推移性(文法)

ウィキペディアから、無料の百科事典
ナビゲーションにジャンプ 検索にジャンプ

言語学では他動詞は動詞の特性であり、動詞がオブジェクトを取得できるかどうか、および動詞が取得できるそのようなオブジェクトの数に関連します。これは、直接目的語に加えて他の動詞項を考慮する原子価と密接に関連しています必須名詞句と前置詞句は、述語が持つ引数の数を決定します。必須要素は引数と見なされますが、オプション要素は引数のリストにカウントされません。[1]

伝統的な文法[説明が必要]は、直接目的語(英語転倒座るなど)をとることができない自動詞と、直接目的語(英語で投げる負傷する、キスするなど)をとる他動詞を二元的に区別します。 )。実際には、多くの言語(英語を含む)には、2つのオブジェクトを持つ動詞(二重他動詞)、または他動詞と自動詞の両方として使用できる動詞(両動詞、たとえば、彼女は犬を散歩させ、彼女は犬と一緒に歩いた)。[2]

機能文法では、他動性は、従来の文法のようにバイナリカテゴリではなく、連続体であると見なされます。「連続体」ビューは、よりセマンティックなアプローチを取ります。これを行う1つの方法は、アクションがそのオブジェクトに影響を与える程度を考慮することです(したがって、動詞seeは、動詞killよりも「低い推移性」を持っていると説明されます)。

歴史

推移性の概念、および今日言語学の基礎である他の概念は、ストア派と逍遙学派によって最初に導入されましたが、おそらく動詞だけでなく、他動詞または自動詞を含む文全体を指していました。[3] [4]ストア派の発見は、後にアレクサンドリア学派の哲学者や後の文法学者によって使用され、開発されました。[3] [5]

正式な分析

ハンガリー語などの多くの言語は、形態論を通じて推移 性を示します。他動詞と自動詞は独特の方法で動作します。多個人一致の言語では、自動詞は主語のみに同意しますが、他動詞は主語と直接目的語の両方に同意します。

他の言語では、区別は構文に基づいていますたとえば、英語の自動詞に適切な直接目的語を提供しようとすると、自動詞を識別することができます。

  • 彼は彼女の手にキスをしました—他動詞。
  • 彼女はを負傷させました—他動詞。
  • を投げましたか?-他動詞。

対照的に、自動詞と直接目的語を組み合わせると、非文法的な発話になります。

  • 何に落ちたの?
  • 私は椅子に座った。

逆に(少なくとも従来の分析では)、直接目的語なしで英語の他動詞を使用すると、不完全な文になります。

  • キスした(...)
  • けがをした(...)
  • 彼女は今どこにいるのですか? *彼女は怪我をしています。

英語は、推移性に関する規則において、他のインド・ヨーロッパ語族と比較して非常に緩いです。他動詞のように見えるものを自動詞として使用することも、その逆も可能です。 Eat and readや他の多くの動詞は、他動詞または自動詞のいずれかで使用できます。多くの場合、動詞の自動詞と他動詞の間に意味上の違いがあります。水は沸騰しているのに対し、私は水を沸騰させています。ブドウは成長しましたが、私はブドウを成長させました能格動詞として知られるこれらの例では、主語の役割は自動詞と他動詞で異なります。

自動詞は直接目的語をとらないかもしれませんが、適切な間接目的語とることがよくあります。

  • 私は彼を笑った。

自動詞と見なされるものは、同族目的語を取ることもできます。この場合、オブジェクトはアクションに不可欠であると見なされます。たとえば、彼女は問題のある睡眠をしました。

形態論を通じて推移性を表現する言語

以下の言語族(または架空の言語族)の次の言語には、この機能があります。[6]

ウラル語族の 場合:

インド・ヨーロッパ語族(インド・アーリア語)の言語族ː

古シベリア諸語仮想言語族では:

メラネシアのピジンのすべての種類は、推移性マーカーとして-imまたは-emを使用します。TokPisinでは、 laikは「欲しい」を意味し、laikimは「like(him / her / it)」を意味します

サリッシュのすべての品種[10]

フォームと関数のマッピング

正式な推移性は、言語間のさまざまな意味関数に関連付けられています。言語横断的に、Hopper and Thompson(1980)は、推移性の概念を10の形式的および意味的特徴(いくつかのバイナリ、いくつかのスカラー)に分解することを提案しました。推移性の程度に関連すると主張されている機能は、次のよく知られた表にまとめられています。

高い 低い
A.参加者 2人以上の参加者、AとO。 参加者1名
B.キネシス アクション 不行動
C.アスペクト テリック atelic
D.時間厳守 規則正しい 時間厳守ではない
E.意欲 意志 非意志的
F.断言 肯定的 ネガティブ
G.モード リアリス irrealis
H.エージェンシー 効力が高い 効力が低い
I.Oの影響 O完全に影響を受ける O影響なし
J.Oの個性化 O高度に個性化 O非個別化

Næss(2007)は、次の2つの点について詳細に論じています。

  1. 正式には幅広いカテゴリの現象ですが、推移性は、関係する2人の参加者を最大限に区別する方法に要約されます(22〜25ページ)。
  2. 主要な参加者は、セマンティック機能[±意志] [±扇動] [±影響]の観点から説明可能であり、互いに区別されます。これらのバイナリ値のさまざまな組み合わせにより、さまざまなタイプの参加者(89ページ)が生成され、さまざまな動詞と互換性または非互換性があります。もちろん、個々の言語はよりきめ細かい区別をすることができます(第5章)。

議論される参加者のタイプは次のとおりです。

  • 意欲的な参加者(一部の経験者、受信者、受益者):[+ Vol]、[-Inst]、[+ Aff]
元。スペイン語でグスタ。['それはいいですね。']
  • 力:[-Vol]、[+ Inst]、[-Aff]
元。竜巻竜巻が私の窓を壊しました。
  • 楽器:[-Vol]、[+ Inst]、[+ Aff]
元。ハンマーハンマーがカップを壊しました。

も参照してください

メモ

  1. ^ カーニー、アンドリュー。「動詞のサブカテゴリ」。構文:ジェネレーティブイントロダクション。Blackwell Publishing、Ltd.2013。印刷。2013年10月3日。
  2. ^ 「ウォークの定義」
  3. ^ a b "Linguaggio nell'EnciclopediaTreccani"
  4. ^ マイケル、イアン(2010-06-10)。英語の文法範疇:そして1800年までの伝統ISBN 9780521143264
  5. ^ フレデ、マイケル(1994)。「文法格のストア派の概念」古典研究所紀要39:13–24。土井10.1111 /j.2041-5370.1994.tb00449.xJSTOR43646836_ 
  6. ^ Pusztay 1990:86–92
  7. ^ Magier、David(1987年12月)。「推移性プロトタイプ:ヒンディー語からの証拠」WORD38(3):187–199。土井10.1080 /00437956.1987.11435888ISSN0043-7956_ 
  8. ^ 「グジャラート語の流体能格」www-personal.umich.edu 2021-01-07を取得
  9. ^ グジャラート語の品詞、南アジア地域研究、ペンシルベニア大学820 William Halls36thおよびSpruceの概要。http://ccat.sas.upenn.edu/plc/gujarati/gujaratiwords.pdf
  10. ^ デイビス、ヘンリー; マシューソン、リサ(2009年7月)。「サリッシュ構文と意味論の問題」言語と言語学のコンパス3(4):1097–1166。土井10.1111 /j.1749-818x.2009.00145.x {{cite journal}}:(ヘルプ外部リンク|ref=

参考文献

  • ドライヤー、マシューS.2007。条項の種類Timothy Shopen(ed。)、言語の類型学と統語論的記述、Vol。1、224〜275。第2版​​。ケンブリッジ:ケンブリッジ大学出版局。
  • ホッパー、ポールJ。; サンドラA.トンプソン(1980年6月)。「文法と談話における他動性」。言語56(2):251–299。土井10.2307 / 413757JSTOR413757 _
  • Naess、Ashild(2007)。プロトタイプの遷移性言語の類型学72.John Benjamins Pub Co. ISBN 978-9027229847
  • Pusztay、János(1990)。NyelvekbölcsőjénélKérdőjel(ハンガリー語)。ブダペスト:AkadémiaiKiadó。ISBN 963-05-5510-7タイトルの翻訳:言語の発祥地で

外部リンク