タスニーム・エソップ

フリー百科事典ウィキペディアより

タスニーム・エソップ
COP26 での Tasneem Essop 賞 OXFAM スピーチ - Ray of the Day 賞 (504) (cropped).jpg
生まれる
国籍南アフリカ
雇用者世界自然保護基金

Tasneem Essopは現在 (2009 年)、 Climate Action Networkの事務局長を務めています。Climate Action Networkは、120 か国以上で 1,300 を超える市民社会組織からなる最大のグローバル ネットワークであり、気候危機と闘っています。Essop は、西ケープ州の環境、計画、経済開発の元州大臣を務め[1]、環境問題開発計画局 (DEADP) と経済開発局、および西ケープ州投資を担当していました。貿易促進庁、Wesgro および西ケープ州自然保護委員会、CapeNature。

Essop は、南アフリカ世界自然保護基金[2]に国際気候政策擁護者として採用されました。Essop は、WWF の Global Climate Deal Network Initiative に焦点を当てています。このイニシアチブの目的は、2009 年末までに、2050 年までに温室 効果ガス排出量を1990 年の水準から 80% 削減する道筋を世界に設定する拘束力のある多国間協定を確保することです。

初期のキャリア

1994 年以前は、反アパルトヘイトの活動家として、若者、組合、ジェンダー組織に関与していました。職業別の教育者である彼女は、1985 年にキャリアをスタートさせ、西ケープ州ミッチェルズ プレインにあるグレンデール シニア セカンダリーで英語、歴史、ガイダンスを教えました

彼女の教職歴は比較的短かったものの、1988 年に中等学校を中退しました。エソップは、ブリティッシュ カウンシルの教育担当官として2 年間勤務した後、南アフリカの地方自治体労働組合で教育およびメディア担当官に就任しました。彼女は 1992 年から 1994 年まで Cosatu の地域教育担当官になりました。

1994 年の最初の民主的選挙の後、彼女は州議会 (MPL) の ANC メンバーになり、そこで彼女は ANC の西ケープ州の金融と公会計のスポークスパーソンを務めました。

この反対の時期に、Essop は州財政常任委員会 (SCOPA) の委員長となり、執行部に対する財政監督を行い、南部の公会計委員会 (APAC) の創設メンバーおよび委員長になりました。アフリカ。

気候擁護

COP26でスコットランドに「Ray of the Day」を贈る

2001 年には西ケープ州の運輸、公共事業、資産管理担当大臣に任命されました。2004 年 5 月、彼女は州の環境問題および開発計画担当大臣に任命されました。

このポートフォリオにおいて、彼女は持続可能な開発の確固たる推進者であり、州空間開発フレームワーク (PSDF)、気候変動対応戦略、持続可能なエネルギー戦略 (SES) およびガイドラインなど、州の多くの新しい政策を試験的に実施してきました。ゴルフエステート、ポロフィールド、ポロエステート用。

彼女はまた、気候変動の影響、ケープのユニークな生物多様性の保護などの問題について多くの国際舞台で講演しており、最近では再生可能エネルギーの擁護者として認められるようになりまし

彼女は気候変動に関するラテンアメリカ・カリブ海会議にゲストスピーカーとして招待され、キューバを訪問し、科学、技術、環境副大臣、生物多様性と気候変動の主要な専門家と会談しました。

エソップ氏は「気候変動は貧困問題だ」と言ったことで有名です。

Essop はまた、政府、労働者、市民社会、ビジネスで構成される社会対話機関である州開発評議会 (PDC) の州政府代表団のリーダーでもあります。

2006 年に西ケープ州で電力不足が発生した後、ラスール首相はエネルギー リスク管理委員会 (広範な利害関係者フォーラム) を立ち上げました。2008 年に再活性化されたこの機関は、Essop が議長を務め、電力消費の削減、エネルギー効率の促進、および西ケープ州における代替エネルギー源の 促進に責任を負っています。

2021 年、彼女はCOP26グラスゴーにいました。会議中、彼女はスコットランドとインドに「Ray of the Day」を贈りました。彼女の組織はまた、化石燃料を促進するために、ノルウェー、オーストラリア、日本に「今日の化石」を贈りました。[3]

参考文献

  1. ^ Yeld, John (2009 年 11 月 18 日). 「失敗するように設定されている気候交渉 - エソップ」 . 独立したオンライン2010 年12 月 14 日閲覧
  2. ^ コーエン、ローレン (2009 年 11 月 24 日). 「地球について首輪の下で熱くなる」 . ザンビアの時代2010 年12 月 14 日閲覧
  3. ^ "COP26: 気候変動で最悪の打撃を受けた発展途上国のために 100 万ポンドの基金を設立した後、スコットランドが賞を受賞" . www.scotsman.com 2021年12月2日閲覧