タルムード

タルムード( / ˈ t ɑː l m ʊ d , -m ə d , ˈ t æ l -/ ;ヘブライ語: תַּלְמוּדローマ字Talmōḏ ) は、ラビ・ユダヤ教の中心的な文書であり、ユダヤ教の宗教(ハラハ) の主要な情報源です。 )とユダヤ神学[1] [2]近代が到来するまで、ほぼすべてのユダヤ人コミュニティにおいて、タルムードは社会の中心でした。 ユダヤ人の文化的生活であり、「すべてのユダヤ人の思想と願望」の基礎であり、ユダヤ人の「日常生活のガイド」としても機能します。[3]

タルムードという用語は通常、特にバビロニア タルムード(タルムード バブリ)と名付けられた著作集を指しますが、エルサレム タルムード(タルムード エルサルミ)として知られる初期のコレクションもあります。[4]また、伝統的にシャスש״ס)、シーシャ セダリムヘブライ語略語、またはミシュナの「6 つの命令」と呼ばれることもあります

タルムードには 2 つの構成要素があります。ミシュナ( משנה西暦200 年頃)、口承律法の書面による要約です。ゲマラ( גמרא西暦500 年頃)、ミシュナと関連するタンナイ語の著作を解明したもので、しばしば他の主題に踏み込み、ヘブライ語聖書を広く解説しています。「タルムード」という用語は、ゲマラ単独を指す場合もあれば、ミシュナとゲマラを合わせて指す場合もあります。

タルムード全体は 63 の冊子で構成されており、ビルナ シャスと呼ばれる標準的な印刷物には2,711 枚の両面フォリオがあります。[5]この本はミシュナイ語ヘブライ語ユダヤ教バビロニア語アラム語書かておりハラハユダヤ倫理、哲学、習慣歴史民間伝承、その他多くのトピック。タルムードはユダヤ法のすべての法典の基礎であり、以下で広く引用されています。ラビ文学

語源

タルムードは、「教える、学ぶ」を意味するセム語の語根 LMDから「指導、学習」と訳されます。[6]

歴史

バビロニア タルムードの最初のページのオズ ヴェハダル版。らせん状の虹で要素に番号が付けられています。 (1)ジョシュア ボアズメソラト ハシャス、(2)ジョエル シルキスハガホット(3)アキヴァ アイガーギリオン ハシャス、(4)ソンチーノ印刷からのラシの解説の完成、(5)ニッシム・ベン・ヤコブの解説、(6)ハナネル・ベン・フシエルの解説、(7) 引用された聖句の調査、(8) ジョシュア・ボアズのアイン・ミシュパット/ネルミツバ、(9) ノンブルとページ番号、(10)冊子タイトル、(11) 章番号、(12)、章見出し、(13)、ラシの解説、(14) トーサフォート、(15)ミシュナ( 16)ゲマラ、(17) 編集脚注。
タルムードの初期の印刷物 ( Ta'anit 9b)。ラシによる解説付き

もともとユダヤ人の学問は口頭で伝えられ、世代から世代へと受け継がれてきました。ラビは律法(ヘブライ語聖書で表現された成文律法)を解説し議論し、(聖書そのもの以外の)書かれた作品の恩恵を受けずにタナクについて議論しましたが、個人的なメモ(メギロット・セタリム)を作成した人もいたかもしれません。裁判所の判決のこと。この状況は、70 年のローマによるユダヤ連邦と第二神殿の破壊、およびその結果としてのユダヤ人の社会的および法的規範の激変によって劇的に変化しました。ラビたちは新たな現実、主に神殿のないユダヤ教(教育と研究の中心となる)とローマによる完全な支配に直面する必要があったため、少なくとも部分的な自治権のないユダヤでは、法的な議論が相次ぎ、古い口頭学問制度を維持することができませんでした。ラビの言説が文字で記録され始めたのはこの時期である。[a] [b]

ミュンヘン タルムード(コーデックス ヘブライクス 95)として知られるタルムードの最も古い完全な写本は1342 年のもので、オンラインで入手できます。[c]

バビロニアとエルサレム

「ゲマラ」のプロセスは、当時のユダヤ人の学問の 2 つの主要な中心地であったガリラヤバビロニアで進行しました。これに応じて、2 つの分析体系が開発され、タルムードの 2 つの著作が作成されました。古い編集物はエルサレム タルムードまたはタルムード エルサルミと呼ばれます。4世紀にガリラヤで編纂されました。バビロニア タルムードは 500 年頃に編纂されましたが、その後も編集が続けられました。「タルムード」という言葉は、条件なしに使用される場合、通常はバビロニア タルムードを指します。

エルサレム タルムードとバビロニア タルムードの編集者はそれぞれ他のコミュニティについて言及していますが、ほとんどの学者はこれらの文書が独立して書かれたと信じています。ルイス・ジェイコブズは、「もしどちらかの編集者がもう一方の実際のテキストにアクセスできたなら、このことに言及しなかったとは考えられない。ここでの沈黙からの議論は非常に説得力がある。」と書いている。[7]

エルサレム タルムード

カイロ・ジェニザ所蔵の中世エルサレム・タルムード写本のページ

エルサレム タルムードは、パレスチナ タルムード、またはタルムード デ エレツ イスラエル(イスラエルの地のタルムード) としても知られ、ユダヤ人の宗教的な教えと注釈をまとめた 2 冊の編纂のうちの 1 つであり、ユダヤ人によって編纂される前に何世紀にもわたって口頭で伝えられました。イスラエルの地の学者[8]これはティベリア学派セフォリス学派カイサリア学派の教えをまとめたものですこの文書は主に、バビロニア語とは異なる西アラム語であるユダヤ教パレスチナ語アラム語で書かれています[9] [10]

このタルムードは、ガリラヤのアカデミー(主にティベリアとカイサリアのアカデミー)によってほぼ 200 年にわたって開発されたミシュナの分析の概要です。その場所のため、これらのアカデミーの賢人たちは、イスラエルの地の農業法の分析。伝統的に、このタルムードは約 350 年にイスラエルの地でラヴ・ムナとラヴ・ヨッシによって編集されたと考えられていました。これは伝統的にタルムード エルサルミ(「エルサレム タルムード」) として知られていますが、エルサレムで作成されたものではないため、この名前は誤称です。より正確には「イスラエルの地のタルムード」と呼ばれています。[11]

目と心臓は犯罪の教唆者です。

その最終的な編集はおそらく 4 世紀末のものと思われますが、それを現在の形にした個々の学者を確実に特定することはできません。この時までにキリスト教はローマ帝国国教とな​​り、エルサレムはキリスト教世界の聖地となっていました。325年、初代キリスト教皇帝コンスタンティヌス大帝は、「忌まわしいユダヤ人群衆と何の共通点も持たないようにしよう」と述べた。[12]この政策により、ユダヤ人は追放され、貧しい者となった。その結果、エルサレム タルムードの編纂者には、意図していた品質の作品を作成する時間が足りませんでした。テキストは明らかに不完全であり、理解するのは簡単ではありません。

5 世紀にエルサレム タルムードの作業が明らかに中止されたのは、総主教庁を抑圧し、正式な学術叙階であるセミカの実践に終止符を打つという 425 年のテオドシウス 2 世の決定と関連しています。現代の学者の中には、この関係に疑問を抱いている人もいます。

知恵が人の頭に冠を作ったのと同じように、謙虚さは足の裏を作りました。

エルサレム タルムードは不完全な状態にもかかわらず、聖地におけるユダヤ法の発展についての不可欠な知識源であり続けています。また、これはチャネル・ベン・チュシエルニッシム・ベン・ヤコブのケルアン学派によるバビロニア・タルムード研究の重要な一次資料でもあり、その結果、最終的にエルサレム・タルムードに基づく意見がトサフォートミシュネ・トーラー両方に取り入れられることになった。マイモニデスエルサレム タルムードに含まれる倫理的格言は、いくつかの論文全体の法的議論に散在し、散りばめられていますが、その多くはバビロニア タルムードの格言とは異なります。[13]

近代イスラエル国家の形成後、エレツ・イスラエルの伝統を復元することに関心が集まっています例えば、マコーン・シロ研究所のラビ、デイビッド・バルハイムは、エルサレム・タルムードやその他の情報源に見られる エレツ・イスラエルの実践を反映したシッドゥルを発行した。

バビロニア タルムード

バビロニア タルムードのフルセット

バビロニアタルムード( Talmud Bavli ) は、古代後期(3 世紀から 6 世紀)にかけて編集された文書で構成されています。[14]この時期、メソポタミア、ユダヤ教の情報源では「バビロニア」と呼ばれ、後にイラクとして知られる地域で最も重要なユダヤ人センターは、ネハルデア、ニシビス(現代のヌサイビン)、マホザ(アル・マダイン)あった。現在のバグダッドの南)、プンベディタ(現在のアル・アンバール県の近く)、およびスーラ・アカデミー、おそらくバグダッドの南約 60 km (37 マイル) に位置します。[15]

バビロニア タルムードはミシュナとバビロニア ゲマラで構成されており、後者はバビロニアのタルムード アカデミーにおける 300 年以上にわたるミシュナ分析の集大成を表しています。この分析プロセスの基礎は、ユダ・ハ・ナシの弟子であるアバ・アリカ(175 ~ 247 年) によって築かれました。伝統によれば、バビロニア タルムードを現在の形で編纂したのは、バビロニアの 2 人の賢者、ラヴ アシラヴィナ 2 世であると考えられています。[16]ラヴ・アシは、375 年から 427 年までスラ・アカデミーの会長を務めました。ラヴ・アシが始めた仕事は、伝統的に最後のアモラ解説者とみなされているラヴィナによって完成されました。したがって、伝統主義者は、475 年のラヴィナの死[17]がタルムードの編集完了の最も遅い日付であると主張しています。しかし、最も伝統的な見解であっても、いくつかの文章は、サヴォライムまたはラバナン・サヴォラーエ(「理論または「検討者」)。

スタイルと主題の比較

2 つのタルムード編纂の間には大きな違いがあります。エルサレム タルムードの言語は西アラム語の方言であり、バビロニア タルムードのアラム語の形式とは異なります。タルムード エルサルミは断片的なことが多く、経験豊富なタルムード信者にとっても読むのが困難です。一方、タルムード・バーブリの編集はより慎重かつ正確です。2 つの編纂に規定されている法律は、強調点と細かい点を除いて基本的に類似しています。エルサレム タルムードは注釈者からあまり注目されておらず、既存の伝統的な注釈書は主にその教えをタルムード バーブリの教えと比較することに関係しています。[18]

エルサレムもバビロニアのタルムードもミシュナ全体をカバーしているわけではありません。たとえば、バビロニアのゲマラはミシュナの 63 区域のうち 37 区域にしか存在しません。特に:

  • エルサレム タルムードはゼライムの全区域をカバーしていますが、バビロニア タルムードはベラコートの区域のみをカバーしています。その理由は、ゼライム教団のほとんどの法律(イスラエルの地に限定された農業法)がバビロニアでは実際的な関連性がほとんどなかったため、含まれていなかったためと考えられます。[19]エルサレム・タルムードは、法律が適用されるイスラエルの地で書かれたため、イスラエルの地とその土地に関連するトーラーの農業法に重点を置いている。
  • エルサレム タルムードは、神殿に関連する犠牲の儀式と法律を扱うコダシムのミシュナイ教団をカバーしていませんが、バビロニア タルムードはカバーしています。70 年に寺院が破壊された後、この法律はどちらの国にも直接適用されなかったため、これがなぜなのかは明らかではありません。初期のラビの文献によると、かつてコダシムに関するエルサレム タルムードの注釈が存在していましたが、それは歴史の中に失われていました。 20 世紀初頭、失われた冊子の悪名高い偽造は、すぐに暴露される前に、最初は広く受け入れられました)。
  • どちらのタルムードでも、トホロト(儀式の純粋さの法則)の 1 つの領域、つまり月経の法則、ニッダのみが検討されています。

バビロニアのタルムードにはバビロニアのラビだけでなくマアラヴァ(西側、イスラエルを意味する)のラビの意見も記録されているが、エルサレムのタルムードではバビロニアのラビの意見はほとんど引用されていない。バビロニア版には完成時期が遅いため、より多くの世代の意見が含まれています。これら両方の理由から、これは入手可能な意見のより包括的なコレクション[20] [21]とみなされます。一方で、エルサレムとバビロニア タルムードの構成は何世紀にもわたって編集されてきたため、初期のアモライムの意見はエルサレム タルムードの元の形式に近い可能性があります。

バビロニア タルムードの影響はエルサルミの影響よりもはるかに大きかったこれは主に、タルムードの編集後の数年間で、ガオニック時代まで続くバビロニアのコミュニティとは対照的に、イスラエルのユダヤ人コミュニティの影響力と名声が着実に低下したためですさらに、バビロニア タルムードの編集はエルサレム版よりも優れており、よりアクセスしやすく、すぐに使用できるようになりました。[22]マイモニデス(その生涯はガオニック時代の終わりからほぼ百年後に始まった)によると、ガオニック時代のすべてのユダヤ人コミュニティは、バビロニア タルムードを自らを拘束するものとして正式に受け入れ、現代のユダヤ人の実践は、世界のすべての分野に関するバビロニア タルムードの結論に従っています。 2つのタルムードは矛盾しています。

構造

タルムードの構造はミシュナの構造に倣っており、一般的な主題の6 つの章 (セダリム、単数形:セデル) が、より焦点を当てた主題を編集した 60 または 63 の章録 (マセクトット、単数形:マセケット) に分割されていますが、すべての章録ではありません。ゲマラを持っています。各章は合計 517 の章 ( perakim ; 単数形: perek )に分割されており、ヘブライ語のアルファベットと名前に従って番号が付けられており、通常は最初のミシュナの最初の 1 つまたは 2 つの単語が使用されます。ペレク数ページ (最大で数十ページ) にわたって続く場合があります。ペレクには複数のミシュナヨットが含まれます[23]

ミシュナ

ミシュナ法的な意見と議論をまとめたものです。ミシュナの声明は通常簡潔で、ある主題を議論するラビの短い意見を記録しています。あるいは、明らかに一致した見解を表している、帰属のない判決のみを記録する。ミシュナに記録されているラビは、タンナイム(文字通り「リピーター」または「教師」)として知られています。ミシュナやその他のタンナー作品を制作したこれらのタンナーム、つまり西暦 2 世紀のラビは、二人のタルムードを生み出したアモライム (文字通り「話者」) として知られる 3 世紀から 5 世紀のラビとは区別されなければなりません。およびその他のアモーラ作品」。[24]

ミシュナは聖書の文脈ではなく主題ごとに法律を順序付けているため、ミシュナではミドラーシュよりも個々の主題がより徹底的に議論されておりミドラーシュよりもはるかに幅広いハラフの主題が含まれています。このようにして、ミシュナの主題構成はタルムード全体の枠組みとなりました。しかし、ミシュナのすべての区域に対応するゲマラがあるわけではありません。また、タルムードの章の順序は、ミシュナの順序と異なる場合があります。

バライタ

ミシュナに加えて、他のタンナイ教の教えもほぼ同時に、あるいはそのすぐ後に流行しました。ゲマラは、ミシュナに含まれているものと比較し、アモライムの命題を支持または反駁するために、これらのタンナイ的声明に頻繁に言及します

ゲマラで引用されているバライトットは、多くの場合、トセフタ(ミシュナと並行するハラハのタンナイ語大要録) およびミドラーシュ ハラハ(特にメヒルタ、シフラ、シフレ) からの引用です。ただし、バライトットの中には、ゲマラに引用されている伝承によってのみ知られており、他のコレクションには含まれていないものもあります。[25]

ゲマラ

ミシュナが編集されてから 3 世紀にわたり、パレスチナとバビロニアのラビたちはその作品を分析し、議論し、議論しました。これらの議論がゲマラを形成します。ゲマラは主にタンナイムの意見を解明し、詳しく説明することに重点を置いています。ゲマラのラビはアモライム(歌え。アモラ אמורא)として知られています。[26]

ゲマラの大部分は法的分析で構成されています。分析の開始点は通常、ミシュナにある法的記述です。次に、この声明は分析され、マクシャン(質問者)と呼ばれる 2 人の(多くの場合匿名で、時には比喩的な)論争者間のラビ的ユダヤ教における聖書釈義(または、より単純には律法研究におけるテキストの解釈)のさまざまなアプローチで使用される他の声明と比較されます。そしてターザン(回答者)。ゲマラのもう 1 つの重要な役割は、ミシュナに示されている特定の法律の正しい聖書的根拠と、法律と法律を結びつける論理的プロセスを特定することです。この活動はタルムードとして知られていました『タルムード』がテキストとして存在するずっと前。[27]

マイナートラテート

6 つの命令に加えて、タルムードには、通常はセーデル ネジキンの巻末に印刷される、後日の一連の短い論文が含まれています。これらはミシュナとゲマラに分かれていません。

言語

ゲマラ内では、ミシュナとバライタスからの引用と、ゲマラに引用され埋め込まれているタナクの詩は、ミシュナイ語または聖書のヘブライ語で書かれています。アモライムと全体的な枠組みの議論を含むゲマラの残りの部分は、ユダヤ人のバビロニア語アラム語の特徴的な方言で書かれています。[28]メギラット・ターニットなど、アラム語の他の方言の古い作品からの引用が時折存在します全体として、ヘブライ語はタルムードのテキストの半分よりやや少ない程度です。

この言語の違いは、2 つの編集の間に長い期間が経過したことによるものです。タンナイム(ミシュナに引用されているラビ)の時代には、ラビヘブライ語またはミシュナイヘブライ語として知られるヘブライ語の後期形式が、(ギリシャ語やアラム語と並んで)ユダヤのユダヤ人の間で話されている言語としてまだ使用されていました。 200 年頃に始まったアモライム(ゲマラに引用されているラビ)では、話される言語はほぼアラム語のみでした。ヘブライ語は引き続き宗教文書や詩などの執筆に使用されてきました。[29]

ゲマラのアラム語の中でも、地域ごとに異なる方言や文体が見られます。1 つの方言はバビロニア タルムードのほとんどに共通しており、2 つ目の方言はネダリムナジルテムラケリトットメイラで使用されています。2 番目の方言はスタイルがTargumに近いです[30]

奨学金

タルムードはその完成時からユダヤ人の学問に不可欠なものとなりました。ピルケイ・アヴォットの格言は、15 歳からの学習を推奨しています。[31]このセクションでは、タルムード研究の主要分野のいくつかを概説します。

ゴニム

最古のタルムード注釈は、バビロニアのジオニム( 800~ 1000 年頃)によって書かれました特定の論文についての直接の注釈はいくつか現存していますが、ガオニック時代のタルムード研究に関する私たちの主な知識は、タルムードの一節に光を当てたジオニックの応答に埋め込まれた記述から得られます。これらは、レビンのオツァル・ハ・ジオニムの中でタルムードの順序で配置されていますまた、イェフダイ・ガオンの『ハラチョット・ペスコット』アチャイ・ガオン『シールトート』 、シメオン・カヤラの『ハラチョット・ゲドロト』などのユダヤ法の実践的な要約も重要であるハイ・ガオンの死後しかし、タルムード学問の中心はヨーロッパと北アフリカに移ります。

ハラフ語とアガド語の抽出

タルムード学問の 1 つの分野は、ハラハを確認する必要から発展しましたラビのアイザック・アルファシ(北アフリカ、1013 ~ 1103 年)などの初期の注釈者は、タルムードの膨大な資料から拘束力のある法的意見を抽出して決定しようとしました。アルファシの作品は非常に影響力があり、それ自体でいくつかの解説を引き付け、後にハラフ法典の作成の基礎として役立ちました。バビロニア タルムードの命令に従い、ある程度アルファシをモデルとしたもう 1 つの影響力のある中世ハラフ語の著作は、モルデカイ ベン ヒレル( 1250 年頃- 1298 年)が編纂した『モルデカイ』です。3番目のそのような作品は、ラビ、アシェル・ベン・イェキエルの作品でした。(1327 年没)。これらすべての作品とその注釈は、『ヴィルナ』およびその後のタルムードの多くの版に印刷されています。

15 世紀のスペインのラビ、ヤコブ・イブン・ハビブ(1516 年没) は、『アイン・ヤコフ』を作曲しました。Ein Yaakov (またはEn Ya'aqob )は、タルムードからほぼすべてのアガディックな資料を抽出します。これは、タルムードの倫理的な部分を一般の人々に知ってもらい、その内容をめぐる多くの非難に異議を唱えることを目的としていました。

解説

タルムードの注釈は、応答文献や法典の注釈と比較すると、ラビ文献のほんの一部に過ぎませんタルムードが結論づけられたとき、伝統的な文献は学者たちの記憶にまだ新鮮だったため、タルムードの注釈を書く必要はなく、ガオネートの最初の時代にはそのような作業は行われませんでしパルトイ ベン アバイ( 840年頃) は、タルムードについて口頭および文章でコメントを返した最初の人物でした。彼の息子ゼマ・ベン・パルトイは、彼が引用した箇所を言い換えて説明した。そして彼は、タルムードの研究を助けるために、次のような辞典を作成しました。アブラハム・ザクートは15 世紀に相談を受けました。サーディア・ガオンは、ミシュナに関するアラビア語の注釈とは別に、タルムードに関する注釈を作成したと言われています。[32]

タルムードには難解で理解しにくい箇所がたくさんあります。その言語には、時間の経過とともに不明瞭になったギリシャ語やペルシア語の単語が多く含まれています。タルムード学の主要な分野は、これらの文章や言葉を説明するために発展しました。マインツのラッベヌ・ゲルショム(10 世紀) やラッベヌ・ハアナネル(11 世紀初頭)などの初期の解説者は、さまざまな冊子向けの逐次注釈を作成しました。これらの解説はタルムードのテキストと一緒に読むことができ、テキストの意味を説明するのに役立ちます。もう一つの重要な著作は、ニッシム・ガオン著『Sefer ha-Mafteaḥ』(鍵の書)です。これには、タルムードの議論のさまざまな形式を説明する序文が含まれており、その後、同じ考えが完全に表現されている並行箇所を相互参照することによって、タルムードの短縮された箇所が説明されています。タナネルとアルファシに基づいた、バーヴァ・バトラとシェブオットの 2 つの冊子に関するジョセフ・イブン・ミガシュによる注釈 ( ḥiddushim ) も、ゼカリヤ・アグマティによる編纂版「セフェル・ハー・ネル」と同様に現存しています[33]別のスタイルを使用して、ラビ、ネイサン b. ジェキエルは、難しい単語の翻訳を助けるために、11 世紀に アルクと呼ばれる辞書を作成しました。

バビロニア タルムードに関する最もよく知られた解説は、ラシ(ラビ ソロモン ベン イサク、1040 ~ 1105 年) の解説です。解説は包括的で、タルムードのほぼ全体をカバーしています。逐次解説として書かれており、言葉の完全な説明と、タルムードの各節の論理構造が説明されています。それはタルムードの学習者にとって不可欠であると考えられています。ラシは前任者全員を参考にしましたが、彼らが提供した素材を使用する際の彼の独創性は比類のないものでした。彼の解説は、今度は彼の生徒や後継者の作品の基礎となり、彼らは部分的には修正、部分的にはラシの解説を兼ねた多数の補足作品を作曲し、「トーサフォート」というタイトルで知られています(「追加」または「補足」)。

トーサフォートは、さまざまな中世のアシュケナージ系ラビによるタルムードに関する解説を集めたものです(トーサフィストまたはバーレイ・トーサフォートとして知られています)。トーサフォートの主な目的の 1 つは、タルムードの矛盾した記述を説明し、解釈することです。ラシとは異なり、トーサフォートは実況解説ではなく、選択された事項についてコメントします。多くの場合、トーサフォートの説明は ラシの説明と異なります。[32]

Yeshiva では、タルムード、ラシ、トーサフォートの統合がさらなる分析の基礎 (および前提条件) と考えられています。この組み合わせは、頭字語「ゲフェト」( גפ״ת -ゲマラペルシュ・ラシトーサフォートと呼ばれることもあります。

トーサフィスト学校の創設者の中には、ラシの孫であるラビ・ヤコブ・ベン・メイア(ラビヌ・タムとして知られる)と、ラビヌ・タムの甥であるラビ・アイザック・ベン・サミュエルがいた。トーサフォート語の解説は、さまざまな学校でさまざまな版で収集されました。北フランスにおけるトーサフォートの基準となるコレクションは、トゥークの R. エリエゼルのものでした。スペインの標準コレクションはラベヌ・アッシャー(「トセフォート・ハロシュ」)のコレクションでした。タルムードの標準的なビルナ版に印刷されているトーサフォート語は、主にトゥークのコレクションをはじめとするさまざまな中世のコレクションから編集されたものです。[34]

時間が経つにつれて、トーサフィストのアプローチは他のユダヤ人コミュニティ、特にスペインのユダヤ人コミュニティに広がりました。これにより、同様のスタイルで他の多くの注釈が作成されるようになりました。その中には、ナフマニデス(ランバン)、ソロモン・ベン・アドレット(ラシュバ)、セビリアのヨム・トフ(リトヴァ)、ジェローナのニッシム(ラン)の解説も含まれる。これらはしばしば「Chiddushei ...」(「...の小説」)というタイトルが付けられます。これらすべてからの抜粋で構成される包括的なアンソロジーが、ベザレル・アシュケナージシッタ・メクベツェットです。

スペインとプロヴァンスで作成された他の解説書は、トーサフィストのスタイルの影響を受けませんでした。これらのうち最も重要なものの 2 つは、ラビメイア アブラフィアによるヤド ラマ、一般に「メイリ」と呼ばれるラビメナヘム ハメイリによるベット ハベシラーです。ベット・ハベチラはタルムード全土に存在しますが、ヤド・ラマはトラクテス・サンヘドリン、ババ・バトラ、ギッティンのみに存在します。ランバンらの解説と同様、これらは一般に独立した作品として印刷されていますが、一部のタルムード版にはシッタメクベツェットが短縮形で含まれています。

後の数世紀には、タルムードの直接的な解釈から、以前に書かれたタルムードの注釈の分析に焦点が部分的に移りました。これらの後の解説は通常、各冊子の後ろに印刷されます。よく知られているのは、ラシとトサフォートを一緒に分析した「マハルシャル」(ソロモン・ルリア)、「マハラム」(メイル・ルブリン)、「マハルシャ」(サミュエル・エデルス)です。他のそのような解説には、ヨム・トフ・リップマン・ヘラーによるマアダネイ・ヨム・トフ、さらにはロッシュに関する解説(以下を参照)、およびズヴィ・ヒルシュ・チャジェスによるグロスが含まれます。

タルムードのほぼすべての版に見られるもう 1 つの非常に有用な学習補助資料は、イタリアのラビ、ジョシュア ボアズによる欄外注「トーラー オル」「アイン ミシュパット ネル ミツヴァー」 、 「マソレト ハシャス」で構成されており、それぞれ引用された聖書の一節への参照が示されています。関連するハラキ法典 (ミシュネ・トーラートゥールシュルチャン・アルークセ'マグ) および関連するタルムードの一節。

タルムードのほとんどの版には、ギリオン・ハ・シャスという名前のアキヴァ・エガーによる短い欄外注と、ジョエル・サークスヴィルナ・ガオンによる本文の注記(以下の本文の修正を参照)が本文とともにページ上に含まれています。

ハラチクの法的内容について論じた解説には、「ロシュ」「リフ」「モルデカイ」などがあります。これらは現在、各巻の標準付録となっています。ランバンミシュネ律法は常にこれら 3 つと並行して研究されます。コードであるため、タルムードと同じ順序ではありませんが、前述したように、関連する場所は「Ein Mishpat」によって識別されます。

アブラハム・アイザック・クックによって設立された最近のプロジェクト、ハラチャ・ブルーラ[35] は、タルムードとハラチック・コードの要約を並べて提示し、タルムードと結果として得られるハラチャとの「照合」を可能にします

ピルプル

15 世紀から 16 世紀にかけて、タルムード研究の新しい集中的な形式が生まれました。タルムード内の小さな矛盾点を説明するために、複雑な論理的議論が使用されました。ピルプルという用語は、この種の研究に適用されました。この意味でのピルプルの使用法(「鋭い分析」の使用法) はタルムード時代を思い出させ、この方法が要求した知的鋭さを指します。

ピルプル実践者は、タルムードにはいかなる冗長性や矛盾も含まれないと主張しました。したがって、新しいカテゴリーと区別 ( hillukim ) が作成され、タルムード内の一見矛盾が新しい論理的手段によって解決されました。

アシュケナージの世界では、ピルプルの創始者は一般的にジェイコブ・ポラック(1460–1541) とシャローム・シャクナであると考えられていますこの種の研究は 16 世紀から 17 世紀に最高潮に達し、このとき、毛包分析の専門知識は芸術形式とみなされ、ポーランドとリトアニアのイェシヴォット内でそれ自体が目標となりました。しかし、人気のあるタルムード研究の新しい方法には批判がなかったわけではありません。すでに 15 世紀には、倫理小冊子Orhot Zaddikim (ヘブライ語で「正義の道」) がピルプルを知的鋭敏さの過度の強調として批判していました。16 世紀と 17 世紀のラビの多くもピルプルに批判的でした。その中には、ユダ・レーブ・ベン・ベザレルプラハのマハラル)、イザイア・ホロヴィッツヤイール・バカラック

18世紀までに、ピルプルの研究は衰退しました。エリヤの学校などの他の学習スタイル b.ソロモン、ビルナ・ガオンは人気を博しました。「ピルプル」という用語は、カジュアルで身の毛もよだつと思われる小説に対して、ますます軽蔑的に適用されるようになった。著者らは、ピルプルと対比するために、自分たちの解説を「アル・デレク・ハ・ペシャット」(単純な方法による)と呼んでいる[36] 。[37]

セファディックなアプローチ

15 世紀以降、セファラディ派イタリア系ユダヤ人の中には、アヴェロエスによって再定式化されたアリストテレス論理の手法を適用しようとする権威者もいました。[38]この方法は、アリストテレスへの明示的な言及はなかったものの、アイザック カンパントン(1463 年スペイン没) の著書『Darkhei ha-Talmud (「タルムードの道」)』で最初に記録されまし[39]。モーゼス・チャイム・ルザットの作品[40]

現在のスファラディ学者ホセ・フォール氏によると、伝統的なスファラディのタルムード研究は 3 つのレベルのいずれかで行われる可能性があります。[41]

  • 最も基本的なレベルは、注釈の助けを借りないテキストの文学的分析で構成され、ツラタ ディシェマタ、つまり文章の論理的および物語的構造を明らかにするように設計されています。[42]
  • 中級レベルのイユン(集中力)は、アシュケナジムの間で実践されているものと同様、ラシトーサフォートなどの注釈の助けを借りた学習で構成されます[43]歴史的にセファルディムは、印刷されたトサフォート書よりも、トセフォートのハ・ロシュとナフマニデスの注釈書を研究した。[44]トサフォートの研究と、マハルシャ(サミュエル・エデルス) やマハルシャル(ソロモン・ルリア)などのアシュケナージ当局の研究に基づいた方法が、17 世紀後半にチュニジアに導入されました。ラビのアブラハム・ハコヘン (1715 年没) とツェマ・ツァルファティ (1717 年没) によって、ラビのアイザック・ルンブローゾ[45]によって永続化され、 「イーユン・チュニサイ」と呼ばれることもあります[46]
  • 最高レベルのハラハ(ユダヤ法)は、法の源としてタルムードを研究するために、タルムードに定められた意見をミシュネ・トーラーシュルチャン・アルクなどのハラチック法典の意見と照合することから成ります。同等のアシュケナージのアプローチは、「アリバ デヒルチャサ」と呼ばれることもあります

今日、ほとんどのセファルディック・イェシボットはブリスカー法などのリトアニアのアプローチに従っています。伝統的なセファルディック法は一部の個人によって非公式に永続されています。「イーユン・トゥニサイ語」はブネイ・ブラックキッセ・ラハミム・イェシバで教えられています

ブリスカー法

19世紀後半には、タルムード研究に別の傾向が生じました。ブリスク(ブレスト・リトフスク)のラビ・ハイム・ソロヴェッチク(1853~1918年)は、この研究スタイルを発展させ、洗練させた。ブリスカー法には、タルムード内またはリショーニム間のラビの議論の還元主義的な分析が含まれており、異なる意見をカテゴリー構造の中に置くことで説明します。Brisker メソッドは高度に分析的であり、しばしばpilpulの現代版であると批判されますそれにしてもブリスカー法の影響は大きい。現代のイェシヴォットのほとんどは、何らかの形でブリスカー法を使用してタルムードを研究しています。この方法の特徴の 1 つは、マイモニデスミシュネ律法の使用です。タルムード解釈へのガイドとして、実践的なハラハの源としての使用とは異なります。

ライバルの手法は、ミールテルツのイェシヴァの手法でした。[47] Chaim Rabinowitz § TelsheYeshiva Ohel Torah-Baranovich § 学習スタイル を 参照

クリティカルメソッド

ユダヤ人の解放の結果、ユダヤ教は 19 世紀に大きな激変と変革を経験しました。現代の原文分析と歴史分析の方法がタルムードに適用されました。

テキストの修正

タルムードの本文は、その歴史を通じてある程度の批判的な精査を受けてきました。ラビの伝統では、両方のタルムードに引用されている人々はその著作に関与していないと考えられています。むしろ、彼らの教えは西暦 450 年 (タルムード エルシャルミ) と 550 年 (タルムード バブリ) 頃に大まかな形に編集されました。特にバブリのテキストは、当時はしっかりと固定されていませんでした。

Gaonic の応答文献ではこの問題が取り上げられています。Teshuvot Geonim Kadmonim のセクション 78 は、タルムードにおける誤った聖書の読み方を扱っています。ガオニックのこの回答には次のように書かれています。

... しかし、[文章の信頼性について]不確実性を感じる場合は、どのような場合でも慎重に調べなければなりません – その出典は何ですか? 筆記ミスなのか?それとも、十分な知識のない二流の学生の表面的なものでしょうか?....それらの表面的な二流の学生、そして確かに聖書本文に精通していない田舎の暗記者の間で見つかった多くの間違いの仕方の後です。そして、そもそも彼らは間違いを犯したので... [彼らは間違いをさらに悪化させました。]

— テシュヴォト・ジオニム・カドモニム編 カッセル、ベルリン、1858 年、写真再版テルアビブ、1964 年、23b。

中世初期に、ラシはすでにタルムードの現存するテキストの一部の記述が後の編集者による挿入であると結論付けていました。シェブオット 3b について、ラシは「間違った学生がこれをタルムードの欄外に書き、写字生が[その後]それをゲマラに載せた」と書いている。[d]

ヨエル・シルキスとヴィルナ・ガオンの修正は、それぞれ「ハガホト・ハ・バッハ」「ハガホト・ハ・グラ」というタイトルの欄外注釈の形で、タルムードのすべての標準版に含まれています。ソロモン・ルリアによるさらなる修正は、各冊子の最後に解説形式で記載されています。ヴィルナ・ガオンの修正は、多くの場合、原稿の証拠ではなく、本文の内部的一貫性の追求に基づいていました。[48]それにもかかわらず、ガオンの修正の多くは後に、私たちの標準版と比較するためのカイロ・ゲニザのテキストを持っていたソロモン・シェクターのようなテキスト評論家によって検証されました。[49]

19 世紀に、ラファエル ネイサン ノタ ラビノヴィチは、ミュンヘンやその他のタルムードの初期写本からのテキストの変種を示した『ディクドゥケイ ソフェリム』というタイトルの複数巻の著作を出版しました。さらに別の変種はイスラエル タルムード完全版とゲマラシェレマ版に記録されています (「批判的」を参照)エディション、上記)。

今日、さらに多くの写本が、特にカイロ・ジェニザから入手できるようになりました。ヘブライ語アカデミーは辞書編集の目的で、最も信頼できると考える写本に従って各冊子のテキストを含むテキストを CD-ROM に作成しました[50]。古い写本の一部の画像はウェブサイトで見つけることができます。イスラエル国立図書館旧ユダヤ国立および大学図書館)。[51] NLI、リーバーマン研究所(アメリカユダヤ神学校と提携))、イスラエル タルムード完全版研究所 (ヤド ハラフ ヘルツォークの一部)、およびフリードベルク ユダヤ写本協会はいずれも、閲覧者が特定の一節の変奏原稿の朗読をリクエストできる検索可能な Web サイトを運営しています。[52]

さらに別の解釈は、特にアルファシラベヌ・タナネルアグマティの注釈などの二次文献の引用から収集できることが多く、場合によってはナフマニデスやソロモン・ベン・アドレットなど後のスペインの注釈者によるものもあります

歴史分析と高度なテキスト批評

タルムードの歴史的研究は、さまざまな懸念を調査するために使用できます。次のような質問をすることができます: 特定のセクションの情報源は、その編集者の生涯から遡ったものですか? セクションにはどの程度以前または以降のソースが含まれていますか? タルムードの論争は神学的または共同体的な観点に沿って区別可能ですか? 初期ユダヤ教内のさまざまな学派からさまざまなセクションがどのように派生しているのでしょうか? これらの初期の情報源は特定できるのでしょうか。特定できる場合、どのようにすればよいのでしょうか? このような疑問の調査は、高度なテキスト批評として知られています。(「批評」とは学術研究を指す専門用語です。)

宗教学者たちは、タルムードのテキストが最終的な形に到達する正確な方法について今でも議論しています。多くの人は、テキストがサボライムによって継続的に滑らかにされていると信じています。

1870 年代と 1880 年代、ラビのラファエル ナタン ナタ ラビノヴィッツは、『ディクドゥケイ ソフェリム』の中でタルムード バブリの歴史研究に取り組みましたそれ以来、ラビシュロモ クルーガージョセフ サウル ナサンソーンジェイコブ エットリンガーアイザック エルハナン スペクターシモン ソファーなど、多くの正統派ラビが彼の業績を承認しました。

19 世紀初頭、アブラハム ガイガーサミュエル ホルトハイムなど、新たに進化する改革運動の指導者たちは、伝統的なラビ的ユダヤ教と決別する取り組みの一環として、タルムードを厳しい精査にさらしました。彼らは、タルムードは完全に進化と発展の著作であると主張した。この見解は、後に正統派運動として知られるようになった人々によって、学術的にも宗教的にも間違っているとして拒否されましたモーセ・ソーファーチャタム・ソーファー)のような一部の正統派指導者は、あらゆる変化に非常に敏感になり、タルムード研究の現代の批判的方法を拒否しました。

一部のラビは、タルムード研究は改革派と正統派の中間にあるという見解を主張した。これらは正史ユダヤ教の信奉者であり、特にナハマン・クロフマルゼカリアス・フランケルであった。彼らは、口承律法は、公認された釈義的手法、そしてより重要なことに、学識ある賢人による主観的な性質や性格、現在の歴史的状況の適用を通じて、時間の経過とともに出現する歴史的および釈義的なプロセスの結果であると説明しました。これは後に、アイザック・ハーシュ・ヴァイスによる全 5 巻の作品『Dor Dor ve-Dorshav』でより完全に発展しました。(ジェイ・ハリスが現代の困惑した人々を導くを参照)Ch. 5) 最終的に、彼らの仕事は保守ユダヤ教の形成部分の 1 つになりました

この運動の別の側面は、グレーツの『ユダヤ人の歴史』に反映されています。グレーツは、彼らが引用した法律やアガドットに基づいて パリサイ人の性格を推測し、彼らの性格が彼らが説明した法律に影響を与えたことを示そうとしています。

ドイツの正統派ユダヤ教の指導者サムソン・ラファエル・ヒルシュは、原則として学問の方法を否定しなかったものの、歴史批判的方法の発見に対して激しく異議を唱えた。雑誌「Jeschurun」の一連の記事(著作集第 5 巻に再録)の中で、ヒルシュは伝統的な見解を繰り返し、グレーツ、フランケル、ガイガーの著作に見られる多数の誤りを指摘しました。

その一方で、ズヴィ・ヒルシュ・チャジェスのような厳密に正統派のラビを含む、19世紀の最も強力な改革批判者の多くは、この新しい科学的手法を使用しました。アズリエル・ヒルデスハイマーの正統派ラビ神学校は、「ユダヤ教と科学の調和」を生み出すという考えに基づいて設立されました。科学的タルムード研究の他の正統派の先駆者は、デイビッド ツヴィ ホフマンジョセフ ハーシュ デュナーです。

イラクのラビ、ヤアコフ・チャイム・ソーファーは、ゲマラの本文には変更と追加があり、原文とは異なる記述が含まれていると指摘している。彼の『Yehi Yosef』(エルサレム、1991 年)p.4 を参照してください。132 「この文章にはタルムード編集者の署名がありません!」

正統派学者ダニエル・スペルバーは、「正当性、必要性、科学的規律」の中で、多くの正統派資料がタルムードの歴史的(「科学的」とも呼ばれる)研究に取り組んできたと書いている。そのため、今日の正統派と改革派の間の分裂は、タルムードが歴史的研究の対象となるかどうかということではなく、むしろそのような研究の神学的およびハラフ的な意味についてのものである。

現代の学問

現代のタルムード学におけるいくつかの傾向を以下に挙げます。

  • 正統派ユダヤ教は、口頭律法は文書化された律法とともに何らかの形で啓示されたと主張している。そのため、一部の信奉者、特にサムソン・ラファエル・ハーシュとその追随者は、タルムードの作者に特定の動機を帰属させる歴史的手法を適用するあらゆる努力に抵抗した。しかし、正統派の他の主要人物、特にデイヴィッド・ツヴィ・ホフマンがこの件に関してハーシュに異議を唱えた。[53]
  • 一部の学者は、タルムード内の物語や声明について大規模な編集上の再編集が行われたと主張しています。彼らは、外部に確認できる文書がないため、ほとんどの声明や法律の起源や日付を確認することができず、それらの著作者についてはほとんど確かなことは言えないと主張しています。この観点からすると、上記の質問に答えることは不可能です。たとえば、Louis JacobsShaye JD Cohenの作品を参照してください。
  • 一部の学者は、タルムードは後の編集編集によって広範囲に形成されているが、ある程度の信頼性を持って特定し記述できる情報源が含まれていると主張しています。このビューでは、歴史を追跡し、起源の地理的地域を分析することによって、情報源を特定できます。たとえば、Lee I. Levineと David Kraemer の作品を参照してください。
  • 一部の学者は、タルムードに記述されている記述や出来事の多くまたはほとんどは、通常、多かれ少なかれ記述どおりに起こっており、歴史研究の重要な情報源として使用できると考えています。この見解では、歴史家は後からの編集上の追加を解明するために最善を尽くし(それ自体が非常に困難な作業である)、奇跡の記述を懐疑的に見て、信頼できる歴史文書を残します。たとえば、ソール・リーバーマンデヴィッド・ワイス・ハリヴニアブラハム・ゴールドバーグの作品を参照してください。
  • 現代の学術研究は、テキスト内のさまざまな「層」を分離し、各レベルを独自に解釈し、同じ伝統の並行バージョン間の相関関係を特定しようと試みています。近年、R.デビッド ワイス ハリブニとシャンマ フリードマン博士の研究は、タルムードの理解におけるパラダイム シフトを示唆しています (ユダヤ百科事典 第 2 版の項目「タルムード、バビロニア語」)。伝統的な理解は、タルムードを統一された均質な作品として見ることでした。他の学者もタルムードを多層的な作品として扱っていましたが、ハリヴニ博士の革新的な取り組みは(主に著書『メコロット・ウ・メゾロット』第 2 巻にあります))は、一般的にハラチックな短い決定や調査であるアモラ派の声明と、しばしば長い弁証法的議論からなるはるかに長い分析を特徴とする、後の「スタンマイト」(またはサボラ派)著者の著作を区別するためでした。エルサレム タルムードは、スタマイティックな活動を除いたバビロニア タルムードに非常に似ています (ユダヤ百科事典 (第 2 版)、項目「エルサレム タルムード」)。Bava Metzia (1996) の第 6 章にあるShamma Y. Friedman の『Talmud Aruch』は、この方法を使用してタルムード文書を完全に分析した最初の例です。S. Wald は、Pesachim ch の作品を続けました。3 (2000) および安息日 ch. 7 (2006)。この意味でのさらなる解説は、フリードマン博士の「タルムード解釈協会」によって出版されています。
  • 実際、学者の中には、バビロニア タルムードの特定の領域の歴史的および文脈的な理解を助けるために外部の情報源を利用している人もいます。例えば、ヤアコフ・エルマン教授[55]とその学生であるシャイ・セクンダ博士[56]の著作を参照してください。それらは、タルムードを現代のゾロアスター教の文献と比較するなどして、イランの文脈に位置づけようとしています。

翻訳

タルムード バブリ

タルムードには現代英語訳が 6 つあります。

シュタインザルツ

コレン・タルムード・バブリ

アーツスクロール

  • ショッテンシュタイン版タルムード( Artscroll / Mesorah Publications) は 73 巻で、両方とも英語訳[61]とアラム語/ヘブライ語のみ付き[60]です。[62]翻訳版では、英語の各ページが、翻訳されたアラム語/ヘブライ語のページと向かい合っています。タルムードのアラム語/ヘブライ語の各ページには通常、英語で 3 ~ 6 ページの翻訳とメモが必要です。アラム語/ヘブライ語のページは伝統的なビルナ形式で印刷され、見開きページに翻訳されたセクションを示す灰色のバーが追加されています。見開きページには、英語による拡張された言い換えが記載されており、太字で示されたテキストの翻訳と、通常の活字で散りばめられた説明が、広範な脚注とともに示されています。ページ番号は従来の方法で付けられますが、上付き文字が追加されます。たとえば、12b 4は Vilna ページ 12b を翻訳した 4 番目のページです。より大きな区域には複数のボリュームが必要です。1990年に第1巻が刊行され、2004年に完結した。

ソンチーノ

  • The Soncino Tarmud (1935-1948)、 [63] [64] Isidore Epstein、 Soncino Press (26 巻。以前は 18 巻版も出版されていました)。各ページの注記には追加の背景資料が記載されています。この翻訳:ソンシノ バビロニア タルムード単独の版と、英語の各ページがアラム語/ヘブライ語のページを向いた対訳テキスト版の両方で出版されています。CD-ROM でも入手できます。完了。
    • トラベル版[65]は英語版では左から開き、ゲマラ版では右から開きます。他の版とは異なり、「Tzurat HaDaf」は使用されていません。[66]代わりに、Gemara テキストの通常の各ページは、標準的なDafの上部と下部の 2 ページになります(多少再フォーマットされていますが)。[67]

その他の英語訳

  • バビロニアのタルムード。アメリカ翻訳ジェイコブ・ノイスナー、ツヴィー・ザハヴィ、他。アトランタ: 1984–1995: ブラウンユダヤ研究のためのスカラーズプレス。完了。
  • ロドキンソン:バビロニア タルムードの一部[68]は、マイケル L. ロドキンソンによって翻訳されました(1903 年)。著作権上の理由でオンラインにリンクされています (当初はウェブ上で自由に利用できる唯一の翻訳でした) が、これは完全にソンチーノ翻訳に取って代わられました。(以下の全文リソースを参照してください)。
  • 『The Babylonian Tarmud: A Translation and Commentary』、ジェイコブ・ノイスナー編[69]、ジェイコブ・ノイスナー、ツヴィー・ザハヴィ、アラン・エイヴリー・ペック、B・バリー・レヴィ、マーティン・S・ジャッフェ、ピーター・ハース訳、ヘンドリクソン・パブ。22 巻セット、2011 年版。これは、南フロリダ大学学術解説シリーズ (1994 ~ 1999 年) によって出版された『バビロニアのタルムード: 学術解説』の改訂版です。ノイスナーは、聖書のアラム語から聖書のヘブライ語への使用言語の変遷について解説しています。ノイスナーはまた、ミシュナ、律法、および正統派ユダヤ教の他の古典的著作にも言及しています。

他の言語への翻訳

  • タルムードの約 1,922 節のラテン語訳である『タルムード抜粋』は、1244 年から 1245 年にかけてパリで作成されましそれは2回の再編を経て生き残った。逐次リビジョンには重要なエディションがあります。
  • チェーニ、ウリッセ。クルス・パルマ、オスカー・ルイス・デ・ラ編。(2018年)。タルムードの抽出は順番に行われますCorpus Christianorum Continuatio Mediaevalis 291。ブレポルス。
  • タルムードは1909 年にシモン・モヤルによってアラビア語に翻訳されました。 [72]タルムードのアラビア語への翻訳は 1 冊あり、2012 年に中東研究センターによってヨルダンで出版されました。翻訳はイスラム教徒とキリスト教徒の学者90人からなるグループによって行われた。イスラエル国立図書館のアラビア語コレクションの学芸員、ラケル・ウケレスはこの序文を「人種差別的」と特徴づけたが、彼女は翻訳自体は「悪くない」と考えている [73] [74]
  • 2018年、イスラム教徒が多数派のアルバニアは、カトリック教徒が多数派のイタリア、ユダヤ人が多数派のイスラエルと国連でタルムードのイタリア語への翻訳を祝うイベントを初めて共催した。[75]アルバニアの国連大使ベシアナ・カダレは次のように述べた。「バビロニア・タルムード翻訳のようなプロジェクトは、異文化間およ​​び異宗教間の対話に新たな道を切り開き、人々の間に希望と理解をもたらし、偏見、固定観念、差別に対抗する適切なツールをもたらします。そうすることで、社会の伝統、平和、安定を強化し、暴力的過激派の傾向にも対抗できると考えています。」[76]
  • 2012 年に、タルムード バブリの第 1 巻がタシェマによってスペイン語で出版されました。この作品は、ラヴ・ヤーコフ・ベナイム監督のイェシヴァのもとエルサレムで翻訳された。ミシュナゲマラの翻訳と解説、そしてラシトサフォートによる解説が含まれています2023年までに19巻が刊行されている。[77] [78]

タルムード エルサルミ

  • イスラエルの地のタルムード: 予備翻訳と解説 ヤコブ・ノイスナー、ツヴィー・ザハヴィ、他。シカゴ大学出版局。この翻訳では、談話の論理単位を識別して追跡しやすくする形式分析的な表現が使用されています。ノイスナーの師、ソール・リーバーマン当時最も著名なタルムード学者であった彼は、死の直前に一冊の本を読んで書評を書き、死後に出版されたが、その中で彼はその本の第一章だけでも数十もの重大な翻訳ミスについて述べており、ノイスナーがそうではなかったことも証明している。原稿証拠を利用して主張した。彼は「ノイスナーがラビのヘブライ語、アラム語の文法、そして何よりも自分が扱っている主題について無知であることに唖然とし」、「[ノイスナーの翻訳]にふさわしい場所はゴミ箱である」と結論付けた。このレビューはノイスナーのキャリアにとって壊滅的なものであった[79][80]数か月後の聖書文学協会の会合で、ノイスナーの功績を称える本会議中に、こう言った。ノイスナー氏(ノイスナー氏の指導者でもある)は演台に上がり、この翻訳は「安全に使用することはできず、まったく使用しないほうがよい」と「警告するのが私の義務であると感じた」と発表した。彼はノイスナーの翻訳を「ユダヤ研究にとって重大な不幸」とも呼んだ。このスピーチを行った後、スミスはリーバーマンの批評のプリントアウトを持ってボールルームの通路を行ったり来たりして、出席者全員に手渡しました。[81] [82]
  • エルサルミ・タルムード・メソラ/アーツスクロールのショッテンシュタイン版。この翻訳は、メソラ/アーツスクロールのショッテンシュタイン版タルムード (すなわち、バビロニア タルムード) に相当します。
  • エルサレム タルムード、版、翻訳および解説、編。Guggenheimer、Heinrich W.、Walter de Gruyter GmbH & Co. KG、ベルリン、ドイツ
  • ドイツ語版、タルムード イェルサルミの世界、Martin Hengel、Peter Schäfer、Hans-Jürgen Becker、Frowald Gil Hüttenmeister、Mohr&Siebeck 発行、テュービンゲン、ドイツ
  • 現代の解明されたタルムード エルサルミ編。ジョシュア・ブーフ。ライデン写本をベーステキストとして使用し、写本とゲニザ断片に従って修正されています。伝統的かつ現代的な学問を活用[83]

索引

「広く受け入れられアクセスしやすいインデックス」[84]がそのようなプロジェクトの推進目標でした。

  • Michlul haMa'amarim。バブリとエルサルミの 3 巻索引で、100,000 件以上の項目が含まれています。1960年にモサド・ハラヴ・クックによって出版された。[85]
  • ソンチーノ: タルムード バブリ全体をカバーします。[86] [87] 1952年リリース。749ページ
  • HaMafteach (「鍵」): Feldheim Publishersによって2011 年にリリースされ、30,000 を超えるエントリーがあります。[84]
  • 検索エンジン: Bar Ilan UniversityResponsa Project CD/検索エンジン。[84]

印刷

ボンバーグ タルムード 1523

スイスのユダヤ博物館に展示されているタルムードは、ダニエル ボンバーグアンブロシウス フローベンによる最初の 2 つのタルムード版画の一部を集めたものです[88]

バビロニア タルムードの最初の完全版は、教皇レオ 10 世の支援を受けて、ダニエル ボンバーグ1520 年から 1523 年[89] [90] [91] [92]によってヴェネツィアで印刷されました。[93] [94] [95] [96]ミシュナゲマラに加えて、ボンバーグ版にはラシトサフォートの注釈が含まれていた。ボンバーグ以来、ほとんどすべての印刷物は同じページネーションに従っています。ボンバーグの版は検閲が比較的少ないと考えられていました。[97]

フローベン タルムード 1578

アンブロシウス・フロベニウスは、イタリアの学者イスラエル・ベン・ダニエル・シフロニと協力しました。彼の最も広範な著作は、1578 年から 1581 年にかけて、大変な苦労を伴いながら出版されたタルムード版でした。[98]

ベンヴェニステ・タルムード 1645

アンブロシウス・フロベニウスがバーゼルでタルムードの大部分を分割出版したのに続き、イマヌエル・ベンヴェニストはアムステルダムで1644 年から1648年にかけてタルムード全体を分割出版しました。検閲官の間違いが多く含まれていました。[100] 「この本は、以前のいくつかの版から教会の検閲により省略されていたアヴォダ ザラーが含まれているため注目に値します。また、印刷されるとタイトル ページが欠けていることがよくあります。[101]

スラヴィタ タルムード 1795 年とビルナ タルムード 1835 年

スラヴィタのシャピラ兄弟によって出版されたタルムードの版[102]は 1817 年に出版され[103] 、ハシディズム派ユダヤ教の多くのレベたちによって特に高く評価されている1835年、宗教団体の著作権[104] [105]がほぼ終了し[106]、シャピラ家との激しい論争の後、タルムードの新版がヴィルナのメナヘム・ロムによって印刷された。

ヴィルナ版シャスとして知られるこの版 (およびその後、彼の未亡人と息子たちであるロム出版社によって印刷された版) は、タルムード バブリの最新版の制作に使用されています。

ヴィルナ タルムードのページ番号は、英語でdafまたは Folioとして知られる両面ページを指します。各 daf には、אבというラベルの付いた 2 つのアムディム、A 面と B 面 ( recto とverso ) があります。dafによる参照の慣例は比較的最近のもので、17 世紀の初期のタルムード印刷物に遡りますが、実際のページネーションはボンバーグ版に遡ります。初期のラビ文献は一般に、冊子または冊子内の章を指します (例: ベラチョット第 1 章、ברכות פרק א׳))。また、その章の特定のミシュナを指すこともあります。「ミシュナ」は、ここではルートを意味する「ハラハ」に置き換えられ、読者をそのミシュナに対応するゲマラのエントリに「誘導」します(例: ベラチョット第 1 章ハラハ 1 、ברכות פרק א׳ הלכה א׳ は、Tracate Berachot の最初の章の最初の Mishnah と、Gemara の対応する項目を指します。しかし、この形式は現在、エルサレム タルムードについて言及するときに (排他的ではありませんが) より一般的に使用されています。現在、参照は通常 [ Tractate daf a/b ] 形式で行われます (例: Berachot 23b、ברכות כג ב׳ )。記号「.」が増えています。と ":" は、それぞれ Recto と Verso を示すために使用されます (したがって、例: Berachot 23:, :)。これらの参考文献は常に、ヴィルナ タルムードのページネーションを参照しています。

重要なエディション

学者たちは、ヴィルナ版のテキストは一律に信頼できるものではないと考えており、テキストの異形を照合する試みが数多く行われてきました。

  1. 19 世紀後半、ネイサン ラビノウィッツは、初期の写本や印刷物からのテキストの変種を示すDikduke Soferimと呼ばれる一連の巻を出版しました。
  2. 1960 年に、メナヘム・メンデル・カッシャーの編集のもと、ゲマラ・シェレマ(ゲマラ完全版)という名前で新版の制作が開始されました。プロジェクトは彼の死によって中断されるまで、ペサヒム冊子の最初の部分のみが出版されました。この版には、包括的なテキストの変種といくつかの厳選された解説が含まれていました。
  3. イスラエル・タルムード完全版研究所(ヤド・ハラフ・ヘルツォークの一部門)から約13巻が出版されており、ラビノヴィッツと同様の路線で、テキストと、(写本、初期の版画、および二次文献の引用からの)包括的なテキストの変種セットが含まれている。 )しかし解説はありません。[107]

特定の冊子についての批判版は存在しますが (たとえば、ヘンリー・マルター版ターニット)、タルムード全体の現代の批判版は存在しません。オズ・ヴェ・ハダール研究所のような最新の版は、誤植を修正し、以前の版で検閲によって修正または削除された箇所を復元していますが、テキストの変異についての包括的な説明は試みていません。ラビのヨセフ・アマルによる版[108]はイエメンの伝統を表しており、印刷された紹介資料とともに、イエメン人の発声とテキストの変種が手作業で追加されたビルナベースの版画の写真静的複製の形式をとっている。いくつかの冊子に関するイエメンの写本の照合本がコロンビア大学によって出版されている。[109]

より幅広い読者向けのエディション

タルムードをより多くの聴衆に届けることを目的として、数多くの版が発行されてきました。Steinsaltz および Artscroll/Schottenstein セットの他に、次のセットがあります。

  • オズ・ヴェ・ハダル研究所発行のメティヴタ版。これには、ヴィルナベースの版と同じ形式の全文が含まれており、[110]見開きページに現代ヘブライ語での完全な説明と伝統的な解説の改良版が含まれています。[111]
  • 以前の同種のプロジェクトは、タルムード エル アム(「人々へのタルムード」) と呼ばれるもので、1960 年代から 80 年代にイスラエルで出版されました。これには、ヘブライ語のテキスト、英語の翻訳、およびアーノスト・ズヴィ・エールマンによる解説が含まれており、短い「レアリア」、欄外注、多くの場合図解が含まれており、トラクテート・ベラコート全体、バーヴァ・メジアの2章、およびクィドゥシンのハラチ部分についてその分野の専門家によって書かれています。 、 第1章。
  • Tuvia のGemara Menukad : [110] には、ラシ語とトサフォート語を含む、母音と句読点 ( Nekudot ) が含まれています。[110]また、「各ページの側面にあるそのアムドのすべての略語」も含まれています。[112]

前世紀の不完全なセット

  • アムステルダム(1714 年、プロープス・タルムードと行進/デ・パラシオス・タルムード): 1714 年にアムステルダムで 2 つのセットが開始されましたが、この年には再版権に関する「都市内および都市間の出版社間の激しい紛争」も始まりました。後者は 1714 年から 1717 年にかけて運行されました。どちらのセットも完成しませんでしたが、3 番目のセットが 1752 年から 1765 年にかけて印刷されました。[104]

その他の注目すべきエディション

ラザロ・ゴールドシュミットは、バビロニア・タルムードの「無検閲本文」をドイツ語訳付きで9巻にまとめて出版した(1897年から1909年にライプツィヒで開始、1933年にイギ​​リスに移住した後、1936年までに完成)。[113]

バビロニア タルムード 12 巻は、ミール イェシヴァ難民によって、上海滞在中の 1942 年から 1946 年にかけて出版されました。[114]主要な冊子は、1 巻につき 1 冊で、「シャバット、エルビン、ペサヒム、ギッティン、キッドゥシン、ナジル、ソータ、バヴァ・カーマ、サンヘドリン、マコット、シェブオット、アヴォダ・ザラ」 [115] (一部の巻で、さらに、「小冊子」)。[116]

トルーマン大統領の「これらの迫害犠牲者に対する責任」声明に勇気づけられ、生存者のタルムードが出版された。米陸軍は(「ドイツの深刻な紙不足」にも関わらず)1947年から1950年にかけて「16巻セットに梱包されたタルムード50部」を印刷することに同意した。[117]計画は延長され、19 巻セットで 3,000 部となりました。

ユダヤ教における役割

タルムードは口頭伝承の書面による記録を表しています。それは法律がどのように導き出されるのかについての理解を提供し、多くのラビの法典や習慣、特にミシュネ律法シュルチャン・アルークの基礎となりました。正統派ユダヤ教と、程度は低いが保守派ユダヤ教はタルムードを権威あるものとして受け入れていますが、サマリア人、カライ派、再建派、改革派ユダヤ教は認めていません。

サドカイ派

ユダヤ教のサドカイヘブライ語: צְדוּקִים)は、第二神殿時代に栄えた。[118] 彼らとパリサイ派(後にラビ的ユダヤ教として知られる)との主な違いは、口頭律法の拒否と死後の復活の否定に関係していた。

カリズム

口頭律法を権威あるものとして拒否したもう 1 つの運動は、タルムード完成後 2 世紀以内に生じたカラ教です。カライズムは、バビロニアのタルムードユダヤ教に対する反動として発展しました。カライズムの中心的な概念は、タルムードに具体化されている口承律法を拒否し、成文律法のみを厳格に遵守することです。これは、口承律法が成文律法とともにシナイ山モーセに与えられたというラビの基本的な概念に反対します。後の一部のカライ派は、より穏健な立場を取り、伝統の一部の要素(セベル・ハ・イェルシャと呼ばれる)を許容しました。、相続の負担)は律法を解釈する際に許容され、いくつかの本物の伝統がミシュナとタルムードに含まれているが、これらは決して成文された律法の明白な意味に取って代わることはできません。

ユダヤ教の改革

19 世紀に改革派ユダヤ教が台頭すると、タルムードの権威がさらに疑問視されるようになりました。改革派ユダヤ人はタルムードを古代後期の産物であり、単に歴史的文書としての関連性があると見なしていました。たとえば、フランクフルト改革友の会が 1843 年 8 月に発行した「原則宣言」には、とりわけ次のように述べられています。

一般にタルムードという名前で呼ばれる論争、論文、処方箋の集合体は、教条的な観点からも実践的な観点からも、私たちにとって何の権威も持っていません。

書かれた律法に対しても批判的歴史的見解をとった人もいましたが、ネオ・カライ派の「聖書に戻る」アプローチを 採用した人もいたようですが、多くの場合、法律書よりも預言に重点が置かれていました。

人間主義的なユダヤ教

人間主義的ユダヤ教の中で、タルムードは今日の生活と実際的な関連性をどのように証明できるかを発見するために、歴史的文書として研究されています。[119]

現在

正統派ユダヤ教は、特にラビになるための訓練を受ける人々にとって、イェシヴァのカリキュラムの中心的要素としてタルムード学習の重要性を強調し続けている。これは、ハラハが一般にタルムードから直接ではなく、中世および近世の法典から研究されているにもかかわらず、当てはまります。信徒の間でのタルムード学習は正統派ユダヤ教で広く普及しており、特にハレディ派ユダヤ教では毎日または毎週のタルムード学習が一般的であり、タルムード学習は正統派イェシヴァ派やデイスクールのカリキュラムの中心となっている。信徒の間でのタルムードの定期的な学習は、ラビのメイア・シャピロによって始められたタルムード学習の毎日のコースであるダフ・ヨミによって普及しました。1923年。その第 13 サイクルの研究は 2012 年 8 月に始まり、 2020 年 1 月 1 日の第 13 回シユム・ハシャで終了しました。ロール・ユダヤ学習研究所は、タルムードが幅広い人々にどのように関連しているかを示すために、「MyShiur – Explorations in Talmud」を普及させました。 。[120]

保守的なユダヤ教も同様に、宗教教育およびラビ教育の中でタルムードの研究を重視しています。しかし、一般的に保守的なユダヤ人は、ハラハの歴史的原典としてタルムードを研究しています法的意思決定に対する保守派のアプローチは、古典的なテキストと以前の決定を歴史的および文化的文脈に位置づけ、ハラハの歴史的発展を調査することに重点を置いています。このアプローチにより、正統派のアプローチよりも実用的な柔軟性が向上しました。タルムードの研究は、多くの保守派の保育園で保守教区教育のカリキュラムの一部となっている、そして保守党のデイスクール入学者数の増加により、少数の保守系ユダヤ人の間で保守ユダヤ人教育の一環としてタルムード学習が増加しました。「ハラハに対する保守派ユダヤ人の見解」も参照

改革派ユダヤ教は、ヘブライ語の学校ではタルムードの研究をそれほど重視していませんが、ラビの神学校ではタルムードを教えています。リベラルなユダヤ教の世界観は、ユダヤ法を拘束するという考えを拒否し、インスピレーションと道徳的指導の源としてタルムードを使用します。タルムードの所有と読書は、通常、ヘブライ語聖書またはタナハの研究により重点を置く改革および再建主義のユダヤ人の間では普及していません。

視覚芸術において

カール・シュライヒャーの絵画の中で

オーストリアの画家カール・シュライヒャー(1825-1903)の芸術には、タルムードを研究し議論するラビやタルムード信者がたくさんいます。ウィーンで特に活動的 1859~ 1871 年。

ユダヤ人の芸術と写真

その他のコンテキスト

タルムードの研究はユダヤ教の研究に限定されず、他の文化にも関心を集めています。キリスト教の学者たちは、自分たちの経典を解明するのに役立っているタルムードの研究に長い間関心を示してきました。タルムードには、タナフに関する聖書の釈義と解説が含まれており、多くの場合、難解で難解な文章を明確にします。タルムードにはイエスとその弟子たちへの言及の可能性が含まれていますが、キリスト教正典にはタルムードの人物についての言及があり、タルムードとミドラーシュの中で並行できる教えが含まれていますタルムードは、福音と使徒たちの著作に文化的および歴史的背景を提供します[122]

伝えられるところによると、韓国人はユダヤ文学を研究することでユダヤ人の高い学術水準を見習うことを望んでいるという。ほぼすべての家庭に「タルムード」と呼ばれる本の翻訳版があり、親はそれを子供に読み聞かせており、この本は小学校のカリキュラムの一部となっています。[123] [124]この場合の「タルムード」は、通常、日本語から韓国語に翻訳された最も古い書籍であり、考えられるいくつかの巻のうちの 1 つです。オリジナルの日本語の本は、日本人作家の加瀬英明、1960年代から70年代に日本で奉仕した正統派アメリカ人のラビであるマービン・トケイヤーの協力によって作成されました。最初の共同本は『ユダヤ人の知恵の5,000年: タルムード聖書の秘密』でした。1968 年に 3 日間かけて作成され、1971 年に出版されました。この本には、タルムードの実話、ことわざ、倫理、ユダヤ人の法律資料、タルムードのラビの伝記、トケイヤーとその家族に関する個人的な物語が含まれています。トケイヤーと加瀬は、ユダヤ人をテーマにした他にも多数の本を日本語で共同出版しました。[125]

韓国で初めて『ユダヤ人の知恵5,000年』が出版されたのは1974年で、Tae Zang出版社からであった。韓国と中国の両方で多くの異なる版が出版され、その多くは闇市場の出版社によって出版されました。2007 年から 2009 年にかけて、シェマ イスラエル教育研究所のヨンス ヒョン牧師は、トケイヤーの以前のさまざまな本の内容をまとめた韓国タルムードの 6 巻版を出版しました。彼は Tokayer と協力して誤りを修正し、Tokayer が著者としてリストされています。大人と子供向けの「タルムード」と呼ばれるこの作品や他の作品に基づいた個別指導センターは韓国で人気があり、「タルムード」の本(すべてトカイエの作品に基づいており、タルムードの原文ではない)は広く読まれ、知られています。[125]

批判

歴史家のマイケル・リーヴァイ・ロドキンソンは、著書『タルムードの歴史』の中で、タルムードを中傷する者は、その成立中も成立後も「性格、対象、行動が様々であった」と述べ、この本には多くの批判者や迫害者が記録されている。ニコラス・ドーニンヨハネス・フェファーコルンヨハン・アンドレアス・アイゼンメンガーフランキストアウグスト・ローリングなど[126]攻撃の多くは、ジャスティナス・プラナイティスエリザベス・ディリングデヴィッド・デュークなどの反ユダヤ主義的な情報源からのものであるキリスト教徒、イスラム教徒からも批判が起こる[127][128] [129]およびユダヤ人の情報源、[130]、さらには無神論者や懐疑論者からもたらされたものである。[131]タルムードに対する告発には次のようなものがあるとされている[126] [132] [133] [134] [135] [136] [137]

  1. 反キリスト教または反異邦人のコンテンツ[138] [139] [140] [141]
  2. 不条理または性的に不道徳なコンテンツ[142]
  3. 経典の改ざん[143] [144] [145]

タルムード擁護者らは、こうした批判の多く、特に反ユダヤ主義的な情報源におけるものは文脈を無視した引用に基づいており、タルムード本文の意味や、保存された議論の詳細な記録としてのその基本的性格を誤って伝えていると指摘する。さまざまな賢人による声明が収録されており、拒否された声明や意見が編集されることはありませんでした。

誤った表現は意図的な場合もあれば、単にタルムードの微妙で、時には混乱を招く多面的な物語を理解できないことが原因である場合もあります。批評家によって提供された一部の引用は、攻撃的または侮辱的に見える引用を生成するために意図的に文章を省略しています。[146] [147]

中世

バビロニアの サボライムがタルムードの編集に最後の仕上げを行ったまさにその時、皇帝 ユスティニアヌスはヘブライ語聖書の重水素化(二重化、繰り返し)に対する勅令を発布しました[148]この文脈において、重水素が「ミシュナ」を意味するのか、それとも「タルガム」を意味するのかについては議論があり、聖父主義文献では、この言葉は両方の意味で使用されている。

タルムードに対する本格的な攻撃は、13 世紀に当時タルムード研究が盛んであったフランスで起こりました。1230年代、ユダヤ人からキリスト教に改宗したニコラス・ドニンは、イエスマリア、またはキリスト教に関する冒涜とされる一連の文章を翻訳して、教皇グレゴリウス9世に対してタルムードに対する35件の告発を行った。たとえば、引用されたタルムードの一節があります。そこでは、一部の人々がナザレのイエスであると主張するイエシュという名前の人物がゲヘナに送られ、排泄物で永遠に煮られるという内容です。ドニンはまた、ユダヤ人による非ユダヤ人の殺害を許可するタルムードの差し止め命令も選択した。これがパリ紛争につながったこの事件は1240年にフランスのルイ9世の法廷で行われ、パリのイェシエルクシーのモーゼス・ベン・ヤコブを含む4人のラビがニコラ・ドニンの告発に対してタルムードを擁護した。タルムードをアラム語から非ユダヤ語に翻訳したことにより、ユダヤ人の言説はその覆いから剥ぎ取られ、ユダヤ人はこれを重大な侵害として憤慨した。[149]パリ論争により、1242 年にパリでタルムードのコピーが非難され、初めて焼かれました。 [150] [151] [e]タルムードのコピーの焼却は続けられました。[152]

タルムードは、 1263 年のバルセロナでのナフマニデス(ラビ モーゼス ベン ナーマン) とキリスト教に改宗したパブロ クリスティアーニの間の論争の主題でもありました。この同じパブロ・クリスティアーニがタルムードを攻撃し、その結果、タルムードに対する教皇勅書が発せられ、ドミニコ会の委員会によってバルセロナで最初の検閲が行われ、キリスト教の観点から好ましくないと思われる文章の取り消しを命じた(1264年)。 )。[153] [154]

1413年のトルトサの論争、ジェロニモ・デ・サンタ・フェは、タルムードに見られる「異教徒」、「異教徒」、「背教者」の非難は、実際にはベールに包まれた言及であったという運命的な主張を含む、多くの告発を提起した。キリスト教徒へ。これらの主張はユダヤ人コミュニティとその学者によって否定され、ユダヤ教の思想は異教徒または異教徒として分類され多神教である人々と、真の神を崇拝しながらも唯一の真の神を認める人々(キリスト教徒など)とを明確に区別していると主張した。一神教の神は間違っています。したがって、ユダヤ人はキリスト教徒を誤った方向に導かれ誤った者とみなしていたが、タルムードで論じられている「異教徒」や「異教徒」の中には含まれていなかった。[154]

パブロ・クリスティアーニとジェロニモ・デ・サンタ・フェは、タルムードを批判することに加えて、タルムードを真の伝統の源とみなし、その一部はキリスト教を支持する論拠として使用される可能性があると考えた。そのような伝統の例としては、神殿の破壊の頃にメシアが誕生し、神の右に座したという記述が挙げられる。[155]

1415年、トルトーザ論争を招集した対教皇ベネディクト13世は、ユダヤ人にタルムードを読むことを禁じ、その全写本を破棄するよう命じる教皇勅書を発行した(ただし、この教皇は機能しないままであると定められていた)はるかに重要なのは、16世紀初頭にドミニコ会の代理人である改宗者ヨハネス・フェファーコルンによってなされた告発であった。これらの告発の結果、皇帝と教皇が裁判官を務める闘争が生じ、ユダヤ人の擁護者はヨハン・ロイヒリンであったが、隠蔽主義者らは反対した。そして、この論争は主にパンフレットによって続けられたが、一部の人々の目には宗教改革の先駆けと映っ[154] [156]

この事件の予期せぬ結果は、教皇の特権の保護のもと、ダニエル・ボンバーグによってヴェネツィア1520年にバビロニア・タルムードの完全な印刷版が発行されたことである。[157] 3年後の1523年、ボンバーグはエルサレム・タルムードの初版を出版した。30年後、初めてタルムードの出版を許可したバチカンは、タルムードに対する破壊運動を開始した。新年、ロシュ・ハシャナ(1553年9月9日)、異端審問所の法令に従って押収されたタルムードの写しがローマのカンポ・デイ・フィオーリ(オート・デ・フェ)で焼かれた。ジョシュア・デイ・カントーリが扇動したものなど、他のイタリアの都市でも焼き討ちが行われた。タルムードおよびその他のヘブライ語著作の検閲は、1554 年に発行された教皇勅書によって導入されまし5 年後、タルムードは最初の索引エクスプルガトリアスに含まれました。そして教皇ピウス4世は1565年、タルムードからその名前そのものを剥奪するよう命じた。この作品を「タルムード」ではなく「シャース」(シシャ・シドル・ミシュナ)と呼ぶ慣習はこの時からのものです。[158]

その後のほとんどの版の基礎となった、削除されたタルムードの初版は、「アボダ・ザラー」の論文全体とキリスト教に敵意があると考えられる文章を省略し、特定の語句を修正してバーゼルで出版されました (1578 年 - 1581 年) 教皇グレゴリウス 13 世(1575 ~ 1585 年)によってタルムードに対する新たな攻撃が布告され、1593 年にクレメンス 8 世は以前からのタルムードの閲覧と所有に対する禁止措置を更新しました。[要出典]ポーランドにおけるタルムードの研究の増加により、原文が復元された完全版(クラクフ、1602年-1605年)の発行につながった。知られている限り、2 つの論文のみを含む版が以前に出版されていました。ルブリン(1559–76)。1757年にポーランド(現在のウクライナ領土)でタルムードへの攻撃が起こった後、フランキストの扇動を受けたデンボウスキー司教はカミエニエツ・ポドルスキで公開討論を招集し、彼の著書にあるタルムードのすべてのコピーを命じた。司教座は没収され火刑に処される。[159]「フランクフルト・アム・オーデルで印刷された1735年版モエド・カタン」は、その時代から生き残ったものの1つである。[114]「オーデル川沿いに位置し、1697 年から 1739 年の間にタルムードの 3 つの別々の版がそこで印刷されました。」

タルムードの外部の歴史には、宗教改革後に一部のキリスト教神学者がタルムードに対して行った文学的攻撃も含まれています。なぜなら、これらのユダヤ教への攻撃は主にその作品に向けられたものであり、その代表的な例がアイゼンメンガーの『Entdecktes Judenthum (仮面を剥がされたユダヤ教)』(1700)です[160] [161] [162]対照的に、タルムードは、ヨハン・ロイヒリンジョン・セル​​デン、ペトルス・クナエウスジョン・ライトフット、ヨハネス・ブクストルフなど、ルネサンス以降の多くのキリスト教神学者、法学者、東洋学者によって、むしろより同情的な研究対象となった。父と息子[163]

19世紀以降

ヴィルナ版タルムードはロシア政府の検閲、または政府の期待に応えるための自己検閲の対象となったが、これは以前のいくつかの試みほど厳しくはなかった。タイトル「タルムード」は保持され、冊子「アヴォダ・ザラー」が含まれていた。現代の版のほとんどは、ヴィルナ版のコピーか、それにほぼ基づいているため、議論のある箇所のほとんどが依然として省略されています。これらは何世代にもわたって入手できませんでしたが、タルムード、ラシ、トサフォート、マハルシャの削除された部分は、チェスロノス・ハシャ(「タルムードの省略」)として知られる正誤表のリストの稀な印刷物によって保存されました。[164]これらの検閲された部分の多くは、バチカン図書館タルムードの現代版の中には、この内容の一部またはすべてが本の最後尾、余白、または本文中の元の場所に含まれているものがあります。[165]

1830年、ユダヤ人の信仰の国家承認に関するフランス貴族院での討論の中で、フェルエル提督は、世界中を旅行中に出会ったユダヤ人たちが、イエスを救世主として認めることを拒否したことや、彼らがタルムードを所有しているからです。[166]同じ年、キアリーニ修道院は『ユダヤ教の理論』と題された膨大な著作を出版した。その中で彼はタルムードの翻訳を発表し、この作品を一般にアクセス可能にし、ユダヤ教への攻撃に役立つバージョンを初めて提唱した。この翻訳は予定されていた 6 巻のうち 2 巻しか出版されなかった。[167]同様の精神で、19 世紀の反ユダヤ主義活動家たちは翻訳を行うようしばしば主張した。そしてこの要求はウィーンのように立法機関にも提起されたしたがって、タルムードと「タルムードのユダヤ人」は、たとえばオーガスト・ローリングの『タルムードのユダヤ人』(1871年)などで反ユダヤ主義的な攻撃の対象となったが、その一方で、タルムードを学ぶ多くのキリスト教徒、特にヘルマンによって擁護された。ストラック[168]

反ユダヤ主義の情報源からのさらなる攻撃には、ユスティナス・プラナイティス『仮面を剥がされたタルムード: キリスト教徒に関するラビの秘密の教え』 (1892年) [169]エリザベス・ディリングの『キリスト教に対する陰謀』 (1964年)などがある。[170]多くの現代のパンフレットやウェブサイトにおけるタルムードへの批判は、それらのいずれかからの逐語的な引用として認識できることがよくあります。[171]

歴史家のウィルアリエル・デュラントは、タルムードの多くの著者の間に一貫性が欠如しており、一部の章の順序が間違っていたり、主題が理由もなく削除されたり再開されたりしていると指摘した。デュラント夫妻によれば、タルムードは「熟慮の産物ではなく、熟慮そのものである」という。[172]

現代の告発

インターネットもタルムードへの批判の源です。[171]この問題に関する名誉毀損防止同盟報告書は、タルムードの反ユダヤ主義的批判者がタルムード本文の意味を歪曲するために誤った翻訳や選択的引用を頻繁に使用し、時には文章を捏造していると述べている。さらに、攻撃者が引用の完全な文脈を提供することはほとんどなく、約 2,000 年前にタルムードが構成された文化に関する文脈情報を提供できません。[173]

その一例は、「ユダヤ人がラビの本の一部を説明するように求められた場合、彼は虚偽の説明のみを行うべきである。この戒めに違反する者は死刑に処される。」という一文に関するものである。これは、 Libre David (あるいはLivore David  )というタイトルの本からの引用であると言われています。そのような本はタルムードにも他の場所にも存在しません。[174]このタイトルは、1671 年に出版された作品であるDibre Davidを転用したものであると考えられています。 [175]この引用への言及は、ウィリアム・グリムスタッドによる初期のホロコースト否定本『The Six Million Reconsidered』に見られます。[176]

正教会同盟のユダヤ人アクション誌の書籍編集者であるギル・ステューデントは、タルムードに対する多くの攻撃は、特にレイモンド・マルティニコラス・ドーニンなど、13世紀の論争に端を発する信用できない資料を再利用しているだけであり、批判は引用に基づいていると述べた。文脈を無視して取り出され、完全に捏造されている場合もあります。[177]

こちらも参照

参考文献

ノート

  1. ^ Strack、Hermann、『タルムードとミドラーシュの紹介』、ユダヤ出版協会、1945 年、11–12 ページを参照。「[口承律法は]長い期間にわたって口頭で伝えられてきました…伝統的な事柄を書き留めようとする最初の試みは、信じられる理由がありますが、その起源はキリスト教後第 2 世紀の前半に遡ります。」ストラックは、キリスト教の正典 (新約聖書) の成長が、ラビたちに口承律法を文字で記録するように影響を与えた要因であると理論づけています。
  2. ^寺院の破壊とその後の動乱が口頭律法の文書化につながったという理論は、 シェリラ・ガオンの書簡で最初に説明され、しばしば繰り返された。たとえば、Grayzel、『ユダヤ人の歴史』、ペンギン・ブックス、1984 年、p.5 を参照してください。193.
  3. ^ http://daten.digitale-sammlungen.de/~db/bsb00003409/images/index.html より
  4. ^ Yonah Fraenkel が著書Darko Shel Rashi be-Ferusho la-Talmud ha-Bavliで示しているように、Rashi の主要な業績の 1 つはテキストの修正でした。ラシの孫であり、トーサフィストアカデミーの中心人物の一人であるラベヌ・タムは、あまり研究されていない著作『セフェル・ハ・ヤシャール』の中で原文修正に反対して論争を展開している。しかし、トーサフィストもまた、他の多くの中世注釈者と同様に、タルムードのテキストを修正しました (例: Baba Kamma 83b sv af haka'ah ha'amurohまたはGittin 32a sv mevuteletを参照) (例: R. Shlomo ben Aderet、 Hiddushei ha-Rashbを参照)ババ・カンマへの「a al ha-Sha」83b、またはGittin 32a に関するアルファシへのラベヌ・ニッシムの解説。
  5. ^ パリ紛争のヘブライ語説明については、「Collected Polemics and Disputations 」編の Jehiel of Paris、「The Disputation of Jehiel of Paris」(ヘブライ語)を参照。JD アイゼンシュタイン、ヘブライ語出版社、1922 年。ハイアム・マッコビー著『裁判中のユダヤ教: 中世のユダヤ人とキリスト教の論争』、1982 年に翻訳および再版

引用

  1. ^ シュタインザルツ、アディン(2009). 「タルムードとは何ですか?」エッセンシャル タルムード(30 周年記念版)。基本的な本。ISBN 9780786735419
  2. ^ ジェイコブ・ノイスナー(2003). バビロニア・タルムードの形成。Wipf およびストック パブリッシャー。p. ix. ISBN 9781592442195
  3. ^ サフライ、S. (1969)。「ミシュナとタルムードの時代(70–640)」。Ben-Sasson、HH (編著)。ユダヤ人の歴史。ジョージ・ヴァイデンフェルド訳。ハーバード大学出版局(1976 年出版)。p. 379.ISBN _ 9780674397316
  4. ^ ゴールドバーグ、エイブラハム (1987)。「パレスチナのタルムード」。サフライ、シュムエル編(編)。第二神殿時代のユダヤ人の文学とタルムード、第 3 巻 賢者の文学ブリル。303–322ページ。土井:10.1163/9789004275133_008。ISBN 9789004275133
  5. ^ “イタリア人、アプリの助けでタルムードを翻訳”. ニューヨークタイムズ紙2016 年 4 月 6 日。
  6. ^ “HIS 155 1.7 タルムード | ヘンリー・エイブラムソン”. 2013 年 11 月 19 日。
  7. ^ 「タルムード」。ユダヤ教の簡潔な解説書ルイス・ジェイコブス。オックスフォード大学出版局、1999 年、261 ページ
  8. ^ 「パレスチナのタルムード」. ブリタニカ百科事典2010年2010 年8 月 4 日に取得
  9. ^ レバイン、バルーク A. (2005)。「ユダヤ人のアラム語の 2 つの方言の学術辞典」。AJS レビュー29 (1): 131–144。土井:10.1017/S0364009405000073。JSTOR  4131813。S2CID 163069011  。
  10. ^ レイノルド・ニコルソン (2011)。アラブ人の文学史。プロジェクト・グーテンベルク、フリッツ・オーレンシャル、トゥルグート・ディンサー、サニア・アリ・ミルザと2021 年5 月 20 日に取得
  11. ^ エルサルミ – イスラエルの地のタルムード: 序論、ジェイコブ・ノイスナー、J. アロンソン、1993
  12. ^ エウセビオス(330 年頃)。「XVIII: 彼は復活祭を尊重し、ユダヤ人の習慣に反対する彼らの全会一致について語ります。」ヴィタ・コンスタンティーニ。Vol. 2009 年6 月 21 日に取得
  13. ^ Mielziner, M. (Moses)、タルムード入門 (第 3 版)、ニューヨーク、1925 年、p. xx
  14. ^ “タルムードとミドラーシュ (ユダヤ教) :: タルムードの作成: 3 ~ 6 世紀”. ブリタニカ百科事典2008年2013 年10 月 28 日に取得
  15. ^ モシェ・ギル (2004)。中世のイスラム諸国のユダヤ人。p. 507.ISBN _ 9789004138827
  16. ^ ノッソン・ドヴィッド・ラビノウィッチ(編)、『ラヴ・シェリラ・ガオンのイジェレス』、エルサレム、1988年、79、116ページ
  17. ^ ノッソン・ドヴィッド・ラビノウィッチ(編集)、『ラヴ・シェリラ・ガオンのイジェレス』、エルサレム、1988年、p. 116
  18. ^ ユダヤ百科事典 バブリとエルサルミ – 類似点と相違点、ゲイル
  19. ^ シュタインザルツ、アディン(1976). 本質的なタルムードBasicBooks、ハーパーコリンズ出版社の一部門。ISBN 978-0-465-02063-8[必要なページ]
  20. ^ 『ユダヤ教: 口承法 - タルムードとミシュナ』、ユダヤ仮想図書館
  21. ^ Joseph Telushkin (1991 年 4 月 26 日)、識字能力: ユダヤ人の宗教、その人々、そしてその歴史について知っておくべき最も重要なことISBN 0-68808-506-7
  22. ^ AM グレイ (2005). 亡命中のタルムード:エルシャルミ・アボダ・ザラーの影響。ISBN 978-1-93067-523-0
  23. ^ ジェイコブス、ルイス、「バビロニア タルムードの構造と形式」、ケンブリッジ大学出版局、1991 年、p. 2
  24. ^ コーエン、シェイ JD (2006 年 1 月)。マカビーズからミシュナまで。p. 206.ISBN _ 978-0-664-22743-22020 年11 月 9 日に取得 {{cite book}}:|website=無視されました (ヘルプ)
  25. ^ デビッド・ハリヴニ、ミドラーシュ、ミシュナ、ゲマラ: 正当化された法に対するユダヤ人の偏向(ケンブリッジ MA: ハーバード大学出版局、2009 年)、93-101。ISBN 9780674038158 
  26. ^ 歌手、イシドール; サイラス・アドラー(1916年)。ユダヤ百科事典: 初期の時代から現在に至るまでのユダヤ人の歴史、宗教、文学、習慣の説明的な記録。ファンクとワグナルズ。527–528ページ。
  27. ^ 例:ピルケイ・アボット5.21: 「トーラーに 5 つ、ミシュナに 10 つ、戒めに 13 つ、タルムードに 15 つ」。
  28. ^ “米国議会図書館のユダヤ教の宝物: タルムード”. アメリカ・イスラエル共同企業体。
  29. ^ サエンツ・バディージョス、アンヘル、ジョン・エルウォルデ。1996年。ヘブライ語の歴史。pp. 170–171: 「RH (ラビニカル・ヘブライ語) の 2 つの主な時代を区別できるという一般的な合意があります。最初の時代はタンナイ時代の終わり (西暦 200 年頃) まで続き、RH は話し言葉として特徴付けられます。この言語は、ミシュナ語、トセフタ語、バライトット語、タンナイ語のミドラーシムを構成する文学媒体へと徐々に発展していきました、そしてRHは話し言葉としてアラム語に取って代わられ、文語としてのみ生き残ると考えています。その後、10世紀まで後のラビの著作、たとえば2つのタルムードのヘブライ語の部分や、ミドラーシュとハガディックの文献で使用され続けました。」
  30. ^ “百科事典.com ケリトット”.
  31. ^ ピルケイ・アボットはミシュナの冊子であり、いずれかのタルムードが編纂される何世紀も前に最終形態に達しているため、これは文書でまとめられたものではなく、活動としてのタルムードを指します。
  32. ^ ab 「タルムード注釈」. ユダヤ百科事典.com 2020年6月18日に取得
  33. ^ "HebrewBooks.org Sefer 詳細: ספר הנר - ברכות -- אגמתי, זכריה בן יהודה". hebrewbooks.org
  34. ^ リストについては、『宗教百科事典』のエフライム・アーバック著「トーサフォート」を参照。
  35. ^ Rav Avraham Yitzchok Ha-Cohen Kook (2008 年 2 月 17 日)。「タルムードの審議とハラチックな決定との間の断絶を修復するという、大変な労力が私たちの前に立ちはだかります...ゲマラの生徒たちに、すべてのハラチャーの知識をその出典と理由と関連付けることに慣れさせる...」ハラチャ・ブルーラとビルル・ハラチャ研究所2010 年9 月 20 日に取得これを、ラビのデイビッド・ヨセフによる同名のハラチ大要録と混同しないでください。
  36. ^ アルはオンを意味します。デレクの意地悪な道。Ha-peshatのヘブライ語の語根である PaShoot は「単純」を意味します。接頭辞「ha-」は、意味します。「691カパ」。2019年10月3日のオリジナルからアーカイブ2019年10月3日に取得単純な感覚によると (ヴェ・アル・デレク・ハ・ペシャット)
  37. ^ ユダヤ百科事典、第 1 巻のPilpulMordechai Breuerを参照16、第 2 版 (2007)、Macmillan Reference および HH Ben Sasson、ユダヤ人の歴史、627、717 ページ。
  38. ^ アリストテレスの論理的著作を代表するアヴェロエスのヘブライ語訳『コル・メレチェト・ヒガヨン』は、北イタリア、特にパドヴァで広く研究された。
  39. ^ ボヤーリン、セファルディの推測(ヘブライ語) (エルサレム 1989)。
  40. ^ 包括的な治療法については、以下のラヴィツキーを参照。
  41. ^ フォーアはここでダマスカスの伝統について説明しているが、他の場所でも同様のアプローチがあった可能性がある。
  42. ^このアプローチを使用したレッスンの例は、ここ [永久リンク]にあります
  43. ^ 参照。アシュケナージ・イェシヴァのカリキュラムにおけるベキウト(基本的な習熟)とイーユン(徹底的な学習)の区別。
  44. ^ David ben Judah Messer LeonKevod Ḥakhamim 、Zimmels、 Ashkenazim、Sephardimが引用、151、154 ページ。
  45. ^ Chaim Joseph David AzulaiShem Gedolim、Hirschberg 著『北アフリカのユダヤ人の歴史』、125–126 ページを引用。
  46. ^ ジョセフ リンゲル、「第三の方法:タルムード研究の伝統的な批判的方法としてのイーユン チュニサイ」、Tradition 2013 46:3。
  47. ^ さまざまな方法のユーモラスな説明については、ガブリエル・ベクホーファーの『An Analysis of Darchei HaLimud (Methodologies of Tarmud Study) Centering on a Cup of Tea』を参照。
  48. ^ エトケス、インマヌエル (2002)。ビルナのガオンカリフォルニア大学出版局。p. 16.ISBN _ 978-0-520-22394-3
  49. ^ ソロモン・シェクター、ユダヤ教研究、 p. 92.
  50. ^ ソコロフの紹介、ユダヤ人バビロニア・アラム語辞典テキスト自体は http://maagarim.hebrew-academy.org.il/Pages/PMain.aspx で見つけることができます。
  51. ^ “ עיון בכתבי היד”. {{cite web}}: (ヘルプ)|archive-date=が必要です|archive-url=
  52. ^ 以下の#原稿とテキストのバリエーションを参照。
  53. ^ 特に物議を醸している彼の論文、Mar Samuelを参照。archive.org (ドイツ語) で入手できます。
  54. ^ “イグド・ハタルムード”.
  55. ^ ヤーコフ・エルマン (2012)。スティーブン・ファイン。シャイ・セクンダ(編)。ショシャナト・ヤーコフ:ヤーコフ・エルマンを讃えるユダヤ人とイランの研究。Brill Academic Pub Publishers。ISBN 978-90042354412013 年11 月 11 日に取得
  56. ^ シャイ・セクンダ (2013). イランのタルムード: サーサーン朝の文脈でバーヴリを読む。ペンシルベニア大学出版局。ISBN 978-08122457072013 年11 月 18 日に取得
  57. ^ 「一日の女王」、タブレット・マガジン、2013 年 2 月 5 日
  58. ^ 「タルムード (ウィリアム・デイヴィッドソン)」. セファリア.org 2017 年6 月 4 日に取得
  59. ^ "タルムードの完全な翻訳により、オンライン ライブラリは賢者にアクセスできるようにしたいと考えています。" jta.orgJTA (ユダヤ電信局)。2017年2月7日。
  60. ^ ジョセフ・バーガー (2005 年 2 月 10 日)。「日常の読者と討論者のための英語タルムード」。ニューヨークタイムズ紙2022 年7 月 12 日に取得
  61. ^ 栗色
  62. ^ ブルー
  63. ^ ソンシノ・バビロニア・タルムード
  64. ^ David S Farkas、『ソンシノ・タルムードを讃えて』、 2022 年7 月 11 日閲覧
  65. ^ マービン J. ヘラー (2021)、初期ヘブライ語本の作成に関するエッセイ、p. 513、ISBN 9789004441163,ただし、Rebecca Bennet Publications (1959) ソンチーノ版では
  66. ^ Romm 印刷版以降のすべての Gemaras は、お互いのページ レイアウトに似ていること
  67. ^ 64 巻、索引と「マイナー トラテート」を含む」ニューヨーク: レベッカ ベネット、1959。英語とヘブライ語の 64 巻セット、 2022 年8 月 22 日取得
  68. ^ ユダヤ百科事典の記事、http://www.jewishencyclopedia.com/articles/6409-frumkin-israel-dob-bar、Michael L. Rodkinsonによる
  69. ^ ジェイコブ・ノイスナー (2011). バビロニアのタルムード: 翻訳と解説(22 巻セット版)。マサチューセッツ州ピーボディ:ヘンドリクソンパブ。ISBN 9781598565263
  70. ^ 出典には「彼はミシュナの6つの騎士団の一部をアラビア語に翻訳した」と書かれている。
  71. ^ ユダヤ百科事典の記事、Joseph ibn Abitur による
  72. ^ ジョナサン・マーク・グリベッツ (2010年秋)。「アラビア・シオニストのタルムード:シモン・モヤルのアト・タルムード」。ユダヤ人の社会科17 (1): 1-4。土井:10.2979/JEWISOCISTUD.17.1.1。S2CID  162749270。
  73. ^ マルリオス、イタマール (2012 年 5 月 19 日)。「紹介:アラビア語のタルムード」。イーネットニュース
  74. ^ マルリオス、イタマール (2012). 「タルムードのアラブ語訳には反イスラエルのメッセージが含まれている」。イーネットニュース
  75. ^ シュワルツ、ペニー (2018 年 10 月 29 日)。「イスラム教の国、カトリックの国、ユダヤ教の国が一緒にタルムードを祝う。冗談じゃないよ。」ユダヤ電信局2019年12月19日に取得
  76. ^ マーシー、オスター (2018 年 9 月 30 日)。「イスラム教の国、カトリックの国、ユダヤの国が国連でタルムードを祝う。冗談じゃない。」イスラエルのタイムズ紙2019年12月19日に取得
  77. ^ “PROYECTO | TaShema - El Talmud en Español | エルサレム”. タシェマ(スペイン語)2023-03-28に取得
  78. ^ シャローム: ケ・エス・タシェマ | RTVE Play (スペイン語)、2013-05-19、2023-03-28取得
  79. ^ ソール・リーバーマン (1984). ジェイコブ・ノイスナー(編)。「悲劇か喜劇か?」アメリカ東洋協会の雑誌104 (2): 315–319。土井:10.2307/602175。ISSN  0003-0279。JSTOR  602175。
  80. ^ “人類史上最も多くの出版物を出版した人物を真剣に考える時が来たのか? ヤコブ・ノイスナーを再評価する”. タブレットマガジン2016-08-23 2022-07-12に取得
  81. ^ “BARview: 年次総会では知的バザールとハイドラマの瞬間が提供される”. BAS ライブラリ2015-08-24 2022-07-12に取得
  82. ^ ウィンプハイマー、バリー。「伝記か聖伝か」。 {{cite journal}}:引用ジャーナルが必要です|journal=(ヘルプ)
  83. ^ “現代タルムード エルサルミ | TEY”. 2020-07-26 のオリジナルからアーカイブ2019年9月18日に取得
  84. ^ abc ジョセフ・バーガー (2011 年 12 月 18 日)。「1500年を経て、ブロンクスにルーツを持つタルムードの迷宮への索引」。ニューヨークタイムズ紙2022 年7 月 11 日に取得
  85. ^ リヴキ。「 מכלול המאמרים והפתגמים 」。מוסד הרב קוק (ヘブライ語) 2022-07-12に取得
  86. ^ ソンシノ・バビロニア・タルムード。英語に翻訳
  87. ^ バビロニア タルムード / 注釈付きで英語に翻訳、ソンシノ タルムードの索引巻 / ジュダ J. スロットキ編纂"
  88. ^ “カトリーナ・ランゲネッガー、バーゼル・タルムードについて語る”. 2022 年 10 月 13 日。
  89. ^ “ボンバーグ、ダニエル”. ユダヤ百科事典.com
  90. ^ ボンバーグ、ダニエル; Rozenṭal、E (2018 年 12 月 21 日)。ダニエル・ボンバーグのタルムード版ボンバーグ。OCLC  428012084。
  91. ^ 「宝物庫」。タブレットマガジン2009 年 9 月 9 日。
  92. ^ “ボンベルグ・バビロニア・タルムードが930万ドルでオークション”. タブレットマガジン2015 年 12 月 22 日。
  93. ^ Dalin 2012、p. 25.
  94. ^ ゴットテイルとブロイデ、1906年。
  95. ^ ヘラー、2005、p. 73.
  96. ^ アムラム 1909、p. 162.
  97. ^ アムノン・ラズ=クラコツキン。検閲、編集者、そしてテキスト: カトリック教会と 16 世紀におけるユダヤ教の規範の形成トランス。ジャッキー・フェルドマン。フィラデルフィア: ペンシルベニア大学出版局、2007 年。viii + 314 ISBN 978-0-8122-4011-5p. 104 
  98. ^ バッテゲイ、ルブリッヒ、カスパール、ナオミ (2018). ユダヤ系スイス: 50 の物体が物語る(ドイツ語と英語)。バーゼル:クリストフ・メリアン。54~57ページ。ISBN 978-3-85616-847-6{{cite book}}: CS1 maint: 複数の名前: 著者リスト (リンク)
  99. ^ Christiane Berkvens-Stevelinck Le Magasin De L'Univers – ヨーロッパ書籍貿易の中心地としてのオランダ共和国 (ブリルの知的史研究)
  100. ^ タルムードの印刷: 個々の論文の歴史 p. 239、マービン J. ヘラー (1999) 「ラビノヴィッチによれば、ベンヴェニスト タルムードは検閲官の誤りを多く含むルブリン タルムードに基づいている」
  101. ^ MJ ヘラー (2018). アムステルダム: ベンヴェニスト・タルムード: タルムードの印刷
  102. ^ “心からの借金”. ハモディア2015 年 2 月 12 日。非常に価値のある Slavita Shas のコピー。
  103. ^ ハノック・テラー(1985)。ソウルサバイバー。ニューヨーク市の出版社。185–203ページ。ISBN 0-961-4772-0-2
  104. ^ ab マービン J. ヘラー (2018 年 5 月 28 日)。「承認と制限: 18 世紀のアムステルダムと 2 つのフランクフルトでのタルムードの印刷」。
  105. ^ "ヨーロッパの主要なラビたちを巻き込む…タルムードのライバル版"
  106. ^ その文言は、印刷されたセットを販売できるというものでした。全巻セットはすべて販売されましたが、個別の巻は残りました。ディーラーのシステムでは、ディーラーの手に残っている個々の巻数を正確に把握することは容易ではありませんでした。
  107. ^ フリードマン、「バビロニア タルムードのバリアント リーディング – イスラエル タルムード完全版研究所の 13 巻の出現を示す方法論的研究」、Tarbiz 68 (1998)。
  108. ^ アマール、ヨセフ。「タルムード・バブリ・ベ・ニクド・テマニ」。Nosachtaiman.co.il。2011 年 7 月 17 日にオリジナルからアーカイブされました2010 年 5 月 21 日に取得
  109. ^ ジュリアス・ジョセフ・プライス、イエメンの女性。メギラ著(コロンビア大学図書館所蔵)、1916年。ペサヒム、1913年。モエド・カトン、1920年。
  110. ^ abc デビッド EY サーナ (2017 年 2 月 2 日)。「タルムードの学習: 良いもの、あまり良くないもの、そしてタルムードをよりアクセスしやすくする方法」。
  111. ^ 他のオズ・ヴェ・ハダル版も同様であるが、現代ヘブライ語での説明はない。
  112. ^ “ゲマラ・メヌカドの製作”.
  113. ^ 世界ユダヤ百科事典アイザック ランドマン (1941) 「彼の最大の業績は、バビロニア タルムード全体のドイツ語への翻訳でした。これは、検閲されていないテキストから作成され、ヨーロッパ言語での唯一の完全な翻訳であったため、学生にとって非常に価値がありました。」[ ISBNがありません]
  114. ^ イーライ・ゲナウアー。「本が語るとき: セファリム収集の世界を垣間見る」。ユダヤ人行動(OU)
  115. ^ “ロト 96: バビロニア タルムード – 上海、1942 ~ 1946 年 – ホロコースト難民によって印刷された”. Kedem Public Auction House Ltd. 2018 年 8 月 28 日。
  116. ^ ギッティン。表紙内側の残りの部分はヘブライ語ですが、下部には(英語で)ユダヤ書店、J. Geseng、上海、1942 年: Sh.B. エリーゼル(1999年10月29日)。「インターネット上のホロコーストオークションの詳細」。ユダヤ通信社p. 89.
  117. ^ イベット・アルト・ミラー博士 (2020 年 4 月 19 日)。「生存者のタルムード: 米軍がタルムードを印刷したとき」。
  118. ^ 西暦70年の神殿の破壊まで
  119. ^ 「世俗タルムード研究」. 人間主義的ユダヤ教都市会衆。
  120. ^ ドヴォルザーラ、レイクイン (2007 年 12 月 28 日)。「ハバドが15都市でタルムード学習プログラムを発表」。ニューヨーク。メルコス・リンヨネイ・チヌチ。
  121. ^ MutualArt でシュライヒャーの絵画をご覧ください。
  122. ^ 「クリスチャンが律法とタルムードを学ぶべき理由」. 平和への橋。2012 年 7 月 20 日のオリジナルからアーカイブ2006 年7 月 3 日に取得
  123. ^ ツォフィア、ハーシュフィールド (2011-05-12)。「韓国人はなぜタルムードを学ぶのか」。ユダヤ人の世界2014 年6 月 27 日に取得
  124. ^ アルパー、ティム (2011 年 5 月 5 日)。「なぜ韓国人はユダヤ教に熱中するのか」。ユダヤ人の年代記2014 年 9 月 3 日のオリジナルからアーカイブ2014 年6 月 27 日に取得
  125. ^ ab ロス・アーベス (2015 年 6 月 23 日)。「タルムードはどのようにして韓国でベストセラーになったのか」。ニューヨーカー
  126. ^ ロドキンソン氏
  127. ^ ルイス、バーナード、ユダヤ人と反ユダヤ人: 紛争と偏見に関する調査、WW Norton & Company、1999、p. 134
  128. ^ ジョンソン、ポール、ユダヤ人の歴史、ハーパーコリンズ、1988 年、p. 577
  129. ^ イスラエルに対するアラブ人の態度、ヨシャファト・ハルカビ、248、272ページ
  130. ^ ウリエル・ダ・コスタイスラエル・シャハクバルーク・キンマーリングなど
  131. ^ クリストファー・ヒッチンズドゥニ・ディドロなど
  132. ^ ハイアム・マッコビー裁判中のユダヤ教
  133. ^ ADL レポート「反ユダヤ主義論争におけるタルムード」2010 年 8 月 5 日にウェイバック マシンにアーカイブ、名誉毀損防止同盟
  134. ^ 学生ギル– タルムード批判への反論
  135. ^ ヴィルヘルム・バッハー、「タルムード」、ユダヤ百科事典の記事、ファンク&ワグナルズ社、1901
  136. ^ 「タルムード」。ユダヤ百科事典.com。
  137. ^ 「タルムード」。ユダヤ百科事典.com。
  138. ^ フラデ、144–146ページ
  139. ^ キンマーリング、バルーク、「異邦人のイメージ」(書評)、パレスチナ研究ジャーナル、1997 年 4 月、Vol. 26、No.3、96–98ページ
  140. ^ シードマン、p. 137
  141. ^ コーン=シャーボック、p. 48
  142. ^ シュタインザルツ、268–270 ページ
  143. ^ たとえば、ナドラーが引用したウリエル・ダコスタ、p. 14を参照。68
  144. ^ コーン=シャーボック、p. 47
  145. ^ ヴィルヘルム・バッハー、「タルムード」、ユダヤ百科事典の記事
  146. ^ “タルムードについての本当の真実”. タルムード.faithweb.com 2020年12月10日に取得
  147. ^ ADL レポート、1-2 ページ
  148. ^ 146 年 11 月1.2 日。
  149. ^ サイドマン、ナオミ (2010 年 2 月 15 日)。忠実なレンダリング: ユダヤ人とキリスト教の違いと翻訳の政治。シカゴ大学出版局。ISBN 9780226745077– Google ブックス経由。
  150. ^ ロドキンソン、66–69 ページ
  151. ^ レヴィ、p. 701
  152. ^ ジェームズ・キャロル・コンスタンティンの剣: 教会とユダヤ人: 歴史
  153. ^ コーン・シャーボック、50–54 ページ
  154. ^ abc マッコビー
  155. ^ ハイアム・マッコビー、op. 引用。
  156. ^ ロス、ノーマン、中世のユダヤ文明: 百科事典、Taylor & Francis、2003、p. 83
  157. ^ ロドキンソン、p. 98
  158. ^ ヘイスティングス、ジェームズ。宗教と倫理百科事典パート 23、p. 186
  159. ^ ロドキンソン、100–103 ページ
  160. ^ ロドキンソン、p. 105
  161. ^ レヴィ、p. 210
  162. ^ ベッチャー、スーザン R.、「Entdecktes Judenthum」、Levy の記事、p. 210
  163. ^ ベルリン、ジョージ L.、信仰の擁護: キリスト教とイエスに関する 19 世紀アメリカのユダヤ人の著作、SUNY プレス、1989 年、p. 156
  164. ^ Chesronos Hashas 2008-10-02ウェイバック マシンにアーカイブ
  165. ^ The Talmud: The Steinsaltz Edition、pp. 103–104 Heller、Marvin J. (1999)。タルムードの印刷: 1700 年から 1750 年にかけて印刷された個々の論文の歴史バーゼル:ブリル出版社。17、166ページ。
  166. ^ "ページ:アーカイブ イスラエル人 1851 tome12.djvu/647". ウィキソース。
  167. ^ “キアルニ、ルイージ”. ユダヤ百科事典.com。
  168. ^ ロドキンソン、109–114ページ
  169. ^ レヴィ、p. 564
  170. ^ ジャンソンヌ、グレン、「極右の女性たち: 母親たちの運動と第二次世界大戦」、シカゴ大学出版局、1997 年、168–169 ページ
  171. ^ ab ジョーンズ、ジェレミー (1999 年 6 月)。「タルムードの恐怖」。オーストラリア/イスラエルのレビュー2002 年 3 月 30 日にオリジナルからアーカイブされました2008 年 6 月 12 日に取得
  172. ^ ウィル・デュラント; デュラント、アリエル(2011) [1950]。文明の物語: 信仰の時代。サイモン&シュスターp. 388.ISBN _ 9781451647617
  173. ^ 「反ユダヤ主義論争におけるタルムード」(PDF) (プレスリリース)。名誉毀損防止同盟2003 年 2 月。2010年 8 月 5 日のオリジナル(PDF)からアーカイブ2010 年9 月 16 日に取得タルムードとミドラーシュのさまざまな一節を選択的に引用することによって、論争家は、ユダヤ教が非ユダヤ人(特にキリスト教徒)に対する憎しみを支持し、わいせつ、性的倒錯、その他の不道徳な行為を促進していることを証明しようと努めてきました。これらの文章を目的に沿わせるために、これらの論客は頻繁にそれらの文章を誤訳したり、文脈を無視して引用したりする(文章の大規模な捏造は知られていない)....ラビの文書の規範的意味を歪曲するために、反タルムードの作家は頻繁にその文章を文章から削除する。テキストと歴史的背景。彼らは引用を正確に提示している場合でも、これらの文章の大部分が2000年近く前に私たちとは根本的に異なる文化に住む人々によって作られたという事実を無視して、現代の道徳基準に基づいてその文章を判断します。したがって、彼らはユダヤ教の社会進歩の長い歴史を無視し、代わりにそれを原始的で偏狭な宗教として描くことができます。タルムードを攻撃する人々は、その後のユダヤ思想の発展に注目することなく、また、規範的なユダヤ人の思想と実践におけるこれらの資料の役割を説明できる現代のユダヤ人の権威と相談する誠実な努力もせずに、頻繁に古代のラビの資料を引用します。
  174. ^ コミンスキー、モリス(1970)。デマを言う人たち: 単なる嘘つき、派手な嘘つき、そしてとんでもない嘘つき。ボストン:ブランデン・プレス。169–176ページ。ISBN 978-08283-1288-2LCCN  76109134. Libbre David 37. これは完全な捏造です。タルムードにもユダヤ文献全体にもそのような本は存在しません。
  175. ^ アンドリュー J. ハーリー (1991)。イスラエルと新世界秩序。新世界秩序財団、サンタバーバラ:Fithian Press。ISBN 978-09318-3299-4
  176. ^ 600 万人の再検討: 歴史の真実のための委員会による特別報告書、p. 16歴史評論社、1979 年
  177. ^ 学生、ギル(2000)。「タルムードについての本当の真実」2010 年9 月 16 日に取得反タルムードの告発には長い歴史があり、異端審問所の協力者がユダヤ人とその宗教を中傷しようとした13世紀にまで遡る[イツチャク・ベア著『キリスト教徒スペインにおけるユダヤ人の歴史』を参照)、vol. I pp.150–185]。レイモンド・マルティーニやニコラス・ドーニンのような憎しみに満ちた説教者によって編集された初期の資料は、その後のタルムードに対するすべての告発の基礎となっています。一部は真実ですが、ほとんどは虚偽であり、文脈を無視した引用に基づいており、一部は完全な捏造です [Baer,​​ ch. 4f. 54, 82、レイモンド・マルティーニが引用を偽造したことが証明された]。今日のインターネットでは、これらの古い非難の多くが蒸し返されているのを見つけることができます...

引用された作品

  • アムラム、デイヴィッド・ヴェルナー (1909)。イタリアのヘブライ語書籍のメーカー。フィラデルフィア: JH グリーンストーン。
  • ネイサン・T・ロペス・カルドゾ『無限の鎖:トーラー、マソラ、そして人間』(フィリップ・フェルドハイム、1989年)。ISBN 0-944070-15-9 
  • アリエ・カーメル(1986年12月)。タルムードの研究を支援します。フェルドハイム出版社。ISBN 978-0-87306-428-62011 年8 月 29 日に取得(Samuel ha-Nagid のMevo ha-Talmudを含む。次のセクションを参照)
  • ズヴィ・ヒルシュ・チャジェス・ メヴォ・ハタルムド、翻訳。ジェイコブ・シャクター:タルムードを通じた学生向けガイド(Yashar Books、2005)。ISBN 1-933143-05-3 
  • ダリン、DG (2012)。ヒトラーの教皇の神話:教皇ピウス12世とナチスドイツに対する彼の秘密の戦争。レグナリー出版。ISBN 978-1-59698-185-02017 年8 月 27 日に取得
  • ダン・コーン・シャーボク (1994)。ユダヤ教とその他の宗教。パルグレイブ・マクミラン。ISBN 978-0-312-10384-22011 年8 月 29 日に取得
  • Fraade、Steven D、「異常をナビゲートする: 初期のラビ法と物語の交差点に立つ非ユダヤ人」、 ローレンス・ジェイ・シルバースタイン著。ロバート L. コーン (1994)。ユダヤ人の思想と歴史における他者: ユダヤ人の文化とアイデンティティの構築。ニューヨーク大学出版局。145–165ページ。ISBN 978-0-8147-7990-32011 年8 月 29 日に取得
  • ゴットイル、リチャード。アイザック・ブロイデ(1906年)。「レオ10世(ジョバンニ・デ・メディチ)」。ユダヤ百科事典2017 年8 月 27 日に取得
  • ヘラー、マービン J (2005)。「タルムードの初期の印刷物: ボンベルクからショッテンシュタインまで」(PDF)Yeshiva University Museum : 73. 2016 年 8 月 15 日のオリジナル(PDF)からアーカイブ2017 年 8 月 27 日に取得
  • R. トラバース ヘルフォード (2007)。タルムードとミドラーシュのキリスト教。KTAV出版社ISBN 978-0-88125-930-82011 年8 月 29 日に取得
  • D. ランデスマン『律法学習の実践ガイド』 (ジェイソン・アロンソン、1995 年)。ISBN 1-56821-320-4 
  • エマニュエル・レヴィナス; アネット・アロノヴィッツ (1994)。9 つのタルムードの朗読。インディアナ大学出版局。ISBN 978-0-253-20876-72011 年8 月 29 日に取得
  • レヴィ、リチャード S.、反ユダヤ主義: 偏見と迫害の歴史百科事典、第 2 巻、ABC-CLIO、2005 年。記事を参照: "Talmud Trials"、"Entdecktes Judenthum"、"The Talmud Jew"、"David Duke"、"アウグスト・ローリング」、「ヨハネス・フェファーコルン」。
  • ハイアム・マッコビー; ジェヒエル・ベン・ジョセフ(パリ出身)(1993年)。裁判中のユダヤ教: 中世のユダヤ教とキリスト教の論争。フェアリー・ディキンソン大学出版局。ISBN 978-1-874774-16-72011 年8 月 29 日に取得解説付きの一次資料の概要。
  • マイモニデスミシュネ律法入門(英語翻訳)
  • マイモニデス、ミシュナの解説への紹介(ヘブライ語全文、2021-05-09 にウェイバック マシンにアーカイブ)、翻訳。ズヴィ・ランペル (Judaica Press、1998)。ISBN 1-880582-28-7 
  • アーロン・パリー 『完全白痴のタルムードガイド』(アルファブックス、2004年)。ISBN 1-59257-202-2 
  • ロドキンソン、マイケル・リーヴァイ紀元前約 200 年の成立時から現在までのタルムードの歴史、タルムード協会、1918 年
  • ジョナサン・ローゼン (2001)。タルムードとインターネット: 世界間の旅。コンティニュアム・インターナショナル・パブリッシング・グループ。ISBN 978-0-8264-5534-52011 年8 月 29 日に取得
  • アディン・シュタインサルツ(2006)。肝心のタルムード。基本的な本。ISBN 978-0-465-08273-52011 年8 月 29 日に取得詳細はこちらをご覧ください。ここも参照してください。
  • アディン・スタインサルツ 『タルムード:リファレンスガイド』(ランダムハウス、1996年)。ISBN 0-679-77367-3 

ロジックと方法論

現代の学術作品

  • ハノック・アルベック、マーヴォ・ラ・タルムディム
  • ダニエル・ボヤーリンセファルディ思索: タルムード解釈方法の研究(ヘブライ語)、マッション・ベン・ズヴィ: エルサレム、1989
  • ヤアコフ・エルマン、「順序、順序、選択: ミシュナのアンソロジーの選択」、デヴィッド・スターン編『ユダヤ文学のアンソロジー』 (オックスフォード: オックスフォード大学出版局、2004 年) 53–80
  • YN エプスタイン、メヴォ・オット・ル・シフルット・ハタルムディム
  • ウジエル・フックス、タルムダム・シェル・ジオニム:yaḥasam shel geone Bavel lenosaḥ ha-Talmud ha-Bavli(ジオニック・タルムード:バビロニア・タルムードのテキストに対するバビロニア・ジオニムの態度):エルサレム、2017
  • デヴィッド・ワイス・ハリヴニメコロット・ウ・メゾロット(エルサレム:ユダヤ神学校、1982年~)
  • ルイ・ジェイコブス「バビロニア・タルムードのどのくらいが偽書的なものですか?」ユダヤ研究ジャーナル 28、No. 1 (1977)、46–59 ページ
  • ソール・リーバーマンユダヤ人パレスチナにおけるヘレニズム」(ニューヨーク:ユダヤ神学校、1950年)
  • モーゼス・ミエルツィナータルムード入門:再現。1997 年、ハードカバーISBN 978-0-8197-0156-5、ペーパーバックISBN 978-0-8197-0015-5  
  • ヤコブ・ノイスナー『情報源と伝統: バビロニアのタルムードにおける構成の種類』 (アトランタ: Scholars Press、1992)。
  • アヴィラム・ラヴィツキー、アリストテレスの論理とタルムードの方法論(ヘブライ語): エルサレム、2009 年、ISBN 978-965-493-459-6 
  • アンドリュー・シューマン、タルムード・ロジック: (ロンドン: College Publications 2012)、ISBN 978-1-84890-072-1 
  • Strack、Herman L.および Stemberger、Günter、『タルムードとミドラーシュの紹介』、tr. マルクス・ボックミュール: 代表 1992 年、ハードカバーISBN 978-0-567-09509-1、ペーパーバックISBN 978-0-8006-2524-5  

個々の区画について

  • Moshe Benovitz、Berakhot 第 1 章: Iggud le-Farshanut ha-Talmud (ヘブライ語、英語要約付き)
  • Stephen Wald、安息日 第 7 章: Iggud le-Farshanut ha-Talmud (ヘブライ語、英語要約付き)
  • アビアド・ストールマン著、エルヴィン著 第 10 章:イグード・ル・ファルシャナット・ハ・タルムード(ヘブライ語、英語要約付き)
  • アーロン・アミット『ペサヒム』第 4 章:イグド・ル・ファルシャナット・ハ・タルムード(ヘブライ語、英語要約付き)
  • ネタネル・バーダニ、サンヘドリン第 5 章: Iggud le-Farshanut ha-Talmud (ヘブライ語、英語要約付き)
  • モーシェ・ベノヴィッツ、スッカ第 4 章から第 5 章:イグド・ル・ファルシャナット・ハ・タルムード(ヘブライ語、英語要約付き)

歴史研究

  • シャローム・カーミー (編著)律法研究における現代奨学金: 貢献と制限Jason Aronson, Inc.
  • リチャード・カルミン・セージズ、ラビのバビロニア・ブラウン・ユダヤ研究の物語、著者、編集者
  • David C. Kraemer、「バビロニア タルムードにおける帰属の信頼性について」、ヘブライ ユニオン カレッジ アニュアル 60 (1989)、175–90 ページ
  • リー・レヴィーン、マアマド・ハハハミム・ベ・エレツ・イスラエル(エルサレム:ヤド・イザク・ベン・ズヴィ、1985年)(=古代後期ローマ・パレスチナのラビ階級)
  • ソール・リーバーマンユダヤ人パレスチナにおけるヘレニズム」(ニューヨーク:ユダヤ神学校、1950年)
  • ジョン・W・マッギンレー、ユダヤ人としての妊娠の使命としての「書かれたもの」 ISBN 0-595-40488-X 
  • デビッド・ビッグマン、批判的なタルムード研究の拠点を見つける

全文リソース

  • タルムードと英語訳、シュタインザルツ版より
  • タルムード バブリ (ソンチーノ訳) (英語)。Soncino Press による、ポータブル ドキュメント形式のタルムード バーブリの翻訳。インデックスボリュームもマイナートラテートもありません。
  • ミシュナ (ヘブライ語)
  • トセフタ (ヘブライ語)
  • タルムード エルサルミ (ヘブライ語)
  • タルムード バブリ (ヘブライ語)
  • スヌニット語で完全に検索可能なタルムード (ヘブライ語)
  • ロドキンソンの英語訳 上記の #Talmud Bavli を参照。
  • バビロニア タルムードの各ページの E-Daf 画像
  • Tractate Megillah: イエメン人の発声を示す .pdf ダウンロード
  • Shas.org Daf ビューア (ヘブライ語)

外部リンク

  • カーリーのタルムード
  • セファリア.org
  • ユダヤ百科事典: タルムード
  • ユダヤ人の歴史: タルムード アーカイブ 2014-11-18 at the Wayback Machine , aish.com
  • タルムード/ミシュナ/ゲマラ、jewishvirtuallibrary.org
  • ユダヤ法研究ガイド、マイアミ大学法図書館
  • オー・ソマヤッチによるラビ文学の調査
  • タルムードの概要 2016 年 9 月 2 日にウェイバック マシンにアーカイブby Rabbi M. Taub
  • タルムード翻訳、13 ~ 14 世紀、E-codices