同期データリンク制御

ウィキペディアから、無料の百科事典
ナビゲーションにジャンプ 検索にジャンプ

同期データリンク制御SDLC)は、コンピュータ 通信プロトコルですこれは、IBMのSystems Network Architecture(SNA)のレイヤー2プロトコルです。SDLCは、マルチポイントリンクとエラー訂正をサポートしています。また、SDLCヘッダーの後にSNAヘッダーが存在することを前提として実行されます。[1] SDLCは、主にIBMメインフレームおよびミッドレンジシステムで使用されていました。ただし、実装は多くのベンダーの多くのプラットフォームに存在します。SDLC(およびSNA)の使用はますますまれになり、ほとんどがIPベースのプロトコルに置き換えられるか、IPを介してトンネリングされます(AnyNetまたは他のテクノロジーを使用)。[要出典]米国では、SDLCは交通管制キャビネットにあります。[2]

1975年、IBMは、1970年代初頭にIBMの ために行われた作業から、最初のビット指向プロトコルであるSDLC [3]を開発しました。[4]このデファクトスタンダードは、1979年にISOによってハイレベルデータリンクコントロール(HDLC)として採用され[4]ANSIによって高度なデータ通信制御手順(ADCCP)として採用されました。後者の規格では、非同期平衡モード、ビットオクテットの倍数である必要のないフレームサイズなどの機能が追加されましたが、一部の手順とメッセージ(TESTメッセージなど)も削除されました。[5]

SDLCは、各通信リンクで独立して動作し、ポイント ツーポイントマルチポイント またはループファシリティ、スイッチドまたは専用の2線式または4線式回路、および全二重および半二重動作で動作できます。[6] SDLCのユニークな特徴は、半二重二次ステーションと全二重一次ステーションを4線式回路で混合できることです。これにより、専用設備のコストが削減されます。[7]

IntelはSDLCをBITBUSのベースプロトコルとして使用しましたが、ヨーロッパではフィールドバスとしてまだ人気があり、いくつかのコントローラー(i8044 / i8344、i80152)のサポートが含まれていました。8044コントローラーは、サードパーティベンダーによってまだ生産されています。1980年代の通信コントローラチップにSDLC(およびわずかに異なるHDLC)のハードウェアサポートを導入している他のベンダーには、ZilogMotorola、およびNationalSemiconductorが含まれていました。その結果、1980年代にはさまざまな機器が使用され、1980年代に標準であったメインフレーム中心の企業ネットワークでは非常に一般的でした。SDLCを使用したSNAの最も一般的な代替手段は、おそらくDECnetデジタルデータ通信メッセージプロトコル(DDCMP)、バロウズデータリンク制御(BDLC)を備えたバロウズネットワークアーキテクチャ(BNA)、およびIMPを備えたARPANET[8]

SDLCとHDLCの違い

HDLCは主にSDLCの拡張です[9] :69–72 ですが、一部の機能が削除または名前変更されました。

SDLCにないHDLC機能

HDLCには存在するが、SDLCには存在しない機能は次のとおりです。

  • 8ビットの倍数ではないフレームはSDLCでは無効ですが、HDLCではオプションで有効です。
  • HDLCは、オプションで1バイトを超える長さのアドレスを許可します。
  • HDLCには、32ビットのフレームチェックシーケンスのオプションがあります。
  • 非同期応答モード、および関連するSARMおよびSARME Uフレーム、
  • 非同期平衡モード、および関連するSABMおよびSABME Uフレーム、
  • およびHDLC用に作成された他のいくつかのフレームタイプ:
    • セレクティブリジェクト(SREJ)Sフレーム、
    • リセット(RSET)コマンド、および
    • 予約されていない(NR0からNR3)Uフレーム。

また、SDLCには、次のようなISO / IEC13239の後のHDLC拡張機能はありません。

  • 15ビットおよび31ビットのシーケンス番号、
  • セットモード(SM)Uフレーム、
  • 8ビットフレームチェックシーケンス、
  • アドレスの前にあるフレームフォーマットフィールド、
  • モードセットUフレームの情報フィールド、および
  • 「ヘッダーチェック付きの番号なし情報」(UIH)Uフレーム。

命名の違い

HDLCは一部のSDLCフレームの名前を変更しました。HDLC名はSDLCの新しいバージョンに組み込まれました:[9] :73 

元の名前 新しい名前
NSA シーケンスされていない確認 UA 番号なしの確認
NSI シーケンスされていない情報 UI 番号のない情報
NSP シーケンスなしのポーリング 番号なしの投票
ROL オンラインでリクエスト DM 切断モード
CMDR コマンド拒否 FRMR フレーム拒否
RQI 初期化モードを要求する リム 初期化モードを要求する
RQD 切断を要求する RD 切断を要求する

SDLCに追加されたHDLC拡張機能

一部の機能はHDLCに追加され、その後SDLCの新しいバージョンに追加されました。

  • 拡張(モジュロ128)シーケンス番号と対応するSNRME Uフレームは、HDLC標準の公開後にSDLCに追加されました。

HDLCにないSDLC機能

HDLCに存在しないSDLCの2つのUフレームは次のとおりです。

  • BCN(ビーコン):セカンダリがプライマリからのキャリアを失う(信号の受信を停止する)と、通信障害の場所を特定する「ビーコン」応答のストリームの送信を開始します。これは、SDLCループモードで特に役立ちます。
  • CFGR(テスト用に構成)コマンドと応答:CFGRコマンドには、2次側によって実行される特別な診断操作を識別する1バイトのペイロードが含まれています。[9] :47–49  最下位ビットは、診断モードを開始(1)または停止(0)する必要があることを示します。ペイロードバイトが0の場合、すべての診断モードが停止します。セカンダリは、その応答でバイトをエコーし​​ます。
    • 0:すべての診断モードを停止します。
    • 2(オフ)/ 3(オン):ビーコンテスト。すべての出力を無効にして、次の受信者がキャリアを失う(そしてビーコンを開始する)原因になります。
    • 4(オフ)/ 5(オン):モニターモード。すべてのフレーム生成を無効にしてサイレントにしますが、キャリアモードまたはループモードの動作を停止しないでください。
    • 8(オフ)/ 9(オン):ラップモード。ローカルループバックに入り、テストの間、セカンダリの入力をそれ自体の出力に接続します。
    • 10(オフ)/ 11(オン):セルフテスト。ローカル診断を実行します。CFGR応答は、診断が完了するまで遅延されます。診断が完了すると、応答は10(セルフテスト失敗)または11(セルフテスト成功)になります。
    • 12(オフ)/ 13(オン):リンクテストを変更しました。TESTコマンドを逐語的にエコーするのではなく、TESTコマンドの最初のバイトのコピーの数で構成されるTEST応答を生成します。

いくつかのUフレームは、HDLCではほとんど完全に使用されておらず、主にSDLC互換性のために存在します。

  • 初期化モード、および関連するRIMフレームとSIM Uフレームは、HDLCで漠然と定義されているため役に立たないが、SDLCの一部の周辺機器で使用されている。
  • アンナンバードポーリング(UP)は、HDLCで使用されることはほとんどなく、その機能は非同期応答モードに置き換えられています。UPは、セカンダリが送信する前にポーリングフラグを受信する必要があるという通常の応答モードの通常のルールの例外です。セカンダリは、ポーリングビットが設定されたフレームに応答する必要がありますが、送信するデータがある場合は、ポーリングビットがクリアされたUPフレームに応答する場合があります下位レベルの通信チャネルが(ループモードの場合のように)衝突を回避できる場合、ブロードキャストアドレスまでUPすると、複数のセカンダリが個別にポーリングすることなく応答できます。

TEST Uフレームは、初期のHDLC標準には含まれていませんでしたが、後で追加されました。

ループモード

Zilog SCCなどでサポートされているがHDLCに組み込まれていないSDLC動作の特別なモードは、 SDLCループモードです。[9] :42–49,58–59  このモードでは、プライマリと多数のセカンダリが単方向リングネットワークに接続され、それぞれの送信出力が次の受信入力に接続されます。各セカンダリは、入力に到達したすべてのフレームをコピーして、リングの残りの部分に到達し、最終的にプライマリに戻るようにします。このコピーを除いて、セカンダリは半二重モードで動作します。プロトコルが入力を受け取らないことを保証する場合にのみ送信します。

セカンダリの電源がオフになると、リレーはその入力をその出力に直接接続します。電源を入れると、セカンダリは適切な瞬間を待ってから「オンループ」になり、1ビットの遅延でデータストリームに挿入されます。同様の機会が、クリーンシャットダウンの一部として「オフループ」になるために使用されます。

SDLCループモードでは、フレームはグループに到着し、(最後のフラグの後で)オールワンアイドル信号で終了します。これの最初の7つの1ビット(パターン01111111)は、送信の2次許可を与える「ゴーアヘッド」シーケンス(EOP、ポーリングの終了とも呼ばれます)を構成します。送信を希望するセカンダリは、1ビットの遅延を使用して、このシーケンスの最後の1ビットを0ビットに変換し、フラグ文字にしてから、独自のフレームを送信します。独自の最終フラグの後で、すべて1のアイドル信号を送信します。これは、ループ上の次のステーションのゴーアヘッドとして機能します。

グループはプライマリからのコマンドで始まり、各セカンダリはその応答を追加します。プライマリはゴーアヘッドアイドルシーケンスを受信すると、セカンダリが終了したことを認識し、さらにコマンドを送信する場合があります。

ビーコン(BCN)応答は、ループの中断を見つけるのに役立つように設計されています。着信トラフィックを長時間見ないセカンダリは、「ビーコン」応答フレームの送信を開始し、そのセカンダリとその前のセカンダリとの間のリンクが切断されていることをプライマリに通知します。

プライマリは、送信したコマンドのコピーも受信しますが、これは応答と区別がつかないため、コマンドの最後に特別な「ターンアラウンド」フレームを追加して、コマンドを応答から分離します。セカンダリによって解釈されない一意のシーケンスはすべて実行できますが、従来のシーケンスは単一のすべてゼロのバイトです。[9] :44  これは、アドレスが0(予約済み、未使用)の「ラントフレーム」であり、制御フィールドまたはフレームチェックシーケンスはありません。(全二重動作が可能なセカンダリも、これを「シャットオフシーケンス」として解釈し、送信を強制的に中止します。[9] :45 

メモ

  1. ^ Odom 2004)。
  2. ^ ITS 2006
  3. ^ PC Lube and Tune、2009年10月15日にアクセス。
  4. ^ a b Friend 1988、p。188)
  5. ^ Friend 1988、p。191)
  6. ^ Pooch 1983、p。302)
  7. ^ Pooch 1983、p。303)
  8. ^ Pooch 1983、pp。309–321)
  9. ^ a b c d e f IBMコミュニケーション製品部門(1986年6月)。Synchronous Data Link Control:Concepts (PDF)(テクニカルレポート)(第4版)。文書番号GA27-3093-3。

参考文献

外部リンク