フェズ条約

ウィキペディアから、無料の百科事典
ナビゲーションにジャンプ 検索にジャンプ
フェズ条約
معاهدةفاس
TraitédeFès
1912年3月30日にフランスとモロッコの間で締結された条約は、1912年3月30日、フランスとモロッコのシェリフィエン帝国におけるフランス保護領の組織のために締結されました。
Traitérelatifàl'organisationduprotectoratfrançaisdansl'empirechérifienTRA19120019001-FranceMaroc.pdf
筆記体の書道で手書きされたフランス語のテキストと、筆記体のムジャワル・マグレビ スタイルで書かれた認定されたアラビア語の翻訳を含むフェス条約。[1]
署名1912年3月30日 (1912-03-30
署名者

フェス条約アラビア語معاهدةفاسフランス語TraitédeFès)、1912年3月30日にフランスとモロッコの間で正式に締結された、シェリフィエン帝国のフランス領モロッコ組織のための条約Traitéconcluentrela France et le Maroc le 30 mars 1912、pour l'organisationduprotectoratfrançaisdansl'Empirechérifien)、[2]は、 1912年3月30日にモロッコのスルタンアブドゥルハフィードとフランスの外交官EugèneRegnault  [ fr ]によって署名された条約でした。それは確立しましたフランス領モロッコで、1956年3月2日のフランスとモロッコの共同宣言まで有効でした。 [2] [3]

条約はフランスに、スルタンを内部の反対から保護するという口実で国の特定の地域を占領し、スルタンとシャリフィア政府からなる間接統治のマスクを維持しながら実際の権力を握る権利を与えた。この条件の下で、フランスの統監府は、内政だけでなく外交においても絶対的な権力を握っており、外国でモロッコを代表することができる唯一の人物でした。しかし、スルタンは、統監府によって提出された法令( dahirs )に署名する権利を保持していました。[4]

条約のニュースがついにモロッコの大衆に漏れたとき、それはフェスのインティファーダで即座にそして激しい反発に遭遇しました。[5]

背景

コンテキスト

フランス・モロッコ戦争での敗北により弱体化したモロッコは、 1856年の英モロッコ条約に署名しました。これは、マクゼンの重要な収入源である関税収入に対するモロッコ国家の独占を破りました[6]スペイン・モロッコ戦争(1859–60)ワッド・ラス条約により、モロッコはスペインへの大規模な戦争賠償を完済するために、国の準備金よりも大きい大規模な英国の融資を受けることを余儀なくされ、マクゼンはさらに進んだ。借金で。[6]

フランスとスペインによるプロテジェの虐待に応えてスルタンハッサン1世の要請で開催された1880年のマドリード会議の後、モロッコでのヨーロッパでの存在感は、アドバイザー、医師、ビジネスマン、冒険家、さらには宣教師の形で劇的に増加しました。システム[6]マクゼンの支出の半分以上は、戦争補償を支払い、武器、軍事機器、および工業製品を購入するために海外に行きました。[6]

1901年に自転車を持ったスルタン・アブデル・アジズ。若いスルタンは気まぐれな消費習慣で有名であり、それが大きな貿易赤字を悪化させました。[7]

1902年から1909年にかけて、モロッコの貿易赤字は年間1,400万フラン増加し、モロッコ リアルは1896年から1906年にかけて25%下落ました。[6]これらの最初のものは、1901年12月にフランスの銀行から6%の利子で借りた750万フランでした。[6]これに続いて、英国とベルギーのローンがありました。[ 6] Abdelazizは、1903年までに失敗した、普遍的に嫌われているフラットタックス(ترتيب課そうとしました。税関収入。[6]

モロッコの歴史家アブダラ・ラルイは、「上部の人々が借りるほど、下部の人々は貧困に陥った」と述べた。[8]モロッコは、1903年から1907年にかけて飢饉を経験し、El-Rogui(Bou Hmara)とMulai Ahmed erRaisuniが率いる暴動を経験しました。[6] アブドゥルハフィードは、ハフィディア(1907-1908)クーデターで、弟のアブドゥルアズィズから王位を奪った。[9]

競合する勢力へのフランスの譲歩

1904年のイギリスイタリアフランスの間の民間協定は、総称して英仏協商と呼ばれスルタンに相談せずに行われ、マグレブ勢力圏に分割し、フランスはモロッコを与えられました。1906年のアルヘシラス会議は、モロッコの他のヨーロッパの大国に対するフランスの卓越性を公式化し[7]、モロッコの港から税関収入を集める権利を確認しました。[10]

1911年の第二次モロッコ事件の余波で、ドイツはモロッコでのフランスの地位を認め[7] 、フランス領赤道アフリカの領土であるミドルコンゴ(現在のコンゴ共和国)の植民地を受け取りました新カメルーンとして知られるこの土地は、第一次世界大戦中に連合国によって占領されたため、短期間しか続かなかったものの、ドイツ領西アフリカの一部であるカメルーンのドイツ植民地一部になりました条約の一環として、ドイツはフランスをラミー砦の南東にある小さな領土に割譲しました。、現在はチャドの一部です。

マクゼンビュー

モロッコでは、若いスルタン・アブデラジズが1894年に16歳で加入し、ヨーロッパ人が法廷の主な顧問になり、地元の支配者はますますスルタンから独立しました。スルタン・アブデラジズは1908年に証言録取されました。フェズ条約に署名した後 、弟のユセフを支持して棄権した後継者アブデルハフィードの下で、モロッコの法と秩序は悪化し続けました。

マクゼン当局は、モロッコの保護領制度は英国のエジプトに似ており、内部行政や司法などの分野で実質的な自治権を持っていると信じていました。[11]しかし、フェス条約は、1881年5月12日のバルドー条約をモデルにしており、チュニジアフランスの保護領とし、ベイの権限を厳しく制限した。[11]

1911年4月17日にメクネスでスルタンに昇進したアブデルハフィドの兄弟であるジインアルアビディイン [ ar ] が率いる暫定政府も、アブデルハフィドに圧力をかけた。[12] [13]

フェス条約の署名の翌日のル・マタンの表紙にある「幸運な交渉者」であるユージーン・レグノー。

タンジールにあるフランスの特命全権公使であるEugèneRegnaultフェズ条約を所持しているパリでの長い会合の後、3月24日にフェズに到着しました。[14]

1912年3月、フェズの王宮でのモロッコのスルタンアブドゥルハフィードとユージーンレグノー[2]の間の交渉は、当時タンジールのフランス公使館で通訳として働いていたアブデルカデルベンガブリットによって解釈されました[15] 3月29日、都市を取り巻くフランス軍との交渉[2]は、午後6時から深夜まで6時間続き[2]、フェズ条約の調印に至りました。3月30日にモロッコでフランス領保護区[2]

1912年8月25日に印刷されたルプティジャーナルの週刊サプリメントイラスト表紙に、フェス条約に署名したアブドゥルハフィードのイラスト。

効果

フランスは、名目上はモロッコ政府に自国民の支配を任せたものの、立法、軍事、外交政策、および管轄権の取引において非モロッコ市民に対する権威を獲得しました。モロッコのナショナリストはこれに異議を唱え、フランスは条約の結果として依然としてモロッコの情勢に影響を与えていると指摘している。[16]

1912年11月27日に締結されたモロッコに関するフランスとスペインの間の条約は、モロッコにスペイン保護領を設立しました。[6]この合意により、スペインはリフジュービ岬地域で影響力のあるゾーンを獲得しました。そこでは、スルタンは名目上主権を維持し、スペインの高等弁務官の管理下にある副摂政によって代表されました。[17]条約はまた、Uixan山の鉄鉱山を搾取するための譲歩をスペインのRif Mines Companyに与え、 Melillaと鉱山を結ぶ鉄道を建設する許可も与えられた

モロッコのレセプション

1912年のフェス暴動

フェスのインティファーダでのフランスの砲撃後のメッラーフへの損害

4月17日、フェスの住民がそれを知り、暴動が発生するまで、条約は秘密にされました[18]アブデルハフィドはすでにラバトで安全を求めてフェズを去っていたが、フェズのメッラーフ、またはユダヤ人地区はフランスの大砲に砲撃され、毎週の市場のためにフェズの部族によって略奪された。[18]暴力の後、ユベール・リョーティ駐在官は、ラバトをフェスの代わりに首都にすることを決定した。[18]

モロッコの抵抗

フランス植民地主義に対するモロッコの抵抗は、例えばザイエン戦争リフ戦争などのフェス条約の後も続いた[6]

テキスト

フランス語 アラビア語 英訳
LeGouvernementdelaRépubliquefrançaiseetleGouvernementdeSaMajestéChérifienne、soucieuxd'établirauMarocunrégimeregulier、fondésurl'ordreintérieuretlasécuritégénérale、qui permettral'intro sont convenus des dispositionssuivantes。

الحمدللهوحده

إندولةالجمهوريةالفرنسويةودولةجلالةالسلطانالشريفةبناءعلىمالهمامنالاهتمامبتأسيسنظاممضبوطمبنىعلىالسكينةالداخليةوالراحةالعموميةيسوغبهإدخالالإصلاحاتوإثباتالنشرالاقتصاديبالمغربقداتفقتاعلىماسيذكر。

フランス共和国政府とスルタン陛下政府は、内部秩序と一般的な安全に基づいてモロッコで定期的な体制を開始し、改革を導入し、国の経済発展を保証することを望んでいることで合意しました以下:[19]
記事I。 الفصلالأول 第1条

LeGouvernementdelaRépubliquefrançaiseetSaMajestélesultansontd'accord pour instituer auMarocunnouveaurégimecomportantlesréformesadministratives、judiciaires、scolaires、économiques、financièresetmilitairesqueleGouv

Cerégimesauvegarderalaシチュエーション宗教、ルリスペクトエトルプレステージトラディショナルデュスルタン、l'exercice de la religion musulmane et desstitutions religieuses、notamment de celles deshabous。Il comportera l'organisationd'unMaghzenchérifienréformé。

LeGouvernementdelaRépubliqueseconcerteraavecle Gouvernement espagnol ausujetdesintérêtsquecegouvernementtientdesapositiongéographiqueetdesespossitionsterritorialessurlacôtemarocaine。

Demême、la ville deTangergarderalecaractèrespécialquiluiaétéreconnuetquidéterminerasonorganizationmunicitye。

إندولةالجمهوريةالفرنسويةوجلالةالسلطانقداتفقاعلىتأسيسنظامجديدبالمغربمشتملعلىالإصلاحاتالإداريةوالعدليةوالتعليميةوالاقتصاديةوالماليةوالعسكريةالتيترىالدولةالفرنسيةإدخالهانافعابالإيالةالمغربية

وهذاالنظاميكونيحترمحرمةجلالةالسلطانوشرفهالعارموكذلكالحالةالدينيةوتأسيساتهاوالشعائرالإسلاميةوخصوصاتأسيساتالأحباسكمايكونهذاالنظاممحتوياعلىتنظيممخزنشريفمضبوط。

دولةالجمهوريةتتفاوضمعالدولةالاصبنيوليةفيشأنالمصالحالناشئةلهذهالدولةمنحالتهاالجغرافيةومستع

كماأنمدينةطنجةتبقىعلىحالتهاالخصوصيةالمعترفلهابهاوالتيمنمقتضاهايتأسسنظامهاالبل

フランス共和国政府とスルタン陛下は、フランス政府がモロッコの領土内に導入するのに役立つとみなす可能性のある行政、司法、教育、経済、金融、軍事改革を認める新しい体制をモロッコに設立することに合意しました。

この政権は、スルタンの宗教的地位、尊敬と伝統的な名声、モハメダンの宗教と宗教機関、特にハブーの宗教の行使を保護するものとします。それは改革されたShereefianマクゼンの組織を認めなければならない。

共和国政府は、スペイン政府との間で、モロッコ沿岸における地理的位置と領土所有のおかげでこの政府が持つ利益について理解することになります。

同様に、タンジール市は、それが知られており、その自治体組織を決定する独特の特徴を保持するものとします。[19]

第2条。 الفصلالثاني 第2条
SM lesultanadmetdèsmaintenantqueleGouvernementfrançaisprocède、aprèsavoirprévenuleMaghzen、aux occupations militaires du territoire marocainqu'iljugeraitnécessairesaumaintiendel'ordre etdelasécurit action de police sur terre et dans les eauxmarocaines。 جلالةالسلطانيساعدمنالآنعلىالاحتلالاتالعسكريةبالإيالةالمغربيةالتيتراهاالدولةواجبةلاستثباتالسكينةوالتأمينعلىالمعاملاتالتجاريةوذلكبعدتقديمالإعلامللمخزنالشريفكمايساعدعلىأنالدولةالفرنسويةتقومبعملالحراسةبراوكذلكبحرابالمياهالمغربية スルタン陛下は、今後、フランス政府がマクゼンに通知した後、秩序の維持と商取引の安全のために必要と思われるモロッコ領土の軍事占領に進み、行使することに同意します。陸上およびモロッコ海域内のすべての警察の監督。[19]
第3条。 الفصلالثالث 第3条
LeGouvernementdelaRépubliqueprendl'engagementdeprêterunco​​nstantappuiàSaMajestéChérifiennecontretoutdangerqui menaceraitsapersonneousoutrôneouquicompromettraitlatranquillitédesesÉtats。Lemêmeappuiseraprêtéàl'héritierdutrôneetàsessuccesseurs。 دولةالجمهوريةتتعهدبإعطائهالجلالةالسلطانالإعانةالمستمرةضدكلخطريمسبذاتهالشريفةأوبكرسيمملكتهأوينشأعنهاضطراببإيالتهوهذاالإعانةتعطىأيضالواليالعهدأولمنيخلفه 共和国政府は、彼の人や王位を脅かしたり、彼の州の静けさを危険にさらしたりする可能性のあるすべての危険に対して、彼のシェリーフィアン陛下に絶え間ない支援を与えることを約束します。同じ支援が王位継承者と彼の後継者に与えられるものとします。[19]
第4条。 الفصلالرابع 第4条
Lesmesuresquenécessiteralenouveaurégimedeprotectoratserontédictées、sur la proposition duGouvernementfrançais、parSaMajestéChérifienneouparlesautoritésauxquelleselleenauradéléguélepouvoir。Ilenserademêmedesrèglementsnouveauxetdesmodificationsauxrèglementsexistants。 إنالوسائلالتييتوقفعليهانظامالحمايةالجديدتبرزعلىيدجلالةالسلطانوعلىيدالولاةالذينلهمالتفويضمنالجنابالشريفوذلكبمعروضمنالدولةالفرنسويةوهذاالعمليكونجارياأيضافيالضوابطالجديدةوالتغييراتفيالضوابطالموجودة 保護領の新体制が要求するかもしれないそのような措置は、フランス政府の提案に基づいて、彼のシェリーフィアン陛下または彼が彼の権力を委任したかもしれない当局によって決定されなければならない。新しい規則および既存の規則の変更についても、同じプロセスを遵守する必要があります。[19]
第5条。 الفصلالخامس 第5条
LeGouvernementfrançaisserareprésentéauprèsdeSaMajestéChérifienneparunCommissairerésidentgénéral、dépositairedetous les pouvoirsdelaRépubliqueauMaroc、quiveilleraàl'exécutionduprésentaccord。
LeCommissairerésidentgénéralseraleseulintermédiaireduSultanauprèsdesreprésentantsétrangersetdanslesrapportsquecesreprésentantsentretiennentavecleGouvernementmarocain。Il sera、notamment、chargédetouteslesquestionsintéressantlesétrangersdansl'empirechérifien。
Il aura le pouvoir d'approuver et de promulguer、au nomduGouvernementfrançais、touslesdécretsrendusparSaMajestéChérifienne。

تعيّنالدولةالفرنساويةمندوبامقيماعامايكوننائباعنهالدىجلالةالسلطانومستودعالتفويضاتها

يكونالمندوبالمقيمالعامهوالواسطةالوحيدبينجلالةالسلطانونوابالأجانبكمايكونالواسطةأيضافيالمصارفةالتيلهؤلاءالنوابمعالدولةالمغربيةالمندوبالمقيمالعاميكونمكلفابسائرالمسائلالمتعلقةبالأجانبفيالإيالةالشريفة

ويكونلهالتفويضبالمصادقةوالإبرازفياسمالدولةالفرنسويةلجميعالقوانينالصادرةمنجلالةالسلطانالفصلالسادسنوابفرنسةالسياسيونوالقنصليونيكونونهمالنائبونعنالمخزنوالمكلفونبحمايةرعاياومصالحالمغرببالأقطارالأجنبيةجلالةالسلطانيتعهدبعدمعقدأيوفقكانلهمعنادوليةمنغيرموافقةدولةالجمهوريةالفرنساوية

フランス政府は、現在の協定の締結に出席するモロッコの共和国のすべての権力を代表する常駐のコミッショナージェネラルによって、彼のシェリーフィアン陛下の近くで代表されるものとします。

常駐コミッショナージェネラルは、外国の代表者の近くで、これらの代表者がモロッコ政府と維持している関係において、スルタンの唯一の仲介者となるものとします。特に、シェリーフィアン帝国の外国人に関するすべての事柄を担当する。

彼は、フランス政府の名において、彼のシェリーフィアン陛下によって発行されたすべての法令を承認し、公布する権限を有するものとします。[19]

第6条。 الفصلالسادس 第6条
フランスの外交官と領事館の代理人は、フランスのセロント・シャルジェ・デ・ラ・レプレゼンテーションとデ・ラ・プロテクション・デ・スジェット・エ・デ・インテレッツ・マロカイン・ア・レトランジェを担当しています。
SaMajestéleSultans'engageàneconclureaucunacteayantuncaractèreinternationalsansl'assentimentpréalableduGouvernementdelaRépubliquefrançaise。

نوابفرنسةالسياسيونوالقنصليونيكونونهمالنائبونعنالمخزنوالمكلفونبحمايةرعاياومصالحالمغرببال

جلالةالسلطانيتعهدبعدمعقدأيوفقكانلهمعنادوليةمنغيرموافقةدولةالجمهوريةالفرنساوية

フランスの外交および領事館の代理人は、海外のモロッコの主題および利益の代表および保護を担当するものとします。

スルタン陛下は、フランス共和国の事前の承認なしに国際的な性質の行為を締結しないことを誓います。[19]

第7条。 الفصلالسابع 第7条
LeGouvernementdelaRépubliquefrançaiseetleGouvernementdeSaMajestéChérifienneseréserventdefixerd'uncommun accordlesbasesd'uneréorganisationfinancièrequi、en Respectantlesdroitsconférésauxporteursdestitres des emprunts publics maroc dutrésorchérifienetdepercevoirrégulièrementlesrevenusdel'Empire。 دولةفرنسةوالدولةالشريفةيتأملافيمابعدباتفاقمعافيتأسيسأصولشاملةلنصبنظاممالييسوغبهضمانةمايتعهدبهبيتالمالالشريفوقبضمحصولاتالإيالةعلىوجهمنظموذلكمعاحترامالحقوقالمخولةلحملةسهامالسلفاتالمغربيةالعمومية フランス共和国政府とシェリーフィアン陛下の政府は、相互合意により、モロッコの公的融資の債券保有者に与えられた権利を尊重しつつ、約束を保証することを可能にする財政再編の基盤を決定することを自らに留保します。 Shereefian財務省の、そして定期的に帝国の収入を集めるために。[19]
第8条。 الفصلالثامن 第8条
SaMajestéChérifiennes'interditdecontracteràl'avenir、directement ou indirectement、aucun empruntpublicouprivéetd'accorder、sous une forme quelconque、aucune concession sans l'autorisationduGouvernementfrançais。 يتعهدجلالةالسلطانبأنلايعقدفيالمستقبلأمارأساأمابواسطةأيسلفكانعمومياأوخصوصياأويمنحبأيصفةكانتباختصاصمنالاختصاصاتمنغيرموافقةالدولةالفرنسوية 彼のShereefian陛下は、将来、直接的または間接的に公的または私的融資を契約すること、およびフランス政府の許可なしにいかなる譲歩もいかなる形でも付与することを控えることを宣言します。[19]
第9条。 الفصلالتاسع 第9条
LaprésenteconventionserasoumiseàlaratificationduGouvernementdelaRépubliquefrançaiseetl'instrumentdeladiteratificationseraremisàSMlesultandansleplusbrefdélaipossible。 هذاالوفقيقدملمصادقةدولةالجمهوريةالفرنسويةونصالمصادقةيرفعلجلالةالسلطانفيأقربوقتممكن この協定は批准のためにフランス共和国政府に提出され、批准されたテキストはできるだけ早くスルタン陛下に返送されます。

En foi de quoi、lessoussignésontdressélepresentacteetl'ontrevêtudeleurscachets。

FaitàFez、le 30 mars1912。

REGNAULT。

MOULAY ABD ELHAFID。

وبمقتضىماسطرأعلاهحررالفريقانهذاالوفقوختماعليهبختمهمابعاصمةفاسيومالثلاثينمارس

翻訳と認証を注ぐ:certifiéesは、يشهدالواضعانخطيدهماأسفلهصحةالتعريبأعلاهومطابقتهللنصالفرنساويحرفاحرفا

も参照してください

参考文献

  1. ^ 「Piècen°TRA19120019 / 001」フランス外務省:外務省、外務省、外務省
  2. ^ a b c d e f (PDF)2015-09-24https ://web.archive.org/web/20150924101029/http: //www.sgg.gov.ma/Portals/0/BO/bulletin/Fr/1912/BO_1_fr.pdf 。2015年9月24日にオリジナル(PDF)からアーカイブされました2019年6月23日取得 {{cite web}}欠落または空|title=ヘルプ
  3. ^ 「IndépendanceduMaroc、1956、MJP」mjp.univ-perp.fr 2020年3月3日取得
  4. ^ 池田亮(2015)。フランスのデコロニサトンの帝国主義:チュニジアとモロッコにおけるフランスの政策と英米の対応パルグレイブマクミラン。pp。14–15。ISBN 978-1-137-36895-9OCLC914166414 _
  5. ^ モハメッドケンビブ。「フェズ暴動(1912年)」イスラム世界のユダヤ人百科事典。ノーマンA.スティルマン編集長。ブリルオンライン、2014年
  6. ^ a b c d e f g h i j k l m ミラー、スーザン・ジルソン。(2013)。現代モロッコの歴史ニューヨーク:ケンブリッジ大学出版局。ISBN 978-1-139-62469-5OCLC855022840 _
  7. ^ a b c ミラー、スーザン・ジルソン。(2013)。現代モロッコの歴史ニューヨーク:ケンブリッジ大学出版局。ISBN 978-1-139-62469-5OCLC855022840 _
  8. ^ Laroui、Abdallah(1933-)Auteur du texte(1977)。Les origines sociales etculturelles du Nationalisme marocain:1830-1912 / AbdallahLaroui
  9. ^ الخديمي、علال、1946 -....(2009)。الحركةالحفيظيةأوالمغربقبيلفرضالحمايةالفرنسيةالوضعيةالداخليةوتحدياتالعلاقاتالخارجية:1912-1894[د。ن。] OCLC929569541 {{cite book}}: CS1 maint: multiple names: authors list (link)
  10. ^ アダム、アンドレ(1968)。カサブランカの歴史:desoriginesà1914エクスアンプロヴァンス:オフリス。
  11. ^ a b III、エドマンドバーク(2009-02-15)。モロッコの保護領への前奏曲:植民地時代以前の抗議と抵抗、1860-1912シカゴ大学出版局。ISBN 978-0-226-08084-0
  12. ^ "ذكرىاستقلالالمغرب..شعبٌ يحرّرعرشه"الجزيرةالوثائقية(アラビア語)。2019-11-18 2020年5月9日取得
  13. ^ "هلباعالسلطانمولايحفيظالمغرببـ500ألففرنك?" chaabpress.com 2020年5月9日取得
  14. ^ エドモンドバーク、III(2009年2月15日)。モロッコの保護領への前奏曲:植民地時代以前の抗議と抵抗、1860-1912シカゴ大学出版局。pp。180–181。ISBN 978-0-226-08084-0
  15. ^ "قدوربنغبريط..جزائريفيالمخزنالمغربي"التاريخالمغاربي(アラビア語)。2020-02-21 2020年3月15日取得
  16. ^ ミッチェル、ハリエット(1955)。「フランス領モロッコにおけるナショナリズムの発展」。ファイロン16(4)428。JSTOR272660 
  17. ^ ハロルド・D・ネルソン、「モロッコ、国の研究」外国地域研究、アメリカ大学、DAパンフレットNo.550-49(ワシントン、DC 1985)、43ページ、 GlobalSecurity.orgで引用:「国連の失敗モロッコ南部」1997年
  18. ^ a b c "Fez Riots(1912)"イスラム世界のユダヤ人百科事典2021年10月28日取得
  19. ^ a b c d e f g hiフランス モロッコの間の保護国条約JSTOR。アメリカンジャーナルオブインターナショナルロー。1912-07-01。{{cite book}}: CS1 maint: others (link)