共生

ウィキペディアから、無料の百科事典
ナビゲーションにジャンプ 検索にジャンプ
清掃共生では、カクレクマノミイソギンチャクに害を及ぼす可能性のある小さな無脊椎動物を食べ、カクレクマノミの糞便はイソギンチャクに栄養を供給します。カクレクマノミは、アネモネの刺すような細胞によって捕食者から保護されています。カクレクマノミは、カクレクマノミが免疫を持っています。カクレクマノミは、アネモネを食べる蝶の魚を阻止する高音を発します。したがって、この関係は相利共生として分類されます。[1]

共生ギリシャ語の συμβίωσιςsymbíōsis、「一緒に暮らす」から、σύνsýn、「一緒に」、およびβίωσις、bíōsis、「生きている」から)[2]は、 2つの異なる生物学的相互作用のあらゆるタイプの密接かつ長期的な生物学的相互作用です生物、それが相利共生共生、または寄生であるかどうか。それぞれが共生生物と呼ばれる生物は、異なるでなければなりません1879年、ハインリッヒアントンドバリーそれを「異なる生物の同棲」と定義した。この用語は、地衣類のように、相利共生を具体的に示すべきかどうかについて、1世紀にわたる議論の対象となりました生物学者は現在、その制限を放棄しています。[要出典]

共生は義務的である可能性があります。つまり、1つまたは複数の共生生物は、一般に独立して生活できる場合、生存または通性(オプション)を互いに依存します。

共生はまた、物理的な愛着によって分類されます。共生生物が単一の体を形成する場合、それは論理和共生と呼ばれ、他のすべての配置は論理和共生と呼ばれます。[3]人間のアタマジラミのように、ある生物が別の生物の表面に生息している場合、それは外部共生と呼ばれます。サンゴ内のシンビオディニウムなど、あるパートナーが別のパートナーの組織内に住んでいる場合、それは内共生と呼ばれます。[4] [5]

定義

相互利益から相互害まで、6つの可能なタイプの共生関係の図。

共生の定義は130年間の議論の問題でした。[6] 1877年、アルバート・ベルンハルト・フランクは、地衣類の相利共生関係を説明するために共生という用語を使用しました[7] [8] 1878年、ドイツの菌類学者ハインリッヒ・アントン・ド・バリーは、それを「異なる生物の同棲」と定義しました。[9] [10] [11]定義は科学者によって異なり、永続的な相利共生のみを参照する必要があると主張するもいれば、すべての永続的な生物学的相互作用(つまり、相利共生、片利共生)に適用する必要があると考える人もいます。 、および寄生。ただし、捕食などの短い相互作用は除きます)。21世紀になると、後者は生物学者に広く受け入れられる定義になりました。[12]

1949年、エドワードハスケルは、「共同行動」の分類による統合的アプローチを提案し[13] 、後に生物学者によって「相互作用」として採用されました。[14] [15] [16] [17]

義務対通性

関係は義務的である可能性があります。つまり、シンビオントの一方または両方が生存のために互いに完全に依存していることを意味します。たとえば、真菌と光合成のシンビオントで構成される地衣類では、真菌のパートナーは自分で生きることはできません。[10] [18] [19] [20]スミレモなどの地衣類の藻類またはシアノバクテリアのシンビオントは、一般に独立して生きることができるため、関係の一部は通性(オプション)または非義務として説明されます。[21]

物理的相互作用

ハンノキの根粒は、内共生窒素固定細菌を収容します。

内共生とは、一方の共生生物がもう一方の組織内、細胞内または細胞外に生息する共生関係のことです。[5] [22]例には、多様な微生物叢が含まれます。根粒菌マメ科植物の根の根粒生息する窒素固定細菌放線菌、フランキアなどの窒素固定細菌で、アルダーの根粒に生息します。造礁サンゴの中の単細胞藻類; 昆虫の約10%〜15%に必須栄養素を提供する細菌内生生物。[要出典]

共生とは、消化の内面や外分泌腺の管など、宿主の体表に共生生物が生息する共生関係のことです。[5] [23]この例には、シラミなどの外部寄生虫が含まれます。ヒゲクジラの顎に付着するフジツボなどの共生外部共生生物; 掃除魚などの相利共生の外部共生生物

レッドディアにおけるオス-オス干渉競争

コンペティション

競争は、生物または種間の相互作用として定義できます。この相互作用では、一方の適応度がもう一方の存在によって低下します。両方が使用する少なくとも1つの資源(食物領土など)の限られた供給は、通常、このタイプの相互作用を促進しますが、生殖のための女性(男性の場合)などの他の「アメニティ」との競争も存在する可能性があります同じ種の生物)。[24]

相利共生

ヤドカリCalcinus laevimanus、イソギンチャク。

相利共生または種間互恵的利他主義は、異なるの個体間の長期的な関係であり、両方の個体が恩恵を受けます。[25]相利共生関係は、両方の種に義務付けられているか、一方に義務付けられているが他方には通性的であるか、または両方に通性的である可能性があります。

コケムシは、ヤドカリコケムシの相互共生を記録しています。

草食動物の大部分は、動物の獲物よりも消化が難しい植物を消化するのに役立つ相利共生の腸内細菌叢を持っています。[4]この腸内細菌叢は、草食動物の腸に生息するセルロース消化原生動物または細菌で構成されています。[26] サンゴ礁は、サンゴ生物とその中に生息するさまざまな種類の藻類との相利共生の結果です。[27]ほとんどの陸上植物と陸上生態系は、空気から炭素を固定する植物と、地面から水とミネラルを抽出するのに役立つ菌類菌との間の相利共生に依存しています。[28]

相利共生の一例は、リッテリイソギンチャクの触手に生息するカクレクマノミの関係です。縄張りの魚はイソギンチャクを食べる魚から保護し、次にイソギンチャクの刺すような触手はカクレクマノミをその捕食者から保護します。カクレクマノミの特別な粘液は、刺すような触手からカクレクマノミを保護します。[29]

さらなる例は、エビと一緒に暮らすこともある魚であるハゼです。エビは、エビとハゼの両方が生息する砂の穴を掘ってきれいにします。エビはほとんど盲目であり、巣穴の外では捕食者に対して脆弱なままです。危険な場合、ハゼは尾でエビに触れて警告します。それが起こると、エビとハゼの両方がすぐに巣穴に後退します。[30]異なる種のハゼ(Elacatinus spp。)も、他の魚の外部寄生虫、おそらく別の種類の相利共生を浄化します。[31]

コケムシヤドカリを覆うことで通性共生が見られます。コケムシのコロニー(Acanthodesia commensale)は、回旋性の成長を発達させ、カニ(Pseudopagurus Granulimanus)に、最初は腹足類の殻の中に位置していたその生きている部屋のヘリコスパイラル-管状の延長を提供します。[32]

多くの種類の熱帯および亜熱帯アリは、特定の樹種と非常に複雑な関係を築いてきました。[33]

内共生

内共生では、宿主細胞は内生生物が提供する栄養素のいくつかを欠いています。その結果、宿主はいくつかの特殊な細胞を産生することにより、それ自体の中で内生生物の成長過程を促進します。これらの細胞は、増加する内生生物の個体数を調節し、これらの遺伝的変化が垂直感染遺伝)を介して子孫に確実に伝わるようにするために、宿主の遺伝的構成に影響を与えます[34]

義務的な相利共生の見事な例は、熱水噴出孔冷水湧出帯に生息するシボグリヌム チューブワームと共生細菌の関係です。ワームには消化管がなく、栄養を内部のシンビオントに完全に依存しています。バクテリアは、ホストがバクテリアに供給する硫化水素またはメタンのいずれかを酸化します。これらのワームは、1980年代後半にガラパゴス諸島近くの熱水噴出孔で発見され、それ以来、世界中のすべての海の深海熱水噴出孔と冷水湧出帯で発見されています。[35]

内生生物が宿主のライフスタイルに適応するにつれて、内生生物は劇的に変化します。DNAからRNAへの転写、タンパク質の翻訳、DNA / RNAの複製に関与する重要な遺伝子が保持されている間、代謝DNA修復、組換えの過程で多くの遺伝子が失われるため、ゲノムサイズが大幅に減少します。ゲノムサイズの減少は、タンパク質をコードする遺伝子の喪失によるものであり、遺伝子間領域またはオープンリーディングフレームの減少によるものではありません。(ORF)サイズ。自然に進化し、遺伝子のサイズが小さくなっている種は、それらの間の顕著な違いの数の増加を説明することができ、それによってそれらの進化速度の変化につながります。昆虫に関連する内共生細菌が厳密に垂直方向の遺伝的伝達を介して子孫に受け継がれると、細胞内細菌はその過程で多くのハードルを越え、自由生活細菌と比較して有効個体数が減少します。内共生細菌が組換えプロセスを介して野生型の表現型を回復できないことは、ミュラーのラチェット現象と呼ばれます。ミューラーのラチェット現象は、有効個体数が少ないことと相まって、有害なものの増加につながります細胞内細菌の非必須遺伝子の突然変異。[36]これは、比較的「豊富な」ホスト環境で普及している選択メカニズムの欠如が原因である可能性があります。[37] [38]

片利共生

片利共生は、一方が恩恵を受け、もう一方が著しく害されたり助けられたりしない2つの生物間の関係を表します。これは、人間の社会的相互作用に使用される英語の共生語に由来します。これは、 com-(with)とmensa(table)から形成された、食べ物を共有することを意味する中世ラテン語に由来します。[25] [39]

片利共生関係には、輸送(便乗)または住居(不穏)のために別の生物を使用する生物が含まれる場合があります。また、死後(メタバイオシス)に別の生物を使用する生物も含まれる場合がありますメタバイオシスの例としては、腹足類の殻を使って体を保護するヤドカリや、植物の上にクモの巣を作るクモなどがあります。

寄生

サナダムシ Taeniasoliumの頭(頭節)は宿主に付着するフックと吸盤で寄生に適応しています

寄生関係では、宿主が害を受けている間、寄生虫は恩恵を受けます。[40]寄生は、宿主の体内に生息する内部寄生虫から、その表面に生息する外部寄生虫寄生キャスター、断続的に訪れる蚊のような微小捕食者まで、さまざまな形態をとる。寄生は非常に成功した生活様式です。すべての動物種の約40%が寄生虫であり、平均的な哺乳類種は4つの線虫、2つの条虫、および2つの吸虫を宿主としています。[41]

擬態

擬態は、ある種が別の種の明確な特性を採用して、模倣されている種との動的な関係を変更し、それ自体の利点となる共生の一形態です。多くの種類の模倣の中には、ベイツ型擬態とミュラー管があり、最初は一方的な搾取を含み、2番目は相互利益を提供します。ベイツ型擬態は、ある種の擬態が進化して別の種のモデルを模倣し、3番目の種の擬態を欺くという搾取的な3者間の相互作用です。シグナル理論の観点から、模倣とモデルは信号を送信するように進化しました。デュープはモデルから受け取るように進化しました。これは、模倣者にとっては有利ですが、保護信号が効果的に弱められているモデルと、食用の獲物を奪われているデュープの両方に悪影響を及ぼします。たとえば、ハチは強力に防御されたモデルであり、目立つ黒と黄色の色で、視覚で狩りをする鳥などの捕食者にとって不採算の獲物であることを示します。多くのハナアブはベイツ型擬態のハチであり、これらのハナアブを回避する鳥はだまされています。[42] [43]対照的に、ミューラー型擬態は、すべての参加者がモデルと擬態の両方であるため、相互に有益です。[44] [45]たとえば、さまざまな種のマルハナバチはお互いを模倣し、黒、白、赤、黄色の組み合わせで同様の警告色を使用しており、それらすべてがこの関係の恩恵を受けています。 [46]

片害共生

黒いクルミはその根から化学物質を分泌し、それが隣接する植物に害を及ぼします。これは拮抗作用の例です。

片害共生は、一方の種が他方の種によって傷つけられたり殺されたりし、一方が他方の影響を受けない、非共生的で非対称的な相互作用です。[47] [48]片害共生には、競争と拮抗(または抗生物質)の2種類があります。競争とは、より大きなまたはより強い生物がより小さなまたはより弱い生物から資源を奪う場所です。拮抗作用は、ある生物が化学分泌物によって別の生物によって損傷または殺されたときに発生します。競争の例は、成熟した木の影の下で成長している苗木です。成熟した木は苗木を奪うことができます必要な日光を浴び、成熟した木が非常に大きい場合、雨水を吸収し、土壌養分を枯渇させる可能性があります。プロセス全体を通して、成熟した木は苗木の影響を受けません。確かに、苗木が死んだ場合、成熟した木は腐敗した苗木から栄養分を獲得します。拮抗作用の例は、根域内の多くの草本植物を破壊する物質であるジュグロンを分泌するJuglans nigra(黒クルミ)です。[49]

片害共生は、スペインアイベックス同じ種類の低木を食べるティマルカ属のゾウムシの間など、強く非対称な競争的相互作用を説明するためによく使用されます。ゾウムシの存在は食物の入手可能性にほとんど影響を与えませんが、アイベックスの存在はゾウムシの数に多大な悪影響を及ぼします。ゾウムシは大量の植物を消費し、偶然にゾウムシを摂取するからです。[50]

共生の清掃

洗浄共生は、2つの種の個体間の関連であり、一方(クリーナー)が他方(クライアント)の表面から寄生虫やその他の物質を除去して食べます。[51]それは推定上相互に有益であるが、生物学者はそれが相互の利己主義であるのか、それとも単に搾取的であるのかについて長い間議論してきた。掃除の共生は海産魚の間でよく知られており、掃除魚のいくつかの小さな種、特にベラだけでなく他の属の種も、大きな魚や他の海産動物を掃除することによってほぼ独占的に餌を与えることに特化しています。[52]

共進化

共生は、進化の背後にある重要な選択力としてますます認識されています。[4] [53]多くの種は、相互依存的な共進化の長い歴史を持っています。[54]

共生はかつては偶発的な進化現象として軽視されていましたが、微生物間および微生物と多細胞宿主間の義務的または通性的関連が、進化における多くの画期的な出来事、およびコロニー形成可能な表現型の多様性と複雑な表現型の生成に重大な結果をもたらしたという証拠は今や圧倒的です新しい環境。[55]

シンビオジェネシス

真核生物(植物、動物、真菌、原生生物)の核の起源に関する1つの仮説は、細菌と古細菌の共生から発達したというものです。[4] [56] [57]共生は、現代のメタン生成古細菌と同様の古代古細菌が、現代の粘液細菌と同様の細菌に侵入して生息し、最終的に初期の核を形成したときに始まったと仮定されている。この理論は、真核生物のミトコンドリアと葉緑体の起源について受け入れられている理論に類似しています。これらは、原核生物と好気性細菌の間の同様の内部共生関係から発展したと考えられています。[58]これの証拠には、ミトコンドリア葉緑体は細胞とは独立して分裂し、これらの細胞小器官は独自のゲノムを持っています。[59]

内共生の研究で有名な生物学者のリン・マーギュリスは、共生が進化の背後にある主要な原動力であると主張しました彼女は、競争によって推進されるダーウィンの進化論は不完全であると考え、進化論は生物間の協力相互作用相互依存に強く基づいていると主張した。マルグリスと息子のドリオンセーガンによると、「人生は戦闘ではなく、ネットワークによって地球を支配した」とのことです。[60]

共進化関係

菌根

世界中の維管束植物の約80%は、特にアーバスキュラー菌根において、真菌と共生関係を形成しています。[61]

受粉は、顕花植物とその動物の花粉交配者の間の相利共生です。

受粉

イチジクはイチジクハチ、Blastophagapsenesによって受粉さます

顕花植物とそれらを受粉する動物は共進化しました。昆虫(虫媒花)、コウモリ、または鳥媒花)によって受粉される多くの植物は、対応して適応される特定の花粉媒介者による受粉を促進するように改変された高度に特殊化された花を持っています化石記録の最初の顕花植物は比較的単純な花を持っていました。アダプティブスペシエーションすぐに多くの多様な植物のグループを生み出し、同時に、対応する種分化が特定の昆虫グループで発生しました。植物のいくつかのグループは蜜と大きな粘着性の花粉を発達させましたが、昆虫はこれらの豊富な食物源にアクセスして収集するために、より特殊な形態を進化させました。植物と昆虫のいくつかの分類群では、関係が依存するようになり[62]、植物種は1種の昆虫によってのみ受粉することができます。[63]

アリにタンパク質を提供するベルティアン体を持つブルソーンアカシア(Vachellia cornigera )のクシフタフシアリアリ[64]

アカシアアリとアカシア

アカシアアリPseudomyrmex ferruginea)は、少なくとも5種の「アカシア」(Vachellia[a]を捕食昆虫や日光を奪い合う他の植物から保護する義務的な植物アリであり、この木はアリその幼虫。[64] [65]

種子散布

種子散布とは、親植物から離れる種子の移動、拡散、または輸送です。植物は移動が制限されており、風などの非生物的ベクトルと鳥などの生きている(生物的)ベクトルの両方を含む、さまざまな分散ベクトルに依存して繁殖体を輸送します。動物を引き付けるために、これらの植物は、特定の種子散布剤に相関する果実の色、質量、持続性などの一連の形態的特徴を進化させました。[66]たとえば、植物は目立つ果物の色を進化させて鳥の果食動物を引き付けることができ、鳥はそのような色を食物資源と関連付けることを学ぶことができます。[67]

も参照してください

メモ

  1. ^ アカシアアリは、少なくとも5種の「アカシア」を保護し、現在はすべてVachelliaに名前が変更されています V。chiapensis V。collinsii V。cornigera V。hindsii V。sphaerocephala

参考文献

  1. ^ ミラー、アリー。「複雑な関係は他の人が繁栄することを可能にします:イソギンチャクとカクレクマノミ」AskNature生物模倣研究所2015年2月15日取得
  2. ^ συμβίωσις σύν βίωσιςリデル、ヘンリー・ジョージ; スコット、ロバート; ペルセウスプロジェクトのギリシャ語-英語レキシコン
  3. ^ 「共生」。ドーランド医学辞典。フィラデルフィア:Elsevier Health Sciences、2007年。Credoリファレンス。ウェブ。2012年9月17日
  4. ^ a b c d Moran 2006
  5. ^ a b c Paracer&Ahmadjian 2000、p。12
  6. ^ マーティン、ブラッドフォードD。; シュワブ、アーネスト(2012)、「共生:混沌の中で「一緒に暮らす」」、生物学の歴史の研究4(4):7–25
  7. ^ アルバータ州フランク(1877年)。「ÜberdiebiologischenVerkältnissedesThalluseinigerKrustflechten」 [いくつかの痂状地衣類の葉状体の生物学的関係について]。BeiträgezurBiologiederPflanzen(ドイツ語)。2:123〜200。 pから。195: "Nach den erweiterten Kenntnissen、die wir indenletztenJahrenüberdasZusammenlebenzweierverschiedenartiger Wesen gewonnen haben、ist es eindringendesBedürfnissenbeerfnissen、die einzelnen von einander abweichenden Formen dies Ausdruck Parasitsmusgebrauchte。 wofürsichdieBezeichnungSymbiotismusempfehlendürfte(2つの異なる生物の共存について近年得られた知識の拡大の余波で、これまで1つが使用してきたので、これらの関係の異なる個々の形態に特定の指定を与えることが緊急に必要です。ほとんどすべての[それらの]用語「寄生」。2つの異なる種のいずれかが他の種に住んでいるところはどこでも、2つの生物がそれによって果たす役割を考慮しない最も広い概念の下ですべての場合をもたらさなければなりません([そして]したがって、単なる共存に基づいており、共生[すなわち、共生]という指定が示唆される可能性があります。)
  8. ^ 「共生」オックスフォード英語辞典(オンライン版)。オックスフォード大学出版局 (サブスクリプションまたは参加機関のメンバーシップが必要です。)
  9. ^ de Bary(1878年9月14日)。「UeberSymbiose」 [共生について]。TageblattfürdieVersammlungdeutscherNaturforscher und Aerzte(カッセル)[ドイツの科学者と医師の会議のための日刊誌](ドイツ語)。51:121–126。pから。121:"... des Zusammenlebens ungleichnamiger Organismen、der Symbiose、..."(...異なる生物の同棲、共生、...)
    • 転載:de Bary(1879)。Die Erscheinung der Symbiose [共生の現象](ドイツ語)。ドイツ、ストラスブール(現在:フランス、ストラスブール):KarlJ.Trübner。p。 5
    • フランス語訳:de Bary(1879)。「Delasymbiose」 [共生について]。Revue Internationale des Sciences(フランス語)。3:301〜309。p。を参照してください。301。
    • 参照:Egerton、Frank N.(2015年1月)。「生態学の歴史、パート52:共生研究」。アメリカ生態学会紀要96(1):80–139。土井10.1890 /0012-9623-96.1.80
  10. ^ a b Wilkinson、David M.(2001)。「クロス目的で」自然412(6846):485。doi10.1038 / 35087676ISSN0028-0836_ PMID11484028_ S2CID5231135_   
  11. ^ ダグラス1994、p。1
  12. ^ ダグラス2010、pp。5–12
  13. ^ Haskell、EF(1949)。社会科学の解明。現代思想の主な流れ7:45–51。
  14. ^ Burkholder、PR(1952)。「原始生物間の協力と対立」アメリカンサイエンティスト40(4):601–631。JSTOR27826458_ 
  15. ^ ブロンスタイン、JL(2015)。相利共生の研究。で:ブロンスタイン、JL(編)。相利共生オックスフォード大学出版局、オックスフォード。リンク
  16. ^ プリングル、エリザベスG.(2016)。「相互作用コンパスの方向付け:コンテキスト依存の主要な推進力としてのリソースの可用性」PLOS生物学14(10):e2000891。土井10.1371 /journal.pbio.2000891PMC5061325_ PMID27732591_  
  17. ^ ウートン、JT; エマーソン、M。(2005)。「自然界における相互作用の強さの測定」。生態学、進化学、および分類学の年次レビュー36:419–44。土井10.1146 /annurev.ecolsys.36.091704.175535JSTOR30033811_ 
  18. ^ Isaac 1992、p。266
  19. ^ サッフォー1993
  20. ^ ダグラス2010、p。4
  21. ^ Muggia、Lucia; Vancurova、Lucie; Škaloud、Pavel; ペクサ、オンドレイ; ウェディン、マット; グルーベ、マーティン(2013)。「地衣類の葉状体の共生遊び場–岩に生息する地衣類における非常に柔軟な光生物の関連」FEMS微生物学エコロジー85(2):313–323。土井10.1111 /1574-6941.12120PMID23530593_ 
  22. ^ Sapp 1994、p。142
  23. ^ Nardon&Charles 2002
  24. ^ Begon、M.、JL Harper、CRTownsend。1996.エコロジー:個人、集団、およびコミュニティ、第3版。Blackwell Science Ltd.、ケンブリッジ、マサチューセッツ、米国。
  25. ^ a b Paracer&Ahmadjian 2000、p。6
  26. ^ 「共生」。コロンビア百科事典。ニューヨーク:コロンビア大学出版、2008年。クレドリファレンス。ウェブ。2012年9月17日。
  27. ^ Toller、Rowan&Knowlton 2001
  28. ^ ハリソン2005
  29. ^ リー2003
  30. ^ Facey、Helfman&Collette 1997
  31. ^ MCソアレス; IMCôté; SC Cardoso&R.Bshary(2008年8月)。「掃除ハゼの相利共生:罰、パートナーの切り替え、触覚刺激のないシステム」(PDF)動物学ジャーナル276(3):306–312。土井10.1111 /j.1469-7998.2008.00489.x
  32. ^ Klicpera、A; PDテイラー; H Westphal(2013年12月1日)。「熱帯のヘテロゾアン炭酸塩系、モーリタニアのゴルフアルグインでヤドカリと共生関係にあるコケムシによって構築されたコケムシ」。3月の生物多様性43(4):429–444。土井10.1007 / s12526-013-0173-4ISSN1867-1616_ S2CID15841444_  
  33. ^ Piper、Ross(2007)、 Extraordinary Animals:Encyclopedia of Curious and Unusual Animals GreenwoodPress
  34. ^ Latorre、A。; ダーバン、A。; モヤ、A。; ペレト、J。(2011)。真核生物の進化における共生の役割。生命の起源と進化–宇宙生物学の視点pp。326–339​​。
  35. ^ コーデス等。2005年
  36. ^ モラン、NA(1996)。「内共生細菌における加速された進化とミュラーのラチェット」アメリカ合衆国科学アカデミー紀要93(7):2873–2878。Bibcode1996PNAS ... 93.2873M土井10.1073 /pnas.93.7.2873PMC39726_ PMID8610134_  
  37. ^ アンダーソン、Siv GE; カーランド、チャールズG(1998)。「常駐ゲノムの還元的進化」。微生物学の動向6(7):263–8。土井10.1016 / S0966-842X(98)01312-2PMID9717214_ 
  38. ^ Wernegreen、JJ(2002)。「昆虫の細菌内生生物におけるゲノム進化」。ネイチャーレビュー遺伝学3(11):850–861。土井10.1038 / nrg931PMID12415315_ S2CID29136336_  
  39. ^ Nair 2005
  40. ^ Paracer&Ahmadjian 2000、p。7
  41. ^ 全米研究評議会(米国); アヴィセ、JC; ハッベル、SP; アヤラ、FJ編集者。進化の観点から:第2巻:生物多様性と絶滅ワシントン(DC):National Academies Press(US); 2008. 4、「リンネへのオマージュ:寄生虫の数?宿主の数?
  42. ^ Vane-Wright、RI(1976)。「模倣類似の統一された分類」。リンネ協会の生物学ジャーナル8:25–56。土井10.1111 /j.1095-8312.1976.tb00240.x
  43. ^ ベイツ、ヘンリー・ウォルター(1861)。「アマゾン渓谷の昆虫相への貢献。鱗翅目:ドクチョウ科」リンネ協会の取引23(3):495–566。土井10.1111 /j.1096-3642.1860.tb00146.x; 転載:ベイツ、ヘンリー・ウォルター(1981)。「アマゾン渓谷(鱗翅目:ドクチョウ科)の昆虫相への貢献」リンネ協会の生物学ジャーナル16(1):41–54。土井10.1111 /j.1095-8312.1981.tb01842.x
  44. ^ ミュラー、フリッツ(1878)。「UeberdieVortheile der Mimicry beiSchmetterlingen」。ZoologischerAnzeiger1:54–55。
  45. ^ ミュラー、フリッツ(1879)。イチュナチリディア;蝶の擬態の注目すべき事例。(R。メルドラ訳)」。ロンドンの昆虫学会の宣言1879年:20–29。
  46. ^ マレット、ジェームズ(2001)。「ミューラー型擬態における共進化の欠如の原因と結果」。進化生態学13(7–8):777–806。CiteSeerX10.1.1.508.2755_ 土井10.1023 / a:1011060330515S2CID40597409_  
  47. ^ Toepfer、G。「片害共生」。で: BioConceptsリンク
  48. ^ Willey、Joanne M。; シャーウッド、リンダM。; Woolverton、Cristopher J.(2013)。プレスコットの微生物学(第9版)。pp。713–738。ISBN 978-0-07-751066-4
  49. ^ ブリタニカ百科事典の編集者。(nd)。片害共生(生物学)。2014年9月30日、 http://www.britannica.com/EBchecked/topic/19211/amensalismから取得
  50. ^ Gómez、JoséM。; González-Megías、Adela(2002)。「有蹄動物と植物食性昆虫の間の非対称的な相互作用:異なる問題であること」。エコロジー83(1):203–11。土井10.1890 / 0012-9658(2002)083 [0203:AIBUAP] 2.0.CO; 2
  51. ^ Losey、GS(1972)。「洗浄共生の生態学的重要性」。コペイア1972(4):820–833。土井10.2307 / 1442741JSTOR1442741_ 
  52. ^ ポーリン、ロバート; Grutter、AS(1996)。「クリーニング共生:近接および適応説明」(PDF)バイオサイエンス46(7):512–517。土井10.2307 / 1312929JSTOR1312929_  
  53. ^ Wernegreen 2004
  54. ^ Paracer&Ahmadjian 2000
  55. ^ ムタリパッシ、ミルコ; Riccio、Gennaro; マッツェラ、バレリオ; ガラソ、クリスチャン; etal。(2021年4月16日)。「海洋環境におけるシアノバクテリアの共生:生態学的洞察と生物工学的展望」マリンドラッグMDPIAG。19(4):227。doi10.3390 / md19040227ISSN1660-3397_ PMC8074062_ PMID33923826_    CC-BY icon.svg資料はこのソースからコピーされたもので、 Creative Commons Attribution 4.0 InternationalLicenseの下で入手できます
  56. ^ ブリンクマン等。2002年
  57. ^ Golding&Gupta 1995
  58. ^ マーギュリスL(1981)。細胞進化における共生サンフランシスコ:WHフリーマンアンドカンパニー。pp。206–227。  _ ISBN 978-0-7167-1256-5
  59. ^ 「共生」。Bloomsbury Guide to HumanThoughtロンドン:ブルームズベリー出版社、1993年。クレドリファレンス。ウェブ。2012年9月17日。
  60. ^ Sagan&Margulis 1986
  61. ^ Schüßler、A。; etal。(2001)、「新しい真菌門、グロムス門:系統発生と進化」Mycol。解像度 105(12):1413–1421、doi10.1017 / S0953756201005196
  62. ^ ハリソン2002
  63. ^ Danforth&Ascher 1997
  64. ^ abHölldobler バート; ウィルソン、エドワードO.(1990)。アリハーバード大学出版局。pp。532–533  _ ISBN 978-0-674-04075-5
  65. ^ ナショナルジオグラフィック。「アカシアアリビデオ」2007年11月7日にオリジナルからアーカイブされまし
  66. ^ タンボイア、テリ; Cipollini、Martin L。; Levey、Douglas J.(1996年9月)。「4種のイヌホオズキ(Solanumsect。Solanum)における脊椎動物の種子散布症候群の評価」Oecologia107(4):522–532。Bibcode1996Oecol.107..522T土井10.1007 / bf00333944ISSN0029-8549_ PMID28307396_ S2CID21341759_   
  67. ^ リム、ガンジス; バーンズ、ケビンC.(2021-11-24)。「果物の反射特性はニュージーランドの鳥類の果食動物に影響を与えますか?」New Zealand Journal of Botany:1–11。土井10.1080 /0028825X.2021.2001664ISSN0028-825X_ S2CID244683146_  

参考文献

外部リンク

0.085377931594849