一時的保護指令

ウィキペディアから、無料の百科事典
ナビゲーションにジャンプ 検索にジャンプ

一時的保護指令TPD;理事会指令2001/55 / EC)は、2001年の欧州連合指令であり、通常のEUの例外的な状況で使用されることを目的として、EUの外部国境の外から避難民を即座に一時的に保護することを目的としています。庇護制度は、難民の「大量流入」を処理するのに問題があります。[1] [2] [3] [4]ユーゴスラビア戦争の余波で導入されましたが、2022年以前には使用されていませんでした。[1] [5]呼び出された場合、EU加盟国は、加盟国間の連帯と「努力のバランス」の原則に従って、難民を受け入れる能力に基づいて割り当てられた難民を受け入れることを要求します。[2] [6] [7]

[5]

起源

この指令は、ユーゴスラビア戦争の余波で2001年に可決されました[1] [8]指令は、2001年8月7日から有効になっていますが[9]、2022年まで発動されませんでした。[5]

詳細

一時的保護指令は、避難民に関する欧州連合の政策を調和させ、難民危機における加盟国間の連帯と協力を強化することを目的としています。[3]指令は、一時的な保護をトリガーおよび終了するための手順、一時的な保護下にある人々の権利、および特定のカテゴリーの人々(トラウマの生存者、同伴者のいない未成年者、および潜在的なセキュリティの脅威)に対する特別な規定について説明しています。[3]

庇護とは異なる一時的な保護は、状況に応じて最大3年間続く可能性があります。[2] [10]一時的な保護下にある人々は、庇護を求めることに通常伴う複雑な官僚主義なしに居住許可を得ることができます。[11]彼らは働き、社会福祉にアクセスすることを許可されており、EU全体で保護を受ける権利があります。[12]子供はEU居住者と同じ方法で教育を受けることを許可されなければなりません。[7]

指令を発動するには、欧州委員会が最初に加盟国に提案を行う必要があり、欧州連合理事会の適格多数派(通常、EU諸国の少なくとも55%、連合の総人口の少なくとも65%を占める)が必要です。賛成票を投じる。[2]指令は、難民の「大量流入」が発生した場合に発動されることを目的としています。「大量流入」の定義は意図的に曖昧にされており、その適用に柔軟性を持たせるために、ケースバイケースで定義されることを意図しています。[4] [13]

指令が発動されると、すべての加盟国(オプトアウト条項のあるデンマークを除く)は、難民の受け入れ、居住許可の発行、官僚的形式主義の最小化、および避難民を支援するための他の措置を講じることを強制されます。[2]難民は、加盟国が難民を受け入れる能力に基づいて、自主的に加盟国に分配されることになっています。[11] [2] [6] [7]

この指令は当初、オプトアウト条項のためアイルランドには適用されませんでしたが、2003年4月11日、アイルランド政府はオプトインの希望を表明し、欧州委員会によって承認されました。[14] [9] [15] [16]しかし、2016年の時点で、アイルランド政府は指令を転置していません。[16]

2022年の難民危機

2022年3月、欧州連合理事会は、ロシアのウクライナ侵攻によって引き起こされた難民危機に対応して、歴史上初めて一時的保護指令を発動しました欧州委員会2022年3月2日に指令を発動することを提案し[17]、EUの大臣は3月3日にそれを発動することに全会一致で同意しました。[5] [18]ハンガリーの大臣GergelyGulyásが決定の数時間前に反対を表明したという事実にもかかわらず、決定は満場一致でした。[19]評議会は、2022年3月4日に指令を正式に発動した。[20] [18] [21]

欧州委員会は、危機に照らして加盟国が指令をどのように実施すべきかについてのガイドラインを発表し、個々の加盟国は、難民が保護された地位を申請する方法に関する特定の要件を発表しました。[22]指令には、母国に戻ることができない場合、「非ウクライナ国民および合法的にウクライナに居住する無国籍者」が含まれると報告された。[17]デンマークはTPDに拘束されていませんが、デンマーク当局はウクライナ難民に対して同様の「特別法の地位」を発表しました。[22]

法務ブログLawfareは、ハンガリーとポーランドが2015年の難民危機の際に負担分担措置に反対したことを指摘し、評議会の決定が満場一致であったことは驚くべきことだと述べた法律によれば、2022年にTPDを発動することに対するこれらの国々の支持は、おそらく「ウクライナ人への人気のある同情と、ロシアの西方へのさらなる拡大への不安」によって引き起こされたとのことです。[18]

使用または廃止に関するその他の提案

指令の使用の可能性は、それが可決されてから何年にもわたって議論されることがありました。[1]

2011年、EUは、一部には第一次リビア内戦のために30万人以上の難民を受け入れましたイタリア政府とマルタ政府は一時的保護指令の使用を主張し[10]、欧州委員会は、難民政策の違いをめぐるイタリアとフランスの間の緊張に対処するために指令を発動することについて議論しました。しかし、ドイツ政府の反対もあって、指令は発動されなかった。[6]

2015年の欧州難民危機の中で、UNHCR 、欧州議会の一部の議員、および活動家は、指令の発動を求めました。[10]

EUの外交政策当局者であるジョセップボレルは、米軍がアフガニスタンから撤退した後、2021年にアフガニスタン難民を支援するための指令を発動する可能性について話し合った[1] [2]

気候難民の文脈でこの指令についての議論がありましたが、気候変動の緩やかな性質のため、おそらく適用できないと考えられています[4] [13]

廃止の可能性

2020年に提案された規制は、一時的保護指令は「加盟国の現在の現実にもはや対応しない」と述べており、廃止されるべきである。[2]

ロンドンサウスバンク大学のEU法の講師であるジョン・クー氏は、この指令はEU加盟国にも難民自身にも利益をもたらさず、そのメカニズムには問題があると主張しています。[10]

参照

  1. ^ a b cde 「 ウクライナからの難民に一時的な保護を与えるEUの 議論 ポリティコ2022年2月27日。 2022年2月27日のオリジナルからアーカイブ2022年2月28日取得
  2. ^ a b c d e f g h 「EUは、新しい難民の流入を管理するために、古くて曖昧な法律を使用することができますか?」ユーロニュース2021年8月23日。 2022年2月28日のオリジナルからアーカイブ2022年2月28日取得
  3. ^ abc 「一時的 保護」ec.europa.eu2022年1月19日にオリジナルからアーカイブされました2022年2月28日取得
  4. ^ a b c d Liboreiro、ホルヘ(2022年3月3日)。「EUは、ウクライナ難民を受け入れるために未使用の法律を発動することに同意します」ユーロニュース2022年3月3日取得
  5. ^ a b c Richey、Mason(2013)。「北アフリカの革命:非EU移民の流入の取り扱いのヨーロッパの外部化を再考するチャンス」外交政策分析9(4):409–431。土井10.1111/j.1743-8594.2012.00195.xISSN1743-8586_ JSTOR24910823_ 2022-02-28にオリジナルからアーカイブされました2022-02-28を取得  
  6. ^ a b c Liboreiro、ホルヘ(2022年2月28日)。「ブリュッセルは、ウクライナ難民を受け入れるために、使用されたことのないEU法を適用します」ユーロニュース2022年3月1日取得
  7. ^ 「2001年7月20日の評議会指令2001/55/EC」eur-lex.europa.eu。2022年2月20日にオリジナルからアーカイブされました2022年2月28日取得
  8. ^ ab 避難民が大量に流入した場合の一時的な保護
  9. ^ a b c d Koo、J.(2016年6月29日)。「EU一時的保護指令:どのような教訓が得られましたか?」2022年2月28日にオリジナルからアーカイブされました2022年2月28日取得
  10. ^ a b 「EUにおけるウクライナ難民のための特別な保護:「一時的保護指令」とは何ですか?」InfoMigrants2022年2月28日2022年3月1日取得
  11. ^ 「EUはウクライナ人に最長3年間滞在する権利を与えることを計画している」ロイター2022年2月28日2022年2月28日取得
  12. ^ a b マーティン、スーザン(2010)。「気候変動、移住、およびガバナンス」グローバルガバナンス16(3):397–414。土井10.1163/19426720-01603008ISSN1075-2846_ JSTOR29764954_ 2021年5月20日にオリジナルからアーカイブされました2022年2月28日取得  
  13. ^ 2003年10月2日の委員会決定は、避難民の大量流入の場合に一時的な保護を与えるための最低基準および加盟国間の努力のバランスを促進する措置に関するアイルランドの理事会指令2001/55/ECを受け入れるよう要請した。そのような人を受け入れ、その結果をもたらす
  14. ^ Genç、H。Deniz; ŞirinÖner、N.Aslı(2019年3月25日)。「なぜ活性化されないのか?欧州連合における一時的保護指令と一時的保護の謎」International Journal of Political Science&Urban Studies:1–18。土井10.14782/ipsus.539105S2CID159248807 _ 2022年2月28日取得 
  15. ^ a b 「一時的保護指令に関する研究」(PDF)欧州委員会2022年3月1日取得
  16. ^ ab 「EU委員会はウクライナ難民に3年間の保護を与えることを計画しているInfoMigrants2022年3月2日2022年3月2日取得
  17. ^ a b c 「ウクライナ難民の責任の共有:前例のない対応」法律2022年3月5日2022年3月5日取得
  18. ^ 「ハンガリーもEU難民保護スキームに参加」今日のハンガリー2022年3月4日2022年3月5日取得
  19. ^ 「2022年3月4日の評議会実施決定(EU)2022/382」2022年3月5日取得
  20. ^ 「ウクライナ:評議会は全会一致で戦争から逃れる人々のための一時的な保護を導入します」www.consilium.europa.eu 2022年3月9日取得
  21. ^ ab 「EU諸国はウクライナ人のための一時的保護指令の実施を開始します」 。SchengenVisaInfo.com2022年3月21日2022年3月27日取得

さらに読む

外部リンク