カラセンのテオネシオス1世

From Wikipedia, the free encyclopedia
チオネシオス1世の硬貨。

テオネシオス 1 世は、パルティア帝国の従属国でありペルシャの重要な貿易港であった [1]カラセンでした。彼の治世は紀元前25/24年から紀元前19/18年まででした。[2]

彼は、彼の名前のさまざまなスペルを示す銀の テトラドラクマからのみ知られています。[3]

参考文献

  1. ^ E. Yarshater、The Cambridge History of Iran、ケンブリッジ大学出版局、 487 ページ
  2. ^ Richard Nelson Frye, The History of Ancient Iran(CHBeck, 1984) p277.
  3. ^ Monika Schuol, The Characene: A Mesopotamian Kingdom in Hellenistic times . Steiner, Stuttgart 2000, page 225, 316-317.
カラセンのテオネシオス1世
前任者 カラセン王 紀元前
19年
成功した