トンラン

ウィキペディアから、無料の百科事典
ナビゲーションにジャンプ 検索にジャンプ
キングトンラン
สมเด็จพระเจ้าทองลัน
アユタヤ王朝
トン王の絵Lan.jpg
サイアムの王
治世750 LE
(1388/89 CE)で7日間
前任者Borommarachathirat I
後継ラーメースワン
生まれc。 735 LE(1373/74 CE)
死亡しました750 LE(1388/89 CE)
ワットコークプラヤー(現在のタイ、プラナコンシアユタヤ県
スパンナフム王朝
父親Borommarachathirat I

トンラン王タイ語สมเด็จพระเจ้าทองลัน)は、タイの古代王国であるアユタヤのでした

Borommarachathirat Iの息子であり、 Suphannaphumの家のメンバーであるトンランは、15歳のときに750 LE(1931 BE、1388/89 CE)で父親をアユタヤの王位に引き継ぎました。ウートン家の親戚であるラメスアンによってクーデターで追放され処刑された[1]

トンランはアユタヤ王朝の最初の君主でした。[2]

名前

この記事の略語のリスト
略語 ために
なれ タイ仏教時代
CE 共通する時代
LE 少ない時代

子王は、大英博物館クロニクル[3]アユタヤ王朝クロニクル[4]ファンチャヌマットなど、ほとんどの史料でトンランタイทองลัน ; IPA:  [tʰɔ̃ːŋ˧.lä̃n˧] )として知られています。クロニクル[5]

ひもタイ語ทอง)は「金」を意味します。Lanタイ語ลัน)は、意味が不明な古語です。[6]

歴史家のSuchitWongthet(タイ語สุจิตต์วงษ์เทศ)は、ここのlanは、百科事典で「で作られたウナギの」を指す古いタイ語-ラオス語であるという意見を表明しました。歴史家は、ラーマ1世、トンドゥアン(タイ語ทองด้วง )の個人名を引用して、動物捕獲装置にちなんで人に名前を付けることは古代の慣習であると述べました。これは「ゴールデンスネア」を意味します。[7]

ブラッドリークロニクル、しかし、少年王の名前はトンランであったと言います(タイ語ท้องลั่น ; IPA:  [tʰɔ̃ːŋ˦˥.lä̃n˥˩] ;「胃の叫び」)。[8]

トーンチャンは、フォナラットクロニクル[9]およびロイヤルオートグラフクロニクルでは、トンチャン(タイ語ทองจันทร์ ; IPA:  [tʰɔ̃ːŋ˧.t͡ɕä̃n˧] ;「ゴールデンムーン」または「ムーンゴールド」)として知られています。[10]

マイナーウォーズクロニクルでは、彼はパリではSuvaṇṇacandaと呼ばれてますタイ文字では:สุวณฺณจนฺท;「黄金の月」)。[11]

西暦1640年にイェレミアスヴァンヴィレットによって書かれたオランダの文書であるヴァンヴィレットクロニクルは、彼をトンタンと呼んでいます。[12]

家族

すべての歴史的文書によると、トンランはボロムマラチャティラート1世の息子でした。[1]

人生

政治的背景

アユタヤ王朝は、結婚を通じて関係していたウトンスファンナフム王家によって共同で設立されました[13]アユタヤ王朝の最初の君主、ラマティボディ1世はウトン出身でした。彼は息子のラーメースワンをロッブリーの支配者に任命しました[14]彼はまた、スパンブリーの支配者であるスパンブナムからの彼の親戚であるボロムラチャティラト1世を任命した。[15]

731 LE(1912 BE、1369/70 CE)で、RamathibodiIが亡くなりました。ラーメースワンはロッブリーから来て、アユタヤ王朝の王位を継承しました。[16]

732 LE(1913 BE、1370/71 CE)で、ボロムマラチャティラート私は彼の軍隊をスパンブリーからアユタヤまで行進させました。その後、ラーメースワンは王位を彼に「提示」し、以前と同じようにロッブリーに戻った。[15]

統治

750 LE(1931 BE、1388/89 CE)で、BoromrachathiratIは彼の軍隊を率いてChakangraoを攻撃しました。しかし、彼は病気になり、途中で亡くなりました。[17]彼の息子、トンランはその後、アユタヤ王朝の王位を継承した。[12]

タイの年代記によれば、トーンチャンは750 LE(1931 BE、1388/89 CE)で王位に就いたとき15歳でした。[1]この情報に基づくと、トーンチャンはおそらく735 LE(1916 BE、1373/74 CE)で生まれました。しかし、オランダの文書Van Vliet Chronicleは、王位に就いたとき、彼は17歳だったと述べています。[12]

トンランがわずか7日間統治した後、ラーメースワンはロッブリーから軍と共にやって来て王位を獲得しました。ラーメースワンは、ワットコークプラヤータイ語วัดโคกพระยา )と呼ばれる仏教寺院でトンランを殺害しました[10]トンランは、王族を処刑するための伝統的な手段であるサンダルウッドクラブで首を殴られて殺された。[18]その後、ラーメースワンはアユタヤ王朝に2度目の王となった。[19]

歴史家のダムロン・ラジャヌバブは、ラーメースワンが対処できなかった特定の政治的問題のために、ボロムラチャティラト1世が732LEに彼の軍隊をアユタヤに連れて行ったという理論を紹介しました。二人は、ラーメースワンがボロムラチャティラットにアユタヤを統治させ、後者が前者を彼の後継者と宣言することに同意したかもしれない。ラーメースワンはこうしてアユタヤ王朝をボロムラチャティラートに贈り、彼の古い基地であるロッブリーに戻った。しかし、合意に違反し、ボロムラチャティラットが息子のトンランに引き継がれたように見えたとき、ラメスワンは王位を奪い、トンランを殺害した。[20]

現代の学者はそうではないと信じています。スチットウォンテート(タイ語: สุ จิตต์วงษ์เทศ)は、ボロムラチャティラトがアユタヤに到着したことで、軍隊と一緒にロッブリーに戻ってきた反撃する機会を待ちます。[21] Pramin Khrueathong(タイ語ปรามินทร์เครือทอง)はまた、Boromrachathiratが軍事力を使ってRamesuanを王位から追い出すと信じていました。激しく。[22]

これらの出来事は、ウトンスファンナフムの家の間の一連の紛争の一部であり、ラムラチャティラートの治世の終わりにスファンナフムがウトンに対して決定的な勝利を収め、スファンナフムがアユタヤ王朝の権力をほぼ次の期間にわたって維持できるようになるまで続きました。 2世紀。[23]

参照

参考文献

  • Čhansuwan、'Ēkkarāt(2011)。Samretthōtnư̄arātchabanlang สำเร็จโทษเหนือราชบัลลังก์[王位を超えた死](タイ語)。バンコク:イプシ。ISBN 9786167071329
  • Kasētsiri、Chānwit(2005)。Phetlœ̄t'anan、Thamrongsak(編)。'Ayutthayāprawattisātlækānmư̄ang อยุธยาประวัติศาสตร์และการเมือง[アユタヤ:歴史と政治](タイ語)(第4版)。バンコク:社会科学と人文科学の教科書プロジェクトの推進のための財団。ISBN 9749157273
  • Khrư̄athǭng、Prāmin(2011-05-02)。"Krungsīpatiwatpritsanāratthaprahānngīapkhǭngkhunlūangphǭngūayǭmrư̄yưtsǭng"กรุงศรีปฏิวัติปริศนารัฐประหารเงียบของขุนหลวงพ่องั่ว 'ยอม' หรือ 'ยึด'(2)[Ayutthayan Revolutions:Khunluang Pho Nguaのサイレントクーデターについての謎–「喜んで与える」または「強制的に与える」(2)]。Matichon.co.th(タイ語)。バンコク:マティチョン2016年8月20日取得
  • Phrarātchaphongsāwadānchabapphrarātchahatthalēkhālemnưng พระราชพงศาวดารฉบับพระราชหัตถเลขาเล่ม๑[ Royal Autograph Chronicle、Volume 1 ](タイ語)(第8版)。バンコク:タイ美術局。1991年。ISBN 9744171448
  • Phrarātchaphongsāwadānkrungsayāmchabapmǭbratle พระราชพงศาวดารกรุงสยามฉบับหมอบรัดเล[サイアムのブラッドリーロイヤルクロニクル博士](タイ語)(第2版)。バンコク:Khōsit。2006年。ISBN 9749489993
  • Phrarātchaphongsāwadānkrungsī'ayutthayāchabapphančhannumāt(čhœ̄m)læ'ēkkasān'ư̄n アユタヤ銀行[ Phan Channumat(Choem)のアユタヤのロイヤルクロニクル、およびその他の文書](タイ語)。Nonthaburī:SīPanyā。2010年。ISBN 9786167146089
  • Prachumphongsāwadānchabapkānčhanāphisēklemnưng ประชุมพงศาวดารฉบับกาญจนาภิเษกเล่ม๑[歴史的アーカイブのゴールデンジュビリーコレクション、第1巻](タイ語)。バンコク:タイ美術局。1999年。ISBN 9744192151
  • Prachumphongsāwadānphākthīpǣtsipsǭngrư̄angphrarātchaphongsāwadānkrungsayāmčhāktonchabapkhǭngbrititmiosīamkrunglondon ประชุมพงศาวดารภาคที่82เรื่องพระราชพงศาวดารกรุงสยามจากต้นฉบับของบริติชมิวเซียมกรุงลอนดอน[歴史的アーカイブのコレクション、第82巻:ロンドンの大英博物館のオリジナル写本からのサイアム王国のロイヤルクロニクル](タイ語)(第2版)。バンコク:タイ美術局。1994年。ISBN 9744190256
  • プリンセスマハチャクリシリントーン財団(2011)。Nāmānukromphramahākasatthai นามานุกรมพระมหากษัตริย์ไทย[タイ王のディレクトリ](タイ語)。バンコク:プリンセスマハチャクリシリントーン財団。ISBN 9786167308258
  • Somdet Phra Phonnarat(Kǣo)(1932)。ČhunlayutthakārawongPhūkSǭng จุลยุทธการวงศผูก๒[マイナーウォーズクロニクル、セカンドバンドル](タイ語)。バンコク:SōphonPhiphatThanākǭn。
  • Somdet Phra Phonnarat(Kǣo)(2015)。Phakdīkham、Sānti(編)。Phrarātchaphongsāwadānchabapsomdetphraphonnaratwatphrachēttuphontrūatsǭpchamračhāk'ēkkasāntūakhīan พระราชพงศาวดารฉบับสมเด็จพระพนรัตน์วัดพระเชตุพนตรวจสอบชำระจากเอกสารตัวเขียน[ロイヤルクロニクル:ワットポー卿卿の法王フォナラットによるバージョン、写本に対してチェック](タイ語)。バンコク:陛下の後援の下でラーマ1世奨学金財団。ISBN 9786169235101
  • Van Vliet、Jeremias(2003)。Wongthēt、Sučhit(編)。Phongsāwadākrungsī'ayutthayāchabapwanwalitphutthasakkarātsongphannưngrǭipǣtsipsǭng พงศาวดารกรุงศรีอยุธยาฉบับวันวลิตพ.ศ。๒๑๘๒[アユタヤのヴァンヴリエットクロニクル、2182 BE(1640 CE) ](タイ語)。WanāsīSāmanasēn(第2版)によって翻訳されました。バンコク:マティチョン。ISBN 9743229221
  • Wongthēt、Sučhit(2013-12-24)。「Khunlūangphangūamư̄angsuphanyưt'amnātratthaprahān'ayutthayā」ขุนหลวงพะงั่วเมืองสุพรรณยึดอำนาจรัฐปรุ[アユタヤのSuphanSeizedPowerのKhunluangPhaNgua]。Sujitwongthes.com(タイ語)。バンコク:マティチョン2016年8月20日取得
  • Wongthēt、Sučhit(2014-01-31)。「ラーメースワンmư̄anglawōlāngrātchawongsuphannaphūm」ราเมศวรเมืองละโว้ล้างราชวงศ์สุพรรณภูมม[LavoのRamesuanがSuphannaphum王朝を倒した]。Sujitwongthes.com(タイ語)。バンコク:マティチョン2016年8月20日取得
トンラン
生まれ: c。 35 LE(1373/74 CE)死亡: 750 LE(1388/89 CE) 
尊号
前任者 アユタヤ王朝 750LE(1388/89 CE)
で7日間
成功