セレールの歴史のタイムライン

ウィキペディアから、無料の百科事典
ナビゲーションにジャンプ 検索にジャンプ

これは、セネガルガンビアモーリタニアのセレール宗教セレール族歴史と発展のタイムラインです。このタイムラインは、セレール諸国、セレールの宗教、政治王族などでの調整された考古学的発見からなる、彼らの歴史の概要を示しているにすぎません。日付は、共通の時代に従って示されています。これらの出来事の背景については、RoogSererの宗教Sererの創造神話Sererの先史時代を参照してください。 LamaneSerer Lamanesが率いる州Sererの歴史Sererの人々

先史時代

  • テクルール時代は、セレール族の先史時代を表していますセネガル、ナマンディル、ワーロの時代はセレールの歴史を開始します。[1]

中世(西アフリカの黄金時代)

9世紀

  • 西暦800年:ジョン・トリミンガムはセネガルの州をリストしています:「セネガルの800州:サンガナ(セレール)、テクルール、新羅、ガラム(ソニンケ)」[2]

彼らが設立したセレールの村や町の名前の多くは、今日でも残っています。

11世紀

「今日、セレール族は古い文化、習慣、伝統の多くを保持しています。実際、セレール族の文化を破壊しようとしたすべての力にもかかわらず、何世紀にもわたってセレール族の文化がどのように生き残ったかを聞くのは珍しいことではありません。」

ゴッドフリー・マワキカギレ[6]

この時代は、テクルールのセレール族の脱出を示しています。戦争を生き延び、改宗を拒否した人々は、イスラム教に改宗するのではなく、後にシヌ、サルーム以前バオルのセレール王国として知られるようになったものに南下しました。南部では、彼らは遠方のセレール族の親戚から亡命を許可され、セレール族の国の最高裁判所であるラマネス大評議会によって承認さましトリミンガムは、テクルールはこの地域で最初にイスラム教を採用したが、セレール族のアイデンティティを完全に失ったと述べています。[8]戦争ジャビは1040年に亡くなり、息子のレブ(またはラビ)が後を継いだ。これもムラービト朝の主要な同盟国である。[9]レブは1056年にムラービト朝のために戦っていたと報告されており[10]、おそらく1042年のムラービト朝によるテクルールの征服と十分に施行されたシャリーア法の結果である。[11]経済的には、テクルール王国はイスラム教の導入によって恩恵を受けています。それはまた、北との政治的関係を生み出した多くのフラニ族/トゥクロール族は、ヨーロッパの一部を征服したアルモラヴィッド軍の一部でした。[要出典]

13世紀

14世紀

  • 1350〜 1400年:シヌ王国の名前が変更されました。ゲロワール時代は1350年から始まります。マード・ア・シニグ・メイサ・ワリ・ジャクサテ・マネは、セレール族の国の1つ(シヌ王国)で史上初のゲロワール王を選出しました。セレール族とラマネス大評議会によって指名され、選出されました。その評議会は15年間法律顧問を務め、姉妹と姪を結婚させました。Maysa Waliは1350〜1370年に統治しました。古代のセレールラマニッククラスの子孫とゲロワールの女性との結婚は、600年以上続いたセレールの父方の王朝とゲロワールの母方の王朝を生み出しました。セレール族の貴族の一部のメンバー、特にラマネ・パンガ・ヤヤ・サールは、メイサ・ワリの指名と選挙に反対しました。(多くのバリエーション:Penga Yaye Sarrなど)。なぜなら、Maysa Waliには、セレール文化への同化、大評議会への長年の奉仕、そして王族自身から来たにもかかわらず、セレールの父も母もいなかったからです。Maad a Sinig Maysa Waliの子孫は、彼の後のセレール王国のいずれにおいても支配していませんでした。セレール族の男性とゲロワール族の女性の子供と子孫は、セレール族の宗教セレール族、セレール族の国、文化、言語に忠実なセレール族になり、カーブとの関係はすべて断絶されました。この時期、セレール族の古い王朝は生き残ったが、バオルや他の場所を除いて、古いワガドゥ族の母方の王朝はサインとその後のサロウムで崩壊した。ゲロワール時代はセレールの最後です王朝 時代区分[14]
  • 1360年:口頭伝承によると、Ndiadiane Ndiaye(Bourba Jolof Njajaan Njieとも呼ばれる)は、自主的な国家連合によって設立された帝国であるJolofEmpireを設立しました。[15] [16]ジョン・ドネリー・フェイジは、13世紀初頭(および他の人は12世紀と言う)の日付は通常この王と帝国の創設に起因すると示唆しているが、より可能性の高いシナリオは「帝国の台頭は古代スーダンのタクルル州を犠牲にしてウォロフ族の権力の成長に関連し、これは本質的に14世紀の発展であった。」[17] Maad a Sinig Maysa Waliは、この帝国の創設に尽力したと言われ、Njajaan Njieをジョロフ帝国の指導者に指名し、他の州がNjajaanとMaysaWaliの叙事詩に従って行ったNjajaanの下でこの連合に参加するよう求めました。このように、マード・ア・シニグはシヌ王国をこの連合国に連れて行った。この帝国の設立は自発的でしたが、その崩壊はそうではありませんでした。[要出典]この時代は、マリ帝国が以前の家臣国のいくつかを失い始めたため、マリ帝国が悪化したことを示しています。完全には崩壊しませんでしたが、インペリアルマリはかつてほど強力ではありませんでした。[18]

15世紀

  • 1446年:ポルトガルの 奴隷商人 ヌーノ・トリスタンと彼の党は、セレール族の領土で奴隷狩りの遠征を試みました。彼らはすべて、 5人の若いポルトガル人(またはそれ以下)を除いて、セレールの毒矢に屈した。そのうちの1人は、ポルトガルにキャラベル船をチャーターするために残されましたヌーノは殺された人々の中にいました。[19] [20]
  • 1455年: ベネチアの奴隷貿易業者でクロニスタのアルヴィーゼ・カダモストがカジョールでウォロフの奴隷 を購入した、ウォロフカジョールの国境に住むセレール族のコミュニティで彼の船を止めることにしました。Alviseは、これらのSererコミュニティがどのように威嚇的で歓迎されないように見えたかを書いています。彼は続けて、彼らの船が近づいているのを見た後、このセレール族のコミュニティは浜辺で警備をしていました。船長は誰も船から降りないように命じ、船は浜辺から遠く離れたところに停泊しました。アルヴィーゼ・カダモストはウォロフ語の通訳を派遣し、彼(アルヴィーゼ)と彼のポルトガル人の党が船に残っている間、このセレール族のコミュニティと奴隷制の条件について交渉しました。ウォロフの通訳は、奴隷貿易業者を彼らの領土に連れて行ったためにこれらのセレール族によってその場で殺されました。アルヴィーゼのパーティーはいずれも外れず、代わりに船はガンビアに向けて出発しました。アルヴィーゼはまた、シヌ王国をバルバシム王国と呼び、この時代の多くのヨーロッパ人が古い地図でセレール族と呼んでいた他の名前の中でセレール族をバルバシンと呼んで腐敗させました(参照:シヌ王国)。[21] [22]
  • 1493年:Saad Saloum Mbegan Ndour 、 Saloumの王が王位を継承しました。[23]

16世紀

  • 1549年:ダンキの戦い、アマリー・ンゴネ・ソベル・ファールは、彼の最初のいとこであるマンギナク・ジョーフ王子(var:バオルの古いジョーフ王朝のメンバーであるマンギナック・ディウフ)、両方ともセレール族の父方の最後のメンバーであるテイグネ・ジュコ・ニエの甥に助けられたバオルを統治する王朝)、ジョロフ・レレ・フウリ・ファク・ニエの王を打ち負かし、ジョロフ帝国を崩壊させた。LeleFuuliはDankiで殺されました。アマリン・ゴネは一時的に古いバオルとカジョールを統合しました。 [24] Manguinak Joofは、カジョールのBer Jak (首相に相当)の称号を授与されました。)。ジョロフ帝国の崩壊に伴い、シヌ王国、サルーム王国、ワーロ、バオルなどの南軍の加盟国は独立戻っ[25] [26]ファール族はセレール族ではありません。[27] NjieまたはNdiaye[28]Joofファミリーはそうです。
  • 1567年:サロウムの最長の王(王位に45年)であるマード・サロウム・マラウタン・ジョーフが王位を継承しました。[23]

近世

17世紀

18世紀

近代史

19世紀

セレール語でjunjung呼ばれる19世紀の戦争ドラムセレールの王と戦士が戦争に出たときに演奏されました。シヌ王国から。
「高貴な資質はセレール諸国に見られますが、イスラム教が欠けているだけです...」[29]
JoalにあるMaadaSinigの住居の計画

20世紀

21世紀

も参照してください

メモ

  1. ^ Gravrand、Henry、「La Civilization Sereer、 Cosaan」、p 62
  2. ^ Trimingham、John Spencer、「西アフリカのイスラムの歴史」、オックスフォード大学出版局、米国、1970年、234ページ
  3. ^ Hrbek、I。(1992)。アフリカの一般的な歴史第3巻:7世紀から11世紀のアフリカ:7世紀から11世紀のアフリカv。3(ユネスコアフリカの一般的な歴史(要約))ジェームズ・キャリー。p。67. ISBN 978-0852550939
  4. ^ クリービー、ルーシー(1996年8月)。「イスラム教、女性とセネガルにおける国家の役割」。アフリカの宗教ジャーナル26(3):268–307。土井10.1163 / 157006696x00299JSTOR1581646_ 
  5. ^ Fage、ジョン・ドネリー(1997)。「上部ギニアと下部ギニア」ローランド・オリバー(編)。ケンブリッジのアフリカの歴史、第3巻ケンブリッジ大学出版局。ISBN 978-0521209816
  6. ^ Mwakikagile、Godfrey、「ガンビアにおける民族の多様性と統合:土地、人々、文化」(2010)、p 231、 ISBN 9987932223 
  7. ^ ページ、ウィリーF.、「アフリカの歴史と文化の百科事典:アフリカの王国(500から1500)」、p209。Vol.2、Facts on File(2001)、 ISBN 0-8160-4472-4 
  8. ^ Trimingham、John Spencer、 "A history of Islam in West Africa"、pp 174、176&234、Oxford University Press、USA(1970)
  9. ^ ページ、ウィリーF.、「アフリカの歴史と文化の百科事典:アフリカの王国(500から1500)」、p 676、Vol.2、ファイルの事実(2001)、 ISBN 0-8160-4472-4 
  10. ^ Niane、Djibril Tamsir、「アフリカの一般的な歴史:12世紀から16世紀までのアフリカ」、119〜120頁、ユネスコ、1984年、 ISBN 9231017101 [1] 
  11. ^ Abdur Ra​​hman I. Doi、「ナイジェリアのイスラム教」、Gaskiya Corp.、1984年、9ページ
  12. ^ Nnoli、Okwudiba、「アフリカの民族紛争」、241ページ。CODESRIA、1998。ISBN2-86978-070-2 
  13. ^ " La famille Juuf " [in]«L'épopéedeSanmoonFay»、Éthiopiques、no 54、vol。7、2e semestre 1991
  14. ^ Joof家Dioufなどの古いセレール族の父方の王朝とWagadouの母方の王朝については、以下を参照してください:(英語) Phillips、Lucie Colvin、「Historical dictionary of Senegal」、Scarecrow Press、1981年、52〜71ページISBN 0- 8108-1369-6 ; (英語) Clark、Andrew F.&Philips、Lucie Colvin、「Historical Dictionary of Senegal」、第2版(1994)。(フランス語) Institut fondamental d'Afriquenoire。Bulletin de l'Institut fondamental d'Afrique noire、Volume 38. IFAN、1976。pp 557–504。Guelowarsについては、を参照してください:(フランス語)Sarr、Alioune "  "、はじめに、参考文献とノートパーチャールズベッカー、BIFAN、トメ46、セリエB、n°3-4、1986-1987、p 239(p 21)– *
  15. ^ Diouf、Niokhobaye、 "Chronique du royaume du Sine" par suivie de Notes sur lestraditions経口およびlessourcesécrites関係するleroyaume du Sine par Charles Becker et VictorMartin。Bulletin de l'Ifan、Tome 34、SérieB、n°4、1972年。p706
  16. ^ Charles、Eunice A.、 "Precolonial Senegal:the Jolof Kingdom、1800-1890"、African Studies Center、 Boston University、1977。pp 1–3
  17. ^ Fage、ジョン・ドネリー(1997)。「上部ギニアと下部ギニア」ローランド・オリバー(編)。ケンブリッジのアフリカの歴史、第3巻ケンブリッジ大学出版局。p。484. ISBN 978-0521209816
  18. ^ Conrad、David C。、「Empires of Medieval West Africa」、p 12、Infobase Publishing、2005、 ISBN 1-4381-0319-0 
  19. ^ ヘア、ポール・エドワード・ヘドリー、「ギニアのアフリカ系ヨーロッパ人の接触におけるアフリカ言語の使用:1440-1560」、[in]「シエラレオネ言語レビュー」、no。5、1966、p。13 [2]
  20. ^ ヘア、ポール・エドワード・ヘドリー、「アフリカが遭遇した:ヨーロッパの連絡先と証拠、1450〜1700」、Variorum、1997、pp 213-15&248、 ISBN 0-86078-626-9 
  21. ^ それはアルヴィーゼによる堕落でした。参照:Boulègue、Jean、 "Le Grand Jolof、(XVIIIe –XVIeSiècle)"、(Paris、EditionFaçades)、Karthala(1987)、p 16
  22. ^ 現代のセネガンビアの15世紀の探検家、アルヴィーゼカダモストは、セレール族の国に足を踏み入れたことはありませんでした。彼の船は、カジョール国境に住む地元のセレール族コミュニティと奴隷条件を交渉するために派遣されたウォロフ族の通訳の1人が、このセレール族コミュニティによってその場で殺害された後、ガンビアに向かった。アルヴィーゼも彼の党も船を離れなかった。船はガンビアに向かった。アルヴィーゼはセレール族の国に入ったことがなかったので、セレール族に関する彼の意見のほとんどはウォロフの通訳者からのものでした。カジョールのウォロフ族は、国境に住むセレール族のコミュニティと絶え間なく戦争をしており、アルヴィーゼ自身が語ったように、これらのセレール族を恐れていました。カーでは、アルヴィーゼはセレール族を王がいないと呼んでいます。しかし、これらのセレール族はウォロフ族のカジョール国境に住んでいて、カジョールの王たちに服従することを拒否した人々でした。アルヴィーゼは、シヌ王国が実際にセレール王国であり、バルバチーニ族(「シヌ王」を意味するウォロフ族の「ブルバシネ」の堕落)が住んでいたことを知りませんでした。見る :(フランス語) Boulègue、Jean、「Le Grand Jolof、(XVIIIe –XVIeSiècle)」、(パリ、エディションファサード)、Karthala(1987)、16ページ。また:(英語) Kerr、Robert、「一般的な歴史18世紀の終わりまでの航海と旅の記録」、238〜240頁、J。Ballantyne&Co。1811; (フランス語) Verrier、Frédérique、 "Introduction。VoyagesenAfrique noire d'Alvise Ca'da Mosto(1455&1456)"、p 136、Chandeigne、Paris、1994; (英語)ラッセル、ピーターE.、「ヘンリー王子 'ナビゲーター」:人生、ニューヘブン、コネチカット州:エール大学出版局、2000年、299〜300ページ
  23. ^ a b Ba、AbdouBouri。Essai sur l'histoire du Saloum et duRip。チャールズベッカーとビクターマーティンの前衛。PubliédansleBulletinde l'Institut Fondamental d'AfriqueNoire。pp 10–27
  24. ^ 16世紀から19世紀にかけて、Faal(var:Fall)王朝を逃れたミッション。秋を参照してください。
  25. ^ 秋、TanorLatsoukabé、 Recueil sur la Vie des Damel、IntroduitetcommentéparCharlesBeckeretVictor。Martin、BIFAN、Tome 36、SérieB、n°1、janvier 1974
  26. ^ Boulègue、169〜180ページ
  27. ^ 彼らもウォロフ族ではありません。彼らはもともとクロデメキン(カジョールのムーア人を 意味するナアリ・カジョール)でしたが、ウォロフ化され、ウォロフ文化を採用しました。
  28. ^ Diop、Cheikh Anta、Modum、Egbuna P.、「アフリカのルネッサンスに向けて:アフリカの文化と発展におけるエッセイ」、1946年から1960年、28ページ
  29. ^ a b c d (フランス語) Ndiaye、OusmaneSémou、 "DiversitéetunicitéSérères: L' exempledelaRégiondeThiès "、Ethiopiques、n°54、revue semestrielledeculturenégro-africaine、Nouvellesérievolume7、2e semestre 1991 [3]
  30. ^ Diouf、Niokhobaye、「Chronique du royaume du Sine」、Suivie de notesは、チャールズ・ベッカーとビクター・マーティンの関係するル・ロヤウメ・デュ・シヌに関係する伝統的な口承とレソースのエクリットです。(1972)。Bulletin de l'Ifan、Tome 34、SérieB、n°4、(1972)。pp 722–733
  31. ^ a b (フランス語) Diouf、Mahawa、 "L'INFORMATION HISTORIQUE:L'EXEMPLE DU SIIN"、Ethiopiquesn°54。semestrielledeculturenégro-Africaineをレビューします。Nouvellesérie第7巻。2esemestre1991 [4]
  32. ^ a b c Sarr、「Histoire du Sine-Saloum」、33〜5ページ
  33. ^ バリエーション:Diogomay(セネガルのJogoymayのフランス語のスペル)。
  34. ^ セネガルのフランス語のスペリング:Madiodio Fall
  35. ^ a b クライン、マーティン、「セネガルのイスラム教と帝国主義、シヌサルーム」、p130
  36. ^ それぞれサバクとサンジャルの首長の称号。両国はサルーム王国の支流でした
  37. ^ a b Klein、74〜75ページ
  38. ^ Camara、Alhaji Sait、[in] GRTSプログラム、「SunuChossan」
  39. ^ バリエーション: SambaLaobéFallまたはSambaLaobéLatsouckSiraDiogop Fall
  40. ^ バリエーション:Mang Codou
  41. ^ 王室から王を選出する責任がある選挙人の高貴な評議会の長。彼はセレール国の首相に相当しました。
  42. ^ Sarr、37〜38ページ
  43. ^ Diouf、Niokhobaye、pp 726–727
  44. ^ Kesteloot、リリアン; Mbodj、Chérif; Ba、Seydou、 Contes et mythes wolof(critic)、(editors:Lilyan Kesteloot、ChérifMbodj)、NouvellesÉditionsAfricaines、1983、pp 15、111、179–80
  45. ^ John D. Tuxill、Gary Paul Nabhan、世界自然保護基金、王立植物園、キュー、「人、植物、保護地域:現場管理のガイド」、p 50
  46. ^ a b クライン、マーティンA.「セネガルシネサロウムのイスラム教と帝国主義、1847年から1914年。」エディンバラ大学出版(1968)。p XV
  47. ^ ルソレイユ(セネガル)
  48. ^ Diallo、Ibrahima、「植民地時代後のセネガルにおける各国語の政治」
  49. ^ Alhaji Alieu Ebrima ChamJoofを参照してくださいポイント新聞に印刷された要約 :「1963年5月1日、アディスアベバでの最初の会議でのOAUの創設者へのメッセージ」(2006年)。
  50. ^ Meredith、「The Fate of Africa」、p 367、Public Affaires(2005)

参考文献

  • Gravrand、Henry、「La Civilization Sereer – Pangool」、vol.2、Les Nouvelles Editions Africaines du Senegal、1990、ISBN 2-7236-1055-1 
  • Gravrand、Henry、「La Civilization Sereer、VOL.1、Cosaan:les origines」、Nouvelles Editions africaines、1983、ISBN 2723608778 
  • Gravrand、Henry: "L'HERITAGE SPIRITUEL SEREER:VALEUR TRADITIONNELLE D'HIER、D'AUJOURD'HUI ET DE DEMAIN" [in] Ethiopiques、numéro31、révuesocialistedeculturenégro-africaine、3e Trimestre 1982
  • スミソニアン協会の人類の起源プログラムによる人類の進化
  • Goodman M、Tagle D、Fitch D、Bailey W、Czelusniak J、Koop B、Benson P、Slightom J(1990)。「DNAレベルでの霊長目進化とヒト類の分類」。J Mol Evol 30(3):pp 260–266
  • Descamps、Cyr、 "ContributionalaPréhistoiredel'Ouest-sénégalais"、thèse、Paris、p 315.(inédit:p 126)
  • Diouf、Mahawa、「L'INFORMATION HISTORIQUE:L'EXEMPLE DU SIIN」、Ethiopiquesn°54。semestrielledeculturenégro-Africaineをレビューします。Nouvellesérie第7巻。2esemestre1991
  • Descamps、Cyr、「QuelquesréflexionssurleNéolithiqueduSénégal」、vol。1、pp 145–151、West African Journal of Archeology(1981)
  • Dagan、Th。、LeSitepréhistoriquedeTiémassas(セネガル)、pp 432–438、Bulletindel'InstitutFrançaisd'AfriqueNoire(1956)
  • McMahon、Robin、「On the Origin of Diversity」、Filament Publishing Ltd、2011年、ISBN 1905493878 
  • ユネスコ、「アフリカの一般史」、vol.1、方法論とアフリカの先史時代、(アフリカの一般史の起草のためのユネスコ国際科学委員会)、ハイネマン出版社カリフォルニア大学出版局、ユネスコ、1981年、ISBN 0-435 -94807-5(ケース入り) 
  • ClémentineFaïk-NzujiMadiya、カナダ文明博物館「記憶の追跡:アフリカの芸術と文化におけるグラフィックサインとシンボルの用語集」、カナダ民俗文化研究センター、アフリカ言語、文学、伝統国際センター(ベルギー、ルーバン) 。ISBN0-660-15965-1_ pp 27、115 
  • Rake、Alan、「New African yearbook」、Volumes 1999–2000、Africa Book Center Limited、2000、 ISBN 0905268636 
  • Rigby、Leonard D. Katz、「Evolutionary Origins of Morality:Cross-disciplinary Perspectives」、Imprint Academic、ISBN 0719056128 
  • Sarr、Alioune、 "Histoire du Sine-Saloum "、Introduction、bibliographie et notes par Charles Becker、BIFAN、Tome 46、Serie B、n°3–4、1986–1987
  • Diouf、Niokhobaye、 "Chronique du royaume du Sine" par suivie de Notes sur lestraditions経口およびlessourcesécritesconcernateleroyaumedu Sine par Charles Becker et VictorMartin。Bulletin de l'Ifan、Tome 34、SérieB、n°4、1972
  • ダイアモンド、ジャレド(1999)。銃、生殖、および鋼。ニューヨーク:ノートンプレス。ISBN0-393-31755-2_ 
  • A. Secka、I。Sow、M。Niass 協力者:AD Ndoye、T。Kante、A。Thiam、P。Faye、T。Ndiaye。セネガル、「Horticonsult、伝統的な葉物野菜の生物多様性」
  • Mwakikagile、Godfrey、「ガンビアとその人々:アフリカの民族的アイデンティティと文化的統合」(2010)、ISBN 9987-16-023-9 
  • Mwakikagile、Godfrey、「ガンビアにおける民族の多様性と統合:土地、人々、文化」(2010)、 ISBN 9987932223 
  • カルガリー大学考古学部、アメリカのアフリカ人考古学者協会、アフリカ人考古学者協会、「アフリカ考古学のニュースレター、第47-50号」、カルガリー大学考古学部、1997年
  • ベッカー、チャールズ:「Vestigeshistoriques、trémoinsmatérielsdupasséclanslespayssereer」。ダカール。1993. CNRS – ORS TO M
  • Foltz、William J.、 "From French West Africa to the Mali Federation、vol。12of Yale Studies in Political Science"、p 136、Yale University Press、(1965)
  • Chavane、Bruno A.、 "Villages de l'ancien Tekrour"、Vol.2。Hommesetsociétés。考古学アフリカ人、KARTHALA Editions、1985、ISBN 2865371433 
  • Laude、Jean、「The Arts of Black Africa」、カリフォルニア大学出版、1973年(翻訳者:Jean Decock)、 ISBN 0520023587 
  • Ben-Jochannan、Yosef、「ナイルの黒人と彼の家族」、ed。2、Black Classic Press、1972、ISBN 0933121261 
  • Ajayi、JF Ade、Crowder、Michael、「History of West Africa、Volume 1」、Longman、1985、 ISBN 0582646839 
  • アフリカ研究協会、アフリカの歴史、第11巻、アフリカ研究協会、1984年、ミシガン大学
  • モンテイユ、シャルル、「世紀末」(1898–1899)、紀要de l'lFAN、vol。28、セリエB、n°1–2、1966、
  • モンテイユ、シャルル、「Lalégendeofficiellede Soundiata、fondateur de l'empire manding」、BulletinduComitéd'Etudeshistoriques et scientifiques de l'AOF、tome VIII、n°2、1924;
  • Cornevin、Robert、 "Histoire de l'Afrique"、Tome I:des originesauXVIesiècle(パリ、1962年)
  • クラウダー、マイケル、「西アフリカ:その歴史の紹介」、ロングマン、1977年、
  • デラフォッセ、モーリス、「オーセネガルニジェール:ルペイ、レプープル、レラング」; "l'Histoire"; 「文明」。1–3、パリ:エミールラローズ(1912)、(編集者:マリーフランソワジョセフクロゼル
  • モンテイユ、シャルル、「Mélangesethnologiques」、Memoires de IFAN(ダカール)、1953年、no。23
  • フィリップス、ルーシーコルヴィン、「セネガルの歴史的辞書」、Scarecrow Press、1981年、ISBN 0-8108-1369-6 
  • Institut fondamental d'AfriquenoireBulletin de l'Institut fondamental d'Afrique noire、第38巻。IFAN、1976年
  • クラーク、アンドリューF.&フィリップス、ルーシーコルヴィン、「セネガルの歴史的辞書」、第2版(1994年)
  • Trimingham、John Spencer、「西アフリカのイスラムの歴史」、オックスフォード大学出版局、米国、1970年
  • Gamble、David P。、&Salmon、Linda K.(with Alhaji Hassan Njie)、 "Gambian Studies No. 17. People oftheGambia。I.TheWolof.with notes on the Serer and the Lebou"、San Francisco 1985
  • ストライド、GT、イフェカ、キャロライン、「西アフリカの人々と帝国:歴史における西アフリカ、1000-1800」、アフリカーナパブ。Corp(1971)
  • Houtsma、M。Th。、 "L-Moriscos"、(editor:M。Th。Houtsma)、BRILL、1993、ISBN 9004097910 
  • ページ、ウィリーF.、「アフリカの歴史と文化の百科事典:アフリカの王国(500から1500)」、Vol.2、ファイルの事実(2001)、ISBN 0-8160-4472-4 
  • Niane、Djibril Tamsir、「アフリカの一般的な歴史:12世紀から16世紀までのアフリカ」、ユネスコ、1984年、ISBN 9231017101 
  • Niane、Djibril Tamsir、「Histoire des Mandingues de l'Ouest:le royaume du Gabou」、KARTHALA Editions、1989、ISBN 2865372367 
  • Abdur Ra​​hman I. Doi、「ナイジェリアのイスラーム」、Gaskiya Corp.、1984年、9ページ
  • Bulletin de l'Institut fondamental d'Afrique noire、vol。1964年26〜27日
  • Nnoli、Okwudiba、「アフリカの民族紛争」、CODESRIA、1998。ISBN2-86978-070-2 
  • La famille Juuf [in]«L'épopéedeSanmoonFay»、Éthiopiques、no 54、vol。7、2e semestre
  • Ngom、Biram(BabacarSédikhDiouf)、「La question Gelwaar et l'histoire du Siin」、ダカール大学、ダカール、1987年
  • チャールズ、ユーニスA.、「植民地時代以前のセネガル:ジョロフ王国、1800〜 1890年」、ボストン大学アフリカ研究センター、1977年
  • Conrad、David C。、「Empires of Medieval West Africa」、Infobase Publishing、2005、ISBN 1-4381-0319-0 
  • ヘア、ポール・エドワード・ヘドリー、「アフリカが遭遇した:ヨーロッパの接触と証拠、1450〜1700」、Variorum、1997 ISBN 0-86078-626-9 
  • Boulègue、Jean、「Le Grand Jolof、(XVIIIe –XVIeSiècle)」、(パリ、エディションファサード)、Karthala(1987)
  • Kerr、Robert、「18世紀の終わりまでの航海と旅行の一般的な歴史」、p238-240、J。Ballantyne&Co。1811;
  • Verrier、Frédérique、「はじめに。Afriquenoired'Alvise Ca'da Mosto(1455&1456)の航海」、p 136、Chandeigne、パリ、1​​994年
  • ラッセル、ピーターE.、「プリンスヘンリー 'ナビゲーター」:人生、ニューヘブン、コネチカット州:エール大学出版物、2000年、299〜300ページ
  • Ba、Abdou Bouri、「Essai sur l'histoire du Saloum etduRip チャールズベッカーとビクターマーティンの前衛。PubliédansleBulletinde l'Institut Fondamental d'Afrique Noire、pp 10–27
  • 秋、TanorLatsoukabé、「Recueil sur la Vie des Damel」、IntroduitetcommentéparCharlesBeckeretVictor。Martin、BIFAN、Tome 36、SérieB、n°1、janvier 1974
  • Ndiaye、OusmaneSémou、「DiversitéetunicitéSérères: L' exempledelaRégiondeThiès 」、Ethiopiques、n°54、revue semestrielledeculturenégro-africaine、Nouvellesérievolume7、2e semestre 1991
  • クライン、マーティンA.「セネガルシネサロウムのイスラム教と帝国主義、1847-1914」、エディンバラ大学出版(1968)、ISBN 0-85224-029-5 
  • ガルバン、デニス・チャールズ、「国家は私たちの火の達人でなければならない:農民がセネガルで文化的に持続可能な開発をどのように作り上げるか」、バークレー、カリフォルニア大学出版、(2004)。ISBN978-0-520-23591-5_ 
  • プライス、ジョーンA.、「世界の宗教の聖典:序論」、Continuum International Publishing Group(2010)、 ISBN 082642354X 

さらに読む

  • ソンコゴドウィン、ペイシェンス、「セネガンビア地域の民族グループ」、Sunrise Publishers Ltd(2003)、ASIN  B007HFNIHS
  • Sonko-Godwin、Patience、「Leaders of the Senegambia Region」、19〜20世紀のヨーロッパの浸透に対する反応、Sunrise Publishers Ltd(1995)、ISBN 9983-8600-2-3 
  • Faye、LouisDiène、「Mort et Naissance le monde sereer」、Les Nouvelles Edition Africaines(1983)、ISBN 2-7236-0868-9 
  • Crousse、Bernard、Le Bris、Émile&Le Roy、Étienne、 "EspacesdisputésenAfriquenoire:pratiquesfoncièreslocales"、Karthala、ISBN 2-86537-146-8 
  • Gastellu、Jean-Marc、「L'égalitarismeéconomiquedesSererduSénégal」、ORSTOM、パリ、1​​981年、ISBN 2-7099-0591-4(ThèsedeScienceséconomiquessoutenueàl'UniversitéParis10en 1978) 
  • Cyr Descamps、Guy Thilmans et Y. ThommeretLes tumuluscoquilliersdesîlesduSaloum(Sénégal)、Bulletin ASEQUA、Dakar、UniversitéCheikhAnta Diop、Dakar、1979、n°54
  • Kalis、Simone、「Médecinetraditionnelle、religion et divination chez les SeereerSiinduSénégal」、(La connaissance de la nuit)、L'Harmattan(1997)、ISBN 2-7384-5196-9 
  • Ngom、Pierre、Gaye、Aliou、およびSarr、Ibrahima、「セネガルにおける民族の多様性と同化:1998年の国勢調査からの証拠」、ペンシルベニア大学 –アフリカ国勢調査分析プロジェクト(ACAP)、(2000年2月)