構文

ウィキペディアから、無料の百科事典
ナビゲーションにジャンプ 検索にジャンプ

言語学では構文/ ˈsɪntæks /[ 1 ] [2]、単語と形態素がどのように組み合わされて、などのより大きな単位を形成するを研究するものです。構文の中心的な関心事には、語順文法関係、階層的な文型(構成要素)、[3]一致が含まれます 、言語間の変化の性質、および形式と意味の関係。構文には、中心的な仮定と目標が異なる多くのアプローチがあります。

語源

構文という言葉は古代ギリシャ語に由来しますσύνταξις「調整」。これは、σύνsyn (「一緒に」)とτάξιςtáxis ( 「順序付け 」)で構成されます。

トピック

構文の分野には、構文理論が処理するように設計されていることが多いさまざまなトピックが多数含まれています。これらのトピック間の関係は、異なる理論で異なって扱われ、それらのいくつかは別個であるとは見なされないかもしれませんが、代わりに互いに派生します(つまり、語順は文法的な関係から派生した移動規則の結果として見ることができます)。

主語、動詞、目的語の順序付け

言語の構文の基本的な説明の1つは、主語(S)、動詞(V)、および目的語(O)が通常文に現れる順序です。言語の85%以上は通常、シーケンスSVOまたはシーケンスSOVのいずれかで主題を最初に配置します。他の可能なシーケンスは、VSOVOSOVS、およびOSVであり、最後の3つはまれです。構文のほとんどの生成理論では、これらの表面の違いは、より複雑な句構造から生じ、各順序は複数の派生と互換性がある場合があります。ただし、語順は、順序付けられた要素のセマンティクスまたは機能を反映することもできます。[4]

文法関係

言語の別の説明では、言語または一般的に考えられる一連の文法的関係、および言語の形態統語的整列においてそれらが相互にどのように動作するかを検討します。文法関係の説明には、推移性、受動化、および頭に依存するマーキングやその他の合意を反映することもできます。言語には文法関係のさまざまな基準があります。たとえば、主語の基準は、関係節または無限節の要素との相互参照から主語がどのように参照されるかに影響を与える可能性があります。[5]

構成員

構成要素は、構成要素であるという特徴であり、単語がどのように連携して構成要素(または)を形成できるかを示します。構成要素はユニットとして移動されることが多く、構成要素は合意の領域になることができます。一部の言語では、同じ構成要素に属する単語がすぐに隣接しているのではなく、他の構成要素によって分割されている不連続なフレーズが許可されています。構成要素は、同じタイプの可能性がある他の構成要素で構成されている可能性があるため、 再帰的になる可能性があります。

初期の歴史

パーニニのAṣṭādhyāyī古代インドの紀元前4世紀頃)は、現代の統語論の洗練に近づく前近代の作品の例としてしばしば引用されます(文法に関する作品は現代構文が登場するずっと前に書かれたため)。[6]西洋では、「伝統的な文法」として知られるようになった思想の学校は、ディオニュシオス・スラックスの作品から始まりました。

何世紀にもわたって、 grammairegénérale(1660年にAntoine Arnauldによって同じタイトルの本で最初に説明された)として知られるフレームワークが構文の仕事を支配しました:その基本的な前提として、言語は思考プロセスの直接の反映であり、したがって考えを表現するための単一の最も自然な方法。[要出典]

しかし、19世紀になると、歴史比較言語学の発達に伴い、言語学者は人間の言語の多様性に気づき、言語と論理の関係についての基本的な仮定に疑問を投げかけ始めました。思考を表現する最も自然な方法などがないことが明らかになり、言語の構造を研究するための基礎として論理に頼ることができなくなった。[要出典]

Port-Royalの文法は、論理の研究に基づいて構文の研究をモデル化しました。(実際、Port-Royal Logicの大部分は、 Grammairegénéraleからコピーまたは適合されました[7])構文カテゴリは論理カテゴリで識別され、すべての文は「主語-コピュラ-述語」の観点から分析されました。当初、この見解は、フランツ・ボップなどの初期の比較言語学者にも採用されていました

理論言語学における構文の中心的な役割は、20世紀になって初めて明らかになりました。これは、言語学に関する限り、「構文理論の世紀」と合理的に呼ぶことができます。(過去2世紀の構文の歴史に関する詳細で批判的な調査については、Giorgio Graffi(2001)による記念碑的な研究を参照してください。[8]

構文理論

構文の分野には、いくつかの理論的なアプローチがあります。デレク・ビッカートン作品に基づいて設立されたある学派[9]は、構文を人間の心に具現化された言語知識の研究として考えているため、構文を生物学の一分野と見なしています他の言語学者(例えば、ジェラルド・ガズダール)は、構文を抽象的な形式体系の研究と見なしているため、よりプラトニズム的な見方をしています。[10]さらに他の人(例えば、Joseph Greenberg)は、言語を超えて幅広い一般化に到達するために、構文を分類学的装置と見なしています。

構文学者は、個々の言語内および言語間の語順の違いの原因を説明しようとしました。このような作業の多くは、構文のコアがすべての人類に共通する遺伝的構造に依存することを前提とする生成文法のフレームワーク内で行われています。しかし、世界の言語の類型論的研究では、絶対的な普遍性はほとんど見られず、構文のいずれも直接遺伝的である必要はないと結論付ける人もいます。

言語処理では、機能言語学者による説明など、別の説明が求められています脳は、右または左の分岐のいずれかであるが、混合されていない構文パターンを解析する方が簡単であると考えることが示唆されています。最も広く行われているアプローチは、言語が先天的な認知への非先天的な適応であることを示唆するジョンA.ホーキンスによるパフォーマンスと文法の対応仮説です。 メカニズム。言語間の傾向は、効率的に編成された文法に対する言語ユーザーの好みと、処理を困難にする単語の順序の回避に基づいていると見なされます。ただし、一部の言語は通常の非効率的なパターンを示します。これらには、動詞の前に前置詞がある中国語のVO言語、および後置詞があるフィンランド語が含まれます。しかし、他の非常に例外的な言語はほとんどありません。[11]

構文モデル

依存文法

依存文法は、句構造文法の構成関係とは対照的に、構文単位が従属関係に従って配置される文型へのアプローチです。依存関係は、単語間の直接リンクです。(定形)動詞は、すべての節構造のルートと見なされ、節内の他のすべての単語は、このルートに直接または間接的に依存しています。いくつかの著名な依存関係に基づく構文理論は次のとおりです。

ルシアン・テニエール(1893–1954)は、現代の依存関係に基づく構文と文法の理論の父として広く見られています。彼は、彼の時代の文法(S→NP VP)に関連付けられ、ほとんどの句構造文法の中心にある主語述語への節の2分割に激しく反対しました。この分割の代わりに、彼は動詞をすべての節構造のルートとして位置付けました。[12]

範疇文法

範疇文法は、構文カテゴリーで指定された組み合わせの可能性に従って、構成要素が関数引数として組み合わされるアプローチです。たとえば、他のアプローチで名詞句(NP)と動詞句(VP)を組み合わせたルールを想定する場合、CGは構文カテゴリNPと別のNP \ Sを想定し、「左に検索するカテゴリ( NP(左側の要素)の場合は\)で示され、文(右側の要素)を出力します。」したがって、自動詞の構文カテゴリは、動詞が機能語として機能するという事実を表す複雑な式です。入力としてNPを必要とし、出力として文レベルの構造を生成します。この複雑なカテゴリは、Vではなく(NP \ S)と表記されます。他動詞のカテゴリは、文を形成するために2つのNP(主語と直接目的語)を必要とする要素として定義されます。これは、(NP /(NP \ S))と表記されます。これは、「右に(/で示される)NP(オブジェクト)を検索し、(NPに相当する)関数(VPに相当)を生成するカテゴリを意味します。 \ S)、これは、左にNPを検索し、文を生成する関数を表します。」

ツリーに隣接する文法は、カテゴリに部分的なツリー構造を追加するカテゴリ文法です

確率的/確率的文法/ネットワーク理論

確率論に基づく構文への理論的アプローチは、確率的文法として知られています。このようなアプローチの一般的な実装の1つは、ニューラルネットワークまたはコネクショニズムを利用します。

機能文法

文法の機能主義モデルは、構造分析と機能分析を実行することにより、フォームと機能の相互作用を研究します。

生成構文

生成構文は、生成文法の包括的なフレームワーク内の構文の研究です生成文法は通常、構文移動などの追加操作で拡張された句構造文法などの形式的なツールを使用して、文法パターンの分析を提案します特定の言語を分析する際の彼らの目標は、その言語で整形式の表現のみを生成するルールを指定することです。そうすることで、彼らは、生成的企業のより広い目標に沿って、言語認知の固有のドメイン固有の原則を特定しようとします。生成構文は、構文の自律性の原則を採用するアプローチの1つです。、意味とコミュニケーションの意図が、その逆ではなく構文によって決定されると仮定します。

生成構文は、1950年代後半に、とりわけゼリグ・ハリスルイ・イェルムスレフによる初期の研究に基づいて、ノーム・チョムスキーによって提案されました。それ以来、その傘の下で多くの理論が提案されてきました。

  • 変形文法(TG)( 1957年にチョムスキーによって構文構造論で提示された生成構文の元の理論) [13]
  • 統率束縛理論(GB)(1970年代と1980年代にチョムスキーによって主に開発されたTGの伝統における改訂理論)[14]
  • ミニマリストプログラム(MP)(1995年にチョムスキーによって公開されたGBフレームワークからの理論の作り直し)[15]

生成パラダイムに起源を持つ他の理論は次のとおりです。

認知および使用法に基づく文法

認知言語学のフレームワークは生成文法に由来しますが、 Chomskyan言語学ではなく進化論に準拠しています。認知モデルは、オブジェクトが動詞句に属するという生成的な仮定を認識することがよくあります。認知フレームワークには次のものが含まれます。

も参照してください

構文用語

参考文献

引用

  1. ^ 「構文」Oxford DictionariesUK英語辞書オックスフォード大学出版局nd 2016年1月22日取得
  2. ^ 「構文」メリアム・ウェブスター辞書
  3. ^ Luuk、Erkki(2015)。「構文-セマンティクスインターフェイス」ライトでは、ジェームズD.(編)。社会行動科学の国際百科事典(第2版)。アムステルダム:エルゼビア。pp。900–905。土井10.1016 /b978-0-08-097086-8.57035-4ISBN 978-0-08-097087-5
  4. ^ Rijkhoff、1月(2015)。"語順"。ライトでは、ジェームズD.(編)。社会行動科学の国際百科事典(第2版)。アムステルダム:エルゼビア。pp。644–656。土井10.1016 /b978-0-08-097086-8.53031-1ISBN 978-0-08-097087-5
  5. ^ 柴谷方良(2021年)。「構文タイポロジー」。言語学のオックスフォード研究百科事典オックスフォード:オックスフォード大学出版局。土井10.1093 / acrefore /9780199384655.013.154ISBN 978-0-19-938465-5
  6. ^ フォートソン、ベンジャミンW.(2004)。インド・ヨーロッパ語族と文化:はじめに。ブラックウェル。p。186. ISBN 978-1-4051-8896-8[ Aṣṭādhyāyī ]は、サンスクリット語の構造を非常に正確かつ徹底的に記述したもので、現代の生成文法にいくらか似ています... [それは] 20世紀まであらゆる種類の最も高度な言語分析でした。
  7. ^ アントワーヌ・アルノー(1683)。La logique(第5版)。パリ:G。デスプレズ。p。137.Nousavonsemprunté ... ceque nous avons dit ... d'un petit Livre ... sous letitredeGrammairegénérale。
  8. ^ Graffi(2001)
  9. ^ Bickerton、Derek(1990)を参照してください言語と種シカゴ:シカゴプレス大学。ISBN 0-226-04610-9そして、より最近の進歩については、ビッカートン、デレク。Szathmáry、Eörs、eds。(2009)。生物学的基礎と構文の起源マサチューセッツ州ケンブリッジ:MITPressISBN 978-0-262-01356-7
  10. ^ ガズダール、ジェラルド(2001年5月2日)。「一般化句構造文法」(インタビュー)。テッド・ブリスコーによるインタビュー。2005年11月22日にオリジナルからアーカイブされまし2008年6月4日取得
  11. ^ Song、Jae Jung(2012)。語順ニューヨーク:ケンブリッジ大学出版局。ISBN 978-1-139-03393-0
  12. ^ 節の主語と述語への二項除算をテニエールが拒否し、すべての構造のルートとして動詞を支持することについては、テニエール(1969:103–105)を参照してください。
  13. ^ チョムスキー、ノーム(1957)。構文構造ハーグ:ムートン。p。15。
  14. ^ チョムスキー、ノーム(1993)。政府と拘束力に関する講義:ピサ講義(第7版)。ベルリン:ムートン・ド・グリュイター。ISBN 3-11-014131-0
  15. ^ チョムスキー、ノーム(1995)。ミニマリストプログラムマサチューセッツ州ケンブリッジ:MITプレス。

ソース

  • ブラウン、キース; ミラー、ジム、編 (1996)。構文理論の簡潔な百科事典ニューヨーク:エルゼビアサイエンス。ISBN 0-08-042711-1
  • カーニー、アンドリュー(2006)。構文:ジェネレーティブイントロダクション(第2版)。オックスフォード:ワイリー-ブラックウェル。ISBN 1-4051-3384-8
  • フライディン、ロバート; ラスニック、ハワード、編 (2006)。構文言語学における重要な概念。ニューヨーク:ラウトレッジ。ISBN 0-415-24672-5
  • グラフィ、ジョルジオ(2001)。200年の構文:批判的な調査言語科学の歴史の研究98.アムステルダム:ベンジャミン。ISBN 90-272-4587-8
  • Talasiewicz、Mieszko(2009)。構文の哲学–基本的なトピックドルドレヒト:スプリンガー。ISBN 978-90-481-3287-4統語論における論理学と言語学の相互作用に関する学際的エッセイ。
  • テニエール、ルシアン(1969)。Elémentsdesyntaxestructuree(フランス語)(第2版)。パリ:Klincksieck。ISBN 2-252-01861-5

さらに読む

  • Everaert、Martin; Van Riemsdijk、ヘンク; ゲーデマン、ロブ; Hollebrandse、Bart、eds。(2006)。構文のブラックウェルコンパニオンマサチューセッツ州モールデン:ブラックウェル。ISBN 978-1-4051-1485-15巻; 構文現象の77のケーススタディ。
  • アイザック、ダニエラ; リース、チャールズ(2013)。I-Language:認知科学としての言語学入門(第2版)。オックスフォード:オックスフォード大学出版局。ISBN 978-0-19-966017-9
  • Moravcsik、Edith A.(2006)。構文の概要:構文解析の基礎ロンドン:連続体。ISBN 978-0-8264-8946-3理論的に中立な導入を試みます。コンパニオンMoravcsik、Edith A.(2006)。構文理論の紹介ロンドン:連続体。ISBN 0-8264-8943-5主要な理論を調査します。ジョン・ヒューソン(2009)で共同レビュー。「構文の紹介:構文解析の基礎、および:構文理論の紹介(レビュー)」。Canadian Journal of Linguistics / La revue canadienne delinguistique54(1):172–175。土井10.1353 /cjl.0.0036
  • ミュラー、ステファン(2020)。文法理論:変形文法から制約ベースのアプローチまで(第4版および拡張版)。ベルリン:ランゲージサイエンスプレス。ISBN 978-3-96110-273-0
  • ローク、ブライアン; Sproat、Richard William(2007)。形態論と構文への計算アプローチオックスフォード:オックスフォード大学出版局。ISBN 978-0-19-927477-2パートII:構文への計算アプローチ。

外部リンク