トローヴ

ウィキペディアから、無料の百科事典
ナビゲーションにジャンプ 検索にジャンプ

トローヴ
「Trove」という言葉が付いた緑色の様式化されたT
ロゴ(2020年8月以前)
Trovescreenshot.jpg
ホームページ(2014年12月)
サイトの種類
オーストラリアの図書館データベースアグリゲーター
で利用可能英語
オーナーオーストラリア国立図書館
URLwww .trove .nla .gov .au
商業番号
登録オプション
発売2009 ; 12年前 (2009)
現在の状態オンライン

Troveは、オーストラリアのオンラインライブラリデータベースアグリゲーターおよびサービスであり、全文ドキュメントデジタル画像デジタルでは利用できないアイテムの書誌および所蔵データ、および発見ツールとしての無料のファセット検索エンジンが含まれています。データベースには、アーカイブ、画像、新聞、公式文書、アーカイブされたWebサイト原稿、その他の種類のデータが含まれています。オーストラリア国立図書館および州立図書館のメンバーを含むコンテンツプロバイダーと提携してオーストラリア国立図書館が主催オーストラリアで最も尊敬され、アクセスされているGLAMサービスの1つであり、1日あたりのユーザー数は70,000人を超えています。

1996年にさかのぼる前例に基づいて、Troveの最初のバージョンが2009年後半に公開されました。これには、オーストラリアを中心とした図書館、美術館、アーカイブ、リポジトリ、その他の組織からのコンテンツが含まれていますオーストラリアの図書館(一部はオンラインで完全に入手可能)、学術雑誌、その他の雑誌の本カタログエントリの検索、デジタル化されたアーカイブ新聞、政府官報、アーカイブWebサイトの全文検索が可能です。それは、デジタル化された画像、地図、人と組織に関する集約された情報、アーカイブされた日記と手紙、そして国立のedepositを介して寄託されたすべての生まれたデジタルコンテンツへのアクセスを提供します(NED)。検索可能なコンテンツには、音楽、音声、ビデオ、ラジオ番組のトランスクリプトも含まれます。デジタル化された新聞を除いて、どのコンテンツもTrove自体によってホストされていません。これは、パートナーのコレクションメタデータのコンテンツにインデックスを付け、フォーマットして管理し、関連性ランクの検索結果に集約された情報を表示します。

2015年以降の政府の資金削減を受けて、国立図書館やその他の組織は、Troveのコンテンツが常に最新の状態に保たれるようにするために苦労しています。

歴史

Troveの起源は、1981年に開始された共有目録サービスであるAustralian Bibliographic Network(ABN)[1]などの初期のサービスの開発に見ることができます

「シングルビジネス発見プロジェクト」を2008年8月に発売された[2] を含む、意図は1997年と2008年の間に、ライブラリによって開発された様々なオンライン発見サービスに公共のためのエントリーの単一ポイントを作成することでした[2] [ 3] [4]

  • PANDORAアーカイブ(1996);
  • オーストラリアのアーカイブと写本の登録(RAAM、1997年に開始)。
  • PictureAustralia(2000); [5] [6]
  • Libraries Australia(2006年にABNから開発されたサービス)。
  • オーストラリアダンス、Ausdance(2003)との合弁事業
  • 音楽オーストラリア(2005);
  • ARROW Discovery Service(最初のAustralian Research Repositories Online、次にAustralian Research Online、2005年に開始)。
  • People Australia(2006年後半);
  • オーストラリアの新聞ベータサービス(2008年7月)。

プロジェクトによって開発されたサービスはシングルビジネスディスカバリーサービスと呼ばれ、スタッフによって簡単にGirtとしても知られていましたTroveという名前は、財宝法フランス語の動詞trouver(検索または発見)の関連付けとともに、スタッフによって提案されました[4]

このサービスの主な機能は、オーストラリアのコンテンツ専用のファセット検索システムを作成するために設計されましたプロバイダーデータベースとの緊密な統合により、「検索と取得」機能(デジタル表示、借用、購入、コピーなど)が可能になりました。重要な追加機能には、「著作権の確認」ツールと永続的な識別子(安定したURLを可能にする)の提供が含まれます。[7]

Troveの最初のバージョンは2009年後半に一般にリリースされました。[7]

実装

オーストラリア国立図書館は、12年間にわたって開発された8つの異なるオンライン発見ツールを組み合わせて、2009年5月にプロトタイプとしてリリースされた新しい単一の発見インターフェースを公開コメントとして2009年11月にTroveとしてリリースしました。[8]リーチを拡大するために継続的に更新されています。[9] [10]新聞の「ゾーン」を除いて、Troveの検索結果に表示される資料はいずれもTrove自体によってホストされていません。代わりに、コンテンツパートナーのコレクションメタデータのコンテンツにインデックスを付け、関連性ランク付けされた検索結果に集約された情報を表示します。[11]

このサービスは、さまざまなオープンソースソフトウェアを使用して構築されています。[12] [13] Troveは、無料のパブリックアプリケーションプログラミングインターフェイス(API)を提供します。[14]これにより、開発者はレコード全体で本、画像、地図、ビデオ、アーカイブ、音楽、音声、ジャーナル記事、新聞記事、リストを検索し、XMLおよびJSONエンコーディングを使用して関連するメタデータを取得できます[15] [16]デジタル化された新聞記事の全文も利用できます。[17]

いくつかの引用スタイルがソフトウェアによって自動的に生成され、新聞のエディション、ページ、または記事レベルへの安定したURLを提供します。 ウィキペディアはプロジェクトの当初から緊密に統合されており、TroveはウィキペディアAPIを製品に統合した世界初のGLAMWebサイトになりました。[18]

2010年代

Troveは進化を続け、新しいサービスやコレクションを取り入れています。2016年、ニューサウスウェールズ州立図書館と協力して、TroveはGovernment Gazettesゾーンを立ち上げ、可能な場合はすべてのレベルの政府(連邦および州と準州の公式官報を収集し続けています。[19]

2019年3月、PANDORAは、PANDORAアーカイブ、オーストラリア政府Webアーカイブ(AGWA)、および国立図書館の「.au」ドメインコレクションで構成される、より大きなオーストラリアWebアーカイブの一部となり、Troveの単一のインターフェイスを使用して公開されました。[20] [21] [22] [23]

Content and services

Description

Trove has grown beyond its original aims, and has become "a community, a set of services, an aggregation of metadata, and a growing repository of full text digital resources" and "a platform on which new knowledge is being built". It is now a collaboration between the National Library, Australia's State and Territory libraries and hundreds of other cultural and research institutions around Australia.[24]

これはオーストラリアのオンライン図書館データベースアグリゲーターです。オーストラリア国立図書館がホストする無料のファセット検索エンジン[25]、オーストラリア国立図書館および州立図書館(NSLA)のメンバーを含むコンテンツプロバイダーと提携しています。[7]

コンテンツと配信

Trove "brings together content from libraries, museums, archives, repositories and other research and collecting organisations big and small" in order to help users find and use resources relating to Australia and therefore the content is Australian-focused.[24] Much of the material may be difficult to retrieve with other search tools, for example in cases where it is part of the deep web, including records held in collection databases,[7] or in projects such as the PANDORA web archive, Australian Research Online, Australian National Bibliographic Database and others mentioned above.[3]

Since 2019, Trove has included access to all electronic documents deposited by Australian publishers under the legal deposit provisions of the Copyright Act 1968, as amended in 2017 to included such publications.[26] These resources are identifiable by a display in the top right-hand corner in both the ebook and pdf viewers, saying "National edeposit collection". Many of these are readable and some are downloadable, depending on the access conditions.[27]

The site's content is split into "zones" designating different forms of content which can be searched all together, or separately.[28]

Books

The book zone allows searching of the collective catalogues of institutions findable in Libraries Australia using the Australian National Bibliographic Database (ANBD). It provides access to books, audio books, e-books, theses, conference proceedings and pamphlets listed in ANBD, which is a union catalogue of items held in Australian libraries and a national bibliographic database of resources including Australian online publications.[29] Bibliographic records from the ANBD are also uploaded into the WorldCat global union catalogue.[30] The results can be filtered by format if searching for braille, audio books, theses or conference proceedings and also by decade and language of publication.[31] A filter for Australian content is also provided.[8][32]

Newspapers

Front page of The Leader (Orange, New South Wales) 31 July 1915, the 10 millionth newspaper page to be made available through Trove.[33]
Front cover of The Dawn Issue 1, 15 May 1888. The first feminist magazine in Australia.

Trove allows text-searching of digitised historic newspapers, with the Newspapers zone replacing the previous "Australian Newspapers" website.[citation needed] It provides text-searchable access to over 700 historic Australian newspapers from each State and Territory.[34] By 2014, over 13.5 million digitised newspaper pages had been made available through Trove as part of the Australian Newspaper Plan (ANPlan),[35] a "collaborative program to collect and preserve every newspaper published in Australia, guaranteeing public access" to these important historical records.[36]

The extent of digitised newspaper archives is wide reaching and includes now defunct publications, such as the Australian Home Companion and Band of Hope Journal and The Barrier Miner in New South Wales and The Argus in Victoria.[note 1][37] It includes the earliest published Australian newspaper, the Sydney Gazette (which dates to 1803), and some community language newspapers.[35] Also included is The Australian Women's Weekly.[38][note 2]

The Canberra Times is the only major newspaper available beyond 1957. It allowed publication of its in-copyright archive up to 1995 as part of the "centenary of Canberra" in 2013,[40] and the digitisation costs were raised with a crowdfunding campaign.[41] Also crowdfunded, the Australian feminist magazine The Dawn was included on International Women's Day 2012.[42][43]

As of 10 May 2020, 23,498,368 newspaper pages and 2,026,782 government gazette pages were available to view.

Australian Newspapers Digitisation Project

On 25 July 2008 the "Australian Newspapers Beta" service was released to the public as a standalone website and a year later became a fully integrated part of the newly launched Trove. The service contains millions of articles from 1803 onwards, with more content being added regularly.[44] The website was the public face of the Australian Newspapers Digitisation Project, a coordination of major libraries in Australia to convert historic newspapers to text-searchable digital files. The Australian Newspapers website allowed users to search the database of digitised newspapers from 1803 to 1954 which are now in the public domain.

The newspapers (frequently microfiche or other photographic facsimiles) were scanned and the text from the articles has been captured by optical character recognition (OCR) to facilitate easy searching, but it contains many OCR errors, often due to poor quality facsimiles.[45][46]

Public text correctors

2008年8月以降、システムはクラウドソーシングによるテキスト修正を主要な機能として組み込んでおり、一般の人々が検索可能なテキストを変更できるようになっています。多くのユーザーが数万の修正された行を提供し、一部のユーザーは数百万を提供しました。[47]この共同参加により、ユーザーはサービスに還元することができ、時間の経過とともにデータベースの検索性が向上します。[48] [49]テキスト修正コミュニティおよび他のTroveユーザーは、「Trovites」と呼ばれています。[50]

ウェブサイト

The Australian Web Archive, created in March 2019,[51] includes websites archived from 1996 until the present. This is the primary search portal of the PANDORA web-archiving service, and also includes the Australian Government Web Archive (AGWA) as well as websites from the ".au" domain, which are collected annually through large crawl harvests.[52]

Other zones

(In order of presentation along the top tab.)

  • 写真、写真、オブジェクト:デジタル化された写真、図面、ポスター、ポストカードなどを含みます。適切なライセンスを持つFlickrのかなりの数の画像も寄付されます。[53]以前の「PicturesAustralia」ウェブサイトを置き換える。
  • 学術雑誌やその他の定期刊行物を検索するジャーナル、記事、データセット、およびさまざまなデータセット。
  • Government Gazettes:政府の事業を一般に通知する目的で書かれた公式出版物の検索を許可します。
  • 音楽、サウンド、ビデオ:デジタル化された歴史的な楽譜やオーディオ録音を検索できます以前の「ミュージックオーストラリア」のウェブサイトを置き換える。多くのラジオナショナルプログラムからの検索可能なトランスクリプトも含まれています。[54]
  • マップ
  • 日記、手紙、アーカイブ
  • 人と組織:オーストラリア人名事典などのリソースから、関連する人と組織に関する伝記情報やその他のリソースを検索できます
  • リストユーザーはアカウントを作成してTroveにログインできます。これが行われると、リストと呼ばれるタイプの「ゾーン」により、ログインしたユーザーはTrove検索で見つかったアイテムの独自の公開編集を行うことができます。Troveコミュニティに参加して、タグ、コメント、修正などのリソースに貢献する機能もあります。

受信と使用法

In a keynote address to the 14th National Australian Library and Information Association (ALIA) Conference in Melbourne in 2014, Roly Keating, Chief Executive of the British Library described Trove as "exemplary" – a "both-end choice" of deep rich interconnected archive.[55]

Digital humanities researcher and Trove manager Tim Sherratt noted that in relation to the Trove API "delivery of cultural heritage resources in a machine-readable form, whether through a custom API or as Linked Open Data, provides more than just improved access or possibilities for aggregation. It opens those resources to transformation. It empowers us to move beyond ‘discovery’ as a mode of interaction to analyse, extract, visualise and play".[56]

The site has been described as "a model for collaborative digitization projects and serves to inform cultural heritage institutions building both large and small digital collections".[57]

The reach of the newspaper archives makes the service attractive to genealogists[58][59][60] and knitters.[9] It is one of the most well-respected[61] and accessed GLAM (galleries, libraries, archives and museums) services in Australia, with over 70,000 daily users.[62][9]

Dr Liz Stainforth of the University of Leeds calls it "that rare beast: a digital heritage platform with popular appeal"; "of the most successful of its kind among aggregators such as Europeana, the Digital Public Library of America and...DigitalNZ". What distinguishes it from the other three is that it also delivers content, and engages with the general public, which has created a form of virtual community amongst its text correctors. Users can log in and thus create their own lists, and also correct the text of newspapers scanned using Optical character recognition(OCR)、トップコレクターのための名誉委員会付き。国際的な研究者もTroveを使用しています。2018年には、英語版のWikipediaで外部引用のトップ15に入るサイトが示されました。その聴衆の幅と幅は、その独自性を追加します。[63]

Troveは、2011 Excellence in eGovernmentAwardおよび2011Service Delivery CategoryAwardを受賞しました。[64] [65]

予算削減

In the wake of the Australian Government's 2015 Mid-Year Economic and Fiscal Outlook Statement, Trove funding was cut with the result that the National Library of Australia would cease "aggregating content in Trove from museums and universities unless ... fully funded to do so".[66] In addition, it was argued that the cuts would further "result in many smaller institutions across Australia being unable to afford to add their digital collections to this national knowledge infrastructure".[67] Those smaller institutions would include local historical societies, clubs, schools, and commercial and public organisations, as well as private collections.

In March 2016 ten major Australian galleries, libraries, archives and museums (commonly referred to as the GLAM sector) signed a statement of support for Trove, in which they warned that the budgetary cuts would "hamper the development of our world leading portal and will be a major obstacle to exposing the collections of smaller and regional institutions" and that "without additional funding, Trove will not fulfil its promise as the discovery site for all Australian cultural content".[68] Similar statements were issued by the Australian Academy of the Humanities[69] and the National Trust (NSW).[70]

Tim Sherratt, a former manager of Trove, warned in early 2016 that fewer collections would be added and that less digitised content would be available – "not quite a content freeze, but certainly a slowdown".[71]

Following extensive campaigning, including a public campaign on Twitter, Trove received a commitment of A$16.4 million in December 2016, spread over four years.[63][72]

By early 2020, with the surge in demand for all types of digital services, the National Library was having to cope with increasingly dwindling staff resources to develop services on Trove and National edeposit, and undertook a restructure of its staffing and operations.[73]

Continuing development

2020年7月から8月に、再設計されたユーザーインターフェースが展開され、検索結果がよりオープンに表示され、鍵穴を連想させる新しいロゴが追加されました

も参照してください

注意事項

  1. ^ 1846年から1947年の間メルボルン出版された
  2. ^ Digitised between 1933 and 1982 – where the National Library acknowledges the use of newspapers and microfilm owned by the State Library of New South Wales and Australian Consolidated Press for the digitisation of the title.[39]

References

  1. ^ National Library of Australia; Australian Bibliographic Network (1981), Draft proposal for the development of an Australian Bibliographic Network, National Library of Australia, ISBN 978-0-642-99217-8
  2. ^ a b キャスロ、ワーウィック。「シングルビジネスディスカバリープロジェクト」オーストラリア国立図書館2014年12月9日にオリジナルからアーカイブされました取り出さ年12月5 2014
  3. ^ a b エアーズ、マリールイーズ(2013)。「彼らの夕食のために歌う:トローヴ、オーストラリアの新聞、そして群衆」(PDF)IFLA世界図書館情報会議2015年11月23日のオリジナルからアーカイブ(PDF)取り出さ年12月3 2014
  4. ^ a b ブライス、カトリオナ(2014年11月5日)。「Trove-簡単な歴史:Troveは現在5歳です。これが私たちがどのようにして生まれたのかです」オーストラリア国立図書館2020年5月10日取得
  5. ^ Goldrick、Chrissie(2006年10月1日)、「PictureAustralia」。Australian Geographic、Athena Information SolutionsPvt。Ltd(84):19、ISSN 0816-1658 2020年5月10日取得 
  6. ^ 「アジアとコモンズ:NLA PictureAustralia Click&Flick」(PDF)2020年5月10日取得 Cite journal requires |journal= (help)
  7. ^ a b c d Holley、Rose(2010年7月29日)。「Trove:オーストラリアの情報へのアクセスにおける革新」アリアドネ。2014年11月13日にオリジナルからアーカイブされました取り出さ年12月3 2014
  8. ^ a b ウェイト、Mary-Louise(2010)。「Trove– 1回の検索、豊富な情報」。扇動する31(1/2):10–11。
  9. ^ a b c ソープ、クラリッサ(2014年11月8日)。「オーストラリア国立図書館のTroveWebサイトは、過去を明らかにしてから5年を迎えます」ABCニュース2015年11月23日にオリジナルからアーカイブされました検索された5年9月2015
  10. ^ エアーズ、マリールイーズ(2012年9月4日)。「Troveを深く掘り下げる:成功、挑戦、不確実性」オーストラリア国立図書館。2014年12月5日にオリジナルからアーカイブされました取り出さ年12月3 2014
  11. ^ ワーウィックキャスロ; Susan Collier(2010年6月8日)、Developing Trove:ポリシーと技術的課題、オーストラリア国立図書館、2014年12月17日検索
  12. ^ クラーク、トレバー(2010年4月28日)。「オーストラリア国立図書館は、財宝法にオープンソースを使用しています」ComputerWorld2014年12月9日にオリジナルからアーカイブされました取り出さ年12月7 2014
  13. ^ 「Trove:Googleが踏みにじるのを恐れるオーストラリアの文化をマッピングする」APC2010年4月29日。2014年12月9日のオリジナルからアーカイブ取り出さ年12月7 2014
  14. ^ 「TroveAPIにより、開発者はより深く掘り下げることができます」国立図書館オーストラリア2012年4月19日。2014年12月17日のオリジナルからアーカイブ取得した16年12月2014
  15. ^ パーキンシー(2014年3月11日)。「TroveAPIの概要」2014年12月8日にオリジナルからアーカイブされました取得した16年12月2014
  16. ^ 「Troveで構築する」TroveHelpオーストラリア国立図書館。2014年12月17日にオリジナルからアーカイブされました取得した16年12月2014
  17. ^ 「Troveで構築する」オーストラリア国立図書館。2014年12月17日にオリジナルからアーカイブされました取り出さ年12月3 2014
  18. ^ ホーリー、ローズ(2009年8月6日)。「オーストラリア国立図書館開発の展望パート1ローズホリー– GLAM-Wiki会議、キャンベラからのプレゼンテーションスライド」Slideshare2014年12月19日にオリジナルからアーカイブされました取り出さ年12月2 2014
  19. ^ 「デジタル化された新聞および官報について」Troveヘルプセンター2020年5月10日取得
  20. ^ 「オーストラリアのネットワーク化されたドキュメンタリーリソースの保存とアクセス」パンドラアーカイブ1999年5月2020年4月30日取得
  21. ^ 「オーストラリアのウェブアーカイブ」トローヴ2020年4月30日取得
  22. ^ 「アーカイブされたウェブサイト」オーストラリア国立図書館2020年3月23日2020年4月30日取得
  23. ^ Koerbin、Paul(2015年2月11日)。「オーストラリア政府のWebアーカイブ」オーストラリア国立図書館2020年4月30日取得
  24. ^ a b "Troveについて"トローヴオーストラリア国立図書館2020年5月8日取得
  25. ^ Baich、Tina(2013年5月)。「グローバルな研究環境:国際的な出版物を見つけるためのリソース」大学および研究図書館のニュース74(5):243–248。土井10.5860 /crln.74.5.89452014年6月24日にオリジナルからアーカイブされました取得した16年12月2014
  26. ^ 「納本とは何ですか?」オーストラリア国立図書館2016年2月17日2020年5月6日取得
  27. ^ 「納本およびTrove」Trove:ヘルプセンター2020年5月6日取得
  28. ^ 「Troveの使用–物を見つける」トローヴオーストラリア国立図書館。2014年12月24日にオリジナルからアーカイブされました取得した16年12月2014
  29. ^ Rajapatirana、Bemal; ミシンガム、ロクサーヌ(2005年2月)。「オーストラリア国立書誌データベースと書誌データベース(FRBR)の機能要件」。オーストラリアの図書館ジャーナル54(1):31–42。土井10.1080 /00049670.2005.10721711S2CID 61124103 
  30. ^ 「OCLC契約」図書館オーストラリアオーストラリア国立図書館。2014年12月10日にオリジナルからアーカイブされました取り出さ年12月6 2014
  31. ^ ラティ、ディネッシュ; シリ、アリ; ラッキー、シャノン(2013)。「デジタルライブラリのユーザーインターフェイスの進化と新たなトレンド」CAIS /ActesduCongrèsAnnueldel'ACSIの年次会議の議事録土井10.29173 / cais6602014年12月17日にオリジナルからアーカイブされました取得した16年12月2014
  32. ^ 「結果を洗練する」トローヴヘルプオーストラリア国立図書館。2014年12月17日にオリジナルからアーカイブされました取得した16年12月2014
  33. ^ ワイアット、リアム(2013年6月21日)。「Troveの1000万の新聞ページ」Troveブログオーストラリア国立図書館。2014年12月9日にオリジナルからアーカイブされました取り出さ年12月5 2014
  34. ^ 「デジタル化された新聞などについて」トローヴオーストラリア国立図書館。2016年2月29日にオリジナルからアーカイブされました2017年5月22日取得
  35. ^ B 「オーストラリアの新聞デジタル化プログラム」オーストラリア国立図書館。2015年7月2日にオリジナルからアーカイブされました取り出さ年12月3 2014
  36. ^ オーストラリアの新聞計画は 2014年12月7日にウェイバックマシンアーカイブされました
  37. ^ "Newspaper Titles". Trove. National Library of Australia. Archived from the original on 29 February 2016. Retrieved 3 December 2014.
  38. ^ Rohan, Pearce (22 November 2010). "National Library puts iconic Aussie magazine on Web". PCWorld. Archived from the original on 9 December 2014. Retrieved 7 December 2014.
  39. ^ Acknowledgements – Trove: The Australian Women's Weekly (1933–1982) Archived 25 November 2014 at the Wayback Machine
  40. ^ ボーランド-ラダー、ハミッシュ(2013年12月26日)。「昨日のキャンベラのニュースは、国立図書館でデジタル時代の最新情報を入手しました」キャンベラタイムズ2014年2月20日にオリジナルからアーカイブされました取り出さ年12月5 2014
  41. ^ ワーデン、イアン(2013年6月18日)。「現在デジタルで印刷されている40年以上」キャンベラタイムズ2015年1月12日にオリジナルからアーカイブされました取り出さ年12月7 2014
  42. ^ 「夜明けが再び上がる」オーストラリア国立図書館。2012年3月8日。2014年5月19日のオリジナルからアーカイブ検索された5月19 2014
  43. ^ ロス、モニーク(2012年3月8日)。「歴史的なサフラジェットジャーナルの新しい夜明け」ABCニュース2015年1月5日にオリジナルからアーカイブされました取り出さ年12月7 2014
  44. ^ 「NLA.gov.au」NLA.gov.au2012年2月17日。2012年8月25日のオリジナルからアーカイブ検索された5月30 2012
  45. ^ Foreshew、ジェニファー(2011年9月20日)。「オーストラリア国立図書館プロジェクトの画期的な詳細の悪魔」オーストラリア人取得した16年12月2014
  46. ^ ライリー、キャロル(2008年8月6日)。「オーストラリアの新聞デジタル化プロジェクト」遺産系図2014年12月17日にオリジナルからアーカイブされました取得した16年12月2014
  47. ^ ドレイク、ジェス(2014年5月15日)。「Trove'sVolunteers」Troveブログオーストラリア国立図書館。2014年12月10日にオリジナルからアーカイブされました取り出さ年12月7 2014
  48. ^ Walters、コンラッド(2011年2月7日)。「ニュースに鷲の目を持つボランティア」シドニーモーニングヘラルド2015年9月25日にオリジナルからアーカイブされました取り出さ年12月7 2014
  49. ^ リッジ、ミア(2014)。私たちの文化遺産をクラウドソーシングしますファーナム、サリー、イギリス:アッシュゲート出版ISBN 978-1-4724-1022-1
  50. ^ テスター、アロナ。「TroveはTROVEmberで祝う」系図と歴史のニュース2014年12月10日にオリジナルからアーカイブされました取り出さ年12月5 2014
  51. ^ ブランズ、アクセル(2019年3月14日)。「オーストラリアのWebアーカイブは重要な成果ですが、ここからは事態はさらに困難になります」会話2020年5月6日取得
  52. ^ 「アーカイブされたウェブサイト(1996年–現在)」トローヴ2020年5月6日取得
  53. ^ 「画像クエリページ」2014年12月3日にオリジナルからアーカイブされました取り出さ年12月6 2014
  54. ^ シェラット、ティム(2014年4月17日)。「ラジオナショナルの収穫」Troveブログオーストラリア国立図書館。2014年12月10日にオリジナルからアーカイブされました取り出さ年12月6 2014
  55. ^ 「2014年全国ALIA会議での基調講演者」2015年2月27日にオリジナルからアーカイブされました取り出さ年12月2 2014
  56. ^ シェラット、ティム。" '地図といくつかのピン':オープンデータと無制限の地平線"目に見えないオーストラリア人:白豪主義の下で生活しています。2014年2月23日にオリジナルからアーカイブされました取り出さ年12月3 2014
  57. ^ ティエル、SG; ロバーツ、JR; Drost、CA。(2013年6月)。「トローヴ」。大学および研究図書館のニュース74(6):323–324。ISSN 0099から0086まで CS1 maint: multiple names: authors list (link)
  58. ^ キッドマン、アンガス(2010年7月5日)。「Troveを使用すると、オーストラリアのどの図書館でも本を見つけることができます」2014年12月5日にオリジナルからアーカイブされました取り出さ年12月3 2014
  59. ^ 「Trove:オーストラリア国立図書館で系図の宝物を発見する」グールドの系譜と歴史2014年12月5日にオリジナルからアーカイブされました取り出さ年12月3 2014
  60. ^ ヒックス、シャウナ; Unlock the Past(Project)(2012)、Trove:オーストラリア国立図書館で系図の宝物を発見、Unlock the Past、ISBN 978-0-9808746-0-0
  61. ^ 「イノベーション研究:オーストラリアのギャラリー、図書館、アーカイブ、美術館の課題と機会」オーストラリアの美術館は革新するか、「デジタル恐竜」になるリスクを冒さなければなりませんCSIRO2014年9月16日。2014年10月24日のオリジナルからアーカイブ取得した18年12月2014
  62. ^ スウィーニー、シャヒダ(2014年9月26日)。「オーストラリア国立図書館はデジタルの未来に投資しています」CIOマガジン2014年12月11日にオリジナルからアーカイブされました取り出さ年12月3 2014
  63. ^ a b スタインフォース、リズ(2018年10月26日)。「TreasuringTrove:オーストラリアのデジタルヘリテージプラットフォームが特別な理由」追求メルボルン大学2020年5月10日取得
  64. ^ ゲダ、ロドニー(2011年6月2日)。「CeBIT2011:Trove検索エンジンがeGovernment賞を受賞:1000を超える図書館のコンテンツ」TechWorld2017年12月4日にオリジナルからアーカイブされました2017年12月5日取得
  65. ^ "Trove takes top honours in Government awards". National Library of Australia. 6 June 2011. Retrieved 10 May 2020.
  66. ^ Henry Belot, "Budget cuts will have a 'grave impact' on the National Library, staff told", The Sydney Morning Herald, 22 February 2016. Retrieved 12 April 2020.
  67. ^ "Peak bodies advocate for Trove". Australian Library and Information Association. 7 March 2016. Retrieved 10 May 2020.
  68. ^ GLAM PEAK BODIES STATEMENT OF SUPPORT FOR TROVEオーストラリア図書館情報協会、alia.org.au。2020年4月12日取得。
  69. ^ 危険にさらされている重要な研究インフラストラクチャオーストラリア人文科学アカデミー、humanities.org.au。2020年4月12日取得。
  70. ^ Troveの資金提供、nationaltrust.org.au。2020年4月12日取得。
  71. ^ シェラット、ティム(2016年2月24日)。「#FundTrove」不満2020年5月9日取得
  72. ^ Villiers、Annelie de(2016年2月23日)。「#FundTROVE」アイデンティティとアーカイブ2020年5月10日取得
  73. ^ Rollins、エイドリアン(2020年2月28日)。「オーストラリア国立図書館のリストラにおいて、仕事は「生きている可能性」を切り詰める」キャンベラタイムズ2020年5月9日取得

さらに読む

外部リンク