二回投票制

ウィキペディアから、無料の百科事典
ナビゲーションにジャンプ 検索にジャンプ
決選投票の例。ランオフ投票には、2回の投票が含まれます。2番目のラウンドまで生き残るのは2人の候補者だけです。

2ラウンドのシステム(としても知られている第二の投票流出投票又はballotageは)である投票方法投票者は、それらの好ましい候補者のための単一の票を投じる単一の候補を選出するために使用されます。選挙は、第1ラウンドで、投票の単純過半数(50%以上)、または少なくともその他の所定の割合を受け取った候補者がいない場合にのみ、第2ラウンドに進みます。[1]第2ラウンドでは、通常、第1ラウンドで最も多くの票を獲得した2人の候補者、または所定の割合を超えて票を獲得した候補者のみが第2ラウンドの候補者になります。残りの候補者は、第2ラウンドから自由に撤退できます。

二回投票制は、立法機関や直接選出された大統領の選挙だけでなく、政党指導者の選挙や企業内などの他の状況でも広く使用されています。

用語

二回投票制は米国では決選投票として知られており、二回投票は決選投票として知られています。

ランオフ投票は、複数回の投票を含み、各ラウンドの後に削除される投票方法を表す一般的な用語として使用されることもあります。このより広い定義によれば、2回投票制は、投票の唯一の形式ではなく、徹底投票即時投票が含まれます。ただし、この記事の主題は2回投票制です。でカナダ一つの候補は、(半分以上)単純過半数を獲得しなければならないところ、例えば、政党の指導者、徹底的な投票システム(多くの場合、決選投票方法と呼ばれる)のための二つ以上の候補があるときに使用されます。投票数が最も少ない候補者または他の候補者に支持を移したい候補者も、次の投票から自分自身を削除するために移動することができます。

投票とカウント

決選投票を使用して行われる選挙の両方のラウンドで、有権者は単に自分の優先候補者をマークします。最初のラウンドで投票の絶対過半数(つまり半分以上)を持っている候補者がいない場合、投票数が最も多い2人の候補者が2番目のラウンドに進み、他のすべての候補者が除外されます。第2ラウンドでは、候補者が2人しかいないため、同数票がないため、1人の候補者が絶対多数を獲得します。第2ラウンドでは、各有権者は、自分の優先候補者がまだ排除されておらず、単に考えを変えただけであっても、投票する候補者を変更することができます。

二回投票制の一部の変種は、第2ラウンドの候補者を選択するために異なるルールを使用し、3人以上の候補者が第2ラウンドに進むことを許可します。このような方法では、候補者は、第2ラウンドで選出される複数の票(他の誰よりも多くの票)を受け取るだけで十分です。チェコとケニアの大統領選挙では、1位と2位の候補者は、他のすべての候補者を排除して2回戦に立候補することが許可されているため、1位または2位の同点の不測の事態が発生します。その場合、複数が選出されるのに十分である。ただし、この偶発的方法も採用しているガーナでは、第2ラウンドでも過半数の要件が維持され、取得されない場合などは第3ラウンドが保持されます。候補者を排除するための正式な規則はありませんが、最初のラウンドで得票数が少ない候補者は自発的に撤退することが期待されています。

使用例

二回投票は、フランスの大統領選挙、立法選挙部門選挙、およびイラン議会チェコ上院ベトナム国会キューバ議会の選挙で使用されているか使用されています。でイタリア、市長を選出するために、だけでなく、パーティーや連立政権が受け取るかを決定するために使用される多数のボーナスを市議会に。[2]二回投票制は、アフガニスタンアルゼンチンオーストリアベニンボリビアブラジルブルガリアの大統領の選出にも使用されます。ブルキナファソカーボベルデチリコロンビアコスタリカクロアチアチェコ共和国キプロスジブチドミニカ共和国東ティモールエクアドルエジプトエルサルバドールフィンランドガーナグアテマラハイチインドイラン(選挙で以下のためのイランの大統領イスラム協議会)、インドネシアキルギスタンリベニアリトアニアマラウイモルドバ北マケドニアペルーポーランドポルトガルルーマニアロシアセネガルセルビアスロバキアスロベニアトーゴ[3] トルコウクライナウルグアイジンバブエ。では、米国ジョージア州そして、ルイジアナ州は一方で、ほとんどの州および連邦当局者を選出するために2つのラウンドシステムを使用して、カリフォルニアワシントンが使用無党派毛布主(下記参照)、すべての選挙のためのバリアントを。

歴史的にそれが選出するために使用された国会議事堂の中で、ドイツ帝国1871と1918との間でノルウェー国会で1905年から1919年にノルウェーの、ニュージーランド1908年1911年、選挙[4] [5]とにイスラエル選出する総理大臣を1996年1999年2001年の選挙。[6]

2002年フランス大統領選挙

2002年のフランス大統領選挙の可能な勝者があったように、2つの候補は、メディアによって記述シラクリオネル・ジョスパン時にフランスで最大の2政党を代表し、。しかし、ジョスパンの複数左連合のジャン・ピエール・シェヴェネメント(5.33%)とクリスチャーヌ・タウビラ(2.32%)を含む、16人の候補者が投票に参加し、自信過剰で彼らを思いとどまらせることを拒否しました。左の投票が多数の候補者に分けられたため、3番目の候補者であるジャンマリールペンは、最初のラウンドでジョスパンよりもわずかに多く得ました。

  • ジャック・シラク(中道右派、ドゴール主義者):19.88%
  • ジャン=マリー・ル・ペン(極右、国民戦線):16.86%
  • リオネル・ジョスパン(中道左派、社会主義者):16.18%

他の候補者は、最初のラウンドでより少ないパーセンテージを受け取りました。

第1ラウンドで絶対多数の票を獲得した候補者がいなかったため、上位2人の候補者が第2ラウンドに入りました。第2ラウンドに到達しなかった党のほとんどの支持者(およびシラクの支持者)は、非常に大多数で勝ったシラクに投票しました:

  • ジャック・シラク(中道右派、ドゴール主義者):82.21%
  • ジャン=マリー・ル・ペン(極右、国民戦線):17.79%

ドイツワイマール共和国

ドイツ大統領は1925年1932年に二回投票制によって一般に選出されました第2ラウンドでは、候補者は第1ラウンドでそうしなかったとしても走ることができ、勝つために絶対多数を必要としませんでした。どちらの選挙でも、共産党候補のエルンスト・テールマンは撤退せず、第2ラウンドに出馬した。1925年には、中道政治家の候補者であるヴィルヘルムマルクスではなく、おそらくパウルフォンヒンデンブルク(投票の48.3%のみ)の選挙が確実になりましたヒンデンブルクは1925年の選挙の最初のラウンドでは走っていませんでした。

同様の方法

投票システム

徹底投票

徹底投票(EB)は、2回投票制に似ていますが、2回だけではなく、より多くの投票が必要です。最初のラウンドで絶対多数を獲得した候補者がいない場合、投票数が最も少ない候補者が排除され、それ以降の投票から除外されます。除外と再投票のプロセスは、1人の候補者が絶対多数を占めるまで続きます。有権者は何度も投票しなければならない可能性があるため、EBは大規模な公選では使用されません。代わりに、議会の議長選挙などの小規模なコンテストで使用されます。その使用の長年の例の1つは、保守党の地方協会(LCA)がいる英国です。EBを使用して、候補者候補者(PPC)を選出します。徹底投票は、FIFAと国際オリンピック委員会が主催者を選ぶためにも使用されます。 EBは、多くの場合、決選投票とは異なる勝者を選出します。二回投票制では、最初のラウンドの後に複数の候補者が除外されるため、EBの下で選挙に勝つことになった候補者が排除される可能性があります。

EBのハイブリッドシステムは、米国のリバタリアン党が大統領候補と副大統領候補を選択するために使用しています。ハイブリッドです。「上記以外」(NOTA)は、その割合に関係なく常に投票用紙にあり、最初のラウンドでは、いずれの候補者も過半数に達しない場合、最低の候補者(NOTA以外)は投票の5%を獲得しなかった他のすべての候補者とともに、排除されました。この結果、最初の投票では候補者が少なくなる傾向があり、誰も勝てない可能性が常にあります。

優先順位付投票

徹底投票のような優先順位付投票(IRV)(優先投票または選好投票とも呼ばれます)には、投票数が最も少ない候補者が毎回排除される複数の反復カウントが含まれます。徹底投票と2回投票制はどちらも、投票者が各ラウンドで別々の投票を行うことを含みますが、即時投票では、投票者は1回だけ投票します。これが可能なのは、投票者が1人の候補者だけに投票するのではなく、すべての候補者を優先順にランク付けするためです。これらの設定は、カウントの過程で最初の設定が削除された人の投票を転送するために使用されます。二回投票制と徹底投票は別々の投票ラウンドを伴うため、有権者は1つのラウンドの結果を使用して、次の投票方法を決定できます。一方、これはIRVでは不可能です。 IRVは、1回の投票で済むため、2回投票制と同様に、オーストラリアの総選挙や州選挙など、多くの場所で大規模な選挙に使用されます。 IRVは、2回投票制とは異なる勝者を選ぶことが多く、徹底投票と同じ結果を生み出す傾向があります。

優先順位付投票のバリエーションは、2回投票システムと同じルールを反映するように設計できます。投票の絶対多数を占める候補者が1人もいない場合は、投票数が最も多い2人の候補者のみが2番目のカウントに進み、他のすべての候補者は除外され、記録された継続候補者の選好に従って投票が再配分されます。このように機能する1つのバリアントは、以下に詳述する条件付き投票と呼ばれます。

オーストラリアそれが呼ばれ、優先議決権及びその他の体の中のメンバーを選出するために使用され、下院上院では、アイルランド、それはとして知られて単記移譲式投票とするために使用されている大統領選挙と議会選挙。

条件付き投票

条件付き投票はオーストラリアのクイーンズランド州過去に使用された優先順位付投票の変形です。条件付き投票では、有権者はすべての候補者を優先順にランク付けすることにより、1票のみを投じます。ただし、2回のカウントのみが含まれ、2回投票システムと同じルールを使用して候補を排除します。最初のラウンドの後、投票数が最も多い2人の候補者を除くすべての候補者が排除されます。したがって、1人の候補者は常に第2ラウンドで絶対多数を達成します。これらの類似性のために、条件付き投票は2回投票システムと同じ勝者を選出する傾向があり、即時決議投票とは異なる結果を生み出す可能性があります。

補足投票と呼ばれる条件付き投票の変形は、英国の一部の市長を選出するために使用されます。別の変種はスリランカ大統領を選出します。この方法に対する批判は、「2回の投票が必要であり、さまざまな種類の陰謀の機会を与える」というものです。[7]

非投票システム

ルイジアナ州と無党派の予備選挙システム

米国では、1975年の党派州選挙と1978年の連邦選挙のためルイジアナ州で導入されたルイジアナ州予備選挙(2010年に閉鎖予備選挙システムを使用して簡単に復帰)は、実質的に2回投票制と同じです。標準的なアメリカの予備選挙システムの代わりに各政党の候補者を選択し、続いて予備選挙の勝者間の総選挙コンテストを行うために、ルイジアナ州の予備選挙では、政党の所属に関係なく、有権者が任意の候補者を選択できます。 1人の候補者が投票の絶対過半数を受け取った場合、その候補者が勝者として宣言されます。それ以外の場合、最初のラウンドで最高得票数を獲得した2人、つまり2回投票制の最初のラウンドは、決選投票で名前が投票用紙に表示される唯一の候補者であり、事実上1人の候補者が絶対勝者となる必要があります。大多数が就任する。ルイジアナ州の予備選挙と典型的な二回投票制の主な違いは、政党が政党のラベルを使用して個人を選択しないことです。むしろ、候補者は自分の好きな政党のラベルを使用して自己識別できます(または政党がまったくありません)。

ワシントン 州は、2008年にルイジアナ州と同様のシステムを採用しました。これは、法的な問題が発生した後、2010年に発効しました。カリフォルニア州は2010年同様のシステムを承認し、2011年2月の第36回議会選挙発効しました。ワシントン州とカリフォルニア州で使用されているシステムは、無党派の包括的プライマリーシステムまたはトップ2プライマリーシステムと呼ばれます。ルイジアナ州の予備選挙と同様に、候補者は特定の政党から指名されるのではなく、投票用紙で自分の政党のラベルを自分で選択します。

無党派の予備選挙と、標準の2回投票制またはルイジアナ州の予備選挙との主な違いは、候補者が予備選挙で絶対過半数の票を獲得した場合でも、2回目の投票が必要になることです。

二党間選好票

オーストラリアの政治(主に下(上院/ハウス)レベル(S)で)、二者優先の投票(TPPまたは2PP)、好みは最高2に配布された後に選挙や世論調査の結果であります場合によっては独立した候補者。 TPPの目的上、自由国民連合は通常、単一の政党と見なされ、労働党が他の主要政党です。通常、TPPは、2つの主要政党のそれぞれが引き付けた投票の割合として表されます。たとえば、「連合45%、労働55%」の場合、値には予備選挙と選好の両方が含まれます。 TPPは、結果に大きな影響を与える可能性のある好みを考慮して、結果を変更するために達成された/必要なスイングの量の指標です。

投票方法の基準への準拠

投票方法を比較する数学的基準のほとんどは、通常の好みを持つ有権者のために策定されました。承認投票などの一部の方法では、単一の順序設定から明確に推測できない情報を要求します。二回投票制はそのような方法です。なぜなら、投票者は両方のラウンドで単一の序数の好みに従って投票することを強制されないからです。

二回投票制は、単一の序数投票が提供するよりも多くの情報を各有権者から要求するため、有権者の行動を一般化せずに、序数の好みを持つ有権者のために明示的に策定された基準に適合させることはできません。同じ問題が承認投票にも存在し、投票者が承認カットオフをどのように設定するかについて仮定を立てる必要があります。

有権者が選挙前に自分の好みを決定し、常に彼らに直接一致して投票する場合、彼らは偶発的な投票をエミュレートし、その方法を使用する場合と同じ結果を得るでしょうしたがって、その投票行動モデルでは、2回投票制は、条件付き投票が通過するすべての基準に合格し、条件付き投票が失敗するすべての基準に失敗します。

二回投票制の有権者は、第1ラウンドで投票する際に、第2ラウンドの投票を選択する必要がないため、ゲームのプレーヤーとして投票を調整できます。より複雑なモデルでは、投票者がゲーム理論の均衡に達したときに投票者の行動を考慮します。この均衡からは、内部の好みによって定義されるように、行動をさらに変更するインセンティブがありません。ただし、これらの平衡は複雑であるため、部分的な結果しか知られていません。有権者の内部選好に関しては、二回投票制はこのモデルの過半数基準に合格します。これは、過半数がいつでも調整して優先候補者を選出できるためです。また、3人以下の候補者と強固な政治的均衡の場合[8]二回投票制では、コンドルセの勝者がいる場合はいつでもそれが選ばれますが、これは条件付き投票モデルには当てはまりません。

上記の均衡は完全情報均衡であるため、すべての有権者が他のすべての有権者の好みを知っている理想的な条件でのみ厳密に成り立ちます。したがって、それは合理的な(自己利益のある)調整または他人の好みの知識で達成できることの上限を提供します。有権者はほぼ確実に完全な情報を持っていないので、それは実際の選挙には当てはまらないかもしれません。その点では、それは経済学で時々使用される完全競争モデルに似ています。実際の選挙がこの上限に近づく限り、大選挙区は小選挙区よりも他のすべての有権者に関する情報を持っている可能性が低いため、大選挙は小選挙よりも少なくなります。

戦略投票と戦略擁立

ランオフ投票は、戦略投票によって「無駄な」投票を排除する可能性を減らすことを目的としています。最初の過去の下では、ポスト(複数)方式の有権者が奨励されています他の候補者への投票は結果に影響を与えないため、2つの主要な候補者のうちの1つだけに投票することによって戦術的に投票する。 「妥協」として知られるこの戦術の決選投票では、投票者のお気に入りの候補者が最初のラウンドで排除されたとしても、より人気のある候補者に投票することで選挙の結果に影響を与える機会があるため、不要な場合があります。第2ラウンドで。ただし、どちらの2人の候補者が第2ラウンドまで生き残るかに影響を与える方法として妥協する必要がある場合があるため、妥協の戦術は依然として決選投票で使用できます。これを行うには、3つのうちの1つに投票する必要があります複数方式で行われる選挙と同様に、第1ラウンドの有力候補者は、2人の有力候補者のうちの1人に投票する必要があります。

ランオフ投票は、「プッシュオーバー」と呼ばれる別の戦術に対しても脆弱です。これは、投票者が第1ラウンドで人気のない「プッシュオーバー」候補者に戦術的に投票し、第2ラウンドで真のお気に入りの候補者が勝利するのを助ける方法です。理論的には、プッシュオーバーに投票する目的は、第2ラウンドで自分の優先候補者に挑戦するために生き残るのは、強力なライバルではなく、この弱い候補者であることを確認することです。しかし実際には、そのような戦術は逆効果になる可能性があります。非常に多くの有権者が「弱い」候補者に最初の優先権を与えて、最終的に勝つ場合最初のラウンドでは、彼らも十分なキャンペーンの勢いを得て、決選投票に勝つ可能性が高く、それとともに選挙に勝つ可能性が高いです。少なくとも、特に最初のラウンドの直後にランオフが続く場合、対戦相手はいわゆる弱い候補者を真剣に受け止め始める必要があります。

ランオフ投票は、戦略的指名によって影響を受ける可能性があります。これは、候補者と派閥が、追加の候補者を指名するか、そうでなければ立っていたであろう候補者を撤回することによって、選挙の結果に影響を与える場所です。ランオフ投票は、妥協の投票戦術に開かれているのと同じ理由で、戦略的指名に対して脆弱です。これは、勝つ可能性が低いことを知っている候補者は、最初のラウンドが発生する前にレースから撤退するか、最初の場所に立つことを決して選択しないことによって、サポートする別の候補者が確実に2番目のラウンドに進むことができるためです。候補者を撤退させることにより、派閥はスポイラー効果を回避することができます、それによって候補者はその支持者の「投票を分割」します。このスポイラー効果の有名な例は、2002年のフランス大統領選挙発生しました。この選挙では、第1ラウンドに非常に多くの左翼候補が立っていたため、すべてが排除され、2人の右翼候補が第2ラウンドに進みました。逆に、重要な派閥は、非常に異なる政治的議題を持つ小さな派閥のキャンペーンに資金を提供することに関心を持っている可能性があり、その結果、これらの小さな政党は彼ら自身の議題を弱めることになります。

派閥と候補者への影響

ランオフ投票は、候補者が幅広い投票者にアピールすることを奨励します。これは、第2ラウンドで絶対多数を獲得するためには、候補者がお気に入りの候補者を排除した有権者の支持を獲得する必要があるためです。決選投票では、投票のラウンドの間に、排除された候補者と、以前にそれらを支持した派閥が、コンテストの第2ラウンドで誰に投票するかについて支持者に推奨を発行することがよくあります。これは、排除された候補者が依然として選挙の結果に影響を与えることができることを意味します。この影響は、残りの2人の候補者と、排除された政党および候補者との間の政治交渉につながり、2人の成功した候補者が、成功しなかった候補者に政策譲歩をする結果となることがあります。それはこれらの方法で調停と交渉を促進するので、決選投票はさまざまな形で、熟議民主主義

ランオフ投票は、単一議席の構成員向けに設計されています。したがって、他の単一議席方式と同様に、評議会または立法府を選出するために使用された場合、比例代表(PR)は生成されませんこれは、小党の急増ではなく、議会での少数の大党の代表につながる可能性が高いことを意味します。実際には、ランオフ投票は、複数の方法で生成される結果と非常に類似した結果を生成し、複数を使用する多くの国で見られるものと同様の二大政党制を奨励します。議会制のでは、連立政権を生み出す傾向があるPR法よりも、一党制政府を生み出す可能性が高い。決選投票は、選出された個々の候補者がその構成員の過半数によって支持されることを保証するように設計されていますが、議会の選出に使用された場合、全国レベルでこの結果を保証するものではありません。他の非PR手法と同様に、過半数の議席を獲得した政党または連合は、全国の有権者の絶対過半数の支持を得られないことがよくあります。

マジョリティアニズム

決選投票の意図は、勝者候補が絶対多数の有権者の支持を得ることです。単純小選挙区制では、投票の絶対過半数(半分以上)がなくても、投票数が最も多い(複数)候補者が勝ちます。二回投票制は、第2ラウンドで2人の候補者のみを許可することでこの問題を克服しようとするため、1人は絶対多数の票を獲得する必要があります。

批評家は[誰? ]決選投票の勝者によって得られた絶対多数は、人為的なものであること。優先順位付投票と徹底投票は、複数のラウンドで弱い候補者を排除することにより、1人の候補者の絶対多数を作成する他の2つの投票方法です。ただし、有力な候補者が3人以上いる場合は、他の2人が選出した候補者とは異なる勝者に対して、決選投票が絶対多数を占めることがあります。

支持者コンドルセの方法が主張[要出典]、一対一の選挙一連の他のすべての候補者を負かすだろう候補である-候補者は、彼らが「コンドルセの勝者」である場合にのみ過半数のサポートを持っていると主張することができること。決選投票では、勝者の候補者は他の候補者の1人と1対1でのみ照合されます。コンドルセの勝者が存在する場合、最初のラウンドでのサポートが不十分であるため、彼または彼女は必ずしも決選投票に勝つとは限りません。

ランオフは、投票者が決定に最も力を注いでいる場所であり、コンドルセ方式とは異なり、ランオフはさらに選択肢の全分野の中で高い表示を必要とするため、投票者の最初の優先順位は低い優先順位よりも重要である反論します[要出典]最後の直接対決の競争で強力なショーに。コンドルセ方式では、第一選択のサポートが最小限である候補者が勝つことができ、より多くの有権者によって2番目または3番目にランク付けされるという妥協案で主に勝つことができます。

実用的な意味

大規模な公選では、2回の決選投票が別々の日に行われるため、投票者は2回投票に参加します。議会や民間組織などの小規模な選挙では、両方のラウンドをすばやく連続して実施できる場合があります。ただし、2回投票が含まれるという事実は、大規模な選挙の場合、決選投票は他の選挙方法よりも費用がかかることを意味します。また、につながる可能性が有権者の疲労と減少し、ターンアウト第二ラウンドインチ ランオフ投票では、各ラウンドの開票は単純であり、複数の方法の場合と同じ方法で行われます。優先順位付投票などのランク付けされた投票システムには、より長く、より複雑なカウントが含まれます。

費用

二回投票制に対する最も強い批判の1つは、2回の投票を行うために必要な費用です。二回投票制はまた、二回投票の間に政治的不安定を引き起こす可能性があり、二回選挙制度の経済的影響をさらに増大させます。即時ランオフ投票方式では、ラウンドは1つだけです。

2ラウンドシステムのおそらく増加するコストは、2つの明確なオプションの間で、おそらくより良い品質の議論と比較検討する必要があります。

も参照してください

参考文献

  1. ^ 「二回投票制」選挙制度改革協会2019年11月7日取得
  2. ^ 2回目の投票での異なる政治勢力間のリンクの有用性は、(...)利益の収束です: Buonomo、Giampiero(2000)。"Al candidato sindaco non eletto spetta semper almeno unseggio"Diritto&Giustizia EdizioneOnline2016年3月24日にオリジナルからアーカイブされまし2016年3月20取得
  3. ^ 「トーゴは大統領があと2期立つように法律を変更する」
  4. ^ Fiva、Jon H。; ヒックス、サイモン(2020)。「選挙制度改革と戦略的調整」ブリティッシュジャーナルオブポリティカルサイエンス:1–10。土井10.1017 / S0007123419000747ISSN 0007から1234まで 
  5. ^ Fiva、Jon H。; スミス、ダニエルM.(2017-11-02)。「ノルウェー議会選挙、1906年から2013年:4つの選挙制度にわたる代表と投票率」。西ヨーロッパの政治40(6):1373–1391。土井10.1080 /01402382.2017.1298016hdl11250/2588036ISSN 0140から2382までS2CID 157213679  
  6. ^ 「基本法-政府(1992)」イスラエルのクネセト。
  7. ^ Hogbden、G。「Art.XLV.—小選挙区制における優先投票、特に開票に関連して」1868年から1961年のニュージーランド王立協会の取引と議事録。
  8. ^ メスナー; etal。(2002-11-01)。「複数性と流出ルールの下でのロバストな政治的均衡」(PDF)20116月4日取得

外部リンク