一時的 (コンピューター プログラミング)

From Wikipedia, the free encyclopedia

コンピューター プログラミングでは、transientは、システム内の一時的な要素のプロパティです。この用語は、一時的なアプリケーション、つまり一時的なアプリケーション ポスチャで表示されるエンド ユーザー向けのソフトウェアに適用されます。計算で不要になった後に破棄される一時的なデータ。総実行時間のほんの一部だけシステムにロードされるサブルーチンまたはソフトウェア コンポーネントである一時的なコード。

この用語の適用例を以下に示します。

ジャバ

Java プログラミング言語では、フィールド修飾子として使用されるキーワードtransientです。フィールドが一時的であると宣言されている場合、そのフィールドが属するクラスがシリアライズされていても、そのフィールドはシリアライズされません。Java では、メソッド、クラス、およびインターフェイスを一時的として宣言することはできません。これらはシリアライズされないためです。[1]

Hibernateおよびその他の永続化システムでは、 transient は、インスタンス化されているが、Hibernate セッションに関連付けられていないオブジェクトを表します。e. オブジェクトはメモリ内にありますが、永続化されていません。[2]

X

ダイアログ ボックスは、一時的なウィンドウの例です。

X Window Systemでは、あるウィンドウが別のウィンドウに属している場合、そのウィンドウは別のウィンドウにとって一時的であると言われ、それよりも長持ちしない可能性があります。警告メッセージなどのダイアログ ボックスが一般的な例です。これを別のウィンドウを含むウィンドウと混同しないでください。含まれるウィンドウは完全に親の中にありますが、トランジェントは通常、画面上で自由に移動できる個別のウィンドウです。一時的なウィンドウは、ウィンドウ マネージャーによって特別に扱われる場合があり、トップレベル ウィンドウ ( twmのようにユーザーの配置が必要になる場合があります) とは異なり、表示時にユーザーの操作を必要としません。[3]

オペレーティング システム

一時的とは、一度メインメモリにロードされると、短時間メモリ内に留まることが期待されるモジュールも指します。今日、この用語はほとんど使用されておらず、時代遅れになっている可能性があります。代わりにオーバーレイという用語が一般的に使用され、実行中のプログラムで必要になったときにメモリに取り込まれ、不要になったときに別のモジュールに置き換えられるプログラム モジュールを指すため、プログラムのメモリ要件が低くなります。プログラムモジュールは、異なるモジュールが同じメモリ領域を共有できるように作成され、メインプログラム自体が必要に応じてディスクとメモリの間でモジュールを交換する役割を果たしました。[4]

1960 年代半ばから後半にかけて、IBM System/360などのメインフレーム コンピュータのメモリ サイズは 8 KBから 512 KB でした。メモリを節約するために、トランジェントは特定のタスクをサポートする小さなモジュールであり、メモリの内外でスワップされました。一時領域の概念は、メイン メモリの設計と使用に関するMythical Man-Monthの議論の一部です。[5] S/360 のオペレーティング システムには、入出力操作をサポートするトランジェント用に予約された 2 つの領域がありました。これらは、「論理的一時領域」[6] および「物理的一時領域」と呼ばれていました。[7]たとえば、アプリケーション プログラムがプリンターを使用する必要がある場合、印刷をサポートするトランジェントがトランジェント領域に取り込まれました。アプリケーションがテープ ドライブを使用する必要がある場合、テープ ドライブ アクセスをサポートするトランジェントがトランジェント領域に取り込まれました。同時代の IBM 1130 は、メモリの最初の 4K の一部を一時的な領域として使用していまし た

1980 年代に、MS-DOS はプログラムまたはユーザー コマンドの間で COMMAND.COM の一時的な部分を再読み込みしました。[8] [9]

メッセージの受け渡し

メッセージ パッシングのレベルでは、一時的な通信とは、メッセージがバッファに保存されずにメッセージ受信者での配信を待機する方法を意味します。メッセージは、両方のシステム (送信側と受信側) が実行されている場合にのみ配信されます。受信側が送信時に実行されていない場合、メッセージは破棄されます。これは、メッセージが中間バッファーに格納されていないためです。

参考文献

  1. ^ Java Serialization API の秘密を探る- Oracle の記事
  2. ^ 詳細については、 Jboss.orgを参照してください。
  3. ^ "ICCCM - クライアントからウィンドウ マネージャーへの通信" . Tronche.com . 2014 年 3 月 20 日閲覧
  4. ^ William Stallings、 Sistemas Operativos、第 5 版(2005)、311 ページ
  5. ^ FP ブルックス (1975). 神話上の人月p。101.ISBN _ 0-201-00650-2.
  6. ^ 1200 バイト、OPEN や CLOSE などの IOCS 機能用
  7. ^ 556 バイト、デバイス エラー処理用
  8. ^ "MS-DOS百科事典" .
  9. ^ レイ・ダンカン (1988 年 1 月 12 日). 「MS-DOS 環境の調査」。PCマガジンpp.349–352。