ポルトガル人は沿岸集落への影響力を維持し、アルバカーキとそれに続くポルトガルの司令官による16世紀の沿岸コミュニティの血なまぐさい征服をきっかけに建設しました。特に、マスカットソハールホールファカン[51]

ペルシャ湾の南海岸はイギリス人に「海賊海岸として知られており[52] [53]、アルカシミ連邦の船が17世紀から19世紀にかけてイギリス籍船に嫌がらせをした。[54]海賊行為の容疑は、1986年の著書「湾岸におけるアラブ海賊行為の神話」の中で、現在のシャルジャの支配者であるシェイク・スルタン・アルカシミを含む現代のエミラティの歴史家によって争われている[55]

–16世紀と17世紀のペルシャ湾のポルトガル語主要都市、港、ルート。
1809年のペルシャ湾キャンペーン中の沿岸の町とラスアルハイマ首長国の港の焼却を描いた絵

インドの交易路を保護するための英国の遠征は、1809年のペルシャ湾キャンペーン1819年のより成功したキャンペーンなど、ラスアルハイマや海岸沿いの他の港に対するキャンペーンにつながりました。翌年、英国と多くの地元の統治者が海上休戦署名し、沿岸首長国の地位を定義するようになった休戦オマーンという用語を生み出しました。 1843年にさらなる条約が調印され、1853年に永久海事停戦が合意されました。これに、1892年に署名された「排他的協定」が追加され、休戦オマーンは英国の保護領となった。[56]

1892年の条約の下で、休戦オマーンは、英国以外の領土を処分したり、英国以外の外国政府との関係を彼らの同意なしに締結したりしないことに同意しました。その見返りに、イギリス軍は、海によるすべての侵略から休戦オマーンを保護し、陸上攻撃の場合に支援することを約束しました。独占協定は、1892年3月6日から8日まで、アブダビ、ドバイ、シャルジャ、アジュマーン、ラスアルカイマ、ウンムアルカイワインの統治者によって署名されました。その後、インド総督とロンドンの英国政府によって承認されました。[要出典]英国の海上警察は、真珠光沢のある艦隊が比較的安全に活動できることを意味しました。ただし、英国の禁止奴隷貿易は、重要な収入源が一部のシェイクや商人に失われたことを意味しました。[57]

1869年、クバイサット族はカウルアルウダイドに定住し、時折旗が飛んでいるのが見られたオスマン帝国の支援を求めようとしました。Khawr al Udaydは、当時アブダビによって主張されていました。この主張は英国によって支持されていました。1906年、英国の政治家であるパーシーコックスは、アブダビの統治者であるザイードビンハリファアルナヒャン(「ザイードザグレート」)に、カウルアルウダイドが彼の首長国に属していることを書面で確認しました。[58]

英国時代と石油の発見

丘の頂上にあるダヤ砦1819年には、1819年ペルシャ湾キャンペーンに参加した最後のアルカシミ要塞でしたダヤの崩壊は、1820年の航海自由条約の調印への道を開くことでした

19世紀から20世紀初頭にかけて、真珠産業は繁栄し、ペルシャ湾の人々に収入と雇用の両方を提供しました。第一次世界大戦は業界に深刻な影響を及ぼしましたが、1920年代後半から1930年代初頭経済不況と、養殖真珠の発明が相まって、貿易を一掃しました。貿易の残党は、第二次世界大戦直後、新たに独立したインド政府がペルシャ湾のアラブ諸国から輸入された真珠に重い課税を課したときに、最終的には消えていきました。真珠光沢の衰退は、休戦オマーンに極度の経済的困難をもたらしました。[59]

1922年、英国政府は、休戦オマーンの統治者から、外国企業との同意なしに譲歩に署名しないという約束を確保しました。ペルシャ(1908年から)とメソポタミア(1927年から)での発見に続いて、石油などの天然資源の開発の可能性を認識し、英国主導の石油会社であるイラク石油会社(IPC)はこの地域に関心を示しました。 。アングロ・ペルシャ石油会社(APOC、後でブリティッシュ・ペトロリアム、またはBPになるためには)IPCで23.75パーセントのシェアを持っていました。 1935年から、石油を探索するための陸上の譲歩が地元の支配者によって許可され、APOCはIPCの関連会社であるPetroleum Concessions Ltd(PCL)に代わって最初の譲歩に署名しました。[60]APOCは、赤線協定の制限により、IPCを通じて運営する必要があったため、この地域だけを開発することはできませでした。 PCLと休戦オマーンの間でいくつかのオプションが署名され、真珠取引の崩壊後に貧困を経験しているコミュニティに有益な収入を提供しました。しかし、イラン、バーレーン、クウェート、カタール、サウジアラビアなどの周辺国に発生する収入から統治者が見ることができる豊富な石油は、とらえどころのないままでした。アブダビの最初の試錐孔は、1950年にIPCの運営会社であるPetroleum Development(Trucial Coast)Ltd(PDTC)によってラスサドルで掘削されました。深さ13,000フィート(4,000メートル)の試錐孔は1年かけて掘削されました。 100万ポンドの時点で莫大な費用がかかり、乾燥していることが判明しました。

1950年のドバイ。この写真の領域は、前景にあるバールドバイを示しています(アルファヒディフォートを中心に)。小川の反対側の真ん中右にあるデイラ。そして、デイラから再び小川を渡った背景にあるアル・シンダガ(左)とアル・ラス(右)

英国は首長国連邦のいくつかの小さな開発を支援する開発事務所を設立しました。その後、首長国の7つのシェイクは、首長国間の問題を調整するための評議会を形成することを決定し、開発事務所を引き継ぎました。 1952年、彼らはTrucial州評議会、形成[61]と任命アディー・ビター、ドバイのシェイク・ラシッド協議会に事務総長と法律顧問としての法律顧問を、。アラブ首長国連邦が結成されると、評議会は終了しました。[62]社会の部族的性質と首長国間の国境の定義の欠如は、しばしば紛争を引き起こし、調停またはまれに力によって解決された。Trucialオマーンスカウト 平和を維持するためにイギリスが使用した小さな軍事力でした。

1953年、BPの子会社であるD'Arcy Exploration Ltdは、アブダビの支配者からオフショアの譲歩を取得しました。BPはCompagnieFrançaisedesPétroles(後のTotal)と協力して、運営会社であるAbu Dhabi Marine Areas Ltd(ADMA)とDubai Marine Areas Ltd(DUMA)を設立しました。有名な海洋探検家ジャック・クストーが率いるものを含め、多くの海底石油調査が実施されました[63] [64]1958年、ドイツのハンブルクから浮体式プラットフォームリグが曳航され、掘削が開始されたアブダビ海域のウムシャイフ真珠層の上に配置されました。 3月に、それは多くの貴重な石油発見を提供するであろう岩層であるアッパータママで石油を襲った。これは休戦オマーンの最初の商業的発見であり、1962年に石油の最初の輸出につながりました。ADMAはザクムや他の場所でさらに沖合での発見を行い、他の企業はドバイ沖のファテ油田やシャルジャ沖のムバラク油田などの商業的発見を行いました。 (イランと共有)。[65]

その間、陸上探査は領土問題によって妨げられました。 1955年、英国は、ブライミオアシスをめぐるサウジアラビアとの紛争でアブダビとオマーンを代表しました[66] 1974年のアブダビとサウジアラビア間の合意は、アブダビとサウジアラビアの国境紛争を解決したように見えたが、これは批准されていない。[67]アラブ首長国連邦とオマーンの国境は2008年に批准された。[68]

PDTCは、紛争地域から離れた陸上探査を継続し、さらに5つのボアホールを掘削しました。しかし、1960年10月27日、同社はタリフ近くの海岸にあるマーバン第3坑井で商業量の石油を発見しました。[69] 1962年、PDTCはアブダビ石油会社になりました。石油収入が増加するにつれて、アブダビの支配者であるザイードビンスルタンアルナヒャンは、学校、住宅、病院、道路を建設する大規模な建設プログラムに着手しました。1969年にドバイの石油輸出が開始されたとき、ドバイの支配者であるシェイク・ラシッド・ビン・サイード・アル・マクトゥームは、限られた埋蔵量からの収益を投資して、現代の世界都市ドバイを生み出す多様化の推進力を刺激することができました[70]

独立

1971年12月2日、ドバイのユニオンハウスで首長国連邦の支配者がアラブ首長国連邦の旗を最初に掲げた様子を描いた歴史的な写真
Zayed bin Sultan Al Nahyanはアラブ首長国連邦の初代大統領であり、国民の父として認められています。

1966年までに、英国政府は現在のアラブ首長国連邦を管理および保護する余裕がなくなったことが明らかになりました。英国国会議員(MP)は、首長国を守るためのイギリス海軍の準備について議論しました。国防大臣の デニス・ヒーリーは、イギリス軍がひどく過大に引き伸ばされており、いくつかの点で首長国を守るための装備が危険なほど不足していると報告した。 1968年1月24日、英国のハロルドウィルソン首相は政府の決定を発表し、1971年3月にエドワードヒース首相によって再確認されました。、バーレーンとカタールと共に英国の保護下にあった7つの休戦オマーン首長国との条約関係を終わらせるため。発表の数日後、アブダビの支配者であるシェイクザイードビンスルタンアルナヒャンは、脆弱性を恐れて、イギリス軍を首長国に維持するための全費用を支払うことを申し出て、保護条約を尊重するようにイギリスを説得しようとしました。英国労働党政府はその申し出を拒否した。[71]労働党議員のゴロンウィ・ロバーツのシェイクザイードに英国の撤退のニュースを知らせたところ、ペルシャ湾の9つの首長国はアラブ首長国連邦の連合を結成しようとしましたが、1971年半ばまでに、英国の条約関係が12月に失効したにもかかわらず、連合の条件について合意することができませんでした。その年の。[72]

独立の前日に脆弱性への恐れが認識されました。イランの駆逐艦グループは、湾岸下部での演習から隊形を壊し、タンブ島に向けて航海しました。島々は強制的に奪われ、民間人とアラブの擁護者は同様に逃げることを許された。イギリスの軍艦は侵略の過程でアイドル状態でした。[73]駆逐艦グループアブムサ島に接近した。しかしそこでは、シェイク・ハリド・ビン・モハメッド・アルカシミがすでにイランのシャーと交渉しており、島はすぐに年間300万ドルでイランに賃貸されました。その間、サウジアラビアはアブダビの帯状地帯を主張しました。[74]

当初は提案されたアラブ首長国連邦の一部となることを目的としていましたが、バーレーンは1971年8月に独立し、カタールは1971年9月に独立しました。[75] 1971年12月2日、ドバイゲストハウス(現在はユニオンハウスとして知られている)で、6つの首長国(アブダビ、アジマン、ドバイ、フジャイラ、シャルジャ、ウンムアルカイワイン)がアラブ首長国連邦と呼ばれる組合に加盟することに合意した。 。ラス・アル・ハイマはその後、1972年1月10日にそれに加わった。[76] [77] 1972年2月、連邦国民評議会(FNC)が創設された。それは7人の支配者によって任命された40人のメンバーからなる諮問機関でした。アラブ首長国連邦は1971年12月6日にアラブ連盟に加盟し、12月9日に国連に加盟しました。[78]1981年5月に湾岸協力会議の創設メンバーであり、アブダビが最初のGCCサミットを主催しました。

アブダビ出身の19歳のエミラティ、アブドラモハメッドアルマイナは、1971年にUAE旗をデザインしました。旗の4色は、赤、緑、白、黒汎アラブ色であり、アラブ諸国。それは1971年12月2日に採択されました。アル・マイナはチリのUAE大使を務め、現在はチェコ共和国のUAE大使を務めています。[79]

独立後の期間

UAEは、米国およびその他による軍事作戦をサポートする連合国との戦争に従事タリバンアフガニスタンで(2001)、サダム・フセインBa'athistイラク(2003年)などの操作がグローバルサポート対テロ戦争のためにアフリカの角アルDhafra空軍基地アブダビの外側に位置。空軍基地はまた、1991年の湾岸戦争中の連合軍の作戦ノーザンウォッチ作戦を支援した。国はすでに1994年に米国と、1995年にフランスと軍事防衛協定に署名していた。[80] [81]2008年1月、フランスとアラブ首長国連邦は、フランスがアブダビ首長国に恒久的な軍事基地を設立することを許可する協定に署名しました。[82] UAEは2011年3月にリビアでの国際軍事作戦に加わった。

シャルジャ市のスカイライン

2004年11月2日、UAEの初代大統領であるシェイクザイードビンスルタンアルナヒャンが亡くなりました。シェイクハリファビンザイードアルナヒャンがUAEの大統領に選出されました。憲法に従い、UAEの最高統治者評議会はハリファを大統領に選出しました。シェイク・モハメッド・ビン・ザイード・アル・ナヒャンは、アブダビの皇太子としてハリファの後を継いだ。[83]で2006年1月には、シェイク・マクトゥーム・ビン・ラーシド・アール・マクトゥーム、UAEの首相、ドバイの支配者は、死亡した、とシェイク・ムハンマド・ビン・ラーシド・アール・マクトゥームは、両方の役割を引き受けました。

2006年12月16日にUAEで史上初の全国選挙が行われました。多くの有権者が連邦国民評議会のメンバーの半数を選びました。アラブ首長国連邦は、他の国々が経験したアラブの春を大部分逃れました。しかし、Al Islahの60人のエミラティ活動家が、クーデターの試みとUAEでのイスラム国家の樹立の試みで逮捕されました[84] [85] [86]近くのバーレーンでの抗議を念頭に置いて、2012年11月、UAEは自国政府のオンライン嘲笑を非合法化するか、ソーシャルメディアを通じて公の抗議を組織しようとした。[19]

2020年1月29日、73歳の中国人女性がUAEの検査で陽性を示したため、COVID-19パンデミックUAE到達したことが確認されました。[87] 2か月後の3月、政府は24時間の夜間外出禁止令を課し、すべてのエミレーツ航空の旅客便を停止することに加えて、ショッピングモール、学校、礼拝所の閉鎖を発表した[88] [89] [90] [91] [92]これは大きな経済的落ち込みをもたらし、最終的にはUAEの連邦機関の50%以上が合併しました。[93]

2020年8月29日には、UAEが持つ通常の外交関係を確立イスラエルと米国の助けを借りて、彼らは署名したアブラハムアコードをしてバーレーン[94]

2021年2月9日、UAEは、ホープという名前の探査機火星の軌道に到達したときに、歴史的なマイルストーンを達成しましたUAEは、最初の国となったアラブ世界の後、火星に到達するため、成功裏に火星に到達するための第五の国、第二国インドプローブその処女の試行で火星を周回し、。

地理

アラブ首長国連邦の地形

アラブ首長国連邦は中東に位置し、オマーン湾ペルシャ湾隣接し、オマーンとサウジアラビアの間にあります。世界の原油の重要な通過点であるホルムズ海峡の少し南の戦略的な場所にあります。[95]

アラブ首長国連邦は北緯22°30 'から26°10'、東経51°から56°25 'の間にあります。西、南、南東でサウジアラビアと530キロメートル(330マイル)の国境を共有し、南東と北東でオマーンと450キロメートル(280マイル)の国境を共有しています。Khawr al Udayd地域のカタールとの国境は、北西に約19 km(12マイル)あります。しかし、それは進行中の論争の原因です。[96] 1971年にイギリスがUAEから軍事的に離脱し、新しい州として設立された後、UAEは島々を主張し、未解決のままのイランとの紛争を引き起こした。[97]アラブ首長国連邦はまた、隣接するカタール州に対する他の島々の主張にも異議を唱えている。[98]最大の首長国であるアブダビは、UAEの総面積の87%を占めています[99](67,340平方キロメートル(26,000平方マイル))。[100]最小の首長国であるアジュマーンは、わずか259 km 2(100平方マイル)しか含まれていません(図を参照)。[101]

アラブ首長国連邦の衛星画像

アラブ首長国連邦の海岸は、ペルシャ湾の南岸に沿って約650 km(404マイル)伸びており、オマーン国の孤立した露頭によって一時的に中断されています。 6つの首長国連邦はペルシャ湾沿いにあり、7つ目のフジャイラは半島の東海岸にあり、オマーン湾に直接アクセスできます。[102] 海岸の大部分は、8〜10km内陸に伸びる塩田で構成されています。[103]最大の自然港はドバイにあるが、他の港はアブダビ、シャルジャ、その他の場所で浚渫されている。[104]ペルシャ湾には数多くの島々があり、そのうちのいくつかの所有権はイランとカタールの両方との国際紛争の対象となっています。小さな島々、そして多くの珊瑚礁や変化する砂州は、航行の脅威です。強い潮と時折の暴風は、岸の近くの船の動きをさらに複雑にします。アラブ首長国連邦には、オマーン湾のアルバシナ海岸も広がっています。ムサンダム半島、ホルムズ海峡によってアラビアの非常に先端、およびMadhaがあるexclavesオマーンUAEで区切られています。[105]

アラブ首長国連邦で最も高い山(1,892 m)であるラスアルハイマのジェベルジャイス通じる道路

アブダビの南と西では、広大でなだらかな砂丘がサウジアラビアのルブアルハリ砂漠(ルブアルハリ砂漠)に合流しています。[106]アブダビの砂漠地帯には、恒久的な定住と耕作に十分な地下水を備えた2つの重要なオアシスが含まれています。広大なリワオアシスは、サウジアラビアとの未定義の国境近くの南にあります。リワの北東約100km(62マイル)には、アブダビとオマーンの国境の両側に広がるアルブライミオアシスがあります。アルアインのザッカー湖は、オマーンとの国境近くにある人工ので、処理された廃水から作られました。[107]

1971年にこの地域から撤退する前に、英国は、連邦の形成を妨げる可能性のある領土紛争を先取りするために、7つの首長国間の内部境界線を描きました。一般的に、首長国連邦の統治者は英国の介入を受け入れましたが、アブダビとドバイの間、およびドバイとシャルジャの間の境界紛争の場合、UAEが独立するまで矛盾する主張は解決されませんでした。最も複雑な国境はアルハジャールアルガルビ山脈にあり、5つの首長国が12以上の飛び地で管轄権を争っていました。

生物多様性

フジャイラ近郊の砂漠地帯に生えているアカシアの

アラブ首長国連邦には、4つの陸域エコリージョンがあります。アルハジャル山地の森林地帯オマーン湾の砂漠と半砂漠アルハジャル山地の乾燥した森林地帯と低木地アルハジャル山地の森林地帯と低木地です[108]

オアシスはナツメヤシアカシアユーカリの木を育てます。砂漠では、植物相は非常にまばらで、やとげの茂みで構成されています。先住民の動物相は、集中的な狩猟のために絶滅の危機に瀕しており、1970年代にシェイクザイードビンスルタンアルナヒャンによって開始されたシルバニヤス島の保護プログラムにつながり、たとえばアラビアオリックスアラビアンの生存をもたらしました。ラクダヒョウ沿岸の魚哺乳類は、主にサバスズキマグロ、そしてサメとクジラ。

気候

アラブ首長国連邦の気候は亜熱帯気候で、夏は暑く、冬は暖かくなります。気候は砂漠気候に分類されます。最も暑い月は7月と8月で、海岸平野の平均最高気温は45°C(113°F)を超えます。アルハジャル山、温度は、かなり低い増加上昇の結果です。[109] 1月と2月の平均最低気温は10から14°C(50から57°F)の間です。[110]夏の終わりには、シャルキ(つまり「イースターナー」)として知られる湿気の多い南東の風が沿岸地域を特に不快にします。沿岸地域の平均年間降雨量は120mm(4.7インチ)未満ですが、一部の山岳地帯では年間降雨量が350 mm(13.8インチ)に達することがよくあります。沿岸地域の雨は、冬の間、短時間の集中豪雨に見舞われ、通常は乾燥したワジで洪水が発生することがあります。[111]この地域は時折激しい砂嵐見舞われやすく、視界が著しく低下する可能性があります。

2004年12月28日、アラブ首長国連邦で初めて、ラスアルハイマのジェベルジャイス山岳地帯で雪が記録されました[112]数年後、雪と雹がさらに目撃された。[113] [114] Jebel Jais山岳地帯は、記録が始まってから2回しか雪を経験していません。[115]

政府と政治

アラブ首長国連邦(UAE)は、首長国と呼ばれる7つの遺伝的部族君主制スタイルの政治システムの連合から構成される連邦 立憲君主制です。それはアブダビアジュマーンフジャイラシャルジャドバイラスアルハイマウンムアルカイワインの支配的なシェイクで構成される連邦最高評議会によって統治されています。国に与えられていないすべての責任は、個々の首長国に留保されています。[116]各首長国からの収入の割合は、UAEの中央予算に割り当てられます。[117]アラブ首長国連邦は、個々の首長国の支配者を指すために、エミールの代わりにシェイクという称号を使用しています。このタイトルは、アラビア部族の文化に準拠した首長国スタイルの統治システムのために使用されます。シェイクとは、リーダー、長老、または信者との共有意思決定に参加する氏族の部族長を意味します。

社長総理大臣は、連邦最高評議会によって選出されています。通常、アブダビのシェイクが大統領を務め、ドバイのシェイクが首相を務めます。1人を除くすべての首相が副大統領を兼務している。シェイクザイードビンスルタンアルナヒャンはUAEの創設者であり、7つの首長国を1つの国に統合したことで広く認定されています。彼は、2004年11月2日に亡くなるまで、UAEの初代大統領でした。翌日、連邦最高評議会は息子のシェイクハリファビンザイードアルナヒャンをポストに選出しました[118]

連邦政府は3つの支部で構成されています。

UAE電子政府は、その電子形式でUAE連邦政府の拡張です。[119]アラブ首長国連邦の閣僚評議会アラビア語مجلسالوزراء)は、首相が主宰する政府の最高行政機関です。連邦最高評議会によって任命された首相が大臣を任命します。閣僚評議会は22名のメンバーで構成され、憲法および連邦法に基づいて連邦の内外のすべての業務を管理しています。[120]アラブ首長国連邦は、寛容省、[121]幸福省、[122]を有する世界で唯一の国ですと人工知能省。[123] UAEに​​は、課題の解決策を見つけ、生活の質を向上させるように設計された、可能性省と呼ばれる仮想省もあります。[124] [125] UAEに​​は全国青年評議会もあり、UAE内閣では青年大臣が代表を務めています。[126] [127]

アラブ首長国連邦の立法府は、4年ごとに全国選挙を開催する連邦国民評議会です。 FNCは、すべての首長国連邦から選ばれた40人のメンバーで構成されています。各首長国には、完全な代表を確保するために特定の議席が割り当てられています。半分は構成首長国の統治者によって任命され、残りの半分は選出されます。法律により、評議会のメンバーは男性と女性の間で均等に分けられなければなりません。 FNCは、主にコンサルティングの役割に制限されています。[128] [129] [130]

アラブ首長国連邦は権威主義国家です。[31] [32] [33] [34]ニューヨークタイムズ紙によると、UAEは「進歩的で近代的な国家の輝きを備えた独裁政治」です。[131] UAEは、7つの構成君主制が独裁的な方法で部族の支配者によって率いられている「部族の独裁政治」として説明されてきた。[132]民主的に選出された機関はなく、言論の自由に対する正式な公約もありません。[35]人権団体によると、政府の批評家の拷問や強制失踪など、体系的な人権侵害があります。[35] UAEは、測定する自由指数でランクが低い市民の自由政治的権利アラブ首長国連邦は、市民の自由と政治的権利を測定するフリーダムハウスの年次Freedom in the Worldレポートで、毎年「NotFree」としてランク付けされています。[133]アラブ首長国連邦は、国境なき記者団報道の自由指数でもランクが低くなっています

外交関係

アラブ首長国連邦は、ほとんどの国や国連加盟国と幅広い外交的および商業的関係を持っています。OPEC重要な役割を果たしており湾岸協力会議(GCC)の創設メンバーの1人です。 UAEは、国連とその専門機関(ICAOILOUPUWHOWIPO)のほか、世界銀行IMFアラブ連盟イスラム協力機構(OIC)、および同盟のメンバーです。-整列した動き。また、それはのオブザーバーですフランコフォニー国際機関ほとんどの国は首都アブダビに外交使節団を持っており、ほとんどの領事館はアラブ首長国連邦最大の都市ドバイにあります。

エミラティの外交関係は、アラブ世界とのアイデンティティと関係によって大部分が動機付けられています[134]アラブ首長国連邦は、バーレーン、[135]中国、[136]エジプト、[137]フランス、[138]インド、[139]ヨルダン、[140]パキスタン[141]ロシア、[142]と強い関係を持っています。サウジアラビア[143]と米国。[144]

1971年にUAEから英国の撤退や状態としてUAEの確立に続いて、UAEはイランに対するペルシャ湾の3つの島、すなわち権係争アブ・ムーサ大トンブ島、および小トンブ島を。アラブ首長国連邦はこの問題を国際司法裁判所に持ち込もうとしましたが、イランはその考えを却下しました。[145]パキスタンは、UAEの設立時に正式に承認された最初の国でした。[146]アラブ首長国連邦は、複数の中東およびアフリカ諸国とともに、カタールがテロの国家支援者であるとの申し立てにより、2017年6月にカタールとの外交関係を断ち切りました。カタール外交危機関係は2021年1月に回復した。[147] UAEは2020年8月にイスラエル承認し、歴史的なイスラエルとアラブ首長国連邦の和平合意に達し、両国間の関係の完全な正常化につながった。[148] [149] [150]

軍隊

アラブ首長国連邦の軍事力は、1971年に歴史的なTrucial Oman Scoutsから結成されました。これは、東アラビアの公序良俗の長い象徴であり、英国の将校によって指揮されています。 Trucial Oman Scoutsは、UAEの設立に伴い、1971年に防衛軍の中核としてアラブ首長国連邦に引き渡され、連合防衛軍に吸収されました

当初は数が少なかったものの、UAEの軍隊は長年にわたって大幅に成長し、現在、フランス、米国、英国を中心とするさまざまな西側の軍事先進国から購入した最新の兵器システムを備えています。ほとんどの役員は、英国の卒業生です王立陸軍士官学校サンドハースト他の人が参加したと、米国陸軍士官学校ウェストポイント王立軍事大学、Duntroonオーストラリア、そして聖シル、フランスの陸軍士官学校を。フランスと米国は、防衛協力協定と軍事資材の提供において最も戦略的に重要な役割を果たしてきました。[151]

UAEの軍事配備の一部国連に歩兵大隊が含まUNOSOM IIの中に力ソマリア、1993年に第35機械化歩兵大隊コソボ、中のクウェートへの連隊イラク戦争を地雷除去に操業をレバノン不朽の自由作戦アフガニスタンリビアへのアメリカ主導の介入、シリアへのアメリカ主導の介入、そしてイエメンへサウジ主導の介入。積極的で効果的な軍事的役割は、その小さな活動的な人員にもかかわらず、UAE軍を「リトルスパルタ」としてニックネームを付けるように導きました。米国軍の将軍と元米国国防長官のジェームズ・マティス[152]

アラブ首長国連邦は、国際的に認められた国家協定政府(GNA)との対立において、ハリファ・ハフタル将軍リビア国民軍支援するためにリビア内戦に介入しました[153] [154] [155]

配備された軍事資産の例には、6機のUAEAFF -16と6機のミラージュ2000マルチロール戦闘機を送ることによるリビア上空の飛行禁止区域の施行[156]アフガニスタンでの地上部隊の配備、[157] 30 UAEAFFが含まれます。 -16年代とイエメン南部での地上部隊の配備[158]と、米国がシリアのISILターゲットに対して最初の空爆を開始するのを支援します。[159]

アラブ首長国連邦は、外国への依存を減らし、国の工業化を支援するために、より多くの軍事機器の生産を開始しました。国の軍事開発の例には、さまざまな船を生産し、ペルシャの浅瀬での運用用にカスタマイズされたコルベットを設計、開発、生産するプログラムであるBaynunahProgramの元請業者であるアブダビ造船会社(ADSB)が含まれます。湾。アラブ首長国連邦はまた、カラカルインターナショナルを通じて武器と弾薬をニムルLLCを通じて軍用輸送車両をエミレーツディフェンスインダストリーズカンパニーを通じて無人航空機をまとめて生産しています。 UAEはジェネラルダイナミクスF-16ファイティングファルコンを運用していますF-16Eブロック60のユニークなバリアントは、非公式に「デザートファルコンと呼ばれ、UAEの協力を得て、特にアラブ首長国連邦空軍のためにジェネラルダイナミクスによって開発されました[160]ザ・アラブ首長国連邦軍は、カスタマイズされた動作ルクレールタンクを、脇フランス軍から戦車の唯一の他のオペレータです。[161]中東最大の防衛展覧会および会議である国際防衛展覧会は、アブダビで隔年で開催されます。

アラブ首長国連邦は、予備役を拡大するために、2014年以来、16か月間成人男性に強制兵役を導入しました [162] UAE軍の歴史の中で最大の人命の損失は、2015年9月4日金曜日に発生し、イエメン中央部のマリブ地域で、武器の貯蔵庫を標的としたトチカミサイルによって52人の兵士が殺され、大爆発を引き起こした。[163]

行政区画

Location of the Emirates

アラブ首長国連邦は7つの首長国で構成されています。ドバイはアラブ首長国連邦の人口の35.6%を占める最も人口の多い首長国です。アブダビ首長国は、 UAEの人口の3分の2以上が、アブダビやドバイのいずれかに住んでいることを意味し、31.2%を持っています。

アブダビの面積は67,340平方キロメートル(26,000平方マイル)で、島を除いた国の総面積の86.7%です。 400 km(250 mi)以上に及ぶ海岸線があり、管理目的で3つの主要な地域に分割されています。ドバイ首長国連邦は、アラブ首長国連邦のペルシャ湾岸に沿って約72 km(45マイル)伸びています。ドバイの面積は3,885平方キロメートル(1,500平方マイル)で、島を除いた国の総面積の5%に相当します。シャルジャ首長国連邦は、アラブ首長国連邦のペルシャ湾の海岸線の約16 km(10マイル)に沿って、内部まで80 km(50マイル)以上伸びています。フジャイラ、アジュマーン、ラスアルハイマ、ウンムアルカイワインを含む北部首長国連邦すべての総面積は3,881平方キロメートル(1,498平方マイル)です。共同管理下にある2つの領域があります。 1つはオマーンとアジュマーンが共同で管理し、もう1つはフジャイラとシャルジャが共同で管理しています。

ワディマダとして知られているアラブ首長国連邦の領土に囲まれたオマーンの飛び地があります。ムサンダム半島とシャルジャ首長国のオマーンの他の地域の中間に位置しています。それは約75平方キロメートル(29平方マイル)をカバーし、境界は1969年に解決されました。マダの北東の角は、わずか10メートル(33フィート)離れたホールファカン-フジャイラ道路に最も近いです。マダのオマーンの飛び地の中には、同じくシャルジャ首長国に属するナワと呼ばれるUAEの飛び地があります。ニューマダの町の西のダートトラックで約8km(5.0マイル)です。クリニックと電話交換機を備えた約40軒の家で構成されています。

国旗 エミレーツ 資本 人口 領域
2018年 (km 2 (mi 2
Flag of Abu Dhabi.svg アブダビ アブダビ 2,784,490 29.0% 67,340 26,000 86.7%
Flag of Ajman.svg アジュマーン アジュマーン 372,922 3.9% 259 100 0.3%
Flag of Dubai.svg ドバイ ドバイ 4,177,059 42.8% 3,885 1,500 5.0%
Flag of Fujairah (1952–1972).svg フジャイラ フジャイラ 152,000 1.6% 1,165 450 1.5%
Flag of Ras al-Khaimah.svg ラスアルハイマ ラスアルハイマ 416,600 4.3% 2,486 950 3.2%
Flag of Sharjah.svg シャルジャ シャルジャ 2,374,132 24.7% 2,590 1,000 3.3%
Flag of Umm al-Qaiwain.svg ウンム・アル・カイワイン ウンム・アル・カイワイン 72,000 0.8% 777 300 1%
Flag of the United Arab Emirates.svg アラブ首長国連邦 アブダビ 9,599,353 100% 77,700 30,000 100%

日没時に飛んでいるドバイ警察のヘリコプター。

アラブ首長国連邦には連邦裁判所制度があります。裁判所の構造には、民法、刑法、シャリア法の3つの主要な支部がありますアラブ首長国連邦の司法制度は、大陸法制度とシャリーア法から派生しています。裁判所制度は、民事裁判所とシャリア裁判所で構成されています。UAEの刑事裁判所および民事裁判所は、刑法および家族法に成文化されたシャリーア法の要素を適用します。

体罰および死刑

エミレーツパレスホテルで勤務中のアブダビ警察パトカー

むち打ちは、姦通婚前交渉、薬物やアルコールの乱用などの犯罪に対する罰です[164] [165] [166]シャリーアの裁判所の判決によると、むち打ちは80から200回のまつ毛の範囲である。[164] [167] [168]人の名誉に関連する言葉による虐待は違法であり、80回のまつ毛で罰せられる。[169] 2007年から2014年の間に、UAEの多くの人々が100回の鞭打ちを宣告された。[170] [171] [172] [173] [174] [175] [176] [177] [178] [過度の引用]さらに最近では、2015年に、2人の男性が女性を殴ったり侮辱したりしたとして80回のまつ毛を宣告されました。[179] 2014年、アブダビの駐在員は、飲酒と幼児のレイプの後、懲役10年とまつ毛80回の刑を宣告された。[180] 2020年11月の時点で、イスラム教徒と非イスラム教徒の飲酒は合法である。過去に、多くのイスラム教徒はアルコール消費のために80または40回のまつ毛を宣告されました。[181] [182] [183] [184] [185] [186] [187] [188] [189] [190] [191] [192] [過度の引用]不法なセックスは60回のまつ毛で罰せられることがあります。[193][194] [195] 80回のまつ毛は、いくつかの首長国でむち打ちを宣告された人の標準的な数です。 [196]シャリーアの裁判所は、むち打ちで家事労働者に罰則を科した。 [197] 2013年10月、フィリピン人の女中は非嫡出妊娠で100回のまつ毛を宣告された。 [177]飲酒運転は厳密に違法であり、80回のまつ毛で罰せられます。多くの駐在員は飲酒運転で80回のまつ毛を宣告されています。 [198] [199] [200] [201] [202] [203] [204] [過度の引用] UAE法の下では、婚前交渉は100回のまつ毛で罰せられます。 [205]

石打ちはアラブ首長国連邦での法的な罰です。 2014年5月、アジアのメイドがアブダビで石打ちで死刑判決を受けました。[206] [207] [208]他の駐在員は、姦通を犯したとして石打ちで死刑を宣告された。[209] 2009年から2013年の間に、数人が石打ちで死刑を宣告された。[173] [210] [211]中絶は違法であり、最大100回の鞭打ちと最長5年の懲役が科せられます。[212]近年、数人の人々が石打ちまたは100回のまつ毛を宣告された後、違法な性的事件で有罪の罪状認否を撤回した。[213] [214]姦淫を犯した場合の罰は、未婚の人には100回のまつ毛、既婚の人には石打ちで死ぬことです。[215]

切断は、シャリーア裁判所によるUAEの法的罰です。[216] [217] [218] [219] [220] はりつけは、アラブ首長国連邦における法的な罰です。[221] [222] [223]連邦刑法第1条は、「イスラム法の規定は、教義上の罰、懲罰的罰および血のお金の犯罪に適用される」と述べている。[224]連邦刑法は、連邦刑法と矛盾する個々の首長国の刑法内の規定のみを廃止した。したがって、両方を同時に実行できます。[225]

シャリーア裁判所と家族法

シャリア裁判所は、家族法事件を独占的に管轄し、姦通、婚前交渉、強盗、アルコール消費、および関連する犯罪を含むいくつかの刑事事件も管轄しています。シャリーアに基づく個人的地位法は、結婚、離婚、子供の監護権などの問題を規制しています。イスラムの個人的地位に関する法律は、イスラム教徒、場合によっては非イスラム教徒に適用されます。[226]非イスラム教徒の駐在員は、結婚、離婚および監護権に関するシャリーアの判決に責任を負う可能性がある。[226]

エミラティの女性は、男性の保護者から結婚して再婚する許可を得る必要があります。[227]この要件は、アラブ首長国連邦のシャリーアの解釈に由来し、2005年から連邦法となっています。[227]すべての首長国連邦において、イスラム教徒の女性が非イスラム教徒と結婚することは違法です。[228]アラブ首長国連邦では、イスラム教徒の女性と非イスラム教徒の男性との結婚組合は、「淫行」の一形態と見なされているため、法律で罰せられる[228] UAE結婚基金は2012年に、30歳以上の女性の大多数が未婚であると報告した。これは、30歳以上の女性の5分の1だけが未婚だった1995年から3倍になりました。[229]

公共の場でのキスは違法であり、国外追放につながる可能性があります。[230]ドバイの駐在員は、公の場でキスをしたために国外追放された。[231] [232] [233]アブダビでは、人々は公の場でキスしたことで80回のまつ毛を宣告された。[234]アラブ首長国連邦の新しい連邦法がで宣誓禁止のWhatsApp 250,000により宣誓不利AEDの罰金と懲役。[235]駐在員は国外追放によって罰せられる。[235] [236] [237] 2015年7月、オーストラリアの駐在員がFacebookでののしり言葉で国外追放されました。[238] [239] [240] [241] [242]

同性愛は違法であり、UAEの資本犯罪です。[243] [244] 2013年、エミラティの男性は「同性愛者の握手」で告発されたとして裁判にかけられていた。[244]アブダビ刑法の第80条は、ソドミーを最長14年の懲役に処し、ドバイの刑法の第177条は、合意に基づくソドミーに最長10年の懲役を課している。[245]

2020年11月、UAEはアルコールを非犯罪化し、同棲している未婚のカップルの禁止を解除し、名誉殺人に対する刑罰を終了したと発表しましたエミレーツに住む外国人は、離婚と相続に関する自国の法律に従うことが許可されていました。[246]

冒涜法

背教アラブ首長国連邦での死によって罰せられる犯罪です。[247] [248] 冒涜は違法です。イスラム教を侮辱することに関与する駐在員は国外追放の責任があります。[249] UAEは、シャリーアのハッド犯罪(すなわち、神に対する犯罪)を刑法に組み込んでいます。背教はその1つです。[250]アラブ首長国連邦の刑法の第1条および第66条は、ハッド刑を死刑で罰することを要求している。[250] [251]したがって、背教はアラブ首長国連邦での死によって罰せられる。

いくつかのケースでは、UAEの裁判所は、レイプを報告した女性を投獄しました。[252] [253] [84] [254] [255] [256]たとえば、英国の女性は、3人の男性に輪姦されたと報告した後、「アルコール消費」の罪で起訴された。[84] [255]別の英国人女性は、レイプされたと報告した後、「公衆酩酊と婚外性交渉」で起訴された[253]。一方、オーストラリア人女性は、UAEでの集団レイプを報告した後、同様に懲役刑を宣告された。[253] [84]別の最近の事件では、18歳のエミラティの少女が、検察が長期の懲役とむち打ちで彼女を脅迫したとき、6人の男性による輪姦の訴えを取り下げた。[257]女性はまだ1年の刑務所で服役しなければならなかった。[258] 2013年7月、ノルウェーの女性、マルテ・ダレルフが警察にレイプを報告し、「違法なセックスとアルコール摂取」の罪で懲役刑を言い渡された。[253]

アラブ首長国連邦では、公の場でのダンスは違法です。[259] [260] [261]

人権

むち打ち石打ちはUAEの法的な罰です。この要件はシャリーア法由来し、2005年から連邦法となっています。[262] UAEの一部の国内労働者は、むち打ちや石打ちなどのシャリーア司法罰に関する国の解釈の犠牲者です。[197]フリーダム・イン・ザ・ワールドに関するフリーダム・ハウスの年次報告書は、アラブ首長国連邦を1999年以来毎年「無料ではない」と記載しており、その最初の年は彼らのウェブサイトで記録が入手可能です。[133]

アラブ首長国連邦はアラブの春を脱出しました。しかし、100人以上のエミラティ活動家が改革を求めたために投獄され拷問された。[86] [263] [264] 2011年以降、UAE政府はますます強制失踪を実施している[265] [266] [267] [268] [269] [270]多くの外国人とエミラティ市民が国によって逮捕され、拉致された。アラブ首長国連邦政府は、これらの人々が(彼らの居場所を隠すために)拘束されていることを否定し、これらの人々を法律の保護の対象外に置いています。[264] [266] [271]ヒューマン・ライツ・ウォッチによると、UAEでの強制失踪と拷問の報告は重大な懸念事項です。[267]

人権のためのアラブ組織が、彼らは、誘拐、拷問や拘置所で虐待を受けていたことを報告し、「UAEにおける強制失踪と拷問」にその報告書のために、多くの被告から証言を得ています。[266] [271]報告書には、激しい殴打、感電死の脅迫、医療へのアクセスの拒否など、16の異なる拷問方法が含まれていた[266] [271]

2013年、94人のエミラティ活動家が秘密の拘留センターに拘留され、政府の転覆を試みたとして裁判にかけられた。[272]人権団体は、裁判の秘密に反対している。父親が被告の一人であるエミラティは、裁判についてツイートしたとして逮捕された。 2013年4月、彼は懲役10か月の刑を言い渡されました。[273]最近の強制失踪には、アブダビからの3人の姉妹が関与している[274]

アラブ首長国連邦の市民と外国人が協力して国を不安定化させる「国際的な陰謀」があるというUAE政府の主張を正当化するために、非首長国連邦に対しても抑圧的な措置がとられた。[271]外国人も国外追放のキャンペーンの対象となった。[271]アラブ首長国連邦で何年も働いた後、国を離れるのにほんの数日しか与えられなかったエジプト人や他の外国人の多くの記録された事例があります。[271]

強制失踪の対象となった外国人には、2人のリビア人[275]と2人のカタールが含まれます。[271] [276]アムネスティは、カタール人男性がUAE政府に拉致され、UAE政府は男性の運命に関する情報を家族から差し控えたと報告した。[271] [276]拘留され、投獄され、追放された外国人の中には、人気のブロガーでありツイッターのパーソナリティであるイヤード・エル・バグダディがいる。[271]彼はアラブ首長国連邦当局によって逮捕され、拘留され、投獄され、その後国から追放された。[271]アラブ首長国連邦での生涯の居住にもかかわらず、パレスチナ市民として、エル・バグダディはこの命令に異議を唱える手段を持っていなかった。[271]彼はパレスチナの領土に強制送還することができなかったので、彼はマレーシアに強制送還されました。[271]

近年、多くのシーア派イスラム教徒の駐在員がアラブ首長国連邦から強制送還されています。[277] [278] [279]特にレバノンのシーア派家族は、ヒズボラへの同情の疑いで国外追放された[280] [281] [282] [283] [284] [285]一部の組織によると、近年、4,000人以上のシーア派駐在員がUAEから強制送還されています。[286] [287]

女性の家事労働者性的虐待の問題は、特に家事使用人が1980年のUAE労働法または2007年の労働法草案の対象外であることを考えると、別の懸念事項です。[288]労働者の抗議は抑制され、抗議者は適法手続。[289] 2013年の年次報告書で、アムネスティインターナショナルは、アラブ首長国連邦の多くの人権問題に関する不十分な記録に注意を向けた。彼らは、言論と集会の自由に対する政府の制限的なアプローチ、恣意的逮捕と拷問の使用、UAEによる死刑の使用を強調した[290]

アラブ首長国連邦の国家治安機関は、強制失踪、恣意的逮捕、拷問など、一連の残虐行為と人権侵害で告発されています[291]。

結社の自由も大幅に制限されています。すべての協会とNGOは、社会問題省を通じて登録する必要があるため、事実上国の管理下にあります。約20の非政治グループが登録なしで領土で活動しています。すべての協会は検閲ガイドラインに提出する必要があり、すべての出版物は最初に政府によって承認される必要があります。[292]

移民労働者

ブルジュ・ハリファを背景に写真を撮る南アジアの2人のブルーカラー労働者

アラブ首長国連邦の移民労働者は、労働組合に加入したり、ストライキを行ったりすることは許可されていません。ストライキをした人は、数十人の労働者がストライキのために国外追放された2014年に見られたように、刑務所と国外追放の危険を冒す可能性がある[293] [294][295]国際労働組合総連合は上呼びかけた国連UAEにおける出稼ぎ労働者の数千人を奴隷労働として扱われるという証拠を調査します。[296]

2019年、The Guardianが実施した調査では、UAEのExpo 2020展示会のインフラストラクチャと建築プロジェクトに従事する数千人の移民建設労働者が、危険な環境で働いていることが明らかになりました。心血管イベントに関連する潜在的に致命的な状況にさらされている人さえいます。太陽の下で長時間過ごすと、熱射病に対してより脆弱になります。[297]

2020年1月の報告書は、アラブ首長国連邦の雇用主がインドの労働者を搾取し、労働許可よりも簡単で安価な観光ビザ雇用していることを強調しています。これらの移民労働者労働虐待にさらされたままであり、違法な地位のために搾取を報告することも恐れています。さらに、アラブ首長国連邦とインドの移民および雇用の記録の両方で訪問ビザのデータが維持されていないため、この問題は不明なままです。[298]

2020年7月22日のニュース記事で、ロイターは人権団体がコロナウイルスのパンデミックのために状態が悪化したと述べたと報告しました。多くの移民労働者は借金を積み上げ、慈善団体の助けに頼っていました。報告書は、過密な生活条件、サポートの欠如、医療や病欠に関連する問題に加えて、給与の遅延と一時解雇を主要なリスクとして挙げています。ロイター通信は、外交使節団によると、主にインドからだけでなく、パキスタン、バングラデシュ、フィリピン、ネパールからも少なくとも20万人の労働者が本国に送還されたと報告した。[299]

2020年5月2日ドバイインド総領事館Vipulは、アラブ首長国連邦の15万人以上のインド人が、UAEのインド領事館が提供する電子登録オプションを通じて帰国するよう登録したことを確認しました。数字によると、25%の申請者が職を失い、15%近くが封鎖のために国内で立ち往生した。また、全応募者の50%はインドケララ州出身でした。[300]

2020年10月9日、テレグラフは、COVID-19による経済の逼迫の中で職を失ったため、多くの移民労働者が見捨てられたままになっていると報告しました仕事がなく、ビザの有効期限が切れているため、多くの人が街の輝く高層ビルの下の公園に身を寄せ、帰国便を呼びかけました。ホワイトカラーの労働者もコロナウイルスの発生以来、多くの英国人駐在員が帰国したため、エミレーツ航空でのパンデミックの脅威にさらされていました[301]

さまざまな人権団体が、万博2020を主催する主要な請負業者による移民労働者の虐待の疑いについて深刻な懸念を表明しています。UAEのビジネスソリューションプロバイダーであるドイツパビリオンも、移民労働者の虐待の責任を負っています。[302]

メディア

UAEのメディアは、毎年の「自由でない」と分類されたプレスの自由の報告フリーダムハウス[303]アラブ首長国連邦は、国境なき記者団による年次報道の自由指数でのランクが低いドバイメディアシティtwofour54は、UAEの主要なメディアゾーンです。アラブ首長国連邦には、中東放送センターOrbit ShowtimeNetworkなどの汎アラブ放送局があります。 2007年、シェイク・モハメッド・ビン・ラシッド・アル・マクトゥームは、ジャーナリストが彼らの仕事に関連する理由でもはや起訴または投獄されることはできないと布告しました。[304]同時に、UAEは、「公の秩序」を脅かす可能性のあるオンライン資料を広めることを違法とし[305]、国家の評判を「欺くまたは損なう」人々および「軽蔑を示す」人々に懲役刑を言い渡しています。宗教。[306]

アラブ首長国連邦の印刷媒体

UAE Year Book 2013によると、UAEで作成および発行されたタガログ語新聞に加えて、7つのアラビア語新聞と8つの英語新聞があります。アラブ首長国連邦で人気のある地元で認可された新聞は次のとおりです。

アラビア語:

英語:

アラブ首長国連邦で地元で認可されている人気のアラビア語雑誌は次のとおりです。

  • Zahrat Al Khaleej
  • マジッド
  • ナショナルジオグラフィックアルアラビーヤ​​マガジン。

ソーシャルメディア

Facebook、Twitter、YouTube、Instagramなどの新しいメディアは、UAEで政府機関だけでなく、一般の人々にも広く使用されています。[307] UAE政府は、公式のソーシャルメディアアカウントを利用して、一般の人々とコミュニケーションを取り、彼らのニーズを聞いています。[307]

卑猥な写真や投稿を共有する

新サイバー犯罪法の第17条は、ポルノ素材または公衆道徳や善行に反する可能性のあるその他の素材を作成および/または公開した人を罰します。[308]

そうすることで有罪とされた人は誰でも懲役250,000ディルハム(68,398ドル)から500,000ディルハムの罰金が科せられます。[308]

経済

アラブ首長国連邦の輸出の比例代表、2019年

アラブ首長国連邦は、ベドウィンの部族の並置から、わずか約50年で世界で最も裕福な州の1つに発展しました。経済成長は、この若い首長国連合の歴史を通じて印象的で着実に進んでおり、たとえば2008年から2009年の世界的な金融および経済危機、そして2015年から2019年まで続く、さらに2、3年の混合年があります。 。2000年から2018年の間に、平均実質国内総生産(GDP)の伸びは4%近くでした。[309]これはGCC(サウジアラビアに次ぐ)で2番目に大きな経済であり[310]、名目国内総生産(GDP)は4,142億米ドル、実質GDPは2018年の2010米ドルで3,928億米ドルです。[309 ]1971年の独立以来、UAEの経済は非石油貿易は1200000000000 AED、1981年から2012年までの周りの28倍の成長に成長してきた2013年に1450000000000 AEDへのほぼ231倍に成長してきました[310]担保することにより世界で7番目に大きい石油鉱床であり、決定された経済的自由主義と確固たる政府の統制と組み合わされた思いやりのある投資のおかげで、UAEは過去40年間で3倍以上の実質GDPを見てきました。今日、UAEは世界で最も裕福な国の1つであり、一人当たりのGDPはOECD平均よりもほぼ80%高くなっています。[309]

アラブ首長国連邦の経済成長は目覚ましいものがありますが、総人口は1975年の約55万人から、2018年には1,000万人近くに増加しました。この増加は主に、外国人労働者の国内への流入によるものであり、国民の人口は少数。アラブ首長国連邦は、UAEでの居住が厳格なビザ規則を条件とする独自の労働市場システムを特徴としています。このシステムは、労働供給が経済の景気循環を通じて需要に迅速に適応するため、マクロ経済の安定性の点で大きな利点です。これにより、政府は国内の失業率を3%未満という非常に低いレベルに保つことができます。また、他の政府が失業との戦いと戦いの間でトレードオフを行う必要があるマクロ経済政策に関して、政府にさらに余裕を持たせることができます。インフレーション。[309]

2014年から2018年の間に、宿泊施設と食品、教育、情報通信、芸術とレクリエーション、不動産の各セクターは成長の面でパフォーマンスを上回りましたが、建設、ロジスティクス、専門サービス、公共、石油とガスのセクターはアンダーパフォームしました。[309]

ビジネスと金融

アブダビのスカイライン

UAEは、安定した政治的およびマクロ経済的条件、未来志向の政府、優れた一般インフラストラクチャ、ICTインフラストラクチャなど、強力な実現環境を企業に提供します。さらに、この国は規制環境を継続的かつ説得力のある改善を行っており[309]世界銀行グループが発行したDoing Business 2017 Reportにより、ビジネスを行う上で世界で26番目に優れた国としてランク付けされています。[311]UAEは、世界経済フォーラム(WEF)の世界競争力指数(GCI)、世界幸福度報告(WHR)、世界イノベーション指数(GII)など、他のいくつかの世界指数のトップランクにあります。たとえば、エコノミストインテリジェンスユニット(EIU)は、UAEをビジネス環境の観点から地域的に2位、世界的に22位に割り当てています。 2018年のアラブ青年調査から、UAEは、生活、安全とセキュリティ、経済的機会、起業などの分野でアラブ首長国連邦として、また他の州がエミュレートする例として浮上しています。[309]

弱点は、UAE人口全体の教育レベル、金融および労働市場の制限、貿易障壁、およびビジネスのダイナミズムを妨げるいくつかの規制のままです。しかし、国にとっての主要な課題は、投資と強力な実現条件を知識、革新、創造的な成果に変換することです。[309]

アラブ首長国連邦の法律では、労働組合の存在は許可されていません。[312]への権利団体交渉ストライキの権利は認識されず、そして労働省は仕事に戻って力の労働者への力を持っています。ストライキに参加した移民労働者は、労働許可を取り消して国外追放することができます。[312]その結果、労働問題に関連する差別禁止法はほとんどなく、エミラティスや他のGCCアラブ人は、競合他社よりも資格が少なく、モチベーションが低いにもかかわらず、公共部門の仕事を優先しています。実際、エミラティの労働者の80%強が政府の役職に就いており、残りの多くは次のような国営企業に参加しています。エミレーツ航空ドバイプロパティ[313]

アラブ首長国連邦の中央銀行(CBUAE)は米ドル(USD)にペッグを維持し、金利をフェデラルファンド金利に近づけるため、UAEの金融政策は安定性と予測可能性を強調しています。この政策は、世界的および地域的な経済的および地政学的な不確実性の現在の状況において理にかなっています。また、輸出がUAEの経済成長の主な推進力になっているという事実(GDPへの国際貿易の貢献は2017年の31%から2018年には33.5%に増加し、期間全体のGDP成長を上回っています)、およびAEDは現在過小評価されており、このポリシー、特にペグからの逸脱は、短期的にはUAE経済のこの重要な部分に悪影響を及ぼします。ただし、中長期的には、ペグの重要性は低くなります。アラブ首長国連邦が知識ベースの経済に移行し、石油およびガス部門からさらに独立するにつれて(石油は現在もAEDではなく米ドルで取引されています)。それどころか、政府が自由に使える金融政策を持ち、インフレを目標とし、税金への過度の依存を避け、為替レートと金利の決定が財政政策措置と矛盾する状況を回避することがますます重要になるでしょう。近年、金融政策が経済拡大に対する財政政策の効果を制限している場合があります。過度の税金への依存を避け、金融政策が経済拡大に対する財政政策の影響を制限している近年のように、為替レートと金利の決定が財政政策措置と矛盾する状況を避けます。過度の税金への依存を避け、金融政策が経済拡大に対する財政政策の影響を制限している近年のように、為替レートと金利の決定が財政政策措置と矛盾する状況を避けます。[309]

フィッチレーティングスよると、不動産セクターの衰退は、UAE銀行が保有する資産の質を徐々に悪化させ、経済をより厳しい時代に導くリスクに続いています。小売業や不動産業と比較すると、UAEの銀行は順調に推移しました。アラブ首長国連邦の通貨が準拠している2016年以降の米国の金利上昇により、収益性が向上しました。しかし、金利が急落し、不良債権の準備費用が増加する可能性は、経済にとって今後の困難な時期を示しています[314]

2015年以降、需要と供給の両方に影響を与える多くの要因により、経済成長はより複雑になっています。 2017年と2018年の成長率はプラスでしたが、それぞれ0.8%と1.4%の低水準でした。経済を支援するために、政府は現在、拡大財政政策に従っています。しかし、この政策の効果は、縮小している金融政策によって部分的に相殺されています。 2018年の財政刺激策がなければ、UAE経済はおそらくその年に縮小したでしょう。成長の鈍化の原因の1つは信用収縮であり、これは他の要因の中でもとりわけ金利の上昇によるものです。近年の高赤字にもかかわらず、政府債務は低水準にとどまっています。政府債務に関連するリスクは低いままです。インフレは2017年と18年に回復しています。要因は、2018年に5%の付加価値税(VAT)が導入されたことと、商品価格の上昇でした。政府の拡大財政政策と2018年および2019年初頭の経済成長にもかかわらず、消費者物価にとって重要ないくつかのセクターでの供給過剰により、価格は2018年後半と2019年に下落しています。[309]

2020年7月、UAEを拠点とする企業であるEssentra FZEは、米国司法省に665,112ドルの罰金を支払うことに合意しました同社は、北朝鮮に利益をもたらすために禁止された米ドル取引を処理するように米国の銀行を操作するためにフロント企業と金融機関の欺瞞的なネットワークを使用する犯罪スキームを考案することによって北朝鮮に対する米国の制裁詐取した[315]

UAEは、企業や裕福な個人にとって魅力的な税制を備えており、租税回避を求める企業にとって好ましい目的地となっています。NGO Tax Justice Networkは、2021年にそれらを10の最大のタックスヘイブンのグループに配置します。[316]

オイルとガス

UAEのリーダーシップは、1980年代の石油価格の暴落の前にすでに経済の多様化の取り組みを推進してきました。UAEは現在、中東および北アフリカ(MENA)地域で最も多様化した経済です。石油・ガス部門は依然としてUAE経済において重要な役割を果たしていますが、これらの努力は、石油価格の変動と経済の混乱の時期における大きな回復力という点で成果を上げています。 2018年には、石油およびガス部門がGDP全体に26%貢献しました。VATの導入により、政府は追加の収入源を得ることができました。これは、2018年の総収入の約6%、つまり270億アラブ首長国連邦ディルハムです。(AED)–財政政策に、政府の総歳入の約36%を占める石油およびガス関連の歳入からの独立性を高める。政府は依然としてVATの正確な取り決めを調整する可能性がありますが、予見可能な将来に新しい税金が導入される可能性はほとんどありません。追加の税金は、アラブ首長国連邦の企業が国内で事業を行うための主要な誘惑の1つを破壊し、経済に大きな負担をかけることになります。[309] UAEは、他の国と比較して1人あたり大量の二酸化炭素を排出します。[317]

観光

観光はUAE経済全体の成長セクターとして機能します。ドバイは中東でトップの観光地です。[254]毎年恒例のMasterCardGlobal Destination Cities Indexによると、ドバイは世界で5番目に人気のある観光地です。[318]ドバイはUAEの観光経済の最大66%のシェアを占めており、アブダビが16%、シャルジャが10%を占めています。ドバイは2013年に1000万人の観光客を迎えました。

アラブ首長国連邦は、この地域で最も先進的で開発されたインフラストラクチャを備えています。[319] 1980年代以来、UAEはインフラストラクチャに数十億ドルを費やしてきました。これらの進展は、アブダビとドバイのより大きな首長国で特に明白です。北部首長国連邦は急速に追随しており、住宅および商業用不動産の開発者に大きなインセンティブを提供しています。[320] [321]

2019年のアラブ首長国連邦のインバウンド観光支出は、アウトバウンド観光支出の118.6パーセントのシェアを占めました。[321] 2020年1月6日以降、アラブ首長国連邦への観光ビザは5年間有効です。[322]旅行および観光産業は、2028年までに約2,806億アラブ首長国連邦ディルハムをUAEのGDPに貢献すると予測されています。[321]

輸送

空気

エミレーツ航空、ドバイを拠点とする世界最大の航空会社の1つ
エティハド航空アブダビを拠点とするアラブ首長国連邦で2番目に大きな航空会社

ドバイ国際空港は、ロンドンヒースローを追い越して、2014年に国際旅客輸送によって世界で最も混雑する空港になりました[323]

高速道路

アブダビドバイシャルジャアジュマーンウンムアルカイワインラスアルハイマ、アラブ首長国連邦で最も長い道路であるE11高速道路結ばれています。ドバイでは、に加えてドバイメトロドバイトラムジュメイラ・モノレール市のも、接続特定の部品。RTAが運営するバス、タクシー、アブラ、水上タクシーのネットワークもありますドバイのダウンタウンにある2階建てトラムシステムであるT1は、2015年から2019年まで稼働していました。

サリックは、オープンまたはクリアを意味し、2007年7月に発売されたドバイの電子料金収受システムであり、ドバイの交通渋滞管理システムの一部です。サリックの料金所を通過するたびに、高度な無線周波数識別(RFID)テクノロジーを使用して、ドライバーのプリペイド料金口座から料金が差し引かれます。ドバイの戦略的な場所に配置された4つのサリック料金所があります:アルマクトゥーム橋、アルガルフード橋、そしてアルサファとアルバーシャのシェイクザイードロード沿い。[324]

ドライブの資格

法定年齢を超え、医学的に健康な個人のお客様、市民、居住者は、運転学習許可を取得し、新しい運転免許証を申請する資格があります。運転免許証を取得するための最低年齢要件は、免許証を取得する車両によって異なります。最低年齢要件は次のとおりです。[325]

  • 二輪車と特別支援を必要とする人々のための車両のための17年
  • 車と軽自動車で18年
  • 大型車とトラクターで20年
  • バスは21年。

レール

Aドバイメトロ電車。ドバイメトロはアラビア半島初の高速輸送システムであり、2016年まで世界最長の無人メトロネットワークでした。

全国の1,200km(750 mi)の鉄道が建設中であり、すべての主要都市と港を接続します。[326]ドバイメトロは、アラビア半島で最初の都市鉄道ネットワークです。[327]

アラブ首長国連邦の主要港であるハリファポートザーイド港、ポートジュベル・アリポートラシッドハリド港ポートサイード、およびポートKhorのFakkan[328] 首長国連邦は、ヨーロッパと中国またはアフリカの間の貿易に参加するために、ますますロジスティクスと港を開発しています。この目的のために、港は急速に拡大されており、その技術への投資が行われています。

エミレーツは歴史的かつ現在、中国の海岸から南にインドの南端を経由してモンバサに、そこから紅海を経由してスエズ運河経由して地中海に、そしてそこから上部アドリア海地域に至る海上シルクロードの一部です。中央ヨーロッパ、東ヨーロッパ、北海への鉄道接続があるトリエステの北イタリアのハブ[329] [330]

電気通信

UAEはEtisalatEmirates Integrated Telecommunications Company( "du")の2つの電気通信事業者によって運営されています。Etisalatはが作動独占をDUは2007年2月にモバイルサービスを開始するまで、[331]のインターネット加入者は2012年に266万に2007年に0904000から増加すると予想された[332]レギュレータ、電気通信規制庁、宗教のためのウェブサイトをフィルタリング義務付け、政治的および性的なコンテンツ。[333]

5Gワイヤレスサービスは、Huaweiとのパートナーシップを通じて2019年に全国に導入されました[334]

文化

伝統的なスークデイラ、ドバイ

エミラティ文化はアラビア文化に基づいており、ペルシャインド東アフリカの文化の影響を受けています[335]アラビアとペルシャに触発された建築は、地元のエミラティのアイデンティティの表現の一部です。[336]ペルシャのエミラティ文化への影響は、伝統的なエミラティ建築や民芸品に顕著に見られます。[335]たとえば、伝統的なエミラティの建物の上にある独特の風の塔であるバージールは、エミラティ建築の識別マークになり、ペルシャの影響を受けています。[335]この影響は、19世紀初頭にペルシャの税制から逃れたトレーダーと、ペルシャ沿岸の港、たとえばリンゲのアルカシミ港のエミラティ所有権の両方に由来しています。[337]

バンドがエミラティの結婚式でラズファを演奏します。Razfahは、アラブの部族の剣の戦いから派生した文化的なダンスです。

アラブ首長国連邦には多様な社会があります。[338]ドバイの経済は国際貿易と観光に依存しており、訪問者に開かれています。一方、アブダビの経済は化石燃料の採掘に重点を置いているため、アブダビ社会はより国内的です。[339]

アラブ首長国連邦の主要な休日には、イードアルフィトルのマーク終わりラマダン、そしてナショナルデー(12月2日)、アラブ首長国連邦のマーク形成を。[340]エミラティの男性は、ウールまたは綿で織られた足首までの長さの白いチュニックであるカンドゥラを着用することを好み、エミラティの女性は、体のほとんどの部分を覆う黒い上着であるアバヤを着用します[341]

古代エミラティの詩は、8世紀のアラブの学者アルハリールビンアーメドの影響を強く受けていました。 UAEでの最古の詩人があるイブンマジッドラアス・アル=ハイマで1432年と1437年の間に生まれ、。最も有名なエミラティの作家は、ムバラク・アル・オカイリ(1880–1954)、セーラム・ビン・アリ・アル・オワイス(1887–1959)、アーメド・ビン・スレイエム(1905–1976)でした。ヒラグループとして知られるシャルジャの他の3人の詩人は、アポロとロマン派の詩人の影響を強く受けていたことが観察されています。[342]シャルジャ国際ブックフェアは、国内で最古で最大です。

アラブ首長国連邦の美術館リストには、地域の評判の一部が含まれています。最も有名なシャルジャには、17の美術館があり、1998年にはアラブ世界の文化の中心地でした[343][344]ドバイでは、アルクオズのエリアはサルサリ私立美術館などの美術館だけでなく、多くのアートギャラリーを魅了してきました[345]アブダビは、サディヤット島に文化地区を設立したグッゲンハイムアブダビルーブルアブダビを含む6つの壮大なプロジェクトが計画されています。[346]ドバイはまた、クンスタール美術館とギャラリーやアーティストのための地区。[347]

エミラティ文化は東アラビアの文化の一部ですリワアフリカ大湖沼地域のバントゥー族の子孫を含むコミュニティを中心に、地元で行われる音楽とダンスの一種です[342]はドバイデザートロックフェスティバルはまた、ヘビーメタル、ロックアーティストからなるもう一つの大きなお祭りです。[348]アラブ首長国連邦映画館は最小限ですが、拡大しています。

料理

Lugaimatアラビアコーヒー; 伝統的なエミラティの甘いもの。

エミレーツの伝統的な食べ物は常に米、魚、肉でした。アラブ首長国連邦の人々は、イラン、サウジアラビア、パキスタン、インド、オマーンを含む他の西アジアと南アジアの国々からの食品のほとんどを採用しています。シーフードは何世紀にもわたってエミラティダイエットの主力でした。肉と米は他の主食であり、子羊と羊肉は山羊と牛肉よりも好まれます。人気のある飲み物はコーヒーと紅茶で、カルダモンサフランミント組み合わせて独特の風味を与えることができます。[349]

人気の文化首長国の料理が含まthreedmachbooskhubisakhameerchababながら、他の人の間でパンをLugaimatは有名な首長国のデザートです。[350]

西洋文化の影響で、ファーストフードは若者の間で非常に人気があり、ファーストフードの過剰の危険性を強調するキャンペーンが行われています。[351]アルコールは、ホテルのレストランやバーでのみ提供することが許可されています。すべてのナイトクラブはアルコールの販売を許可されています。特定のスーパーマーケットではアルコールを販売している場合がありますが、これらの製品は別々のセクションで販売されています。同様に、ハラーム(イスラム教徒には許可されていません)である豚肉は、すべての主要なスーパーマーケットの別々のセクションで販売されています。アルコールは消費される可能性がありますが、公衆酩酊したり、血中に微量のアルコールを入れて自動車を運転したりすることは違法であることに注意してください。[352]

スポーツ

フォーミュラワンはアラブ首長国連邦で特に人気があり、アブダビのヤス島あるヤスマリーナサーキット毎年グランプリが開催されます。レースは夕方に行われ、昼間から始まり夜に終わる初めてのグランプリでした。[353]他の人気のあるスポーツには、ラクダレース鷹狩りエンデュランス乗馬テニスなどがあります。[354]ドバイ首長国にドバイゴルフクラブエミレーツゴルフクラブの2つの主要なゴルフコースもあります。

過去には、子ラクダ騎手が使用され、広く批判されていました。最終的に、UAEはスポーツへの子供の使用を禁止する法律を可決し、ほとんどすべての子供騎手を迅速に排除することになりました。[355]最近、人権侵害の問題であった子ラクダ騎手の問題を克服するためにロボット騎手が導入された。アンサー・バーニーは、この分野で彼が行った仕事でしばしば称賛されます。[356]

フットボール

サッカーはアラブ首長国連邦で人気のあるスポーツです。アル・ナスルアル・アインアル・ワスルシャルジャアル・ワフダシャバブ・アル・アーリは最も人気のあるチームであり、長年の地域チャンピオンの評判を楽しんでいます。[357]アラブ首長国連邦サッカー協会は、 1971年に設立されて以来、ゲームを促進整理にその時間と労力を捧げている青少年プログラムを、そのプレイヤーだけでなく、の能力を向上するだけでなく、関係者やコーチは、その地域に関与しましたチーム。UAEはの資格FIFAワールドカップでは1990エジプトと一緒にそれは2つのアラブの後、適格国と第三連続でワールドカップだったクウェートアルジェリアでは1982年、そしてイラクで再び、アルジェリア1986アラブ首長国連邦はガルフカップ選手権で2回優勝しています。1目は2007年1月にアブダビで開催され、2回目は2013年1月にバーレーンで開催されまし[358]国は2019AFCアジアカップを主催したUAEチームは準決勝まで進み、最終的なチャンピオンであるカタールに敗れました

クリケット

クリケットはUAEで最も人気のあるスポーツの1つです。これは主に、SAARC諸国、英国、オーストラリアからの駐在員がいるためです。国際クリケット評議会(ICC)の本部は、2009年に設立されICCアカデミー含め、2005年からドバイスポーツシティ複合施設にあります[359] UAEに​​は多くの国際クリケット会場があり、頻繁に開催されています。地元の気候とドバイの輸送ハブとしての地位により、国際トーナメントや「ニュートラル」な二国間シリーズに使用されます。アラブ首長国連邦が主催する注目すべき国際トーナメントには、2014年の19歳未満のクリケットワールドカップが含まれています。2021 ICC男子T20ワールドカップ、の3つのエディションアジアカップ1984年1995年および2018年)。注目すべき根拠は、シャルジャクリケット協会スタジアムシャルジャ[360] シェイク・ザイード・クリケットスタジアムアブダビ、そしてドバイ国際クリケットスタジアムをドバイで。[361]

エミレーツクリケット委員会(ECB)は、1990年にICCのメンバーとなったUAE代表クリケットチームがための資格を持ってクリケットのワールドカップ2回(上の1996および2015[362] [363]ICC男子T20ワールドカップで1回(2014年)。全国女子チーム顕著に参加し、同様にアジアで最強の仲間のチームの一つである2018年ICC女子ワールドトゥエンティ20修飾子

2009年のスリランカ代表クリケットチームへの攻撃の後、UAEはパキスタンスーパーリーグを主催するだけでなく、ほぼ10年間、パキスタン代表クリケットチームの事実上の本拠地としての役割を果たしました[364] [365] UAEはまた、最近では2020年にインディアンプレミアリーグ(IPL)の2つのエディションを主催しました。[366]

教育

ユニバーシティシティホールは、シャルジャのユニバーシティシティある最大のホールです卒業式シャルジャのアメリカン大学シャルジャ大学、および技術の高い大学は、特にここで開催されています。

中等教育レベル教育システムは、アブダビ教育評議会の管轄下にあるアブダビを除くすべての首長国で教育省によって監視されています。小学校中学校高校で構成されています。公立学校は政府の資金で運営されており、カリキュラムはアラブ首長国連邦の開発目標に合わせて作成されています。公立学校の教授言語はアラビア語で、第二言語としての英語に重点が置かれています。国際的に認定されている私立学校もたくさんあります。アラブ首長国連邦の市民は、国内の公立学校は無料ですが、私立学校の料金は異なります。

高等教育システムは、高等教育省によって監視されています。同省はまた、学生を学部機関に入学させる責任があります。[367] 2015年の成人の識字率は93.8%でした。[368]

アラブ首長国連邦は、教育と研究の改善に強い関心を示しています。企業には、CERT研究センター、マスダール科学技術研究所、企業開発研究所の設立が含まれます。[369] QSランキングによると、国内のトップランクの大学は、ユナイテッドアラブエミレーツ大学(世界で421〜430位)、ハリファ大学[370](世界で441〜450位)、シャルジャのアメリカ大学(431〜 440位)およびシャルジャ大学(世界で551〜600位)。[371]アラブ首長国連邦はグローバルイノベーションインデックスで34位にランクされました2020年、2019年の36位から増加。[372] [373] [374] [375]

人口統計

ドバイのパームジュメイラヤシの葉にある住宅用ヴィラ
シャルジャの古い住宅街で、地元の建築物が展示されています。

世界銀行の推定によると、2018年のUAEの人口は9543万人です。移民は88.52%を占め、エミラティスは残りの11.48%を占めています。[376]この独特の不均衡は世界で最も高い21.71という国の非常に高い純移住率によるものです[377]アラブ首長国連邦の市民権は、親権以外の方法で取得することは非常に困難であり、非常に特別な状況下でのみ付与されます。[378]

アラブ首長国連邦は民族的に多様です。ドバイ、シャルジャ、アジュマーンの首長国で最も人口の多い5つの国籍は、インド(25%)、パキスタン(12%)、エミラティ(9%)、バングラデシュ(7%)、フィリピン(5%)です。[379] ヨーロッパ、オーストラリア、北アメリカおよびラテンアメリカからの移民は人口の50万人を構成します。[380] [381] 10万人以上のイギリス国民がこの国に住んでいます。[382]残りの人口は他のアラブ諸国から来ています。[2] [383]

アラブ首長国連邦の人口の約88%は都市部です。[384] 2012年の平均寿命は76.7であり、他のどのアラブ諸国よりも長かった。[385] [386]全人口の各女性の男性/女性の性比は2.2であり、15〜65歳のグループでは2.75対1であり、UAEの性別の不均衡はカタールに次いで世界で2番目に高い。[387]

宗教

2010年のアラブ首長国連邦の宗教(ピューリサーチ[388] [389]
宗教 パーセント
イスラム教
76%
キリスト教
13%
ヒンドゥー教
7%
仏教
2%
他の
1%
なし
1%

イスラム教UAEの最大かつ公式の国教です。政府は他の宗教に対する寛容の方針に従い、非イスラム教徒の宗教活動に干渉することはめったにありません。[390]

アラブ首長国連邦にはシーア派イスラム教徒よりもスンニ派が多く[391]、エミラティ人口の85%がスンニ派イスラム教徒です。残りの15%の大多数は、ドバイシャルジャの首長国連邦に集中しているシーア派イスラム教徒です。非市民居住者のスンニ派イスラム教徒とシーア派イスラム教徒の内訳に関する公式の統計はありませんが、メディアの推定によると、非市民イスラム教徒の人口の20%未満がシーア派です。[392]アブダビのシェイクザイードモスクは、国内最大のモスクであり、主要な観光名所です。イバード派は、UAEでのオマーン人の間で共通であり、一方、スーフィー 影響も存在します。[393]

ローマカトリックプロテスタントは、キリスト教の少数派のかなりの割合を占めています。国には少なくとも45の教会があります。[394]アラブ首長国連邦の多くのキリスト教徒は、レバノン、シリア、エジプトなどの中東諸国とともに、アジア、アフリカ、ヨーロッパ出身です。[395]アラブ首長国連邦は南アラビアの使徒座代理区の一部を形成し、牧師使徒座代理区のパウル・ヒンデルアブダビに拠点を置いています。[396]

アラブ首長国連邦には小さなユダヤ人コミュニティがあります。唯一の既知ありシナゴーグで、ドバイシナゴーグも訪問者を歓迎し、2008年以来開いてきました、。[397] 2019年現在、民族理解財団のラビ・マーク・シュナイアーよれば、UAEには約150家族から3,000人のユダヤ人が自由に住み崇拝していると推定されています。[398]

アラブ首長国連邦の南アジア人は、国内最大の民族グループを構成しています。[399] 200万人以上のインド人移民(主にケララ州南部アーンドラプラデーシュ州カルナータカ沿岸部タミルナードゥ州から)がUAEに住んでいると推定されています。[400]現在、ドバイのアラブ首長国連邦には、ドバイにあるヒンドゥー寺院、ドバイ(地元ではシヴァとクリシュナマンディールと呼ばれる)の1つだけがあります。別の寺院、BAPSヒンドゥーマンディールアブダビは、アブダビBAPSスワミナラヤンサンスタンによって建てられているヒンドゥー寺院です

他の宗教も含め、アラブ首長国連邦に存在するシーク教仏教ユダヤ教バハイドルーズ[228]

UAE外務大臣と国際協力、アブドラビン・ザイード・2019年の設計と建設計画を発表しました、アブラハムのファミリーハウスの複雑な異教徒家屋こととなる、シナゴーグモスク、そして教会サディヤット島アブダビ[401]

最大の都市

 
アラブ首長国連邦で最大の都市または町
2021年の計算
ランク 名前 エミレーツ ポップ。
Dubai
Dubai
Abu Dhabi
Abu Dhabi
1 Dubai Dubai 3,386,941 Sharjah
Sharjah
Al Ain
Al Ain
2 Abu Dhabi Abu Dhabi 1,807,000
3 Sharjah Sharjah 1,274,749
4 Al Ain Abu Dhabi 766,936
5 Ajman Ajman 490,035
6 Ras Al Khaimah Ras al Khaimah 115,949
7 Fujairah Fujairah 97,226
8 Umm Al Quwain Umm Al Quwain 61,700
9 Dibba Al-Fujairah Fujairah 41,017
10 Khor Fakkan Sharjah 39,151

Languages

Arabic is the national language of the United Arab Emirates. The Gulf dialect of Arabic is spoken natively by Emirati people.[402] The area was occupied by the British until 1971 and, with many expatriates resident, English is the primary lingua franca in the UAE. Consequently, a knowledge of English is a requirement when applying for most local jobs.

Health

The life expectancy at birth in the UAE is at 76.96 years.[403] Cardiovascular disease is the principal cause of death in the UAE, constituting 28% of total deaths; other major causes are accidents and injuries, malignancies, and congenital anomalies.[404] According to World Health Organisation data from 2016, 34.5% of adults in the UAE are clinically obese, with a body mass index (BMI) score of 30 or more.[405]

In February 2008, the Ministry of Health unveiled a five-year health strategy for the public health sector in the northern emirates, which fall under its purview and which, unlike Abu Dhabi and Dubai, do not have separate healthcare authorities. The strategy focuses on unifying healthcare policy and improving access to healthcare services at reasonable cost, at the same time reducing dependence on overseas treatment. The ministry plans to add three hospitals to the current 14, and 29 primary healthcare centres to the current 86. Nine were scheduled to open in 2008.[406]

The introduction of mandatory health insurance in Abu Dhabi for expatriates and their dependents was a major driver in reform of healthcare policy. Abu Dhabi nationals were brought under the scheme from 1 June 2008 and Dubai followed for its government employees. Eventually, under federal law, every Emirati and expatriate in the country will be covered by compulsory health insurance under a unified mandatory scheme.[407] The country has benefited from medical tourists from all over the Cooperation Council for the Arab States of the Gulf. The UAE attracts medical tourists seeking cosmetic surgery and advanced procedures, cardiac and spinal surgery, and dental treatment, as health services have higher standards than other Arab countries in the Persian Gulf.[408]

See also

References

  1. ^ "Fact sheet". United Arab Emirates. U.ae. Retrieved 31 August 2020.
  2. ^ a b c "United Arab Emirates". CIA World Factbook.
  3. ^ Stewart, Dona J. (2013). The Middle East Today: Political, Geographical and Cultural Perspectives. London and New York: Routledge. p. 155. ISBN 978-0415782432.
  4. ^ Day, Alan John (1996). Political Parties of The World. Stockton. p. 599. ISBN 1561591440.
  5. ^ "United Arab Emirates Constitution". UAE Ministry of Justice. Retrieved 10 October 2018.
  6. ^ a b "United Arab Emirates Population (2020)". www.worldometers.info.
  7. ^ a b c d "United Arab Emirates". International Monetary Fund.
  8. ^ "GINI index (World Bank estimate) – United Arab Emirates". data.worldbank.org. World Bank. Retrieved 30 March 2020.
  9. ^ "Human Development Report 2020" (PDF). United Nations Development Programme. 15 December 2020. Retrieved 15 December 2020.
  10. ^ nationsonline.org, klaus kästle -. "Map of United Arab Emirates - Nations Online Project". Nations Online Project. Retrieved 8 July 2021.
  11. ^ nationsonline.org, klaus kästle-; nationsonline.org, klaus kästle-. "Map of the Persian Gulf". Nations Online Project. Retrieved 8 July 2021.
  12. ^ "The Federal Boundaries of the United Arab Emirates" (PDF).
  13. ^ "United Arab Emirates's Constitution of 1971 with Amendments through 2004" (PDF). ConstituteProject.org. Retrieved 29 October 2017.
  14. ^ Habboush, Mahmoud. (10 October 2013) Call to naturalise some expats stirs anxiety in the UAE. Uk.reuters.com. Retrieved 10 October 2015
  15. ^ "Labor Migration in the United Arab Emirates: Challenges and Responses". migrationpolicy.org. 18 September 2013. Retrieved 12 February 2016.
  16. ^ "United Arab Emirates country profile". BBC News. 28 September 2016. Retrieved 23 October 2016.
  17. ^ "Production of Crude Oil including Lease Condensate 2016" (CVS download). U.S. Energy Information Administration. Retrieved 27 May 2017.
  18. ^ U.S. Energy Information Administration, International Energy Statistics, accessed 17 January 2019.
  19. ^ a b "United Arab Emirates profile". BBC News. 14 November 2012.
  20. ^ Iyer, Srinivasan (30 December 2014). "Dubai International is world's busiest airport". The National. Retrieved 4 January 2015.
  21. ^ "IMF Data Mapper". Imf.org. Retrieved 12 February 2016.
  22. ^ Augustine, Babu Das (1 January 2018). "New era in UAE as VAT takes effect". GulfNews. Retrieved 12 July 2018.
  23. ^ Laipson, Ellen (3 September 2014). "The UAE and Egypt's New Frontier in Libya". The National Interest. Retrieved 26 October 2014.
  24. ^ Evans, Gareth (29 July 2011). "Middle Power Diplomacy". Retrieved 26 October 2014.
  25. ^ Nations, United. "Member States". United Nations. Retrieved 7 July 2021.
  26. ^ "Arab League | History, Purpose, Members, & Achievements". Encyclopedia Britannica. Retrieved 7 July 2021.
  27. ^ "Organisation of Islamic Cooperation". www.oic-oci.org. Retrieved 7 July 2021.
  28. ^ "OPEC : United Arab Emirates". www.opec.org. Retrieved 7 July 2021.
  29. ^ "Member states of the Non-Aligned Movement". Worlddata.info. Retrieved 7 July 2021.
  30. ^ "Gulf Cooperation Council | History, Member Countries, Purpose, & Summits". Encyclopedia Britannica. Retrieved 7 July 2021.
  31. ^ a b Herb, Michael (2009). "A Nation of Bureaucrats: Political Participation and Economic Diversification in Kuwait and the United Arab Emirates". International Journal of Middle East Studies. 41 (3): 375–395. doi:10.1017/S0020743809091119. ISSN 1471-6380. S2CID 154366494.
  32. ^ a b Ledstrup, Martin (2019). "Nationalism and Nationhood in the United Arab Emirates". Palgrave: 10. doi:10.1007/978-3-319-91653-8. ISBN 978-3-319-91652-1. S2CID 158959849.
  33. ^ a b "Hypocrisy of Dubai's World Tolerance Summit". Human Rights Watch. 14 November 2018. Retrieved 6 April 2021.
  34. ^ a b "United Arab Emirates says it will offer citizenship to some". Associated Press. 30 January 2021. Retrieved 6 April 2021.
  35. ^ a b c Stack, Liam (30 April 2017). "Dubai Introduces Its Own Font, Lauding Free Expression It Does Not Permit". The New York Times. ISSN 0362-4331. Retrieved 25 May 2021.
  36. ^ thedigitalphilatelist (8 January 2021). "United Arab Emirates". The Digital Philatelist. Retrieved 8 July 2021.
  37. ^ Heard-Bey, Frauke (2004). From Trucial States to United Arab Emirates. Motivate. p. 370. ISBN 978-1860631672.
  38. ^ Pennington, Roberta (5 February 2014). "UAE archaeologist discovers the Swiss Army knife from 130,000 years ago". The National. Retrieved 19 February 2017.
  39. ^ "Abu Dhabi Islands Archaeological Survey (ADIAS)". Adias-uae.com. Retrieved 12 February 2016.
  40. ^ Woolley, Leonard (1963). The Early History of Civilisation. UNESCO. p. 611.
  41. ^ Bey, Frauke (1996). From Trucial States to United Arab Emirates. Longman. UK. p. 127. ISBN 978-0582277281.
  42. ^ Bey, Frauke (1996). From Trucial States to United Arab Emirates. Longman. UK. pp. 127–128. ISBN 978-0582277281.
  43. ^ Ibrahim Abed; Peter Hellyer (2001). United Arab Emirates, a New Perspective. Trident Ltd. pp. 83–84. ISBN 978-1-900724-47-0.
  44. ^ Bey, Frauke (1996). From Trucial States to United Arab Emirates. Longman. UK. pp. 22–23. ISBN 978-0582277281.
  45. ^ Thomas, Jen (12 December 2012). "Ancient secrets of Sir Bani Yas unveiled". The National. Archived from the original on 22 December 2015. Retrieved 19 February 2017.
  46. ^ Hawley, Donald (1971). The Trucial States. Allen & Unwin. UK. pp. 48–51. ISBN 978-0049530058.
  47. ^ Lorimer, John (1908). The Gazetteer of the Persian Gulf, Oman and Central Arabia. Government of India. Bombay. pp. 1432–1436.
  48. ^ Bey, Frauke (1996). From Trucial States to United Arab Emirates. Longman. UK. p. 43. ISBN 978-0582277281.
  49. ^ 'Kashf Al Gumma' "Annals of Oman from Early times to the year 1728 AD" – Journal of the Asiatic Society of Bengal, 1874
  50. ^ Ibn Ruzaiq, translated by GP Badger, "History of the Imams and Sayids of Oman", London 1871
  51. ^ Bey, Frauke (1996). From Trucial States to United Arab Emirates. Longman. UK. p. 282. ISBN 978-0582277281.
  52. ^ Baker, Randall (1979), King Husain and the Kingdom of Hejaz, The Oleander Press, Great Britain
  53. ^ Biral, Bilal Emre (2009). The British Threat to the Ottoman Presence in the Persian Gulf during the Era of Abdülhamid II and the Responses toward it. Ankara: Middle East Technical University. CiteSeerX 10.1.1.633.1663.
  54. ^ "November 3, 2008 – The UAE is the old Pirate Coast. Not much has changed". Wayne Madsen Report. Archived from the original on 8 December 2011. Retrieved 12 February 2016.
  55. ^ Al Qasimi, Sultan (1986). The Myth of Arab Piracy in the Gulf. Croom Helm. UK. ISBN 978-0709921066.
  56. ^ "British Era". www.na.ae. Retrieved 18 July 2018.
  57. ^ United Arab Emirates – The Economy. Library of Congress Country Studies. Retrieved 14 July 2013.
  58. ^ Morton, Michael Quentin (2016). Keepers of the Golden Shore: A History of the United Arab Emirates. London: Reaktion Books. pp. 49–50. ISBN 978-1780235806. Retrieved 19 February 2017.
  59. ^ "UAE History & Traditions: Pearls & pearling". UAEinteract. Archived from the original on 6 February 2016. Retrieved 12 February 2016.
  60. ^ Heard, David (2013). From Pearls to Oil. Motivate. UAE. pp. 41–42. ISBN 978-1860633119.
  61. ^ "Al Khaleej News Paper". Archived from the original on 3 August 2008.
  62. ^ "Trucial States Council until 1971 (United Arab Emirates)". Flags of the World. Archived from the original on 29 April 2011.
  63. ^ Cousteau, Jacques (August 1955). "Calypso explores for underwater oil". National Geographic Magazine. CVIII (2). Retrieved 19 February 2017.
  64. ^ Morton, Michael Quentin (June 2015). "Calypso in the Arabian Gulf: Jacques Cousteau's Undersea Survey of 1954". Liwa. 7 (13): 3–28. Retrieved 27 November 2016.
  65. ^ Butt, Gerald. "Oil and Gas in the UAE" (PDF). UAE Interact. Archived from the original (PDF) on 23 November 2015. Retrieved 19 November 2014.
  66. ^ "United Arab Emirates (06/07)". State.gov. Retrieved 12 February 2016.
  67. ^ Gray, Matthew (2014). Global Security Watch – Saudi Arabia. Santa Barbara: ABC-CLIO. p. 99. ISBN 978-0-313-38699-2. Retrieved 20 June 2015.
  68. ^ "Historic UAE-Oman accord involves 272km of border". Gulf News. 22 July 2008. Retrieved 19 February 2017.
  69. ^ Heard, David (2013). From Pearls to Oil. Motivate. UAE. pp. 413–416. ISBN 978-1860633119.
  70. ^ "Middle East | Country profile: United Arab Emirates". BBC News. 11 March 2009.
  71. ^ Gornall, Jonathan (2 December 2011). "Sun sets on British Empire as UAE raises its flag". The National. Abu Dhabi.
  72. ^ "History the United Arab Emirates (UAE) – TEN Guide". Guide.theemiratesnetwork.com. 11 February 1972. Archived from the original on 8 June 2009. Retrieved 23 June 2009.
  73. ^ Mirfendereski, Guive (25 September 2012). "Tonb Islands (Greater and Lesser), two tiny islands of arguable strategic importance in the eastern Persian Gulf, south of the western tip of Qešm island". Archived from the original on 4 July 2015.
  74. ^ Krane, Jim (2009). City of Gold: Dubai and the Dream of Capitalism. pp. 81–84.
  75. ^ "Bahrain – Independence". Country-data.com.
  76. ^ Smith, Simon C. (2004). Britain's Revival and Fall in the Gulf: Kuwait, Bahrain, Qatar, and the Trucial States, 1950–71. Routledge. p. 64. ISBN 978-0-415-33192-0.
  77. ^ "Trucial Oman or Trucial States – Origin of Trucial Oman or Trucial States | Encyclopedia.com: Oxford Dictionary of World Place Names". Encyclopedia.com. Archived from the original on 19 November 2011.
  78. ^ De Butts, Freddie (1995). Now the Dust Has Settled. Tabb House. p. 228. ISBN 978-1873951132.
  79. ^ "International Relations Abdullah Mohamed Al Maainah". Czech Gulf Business Council. 12 March 2018. Archived from the original on 25 March 2019. Retrieved 25 March 2019.
  80. ^ Prados, Alfred B. (2002). "Iraqi Challenges and U.S. Responses: March 1991 through October 2002" (PDF). Library of Congress. Archived from the original on 18 August 2006.CS1 maint: unfit URL (link)
  81. ^ Foley, Sean (March 1999). "The UAE: Political Issues and Security Dilemmas" (PDF). Middle East Review of International Affairs. 3 (1).
  82. ^ "United Arab Emirates profile – Timeline". BBC News. 14 November 2012.
  83. ^ "Veteran Gulf ruler Zayed dies". BBC News. 2 November 2004.
  84. ^ a b c d Bakr, Amena (21 July 2013). "Woman jailed in Dubai after reporting rape hopes to warn others". Reuters. Retrieved 5 November 2013.
  85. ^ "Brotherhood 'sought Islamist state in UAE'". 21 September 2012. Retrieved 20 November 2012.
  86. ^ a b "United Arab Emirates: Silencing dissent in the United Arab Emirates (UAE)". Amnesty International. Retrieved 12 February 2016.
  87. ^ Hammond, Ashley; Chaudhary, Suchitra Bajpai; Hilotin, Jay (10 February 2020). "Watch: How the first coronavirus case in UAE was cured". Gulf News. Retrieved 11 February 2020.
  88. ^ "Coronavirus: UAE shuts malls for two weeks". gulfnews.com.
  89. ^ "Why UAE school closures are an important opportunity to fight coronavirus". The National. Retrieved 13 April 2020.
  90. ^ "Coronavirus: Prayers at mosques and all other places of worship in UAE suspended". gulfnews.com. Retrieved 13 April 2020.
  91. ^ "Coronavirus: UAE imposes night curfew as it carries out disinfection campaign". Middle East Eye. Retrieved 26 March 2020.
  92. ^ "Dubai's Emirates cuts passenger flights to 13 destinations". Associated Press. 22 March 2020.
  93. ^ "UAE merges ministries in ambitious government restructuring". Financial Times. Retrieved 5 July 2020.
  94. ^ "Israel and UAE strike historic deal to normalise relations". BBC News. 13 August 2020.
  95. ^ "UAE Oil and Gas". Uae.gov.ae. 19 June 1999. Archived from the original on 5 July 2008.
  96. ^ "Saudi-UAE Disputes". Arabmediawatch.com. 21 August 1974. Archived from the original on 8 April 2010.
  97. ^ "UAE official calls for international action to end "Iranian occupation" of disputed islands". Middle East Institute. Retrieved 27 July 2021.
  98. ^ "UAE Disputes, International UAE Disputes, UAE Boundary Dispute, UAE National Disputes, UAE Emirate Disputes, Claims Three Islands, Abu Musa Island, Greater & Lesser Tumb, The History of Islands, Human Resources UAE, Arab Emirates". www.uaeprison.com. Retrieved 25 June 2018.
  99. ^ Oxford Business Group (2016). The Report: Abu Dhabi 2015. Oxford Business Group. p. 17. ISBN 978-1910068250.
  100. ^ Brinkmann, Robert; Garren, Sandra J. (2018). The Palgrave Handbook of Sustainability: Case Studies and Practical Solutions. Springer. p. 806. ISBN 978-3319713892.
  101. ^ D'Avanzo, Carolyn (2008). Mosby's Pocket Guide to Cultural Health Assessment. Elsevier Health Sciences. p. 751. ISBN 978-0323086042.
  102. ^ Taylor & Francis Group (2003). The Middle East and North Africa 2004. Psychology Press. p. 1175. ISBN 1857431847.
  103. ^ Schulz, Stephan; Horovitz, Marcel; Rausch, Randolf; Michelsen, Nils; Mallast, Ulf; Köhne, Maximilian; Siebert, Christian; Schüth, Christoph; Al-Saud, Mohammed; Merz, Ralf (1 December 2015). "Groundwater evaporation from salt pans: Examples from the eastern Arabian Peninsula". Journal of Hydrology. 531: 792–801. Bibcode:2015JHyd..531..792S. doi:10.1016/j.jhydrol.2015.10.048. ISSN 0022-1694.
  104. ^ iContainers (4 April 2020). "Top 5 Ports in United Arab Emirates". iContainers. Retrieved 17 August 2021.
  105. ^ Lancaster, William; Lancaster, Fidelity (2011). Honour is in Contentment: Life Before Oil in Ras Al-Khaimah (UAE) and Some Neighbouring Regions. Walter de Gruyter. ISBN 978-3-11-022339-2.
  106. ^ "Empty Quarter". earthobservatory.nasa.gov. 31 August 2008. Retrieved 6 September 2021.
  107. ^ "The accidental lake: Birdwatcher's oasis or ecological disaster?". CNN. 14 March 2013. Retrieved 6 August 2013.
  108. ^ Dinerstein, Eric; et al. (2017). "An Ecoregion-Based Approach to Protecting Half the Terrestrial Realm". BioScience. 67 (6): 534–545. doi:10.1093/biosci/bix014. ISSN 0006-3568. PMC 5451287. PMID 28608869.
  109. ^ "UAE Climate". Manmm.net. Archived from the original on 12 January 2016.
  110. ^ "Weather in Abu Dhabi". Abudhabi.ms. 8 March 2007. Archived from the original on 29 April 2009.
  111. ^ "In Pictures | Flooding in the UAE". BBC News. 15 January 2008.
  112. ^ Middle East | Cold snap brings Gulf rare snow. BBC News (30 December 2004). Retrieved 10 October 2015.
  113. ^ Global warming or wonder! Hail the snow in Abu Dhabi : World, News – India Today. Indiatoday.intoday.in. Retrieved 10 October 2015.
  114. ^ Middle East snow, extreme heatwaves and UAE fog: what's going on with the weather? | The National. Thenational.ae (29 January 2013). Retrieved 10 October 2015.
  115. ^ Nazzal, Nasouh (24 January 2009). "Heavy snowfall on Ras Al Khaimah's Jebel Jais mountain cluster". Gulf News.
  116. ^ "UAE Government: Political system". UAEinteract. Archived from the original on 13 February 2016. Retrieved 12 February 2016.
  117. ^ "UAE Government: Political system". UAEinteract. Archived from the original on 13 February 2016. Retrieved 12 February 2016.
  118. ^ "UAE". Arabruleoflaw.org. Archived from the original on 3 May 2019. Retrieved 12 February 2016.
  119. ^ UAE federal eGovernment. "Service Channels – The UAE Government Official Portal". Retrieved 8 September 2014.
  120. ^ "دليل أعمال نظام مجلس الوزراء" (PDF). United Arab Emirates Cabinet. January 2010.
  121. ^ "UAE's tolerance model has 'potential to become a global movement for good': Sheikh Nahyan". Emirates News Agency. 4 February 2019.
  122. ^ "This Country Just Appointed a Minister Of Happiness". Fortune.com. 10 February 2016.
  123. ^ "An Inside Look at the First Nation With a State Minister for Artificial Intelligence". Futurism.com. 11 December 2017.
  124. ^ "Ministry of Possibilities". U.AE. 24 September 2019.
  125. ^ "Mohammed bin Rashid Launches 'Ministry of Possibilities' to Develop Radical Solutions for Government's Key Challenges". UAE Cabinet. 2020.
  126. ^ "Women shining in new UAE Cabinet – Khaleej Times". www.khaleejtimes.com. Retrieved 11 February 2016.
  127. ^ "Why Ministries for Happiness, Tolerance, Youth and the Future?". United Arab Emirates Cabinet.
  128. ^ "The Federal National Council". U.AE. 3 February 2020.
  129. ^ "UAE Federal e-Government Portal". Government.ae. Archived from the original on 27 October 2005.
  130. ^ Sheikh Khalifa: UAE's Federal National Council to be 50 per cent women The National, 8 December 2018
  131. ^ Mazzetti, Mark and Hager, Emily B. (14 May 2011). "Secret Desert Force Set Up by Blackwater's Founder". The New York Times. The United Arab Emirates – an autocracy with the sheen of a progressive, modern state – are closely allied with the United States, and American officials indicated that the battalion program had some support in Washington.CS1 maint: multiple names: authors list (link)
  132. ^ Krane, Jim (15 September 2009). City of Gold: Dubai and the Dream of Capitalism. St. Martin's Publishing Group. p. 10. ISBN 978-1-4299-1899-2.
  133. ^ a b "United Arab Emirates Reports". Freedom House. 22 August 2014. Retrieved 7 May 2015.
  134. ^ "The evolution of Emirati foreign policy (1971-2020): The unexpected rise of a small state with boundless ambitions" (PDF). SciencesPo. 2020.
  135. ^ "King Hamad hails strong Bahrain-UAE ties in meeting with Abu Dhabi crown prince". Saudi Gazette. 3 August 2021.
  136. ^ "Strong bilateral relations serve the strategic interests of both China and the UAE". The National.
  137. ^ "Egypt and U.A.E. Relations". Egypt State Information Service Sis.gov.eg. Archived from the original on 9 January 2009.
  138. ^ "France strengthens its bond with UAE". The National. 19 December 2008.
  139. ^ "India-UAE Relations: Poised to Climb to New Heights". Middle East Institute. 23 March 2021.
  140. ^ "Jordan-UAE ties a 'strong guarantor' for security, peace — ambassador". The Jordan Times. 12 April 2021.
  141. ^ "UAE FM terms ties with Pakistan "unique case in Arab-Asian relations"". Tribune. 20 December 2020.
  142. ^ "Why the Relationship Between Russia and the United Arab Emirates is Strengthening". Responsible Statecraft. 24 January 2020.
  143. ^ The New Yorker (2 April 2018). "A Saudi Prince's Quest to Remake the Middle East".
  144. ^ "US states play 'critical' role in widening bilateral ties with the UAE". Arabian Business. 16 May 2021.
  145. ^ "Konfliktbarometer 2001" (PDF). Archived from the original (PDF) on 29 February 2008. Retrieved 1 June 2016.. Heidelberger Institut für Internationale Konfliktforschung
  146. ^ "Relations with UAE get wider, deeper". Pakistan Observer. 26 November 2008. Archived from the original on 26 June 2009.
  147. ^ "UAE to restore Qatar trade and travel links 'within a week' after row ends". BBC. 7 January 2021.
  148. ^ "Israel and UAE strike historic deal". BBC News. 13 August 2020. Retrieved 13 August 2020.
  149. ^ "With President Trump's help, Israel and the United Arab Emirates reach historic deal to normalize relations". Reuters. 13 August 2020. Retrieved 13 August 2020.
  150. ^ Staff, Toi (16 September 2020). "Full text of the Abraham Accords signed by Israel, the UAE and Bahrain". The Times of Israel. Retrieved 10 October 2020.
  151. ^ "UAE confirms discussions with France on purchase of Rafale aircraft". Emirates News Agency. 5 June 2008. Archived from the original on 9 May 2013.
  152. ^ "In the UAE, the United States has a quiet, potent ally nicknamed 'Little Sparta'". The Washington Post. Retrieved 15 September 2018.
  153. ^ "UAE and Egypt behind bombing raids against Libyan militias, say US officials". The Guardian. 26 August 2014.
  154. ^ "Libya migrant attack: UN investigators suspect foreign jet bombed centre". BBC News. 6 November 2019.
  155. ^ "UAE implicated in lethal drone strike in Libya". BBC News. 27 August 2020.
  156. ^ "Libya no-fly zone: Coalition firepower". BBC News. 21 October 2011. Retrieved 25 December 2014.
  157. ^ The National (12 July 2018). "Nato officially initiates UAE into Afghan mission".
  158. ^ "Saudi warplanes bomb Houthi positions in Yemen". Al Arabiya. 25 March 2015. Archived from the original on 2 April 2015. Retrieved 25 March 2015.
  159. ^ Winch, Jessica (24 September 2014). "US launches air strikes against Isil in Syria". The Telegraph.
  160. ^ "Dubai 2007: UAE shows off its most advanced Falcons". Flightglobal. 11 November 2007.
  161. ^ "One Tough Tank: Why France's Leclerc Is One of the Best on the Planet". nationalinterest.org. 19 February 2019.
  162. ^ "UAE extends compulsory military service to 16 months". Reuters. 8 July 2018.
  163. ^ "UAE, Bahrain say 50 soldiers killed in Yemen attack". Reuters. 4 September 2015. Retrieved 17 September 2015.
  164. ^ a b "2013 Human Rights Reports: United Arab Emirates". US Department of State. Sharia (Islamic law) courts, which adjudicate criminal and family law, have the option of imposing flogging as punishment for adultery, prostitution, consensual premarital sex, pregnancy outside marriage, defamation of character, and drug or alcohol abuse.
  165. ^ "2014 Country Reports on Human Rights Practices – United Arab Emirates". US Department of State.
  166. ^ "U.N. Commission on Crime Prevention and Criminal Justice: United Arab Emirates". Human Rights Voices. Retrieved 12 February 2016.
  167. ^ Country Reports on Human Rights Practices for 2007. Government Printing Office. 2008. p. 2092. ISBN 978-0-16-081399-3.
  168. ^ "UAE: Judicial corporal punishment by flogging". World Corporal Punishment Research. Retrieved 12 February 2016.
  169. ^ "Dh500,000 expat verbal abuse case to be retried". The National. 8 December 2010. In the UAE, only verbal abuse pertaining to the sexual honour of a person would be tried under Sharia. For guilt to be proven, the attack must have been made in public and one reliable witness must testify. If convicted, a person would be sentenced to 80 lashes and would never be accepted as a valid witness in a Sharia-based case.
  170. ^ "Pregnant maid to get 100 lashes after being found guilty of illegal affair". 7daysindubai.com. 9 October 2013. Archived from the original on 6 October 2014.
  171. ^ World News » Teenager to be lashed for adultery. Gulf Daily News (10 July 2010). Retrieved 26 November 2015.
  172. ^ Illicit lovers sentenced to 100 lashes each. GulfNews.com (15 November 2010). Retrieved 26 November 2015.
  173. ^ a b Two women sentenced to death for adultery. Khaleej Times (25 September 2013). Retrieved 26 November 2015.
  174. ^ Prison for couple who conceived outside of wedlock. Thenational.ae (22 August 2011). Retrieved 26 November 2015.
  175. ^ Bassma Al Jandaly (9 May 2010) Adulterer to be lashed, jailed in Sharjah. Gulf News
  176. ^ Amnesty International Report 2007 – United Arab Emirates. Refworld (23 May 2007). Retrieved 26 November 2015.
  177. ^ a b Court jails pregnant Filipina in Fujairah. Emirates247.com (9 October 2013). Retrieved 26 November 2015.
  178. ^ DUBAI: Alleged victim of gang rape sentenced to one year in prison. Latimesblogs.latimes.com (17 June 2010). Retrieved 26 November 2015.
  179. ^ "2 men to be lashed for hitting woman in Fujairah". Emirates 247. March 2015.
  180. ^ "Drunk worker rapes 2-year-old girl in Abu Dhabi". Emirates247.com. January 2014.
  181. ^ Man to get 80 lashes for drinking alcohol. GulfNews.com (19 February 2010). Retrieved 26 November 2015.
  182. ^ "Emirati man to be lashed, executed, for murder and drinking alcohol". Gulf News. May 2012.
  183. ^ Man who stabbed brother in drunken fight in Abu Dhabi jailed for year. Thenational.ae (14 March 2013). Retrieved 26 November 2015.
  184. ^ "Man who stabbed brother in drunken fight in Abu Dhabi jailed for year". The National. March 2013. The younger brother admitted illegally consuming alcohol and was sentenced to 80 lashes – a punishment prescribed under Sharia.
  185. ^ Man appeals 80 lashes for drinking alcohol in Abu Dhabi. Thenational.ae (9 August 2012). Retrieved 26 November 2015.
  186. ^ "Husband jailed for letting friend abuse his wife". 7days.ae. 9 March 2013. Archived from the original on 23 September 2015. As well as the jail term for rape, the Supreme Court also ordered that the defendants be given 80 lashes for drinking alcohol.
  187. ^ Cocaine trace due to drinking Red Bull Cola, Abu Dhabi court hears. Thenational.ae (14 August 2012). Retrieved 26 November 2015.
  188. ^ "Man jailed for raping step-daughter". 7days.ae. 6 March 2013. Archived from the original on 23 September 2015. As well as the jail term he was also fined Dhs10,000 for reckless driving and will receive 80 lashes for drinking alcohol.
  189. ^ Drinking costs dad custody of kids. Emirates247.com (13 March 2011). Retrieved 26 November 2015.
  190. ^ Fujairah man is jailed for drunken kidnap bid Archived 23 September 2015 at the Wayback Machine. 7days.ae (13 June 2012). Retrieved 26 November 2015.
  191. ^ Emirati to be executed for murder in Fujairah. Emirates247.com (29 May 2012). Retrieved 26 November 2015.
  192. ^ Al Jandaly, Bassma (16 April 2006). "Estonian soldier to be lashed". Gulf News. Archived from the original on 29 November 2014. Retrieved 18 November 2014.
  193. ^ Girl to receive 60 lashes for illicit sex. GulfNews.com (20 June 2007). Retrieved 26 November 2015.
  194. ^ Two sex workers are sentenced to lashes. Khaleej Times. Retrieved 26 November 2015.
  195. ^ Indian lover in UAE sentenced to 60 lashes. Expressindia.indianexpress.com (8 June 2002). Retrieved 26 November 2015.
  196. ^ "Motorist sentenced to 80 lashes for drink driving". 7days.ae. 26 November 2012. Archived from the original on 23 September 2015.
  197. ^ a b ""I Already Bought You": Abuse and Exploitation of Female Migrant Domestic Workers in the United Arab Emirates". Human Rights Watch. 22 October 2014.
  198. ^ "Swaying car exposes Fujairah drunk driver". Emirates 247. 26 June 2013.
  199. ^ "Drink-drive student to get 80 lashes". Khaleej Times. 27 March 2013.
  200. ^ Motorist sentenced to 80 lashes for drink driving Archived 23 September 2015 at the Wayback Machine. 7days.ae (26 November 2012). Retrieved 26 November 2015.
  201. ^ 80 lashes and one month in jail for drink driving. GulfNews.com (12 August 2010). Retrieved 26 November 2015.
  202. ^ Drunk driver sentenced to 80 lashes. Thenational.ae (28 July 2010). Retrieved 26 November 2015.
  203. ^ 4 years and 80 lashes for drug addict . Emirates247.com (1 November 2011). Retrieved 26 November 2015.
  204. ^ 80 lashes, jail for drink-driving upheld . Emirates247.com (18 May 2011). Retrieved 26 November 2015.
  205. ^ Woman denies affair after hearing she faces stoning. Thenational.ae (29 July 2009). Retrieved 26 November 2015.
  206. ^ Expat faces death by stoning after admitting in court to cheating on husband Archived 6 October 2014 at the Wayback Machine. 7daysindubai.com. Retrieved 26 November 2015.
  207. ^ Woman Sentenced To Death By Stoning In Abu Dhabi. Emirateswoman.com. Retrieved 26 November 2015.
  208. ^ Asian housemaid gets death for adultery in Abu Dhabi. Qatar Living (4 May 2014). Retrieved 26 November 2015.
  209. ^ Document | Amnesty International. Amnesty.org. Retrieved 26 November 2015.
  210. ^ Man faces stoning in UAE for incest . Dnaindia.com (14 April 2007). Retrieved 26 November 2015.
  211. ^ "Woman denies affair after hearing she faces stoning". The National. 29 July 2009.
  212. ^ "Hotel executive who had abortion gets jail term". The National. 30 December 2010.
  213. ^ ""Change plea or you'll be stoned": Husband who admits cheating given legal advice by judge". 7days.ae. 6 April 2014. Archived from the original on 5 April 2016.
  214. ^ "To avoid 100 lashes and prison, woman retracts plea in sex case". The National. 9 October 2009.
  215. ^ "Lawyer urges acquittal of woman on zina charges". The National. 26 November 2010.
  216. ^ Refugees, United Nations High Commissioner for. "Refworld | Amnesty International Report 1999 - United Arab Emirates". Refworld.
  217. ^ "United Arab Emirates: Briefing for the Human Rights Council Universal Periodic Review" (PDF). p. 3.
  218. ^ "United Arab Emirates – Global Progress" (PDF). p. 3. Archived from the original (PDF) on 11 March 2016. Retrieved 4 February 2016. Punishments include flogging, amputation, and – as retaliation – injury similar to that for which the offender has been convicted of inflicting on the victim.
  219. ^ "United Arab Emirates – Country Reports on Human Rights Practices". In February an Indonesian woman convicted of adultery by the Shari'a court in the Emirate of Fujairah, was sentenced to death by stoning after she purportedly insisted on such punishment. The sentence was commuted on appeal to 1 year in prison, followed by deportation. In June 1998, the Shari'a court in Fujairah sentenced three Omani nationals convicted of robbery to have their right hands amputated. The Fujairah prosecutor's office instead commuted the sentence to a term of imprisonment.
  220. ^ "Defining Sharia's role in the UAE's legal foundation". The National.
  221. ^ "Crucifixion for UAE murderers". The Independent.
  222. ^ "UAE: Further information on fear of imminent crucifixion and execution". Amnesty International. September 1997.
  223. ^ "UAE: Fear of imminent crucifixion and execution". Amnesty International. September 1997.
  224. ^ "Federal Law No (3) of 1987 on Issuance of the Penal Code". United Nations Office on Drugs and Crime. Archived from the original on 25 May 2013.
  225. ^ "Measures Against Corruptibility, Gifts and Gratification – Bribery in the Middle East" (PDF). Arab Law Quarterly.
  226. ^ a b Britons 'liable to Sharia divorces' in UAE. Bbc.co.uk. Retrieved 26 November 2015.
  227. ^ a b "Divorcees, widows concerned about receiving 'permission' before remarrying". The National.
  228. ^ a b c "United Arab Emirates International Religious Freedom Report, Bureau of Democracy, Human Rights, and Labor (2009)". U.S. Department of State. Archived from the original on 31 October 2009.
  229. ^ Agence France Presse (5 July 2012). "Single female, over 30 and 'too old' to marry in UAE". NDTV.com. Retrieved 11 July 2020.
  230. ^ Public kissing can lead to deportation | The National. Thenational.ae (7 July 2008). Retrieved 26 November 2015.
  231. ^ Jailed Dubai kissing pair lose appeal over conviction. BBC News (4 April 2010). Retrieved 26 November 2015.
  232. ^ "Women get jail and deportation for kissing on Dubai public beach". Gulf News. 25 May 2008. Archived from the original on 15 January 2015. Retrieved 1 January 2012.
  233. ^ London man tells of 'shock' jailing in Dubai over kiss. Bbc.com. Retrieved 26 November 2015.
  234. ^ "Couple deny kissing on Abu Dhabi Corniche". A man jailed and sentenced to 80 lashes for drunkenly kissing his girlfriend on the Corniche
  235. ^ a b "Swearing on WhatsApp 'will result in £40,000 fine and deportation, UAE rules'". The Independent. 16 June 2015.
  236. ^ "Man to face trial in UAE for swearing in WhatsApp message". 7days.ae. 16 June 2015. Archived from the original on 23 September 2015.
  237. ^ "British Expats Face Being Deported From UAE For Swearing on WhatsApp". Yahoo News. 16 June 2015.
  238. ^ "Australian woman deported from Abu Dhabi over Facebook post". Khaleej Times. 15 July 2015.
  239. ^ "Australian woman deported from the UAE after Facebook post". Arabian Business. 15 July 2015.
  240. ^ "Australian jailed over Facebook post deported from Abu Dhabi". Stuff.co.nz. 15 July 2015.
  241. ^ "Expat deported after posting abusive message about parking on Facebook". 7days.ae. 15 July 2015. Archived from the original on 23 September 2015.
  242. ^ "Australian expat deported following Facebook post". Gulf News. 15 July 2015.
  243. ^ "United Arab Emirates". Facts as drug trafficking, homosexual behaviour, and apostasy are liable to capital punishment.
  244. ^ a b "Man Accused of 'Gay Handshake' Stands Trial in Dubai". Archived from the original on 30 October 2015. Retrieved 11 January 2015.
  245. ^ "Federal criminal statute in UAE". Sodomylaws.Org. Archived from the original on 14 June 2006.
  246. ^ "UAE decriminalises alcohol and lifts ban on unmarried couples living together". The Guardian. 9 November 2020. Retrieved 9 November 2020.
  247. ^ Evans, Robert. (9 December 2013) Atheists face death in 13 countries, global discrimination: study. Reuters. Retrieved 26 November 2015.
  248. ^ "The International Briefing: Persecution of Atheists and Apostates". Archived from the original on 28 April 2015.
  249. ^ "UAE to deport expats abusing religions". Emirates 247. 22 July 2015.
  250. ^ a b Butti Sultan Butti Ali Al-Muhairi (1996). "The Islamisation of Laws in the UAE: The Case of the Penal Code". Arab Law Quarterly. 11 (4): 350–371. doi:10.2307/3381546. JSTOR 3381546.
  251. ^ Al-Muhairi (1997), Conclusion to the Series of Articles on the UAE Penal Law. Arab Law Quarterly, Vol. 12, No. 4
  252. ^ Topping, Alexandra (26 October 2015). "UAE imprisoning rape victims under extramarital sex laws – investigation". The Guardian.
  253. ^ a b c d "Dubai ruler pardons Norwegian woman convicted after she reported rape". CNN.com. Retrieved 10 September 2013.
  254. ^ a b "Dubai's Progressive Charade". The Daily Beast. Retrieved 12 February 2016.
  255. ^ a b "Gang-rape victim in Dubai arrested for drinking alcohol: report". New York Daily News. Retrieved 12 February 2016.
  256. ^ "Dubai: Victim of gang rape sentenced to one year in prison". 17 June 2010.
  257. ^ Alkhalisi, Zahraa; Meyer, Henry (7 June 2010). "U.A.E. Woman Withdraws Gang-Rape Claim to Avoid Lashes, Prison". www.bloomberg.com.
  258. ^ "Court jails Emirati woman in gang rape case". Arabian Business. 14 June 2010.
  259. ^ "Criminal Law of Dubai". lawyersuae.com. 23 October 2012.
  260. ^ "المشارق". al-shorfa.com.
  261. ^ No dancing in public: Dubai. Arab News (15 March 2009). Retrieved 26 November 2015.
  262. ^ "Divorcees, widows concerned about receiving 'permission' before remarrying". The National. 6 August 2014.
  263. ^ "UAE: Ruthless crackdown on dissent exposes 'ugly reality' beneath façade of glitz and glamour". Amnesty International. 18 November 2014.
  264. ^ a b "Silencing dissent in the UAE" (PDF). Amnesty International. Archived from the original (PDF) on 19 February 2017. Retrieved 19 February 2017.
  265. ^ "Silencing dissent in the UAE". Amnesty International. pp. 16–29, 35–45.
  266. ^ a b c d "Forced Disappearances and Torture in the United Arab Emirates" (PDF). Arab Organisation for Human Rights. November 2014. Archived from the original (PDF) on 15 January 2016. Retrieved 4 February 2016.
  267. ^ a b UAE: Enforced Disappearance and Torture|Human Rights Watch. Hrw.org. Retrieved 26 November 2015.
  268. ^ Human Rights in the United – UAE: Enforced disappearances continue Archived 26 November 2015 at the Wayback Machine. Ic4jhr.net. Retrieved 26 November 2015.
  269. ^ Emirati victim of enforced disappearance seen in state security prison » Emirates Centre for Human Rights. Echr.org.uk (14 March 2014). Retrieved 26 November 2015.
  270. ^ UAE must reveal whereabouts of 'disappeared' Libyans and Emiratis: HRW. Middle East Eye (6 October 2014). Retrieved 26 November 2015.
  271. ^ a b c d e f g h i j k l UAE's crackdown on democracy short-sighted Archived 26 November 2015 at the Wayback Machine. Middleeastmonitor.com. Retrieved 26 November 2015.
  272. ^ Hearst, David (2013). "The UAE's bizarre, political trial of 94 activists". The Guardian.
  273. ^ Brumfield, Ben; Faraj, Caroline; Abedine, Saad (11 April 2013). "Man faces 10 months jail for tweets about trial in UAE". CNN. Retrieved 18 April 2013.
  274. ^ UAE Three women held in secret detention over tweets|Amnesty International. Amnesty.org (27 February 2015). Retrieved 26 November 2015.
  275. ^ UAE: Reveal Whereabouts of ‘Disappeared’ Libyans | Human Rights Watch. Hrw.org. Retrieved 26 November 2015.
  276. ^ a b "Urgent Action: Enforced Disappearance of Qatari Nationals" (PDF). Amnesty International.
  277. ^ "Shiites deported from Gulf lament injustice". Daily Star. 4 July 2013.
  278. ^ "Concern over deportations from Gulf Arab states". RTÉ.ie. 5 July 2013.
  279. ^ Wigglesworth, Robin (19 July 2010). "UAE urged to allow appeal on deportations". Financial Times. Archived from the original on 25 May 2017. Retrieved 16 June 2021.
  280. ^ "UAE deportations raise questions in Lebanon". Global Post. July 2013.
  281. ^ "Lebanese Shiites Ousted from Gulf over Hizbullah Ties". naharnet.com. July 2013.
  282. ^ "Lebanese Living in UAE Fear Deportation". Al Monitor. 2013. Archived from the original on 16 October 2014.
  283. ^ "UAE Deports 125 Lebanese Citizens". Al Monitor. 2013. Archived from the original on 25 December 2014.
  284. ^ "UAE/Lebanon: Allow Lebanese/Palestinian Deportees to Appeal". Human Rights Watch. 2010.
  285. ^ "Lebanese Families in UAE Face Deportations on Short Notice". Al Monitor. 2012. Archived from the original on 17 November 2015.
  286. ^ Luca, Ana Maria (5 June 2013) Hezbollah and the Gulf. mmedia.me
  287. ^ Thousands of Shias Coercively deported from UAE – Majlis-e-Ulama-e-Shia Europe Archived 25 December 2014 at the Wayback Machine. Majlis.org.uk. Retrieved on 21 August 2018.
  288. ^ Whitson, Sarah Leah (24 March 2007). "UAE: Draft Labor Law Violates International Standards". Human Rights Watch.
  289. ^ "Indian workers jailed in Dubai over violent protest". Reuters. 24 February 2008.
  290. ^ "Annual Report 2013". Amnesty International. Archived from the original on 10 April 2014. Retrieved 2 April 2014.
  291. ^ "Human Rights in The UAE". Archived from the original on 13 February 2015.
  292. ^ Fanack. "Stifling Dissent in the UAE". Fanack.com. Archived from the original on 13 July 2015. Retrieved 13 July 2015.
  293. ^ "United Arab Emirates". International Trade Union Confederation.
  294. ^ "United Arab Emirates". International Trade Union Confederation.
  295. ^ Conditions for Abu Dhabi's migrant workers 'shame the west' | World news. The Guardian (22 December 2013). Retrieved on 21 August 2018.
  296. ^ Batty, David (13 September 2014). "Call for UN to investigate plight of migrant workers in the UAE". The Guardian.
  297. ^ "Workers at Dubai's Expo 2020 likely to have suffered dangerous heat stress". The Guardian. 3 October 2019. Retrieved 3 October 2019.
  298. ^ "Tourist visa scam traps Indian workers in abusive jobs in UAE". Weekly Reviewer. Retrieved 15 January 2020.
  299. ^ "UAE's migrant workers fret over future in coronavirus economy". Reuters. 22 July 2020. Retrieved 22 July 2020.
  300. ^ "150,000 Indians in UAE register to fly home during coronavirus pandemic". Gulf News. Retrieved 2 May 2020.
  301. ^ Stewart, Ashleigh (9 October 2020). "Homeless migrants sleep rough beneath Dubai's skyscrapers as Covid employment crisis bites". The Telegraph. Retrieved 9 October 2020.
  302. ^ "German company using UAE firm with record of migrant worker abuse, rights group says". Middle East Monitor. 7 May 2021. Retrieved 7 May 2021.
  303. ^ "Publication Archives". Freedom House.
  304. ^ "United Arab Emirates". Carnegie Endowment. p. 10. UAE Prime Minister Sheikh Muhammad bin Rashid al-Maktum decreed on September 25, 2007 that journalists can no longer be imprisoned for reasons relating to their work, setting a first for the decriminalization of media offences in the region.
  305. ^ "Federal Decree-Law no.5" (PDF).
  306. ^ "United Arab Emirates – Media". BBC News. 15 June 2012.
  307. ^ a b "Types of media - The Official Portal of the UAE Government". u.ae. Retrieved 9 August 2021.
  308. ^ a b "UAE police warn social media users over sharing offensive content". The National. 4 April 2021. Retrieved 9 August 2021.
  309. ^ a b c d e f g h i j k "United Arab Emirates – Economic, Social, and Institutional Analysis – Empyrean Advisors". www.empyrean-advisors.com. Retrieved 27 September 2019.
  310. ^ a b "UAE's economy growth momentum set to pick up". Khaleej Times. 27 December 2013. Archived from the original on 4 January 2014. Retrieved 5 January 2014.
  311. ^ "Ranking of Economies". World Bank Group. Archived from the original on 4 June 2011.
  312. ^ a b "United Arab Emirates". ITUC.
  313. ^ Krane, Jim (2009). City of Gold: Dubai and the Dream of Capitalism. New York: St. Martin's Press. pp. 267–270. ISBN 978-0-312-53574-2.
  314. ^ Kerr, Simeon (18 October 2019). "UAE banks prepare for rough ride ahead". Financial Times. Retrieved 18 October 2019.
  315. ^ "UAE Company Admits to North Korean Sanctions Violations and Defrauding the U.S. Government, Agrees to Pay $665,000". US Department of Justice. 16 July 2020. Retrieved 16 July 2020.
  316. ^ "Les Emirats arabes unis dans le top 10 des paradis fiscaux, selon une ONG". L'Orient-Le Jour. 9 March 2021.
  317. ^ "EDGAR - The Emissions Database for Global Atmospheric Research". edgar.jrc.ec.europa.eu. Retrieved 24 April 2021.
  318. ^ "Dubai Ranks Fifth Among Top Global Destinations For Travellers". Gulf Business. 10 July 2014. Archived from the original on 17 October 2015. Retrieved 4 February 2016.
  319. ^ "Infrastructure in the United Arab Emirates (UAE)". The Prospect Group.
  320. ^ "UAE yearbook 2009". Slideshare.net. 13 April 2009.
  321. ^ a b c "Topic: Tourism industry of the UAE". Statista. Retrieved 31 July 2021.
  322. ^ "UAE Offers 5-Year Tourist Visa as Neighbors Vie for Visitors". Business Live Middle East. 7 January 2020. Retrieved 7 January 2020.
  323. ^ Anderson, Elizabeth (27 January 2015). "Dubai Overtakes Heathrow To Become World's Busiest". The Telegraph. Retrieved 12 February 2015.
  324. ^ Salik. "Home". Salik. Retrieved 2 August 2021.
  325. ^ "Getting a driving licence - The Official Portal of the UAE Government". u.ae. Retrieved 3 August 2021.
  326. ^ "From sand to sea". International Railway Journal. 21 March 2012.
  327. ^ "Will metro change Dubai car culture?". BBC News. 11 September 2009.
  328. ^ "UAE Ports". Uae.gov.ae. Archived from the original on 14 July 2008.
  329. ^ Shepard, Wade. "Next Up On China's Maritime Silk Road: Abu Dhabi". Forbes.
  330. ^ "China flags up UAE as Silk Road mega-hub with $300m port deal". Arab News. 10 December 2018.
  331. ^ "United Arab Emirates" (PDF). OpenNet Interactive.
  332. ^ "UAE telecom market grows with competition | Mobile telecomms report". Ameinfo.com. Archived from the original on 14 December 2014.
  333. ^ "UAE reports high website censorship". The National Newspaper. 12 June 2009.
  334. ^ Khaleej Times (17 February 2019). "UAE ready for fast lane with 5G in 2019".
  335. ^ a b c Hurriez, Sayyid Hamid (2013). Folklore and Folklife in the United Arab Emirates. p. 167. ISBN 978-1136849077.
  336. ^ Sandıkcı, Özlem; Rice, Gillian (2011). Handbook of Islamic Marketing. p. 430. ISBN 978-0857936028. Arabian and Persian inspired architecture is part of the expression of a 'local' identity
  337. ^ Hellyer, Peter (2001). United Arab Emirates: A New Perspective. Trident. p. 181. ISBN 978-1900724470.
  338. ^ "Migration Information Source". migrationpolicy.org.
  339. ^ Rivals Dubai and Abu Dhabi tackle coronavirus in very different ways
  340. ^ "Official holidays in UAE". Gowealthy.com. Archived from the original on 3 May 2008.
  341. ^ "UAE National Clothing". Grapeshisha.com. Archived from the original on 4 January 2012.
  342. ^ a b "Literature and poetry". Visitabudhabi.ae. 1 July 2009. Archived from the original on 8 October 2011.
  343. ^ Sharjah Museums Department Archived 22 February 2011 at the Wayback Machine. sharjahmuseums.ae
  344. ^ "About Sharjah – Sharjah Commerce Tourism Development Authority". Sharjahtourism.ae. 18 October 2009. Archived from the original on 2 February 2009.
  345. ^ Dubai FAQs. "Art Galleries Dubai". Dubaifaqs.com.
  346. ^ "Saadiyat Island – Island of Happiness". Saadiyat.ae. 19 March 2009. Archived from the original on 30 July 2012.
  347. ^ Irish, John and Walid, Tamara (11 June 2009). "Dubai eyeing new fashion, design district". ArabianBusiness.com.CS1 maint: multiple names: authors list (link)
  348. ^ "Festival Info". DesertRockFestival.com. Archived from the original on 19 January 2010.
  349. ^ "UAE Travel& Tourism: Food & Drink". UAEinteract. Archived from the original on 11 June 2009.
  350. ^ Samtani, Kumar (8 January 2018). "7 Traditional Emirati Dishes to Try in Dubai". Eat Your World Blog. Retrieved 18 August 2021.
  351. ^ The UAE's big fat problem. Gulf News. (19 July 2012). Retrieved 26 January 2014.
  352. ^ "Alcohol and Pork Licenses". Alloexpat.com. 30 May 2009. Archived from the original on 5 August 2009.
  353. ^ "Abu Dhabi confirms 5pm race start". Autosport. 28 August 2009.
  354. ^ "UAE Sports". Uae.gov.ae. Archived from the original on 11 June 2008.
  355. ^ Middle East | Help for Gulf child camel jockeys. BBC News (2 December 2004). Retrieved 10 October 2015.
  356. ^ "Ansar Burney – a true champion of human rights". Retrieved 19 July 2018.
  357. ^ "Clubs, Sports Clubs UAE United Arab Emirates". Indexuae.com. Archived from the original on 17 July 2009. Retrieved 8 July 2009.
  358. ^ "Gulf Cup 2007". Gulf News. Archived from the original on 18 March 2007.
  359. ^ "ICC headquarters to stay in Dubai". Hindustan Times. 14 October 2010. Retrieved 6 November 2021.
  360. ^ "UAE Cricket Timeline". Cricketeurope4.net. Archived from the original on 9 July 2012.
  361. ^ "Cricinfo – Grounds – United Arab Emirates". Content-uk.cricinfo.com. 17 June 2008. Archived from the original on 6 January 2009.
  362. ^ Nayar, K.R. (6 September 2008). "Not stumped by UAE cricket issues – Khan". Gulf News. Archived from the original on 6 April 2015. Retrieved 1 January 2012.
  363. ^ "Qualification – Cricket World Cup 2015 Qualifier | ICC". Archived from the original on 4 November 2013.
  364. ^ "Pakistan not to play home matches in UAE anymore: PCB CEO". Hindustan Times. 24 September 2019.
  365. ^ "UAE to host matches for Pakistan Super League next year". Arab News. 15 December 2018. Retrieved 19 February 2021.
  366. ^ "IPL 2020 to be held from September 19 to November 10". Hindustan Times. 2 August 2020. Retrieved 9 May 2021.
  367. ^ "American University in Dubai. Undergraduate : Admission". Aud.edu. Archived from the original on 24 December 2010.
  368. ^ "Middle East :: United Arab Emirates – The World Factbook – Central Intelligence Agency". www.cia.gov. Retrieved 29 October 2019.
  369. ^ "MASDAR | Profile". Web.archive.org. 31 July 2008. Archived from the original on 31 July 2008.
  370. ^ Khalifa University | Undergraduate. Top Universities. Retrieved 10 October 2015.
  371. ^ American University of Sharjah Rankings. Top Universities. Retrieved 26 November 2015.
  372. ^ "Release of the Global Innovation Index 2020: Who Will Finance Innovation?". www.wipo.int. Retrieved 2 September 2021.
  373. ^ "Global Innovation Index 2019". www.wipo.int. Retrieved 2 September 2021.
  374. ^ "RTD - Item". ec.europa.eu. Retrieved 2 September 2021.
  375. ^ "Global Innovation Index". INSEAD Knowledge. 28 October 2013. Retrieved 2 September 2021.
  376. ^ "UAE Population Statistics".
  377. ^ "Net migration rate". Cia.gov.
  378. ^ "UAE nationality". u.ae. Retrieved 10 December 2020.
  379. ^ "Indians, Pakistanis make up 23% of Dubai, Sharjah, Ajman population". gulfnews.com. Retrieved 7 August 2015.
  380. ^ Sambidge, Andy (7 October 2009). "UAE population hits 6m, Emiratis make up 16.5%". ArabianBusiness.com.
  381. ^ Mcintosh, Lindsay (16 June 2008). "Terror red alert for 100,000 British expats in Dubai". The Scotsman.
  382. ^ Whittell, Giles (15 March 2010). "British pair face jail for kissing in Dubai restaurant". The Times. Archived from the original on 25 May 2010.
  383. ^ "Editorial: The Ideal Prince". Arabnews.com. 3 November 2004. Archived from the original on 9 July 2012.
  384. ^ "Table 3.10 Urbanization" (PDF). World Development Indicators. Archived from the original on 25 March 2009.CS1 maint: unfit URL (link)
  385. ^ "Life expectancy at birth". The World Factbook.
  386. ^ "Average life expectancy in UAE rises to 75 years". Uaeinteract.com. Archived from the original on 11 June 2009.
  387. ^ "Sex ratio". The World Factbook. Archived from the original on 16 October 2013.
  388. ^ = 2010 Pew Research Center's Religion & Public Life Project: United Arab Emirates. Pew Research Center. 2010.
  389. ^ United Arab Emirates. International Religious Freedom Report 2007. State.gov. Retrieved 27 September 2013.
  390. ^ "International Religious Freedom Report for 2012 – United Arab Emirates". Bureau of Democracy, Human Rights, and Labor.
  391. ^ "The World Factbook". CIA.
  392. ^ "United Arab Emirates 2017 International Religious Freedom Report". US Department of Justice. 2017. p. 2.
  393. ^ "The Return of Sufism to the UAE". Al-Mesbar Center. 16 April 2018. Retrieved 29 July 2021.
  394. ^ "United Arab Emirates". State.gov. Archived from the original on 31 October 2009. Retrieved 24 November 2010.
  395. ^ "Groeiende en vitale kerk in Arabische Golf - Nieuws - Reformatorisch Dagblad". Refdag.nl. Retrieved 24 November 2010.
  396. ^ "New Apostolic Vicar for Arabia Appointed". Zenit News Agency. 21 March 2005. Archived from the original on 7 June 2011. Retrieved 21 November 2008.
  397. ^ Herschlag, Miriam. "For the first time, Dubai's Jewish community steps hesitantly out of the shadows". www.timesofisrael.com. Retrieved 6 December 2018.
  398. ^ "The Jews of Dubai are on the map". ynetnews.com. 5 February 2019.
  399. ^ "UAE´s population – by nationality". bq magazine. 12 April 2015. Archived from the original on 21 March 2017. Retrieved 20 December 2016.
  400. ^ "India is a top source and destination for world's migrants". Pew Research Center. Retrieved 9 September 2019.
  401. ^ "First images of Abu Dhabi's Abrahamic Family House under construction released". The National. Retrieved 29 July 2021.
  402. ^ Christensen, Shane (2010). Frommer's Dubai. John Wiley & Sons. p. 174. ISBN 978-0-470-71178-1.
  403. ^ Gazetteer – The World – Life Expectancy – Top 100+ By Country (2018). Geoba.se (28 April 2016). Retrieved on 21 August 2018.
  404. ^ "United Arab Emirates country profile" (PDF). Library of Congress.
  405. ^ "Prevalence of obesity, ages 18+, 2010–2014". WHO. World Health Organisation. Retrieved 26 February 2016.
  406. ^ "UAE Health". Uae.gov.ae. Archived from the original on 12 June 2008.
  407. ^ El Shammaa, Dina (3 January 2009). "Health cover is mandatory". Gulf News. Archived from the original on 12 January 2015. Retrieved 1 January 2012.
  408. ^ Detrie, Megan (15 November 2009). "Dubai has eye on medical tourism". The National Newspaper. Archived from the original on 24 November 2009.

Further reading

  • Abu Libdeh, A. (1994). ‘English on Khalifa Street’. The Journal of the College of Education. UAE University 10, 25–51.
  • Bianco, C. (2020a). The GCC monarchies: Perceptions of the Iranian threat amid shifting geopolitics. The International Spectator, 55(2), 92–107.
  • Bianco, C., & Stansfield, G. (2018). The intra-GCC crises: Mapping GCC fragmentation after 2011. International Affairs, 94(3), 613–635.
  • Miniaoui, Héla, ed. Economic Development in the Gulf Cooperation Council Countries: From Rentier States to Diversified Economies. Vol. 1. Springer Nature, 2020.
  • Swan, M. (26 April 2012). "Arabic school aims to boost the popularity of the language". The National, p. 6.
  • Tausch, Arno (2021). The Future of the Gulf Region: Value Change and Global Cycles. Gulf Studies, Volume 2, edited by Prof. Mizanur Rahman, Qatar University (1st ed.). Cham, Switzerland: Springer. ISBN 978-3-030-78298-6.
  • "Towards A Foreign Language, Teaching Policy for the Arab World: U.A.E Perspective." United Arab Emirates University (1996).
  • Woertz, Eckart. "Wither the self-sufficiency illusion? Food security in Arab Gulf States and the impact of COVID-19." Food Security 12.4 (2020): 757-760.
  • Zweiri, Mahjoob, Md Mizanur Rahman, and Arwa Kamal, eds. The 2017 Gulf Crisis: An Interdisciplinary Approach. Vol. 3. Springer Nature, 2020.

External links